開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報
商品カテゴリ

■戦略的に多分野制御型人財数を大量に増やす 
  
130312

A志援.人財.comTop戦略的に多分野制御型人財数を大量に増やす




更新 2013.05.23

□戦略的に人・組織の総能力質量を先行型で充実をする
 
自社の未来(10年以降)の本流として活躍できる人材・人財数をその時の企業規模で、
その時の経営資源を全体最適機能させ営業利益率を最大化できる人数を育てる。


組織の増幅機能を最適に機能させることができる各分野のふさわしい人数が必要です。

組織が人を育て、育った一握りの各部門の制御型人財が、経営者経営陣の素晴らしい
未来へのグランドデザインを中道の軌道として、企業環境乱高下の中で、上限下限範囲
で組織を正しく(プラス領域多く)軌道制御操作し、組織に属する人がふさわし最適機能
するように動かせる世界の最先端で高度な領域の人財数を最低必要数の2倍以上、
戦略的に育てる時がきています。人の行動能力の質量の実体増加は、その人本人だけ
が可能で、外部はただの動機づけに過ぎない。ある一定量の知識知恵が、ダムにたまり
確信して身体が動くために時間が必要です。浮き草タイプの大人型子供は、ロボットの
如く、あるグループの右脳の心理的催眠操作で、他の人に自在に誘導できます。
10歳までの脳や神経回路等のプラス領域量を多くする基盤のその後、自動成長できる
段階まで整備進化させていることが必要条件です。10歳までに人間尊厳をプラス領域
量を多く意識、無意識段階でできる人格基盤が外部環境のクランプ効果で脆弱か欠落
した場合、見える場だけで合法建前行動が出来ますが、見難い場では、本音行動が
優位になります。
集団組織の集団監視の拘束がなければ、大人型子供は、非合法行為を意識(その時の
刑法に抵触しないように行動)、無意識(刑法上心身衰弱のため軽度犯罪とすることが
現在のルール)行動する確率が高い。
すでに世界で頻度が増加し誰でも見える徴候は、21世紀に増加させるある方向のしくみ、
人集団組織により普通化し多数決が正常(プラス領域量が多い)異常(マイナス領域量が
多い)方向がどちらか気づけない人間感度広帯域の中に感度欠落帯域のため本人は正常
行動と思い込んでいるため、その人を集団組織で全体最適で正しく機能できるように制御型
人財数が20世紀代より大量に増加させる段階になりました。
「ヒットラー・ゲッペルス型組み合わせ」人罪を誘導制御する本流の多数の人は制御不能な
21世紀後半になる徴候が見えてきました。
剛型行動を優位にした人、集団、組織の場合、地球、人類の滅亡さえ実現確率が高いツール
を使用する徴候が観・診・見えてきました。
柔型行動を優位にし人が本音段階(無意識段階)で共鳴・共振・共働し多数がプラス領域量
が多い方向を本人があたかも自力で確信決断したように行動できる、人間の尊厳、人格感度
広帯域の補完組み合わせできる総能力量をもうちょっと成長スピードを上げることを待望して
います。
人格帯域異常の10歳以上の大人型子供は、欠落部分脆弱帯域部分の成長は、
長期間かかります。

麻薬の再発防止と同じで、自己規制障壁の高さが低いため、意識時と無意識時(周囲に
見えない時間)で違う症状と酷似し、矯正は本人に任せ、外部規制で意識段階だけ
マイナス行動の下限を抑える規制により集団組織内で領域量が多い(その人のよいとこ
探し)部分を活かすと、自己実現成功量が、想定以上に欠落帯域を矯正できる確率は
高い。「短所を抑え、長所を戦略的に伸ばす」方が、集団組織の最大総能力上限をさらに
増加出来る確率は高くなる原理を応用することを推奨します。

 ○長所を伸ばし短所を抑える


21世紀後半の企業推進行動戦力は、現在の数の60%以上、行動しない机上の指示
命令者であり、均質船長ばかりで、実体社会での競合他社との激戦地位で総行動量は、
好業績の競合他社の人材組織相対比較すると想定以上に低いことに気付くときがきます。
他人からの心理的催眠誘導を断ち切り、自ら自己責任型の大人へ、ある必要時間を
かけ「歩む、望む、結果成長」循環を習慣化し、自然体行動をすることを待望!

