開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報
商品カテゴリ

■地域は複合食品産業を基幹に勝つ  130312

A志援.人財.comTop地域は複合食品産業を基幹に勝つ



 

更新 2013.04.24

◎A志援のコンテンツの統合統覚目的は
 
「地域が地産地消型の複合食品産業を基幹実現の布石を打つ」ため!

 
日本の地域で実体社会優位の地産地消で閉空間内で、資金が循環し 地域の人が共に
   豊かになるために全員本人のふさわしい強みを活かし働き、直接貢献する兼務以外間接
 人員ゼロの汗をかき働き、地域のすべての人、幼児(3才)からすべて全員地域貢献行動
 者にする。

 
◎国の高額な調査予算をかけた結果、将来、日本人の人口が減少し、働く人が減少し、
 海外からの移民が必要・・・・、国内市場は減少し企業の活路は、海外進出・・・・
 税収の減少は、増税しかない。・・・・まさに子供でも結論できる調査結果は常識の
 蛇足型です。
 
 
正論と思い込んだ人が陥る、日本国(会社)が富国殖産(企業が黒字にするための、勝ち残る分野
 を構築する)視点で、現在の働く人数を決める常識をすべての生きている日本人はすべて、稼ぐため
 に一員になれることを忘れ、日本国存亡分岐視点に立つと価値基準、行動基準を忘た偏光私見の
 一つである確率は高い。ある種類のブランド優位視点を価値基準行動基準にして、日本弱者で、
 海外優位視点に立ち、日本人の遺伝子レベルのないないづくしの環境で生き残った世界の中で
 最高水準の強みを忘れ、素晴らしい恵まれた環境で生まれた手法思考様式と異なる。固有の微差
 があることを忘れた、汎用思考で世界の人の60%以上が多数思い込む詭弁型ディベート視点からの
 調査結果の一つです。
 本流のブランド人群、メディア、マスコミ、ネットで正論化を過剰増幅 (泡・バブル型増幅)すると、
 浮き草タイプの大人型子供(右脳を心理的に操作し、日本人を蔑視し、他人の芝生(外国)を天国
 とする本人が無意識催眠状態で行動し、結果が出て、初めて、あれ変な行動をしたのではないか?
 と気づく後の祭り型人達)が60%以上の人数に21世紀前半のネットの組織力パワーが進化でなって
 きました。その現象が見えただけです。

  現在の働く人数は、就職前の世代、働き稼ぐ場を失った高齢者を除き、子供でも気付く
 何か変な根拠のディベート価値基準で、必ず日本の人口は減少し、必ず働く人数が
 減少すると決つけ、現在基準で+未来成長する国内の日本人比率を減少させ、異民族
 国家になると決めつけるのでしょうか?国内中小企業は、国外で、日本を捨て国内て
 生き残れない環境になる。国内は、大企業の寡占化・・・・
 誰でも子供でさえ結論できる調査結果は常識の蛇足型ではないでしょうか?
 

     
慢性赤字企業のマイナス思考の本流幹部の赤字を正当化する報告書と、慢性赤字
  国家でありさらに赤字を増大雪だるま拡大する日本の報告書と日銀の動きと酷似して
  いることに気づけるあなたは、世界の中で最上限領域の強みを強化し、頻発する天災、
  人災、TPPのような外圧の脅威になるグローバル企業と国外の業績貢献費比率が60%
  以上のの名目的国内企業が、国内市場の寡占化準備のために綿密な準備が終わり、
  脅威の時代にはいりました。
  地域が局地市場で勝つ・黒字中小企業を多数化し、日本の富国殖産に貢献し、働く人
  の数を持続的増加させ、富裕の我欲を腹八分目で上限規制し、共に豊かな子孫繁栄
  軌道を実現する行動をはじめる貴重な分水嶺の期間に入りました。

 
 
 
都市部以外のあなたの地域は、近未来、高齢化し、若者がへり、働く人がへり、過疎化し、
  不足の働く人数を補完するために現在の日本人以外のすばらしい勤勉な外国の人達が
 新日本人となり、混血社会、異文化社会になる方向へ向う徴候は既に見える段階になり
 ました。この調査結果のようになると思い込む領域の人が60%以上に必ずなります。
 このプロセスは、慢性赤字、黒字化を志した過去晴れの環境下で成功実績をだしたリーダー
 達が、共通に歩む挫折の人間破壊か、合法的理由で現場を去るかどちらかのプロセスを招く
 姿と酷似しています。


 
 ◎局地である都市部以外の地域(小都市も含む)だから、世界で、最上限にある強みが
 ある。世界では少ないか、ほとんどない日本国・日本人・日本の最強の強みに気づく。
 21世紀後半、地域が豊かになる目的の殖産強化、「絆・もちつもたれつ」、世界の叡智の
 結集でできた世界最高の理想平和憲法下、世界で最下限グループの自衛権である剛型
 行動規制(男性の剛型行動優位領域)下、農耕民族の遺伝子レベルの成功原理が、
 東日本大震災、世界の過去最大の人類への長期人災である福島の原発事故により、催眠
 状態から覚醒するトリガーになりました。幸いまだ多くの日本人が、覚醒状態の人がいます。
 残念ながら、時間経過に比例して浮き草タイプの大人型子供から、再びいつ覚めるかわから
 ない催眠状態に多数が着実に入ってきました。地域が勝つ方向へ行動し実現を急ぐ時が
 きました。

 

 ◆視点を変え、広大な国土で豊富な先祖からの贈り物があり、人口増加すれば、無限に国内
  市場を拡大できるが、現在の本流人口の増加率低く、異民族の流入で働く必要人数を補完
  する国の成功体験を真似る視点にたって、日本国、日本人の少ない気づく人が少ないよいとこ
  探しと現在ある最強の強みよりも多数の子供や誰でも気付いた弱みにの視点にたつ(赤字
  企業・拠点の60%以上の思考体系プロエスと酷似した汎用型)ことは、日本固有で、外国に
  短期間で潤沢な資金を投資しても累積総行動量で真似出来ない領域に立ち、価値基準
  行動基準、働き、何か地域日本への貢献をしたい人数は、現在でも30%以上人数増加できます。

