開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報
商品カテゴリ

■創市場・創客は 天災人災グローバル環境下
  で勝つ突破口

A志援.人財.comTop創市場・創客は天災人災グローバル環境下で勝つ突破口060930




更新 2013.04.22

□創市場・創客は 自力本願の”あなたが”、着実に成長軌道を採るパワー源。

行動した人だけが実体実現できる領域!

東京・関東エリアを事例に”智慧の連鎖”により新しい利益基盤を創りたい自己責任型で働く”あなた”の実現を志援します。(汗をかき、無限の未来へ挑み、最適実行し、周囲の人財へ継承すると 奇跡があなたと周囲に初まります。)

●都市圏(国内・海外)侵攻・深耕する手順のあなたのプラットフォームを構築すると、枝葉末節の戦術、戦闘、戦闘員の行動を最先端の組合せだけで実戦総能力量を自在に変量できる機能と能力が身に付く確率は高くなります。
組織が適正規模上限以下なら黒字化体質になる期間は超短縮できます。


◆「プロジェクト・問題解決」の責任者か担当者であるあなたが先人の智慧を   活かして超一流の品質・しくみ・スピードで実戦・実現しましょう。

◆販売・営業総痩能力量が利益を持続的に増加させ儲かるための直接間接の一員として組織に貢献し、あなたはもうちょっと心身ともに豊かになりましょう。

◆A志援は情報ゼタ時代、超スピードで確信・決断する根源探し・突破口探しをお手伝いをしています!

                                      写真 モンサンミッシェル

 未来は、柔型優位行動で戦う戦士のもとで拓かれる

地域の地産地消実体経済下で住む人が共に豊かな
「絆・もちつもたれつ」社会になり健康な子孫繁栄に貢献するためには創市場創客の実現こそ最大の突破口の一つです。
金融操作、カジノ等は合法的丁半博打の世界、富が20%以下の利権層に偏在させ、民は60%以上低所得
層貧困へ誘導する軌道確率は高い。
実体のないバブル・泡・ハローの増幅現象の心理的催眠からさめて兌換型の実体物々価値交換の原点に回帰する時です。

地方型地域の東日本大震災復興現状打開のトリガー。

 今を大切に、今に徹して重点集中行動!

行動すれば、次の成功確率を高めるプラス
方向の光明が観(診)える。



 
 
・訓練は実戦のように、実戦は訓練のように
 ・競って学んで追い抜こう!共に豊になるために
 ・昨日よりは、今日、今日よりは明日と総能力量
  を充実させる

  目的は、共に豊に、人類の子孫繁栄の布石を打つ
 一人になるために
 

◎創市場・創客の個人総能力量は あなたの成長段階のその時の行動に起因して今の結果・成果が決まります。

環境・組織の中で、マイナス領域が普通の
実体の時でさえ、あなたが属す集団組織が
プラス領域量が多く行動すればよい結果に
なります。
「よい種を蒔くと、よい収穫」が実体社会行動
の冷厳たる原理があるからです。



あなたの行動要素でプラス領域量が多く、傍をよい方向へ少し軌道制御できると、その周囲もさらによくなり、集団・組織力は、さらにプラス方向へ結果を増幅するバブル・ハロー効果機能を発揮します。
また逆の悪い行動は、雪だるまのように悪い結果になることもできます。周囲の評価量は良くも悪くも増幅された結果となります。
時の運不運であり、「塞翁が馬」現象と割り切り、
不平不満に囚われ、挑戦パワーを減衰させる
方向は、愚者の道、たった一度の人生、無駄な
たった一度の人生の貴重時間の浪費です。




環境組織が変わると、追い風、逆風により個人
の総能力量で過去のすばらしい評価された
実績(履歴)とは乖離現象結果が生じる確率の
高い分野です。仮想・机上だけで、何も行動を
変化せず、周囲だけ変化すると、他力本願で
「坐して死を待つ」確率60%以上の実体の結果
が、現実になる現象と酷似しています。


人生の長期間 個人総能力量をプラス領域
で増加させ続けるあなたは、どんな環境
組織の中でも、その組織にプラス貢献できる
確率は高く、すばらしい人生劇場の主役を
演じきれます。




企業の安心安定最適成長するためには、常に
営業利益を確保し続けるしくみと行動人数が
必要条件です。企業は環境適応業であり、
常に営業利益をプラス領域下限(+0)の下限
以上を維持するためには、企業の規模変化の
7倍以上の創市場・創客総能力量とふさわしい
行動人財・人材(人在、人罪は最小化が必要)
の総必要人数が必要です。
21世紀グローバル化した競合他社の総成長
総能力、人材成長スピードは想定以上に速く、
勝つために必要な成長倍率=7倍以上が
目標です。

 
  営業利益率は企業総能力発揮量因果実体。
   最適企業規模で、営業利益率最大化を目指す!

  
営業外収益で金融商品不動産等により一過性の
  当期利益水増し操作は合法的世界規模の丁半
  博打の原理、投資資金が潤沢なら、1人勝ちできる
  領域で、長期間評価では他の70%以上は必ず
  負ける確率が高い。机上で要領よい、仮想世界で
  明日、短期でローマ帝国る幻想は実体社会での
  実現確率は、ほとんどゼロであることに覚醒する。
  もし可能なら、素晴らしい先人が世界で実現できた
  成功事例があるはずです。なぜないか?
  現在は世界の最先端はどの段階の結果でしょうか?
  自ら汗を流し、実体社会で若い時代自己成長
  プロセスで体得しなと無限に人が成長できる
  機能を脆弱化し、浮き草タイプの大人型子供を
  21世紀前半の成長機能で短期増幅され日本は
  60%以上になる時代に入った確率は高い。
  潤沢な金融操作と、潤沢な投資資金を国内外で
  双方から潤沢操作する企業グループだけが儲かり、
  国内型中小企業は、金融乱高下、不動産、食料、
  原材料投機バブル操作環境下で結果的に80%
  以上が累積損をするしくみになりました。
  21世紀前半は気付き勝つ方向軌道制御できる
  分水嶺の時代であり、後の祭りにならない歯止め
  反転の千載一隅のチャンスの時です。

汗を流し、実体社会で行動すれば、次時代の成功確率を高めるプラス方向の光明が観(診)える。

その時のその人の成長段階では見えない、次の成長段階の戦闘総能力が起動するトリガーが発生してきます。無限に成長し続ける人の機能の無限さに出会い感謝し、さらに挑戦行動したくなる段階が来ます。

人生の超高い壁に挑戦したくなり超える現象は、高い山に挑戦し続けるプロ登山家行動と酷似しています。人生の高い壁を超え属する集団組織の増幅機能が働くように、共に豊に、子々孫々が健全な世界で活躍できるように挑戦することも、自己の中だけの満足で終わる「自己満足行動」になった場合でも「生きた証し」になります。

たった一度の人生最高峰で終わるすばらしさへ共に挑戦しましょう!

