開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

制御型人財の人格形成

■制御型人財の人格形成     130616

戦略的に制御人財に成長する>制御型人財の人格形成




更新 2013年7月19日

◎21世紀後半・未来が共に豊かに希望に満ちた「自己実現」できる地球社会を
構築するための各国実務のプロ・匠の多分野の制御型人財を志す人のための
人格形成の基礎基盤を自己分析して再構築する時!

21世紀後半、世界各国の自国民が各自心身健全で共に豊かになり、多数決で
60%以上を占め、本流で優位に行動できる社会を実現することを目的にする。

そのためには、世界観視点に立って価値基準・行動基準を「もうちょっと」正しく
軌道制御することが必要です。
また、知行一致型の日常行動で、各国が互いにWin−Winになるための調整
ほどほど納得満足が必要です。
各国が「ほどほど満足型」価値基準・行動基準により自国富国殖産で「ほどほど
の満足」を実現できるふさわしい強い国力になった段階になる。
次に地球観へ視点を高め「人」「動植物」等の地球内全体最適である生物多様性
バランス価値に気づける段階が人間の尊厳の一つ・「やさしさ」を発揮できます。

さらに地球内世界市場の永続的拡大を維持し相互協調できる「人間の尊厳価値」
を意識して21世紀後半は、地球内全体最適になるように、プラス領域量が多い
方向へ、現在の本流の延長軌道を各国で正しい方向へ強制制御できる超一流・
一流の実務のプロ・匠であり知行一致に徹する制御型人財が多数輩出させる時
が来ていることに気づく時です。


◎人間は、本来、正常な人は、誰でも未来の生きがいや喜びを求めて生きています。
日々営んでいるさまざまな活動目的は、未来の幸せの実現へ向けて行動しています。
地上に生を受けた一度しかないかけがえのない人生を、生きがいと喜びに溢れた
価値ある人生を「歩」みながら、人生の節目ごとに浮かぶ多様な「望」みを一つひとつ
ほどほど満足で実現することができます。死ぬときまで無限に成長でる可能性を、
誰も平等に生まれてきたことに気づくときです。
未来の社会は、人間に対して最高の「自己実現」を求めているという「心」を持つ時
人間に自己の能力の最高実現へ向かう方向へ行動を促す機能がより強く、プラス
領域量の増加を求めて動く時間を大切に活かすようになります。

●人間が未来の社会に「自己実現」が出来ないと「心」が思い込んだ瞬間に心身の
健康を失いはじめ、マイナス領域量の多い行動で、奈落の底、死さえ選ぶように
出来ています。

「自己実現」できる未来の社会を信じ、今を「もうちょっと」正しい社会へ変える一員
となり、あなたの周囲から少しずつ正しく良くなる変化するプロセスを生きがいに
しましょう。


今に徹し、今を大切に、その時の知行レベルの総能力を結集して、汗をかき全力て
行動し、昨日より今日、今日より明日へ、「知」にプラスαを付加し、「行」の倍速
行動(昨日の時間生産性の2倍以上のスピードで行動できるようになる)へ常に
総能力量を増加し続けることができるように普通の人は誰でもできる中道が出来て
います。優れた人は、多くの超先人のように、はるかに高い上限を歩んでいました。
人が集団組織に属する場合、自分以外の多くの人達の総能力のベクトル方向を
揃えると、単位時間でのj自己実現量を増幅できるようになっています。
自分を下限として、多くの傍の人を、自分以上の知行が出来る人の数を増加させる
と、自分の想定以上の自己実現できる人生が「歩」めるようになっています。

○周囲の人の「認知要因」である「態度」を「もうちょっと」プラス領域量が多くなる
方向へ軌道制御することが集団組織が「もっと正しく増幅機能」拡大できる突破口
になります。

□「態度」は「心」の中に形成されたものですが、何らかの対象を必要とします。

◆「態度」は 経験を通して獲得された反応傾向です。 
学習(知識量増加)と行動(知恵量増加)で「態度」はプラス方向へ変化できます。
「心」が 未来社会を良くする一員として自己実現の方向を意識した段階からプラス方向
への仰角は大きくなります。自己実現の時間はあなたのただし行動で短縮できます。

(1)「態度」の中で意識的な認知的要因 「好意的か⇔非好意的か」・「よい⇔わるい」
により行動方向を選択できる。
(2)「態度」の中で意識的な行動的要因「人を近づけたり(接近)⇔人を遠ざけたり(回避)」
により実体社会での行動方向を選択ができます。
(3)「態度」の中の職業社会(集団組織)の中で不滅の概念 「報酬(アメ)⇔ 命令(ムチ)」
により行動選択を強制的にさせることがきる。 
「志・信念」が脆弱な「浮き草タイプの大人型子供」は 集団組織が変わると「態度」も変えられる。
21世紀前半、自分の人格基盤の根の存在を忘れ、カメレオン・浮き草型、集団組織の教導
された「態度」の中でプラス領域、マイナス領域「何でもあり」 「組織に妥協・しかたなく」を
言葉で平然と「態度」を豹変できる人さえ多数化してきました。
     
◆「性格」は 10歳までに人格基礎基盤を形成する比較的変わりにくい領域です。
潜在脳本能、煩悩、我欲、動物脳、恐竜脳等を社会で最適レベルで抑止制御
できる人格基礎基盤の中の「態度」「行動」の本音をコントロールしているのが
「性格」です。
(4)「態度」の中の意識した時「本音」と「建て前」を使い分ける感情的要因「好きー嫌い」
により行動選択ができる。
なぜ、ある分野に限り、どんなに左脳I知識」で納得させようとしても「嫌い」の感情が
湧き上がるのはなぜでしょうか?国が「嫌い」なら、なぜいい年の大人が平然と子供行動を
できるのでしょうか?自分の「性格」の弱点を良くしり、正常な「態度」で行動し、習慣化する
と、習慣化た人格基礎基盤の定着されすり替えられた段階から「好き⇔嫌い」の感情が減衰
した自分に気づける段階がきます。幼児期の子供の食べ物の「好き⇔嫌い」は親とそっくり
です。初めての食べ物は、「嫌い」と食べる行動をせずに拒否します。誰もおいしい食べ物
なら一口食べさせたら、吐き出す行動を瞬間にせますが、おいしくと分かると2度と「嫌い」
行動をしません。逆に、親が「嫌い」でも子供は「好き」になり、親と関係ない行動が習慣化
されます。「食わず嫌い」現象は、社員研修で教導する方法は、汗をかき行動させ、身体に
徹底的に「思い込ませ」習慣化させる方法しか「大人」の場合は教導できる確率は低いこと
に気づくことのできる事例の一つです。仮想空間のカウンセリングが一過性効果である効果
が低い教導方法であることに気づく時です。仮想空間優位人間は、情報での教導は、人格
すり替えが極度に出来難い時代になり、20世紀の教育プログラムの再臨床、検証、実証を
急ぐことが、実務の多分野の制御型人財が「自己実現」能力を高める突破口の一つです。

(5)「態度」の中の報酬(アメ)は 「性格」で好きは事の極致は「今太閤」「富裕」
「態度」の中の命令(ムチ)は、優位な人が弱肉強食、剛型行動を採ることが
できる。

◎集団組織の中の営業パーソンで著しい実績を上げている人は、どんな能力に
優れているかということより、その人が、自分のの能力をよく把握して。その欠けて
いる点を補ったり、伸ばしたりする努力をしている点が目立ちます。
自分の「性格」をよく知り、長所短所の行動クセを認知した上で、お客様に最高の
満足を感じてもらう行動をしています。完璧な人格基礎基盤を持つ大人は微少で
普通の大人は、短所を持つています。短所を意識して抑える行動を習慣化すると
長所が目立つようになり、評価が高い、成功数が多くなると、長所はすくすくと
成長する段階がきます。その段階から性格が良くなった自分に気づけます。  


1.学習(知識量)は 認知構造の変容(行動した時の上限制限の向上)です。
2.学習を繰り返す(仮想空間の模索)より、実体社会で行動し、視点が変わり見通し
による認知構造の変容の方が、実体社会の問題解決には有効です。
3.最初に制御型人財のあなたが、問題解決のためのフレームワークを構築する
ために率先垂範しながら認知構造の最大変容(集団組織の上限)行動をする。
4.あなたの最大変容の中のプロセス軌道方向に、傍の人で、共鳴、共振、共働する
正しいよい仲間から、学習(知識)と行動結果の体系(知恵)を必要段階まで、一人
ひとり成長させる。
5.最初の傍の正しいよい仲間にその人と連携し、単位集団組織増幅量を最大にする
ために、あなたが傍を軌道制御した手法を自分流で「真似て」教導できるようにする。
6.あなたは、周囲の連携する集団組織がより増幅機能を発揮できるように、傍の
正しいよい仲間の全体軌道方向を感じさせながら、見守り任せ、変容量の少ない
集団組織は、個別にフォローし、各分野のリーダーがより超スピードで成長できる
しくみシステムを構築する。(標準化し、標準以下の多くの人を20%以下を目標と
する。
7.あなたを、先人にいない道なき、プラス領域量が多い方向へ1本の糸のように
蜘蛛のように軌道を役割に専念する時間を最大化する工夫が、目的達成期間
をより短縮できるか、無限に伸びるかの分水嶺人財であることに気づくことが
重要です。
8.自分以外の傍の人でできる場合は、周囲の評価が超高い業務も出来る人が
育ったら任せ、部長役員社長へ昇進しても、予定通りふさわしい人財に成長した
姿に満足することが重要です。企業を運営する経営陣が増加した段階から、
社内は処理業務は他の人に任せ、安心安全の先行創市場創客のため地域集団
組織の増幅機能を協業連携型で自社一社事業体能力を地域がWin−Winになる
制御l型人財(黒子)として、地域のリーダーの黒子機能を発揮する。
9.地域の事業体が、地産地消、自給自足を実現する早道は、地域内・地域外の
共有する縁ある人を常に、常に事業拡大量は平均顧客単価の10倍以上の客数
増加が、毎月必要です。その顧客共有の機能を、計画通りの、顧客減少率の
最小化をさせながら、減少顧客数の増加数も加算する。
創市場創客に専念して認知構造を最大変容させる段階から、地域の事業に付加
する新商品、商品カイゼン等、世界の競合他社に勝てる突破口が無限に湧いて
くる段階に気づけます。地域内市場だけで、適性規模の複合食品産業を基幹に
すれば、地域インフラの重複活動を、最初化するだけで、現在いるすべての人口
を役割分担連携だけで、働く場、稼ぐ場が無限に生まれてくることに気づけます。
富裕層の金融操作、海外の金融操作である商品相場による合法的金融丁半博打
で、胴元に超優位に資金を吸い上げられ、実体社会のモノの価値が、泡で巨大に
増幅されて仮想空間で見える幻覚現象に踊る身心不健全な人の無意味さ、
人間の尊厳価値向上と逆方向、マイナス領域量が多く、多数を奈落へ導く方向
であることに気づく段階がきます。地域(狭域)に戻ると、現在の新聞、メディア
映像、広告、ブランド(人も含む)とは、すべて夢まぼろしの象徴が「兌換価値の
ない物としての価値がほぼゼロの貨幣」であることに気づくのが21世紀前半を
生きる人類の存在使命であるかもしれません。
21世紀後半は、金融操作の上限規制、情報量の中のマイナス領域の下限規制が
実現する世界の方が、人間尊厳価値が豊富に発揮できる実体社会が、物の価値を、
バブル(泡)でハロー現象で見せる幻影を最小化する時代かもしれません。

●現在のあなたのありのままの姿、取り巻く人の姿、自分も含め人が蒔いた種の
結果である周囲の現実、国の現実、社会の現実、世界の現実、宇宙の現実等は
プラス領域量がより多い未来を子孫に残すために一人ひとりが成長する方向は
何か狂っている部分に気づける人はいますか?
自分の行動をプラスへ変えると未来は無限の可能性があることを気付かせない
過去、いま瞬間までの過去の残渣の仮想空間の中で、仮想行動して、未来を
マイナス領域量が多く映像で、文字と異なり、人格基礎基盤が脆弱で欠落した
大人型子供は、鵜のみにして心理的催眠状態となり、正常な左脳のプラス領域
機能が働かなくなり、マイナス領域が優位行動を採る21世紀前半の情報量
「ゼタ時代」マイナス領域の幻術者の誘導を断ち切る必要性に気づく人はいますか?

○自分を客観的に見つめ直し、自己の生い立ち、人生経験、境遇、社会環境などから
自己の人生の成り立ちを自覚し、それを改善していく道に必ず人との出会い関わり
その行動結果が一つ一つ記録されて行く過程に気づけます。
自分以外の各人は、みな、かけがえのない存在として同じように尊く、平等に尊重
されなければならないことに気づけます。
人は 人生の成長プロセスで 健康、寿命、知識、知恵、道徳心、財産、地位など
に違いが出来、一人ひとり異なった人生を送ります。
ただし、自分と同じ集団組織に属した時代だけ、双方の人生に直接・間接関ることが
できます。

◇各人の人生を成り立たせる条件は
1.自然の環境   2.社会的、文化的環境   3.遺伝と家庭環境  
4.各自の心づかいと行い(哲学、道徳、倫理、心づかい、気配り)
5.個人が属する集団組織の機能を傍の人も含め全体最適の価値基準行動基準で
個人を調整抑制ほどほど満足、傍の人とともに豊かに共に喜べる環境
 
が総合的に影響し合って、人生がそれぞれに形づくられています。
5つの条件が プラス領域量が多い方向にある人生は未来の無限の可能性を感じる
人が60%以上になる確率が高い方向と気づける人がいますか?

■21世紀前半 「人間の尊厳価値」に気づけない大人がなぜ超スピードで増加するのでしょうか?
現在の本流のしくみシステム、10歳までの子供の人格基礎基盤神経回路に何か故障個所狂った
部品(1⇒0、0⇒1の不適切情報を正しい誤受信現象)が紛れ込んだ時の、価値基準行動基準が狂う、
ものづくりの電子回路異常の原理と同質です。脳機能の受信帯域(感性帯域)に異常部分がある現象
の一つと気づく人はいますか?
個人が独占的今太閤、超富裕が潤沢な資金で金融合法的丁半博打で価値を独占する姿は、多数を
不幸な環境へ突き落す行動は、正常な人間なら今を我欲の上限としてそろそろストップし、世界が
プラス領域量へ向かうために実体社会をプラス方向へ軌道強制制御できる実務の多数の制御l型人財
を増やす重点集中行動に「超富裕な資金を投入する方向を変える」時です。
世界がよくなった時、人類の歴史に永遠に救世主の1人として名前を残したくありませんか?
現在のまま、あなたの直属の子孫に遺産として残すと、死ぬと権威はゼロとなり、名前も悪評部分だけ
残り、あなたの直系子孫の末路は、このままの普通の多数頻度の結果でよいのでしょうか?
あなたの直系子孫、多数の直系関係者が実務の多様な分野の制御型人財の一員として、素晴らしい
未来で多数の心身健全な子孫が生き生き活躍させたくありませんか?

情報量「ゼタ時代」の外部の目的的心理的操作出来る自走ロボット化人間のような人格基礎基盤の
右脳の潜在領域の感性帯域がある部分脆弱かゼロレベルしか育っていない子供レベルの大人が
人口の60%以上育ってきた徴候が出てきました。
外部からある内容のトリガーで起動させると 外部の目的的プログラム内容で人間が自走型ロボット
のように操縦される多数の人間らしくない動物集団と酷似した、瞬間的衝動的なヒステリー型集団
行動をする徴候も見えてきました。
その時の人は、外から見ると、多数の夢遊病者のように「意識もうろう幻覚症状状態や催眠状態」
となり、瞬間で平常な普通状態のあたかも何もなかったように戻れる行動をします。
記録した映像では、なぜあの人が、なぜあれだけ狂信的な表情で、体中を震わせで行動しているのか
実体の姿が写されています。テレビの映像の中で演技する役者のなりきり迫真演技をする姿と酷似し、
テレビの中のマイナス領域行動さえ、平然と実体社会できる低年齢層から高齢者まで仮想空間と
実体社会と区別ができない人も育ってきました。
実体社会で、自由を大義名分として「何でもできる」まさに「浮き草タイプの大人型子供」が想定以上の
速さで増加してきた徴候が見えるようになりました。

◆マイナス思考・視点から推計すると現在のまま推移した場合人類の未来を明るい方向へ
向いているでしょうか?
仮想空間・確率の世界を崇拝したまま、実体空間行動をぜずにもし軌道を制御しない時代
はどうなるでしょうか?

