開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

地域が脅威に勝つ戦術

■地域が脅威に勝つ戦術      130703

地域が勝つ条件は複合食品産業を基幹化>地域が脅威に勝つ戦術
地域は脅威に勝つ
制御型人財数を増加
創市場は突破口




地域が勝つ条件である「複合食品産業を基幹化」するためには、地域を共の豊かな
国にしたい現在バラバラの企業で自社最適を追及している、多分野の制御型人財が
地域ひとつの事業体とする多分野統合統覚型集団組織へ価値基準行動基準を
「もうちょっと」視点を変えて、勉強仲間・行動仲間が協業連携から全体最適方向へ
動き始める時です。
仮想空間の地域の戦略の幻想を断ち切る時、今は多分野戦術と行動の成果臨床実験
検証に徹する時!

地域で育つ若い世代を活かすために、先人である実務のプロ・匠の制御型人財は 
21世紀後半に正しく活躍できるように、地域に多数の「制御型人財の人格形成」
正しく出来るためにプラス領域量が多い方法を、現地現場、多忙で閑を最小にして
働き行動する中で、仮想空間行動優位の時間を最小化し、実体社会の汗をかき行動
する集団組織に組み込む時です。
地域が脅威に勝つための方向へ若い推進人財として、明るい未来の自己実現を
目指す行動に専念させることができる確率は高い。
若い世代の不完全燃焼状態を、地域が明るい未来実現ができる舞台であることを
気づかせ、爆発的完全燃焼行動の点火(トリガー)を起動させる時です。

 
 
更新 2013年7月18日


◎世界の多数の制御型人財はさらに多数化を急ぎ、実体社会をプラス領域量が「もうちょっと」多い
21世紀後半へ未来時間軸の方向を軌道制御することを待望しています。

A志援-人財.comサイトにアクセスできた人は、日本国内からのアクセスは すでに7年以上経過したにもかかわらずまだ総アクセス国の中で、月平均でわずか35%程度にすぎません。

海外から、A志援サイトを探し当てた最終経由サーバーを公開して堂々と情報を活用される素晴らしい制御型人財の方々に感謝しています。 日本の事例を、自国で付加しカイゼンして実現されることを待望しています。

●21世紀前半は加速度的増加する確率の高い、世界のサーバー経由のマイナス領域量が多い仮想空間情報とそれを実行行動する人数を、ゼロ化方向に制御し、人間の過去の叡智の蓄積を、真のネット、クラウド社会に活かす。人間の尊厳、生物の共生、地球内生物多様性、地球は勿論、大宇宙のバランスを崩す人間をゼロ化するためにプラス領域量が多くした21世紀後半に生きる心身健康な人格基礎基盤をもつ人数を多数化するために、多分野の制御型人財の協業連携が必要になりました。

すでにリンク元サーバー不明の「No Referrer」が全アクセス数の毎月89%以上を占めています。
目的的な「匿名」「非公開」行動が普通の時代になってきたようです。

ネット戦争は 見えなければ、誰かわからず特定されなければ何でもありの超人罪・一流人罪(表の顔はブランドの善人顔)の人数が、加速的に多数化増殖をはじめてきたようです。

サーバー管理を一元化した世界で統一ルールでIPアドレス、ドメイン管理のようになぜ世界管理しようとしないのでしょうか?
IPアドレスのように100%重複しない全サーバー経由の番号順(1,2,3と記録されるしくみ)履歴を残す世界標準化サーバーになぜ国際連合さえ動こうとしないのでしょうか?
超人財が国際金融操作、ハッカーの特定が瞬時に見えるかできるのになぜしないのでしょうか?

サーバーで超増幅される、国際金融犯罪、国際金融バブル操作行動の上限規制をなぜ世界で決めようとしないのでしょうか? 

情報公開してはいけない外交機密プロセス(国家間の合意調整情報で、プロセスには、各国の妥協ほどほど満足の合意です。当事者だけ、妥協調整のプロセスを記録する必要がありますが、当事者以外は、結果だけ公開すべき守秘事項です。漏えい者と情報入手先の特定が必要で、国家転覆犯罪の一つです。外交に相当する競合企業間合意調整も。ほどほど満足の妥協調整結果であり、当事者内・以外の競合企業へのプロセス経過情報は最重要守秘事項です。インサイダー情報として第三者が株価操作へ漏えい情報を活かす企業があるため、当事者企業の存亡の危機さえあります)の漏えいサーバーを瞬時特定(当然漏えい者も瞬時特定)できるようにしないのでしょうか? 
国際間設備投資、商取引の場合、契約プロセスの漏えいは、過去の産業スパイ以上に、短期広域の関係者に漏えい伝搬し、当事者の不利を招くことができます。漏えい情報を持つ当事者は、優位に事業展開ができます。すでに、世界的規制のない国家的守秘情報さえ情報戦争で勝ち入手した国が絶対優位になるのになぜ世界的規制をしようとしないのでしょうか?

多数のプラス領域量の多い活用ができやすい、「良貨が多数化し悪貨を駆逐できる世界基準のしくみシステムルールがある方へ軌道を強制制御する時代が来たのかもしれません。

◎地域(狭域)は 正しいネット社会のしくみになると、最先端の、最高の人類の情報を、戦略的に活かし、地域の現実存在するあらゆる過去から継承したあ経営資源と住む人を一つの事業体のように統合統覚するだけで、国内を猛威で荒らす大恐竜・恐竜、TPPで海外から世界的な最強大恐竜・恐竜・肉食恐竜の猛威に勝つための、中小企業生業家業が一体化して総能力量を結集して金融操作、金融商品相場操作の影響を少なくするバリアー網を構築することを急ぐ時です。
中世の城壁に囲まれた地域での、日常生活のしくみの原点に戻ることが外圧・内圧の脅威に勝てる方向です。  商人だけが 場外に出て、売り、買いをして、常に、「売り>>買い ⇒常に黒字利益」
になるように、城内に利益と、自給・地産の不足分野を調達(買う)し 収入増加に伴う消費量の増加分の自足、地消にプラス補填をする役割とする。買う商品製品は、すべて城内で、中小企業の新規開発事業に加え、自給、地産できるようにレベルアップするトリガーとしていかす。
商人は、城内の創市場創客と同時に、城内商品開発の種を持ち帰る役割も兼ねる能力が必要です。
商人は、城内の実務のプロが担当しなければ、情報量「ゼタ時代」、本物と贋作の選別眼が脆弱で弱いお客様に「本物」だけを売り切ることができません。駆け引きの商人より、技術者の実務のプロなら、想定以上に価値に気づかせ、ふさわしい価格で売り切るだけで、お客様の方が、欲しくて欲しくて買ってしまいたくなる不思議な現象が、21世紀前半増幅されてきました。城内で地消、自足を最優先に「儲けの我欲」を抑え、過剰量だけ売り切り、需要が多ければ売り切れにする。
城内の全人口の個別情報の共有化と、場外のすでに取引がある城内企業のお客様を共有化し、地域の企業の創客の見込客・企業、海外の本物志向の客・企業のリストを共有化し、見込み客⇔顧客⇔固定客へ、城内協業連携企業単位に、創市場戦略に活かす。商人は誰でも実務のプロ熟練人材なら、基本に忠実に技術者営業をして「本物」に気づくお客様を最優先に取引する。次に競合他社と取引が多い、客単価の高い、インストアシェアの拡大ができるお客様から、一人、一社から「本物の価値」「ふさわしいコストで金融操作商品相場に無関係で安定的に安い」ことに気づくと、世界規模の激戦業界なら、短期で固定客化できます。毎月顧客数を増加できます。宣伝広告、メディア増幅(泡の増大)、つくられたツイッター、ネット評価等の影響による「贋作」の「本物」に見せる仮想空間は、実体社会の実体のモノが「本物」なら仮想空間優位の心理誘導による取引の成功体験を打ち破ることができます。
経営コンサルタント時代、空気(ノウハウ)の経営診断、経営協力、高額社内研修セット等高額成約見込顧客を、自分のダムに入れ、常に情報を、優秀な実務の経営幹部とその上司の決裁役員、社長へ儲かる情報を提供し続け、その企業の成長の節目ごとに、三層営業を組立、拠点長、役員、社長にふさわしいときの舞台を準備し、企画提案プレゼンテーションしました。高額なので多くのブランド経営コンサルタント企業と内容、価格競走になりましたが、成約したい時に成約したい金額で、私は「本物」の内容の成功確率の高い企画提案しないため、どんな応酬話法にも対応できる訓練を重ねていましたので1円も安くしないで成約できました。経営者、役員、拠点長が、自己決裁で、値引きをする場合もありますが、なぜ安くするのか、価格に納得した人になぜ物販売りの方法をするか、まだ、成長できていない人だなと少しがっかりしたことが多数ありました。
経営診断メンバーは、社長、役員、拠点長が、メンバー編成して、現有の最高メンバーで編成しました。
見込のお客様を多数城内の共有の顧客にダムに入れ、常に、一人ひとり、見込顧客専用のホームページで管理し、タイムリーに情報、新商品等お客様が「得」と感じ、成約見込み度がアップするように準備して、直接訪問は、決裁者重点に、すでにホームページで共有化した、情報と、決裁者用に準備してプラスα情報、拮抗する競合他社情報の動き等を提供すれば「本物」の製品、商品の実物があるため「空気売りの長期(2〜3年)の綿密な準備プロセスより楽に成約ができます。 「本物」の価値が分からず、「贋作」と比較して、値引きを要求する、「味噌・くそ」同一視する普通の担当者に売らないで、その企業の拠点長、役員に資料を渡す依頼をして、受付の女性の名前を記入した資料を渡す2重の行動をする。拠点長、役員クラスの企業を推進するメンバーは「本物」に気づける感性があります。(黒字企業ほど多い。慢性赤字企業はゼロの場合もある)「本物」に気づけない企業は、見込先から外す。偶然取引があっても、大量購入をエサに値引き交渉をする確率が高く、他の企業のお客様として切り捨てが不要な工数をかけずにすみます。「本物」は、実体社会では、相対比較すると誰でも気付けます。実務のプロが技術屋営業で応酬話法で十分勝てる確率は高い。

