開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

集中力を生む行動スタイルの方向

■集中力を生む行動スタイルの方向     130620

「脳構造機能」「心構造機能」を正しく活かす>集中力を生むライフスタイルの方向
      集中力を高める基盤
      集中力を生むライフスタイルの方向
   よい健康・よい集中力・よい決断へ行動





更新 2013年6月26日

人は心身の健康基盤が不調な(マイナス環境)時でさえ「集中力」を発揮できます。
その時の心身が指令したマイナス領域量が多い環境下から、意識してその人に
ふさわしい戦術を選択し重点集中行動をした場合 ある瞬間だけ プラス領域量が
多い方向へ自ら軌道を強制的制御が出来ます。

誰でも平等に持つ人機能の一つです。結果格差は、行動訓練量と相関します。

自力本願行動に徹する人にだけ与えられた 後天的成長できる素晴らしい特権です。
さらに、意識・無意識状態の時でさえ、潜在脳の人格基盤・本音が必ず追い風になるためです。

宇宙観、地球観、世界観(人間世界優位)、国家観、企業観、・・・観、その人の我欲の
大きさがプラス領域方向量が多い視点ならふさわしい使命感として発揮できます。

逆に、マイナス領域方向量が多い視点なら、地球、宇宙の最適さえ破壊する機能があります。

21世紀前半の情報量「ゼタ時代」に入り、情報操作で、人の集団組織がヒステリー型増幅行動時代に
入りました。
人間全数を100とイメージした場合、浮き草タイプ(価値基準の根のない+-領域を周囲の本流い合わせ
発言行動を「価値基準の逆転を、その場だけのごめんなさい・平然と朝礼暮改(+-の反転型)」行動が
容認通用する集団組織では、自在に価値基準を+-反転することができる人)の誰でも見える行動パターン
の大人型子供が55%以上に入った時代になりましたあ。その本人も周囲も、その行動パターンが何か
変だと気付けない人が60%育っている時の現象の一つです。
国家観視点でさえ全体最適領域が+50〜-50まで多数決で自在に反転できる時代になってきました。

多くの浮き草タイプの大人型子供は、自分が選んだ方向が、本流なら「躁」の時期、180度反対方向なら
「鬱(うつ)」の時期に反転し、自分が本流に乗る「躁」の期間が終わり、「鬱(うつ)」が長くなると感じた
瞬間になると 実現したい仮想領域が、実体社会で実現する量が少なくなり、不満足が累積をはじめます。
過保護の親両親が、人間の尊厳方向とズレタた子供に親両親に代り全力で矯正責任を持つ教師に、結果
責任を転嫁する姿が多数見えてきました。教導の必要(親、家庭の躾等が脆弱が欠落した部分)帯域の
子供は、「教師の生徒アンケートの最悪愚策想定」が火に油を注ぐがごとく、普通の子供さえ、マイナス
領域の子供へ誘導(悪貨の数は良貨を駆逐する現象)徴候が増えてきました。子供の煩悩、本能を社会
の中で抑制力が脆弱、欠落すると世界で異常行動(21世紀前半の普通行動で、55%以上の人は、ある
環境下で、何でも平然としてしまいます。弁護士は「心身喪失」を理由に無罪にできます。)
人格基礎基盤が脆弱部分がある大人型子供は、心身の健康基盤は脆弱で、「ストレス」という名目で、
多数疾病時代に入りました。自分で他人・環境責任転嫁してたった一度の人生健康に生まれた幸運な
生存価値に気づけず、感謝せず、子供も大人、高齢者さえ なぜ命を絶つことを急ぐのでしょうか?
すでに世界で誰にも見える段階(発生率10%以上の現象)になりました。最悪な現象は、周囲まで道づれ
にして、多くの傍を犠牲にしても正しいとする価値基準さえ見える段階になってきたのでしょうか?
なぜ「多様なストレス」の増加に「脳や神経」が耐えられずに、心身不調、疾病という現象で心身健全でない
人の数が、大都市部、都市部に急増し、全地域多数化方向へ増加をする時代になったのでしょうか?

21世紀後半 プラス領域量が多い行動ができる人数が多数化することが、
子孫繁栄の方向の一つです。


◎個人の成長過程でできた、価値基準行動基準に左右される量が多いライフスタイルだけの
「脳や神経」のよいコンディションづくりの方向は、集団組織のプラス領域量を多くできるかどうか
50%の確率となり、逆に、人類にとり、地球を破壊する、マイナス領域への誘導確率も50%段階に
なってきたようです。大恐竜が絶滅し、微小生物へ交代した時の環境と「脳の巨大化発達慢心」環境
は 似た徴候かもしれません。 

正常化・プラス領域量を多くする方向へ、集団組織を軌道制御するためには、多分野の制御型
人財が、「脳や神経」をよいコンディションを「普通」の状態に維持できるように自分にふさわしい
何時でもどこでも、どんな不調な時でも「集中力」で瞬間軌道制御のトリガー機能を発揮できる
ように「パワー全開」するしくみを構築する時です。

あらゆる日常行動の中で、必要な場所で、必要な時、最大の「集中力」を自然に発揮できるように
なり、傍を正しく軌道制御し、集団組織の増幅機能をプラス領域量が多い方向へ、誘導できやすい
目的で、世界の10歳までの子供を正常な人間の尊厳にふさわしい大人の広帯域感性に多数育てる
いくみが必要です。その突破口テーマは、農林水産業、誰でも行動し熟練度(普通の脳でよい領域)
が年々アップし、子供の成長段階で、知恵、知識が行動しながら増加できる「いきものづくり」の環境
の中で育てると、生物多様性、地球内循環できるものと、永遠に地球内生成も、破棄もできない異常
物質の正体は誰ででも気づけます。地域の危機管理、スマート思考で発達してきた狭域型地域密着
CATVを活かすと、21世紀前半すでに世界であらゆるバラバラ要素があり、多分野の制御型人財が
統合統覚行動をはじめると、21世紀後半の人間尊厳基盤のしくみシステム構築と、必要な人数の
人の質量を育てる時間がまだ可能な「チャンスの女神」が、近づいてくる段階です。

21世紀後半の人格基礎基盤が正常な広帯域を持つ多数の人を育てる黒子人財として、
もうちょっとあなたが「集中力を生む行動スタイル」の方向へ軌道制御することを待望!
 

 

 参考書籍例

ビジネスに活かしたい人は、著者が、どんな成長過程でその当時主張したのか背景を知る。
現役時代 その人の成長段階のピークの頂点時のノウハウを学ぶことが情報量「ゼタ時代」の過去のブランドから匠の領域のノウハウを学ぶ着眼の一つ。

現在のその人の頂点と比較して質量変化段階はわかりあません。130620ms



 


 書名 奇跡の集中力 頭がどんどん冴えてくる     
 著者 高橋 浩(たかはし ひろし)
 出版 PHP研究所   発行 1982年3月4日 

 著者紹介
   1925年愛媛県生 旧制新居工専(現愛媛大学工学部)卒
  当時 NHK中央研究所教授
  多年、創造性開発、人間関係などの講座を担当
  NM−T型など各種発想技法や教育訓練ゲーム、頭の健康体操の開発者
  として知られる。
  また現代禅として、禅を現代的能力開発に活かすことを研究中
  著書 「ひらめき禅」(講談社)、「休眠脳を起こせ」(徳間書店)
  「頭の健康法」(日本実業出版)、「ひとづきあいを財産にする法」(大和書房)等

 表紙抜粋
   全公開・頭脳活性化のノウハウ
   ビジネスの成否を決めるのは「集中力」だ。
   禅と現代科学を駆使して、誰にでもできる
   「頭脳のパワーアップ法」を網羅した待望の書 
 

行動の視点からの誰でも共通にあるパワー大先天性

















 


人間には、自分がふだん気づかないが、不思議な能力がある。
目的を持って行動すれば、成功確率の高い方向の新たな具体策が
浮かんできます。
目的達成方向の軌道にふさわしい知恵が湧き出る、人間が過去から
成長できた人間の尊厳の存在因子を誰も平等に持っています。

自分を信じ、自分のたった一度の人生を大切に生きる行動が突破口!