ある時点から、周囲、組織のプラス方向のベクトル量が増加し、あなたの実現量は、想定以上に増幅をはじめる確率は高い。人の尊厳領域の結果の一つです。

創市場・創客業務を担当するあなたは、社内情報情報の最先端を「歩む」先導者であり、社内の未来への「望む」を実現するための最先端プロセス構築者の一人である使命に目覚めるときです。真似した型で後に続く社内の情報待ち飢餓の人組織は成長スピードがハーフスピードの70%以上の人達と相対比較し、不平不満のマイナス思考を断ち切り、オリンピック選手の如く、世界の創市場創客の超一流プロを目指し130%以上の過負荷は普通(当然)と捉え、知行を最先端レベルに磨き上げ、企業の営業利益を常に増大させ、企業がよくなり、働く人が豊かになる姿と、お客様が豊かになる姿(傍が満足する姿)を一緒に本音で慶べる段階に成長できることを祈念しています。 


多くの類似サイトがありますが、創市場・創客を展開するとき「無料」で役立つ臨床、
検証、実証済みの多様な情報を活かして、業績貢献確率を高めることを待望しています。
 


□創市場・創客の訓練は汗をかき、ムダムラムリを承知で訓練を実戦のようにできる成功領域の徹底反復体得訓練からはじまります。
行動総量で冷厳な結果格差となります。他の分野よりバブルの少ない実体世界。


創市場・創客は、知識量の何パーセントが現場で、組織の支援がないとき即断で最適な現場行動ができるかどうか、最適な布石が打てたかどうか(起因)で成功確率は決まります。成功確率はその時の成長レベルの上限以下になります。ただし、その結果はゼロ以下のマイナス方向の下限は無限大です。
あなたのその時の起因が、結果を決めただけです。
環境・組織依存他力型の人の場合、追い風(周囲が味方の期間)は、「人の煩悩の作用反作用の原理」で短く、逆風期間の方が長くなる確率は高い。
高い成功と周囲の評価は、必ずその評価を超えようとする他力が、反作用として機能を始めます。
他力依存の人は、不平不満を周囲に言った瞬間(酒・薬・心理手法等自己規制を弱めるものに注意)、周囲が瞬間で逃げるか、反作用の量は増加します。本音・煩悩行動が人にあるためです。(建前現象はある時点まで普通の人は風向き逆風は気づかず見えません・感じられず、ある日突然逆風が現実化する現象になります。)
自力本願で行動し、周囲が追い風は運で儲けものです。追い風が当たり前(雨型自己規制)を割り切ると、何が周囲に生じても「不動の信念」は変わらなくなります。
追い風が優位なときは「成功に向かう方向ベクトルと逆の方向要素が自分の一瞬のマイナス行動により何かあったためです。周囲が逆風になったためで、「気象の気圧の原理」と酷似した現象の一つです。
自力本願の場合だけ、自己カイゼンをすべき内容方向が観(診)えてくる確率は高い。綿密に要素分析をし、多くの人が逆行動(カイゼン項目は60%組み立てた段階で短期て打ち切り行動に入る)をさせたものから正し、プラス方向にベクトルを変える。
残りの40%の項目追求は無駄な時間。「浮き草型の人で、本流に乗る風見鶏で、本流に変えると、また乗り換えてくるので本気で対応しても価値判断より、本音煩悩優位行動しているだけで、顕在行動はディベートの原理で、正しい考え方に聞こえますが、「すき・嫌い」「自分に得・損」「○×」等の原理の行動をしているようです。
●要領のよい「浮き草型の人は、「人生乱高下、塞翁が馬現象」で、組織を離れたとき、自分の実体をプラス領域へ導く光明は、若い就職前のスタート位置に原点回帰し、その後の人生は、過去打った起因と結果の軌道を歩むだけのときが来る確率は高い。環境の「運」「丁半博打」が優位な軌道かもしれません。

◎人生の自分の成功感(プラス領域)の人生を歩む場合は、すべての人は、プラス領域の営業センスを磨き、「訓練は実戦のように、実戦は訓練のように」人生の瞬間で、最適な知行一致の行動が必要十分条件です。

人が建前(顕在脳)だけで行動する場合は、知識優位行動の営業センス帯域欠落か低くてもよいが、人には、本音(潜在脳)行動の領域があり、その人の成長過程で、21世紀は、顕在脳をコントロールできない潜在脳優位行動の人が加速度的に増加し、「浮き草行動」現象の人が増え、メディア風評で動く数が増えてきたとき、傍周囲が追い風の量を55%以上にしたい場合に重点集中行動が必要になる時代に入ったためです。

◎間接部門、机上優位部門に配属されても、組織存亡の時、配置転換、未知の小拠点(全員営業体質)への転勤は日常茶飯事になって来ました。
プロの成功体験の下限以上の行動ができるように、時間の自由率が高い自分で時間をコントロールできるときに、間接部門が儲かるしくみの実戦、営業部門の積極支援(創市場創客情報)を部門の制御型人財経由で提供する。形式的配分優位の拠点長経由でなく、あなたの提供情報を、成功率の高い人か、自分が担当し、結果が業績貢献した場合、かならず、誰でも見える形で公表してくれます。あなたの周囲にプラスの人(本音)が想定以上に増えてきます。営業関係の不足能力を補完する機能が出てくるようです。「日常他部門への貸しをつくる」行動の一つです。