先行予約で我慢するお客様だけに、先行予約日の10日前に届ける。国内、海外の市場は無限、城内で、外部から商人が流入した利益を戦略的に、自給、地産のための適性規模協業企業で、共有した方が、低コスト・高品質・大量化できる設備に投資をして、適性規模企業の原料調達工程の前工程の改善で工程改善と、調達コストの低減のために活用する。産業廃棄物の再利用のための共有のための施設の充実、エネルギー自足率100%以上へ計画的小設備の分散型、共有方式にする。

域(狭域)が脅威に強い時代が21世紀前半であることに気づく時です。小さいことは良いこと、最大の強みであり、統合統覚、全体最適がしやすい。労働力不足は、政府大企業の原理であり、洗脳されることは、弱者になる方向です。地域には素晴らしい全年齢層のふさわしい役割分担できる働く人(労働力)が多数あることに気づくときです。地域は、稼がない間接人員をゼロにして、全員稼ぎ人へ変える。現在のインフラを活かし、サポートはすべて、地域の人が行い、地域から金を出さない。
実務の勉強仲間・行動仲間(仮想空間型・管理型士業はある段階からの仲間で最初は入れない)が、地域を一体化事業体にする目的で、協業、最適規模企業単位ではじめの人歩を踏みさすと、地域を良くしたいプラス領域量の多い価値基準行動基準の人を選別し加えると、各企業の社員が、未来の「自己実現」できる方向に気づき行動をはじめると、地域で何を最優先にする方がよいか、行動の渦ができはじめる段階がきます。日本人は今「何かしなければ」「したい」と意識している潮流に気づくと、地域の女性の左脳優位の現実行動を本流の基幹にするだけで、子孫繁栄の目標へ軌道修正が本能領域で行動がはじまることに気づく時です。



◎TPPの地域のマイナス徴候の潮流を直視して、地域の中小企業の強みに目覚め、複合食品産業を基幹にした、上限規制、法律規制がない世界規模の金融操作を最小化影響にした協業の強みを発揮するときです。 

地域を良くしたい制御型人財は、仮想と実体実現可能領域と整合させ、プラス領域量が多い方向へ具体的行動を全国各地ではじまることを待望しています。

海外の実務の多分野の制御型人財と連携して、世界各地で、成功プロセスを共有化して、21世紀後半、素晴らしい共に豊かな身心健全な子孫を多数化し本流を動かす人にしたくありませんか?


地域の全員の人が、働く機会、収入を働けばいられる仕組みをつくり、全員が地域の未来、子孫繁栄をさせる
一員として貢献できる小単位の集団組織の最初の突破口は「町・村」からであることに気づき、70%以上まだ残る「絆・もちつもたれつ」の今現在の行動している内容を価値基準、行動基準にして、地域の人が年金者も含め、70%の中の60%の人の年収がその地域の中流家庭になるように、日本的ワークシェアリングで利益を人件費配分する、地域全体最適行動に重点集中すると「外部の脅威の強い」日本民族の農耕民族固有の多神教(仮想空間の規制が少ない)だから実体社会で実現できる確率が高いことに気づくと、今、一人ひとり何で地域の貢献するか、日本本流の情報操作の幻惑されず、地域にプラス領域量がなり、地域行政が豊かになるキ方向に気づける確率は高い。地域の70%が個人我を横に置いて、全体最適方向に、70%以上の人が主体で動く「重点集中」する時です。
2011年3月11日から現在まで、政府援、大企業我、他の地域の短時間支援や、利権我等、外部の集団組織のバラバラで整合されない我欲で、投入された膨大な資金(正しく機能すればすでに地域規模ならできた量ですが、群馬県のダムのように60年かけてもまだダム本体工事ははじまらない姿と酷似現象の外部固有の我欲利権優位の目的とは無関係の普通行動の一つ)が消えました。
誰でも見える現状を反面教師として、少ない自己資金を地域の行政(間接、仮想担当段階から、実体の中で担当分野で地域の人を個人収入、法人収入最大化する制御型人財の事務局(地域の黒子)行動に徹する)し、信金、JA、地域CATV、10歳までの子供(実務模擬体験・人格形成基盤教育の主役)、就労前の学生(最新知識・行動量)は年金生活の高齢者(応用知識、知恵量)とペアで組んで行動し、知識、知恵の継承を実体推進の戦力として活かす。金食い虫の、政府が経費負担した危機管理インフラの機能を地域が、保守改良、メンテナンス機能をすべて代行し、外部に財産が流出する歯止めをかけ、地域内で、財産が循環するようにして、地域CATVと連動させ、地域の中小企業、生業、家業のばらばらの地域の人口をすべて、危機管理部細網(金食い虫)を完全化する目的で、データ管理し、共有の複合食品産業、地域中小企業のシンプルであらゆる大企業製品の過剰機能除き本来シンプル機能だけにする。オプション(金に余裕がある時部品機能を追加できる)追加できるインターフェイス機能を標準搭載する商品製品にする。金融乱高下し、上場企業が値上げ独占する価格高騰を最小化した無関係な低コストで買い回り商品・製品を地域で供給したり、地域で自給自足、地産地消品の創市場創客機能(地域の事業が黒字化、法人税、個人税を潤沢に年々増加できるしくみ)と併用できる地域統合をする。
エネルギー自給は、地域の多数の廃棄物、水力、林業廃材、風力、工場の排出するCO2、熱量、水の浄化機能等、自家発電機能は、地域の最適な、利用されない資源で小地域ならできます。当面の不足分は高くても電力購入する。普通の火力、原子力、大企業だけ儲かる太陽電池方式の安易な地域行政は、100%しない、
太陽光システムだけは、他地域、政府が全額負担し、他地域の大企業が直接経営し、メンテナンス保守機能だけ、地域の中小企業へ委託する機能で活用する。地熱発電(想定外地震で、岩盤に開けたパイプが、メキシコ湾の海底石油の流出結果のように、溶岩流の噴出できる、抑圧力を脆弱化し、地域がイタリアのボンベイになる確率はゼロでない。地域に不適)風力発電(風力を受けるプロペラ回転機能が発生する低周波は、ある量以上共振増幅され時、住む人の脳や神経の異常、子孫に遺伝子段階異常の誘引確率はゼロではない。地域に不適)シェールガスは、地域の水脈にカナダのある地域のような結果があります。地域に不適な方向です。


  突破口は、
「地域は複合食品産業を基幹に勝つ」

 


◎地域(町、村のような小集団・組織)の強みに気づき成功方向をイメージしてみよう!