超潤沢な経営資源を投資して企業の容器ができても、その企業の人質と行動量と、構成
する人の数が全体最適の組織機能の総行動量にできるために制御型人財が組織の規模
にふさわしい数必要です。組織の高品質度は、組織を構成する社員だけでなく、その組織を
現地現場で機能させる行動をしている外部のパートナーも含め、下限品質と、冷厳な結果は
総行動の質を決定する。社員だけの人質で評価することは、20世紀の化石型経営者です。


中小企業の長所だけみて、同族経営者(オーナー)、経営陣は、21世紀企業を取り巻く環境が
世界規模で変化し、情報ゼタ時代、競合他社の経営者、経営陣は真似した型で想定以上の
スピードで成長し、社員が相対比較すると、自社の経営者経営陣の短所がはっきり見える
時代になりました。慢性赤字企業とは、経営者、経営陣の経営戦略実現努力が、環境での
利益下限線以下だから赤字になっているだけです。営業利益段階ですでに赤字企業が増えて
います。本業とはことなるもので営業外利益を加算して想定以上の会社が黒字の映画の背景
のような本業黒字幻覚を見せているだけです。 

プラス思考の価値基準行動基準で自分から変わり、傍、周囲組織がプラス領域にかわると、
同じ社員、同じ経営者経営陣で、適正規模以下の企業なら、黒字持続の営業利益増加体質
へ変わる確率は高い。社員、経営者経営陣が、成功体験を累積させ、強くなるように変えて
しまう、制御型人財の役割をあなたがして、傍が楽で、共に豊かになるプロデューサーの役割
を演じて、すべての表舞台(役者)は、経営者経営陣上司とし、黒子演出家として、舞台が、
お客様に満足いただき評判がよい出演者になるように、行動を制御コントロールする、黒子
(お客様には存在が見(観)えず、社内でも経営者経営陣、拠点長上司にしか見えず、すべての
実績は、全社的な貢献度合いで、経営者経営陣拠点長のものになります。制御型人財は、
組織を動かし経営者さえ、一人の役者として最適に役割長所を発揮させた、目標達成の
だれにも評価さえない喜びと、想定以上の自己の成功プロセスノウハウ、組織運営のプロセス
のレベルが前の自分より格段に実力が成長したことに自己満足程度で、対価があれば儲けもの
赤字拠点なら、拠点で働くすべての社員にワークシェアリング型で評価利益配分をするため、
拠点長の制御型人財の年収増は、想定以上に少ないですが、全体最適と割り切り、紙一枚
の最優秀賞、優秀賞で腹八分目表彰で終わり確率は高い。ただし、すべての業績貢献実績
は、拠点長のものとなり、実績の累積で、役員に昇進する確率が高い。上司が役員で全社的
なプロジェクトの担当になると、企業の全社の優秀人財と連携して仕事ができるようになると、
部門組織運営から、全社組織運営、経営者の戦略ブレーンとなり、経営者経営陣の短所を
補完し、机上のプランを現地現場で、白兵戦の最前線で、弱兵(羊の群れ)を強兵(狼)の軍団
のように動かすことができる段階がきます。


◎自社の企業で 苗から、大樹まで育ち、企業をの営業利益が最大のなるように同族経営の
中小企業でさえ、生きがいにする各部門、全社の制御型人財を多数育てたい場合、個人評価
を30%以下、組織運営増幅量になる全体最適個人組み合わせと、全体最適行動させた制御
型人財成長段階別評価を70%以上にする終身雇用型、間接型は兼務で1週間2以上の直接
人員として稼ぎ人で働くことを義務化する、個人と全体貢献目標を明確にした終身雇用、最低
10年以上勤務を条件として採用し、10歳までの人格基盤の矯正と、映画のセット型、裏はなにも
ない、見せかけの知識の浮き草情報のチップが足らないバラバラジグソーパズルのような、断片
知っただけでわかったつもりの知識を、実体のある、企業の価値基準行動基準の共有イントラネット
で矯正し、先人の知識知恵を、実戦の配属部門で自分の知恵として行動できる段階まで育てる。
10年後他人の芝生の良さに幻惑され転職しても、その企業の短所の大きさに気付くと、再度、
復帰できるようにする。未知の中途採用者より、他社の長所を自社に付加する確率は高い。
根拠は自社の長所に気付き、他社の短所に気づき、自社の長所の方が優れていると判断し、
自己実現できるのは、自社の方が成功確率が高いと気付いた時の行動である確率は高い
ためです。

