開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

よい健康・よい集中力・よい決断へ行動

■よい健康・よい集中力・よい決断へ行動   130624

「脳構造機能」「心構造機能」を正しく活かす>よい健康・よい集中力・よい決断へ行動
     集中力を高める基盤
     集中力を生むライフスタイルの方向





・年齢にふさわしい、心身のよい健康基盤探しの行動をして「よい」が「普通」へ習慣化。
・当面する無理難題へ、「脳や神経」のよいコンディションで重点集中行動する。
・集団組織の周囲の多数をプラス領域量の多い方向へ増幅機能を最大化する方向へ
軌道制御できるしくみ、システムを先行整合統合調整する黒子行動をする。
外部の潮流の追い風の時を待つ!
60%以上準備できた段階で良いと確信して決断行動をはじめる。
重点集中した行動し、短期、多数化し狭域エリアから潮流のプラス領域量を多数化する。

よい種だけ優先で選び多数蒔くと 素晴らしい結果の未来の実り実現できる確率は高い。

 


□「医食同源」の視点で、人間誰でも毎日行動する内容を、「もうちょっと」良い習慣にカイゼンすると
 21世紀後半は 心身健全な世界の人口を多数化させ、プラス領域量が多い方向へ制御可能か?

 制御型人財は、誰よりあなた自身の脳や神経のを良いのコンディションを普通の状態に習慣化し維持することが基本素養の一つです。
破壊寸前の環境化でさえ、自力で、自然治癒力と外部のプラス領域量の多い身体の基盤のカイゼンと最新の医療技術を活かし、もうちょっと早く正常に復元し、傍の集団組織の増幅機能を、さらにプラス領域量が多くなるように、集団組織の構成員をもうちょっとプラスに変える価値基準、行動基準方向に、一人ひとりの軌道制御出来る黒子としての機能発揮パワーの増強が必要な時がきています。

現在の医療の方向は、人間を「ものと同一視」した「ものづくり」思考が、優位本流であり、細胞を部品のように物と同一視、不良部品に着眼し、健康不良の結果細胞を、取り外し、部品交換したり、身体の細胞、臓器の一部を切除し、部品不足の状態にしたり、細胞のリセット(新しい、成長糧のことなる細胞と変える、一部の新部品交換と同一手法が優位の時代になりました。 「ものづくり」=「ものの組み合わせ」は、部品の取り換えで、「ものの組み合わせ」は全体最適に機能し、多数最適化できます。ナノレベルの処置は、その対象個人と、極少の同一パターンだけに同一プロセスが、世界人口の60%以上を健康にすることはありません。

「モノは人が最初の起動操作で行動機能がはじまります」その過去の「ものづくり」の成功体験方向である「ナノ・デジタル」方向で富裕層の潤沢な資金投入により「人の人災を最小化し、限りない省人化、最小1名を目指す」プロセスを歩んでいます。
「モノの全体最適」の追及する手法を真似て、機能が故障した人間の部品(細胞と、細胞集合体)を、切除したまま(部品不足)や、機器で機能代行したり他人の細胞と交換する方法が、見える段階になりました。
誰でも平等にあり、部品が機能しない故障した人や、生まれたとき一部部品がない人でも、身体にある細胞、組織が代替部品として、細胞さえ変異し、機能できる不思議な人間の自然治癒力」というモノと異なる最大の長所があります。なぜ、その機能を動植物のように最適に活かそうとしないにでしょうか? 「何か変だ?」と気づけます?


遺伝子操作、一部のリセット細胞のような、成長過程の異なる部分最適細胞と、身体全体最適整合で、正しく人間機能をし、生殖機能をまだ持つ男女の遺伝子、染色体の異常がゼロではない確率は高い。
未来、現在の人間の本流とは異なる、フランケンシュタイン、ジキルとハイド、空想の火星人のような体系の人間の出現確率はゼロでない時代に入ったようです。

ガンの治癒になぜ放射線の一つ、X線、ガンマー線が必要なのでしょうか?
2011年3月11日、平和利用で、CO2ゼロ、温暖化ゼロの最高の安全神話だった原子力発電が人災事故を起こしました。、長期間蓄積したフロンガスが成層圏蓄積を抒情に局部破壊し太陽光の影響で人間の身体被害が起こる未来の確率論と異なり、平和利用という詭弁で、原爆水爆と同質なものであり、その結果は、直接今多数の人間に瞬時に子孫の代までマイナス影響が出る放射線、放射能の発生源であり、人間が起こす人災、天変地異が起こす結果を制御不能段階のものであることに気づきました。
「ナノ・デジタル」の「ものづくり」の方向が人間にプラス方向かどう?人間を正常機能させる再生復元の方向がナノレベルの処置の方向か? 少数の発生頻度の少ない、その対象個人にだけ有効だった手法、プロセスが、極少の同一パターンだけに同一プロセスが、世界人口の60%以上を健康にすることはありません。

もし正しい方向なら、人口動態調査で、2010年の総死亡数の半分以上が、年々増加する三大死因である、ガン、心疾患、脳血管疾患の増加に膨大な研究資金を投入した結果はどうでしょうか?
さらに、過去最大の国家予算を一部の分野に投入しますが、三大死因に歯止めをかけ減少させる対策として、核心を突いているでしょうか?三大死因と告知され、生きながら死を待つ人生の人の数を合計すると、死の宣告を受けながら、何%の人が、年齢相当の普通の人生を過ごすことが出来ているのでしょうか?
人が決める法律、規制基準の遵守で人災ゼロ対症対策はできるのでしょうか?
10%以下の人間の例外疾患、重箱の隅の希少症例だけに重点集中し評価される潤沢な資金を調達出来る対症対策方向で、多数の人が、食環境の不適切な取り巻く環境の加速度悪化により多数の病人の増加し、日本人の子孫の多数が、中性化し生殖機能が弱性遺伝化する方向に歯止めをかけることができるのでしょうか?

◎多数の人は、「自然治癒力」で自力で、健康体になり、若い世代は、心身健全な子孫を残す日常の生活スタイルを構築する日本人としての親世代の使命に気づき、実体行動をはじめる時です。

21世紀後半、すばらしく心身充実し、世界で、多数決社会の本流を、「脳や神経」が良いコンディションで行動している、共に心身豊かな子孫の姿にするためには、どの方向へ制御機能を活かしますか?


「ものづくり」は人間を人災再発防止の元凶として排除し、省人化、究極は1名まで追及し、分野別個別最適方向(部分最適)の極限を追及しました。その結果、働く機会を多数の人が失い必ず貧富の格差は拡大します。超少数の超富裕層の出現方向を歩む方向です。

多数の人間は、中流層は40%以下となり、低所得、貧困が加速度増加してきました。多数のひとは、パートという名の小作人、牛馬になる、社会保障という名の、食べものを富裕層から施される徴候が見えてきました。(人口の10%以上になった現象) 「脳や神経」のコンディションが悪い状態が普通化し、左脳優位の自己実現できない確率が高くなると、いよいよ右脳の潜在脳の10歳までの人格基盤の脆弱、欠落帯域から生き残り本能煩悩動物脳で、悪貨は類は人(類)を呼ぶように、多数のマイナス領域行動をする人間の数を加速度増加する現実が見えるようになりました。実体社会で、多忙で働き、本業行動以外考える余裕、暇がない状態(右脳の煩悩を働かす時間がない状態)にすると、現在の多数化する、マイナス領域行動は、短期で収束へ向かう確率は高い。ただし、10歳までの人格基盤が脆弱な浮き草タイプ、他人責任転嫁タイプの大人型子供が、国の差はありますが、20%〜30%います。現在は、その人達が、プラス領域量を少しでも多くするため、働く場、稼ぐ場を与え、脳や神経をよいコンディションに制御し、プラス方向にある期間(個人格差)自然治癒力がキチンと機能させることが必要な時代です。
世界各地で、自分たちが、少数の富裕層になる目的で過去の人間の歴史の繰り返しである剛型行動がはじまりました。21世紀の前半の、ネット情報のマイナス領域機能を活かした各種のマイナス行動の増幅人数は、20世紀までと異なり巨大な多数に増幅され世界で誰でも見える段階になりました。(すでに世界人口の10%以上を超えた人数になった結果の現象です)

世界の多数の分野の制御型人財が脳や神経の良いコンディションを普通のレベルとして習慣化し、「いきものづくり」の本質である全体最適方向の極限追及方向へ軌道をほぼ180度近いベクトル制御した方向が 21世紀後半にふさわしい確率は高い。
21世紀前半の進化したネット、情報量「ゼタ時代」のプラス領域量の機能を活かすと、世界の素晴らしい多分野の制御型人財が、国家我の視点から、世界観人類の全体最適視点に立ち、影響可能な傍の集団組織の増幅機能と、その構成人員の60%以上の軌道制御を想定以上の短期で実現できる確率は高い。浮き草タイプの大人型子供の成長数が 若者を中心に、すでに各国で55%を超える段階になった現在は、10年後を単位に、じっくり実体社会に根を下ろし、局地で時間をかけ、局地全体をモデル的に変えた結果を見たとき、一部の超強力ブランドに動かされていた、中年高齢者の浮き草タイプの大人型子供は、一部の人から、実体社会の仮想空間操作が多くなり、意見具申で軌道を制御できる黒子機能を発揮できる時代が到来します。