勝てる突破口は、沢山地域にバラバラで存在し、人も戦略的に育成すれば、ふさわしい人格基盤を持つ人が、まだ、実体社会の中で、素晴らしい活躍の機会を与えられず待っています。地域を豊かにする多数が働く、知識技術は、誰でも時系列で成長でき、分野別プロ・匠の域まで成長できるインフラを、多数地域で適性規模を守りスタートさせると勝てる地域うぃ実現できる確率は高い。

現在、バラバラの21世紀前半成長した強みを最適統合をはじめる時がきています。
地域に住む一人ひとりが、農耕民族の末裔として、「絆・もちつもたれつ」を活かし地域繁栄の戦力として、実体社会の中で、全体最適のための役割行動をする働きをはじめる時がきています。地域の中小企業が食品産業の原料自給、自足し、販路は地域で地域の人が全員働く一員に組み込まれ、収入を得ながら、その収入の一部を地域で地産地消し、食品産業に関連した補完補填保守サービス事業で、地産地消分野を増加し60%以上、金融商品相場による、価格高騰を最小化する、資金循環型社会を基幹にして、過剰商品・製品、戦略的過剰生産商品・製品を、他地域、近隣都市部の固定価格での供給基地になり、海外の日本の「地域は脅威に強い!」成功のしくみシステムを人を、自国の地域の人で実現したい中小企業のある分野の制御型人財がある人数揃っている地域をモデルに、その国の金融相場市場価格の最低価格で供給し、商品製品が、その地域の30%以上購入する創市場が出来た段階から、事前に日本で成功最先端ノウハウ、全体最適整合プロセスを学び、共に実戦し、実体体験と、行動熟練レベルを計画的の段階ランクアップしたその国の制御型人財を中心に、地域の全分野のインフラ、エネルギー調達も含め、現有力を分析し、不足は、日本のシステムをリース形式で(月次管理会計負担型)供給し、その地域で、そのリース機械、設備、インフラを構築できる中小企業を、地域と連携して、事前に運用人材を育て、その人材が設計生産のための若手を、地域の大学、大学院と産学協同型で、真似した型で短期間で実体生産が出来るようにし、自国のしくみシステムを、同一地域の、市場を競合しない地域へ飛び地として同様の最適規模の中小企業の複合協業食品産業を基幹しした事業を展開する。
自国の技術レベルを相互研鑽型で、業績貢献度の高い分野を短期重点集中で高める。技術供与した最初の地域は、海外の違い、民族の違いを超えた成功ノウハウを全分野で累積し、世界の各地域に成功事例を展開する。一地域の成功事例は、大企業が、潤沢な資金で真似て、全国の、経営資源基盤を高める役割を企業我で発揮するので、市場の大きい大都市部、都市部中心の1人勝ち方向であるため、大都市部、都市部で敗れた多くの中小企業、働く場を失った人達の就労受け皿として、短期不足する一定以上の知識基盤の不足を補完補填し、中期で、多数育つ地域の成長した人と、地域で定住する企業、人を活かす。大都市圏、都市部で育った人は、市場無限、個人我、企業我の魅力を持っているため、大都市圏、都市部の周辺の住居エリアで、平日の専業主婦高齢者を戦力として、地域の商店も含め、産業を組み込んだ、固有の自給自足(不足する商品製品しくみシステムは地域が供給志援をする)型地産地消のサイクルを構築する。地域の最初の制御型人財は、そのエリアの住民を全員活かす。

地域密着CATVは、地域の共有の宝として、地域で活躍するプラス領域量の多い大人(親、家族、親戚、近所の人、実務のプロ、匠型一芸に秀でた人等)の正しい価値基準行動基準の分野、地域を豊かにする優良法人企業紹介と、働く社員、仕事の内容、地域の仕事のようい基本動作の子供体験現場を見せる等、プラス領域量の多い方向だけを見せ、体験させ、中小企業の勉強仲間・行動仲間を、地域の黒字企業を60%以上にする地域市場のエリア別管理をしたふさわしい適性規模情報を集約し、エリア別に育てるしくみを、映像で記録しながら、情報発信する方向へ重点の軌道を制御する。
マイナス領域の多い方向が内容は、すべて、全国規模、民放に完全に任せる。マイナス領域の正しい人の最低下限の法律、規制、基準を価値判断をする人間と、正常な人と地域の人の本音の価値基の人企業に最適影響量が多い方向を明確にして、プラス領域量(0+)以上に企業組織団体だけ広告宣伝できるように放送倫理規定を決め、1年ごとに内容を地域の変化に応じて変化させる。
地域CATVは、大企業と競争せず、地域が共に豊かに、素晴らしい子供が大樹に育てたいひとだけが視聴する地域インフラの求心センターの役割をはじめる。防災危機管理のインフラ機能で、地域全員と、有線、無線で繋がり、CATV番組だけ活用したい人だけ、低価格で視聴できるようにして、地域CATVの地域のプロジェクトの一員として活動してもらう。その他の機能は、すべて大企業の映像と契約し利用してもらう、自由選択にする。地域に住む人はCATVのプロジェクトに参加すると、働く機会、収入を得られる得になるしくみを構築すると、良貨が、地域の悪貨を駆逐し、ある時期から本流逆転が想定以上に早いことに気づく時です。

世界の大恐竜と戦い勝つために、国産恐竜だけを重点的に育てる本流の時代、全て情報(知識知恵集約と活用機関)、インフラ(高性能義手、義足、身体)、資金(金融・栄養)、最先端人材養成機能等は すべて国産大恐竜・恐竜のために最優先で準備され、地域の小動物の生き残りは、自力で、地域にふさわしい進化をして、海外の大恐竜、国内の大恐竜・恐竜に勝つ進化をする時が来ています。
財政破綻へ加速させる価値ゼロの紙を貨幣にして、倍増予定ですが、地域の人の収入が全員倍増することは
100%ありません。収入が1/2に貨幣価値ではなることです。大恐竜、恐竜だけは、対外貨幣価値を現状維持だけでなく、多数の1/2になった人の貨幣価値の1/2をすべて吸収し、世界で拮抗できる力を増大できます。

地域が、地産地消、自給自足を基盤に、金融操作の貨幣1/2にせず、現在の実体価値1を維持できる物々交換優位の閉空間型実体社会に変わる必要があります。
TPP導入を想定し、過去の、政府からの助成で
生きる政府のコバンザメ行動を断ち切る時です。政府は、地方を本格的に切り捨て、大都市、都市部が多数決完全優位にできる1票の格差を合法的法律基準を根拠に改定し、投票率50%以下の違法に完全に振れない行動をはじめ、平和憲法の改定、現在の支給年金減額等、何でもありの時代が誰でも見える段階がきました。

浮き草タイプの大人型子供の多数は、日本の未来を自責ではなく他責にし、国民の権利の投票に迷いいかないため、多数の組織票をもつ集団組織が多数を独占できるしくみになり、地域は、政府への期待をゼロと割り切ると不平、不満はゼロで、自力本願で生き残る人生の割り切をする時です。

◆現在のまま推移した場合人類の未来を明るい方向へ向いているでしょうか?
仮想空間・確率の世界を崇拝したまま、実体空間行動をぜずにもし軌道を制御しない時代
はどうなるでしょうか?

仮想空間、仮想行動の領域では、明日、誰もが「ローマのような国を建設し、覇王さえ」なることが
できます。実体空間では、傍の人も含め、21世紀の今の取り巻く環境、必要な条件が揃わなければ
実現できません。

特に情報量「ゼタ時代」、人間の右脳(実現できそうに思う心)の方が、左脳、身体の知行の実力実行総量
との現実の実体具体行動の乖離量分析が脆弱、欠落した帯域を持つ人達は、競合する周囲の人の、
知行総能力量との相対比較しはるかに相手が優れていることに気づけず、厳しく数値的要素比較し、
勝てる場を綿密に準備しない段階で、抑えられない衝動行動をして、仮想空間と実体空間を同一視して
実体社会で行動できる「浮き草タイプの大人型子供」は、漫画の幻術師と同様な手法である実体社会の
ブランド、言葉、映像、図、箇条書きイメージだけで、個人個人の仮想空間の描いたバラバラの価値基準が
仮想空間実体現実イメージが、一部同じように見えると、すぐ自己実現できるように錯覚的心理的誘導で、
麻薬的キーワード言葉、多数麻酔型内容集団組織による洗脳により仮想空間への誘導されたり、催眠
状態へ入れることができます。ヒステリー型で多数動く、徴候に私も含め多数の分野でなっていました。

1945年以降日本人は何か変な催眠状態に入り、1945年までの日本人と同じ人が別人の日本人に
変わってきました。
よい面悪い面は両面ありますが、日本人の心身健全な子孫が減少、男女の中性化、遺伝子的性異常
が見える段階(日本人口の10%以上を超えた現象)になり、母性が未熟な女性の増大、結婚適齢期
が過ぎた高齢者出産の弱性遺伝の増加、男女の異性外人崇拝行動、日本語を放棄、日本国より、外国
崇拝行動の多数化は、現在の日本人の心身健全子孫を多数化する方向と逆方向へ歩んでいませんか?
冷厳なる、因果応報の結果、何か変である部分をプラスう領域量が多い方向へ一つひとつ変えて、
そろそろ、日本国の軌道を現在の日本人が身心健全な子孫が共に豊かになり未来の自己実現を目指し
生き生き生きることをイメージした方向へ軌道を制御したい人が多数輩出を急ぐ時であることに気づき
ませんか?