21世紀後半のTPP、グローバル環境の中で国内(国内業務比率60%以上)で日本の富国殖産
に貢献できる企業として生き残り勝ち残るためには、20世紀の成功体験を知識基盤として最先端
情報を学ん知識量と、現在の最先端の実証検証結果情報を学んだ知恵量、産学協同で企業と
連携し、ある分野で連携行動したことのある行動量を持っ、学校法人化により、専門学校、大学
大学院大学が20世紀と異なる段階成長し、世界の最先端公開情報・真似する種情報を多数
入手できるしくみ、積極的上場企業(業績の良い企業)の新商品開発専門部門との連携により
基礎を学んだ多くの若い人が、都市部、地方、地域に成長してきています。
産学協同、寄贈型授業等で、長期間、自社の10年後の本流を動かす人材・人財を5人以上
(晴れ人財=期待通り成長 曇り人材=普通で、現在の幹部以上21世紀型  雨人在・人罪=
期待はずれ、他社へ転職)採用すると、相対比較して貴重な制御型人財が生まれる確率は
高い。毎年継続採用し、自社にふさわしい黄金人財に育てるために、大学で学んだ知識、知恵を
机上でなく、実戦の場で、現在の優秀な幹部人財と新ノウハウ構築(企業先導部隊)のメンバー
として、業務スピードを普通の人の時間生産性を3倍速以上に育て、持続的な成長加速を常に
サポートする。見守ってまかせ、下限以下の成果にならない、歯止めと、無限に成長する方向へ
成長制御する方が、計画通り、10年後の本流人財・人材の総人数を計画的成長軌道に乗せる
モデル人財としなれる確率が高い。

中小企業は、社員総数が少ないため、10年後の推進パワーは、現在より強化されたことに気付く
時が来る確率は高い。大企業の場合、後進国への海外赴任は、日本の最先端グループから
外れた、過去の先人人財の真似したレベルで終わる人材の比率が60%以上で、海外業務比率
が60%以上の企業では、日本の富国殖産貢献度は高くなくなる確率は高い。

●未来の日本の本流を動かす、国内の人材が豊富に成長している場所

地域の中小企業は、ダイヤモンド原石候補から、終身雇用方式で10年間は現場力を
重点に実戦の先人の知恵レベルの上限まで徹底的に学び、100件以上の提案カイゼンを、
経営者が運営するプロジェクトで、採用したものから、現場の部課長、社員と組織行動中で
事務局の役割で実現のプロセス行動の中に組み込むことを条件する。
10年間はインターン、カバン持ちで固定給薄給とし、実績給は、業績貢献度で変動
する契約にする。10年間、成果の対価を期待せず、社員と収入で格差を少なくする方が
現場力を徹底的に体得し、得意な体系化、IT化、仕事の喜びを組織の人と一緒に感じ
られる人格を形成させる期間として重要です。自社の強み、弱みを鮮明に理解し、強み
を強化し、弱みを抑えるために何をすべきか、自社に解決のための先人がいるかノウハウ
があるかを把握出来る確率は高い。10年後から、本流の中で、外部からノウハウを付加
するしくみを構築し、常に業界の最先端グループで、地域貢献企業として、複合協業化
するときの事務局機能を発揮できる確率は高くなる。
富国殖産の貢献企業として、世界の市場で、世界の低所得層が多い地域を、共に豊かな
地域にするために、その国の人達が持ち場でふさわしく成長成長する協力をし、相互に
地産地消で兌換型物々交換で、金融操作が最小化するしくみを実現できる先駆けに
育つ確率は高い。 素晴らしい地域の中小企業の制御型人財に多数成長を待望。


