開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報
商品カテゴリ
新着情報
2013/7/19
地域が勝つ条件である「複合食品産業を基幹化」するためには、地域を共の豊かな国にしたい現在バラバラの企業で自社最適を追及している、多分野の制御型人財が地域ひとつの事業体とする多分野統合統覚型集団組織へ価値基準行動基準を「もうちょっと」視点を変えて、勉強仲間・行動仲間が協業連携から全体最適方向へ動き始める時です。仮想空間の地域の戦略の幻想を断ち切る時、今は多分野戦術と行動の成果臨床実験検証の時
2013/7/19
21世紀後半・未来が共に豊かに希望に満ちた「自己実現」できる地球社会を構築するための各国実務のプロ・匠の多分野の制御型人財を志す人の人格形成の基礎基盤
2013/7/19
人は心身の健康基盤が不調な(マイナス環境)時でさえ「集中力」を発揮できます。その時の行動の瞬間、心身が命じるマイナス方向から、意識してプラス領域量が多い方向へ自ら軌道を強制的制御できます。自力本願を意識・無意識状態で潜在脳の人格基盤・本音が追い風になります。
2013/7/19
心身のよい健康基盤が習慣化すると無理難題解決へ、集団組織の傍・周囲の多数をプラス領域量の多い方向へ軌道制御するための良い決断と素晴らしい結果の未来が実現できる確率は高い。
2013/7/19
脳や神経のコンディションを整え、より集中できるあなたになるための生活のポイントや身体の使い方について、成功確率が高い方法を知る。多数実行、臨床検証し体系化し、年齢変化に応じて、最適探しを始め、あなたの分野で成長段階に応じて制御型人財としてふさわしい活躍をされることを待望しています。
2013/7/19
脳・神経の働き、身体のコンディションの最適化をすれば あなたの固有機能成長段階に応じて、その時点でのふさわしい最大集中力を発揮できる確率は高い。「集中力を高める」手法は、情報量「ゼタ時代」に入り、部分的分野での手法は無限にあります。個人が最適な手法に出会った(当たった・博打型偶然)人だけが、効果が発揮できる成功事例の一つです。
2013/4/23
2011.3.11の天災、人災により日本企業の経営戦略重点の修正が優秀企業から積極的はじまりました。2012年の「企業格付け」は 2012年10月16日に「企業力ランキング」として名称変更し、アンケートの内容も不連続に修正されました。日本の先導企業のか格差は、基幹部分は、各企業平準化され、世界の標準企業を基準に点数化され、低い点数が増えたようです。富国殖産、国内事業比率の高さ、国内就労者の多さ、国内法人税貢献度等で日本の財政破たんに歯止めをかける国内の企業力比較とはすこし視点が違うようです。
2013/4/23
2013年3月11日から東日本大震災、福島原発事故で、なぜ現在まで復興を他力依存でまだ地域のグランドデザインさえ出来ていないのでしょうか?すでに復興予算は大量に消え、阪神淡路大震災が自力で復興したハイスピードにならないのでしょうか、地域が共に豊かになり、地域で働き、自ら稼ぐ持続的就労インフラは複合食品産業(いきものづくり)が、日本で今、グローバル解放が本格化する前に、成功ビジネスモデルを構築する時がきています。地域の誰でも働く場として、学歴やブランド価値は低いが、経験熟練度、匠の技能成長がふさわしい収穫量を生む「いきものづくり」の無限の成長領域が拓けてきます。
2013/4/23
情報量「ゼタ時代」は、都市部の競合他社と60%以上を占める普通の人材格差は、真似した型で、知識量の格差は減少。社員数の多さが勝てる条件となり、激戦度が高い業界業態ほど平均人材の成長レベルは想定以上に早い時代に入りました。
海外から国内に参入企業は、各企業の最強人財がリーダーとなり競合参入してきます。中小企業は、単独で勝てる確率は低くなりました。経営者経営陣の軌道を勝つ方向に社員を軌道制御できる人財数を、協業連携で、加速度的増加することが21世紀後半に生き残る方向
2013/4/23
日本の天災人災が頻発時代、グローバル化で国内外からの脅威の外圧に局地で勝つためには地域の中小企業は、限られた経営資源、投資予算、社員人数を勉強仲間、行動仲間で群れて雑魚の生き残りのように5年以上の持続的優良法人企業をリーダーにして協業して、共有化した創市場創客で勝つ布石を重点集中で構築する。後の各社の本業事業は、創市場創客増加に対応するため、多忙化すると社員の各分野の労働生産性カイゼンをしなければ対応できないたず、急速に変わる。間接専任者を多忙にするためには、稼ぎ人として兼務型で不足する社員数に全員組み込む。