◎営業パーソンは経営者ではない。経営者経営陣は最強の営業ができる人である。
事業計画と組織全体の業績数値が不足が想定された場合緊急1/4期(3ヶ月)で不足の業績を組織の全総能力と、外部を活かして黒字化できる人である。常に何年もかけてお客様をダムで囲い養殖型で育て続けた人だけが実現できる現象の一つであり、役員の必要基盤の一つです。
経営資源の何か要素不足があるために中小企業の段階で成長が止まっています。中小企業は自力本願型経営者経営陣が必要条件の一つです。日本のような国内市場縮小、人口減少、生産のための資源が不足し輸入に依存し、富国・国益より資金流出(他を利用したつもりで、結果は利用される)を促進する日本国の現在の場合、適正規模以上にしないことが黒字化の条件であり、内部留保が潤沢でなければ、競合企業の経営資源の充実スピードが速い時代、自社投資能力が不足すれば、短期で赤字に転落し、赤字慢性体質と、優秀人財から流出が始まることに気づくことが勝ち残る分水嶺になってきました。
赤字体質は、起因は経営者経営陣の創市場創客の総能力が不足して、業績貢献度が低い結果になるためです。原因を環境に転嫁しても、同規模で経営資源が同等で黒字企業があるため真因のピントがずれているだけです。

間接型、管理型、スタッフ型(部門の業績責任がない)経営者、経営陣の営業を補完する役割は、全社組織を重点集中型で、最大の総能力行動ができる各部門、全体の制御型人財の数で持続的黒字体質か赤字体質化きなります。取締役は、期間更新があり、出来なければ退任することができ、組織運営の安心安定とは別次元であり、逃げ場のない執行役員を頂点とした形で全天候型戦術戦闘を組み立てる方がよい。

取締役は環境に適応するため最適と確信して、事業展開するため、人が変われば、戦略の優位順位が変わる。トップは変わり、出来なければやめて、企業を自由に逃げることができますが、社員は組織で働く限り逃げ場はありません。
制御型人財は、プラス領域とは逆ベクトル(業績悪化確率の高い戦略)は、意見具申をし、だめなら、戦術戦闘機能でマイナスに歯止めをかけ、本流は、プラス領域になるように制御する。業績が維持できると、取締役は成功事例を優位に進めるため、逆ベクトル数は本能的に刷代える気づき確率が高い。取締役とは、70%以上が気づきの素養が本能的に高い人です。顕在脳知識で対抗してもディベート能力が高いため、制御型人財は70%以上は排除される無駄な徒労となる確率が高い。しかし、日本国への貢献、世界貢献へ視点視野を変えると、世界の最先端の情報に気付けたり、黒子型の素晴らしい超プロ、匠の多くの人財に出会い、小局
のテーマは、次々と実現できるようになる段階がきます。その時代の潮流に最適な適応をすれば、すばらしい人生劇場の表舞台、黒子舞台の一員になれる確率は高い。
共に「歩む、望む」プラスαの付加を続けることを待望しています。
 


□創市場創客の基本素養

◆「創造的マーケティング」
○「対象顧客の設定
○顧客の状況把握(テーマ)
○顧客の状況把握(読む)
○顧客の状況把握(顧客の声を聞く)
○顧客の課題把握(想定)
○課題解決の立案
○提案の実施
○提案実施後の評価と対応策の検討
○事業全循環への活かし方

「創造的マーケティング」は、人、組織と接点を持ち、物々交換をし、少しでもプラスα(儲かる)ための、成功プラス領域へ導く確率の高いベクトル方向を、プロセス順に体系化整理してあります。
あなた(個人のそのときの総能力量で上限が決まる)が、傍周囲組織が追い風になるように行動すると、あなたの総能力量の3倍以上(組織規模で上限無限)の成功(プラス領域)できます。
ただし、フレームの下限を示しているだけで、あなたの上限は、あなたの成長過程(人生劇場)をどのように演じる(行動する)かで格差があります。下限以下の場合は、あるマイナス方向ベクトルの方が多くなる要素がない場合、結果はわかりません。
◎当面する必要テーマのページをご覧ください。
 

◆白書・産業統計・アンケート等の活用

情報量「ゼタ」時代、情報はん濫する中で、多種多様な加工情報、人の私見の集約されたものがあります。私見とその情報加工組織の成長段階で、成功確率は異なります。
創市場創客の自力責任で革新決断するとき、情報の源流から、検証し、成功確率を高く補正する行動を推奨します。「間」の微差の余裕が、成否を決める頻度が高い。
 

◆技術の機能マップ(ジーンマトリクス)
 

新製品新事業の開発のために、「技術の機能マップ(ジーンマトリックス)事例を参考に、大局着眼し、小局である自社の方向を仮説し、日常行動の中で、現地現場で、開発担当者へ、情報提供し、製品化実現した時を想定して、開発者の知識知恵を学び吸収して、現実化した時の先行行動としてよい種を蒔いておくと、素晴らしい成約が決まり、トップセールスの慶びが待っています。


◆営業関係知識項目スキル熟練度

○「契約力」の実戦力強化
・契約率をアップさせる商談
○CSと営業の役割
○有効面時間を増やす着眼
○1人当たりの営業利益(稼ぎ高)を高める
○新規開拓行動基準例
○シグナリングの感度を上げる
○成約率アップは技術者センスの営業が必要
○創客は「ホスピタリティ産業」から学ぶ

 

 営業センスの熟練度を持続的に高くなる行動ができるように行動訓練をすると、自然体で現場で最適行動が、自然にできるようになります。

知って分かったつもりでも、面談の場で必要に応じてふさわしく
生かせる実践行動量の多さと時間量が必要です。
90%失敗量のカイゼン量と多様な事例が成功確率を高め、ある」段階から、劇的に成功確率が高まり、成功数、客単価の想定以上のアップと累積がはじまり、勝つ(成功)か強くなり、傍が真似、集団組織の業績貢献度は、増幅して拡大できる段階になります。