自社の業績基幹業務・本流業務と経営陣が確信決断するために成功確率が高い情報を提供
する分野から選択し、自社の現在の正社員とのコミュニケーションが乖離しないレベルの学校
を選択することが、中小企業が、予定成長人材数を多くできる確率は高い。
上場企業、中堅企業や地域の中堅企業が優先して、成長確率の高い人材を上位から採用する
ため学校ブランドで選択すると、行動より机上業務を選択する、社員を働かせる間接型の人が
60%以上まだ就職ができない人が多いことに留意する必要があります。
銀の匙を加えた、役員陣の子供と同一レベルで、現役員が、本流時代最初に排除される確率は
高い。社員が学校ブランドに幻惑されて迎合すると現在の経営者経営陣の失脚を早める確率
は高い。特に、女系の婿が、義理の創業の親を追い出す現象が始まる確率は高い。「ものづくり」
「いきものづくり」の分野で多くの就職が決まらなかった人の方が、突出した固有技術が必要な
中小企業の経営陣候補として育つ確率は高い。経営コンサルタント30年以上の臨床検証した
確信した成功確率の高い方向の一つです。

地域の中小企業の場合は 地域の大学・学校から選ぶことを推奨します。1名成功すると、その
後輩が自社へ就職希望する数が多くなる確率が高く、その先生も好意的となり、産学連携が、
学校ぐるみで連携できる突破口が生まれ、善循環が始まり、業績がよくなり、安定黒字化が
できる確率が高くなる。本人も、その家族も地域で貢献できている姿を誇りとし、本人の伴侶
その子供も、その企業が、潜在脳で「好き」になり、優良法人企業として地域貢献の先導役
企業に成長すると、勉強仲間、行動仲間の経営陣の連携が始まり、地域できちんと確固と
した業績基盤ができ、外部からの参入障壁が高くなります。高い参入障壁は、城が落城
までの時間が長くなり、攻める大軍勢の弱点に重点集中すると、上田城と、徳川秀忠の事例
の如く、勝つ確率は高い。現在は、都市部以外の地域の多数の人財を投入する確率は、国内
総社員数が少ないため、自社の熟練匠の知恵があれば、その時の地域の参入企業の人材・
人在数なら、防戦だけでなく、ブランド型だけでシェア拡大してエリアは、短期で、ある部分
(業種業態、競合内容製品商品単価で微妙に異なり、具体的テーマごとに重点は違う)を
突けば十分中小企業が勝てます。情報「ゼタ時代」は企業ブランドで泡・ハロー的巨大恐竜
は、知識部分は短期間で80%以上真似でき、格差は少ない。都市部以外の地域は、小回り
行動ができず、雑魚より、逆に「ピラニア」型で、市場占有率を蚕食できます。ブランド企業は
巨大な身体を維持し、神経回路はコンピュータクラウドで、営業の時間効率、時間成約率で
評価され都市部の訪問回数を都市部以外の地域は1/2以下、訪問件数稼ぎができない、
自動車走行距離が長い顧客点在分散した場合、電話、手紙だけ、実日訪問ゼロ、担当者
への連絡だけ、決裁者接点ゼロ、テレマーケティング、テレホンコールからの成約確率の
高い訪問しやすい効率がよい地区だけ行動、結果報告の時間制限がある、まさにイントラ
ネットに追い回され、完全に抜けた、中小企業が顧客化し固定化できる確率が高いお客
さまが多数「頭髪の虎狩」の如く21世紀前半はできてきました。地域の市場は、20世紀
末期、バブル崩壊時、全員必死で、汗をかき、靴底に穴をあけて実訪問した面行動時代
と異なり、地域の都市部行動範囲以外切り捨てる郵政民営化で、都市部以外の地域
サービスの切り捨てを人件費削減で、社員数が減ると当然の現象です。固有技術、
客単価の高い、専門知識が必要な分野も新規開拓は、営業総行動数を身体的増やせない
現業部門から回されて営業経験の高齢者にノルマを与え、慢性未達で針のムシロに座らせ
短期で地域拠点転勤、合法的自己退社させるしくみの会社さえ増加した。都市部以外の
地域のブランド企業との競合の場合、拠点の、人数配置をキチンと現状認識し、行動様式
を分析すると、弱点エリアから順に蚕食できます。