1.病気や、けがを修復する力  ・・・・自然治癒力(身体基盤の力)
2.悩み、怒り、悲しみ等を鎮める力・・・右脳、左脳マイナス領域を抑え、プラス領域
                       へ向かう力
3.ものを感じる力・・・右脳領域の力
4.ものを見分け、聞き分ける力・・・・左脳領域の力
5.咄嗟(とっさ)に危険を避ける力・・・「火事場のばか力」(潜在脳の反射行動)
6.バランスをとり、まわりと調和する力・・・人が集団組織の中で最適行動の遺伝子                         レベルの知恵
7.はじめて出て来たものものを覚え込む力・・生まれた赤ちゃんがゼロからスタート
                          する人の遺伝子レベルの知恵
8.他

このようなパワーは、自ら意識し、力まずとも自然に出てくるもので、大先天性というものです。誰でも平等で生まれながら持っています。
後天的に機能成長しますが 成長過程の規制で脆人格基礎基盤が、大人段階で正常に育ったほとの広帯域感性と異なり弱か欠落してしまった、機能を、「もうちょっと」訓練して活かしてみよう。

こういう力をパワーアップする機能が 「行動タイプの集中力」です。

仮想空間の集中力(CP活用も含む)では、実体社会は、時間軸で変化しません。全て、人の行動(集団組織増幅行動)を通して実体化できるだけです。

 

 創造力の原点















 

創造は最後は直カン(感・観)の形で得られます。
そういう直カンを得るには集中力を磨き上げる訓練が一番です。
「訓練は実戦のように、実戦は訓練のように」 

仮想空間だけで要領よく実体社会で発揮できない「機械機能」と異なる「人機能」の特色の一つです。 糸の切れた浮き草は、糸を要領よく無限に乗り換えても、最初の山のふもでうろうろしているだけです。高い山を眺め、夢想する段階で人生を不満(不健康な心身状態)充満で終わる確率は高い。

汗をかき、瞬間は「ムダ行動」に見えても、体得した行動能力は、常にプラスαを付加すれば一本の「くもの糸」を登るがごとく、成長できます。
まだ下で登る人たちに、通った成功確率の高い方向の一つを継承することができます。

総目的量にふさわしい訓練行動総量を超え溢れ出る自然な行動ができる段階までの訓練が必要条件です。実戦は「あれ、出来てしまっちゃった」となる段階がきます。能力は能力といっているものすべての、ポテンシャルパワー(潜在力)です。

ヒラメキや直カン、あるいは、感受性、洞察、分析力、あらには 学習や仕事の能率、スポーツや勝負事や芸ごとのカンといったものにしても、その働きの違いは「集中力」が鋭いかどうかの違いによって決まります。
 

集中力の発揮には 



 

1.「集中力」そのもののトレーニング 適切な手順プロセスの行動反復量格差
2.「集中」を妨げるもの、たとえば「イライラ・くよくよ」という頭の不健康状態を取り除き、あるいは、心理的、物理的環境を整える行動をする必要があります。
3.頭だけの仮想空間だけでは、実体は何も変わらず、逆にさらにその時に限り次々と「イライラ・くよくよ」する問題が重複し、心身破壊寸前までなる時もあります。
 

「集中力」トレーニング例






























































 

◇日常の坐禅では
坐禅の作法プロセスで集中力を徹底的に鍛えると人の心の痛みがわかるようになります。銀の匙を咥えた生まれた「晴れ型成長過程」の人格基盤で、脆弱か欠落している領域の一つです。
坐禅に一生懸命打ち込んでいると、集中力があるレベルまで高まった段階で、業務の現実界の戻ると、普通では聞こえないような音や、社内の情報が飛び交う内容が人別に聴き取れるようになります。自部門で、何がどの程度進行しているか、プラス状態か、マイナス状態か、感じられる段階がきます。多くの目の前の文字情報の中で、魚眼レンズで見るように、自分の周囲の状況が見える段階がきます。

八方へ向かう集中力=方中力 は、吐く呼吸の数、吸う呼吸の数に意識を集中徹底しているのですが、周囲八方の環境を感じることができ、人の呼吸、線香のくゆる音、僧が動く状態が、半眼の中で、感じられるようになります。内外、四方八方へ向かう意識の現象である「円滑(えんかつ)現象」の訓練法の一つです。

行動に関連する要素を事前に段取りよく八方に準備できるようになると、行動する段階で「先行経験」が成功確率を高める方向であることに気づけるようになります。
その累積がある段階になると、行動する前に、八方に最適な先行準備・布石が出来る段階になります。
業務がタイムリーにスムーズに、傍の人も自然に協力する「柔型行動」の成功体験が小さい分野から始まる段階がきます。「あつ、出来てしまっちゃった」周囲の協力者は、99%以上 自分が貢献した結果と評価します。黒子機能の極致で、黒子の存在に気づける人は 私の前にはわずか故人の恩師の2名でした。1%以下しか現世に存在していないかもしれません。周囲への評価の期待をゼロと見做した段階から、素晴らしい「円滑現象」「先行経験」の機会に出会える素晴らしい体験が待っています。育てた多数の傍の多数の人が生き生き、わくわく活動する姿を見ることができる段階がきます。
自然のリズムに乗ると、「空」の中に、重点集中行動の方向が「ヒラメク」段階がきます。多くの行動体験累積の中(火事場のバカ時からの上限を決める、総能力量と相関)から、「バカ力=ヒラメキ」が目的的に出てくる段階がきます。

◇知能指数を高める集中力
・持続時間は30分〜40分が限界
・テキパキ、テキパキ 学習能力、仕事や勝負事における能力発揮
・集中力は、段どり段階の 準備、手順、環境条件の整備の質量の総能力量と相関
・脳の病気でない限り、人間の脳の容量に大差があるわけではありません。
受け取る情報量もトータルでは違いがあまりありません。

情報量をいかに有効に、よい質・量を一点に、あるいは、一時に集中させるかどうかが 成功実績格差になります。

1.太陽光(情報)が「虫眼鏡」を通して焦点を結ぶプロセスをイメージする。
レンズの本来の屈折率(人はほとんど同じ)
レンズのくもり・よぼれ・影、虫眼鏡の固定ブレ、屈折後の距離合わの集中力の時間差のために、出来た光の円の大きさ、ピンボケ、光の正しい位置(核心)からズレ(ピンボケ)等の現象があります。
この現象は「心のわだかまり、先入観、思い込み、悩み、他力の影響等がある」場合、正しい情報が、全体にゆがみ、焦点がはっきりしないピンボケ情報になる確率は高い。

2.自分流の集中するためプロセスを 日常頻度が多い基本動作の中に組み込み訓練行動をする。

3.心身の調子が良い日は 結果的に集中する度合いが高い。
・「心身の調子が良い」状態を普通の状態にすることが、集中力の基礎基盤
・調子がよいと有頂天になると 「晴れ型」調子に乗り、「曇り型、雨型分野の感度が鈍くなる」つまり細かいミスに気づけず、想定以下の結果が出る確率は高い。
・調子が悪く、有頂天、絶好調時気付けない、重要なマイナス領域量を多くする問題点に気づき、キチンと意識して対応する日常の訓練ができている領域が多い場合、周囲の人は、「絶好調」と評価する場合が多い。「普通=曇り型:晴れでも曇りを想定する」で行動すると、プラス、マイナス両方の問題を適切に対応できるためです。
・調子が悪い場合は意識的に「調子がよいと瞬間感じる」ように切り替える基本動作を身に付ける行動訓練をする。
例 うがいをする ⇒ 口の中の頭の下を刺激 ⇒脳によい刺激となる
  少しでもも眠気があるとき ⇒ 冷たい水で2〜3回うがいをする
  調子が悪いときの脳は、熱をもっているため、冷やす方が効果的で、
  前頭に「熱サマシート」を貼るのも効果的 
 

物療法的大脳活性化法









 

心身を良いコンディションの方向へ向ける行動スタイルを変える方法

1呼吸法
・禅、ヨガという古来の修行法
・中国の仙道の呼吸法(のちに気功療法に発展)
・八段錦の呼吸法
・比較的新しい 岡田式呼吸法、藤田式息心調和法、西野式呼吸法

共通 意識腹式呼吸
下腹をへこませながら息を吐き、息を吸うとき、下腹をふくらませる呼吸法(丹田呼吸法)。意識的に ゆっくりと、均一に行うコントロール
(1)脳への酸素の供給を大きくする
(2)自律神経の働きを調整し、身体全体の働きを活発にする。
(3)心を安定させ、澄みきった意識をつくり出す。
 

「集中力」の「動機づけ」






























 