当時の若い親は戦後の日本人の創られた価値基準行動基準を普通と思い込み、孫世代で初めて
日本人の近い子孫が 「何か変だと時々感じました」が、「何が変なのか」わかりませんでした。
2011年3月11日に直面した覚醒した現実に出会え感謝しています。その中で必死で生きた共有時間、
日本人の存在価値に覚醒する機会をいただけました。
テレビ、メディア、多様な最新情報機能の中で、映像で見える人、ブランド権威で動く人、富裕層の迎合
した金で動く生き残り行動の偏向内容、話す内容、企業の行動プロセス、政府の行動プロセス、周囲の
人の行動プロセスとその結果で一目で判断せきる真・贋、言霊の発言者自己責任の結果行動冷静に
分析出来ました。集団組織の中の人物評論分析の多様な分野の人物評論と、行動プロセスと結果を
分析できました。長い人生の中で、日本国の本流の全分野、本流外の全部分野が、短期間に集中的
に連動して動いた時期は初めての体験でした。生きている今に感謝しています。

1945年以降、目的的脆弱化、欠落させられ、日本人の遺伝子レベルで継承した先人の知恵の集約
された人格基礎基盤の中の感性帯域異常領域の存在、なぜその領域が成長できずクランプ状態に
なっていたのか、明確に気づくことができました。逆に抑圧され抑え込まれた日本人の行動の強みの
伸ばすべき方向も明確に見えてきました。催眠状態から覚醒した今、気付けなかったこと、何を今
正しい行動トリガーを起動させる方向を重点にコンテンツを統合統覚することに気づけました。 

ただし、今の本流が続き5年後は、今の10歳までの子供と多数を占める若い世代が、異民族絶対崇拝
を潜在脳に定着された洗脳段階となり、、世界に飲み込まれた環境では、新日本人の価値が脆弱欠落
していても、正常な価値基準行動基準の人格が少数化した段階では、狭域集団組織を、共鳴共振
共働方式で、実体社会の共有価値を強化して育てたくても、どこの国民が分からない、ベクトルバラバラ
の日本人は、大国土の異民族国家と同質な方法しかできない時代がすぐそこまで近づいていることに
気づくことが、現日本人の21世紀後半活躍する共に豊かな、心身健全な多数幸せな子孫繁栄の基盤を
残すことが出来るかどうかも分水嶺の時です。チャンスの女神の後ろ髪をつかめるわずかな時間しか
ないことに気づくことを待望しています。


◆プラス思考・視点に変えて人類の未来が明るい方向、プラス領域量が多い方向へ行動をはじめる。

◎地域(狭域)で、仮想空間で仮想行動をする多数の人を、一人ひとり、仮想空間幻術幻想まぼろしの
夢想の価値基準行動基準で自分以外の他人を、実体社会で動かし(ゲームの登場人物と同じように)、
実体世界の結果は、すべて他人責任、成功すればすべて自分だけの利益、超我欲本能煩悩、ゲームの
ような動物と同じ弱肉強食の剛型行動を他人に平然とさせる現在の世界の結果になります。

実体現実社会の自分が価値基準行動基準の結果責任で逃げ場のない、集団組織の一員として直接
人員として、働けばふさわしい収入がもらえる、役割分担型ワークシェアリングで60%以上がほどほど
に満足、幸せ、たの人が幸せの仲間に入ることを共に喜べる、我欲の上限規制、金融操上限規制の、
独占の上限規制、寡占の上限規制等が実現できる実体社会を限られた時間猶予の今行動をはじめる
ことを待望しています。この段階からプラス領域量が多い方向へ 「5つつの環境」が プラス方向へ
軌道が徐々に変化しはじめる段階がきます。

まだ、日本の本流が「何か 変だ」と気づける、まだ覚醒状態で「人間の尊厳」の価値を意識できる人格
基盤を持つA志援サイトへアクセスされた人から、あなたの傍の人を一人ひとり、仮想空間・確率・金融
合法的丁半博打に勝つ夢から、実体行動、多忙でヒマをゼロ状態環境へやらざるをえないようにさせて、
全体最適のために、徹底的に分担役割の熟練度、時間生産性効率、労働生産性のプロセス数字を
合理的脅迫方法として動かす。
行動貢献度に応じて、ワークシェアリング型、多数豊かに60%以上なれる仕組みで、工夫カイゼンして
働き、知識・知恵・行動の熟練度の累積(年功)業績貢献度が増加するしくみシステムに組み込み、
人生での自己実現ができるように組み込む。
個人、集団組織が共にプラス領域量を多くし、集団組織が、地域で協業連携し、地域の一体事業体が
全体最適となり、地域の人が、ほどほどです共に豊かで多数幸せを共に喜べる実体社会をイメージで
描き、日本人の遺伝子レベルの「もちつもたれつ・絆」に気づき、長い農耕(水産・林業)民族に視点を
変えるだけで、狩猟民族の仮想空間で組立、確率論で、大量の狩猟結果(21世紀のあらゆる金融利益)
の合法的丁半博打的数字の確率論行動様式(父性行動・剛型行動優位)のマイナス領域量が多い部分
だけを断ち切り、狩猟民族のプラス領域量の多い部分(長所)だけ活かして、現実主義・実体空間の
日本人(母性行動・柔型行動)を60%以上の価値基準行動基準の量を分野別・要素別に修正するだけで、
本流が切り捨てはじめた地域(狭域)こそ、実体社会を優位にできる日本で最高の千載一隅のチャンスが
めぐってきた潮流変化に気づき、地域優良法人として表彰されることを目指す勉強仲間・行動仲間、地域
を共に豊かな、心身健康な子孫を多数残したい関連する仲間、地域行政で、自力で地域を良くして、自力
で財政再建を目指す行政(国の助成分捕り型我の行政は除く)、地域CATV、地域信金、JA、地域多分野
の業種業態中小企業、農業、林業、水産、地域防災インフラ等統合統覚するだけで、地域がよくなる方向
への実体社会の軌道を歩む量が増加しはじめます。

人間は、仮想空間の上限下限の間で、今実体社会の中で揃う経営資源、傍の人の総能力量を活かし
属する我欲集団組織を地域全体最適協業型、ワークシェアリング(共に働き、ともにほどほどに稼ぎ、
共に多数豊かになるしくみ)事業体に代り、富裕、金融操作影響が最小限にし、適性規模の黒字企業が
60%以上とし、地域行政の財政黒字化、地産地消、自給自足、兌換型地域過客標準(金量)にすると、、
日本政府の過去金融政策として最悪の歴史的悪手である、紙(価格変動する国債を一部に)キツネ狸の
ことわざのように貨幣を化かし、紙幣を倍増する予定です。江戸時代の大判、小判の金に不純物を混入
させ、貨幣数を倍増させ、国内だけに循環させ、倍増した枚数が、国内の金貸し商社へ大部分集まり、
貨幣の枚数が改鋳前と変わらない庶民は、1の価値のものを1/2にされ、同じものを倍の金額で購入する
ことになり、貧困度が倍化したしくみでした。つまり日本国内の物、預金の価値が1/2にすることです。
幸いに2倍にした金は、金融業界とその関係グループ企業経由で、倍増した貨幣は海外は流出します。
海外では 現在の1/2しか価値のない日本の貨幣をいつまでそれまでの1の価値として、物々交換して
くれることを容認する時間はわかりません。日本が円安操作で貿易収支の優位だまし行動の顛末を
最悪想定して危機管理体制に緊急に入ることを待望します。
地域は、地域の人の個人の中小企業の預貯金を1の価値として守るために地域の銀行JAと信金は、
兌換方式で、地域の貨幣価値を守る砦になる時です。
地域が共に豊かに、働くインフラが、地域で働きたい健康な高齢者、健康な若い世代を、働き少し稼ぎたい
人が働けるようにする。地産地消とは、地域で働き稼いだお金が地域内で多様性循環することです。
地域(狭域)の勉強仲間・行動仲間が、地域を1つの事業体として最適生産機能を持つ協業連携企業へ
我欲を捨て、ひどほど満足で、他の人が喜ぶ姿の満足を合わせて我欲達成視点に多数の人がもうちょっと
変わり、割り切り、行動し、習慣化すると、今の人格基盤がプラスαが付加され「人間の尊厳」価値を
1人ひとり感じることができる段階がきます。 