  
今から10年で 日本固有の世界の中で、少ない最強な要素だけに重点集中行動すれば
  公表され、60%以上が思い込んでいる推計結果(赤字国、赤字拠点だから、赤字が当然、
  原料がないから、輸入は当然、市場がないから海外市場しかない、日本語をすてて外国語、
  日本人の体形を嫌い、素晴らしい黒髪さえ、ファッショさえ、異国人に真似きる、日本男性を
  捨てて子孫繁栄は、混血化等、教育さえ、日本の学期の良さをすて外国に吸収される仕組み
  で、優秀な外国人を囲い込む、日本人蔑視の動き等、赤字拠点の本流の人が、競合他社の
  強み、競合他社に飲み込まれる行動等)を、1つひとつ日本が富国殖産で、日本人の人数が
  70%以上で子孫繁栄できるプラス領域へ反転軌道を採ればできる確率は高い。

  
 
◆地域(小都市含む)を豊かにし殖産を推進するための「働ける人の総人数」
 日本的 ワークシェアリングで「絆・もちつもたれつ」「ともに成長できる」地域を実現するために、
 基幹産業として、地域のすべての人が年齢に応じて役割行動ができる複合食品産業と関連する
 多くの協業産業群の中で、働き稼ぐ。稼いだ費用は、地域の多様な産業、特に食品産業の地産
 地消のしくみの中で、食を消費し、残りのエンゲル係数以外の分野は、仲間の売上に貢献する
 ように消費できる地域密着CATVの機能をいかす。高齢化進行の支援、天変地異の危機管理、
 エネルギー等の地域自給する。地産地消以上の過剰のものは、他地域、海外への創市場創客
 の機能を活かす。金融バブル操作の影響を最小化、腹八分目で我欲 を抑えられない富裕層で、
 行動しない、地域70%以上が豊かな社会にする。富裕層が地域で
 生活でき難い環境し、不平不満の発言だけで地域に貢献できない人は、無視する。同様な
 行動をさせ続ける働きかけだけ平等にする。参加するか都会へ移動するか損得勘定で自己選択
 し行動するので気にすること、迎合は無用。


3つの視点を常に意識して経営戦略・戦術・戦闘の
選び方が重要です。ただし、最適総人財数が格差になります。
 

    
   ◇経営戦略:「しくみ-知識の統覚」 格差は無限
          「なかみ-先人の智慧の統覚」 格差は無限
          「金の力-投資力」 格差は無限
          「時間」 人一代は有限、企業存続は無限 

  ◇経営戦術:『「しくみ」と「なかみ」の組み合わせ方』は無限

  ◇経営戦闘:経営戦略と経営戦術を整合するのは人の叡智を
          結集し実戦(実践)度合いで格差がでる。
          ミッション実現度は 人の総能力量で変わる。
  
  ◎戦略的人財成長のしくみ:”必ず成長スピードが上がり達成量は
                    増大します。”
 

  
◎地域の複合食品産業実現し、グローバル競合の中で勝つ方法
   は、若い世代が、地域CATVを球心にして既存の最先端技術
   を活かし、創市場創客をはじめる。未知の分野への無限なパワー
   発揮できる素晴らしい人材に気付き活かす事が重要。 
   地域に、すでに多数の世界の最先端知識に接したことがある
   若い就職前の貴金属原石鉱山があることに気付くときです。 

   地域の中小規模の第一次産業、第二次産業、第三次産業の勉強
   仲間行動仲間でだけで協業化連携する事務局として、先入観なく
   行動できる人材は、知恵経験豊富な地域の実務行動できる高齢者
   との連携が最適突破口。
   小規模の食品産業の無理難題の成約を、地域の優秀な企業と
   連携し実現する。原料調達、生産、納品、第三次産業の外食
   中食循環網は実戦の中で構築できる。複合協業食品産業として、
   国内の相場の下限価格帯で、協業全社が営業利益が全社出る
   ための各社の我を捨て、腹八分目経営で整合させ企業の適正
   規模を仮説し、各社、全体の連結営業利益が最大になるように
   重点集中投資優先順位をつくる。地域の地産地消のために、
   地域の全業種の地産地消に必要な、地域だけの顧客を地域
   CATVの視聴者群を中心に、新販路を構築する。
   物流は、地域外は幹線企業と連携し地域内は地域の小口物流
   の時間効率(路線)で分担型連携物流を構築する。このしくみは
   日本で頻発する天変地異の危機管理網として実体行動に、活かせ
   ます。情報網と連動させると、情報網、実体行動網の機能スピード
   の日常訓練とカイゼンスピードは高品質に向かう確率は高い。

   地域の、現在、バラバラ、重複行動のムダを排除し、地域の全員
   (幼児から高齢者、障害者、介護者すべてふさわしい一員に組み込む)
   地域のインフラも単位能力活用を同時複合活用として利用できる分野
   が多い。全員が直接地域の地産地消型殖産行動に関わり、共に豊か
   になる一員になるためのあらゆる機能が、身近に揃い、机上仮想空間
   から実体の現実社会での行動をはじめ、よい種を蒔きつづけ、素晴らしい
   未来の実り・収穫を得ることが出来る、善因善果の善循環する冷厳なる
   原則通りの持続的行動を汗をかきはじめることを待望しています。
 
 


           

 ■視野・視点・価値基準を変え、能力を変え、実行量を変える着眼!

  「一人ではなにも出来ない」は自らに壁をつくり、限界を創ります。
  「一人からはじめると、何かができはじめます。」

  ●視野とは 一人の影響範囲 一人が観・診える範囲

  ●視点とは 一人の成長段階で異なり、超一流・無限の域になると
          視野は拡大してきます。
          視点を変えると周囲の観・診え方が変わり、価値判断が
          変わりはじめます。正しさ、思い込みの基準も変わります。   

  ●価値基準 一人が変われば、周囲の一人が変わり、鼠算で周囲が
          変わりはじめます。自ら発振する音源・機能源が集団と
          共鳴・共振すると名曲を発し・すばらしい成果がでます。
          集団の最適のための総合コンダクターの価値判断の高さで
          派生する内容、価値はことなります。構成する人・ものかねが
          異なり、音符の異なる音楽の違いと類似しています。 
          
          その段階から、周囲が全体最適のため一人一人の視野・視点
          の制約は集団のリーダー・ディレクターの力量に依存しはじめます。

          全体最適の価値基準は、企業の経営陣、地域団体の指導陣
          政府国家の指導陣、宗教の指導陣等多くの集団の価値判断が
          最優先されるようになります。他の集団から観・診ると多様で
          違和感がある場合もあります。