人は日常の基本動作行動の中で、心身の不調信号を発信しえいるため、制御型人財は、周囲の人のセンサー感度をよくして、不調でも、健康な人のプラス領域量が行動様式へ、周囲のよい体制に合わせ意識して行動させる工夫をする。小さい成功が、心身の不調から脱出できる良薬であり、不調の人を奈落の底へ突き落す怒る怒鳴る、同情方式のカウンセリングは、麻薬や毒(悪化する薬)になる確率は高い。

1.人間の蓄積した全総能力を1つに集中すること
2.全機能のアイドリングをしてフル回転できる準備をする。
身体の機能の「ツボ」を起動させる
3.機能分野 脳の活性化法
(1)呼吸法 新鮮な酸素の供給と、CO2老廃物の排出量を多くする。
(2)ツボによる身体機能をよくする起動スイッチ(指圧法、ツボ押し器具使用)
百会(ひゃっかい)、天柱(てんちゅう)、頭推(とうすい)、天よう等

(3)手にひらと手指の刺激 (昔のクルミ握りや同等の器具を使用)
手、指につながる器官の機能を活性化させる。
(4)あごの運動と発声(鏡の前で顔面運動、発声訓練
口、あごの運動 頭の切れに関係し、言葉と頭の回転の結線の異常、調子が誰でも接する期間が長い人は気づける方法
(5)唱和 (個人集団組織の増幅量の調子に気づける方法)
自分勝手な発声は許されない
@まわりの人の声のスピードや調子をよく聞く
Aそれに合わせるように発声する
B1人だけ調子はずれな声を出すことになる。そのために、知らず知らずの間に相当な集中力を訓練でしる。 赤字拠点、黒字拠点を比較して聴くと、明確な違いがあり、同じ拠点でも営業パーソンの人数が60%以上の場合は、よくわかり、個人の結果も朝礼終礼と比較するとわかる段階がきます。
C朝の「おはようございます」の声掛けで、その日の仕事のノリ具合の準備状況の本音が観える方法の一つです。「おはようを言う」人数と、部門の業務効率と相関が高い。
特に内勤の女性の声のハリは毎日変わり、化粧服装でもライフスタイルが観えるため、心身の不調が皮膚に現れ、化粧の載りにでてきます。女性のリーダーが、黒子役で、健康な生活習慣方向へ、ビデを映像等で、一般論として間接的アドバイスのしくみをつくる。個人アドバイスは、プラスかマイナスにわかれ、70%以上よくする方向としては成功確率が低く、新人の多くが、マイナスの人を真似、正当化する傾向が強い悪貨を個性自由と崇拝型歪の時代になってきました。男性は、中性化し、何も言わず陰でブツブツ時代の陰湿型が増えてきました。
 

 古人の集中力の鍛え方













 

 先人の知恵を教わる。「集中力」アップのプロセスをトレーニングする
生死にかかわる限界の集中力を必要として軍隊は 知らずに誰も身に付けていた。
(1)手と足をそろえて歩調をとって歩く
全体に合わせるために、集中力を相当働かさないと出来ない。
全体最適の戦闘場面で分担行動をする、とっさの時に役立つ
(2)弓道、剣道、禅の修行
積極的に日々鍛えられている。
・弓道 弓矢に心身の呼吸も含め全神経を集中させ、移動させ、的を的確に当てるプロセス訓練
・剣道 こよりを杭の上に置いて、上から刀を振り下ろし、真っ二つに切る寸前で止める訓練
・禅の修行 食事の作法は極めてうるさい。特に音(食器や食物をこすったり、飲み込む音、しきたりというだけでなく、きわめて注意深く、集中力が自然に鍛えられる。
(3)一般のお作法  
作法は歩き方、坐り方、おじぎの仕方等、規則を守る ⇒全身に注意 ⇒集中力が自然に身に付く
(4)何かを唱和する
みんなで集まって一斉にお経を読む、唱歌を歌うという、合わせるための集中力が身に付く
 

 生活の中での集中力練磨の工夫














 

1.伊藤一刀斎の「夢想剣」の神意  平素の訓練
刹那に感じ ⇒ 判断し ⇒行動する  3つが 何のずれもなく、即一的に動く
超人的感受性 ⇒「心身一如」の働き  平素の修練の極致

2.専門家 敏感性の帯域の存在し、分野別に固有の敏感性の感度を磨く 
・音楽家 ⇒ 音での敏感性  多数の音源の中で狂った音源に気づく
・経営コンサルタント ⇒ 経営情報への敏感性 
潮流変化の中の最新情報源に気づく
・電気 ⇒ 電子 ⇒ IT への段階的進化の敏感性

・何かに徹して慣れて「好きな領域」になる  「好きこそものの上手なれ」
車が好きな人は、自動車のエンジン音の変化に耳で気付き、故障かな「なにか変だ」と気づく 故障の前に、処置できる。
人が書いた伝票(入力した伝票)を個人別に何千枚と見ていると、書き方、入力ミス頻度の人災クセに気づけるようになる。伝票と人の性格とつなげる興味面白さに気づくと、データ入力総合計がミスの原因探しのとき、Aさんの中にある確率が高く、身体不調で、人災を起こした日の部下の中にあることが匂う感じられるようになる確率は高い。コンピュータの入力ミスは人災の一つの現象で、日常の基本動作、伝票入力でさえ相関があることに気づけるようになります。手書きの時代は、100%近く精度が高かった。

3.練習 技術的な面を細かく磨く
・当面する業務に徹すると その中で本人の心をも強靭に育んでくれる。
・その業務の体得密度が高くなる
・総機能統合の集中力は、本番で、プラスαの行動が生まれてきます。
準備と勉強、訓練の反復練習は 技術面的な面を細かく磨くだけでなく、本人の心をも強靭に育んでくれます。この状態で本番に臨むと自然体でプラスαの気づけなかった能力を発揮できる段階がきます。
スポーツ、音楽の分野では、多くの事例が公開されています。 
 

 一流レストランの「匠、職人、達人の日常行動」発想事例



































































 

1.その道一筋が匠、職人、達人へ通じる
2.匠、職人、達人の傍で真似ぶ
3.プロ中のプロに付くことがプロへの早道
4.プライドを捨てると吸収も早い
5.人を育てようと意識した時、自分も育つ
マニュアル、聞けば教える、過保護な教えでは、自分以下の人しか育たない。
教える目的で戦略人財育成のために後姿を見せ、矯正部分を直接教導し、成長を待つ。無精卵の60%以下の人は、自力で育ってこない。よくて一流モドキが上限です。その人の10歳までの人格基礎基盤の中で、後天的に自力で育ちにくい領域があるためです。普通以上を期待し育てると、多数の失望を味わうだけで、スタート時、原石の時代に選別した方がよい領域です。 130620ms
6.上からの指示は 「ハイ」でまず全うする。
7.与えられたことは、否定してかからない。まず行動する
8.やってみる、まずやってみる
9.人との接点が広がりとなる
10.ワガママな人、難しい人との対決が大切 避けて通らない
11.自分でできないことはない、出来た人からその成功のプロセスを吸収する
12.モノへの思いやりが大切
毎日使用するモノも生きもの、毎日最高に機能するように、整備し、磨き上げておく。厨房の復元最後の状態と、次の朝の段どり準備で次の日のモノが生きてその人の手足の代行機能を果たすかどうかがきまります。モノも自分と同体意識が必要
13.「おもてなし」の気持ちをつねに忘れない。
ホスピタリティの「心」の格差が、日常行動の誰でも見える基本動作の大差が観えます。60%以下の人は、誰でも見え、誰でも行動しているため、微差に気づきお客様満足度を増幅できる、コストが少ない(微差が見えるしくみは演出は必要で感動を増幅できる)

14.素材に対する愛情を持つ。
たかがご飯、されどご飯、毎日誰でも食べるご飯、日本で最高の米と水分量に合わせた調整でおいしいご飯は、よい悪い誰でもわかる。コストダウンにコメ質を落したレストランの客数の顛末はどうなりますか?

