開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

集中力を生むライフスタイルの方向

■集中力を生むライフスタイルの方向        130524

「脳構造機能」「心構造機能」を正しく活かす>集中力を生むライフスタイルの方向
      集中力を高める基盤
      集中力を生む行動スタイルの方向
   よい健康・よい集中力・よい決断へ行動






更新 2013年6月22日

脳や神経のコンディションを整え、集中力をさらにパワーアップしたあなたになる目的で
ライフスタイルのプラス領域量が多い良い方向を確信・選択するときのトリガー機能!

「集中力」は成功確率が高い方法を知り、確信して 仮想空間の就縛から離れ、実体社会の中で
生活の態度を変え、素晴らしい結果のための良い種を蒔く行動へ「もうちょっと」変え、反復行動
持続すると善循環が習慣化し、人格レベルまで高まり定着した段階でよい結果が出る確率は高い。


今に徹して「集中力」を最善徹底訓練し、実体実戦の場で訓練のように自然体で行動できるトリガー
の役割をしてくれることに気づける段階がきます。
傍の人の55%以上の行動が「もうちょっとプラス領域量が増加」すると、集団組織の増幅機能が想定
以上に拡大し、想定(仮想段階での予測・推計)以上の結果になる頻度が多くなる段階になります。
同一の人と、同一の人の組み合わせ集団組織だけで、「正しい行動総量を増加」するだけで実体の
よい結果を生むことが出来る確率は高くなるようです。
上限が見えない無限のように見(観、診)える未知が多い分野の開拓時でさえ、実現できる未知のプラス
領域量を増加できる付加能力が湧き出てくる確率は高くなるようです。


誰も平等に持っている「集中力」は 「同じ人」がさらに「パワーアップした集中力」により
レベルアップを続けることができます。

モノは、潤沢な資金投入し機能増強部品と交換し、アセンブリ全体の多数の整合部品を交換
する方法しかありません。

普通の人は、時間軸が経過すると、同じ人が、プラス領域量の多い、その人固有の最適方法で
行動すれば誰でも非凡なプロ・匠の段階以上に成長できるようです。
ただしプラス領域量が多いか、極端にマイナス領域量が多くなるか、あなた自身の選択肢の
選び方で決まります。あなたの棲む環境は、あなた自身の行動した冷厳な結果です。
同じ集団組織に属する構成員の増幅機能を規模拡大に応じて、総能力量を増大できます。
すべてあなたが人生の主役です。傍の人は、あなたの相対的にゼロで存在し、プラス領域にも
マイナス領域にもどちらの方向でも機能できます。あなたの価値基準行動基準で軌道制御が
出来るようになっています。


「モノ」は、パワーアップや性能向上はさらに高額な規模拡大の設備投資を段階的に必要になります。
ふさわしい新たな設備投資により外部エネルギーの調達供給システムの増設が必要になります。


「ヒト」は自己啓発により、ある分野でプロ・匠の熟練段階まで誰でも成長できる可能性が平等にあり
ます。ただし、専門分野以外は普通の人以下で、ブランドを過信し幻惑されると人災の真因になり、
「後の祭り」の結果が出て気づく人が多い。
どの分野かに重点集中し徹した行動をして「自分をもうちょっと自力で変える」と、必ず、総能力量は
増大し、知行のエネルギーレベルは自動的にアップ出来ます。
徹した広域分野の知識総量と行動結果累積は、多分野をある段階以上成長した段階から、多数の
要素、パラメターを含む先例のない難題でさえ、集団組織の分野別のふさわしい連携したい人を
整合したバランスレベルに育てることが出来る段階が来ます。その段階から成功確率が高くなり、
ゼネラル型の全体最適の指揮者腱、実務の人の連携不足の隙間を直接補完、補填行動できる
制御型人財が生まれてくる確率は高い。あなたが属する集団組織は、あなたがいる時だけ、
不思議に、みんなに笑いながら、健康に、業務が順調過ぎるプロセスを、望どおり、歩み、創対外
の結果がでるようになる段階がきます。99%以上の部分しか見えない人は、あなたの存在は、
球の中心で超速度(7倍速以上)行動しているため一部しか見えません。何かを気付き、感じる
傍の人は20%以下はいます。自分が得になる部分だけは、自然に不思議に協力する人が出現
します。私の人生の軌道を大きく矯正していただいた2名の故人の恩師に若い段階で出会い
正しく評価し教導してもらえる幸運があり、現在があります。周囲に期待せても、環境がプラス方向
出ない場合は、煩悩が不満絶望を感じるだけで、甘い期待をゼロにし、自分だけ評価し、周囲が
評価した場合は「儲けもの」程度で平常心でわが道を歩む方向を推奨します。人生の最期の収支は
必ずプラスになる確率は高い。
プラス・肯定思考で集中意識で選ぶとプラス量が多い結果になります。