          あなたの視点をどこに採るかにより、日常の行動は変わります。
          すべて、あなたの今の段階で最適行動をしているだけです。
  

  ◎視点をより高くできる多くの制御型人財の成長を待望しています。
 
        
    周囲への「やさしさ」は「やせるおもい」がともないます。
    より大きい「やさしさ」を発揮するためには、より強い部分を創る必要
    があります。

    すで5つの余裕がある方の多くが 視点を1ランクあげる時代が
    来ています。優先すべきテーマも先人の智慧の中で具体的実践
    の方向性を考え、実行にとりかかる人、集団が働きはじめました。

    ステップ   最低でも人類の「我」を優先し生き残る分水嶺の選択
           猶予の限界が近づきました。人類の環境破壊の加速
           のために、安心安全な方法を採り実行する時期にきました。
           剛型行動優位の強大な覇者を目指す国さえ多数化してきました。
           世界の叡智の結晶である最大の剛型行動の上限規制が最小
           である(風前の灯)柔型行動優位がまだ本流の日本が現在
           の残された時間内で、素晴らしい地域の人たちから行動し、 
           世界へ発信する「絆・もちつもたれつ」、腹八分目行動を、
           局地・地域でビジネスモデルとして構築し、世界に柔型行動
           「ともに豊かに」を伝搬波及できる限られて千載一隅のチャンス
           の期間です。剛型行動の仲間入りをすると、実現確率はゼロ
           に近くなり、第二次世界大戦の真の目的と酷似行動が「窮鼠
           猫を噛む」如く始まる確率は高くなります。  
           (地球的視点、人類以外の生物の存亡も同時並列で行う
           必要がありますが、まず「人類」からはじめないと、なにも
           できません。)

    
         
◎5つの余裕のすべてをもつ集団の働きの加速を待望します。
      1つ、複数の人も視点を変える働きの加速を待望します。
 

        1.財力に余裕がある人、集団
             2.知力に余裕がある人、集団 
             3.智慧に余裕がある人、集団
             4.実戦に余裕がある人、集団
      5.組織を働かす余裕がある人、集団


     ステップ1  地域・企業の存亡を価値基準とする。 -
    ステップ2 日本(国)の存亡を価値基準とする。  -
    ステップ3 人類の存亡を価値基準とする。     △
    ステップ4 地球の存亡を価値基準とする。     ○
    ステップ5 宇宙の最適を価値基準とする。     ◎ 
    




  





1.地域が勝つ条件は複合食品産業の基幹化を勉強仲間行動仲間でスタートを急ぐことを待望

 □地域が勝条件は複合食品産業の基幹化

 
 地域の複合食品産業の原料調達は地域複合植物工場で自給自足
 


 地域自給自足のための複合植物工場のフレーム
 

 地域第四次食品産業(通称6次産業)の原料供給基盤の実現

 地域中小企業が最適運営する複合植物工場


 地域の複合食品産業の原料調達は地域複合植物工場で自給自足複合植物工場の生産コスト低減
 


 地域の露地型の成功の知恵を真似る
 

 地域複合植物工場の商品開発


 地域複合植物工場が儲かる創市場
 

 

 

 

 
2.地域が21世紀後半生き残るために 地域の方が都市部より優位な殖産になる事業


 □植物工場の稼働と市場
 

 植物畜産栽培養殖漁業林業複合工場


 日本で複合工場実証試験関連情報
 

 新たな食の安全安心の業務用計測技術


 放射能汚染に対処する食の安全の変化
 

 

 

 


 ◇新エネルギーの稼働と市場
 

 ◇太陽電池、風力発電他


  ・天然ガスコージェネレーションシステム
 

 ◇水素・燃料電池


 ◇スマートハウス・シティの稼働の現状
 

 ◇スマートコミュニティ社会


 ◇地方の空港は地域人商物流の突破口
 

 ◇林業再生「緑の社会資本」の現状


  ・航空貨物物流の最新のしくみを活かす
 

 


 ・消防防災ヘリ、ドクターヘリの地域貢献
 

 

 

 


 □農業法人の中堅企業の待望
 

 □第四次産業(通称6次産業)、複合食品産業


 □植物工場2012  
 

  □琵琶湖再生実現の具体策


 □栽培養殖漁業2012
 

 浜名湖浄化一覧

 
 □漁業に関係する活動内容から学ぶ
 

 


 □最先端医療の現状
 

 □最先端下水道の現状


  健康機能再生復元探し
 

   水処理・水浄化・水ビジネス


  ・日本理学療法士協会
 

 □林業再生「緑の社会資本」の現状

 

 


 ◇日本農業機械化協会
 

 ◇機械関係の進化


 ◇日本農業機械工業会
 

 ◇農業資材・農業関連システムの進化


 ◇農業機械化関係
 

 

 

 


 □「農業」の販路開発
 

 ◇マーケティング支援機関


 ◇観光庁
 

 ◇消費者の窓


 ◇日本貿易振興協会(ジェトロ)
 

 ◇消費者庁


 ◇創客は「ホスピタリティ産業」から学ぶ
 

 ◇FAX情報サービス 

 

 


 3.食品産業の関連事業 外部の専門家の知識知恵と連携し、自社の社員の成長とプロ化を急ぐ


 □食と健康業界の変化情報
 

  現在の食業界の本流を先導する企業


  食環境向上推進団体
 

 食業界推進基盤企業 


  厨房設計・施工関係
 

  食業界を支える企業


  食業界・厨房業界発展先導企業
 

  食料自給への対応


  冷凍食品製造業の進化
 

 

 

 


 ◇ 「新連携」型企業事例
 

 ◇プロジェクトに連携する建設土木関連


 ◇製造に関する次代への変化情報
 

 

 

 


 □物流調達機能と事業展開との整合化
 

 運輸構造の最新変化を知る


  物流流通業界の団体機関の変化を知る
 

  SCMを事業の善循環化のしくみカイゼン

 

 


 ◇触媒の変化
 

 ◇気象環境を事業に活かす


 ◇温度制御の探求
 

 ◇環境に関する活動内容から学ぶ


  ・温度制御に関する考え方
 

 


 ◇元気なもの作り中小企業300社
 

 ◇業界団体の活動内容から学ぶ


 ◇専門学会の活動内容から学ぶ
 

 ・次世代照明技術関連団体

 