15.作品と会話、過程での言い聞かせ合い
16.作っている過程を楽しみ、常に新らたな発見と感動を探す。プラスαの改善はメニューカイゼン時に反映させる
17.仕事はすべて、妥協によって成り立つ
その日の調達食材のコスト下限で、最適なものにする店の業績を意識してひと捻りの工夫をする。 コスト無視の食材にこだわる人は、匠・職人モドキ止まりの人。
どんな最悪環境でも最善のものをお客様に提供できる許容量・器量が「匠」の道

18.夢を持ち、目標・目的を持つ
19.探求心、好奇心、やじ馬こころ
20.発想とは経験と体験の積み重ね
21.見るモノすべてが発想源
22.見たモノ、聞いたモノはすべて残像として累積
23.残像+新しい素材=新発想
24.他との差別化
25.素材からのアイデアをだす 
最高の素材を常に安定に安く調達するために常にプロの各素材の生産者と連携しWin−Winの関係となり、新素材のお客様への臨床検証の場を提供する。
26.発想は飲んでいるとき、食べている時
評判のよい、単価の高い、安い店を日本、世界で食べ歩き、現在の店で可能な上限と客層を意識し、未来の客層の拡大も想定して行動する習慣ができると、素晴らしい新メニューに次々と出会う感動が始まる段階がきます。
レストランで働くパートの家庭の主婦は、旅行の積立金と店の補助金で、1泊2日の自分たちが一度行きたいレストラン、旅館、ホテルで、ちらっと厨房を覗いたり、接客の下限実験を分担でしたり、楽しみながら、想定外のすばらしい行動をして、1段階成長した、店での態度が変わります。(店が繁盛すれば、パートの時間給のアップと連動するしくみにすると、さらに効果が高くなります。)

27.現場こそ発想源
28.理屈じゃない、理屈は横に後から考え 今が大切・今に徹して行動
29.終わりを決め、それに合ったスケジュール
お客様の要望で、スケジュールが早くなった場合、終わりから逆算し、出来ない工程は、他のレストランとWin−Winの協業連携していれば、どんなお客様の無著も対応できます。店の最大上限処理能力を、各分野、人の仕事配分等把握しておくと戦力不足、人不足を自社、他社を活かして最適対応ができます。

30.常に次の手を考えておく
いつでも次の手が打てるように、人を訓練し、多能工型業務体制で重点集中行動ができるように日常訓練しておく。連携業務のつながり部分を補完できる全体最適の心配り、気配りができることが普通に育ておく。マニュアルを見せるより、その通りにできる平均的レベルに全員を育てると、時間での仕事の波を平準化できる。

 

 日常の基本動作を「集中力」の訓練に活かす


 

 集中力を鍛える手がかりとして、昔の人がそれとなくやっていた知恵、あるいは名人、達人あちが、それぞれの環境の中で古風していた不法等の中で、現代の日常の中でできるトレーニング法
1.聞くことによる集中力訓練法
2.見ることによる集中力訓練法
3.考えることによる集中力訓練法
4.身体を動かすことによる集中力訓練法
 

1.聞くことによる集中力訓練法

























































 

 ◇聞き耳を立てる
日常なにげなく物音を聞いているが、その中で異常な、あるいは興味ある音(声)を耳にすると、とたんにその音だけがよく聞こえるようになります。
集中力の高い人は、その対象の音だけピックアップするスピードが早く、またその音を聞き分ける、あるいは聞き取る力も大です。さらに持続してその音に注意を払うことができ、ついにはその音に自分を没入することさえできます。
聖徳太子が、大勢の人の話を同時に聞き取ることができたようです。
神道には音霊法という、音に集中することによってえ超能力を身に付ける訓練法があります。
(1)メトロノームによる集中力訓練  単音聴取法(初歩) 
何かに聞き耳を立てる方法として「メトロノームの音に聞き入る方法」があります。
1分間に60〜70回(自分の心臓のリズムに合わせるとよい)カチカチというように調整。位置は、自分の身体から1mくらいはなずのがよい。慣れてくると10mくらい離す。聞く時間は 5分ぐらいにして、その間万事を忘れて、徹底集中する。
目をつぶり「カチカチ」という音に聞き入る。集中の訓練だから、ふだんよりいっそう注意深く、いわば聞き耳を立てる。
一生懸命集中して、「カチカチ」の音を聞き入っていると、だんだん音がおおきくなってきて、歯切れもよくなってくる。そしてしまいには、音がメトロノームからではなく自分の両耳とか頭の中、あるいは胸の中kで響いているような感じになってきます。
そういうときは集中徹底により、感受性が高まり、金属のかすかに振れ合う音や、音が部屋の壁などに当たって跳ね返る音なども聞こえてきます。
慣れてくると長く30程度なでしますが、自分に適した時間を選んで、1日1回〜2回づつ集中訓練をする。
(2)自然の音を聞く 複合聴取法(2段階)
きくことによる集中力トレーニングとして「自然音の聴取」する 「自然音は音源が複合しているため複合聴取法」という。
外に出て、何を聞くともなくじっと耳をすましていると、色々な物音が、騒音として混じった混合音の中から色々な音が聞こえてきます。走る車の音、鳥の声、人の話し声、器物のふれあう音、木の葉が振れ合う「カサカサ」という音、歩く人の足音等や、もっとかすかな、虫の羽音とか風のうなり、干し物のはためく音、付近の人の呼吸音さえ聞こえるようになる。最後には、自分の心臓音まで聞こえるようになります。聞(聴)く時間ははじめは10分ぐらい、何人かのチームで行い、聞こえた音を記憶し、後で報告してもらうと、自分の集中度の相対比較ができ、さらに集中力を高める訓練ができます。
(3)人の話に耳を傾ける  (1)(2)で集中力の基礎訓練ができるとさらに効果的
「人の話に耳を傾ける」というのは、日常的にもっともやりやすい訓練法です。
カウンセリングを職業とする人(カウンセラー)は、相手の話に集中徹底し、全身を傾けて聴く。(聞くより意識的)こういう聴き方を「積極的傾聴法」といいます。こういう聴き方をすると、不思議なこおtに相手しゃべっている言葉だけでんなく、相手のいま抱いている気持ちがジーンと伝わってきます。人間は往々にして、自分の気持ちをそっくりそのまま口に出してしゃべっているわけではない。たとえば「ああ、そうですかかねぇ」という返事は、いちおう、納得しちょうな表現ですが、最後の小さな、聞こえるか聞こえない「ねぇ」は、納得していない、不満の気持ちを表している行動です。「抑揚」の中の本音に気づくけること、相手の態度の変化を聴き取ることが必要です。人付き合いの上で大切な能力を会得する研修にやくだちます。
経営コンサルサルタンとは、経営者・経営幹部の本音を聴き出し、協力する役割のためプロと素人の技術差は大きく、その提案価値も大差になります。
自部門の同僚のクライアントとの電話の応答は、経営コンサルタントの基本能力である少しの話の切り口で本音を次々と多面的に聴きだす手法を生で聴ける日常訓練の場でした。クライアントの評価が高い人を重点集中して聴くと、クライアント企業、その企業への訪問経営幹部、経営者と面談し企業の現状を知り、経営数値分析をしていると、今何が進行しているのか、本業を集中しながら、同時に無意識で聞き取れ、意識したっとき、「あれあのこと」を、誰としゃべっていたのか、「うまい解決策を提案した案だな」ときづける段階がきます。
営業部門は、すばらしい業績貢献者人財のコミュニケーションのよいやり方を学ぶことのできる最高の訓練の場です。社内の訪問情報のイントラネットを活かし、高単価物件で上司、社長、役員との連携した成約プロセスの成功プロセスを学ぶチャンスが沢山あります。人の話を「目的的に」聴く訓練は、音楽を聴きながら勉強ができるパターンと同様に、本業に集中しながら、同時に無意識で聴こえてしまい、少し、本業の集中力が弱まった時、聴こえた声の断片が浮かんでくる不思議な人の機能が誰にも有るようです

・聴き方の練習法
人との応対に自身が持てない人は、多くの研修手法から、自分にふさわしいものを若い時代に徹底訓練し、体得した方が、未来の人生を拓く確率は高くなります。


 

2.見(観・診)ることによる集中訓練























































































































































 

 ◇物をよく見る、モノをじっと目をこらす。このような動作を続けることによって集中力の訓練ができます。
哲学者のカントは集中を練るため、毎朝、自宅の窓から見えるに樅の木を、何分間かじっと目をこらして見続けたようです。
(1)振り子を見つめる 「シュブリエルの振り子」自己催眠のステップ
リラックス ⇒ 注意集中 ⇒ 繰り返し、繰り返し、リズミカルに暗示語をとなえる。
「動く、動く」とやってみる。日によって反応が違い、集中力が強まっている、つまり頭が冴えているときには、早く藩王氏、大きく動くが、そうでないとくは反応が鈍い感じがする。
(2)じっくり観る
何か手近にあるものを、ときどき、いうもより注意深く見てみる。人間は平素、物をよく見ているようで、本当はよくみていない。なんとなく見ていることが多い。