仮想空間、仮想行動の領域では、明日、誰もが「ローマのような国を建設し、覇王さえ」なることが
できます。実体空間では、傍の人も含め、21世紀の今の取り巻く環境、必要な条件が揃わなければ
実現できません。

特に情報量「ゼタ時代」、人間の右脳(実現できそうに思う心)の方が、左脳、身体の知行の実力実行総量
との現実の実体具体行動の乖離量分析が脆弱、欠落した帯域を持つ人達は、競合する周囲の人の、
知行総能力量との相対比較しはるかに相手が優れていることに気づけず、厳しく数値的要素比較し、
勝てる場を綿密に準備しない段階で、抑えられない衝動行動をして、仮想空間と実体空間を同一視して
実体社会で行動できる「浮き草タイプの大人型子供」は、漫画の幻術師と同様な手法である実体社会の
ブランド、言葉、映像、図、箇条書きイメージだけで、個人個人の仮想空間の描いたバラバラの価値基準が
仮想空間実体現実イメージが、一部同じように見えると、すぐ自己実現できるように錯覚的心理的誘導で、
麻薬的キーワード言葉、多数麻酔型内容集団組織による洗脳により仮想空間への誘導されたり、催眠
状態へ入れることができます。ヒステリー型で多数動く、徴候に私も含め多数の分野でなっていました。

1945年以降日本人は何か変な催眠状態に入り、1945年までの日本人と同じ人が別人の日本人に
変わってきました。
よい面悪い面は両面ありますが、日本人の心身健全な子孫が減少、男女の中性化、遺伝子的性異常
が見える段階(日本人口の10%以上を超えた現象)になり、母性が未熟な女性の増大、結婚適齢期
が過ぎた高齢者出産の弱性遺伝の増加、男女の異性外人崇拝行動、日本語を放棄、日本国より、外国
崇拝行動の多数化は、現在の日本人の心身健全子孫を多数化する方向と逆方向へ歩んでいませんか?
冷厳なる、因果応報の結果、何か変である部分をプラスう領域量が多い方向へ一つひとつ変えて、
そろそろ、日本国の軌道を現在の日本人が身心健全な子孫が共に豊かになり未来の自己実現を目指し
生き生き生きることをイメージした方向へ軌道を制御したい人が多数輩出を急ぐ時であることに気づき
ませんか?

当時の若い親は戦後の日本人の創られた価値基準行動基準を普通と思い込み、孫世代で初めて
日本人の近い子孫が 「何か変だと時々感じました」が、「何が変なのか」わかりませんでした。

2011年3月11日に直面した覚醒した現実に出会え感謝しています。その中で必死で生きた共有時間、
日本人の存在価値に覚醒する機会をいただけました。
テレビ、メディア、多様な最新情報機能の中で、映像で見える人、ブランド権威で動く人、富裕層の迎合
した金で動く生き残り行動の偏向内容、話す内容、企業の行動プロセス、政府の行動プロセス、周囲の
人の行動プロセスとその結果で一目で判断せきる真・贋、言霊の発言者自己責任の結果行動冷静に
分析出来ました。集団組織の中の人物評論分析の多様な分野の人物評論と、行動プロセスと結果を
分析できました。長い人生の中で、日本国の本流の全分野、本流外の全部分野が、短期間に集中的
に連動して動いた時期は初めての体験でした。生きている今に感謝しています。

1945年以降、目的的脆弱化、欠落させられ、日本人の遺伝子レベルで継承した先人の知恵の集約
された人格基礎基盤の中の感性帯域異常領域の存在、なぜその領域が成長できずクランプ状態に
なっていたのか、明確に気づくことができました。逆に抑圧され抑え込まれた日本人の行動の強みの
伸ばすべき方向も明確に見えてきました。催眠状態から覚醒した今、気付けなかったこと、何を今
正しい行動トリガーを起動させる方向を重点にコンテンツを統合統覚することに気づけました。 

ただし、今の本流が続き5年後は、今の10歳までの子供と多数を占める若い世代が、異民族絶対崇拝
を潜在脳に定着された洗脳段階となり、、世界に飲み込まれた環境では、新日本人の価値が脆弱欠落
していても、正常な価値基準行動基準の人格が少数化した段階では、狭域集団組織を、共鳴共振
共働方式で、実体社会の共有価値を強化して育てたくても、どこの国民が分からない、ベクトルバラバラ
の日本人は、大国土の異民族国家と同質な方法しかできない時代がすぐそこまで近づいていることに
気づくことが、現日本人の21世紀後半活躍する共に豊かな、心身健全な多数幸せな子孫繁栄の基盤を
残すことが出来るかどうかも分水嶺の時です。チャンスの女神の後ろ髪をつかめるわずかな時間しか
ないことに気づくことを待望しています。


◆プラス思考・視点に変えて人類の未来が明るい方向、プラス領域量が多い方向へ行動をはじめる。

◎地域(狭域)で、仮想空間で仮想行動をする多数の人を、一人ひとり、仮想空間幻術幻想まぼろしの
夢想の価値基準行動基準で自分以外の他人を、実体社会で動かし(ゲームの登場人物と同じように)、
実体世界の結果は、すべて他人責任、成功すればすべて自分だけの利益、超我欲本能煩悩、ゲームの
ような動物と同じ弱肉強食の剛型行動を他人に平然とさせる現在の世界の結果になります。

実体現実社会の自分が価値基準行動基準の結果責任で逃げ場のない、集団組織の一員として直接
人員として、働けばふさわしい収入がもらえる、役割分担型ワークシェアリングで60%以上がほどほど
に満足、幸せ、たの人が幸せの仲間に入ることを共に喜べる、我欲の上限規制、金融操上限規制の、
独占の上限規制、寡占の上限規制等が実現できる実体社会を限られた時間猶予の今行動をはじめる
ことを待望しています。この段階からプラス領域量が多い方向へ 「5つつの環境」が プラス方向へ
軌道が徐々に変化しはじめる段階がきます。

まだ、日本の本流が「何か 変だ」と気づける、まだ覚醒状態で「人間の尊厳」の価値を意識できる人格
基盤を持つA志援サイトへアクセスされた人から、あなたの傍の人を一人ひとり、仮想空間・確率・金融
合法的丁半博打に勝つ夢から、実体行動、多忙でヒマをゼロ状態環境へやらざるをえないようにさせて、
全体最適のために、徹底的に分担役割の熟練度、時間生産性効率、労働生産性のプロセス数字を
合理的脅迫方法として動かす。
行動貢献度に応じて、ワークシェアリング型、多数豊かに60%以上なれる仕組みで、工夫カイゼンして
働き、知識・知恵・行動の熟練度の累積(年功)業績貢献度が増加するしくみシステムに組み込み、
人生での自己実現ができるように組み込む。
個人、集団組織が共にプラス領域量を多くし、集団組織が、地域で協業連携し、地域の一体事業体が
全体最適となり、地域の人が、ほどほどです共に豊かで多数幸せを共に喜べる実体社会をイメージで
描き、日本人の遺伝子レベルの「もちつもたれつ・絆」に気づき、長い農耕(水産・林業)民族に視点を
変えるだけで、狩猟民族の仮想空間で組立、確率論で、大量の狩猟結果(21世紀のあらゆる金融利益)
の合法的丁半博打的数字の確率論行動様式(父性行動・剛型行動優位)のマイナス領域量が多い部分
だけを断ち切り、狩猟民族のプラス領域量の多い部分(長所)だけ活かして、現実主義・実体空間の
日本人(母性行動・柔型行動)を60%以上の価値基準行動基準の量を分野別・要素別に修正するだけで、
本流が切り捨てはじめた地域(狭域)こそ、実体社会を優位にできる日本で最高の千載一隅のチャンスが
めぐってきた潮流変化に気づき、地域優良法人として表彰されることを目指す勉強仲間・行動仲間、地域
を共に豊かな、心身健康な子孫を多数残したい関連する仲間、地域行政で、自力で地域を良くして、自力
で財政再建を目指す行政(国の助成分捕り型我の行政は除く)、地域CATV、地域信金、JA、地域多分野
の業種業態中小企業、農業、林業、水産、地域防災インフラ等統合統覚するだけで、地域がよくなる方向
への実体社会の軌道を歩む量が増加しはじめます。

人間は、仮想空間の上限下限の間で、今実体社会の中で揃う経営資源、傍の人の総能力量を活かし
属する我欲集団組織を地域全体最適協業型、ワークシェアリング(共に働き、ともにほどほどに稼ぎ、
共に多数豊かになるしくみ)事業体に代り、富裕、金融操作影響が最小限にし、適性規模の黒字企業が
60%以上とし、地域行政の財政黒字化、地産地消、自給自足、兌換型地域過客標準(金量)にすると、、
日本政府の過去金融政策として最悪の歴史的悪手である、紙(価格変動する国債を一部に)キツネ狸の
ことわざのように貨幣を化かし、紙幣を倍増する予定です。江戸時代の大判、小判の金に不純物を混入
させ、貨幣数を倍増させ、国内だけに循環させ、倍増した枚数が、国内の金貸し商社へ大部分集まり、
貨幣の枚数が改鋳前と変わらない庶民は、1の価値のものを1/2にされ、同じものを倍の金額で購入する
ことになり、貧困度が倍化したしくみでした。つまり日本国内の物、預金の価値が1/2にすることです。
幸いに2倍にした金は、金融業界とその関係グループ企業経由で、倍増した貨幣は海外は流出します。
海外では 現在の1/2しか価値のない日本の貨幣をいつまでそれまでの1の価値として、物々交換して
くれることを容認する時間はわかりません。日本が円安操作で貿易収支の優位だまし行動の顛末を
最悪想定して危機管理体制に緊急に入ることを待望します。
地域は、地域の人の個人の中小企業の預貯金を1の価値として守るために地域の銀行JAと信金は、
兌換方式で、地域の貨幣価値を守る砦になる時です。
地域が共に豊かに、働くインフラが、地域で働きたい健康な高齢者、健康な若い世代を、働き少し稼ぎたい
人が働けるようにする。地産地消とは、地域で働き稼いだお金が地域内で多様性循環することです。
地域(狭域)の勉強仲間・行動仲間が、地域を1つの事業体として最適生産機能を持つ協業連携企業へ
我欲を捨て、ひどほど満足で、他の人が喜ぶ姿の満足を合わせて我欲達成視点に多数の人がもうちょっと
変わり、割り切り、行動し、習慣化すると、今の人格基盤がプラスαが付加され「人間の尊厳」価値を
1人ひとり感じることができる段階がきます。 

多数の為政者・リーダーが、正しい人格基盤でプラス領域量が多い方向に黒子として軌道強制制御が
必要になってきました。10歳までの子供時代の成長環境が異常なため人格基礎基盤のある感性帯域
が脆弱かゼロの子供レベルの部分がある大人は、普通であり、その脆弱かゼロレベルの部分(本人は
大人として完全に気付けないわからない自分が変な行動の大人であることさえ気づけない行動をします。
左脳で正常な大人と見做す行動は、骨折り損でくたびれもうけ、意見具申すると完全排除されるみじめな
結果が待つだけで、ムダ行動の一つ。無視する。)を多分野の制御型人財が、欠点部分にパッチを当てて、
代行補填補完行動する。結果がプラス領域量が多い本流になると、為政者・リーダーを主役として、成果
をすべて譲り、正しい人格基盤の行動をする訓練(人間の尊厳価値がある人間であることを意識的に行動
してもらう機会の頻度を多数化する)し、習慣化すると、本音は脆弱、ゼロでも、対外的の意識して行動
するため次第に正しい方向へ教導されるので、素晴らしい為政者、リーダーへ変身できます。

●集団組織が マイナス領域量が多く、悪いのは、自分が集団組織内で悪い種を蒔き、悪い結果
にした一員であることに気づき、集団組織で、よい種を蒔き続けると、よい収穫を願う人から、連携
がはじまります。
「人間尊厳」価値の何かがプラス領域量の多い未来を望む遺伝子レベルの記憶がある確率は高い。
自己責任、自分の直面する集団組織で、今持つ最大の総能力量で行動すると道は拓けます。


◎キチンと、10歳までの格基礎基盤が育ってきた子供の特色
大人の、金融我欲の象徴である金で動かされる領域頻度が少ない、10歳までの子供時代、正しい人格
基礎基盤を、正しい親、両親、学校、近くの環境の中で仲間とともに全体最適、我欲の寸止めで多数の
満足感、共に喜ぶこと素晴らしさを感じ味わいながら正しい反復行動訓練をして、小さな成功の累積でプラス
思考が定着するしくみ 「自分で知恵として知らないことと、知ってること」に気づける感性、自分で「行動
できる上限がわかる」ように育った人格基礎基盤が出来た子供は、未来、どんな環境下でも、わからない
知識、知恵、出来ない行動限界の「わからない、できない部分」「してはいけないことはしない」「ともに豊か
で未来の拓くために生き生きワクワク」自分の成長段階での当面(直面)する役割の中で常に自らにプラスα
を付加し、無限に本人が人生が終わる段階まで自走型で無限に成長できるようになる確率は高い。
人間なら誰でも生れた段階では平等に備わっていた機能の一つであり、正しい方向に自走をすることが
できます。

◎「浮き草タイプの大人型子供」の人格感性帯域が一部脆弱、欠落した人格基盤の大人の子供化

異常行動をした子供、浮き草タイプの大人型子供、高齢者の誰にも見えた悪い結果から、その人の成長過程、取り巻く親家族、環境を時系列で人物分析ができます。
21世紀世界で想定外異常行動をする人の事例パターンが多数化してきました。
現在のメディア、マスコミ、映像は、悪い人の悪い行動のプロセスをキチンと見せ、犯罪手口さえ誰でも真似る
よう抑止目的を大義名分にして自由に公開しています。普通の人は、行動を正す必要ではなく不要情報です。
しかし、興味を持って見て、録画して勉強し、さらにマイナスαを付加しより悪化した類似犯罪が、なぜ増加し
より多数化してゼロ化とは逆にさらに手口を進化させ多様なパッターンで増加するのでしょうか?

なぜ、「正しい人の正しい行動、ただしいプロセス」を啓発したり、「最後に善は勝つ」必ず善が勝つプロセスを
啓発する映像で心理的プラス方向への誘導する民放では極少数になりました。過去人間尊厳価値として
正しく行動をした人が、なぜ逆の人格者ブランドとしてどの番組へも多数でるのでしょうか?
大量の広告費をかけるスポンサーのホームページの社会的責任と矛盾した価値基準行動基準の番組を
多数の人がなぜ何か変だと気付けないのでしょうか?

◆こんな行動をする情報で操作される人間ロボット「浮き草タイプの大人型子供」を見たことは
ありませんか?

「人間ロボットは、その人の価値基準、行動基準は、時系列、空間系列で出会った人と同一化します。
最終的にマイナス領域量が多く、悪い果へ誘導されても自分で自動回避能力方向がわからず、非合法行動
さえ平然として、多数の他人が異常を指摘して、悪かったのかと左脳が初めてきづけます。ただし、右脳の
人格基盤は脆弱かゼロのため、外部から本音は修正できません。なぜ外部からのどんなカウンセリング
だけの仮想空間型では、80%以上再発確率が高いのでしょうか?
働き稼ぐ生活安定基盤と正しい行動訓練と習慣化で本人が人生の喜びを知るまでできません。
教導に「仮想空間」の技術さえ訓練させる最悪手をする人さえでてきましたその結果何が多数想定外の
悪い結果が出始めるか、その徴候が多数パターン化している徴候と誰が行動したか気付けませんか?