あなたが、周囲が真似たくなるよいビジネスモデル人財に変わりはじめた段階と相関関係が出てきます。
 ◎当面する必要テーマのページをご覧ください。
 

◆創客は「ホスピタリティ産業」から学ぶ

全社員、間接部門、直接部門すべての人が、今担当している業務で組織内の仕事は、社員、お客様との接点(他の人)があり、その接点が、キチンと融合するためには「ホスピタリティ:もちつもたれつ」の度合でプラスにもマイナスにもなる起因が始まります。
 

●市場的確把握情報を活かすプロ

 

 競合他社の成長スピードを知るためには、外部の智慧として活かされている定評企業の内容をしれば、自社内の戦略戦術戦闘で何を補足するべきか、仮説を立てる勝てる領域へのベクトル方向が観(診)えてくる確率は高い。
 

 ●知財を活かすプロ



 

創市場の最先端のマクロマクロの具体的技術の知恵を知り、自社にプラスαを付加する方法、超シンプル化、超ローコスト化、超高品質化等の仮説が描け易く、機能設計段階で、最適な仮説が描ける確率は高い。製品商品は、世界の最先端を歩むことを待望しています。

お客様と共に自社も豊かになるWin−Winの関係をつくる具体的情報提案は お客様が儲かる商品製品開発のひらめきを志援することが高度で難易度の高い能力をアップ出来る機会です。
 


◎創市場創客の具体策事例

○創市場(新市場)製品商品を探す
○新客を探す
○創市場創客で事業業績基盤強化
○テレマーケティング(安定業績基盤構築のしくみ)
○コンタクトセンター関連情報
○マーケティング支援機関
○首都圏創市場実現の智慧
○業界大展示場を活かす
・首都圏4会場の大展示会開催情報1
(1月〜6月)
・首都圏4会場の大展示会開催情報2
(7月〜12月)
○日本展示会協会
○展示会出展・参加者選択時の着眼



 

首都圏を侵攻深耕モデルとした
目的に対応して、球体思考で、多様方向から仮説を立てる方が成功確率を高める確率は高い。

あなたの当面する課題を解決するテーマから、活用してみることを推奨します。方法は無限、多くの多様な情報があります。何があなたに成功確率の高い方向か、最適探しをしてください。

成功体験を体系化整理し原理化すると、傍の多くの人も成功へ誘導する制御確率は高くなります。

「情報量ゼタの時代」あなた固有のオンリーワンの情報源を構築し(仮説・仮想・演繹型)、実戦して、成功確率の高い組み合わせを蓄積し、重点集中行動できるようになった段階で、真似した型浮き草の共有情報で動かされるロボット系営業と、微差が大差の業績貢献格差が生まれます。この段階では、お客様ごとにホスピタル営業段階となり、上司取締役社長も含め、同僚、新人が同行しても創造的マーケティングの技術の組み合わせが解析し真似ることができない段階になれます。自然体でお客様と笑顔で次々と、双方のコミュニケーションがはずみ、双方成長を感じられる段階がきます。お客様との取引の極地がある不思議さと湧き出る慶びを感じる段階がきます。
 ◎当面する必要テーマのページをご覧ください。

●勝ち抜くビジネス手法
○体系的にものごとを捉える理論武装
○分析力をアップさせる理論武装
○経営革新に関する理論武装
○品質革新に関する理論武装
○発想を広げる理論武装
○検索の機能活用能力をアップする
  理論武装





 

創市場創客を善循環させるためには、常に全社の管理の基本(プラットフォーム)の基盤機能(不易)に最新化(流行)を付加する戦術戦闘、戦闘員の最適化が必要です。
創市場創客は、競合他社の成長がある限り、最新鋭にすることが勝ち残る条件です。それに連鎖して、社内のしくみシステム、ふさわしい人の数が必要になり、変化します。
ホームページは、その企業の先端グループ(強み)を具現化しています。更新の中身変更頻度が、企業進化と相関があります。
広告会社HP作成会社に多い映像・表現等表面的な枝葉末節のテクニックの変化のことではありません。

不易の思考のプラットフォームである成功の領域へ導くベクトルの方向は、成功するベクトル要素を再確認し、あなたに最適なように肉付けし、最適内容に加工すると、はじめて、本来の機能を発揮できます。素材だけはだれでも同じです。うまく料理しなければ、競合他社の後塵を拝することにもなります。基本のループされたフレームワークとして、全体を整合させながら、総合性を拡大し、時代の最先端を意識して専門性の深度を深めてください。
 ◎当面する必要テーマのページをご覧ください。

●再発防止に関する行動

人が関わらない事故はない。
すべての事故は人災である。
原因は人の行動ではじまる。
そのトリガー(起因)人材は
当事者以外にいない。
どの起因の結果誘引され
連続誘発された結果が事故
である。


事故の影響が広域で多数の人命、
子孫への影響確率が高い事例を
時系列に、事実の結果履歴と、
現状をまとめ、関係企業人の行動
組織を分析すると、自社の反面教師
として、「してはいけないことはしない」
そのために、危機管理としてどんな
分野の人質を育てる方向が観(診)
えてくる確率は高い。

販促メディア広告、営業は、社外の人
との接点で行動するため、企業のプラス
マイナスの評価、好き嫌いの潜在脳
への定着による行動を左右し、再発
防止の危機管理能力は、基本素養の
一つです。

 

創市場創客は、競合他社よりマイナス量が多くなると、21世紀は、「雪だるまが坂道を転がる」ごとく短期で、企業存続ができないばいも生じやすい時代にはいりました。欠点、マイナスは20世紀想定できない(顕在の昭和生まれの経営者経営陣の危機管理感覚の3倍以上の感覚)は速さで、ネットワークで増幅します。よいことこ探しの感度帯域が狭く低くなり、一部しか気づけないため、よいとこは、ブランド力がある一定量になるまで、自力で戦略的宣伝が必要な時代です。創市場創客のためにマイナス要素を如何に早く、小さい規模で防止し再発防止の歯止めができるかが、企業存続の条件の一つになってきました。