2012/10/8
弱者化する地域が情報量「ゼタ時代」のプラス領域量が多い情報を活かし、地域の適正規模を厳守する中小企業協業を地域に適正配置し、統覚統合「もとつもたれつ」の行動をする手複合食品産業を、地域の既に整備できてきたICTネッテワーク、インフラを活かすと共に豊な実体社会と、常に若い世代の潤沢な就労機会、地域全員が働く稼げる機会が実現できます。第一歩踏み出す行動を待望しています。
2012/10/8
20世紀までは多くの多数の先人が、紀元前から試み、すべての人が寿命で挫折したテーマである、近くの住む地域が共に豊に、常に子孫繁栄し「人間の尊厳」発揮する社会を目指しました。21世紀、情報量「ゼタ時代」になり、プラス領域量が多い情報を選択し、組合せ行動し、常に世界の最先端の知識、知恵、プロセスを「学ぶ・真似る」「プラスαを付加」する。日本の弱者化する地域が勝ち残り、その成功ビジネスモデルを世界に発信できる実現確率は高くなりました。
2012/10/8
21世紀情報量「ゼタ時代」は両極端の人間・集団組織が想定外の速さで育つことに気づく時代に入りました。プラス領域量がより多い領域へ成長する共に豊にを目指す「人間の尊厳」を最大化する行動ができる超人財集団組織と、マイナス領域量を巨大化し、人・集団組織が我欲動物脳を極大化し、地球の独占を目指す超人罪も同様に「表裏ゼロの原理」で同じ大きさで育ってきました。実務の制御型人財はプラス領域量が多い方向へ、多数の浮き草型「大人型子供」を多数化(60%以上)にするように制御させ行動できるかどうか?その結果で、地球、宇宙のゼロ化を止めることができます。
2012/10/8
自ら出来ると「思い込む」、「歩む」行動をはじめると、不思議に、どうしたら出来るようになるか、次々と「望む」仮想具体策が浮かび、出来そうに感じたことを実行し、まだ出来なければ、「もうちょっと」成功確率の高い方向を探す。必ず壁を超えるための総能力が増加できます。その成功プロセスは人格に定着できます。要領のよい「仮説仮想」で行動ゼロの場合は、実体社会も、人格の成長もゼロです。一歩行動して、考えると、動く前より必ずプラスαの行動をし、人格が成長しえいます。
2012/7/31
プラス領域の総量が60%以上に育った人格が集団組織の40%以上を占め本流となると、その人の欠点(マイナス領域)や、40%以下のマイナス領域行動は、全体最適行動量のために率先垂範するとき、マイナス領域を抑えた方が最適方向であることに初めて気づく段階がきます。先導グループの総行動量の増加は、浮き草部分が多い多数の人を強力に制御し、正しく習慣化させる機能を発揮する確率は高くなる。想定以上に速く、本流が60%以上に反転したことに気づく段階がきます。
「慢性赤字拠点を同じ人群で黒字体質にする原理」誰でもでいます。
2011/9/22
「A志援ー創客com」を閉鎖し「A志援ー人財com」に統合
検索エンジン機能が急速に進化し、ホームページのコンテンツ検索機能が高度化してきたため、初期の目的を達したため、リンク先が最大2150件(重複なし)となり、リンク不明の比率が70%を超え使用目的が不明なリンクが増加しはじめたため「A志援ー創客com」を2011年9月22日をもつて閉鎖しました。会員専門サイト「A志援ー人財com」に統合し、専門度階層をさらに深くした、無料の制御型人財啓発志援を目的サイトになりました。永遠に開店しない商品のない情報だけのサイトになりました。
2008/3/12
会員登録者専用ページ(準備段階)
2008年4月1日よりA志援登録会員専用コンテンツとして非公開コンテンツになります。「A志援−創客人財.com」を自在に活用して超実務人財を目指し「知行一致」で当面の問題解決ができ、成果を上げるための開眼トリーガーを提供します。2011年9月22日検索の進化潮流に対応し、サイトの使命・存在価値が減少と判断し「A志援ー創客.com」サイトを閉鎖し、「会員専用コンテンツ」を「A志援-人財」サイト一つに統合し、閉鎖サイトの使命部分を、目的的に改善し、移行しました。