制御型人財を志す人財はあなたの価値を気付けるふさわしい人との出会いが必ずあります。
黒子に徹して「集中」し行動すると、多くの未来のプラス領域量が多い行動をする人が傍に育ちます。
その人たちが、未来の本流のリーダーになる確率は高い。その姿が現実化した時に味わう喜びは
人生の極致の一つと感じられる時がきます。
「時を味方」に待つ自然体行動を習慣化するために「脳や神経」の良いコンディションを「普通」に
なる段階に達する時を待望しています。


未知の自分の能力を自力でさらにプラスαして「集中力」を発揮できると信じてシンプル・単純な
価値基準の選択だけであなたは変化できるようになっているようです。

人の選択肢は2択で、決断プロセスは複雑系に見えたも、確信しなくても時間軸経過し最終決断
する瞬間はシンプル、単純に「重点集中・割り切り・思い切り」行動します。
プラス・肯定思考で選ぶとプラス量が多い領域方向になる結果確率は高い。

結果が良ければ、自分がしたこととして想定以上に高く評価を求めます。他人の提案を、決断確信
のために自分がよいと流用し決めても、結果が悪いと流用者や他人に責任転嫁(親、同僚、部下、
上司等)をします。

過保護の親、先生の下で育った10歳までの人格基礎基盤になった60%以上定着し普通の時代は
集団組織の増幅機能をプラス領域量が多き方向へ軌道制御するためには、通常は無に見える黒子
の役割で見えない行動量が、成功確率をよい方向へ変動させる要因になることを留意してください。

黒子の存在が観(診)えるリーダーが、現れる時まで本流で「時」を待つことが成功の分水嶺です。
焦ると「出る杭、リーダーを超える確率の高い人」とされ、本流から90%以上排除された事例は、
過去の歴史を分析すれば多数ありました。同じ道を歩まないように留意してください。

必ず時代の「本流」で生き残ると、素晴らしい分野の制御型人財機能をあなたの人生舞台で発揮
できるチャンスが巡ってくる確率は高い。
あなたが素晴らしいその時代にふさわしい結果を出す未来を待望しています。


◎自己評価はしない。自己の限界を思い込まない。自己の無限の可能性を
信じてみよう!毎日「もうちょっと」自己の総能力量にプラスαを付加しよう!

多数の高い難題障壁は、他力を借りて集団組織力で破っても、自己の総能力量が、増加しなければ、
類似の壁に次々と直面し、周囲の環境の集団組織機能が、マイナス領域に変化した段階で100%挫折
を味わう時期がきます。歴史は繰り返す、自分の真の総能力量に気づけなかった多くの先人の因果応報
の顛末と酷似します。

壁を超えるための自己の総能力量の増加、周囲の環境が、マイナス領域で、集団組織の増幅機能が
少ないか、マイナスに機能しても、直面する壁を超える「集中力」と総価値基準・行動基準が揃えば、
どんな周囲がマイナス領域でも、10%以上のプロ、匠の協力者に出会えます。(プロ、匠の人だけが、
自分の通った人生の成功の道が観(診)える人がいます。)不思議に壁を超える増幅機能を人数が
少数派でもプラス領域量の方向の仰角を高くする軌道制御機能を発揮してくれます。
「くもの糸」の強化の役割となり、自然にその時、「未知のできないのではないか?と本音の潜在脳から
出てくる最悪、奈落の底に落ちる不安、恐怖等」を横に置いて、直面する難題に正攻法」(全体最適の
成功確率が高い方法。奇手は、部分成功で、瞬時の結果、短期で元の現状に先祖帰りする確率は
高い。時が変わり環境が変わり、規制が変わると、逆に、奇手が最大のマイナス領域量増大方向だった
事例は多数あります。そのときの合法基準行動は、悪手の一つ)で、壁を超えることができます。