想定外の結果のとき、ある自由度以上の下限を想定して、再発防止しない、プラス領域に向け、プラス領域0+以下にしないようにすることが目的です。現実は、安全基準、国が決めた基準、規制、法律で安全安心宣言をします。安全安心とは別次元の、悪さ下限(マイナス領域)の目安で、人間の生命に関わるとさらに最低下限になる仮説の内容です。生命に関係あるかないかは、長期結果で、異常数が少ない、無視できると判断した基準で、あなたの生命に関わるかどうかは別次元です。たまたま不幸にして死になる倍がゼロではありません。企業観の視点の度合で、「社会的責任」の言葉と「行動内容」とは格差があります。人の価値観で世界観、国家観視点から観ると「何か変」が生じるのは普通の現象であり、当事者は皆、正しい、一生懸命の行動内容であり個人誤差の範囲です。あなたが制御型人財として、どのレベルで行動させるか、より高い視点からの行動を待望しています。
批判等はムダ、価値観が違うだけで、現在の共有ルールの一つにすぎません。55%が領域優位に変われば、基準が変わるだけです。周囲の人の生命に関わる業務は、再発の出現確率の原理から徴候頻度を正しく把握し、早期に事故方向要素の歯止めかけることを待望しています。
 


◎A志援-人財.com


すべて自力本願で行動する人だけが気づけるコンテンツです。
経営の視点からの情報源の一つです。

情報氾濫の中で、プラス領域の方向ベクトツを活かし、行動トリガーが起動するためのポテンシャルを一定以上にするためのコンテンツです。行動しなければ、ただの素材知識でおわります。他のブランド力情報と類似に見え、本物と贋作の区別がつき難い領域のものです。

●経営は環境適応業
●企業の壁の突破口探し
●突破テーマの解決具体策探し

 

あなたの会社組織の創市場創客を実現確率を高くするために関連した情報を、業種・業態を事例にしたコンテンツ群です。

あなたの成長段階が変わり、やり方が変わる、同じコンテンツに見えたものが、つぎの成長段階で必要な内容の組合せになるようになっています。世界市場で、世界に比肩して勝ち残る企業の経営者・経営陣、その国が生き残るためのコンテンツ段階まで揃えてあります。

臨床検証実証結果の成功確率が高い、先人の助けを借りて行動した内容から選択してあります。

成功領域(企業、個人、人生、健康等)へ導くベクトル方向に絞り、マイナスベクトルをそのときで歯止めをかけ、反転させるトリガー発生のための起因になるようにしてあります。
 
 ◎当面する必要テーマのページをご覧ください。

 

 


□創市場・創客の種を探し重点集中行動する。

●創市場(新市場)製品商品を探す
●新客を探す
●創市場創客で業績基盤
●テレマーケティング(安定業績基盤のしくみ)
●コンタクトセンター関連情報
●マーケティング支援機関

◎創市場創客実現の「知行一致量」アップの方向
 


◆「日経BPマーケティング」




 


企業力UP、企業を強くする専門情報とソリューションを提供。
マーケティング関係の情報が豊富な一つ

業界業態を先導する組織経営企業の方法を学び、中小企業のあなたは一人三役四役で、最小人数で外部の人も組込み、比肩拮抗できる自社規模で最適なしくみシステム、人組みのフレームワークを描くときに役立つ情報源の一つです。毎日の日経新聞の断片情報を体系化し繋げるとき。「あ!そうだったんだ」と気づく段階がきます。
 

 

 


□市場の変化、開発の種 探し

●新製品新事業開発のための情報

○21世紀が創る新市場の現状

●日本の産業企業の成長過程

●日本で実現可能になったプロジェクト

●業界編成変化への対応(1980〜2011)

●経営は環境適応業
 


◆「日刊工業新聞社」





 


「ものづくり」の実戦情報が豊富な一つ

製品商品の完成品をまとめる大企業中堅企業をユーザーとする半製品、部品、素材関係の中小企業が、自社のコアーを創市場創客のために活かす一生懸命の努力の方向が、観(診)える情報源の一つです。過去の体系化整理された書籍、最新の具体的詳細が見えるセミナ、展示会、映像ツール等複合的に活用すると、白紙の人をわが社にふしゃわし専門人材へ育てるスピードを加速できる、複合活用できるツールが揃う情報の一つです。
 

 

 


□創客接点と「出会いの演出」 国際見本市例

●首都圏4会場の大展示会開催情報1(1月〜6月)
●首都圏4会場の大展示会開催情報2(7月〜12月

●日本展示会協会

○業界大展示会を活かす
 


◆リードエグジビションジャパン


















 


海外企業も参加する国際規模の大規模見本市に参加し、最先端の技術に接する機会を活かす。日本の大規模展示会。
商談重点で組み立てられ、展示企業の重点が最先端から少し変容してきたようです。玉石混交、現在の技術レベルでの相対比較型に変容し、新しい発見、感動量が減り、セミナー屋(知識)手法行動が増加し、現場現品のない仮想が優位になってきました。参加者の層も変容してきました。VIP?

新商品開発、機能設計、研究部門等は未来開発より、競合他社のレベルを現場現品で正しく評価比較できる関連多数の構成要素(部品)の多種多様なレベル格差がわかります。自社で、どの部分をより高くし、全体の固有性を強化するために役立ちます。VIPカードにより、専門性の深さ、総合性の広さをつけた人の、展示ブースでの質問とブースの担当者の応え方を意識して聴くと、聴く切り口が観えてきます。多くの多様なVIP(展示会マニア・固定客)が参加しています。キーワードの核心を突く時役立ちます。

第三次産業、第二次産業の完成製品、アセンブル製品の国際的商談会として売買の場として活かすと多様な段階の社員を対象にすると戦略的に活かせます。有料セミナー講師として多数の業種業態、多様な組織想に知識の啓発誘導ができるプレゼンテーションの場として活かせる、大規模大多数の集約した競合営業として、競合他社の人質レベルが見える機会になります。
 


◆UBMジャパン・グループ

 