多数の為政者・リーダーが、正しい人格基盤でプラス領域量が多い方向に黒子として軌道強制制御が
必要になってきました。10歳までの子供時代の成長環境が異常なため人格基礎基盤のある感性帯域
が脆弱かゼロの子供レベルの部分がある大人は、普通であり、その脆弱かゼロレベルの部分(本人は
大人として完全に気付けないわからない自分が変な行動の大人であることさえ気づけない行動をします。
左脳で正常な大人と見做す行動は、骨折り損でくたびれもうけ、意見具申すると完全排除されるみじめな
結果が待つだけで、ムダ行動の一つ。無視する。)を多分野の制御型人財が、欠点部分にパッチを当てて、
代行補填補完行動する。結果がプラス領域量が多い本流になると、為政者・リーダーを主役として、成果
をすべて譲り、正しい人格基盤の行動をする訓練(人間の尊厳価値がある人間であることを意識的に行動
してもらう機会の頻度を多数化する)し、習慣化すると、本音は脆弱、ゼロでも、対外的の意識して行動
するため次第に正しい方向へ教導されるので、素晴らしい為政者、リーダーへ変身できます。

◎オーナー型中小企業の経営者が、利益一族独占、社員は「王様と歩」の経営から
素晴らしい変身をされ下記の一部を実行された地域の経営者に出会えました。


いつも優良法人会で表彰、地域の法人会活動、地域の商工会議者活動のリーダー、地域の
勉強・行動仲間の勉強会リーダーとして、地域貢献活動、息子は、商工会議所青年部のリーダー
日本青年会議所のリーダー、商店街のリーダー、信金や信組の理事長として地域の経営者の
経営能力の向上に貢献、経営者が、利益分配を、自分一族の上限を決め、社員分配を全体
最適型業績貢献量で評価し、各部門の部門長の黒子人財を正しく評価する等、
儲かる企業、地域の経営者が地域をようくしようとまとまるには、ふさわしい行動があり、適正
規模を順守し、企業内の中身を充実さえ、年々年齢に応じたふさわしい存在価値のある業務で
熟練度を定年まで成長し、退職後、企業のオピニオンとして、働いた企業の創市場創客の役割と、
その企業の縁をOB会として集まるしくみがありました。
会社は、歴代の社長の自社の成長過程が明確なため、人材の年齢別成長と総行動量を最適
に分布させるOJT-OFFJTの組み合わせ戦略的人材育成プロセスしくみで必要人数を養成
できるようとした企業もありました。

●地域の優良法人として表彰され、社員が生き生き定年まで自己実現に専念できた企業の人材
飛車角(分野別専門経営陣)、金・銀(実務制御型人財)、桂馬・車(創市場創客勝つ突破口)
各分野のキー人財を育て、経営者の、後継人財(そっくりさん+α=超える人財)、NO2人財
(経営者の女房役、投手と捕手)を育てる素晴らしい人材が、持続的黒字企業には芽が育って
います。経営者に見えない、気付けないため、経営コンサルタントの私が、黒子を演じ、社員の
自力成長方向を明確にして、起動トリガーを発生させ、実務での業績貢献を目的に重点行動を
はじめて、プロセスの進行チェック、プラスα付加情報で、プラス領域量が多い方向へ変化が
はじまります。

経営者が プラス領域量が多い方向へ変わる決断をするだけで、集団組織の人は、プラス領域量
多く行動し成長を続けるか、逆に行動し、赤字、社員ともども奈落の底へ落ち、社員は結果責任は
経営者が悪いと、全責任を責任転嫁する人が多数育った結果になり、責任転嫁する社員は、
業績のよい企業に採用される確率は高いでしょうか? 要領のよい人とは、行動して損と気づくと
自ら自分に「得」になる方向を80%以上の人が選択します。選択した段階から、戦力人材へ
変身した幹部を多数経営コンサルタント時代知っています。

他人の芝生の価値ばかり見る人は、自社の集団組織にふさわしくない人と割り切り、重要な
プロジェクトに組み込むと、想定内の人災難を起こす確率が高いため、本流に影響のない、
その人が力を発揮する場で働かせる。「企業への恨み」を残さないことが重要です。

●集団組織が マイナス領域量が多く、悪いのは、自分が集団組織内で悪い種を蒔き、悪い結果
にした一員であることに気づき、集団組織で、よい種を蒔き続けると、よい収穫を願う人から、連携
がはじまります。
「人間尊厳」価値の何かがプラス領域量の多い未来を望む遺伝子レベルの記憶がある確率は高い。
自己責任、自分の直面する集団組織で、今持つ最大の総能力量で行動すると道は拓けます。


◎キチンと、10歳までの格基礎基盤が育ってきた子供の特色
大人の、金融我欲の象徴である金で動かされる領域頻度が少ない、10歳までの子供時代、正しい人格
基礎基盤を、正しい親、両親、学校、近くの環境の中で仲間とともに全体最適、我欲の寸止めで多数の
満足感、共に喜ぶこと素晴らしさを感じ味わいながら正しい反復行動訓練をして、小さな成功の累積でプラス
思考が定着するしくみ 「自分で知恵として知らないことと、知ってること」に気づける感性、自分で「行動
できる上限がわかる」ように育った人格基礎基盤が出来た子供は、未来、どんな環境下でも、わからない
知識、知恵、出来ない行動限界の「わからない、できない部分」「してはいけないことはしない」「ともに豊か
で未来の拓くために生き生きワクワク」自分の成長段階での当面(直面)する役割の中で常に自らにプラスα
を付加し、無限に本人が人生が終わる段階まで自走型で無限に成長できるようになる確率は高い。
人間なら誰でも生れた段階では平等に備わっていた機能の一つであり、正しい方向に自走をすることが
できます。

◎「浮き草タイプの大人型子供」の人格感性帯域が一部脆弱、欠落した人格基盤の大人の子供化

異常行動をした子供、浮き草タイプの大人型子供、高齢者の誰にも見えた悪い結果から、その人の成長過程、取り巻く親家族、環境を時系列で人物分析ができます。
21世紀世界で想定外異常行動をする人の事例パターンが多数化してきました。
現在のメディア、マスコミ、映像は、悪い人の悪い行動のプロセスをキチンと見せ、犯罪手口さえ誰でも真似る
よう抑止目的を大義名分にして自由に公開しています。普通の人は、行動を正す必要ではなく不要情報です。
しかし、興味を持って見て、録画して勉強し、さらにマイナスαを付加しより悪化した類似犯罪が、なぜ増加し
より多数化してゼロ化とは逆にさらに手口を進化させ多様なパッターンで増加するのでしょうか?

なぜ、「正しい人の正しい行動、ただしいプロセス」を啓発したり、「最後に善は勝つ」必ず善が勝つプロセスを
啓発する映像で心理的プラス方向への誘導する民放では極少数になりました。過去人間尊厳価値として
正しく行動をした人が、なぜ逆の人格者ブランドとしてどの番組へも多数でるのでしょうか?
大量の広告費をかけるスポンサーのホームページの社会的責任と矛盾した価値基準行動基準の番組を
多数の人がなぜ何か変だと気付けないのでしょうか?

◆こんな行動をする情報で操作される人間ロボット「浮き草タイプの大人型子供」を見たことは
ありませんか?

「人間ロボットは、その人の価値基準、行動基準は、時系列、空間系列で出会った人と同一化します。
最終的にマイナス領域量が多く、悪い果へ誘導されても自分で自動回避能力方向がわからず、非合法行動
さえ平然として、多数の他人が異常を指摘して、悪かったのかと左脳が初めてきづけます。ただし、右脳の
人格基盤は脆弱かゼロのため、外部から本音は修正できません。なぜ外部からのどんなカウンセリング
だけの仮想空間型では、80%以上再発確率が高いのでしょうか?
働き稼ぐ生活安定基盤と正しい行動訓練と習慣化で本人が人生の喜びを知るまでできません。
教導に「仮想空間」の技術さえ訓練させる最悪手をする人さえでてきましたその結果何が多数想定外の
悪い結果が出始めるか、その徴候が多数パターン化している徴候と誰が行動したか気付けませんか?


◎21世紀加速度増加する情報量「ゼタ時代」に世界で多数化する「浮き草タイプの大人型子供」を
現在の富裕独占寡占化目的で21世紀超速進化する富裕層占有進化ツール、多数を心理的操作し、
利益と独占する金融操作、仮想空間で幻覚心理操作での成功プロセス手法である、多数の人を
不幸にするマイナス領域量の多い「人間の尊厳」を失った、先祖帰りした動物脳、恐竜脳を行動
基準にした「人間脳は 左脳優位の理性、哲学、道徳、倫理、心配り、気配り」の機能が脆弱か
欠落した「右脳が優位に機能した我欲煩悩本能むき出し仮想空間価値基準」を採っている人が
多数決で優位になるように「浮き草タイプの大人型子供」を、情報という左脳機能から、心理的
誘導、催眠状態にして右脳領域の、潜在脳にある人格形成基盤があるプロセス方法で「好き」
「嫌い」の衝動行動を誘発するトリガー情報で、人を「ロボット」のように操作できるしくみ、
多数の世界の富裕層が金が金を生む錬金術、金融操作で創市場創客独占のしくみ、大恐竜化
(人の個人脳の強大化増幅するしくみ)のプロセスしくみ等分析し、臨床し、実験し、検証して
いる段階でそのプロセス手法を実体社会で、人間の尊厳である「左脳」から知識知恵から、
多数の人が共に豊かに、ワークシェアリング型で、全員汗を流し働き(一部役割行動も含む)
ほどほどの仕事の生産性、品質、業績貢献度でふさわしく利益配分し、共に豊かにできる
現在の本流と180度近くことなる価値基準行動基準の方が人類のプラス領域量が多い方向
であることを確信しました。


各分野の制御型人財のあなたは、どのように現在重点集中行動をはじめますか?