何でもよいから木の葉っぱを1枚とり、手にとっていつもより注意をこらして、じっくり観察するように観る。細かい葉脈、まわりの緑色等、丹念に観察する訓練をする。その結果を報告させ、相対比較すると、細かさに格差があり、細かい人のレベルに観える段階まで訓練する。
街を歩きながら、「商店街の消費お潮流」、会社訪問し、見学しながら会社の社員が日常見落としている、ムダの発見」等、物事を注意深く見るクセがついてきて、集中力も自然に高まってきたことに気づく段階がきます。とくに、競合他社、業界トップ企業を訪問すると、自社を細かく観ている習慣ができた経営幹部は、瞬間で違いに気づき、人の行動効率、動線の違い、カイゼン意識の違い等感じることができ、自社の勝つための改善方向に気づける確率は高い。新規事業開発のための自社関連分野で、まだノウハウがすくない場合、実務の制御型人財を、目指す業界団体に参加させ、最新企業の見学を現地現場で観るだけで、自社のプロセスのグランドデザインが描きます。世界の特許、世界の先端事例を学び、見学できる機会があると、「わからない、自社にないことが明確に鋭角的にわかる人財」であるため、関連分野別でプロジェクトを組むと、21世紀前半の情報量「ゼタ時代」小回りのきく、中小企業は、市場を限定し供給ハングリー型で、ノウハウを短期で累積できる確率が高い時代がきています。とくに、地域の高専、大学、大学院の若い人の先入観、企業先例価値観が希薄な時、実務の制御型人財との産学連携の未来事業のグランドデザインの具体化に有効性が高い時代がきています。観て感じ、今不足するノウハウは、真似したで、短期で60%以上埋まります。行動の小回りスピード制御ができるため、プラス領域量を多くできる確率は高い。

(3)イメージを見る ヨガの瞑想法の手法を応用する。
仮想空間で、業務の事前シミュレーションを映像を描きながら、現実のプロセスの時間軸を動かしながら行動の結果を予測する手法。 
野球のようなチームプレーの中の選手の動きを、試合の前にイメージするプロの監督の手法と似ています。(サッカー、ラグビーのような、人の動きが速く、偶然性の組み合わせスポーツでは競馬の博打予想と同じで、他の競走馬、対戦相手の選手の連携の偶然性があり、能力が拮抗した選手の対戦ではわかりません。
@椅子に楽な姿勢で坐り、全身の力を抜いて、ゆっくりとくつろぐ、次いで、目をつぶっておへそのあtりに注意を向け、ゆっくり呼吸をして、だんだんとうっとりした気分になってくる。うっとりして、だいぶよい気分になったと思ったら、今度は自分のつぶったまぶたをじっと見つめる。はじめは暗くて何も見えない感じだが、じっとひとみをこらして見続けると、まぶたの裏が少しづつ明るくなってくる感じがします。そういう状態の時に、○が見えるとか、△がみえるというふうに思って(自己暗示して)、今懸案の現実のテーマを描いてみる。登場人物、経営資源の現状を描いてみる。
映像イメージで、映画のコマのように、色々のコマが浮かんでくるようになります。
Aおおまかな具体像を見る訓練
Bおおまかな風景をみる訓練
C人物のいる風景を見る訓練
D言葉による連想的イメージを見る訓練
Eイメージの合成の訓練
F抽象像を見る訓練
G臨場または転換の訓練
自分が、その中で役割演技をし、経営資源、人を、懸案の課題解決のためにしたい行動の内容を、時間軸でコマを移動しながら動かしてみる。
ある程度のフレーム、プロセス、人の数、人質レベル、予算、競合他社との拮抗の度合い等実体で必要な要素がイメージ化できる段階になると、複数の腹案の予測を描けるようになる。
H実際の懸案の問題解決案としてグランドデザインを描いてみる。
多くの日常最新情報、現状の姿を、日常多数見(観・診)る総量で、イメージを見る能力格差は大きい。
私は、子供時代絵が好きで、賞をもらった体験があり、機械設計、3次元CAD等の好きで短い期間の体験でしたが、2次元の図を、3次元でイメージで描ける訓練をし事務所、工場、イベント会場、懇親会会場等のレイアウトも含め頭にラフですが描ける段階になったため、仮想空間を実体空間と整合させたシミュレーションができやすくなりました。多くの直面する仕事に「ハイ」で次々体験できて、何でも好きになると、「好きこそものの上手なれ」、ラフな、ファジーでアナログですが、経営者、経営幹部への未知の提案には苦労しませんでした。多くの後輩を、同行させて、真似ようとしましたが、3回同行しても、提案の同一パターンがないので、上司命令でも、100%の人があきらめました。噂が先行し、全社研修会や、主催セミナー、勉強会等で一部、普通の人のできるレベルを80%残りの20%で、初めて聞いた内容が多い部分を話して終わりました。行動しない要領よい人より、汗をながし苦労しもがく人は、行動しながら訓練し、ふさわしいものに出会うことは誰でもできます。
商いは「あきない」こと、行動を続けると、次々と、想定外の解決テーマに直面できます。高い壁も、超える総能力量が累積できると、必ず壁を超える時がきます。

(4)残像を見る
多くの訓練法があります。基本から訓練してみてください。
残像は、過去の結果を題材に、経営資源、競合他社、人も含め、時間軸でコマで頭にイメージ化し、カイゼン方向を探すシミュレーションに活用できます。

この手法は、歴史を題材に、プロセスが、時間軸で描かれた小説を題材に経営戦略戦術戦闘、人の動きを分析できる訓練ができます。歴史小説のストーリーを頭に描き、フォーム化したフレームプロセスで、手書きで分析すると、良い種を蒔いた結果か悪い種を蒔いた結果が、見える感性が身についてきます。企業の成長過程、経営者、幹部、価値基準、行動基準、経営資源の変化、時代の潮流等、パターン要素決めをビジネスゲームより、実体社会の予測分析の精度確率を高める経営コンサルタントのプラス領域量が多い、現状肯定型、今の総戦力のよいとこ活かしの戦略で、必ずよくなってしまう方向を探すとき役立ちます。現状否定型、経営者が言ったようにやらない場合倒産は当たり前、倒産は、成長の肥やしと社内で公言するグループの机上優位の要領のよい情報切り貼り細工の経営戦略と、明確に異なります。
中小企業が生き残るために、制御型人財は 情報量「ゼタ時代」どちらのタイプの経営コンサルタントや、多数の上場企業大企業優位の情報の中から、自社のプラスになる情報を選択しますか?

◎時々、原点回帰する目的で何回も読み直している経営研修の題材例
・「新書太閤記1」吉川 英治(六興出版) 普通の人が解決できない難問を 新たな視点で織田信長(ワンマン経営者)に意見具申して木下藤吉郎時代が先例にプラスαを付加した行動とその成功結果の評価
・「坂の上の雲5」司馬遼太郎(文芸春秋) 
 203高地「専門バカ、ブランドバカリーダー対策」と、「短時間重点集中行動」
・「八甲田山死の彷徨」新田次郎(新潮社) 
プロジェクト型リーダー、全社型リーダー比較と国家規模の場合の結果評価 
・他

どの本も、時系列で、プロセスが進行し、よい種を蒔いたか、蒔かなかったか、すべて人が結果を決める主導者であり、小説の中の登場人物の動き、価値基準、行動基準で具体的に変化する「残像」を見る訓練に役立ちます。
この内容を、実務の問題解決の予測訓練です。
その方法を自社の現在までの5年前からの成長過程分析、人の本流分析、総人数分析、外部活用人材の分野の再点検と、社員化を急ぐ時です。

2011年3月11日以後の東京電力とグループの社員の動きは、企業の日常基盤危険を伴う業務は 金で安く外部人をマニュアルレベルで使い、汗を嫌い机上の要領よい分野が優位、世界標準レベルは、表看板だけ、裏は、1950年代の中小企業レベルの品質であることに、気付けない、人災は、起こることが必然のしくみに愕然とした人が多いはず。多くの国内の上場・中堅企業の日常反復業務の人質土台基盤が、想定以上に脆弱で、砂上の楼閣にような実体が多数化して見える時代になったことに気づけました。

社員の人質基盤の知恵力低下により、知恵管理責任の本質が脆弱か欠落すると昔がえりしたシロアリに食べれれた部分や腐った土台の企業は、初歩的な基本さえ気づけない人災頻度が増加する現象も必然現象のようです。
間接人員が報酬優位な企業では、汗を流す直接人員を軽視す本流では、短期で軌道制御ができる確率は低い。事故原発の製造責任のない企業も同質のようです。

地域の中小企業が、強い協業をすると、国内で勝てる時代が来たことに気づく時です。 1社で自己完結できる機能は、強みだけを活かし、弱点は、自社より優れた企業と協業し、1つの生産目的で、プラスを強化、マイナスは、プラス化し戦略的拮抗成長すると、社員の成長スビードは、比べて学んで追い抜き、また比べて学び、追い抜く、常に未来へ着実に成長できる、小回り規模が最強の強みとなります。
大恐竜のように、大地の土台である手・足(日常の義足義手を多用)が脆弱であることに気づけば、微小動物であった先祖は、狭域、局地戦へ誘導すれば、国内の巨大な設備(恐竜の胴体)でいよいよ市場独占に入りましたが、局地戦では、健康な微少生物の弱点を補完し、強みに重点集中した大恐竜の弱点、足を攻める行動(黒字の中小企業の協業企業活動)は勝てる確率はどうでしょうか?