「脳や神経」がよいコンディションの場合、強烈な外圧さえ平常心で、間(隙間時間)をおいて、最適処置を確信してできる不思議な段階が、習慣化プロセスでできてきます。

人間は「いきものづくり」、毎日、食物を外部から食べなければ、どんな金持ちも生きられません。胃袋の大きさは上限があります。食の身体のエネルギー源として使用できる総量は上限があります。
すべての人間は平等に、成長段階に応じて、胃袋、体内エネルギー源変換能力に上限があります。
どんな超潤沢な資金を持つ人でも、食以外のたの商品製品のように無限の独占はできません。また、すべての人は平等に、「脳や神経」は、母体で、受精と同時に、細胞の遺伝子プログラムのプロセス母体環境に適応して、成長し、「脳や神経」は、出産と同時に、外部環境の中で、約10歳まで10年をかけて記憶、脳内思考回路、身体内の神経網の、人格基盤が、後天的の成長し、外部の環境刺激で、高齢になるほど、機能しなくなった「脳や神経」の質・量の増加のスピード化と、新しい「脳や神経」の成長のスピードの鈍化となり、今のあなたの「脳や神経」の上限総能力量がきまります。動植物の成長と、脳や神経の成長は、取り巻く環境に応じて、均質(ものづくりは同一生産では、不良部品がない、均質部品なら均質の原則)ではなく、環境パラメターにより、人質の成長段階は分布しています。
狭域範囲では、価値基準、行動基準はパターン化できますが、成長過程が 一卵性双子でさえ個人格差がでます。普通の人は、成長過程と取り巻く環境が同一である確率は、ゼロに近い。人間がプラス領域量が多いか、マイナス領域量が多いかは、成長過程、その時の取り巻く環境で異なります。30年以上年をとった超富裕な人間が、自分とそっくりな人間を、未来、環境が変化した後、クローン人間として、再び生きたい望んで、成長させても価値基準、行動基準が、今のその人と同一の同年齢で完全に同じになる確率はゼロに近い。

◎人間が多数が心身健康であると、プラス行動量が多くない、世界のプラス行動量は、多数決でプラス領域量が多い方向になる確率が高く、傍の人の「脳や神経」が良いコンディションでプラス領域量が多く一人一人きちんともうちょっと制御するだけで、ある段階から、エンジンを持つて、自力で成長をはじめ、後ろから押す(適切なアドバイス)だけで、動く段階がきます。傍の人一人ひとりの「脳や神経」のコンディションを良くする基本素養は制御型人財に必要な条件の一つです。ただし、多数が自動成長時、自力成長であるように周囲に成果が見えるようにして、自己の煩悩を満足させ、黒子に徹することが、成功量の分岐点になります。功をあせらず冷静に対処が重要です。 誰でも平等に持つ「自然治癒力」をより発揮できる日常の生活習慣を人格化レベルまで高めると、素晴らしいあなたの未知の心身機能が発揮でくるようになっているようです。 130312ms

 

 「医食同源」とは






























 

 広辞苑 「病気を治すのも食事をするのも、生命を養い健康を保つためで、その本質は同じだということ。」

食の身体へのプラス量を「もうちょっと」増加させるたい人は、呼吸、睡眠、運動も「もうちょっと」生活習慣をカイゼンすることが、成果の基盤になります。
若い健康な時代は、プラス領域で+0以上の人が大部分ですが、経年とともに、マイナス領域量が増えてきます。脳や神経をよいコンディションに維持するためには、若い時代より、多分野の生活習慣のカイゼンが必要条件になります。

◇食は健康な体を維持したり、病気を治す効果があります。運動も健康な体つくりの基本となります。

◇食事や運動と同様に毎日行っている人間平等な行為は 「睡眠」です。一生のうち約1/3は眠っています。人生80年とすると、26年〜27年間眠っていたことになります。「医食同源」の機能をプラス領域量を多くするか、少なくするか、健康の基盤要素は「睡眠」でありその質量です。

◇生きる必要条件の呼吸の価値に気づき、自分に最適な呼吸法を探す。
呼吸法は、酸素を体内に入れ、体内の栄養を、エネルギーに変換するための化学変化をします。用途により、触媒は異なります。脳や神経をよくするためには、脳に酸素が届きやすい方法を探すのも一つの方法です。
・脳や神経を、環境の悪化で、心が乱れるとき、平常心に戻り、維持する呼吸法と、身体訓練法があります。
・神経網と、外部への影響エネルギーである「気量」を充実させるために、呼吸法と、身体訓練法との組み合わせ方法があります。

◎身体は、高齢とともに筋肉が硬直方向に進行します。全身硬直した時が死であり、モノになります。筋肉硬直方向のセンサー役が 神経が痛みを発信し、痛みとなかよくしなければならない段階がきます。
対症療法で、痛みの患部をマヒさせ、瞬間的に痛みを回避しても、真因処置をしない場合は100%再発し、その部分の硬直頻度は年々増加し、完全に動かなくなる段階がきます。若い人対象のストレッチによる、身体機能の回復法では、復元できない場合が多い。日常の中に、基本的な動作だけを、3か月以上継続すると、身体の柔軟性が少しづつ赤ちゃん返りできる、錆びた機械に油を刺して使用できるようにする方法もあります。高齢者段階でも有効な手法は、若い世代から基本動作に組み込み、キチンのメンテナンスした人は、身体を、長期間正常に機能できる基盤ができます。高齢段階で同年齢者と異なる、若さの持続したあなたを見ることができます。
身体も自力修理できる機械とイメージすると、情報反乱する健康法の中で何を重点にあなたのためにする行動方向に気づける段階がきます。 
 

 病気は自然治癒力を高めて治す














































































































































































 書名 「病気は自然治癒力を高めて治す」 人生が変わる奇跡の力
 著者 石原 結實(いしはら ゆうみ)
 出版 ナツメ社     発行 2011年6月28日 
 ISBM 978-4-8163-5071-9   定価 1,300円(税別)

著者紹介
 1948年 長崎県生まれ 長崎大学医学部および同大学院博士課程修了
免疫の中心である白血球の機能が、運動や食事によってどのように変化するかを研究し、医学博士の学位を取得。スイスの自然療法病院、B・ベンナー・クリニックや、モスクワの断食病院で研修を積む。コーカサスの長寿村にも、長寿食の研究に5回赴く。グルジア共和国科学アカデミー長寿医学会・名誉会員。現在は東京で漢方薬処方するクリニックを開く傍ら、伊豆の人参ジュースや運動、温泉で健康を増進する施設を開設。
著書 ベストセラーになった「生姜力」『「体を温める」と病気は必ず治る』「健康と長寿の極意」(渡部昇一氏との共著)他200冊以上。米国、ロシア、ドイツ、中国、韓国、台湾などでも合計100冊以上が翻訳出版されている。先祖は代々、種子島藩の藩医。

内容引用 
「自然治癒力と免疫の違い、「薬」の役割を明確すると行動方向が観える!
人間のみならず、動物や植物にも、病気やケガ(損傷)を負ったときには、健康(健常)になろう、延命しようとする力が備わっている。それが「自然治癒力」です。
英語でも「Body's own healing mechanism」と訳されています。

「免疫」現象は、主に白血球の力により成り立っていて、病気が治る「自然治癒力」も白血球の力に負うところが大きい。「自然治癒力」は 免疫力を含んださらに大きな意味合いをもっています。
外傷やその他の原因で出血した時の「止血」や、その「傷」を治す反応、また 「骨折」したとき、骨が修復されていく過程などは 「白血球」の免疫力ではなく、他の細胞の「自然治癒力」により成り立っています。また、日中、活動時に損傷や消耗した筋肉細胞や種々の臓器の組織、種々のホルモンや酵素、そして、免疫細胞の白血球などは、成長ホルモンやタンパク質の働きで、修復、補給されています。これも「自然治癒力」によるものです。

普通の人々、お医者さん達でさえ、病気を治すのは「薬」であると思うひとが多い用です。「臨床医の注射と処方」(医歯薬出版)の冒頭に次のように書かれています。「生体のメカニズムは、その進化の過程において、驚くべき合目的性を獲得した。従って生物中の最適者である人体の構造は、自然のまま放置されるのが、最も健全でありと言える。・・・健康な人に与えて健康状態や能力をそれ以上に高める物質は、形而学上の存在でしかない。その意味では、外から与えられる薬物は「毒」に転化する可能性をもっている。しかし、、生体が、何らかのアンバランス(病気)に陥った時、それを取り戻そうとするメカニズム(治癒傾向)を助ける物質の存在は経験的に知られ、ころをものにした薬品は進歩そてきた。「薬」とは、このような目的で選ばれた物質であり、このような場合のみ有効である・・・」 と「薬」と「自然治癒力」の関係を表現している名文と言える。

□主な「自然治癒」現象
○出血の自然治癒  「止血」の様子は 「自然治癒力」の発現の一つです。
血液中を流れる時の血小板の表面は平滑ですが、体内のどこかで「出血」が起こると、表面に無数の突起を出し、同時に、「細胞接着因子」の受容体を作り、血管の内皮細胞を接着し、血小板同士も凝集して、傷口を塞いでしまいます。そこで、血液中に存在するフィブリンや赤血球もくっついて、さらに強固な血栓が出来上がり、止血が完了します。皮膚表面で固まった血相板、フィブリンや、赤血球が乾燥したものが、誰でも目にしたことのある「カサブタ」です。

○創傷(キズ)の自然治癒 
創(そう):重度のキズ 皮膚がグチャグチャに破綻したもの  
傷(きず):軽度のキズ その破綻が軽いもの
「創傷」が生じると、血小板が幹部に凝集してきて、同時に血管も収縮して、止血が行われる。並行して、マクロファージ(白血球の一種)によって、破壊された組織が貪食(どんしょく)処理される。マクロファージは、さらに、サイトカイン(生理活性物質)を分泌して、繊維芽(せんいが)細胞が、傷口を修復するのに一番大切なコラーゲン(膠原繊維)を産生するように働きかける。このコラーゲンが中心となって、肉芽組織ができ、やがて瘢痕(はんこん)組織へ変化して、創傷によりできた欠損部を埋めて、創傷が治ってきます。

胃・腸の潰瘍、ガンの初期細胞等は同様なプロセスで自然治癒して痕跡を残します。

◆私の若いとき胃潰瘍(いかいよう)も瘢痕を残したいます。胃拡張の痕跡ひだも残り、胃の裏にレントゲンで白いかげがあります。X線では要再検診ですが、胃カメラなら自然治癒し、時々胃が悪い症状のあれただれが出ることもありますが、漢方胃腸薬で短期でよい状態に戻りれます。