現代の、若い世代の浮き草タイプの大人型子供を、集団組織のしくみシステムの中で個別に強制的軌道
制御し、21世紀後半の素晴らしい本流の、先導型リーダーに育てる使命が、現在の集団組織にあることに
気づき、育てる行動に入るときです。 
若い世代をプラス領域量の多い場所へ多数強制移動させ、実体社会での汗をかき、自分の役割分担で
プロ・匠・熟練を目指し、次々と21世紀後半成長が必要な、先人が通ったことの少ない分野に挑戦させ
新しい素晴らしい新たな傍が楽になり、多数がほどほど働き金を稼ぐことができる「いきものづくり」で
身心健康な人を多数化するために貢献させる自走型エンジン搭載進化無限の人間を目指す方向へ
向け、後ろから押すだけで、1日24時間で、実体社会で、知行一致成長をすると、時間生産性、時間価値
、時間の余裕、人生の残り時間に気づくと、仮想空間での夢想お遊び時間のヒマな余裕と思い込んでいた
自分の心が少し変わり、日常の態度が変わり、行動が変わり、習慣が変わり、人格基盤が変わったように
見える段階から、運命がプラス領域量が多くなるように、周囲が押し上げてくれる段階にきづけます。
その段階から、自分の主役として人生劇場、関わる多くの傍の登場人物がすばらしい役割演技をして
くださることに気づけます。多くの出会いに感謝、報恩の過去の人達が、現在の自分を育てていただいた
事に本音で感謝できる段階がきます。プラス領域(+0)以上に若い世代を移動させ、マイナス領域方向へ
動く時、周囲が身を挺してプラス方向へ強制制御し、正しい行動を習慣化させれば教導はおわります。
若い世代とは、クセ木が少なく、クセの固定化、固化度合いが少なく、柔軟性が残る分野から個別に
教導するだけでできます。

●若い世代で、マイナス領域の人がしてはいけない下限である法律、規制を妄信し崇拝する弁護士、
士業、若い学歴知識人の人は、価値基準、行動基準のある領域が脆弱、欠落した部分がある確率は
高い。十分に日常行動本音を分析し、本物の人財は最強の力になりますが、贋物・本物モドキは十分
に見分け仲間にしないと、超人罪として、地域での成果結果をゼロにできる力、多数の人を反対行動に
向ける力があります。
合法の論理、ディベートの何か変な詭弁に気づけないため、時間をかけて個別で、行動領域から強制
制御が必要ですが、仮想空間、要領よく他人責任転嫁癖があり、汗を嫌うため、プラス領域(-0)までで
プラス領域量を多く21世紀の情報量「ゼタ時代」特に出来にくいクセ木であるため、地域の集団組織外で
戦力にせず、実務直接人員だけでの全員行動し役割分担して行動に徹する集団組織とし、経営者も
役員陣、間接業務(直接人員の期間ローテーション配置でできます)で、間接人員ゼロに徹することが
成功の秘訣、外部アドバイサーとして、知識知恵を目的的に学ぶ時、一流超一流の実績が豊富な士業
から学ぶことも戦略の一つです。
2011年3月11日の登場人物分析をすれば、誰でも見えました。
当事者責任領域でも見事に合法的に責任転嫁し、次の本流へ乗り平然と活躍したた事例がありました。
その行動基準の生き残り行動をしただけです。一流モドキの士業の人間は普通行動の一つです。
地域(狭域)での実体行動と、行動責任を明確にして集団組織運営が必要なとき、仲間に入れず、外部の
人とすることが必要十分条件です。

ただし、学んだことを、プロセスに組み込み臨床、実証、検証、確信するのは自分たちであり、自分たち
の自己責任である価値基準が必要です。悪い結果は士業の責任ではないと割り切る段階なら、毒も
良薬の一つ、その段階から、プラス領域量の多いブランド評価と 実体空間での正しさ成功確率とは違い、
実体社会で実戦豊富な士業のプロに出会える確率は高くなります。人間の知恵の進化は無限で、知恵は
知識を実体社会で臨床実験検証した結果の体系化した内容の一つです。

●過去からの慣性型前進を一度意識して「人間の尊厳」とは何か、原点回帰し総点検し、未来に
活躍する子孫が生きる時代の遺伝子レベルの人格基礎基盤をプラス領域量が多い方向へ強制
軌道制御をする時代がきています。
 


プラス領域量が多い方向へ、現在の本流の歩む軌道方向を正しく制御する
必要があります。
超一流・一流の実務で知行一致した制御型人財が多数輩出する時がきました。

■地域(狭域)を一事業体化するためのリーダー候補人財が多数成長を待望しています

勉強仲間、行動仲間のリーダー格をキチンと成長させると、プラス領域量の多い方向へベクトル制御しやすい
時代に入ったことに気づくときです。正しいリーダーの正しい価値基準、正しい行動基準で地域の狭域から浮き草タイプの大人に、正しい人口の根を植え付け、自我自律で正しく自走できる方法へ強制軌道制御して、プラス領域量の行動で、地域全体最適方向へ、自分の人格の本音を抑制調整安定化行動を優先できる狭域内多数化70%以上の人の本流つくり、正しいプラス領域量の多い方向に納得して共鳴共振共働する、各地の勉強仲間・行動仲間かた地域狭域で正しい本流の人数が短期で多数化する成功ノウハウを共有化し人の成長、創市場創客による地域の人が多数働き稼ぐ黒字の適性規模集団組織化と生活基盤、地域内循環しながら、地域財政が健全化できるようにし、地域を面型で拡大する陣取りゲームをはじめる時です。 

多数の浮き草タイプの大人型子供は、マイナス領域量の多い、奈落の底まで引くづりこめるしくみシステムが発達し、各種のツール、人罪が揃ってきた現実は、正しい価値基準、正しい行動基準で、プラス領域量が多い方向へ、多分野の制御型人財は、同様な、しくみシステム、ツールで逆方向へ軌道制御できる千載一隅のチャンスの時が到来したことに気づく時です。
 
2011年3月11日、自分、絆の価値に気づき、催眠状態から多数覚醒しましたが 2年の間に富裕層がスポンサーになる、映像、メディア、広告、多数の情報の心理的誘導で再び、いつ覚めるかわからない催眠状態に多数入り始めました。
10歳までの教育は、人格基礎基盤をある感性帯域が脆弱、欠落させ、育たないようクランプし、いよいよ、多数の正しく育つ子供たちを中世の魔女狩り、魔人・男狩りの民衆扇動、日本人解体、外国絶対崇拝、本流の心理的誘導しやすい浮き草タイプの大人型子供を多数化させる徴候がでてきました。
現在今のチャンスを逃すと、21世紀後半の日本人の日本国、日本国土で育つ日本人の子孫がどうなるか
わかりません。 

富裕層で潤沢な資金で、金で人を動かす人格基礎基盤が脆弱、欠落が強固で正しい方向に気づけない、ヒステリー興奮状態のマイナス領域量が多い行動を正しいと思い込む人たちは、そのまま、放任し、好きに仮想優位に行動させ、まだ人格基礎基盤が固定化しない(選挙で国民の義務迷いを放棄し、1票の格差とは何かに気づけず、投票しない投票率を下げる多数の人。多数の組織票を持つ集団組織が、予定どおり、金で業績潤沢で生き残るために、自在に動かされ「情報、メディアの抽出型予測アンケート結果と、多数を占める浮き草タイプの大人型子供が、その情報通りに心理的誘導行動させられた結果、同じ結果になります。結果を見て「こまった」現象行動しますが、浮き草タイプの大人型子供が他力に誘導される心理的催眠行動をさせられているためです。仮想空間誘導による、人の本能を刺激させる衝動行動トリガーによる人間が、左脳の知識知恵による抑止を麻痺させ、右脳のヒステリー行動を誘発させている時の手法です。