◎21世紀加速度増加する情報量「ゼタ時代」に世界で多数化する「浮き草タイプの大人型子供」を
現在の富裕独占寡占化目的で21世紀超速進化する富裕層占有進化ツール、多数を心理的操作し、
利益と独占する金融操作、仮想空間で幻覚心理操作での成功プロセス手法である、多数の人を
不幸にするマイナス領域量の多い「人間の尊厳」を失った、先祖帰りした動物脳、恐竜脳を行動
基準にした「人間脳は 左脳優位の理性、哲学、道徳、倫理、心配り、気配り」の機能が脆弱か
欠落した「右脳が優位に機能した我欲煩悩本能むき出し仮想空間価値基準」を採っている人が
多数決で優位になるように「浮き草タイプの大人型子供」を、情報という左脳機能から、心理的
誘導、催眠状態にして右脳領域の、潜在脳にある人格形成基盤があるプロセス方法で「好き」
「嫌い」の衝動行動を誘発するトリガー情報で、人を「ロボット」のように操作できるしくみ、
多数の世界の富裕層が金が金を生む錬金術、金融操作で創市場創客独占のしくみ、大恐竜化
(人の個人脳の強大化増幅するしくみ)のプロセスしくみ等分析し、臨床し、実験し、検証して
いる段階でそのプロセス手法を実体社会で、人間の尊厳である「左脳」から知識知恵から、
多数の人が共に豊かに、ワークシェアリング型で、全員汗を流し働き(一部役割行動も含む)
ほどほどの仕事の生産性、品質、業績貢献度でふさわしく利益配分し、共に豊かにできる
現在の本流と180度近くことなる価値基準行動基準の方が人類のプラス領域量が多い方向
であることを確信しました。


各分野の制御型人財のあなたは、どのように現在重点集中行動をはじめますか?


現代の、若い世代の浮き草タイプの大人型子供を、集団組織のしくみシステムの中で個別に強制的軌道
制御し、21世紀後半の素晴らしい本流の、先導型リーダーに育てる使命が、現在の集団組織にあることに
気づき、育てる行動に入るときです。 
若い世代をプラス領域量の多い場所へ多数強制移動させ、実体社会での汗をかき、自分の役割分担で
プロ・匠・熟練を目指し、次々と21世紀後半成長が必要な、先人が通ったことの少ない分野に挑戦させ
新しい素晴らしい新たな傍が楽になり、多数がほどほど働き金を稼ぐことができる「いきものづくり」で
身心健康な人を多数化するために貢献させる自走型エンジン搭載進化無限の人間を目指す方向へ
向け、後ろから押すだけで、1日24時間で、実体社会で、知行一致成長をすると、時間生産性、時間価値
、時間の余裕、人生の残り時間に気づくと、仮想空間での夢想お遊び時間のヒマな余裕と思い込んでいた
自分の心が少し変わり、日常の態度が変わり、行動が変わり、習慣が変わり、人格基盤が変わったように
見える段階から、運命がプラス領域量が多くなるように、周囲が押し上げてくれる段階にきづけます。
その段階から、自分の主役として人生劇場、関わる多くの傍の登場人物がすばらしい役割演技をして
くださることに気づけます。多くの出会いに感謝、報恩の過去の人達が、現在の自分を育てていただいた
事に本音で感謝できる段階がきます。プラス領域(+0)以上に若い世代を移動させ、マイナス領域方向へ
動く時、周囲が身を挺してプラス方向へ強制制御し、正しい行動を習慣化させれば教導はおわります。
若い世代とは、クセ木が少なく、クセの固定化、固化度合いが少なく、柔軟性が残る分野から個別に
教導するだけでできます。

●若い世代で、マイナス領域の人がしてはいけない下限である法律、規制を妄信し崇拝する弁護士、
士業、若い学歴知識人の人は、価値基準、行動基準のある領域が脆弱、欠落した部分がある確率は
高い。十分に日常行動本音を分析し、本物の人財は最強の力になりますが、贋物・本物モドキは十分
に見分け仲間にしないと、超人罪として、地域での成果結果をゼロにできる力、多数の人を反対行動に
向ける力があります。
合法の論理、ディベートの何か変な詭弁に気づけないため、時間をかけて個別で、行動領域から強制
制御が必要ですが、仮想空間、要領よく他人責任転嫁癖があり、汗を嫌うため、プラス領域(-0)までで
プラス領域量を多く21世紀の情報量「ゼタ時代」特に出来にくいクセ木であるため、地域の集団組織外で
戦力にせず、実務直接人員だけでの全員行動し役割分担して行動に徹する集団組織とし、経営者も
役員陣、間接業務(直接人員の期間ローテーション配置でできます)で、間接人員ゼロに徹することが
成功の秘訣、外部アドバイサーとして、知識知恵を目的的に学ぶ時、一流超一流の実績が豊富な士業
から学ぶことも戦略の一つです。

2011年3月11日の登場人物分析をすれば、誰でも見えました。
当事者責任領域でも見事に合法的に責任転嫁し、次の本流へ乗り平然と活躍したた事例がありました。
その行動基準の生き残り行動をしただけです。一流モドキの士業の人間は普通行動の一つです。
地域(狭域)での実体行動と、行動責任を明確にして集団組織運営が必要なとき、仲間に入れず、外部の
人とすることが必要十分条件です。

ただし、学んだことを、プロセスに組み込み臨床、実証、検証、確信するのは自分たちであり、自分たち
の自己責任である価値基準が必要です。悪い結果は士業の責任ではないと割り切る段階なら、毒も
良薬の一つ、その段階から、プラス領域量の多いブランド評価と 実体空間での正しさ成功確率とは違い、
実体社会で実戦豊富な士業のプロに出会える確率は高くなります。人間の知恵の進化は無限で、知恵は
知識を実体社会で臨床実験検証した結果の体系化した内容の一つです。

●過去からの慣性型前進を一度意識して「人間の尊厳」とは何か、原点回帰し総点検し、未来に
活躍する子孫が生きる時代の遺伝子レベルの人格基礎基盤をプラス領域量が多い方向へ強制
軌道制御をする時代がきています。
 


プラス領域量が多い方向へ、現在の本流の歩む軌道方向を正しく制御する
必要があります。
超一流・一流の実務で知行一致した制御型人財が多数輩出する時がきました。

 




 
◎各国の実務の多分野制御型人財は 総人口の10%以上の多数化を急げ!


 あなた個人の成長度合をもう一段階ステップアップし、属する集団組織の統合価値基準、行動基準に基づき、実体社会で行動する傍の人を、どの成長段階まで増幅させ行動させることが出来るか、その結果が 21世紀後半のあなたの子孫が、共に豊かで、心身健全に本流で活躍できるかどうかの分水嶺の役割責任となります。

・現状認識し、情報知識(仮想空間)のプラス領域上限と、マイナス領域下限を年齢別に人数分布を整理。
実体社会での行動段階を要素別に人数分布を整理し、年齢層別、価値基準・行動基準プラス領域方向、マイナス領域方向を、整理し、現在の行動不幸を明確化する。
・現状認識した行動の方向を、分野別(要素別)に軌道制御し、知識知恵を最新の外部から付加して、プラス領域量が多い方向へ、多数決で優位な本流の人数成長させることが必要な時がきています。

○「人間の尊厳」  実体行動できる人間は地球、宇宙中の存在価値・全体最適共生の役割は?
宇宙の生成発展の現象は、一見すると混沌で無秩序のようにみえますが、現在 今の瞬間で、調整バランスし、時系列で、バランスしながら、「プラス領域量」+「マイナス領域量」=ゼロ(0)絶対安定状態で持続的に変化しているようです。
何かの理法にもとづき、時系列で瞬間変化しながら、絶対安定状態(0)で調整バランスしています。
地球内の人類も、太陽系の中に組み込まれ、企業も社会も、地球のバランスの理法の中で変化して存在しているようです。

「人間の尊厳」は 「頭脳」を活かし、正しく行動して、正しく生きる、未来の人生舞台をつくるための知識知恵資金増やしています。「正常な大人は働かざるもの食うべからず」が原則であり、「子供は働く訓練段階で大人が生存を庇護します。高齢者は、大人時代長く働いた報酬結果とし、自ら働く場がない時に備え生きるための収入として自ら貯めた年金で食べます。」「自律して働けない身体の人だけが、食べるものを周囲から与えられる」のが原則です。
普通の大人は、1人で働き、持続的収入が食べるに必要な金額得られないため大多数の人は「働く場・対価としての収入を得る場」としての属する集団組織の最小単位の稼ぐ機能を持つ会社を運営するために役割分担行動する一員になります。
会社は生業家業、中小企業、中堅大企業、管理のための官公庁、その官公庁のコバンザメとして存在可能な団体等、多様な単位に分かれています。
企業と企業は、動物世界のように剛型行動の弱肉強食で、他の存在を排除しながら不安定バランスを持続し、淘汰し、一つになるまで長期間続きます。
企業は、多数の人の「脳」の協業単位であり、企業は「頭脳」で 弱肉強食の剛型行動優位が現在の本流です。時代により、剛型行動が拮抗する競合企業より弱くなると本流は反転し、どんな過去の優秀大企業でさえ世界市場から退場をさせられ、敗れた大恐竜の末路と同様な結果が待っています。
環境適応できなかった「大恐竜」の末路に似た結果が待っています。企業の行動細胞であるその集団組織に属すると、同じ末路を辿ることになります。生き残りたい人(細胞)は、新たな集団組織へ移動し合体行動をはじめます。単独のアメーバー、ウイルス(新集団組織の破壊分子)行動と酷似しています。

人頭脳の協業(集団組織化)し経営機能単位になると実体社会での「経営」行動をはじめます。
「経営」は、取り巻く環境への適応業です。しかし、むやみに適応するだけでは、滅亡する場合もあります。
「経営」は取り巻く環境に適応しながらも、「人の尊厳」人が共に豊かで共生し、子孫が持続的に多数繁栄する「真理・理法」を人格基礎基盤に徹底定着させると、「剛型行動を抑制」し、柔型行動を優位」を優位にして、すべての人が「Win−Win」で全体最適調整型柔型行動優位なときだき永続する確率は高い。

◎突破口テーマは2つの価値基準、行動基準を、人格基礎基盤にキチンと定着させる。
1.全ての人類の個人の本音が「ほどほど喜ぶ(評価満足)、腹八分目上限で喜ぶ(評価満足)」で妥協・我慢ではなく、心底から満足できるようになる。

2.すべての人類の個人が属する集団組織を構成する傍・他の人達が「個人の満足量を減らし、「ワークシェアリング」型で満足を関係者へ全体最適量分配すた結果、傍・他の人達も「ほどほどに喜ぶ(評価満足の恩典を得る)」その姿に満足し、心底から共に喜べるようになる。



「人間の尊厳」の人格基礎基盤として「大脳」を正常に機能させ、全体最適のために我欲、煩悩、本能を調整した抑制ができる人類の剛型行動(恐竜・動物型先祖脳レベル)より柔型行動(人間尊厳脳レベル)優位に行動できる分野を10歳までの子供時代に、世界で定着させることを急ぐ時です。

21世紀後半の大人として素晴らしい活躍をして、次世代の正しい子孫を多数残せる確率を高くする使命に覚醒し行動をはじめる時です。

「もちつもたれつ・絆」「共に心身健全で生活基盤が安定」し「共に豊かになる子孫が生きる未来」のために今育つ若い世代の人格基盤の正しい人の数を多数にする軌道強制制御をはじめる時です。

 

□人と属する集団組織がプラス領域へ変わる方向
























































































 

○「人間の尊厳」  実体行動できる人間は地球、宇宙中の存在価値・全体最適共生の役割は?
宇宙の生成発展の現象は、一見すると混沌で無秩序のようにみえますが、現在 瞬間で、調整バランスし、時間軸で、バランスしながら、プラス・マイナスゼロ(0)状態で持続的に変化しています。何かの理法にも続いて変化しているようです。地球内の人々も、太陽系の中で、企業も社会も、地球のバランスの中で変化しているようです。
◆素晴らしい人間の未来の子孫のために、現在制御型人財が多数世界で動く必要がある現状の徴候を確認して現状をイメージして、制御方向を探す
・すでに人間は、地球を破壊することも、地球のバランス軌道から離脱し、宇宙へさまよえる、一方向から軌道を逸脱させる科学さえ手に入れ、植物・動物のクローン化が出来、、人間のクローンさえそろそろはじめる段階になりました。
・地球上に存在できない、人が地球上で瞬時にゼロ(0)化できないものの出現。
人が制御不能なものをつくり、地球内に急速に大量蓄積をはじめました。
・一人の人が「ボタン1つ」を押すと、制止できず、地球さえ破壊できるものが地球に世界各地に拡散をはじめました。
・「人間の尊厳」に気づけない、動物脳、恐竜脳、心理的催眠・麻薬吸引状態で動く想定外行動ができる「浮き草タイプの大人型子供」が、情報量「ゼタ時代」の加速増殖機能で、多数化してきました。
ボタン1つを押す想定外人災人間が、世界のどこかで行動すると、大恐竜の滅亡まで時間があった過去の歴史より短時間で、地球、人類の滅亡は、今、起こる確率はゼロ(0)でない時代に入っていることに気づく時です。

人間が正しい人格基礎基盤を10歳までにキチンと潜在脳に貯蔵蓄積し、「何か変だ」と感じたら、自己抑止できる機能を定着させる集団組織の全体最適強制制御機能で教導する時がきています。

人が供給(無形のノウハウ・サービス等含む)するために働き、労働対価の報酬を得て、生きるために供給されたものを消費し、残渣は、供給に活かす。循環サイクルをしています。 その流れの中で、兌換型貨幣から、仮想価値による実体価値がない金融(金利、株価、証券、商品相場)の勝つための仮想空間で金融操作・合法的丁半博打が、実体社会が進化するためのしくみシステム機能向上のたあめの設備に投資する資金を自在に造作できる「拝金型の人」が実体社会、多数の人も自在に操作できる時代になり、20世紀代の実体社会の経済原理は、金融の持続的潤沢な資金を、世界に分散させ国単位の合法的丁半博打で、国内の自分の手の打ちと海外から、他の人の手の内を覗きながら勝てる確率を高い(70%以上)行動をし、金が金を呼び、少数者だけ必ず勝ち、国内の多数が必ず累計すると損をする誰でも気づく合法的八百長時代に入りました。富裕層に踊らされる浮き草型腹話術人形の大人と大企業は、株式操作、為替利益で景気上昇を演出し、「ハイリスクハイリターン」の最期は、大負けになることに気づけず今太閤を夢見て、人生の最後、現実目が覚めて終わる人達が働きつめた高齢者が、江戸の「武士の商人に踊らされ借金地獄」に多数なりはじめ、僅かな年金さえ、簡単にだまされる目出度いひとが誰でも見えるようになりました。だまされる人の増加、弱者おめでたい人を対象にだます人の増加が見える頻度の増加は、両者とも人格基礎基盤の何かが脆弱、欠落した人が多くなっている現象の一つです。間接型の人(ホワイトカラー)優位自分は動かず、要領よく人を動かす、直接型の人(ブルーカラー)軽視、汗をかかず楽に稼ぐ、合法的煩悩本能産業、金融合法的丁半博打行動を重視、一角千金を夢想する確率が高い。

◆プラス領域量が多い方向を探す手がかりは、歴史の未来の大義をつかみ、未来の子孫繁栄を目的として、現実を鋭く洞察する探求し、未来のプラス領域量が多い方向への構想力、先見先手先行で正しい人を多数化し、その属する集団組織を正しい方向へ制御し、ともに豊かに共生する他の集団組織を正しい方向へ誘導し、地球内の多様な生物との全体最適な共生できる方向を目指す。

1人ひとりが、未来に希望を持ち、実現確率を高くするしくみシステム機能させ、生きがいと喜びに満ちた生活、中流家庭の人の数を60%以上にできるためには、仮想空間崇拝、金融の合法的丁半博打崇拝、人を動かす実体生産物ゼロの間接行動崇拝する人の数を最少化し、実体社会の集団組織最小単位の企業、その企業の共生する国を単位として、属する人が、心の底から、企業間共生、国家の富国殖産と、他の国々との共生が世界全体最適のために調整された腹八分目満足を実現する。地球内では人類の独占から、多様な生物が共生するために全体最適に調整された腹八分目行動を実現ことが必要です。