21世紀は創市場創客を含め、都市部でない地域は、雑魚として巨大恐竜時代(現在ど酷似)
当時の人の集団が共鳴共振共働(意気投合)した人の集団と連携し、巨大マンモス、巨大
恐竜に勝てる確率が高い21世紀後半の時代の徴候が出てきました。

TPPとは、地域の小さいから勝てる時代がきます。首都圏大都市圏から 繊維業界の変動
淘汰の期間より想定外のスピードで国内業務比率70%以上の中小企業淘汰が始まる確率は
高い。さらに稀代の歴史的悪手、貨幣価値の金の預託追加なしに、紙だけ倍増させたこと、
現在の価値1を1/2のような価値にして2倍の貨幣数量に価値の泡の水増し貨幣が、国外
との取引で、国内だけに拠点しかない企業で輸出依存企業、輸入依存企業にある外圧現象が
始まる確率は高い。外国が、1/2の価値になつた貨幣を現在の1と見なしてくれるでしょうか? 

◎大企業はTPPへの見える段階での対応準備ができたためにTPP実現化行動をはじめました。
準備不十分の地域(小都市部も含む)は、時間時間がありません。

地域の優良法人である勉強仲間、行動仲間の中小企業の経営者を複合食品産業を基幹として
農林水産業を地産地消型原料調達型へ、地域の信用金庫、JAバンク、JA組織を基幹とし、
地域密着CATVをITすべての機能を統合し、行政との天変地異危機管理と共有した、局地的
全機能を1回転できるしくみを構築する。その構築期間、地域密着CATVの視聴者だけで、
創市場創客のための家族情報も含め統合集約する。(バラバラ顧客を共有化し、行政の住民
情報は、公開許可者だけで、別管理し、将来の視聴者100%化する。(ただし、地の域放送だけ
100%するために、現在の契約回線に無料で視聴許可する。ただし、地域貢献仕事で、収入を
得るためには、地域CATVに正式に入らなければ、20才以上の大人は参加できないようにする。
ただし、赤ちゃんから19才までの地域の全員は平等に地域貢献の中の働く役割の一員とする。
地域蜜着CATVで地域の放送番組を複数ジャンル化して、地産地消の第一次産業、第二次
産業、第三次産業の食品産業と関連する業界を含め、一般用語になってきた第六次産業化
で地域の「いきものづくり」での「食」を現在の可能範囲で、地産地消のための、地域の人が
年間複数回利用したくなる価格帯で提供し、地域の大企業、全国規模の競合他社より優位な
品質で下限価格帯で、安心安全確率90%以上(将来100%のしくみ構築を実現できる時代に
なりました)で風評被害ゼロ化して提供する。新協業型食品産業は、地域の若手世代を基幹
とし、20世紀代までの経営成功常識に断層型プラスαを付加するための「いきものづくり」の
40%以上の生産コスト低減と、働く人を従来の200%以上の日本的ワークシェアリングで
人海の方が目的生産物が高品質で大量になり、年間2サイクル以上の生産ができるプロセス
他品質変量生産対応できる分析と、標準化を、過去の地域の成功体験実績が豊富なプロセス
を組み込み構築できる総行動量か必要です。熟練「匠」型現場熟練者の全行動バターンを
現地現場で学び、必要な情報は、世界の最先端情報を付加する。実際に仮説プロセスで実行
してみる。「いきものづくり」「ものづくり」とことなり、生産環境設定は「誤差ナノの」デジタとは
異なり上限下限範囲なら、収穫時の結果の違いが少ないため、高単価品は、誤差の公差は
少なくする必要がありますが、通常は、設備投資上限内で、誤差範囲を決め、人海人数が
減る場合は、現状維持範囲(個人熟練度を上げると、設備の価格を現状のレベルで、誤差が
減少できる、人が標準化基準を上げる能力があるため「いきものづくり」の場合、新人教育
と誤差頻度の高い人間を配置転換する(誤差、人災は同じ人が再発確率が高く、ある時間
意識欠落と無意識行動制御下限が低すぎる現象)だけで、熟練度が生きてきます。