国際規模の見本市として、まだ、現在のような展示会が認知評価される前から、最先端を紹介していた企業


◆日本能率協会・専門展示会


 


日本の「ものづくり」「いきものづくり」にかかわる企業が「ものづくりコア」を明確に各社が主張し、商談し、最先端を公開し、大学の研究室、団体がテーマに合わせて部分の専門性を公開。創市場創客の未来方向を探すふさわしいしくみに変化してきました。新しい発見、感動量が多くなってきました。
世界に比肩する光明を探すとき、閃く量が増加してきました。体系的の実戦裏づけで、毎年連続思考ができやすい経営者経営陣、制御型人財の参加を推奨します。VIPの価値が明確。
 

 

 


□専門技術比較  
価値判断を持っている人財の場合は、相対比較し、自分の考え方で選択すると、未来の動きが観(診)えてくる確率は高い。自己主張を持つ先端企業の社員の「おもい入れ、思い込み」のパワーが感じられる本の一つ。
「e−Book」に対応する進化も始めています。決裁段階の人に役立つ一つ。

●固有ノウハウを事業に活かす
●業種専用技術を啓発支援する団体
●半導体情報通信技術を活かす
●エネルギー自給への対応

◎固有コアを進化させる企業群一覧
A志援固有技術総括一覧
 

◆「ビズテリア経営企画」
    一部購読無料

 世界の最先端のIT技術の潮流
 の大局変化を感じ、時代先行
 企業の変化情報を感じ、小局
 着手の先行臨床検証をする
 とき、国内で、価値基準が高い
 情報の一つです。































 






 


経営マネジメント層のためのフリーペーパー

企業が自社の主張を執筆できる機会を提供しています。
上場中堅企業でしくみが出来た企業の情報が多いようです。

◎創業の精神は変容しただし掲載料は有料です。
生き残るために、普通のレベルのIT情報屋が本流に
なりました。


無形なもの(IT、ソフト、サービス等)、完成品でないもの(半製品、部品、素材等)のコアを最終消費者を想定して、直接のユーザーの伝える自社の主張ができる情報源の一つです。執筆に有料ですが、執筆企業が最先端企業が多く、勝ち残り企業が中心です。
多くの書籍は、過去の記録。雑誌は、表面現象の集約で詳細はテーマ程度のチラリズムです。企業の「コア」が観える確率の高い情報の一つです。

ITの進化が早く、最先端にあわせて社内が進化し、企業の先導する人財は、半歩先に変化します。ITの戦術変化を活かす人、企業の変化を見えない段階で観(診)ることができる、企業の未来を主張する業種業態比較ができる数すくない、スポンサーメッセンジャ型のメディアの下限を抑えた内容が多いようです。

●切磋琢磨する企業の、推進幹部が、異業種同業種と相対比較して、互いに拮抗する力として、日本を先導する執筆者、読者が多数増えて、雪だるまの財政破綻方向に歯止めをかけ、日本をプラス領域へ変える人財が多数か活用し、輩出できるようなしくみに進化することを祈念している一つです。
一家言ある企業の主張をして、多数の評価を活かしされに強い、世界に勝ち残りたい企業は、定点型の期間設定して、広告(日常の他社より優れた行動様式の一部を切り取って公表し、強みのハロー効果を目的とした有料広告メディアの一つとして戦略的に活かすことは、有料掲載した企業も得、定期安定先行広告が計算できるフリーペーパー提供企業も得、両得のしくみは、新しいビジネスモデルの一つになり、経営の視点、制御型人財の多数輩出メディアとして成長を待望しています。

地域CATVが、執筆企業探訪として、雑誌を映像化し公開し、その地域でのお客様の評価の生の反応を、その企業にだけもどすしくみを創り、地域の中小企業と連携し、地域のインフラ向上に貢献する場合は、そのプロセスを地域の人を主役に、執筆企業の製品商品ノウハウの市場伝播プロセスを活かす「もちつもたれつ」のしくみを構築し、国内水平展開だけでなく、世界の市場開拓地域のメディアと連携して浸透させるたまのフレームワークを構築できる突破口として活かせる確率は高い。

●初期は同様な「無料」雑誌が、ありましたが、読者囲い込みが目的で、有料出版(IT型)へ変容し、「無料」雑誌は、さわりだけの広告雑誌に変容したものもあります。「我の経営」「企業観」での20世紀の我の手法、期待はずれの企業もありました。

 

 

 


□創客接点深耕のしくみ
Webを活用する方法は多くの方法が進化してきています。内容、しくみ、システムのバージョンアップのスピードが速い方が、拮抗する競合企業より優位になる確率は高い。特に、自社独自性の暗黙知部分が多い方が、時系列とともに真似るのに時間がかかるしくみが準備されている方法が優位です。

●ネット活用力が創市場実現格差
  
・検索エンジン活用事例(植物工場)
 ・検索エンジン活用事例(養殖漁業栽培漁業)
 ・検索エンジン活用事例(太陽光発電)
●情報量「ゼタ時代」のプラス領域が多い行動
●情報量「ゼタ時代」地域勝ち残りの方向

●創市場創客にWebツールを活かす

●グローバル競争を勝ち抜く論文検索

 


◆「Google AdWords」
「Google」のトップページから直接アクセしてください。
 

中小の「ものづくり」「いきものづくり」の企業は、ある規模以上になると、業績基盤に必要な市場規模を拡大しなければならなくなります。拡大に対応して営業パーソン数を増加できあに時に役立ちます。
成約のキーマンをターゲットにWeb広告を掲載し、営業活動を支援する戦略的武器にすると、費用対効果が着実にアップするための相談アドバイス、上手な活用のためのしくみが揃ってきました。
投資金額は初期は少なくても、新規客数、リピート客が広域で着実に計画数字以上になってきた段階で、投資金額を増加すればよい。実際に自社に最適のなるように短期で多用な実証検証し、徹底的に活用アドバイスをうけて、速く活用方法を習熟しる方法が採れます。投資金額に関係なく平等なフォローをしてもらえるようです。 