 


 ◇コミュニティバス
 

 ◇冠婚葬祭

 

 


 4.地域が「もちつもたれつ」ワークシェアリング型で共に豊かになる事業展開の推進事務局機能


 (1)地域の情報、知識、知恵の集約と臨床検証実証行動を統覚し、活性化プロデューサ機能


 □地域密着CATVの地域との融合現状
 

  CATV業界関連団体広域企業


 CATV業界収益が上がるしくみ
 

 地域密着型CATV企業の役割


 地域CATVで押さえる着眼
 

 地域密着CATVを補完する無線機能


 地域CATV1(北海道、東北、関東、甲信越)
 

 地域CATV2(中部近畿北陸)


 地域CATV3(中国四国九州)
 

 

 

 


(2)地域の資金調達機能


 □狭域高密着地銀信用金庫の活用(JA含む)
 

 □投資育成のしくみを活かす


 ◇日本政策金融公庫農林水産事業本部 
 

 ◇日本政策投資銀行

 

 


5.地域の企業入社前の若い人材原石鉱山から、10年後地域の本流推進制御型人財を多数育てる


 ◇若い最先端知識人で地域の知恵を進化
 

 ◇国立高等専門学校機構


 ◇農林水産業関連大学
 

 ◇専門大学院


 ◇技術大学(MOT)系専門大学院協議会
 

 ◇世界観大学院大学の活動


 ◇社長輩出数の上位ランク大学の育つ風土1
 

 ◇社長輩出数の上位ランク大学の育つ風土2

 

 

 
 ◎世界観で自分の行動をもうちょっと変える
 

 ○自分を変え周囲が変わる原理


 ○潜在態度能力評価
 

 ○「脳構造機能」「心構造機能」を正しく機能させる


  ○グローバル競争を勝ち抜く論文検索
 

 
 ○日本の国際標準化戦略 
 


○戦略的に他分野制御型人財を大量に増やす
 

○創市場創客は天災人災グローバル環境下で勝つ突破口

 

 


6.データ数字で、農林水産業、食品工業、食品関連第三次産業は日本の複合的基幹産業と認識

 
TPPで 国内食品産業の原料調達の「役割である農林水産業のマイナス影響金額が極端に少ない。
 ある視点から、過小評価する目的にして、評価した詭弁型ディベートのための数値であることに気付く
 ことが制御型人財候補の必要条件です。
 富国殖産、国民が多数自力で働き豊かになる方向の視点から、国内で、実体社会を局地的に構築
 するあらゆる21世紀前半機能が、バラバラ部分最適で全体統合されていない地域単位で食を基幹に
 変わることが勝てる雑魚の場に気付く時です。情報ゼタの時代50%あるマイナス領域が多い情報に
 幻惑されず覚醒して、プラス50%からの情報を活かしプラス領域へ一歩前進を待望しています。

 たった一度しかない人生舞台を持てる最大能力を発揮してふさわしい役割を演じましょう!
 血の出る思い出で働き献上した多くの人の税金の価値を、紙切れ扱いにし○○保障助成
 名目で、現金そのものを渡し、プラスの付加価値が生じるように回収義務責任感がない貨幣バラマキ型で
 強者の恵みを唯一の、延命法として生き延びる人間の尊厳を捨てた人生で満足できますか?

 「食」「いきものづくり」に関連して、日本国内事業展開する企業や働き収入を得ている人の規模の現実を
 正しい現状を知り、地域(都市部以外)の勝ち残りる方向は何か、突破口は何か正確につかむ。
 ただし、国内市場をシェアリングして、全員生き残るためには、20世紀までの大きい長大企業、今太閤型
 で少人数が富を独占し、金融操作で、潤沢な資金を持続的に投資して、金融業界で丁半博打に必ず勝ち、
 さらに、富を増幅する方向で、欲の上限規制が無限の領域への挑戦は、地域の富裕者単独では、世界
 を市場にした場合、博打に累積合計すると負ける確率が高い。21世紀前半、地域が腹八分目、日本的
 ワークシェアリングが実現しやすい、業種業界で固有の営業利益最大化適正規模があり、その企業の
 営業利益最大化できる社員最大数が、あります。人の能力を協業企業で共有し最適配属させる。
 その時の企業規模を上限としを規制し、市場競合しない地域で同一企業規模限界で事業する(多店舗
 展開の原理)で、地域を面型市場として拮抗連携するとの協業した各企業単位の黒字企業数が60%
 想定以上の速さでよいビジネスモデルはよいグループに伝搬ます。悪いグループは、後から真似る「馬
 が水飲み場へ来るのを待つ」まで、時間が必要ですし、逆に正当に見える理由をつけて、自ら都市部や
 住みやすい他地域へ移動するので、気に留める、説得することはムダ、時間の浪費と割り切ることが
 賢明です。  
 


 □日本標準産業分類のデータ
 

 第一次産業のデータ

 エネルギー供給のデータ


 □日本の産業企業の成長過程
 

 食品産業のデータ1

食品産業の定義、産業分類の中で占める価値
現在の各食の分野の進化段階


 食品産業のデータ2

食品産業の種類、日本の原料調達機能と品質、安心安全に関する、プラス領域+0以下の、人間の下限基準(-0以下の最小基準法律基準(マイナス領域の+方向最大基準)
 


 食品産業のデータ3

外食、中食産業の進化段階
 

 食品産業のデータ4

中食、食品関連小売業の進化段階


 食品産業のデータ5

日本国内の供給自給力段階。海外輸入の原料調達の食品産業の現状。食品流通のための延命保存法、冷凍技術、食品物流の進化段階
 

 

 

 


7.先人の実績のある実戦型知恵本を活かす。
新聞、専門新聞、専門雑誌と併用し、本の内容に、出版後の変化情報を付加する。


2013年TPPが現実化する段階となり、珠玉の不易の情報(いきものづくり)から、最先端流行のグローバル変化の本質を学ぶ。

流行、最新情報と知恵は、本の裏の「発行日」で1刷を探す。不易は重版と、直近の改版から探す。
不易の本は、2011年3月11日以降福島事故以降の改定発行された本で、改定前の本と両方を比較すると、最新の打つべき具体策が明確に観(診)えてきます。著者が、その後の実戦継続現役者で、さらに高度な視点からの価値基準行動基準へ進化したか、机上型間接型の仮説優位が、瞬時に選別出来ます。