◎全体最適、自分がWinで腹八分目満足、周囲もWinで自分も共に喜べる方向
過去の歴史の中の人の人生、国の栄枯盛衰の歴史に多数存在したパターン
・一人の 自己実現「生きがいと喜びに満ちた生活」を独占する今太閤型我欲煩悩本能行動による独占。恐竜脳動物脳が強力に機能すると周囲を剛型行動で排除し、存在をゼロにできます。
・その人がリーダーとなる集団組織、企業、地域、国家は 世界の覇王となり、他を従属させ、富裕を独占する。恐竜脳動物脳が協力に機能し強力な「国防力」で他を屈服させ、抵抗すれば、完全に排除し存続をゼロにさせる。1945年で終わった20世紀までの覇王を目指す国は世界各国の共生存続バランスを崩しましたが、科学ITが未成熟で、局地戦で終わりました。
もし、21世紀後半に覇王を目指す出現確率がゼロでない国が、急速に 超富裕国となり金融操作で世界の富が集中、最新の科学・化学兵器と巨大な国防、巨大なITシステムしくみ、巨大な国粋的人口を多数育て、潤沢な資金でリーダが我欲独占の国を合法的に多数従属できる確率は高い。
もし該当する国があれば、その国の多分野の世界の中でも実務の超制御型人財が本流の中で世界の国が共生できるようにリーダー層の無限に膨張する我欲を腹八分目で寸止満足で納得させることができる黒子機能を発揮するために、本流の今の実務集団組織単位でプラス領域量が多い方向へ軌道制御し、集団組織が本流の中で多数化する柔型行動優位でスタートすることを待望しています。

◎10歳までの子供の人格基礎基盤を21世紀後半の本流人材としてプラス領域が多い価値基準・行動基準を、各地域の狭い集団組織の中で共有の宝として育てる。
◎企業に属する若い世代(結婚適齢期世代で子孫を身心健康な子供を多数増せる確率の高い男女)の人浮き草タイプの大人型子供の脆弱、欠落感性帯域と本音「好き」「嫌い」を全体最適の建前で逆転教導する目的で、豊企業殖産行動、中流家庭の社員数60%以上を目的に、汗をかき業績貢献すると得になるしくみシステムで全体最適のために我欲、煩悩、本能を腹八分目満足、他の人の成功を共に喜べるように軌道を強制制御する。よい行動が習慣化すると、正しい集団組織に属する限り、本音、脆弱欠落部分は、他の人が補填補完するため、本人が気付けない段階がきます。ただし、正しい集団組織を離れ、他の正しくない集団組織に入ると、短期で、異常行動をする事例を誰でも見ることができます。「なぜあれだけの人が!現象は偶然でなく必然であること」に気づく時です。

◇哲学、道徳、倫理を価値基準、行動基準の中に含む




 





































































 









































































































































































































































 

◎突破口テーマは3つの価値基準、行動基準を、人格基礎基盤にキチンと定着させる。
1.全ての人類の個人の本音が「ほどほど喜ぶ(評価満足)、腹八分目上限で喜ぶ(評価満足)」で妥協・我慢ではなく、心底から満足できるようになる。

2.すべての人類の個人が属する集団組織を構成する傍・他の人達が「個人の満足量を減らし、「ワークシェアリング」型で満足を関係者へ全体最適量分配すた結果、傍・他の人達も「ほどほどに喜ぶ(評価満足の恩典を得る)」その姿に満足し、心底から共に喜べるようになる。

◆.哲学 柔型行動で 自分も傍(他人)・集団組織・会社もWin−Winに成長
広辞苑 「哲学」
世界・人生の究極の根本原理を追及する学問。
古代ギリシャでは学問一般を意味し、のち諸科学の分化、独立によって世界・人生の根本原理を取り扱うものとなり、単なる体験の表現ではなく、あくまでも合理的認識として学的性格を持つ。
(1)人生観  一期一会を大切に
他人に迷惑をかけず、自己の力の限界に挑戦 
自分が働く(傍が楽になる)1員になると、集団組織のプラス領域量が多くなる役割ができるようにプロ・匠に領域まで成長する。 
自分の各分野の成長段階を過剰過小評価をしないでイメージ化すると、周囲の人の1人ひとりの成長段階を自分と日常の行動で相対比較すると、自分より上か下かわかります。上の人から学び、知識、知恵、行動のコツを徹底的に学び、同じ集団組織で行動するとき、各人の長所を重点に組み合わせ、成長させ、すでに通った成長レベルまで、短期間で、知識、知恵、行動のコツを、自分より優れた人を講師として早朝勉強会で自分の一緒に学び、共の成長するしくみシステムを構築する。
共に成長した人の分野別かず、拠点別数が、全社プロジェクトの成功確率を高くし、自己の力の限界が無限であることに気づける段階がきます。 
(2)社会観 一期一会を大切に
地域社会にでれば素晴らしい出会いが多い
出会いを大切に、地域が身心健全で、生活基盤が安定し、共に豊かに生活ができるために貢献する。業績貢献するクライアントも地域貢献で創市場創客できる確率が高ければ、自分が先導役で、地域に多分野人脈を構築し、連携して、協業し、地域をよくするフレームを構築できる確率は高い。その段階から、フレームに関連するよい企業を共鳴共振共働型で組み込む。中小企業の場合、各企業の実務の制御型人財は役員でない部長クラスでも、社長専務を動かす黒子機能を21世紀は持ちはじめています。常連優良法人で、業績の持続的によい企業の、社長専務は、20世紀代と違いワンマン度合いは減り、投資決断はするが、、実務のゼネラル型制御型人財が黒子とし経営戦術段階の責任者であるため、企業の未来業績にプラスと判断すると、想定外の速さで、協業連携ができる時代になりました。

(3)人間観 一期一会を大切に
人の縁の大切さ(協力者として) 他の人はすべて自分の人生の師だ
良いとこ探し、良いところだけを学び、プラスαとして活かす。
他の人が、拮抗して成長するために、常に成長に役立つ情報を提供する。
業務に役立つ具体的情報を提供する。多分野の優秀業績貢献者へ、最新情報を
提供していると、難題解決の糸口に困ったとき相談し知恵のアドバイスがもらえる確率は高い。ただし、20回以上の情報提供に1回程度、真に困った難題は、本人も困ったテーマなので、成功した人からの具体的知恵のアドバイスであるため、成功の突破口となり、成功したら結果報告とプロセス報告を必ずしておく。その資料は、その人の部下指導の手順書として役立でる人が多い。
(4)会社観 仕事への出会いに感謝し、挑戦し、成長する
人生観を確立する道場(自分をのばす一番よいところ)
直面する仕事は、すべて「ハイ」で行動し、常に前例にプラスαを付加するために、価値基準、行動基準を「もうちょっとし」成長させ、業績貢献する。
会社を成長させると、新たなより難題に挑戦できる機会に出会い、「ハイ」でさらに成長し、多分野の実務のプロ・匠の段階になると、経営戦略に貢献できるゼネラル型制御型人財機能が順調に成長できる。
成長した結果は、すでに通り、成功した分野の達成期間を1/2を目標に時間短縮できるためのプロセスしくみカイゼンと、人の組み合わせと、働く人の能力を「もうちょっと」同時にその実戦の中で成長させる
(5)管理観 常に現地現場で率先先行行動し、先行して成功方向へ軌道を描く
管理サークルを回せる人間になる。出来るだけ遠く(先)を見(観・診)る人間になる
傍が楽に、早くできるように、率先先導するとし、全体最適のプロセスコントロールができる段階になり、小さい成功実績の累積が、常にプラス領域量の多い方向を感じ、正しく選択できる段階になり、先行して描いた成功確率が高い方向へ、傍を軌道制御できるため、管理能力精度は向上する。
(6)仕事観  本業を3倍速処理する 
傍に無限に手伝う、下請、代行する仕事がある。傍はあなたをいつも待っています
仕事は与えられるのではなく、自らつくるもの
自分の本業を3倍速以上で熟練度を高め処理し、余裕時間をつくり、周囲の同僚の手足として手伝う。知識、知恵、技術、行動、判断等プロ・匠の段階まで、周囲の同僚の強みを徹底的に吸収して回る。その段階になると、同僚の手伝い、下請から、直属上司の、時間効率が悪く、本人でなくて他の人に手伝わせることができる内容から代行する。内容実績が累積すると、会議、決裁関連不足資料の作成手伝いの次ごとがはじまり、業績責任者への提出資料を、上司の指示アドバイスで揃える段階がきます。その段階から、すでに業績責任者の上司への指示の伝言役、上司と同席頻度が増加してきます。業績責任者の時間効率の悪い重要雑用で、上司でなくても出来る内容の手伝い、下請が回る段階がきます。

□道徳
広辞苑 の「道徳」
人のふみ行うべき道、ある社会で、その成員の社会に対する、あるいは成員相互間の行為を規制するものとして、一般に承認されている規範の総体。
法律のような外部的強制力を伴うものではなく、個人の内面的なもの⇒道徳性
広辞苑 の「道徳意識」
道徳現象について正邪善悪を知り、また正善を意志し、邪悪をしりぞけようとする心。良心と同じ意味にも用いるが、良心は自分の行為や心術に関係するものであり、道徳意識は他人の道徳意識にも関係するものであるから、厳密には同一ではない。
広辞苑 の「道徳性」
1.道徳の本質  2.道徳法則にかなっていること

◆道徳 実戦しているモラロジーの一部引用
人類の生存、発達、安心、安全(平和)、幸せ(幸福)を実現する心づかいと行いを意味する。
1.普通の人の道徳
歴史的に発達してきた風俗、慣習、礼儀作法、公衆道徳をはじめ、同情、親切、正義、忍耐、克己、勤勉など一般に道徳と考えられている。
普通道徳は ややもすると形式的に流れたり、物質中心になったりするなど不完全な面があります。
一見その形は美しく人々に好感を与えることもありますが、その心づかいは、利害や感情にもとづきていて自分や自分の属している集団組織の利益だけを考える場合が多い。このような自己中心的な精神に基づく行いは、結果的には、自分か相手か第三者のいずれかに不利益となります。 普通道徳だけでは、その実行者に真の安心、幸せをもたらすことはできません。

時代の潮流、為政者により微妙に変化する不易流行混淆し、プラス領域、マイナス領域の境界が−側もプラスになり、「してはいけないことはしない限界」のマイナス下限の法律も為政者により変化する。ことわざは、プラス、マイナスあり、時代の凝縮された行動を表します。

2.最高道徳
歴史を超えて人類に確固とした生活の基準を与え、人類の教師と呼ばれる諸聖人が実行した、不景気に近い時代で変化しない道徳の一つ。

諸聖人の系列は ソクラテス、イエスキリスト、マホメット、釈迦、孔子等と日本の皇室の祖先神である天照大神です。 金融バブル(泡)・富裕層優位の社会以降も、現在まで多数の聖人が出現しましたが、時代の潮流に生き残るために、マイナス領域(欠点)があり、諸聖人の系列まで達していないと位置づけられていますが、諸聖人の持つマイナス領域を補填し補充する内容も多数ありました。人間を聖人とする限り、1人で一生涯の時間が有限である限り、完全聖人の実現確率は低く、長い人類の歴史の中の多数の聖人を崇拝し自国にふさわしいプラス領域量の多い部分だけ活かし、実戦臨床検証し、全体最適にならないと確信したtマイナス領域部分は、他の人のプラス領域量が多い方を自分の価値基準として普通の人の道徳の中で不易部分として活かす。その方向が「プラス領量を多くできる」確率は高い。

心が変わり、態度が変わり、行動が変わり、習慣化すると人格基盤が正しく刷り変えることができ、道徳下限が決まると常にプラスαを付加すると、プラス領域量が多い方向へ変化できます。

広池千九郎 師のモラロジーの中心課題は 普通道徳と最高道徳の原理、内容および実行の方法を比較研究し、道徳実行の効果を科学的に証明し、人々に道徳の実行を奨励しています。(ただし1938年逝去されたので、それ以降の現代までの社会の潮流と素晴らしい未来社会を目指す時、マイナス領域(短所)は抑え、プラス領域量が多い方向へ補填、補充、カイゼンが必要です。
地域の中小企業が協業連携し、最適役割分担し、共に豊かになるために、少し方向を制御する必要があります。単独の雑魚が仮想空間で集合しても、富裕層の金融バブル操作が自在な時代、実体社会で生き残る集団にはなれません。単独雑魚が、実体空間で、一体になり、一体の事業体(大魚に拮抗できる事業体)として、仮想空間で、生き残りで集まったイワシの大群のような烏合の集団は、短期で大魚・人間に食い尽くされ、クジラさえ絶滅危惧種になる末路を待つだけです。
道徳では、企業は生き残れない現象は、実体社会で行動すべき重要な勝つべき要素を行動していなかったことに気づくと、「道徳+現実行動」で地域(狭域)なら、どんな外敵脅威に勝てる時代がきています。

国内大恐竜・恐竜は海外の大恐竜、肉食恐竜のTPPの参入により、生き残り激戦がはじまり時が最大のチャンスの時、仮想空間の情報の大恐竜恐竜のコバンザメ
である、新聞、メディア、映像、宣伝等の完全擁護論理詭弁や、心理的誘導を横に置き、反面教師として180度逆行動をしてみる。地域が生き残る本質に視点を「もうちょっと」変えて、価値基準行動基準を変えるて行動すると、正しいプラス領域慮の多い方向が必ず観(診)えてきます。人間の質の格差は、高額設備のハローブランドとの、地域での白兵戦では、人数、品質、安全性(輸入原料は安全性は低い)格差はほとんどなく、逆に要領のよい間接型人にやらせることに慣れIT型足腰が脆弱な人より、直接型で汗をかき足腰が頑強な地域の人の方が顧客の回転率が高い商品は、多数の全年齢による回転率を高める実訪問により、商品品質低価格利幅がとれる納品ができるため強いことに気づけます。「ものづくり」崇拝者の思考行動様式は「いきものづくり」ではいかに脆弱であるか、現在の高額先行投資省人化型、大量生産を目指す「植物工場」と、現実の最適「いきものづくり」の方向は 最小の先行設備投資と、地域の多数の人海を活かし、変量(大量・小量・ハングリー)型、需要に応じた最適変幻自在の安定安全供給で、販売価格低減ができます。
すでに、現在の中小零細農業、漁業の労働生産性の悪い部分を、「ものづくり」のしくみシステムが優位な部分を、協業共有部分にし、「ものづくり」の先人の知恵の良いとこだけ、標準化統合統覚し、標準以下ゼロ化を目指すだけで、広大な土地、機械化、働く人を少なくする、大国土の国を真似る最悪の手法をせず多品種変量調達量供給戦略で十分勝てます。すでに部分的成功先進地区があり、「真似て」地域のふさわしく適合させるだけで、実現確度は高くなっています。

道徳の実行は、多数の人の健康、長命、子孫の繁栄や事業の永続的発展をもたらします。また、親子関係、夫婦関係、職場あなどのあらゆる人間関係を円滑にし、さらに地域社会、国家、国際社会にも良好な影響を与えます。モラロジーは、心づかいおよび行いとしの結果との因果律を現在の諸科学の成果に照らして検証し、因果律にかなった道徳生活の意義を明らかにしています。

3.道徳実行の結果をいっそう良いものにするための9つのチェックポイント
(1)「動機」
私たちの行為を目的に向かって方向づける心づかいのこと。
先人に負っているマイナス領域量が多い日常習慣行動の累積である道徳的負債を返済し、少しづつ道徳的な過失を償い、プラス領域量が多い方向へ軌道へ多数制御すると属する集団組織の、外部環境への影響はプラス領域量が多くなります。私たちの品性を向上させる大きな力になります。
(2)「目的」
達成しょうとする目標のことです。
自己の品性完成を道徳実行の目的にしています。
(3)「質」
道徳の内容の良し悪しのことです。
普通道徳と最高道徳を比較し、最高道徳が質的にすぐれていることを明らかし、私たちの行うべき道徳は、聖人が行った、慈悲心にもつづく道徳でなければなりません。
(4)「分量」
各人の立場に立場にふさわしい量の道徳を行わなければならないということです。私たちは社会的地位が高くなり、財産が多くなればなるほど、その社会的責任に応じてより多くの道徳を行わわなければなりません。
(5)「時代」
道徳は「時代」に適合したものでなければなりません。
(6)「時機」
道徳の実行には「時機」を考慮することが大切です。
例えば、災難、災害などの罹災者を救援する場合、時機を失しては効果は少なくなります。
(7)「場所」
道徳は「場所」に適合しなくてはなりません。
例えば、旅行などの際に、その国の途方の風俗、慣習、法律、信仰などに反すると、せっかくの善意から行ったことでも、道徳にならないことがあります。
(8)「場合」
場合を考えることが必要です。
例えば、仕事をするのに、場合によっては単に迅速を尊ぶこともありますが、確実さと美しさを尊ぶこともあります。あるいは、両方を兼ねなければならないこともあります。
(9)「方法」
道徳実行の方法にも十分な配慮を払う必要があります。
方法の適否が、相手方や第三者に好感、満足を与えたり、与えなかったりします。
この方法は、状況によって千差万別ですから、円満な常識や正しい知識によって、ふさわしい方法を判断しなければなりません。従って、道徳の実行には必ず良識を必要とします。