局地的成功事例は、そのプロセス構成者の中で、体系化整理、話し、熟練不足者へアドバイス
できる優秀な人財が1名以上生まれます。(部分が成功したからできたので、必ずリーダーが
そだったから「いきものづくり」は全体ができたからです。部分全体最適行動を構成者全員が
できたから成功したためです。「ものづくり」と異なり、全員がある誤差範囲内で下限の人が
行動しないとき、その下限者の担当部分が補完行動がなければ悪くなった確率は高い。
「いきものづくり」分野は、雪印乳業の倒産、多くの食の事故のように、生命にかかわる人災
は、要領や、手抜き行動が通用しにくい領域である事が特色で、下限以下人在を補完する
全体最適を追及して人財が育ちやすい分野の一つです。

各プロセスの各リーダー層から、地域で水平展開展開する各プロセスプロジェクトの支援者と
して地域のリーダー候補者を、プロジェクトを構築するためにOFFJT−OJTの組み合わせで
全工程循環まで派遣する。見守り任せ、異常は、専用スマートフォンで映像で双方向アドバイス
をする。

最初の地域に帰ったリーダーは、全体のプロジェクトのしくみシステムを他地域で学び、前後の
工程での自部門の存在価値と前後での連携カイゼンと、自部門カイゼン体系化標準化カイゼン
をさせ、さらに成長させる。その内容を次のリーダー候補の重点的に継承させる。

◎実体社会で汗を書き行動すると個人の成長スピードは、集団組織が、さらに増幅確率が高い。
個人がよい種を蒔き続け、傍が大量のよい種を蒔いた結果、想定以上のよい収穫(結果)が
あります。「天知る地知るわれ知る」、自分だけ必ず成長した自分に驚く現象が味わえます。

たった一度の人生!

地域貢献の制御型人財から始め、日本、世界へ無限に成長する姿を待望しています。


 


□社員の成長率を高め、10年後安定業績基盤推進本流人材・人財数を確保


1.グローバルな世界で日本の富国殖産を推進できる大組織の人材像(大局着眼)


(1)現在の行政、企業先導期間の企業の人材象


  産業人材能力に関する情報
 

 

 

(2)世界の標準企業の人材像


 ISO認証を活かす「強い会社」つくり
 

 ISO監査の評価事例


 ISO定着で経営組織が変わる
 

 営業部門のISOを活かした善循環組織へ


 ISO管理項目の数値化テーマ
 

 認証関係機関を知る


 日本の国際標準化戦略
 

 


(3)日本国内機関・学校で、グローバル競争で拮抗できるため世界の最先端情報を活用


 グローバル競争を勝ち抜く論文検索
 

 

 

 


2.企業の総合人財育成システムを知り、営業利益率を持続的増加させる方向を探す


(1)企業の総合人財育成システムのフレームを活かして、全体最適、部分最適を整合させる


  総合人材育成システムの確立
 

 


(2)経営人材評価を数値化する。数値でよい悪い度合いを誰でも見える化し、全員をよい方向へ誘導


  □経営人材システムの評価
 

  経営業績評価指標


  経営軌道誘導制御因子(Z軸)
 

  経営実現能力因子(X軸)


  経営マネジメントシステム因子(Y軸)
 

  ○ISO管理項目の数値化テーマ


 □企業力格付け」
 

 「企業力格付け」アンケートの内容


 「企業力ランキング」アンケートの内容
 

 「企業力ランキング」の関連情報


 「企業力ランキング」への期待
 

 

 


3.「最先端を学ぶ」を本分とする、未来の本流推進実務リーダーへ磨く貴金属原石鉱山


 若い最先端知識人で地域の知恵を進化
 

 国立高等専門学校機構


 農林関連大学&水産関連大学
 

 専門大学院


 技術大学(MOT)系専門大学院協議会
 

 世界観大学院・大学の活動


 社長輩出の上位ランク大学の育つ風土(1)
 

 社長輩出の上位ランク大学の育つ風土(2)

 

 