日本の先進の知恵は、後進国の戦略的「真似した型」ですでに21世紀機能を駆使して、格差が僅差となり、ある分野はすでに後塵を拝する現状に早く気づき、地域の食に関する統合、全体最適集団化への早期転換に気付いた(国内の幻想的優位の価値基準の本質核心が実体は違う)地域だけが日本国土が天災、人災は世界で最高頻度が高いグループであり、グローバル化で、地域の就労人口が多かった繊維業界、自動車業界の衰退期間より急速に地域中小企業が直面する危機対応の中で勝ち残ることができる確率は高い。
 


   出版社一覧

 農林水産業、食品工業、食品産業関連の
 多くの最新の書籍が多数出版される、
 ブームの時代時代、テーマ解決の知恵者
 実務家に出会えるチャンスの時代になり
 ました。



 


 専門誌(雑誌)

書籍は1年以上前の先人の過去の軌跡。最新の歩みは新聞ですが断片情報、それをある分野、視点で体系化した時代の流れを切り取り整理した情報が専門雑誌です。
時代の潮流で「食」をテーマに、玉石混淆、ハイリスクハイリターンの情報の中から的確にプラス領域量の多い情報選択眼がある人は、素晴らしい、未来のダイヤのきらめきのような原石に先行して出会える確率は高い。
ブランド型の机上の人からは世界の最先端の進行段階を学び、実務家から、現場カイゼン、高収穫、低コスト、成功確率の高いシンプルプロセスを学ぶことができます。
 


 業種別審査事典

業種別の固有の違いを相対比較し「食」のある分野をより詳細に分析する手がかりになる専門書の基盤の価値基準行動基準がわかり、真似した行動の人に役立ちます。
 

 専門事典年鑑(統計・白書・アンケート)


  業界の基本常識 
 

  

 

 


 新聞社
 

 専門新聞の分野別1


 専門新聞の分野別2
 

 専門新聞の分野別3

 

 




◎地域(小都市も含む)だから21世紀後半地域で住む人が「絆・もちつもたれつ」共に豊かに
なるように、心身健全な子孫を多数 育てはじめる時代になりました。

人口の減少に歯止めをかけ、低所得者の増加に歯止めをかけ、地域が共に豊かになれる
21世紀進化した機能、天変地異の頻度増加で、危機管理のしくみの進化、高齢化、
過疎化を強みに変えて子孫繁栄の方向にベクトルを制御できる人も含め経営資源が
バラバラに部品のようにジグソーパズルの小片のように揃ってきました。
地域だから 地域地産地消、実体経済社会で、「絆・もちつもたれつ」の日本型ワークシェアリング
機能を活かし共に豊かな社会構築を、優良法人の中小企業の勉強仲間、行動仲間が、複合食品
産業を基幹にして、バラバラ部品を統合し殖産機能化し、ジグソーパズルの小片を、全体最適
行動をする役割分担した地域の幼時から、高齢者、介護者、障害者(人間の尊厳のない人は
飢餓せず生きる間生活できるようにし、その他のひとは一員に加える)全員を地域循環の中に
統合統覚する一枚のジグソーパズル完成グランドデザインに組み込む行動を始める。

自社の業績基幹業務・本流業務と経営陣が確信決断するために成功確率が高い情報を提供
する分野から選択し、自社の現在の正社員とのコミュニケーションが乖離しないレベルの学校
を選択することが、中小企業が、予定成長人材数を多くできる確率は高い。
上場企業、中堅企業や地域の中堅企業が優先して、成長確率の高い人材を上位から採用する
ため学校ブランドで選択すると、行動より机上業務を選択する、社員を働かせる間接型の人が
60%以上まだ就職ができない人が多いことに留意する必要があります。
銀の匙を加えた、役員陣の子供と同一レベルで、現役員が、本流時代最初に排除される確率は
高い。社員が学校ブランドに幻惑されて迎合すると現在の経営者経営陣の失脚を早める確率
は高い。特に、女系の婿が、義理の創業の親を追い出す現象が始まる確率は高い。「ものづくり」
「いきものづくり」の分野で多くの就職が決まらなかった人の方が、突出した固有技術が必要な
中小企業の経営陣候補として育つ確率は高い。企業の黒子としての制御型人財が生まれる
確率は高い。

地域の中小企業の場合は 地域の大学・学校から選ぶことを推奨します。1名成功すると、その
後輩が自社へ就職希望する数が多くなる確率が高く、その先生も好意的となり、産学連携が、
学校ぐるみで連携できる突破口が生まれ、善循環が始まり、業績がよくなり、安定黒字化が
できる確率が高くなる。本人も、その家族も地域で貢献できている姿を誇りとし、本人の伴侶
その子供も、その企業が、潜在脳で「好き」になり、優良法人企業として地域貢献の先導役
企業に成長すると、勉強仲間、行動仲間の経営陣の連携が始まり、地域できちんと確固と
した業績基盤ができ、外部からの参入障壁が高くなります。高い参入障壁は、城が落城
までの時間が長くなり、攻める大軍勢の弱点に重点集中すると、上田城と、徳川秀忠の事例
の如く、勝つ確率は高い。現在は、都市部以外の地域の多数の人財を投入する確率は、高い。
国内の総社員数が少ないため、地域へ少ない人財と少ない人数の人しか投入できず、
ブランド効果の高いテレマーケティング、コールセンター対応が主流になりました、
自社の熟練匠の知恵があれば、その時の地域の参入企業の人材・人在数なら、防戦だけでなく、
ブランド型だけでシェア拡大してエリアは、短期で、その弱点や、多変量で対応するとある部分
(業種業態、競合内容製品商品単価で微妙に異なり、具体的テーマごとに重点は違う)を
突けば十分中小企業が勝てます。情報「ゼタ時代」は企業ブランドで泡・ハロー的巨大恐竜
は、知識部分は短期間で80%以上真似でき、格差は少ない。都市部以外の地域は、小回り
行動ができず、雑魚より、逆に「ピラニア」型で、市場占有率を蚕食できます。ブランド企業は
巨大な身体を維持し、神経回路はコンピュータクラウドで、営業の時間効率、時間成約率で
評価され都市部の訪問回数を都市部以外の地域は1/2以下、訪問件数稼ぎができない、
自動車走行距離が長い顧客点在分散した場合、電話、手紙だけ、実日訪問ゼロ、担当者
への連絡だけ、決裁者接点ゼロ、テレマーケティング、テレホンコールからの成約確率の
高い訪問しやすい効率がよい地区だけ行動、結果報告の時間制限がある。まさにイントラ
ネットに追い回され、完全に抜けた、中小企業が顧客化し固定化できる確率が高いお客
さまが多数「頭髪の虎狩」の如くで、テンポイント接点市場が21世紀前半はできてきました。
その企業の共有情報は、面できちんとエリア顧客サービスができているグラフ化情報に
なり、地域訪問し、現地現場との情報乖離をチェックする管理者数は、事務管理多忙を
口実に少なくなりました。客単価が都市部より低いため、数字管理時代の仮想空間で
動かな、戦略実現は、戦術、より、競合激戦の最前線は、飛び道具(ネット、オームページ、
メール、機械的手紙、広告、チラシ等)が優位になりました。地域の市場は、20世紀
末期、バブル崩壊時、全員必死で、汗をかき、靴底に穴をあけて実訪問した面行動時代
と異なり、地域の都市部行動範囲以外切り捨てる郵政民営化で、都市部以外の地域
サービスの切り捨てを人件費削減で、社員数が減ると当然の現象です。固有技術、
客単価の高い、専門知識が必要な分野も新規開拓は、営業総行動数を身体的増やせない
現業部門から回されて営業経験の高齢者にノルマを与え、慢性未達で針のムシロに座らせ
短期で地域拠点転勤、合法的自己退社させるしくみの会社さえ増加した。都市部以外の
地域のブランド企業との競合の場合、拠点の、人数配置をキチンと現状認識し、行動様式
を分析すると、弱点エリアから順に蚕食できます。