●電気事業は、地域だけで現在より設備投資の減価償却がある段階になると自給自足のエネルギー供給(電気+熱型)で、現在の電気料金の政府が値上げ自由のしくみの影響下から脱し、安くなり、消費税の値上げと無関係な、物々交換社会へ切り替え出来る段階がきています。 情報量「ゼタ時代」、情報を見る感性を鋭敏にすると、ある方向に情報は、誰のためのものか、地域、自社が生き残る(微少生物)の方法と逆方向である確率に誰でも気付ける時代になりました。
大集団組織(大恐竜)の、利権で集まる烏合衆の細胞の弱点(法に頼る人は法に敗れる)と、合法的詭弁、ディベートによりマイナ領域量が多数に多く、プラス領域が少数に多い行動であることが 「情報選択集中力」をパワーアップすれば気づける時代がきたようです。気づけば、仮想空間優位の人は、批判、不平に走りますが、
気づけない人にはムダ徒労行動です。

多分野の実務の制御型人財は、本流の中で、気付けないリーダーの黒子として、価値基準行動基準のマイナス領域量が多い部分を補完、補充し、プラス領域量を多くした行動軌道へ制御し、共鳴共振共働する人が多数化し、成功量が累積をはじめが結果を見ると、気付けないリーダーは、最初から気づいていたように成果を独占します。黒子人財は、全体最適の結果、傍の人の満足な達成感を見て、共に喜び、周囲の評価を期待せず「無・空」に徹することが「柔型行動」の極致です。
あなたの、人生に生きた天だけが知る証しの一つです。 

 

 3.考えることによる集中力の訓練法


























































 

 あるひとつのことを徹底的に考え続けるということも集中力の訓練になります。
集中徹底すると ひとつの問題をたえず追及し、その問題になりきることをしっこく求める行動です。
「カンを働かす」という行動は、カンを考えることによる集中の徹底した極致という事ができます。そのようなカンを働かせる必要があるようなことを絶えず行動していると、集中力がたかまります。

1.「ESP(エクストラ・センソリー・パーセプション)超感覚カード」訓練法
カンを訓練する方法で、集中力の高い人は、当たる率が高い。
「眼光紙背(がんこうしはい)に徹する」という言葉があるように、
シンプルな遊びの中で集中力や直観力や想念のトレーニングができます。
金融、ギャンブルのような業界で働く人は 最後の決断必ず「エイヤー」の「合法的丁半博打」です。投資金額が潤沢な人は 勝てる条件株価情報操作のしくみが整備されると、現在のような金融操作時代、大量購入の中の当たり馬券数と総金額で勝てる規制のない合法時代は、誰でも、累計で利益が出せる合法的時代になったようです。

2.想念図解法やZK法
創造性開発訓練の中に、「想念図解法」を取り入れた手法があります。
ヨガの修行法の中にある「思考の道」のやり方の応用のようです。
ある一つの考える対象になりきることに集中する。対象になりきりその立場で発想し図解化する方法。
発想法を習う、プレトレーニング、ウオーミングアップとして役立ちます。

3.入出法 等 研修技法は多数実戦されたいます。

4.実務の日常行動に集中し、業務カイゼンも含め、社員の考え行動する個人の集中力アップと、集団組織の増幅量を数値で相対比較する実務研修例

業績成果を結果として、部門、チームで日常業務を部門の基幹業務の1つを共通テーマとして、3か月終了し、数値比較、戦略、戦術、戦闘、個人評価と集団組織評価、プロセス分担等比較するしくみをOJT研修に組み込む。全国、全拠点3チーム編成で実行させる。 全社商品キャンペーンと同質な方法。
ただしスタート前1か月を与える。1か月後からスタートする。
対象は、拠点長、部長は除き、単位の推進リーダー、事務局、内勤、外勤、経理もすべてチーム単位で役割分担させる。
事前に、業績評価(要素別点数を9段階にして、要素数、行動の質(9段階)等
組立、評価を数値化し、プロセスの推移もイントラネットで相対比較できるしくみを構築する。成功事例は、都度、映像化、図形で体系化し共有閲覧させる。
「比べて学んで追い抜く」人の成長パワーのトリガーにする。ただし、参加者を介してのメール等の情報交換は禁止する。日日集計し、2か月目は、上位3事例だけ、成果に直結内容プロセスを公開する。その後の行動変化カイゼンも評価点に加算する。

経営ビジネスゲーム(経営模擬演習)を、自社にふさわしい方法で組み立てる。
Excell レベルでシンプルでよい。3か月内で徐々に改善すればよい。
手順、フレーム、パターン、要素が、ある程度できた段階で、投資予算ができた段階で、社内の人材が外部のソフトノウハウ、ハードの基盤設計の基本を学び、地域の最高レベルの中小企業と組んで構築する。現在はプロ段階では、上場、中小企業の人財と格差が少なく、応用特注の知恵、匠の技は、多様なニーズに対応してきたため逆に水平思考ができる確率は高く、社員と一緒に開発するしくみを構築すると、その方法を、地域の協業企業に水平展開できます。採用企業間協業連携や、協業企業間個人と集団組織増幅機能を拮抗して成長できる確率は高くなります。
核心ノウハウは外注に依存する、大恐竜のラフな神経回路より、核心を突くノウハウを構築した、適正規模厳守の中小企業は勝てる確率は高くなります。 


常勤役員、拠点長は、新規客数の目標と、実績金額、リピート成約回数(3年累計)で、役員報酬の30%を上下評価する。最初の見込先づくり(100とし、休眠70、過去客、ネット展示場客は50)部下の貢献点数は、減点法で、成果から減らすしくみをつくる。 役員能力評価の指標の一つは、全社員の総成約金額未達、利益が赤字の倍、不足売上の補填、利益を黒字に緊急時率先垂範で重点集中行動できる戦術戦闘、人組み合わせができる総能力としくみを日常構築する布石を先行で考え行動することが、世界的金融乱高下の中で生き残る必勝の突破口の一つです。

訓練は、実戦を想定し、徹底訓練し、実戦は、日常先行準備した集団組織を、短期で自然体で重点集中行動することが目的です。
 

4.身体を動かすことによる集中力訓練法






































 

身体を動かす訓練の繰り返しで得る集中力
自分の全身を ある目的なりルールに合わせて、正しく、なめらかに動かしていくには大変な集中力がいります。したがって素早い、あるいは一分のスキの許さないような微妙な行動を求められるスポーツでは、結局、集中力のある、なしが勝負の分かれ道になってきます。
1.的や勝負があるスポーツ
そういうスポーツを意識的に、繰り返し、繰り返し練習すると集中力がついてきます。訓練で、もうヘトヘトになってもやめず、ただ気力だけで練習をしていると「フッ」と雑念がふっ切れたとき、集中力が著しいときで、想定以上の結果がでる時があります。この高い集中力を身に付ける日常の習慣化をすることができ。よい結果の頻度が増加します。
ただし、ビジネスで「脳や神経」を良いコンディションにして「集中力」を増したい場合は、身体を動かす訓練(右脳型)の中に、左脳が起動するトリガーとなる大義名分となる理屈と連動させる必要があります。左脳の起動するトリガーが弱い人は、すばらしい「集中力」増強機能に気づけません。21世紀前半の行動より、机上仮想空間優位な、汗を流し、同じ動作を気の遠くなる回数反復する行動をムダと評価する人が多数化する時代は、「脳」を重要視しない身体的運動、スポーツ分野の方が効果があります。ただし、親両親、周囲に普通のアマチュアレベルの人を対象にする場合、功を焦ると「いじめ」と評価され、誤解さえないように留意した慎重な行動してください。