○骨折の自然治癒
骨折が起こると3段階の治癒過程がはじまります。
1.炎症期
骨折により損傷を受けた骨膜や骨皮質、骨のカケラ、骨髄の血管から出血した血液が、血腫(けっしゅ)となり、血管を塞いで出血を止めるとともにその後、血塊となって折れた骨の隙間を埋める。この血塊が、白血球のマクロファージによって貪食(どんしょく)処理され始めると、患部への血流の増加によって、骨折部位の周囲が腫れてくる。
2.修復期
両骨折端の骨膜が沢山集まり、分裂を開始する。そこに、カルシウムなどが沈着し、骨になるが、これを「仮骨(かこつ)」という。
3.再造形期
仮骨ができると、破骨細胞の活動が活発になり、骨折によって生じた変形の凸側の部分の骨は壊され、凹側部分では、骨芽細胞によって骨増殖が生じ、元の形に整えていく。

○その他
人体ないでは、日中の活動で生じた種々の器官、組織、細胞の損傷や、消耗しtホルモンや酵素類の産出など、無数の「自然治癒」反応が営まれている

人体を構成する60兆個の細胞や、人体内で数千、数万と行われる化学反応を触媒する酵素や大部分のホルモン類もタンパク質から成っているので、「自然治癒力」を鵜読めるには「タンパク質」の質が重要になってくる。だからといって、自然治癒力アップにはタンパク質の多い食物を沢山食べるるべきだ・・・などという単純なものではない。また、細胞の修復やホルモン、酵素類の産出を刺激して促すのが、成長ホルモンである。

□「腹八分に病なし」
・空腹のときは免疫力が上がる
・体温が上昇すると免疫力が上がる

□なぜガンや生活習慣病に勝てないのか?
東洋医学では、すべての病気は「血液の汚れ」から生じると考えられています。
西洋医学では成果の上がらないガンや生活習慣病の治療に対しても「血液の汚れ」をどう浄化するか?という観点から見直してみる必要があります。
◆血液を汚す原因
・食べ過ぎ  ・運動不足  ・ストレス  ・冷え  ・環境汚染物質等
◆血液が汚れると、体はどう反応するか
・嘔吐、下痢    ・発疹   ・炎症  
・動脈硬化、高血圧、出血、血栓   ・ガン腫

□体に効く食べ物
・漢方医学の「陽」と「陰」の考え方  陽性体質と陰性体質
・免疫力を高める各種食材

□筋肉運動の効能と入浴健康法
体を温めるのに大切なのは、食物とともに、筋肉運動です。
筋肉運動は体の病気を予防するだけでなく、脳の老化を防いだり、「うつ」などの精神疾患の改善にも効き目があります。
また自然治癒力を高めるには、入浴で体を暖め、しっかりと睡眠をとることも大切です。

一度、この本を通読されることを推奨します。視点を少しかえて、実体を見ると、未来どう行動すべきか観(診)えてくる確率は高い。

◇過酷な環境下、傍の人や集団組織の中で「心身を良いコンディション」方向を維持し、心身破壊徴候を感じたときプラス領域量が多い方向へ軌道制御すると、あなたの「自然治癒能力」が、今に徹し、汗を流し、実戦行動した人だけに、すばらしい助勢力パワーを発揮してくれ、よい結果へ誘導してくれるようです。

◇あなたの「自然治癒力」は、心身から発信する破壊寸前方向へ進むプロセスの節目の徴候の信号を、早期に気づくと、心身のよいコンディションに復元するしくみとして「最適なに睡眠」と「ある熟睡時間(人で違う)」が 必要です。
「最適睡眠量」と「免疫力の強化」と相関があるようです。その結果「自然治癒機能」は 充実し、心身の健康維持ができるようです。
また、最適な呼吸法で、酸素の潤沢な供給と燃焼率がよくなると、「気」が充実し、「脳や神経」が活性化し、傍の人を動かす「気量」は増大し、伝搬機能が大きくなり、集団組織の増幅機能をより拡大するようです。
 「気」は「言葉魂」の充実(言葉の迫力、身体の伝達パフォーマンスに変わる)で人と離れた空間の傍の人とが「コミュニケーション」という現象で、音源から発信する、「共鳴、共振、共働」の波長で、傍の人が何か(右脳の潜在人格基盤の受信回路等)で動き始めるようです。

●健康ブームは、不健康を自覚した人が30%以上になったとき見える現象
多忙に働く場を失った多くの人は 暇な時間が増え、寸暇のない肉体労働から、身体に楽な、仮想空間の業務、間接業務(ホワイトカラー)が増加そ多数健康になるはずですが、なぜ、不健康を自覚した人が、増えて、健康オタクの道を歩むのでしょうか? 普通の人が健康に復元する方法が、プラス領域量が少なく、逆にマイナス領域量が多くなった結果ではないでしょうか? あなたは キチンとプラス領域量が多い方向を歩んでしますか?

現在は多数の健康方向の視点に立つ情報発信機能、情報発信者の倫理規制が脆弱で自由を根拠にゼロの時代です。
部分的有効情報で、全体最適、影響との相関情報の追及は不要。その行動結果は 誰もその結果責任はありません。情報発信機関、発言責任も含め規制ゼロ、何でもあり自由です。
情報の心理的誘導で行動しても、人災加害者の合法的責任はありません。もし、全部の健康によいという方法を多数実行した人は プラス・マイナス両方の結果顛末が待っています。
全体で整合させると矛盾する組み合わせが多数あります。ある症状、抗体を持つ人の身体の健康維持でしてはいけない基本的な内容に抵触するものもあります。2011年3月12日からの緊迫の期間の情報で現在の健康専門分野の本流の多数の価値基準の位置が誰でも見えました。
自己責任領域であることを意識し、よりプラス領域が多い方法だけ選択して実行する時代であることを確信するときです。
プロの薬剤師、プロの医師でさえ、最新の注意をして薬の成分組み合わせチェックをし、その時の最善の処方箋を決めます。患者(成長過程が異なる個人で徴候個有)は短期で異常症状があれば、処方箋の組み合わせを変更カイゼンする精密レベルであり、緊急時の事故への対処責任を持つ人が本流の時代です。
食べ物の食い合わせより、身体の健康復元できない領域さえ発生確率が高い領域です。

ネットの向こうは、名目資格と、だれでもなりすまし可能な、薬の飲み合わせ(食べ物の食い合わせより身体に致命的で、人間の放棄、動植物化現象が発生確率は高い) いよいよ大量人災源である「医薬のネット販売」が解禁されます。

「医薬」と「健康補助剤(サプリメント)」の人への影響の本質的違いを知らず、物販と同等なネットは富裕な我欲が想像を超えた人罪が優位に成長してきた時代、あなたの価値基準、行動基準が正常であることが、人生選択の分水嶺となります。食物関連の領域も含めあなたの健康は、完全自己責任領域です。人に誘導された、だまされた・・・等の他人責任転嫁しても、あなたの健康は、再び慢性麻薬と同質で復元できない「後の祭りの人生」を選択した結果が近未来まっています。「あなたの人生は、あなただけが選択できる誰でも平等に与えられた領域であることに気づくときです。

近未来各種の組み合わせ頻度で大量人災発生確率は高い。その人災責任は、今回のネット解禁者責任ですが、合法的範囲の場合が多く、法律が変更されるまで、法律を基準とした人間には、無罪です。人間の尊厳が脆弱でゾロの人格の人は、どのように責任行動をするでしょうか? プロに薬剤師、プロの医者レベルの血の出るような成分調合チェックして患者に渡す医薬の決断努力で責任を採る人はいるでしょうか、他人責任転化のために歴史的過去の発現と同様な合法的詭弁・ディベートで何と言うのでしょうか? 130528ms)

 

 「免疫力」は日常生活で「自然治癒力」を強化できる要素





























































































































































 


 書名 免疫力で理想の生き方・死に方が実現する

 著者 安保 徹(あぼ とおる)
 出版 さくら舎    発行 2013年5月17日
 ISBN978-4-906732-39-5  定価 1,400円(税別)

「本の帯」の引用  「思い込んでいた」視点を、異なる価値基準の視点から
              人生を、どう生きるか選択の分水嶺 130528ms
・年齢とともに免疫力は再復活
・どんな長寿法、どんな健康法より、からだを大事にする安保免疫学が完成
・高血圧、糖尿病、ガンも安保式で治す
・最後まで元気で生きる法則がここにある

著者紹介
元新潟大学大学院医歯学総合研究科教授
1947年、青森県生まれ  1972年東北大学医学部を卒業
1980年 アメリカ・アラバマ大学留学中に「ヒトNK細胞抗原CD57に対するモノクローナル抗体」を作製  1989年胸腺外分化T細胞を発見。 
1996年 白血球の自律神経支配のメカニズムを初めて解明。細胞レベルから免疫を解き明かす新理論を次々と提唱。
2013年3月 新潟大学大学院医歯学総合研究科教授を退職
著書には「免疫革命」(講談社+α文庫)、「医療が病をつくる」(岩波現代文庫)、「病気は自分で治す」(新潮文庫)、「40歳からの免疫力がつく生き方」(静山社文庫)など


内容引用  「自分の細胞を大事に使って生きる」
自律神経系における交感神経と副交感神経の絶妙な働きから、エネルギー生成系における解糖系とミトコンドリア系の絶妙な配置を理解するにいたって、「免疫学は肯定の医学」の感を深めました。
肯定して生きるとはどういうことなのか?
安保氏の免疫学は肯定の医学です。肯定して生きるとはどういうことなのか。病をも肯定する。ガンすら肯定する。死をも受け入れる。そんなことがありうるのか。
自分の免疫学を完成させて「あるのです。そこまでいって、はじめて大転換があるのです」と確信をもって言えるようになりました。
医学にも人生にも、否定の流れと肯定の流れがあります。どちらの流れで生きるのか。つきつめていえば、そこが中核です。からだの不調、病、死の恐怖、これらの様々な苦しみは、それを切り替えるチャンスが与えられたという意味を持っています。
その転換をひとことで言えば、「自分の細胞を大事に使って生きる」ということです。
ガン細胞を遺伝子コピーの失敗だと否定すれば、からだ全体にダメージを与えても殲滅(せんめつ)しようとするでしょう。息苦しい細胞内環境に追い込まれて、先祖返りしてまで適応しようとしたのがガン細胞だ、と肯定すれば、細胞内環境を自分の責任で改めようとするでしょう。
現代は、生きにくさの形が変わってきています。その生きにくさと病気が結合しています。医学、医者のあり方も変わってきています。患者と医者のかかわり方も同様です。いまを生き、これからの時代生きる人のための医学、免疫学の・・・・。