21世紀は創市場創客を含め、都市部でない地域は、雑魚として巨大大魚・恐竜時代(現在
と酷似)当時の人の集団が共鳴共振共働(意気投合)した人の集団と連携し、巨大マンモス、
巨大恐竜に勝てる確率が高い21世紀後半の時代の徴候が出てきました。

 ●業界編成変化への対応(1980〜)

  日本の先導企業から、企業グループ化、経営統合、再編成が超スピードで戦略的に進行
  国益企業を分割し、国民への貢献度を高める方向と逆行し、民営し大企業化し、グローバル
  競合激化環境下で生き残るために、分割企業が、連携、経営統合、吸収合併へ加速度
  段階になってきました。大恐竜、大魚が群れる時代に 微小人間とその集団組織が
  地域全体最適の群れになれば巨大な外圧の中で生き残れる確率は高くなります。
  逆に、金融操作、実体信頼度が低い晴れ型粉飾数字、ネットITを人の行動量に過信する
  徴候が見える段階(10%以上)になり、外圧に穴を明けて、実体行動で無力にできる「勝つ」
  チャンスが、適正規模を順守する地域の中小企業の協業グループに実現できる確率は
  60%以上に高くなった「少ない強み」を発揮できる時代にはいったことに気付く時です。
    地域の中小企業は、単独の我欲での競争の20世紀の成功体験から、固有技術、強み
  優位に、勉強仲間、行動仲間を、持続的地域の優良法人企業を核にして異業種協業し、
  「いきものづくり」「食」をテーマに、地産地消、原料調達、エネルギー調達、人材数を自給
  自足する現在ある経営資源と、加速度補填する部分を明確化して、机上仮想空間から
  実体経済の中で、地域の人が共に豊かになり、子孫繁栄できる環境整備に入ることを
  待望しています。 

地域は小さいから勝てる時代がきます。首都圏大都市圏から 繊維業界の変動淘汰の期間より
想定外のスピードで国内業務比率70%以上の中小企業淘汰が始まる確率は高い。
さらに稀代の歴史的悪手、貨幣価値の金の預託追加なしに、紙だけ倍増させたことは、現在の
価値を「1」とするとそれを「1/」2のような価値にして「2倍」の貨幣数量にする同じ価値を泡の水増し
貨幣が、国外との取引で、国内だけに拠点しかない企業に対し有限の世界取り合いの原料輸入
依存企業にある外圧現象が始まる確率は高い。
外国が、1/2の価値になつた貨幣を現在の1と見なしてくれるでしょうか? ただし海外比率が高い
企業は、内外で商品相場に応じて、自在に自グループ物々交換(数字の移動だけ)で、相場に
依存しない戦略が可能で、国内を江戸のコメの騰貴型で、優位に事業展開し、強い地域以外の
都市部は、外国の高騰する相場と、国内の戦略的高値が始まる徴候が円安理由での値上げの
ように現実化します。地域が地産地消、原料自給自足型が遅れると、働く場の少ない年金生活者
は、銀行から引き出すと、貨幣価値が1/2になり、過去の同じ金額での購入量、質等が半分に
なったことに気付く時がきます。銀行預金をそのまま、元金で預金したままなら、ゼロ金利で、手数料
が有料で目減りしても、預金引き出す場合より、現在の元金目減りは少なくなります。金融商品は、
超富裕な人だけ独り勝ちして、投資資金の少ないひとは、累計するとマイナスになり、一瞬儲けると、
パチンコ、競輪競馬の如く麻薬現象の我欲で、すってんてんになる確率は高い。合法的カジノが
はじまると、高齢者の事故破綻は多発、慢性赤字の中小企業は、一家離散、社員離散に短期で
なる確率が高くなりました。
 