最新の変化と機能の充実方向の基盤となる基盤情報を知り、知恵に組み込んでいると、Googleと、真似
した型企業、Googleと連携した国内IT企業より、上限機能で創市場創客分野で自社固有の応用できる
領域が出来る確率は高い。21世紀後半は、中小企業規模、国内で市場に上限があることが、企業固有の
創市場創客の微差の戦術、戦闘を組み立てることができます。情報「ゼタ時代」の公開情報は、誰でも
真似ることができます。

金があればに、日本銀行のように貨幣の量の水増し型なら、明日から だれでも 売上だけなら1兆円企業になれます。投資資金が潤沢(日本貨幣水増し輸出量を増やすと同質)ならできます。
貨幣価値を1/2とは、50%安売することで、安いから誰でも買う確率は高い。付加価値生産性の能力を2倍以上にしなければ、実体社会の納品のための生産量供給は不可能で、欠品が生じ、短期で、信用がなくなり、不買現象になり、設備投資の返済、商品倍増で、人件費増加を維持できない想定以上の速さでの利益マイナスが雪だるまでとなり、どんな地獄が待つでしょう? 日本銀行の場合は、印刷時間だけの紙の場合、従来の貨幣価値なら、同じ金額なら、実体社会なら2倍納品しなければなりません。海外の国はいつまで1/2の価値の貨幣で満足し容認するでしょうか?、日本が海外投資した現在の貨幣価値が1/2になると、現在の2倍にする必要がありませんか?海外の国が、現在の貨幣価値と同等に日本の貨幣をみなし容認できるのはいつまででしょうか。日本の極度の財政破綻危機はいつか?

右肩上がりで過剰投資して営業外収益依存企業は、バブル崩壊で顛末はどうなりましたか?それ以上の人災で、貨幣価値が1/2となり、預金者の貨幣価値は1/2となり、金融機関だけが2倍の貨幣数量を市中に放出して、2倍以上のの利益を上げる確率は高い。紙を右から左へ渡すだけで、膨大な移動収入が入り、人件費、設備投資等の原価は増加せず、数字の桁数を増やすだけです。増加した1/2の貨幣は、現在の1の価値で海外に金融投資として短期で流出し、その顛末はどうなるでしょうか? 
1円の利益を持続的に「真似した型」でできるなら、ブランド型の優秀な経営者、重役、経営幹部がいる中小企業の60%以上がなぜ慢性赤字、法人税貢献せず、地域の若い世代の就労数を増やせないのでしょうか?

気づく思考帯域が欠落したり脆弱なひとは、最悪の結果が出てやっと気づける領域です。言うだけムダ時間です。

◎地域の中小企業が、国の仮想空間優位な本流とは別の、実体社会の中で、きちんと仕組み、システム、人的総能力、適正規模の130%以上の6か月以上の先行営業利益管理で「創市場創客受注残」を持つしくみを若い地域のITを普通に活かす世代に社員として、実務現場兼任業務で始めることを待望します。

中小企業が、IT投資金額を最小で、自力で、先行型で「創市場創客受注残を」持続的に増加し続けることができる仕組みシステムツールは 公開型が多いGoogleの機能を活かし、中小企業の低価格汎用の儲かっている黒字企業が多い世界標準基幹システム(SAP)、国際会計標準適応型を活かして固有の創注顧客先行管理の仕組みシステムの基幹部分を構築し、営業数が多数いる企業の個人平準化型SFAより、業績貢献者の人数を増加させるるために、その基準以下の70%以上の人の中から、集団組織の増幅機能を活かしt成約確率を高める、自社固有の成功累積の体系化標準化で、60%以上を早期に稼ぎ人へ変えるために企業の強みを優位に活かすことができる確率が高い時代がきました。基幹部分以上は、21世紀後半は、守秘内製型にして、競合他社との格差を常に微差勝てる持続ができることが「真似した時代」勝てる条件の一つです。世界的規模で、より成功確率がt高い方向へ進化更新スピードは国内のIT企業より核心を突いているため、その変化に対応して自社の固有応用システムしくみをカイゼンできる確率は高い。外部任せは、自力カイゼンスピードが潤沢な資金を投資できる大企業グループ子会社・グループ企業の後塵になる確率は60%以上ある時代にはいりました。

海外各地の地域連携するとき、その国の勉強仲間行動仲間と言語を超えたインターフェイス(互換性)が自在にできます。


好き、得意なことは、その時苦手な実務現場の専門性を累積するスピードより、日常業務を楽に時間生産性
を高め、精度が高いカイゼンのITの技術が無限に活かせることに気付き、集団組織で、増幅的カイゼンに気付くことが出来る確率は高い。中小企業で赤字企業を短期で黒字化できる突破口は、経費原価+目標利益
以上の営業利益を月次決算で130%以上先行受注できる仕組みシステム、総人材能力と現在の人の能力
を集団組織増幅して達成するための人数(個人の人数ではない、全体最適整合した営業利益最大化行動能力を発揮する人の数で、各個人は、競合他社より、個人能力、組織増幅活用能力を常に大きくする人材育成の仕組みが必要です。(知識量と実戦行動量に時間差があり、知識量と実戦行動量は個人天地の開きがあります)

◎創市場創客の販売戦略が組めて、集団組織機能増幅が最大化する人の配置ができ、顧客数を計画通り、増加でき、顧客の客単価分布で必要数の客単価別顧客数を先行で育てるダム型養殖で農方式ができる匠、プロ、さらに超一流になりたい制御型人財の多数の輩出は21世紀前半から今育つ人が最適です。
20世紀の成功体験(個人のアナログ重視、頑張りましょう型)では、TPPで世界と国内(海外拠点から競合)企業とその国内企業連携グループに勝てる確率は、過去の手法の継続しただけなら30%以下の勝てる確率になったことに気付き、若い戦力を21世紀型、個人業績貢献、集団組織全体最適増幅業績貢献型優位にし、先輩は、若手の想定外の成功実績を、スポット業績から、しくみシステム型で60%以上が知行合一できる段階にする行動を始める時です。現在の素晴らしい業績貢献者は、もうちょっと制御型人財機能を付加するだけで、若手とともに想定以上の成長ができ、21世紀後半、勉強仲間、行動仲間と共鳴共振共働連携をすると、原始時代、強いリーダーの集団組織が、拮抗する強いリーダーと連携行動し、巨大マンモス、巨大恐竜さえ固有にもつアキレス拳を突けば、勝てた実績を現在でできる確率が高い。