以上の9つのチェックポイントに対する配慮が不十分であったために、せっかくの努力がよい結果をもたらさないこともあります。これらの点をよくわきまえて道徳を実行すれば、その結果は必ず良くなります。
このように、モラロジーは、道徳的因果律の存在を明らかにすることによって、私たちが日常不断の心づかいと行いに責任を持つべきことを示しています。自己責任の自覚に立ち、真心をもって日々生活を送ることが要請されます。


◆倫理
1人倫のみち。実際道徳の規範となる原理。道徳

「経済」は 自分の利益が先で、道徳のようなきれいごとは後回し、道徳は自分の利益を犠牲にすることだから、両者は相反ずるものであるとか、あるいは、経済は価値の低いもので、高尚な道徳には関係がないといった考があります。

「経済」という言葉は「経世済民(けいせいさいみん)」に由来し、世を経(おさ)め人を済(すく)うことであって、道徳の意味を含んでいます。経済とは、健全で安定したくらしをつくりあげる活動です。それは、人々に職を与え、衣食住の基礎をかため、家や企業や学校のような団体をまとめ、国家社会を治める原理であり方法です。経済活動は、人間の幸せと社会の進化発展のために不可欠な価値をもっています。

「経済活動」は 人間の幸せと社会の進化発展のために不可欠な価値を持っています。 「人間の尊厳」の太古の原点から「経済活動」をみた場合、物々交換であり、ものそのものの実体価値で評価され、人が生きるための食物を毎日確保するために、食物と交換する目的で、他の(衣・住・食を獲ったり、生産する道具等)が物々交換の対象でした。「パンなくして生くるあたわず」、道徳経済一体の原理」にである、経済環境の変化に対応し、時代の要求に従って生産を行い、人間の生命と精神を正しく発展させる道でした。
宇宙観、人間社会、経済界には、目に見えない自然の理法が働いています。それは、宇宙の森羅万象を生み出し、人類の生存、発展および進化をつかさどっている自然の法則です。  「三方よしの経営」 モラロジー研究所 から抜粋

◎経営コンサルタント時代、若い時代から、実務の全支部の総括事務局として地域の中小企業の経営者勉強グループのリーダーとして、毎月の経営勉強会の開催運営を一緒に実施しました。リーダー経営者は、地域法人会の役員であり、経営者一族も銀行借り入れ担保に必要な財産だけ所得し、過剰な所得をせず、社員の教育に投資し、社員の生活を保証し、地域で優良法人会員として、毎年表彰される経営者の各地でであいました。その経営者、奥様(経理責任者、専務・取締役・部長等)で超多忙で子供の人格教育にために 上記が運営する全寮制の学校で学ばせる人が多く、その子息、令嬢は、経営層、経営者になっても、先代社長を、先代の社員を大切に活かし、その社員の子息達、令嬢達がが新たな若い戦力として育つ姿を見ることができました。その企業が地域で儲かるモデル企業として、全力で、社員の成長協力、幹部候補生養成、新入社員の徹底軌道強制制御の手伝いを経営者の黒子、経営幹部の黒子として多数していました。素晴らしい経営善循環、社員がにこにこ、生き生き働く姿を現地現場で体験することができました。

「自然の法則」は、国家の運営、企業の経営、家庭や個人のくらしなど、あらゆる経済行動の根本的原理となります。

自然の法則に従った「経済活動」とは、動機、目的、方法すべての点について、まごころを尽くしていくことです。
(1)自分の天性を活かす転職を見出し、感激の経営で自分自身の品性の向上を目的として、日々新たに精進していく
(2)合理的で健全な経済を打ち立て、国家社会、人類世界に役立つ生産的な事業を発展させ、公正な所得分配を実現する
(3)人類の共有財産である自然を大切にし、自然と人工との調和に努め、人類に奉仕する化学技術を開発する
(4).親、祖先の恩恵をはじめとして国家生活、職業上の恩人、心の教えの師などに感謝し、心豊かで安定した家庭、やすらぎのある生活を建設する
(5)職場を人間味あふれる人づくりの道場として、人間教育に努力を払うとともに、地球社会の発展にも尽くし、国際協力に参加するなど、さまざまな社会的責任を果たしていく

歴史を見れば明らかなように、組織や団体で永続的に発展を続けているのは、すぐれた道徳を行い、高い品性をそなえています。
金融バブル操作できる総合的企業グループは、超富裕企業、富裕な少数の人が働き、さらに富を、さらに少数化しながら超大恐竜として世界で成長する時代になりました。建前の道徳、品性と利益の独占化、仮想空間、数字だけ動く、実体社会の本体は、金融バブル、増幅現象で大きく見せ、さらに人を、実体のないブランドの泡で価値を増幅させて見せ、多数の弱者と分極化が進んでいます。富裕な潤沢の資金を投入できる合法的上限金額規制のない金融産業の操作と煩悩産業の操作で中期必ず合法的丁半博打・確率変動に一人勝ちできる時代がきました。

21世紀後半、地域の適性規模の中小企業が、地域、国内市場で、最強の海外企業、国内大企業との競合に勝ち残り、地域を共に豊かにし、身心健全な子孫が多数育つための強い安定基盤を構築できる突破口は、地域を地産地消、自給自足型物々交換を原則とする、金融バブル操作の影響を最小化した、地域一体化事業体になり、地域の人が全員参加し、天変地異の危機管理体制の機能を、経済活動の基幹インフラとして活かす。地域の基幹産業は、1年間365日常に供給、消費が回転する中小企業の優良法人企業が核機能を運営する複合食品産業を基幹にすることが、最適です。地域に住む人が、完全に安心安全が保証された、自分たちが供給する食物を、利益がでる量の単位で、1日の必要量を、協業企業単位で、供給調整し、不足を補填、過剰は、共有冷凍保存で、生産が少ない時期の時期変動補完に活かす。海外、大企業の商品相場依存価格の、最低以下で常時供給する。
食品産業への材料調達も、生産に最適で、最低コストで生産できる品種、品質で、地域全体で、生産計画原料を供給する。地域の外食産業は、地域の素材を安く調達し新鮮でよいものを提供する。地域の安定し働く場と、働く努力量、熟練度の成長で「いきものづくり」の生産量は増加し、企業の利益がアップし、収入を適性配分をするため年々個人所得が増加し、外食産業利用回数は増加し、地域の人が多数Win−Winとなり、子供は地域の宝として、みんなで、人格基礎基盤を育てる訓練の場ちして、地域の事業の中に組み込み、集団の中で面白がって手伝うときに、個人別に徹底現地現場で教導するしくみを循環させる。

この事例は、自然の法則に従った「経済活動」のモデルに(1)〜(5)を実現するために現在、地域にバラバラで、それぞれ一生懸命働き儲からない行動を、地域で「複合食品産業」を基幹として回転させると、21世紀後半は、世界各国の、勉強仲間・行動仲間が、自国の地域で自国の人が働き、同一事業の成功ノウハウを共有し、連携し、金融操作を最初かして、物々交換・等価価値交換を原則としする。(食物自体誰の口、胃袋差は少なく価値評価は同一化できやすい。ブランド価値を最小評価できる商品単位です。富裕層には、ブランド価値を付加して高額単価で販売する商品をハングリーマーケツト方式で売り切れごめん方式で稼げばよい) 
 

◇道徳、人生、品性、幸せの関連性

 
例 モラロジー内容に
    情報付加




























































































 

□最高道徳の五大原理
1.自我を没却する。  自我とは自分中心の利己的な心づかい
◆自我没却の方法
(1)欲求を浄化する
(2)自然・社会の法則に従う
(3)慈悲心を培う
2.慈悲を実現する。 慈悲とは万物を生成化育する神の心
◆慈悲の内容
(1)人間尊重を根本とする心
(2)公平・普遍的に人を愛する心
(3)人を育てあげる親心
(4)恩人に対する感謝報恩の心
(5)深い思いやりの心
(6)苦労の結果を分け与える心
(7)物事を独占しない心
(8)建設的に対処する心
(9)他人に好感、満足、安心を与える心
(10)自己に反省する心
3.義務を先行する。
◆道徳的義務を果たす
(1)社会的義務を遂行する
(2)道徳的負債を返済する
(3)道徳的過失を償う
◆義務先行の方法
(1)社会の一員としての義務を果たす
(2)負債を返済し、過失を償うという精神で、すべての恩恵に対して感謝し報恩する
(3)天命の意思にそって人心を開発し救済する
4.伝統を尊重する。
◆伝統の種類と報恩の方法
(1)家の伝統(家庭生活の恩人)  常に安心、満足を与える
(2)国の伝統(国民生活の恩人)  国民としての義務を全うする
(3)精神伝統(精神生活の恩人)  人心開発救済に努力する
(4)準伝統(社会生活の恩人) 物心両面にわたあって報恩を心がける
5.人心を開発救済する。 伝統とは人類共通の恩人の系列
◆開発  利己心を取り去って道徳心を引き出す
◆救済  慈悲心を育て人格を根本的に改造する
◆「人心開発救済(利他)」 ⇔ 「品性完成(己利すなわち自己の真の利益」
 
□人生を成り立たせている条件
1.自然の環境
2.社会的・文化的環境
3.遺伝と家庭環境
4.各自の心づかいと行い

□品性と幸せ
最高道徳の実行 ⇒ 品性の向上  ⇒ 自分の人生の幸せの実現
◆品性の意味
(1)卓越した道徳的能力(徳)
(2)人格の中心
(3)知力・財力・権力などを活かす力
◆人生の幸せの要素
(1)主観的な要素
精神的な喜び・生きがい 傍の人も身心と健全共にに豊かなる姿を喜べる。
・自己の総能力量を時系列で進化させ、傍・集団組織をプラス領域量が多い方向へ軌道制御する役割行動に徹する。
自らは夫婦の縁に感謝し、夫婦互いに輔翼して家正を整え、両親祖先に報恩、子孫が夫婦を超える心身健康で豊かに育つ環境を整備し、誠心を持つて務め励む行動をする。自己が直接、死ぬまで縁が続く単位である家族が幸せで、最大の活力集中力を生む源泉です。人の総能力の最大許容量は、家族全員の幸せ度と相関があります。
人格基礎基盤の感性帯域で脆弱、欠落部分の本音が誰でも見ることができます。リーダーの場合集団組織の客観的要素の偏向方向と相関があります。
よい中流家庭の夫婦、両親、先祖、子孫の互いに輔翼する行動をイメージして、リーダーの脆弱、欠落帯域を黒子として補填補完すれば、そのリーダーは外部から素晴らしい人格豊かな「徳」を持つ人に見えます。
ただし、よい結果はすべてリーダーの成果にし、悪い結果責任だけとる黒子人財が去ると、メッキが剥げて、本来の人格レベルへ退化し「何か変な」行動をはじめる冷厳たる現象があります。経営コンサルタント時代、中小企業のオーナー経営者、サラリーマン経営者、役員の中で多数見ました。リーダーが黒子の存在に気づいた人は5%以下が実体社会のようです。

広辞苑 「輔翼」とは、たすけること。補佐 ⇒ 輔弼(ほひつ)
広辞苑「輔弼(ほひつ)」
@天子の政治をたすけること。また、その役
A明治憲法の観念で、天皇の行為や決定に関し進言し、その結果について全責任を負うこと。国務上の輔弼は国務大臣、宮務上の輔弼は宮内大臣および内大臣、統帥上の輔弼(輔翼とよぶ)は参謀総長・軍令部総長の職責であった。


(2)客観的要素
多数が健康・長命・子孫や事業の繁栄させ、プラス領域量が多い社会・環境実現。
・実務の制御型人財は多数が幸せを感じることができるためにその時のリーダーの黒子として、プラス領域量が多い社会・地球実現のため属する集団組織の増幅機能を活かし総能力量を最大に発揮する行動を採る。 

□道徳の因果律
◆道徳実行の結果を良好にする九つの条件
(1)動機 (2)目的 (3)質
(4)分量 (5)時代 (6)時機 (7)場所 (8)場合 (9)方法
◆最高堂徳実行の効果
「最高道徳の実行」 ⇔ 「品性の向上」 
 ⇔ 「個人の幸せ、社会の進歩、世界の平和」

□最高道徳実行の目的
天爵を修めて人爵これに従う。
・広辞苑 「天爵(てんしゃく)」とは その人に自然に備わった徳の高さ
福沢諭吉、福翁百話「人爵を無頓着に付するは所謂・・・を重んずるの意ならんだれども・・・」
・広辞苑 「人爵(じんしゃく)」とは 「孟子(告子上」爵・位階・官禄など人がさだめた爵位。人から与えられた官位 

□最高道徳実行の根本精神
慈悲寛大な心となり自己に反省す。 
 

◇四方八方への心づかい、気配りを基本動作とし、習慣化する








































































 

□広辞苑「四方八方」
1.四方と四隅。東・西・南・北と北東・北西・南東・南西の八つの方角
2.転じて、あらゆる方面、方々。諸方。多方面
□広辞苑「心づかい」「心遣い」
1.心を油断なく働かせること。警戒。用心。
2.人のためを思って色々気をつかうこと。配慮。
□広辞苑「気配り」
不都合・失敗がないように、あれこれと気をつけること。相手を思いやって気をつけること。心くばり。配慮。
□広辞苑「配慮」
心をくばること。心づかい。
□広辞苑 「心配り」
あちこちへ気を配ること。心づかい。配慮。

21世紀に入り、20世紀に成長の芽段階の、科学技術、文化、インフラ等の新たな分野の急成長、情報量「ゼタ時代」の到来、海外の生活、社会への直接脅威の増大、天変地異、想定外の広域影響人災の頻度が増加し、危機管理準備が普通になりました。 個人の生活様式や、社会のしくみが大きく変貌しようとしています。
激しい時代の移り変わりの中で、働くこと、生きることの意味が、改めて問い直されています。
身の回りのことを考えても、子供の教育、家族の健康、経済生活の安定、高齢者の毎年増加、長寿化で働く場がない年金だけの生活者の増加、老後の社会保障、日本人の人口の減少、日本人の若い世代の社員として汗を嫌う間接人員志望の働くインフラが年々減少し、汗をかく直接人員は、海外インフラに国内から移動し多数の異民族が活躍する場を提供するようになりました。個人の過去経験が少ない異常行動が、子供も大人も高齢者全年齢で誰でも見える段階になりました。
消費税増税、食料値上げ、エネルギー値上げ、生活必需品値上げしても、値上げ分は海外流出し、儲けるのは、国内大企業の海外拠点。収入増の見込ゼロ、預金さえ利子ゼロで自然マイナスとなり、その人達の顛末はどうなるのでしょうか。日本政府は、ますます放漫経営で大企業重点に収支無視の巨額の赤字累積させ財政破綻へ毎年着実に歩み、国際収支さえ赤字慢性化徴候が出はじめ、ダブル財政悪化となる徴候が誰にも見える段階になりました。