2.坐禅 ..調息の方法 精神の統一 数息観
3.円相を書く
新聞紙大の紙の上に太い筆(極太)で 円(丸)を描き、その形(円相)を評価し、教導し、繰り返しある段階まで集中して描きつづけることに集中する法
3.太極拳と八段錦(太極拳の準備体操)
中国の伝統武術(拳法)の型を、極めてゆっくりと踊りのように構成してあり、呼吸法も合わせてあります。武術というよりも、心身のバランスをとる健康法であり、精神統一法です。「内外相合」(心身一如)とか「心静用意」(心を静めて状況に対応する)ことが目標として掲げられています。
4.その他
(1)臨書・写経 人の書いた字を手本にして書く、お経を写す
(2)茶碗その他の器具を、素早く(または逆に太極拳にのようにゆっくり)動かし、しかも音を立てないようにする
(3)切り紙細工をする
まっすぐな、あるいは微妙に曲がった線を正しくなめらかに切る
(4)一点をねらってたたく
物を投げ、あるいは弓や鉄砲などであてる。特に弓道は格好の集中力の訓練です
(5)釣り
ただし、浮を付けてはいけない。じっと手の先に注意を集中し、魚のあたりを直接感じるようにする
(6)目をつぶって障害物のあるところを歩く。集中が徹底していないとカンがはたらかず、つまずくことになる 


 

 集中力を妨げるものを取り除く法
































































































































































































 

□集中力と頭の健康管理

1.「残留緊張、実体空間行動で、人との関わりで起こるストレス
「イライラ、クヨクヨ」は頭の不健康現象、集中力を著しく低下現象
睡眠、休養で治らない場合は、早急に対応行動が必要です。
習慣化すると、心身の疾患として心身破壊へ向かいます。
・「神経をする減らす」ような感じの頻度が高いときは、神経が緊張し、各部の筋肉も同時に緊張するように人間はできています。精神的緊張は、知らず知らずに筋肉がすごく緊張しています。「肩が凝る」「頭が痛い」「ぎっくり腰」等の徴候がでます。
・若い時代はスポーツ、風呂、睡眠でだいたい1晩で筋肉は元の柔らかい状態に戻ります。少し年をとると、翌日も緊張が残り、翌日も、前日以上の緊張・ストレスが加わる、繰り返しで、この残りの緊張部分がだんだん習慣化、固定化して、身体全体のしこりのようなものになってきます。
・「脳や神経」のコンディションがわるくなると心身の内部も少しづつ機能が不調の方向へマイナス領域量増増加するプロセスを歩み、節目ごとに、自律神経から発信する信号は変化してきます。.

○「自体妄念」が出て精神的努力の限界を超えた段階では、
「自律訓練法」をやってみる 身体の緊張を人の大先天性を活かして自律・自然治癒力を高めることができ、治癒してしまう不思議な現象があります。

◆広辞苑:「自律」とは
1.自分で自分の行為を規制すること。外部からの制御から脱して、自身の立てた規範に従って行動すること。
2.哲学視点では、
@カントの倫理思想において根本をなす観念。すなわち、実践理性が自ら普遍的道徳法を立ててこれに従うことで、従って理性以外の外的権威や自然的欲望に好s九されないこと。
A一般に、何らかの文化領域か他のものの手段でなく、それ自体のうちに独立の意義、価値をもつこと。(反対語⇒他律)

◆広辞苑:「自律神経」とは
意志とは無関係に、内臓、すなわち胃・腸・血管・心臓・子宮・膀胱・内分泌腺・汗腺・唾液腺・膵臓・肝臓・腎臓などを支配し、その働きを調節する神経。交感神経と副交感神経があり、その中枢は脊髄と脳幹にある。植物性神経。

・交感神経とは
高等脊椎動物の神経系の一つ。脊椎の両側を走る一対の幹とそれから派出する神経線維および節からなる。心臓・血管・虹彩・気管支・消化器・汗腺などに分布し、意志の支配を受けない。末端からアドネラリンを分泌して支配器官に作用する。
心臓の働きを促進そ、胃腸の働きを抑制するほか、皮膚血管収縮・瞳孔散大・冷や汗などの働きがあり、副交感神経と拮抗(きっこう)的に作用し、両者で自律神経系を形成する

・副交感神経とは
自律神経の一つ。呼吸・消化・循環などを支配し、交感神経と拮抗(きっこう)する機能を持ち、興奮すると末端からアセチルコリンを分泌して支配器官に作用する。
心臓に対しては制止的に、胃腸運動に対しては促進的に作用する他、血管拡張、瞳孔縮小、温熱発汗などの働きがある。

◇広辞苑の「自律」「自律神経」の意味・役割と、心身不調に向かるマイナス領域徴候、治癒に向かうプラス領域への仰角の大きさのための行動を「統合プロセス」としてイメージしてみる。右脳、左脳、解糖系(脳幹等)の長所機能と整合させ、心身の変化を連想てみるとあなたにふさわし突破口が浮かんでくる段階がきます。

多様なある自然の法則運命確率論、呪文暗示法・仮想のモノを信じ込む等の行動様式、医療・医者による治癒処置法だけ頼る等の他力崇拝・絶対視型「自己暗示法」による治癒方向が本流です。

●ある段階以上の心身破壊寸前のときや、難病治癒は個人の治癒能力パワーが不足し過ぎた段階です。そのまま仮想空間の崇拝・絶対視点の行動だけでは、左脳に実体社会での医療機会の処置の大切さに気づけなくなり、実体環境現象意識がマイナス思考(すべて自分を悪くする現象に見えてくる鬱うつ状態)になると、右脳の潜在脳がマイナス領域、奈落の底へへ増幅加速させる、現世逃避行動が始まります。その段階では、自然治癒確率はゼロに近くなります。さらに、最悪の宣告は医者、家族から「死の時期の告知」です。病気さえ気づかず健康生活を送っているように見えた人が、80%以上の人が、告知期間前になぜ逝去するのでしょうか。一縷の自然治癒の可能性を信じる芽を完全に摘む他力の機能の弱点に気づけない人の影響の一つです。人の、自然治癒力、免疫力をプラス0(+0)以上に保持するためには、生きてほしい人へは「口が裂けても言わない」ことが周囲の人の役割です。免疫力、自然治癒力を最大化支援と併用、遺伝子治療を最後の方法として、他の治癒率が高い方法から他力からする方が成功確率が高くなります。完全治癒して、天寿を全うできた普通の多くの人の先人の知恵を学ぶと気付けます。

ただし、最新の医療処置と「必ず治るからね。大丈夫、こんな程度ならと、本音を見せないで治癒の可能性に専念してくださる、いつも苦しい治療処置の時さえ、目が柔和で笑っている医者の先生」の姿と言葉は、自分の自然治癒力と治癒方向ベクトルが同方向に合わせる行動となり相乗効果、増幅効果が出ます。どんな難病さえ治癒できる確率の、三途の川から現世に呼び戻してくださるパワーがあります。
自然治癒力、免疫力を+0以上に保持する「生きたい気力」があり、現世の中で残った人生・時間をを大切する生きたいパワーが大きい人だけが得ることができる大先天性に「毎日、生かされる喜びを感じ」感謝する段階がきます。

◎素直に自律神経経由で心身のマイナス領域方向へ向かうプロセスの節目で身体から発信してくれている信号を感じて、右脳が感じたセンサー内容を正しく左脳へ伝達し、心身破壊の予兆段階で対応すれば、日常のふさわしい行動だけで簡単に、プラス領域量が多い方向へ、自然治癒できる段階がきます。

信号例 多くの信号があり、悪くなるプロセスの節目ごとに異なる信号を発信
・心臓が チクチク痛い ・心臓が痛い   
・胃がしくきく痛む  ・胃の膨満感 胃液の逆流 ・胃の激痛 ・胃の腐る「カーバイトのにおい」 ・胃からの吐血
・血のションべん   ・下痢  ・下腹の痛み  ・下腹の激痛 ・下血
・筋肉のコリ⇒しこりへ  ・首のコリ  ・足腰も痛み  ・血が登る
・皮膚の不調表情(健康時との違いでわかります) 