◎大企業はTPPへの見える段階での対応準備ができたためにTPP実現化行動をはじめました。
準備不十分の地域(小都市部も含む)は、時間時間がありません。

地域の優良法人である勉強仲間、行動仲間の中小企業の経営者を複合食品産業を基幹として
農林水産業を地産地消型原料調達型へ、地域の信用金庫、JAバンク、JA組織を基幹とし、
地域密着CATVをITすべての機能を統合し、行政との天変地異危機管理と共有した、局地的
全機能を1回転できるしくみを構築する。その構築期間、地域密着CATVの視聴者だけで、
創市場創客のための家族情報も含め統合集約する。(バラバラ顧客を共有化し、行政の住民
情報は、公開許可者だけで、別管理し、将来の視聴者100%化する。(ただし、地の域放送だけ
100%するために、現在の契約回線に無料で視聴許可する。ただし、地域貢献仕事で、収入を
得るためには、地域CATVに正式に入らなければ、20才以上の大人は参加できないようにする。
ただし、赤ちゃんから19才までの地域の全員は平等に地域貢献の中の働く役割の一員とする。
地域蜜着CATVで地域の放送番組を複数ジャンル化して、地産地消の第一次産業、第二次
産業、第三次産業の食品産業と関連する業界を含め、一般用語になってきた第六次産業化
で地域の「いきものづくり」での「食」を現在の可能範囲で、地産地消のための、地域の人が
年間複数回利用したくなる価格帯で提供し、地域の大企業、全国規模の競合他社より優位な
品質で下限価格帯で、安心安全確率90%以上(将来100%のしくみ構築を実現できる時代に
なりました)で風評被害ゼロ化して提供する。新協業型食品産業は、地域の若手世代を基幹
とし、20世紀代までの経営成功常識に断層型プラスαを付加するための「いきものづくり」の
40%以上の生産コスト低減と、働く人を従来の200%以上の日本的ワークシェアリングで
人海の方が目的生産物が高品質で大量になり、年間2サイクル以上の生産ができるプロセス
他品質変量生産対応できる分析と、標準化を、過去の地域の成功体験実績が豊富なプロセス
を組み込み構築できる総行動量か必要です。熟練「匠」型現場熟練者の全行動バターンを
現地現場で学び、必要な情報は、世界の最先端情報を付加する。実際に仮説プロセスで実行
してみる。「いきものづくり」「ものづくり」とことなり、生産環境設定は「誤差ナノの」デジタとは
異なり上限下限範囲なら、収穫時の結果の違いが少ないため、高単価品は、誤差の公差は
少なくする必要がありますが、通常は、設備投資上限内で、誤差範囲を決め、人海人数が
減る場合は、現状維持範囲(個人熟練度を上げると、設備の価格を現状のレベルで、誤差が
減少できる、人が標準化基準を上げる能力があるため「いきものづくり」の場合、新人教育
と誤差頻度の高い人間を配置転換する(誤差、人災は同じ人が再発確率が高く、ある時間
意識欠落と無意識行動制御下限が低すぎる現象)だけで、熟練度が生きてきます。

局地的成功事例は、そのプロセス構成者の中で、体系化整理、話し、熟練不足者へアドバイス
できる優秀な人財が1名以上生まれます。(部分が成功したからできたので、必ずリーダーが
そだったから「いきものづくり」は全体ができたからです。部分全体最適行動を構成者全員が
できたから成功したためです。「ものづくり」と異なり、全員がある誤差範囲内で下限の人が
行動しないとき、その下限者の担当部分が補完行動がなければ悪くなった確率は高い。
「いきものづくり」分野は、雪印乳業の倒産、多くの食の事故のように、生命にかかわる人災
は、要領や、手抜き行動が通用しにくい領域である事が特色で、下限以下人在を補完する
全体最適を追及して人財が育ちやすい分野の一つです。

各プロセスの各リーダー層から、地域で水平展開展開する各プロセスプロジェクトの支援者と
して地域のリーダー候補者を、プロジェクトを構築するためにOFFJT−OJTの組み合わせで
全工程循環まで派遣する。見守り任せ、異常は、専用スマートフォンで映像で双方向アドバイス
をする。

最初の地域に帰ったリーダーは、全体のプロジェクトのしくみシステムを他地域で学び、前後の
工程での自部門の存在価値と前後での連携カイゼンと、自部門カイゼン体系化標準化カイゼン
をさせ、さらに成長させる。その内容を次のリーダー候補の重点的に継承させる。

◎実体社会で汗を書き行動すると個人の成長スピードは、集団組織が、さらに増幅確率が高い。
個人がよい種を蒔き続け、傍が大量のよい種を蒔いた結果、想定以上のよい収穫(結果)が
あります。「天知る地知るわれ知る」、自分だけ必ず成長した自分に驚く現象が味わえます。

たった一度の人生!

地域貢献の制御型人財から始め、日本、世界へ無限に成長する姿を待望しています。




□地域を地産地消型の複合食品産業を基幹化実現させる布石を打つ!

  
21世紀後半生き残りたい、地域の中小企業は、企業単位で生き残るためには TPPに国内巨大
 企業よりも強い競合企業の参入スピードが加速します。雑魚が大海で生きる姿と酷似環境下になり
 ます。地域の20世紀の成功体験に安住した高年齢経営者と高齢化幹部が多い、戦闘要員の若手
 人材、中堅社員が少ない企業は、老衰を待つ確率は高い。地域の中小企業は、協業連携、創市場
 創客戦略を共有化して、総顧客数を加速度増加させておく必要な時です。業績貢献度の高い、固定
 客は、自企業生き残りのために、仁義ない形で、TPPに備えた準備が終わった国内、海外の大企業
 (知名度の高い心理的誘導ブランド戦略・高品質・低価格型・潤沢供給能力等)に根こそぎ占有される
 確率は、高くなりました。自由貿易で繊維業界の国内大企業でさえ淘汰されたる確率が高い。
  
 21世紀後半生き残るための優良企業の戦略方向ベクトルを観て行動方向を制御すときです。
 地域の企業が、誰でも、年齢の応じてその人のふさわしい能力を発揮して参加できる複合食品産業は
 最先端「ものづくり」のように専門の知識、知恵があるレベル以上必要ですが、食品は誰でも毎日接し、
 誰でも個人固有の選別眼を持ち、より好きになる方向、より嫌いになる方向、価格での損得、食品の
 安全安心感覚を生まれた瞬間から、自分の生命維持のために本能的(潜在脳)に気付ける分野です。
 見せかけのブランド、本物、偽物にすぐ気付き、対応を誰でもできます。第一次産業はの「いきもの
 づくりは」完全デジタル化、省人化追及し、高額設備投資の累計歩留まりと、ある程度の人海と、できる
 範囲の精度の低い設備での出来上がり商品格差に違いが少ない業界の一つです。

 地域の中小企業が、現有設備の共有化生産と多様性対応分業生産、企業共有戦略的原料調達
 が自在ににできる業界です。上場企業の高額設備の機能を、低コストで同質以上に真似ることが
 できる中小企業の実戦の知恵が活かせる設備です。潤沢な資金投資できる企業は、複雑化高額
 投資で、デジタル要素よりアナログ要素、同一結果になる設定数値の許容幅を少し広くするだけで
 設備投資金額はコストダウンできる確率は高い。多品種変量型生産可能な匠型食品産業の中小
 企業は多数全国にあり、学べば、すぐ同一レベルで、ある程度の熟練技術者(優秀の専門性は低い)
 ならできます。顧客の成約条件への要望に応じたプラスアルファを付加するカイゼン提案の方が、
 