21世紀前半、情報「ゼタ時代い」の潮流に適応して、多様な、20世紀未知、ゼロのインフラが機能してきました。20世紀前半は、すべての人が知識行動ゼロからスタートしました。格差は微小でしたが、すでに現在は潤沢な投資が出来た企業が先行馬として利益を1人占めしましたが、情報公開のネット社会で「真似した型」
で格差は急激に減少し、相撲のような拮抗状態環境では、力士の固有の微差で、勝率が決まり、相手の成長以上に成長努力をしなけらばブランド力士でさえ下剋上の世界です。21世紀後半は、後進国も先進国と拮抗してきます。アジア圏で先行馬の日本優位の幻想は、21世紀後半通用する確率は?
 


「図解でわかるGoogleマーケティング」 
多様な機能を最適に活用すると、20世紀代と異次元の
                                 新規開拓、顧客数の増加ができる確率は高い。 

   著者 村上 崇
   出版 日本能率協会マネジメントセンター     発行日 2010年3月1日
   ISBN 978-4-8207-4632-4                 税込  1.680円 
 

目次

Part1 基本編

01Googleマーケティングをはじめよう

12Googleトレンドで競合の動向を調査する

02Google特殊検索で効果的に調べる

13Googleマップで競合調査を行う

03特殊検索で情報検索を効率化する

14Googleを使って自社(Company)分析をする

04Googleマーケティングに使える様々なツール

15.コアコンピタンスを再確認する

05Googleを使って市場規模を調べる

16Googleマップに自社の情報を組み込む

06「ニーズ」「ウオンツ」とGoogleの関係

17ポジショニングマップを作成する

07マーケティングの「3C」をGoogleで分析する

18顧客情報の分析結果からポジショニング戦略を考える

08Googleブログ検索で消費者の反応を調べる

19自社と競合分析の結果から差別点を導き出す

09顧客のセグメンテーションとターゲティングを行う

20Googleのトレンドの活用(1)
いまの流行やトレンソを知る

10Google検索でベルソナを作ってみる

21Googleのトレンドの活用(2)
人気急上昇の理由を見つける

11Googleを使って競合(Competitor)分析する

 

 

 

Part2 情報収集編

22Googleニュースで記事クリッピングを行う

27書籍や学術論文など2次情報を収集する

23Googleアラートで知りたいニュースを自動収集する

28画像検索を活用して資料作成を行う

24Googleニュースのカスタマイズ機能を活用する

29パーソナライズ検索を行動ターゲットに活用する

25Googleリーダーの活用法(1)
情報収集を日常化させる

 

26Googleリーダーの活用法(2)
膨大な情報量を整理して読み返す 

 

 

 

Part3 マーケティングリサーチ編

30統計情報やクチコミサイトを活用して消費者動向を調べる

36Googleインサイトの活用法(3)
報道と検索数の関係を知る

31消費者のクリコミを集めたサイトからリサーチする

37Googleインサイトの活用法(4)
情報の広がり方を時系列で見る

32「掲示板」検索で消費者の素直な意見を見る

38Googleインサイトの活用法(5)
ネガティブ情報の関心度合い把握する

33ユーザーからアンケートを取り、自動で集計する

39Googleインサイトの活用法(6)
エリアマーケティングに活かす

34Googleインサイトの活用法(1)
売れる時期を発見sする

 

35Googleインサイトの活用法(2)
検索ボリュームから未来を予測する

 

 

 

Part4 戦略策定編

40マーケティングの4Pを考える

50戦略立案前に自社のコンバージョンを再確認する

41マーケティング4Pとクチコミの関係

51仮設の中からアクセス増対策を考える

42商品価値(Product)をGoogle検索で分析する

52Googleキーワードツールの活用(1)
売上予測を立てる

43Googleインサイトを使ってプロダクトライフサイクルを調べる

53Googleキーワードツールの活用(2)
プロモーション時期を検討する

44価格(Price)をGoogle検索から考える

54Googleキーワードツールの活用(3)
競合調査をする

45AIDMA理論からAISAS理論、AISCEAS理論への変容を理解する

55Coogleワンダーホイールでキーワードグループを見つける

46テレビPRの影響力を考える

56リードジェネレーションを考える

47チャネル(Place)となるWebサイトの導線の最適化を考える

 

48Webプロモーション戦略を策定する

 

49ターゲッティング情報からクロスメディア戦略を考える

 

 

 

Part5 PR戦略編

57情報の広がり方を知るイノベーター理論

61トレンドキーワードを入れ込んだリリースを作成する

58Google検索でトレンドキーワードを見つけ出す

62プレスリリース作成のポイント

59トレンドキーワードを広報戦略に活用する

63プレスリリース配信のポイント

60広報戦略によって露出効果を最大化させる

64ニュースをクリックし、効果を測定する

 

 

Part6 プロモーション戦略編

65Webサイトの現状を分析する

71コンバージョン率を高める登録フォームに改善する

66プロモーションの目標設定を行う

72YouTubeによるクチコミプロモーション(1)

67ランディングページを最適化する

73YouTubeによるクチコミプロモーション(2)

68アクセス解析ではスケジュール管理を徹底する

74YouTubeへのアクセス対策

69コンバージョン率を高めるサイトデザインを検証する

75クロスメディア戦略のケース(1)

70ランディングページの直帰率を下げる方法を吟味する

76クロスメディア戦略のケース(2)

 

 

APPENDIX

77Googleのモバイル市場への挑戦

80お役立ちGoogleツール(2)
Gmail

78Googleがもたらす近未来

81お役立ちGoogleツール(1)
Googleドキュメント

79お役立ちGoogleツール(1)
Googleデスクトップ