□救急医療、臓器別医療は問題ある医療
身体のメカニズムの一部だけ見ても何もわからない

モノでさえ、一部の部品改善(形状、互換性、材質変更含む)で、アセンブルとアセンブルの組み合わせ整合せいはかわります。人体の場合は、生き物連携の整合バランスで機能しています。人の組み合わせで動く集団組織の増幅機能も、一部最適では、全体最適=身体が健全になる確率は高いでしょうか? 130528ms

生命は、ミトコンドリア系の世界と解糖系の世界が合体して誕生し、過不足なくバランスをとって進化してきた素晴らしいものです。何億年という長い時間をかけて工夫を積み重ねてできた精妙極まる細胞です。古い先祖細胞は、酸素なしにエネルギーを生成し、分れるする「解糖系生命体」でしたが、増加し続ける酸素の害で生きづらくなり、この当時出現した、酸素を使って効率よくエネルギーをつくって生きる「ミトコンドリア系生命体」と合体しました。その細胞は同時にシステムとして位置づけられ、からだ全体が関連して生きています。
神経はほとんどミトコンドリアの世界で、ほとんど分裂できない、また脳もほとんどしないため、一度壊れたらこわれたらだめになります。遺伝的な異常で神経がこわれそうなら大事に使うしかない、それが神経難病です。

ただし、失った機能は、肯定的に残った部位を代替機能として訓練すると、残りの細胞が、失った機能を再生し、自然治癒の方向へ向ける不思議な力があります。
胃の2/3以上切除しても、胃の一部の細胞が、長期間かけ残りの胃の細胞で機能をします。手が機能しなくても足がての役割機能に細胞変化する自然治癒現象があることを信じた人、ヘレンケラー師の人生があること信じプラス思考、病を肯定的に生きると、細胞が全力で協力する確率は高い。 
ブランドの女性が、ガン因子があるだけで、女性を捨てた悪い種が蒔かれ、多くの世界の女性が若くして女性を捨て、若い女性の素晴らしい子孫繁栄させる人生からただ生きるだけの人間型動物で終わらせる潮流は阻止したくありませんか?130528ms


免疫学は、「白血球と自律神経の関係」「解糖系、ミトコンドリア系のしくみ」で解く医学です。一言でいうと「人間の身体と心をシステムとしてとらえる」ということになります。
交感神経の対象は活動で、副交感神経の対象はリラックスです。解糖系とミトコンドリア系はどとらもエネルギーをつくります。
解糖系は瞬発力の働くエネルギー系、ミトコンドリア系は持久力の働くエネルギー系。共に交感神経の働きの中の2つなのです。
休息はエネルギーを使わないことですから、解糖系も働きをやめ、ミトコンドリア系も縮小する世界です。
解糖系の瞬発力は細胞分裂にも使われています。ミトコンドリア系の方は持久力のほかにも、細胞分裂の抑止にも使われています。だから、ミトコンドリアの多い細胞は分裂できないのです。一生大事に使い続けるしかありません。
ミトコンドリアの少ない細胞は分裂できる。皮膚の細胞、腸の上皮、男性の精子等はミトコンドリアが少ない。そして盛んに分裂します。その極限が「ガン」です。

◇ミトコンドリアの復活のためには努力が必要です。体温は、その大切な要素となるので「温めることと深呼吸が大切」です。
深呼吸というのは、酸素を取り入れるということです。ミトコンドリアは、20億年前にわれわれの古い先祖に寄生したものです。古い先祖は、無酸素の地球で「解糖系」という方法で、酸素なしにエネルギーをつくって分裂していました。そこに酸素を使って効率よくエネルギーをつくるミトコンドリアが寄生したわけです。ミトコンドリアが入ったおかげで、われわれは酸素が必要になり、体温が必要になったのです。そこから新しい世界が始まりました。長い間、たった一つの単細胞で分裂するだけの生命体でしたが、多細胞化や進化がはじまり、やがて、とんでもない進化爆発を起こしました。とうとう、哺乳動物まで進化しました。これは、ミトコンドリアが入ったおかげです。そのかわり、いったん酸素が遮断されると、ミトコンドリアはすぐに死んでしまうという問題を抱えることになりました。特に脳は5分くらいで死んでしまいます。(解糖系の身体だけは、ある方法で延命はできます。長期間植物人間として生きることは、誰でも見ています。130528ms) ミトコンドリアが入ったおかげで、有酸素のエネルギー系を獲得しましたが、そのために酸素不足に弱くなりました。
・「目の前が真っ暗」⇒酸素不足の状態
・「目の前が真っ白」⇒興奮したり、びっくりしたり、過呼吸になったりして酸素が多すぎる時に置きます。そうなると、網膜は白ととらえるためです。深呼吸を10回以上無理にやると、酸素の吸い過ぎで目の前が真っ白になります。

◇生きるということはエネルギーをつくりだし、消費するということです。
・解糖系は 糖質だけを利用します。
・ミトコンドリア系は 糖質(ピルビン酸として)を半分、脂質(ケトン体として)を半分利用します。脂肪を燃焼させるためにはからだを動かすこと、例えばジョギング、エアロビクスがよいのはそのためです。(脂の質が燃焼時の老廃物の内容、量となり人体にプラス、マイナス影響が大きい要素の一つであることに気づけます。130528ms)

◇卵子はミトコンドリアの世界
・精子は解糖系の生命体で、年をとったら精子がすくなくなり子供ができにくくなるのは、からだがミトコンドリア系に移行するからです。
・卵子はミトコンドリアの数を10万個も維持しなければならないので、身体の奥で温め成熟させます。
へそ出しルック」等腹を常時冷やす習慣化は、人間の正しい子孫に継承責任が脆弱か欠落した弱い動物タイプの男性の性欲動に迎合したライフスタイルの女性は、健全な子孫を残せる確率は低く、すばらしい母性の存在価値の本能を放棄し、異常な子孫を生む確率は高い。現在の遺伝子型性異常者、人為的中性者の両親、祖父母3代の日常習慣分析とそのプロセスの結果を調べると、相関性はどうでしょうか? 130528ms

卵子と精子の生命体のもともとの違いが、男女の差になります。

目次
□第1章 生き方を間違えないための免疫医学
□第2章 身体からのかけがえのない贈りもの
□第3章 高血圧、ガン、糖尿病はこう受け入れて治す
□第4章 年齢とともに免疫力は再復活する。
◇バランスのとれた免疫力は、一般的に40歳ぐらいでピークを迎え、それ以降変化します。
私たちのからだは、生物が上陸する前の海の中、水中にいたときの古い免疫と、上陸後の新しい免疫の両方で守られています。
・古い免疫系 消化管、肝臓の古い免疫系は老年、年とともに再復活します。腸管免疫は衰えず、特にリンパ球がある場所は小腸です。免疫力が高いと「ガン」は防げます。小腸の「ガン」がほとんどありません。
・新しい免疫系 上陸した生き物は、突然、埃や、先に上陸した植物の花粉や、タンパク等にさらされ、一気に免疫が必要になりました。エラから進化した胸腺がリンパ球をつくり、自分と反応するクローンを除いて外来向けクローンを拡大したのが、上陸した生物の免疫です。胸腺とか骨髄でつくられる新しい免疫系は、加齢とともに減少していきます。
・長寿に到達する老人は、一般の老人に比べて免疫力が高く、NK細胞、胸腺外分化T細胞に活性が見られます。老化を進める活性酸素をつくる力が低下しています。加齢しながら健康で長生きするには、古い免疫系をいかにして活性化していくかが大切になります。 そのプラス領域量が多い方向を実行してみよう!

□第5章 自然死という終わり方

 一度、この本を通読されることを推奨します。視点を少しかえて、実体を見ると、未来どう行動すべきか観(診)えてくる確率は高い。

◇高齢になっても、免疫力、自然治癒力がよく機能するライブスタイルを習慣化することが、あなたのたった一度の人生の生きた証し、あなたの素晴らしい知識、知恵、行動プロセスの足跡を、子孫に継承し、更にプラスαを付加できるように制御型人財機能を発揮することを待望しています。
 

 「眠り」「熟睡」は、制御型人財が、どんな多忙の中でも、脳や神経を良いコンディションで機能発揮するためには、戦略的に、傍の人(家・家族も含む)の協力のしくみをつくり、自力で最適化すべき要素



「超多忙な人財の健康持続の突破口」

































































































 


 書名 病気の原因は「眠り」にあった  心身がよみがえる熟睡のヒント
 著者 宮崎 総一郎(みやざき そういちろう) 
 出版 実業の日本社    発行 2012年12月3日
 ISBN978-4-408-10963-3    定価 1,400円(税別)

 著者紹介
1954年 愛媛県宇和島市生まれ  1979年 秋田大学医学部卒業
1985年 秋田大学大学院修了  医学博士
現在 国立滋賀医科大学睡眠学特任教授、耳鼻咽喉科専門医、日本睡眠学会理事、睡眠医療認定医
睡眠に悩みを抱える人々の診察、治療を行うとともに、「眠りの森」事業を通じて社会への睡眠知識の普及、睡眠健康指導士養成にも努めている。
2012年より放送大学客員教授として「睡眠と健康」を担当している
著書 「どうしてもがんばらなくてはならない人の徹夜完全マニュアル」(中経出版共著)、『脳に効く「睡眠学」』(角川新書)、「万病をふせぐ眠り方」(サンマーク出版)ほか 

「本の帯」の引用  睡眠学の権威が警鐘する病気と睡眠の深いつながり
◇睡眠障害の人の発病リスク
・乳がん ⇒ 1.36倍   ・直腸ガン ⇒ 1.35倍   
・前立腺ガン ⇒ 3.0倍  ・心疾患 ⇒ 1.45倍
脳血管疾患、高血圧、糖尿病、肥満、認知症、うつ病・・・