 ・現在、バラバラ民営化され、分社化されて、国民に貢献する方向とは逆に、国民の生活圏を独占し、
 大企業、海外企業に拮抗するために、グループが、ホールディング化を急ぐのでしょうか?
 ・大企業は、あらゆる固有技術を持つ業界業態をグループ傘下に入れ、子会社の統合、完全子会社
 化を急いでいるのでしょうか?すべて金融業界をグループ企業傘下で連携し、グループ内資金調達
 と戦略的投資をするのでしょうか?
 ・トヨタ自動車が、なぜ製販合体したのでしょうか?
 ・大企業の分社独立企業で、儲かると、なぜ本社の子会社化するのでしょうか?
 ・固有技術を持つものづくり企業が国内外でなぜM&Aを急ぐのでしょうか?
 ・大企業が、複数経営統合して、なぜホールディング化するのでしょうか?
 ・時代に逆行した郵政民営化で金融を分離したため、企業のノウハウが一流以下でなにも優位性が
  ない、民営化価値の低い企業が、短期で、なぜ加速度衰退し、大企業の市場蚕食の餌食となり
  国民が資金提供した企業が、なぜ法人税がはらえない、株の配当ゼロ、株価大損をさせたのでしょうか?
  慢性赤字で、人員削減が続き、ある段階で、老衰確率が高いのはなぜでしょうか?
 

 地域の中小企業はグループになること勉強仲間、行動仲間のような未来で勝ち残る行動を明確にした
 価値基準の人が最適連携協業すると、雑魚が磯部で生き残るように、存在価値を持つて生き残れます。
 同業種だけでなく、大企業のホールディング(拮抗する企業の戦略的経営統合組織)と、異業種の
 グループの弱点補強のための優れた固有技術会社のグループ化で創市場創客能力の代行(その企業
 がグループから排除された日から短期間で、倒産する、販売完全切り離され、その顧客は、大企業に
 吸収され、単独営業しても、大企業の複合価値をしった旧固定客(大口)は、戻りません。コバンザメ
 企業になったことに気づ時がきます。

 ◎2011年3月11日以降を検証すると、極限状態の日本人は「絆・もちつもたれつ」が優位行動になり、
 本来の我欲利権優位の行動が主流になりました。
 強大な外圧に対抗するために大企業が、経営統合、完全子会社化、企業グループ化の総合整理が
 進み、強い業種業態中小企業を世界規模大集団の群れとなり外圧への臨戦対応準備ができました。
 時代の潮流である貿易障壁(関税)ゼロ化するハイリスクハイリターン型金融操作優位の環境下で
 国内外で勝てる準備ができました。地域の中小企業は、70%以上が、外圧の脅威に雑魚一匹で
 立ち向おうとし、過去の繊維業界、自動車業界の完全開国、国策企業の民営化で淘汰されたゆったり
 変化は21世紀はありません。想定外の速さで、雑魚の生存市場は減衰する確率は高い。
 
 地域が生き残るためには 誰でも、すぐにふさわしい能力を、地域の集団組織の中で発揮できる、
 地域の殖産、地域の人の多数のひとが働き稼ぐことができ、バラバラの雑魚が大集団化して、
 外圧脅威を跳ね返す、高い障壁を構築できる確率の高い方向は、人類が生きるために、誰でも
 必要で、毎日消費、され、胃袋の大きさの上限がある「食」で統合する方向が生き残り勝てる
 方向です。1年のあらゆるものの中で、回転率が最大なものはなにでしょうか?多品種変量で
 消費する最大のものはなにでしょうか?国内で省人化を目指し大装置生産は、大量生産の
 勝手のフォードの自動車の顛末と同じ、無限の海外に販路拡大しか生き残れない局地戦で、
 商品の回転率で優位立てます。地域が地産地消、原料の最適品質完全安心安全のしくみで
 自給自足(輸入しないので、世界の金融操作、世界の商品相場、国内の商品相場の影響を
 最小化できます。日本の通貨(2倍に水ぶくれさせた1/2価値の貨幣)も、地域内循環する場合
 通貨価値より、物々交換バーター方式(もちつもたれつ協業企業内交換)の複合食品産業に
 すればになります。地域外は、相場高騰(1/2価値の貨幣だから、2倍の物々交換ができます。
 稀代の歴史的の悪手(江戸の大判小判の不純物を入れて金を減らした悪化での貨幣水増し
 型、キツネ狸型、葉っぱを大量に金に換えたと同等手法)でだだの紙を印刷し、紙幣数を倍増
 し、実体のもの何も倍増しない方法を日銀がとりました。海外と大量に原料調達する輸入に
 かかわる都市部の企業は、ある現象が間もなく始まる確率は高い。地域が全体が群れで食
 の殖産で群れると、勝てる千載一隅の期間になりました。このチャンスを活かし、地域の優良
 実績法人をリーダーに勉強仲間、行動仲間から通称化してきた6次産業(第四次産業)型方向
 で勝てる確率は高い。地域の経営資源、人の資源に活かし、20世紀で時間が止まった個人が
 潤沢な資金で今太閤になる夢を断ち切り行動を腹八分目満足し、全員働き稼ぎ、日本型ワーク
 シェアリングで、共に豊かになり中流家庭が60%以上の地域社会構築を目指すことが勝てる
 方向です。   

  よい種を蒔く行動を始めると、天変地異の最悪の環境下でもその時の総能力で最善の処置を
  採れば、必ずよい収穫がある確率は高い、善因善果が原則で、もし悪い収穫なら、そのプロセス
  の中で、悪いプロセスがあるだけで、その部分し、悪ければ、カイゼンし続けると、成功確率が
  60%以上になると、すべてがよくなるある分岐点段階があります。未知の領域の行動は 
  成功分岐点は、神のみが知り、人は総行動能力をプラスに増加させるだけです。
  複合多様要素のプロジェクトは、要領は通用せず必要時間キチンとカイゼンを累積させることが
  近道です。1つ1つ積み重ねだけが素晴らしい未来を見ることが出来る近道です。  合掌