地域の一員として、汗を流し、地域の役割存在価値の1人として、働き(傍を楽に)行動し、安定収入、役割熟練度で、ワークシェアリング型、間接人員はゼロ(直接働かざるものは、直接人員として働く義務がある。
収入ゼロとし、地域から大都市へ移動してもらう。)として、創市場創客は、地域共有するため経営者経営陣は、社員の最賃金の上限規制として、5倍以下とする。地域に富裕層、超富裕層を最小化して、その年収を、地域で働き稼ぐ人の賃金にする。地域の人が共に豊かにする所得基盤、消費可能金額基盤を構築する。間接業務は、定型業務で、ローテーションで共有できます。
熟練度は、労働生産性、効率品質、スピード等、普通の人がキチンと標準化した実務内容を誰でも手順プロセスで習得できます。 

大人の1人ひとりが「人間の尊厳」を平等に待つ大人行動をして、地域(狭域)に貢献する一員として、働き、稼ぎ、自己実現、豊かな人生設計できる方向へ、多分野の制御型人財は、地域連携しまがら、正しい価値判断、正しい行動基準の地域の集団組織に属する人を、1人ひとり、軌道制御教導をはじめる時です。

地域で、勉強仲間、行動仲間が、バラバラ行動から協業連携へ視点を変えるだけで、集団組織単位を、利益がでる適正規模を順守し、地域分散連携し、地域で一つの事業体として、地域外海外の創市場創客を目的に、地域が地産地消、自給自足型、金融影響最小化し、地域で物々交換型、日本の貨幣とは別の、地域だけ通用する兌換券で循環させると、地域内価値基準(変動ゼロ)で循環できます。
信用金庫が、日本の貨幣価値と、地域内価値基準の交換基準で兌換する方法もあります。


「浮き草人格タイプの大人型子供は、他人・情報に短期間で同化」できます。
次々と時代の潮流最新で評価が高い他のブランド情報へ、次々と乗り換え、その先人に形態模写、同化する
ことができます。価値基準、行動基準が、潮流に合わせて不連続に変化します。

変えてはいけない不易の70%以上の確信し緻密身充実した価値基準、行動基準が 成長段階で要領よく行動訓練を2段跳び3段跳びで飛ばした領域は高密度に育たず、すかすか隙間だれ領域であるため、その領域に核心・本質がある問題は、プラス領域量が多い方向か、マイナス領域量が多い方向か、確信した正しい選択は出来るでしょうか?
外部の情報氾濫の中で、自社の成長過程、業種業態、規模、市場、外部環境、競合他社の、実務の制御型
人財のレベル基準より高い、最適の情報を探し当てて、勝てる確率は高いでしょうか?

富裕な、人材豊富な大企業中堅企業、機関を対象にしたある新聞、あるメディアの成功事例パターン、プロセスはある企業が1年前以上過去の残渣情報、競合他社も自社と同様に知っている共有情報の一つです。
その情報を自社の人材に教育し、行動させて、勝てる確率は高いでしょうか?
実行開始期限、個人で一ひねり成功確率が高い方向へ向けないで見切り発車した悪い種を蒔き続けた結果の悪さが見えた段階で、初めて気づけく「後の祭り」現象を多くしたいですか?
浮き草タイプの大人型子供が60%以上の集団組織では、どう自分が動くべきか最適軌道方向制御できないため、他力、成行きまかせ、浮き草の如く外力にゆだね流される人生を歩む確率は高い。
人・企業・組織との出会いの「経営陣の運」次第の環境潮流にすべて業績不振責任を転嫁し、合法的丁半博打や確率変動人生・企業を歩むことになります。

 


○情報、仮想空間で自在に動かされる、人間のロボット化「浮き草タイプの大人型子供」が 加速度的
多数化をはじめ、2011年3月11日の体験で、当事者は、左脳右脳の混乱で、プラス領域、マイナス領域
の方向選択に迷い、周囲の多数の日本人は、それまでの「情報の思い込み」「情報に動かされる」行動
「全体最適とは、絆とは」「情報催眠から覚醒し、自分の存在に気づいた人」も多数いましたが、再び、
富裕層がしかける本流の金で生き残りるためやむを得ない行動として左脳機能を抑え大義名分正当化
「思い込み」した情報、メディア、映像、宣伝、ブランド人材等あらゆる仮想空間、金融操作ができる
「浮き草タイプ大人型子供」を戦略的に動かし、仮想空間の合法的丁半博打で我欲本能分野から重点
集中情報操作し最後は結局丁半博打に大負けする結果になることに気づく前に、以前のように情報催眠
状態に誘導し、入りはじめた徴候」が明確に見える段階がきました。

多数の日本人の「浮き草タイプの大人型子供」が、完全に催眠状態の外部操作自在に行動する人間型
ロボットになる前に今、実体社会の汗をかく行動の渦の中で、プラス領域が多い方向へ本人自身が正しく
行動し、正しい「人間の尊厳」を持つ正しい集団組織の中の、実体行動の中で自己実現人生の幸福な
共に豊かになる方向がどの方向か 自我で気づきで自分で人格基盤を書き換えることができるときです。
2011年3月11日の当日のショックの記憶が消えない今が、実体社会の行動で、正しい人格基盤に脆弱
欠落感性帯域の正常方向にすり替えできる千載一隅のチャンスの時です。世界のどの国よりも、プラス
領域量が多い方向へ「浮き草タイプの大人型子供」を人間の尊厳価値基準で行動基準出来るように
多数自力で変わりプラスαを付加しながら共に成長する日本人になり、多数の心身健全な子孫を繁栄
できる、世界の「ガラパゴス」型、人類の先行指標のモデルとなれる確率は高い。、

◎10歳までの子供の人格基礎基盤が多数 正しく育つために徹底的に「よいとこ探し」をし、「よいとこ」を大人
として、活躍する時の素晴らしい機能の成長の芽として伸ばし、仲間が共に豊かににこにこ、元気で、はき
はき、自分が喜び、他人の仲間が喜ぶとと共に本音で喜び、仲間が共に成長(心身、学力、知識、知恵等)
する、長所を伸ばす「わからないことをはっきりわからないとわかる」「自分で行動出来る今の上限がわかる」
「わかる人から学ぶ」「今行動できる人と連携し、できるようになる」。試験は「知識のわからないことが分かる」
だけでなく、わかるために関連知識の広がりも同時に知ると、同じ問題のない類似試験もできるできるように
なります。
わかる領域の広さに気づくと、分担補完して、自分たち仲間の固有の知識を共有する(情報共有のITツール)
をはじめると、仲間で知らないプラスα情報を次々付加すると、勉強仲間・行動仲間は想定以上に成長でき
ます。
自分たちの共有ツールを、まだ成長が低いレベルの人を仲間に加え、出来ればクラス単位で、全員が身心
知識行動のよいとこ真似したへ誘導教導する、未知の領域を次々と先行して見せて感じさせる、よい人格へ
育てるのが10歳までの教師の本質であり、過程で子供育て、躾教育ができず放棄して、自分の子を、多数
平等で育てる教師に入学前の子供の人格基礎基盤が脆弱、欠落させて育て結果でありながら過保護の親
を演じ、責任転嫁をする、メディア、マスコミを利用して増幅させる行動に幻惑される必要はありません。
入学前の子供の人格基礎基盤は、普通の子供(知恵遅れは、身体以上は個別対応)は周囲の子供との
違いにすぐ気づきます。1年生で、クラスで正しい価値基準行動基準を明確化し、脆弱、欠落し育てる分野に
絞り、よい行動の動作訓練を徹底させ、仲間のレベルまで習慣化させることができます。まだ、悪い癖を矯正
できる時期です。子供の方が親、家族の変なこうどうが分かりますが、特に日常行動の大人は習慣化した
弱点、欠点は直りません。言ってムダ、言えば家族内で波風がたつだけ、人の弱み、弱点、見つけた欠点に
触れないで、逆に「よいとこ探し」のよさを教え込み、習慣化すると、悪い環境の中でも、その子供だけ、
正しく、大人では気づけない方法で、上手に、親家族を動かす知恵がまわります。(子供には正しい基準を
見せて、体得させると、誰でも、自己責任で、生きる知恵がそなわっています。)、将来、どんな環境でも、
環境責任に転嫁しまい、たくましい人格基盤が機能できるようになります。赤貧の中で、一生懸命家族を
大切に子育てする母性、父性の汗をかく後ろ姿で育った、人格基礎基盤がキチンと成長した子供が、大人
になり、素晴らしい成長をした事例が沢山あったのはなぜでしょうか?
赤貧の母性父性を放棄して育つ子供は、マイナス領域量が多く育つ21世紀の現象は、10歳までの子供の
成長を、地域の宝として、正しい地域が小学校の10歳までの期間、子供を1人ひとりキチンと正しく育てる
しくみシステムがなかっただけです。
就学前の保育園、幼稚園で、子供全員が集団の中で、全体最適、人格基礎基盤が正しく育つインフラと
専門の先生を、普通の先生の10人に1人配置する。私立以外は、すべて同一授業料で、設備維持のために
政府が予算補助をしするしくみが必要です。