取り組むべき多くの課題があります。このような状況のもとで、生きがいと喜びにあふれた意味ある人生を築くためには、どうしたらよいのでしょうか?
私たち一人ひとりが、日常の心づかいと行いを改善し、品性の向上を務め、地域でバラバラバラ自分だけよくなる行動から、地域全体が一つの事業体として、政府に依存しない、富裕層の集団組織の金融操作の影響を最小化して、企業単位を、業種業態単位のエリア別(市場の大きさに応じた)適性規模厳守の協業連携で群れとなり、地域全体最適化し、地域全員がふさわしい働きかき稼ぎ、幸福な人生を地域で実現できる基盤構築方向、「もとつもたれる・絆」「共に豊かになるためにワークシェアリング型全体最適、働く労働生産性に応じたほどほど満足利益配分と間接人員の所得上限規制とワークシャエリング人数の下限設定(以上が原則)にする」ように、間接人員の全員直接人員として直接稼ぐ評価基準で行動させ、その利益配分比率を40%以上にする」等利益分配のしくみ、地域が共有の創市場創客のしくみをつくると、経営者役員の所得上限を、経営幹部の平均所得の5倍以下にするだけで、協業企業単位は、適正規模なら、現在の設備を、共有事業に一部修正だだけで、黒字化企業を増加できる確率は高い。地域でホールディング型で、各企業の輪番で、社長が2年出向し、その間専務が社長代行させる仕組みにする。各社の実務の制御型人財は、6カ月輪番で出向させ、地域連携の中で育てる等。
既にある経営資源、人を、「四方八方への心づかい、気配り、地域全体最適視点で価値基準、行動基準へ「もうちょっと」意識して行動し、習慣化するだけで、地域が、日本の中で最も幸福な人生を実現できる現在ある確率の高い場所であり、生物多様性、森林豊富、農林水産、食物の世界最高の安心安全なものを生産する一員で汗をかき多忙に動き、仮想空間の時間を、最小化し、機械に仲介された人と人とのコミュニケーションを、直接仲間として、声の直接コミュニケーション時間を増やし、結婚適齢期の男女が、仮想空間の理想イメージだけで、縁をつくり、現実の実体で、想定外の現象が起こり、複数回離婚、複数回再婚を、日常生活態度を直接接して、周囲が誰でも見えれば、周囲がみんな祝い祝福された結婚、地域が宝として、両親の多忙な時間、地域が育てるしくみをつくれば、10歳までの自然の中で育ち、地域でなくてはならない分担役割行動をした子供の人格基礎基盤は、脆弱、欠落部分はなく、ある程度まで、全員成長できる確率は高い。その子が子供になると、海外へ金を持ち出す今太閤が、過去加工 想定外の多数の人間の働く場を地域の収入インフラを切り捨て、を崇拝し、私学の教授推薦で、学生に、人間の成功モデルとしてしゃべらせる愚行はなくなる確率は高い。

(1)最高道徳の精神み基づいて普通道徳を実行する。
エチケットをはじめ、公衆道徳や法律などを守り、日常生活においてはできるだけ迅速、確実、典雅、安全に行動し、時間や他人との約束などはよく守り、つねに公明正大な行いをし、他人に好感、満足、安心を与えるようにする。
(2)道徳の実行には勇気が必要です。道徳と言えば、だれでも行わないのに自分だけおこなっては損だちか、忙しいから当分は見合わせるというように見合わせる人もいますが、どのような状況にあっても他人に率先して最高道徳を実行する人は、勇気のある人といえます。基本動作と同様に、実行すれば、その人の人格の隠し味の一つになり、よい仲間を集めたい時にプラス機能として生きる段階がきます。
(3)最高道徳は、心づかいを基本とする道徳ですから、いつでもどこでも実行できます。家庭や学校や職場など、つねに相手の立場を思いやり、相手の幸せのために尽くす心づかいと行いを心掛けることが大切です。
(4)道徳は、本来、他人から強制されて行うものではなく、一人ひとりの自由意思にもとづいて自主的に行うものです。

自分の人生をつくり上げていく究極の責任が自分自身にあることを自覚し、自助自立の精神をもって、人生の途上で遭遇する不孝は困難などの解決に主体的に取り組んで行くことが肝要です。

 

◇あなたの成長度合はどの段階ですか?


あなたが重点的集中し傍の人から、ネズミ算で増加するしくみで動き始める時です。



































 

 
■視野・視点・価値基準を変え、能力を変え、実行量を変える着眼!
  「一人ではなにも出来ない」は自らに壁をつくり、限界を創ります。
  「一人からはじめると、何かができはじめます。」

  
●視野とは 一人の影響範囲 一人が観・診える範囲
  
●視点とは 一人の成長段階で異なり、超一流・無限の域になると
          視野は拡大してきます。
          視点を変えると周囲の観・診え方が変わり、価値判断が
          変わりはじめます。正しさ、思い込みの基準も変わります。 
  
●価値基準 一人が変われば、周囲の一人が変わり、鼠算で周囲が
          変わりはじめます。自ら発振する音源・機能源が集団と
          共鳴・共振すると名曲を発し・すばらしい成果がでます。
          集団の最適のための総合コンダクターの価値判断の高さで
          派生する内容、価値はことなります。構成する人・ものかねが
          異なり、音符の異なる音楽の違いと類似しています。 
          
  その段階から、周囲が全体最適のため一人一人の視野・視点
  の制約は集団のリーダー・ディレクターの力量に依存しはじめます。

  全体最適の価値基準は、企業の経営陣、地域団体の指導陣
  政府国家の指導陣、宗教の指導陣等多くの集団の価値判断が
  最優先されるようになります。他の集団から観・診ると多様で
  違和感がある場合もあります。

  あなたの視点をどこに採るかにより、日常の行動は変わります。
  すべて、
あなたの今の段階で最適行動をしているだけです。

◎視点をより高くできる多くの人財の成長をA志援は待望しています。        
  周囲への
「やさしさ」は「やせるおもい」がともないます。
  より大きい「やさしさ」を発揮するためには、より強い部分を創る必要
  があります。

  すでに5つの余裕がある方の多くが 視点を1ランクあげる時代が
  来ています。優先すべきテーマも先人の智慧の中で具体的実践
  の方向性を考え、実行にとりかかる人、集団が働きはじめました。  
    
         
◎5つの余裕のすべてをもつ集団の働きの加速を待望します。
      1つ、複数の人も視点を変える働きの加速を待望します。
 

        1.財力に余裕がある人、集団
             2.知力に余裕がある人、集団 
             3.智慧に余裕がある人、集団
             4.実戦に余裕がある人、集団
      5.組織を働かす余裕がある人、集団
 

◇あなたを取り巻き属する集団組織の増幅機能は現在今の統合統覚価値基準・行動基準の成長はどの段階でしょうか?

















































































































































































































































 

 
21世紀後半の集団組織の統合統覚価値基準・行動基準の成長段階は
どの段階ですか?

ステップ
 最低でも人類の「我」を優先してステップに適応して生き残るため
       の分水嶺の選択猶予の限界点が近づきました。
       人類の環境破壊の加速のために、安心安全な方法を採り実行する
                時期にきました。
       地球的視点、人類以外の生物の存亡も同時並列で行う必要が
       ありますが、まず「人類」からはじめないと、なにもできません。
    

◆集団組織の価値基準

   
ステップ1  地域・企業の存亡を価値基準とする。 -
    
ステップ2 日本(国)の存亡を価値基準とする。  -

    
ステップ3 人類の存亡を価値基準とする。    △
    
ステップ4 地球の存亡を価値基準とする。    ○
    
ステップ5 宇宙の最適を価値基準とする。    ◎ 


・世界の人類だけの共生は、人類の我欲段階です。地球が、生物多様性、人間の完全循環型への回帰させる。
(地球内で循環できないもの、大量に人を殺戮する人類完全ゼロ化できる生産物を売買する死の商人、悪魔に魂を売った科学者の人間が制御不能で、地球内で存在をゼロにできない生産物を売買し、地球環境を2度と復元できなくする商人の行動を完全禁止へ急ぐ時代に入りました)
・世界人類が多数心身健康維持ためには、正しい食料、正しい水、正しい酸素が人間の尊厳価値である「大脳」を重点にその他のミトコンドリア系を良いコンディションで正しく生かす方向の一つです。
・人間の身体の中の基盤として存在するあらゆる生命体共通の地球内解糖系を正しく生かす方向は、地球内で生成できないものは生産しない、使用しない方向です。多数の解糖系異常の人の増加徴候の本質に気づく時です。
21世紀後半は、中性、男女性異常、女性が肉食系、男性が草食系、新しいタイプの人類が多数化する時代の徴候が出てきました。現在タイプの人類が少数化し、その時の本流の人はどのように変異しているのでしょうか?
ダーヴインの進化論の結果どう変異するのでしょうか?
すでに「大脳」が正常機能せず、動物脳、恐竜脳の行動を優位にする、剛型行動(心理的剛型行動、金による剛型行動、仮想空間操作でマイナス領域行動へ導く剛型行動等)の本能、煩悩、我欲等の全体最適調整抑制機能が脆弱、欠落した人の数の増加が誰でも見える時代がきました。

●情報量「ゼタ時代」、ネットで個人が想定以上の多数プラス領域、マイナス領域を浮き草タイプで移動行動する時代に入りました。人間の尊厳視点の価値基準、行動基準とは異なり、浮き草タイプで、人格基盤の根がない大人は 朝令暮改、何でもありの行動ができます。価値基準のある人格基盤感性帯域が脆弱で、欠落し、た部分を突かれると心理的(仮想空間で潜在脳段階での誘導)誘導、麻薬や興奮、催眠で左脳の大脳機能停止・行動放棄状態で、「好き」・「嫌い」行動で動き、迷うと動けず、選択権利放棄し、素面になった時、実体社会の想定外の変化方向に驚いた時は、後の祭り、自分が無意識行動したので、責任転嫁しようとしても合法的に不可能で、損害は、死ぬまで続く生き地獄となる現象が誰でも見えてきました。



◆集団組織の価値基準(態度を変える)・行動基準(行動を変える)
集団組織の価値基準(態度)は 行動基準で行動した結果が直接影響する事業がプラス領域量が多く評価されるように、価値基準(態度)はプラスαを付加されながらカイゼンされます。行動基準が正しいかどうかで、集団組織の正しさの度合いが決まり、業績結果になります。赤字企業は、赤字になる行動基準で多数が行動した結果であることを冷厳に自己責任に視点でカイゼンが必要です。
環境を業績悪化の理由にする企業は、同じ環境同じ業態業界で黒字企業があるます。環境責任、他人責任は論理的詭弁の一つであり、正しい人間と比較し、何か自分に抑えるべき欠点があることに気づくことが重要。気付けば、行動に出ないようにして、長所を「もうちょっと」と伸ばし、プラス領域量が、競合他社以上にするだけで、どの企業も必ず黒字企業に平等に返信できます。集団組織のリーダーの欠点を抑え、補填、補完する実務(行動)の制御型人財(黒子)が、多分野で育てば、集団組織のリーダーとなる人物の器が大きいほど、黒子機能が最大に発揮され、外部から、多分野で素晴らしい集団組織として評価されるようになります。
集団組織のリーダーの行動基準を1段階から7段階まで成長させるのも、リーダーとともに成長する多分野の実務の制御型人財が、日日レベルアップすべき行動基準レベルアップする先行行動量と、よい結果を誰でも見える感動と演出が必要です。
よい結果による「意見具申」は、集団組織のリーダーなら集団組織の価値基準(態度)に採用した方が「得」であることに気づける人が70%以上いることに気づくことが大切です。集団組織のリーダーになった1名の人は、全体最適に気付いた結果選ばれて人であり、全体最適で「得」「プラス領域量が多い」こと感じ、行動できる素養を持った人です。
ただし、サラリーマン経営者、銀の匙を咥えた後継経営者は、気づける人は 40%以下であるため経営陣の60%以上の実務のプロ役員を多数化する必要があります。間接業務の役員は、気づける人は20%以下であり、「意見具申」は気をつけないと集団組織から排除される原因になる場合が多く、挫折の人生結果になつた多くの素晴らしい制御型人財の顛末を歩まないために、拠点長、役員との接点時、四方八方の心づかい、気くばりが成功への分水嶺になります。

1段階 「一方よし」の行動基準

・自分だけが自分の行動を制御できる。自分の価値判断でプラス領域、マイナス領域どの方向にも向け行動できる自己制御ができる唯一の人です。
・自分の価値基準、行動基準が、高く成長し、人に評価され、リーダーに一員になると、自己責任範囲の集団組織の人を動かし、プラス領域、マイナス領域の方向へ増幅機能を発揮させることができ、良い結果、悪い結果の結果を誘導できる。
・その集団組織で「自分」だけが 「Win」になるように行動し、一人勝ちを目的にして、集団組織の他の人を排除し、今太閤型、超富裕を人生の目的とする行動ができる。
・自分以外の集団組織の他の人をモノ、手足として扱う行動ができる。
富裕層になると、仲間を動かし、世界規模で潤沢金融操作により金融合法的丁半博打を最後には独り勝ちする行動ができる。
・他の人を、損得勘定で納得させ、潤沢な金で、自在に多数の人、国を動かすことができる。 人の上限制限がない、我欲、煩悩、本能、動物脳、恐竜脳を抑制することなく、自在に発揮する行動ができる。 「人間の尊厳」を無視し逸脱できます。

●21世紀は富裕層・超富裕層は、潤沢な資金を戦略的に持続的に投入し、上限規制がないため合法的金融市場で、他の人が資金投入できない時まで待ち、最後にすべての富を手に入れる一人勝ちができる時代に入りました。富裕な人を崇拝し、その集団へ属したい人の数が増え、夢破れた多数の挫折者を輩出し、マイナス領域で、合法的を価値基準、にして、非合法ができる多数育った人に心理的誘導法で、多くの非合法行動が世界各地を見えない指導者として、一流超一流人罪(一流人財・超一流人財が自己満足出来なかった時の人格基礎基盤が脆弱か、欠落した「晴れ型人生を55歳頃まで歩んだ人はある日瞬間に人罪化変身する確率が高い価値基準、行動基準反転現象)が増えてきました。彼らは、現行法律、支える多数の法の番人である検事価値基準としての使命観が欠落して育った一流弁護士に囲まれているため、法律的には、必ず無罪になる確率が高い。証拠ゼロになるる日常行動を律しています。法律改定に超敏感で、最新規制にあわせた行動修正を自在にできますが、法律改定前のまま気づけず行動した直属の部下達は、非合法、犯罪者になる場合もあります。 
●21世紀は 一流、超一流人罪が少し存在しはじめました。情報量「ゼタ時代」の中で、多数の浮き草タイプの大人子供を、簡単に心理的誘導(本人意志で行動したと思い込む現象)される人数の増加に歯止めをかけて、21世紀後半に入るまえに、正しい行動、プラス領域量が多い方向へ成長を急ぐ時が来ました。
実務の一流、超一流人罪(間接型・机上の人ではない)は、自己実現の我欲が実現できるふさわしい多くの人に評価される活躍できる働く場を、地域の複合食品産業の基幹化リーダーとして、人格基礎基盤の脆弱、欠落部分は、多分野の制御型人財が補填、補完し、すばらしいプラス領域量の多い部分(過去、一流、超一流人財として評価されていた実務のプロ・匠の分野)を活かすと、地域が不足する、国内お一流、超一流機能を発揮する確率は高い。現在の本流の大企業、政府と拮抗できる地域の推進力は、本流から外れた「怒パワー」を「プラス方向に活かせる確率は高い。 実務の一流、超一流人罪は、常に、最新のプラス領域、マイナス領域の情報を吸収し、行動の先鋭化訓練をしています。

ただし、一流もどき人罪は、最新を学び、行動訓練せず、退社時で時間が止まります。人財へ99%以上反転しません。多くの中小企業が、大企業からの退職時間接型期間が長く、大企業で口を開けて強制的に育てられた大企業に属すと一流に見える普通の人であり、一流モドキ人罪(履歴は一流、実務能力は普通の自社の幹部以下の人)は100害あって1利なし、1年でマイナス人格基盤が誰にも見える確率は高い。中小企業の優秀な実務の分野の自社の制御型人財と価値基準、行動基準を比較すると、実務プロ・匠レベルの経営者、役員なら、面接すると気付ける確率は高い。

2段階 「.二方よし」の行動基準
・「自分」と「属する集団組織」だけが 「Wn−Win」
・「他の集団組織」を排除する

・プラス領域上限からマイナス領域下限まで 何でもありの属する集団組織増幅行動ができます。

・個人が直接、個別に接し、た
・一流、超一流実務の分野別制御型人財の数、一流、超一流人罪のかずで、プラス領域量が多い集団組織か、マイナス領域が多い集団組織決まります。