○実体の身体が、発信するマイナス方向への進行段階の節目ごとの信号
疾病の進行プロセスは、症状が悪化する段階(節目)ごとに異なる信号を発信してくれます。それぞれの臓器、血管系、消化器系、神経系、筋肉、背骨、頭等固有の信号があるようです。心身普通の状態を基準に、よい場合、悪い場合、悪すぎる場合等分類して、僅かな信号でも気付ける(わるくなりはじめる芽・徴候段階)で、ふさわしい自分流の処置を、自律神経機能のクセを活かして、よい方向、普通段階に治癒できます。

○心身が疾病化症状が見えたり、気づく段階からの医療機関での部位の検診測定結果分析によるデータ  医師との連携治癒して、先生の免疫力を高める食生活とライフスタイルの改善に専念する。症状が改善へ向かい、医師と相談し、飲む薬の量を少しずつ減らし、次第に漢方薬方向へカイゼンする。ある治癒段階になると、薬の服用をやめ、定期的に医師にチェックしてもらい、完治させていまうことができます。

◎普通の心身不調、対症処置が少ない、内科的病気の場合は 漢方薬で習慣性作用が少ない、副作用が少ない薬の助け症状に応じて飲み「自律訓練法」と併用すると、「脳や神経」がよいコンディションへ戻り、集中力のパワーが戻る体内変化に気づける段階がきます。

心身が不調になり始めると自律神経が身体の各部分で自然治癒プロセスが始まり、腫れや痛み、出血、血流が悪くなると筋肉痛・コリ等の信号を発信してくれます。その信号が外部で見える場合は、対症療法、対因療法ができますが、見えない内臓、神経、筋肉等の悪化信号は、初期段階ではなかなか気づけません。気付いた段階では、悪い部分が慢性化習慣化した段階です。
・健康な人は、身体の健康度を過信しているため、「医者」に行かなくても、治ると左脳が思い込んだ段階から、我流で市販薬で治癒させようとしますが、病源の核心を突くことは10%以下の確率です。医者先生の早期強制治癒の機会を逃し、自然治癒力だけでは不可能な段階から強制治癒処置となるか、人間の弱点「鬱(うつ)」のマイナス方向になると、急速に免疫力が脆弱になり、短期で想定外の重症になる確率は高い。
・10歳までに身体が弱い人は、身体のいつもと異なる信号を感じた段階で、すぐ医師先生に診断を受け、正しい処置と、自然治癒、免疫力増強のアドバイスを素直に守り、徹底集中実行するため、健康回復は早くなります。


○「脳や神経」が不調になってきた信号として、胃・腸、肝臓、血圧、心臓、消化器系、神経系、脳の「鬱(うつ)」等の普通と異なる異常症状に気付いた段階では、医者先生との連携が必要で、自力の免疫力、自然治癒力増強のために「自律訓練法」と医師の「自律神経調整」が必要となり、方法は割愛します。

○「脳や神経」が疲労して「イライラ、クヨクヨ」が始まると、首筋の張り、コリ、首神経の張りコリ(コリ過ぎると太く、首筋に腱が見える段階になります)、肩筋肉の張りコリ、腕筋肉の張りコリ、腰骨と背骨のつなぎ目の痛み、交感神経の張りコリ痛み等の症状がでてきます。

筋肉を調整するとき、自律神経が出した信号を素直に「言葉」で言いながら⇒左脳に症状を納得させ、右脳の潜在脳を通して脳幹から自律神経へ伝達させる。
⇒行動は、その状態と逆な行動をする ⇒ 脳が発する「言葉(仮想)の神経信号が自律神経信号と同じ場合は、脳幹から自律神経経由で筋肉信号は、逆の治癒完了の信号を出し、実際の行動(実体)も良くなったときの状態にしているため、治癒した信号が「脳幹」へ戻るため、治癒の方向へ、少しずつ変化し、ある期間、よい変化量がある段階を超えた段階で自然治癒してしまうようです。
自律神経(解糖系)の信号と 大脳(ミトコンドリア系)が明確に言葉で素直に認識し治癒したようい状況を演じる行動、つまり、「仮想のマイナス領域認識」と「実体のよい状態を目的にしたよいプラス領域の状態を演じる行動が、自律神経の治癒機能をプラス方向の仰角を大きくしてくれるようです。、

「自律訓練法」行動結果は 自然治癒現象が起こり、症状により違いますが、治癒後、元の不調に戻らない期間も含め1〜2週間続けると不思議に治る現象があります。
・腕の右腕が重たい場合は
「右腕が重たい、右腕が重たい」という言葉を言いながら、「右腕の力を完全に抜いて、だらんとさせる」行動をする。1日3分間程度 毎日1〜2週間 繰り返す。
・肩が重たい場合は
「肩が重たい、肩が重たい」という言葉を言いながら、「肩の力を完全に抜いて、だらんとする」


やるだけで、素直に感じた現状をそのまま「肯定して集中」すると、1〜2週間やるだけで、なんとなく筋肉のコリが緩み、「イライラ・クヨクヨ」がおさまってきて楽になります。

マッサージで交感神経のツボと筋肉のコリととる場合 どの部分がコル頻度が高いか、どんな状態で、その部分がコツてきたか、身体の関連した部分はないか、身体の反応クセにきづくと、自力で、コル前段階で処置できる段階がきます。
人間の大先天性による、日常の悪い種を蒔いた結果を、自分に気づかせるセンサー機能を訓練すると、大先天性をプラス領域量が多く機能発揮できる段階がきます。

2.「気がかり」  仮想空間でつくるストレス
現状肯定、プラス発想言葉への置き換え、プラス思考行動を習慣化する
「イライラ・クヨクヨ」とまではいかなくても何か気になること、すなわち頭の正常な働きを妨げるような「気がかり」があると、集中力が相当低下します。
「気がかり」とは、気になる音、気になる刺激、あるいは焦り、あがり、迷い等のような現象です。精神的なものと、物理的なものがあります。

・物理的なもの
気がかりの内容を取り除けばよい。解決は比較的容易です。、
ただし、都会の騒音、近隣の夜の声、団地の上の階のドンドン騒音は取るのがのが難しく、近隣との関係が悪くなります。現在は、隣人殺人さえある時代です
直面する環境気がかりな騒音を全て当たり前と肯定的し、「わざわざ子守歌を歌ってくれてありがとう」というようなプラス言葉に置き換え訓練をすると、轟音(ごう)の環境でさえ振動を「ゆりかご」と思うと、3秒睡眠が出来る段階がきます。
今の環境から逃げるために転居をしても、転居先で、新らたな騒音が待っています。逃げるのをやめて、今が普通と素直に環境肯定するだけで、人間はどんなマイナス環境も気にしない、平然と生き抜くことができる大先天性を誰でもつています。周囲に期待せず、周囲はマイナスが当たり前と割り切り、素直に環境を受け入れるだけで、「あれ、以前気がかりて悩んだことは何だったのだろう」あの時は、自分が異常行動をしていた自分に気づく段階がきます。

・精神的なもの、 仮想空間から、実体社会の具体的難題に置き換える。
素直に、肯定してみる。不安要素を一つ一つ克服すると、成功体験の累積は、自信強みに変わります。不安は、逃げても、大きくなり増幅して次々と出会います。
仮想空間が多く、一般論、基本論領域で、一部のプロ、一流人財だけにしか気付けない、ふさわしい具体的解決策を探す方法より、「逃げない」直面した問題は克服することに集中徹底し、行動をはじめると、不思議に、具体的なプラス領域量の多い道が拓けてきくきます。一つ克服成功体験のプロセスは、次々と成功を累積できる
方向へプラスαを付加するため、ますます、熟練度がアップする段階がきます。
 

 
◎人間の持つ大先天性の機能を最大限に発揮させるためには、直面する難題、どんな環境も素直に受け入れ、現状を肯定し、総能力で高い壁を超える行動をはじめると、プラス領域量が多い道(1本の糸)が観えてきます。
集中力を高め、傍の集団組織の増幅機能を上限まで発揮させると、実体社会での未来の子孫繁栄の21世紀後半を実現出来る基盤構築期間は、想定外に短縮できる確率は高い。


多数の多分野の制御型人財は、自分から「集中力」のあなたの上限まで、高めるための「ふさわしい行動スタイル」を探しあてることを待望しています。

 

 

 





 

商品一覧