本気で、本音で、21世紀後半の日本人の心身健全な子孫を多数にしたい本流の人の行動は、プラス量を
増加させる、よい種を蒔いていますか?  
大量の金融関連機関に、巨額な投入されたキツネ狸方式の紙をお札に変え、金融商品、株価の吊り上げ
操作資金、円安維持のための為替操作資金、海外利権買収資金、海外設備投資資金、海外ばらまき援助
資金等で、国内循環資金は、一部で使用され、金融機関は海外拠点に循環させ、国内の株価、為替操作に
活用し、上場企業の高額な、財テク勘定株の値上げで、数値上儲かる演出。円安演出で、貿易輸出関連
企業だけ、売上金額を数字的にアップさで、儲かった演出をし、金融関連機関だけ、海外拠点循環方式で、
大儲けをさせました。実体社会の、大企業の国内の設備投資はすくなく、中小企業もTPPで国内海外の
販路拡大のリスクが増加した時、生産増加、高品質化投資をする企業がある確率は少ない。素材原料輸入
価格がアップすると、海外競合企業は、利益が増加して、社員の給料が本当に上がると考えているので
しょうか?

東日本大震災、福島原発事故で、日本国民全員増税、消費税上げ、電気、ガス、食料値上げを言いながら
東京の一部の利権者だけが超大金が儲かる「世界で一番潤沢な予算資金があり使える東京都」だそうです。他の地域への資金援助思考が完全に欠落し、財政破たんへ加速する、日本国からさらに東京オリンピック
招致と開催予算を潤沢に確保するよていです。「世界で一番安全な会場」とのことですが、開催時、東京湾の
低海抜地域の会場、国が危機管理、地震発生確率が高いため、IT大企業と組んで、大金額を先行せ使い、
保守を目的で持続的に年間費用を支払ます。何か矛盾行動ではありませんか?
「世界で一番危険確率の高い日本で、もしその日がオリンピックの開催日なら、狭い地域全会場人どうなるで
しょうか? 日本が世界一安全という論理は何が変でないでしょうか?
もしオリンピックが、心身健全な人を育てるというなら、一部の利権者を超儲からせるより、日本国民の未来
の身心健全な素晴らしい10歳までの子供を多数育てるインフラに重点的に資金を投入しませんか?
極少数者のためのiP細胞、趣味の段階の宇宙開発の予算を、10歳までの子供の人格基礎基盤を育てる
インフラに資金投入しませんか?

21世紀後半 自国の育った子孫の価値基準・行動基準で蒔いた種の結果は 、現在の
本流の人の価値基準・行動基準の人数の分布と比較してよい方向へ変化しますか? 
貧富の差が拡大し、さらに寡占化し、心身健全な子孫の数が、現在の本流以外の人数より、
多数化し、現在のように多数決数で本流維持ができるでしょうか?

21世紀前半すでにある先進大国の多数決がマイナス方向の現実結果がはじまりました。
そのプロセスから推計すると「多数決・国家の本流」の方向が誰でも見える時代になりました。
最新先進国を使命とした国の推進力は、減速時代に向かう徴候がでてきました。
近未来拮抗する国が、すでに過去の歴史の再現を目指す大国として距離は急速に 近づいてきました、

現在本流でないグループの剛型行動の人数分布、総行動能力パワーは、情報量が「ゼタ時代」から
さらに増加し、集団組織の増幅量が短期増幅した場合、柔型行動優位の自国環境が長期安定時代
が迎えられる確率は 高いでしょうか?
既にある国々では、初期の本流逆転目的が変容し、群雄割拠する、小集団組織の部族単位で戦国
時代に入る徴候がでてきました。国家統一できる人が生きる時代まで柔型行動優位な国になること
が出来る確率は高いでしょうか?低いでしょうか?

21世紀の前半の今から、10歳までの子供の人格基礎基盤を、脆弱、欠落部分のない
正しい感性段階以上に育て、多分野・多要素を広帯域に育てる時です。
すでに育った若い世代は 汗をかく実体社会の行動訓練の中で、脆弱、欠落部分の
補填成長と教導が必要です。すでに、集団組織・企業に入った段階で、社員なら、
最初の新人時、1年かけて強制的に軌道制御し、個人評価だけでなく全体最適評価
する企業が増えてきました。
入社した社員の成長過程の異常帯域(感性感度)を個人別にチェックして補完的
強制制御の必要性に気づいた企業が増える時期がきました。



国費を投資した大学・大学院、国に市場を保証された大企業、金融、官公庁、団体、半官民型民営化
企業等は、地域、国の全体最適より、個人小集団愛を優先し、ほとんど日本国、地域、他の日本人の
全体最適とは何か、その必要性さえ多数気づけない、逆に多数排除消滅させる集団組織に成長して
きたようです。
20世紀の後半から始まった個人の異常帯域を持ち集団組織最適の中の自由の調整自己抑制の
必要性・「人間の尊厳価値」に21世紀前半の現在になった今でさえまだ気づけないようです。
21世紀前半は何でもあり「上限規制ゼロ、結果責任ゼロ、マイナス下限無限の情報操作誘導行動」
ができる時代になる、多数の日本人を排除する時代がくる確率は高くなりました。
「浮き草タイプの大人型子供」として多数成長する時間が止まり、人の価値基準・行動基準の脆弱
、欠落部分を補完的強制制御のしくみシステムを活かし、日本国民の全体最適プラス領域量が多い
方向へ軌道制御できる分野別人財の育つ人数が不足している現状を認識をする時です。

21世紀後半、実体社会を、汗をかき動く若い世代が、本流の中で多数化させることが、現在生きる
その時の子孫が、心身健全で、共に豊かな、中流家庭が60%以上の国の確固とした基盤を残し、
生き生きわくわく、子供から高齢者まで、全員働き、年齢にふさわしく日本国に一員として貢献し、
比べて学んで一歩一歩成長し、傍を楽にする(働く)しくみ、システム、人を育てる行動をはじめる
ための、成功確率が60%以上ある限界時間が近づいています。

現在、20年後までに打つ行動は、マイナス領域量が多く、日本、世界を奈落の底へ、合法的に誘導
する分野が増大し、多分野の制御型人財が、逆方向へ強制軌道制御しなけらば、現在の日本国、
現在の日本人の心身健康の維持の確率は低くなり、心身健康は日本人の数は減り、天変地異の
頻度増加を追い風に、日本国の財政破綻へ加速度化、世界が、キツネ狸の紙を貨幣に大量にかえ
変え、世界にばらまく、現在の貨幣価値のままの行動をいつまで容認してくれるか、日本への原料
供給価格がどうなるか、日本の国費で養成する富国殖産を支える予定の人財から、個人我の満足、
海外の国の人財として、国益とは逆の、国損型になりるしくみが誰でも見える時代になりました。


◎日本の地域(狭域)から、儲かるビジネスモデルを構築して、日本各地の共鳴、共振、共働地域へ
伝搬させ、地域が共に豊かに、安心安全で、心身健全な子孫が「自己実現」をめざし生き生き地域に
貢献することができるプラス領域量が多い方向である実体社会を見せはじめる時です。
日本の本流の大恐竜・恐竜優位な仮想空間情報操作は、日本人の全体最適方向と違うことを明確に
実体社会で見せることがひつようです。個人の態度、行動の方向、集団組織の価値基準(態度)と
行動基準(行動)の方向の狂いを地域一体化事業体の正しい価値基準(態度)、行動基準(行動)と
地域の人の価値基準(態度)、行動基準(行動)のよい事例を地域CATVで見える化し、相対比較する
と、日本人の中で「何か変だ」と感じている人は、誰でもすぐ違いと、本流の狂いに気づいた人は、
まず個人の態度(価値基準)がよい領域に変わりはじめます。汗をかき多忙に働きながら正しく徹底
訓練行動をして、習慣化してくると、人格基礎基盤の脆弱、欠落部分に気づきすり替えがはじまります。

地域(狭域)の成功エリアの増加と、成功エリア連携、エリア間の比べて学ん互いに成長するしくみ、
システム、人の標準化共有により、地域(狭域)の良くなりたい意志がある地域へ水平水平展開し
最初の段階の実現までの期間を短縮できます。

地域で育つ実務のプロ・熟練の制御型人財は、21世紀後半の素晴らしい未来を拓く行動をはじめる
時です。



 

 

商品一覧