4.即戦力を活かす
  


(1)最先端の情報が集約され、それを活かす知恵を持つ先人が豊富な機関の活用


 TLO(技術移転機関)を活かす
 

  「新連携」型企業事例


 横断型基幹科学技術研究団体連合会
 

  全国公設試験研究機関 


 元気なモノ作り中小企業300社
 

 専門学会の活動内容から学ぶ 


 業界団体の活動内容から学ぶ
 

 ・次世代証明技術関連団体


 環境に関する活動内容から学ぶ
 

 漁業に関係する活動内容から学ぶ


 □日本の産業の成長過程
 

 GDP公表民間機関・情報サービス企


(2)社内だけの人材育成を補完し、さらに教育力・実戦力を強化できる機関企業を活用  


 着実に人財へ成長する機会を活かす
 

 認証関係機関を知る


 不易流行実績法が自然に出来る
 

 


 資格取得を推進する機関を活かす
 

 資格検定試験


 経営実戦公開講座と相対比較
 競合他社より速戦プラスαを付加方向に気付く
 

 研修専門会場
 教育効果は研修対費用効果を高める


(3)比べて学んで追い抜く、人と連携組織運営の先人の知恵蓄積公開情報から自己啓発


  先人の智慧「企業博物館史料館」
 

 企業の歴史館博物館


 A志援の固有技術総括一覧
 

 先進する事業の勝ち残る知恵を活かす


 固有ノウハウを事業に活かす
 

 業種専門技術を啓発支援する団体


 半導体情報通信技術を活かす
 

 エネルギー自給への対応

 
 智慧本の活かし方
 

 知恵本で成長

 
(4)人材紹介、派遣、請負で実務行動人数を増やし、補完する人材の補充をして活かす


 人材アウトソーシングの中で勝ち残る


 

 ・実務行動人数を、社員より低賃金で働かせることができる方法。現場の実務の行動の智慧は、報告書の内容以上の成功行動事例、カイゼンノウハウは、報告義務以外は、個人の無形のもので、その人が変われば、最初にリセットされる。
・優秀実績者は、途中入社登用の機会がある方が、自社へのノウハウ提供量は多くなる。

 リース利用の判断

 ・設備、機器の最新化強化、特注仕様が決まらない臨床試験用等に役立つ。
 ・専門設備、機器は、運用資格者付きでのリースも場合があり、社員専門家養成の機会として活かせる
設備投資余裕が少ない場合、管理会計により、財務会計の減価償却より、最新化交換ができやすい。

 

 


5.人間の尊厳の源流を知り、右脳・左脳の強みをふさわしく自力本願で正常に機能させる


(1)自分の脳を正しく機能するようにする。外部の心理的潜在脳操作領域より、覚醒領域を多くする。 制御型人財に必要な条件の一つ。
(ある思い込み分野のブランド価値は幻影かも?)


 □潜在能力を観える化
 

 潜在態度能力評価


 「脳構造機能」「心構造機能」を正しく活かす
 

 左脳・右脳・小脳・脳幹の違いを知る


 左脳・右脳のコア・強みを活かす
 

 よい「心」の総行動量を「気」により増加


 □世界観で自分の行動をもうちょっと変える
 

 


(2)自分を変え周囲が変わるしくみを知り、先人の優れた価値判断から、脳の思い込み領域を矯正


 世界観で自分の行動をもうちょっと変える
 

  □自分を変え周囲が変わる価値判断


 戦略的人財育成
 

  個人総合能力開発


 潜在能力を観える化
 

  人材と人財とは同じ情報の中身が違う


 実戦力と地頭力
 

  長所を伸ばし短所を抑える


 ○自分が変わる原理
 

  ・業績高品質高効率生産へ変える原理


 □戦略的に制御人財に成長する
 

 □創市場創客実現の「知行一致量」アップの方向 


(3)経営者の素養、価値基準・行動基準から自らの不足機能を知り、自己成長する 
 


 □経営者
 

  


 ◇経営者(層)の戦術
 

 ◇企業体質判定表


 ◇プロ経営者との格差自己診断
 

 ◇取締役選任さえるための自己診断


 ◇経営者(層)の自己診断(アナログ)
 