毎日の日常行動で「脳や神経」を良いコンディションを「普通」として、小さい成功の累積総量
の結果の一つです。毎日よい種を蒔き続ける、僅かな微差が、大差の結果を出したためです。


実体社会は、人の行動の組み合わせでできた世界であるため、仮想空間の中で行動量ゼロ
状態でモノだけ集約存在した「経営資源」だけでは時間軸経過しても、変化結果はゼロです。
人とその集団組織を構成し行動する人が機能して初めて実体社会が時間経過で変化し結果
が有限に変動します。
 
実体社会は高度な複雑系(高度なナノ精度のデジタル優位)が左右するだけの世界ではなく、
単純系(アナログ優位)である人が時間で行動変化し、その集団組織の増幅機能はプラス領域
マイナス領域を変動分布する不確実性のアナログ要素が左右し、その時の価値基準、行動
基準も、時代の潮流で変化します。
確率予測とは異なり、普通の60%以上の浮き草型の人とその集団組織は デジタル・映像
(デジタルの見える化)機能で、誘導され多数決と本流が誘導される単純系のようです。

実体社会の本質に気付いた制御型人財は、今、何に、上限領域の「集中力」で重点集中し
プラス領域量が多い方向への突破口に気づける確率は高い。
     130312ms
 

 


□脳や神経は「食べたもの」で作くられていることに気づくと「集中力」を高める突破口が観えてくる。

あなたにふさわしい方法を選び、臨床検証した良い結果の方法で、ライフスタイル(態度)を変え、行動を変え、習慣化して、良いコンディションが「普通」になるような人格基盤を構築するトリガーに活かしてみよう!

◎ミトコンドリア系優位な人間は、正しい呼吸で「酸素」を体内供給し、食物を酸素で化学反応で出るエネルギーを使用して、脳の中の「大脳」が機能して人間の尊厳の価値基準、行動基準がきまります。このシンプルなメカニズムに気づくと、ライフサイクルで何を今最優先でべきか浮かんできます。食物以外の社会は、煩悩、我欲で生じた後天的な分野です。ゼロでも、人間は生きることができます。
人生は死ぬまで生きることです。傍の多数の人が生きやすくするために、自分があります。何を重点に「集中」する方が、未来の子孫繁栄に貢献できますか?
 

1.人間の尊厳価値である「脳」は身体の一部の細胞です。
あなたの身体は、あなたが食べたもので出来ています。
身体によいものを食べれば、よいもので身体がつくられ、ほどほどのものを食べればほどほどのものがつくられます。悪いものばかり食べて食生活を習慣化すると結果はどうなるでしょうか?

◆粘土細工をイメージしてみてください
混じりっけのない「白い粘土」と、「赤い粘土」を混ぜた白い粘土の2種類があるとします。それぞれ人形を作ったとすると、片方は真っ白な人形となり、もう片方は粘土を混ぜている間にピンクの人形が出来上がります。

「白い粘土の赤い部分」が心身健全維持の悪い異物とイメージ、子孫の異常化のトリガーでは?
「白い部分を完全健康食品とみなし、赤い部分をその食品内異物」とイメージすると、食品添加物、遺伝子組み換え人工食品(身体の長期臨床検証や子孫の遺伝子変容影響プロセスの検証結果評価がされていない食品の場合)、食物が成長段階でその食物細胞に含有される土壌・環境(地中地下)成分、水質、成長段階環境(空間)の有害物特に、長期間影響があり処方箋ゼロの放射能等が悪い食品ばかり食べている人の身体総機能の健全性は?脳や神経の正常度合いは?