◇よい眠り  3つの要素のプラス領域量を多くします。
・⇒ 「体」 ⇒「健康」     ・⇒ 「心」 ⇒ 「快活」  
・⇒ 「仕事」 ⇒ 「効率アップ」


内容引用  
◇健康ブームにもかかわらず、おろそかにされる「睡眠」

私たち人間は 一生のうちの約3分の1は眠っています。人生を80年とすると26年〜27年は眠っている計算になるのです。
そえなのに眠ることに関しては、「眠くなったから寝る」「夜になったから眠る」といった感覚の人がほとんどではないでしょうか。それだけならまだしも、いくら体が眠いと訴えても、カフェイン入りの栄養ドリンクなどを飲み、仕事や遊びを理由に睡眠時間を削ってしまっているのではないでしょうか。そのような行動がでんな自身の健康を脅かしているとの知らずに・・・・・。 

◇睡眠不足が ガン、心疾患、脳血管疾患を高める
ガンは 体内の免疫機能がうまく機能しないと発症します。夜間の交代勤務や、不規則な生活スタイルが続いて「普通の眠り」ができないと、免疫力はてきめんに低下します。そのために、ガン細胞(解糖系)と十分に闘うことができなくなるのです。
免疫力の低下は、ガンのリスクを高めるだけではありません。免疫とは、体に害を与える異物ーウイルスや細菌、毒素などを排除するシステムのことを言います。
このシステムの働きが低下するということは、ガンばかりではなくさまざまな病気や体調不調をひこおこします。心疾患や脳血管疾患も、睡眠と深くかかわっています。

◇なぜ、ヒトは眠るのか 健康にとり、なぜ大切なのでしょうか
脳と、身体の睡眠目的が異なります。
○疲れた脳は睡眠でしか回復しません。
ヒトの脳の重さは、約1.3キロ。体重の約2%です。ところが、脳のエネルギーの消費量は 体全体の18%にも達します。これに対して体の半分以上を占める筋肉や皮膚のエネルギー消費量は25%にすぎません。脳はいかに活発には働いているのかがわかるデータですが、その脳の疲れを回復させてくれる唯一の手段が睡眠です。解糖系がすくない脳や神経は、酸素をエネルギーにしないで増殖つまり、脳の故障部分の修理できる部分は少なく、今ある細胞を大切に延命し生かす努力が必要条件です。人間をコンピュータとイメージすると、休ませることなく酷使すると、過熱してさまざまなトラブルが起こり、誤動作さえあります。シャットダウン、スリーブ機能に切り替え冷やすと、再び働きつづけます。疲労困憊の時、ぐっすり眠ることで回復します。
(ミトコンドリア系が優位の、脳は、エネルギー使用量を最小化するために 酸素の供給量を最小にする方法として、脳が最小の静止状態である時間熟睡(睡眠が浅い外部刺激に反応するときや夢等は、眠っていても、ある脳の部分でエネルギー消費があり、熟睡総時間が不足した場合は、脳機能が完全再生できない場合があります。その時の脳の疲労度により熟睡時間が異なるためです。 130528ms)

○健康な体を維持する免疫力
現在、健康ブームの中で、免疫という言葉が一種のブームになつています。
免疫とは 
「広辞苑」では「生体が疾病、とくに感染症に対して抵抗力を獲得する現象・・・・」 
「大辞泉」では「病原体や毒素、外来の異物、自己の体内に生じた不要成分を非自己と識別して排除しようとする生体防衛機構・・・」
のう少し身近な言葉でいえば、「病気にならない健康な体を維持するシステム」となるでしょう。
動物もヒトも眠らずにいると、本来の生体防御機構が弱くなることが証明されています。 つまり、免疫力が低下するというわけです。
動物実験では、ネズミを3週間眠らせないでおくと、最近に感染して死亡するという結果がでました。
・なぜ、風邪をひいたとき、寝て起きると治っているのでしょうか?
・体調不良や病気のちきには、まずよい睡眠を確保するのでしょうか?
・動物により標準睡眠時間があり、人間の脳の機能回復は除き体にあるのでしょうか 動物は丈夫な足腰を保つために運動をし、その回復に睡眠をしています。
・人も体を動かすと眠れます。なぜでしょうか?
運動や筋肉トレーニングをし日は、とてもよく眠れます。運動やトレーニングによってエネルギーをたっぷり消費し、また、そのことで精神的にも疲れるため眠くなります。急に運動した場合にはかえって筋肉痛になることがありますが、若いある年齢(人により異なる)までは、熟睡し起きれば、痛みは消え、昨日と同じ状態にもどっています。
(解糖系の身体部分は、眠り、酸素エネルギーが最小化しているミトコンドリア系の動きがすくない時間帯、痛みの発信源、熱を持って破壊寸前の細胞、破壊した細胞を免疫と連携して修復細胞分裂をしています。若いほど、その機能がプラスに働いている確率は多いが、免疫力が極度に脆弱化すると、急性ガン、白血病等発症確率は高いようです。 

高齢化すると、皮膚細胞の保水能力がよわくなり、入浴時は、若い時のは肌になりますが、通常は、汗をかかない場合、しわくちゃになります。寝ている間、少しづつ水をある時間間隔で補給すると、朝起きた短い時間だけ、皮膚細胞が復元し、つやつやしていることに気づけます。寝る前に、足腰手の痛みの箇所を適切に処置(痛みどめではない、マッサージ等)をすると、朝は機能復元しています。
若いときと異なり長くかかりますが、ねている間にギブスで固定した、腫れた骨折した腕が自然治癒しました。キチンとした睡眠が身体復元、再生の自然治癒力を発揮させやすい環境条件である確率は高い。130528ms)

目次
□第1章 睡眠と病気の深いつながり
□第2章 睡眠と健康に関する常識 非常識
□第3章 睡眠の本質とメカニズム 知ることが健康への近道
□第4章 良質の睡眠を妨げる10のダメ習慣
□第5章 自分にあった普通の睡眠をみつけよう 免疫力を高めて病気を防ぐ
□第6章 仕事効率を上げる睡眠術 元気にバリバリ働いて
□第7章 快適な生活のために睡眠Q&A 


 一度、この本を通読されることを推奨します。視点を少しかえて、実体を見ると、未来どう行動すべきか観(診)えてくる確率は高い。
 

 

 


 □医療とは別分野から誰でも、生きる間お世話になる「呼吸法」の最適方法を探そう!
  「呼吸」は 良い心身の健康を維持するたねに必要な課題です。

     プロの熟練度・匠の領域でプラス領域量の多い先人の知恵を実戦してみよう
                             (注)食分野は割愛・・他のA志援ー人財内コンテンツを参照

○呼吸法

 ◇禅の吐く呼吸法
 
 ◇西野流吸う呼吸法 


















































































































































 



























 

















 







































 

 □禅修行の中の呼吸法
坐禅の時の呼吸法の基本動作の一つ
長く細く、ゆっくりと時間をかけて肺の隅々まで体内でしようされなかった酸素の残りと体内老廃物を含んだ空気を、ほとんど完全に吐きだると、自然に酸素豊富な大気を大量に吸い込めます。1分以上の時間をかけた吐く呼吸法は、無理な深呼吸より有効です。
坐禅時の「半眼の空」は、ミトコンドリア系の脳(大脳)の活動を静にし、禅堂の新鮮な空気が充満できます。大脳以外の解糖系の脳の部分の生命維持部分の酸素不要な活動は、程よく働き、大脳と、その他の脳の部分が調整されます。

動中の作務、食事のような普通だれでもする行動は、日常習慣の本音の姿がだえでも見えます。周囲が教導する重点が何か、普通誰にも見えない潜在脳の帯域確認として有効な方法の一つです。
動中の呼吸法を、吸うことを意識して方向を180度逆の吐く方向に徹すると、脳や神経、ミトコンドリア系のエネルギー増加量を、吐く量を意識して調整するだけで、良いコンディションへ、不調の時でさえ瞬間に切り替えることが出来る段階がきます。
「吸うときの酸素量の調整」方法である深呼吸のような瞬間の過呼吸より、「吐く量を自在に調整し酸素量を持続的にタイムリーに調整できる」確率は高い。 


◎「静中」、「動中」日常の中で坐禅の呼吸法を訓練すると、繁忙の中でもプラス領域量が多い方法の一つです。  130528ms 

禅には 2種類あります。 2つが一体の基本動作です。
1.坐禅 
静かな場所を選んで、身体と心と呼吸とを調(ととの)えて坐を組む、静中の工夫

2.動中の工夫
読経や食事、あるいは托鉢などが挙げられますが、その代表的な禅修行が 作務(さむ)。掃除です。

「松原哲明師」の文を引用
特に、秋の庭はき、広い境内を掃くのも結構ですが、小さな庭を手箒(ほうき)片手に、五月やつつじの根元を掃除するのは、動く禅の最たるものです。
五月(さつき)の木下は幹が妙に入り組んで、なかなかきれいになりません。そこで、今度は箒をあきれめて、自分の指で汚れて古葉をかきだすことにしました。大地に両膝を落として、五月の下にもぐります。きたない枯葉が、続々かき出されます。それに混じって、小さな石も。そうして掃き清められた根元は、黒々とした土が顔を出して、いかにも、清々しくなりました。庭の手入れとはこういうことなのです。
人間とて、五月(さつき)の根元と同じ、見栄や見せかけ、強欲、むさぼり、無智、傲慢といったさまざまな古葉がうず高く積もって、人間の根元をくらましていると思うのです。そういうものを、一度、とり除いてみたら、禅でいうところの「智慧」という布で、根元の汚れをふきとってみたとき、はじめて人間の格や、人間の柄、人間の使命が、一体、何であるかを、本当に知ることができます。そのとき、今まで、なんとなく使っていた、人格や人柄、そして人生という言葉の一つひとつに、素晴らしい重みを見つけるはずです。  
明るく生きるのも、暗くするのも、心の持ち方ひとつ、気持ち次第。その心の持ちように、動く禅を取り入れて、工夫・・・・・。