 ◇経営は環境適応業


  ・プロ経営者度
 

 ◇企業の壁の突破口探し


  ・ビジョン
 

 ◇突破口テーマの解決具体策探し


  ・顧客満足度(CS)
 

  ◇投資育成のしくみを活かす


  ・社員満足度(ES)
 

  ・日本政策投資銀行


  ・ベンチャー化度
 

  ・日本政策金融公庫農林水産事業本部


 ◇創市場創客にWebツールを活かす
 

 ◇狭域高密度型地銀信用企業の潜在力


 ◇再発防止に関する行動 
 

 ◇予算獲得のための上手な進め方


 ◇「コア・コンピタンス」の明確化
 

  ・名簿購入上限予算について


 ◇新製品新事業開発のための情報
 

  ・市場調査依頼時の上限予算


 ・技術の機能マップ(ジーンマトリクス)
 

  ・半年・1年以上契約の志援

 

 


6.創市場・創客関連の智慧行動総能力はグローバル競合の中で勝ち残る営業利益黒字化の必要条件


 □創市場創客戦略実現突破口

 
「創市場創客」は、机上(仮想)と実戦行動
 の格差は無限領域であり、よい種をを蒔き
 育て、最適の状態で収穫した時最大の
 営業利益が得られる。
 悪い種を蒔けば悪い収穫となり、多数の競合
 があり、存亡の危機さえ招く、汗をかく行動
 だけが、冷厳に因果結果をだす。
 営業利益という数値で結果が決まるデジタル
 優位の世界、ブランド、銀の匙、要領等も
 短期で通用するが、総能力量が誰でも見える
 白日に晒される分野です。








 

 営業利益最大にするために個人能力を最大にし、
 集団組織増幅能力を最大化して営業利益を常に
 黒字化できる、あらゆる業種業界の中で、企業の
 存亡を21世紀後半左右することができる自己最大
 成長を目指す生業型人財に最高の臨床検証、
 確信決断の精度の高さが業績貢献と相関度が
 高い分野の一つです。商品、製品、サービス格差
 が 競合他社と少なくなり、営業技術、営業戦闘
 テクニックの格差が少なくなる時代、プラス格差
 を演出できる黒字か赤字を左右することができ
 ます。常に親鳥の役割、腹をすかした口をあけて
 待つ子供ひな鳥と酷似し、エサが少ないと文句
 だけ言い泣き叫ぶ(営業に威力行使する)姿で、
 エサを自分で獲ろうともしない現状と酷似して
  います。親鳥の役割は、他の分野を全体最適に
 機能運営責任があります(子が親のように機能
 できるように、あらゆる部分に気配りする必要が
 あります。たった一度の人生挑戦してみる無限の
 結果の珠玉の喜びが大きい分野です。

1.創市場創客の基本素養
2.創市場創客行動
3.ISO等世界基準の活用
4.ITWebの活用
5.市場の変化
6.販売戦略・事業展開
 

 

 


7.不易の体系化さえた先人の知恵で、堅固な価値判断がプラス領域になる価値基準を育てる


 (1)先人のプラス領域量が多い成功確率の高い情報


 □管理の基本機能
 

 ○経営連携による強い企業化に関する理論武装


 ○勝ち抜くビジネス手法
 

 ○技術経営(MOT)系専門職大学院協議会


  ・体系的にものごとを捉える理論武装
 

 ○超多忙な人財の健康持続の突破口


  ・分析力をアップさせる理論武装
 

 ○健康機能再生復元探し(宗教等仮想世界は除)


  ・経営革新に関する理論武装
 

 ○日本理学療法士協会


  ・品質管理に関する理論武装
 

 


  ・発想を広げる理論武装
 

 


 ・検索の機能活用能力をアップさせる理論武装
 

 


 (2)今徹する業務の先人の成功確率が高い実績集約型知識知恵であなたの成長ベクトルの仰角を高める


   智慧本の活かし方
 

 知恵本で成長(本のカテゴリー別事例)

 

 


(3)時代の変化に適応した「ものづくり、いきものづくり」の変化のプロセスうぃ学ぶ


  先人の智慧「企業の博物館史料館」
 

 企業の歴史館博物館