日本の悪い食生活が原因で祖父母、両親のライフスタイルの負の遺産が子供に継承され、その因果の結果、食物、環境アレルギー症状の子孫の発症数が見える段階になりました。祖父母、両親が子孫影響責任意識、母性本能、父責任が欠如した大人型子供に10歳まで育てられた子が、次の世代の子孫を残した場合、その子はどうなるでしょうか?また、脳や神経の人格基礎基盤正常性はどうなるでしょうか?      130312ms


私たちの身体は 基本的に、私たちが「これまで食べたもの」で出来ています。年を取っても肌つやが良い人は、それまで食べた食品の素材と、食べ方の結果と相関が高い。あなたは、日本国の子孫繁栄の方向をどうしたいですか?
海外の輸入食品、現在の大企業の海外原料調達がいまでさえ、ある方向の価値基準の本流により「もちつもたれつ」遺伝子レベルの農耕型行動基準を破壊させ、個別・個人規模単位に分断し、日本人の健康度が急速に弱性遺伝化、男女の存在価値が脆弱化し中性が多数化され徴候があります。
TPPにより、日本の農耕民族としての人格基礎基盤の次代の子孫への継承確率は風前の灯の時代に入りました。

2011年3月11日に「絆・もちつもたれつ」の存在する価値を気付き催眠から覚醒し、まだ、目的的なメディア、映像の情報操作の中でまだ覚醒状態を維持出来ている制御型人財は日本国の存在、日本人の多数存在できる未来のために、今何を重点に「集中」行動をはじめる方がプラス領域量が多く出来る方向でしょうか?

2.脳を作るのは「脂(油)」?
私たちの脳や神経も食べた物で出来ています。
「脳の60%は脂(油)でできている」ということに気づいた人は ダイエットなどで脂(油)を制限し過ぎることは脳や神経の材料を制限する行動をして悪い種を蒔いている確率は高いと気づけます。

良質な脳には、良質な脂(油)が必要です。「良質」という意味で、特に大切なのがあ、脂(油)の種類の人体に健全であるだけでなく、それがものが新鮮な脂(油)かどうか」が重要要素です。
新鮮な脂を摂取するには、オリーブオイルも一つです。一番手っ取り早く毎日摂取するしくみは、スプーン一杯のオリーブオイルをパンにつける。サラダやおかずにふりかけるという方法です。好みに合わせて工夫してみてください。オリーブオイルの場合、開封後、2週間で賞味期限と考えてみる方法があります。
植物性油も搾りたての段階からどんどん酸化していくためで、酸化が進んだ油は、細胞にマイナス影響をする要素が多くなるためです。
時間がたった油や、使用済みの揚げ物油や天ぷら油は、新鮮度はどうでしょうか?細胞、身体にプラスでしょうか?日本では、油を揚げ物や炒め物に使うことが多いのですが、欧米では、調味料の一つとして食卓で、用います。
やみくもに脂(油)を避けるのではなく、できるだけフレッシュなものを摂取するように心がけましょう。

●高価な和牛・ある国の日本向け脂分散の多い肉(運動量が少なく筋肉がやわらか、不健康で不健康な脂が大量に多くの部位に分散する霜降り肉、とオーストラリア産(広大な土地で運動量豊富なかみ応えある良質な凝縮された健康な少ない脂肉)とどちらを選ぶと生活習慣病になる確率は低いでしょうか?


3.食事制限型ダイエットは、しないで、腹八分目で胃・腸が満足する食べ方を覚える。
脳や神経の調子を整えるためには、食事制限ダイエットは、労多くしてマイナスが多い方向です。

基本的には、空腹では集中しにくいものです。その傾向は、特に女性に現れます。どちらかというとぽっちゃりした人の方が脳や神経が元気で、少しのことで、感情的ヒステリー行動は少ないようです。
ただし、外見的には痩せているように見えても、鍛えてしまった身体でありば問題はありません。
食事だけをコントロールして、栄養調整、無理なダイエットで痩せると問題があります。
たとえばプロのモデルはスマートな体系を維持するために、栄養バランス、食べる時間、しっかりした運動等、影ではかなりの努力をしているために、プロとして働き続けることができる「プロ意識」があります。