禅道の視点から、実体社会の人間行動の本質を観(診)る方法

◇坐禅 読経、作務、食事、講和、睡眠 規則正しい生活習慣を研修に活かす
鎌倉円覚寺の元教学部長に、経営者の講師として出向いただき、その末寺の禅寺で和尚様と連携し研修カリキュラムを組立、営業リーダー研修を主催し、企画から運営、内容交渉まで現場責任者をしました。現場では、参加者も含め全員のモデルとして一番前で、最も厳しくしていただきました。事務局、参加者は、強烈すぎて耐える力が不足しているため本質を見せる緩衝の役割を、全体の効果を観ながら和尚様と連携して行動しました。
全研修期間率先垂範行動し、他の事務局も動かしながら運営しました。クライアント企業の研修効果として、重点集中提案・交渉、阿吽の呼吸での成約クロージング決断力のパワーアップと業績貢献。部下教導のための迫力強化として多くの部下の業績貢献させる率先垂範型営業パーソンの訓練には有効でした。参加企業は、中堅社員層まで広がり、リーピート人数が多かった。ただし、他の責任者に変わり、現在は、その研修はありません。人の熟練度の無限成長のトリガーとなる方法の一つでした。ただし、現在の浮き草タイプの大人型子供で、部下に要領よくやらせる自力業績責任が希薄な営業パーソンには、役立ちません。傍があまり知らない情報量豊富な外資系の具体的テクニックの知識情報の方がより有効です。研修責任者の参加者の最適者の選抜次第で研修効果結果が決まります。誰でも、役立つ汎用方法ではありません。研修を真似た事務的なセミナー屋では、参加者最適選択のアドバイスが出来る人は希少で、一般論が本流の時代になって「禅」の本質を感じるビジネス界の体験者は「精神的古い手法」と見做して少なくなりました。

□足芯呼吸 へそ下丹田に「気」を集中させる 西野流呼吸法
大地の気を、両足の足芯から腰、丹田に集め、尻の穴を閉めて背骨を通り頭頂へ上げるイメージで、吸う呼吸を大切にし、ゆっくり両手、両足経由で丹田に貯めてゆっくり吐く方法です。

ミトコンドリア系生命体の身体、脳や神経を、良いコンディションにするためには 酸素の身体への供給するための呼吸法と、仙骨の磁気機能細胞は解糖系で、酸素がなくても生き残る知恵があります。地球の「気=地磁気」を「丹田」に集中させ、エネルギーを「気」として生きています。ミトコンドリア系と解糖系のエネルギーをバランスよく活用できるように運動の型として組み合わせは方法です。行動した人だけが気づく「何か」が、プラス領域の多い方向に向けてくれるようです。
オーストラリア(日本と地球の反対側)で、旅行中、偶然 西野流呼吸法道場に出会い感激したことがあります。海外の人の方が、価値に気づき、本物の有効性を評価し、集団組織の構成する人のパワーを増強し、増幅機能をより高くしたくないのでしょうか。現在は、普通の人の普通の玉石混淆の健康法の中に埋没し、西野流呼吸法は西野氏を超える継承人財が生まれるのが遅れ、日本では存続の分水嶺になっているようです。 長期間「由美かおるさん」だけの広告塔では 他の健康法と本質的に異なる本物の中身に気づける人が21世紀は何人存在するでしょうか?

「気育」の成長バランスは10歳までの、周囲の環境で、脳の人格基盤の価値基準帯域の強弱成長がきまります。脳の倫理道徳の基幹規制が解放され、過保護、自由という名目で戦後解き放たれ、抑制制御力脆弱かゼロで制御不能の金欲、我欲煩悩、動物脳行動と動物レベルの性欲動の帯域がある人間の尊厳マイナス領域成長をし、浮き草タイプの大人型子供が多数化してきました。21世紀後半、西野師の視点から、各分野の制御型人財は、何からひじめますか? 130528ms

身体知 あくまでも身体が基盤、生きている自分に感謝⇒最大に生きる
常識的に考えられる頭脳の知(知識としての知)だけでは、真の自己を活かすことはできません。常識的な知識は、世の中の流れと現実の場に直面したとき、しばしば通じないことがあります。人間の能力を最大限に活かしていきるには、いざというときに発揮させる、身体の持つ潜在的な知が不可欠なのです。この身体の知を西野流では身体知と名付けています。
教育の最も大事なことは、知識を教えることではなく、優れた人間形成を促すことです。人間形成とは自主性を確立するということです。それができてはじめて、他者と共存するという意味を理解することができます。自然の摂理に則り、地球上で共存していくという人間の生き方、生物という立場に立ったものの見方ができるようになるのです。この「人間の生き方」の教育を、西野師は、「気育」と命名しました。
一般に 教育というと「知育」と「体育」に分けて考えられていますが、「気育」とは、一言に言えば、この「知育」と「体育」を包括し、狭い意味での教育という枠にとらわれない、「総合知」を育成することだと言えます。「気育」は、自分自身を育てることが基盤になっています。自分自身が日々、よりよく生きていくための「気育」を行うこと、つまり、知(身体知)を獲得していくことが、子供や周囲の人々へのよき「気育」へとつながります。
・人間の動きには2つあります 2つの動きの違いを確認し最適バランスで行動
1.言葉を覚えるまでの幼児の動きのように、細胞レベルで自由勝手に動く動き。
それが生命力を支え、その生命力が身体のあらゆる臓器や骨格、筋肉を働かせるのです。この身体の自由勝手な動きは、実は生命の根源と言えます。
脳の働きもまた、その生命力に支えられることによって、身体全体の司令部となりうるのです。
2.もう一つは脳の命令によって動く動きです。
人間の成長するにつれて、脳が身体全体の中枢機関として働きを強めていきます。そして人間の動き自体も、身体全体による自由勝手な動きよりも、脳の指示のよる動きの方が優勢になってくるのです。しかし、このことは、生命力そのものを支える動物本来の動きが鈍くなることにつながるということを、知る必要があります。これは人間にとっては実に致命的なことにつながりかねません。身体知の養成とは、頭脳と身体のバランスをとうことで、人間の自由勝手に動く能力を回復させ、さらには頭脳を最善に働かせようというものです。

「気育」とは、生命エネルギーを増大させ、その生命エネルギーを身体の知恵として実際に様々な形で生かし、活用する教育だといえます。・・・・・

ほとんどの人は 「知」といったら頭脳の「知」のことだと思っているのではないでしょうか。「頭脳知」の他に、人間は素晴らしい身体知を持っていることを、認識しなければなりません。人間には、身体知があるからこそ、生きていられるのです。
そもそも人間が頭脳をもつようになったのも、身体知のおかげです。生物進化の過程で、生物より効率よく食物を手に入れ、また外界から身を守り、生き続けていくためには、脳神経系というシステムを持つことが必要でした。細胞一つひとつがもつ身体知がそう判断し、実際に膨大な時間をかけてその知を働かせ、つくり上げたのが神経系であり、脳なのです。いいかえれば身体知とは、人間の身体を構成している60兆もの細胞の、その一つひとつのDNAにインプットされている、40億年にわたる生きるための知恵の集積だといっていいでしょう。最近(1997年阪神淡路大震災の時)注目されている免疫システムひとつとっても、外界から侵入してくる様々な病原菌に対する細胞の対応は、まさに頭脳知では想像を絶するような、複雑さと的確さをもっています。
免疫システムの機能は、脳神経系以上に高度で精巧だといわれていますが、身体知は、この免疫システムに代表されるように、まさに知的そのものと言えます。
ものごとには必ず、目に見える部分と目に見えない部分があります。この光と影があってはじめて、ものごとが成立しているのです。身体知とは、たとえば、言葉という光に照らし出された部分だけでなく、言語化しえない影の部分も知る知恵だといえます。その身体知を育成する7つの法則があります。
◇第一の法則 「緩揺(かんよう)の法則」
堅いものはもろい。しなやかさがパワーを生む
◇第二の法則 「快感の法則」
快感が得られてはじめて、意欲が湧き、勇気がでてくる
◇第三の法則 「均衡の法則」
下腹部(丹田)に気持ちが下がれば、頭脳と身体のバランスがとれる
◇第四の法則 「量熱の法則」
身体に生命エネルギーが満たされていないと、人を愛することはできない
・人間の身体は小宇宙といえます。この小宇宙(=人間)は、呼吸によってエネルギーを循環させ、大宇宙(=外界)とつながっているのです。どころが、外界のパワーを充分にとり入れ、体内の循環作用が効率よくおこなわれるようになると、下腹部の部分(丹田)が温かくなってきます。それはなぜでしょうか?
現代社会に生きる人間は、頭を使いすぎる傾向にあるため、生命のエネルギーのかなりの部分を脳で使ってしまいます。そのため、身体全体のエネルギーバランスが悪くなってしまいます。西野流呼吸法をおこない、エネルギーの循環がよくなってくると、生命の根源とのいえる腸に十分なエネルギーがいきわたります。その結果、下腹部が温かくなります。 ミトコンドリアは、体温の正常であることが最適です。
日本人の結婚適齢期の若い女性のミトコンドリア系の母体がなぜ不健康な人数が増加したのでしょうか? 「頭脳労働を好む、晩婚型適齢期が過ぎた女性、へそ出しルックでさらに悪くする男性の未熟な早稲を好む性欲動の結果」、日本人の健康な多数の子孫が生まれる確率はどうでしょうか? 現在の本流の対策は核心を突いているでしょうか? 130528ms
 
◇第五の法則 「共生の法則」
自然の摂理に則(のっと)って生きることが矯正の基本
・生命は自然の摂理の中で生まれ、育まれてきました。人間もその自然の摂理によって生かされているのです。生物にとっての自然の摂理とは、共存共栄すること、つまり「共生」ということです。人間ももちろん生物の一員です。その人間の共生の基本となるのは「どんな人間も平等である」ということです。人間はだれでも平等に生まれてきています。
人は、10歳までの人格基盤を価値基準行動基準として人生劇場はことなります。しかし、基本的にも60兆の細胞を持ち、全く同じ人間です。
人間も含め生物界の食物の循環、つまり食物連鎖が少しづつ狂うと、生態系そのものが崩れてしまいます。自然界は、生物が「共生」するために自然の摂理が働いています。
人間の食物独占は「共生」のルールに反していませんか、21世紀、超富裕層の金融操作で食物商品相場で、人間の「共生」ルールに反していませんか? 130528ms