 
3段階 「.三方よし」の行動基準
・「自分」と「属する集団組織」と「取り巻社会と環境:国・地域等の規模)」 が 
「Win−Win」
・大企業中堅企業と政府のような 市場拡大援助、資金援助が潤沢な状態
・自分が属さない他の集団組織を排除し、独占する。
・自分が属さない他の集団組織とは、国内中小企業生業家業とそれに属する人
 国内に地方行政等
・自分が属さない他の国と多数の集団組織

4段階 「四方よし」の行動基準
・世界規模で 「自国」と「他国」が 取り巻く社会・環境と属する人が共生し、「Win−Win」
・「海外の国々」と 「自国」 が共に 「Win−Win]  
柔型行動優位で、調整機能が必要

・「地球環境」と「各国」 が共に 「Win−Win」  
地球内で完全循環できものだけ存在させる、
・地球内で残渣ゼロにならないものの製造禁止、制御不能な科学・医学の禁止

5段階 「五方よし」の行動基準
・「人間社会」だけでなく 「生物多様性」と「全世界各国の人」が調整、共生
・「自国単位」で「生物の多様性」調整された共生ができる行動
・世界単位での、「各国」「世界生物多様性」 相互の「Win−Win」共生

6段階 「六方よし」の行動基準
・「宇宙」と「地球全国家」との共生と「WinーWin」
宇宙と整合され共生する太陽系の地球であり、地球未開拓時代で大航海時代と同様な世界の規制がない時代、超富裕国家が優先して、未開拓領土(未開の先住民を剛型行動で侵略)を拡大占拠しました。現在宇宙惑星侵略領土国有化の禁止が必要な時代は近い。
・宇宙の存在バランスを破壊する行動禁止、宇宙ゴミ捨て場の行動禁止と回収義務の国際司法化も必要は近い。
・領土問題は、人は誰かが領土を占有し、長い歴史を持つ国が、地球全土を領有し、現在の住み分け領土、境界は暫定だが、人類の歴史からして誰も優先占有権はありません。歴史が長い我欲集団は広大な国土を持ちながら地球独占、宇宙独占さえ行動基準にした大集団組織さえ育つ段階が見える段階になってきました。

7段階 「七方よし」の未来のために現在重点集中する行動基準
現在の「人類」「人の社会」「国」「生物」「地球」「宇宙」の「六方よし」を未来の時間軸で維持し発展できるのは「未来」を生きる子孫です。

・.「未来」の子孫が多数、心身健康で、豊かに繁栄できるしくみ、システムを構築する。人間の尊厳である「大脳」機能はよいコンディションで機能できるプラス領域量が多い方向へ、常に正しく軌道制御できる素晴らしい多分野の制御型人財を、世界の総人口の10%以上、自国単位で人口の10%以上育ち続けるようにし、さらに「六方よし」をしくみシステムを活かし進化させることが出来る人を残すことが現在に生きる人の生きた証しの一つです。


◆10歳までの子供を、親両親、学校だけに放任せず、近くの集団組織の中で、地域の未来の共有の「宝」として、自然と共に汗をかき元気に良く学び、よく遊び、地域貢献の役割の中で働きながら人格基盤を正しく育てる。

◆心身健康で、優性遺伝型人間の尊厳豊富なふさわしい組み合わせで結婚適齢期上限(33歳)までに結婚させ、ワンワンニャンヤン早稲の性欲動期間を多忙で汗をかく魅力ある行動でヒマな時間をつくらないしくみで周囲が乗り切らせる。

◆適齢期のすでに育った早稲のワンワンニャンニャンを過ごした浮き草タイプ大人型子供群(中性化、遺伝子型性異常、DV癖、母性本能、男性本能、成長未熟者等)の異性に惑わされない、本能的「嫌い」を潜在脳に定着させる。
特に女性には母性本能、無償の愛、優性遺伝の動物さえ行動する子孫繁栄の遺伝子レベルの記憶を呼び覚まし、日常の集団行動の中から、集団組織が、相性の縁を結び付ける仲人(結婚後、健康な家庭を高齢段階まで、夫婦の絆の危機を乗り越えさせる責任方式に戻す)10歳までの子育ては、家族、集団組織が共同責任型にする。
地域CATVは映像で、現実の異性選びのよい事例ばかり、幸せ家族、ばかり、結婚子育てモデルを多数地域のつくり、地域で合うことができる演出をする。
現在のマイナス思考へ心理的誘導をする、倫理観脆弱、欠落、道徳観脆弱、欠落した暴力礼讃、人の弱みを突く、弱い人を狙う、不良型成長人間ばかり見せる映像せ心理操作する本流と180度逆の良方向にする。良い種を蒔いた良い結果、よいプロセスだけを見せ、未来の希望が膨らむ演出と、実体社会の素晴らしい現実の良い人、先人に接するだけで、人格基盤の脆弱な感性帯域を、自然治癒型成長させることができます。10歳までの成長するべき感性帯域が教導できます。

地域を「嫌う」40%以下の人は、止めてもムダ、自由に他地区、都市部、大都市部へ、送り出す。ある年代で、再び故郷へ帰る希望者は、人格基盤を強制制御する働く場を事前に準備し、マイナス思考を日常習慣化訓練でプラス思考へ、不適切思考、感性異常部分、過去の価値基準、行動基準はは、地域の価値基準行動基準へ、日常習慣化訓練で、定着度合いで期間習性する。その間に、ふさわしい異性のパートナーとの出会いの演出等、健全な家庭の構築支援をする。都市部、大都市部で働き、地域と縁を切らない人は、絆を強化し、地域の都市部での創市場創客のための最強のオピニオンリーダーに育てる。高齢段階で、地域の外部開拓のための最強戦力として育てる。不思議に、地域と根がつながる人は、地域で気付けない領域を広げる役割をする段階があります。すべて縁あった人は味方として、個別の個性に合わせて育てる方がよい。画一化対応は「100害あって一利なし」が個々の歴史の中に沢山あります。敵を育てるよい方法の一つ。
 
生まれた子供たちも周囲の素晴らしい両親が多数見える、周囲が子育ての援助協力すると、素晴らしい両親へ、少しづつ変化できます。人は周囲のプラス領域量の多い人に接するだけで、人が常に未来へ向いて成長し、過去を忘却の中にしまい、良いことだけ思い出せるプラス発想のα波が発生しやすい人生が歩めるようになる段階がきます。誰にも共通にある遺伝子レベルの記憶の一つです。

◎結婚適齢期の若い男女が地域の集団組織に祝福され、正しい婚前期間を過ごし、家族、地域の多くの人、集団組織に祝福され正しい結婚をして、地域から待望され、祝福された生まれた子供を正しい躾、正しい行動、正しい知識、正しい知恵を地域の繁栄の役割分担の中で、行動しながら10歳まで成長させ、正しい人格基盤ができた人間を、就職までの期間、本人が選んだ道に応じて、基本動作、専門知識知恵の基本、総合性を学ばせ、郷土愛(故郷の価値・魅力)、日本国愛(日本の価値・魅力)を感じる新しい発見、新しい感動を演出で育てる。日本人の世界への貢献価値に目覚めさせる。 浮き草タイプから、故郷に根を張り、日本に根を張り、未来の想定外の多くの風雪、無理難題を乗り越える自律の力が育つ段階がきます。
 

◇品性の向上と発達課題


































































































































































































 

品性の向上は、生涯をかけて成し遂げていくべき人生の課題です。
「三つ子の魂百まで」といわれるように、幼いころにはぐくまれた道徳心が、後年を高い品性を築く基礎になります。
つねに道徳心を培い、品性を高めていくためには、人生のそれぞれの段階で達成しなけらばならない発達上の問題があります。

◎人も含め「いきものづくり」は成長段階で正しい人格基盤を形成するためにはふさわしい+αの付加定着が必要です。

動植物の、品質、美味しさ、食した栄養内容は、成長の節目の個別のふさわしい人海行動格差で決まります。「ものづくり」の高額投資設備のナノ化精度、システムしくみの標準化、省人化によりある生産工程段階からは後からプロセス修正できる場合があります。その手法を生物である人間に「ものづくり」優位の戦略的教育体系で育てようとしても、なぜ必要人数、必要期限までに育たず、成長しないのかその真因に気づくことが重要です。21世紀後半すばらしい未来を構築する基盤をづくりの役割の人は、勝ち残るためには、「いきものづくり」の本質原理をマスターすることが必要条件の一つです。人のデータ管理崇拝のデジタル視点から累積過去情報に依存するだけでなく、一人ひとりの成長の節目ごとに個別のアナログ視点からふさわしいプラスαを強制制御するしくみが勝つ突破口になります。

1.乳児期
親や周囲の人に対する信頼感を身に付け、自立感を育て、親は乳児の期待を裏切らない、愛情に満ちた一貫した態度で接することが必要です。
泣くだけで意志表示をする期間です。言葉、自分で動くことのできないとき、毎日歩く準備のための足を動かす運動を気が遠くなる回数します。自由に動く訓練をさせる環境づくりが重要です。
泣き声だけで乳児とコミュニケーションできる「無上の愛」の母性本能を最大限に発揮する時です。短い時間しか接しない父性で気付けない子育て領域が多い期間

親が危険寸止め防止により、生命の危険再発防止人格基盤をキチンと定着させることが必要です。危険なことをやらせない過保護の親、環境で育つと、幼児期、保育園・幼稚園の年少時、とんでもない行動をする多数の子供が生まれ、年中、年長で教導しても、親・環境が最初戻りさせるため、人格基礎基盤が正しく定着しないまま、児童期へ進み、家庭で躾できない子供は、教師と学校、生徒の集団では教導できなくなる根本原因となる確率は高い。
「三つ子の魂百まで」、数十万人の出会った経営幹部の3歳まで、10歳までの成長過程(生い立ち)の成長の節目を雑談(問診)するだけで、決断時のなぜ全体最適ではない、悪手を決断しようとするのか、気付く事例が豊富にありました。

2.幼児期
幼児期の子供は、成功と失敗の「経験を繰り返しながら、望ましい基本的な行動様式を習得していきます。そのため、親の愛情と信頼に基づいた行き届いた躾が必要です。
兄・姉がいる場合は形態模写のような、そっくり行動を真似ます。兄・姉が、正しく成長していると、毎日の先生の役割をします。兄・姉を親家族が最初の子として過保護で育てますが、2人目以上は、親・家族も手抜きをするため、ある成長段階からライバル視して生き残る知恵が育ってきます。
ただし、兄・姉の悪い、マイナス領域の多い行動も、そのまま真似ることができます。「よい」「わるい」の価値基準がないため、本人を叱らず、兄・姉の「悪い行動」をその場で、本人が見える場で叱ると、本人は、兄・姉の「悪い行動」をしない、反面教師の知恵が人格に定着します。ただし、「親の顔」を見る知恵は、児童期は「先生の顔」・「友達の親の顔」で「よい子供」行動が出来るようになります。
親が、感情衝動でたまたました行動頻度が多い場合、「よい」「わるい」の判断があいまいさに気づくと親を信頼しなくなり、なぜ弟・妹が「素直でない」「自我」行動が多くなる真因の一つです。比較がない、兄・姉はなせ親の言うことを聞き言いなり=「素直」に行動するのでしょうか? 親・家庭が育てていることに気づくことがたいせつです。気付けばプラス領域方向にこの幼児期ならまだ自在に教導できます。
但し、保育園、幼稚園の先生は、親ほど絶対信頼されていないため、身体での躾が出来ない認めない過保護の親優位時代、30%以上の子供がマイナス量の多い人格帯域を持つていることに気づく時です。

兄・姉がいない子供は、保育園、3歳からの幼稚園で、集団の中で、必要な躾、学習、知恵、友達体験する方が、人格基礎基盤の定着によい効果があります。
「よい」行動「悪い」行動をキチンと正しく識別できるように、身体・行動で人生の基本動作を教導し、習慣化させることが必要です。「してはいけないことはしない」「正しく行動しない時イライラ感情まで高める」と人格基礎基盤の定着度は高い段階になります。

納得した行動基準(知恵)が多いほど、自分に「得」か「損」の知恵 「好き」か「嫌い」の感情が定着してきます。
同年齢の幼児は、まだ誰も社会的に平等である感覚が強く、貧富の差、環境の差の存在と、平等でない自分に少しづつ気づくようになります。親が、教え結果です。正しい家庭かどうかで、「三つ子の魂」の脆弱、欠落部分ができます。「富裕・甘やかし・放任」、「貧困・放任・ひもじさ」 「病弱」等はある感性帯域の成長が低い分野ができます。

2.児童期
活動性や自発性をはぐくむことが大切です、これらが子供の道徳心の基礎になると言われています。
児童期で留意すべきことは、家庭での過保護や放任主義に陥ることなく、子供の意志をできるだけ尊重し、自分の決めたことは責任をもってやり遂げる習慣を養うことです。また、学校内外での集団活動を通じて、役割や責任を分担したり、互いに協力する経験を積むことが必要です。こうして培われた道徳心が、その後の人間形成の基盤になります。
小さい集団の中での自分の活かし方、全員最適の価値基準(知識)と行動基準(知恵 不満・我慢⇒ほどほど満足)の結果の本音を周囲のみんなが満足しているので我欲の抑制、ほどほど満足、喧嘩の「寸止め」行動(ケガをさせる限界を知る)

私学で「左脳教育(知識)崇拝」「正しい人格基礎基盤構築のしくみシステムが脆弱」な場合 富裕層が多く、銀の匙を咥えて生まれた子供は、感性帯域で脆弱、ゼロの部分が定着した大人型子供になった人もいました。
児童期から大学までの一貫校は私学特有の感性帯域のクセのある人に多数出会いました。本人は気付けず、親の社長の健在時は周囲の経営幹部が欠点を補完補填できますが、小企業の場合、経営幹部の制御できない時代になり、現在ない会社さえありました。

公立で「左脳・右脳・人格基盤構築」する対象児童の成長段階が上限から下限間が大きく、中間以下が多数の場合、優秀な子供、普通の子供の成長スピードを多数の普通以下の子供のために遅くなり、普通以下の10%以上は、マイナス領域量が多く育つ徴候があるようです。

3.青年期
自己に目覚めるとともに、自分の進路を選択したり、社会的な役割を模索する時期です。この時期までの発達過程が着実に達成されれば、青年は自己の進路や役割を確認し、自己に確信を持つとともに、開かれた人間関係を築き、積極的に社会生活を営むことが出来るようになります。
しかし、その逆の場合は、不適応を起こしてノイローゼになったり、孤立したり、反社会的な行動に走ったりすることがあります。
まさに青年期は人生における危機の時代です。この青年期の課題は、自分が他人や社会とのかかわりの中で存在していることを自覚し、進んで社会的な活動に参加することによって自己中心的傾向を離れ、他人への共感や連帯意識を深めながら自己の確率を図ることにあります。

21世紀前半、仮想空間での仮想行動が優位な、実体社会空間での行動量が減少し、多数の「成功」「失敗」の中で「成功量」を多くする、知恵のプラスα付加、人格基盤の集団組織の増幅機能でよい結果、悪い結果が想定以上に大きくなる実戦体験で、プラス領域量が多い方向=「自己実現」確率を高める方向への人格基盤の付加が異常の少ない時代になりました。楽に稼げる(麻薬と同質)ことに満足し、集団組織に属さない方が楽と感じる「先楽後憂」30歳以降、正しく成長できない価値基準行動基準の浮き草タイプの大人型子供が多数化する時代になりました。
青年期未知の体験自己成長を目的に、難題をアルバイトに選び、プロ・匠の先人から凝縮された高度な知識、汎用性の高い高質な知恵を学び稼ぐひとが少なくなりました。育英資金に感謝し、早期返却しゼロにするために最優先で返済する人格行動から、青年期「楽」をしながら感謝せず平気で返済できない、踏み倒しできる人がなぜ増加してきたのでしょうか?