◇第六の法則 「自主の法則」
自主的な生き方ができてはじめて他を尊ぶことができる
・自主性という言葉は、一人孤独に、自分勝手にいきるという意味ではありません。
人々とともに生きているからこそ「自主」が存在するのです。つまり「他」があるからこそ「自」もあるのです。このことを身体で感じることができる人は、人生においてよいパートナーに恵まれます。
・一方、「共生」を知らず、自主的に生きていない人々は、とかく排他的で、自己中心に陥り、唯我独尊の人生を送ることになりかねません。

人格基盤帯域の脆弱かゼロの人で、21世紀前半は、情報量「ゼタ時代」の進化で多数化型集団化しているため一定もムダです。
合法的詭弁、弁証優位の21世紀前半は気付き矯正できる人はほとんど存在できない環境です。剛型行動優位は、超リーダー人財が生まれる未来まで、過去の戦乱の国が統一まで時間がかかります。その間に、人間の存在、地球の存在がゼロになる確率はゼロではない時代には入りました。この現状認識に立ることに気づくことが重要です。 130528ms


・自主的に生きることは、極めて大切です。それにはまず、人間はともに生きるということ、つまり「共生」しているということを認識しなけければならない。

「銀の匙を咥(くわ)えて生まれた人間」が10歳までの晴れ型成長段階で、キチンと曇り、雨の体験がないと「他」の人「共生」を感じる感性が育ちません。後天的外部追加をしない場合、人格基盤帯域で、脆弱かゼロの部分である確率が高い「共生」の本質に気づけない領域の一つです。左脳の建前論だけで、本質はわかりません。当然核心を突く「全体最適」行動と、集団組織最適増幅できない確率は高い。
浮き草タイプの大人型子供と見做して、制御型人財が黒子として補完・補填することが21世紀後半プラス領域量を多くする未来への重要な軌道制御の方向の一つです。 130528ms


◇第七の法則 「無心の法則」
無心であることは直観を生む。直感は頭脳を超える
・全身に生命エネルギーが満ち、いきていることに快感を感じていると。何に対しても、好奇心を抱き、感動を覚えるようになります。
こうした好奇心や感動は ES(情動感覚)を通じて身体から沸き起こってくる、抑えがたい生きる衝動です。頭脳で考え、何かをなそうとしてつくり出せるものではありません。
頭の中に雑念、雑物がないとき、つまり無心であるほど、ものごとに自然な好奇心や感動をもつことができるのです。身体知とは、ESを研ぎ澄まして、無心に通じる身体の状態を養成していくことだといえます。そして、身体が無心に近づけば近づくほど、その人の人生は幸運に引き寄せられていくのです。
・既成概念は絶対ではない  ・既成概念の怖さ  ・善悪を判断する力
・真実を見抜く力 

細胞に生命のエネルギーを充分に与えて、生きることの意味を実際に体感する。
生きることの意味を身体で知ることは「生きることに喜びを感じる」ことにはかありません。つまり「生きていることが幸せ」ということを実感することです。無心の境地に入ると、ものごとの真実が見抜けるようになり、既成概念というソフトに振り回されることはなくなるのです。

周囲の人が、無理難題、苦境も、すべて自分を育ててくれ千載一隅のチャンスと捉え、素直に挑戦行動すると、次々とプラス領域量が多い方向の人、情報出会えます。周囲の多数の人に気づけなくても、無心で重点集中行動すると、高い壁をいつのまにか超えた不思議さに気付ける自分に驚き感激する段階が待っています。
「やる・やる・やる⇒ 歩む・歩む・歩む ⇒ ふさわしい人に出会う ⇒出来る、出来る・出来る ⇒ 「望」が達成できる」 ようです。 130528ms

 

 その他

身体の部分から心身のよい健康にしたい時の先人の知恵




























 

人間の身体の部分機能から心身全体をプラス領域が多く発揮できるトリガーとして活かす多くの先人の知恵があります。

あなたが、生き生き活躍できる最適探しを、必要と感じた時から始めるとふさわしいものに出会える確率は高い。行動し、体験してみよう!

不調慢性化しているとき、短時間、心身を良いコンディションへ変えるトリガーとなる方法があります。自分の体で、臨床検証し結果確認が必要です。

ただし、その時の目的により、その時の最適な方法は個人の身体の成長過程、食生活も含め取り巻く環境はことなるため違います。
方法を間違えたら、あなただけ逆にマイナス量を増幅す「食の食い合わせ・食物のアレルギー・複数の薬の合併症チェックをしないで市販品を同時に飲んだときの想定外の急変」の現象と同じ結果となります。

・アルファ脳波が決めて すごい集中力で頭をよくする本(志賀一雅)

・気功法 (治癒力をたかめる自発動功・・・)  ・イメージ気功  
・気の研究   ・心身統一合気道  ・気の健康法  
・気の直観力、無限の発現法     ・気の大波動
・あなた自身の人間ドック「西式健康法」

・真向法 3分間でできる健康体操(4つの型)
・5分間なわとび健康法

・足ツボ健康法  ・足心道  ・足ウラ反射帯健康法  ・足の健康法
・仙骨の最高機能「中心感覚」を磨け  
・病気も不運も瞬間に消える「仙骨の超快癒力」
・姿勢健康法
・背骨健康法   ・背骨ポキポキ健康法
・指先健康法    ・手のひら健康法  
・眼がよくなる体操
・とことんサラサラ「血液若返り」 今日からできる健康法 

 ◎「仙骨」の存在価値













































































 

 ●「仙骨」は解糖系の中で、宇宙のバイブレーション(生命波)を細胞内に採り入れ、酸素が少ない稀薄な時代からを取り入れて「生きていた」古い生命体の一つである」視点からもう一度臨床検証する時代がきているのではないでしょうか?

ミトコンドリア系だけ重視し、解糖系の活動をすべてマイナス行動とする現在の西洋医学は人をモノ(遺伝子、染色体、DNA等、)と同一視して「デジタル」思考を重視し「ナノ」追及する方向だけでないのではないか?
現在重視する方向は例外処置技術の方向かもしれないかも?

東洋医学「アナログ」思考に見えるが、「気」「波動」も含め、人間の一つの細胞は、何で構成されているのでしょうか?原子核と同様な小宇宙です。2011年3月11日まで原発完全安全神話の科学が、人が過信していた宇宙を制御できる夢は、幻想であることに気づきました。人が制御不能な領域の存在で、人が目的的に安全基準を決めていたことに気づけました。この価値基準に立つと、心身を良いコンディションに維持することを普通にする視点から観(診)ると、動植物の遺伝子レベルの知恵の累積のスリコミで、環境に最適な数だけが生存できるその動植物の中で、ダーウインの進化論で優性遺伝優位で淘汰されてきました。
心身健康の人の方が、80%以上の多数化するためには人が心身健康方向へ再生(自然治癒)するには、少し核心から大きく軌道がずれてきたのでは?
勿論有効な分野が多いですが、無用な分野しくみシステムは世界の富裕層の我欲とオタク趣味にまかせ、そろそろ、医学の本流へ何かを付加して軌道を制御した方が、21世紀後半、人類が地球内最適「共生」できる確率は高いのでは?
  
漢方の原理は、動植物の遺伝子レベルで継承してきた自然治癒力増強の食物が原点です。東洋医学は、長い人体実験の結果が、現在の姿です。その有効成分だけを抽出し、人体に副作用が少ない(ただし副作用ゼロではない、薬は毒の一部のため)くし、合法的な基準で認可された結果が現在の医療で使用する薬の原点です。
動食物と人間の存在価値違いであるミトコンドリア系崇拝の一神教は、そろそろ、解糖系の最適抑止型多数の自然治癒機能崇拝も活かす多神教の方が、21世紀後半は「人間の尊厳」を持つ、心身健全な子孫を多数化するふさわしい方向では?  130621ms

仙骨は このような視点から、「ガン」も含め、普通の病気、難病治療に自然治癒力を活かしている事例があります。 
・人体のちょうど真ん中に位置し、人体のすべての部分の土台を占めています。
・解剖学的に死体解剖により人体から取り出し、見たまま触ったままの全く可動性のない一枚の瓦状の堅い骨と考えています。しかし生きている人の仙骨は 常に動ごいています。千変万化で複雑に変位できるのが本来の生きた仙骨です。全体が海面にように柔らかく自由に曲がりうるものであるというイメージで、大切に骨盤の仙腸関節で支えられています。
・仙骨は大宇宙から地球に到来する、宇宙バイブレーション(生命波)の共鳴、共振、共働して、仙骨自らが「振動」することにより、その振動エネルギー・バイブレーション(ある波長)を全身に送り、それによって肉体のすべての器官が機能しています。つまり、仙骨が振動している(動いている)ということと、生きているということと同義語です。さらに自分自身が一番充実しているとき、いわゆる元気、健康であると感じているときは、仙骨がその人の本来の動きを保っている状態です。大脳が死んでも、人は、ミトコンドリア系へ、酸素を人工的に送れば、酸素供給を絶つまで生きています。しかし、仙骨が停止したり、失うと死んでしまいます。
・人体には、200余りの骨がありますが、「仙骨」と背骨でつながる、頭蓋骨内の「蝶骨」という骨は、他の骨のようにセラミックやプラスチックなどの他の物質では代用できません。生命波で、最適に共鳴、共振、共働し、千変万化できるものが生まれるまで、まだ科学の進化が必要な領域の一つです。現代西洋医学でできない領域があります。
・二足歩行ができる ヒト型、ゴリラ型、チンパンジー型の仙骨を比較するとヒト以外、一瞬二足歩行したように見えますが、すぐ両手をついてしまいます。
人の仙骨は、球体の一部であり、ボールベアリングなどを見てもわかるように、球というものは、どの方向にも非常に動きやすい形です。人間の仙骨は、他のいかなる動物よりも自在性が高い。ゴリラの仙骨はその構造が単純なため、受信できる生命波の周波数は低く、仙骨というコマの回転が常に遅いこと、仙骨の可動性が、自在性にも劣り、二本脚であるけません。
・仙骨は生命現象の根源であり、人間を人間らしくしている根本をになっています。さまざまなストレスに対する人間の自衛機構のセンターであり、人間の中心に位置する仙骨には、体のあらゆる部分から情報が集まってきます。
転んで膝を打った場合、バランスをとるために、瞬間的に姿を変え、その異変に対応してくれます。そして、その部分の傷が癒えるにつれて、仙骨も元の位置に復元していきます。この現象は、生命が活動の発動と、仙骨の変異が完全に復元していきます。仙骨がオーバーワークになると、症状が一段落しても、仙骨の変位がのこります。コマでいえば、軸が中心からずれた状態になります。コマの回転が鈍ってしまうと同様に、仙骨のバイブレーションも低下してしまいます。人が床に臥す状態、病気になるメカニズムの一つです。
仙骨が球体の一部であることは、仙骨の球体の求心(中心)感覚を感じた曲芸師はの1点の中心を活かした芸、複数の人での芸がなぜ人間にできるのでしょうか?
・太陽やその他の星々も強大な磁石として、磁気のエネルギーを宇宙に放出しています。宇宙全体が一つの磁場を形成しえいます。地球も南極と北極を二極とした大きな磁石です。銀河系や星々は時間軸の経過で、変化しながら秩序を保ち続けるているようです。地球の場合は「地磁気」、人間のバイは「生体磁気」としえ、血液、細胞、神経といった人間のミクロの世界で、イオンの活動を促す働きから、様々な影響を私たちに与えています。人体の全機能を調整するセンターが仙骨のようです。

・健康は、自ら作り出すもの、人から与えられるものではない。幸せな生活を送りたいと思うなる、自分の中心に目を付けて、その中心に仙骨があることをしっかりと意識すべきです。
 

 

 


◎21世紀後半の子孫繁栄の方向

現在の大人が、10歳までの世界の子供たちを人間の尊厳を豊かに多数発揮するための人格基礎基盤を構築する必要があります。地球内、大宇宙の生物が調整された形の「共生」の推進役として活躍させる準備の時代。
素晴らしい多数の子孫を増やすプラス領域量が多い方向へ「重点集中」して軌道を制御できるかが、21世紀後半の潮流を動かず子孫繁栄の分水嶺の時代に入りました。

◎人間の「ミトコンドリア系」の大脳と神経がよいコンディションを維持できるしくみはシンプルです。
1あなたの心身健康、脳や神経をよいコンディションにできるのは、人から与えられるものではない。

2.幸せな生活を送りたいと望むなら、自分の心身の健康状態を、各細胞から発信するマイナス徴候信号をプラス領域量が多い方向へライフスタイルの習慣化した軌道を、制御すればよい。

3.頭蓋骨の中にある蝶の形をした蝶形骨の中央に乗っている脳下垂体にバイブレーション(生命波)として「人生は 楽しいんだよ、明るいんだよ、最高なんだよ、行動すれば素晴らしい未来が待って居るんだよ。・・・」というような「ポジティブ」・「現状全て肯定化視点」・「プラス思考」・「傍の良いとこ探し、よいとこ活かし」、「共生目的の柔型行動優位」「国家単位なら自衛・自国内屯田兵型多数豊かにの優位思考」の指令を脳下垂体に生命波を送ると、ドーパミンとエンドルフィンというホルモンがでてきます。

4.この2つのホルモン(多くのメディア、マスコミで脳の健康ブームの中ででる誰でも知っている内容)の分泌量が、ある量以上になると普通の人が「既成概念のとらわれたり、今まで苦手だったり、恐れ逃げていた問題、人等」が平気になってきます。同じ人が性格が変わったような的確な情報知識と、タイムリーな行動が出来てしまいます。

5.大脳からα波がある量以上になり、集団組織の人の能力増幅(共鳴、共振、共働)で、総能力量が高い難問障壁を超えるように正しく決断できるようになります。
α波は、不健康・不調時 「解糖系」は生き残るために身体をマイナス方向へ増殖しますが、それを抑止し元の「ミトコンドリア系」と共生できる環境に復元方向へ戻します。
結果として人間の「自然治癒力」が高めたことになります。
このα波の効果は、周知のように、リラックスして、陽気で楽しいと思ったときしかでません。
どのような、憂鬱(ゆううつ)だった人でも、パット気分が明るくなるのを感じることができます。

6.「笑う」と大量のα波を出します。
先人の知恵の凝縮したことわざ 「笑う門には福きたる」 単純なしくみがあります。

●反面教師として、人の重箱のすみまで欠点を洗いざらいだそうとし、少ない長所(自然治癒力)の芽を摘む 「ネガティブ」、「現状否定・重箱の隅探し思考」、「欠点探し、治させる我欲優位思考」、「マイナス思考」、「剛型行動・我欲優位で反対他人排除思考であり国家単位なら国防思考・他国排除思考」等我欲がさせる傍の結果は、プラス領域量が少ない方向です。多数のプラス領域量の多い人を、奈落の底へ誘導しているかも?自分の人格基礎基盤が正しく育って創業リーダーは、本音と建前の行動乖離ギャップに耐えられなくなり、多くの歴史上の人が、傍の最大の味方の離反、不健康、死により、志を半ばする人がおおかったのはなぜでしょう?ただし、富裕で金で多数を動かせる銀の匙を咥えて生まれた人や、金融、IT・科学崇拝型の人等は、人格基盤帯域の脆弱、ゼロの場合、潜在脳の機能と本音の自己責任感と病気との相関性はわかりません。

◇先人の知恵の凝縮ことわざ「病は気から」(普通の人)
1.「暗い気持ち、怒ったり、悲しんだり、できない不安、失敗の恐怖、失敗した時の逃げ道として他人に責任転嫁したり、合法的を頼りの逃げ道探し、自分だけ正しい合法的ディベートで勝っても、人格の基盤の潜在脳と逆行動の場合」、脳や神経、身体のが不調のバランスに自分だけ気づく段階がきます。

2.このとき、大脳から体にとって歓迎されないアドレナリンとノルアドレナリンというホルモンが分泌されます。
その時の脳波は強いα波やγ波が出ています。
3.情報知識、行動は、核心を突くためのプロセスを踏む途中で決断し、マイナス領域量が多い結果になる確率は高くなります。 身体は、この病気の原因とホルモンにより、様々な症状として現れます。
胃・腸病、心臓病、ガン等の発症の原因を「ストレス」と集約された言葉がトリガーとなる場合が多い。

4.副腎からステロイドホルモンを分泌し、全身を非常警報が出されたような状態になってしまいます。
5.血流は、骨格筋に流れはじめ内臓にあまり血液がいかなくなります。酸欠状態のミトコンドリア系の細胞は、内臓は、チアノーゼや困難が起こりはじめます。免疫能力、自然治癒能力以上の環境が ある期間以上経過すると、身体の各部分はどうなるでしょうか。 結果は「病は気」から、気の内容と相関した結果が冷厳に起こります。

■2013年6月21日日本で「いじめ法案」が成立しました。10歳までの70%以上のプラス領域量の多数の子供たちが、順調に80%以上「プラス領域で育つ確率は高いでしょうか?
マイナス思考の教師、教師責任すべて転化しに家庭環境のマイナス行動をすべて他人責任周囲責任にし、自己責任が脆弱
か欠落した親・家族を合法的に正当化させました。歴史は繰り返す「魔女狩り」手法では?
仮想空間の他人からのカウンセリング手法で最終的に子供自身だけが選ぶ行動、大人の視点から子供自身の自力克服ができるでしょうか?
親・家族さえ教導出来なかった子供が、他人の大人視点教導が「潜在脳の本音」で子供は行動を変える確率が高いと感じることは、幻想ではないでしょうか?
合法的ディベートで、日本の未来の大人は「笑う門には福きたる」人数が70%以上になる確率は高いのでしょうか?
プラス領域量が多い日本の価値基準、行動基準は 180度逆では?

●既に日本企業では、IT・データを活かす、人事考課、戦略的人材育成プログラムが 狩猟民族の価値基準、行動基準優位に変化し、日本の最強の強みは減衰し、逆に、地球、世界視点で「共生」型超人財、一流人財は育たず、世界の後塵を拝する日本人の多数化、戦後予定通り外国人崇拝型日本人解体のプロセスを歩んでいると気づき、今、社内人材の多数の人生軌道を制御すべき方向は地方地域中小企業の国内市場で生き残るたねには、180度近い軌道制御の方が、良い結果となり「あれ、いつの間にか、儲かっちゃった」「社員は個人所得も上がる」「競合他社と比較した無意味さ企業我を捨てて、住んでいる地域をよくしたい使命で地域貢献目的に、地域のバラバラ固有技術を協業し、身体細胞の如く、それぞれ最適でありながら、地域全体最適なように、整合調整して、共に成長する行動に変わる」 地域の合う人が「元気なあいさつ」「にこにこ笑い」ながら話す、相互補完補填機能で「ホスピタル」行動を「もうちょっと」するだけで、すばらしい人材が多数育つきぎょうとなる確率は高い。親・家族が「明るく、生き生きする」とその子供も「明るく、生き生き」「笑いが絶えない」家族が、「絆」がまだ残り優位な今は、地域地方単位なら実現確率は高い。
首都圏、大都市、都市部の「病は気」から「自我・企業我・利権我」に敗れた多数の「負け組と思い込み症候群=病人・病人症候群」の価値基準行動基準は横に置いて、反面教師としてプラス領域量が多い行動を気づいた「今」からはじめ、もうちょっと健康度を増す小さな成功を累積させると、素晴らしい未来の人生が自力で拓ける確率は高い。「たって一度のあなたの人生のために・・・。」  130623ms

 

 

 



 

商品一覧