新入社員時、最初の1か月間、OFFJT、OJTにより、短期集中できに、個人別人格基盤の自社にとってマイナス領域量が多い方向の行動を抑止し、プラス領域方向が多い方向に徹底反復訓練をさせ、自社全体最適共感行動を優位に出来るように軌道を制御して人格基礎基盤の定着すり替えできるチャンスの態度⇒行動⇒人格形成をすることを推奨します。3年間、元に戻らないようにOJTでの教導する。
自社に「自己実現」のテーマが豊富にあることを、よい先人事例を映像も含め、業績貢献する映像を共有化イントラネットで、定期的紹介するだけで、明確なイメージを描かせるだけで、年齢相当の成長をしていないことに20代気づくと、青年期の本来のよい価値基準行動基準が起動できます。20代、知識教育ではなく、実戦行動での本人が無理難題(130%程度過負荷)テーマを、見守り助勢して小さい成功を累積させ、年に2回(上期、下期)体験の知恵を、分野別に自ら体系化整理させ、他の良い知恵を学び、同時に次の成長のための新たな知識を付加するしくみの中で育てる。30代以降、成人期に自社で活躍できる成長基盤を構築しておく。

4.成人期
自分の職業を通じて社会の一員として責任を果たし、家庭でも社会でも次の世代の育成にたずさわるなど、社会的、経済的、文化的な活動の主力となる時期です。この時期に、多かれ少なかれ他人の世話をする立場に身をおくことになりますが、そのことを通して、人を愛し慈しむ心を育てていくことができます。
このうような社会生活の具体的な場面で、自己の主体性と他人への共感性を調和させ、自己の責任をはたしていくことが、成人期の課題です。
品性向上への努力が人生の切実な課題として自覚されてくるのは、この時期です。属する職場、属する集団組織の中で、全体最適化の一員として、集団組織の向かう方向に個人個人行動軌道を制御されます。
人格基盤の脆弱欠落部分は、傍の業務のパートナーが相互に補完、補填し、プラス領域だけを伸ばすしくみ、システムを構築できた集団組織は、属する人の数が増加し、業績貢献度もさらに高くなり、プラス領域量が多い企業へ急速度で成長できる段階にはいります。逆に人格基盤の脆弱欠落部分に気づけない仲良し仲間のパートナーは、5年単位で、積木崩しを繰り返す30年前と今の企業規模、中身で、働く人は功なった時期のある高齢者が多数化し、同程度の内容の老衰を待つ中小企業の末路の姿になります。

浮き草タイプの大人型子供は、人格の基礎基盤の本音とは別の建前行動が優位となります。自己規制が弱くなる方法、酒や、遊び仲間の場で、集団組織への本音の不平不満、日常の我慢の抑えができない衝動行動が出る人が多くなります。
高年期、高齢期の人格成長の上限、品性の上限が観(診)える多くの要素を把握して、高齢期まで、集団組織の属する高年期の間、建前で正しい領域で行動する強制制御の方向に活かすことが必要です。高年期の業務責任領域の拡大上限を決め、それ以降は、業務責任領域を減らす方向の方が、再発防止、危機管理対策の一つになります。多くの中小企業は、その人と仲間により、企業の存亡、倒産さえ現実化する事例があります。

5.高年期
人生の仕上げの時期で、精神的、道徳的な成熟を成し遂げていく時期です。自己の存在の意味や使命に対する自覚をいっそう深め、万物を生成化育する自然の働きに同化し、人を愛し育てようとする能力を円熟させていくことがこの時期の課題です。そして、何事にも謙虚に反省する心を養い、すべてのものに対する感謝の念につつまれ、自他を超越した深い慈悲心を身に付け、人格的な統合を果たしていくことが望まれます。このようにすべてのものを慈しみ育てる心で満たされた人格へと生まれ変わることが、品性の完成であり、これこそ生涯にわたる人間の究極的課題であるともいえます。

現在、高年期の「浮き草タイプの大人型子供」は、プラス領域量が多い行動を多数しているでしょうか?

集団組織の人格基盤行動を強制制御するしくみから解放された高齢者段階で、最最初に伴侶があんなに素晴らしかった人格が変わり、頑固、変な行動、暴力等の本音行動が出はじめます。なぜ共に白髪までと誓った熟年の離婚が増加してきたのでしょうか?家族、子供も行動の変化に気づくのはなぜでしょうか?

6.高齢期
高齢期の集団組織の最小単位は家族と、近隣の狭域行動範囲になります。
属する集団組織から離れた初期の段階で、家族の中の行動を「建前」と「本音」が一致する「本音」行動をし、一番欠点に気づき、我慢していた伴侶に気づけなかった人格基盤の脆弱部分、欠落部分の行動、気になることをその場で、本音でズバズバ指摘してもらうようにする。少しずつ正しくし、習慣化でき、素直に聞く姿勢ができた段階から 家族、子供は気付いていても指摘できないので、「いやな顔」をした時、聞いて、素直に正す行動をはじめると、動はまずかったのか、一つひとつよい行動へ明るく治し、正しい行動量を増やし、再発防止を意識する段階から、「本音」と「建て前」行動が一致する量が多くなります。孫にも叱られる「あしまった」行動があり、素直に直します。「本音」で行動しているため、周囲が、欠点、良い点よくわかり始めた段階で、言われると「わかった」で行動するので、言いやすく、周囲が気を使いすぎることがない平常心が普通の生活ができます。ただし高齢者は、気づかい、心づかいは、最善で行動すると、周囲はにこにこ笑いながら素直に本音で答えてくれます。ほどほど満足、家族の伴侶、子、孫が身心健康、親の長命が、人生の幸せの一つであるようです。
 

◇あなたが属する集団組織を構成する浮く草タイプの大人型子供の年齢別成長度合い感性分布状態をデータ化していますか?

後継人財
自分以上の価値基準行動基準になる可能性有
自分の脆弱、欠点を補完補填できる決断精度が高い人
・NO2人財
自分の強みと同じ強みを持ち、指示、命令で補完するだけで代行できる人 

































































 

◎あなたの属する集団組織から「もうちょっと」傍の人をプラス領域量が多い方向へ軌道制御し、育てはじめるときです。あなたの属する集団組織が増幅機能を「もうちょっと」発揮できる段階から、自社の業績基盤に影響が大きい、集団組織との協業連携を試みることを意識すると、その集団組織の実務の制御型人財が観(診)えはじめます。その人と拮抗した共生で協業をはじめると、次々と、多分野の実務制御型人財との縁がひろがります。

21世紀で育つ、中小企業の実務の制御型人財は、自社のノウハウの不足、現在の経営陣でできる行動上限を知り、未来への行動をあきらめ、社内の中に重点を置いて、成長を減速している人財が多くなりました。拮抗して協業成長の方向が明確になると、経営陣を動かし、企業間連携とともに相乗効果の出る成長方向がでる確率は高い。複合食品産業に関わる業績基盤の柱を育てることが、適正規模を維持でき、新規設備投資を最小に、リース方式で、最先端活用できる業界であるため、短期で業績貢献でき、他の分野より単価は安くても、評価されるとハングルーマーケット方式で、戦略的に受注回転率を調整できて想定外に安定利益が確保できることい気づけます。狭域地域での商品製品回転で、地産地消できるため、協業連携の輪は、中小企業の実務の多分野制御型人財が、調整共生を意識して行地域の創市場創客機能として、協業活用する段階から、地域の行政、団体が、金食い虫だけの危機管理ITを地域に活かす方向に気づくことができます。

●あなたが、現在の自社だけの実務の制御型から地域の複合食品産業の循環サイクルを構築する役割に時間をさける段階になることが、地域が共に豊かになるために必要条件です。現在即する集団組織に、あなたの後継人財、NO2人財を短期で育てるしくみを構築をはじめることが突破口です。社内の多分野の実務制御型人財は常に意識しているテーマで、他部門の制御型人財が急に観える段階がきます。プラス思考、プラスα情報交換する間に、自社の経営陣、経営資源の上限能力を分野はがっても、ほとんど同じ現状認識していることに気づけます。社内連携しながら、外部への行動時間を、上手につくりはじめる(多忙な人は、いくらでもテーマを増やしたも、できるようにして、できる特性があります。)段階がきます。経営者、専務クラスを動かすと、自部門の後継者人財、NO2人財候補を複数社内で先発できる確率は高く、外部への活動時間を増大できる段階が業務内でできるようになります。行動すれば、次々と問題解決の具体策が浮かびはじめ、解決する人が出てくる段階が不思議に来ます。

●後継者人財、NO2人財を気付いた今からはじめることが第一歩です。


◆あなたが属する傍の集団組織を構成する役職、ブランド等すべてのバブル(泡)、周囲が創るハロー増幅部分をゼロ(0)にして人格基礎基盤(直接間接の行動方向軌道制御できる確率の60%以上かのな人)を年齢別成長度合いの感性帯域分布する。あなたが総行動量を増幅できる「共鳴・共振・共働」するための個人別修正方向を明確にすることが必要条件。

◆あなたは、必要性に気づいた時から、あなたの傍の人の中から3人候補を選び、自分を超える後継人財として養成をはじめる。実体社会の問題解決をさせる集団組織の業績貢献の場を鉄蹄訓練の場に活かす。解決方向プレームを描き未知の分野は率先垂範しながら、すでの通った道は 見守り任せ、フォローし、本人の価値判断行動基準の知識・知恵成長度合いプロセスをチェックしながら、補足、補填できる方向へ軌道制御しながら育てる。 
時系列変化の中で 1名は途中で自ら不満、他責をして現場から逃亡自ら他部門、他社へ移動(雨型人材)。
1名は成長期待外れで、脆弱、欠落部分が成長できない無精卵(曇り型人財もどき)、ただし、NO2人財の養成グループに変更し、分野の専門性に徹した人財は、集団組織に貢献する人財も30%以下います。たの人は、自分のゼネラル能力を過信し、他部署で3年程度は評価されても、その後、脆弱、欠落部分で、役職段階に応じた想定外の人災の発生源となり、集団組織を辞めざるをえなくなる人が多い。

予定の成長方向へ向かう人財(晴れ人財:ただし、あなたが移動し、自ら正しい方向へ自動制御できる確率は 50%程度です。順調に部長、拠点長、役員、社長へ成長できる確率は5%以下ですが、その他の人は、所属集団組織でも、他の集団組織でも優れて人財として評価される他の人と比較するとゼネラル型として80%以上います。特に中小企業では評価が高い。)

◆あなたは、必要に気付いた時から、あなたの傍の人の中から3人候補を選び、ナンバーツー(NO2)人財として、担当業務の分野の自分を超えるプロ、匠人財として養成をはじめる。

NO2人財とはあなたの業績貢献度の高い一部だけ優れた価値基準行動基準に成長できる確率はあるが、分野のプロ、匠としてあなたが常に先導して、自分も
共に成長しますが、全機能とし、脆弱、欠落分野があり、任せきれない分野があり、常に意識して的確な指示命令したで育てる人。
周囲は後継人財より優れた人に見えるが、あなたの軌道制御がゼロ(移動、転勤等)になると慢心暴走、社長さえ、外部制御不能行動をはじめます。大きな人災源になる確率が高く、多くの集団組織にある、企業の存亡の危機さえ招く一流人罪候補に相当し、後継人財ではない。
 

あなたより優れた価値基準・行動基準に成長する確率が60%以上の人。あなたが責任分野行動範囲の拡大として、あなたにの代りリーダーになれる人財。多くの分野で多数養成すると、集団組織が拡大した段階で。全分野統合統覚型で瞬時に、共鳴、共振、共働の同周期運動で、想定以上の増幅行動ができる確率は高い。
うねりとしてプラス領域量が多いベクトル方向に各分野の多数の浮き草タイプの大人型子供を、柔型行動で瞬時に軌道を強制制御できる確率は高い。


◎TPPの地域のマイナス徴候の潮流を直視して、地域の中小企業の強みに目覚め、複合食品産業を基幹にした、上限規制、法律規制がない世界規模の金融操作を最小化影響にした協業の強みを発揮するときです。 

地域を良くしたい制御型人財は、仮想と実体実現可能領域と整合させ、プラス領域量が多い方向へ具体的行動を全国各地ではじまることを待望しています。
海外のすばらしい制御型人財と連携して、世界各地で、成功プロセスを共有化して、21世紀後半、素晴らしい共に心身豊かな子孫を多数化し本流を動かす人にしたくありませんか?


地域の全員の人が、働く機会、収入を働けばいられる仕組みをつくり、全員が地域の未来、子孫繁栄をさせる
一員として貢献できる小単位の集団組織の最初の突破口は「町・村」からであることに気づき、70%以上まだ残る「絆・もちつもたれつ」の今現在の行動している内容を価値基準、行動基準にして、地域の人が年金者も含め、70%の中の60%の人の年収がその地域の中流家庭になるように、日本的ワークシェアリングで利益を人件費配分する、地域全体最適行動に重点集中すると「外部の脅威の強い」日本民族の農耕民族固有の多神教(仮想空間の規制が少ない)だから実体社会で実現できる確率が高いことに気づくと、今、一人ひとり何で地域の貢献するか、日本本流の情報操作の幻惑されず、地域にプラス領域量がなり、地域行政が豊かになるキ方向に気づける確率は高い。地域の70%が個人我を横に置いて、全体最適方向に、70%以上の人が主体で動く「重点集中」する時です。2011年3月11日から現在まで、政府援、大企業我、他の地域の短時間支援や、利権我等、外部の集団組織のバラバラで整合されない我欲で、投入された膨大な資金(正しく機能すればすでに地域規模ならできた量ですが、群馬県のダムのように60年かけてもまだダム本体工事ははじまらない姿と酷似現象の外部固有の我欲利権優位の目的とは無関係の普通行動の一つ)が消えました。誰でも見える現状を反面教師として、少ない自己資金を地域の行政(間接、仮想担当段階から、実体の中で担当分野で地域の人を個人収入、法人収入最大化する制御型人財の事務局(地域の黒子)行動に徹する)し、信金、JA、地域CATV、10歳までの子供(実務模擬体験・人格形成基盤教育の主役)、就労前の学生(最新知識・行動量)は年金生活の高齢者(応用知識、知恵量)とペアで組んで行動し、知識、知恵の継承を実体推進の戦力として活かす。金食い虫の、政府が経費負担した危機管理インフラの機能を地域が、保守改良、メンテナンス機能をすべて代行し、外部に財産が流出する歯止めをかけ、地域内で、財産が循環するようにして、地域CATVと連動させ、地域の中小企業、生業、家業のばらばらの地域の人口をすべて、危機管理部細網(金食い虫)を完全化する目的で、データ管理し、共有の複合食品産業、地域中小企業のシンプルであらゆる大企業製品の過剰機能除き本来シンプル機能だけにする。オプション(金に余裕がある時部品機能を追加できる)追加できるインターフェイス機能を標準搭載する商品製品にする。金融乱高下し、上場企業が値上げ独占する価格高騰を最小化した無関係な低コストで買い回り商品・製品を地域で供給したり、地域で自給自足、地産地消品の創市場創客機能(地域の事業が黒字化、法人税、個人税を潤沢に年々増加できるしくみ)と併用できる地域統合をする。
エネルギー自給は、地域の多数の廃棄物、水力、林業廃材、風力、工場の排出するCO2、熱量、水の浄化機能等、自家発電機能は、地域の最適な、利用されない資源で小地域ならできます。当面の不足分は高くても電力購入する。普通の火力、原子力、大企業だけ儲かる太陽電池方式の安易な地域行政は、100%しない、
太陽光システムだけは、他地域、政府が全額負担し、他地域の大企業が直接経営し、メンテナンス保守機能だけ、地域の中小企業へ委託する機能で活用する。地熱発電(想定外地震で、岩盤に開けたパイプが、メキシコ湾の海底石油の流出結果のように、溶岩流の噴出できる、抑圧力を脆弱化し、地域がイタリアのボンベイになる確率はゼロでない。地域に不適)風力発電(風力を受けるプロペラ回転機能が発生する低周波は、ある量以上共振増幅され時、住む人の脳や神経の異常、子孫に遺伝子段階異常の誘引確率はゼロではない。地域に不適)シェールガスは、地域の水脈にカナダのある地域のような結果があります。地域に不適な方向です。


  突破口は、
「地域は複合食品産業を基幹に勝つ」

 

 

  

商品一覧