最近は「空腹が身体に良い」とういことで話題になり、断食(ファスティング)ブームですが、脳や神経のコンディションを整えるには、単に食事を減らすのではなく、もう一歩踏み込んで考えることが必要です。
逆に「沢山食べれば良い」というわけでもありません。
脳や神経の調子が良い人は、長い成功体験から脳や神経にとって適切な食事量がわかっています。
ストレスなどで満腹中枢が狂い、やたらに暴飲暴食をしたり、その反対に食べなくなったりしてしまう現象があることに気づく人は多いようです。

脳や神経の調子が良ければ、「正しい食事量」が感覚で判断できるようになります。適切な食事量・質であれば、空腹感や満腹感に集中力が削がれることが少なくなります。「お腹が空いた」と身体が認識しただけで、どうしても頭は食事のことばかり考えてしまいます。一つのことに集中できなくなります。

普通の人はある時間間隔ではじまる空腹感は長いライフスタイルの中で生まれた条件反射的で湧いてくるためで、行動を変え、習慣を変えるとプラス領域量が多い方向に修正できます。「思い込み」の誘導は制御できます。

日常、出張以外の普通の日は手作りの朝食はきちんと1日の必要エネルギーの60%以上の栄養内容質量を食べると、昼食は、業務の都合で自在に調整できます。1日の消費量の補充と身体形成量を意識して外食を腹八分目でやめて、外食の量を調整し、自宅での手作りの夕食で1日の質量の調整をする。

夕食は自宅で食べる習慣を90%以上行動を厳守する。夕食前の外食の量を自在に調整したり、自宅の夕食量を事前に減らす工夫をする。残業夜食は、空腹感がある日だけ食べ、その他の日は、夜食は抜き、人のじゃまされない時間が出来ます。大部分の同僚は1時間以上のムダを残業名目で浪費するクセがあります。その時間は同僚に時間をとられないため、残業に集中でき、想定以上に他人に影響されず仕事に集中出来てはかどります。上司役員も夜食を食べるため「集中できる」チャンスです。
昼食時間は、多忙な時、暇なとき自在に活用し、暇なときは、朝準備した弁当を食べ、残り時間は、睡眠時間に補填するリラックス時間に活かせます。多忙な時は、午後の業務の区切りまで食事時間をずらせばよい。そのまま外出しないで執務する場合は、昼食を抜いても、お茶・水だけで間食だけで空腹感は少ないようです。外出時は一人で移動の途中の車、電車の途中の隙間時間で午後の時間で食べる工夫をします。
昼食は都合で自在に空腹調整ができるようになり、空腹感にじゃまされることが少ない段階になるようです。
業務集中力は必要時間まで維持できます。日常の70%以上の頻度で人間関係を名目に人と同伴付き合いで昼食を誘われる機会がありますが、一緒に食べない工夫をすると、誘われなくなり、人に時間を採られことは最小限になります。いつも上司に呼ばれなくなり必要な時だけ一緒についていく工夫をすればことわれることなく、有効な時間として効率的に活用できます。 普通仕事仲間づくり情報交換が必要な時だけ上司関連連携同僚が同伴するときに参加すればよい。普通は、上司が誘う場合は、別の仲間づくりが目的のようです。
拠点長、役員全員と等間隔接点の方が、制御型人財機能は人に上にご馳走になると人の本能的弱点のクセがあることに気づくと、目的的優位順位での制御プロセス発揮時に馳走の食の恩で修正することが必要のない方向の方が予定プロセス通りの時間軸で進行できて成功確率が高くなります。
制御型人財は、食事時間や、朝食、昼食、夕食、外食の1日の栄養配分も、職場の人間関係も、いつも自分を球心に置いて、脳は神経のコンディションを良くして、人の集団組織の独占我欲に左右されないで唯我独尊型自分流の最適方法をライフスタイルとして構築することが必要条件です。自分の脳や神経のコンディションを良くすることができるのは、自分の自己管理以外、悪くはできますが、良くすることはできないことに気づくことが必要です。常に傍の力が最大発揮できる先行準備が成功確率分岐点になります。長い人間行動の様式を学ぶと、プラス領域量を多くするために、何を重点行動すべきか見える段階がきます。
拠点長、役員が関わるプロジェクトの場合、社長、役員間抗争の渦中に、実質的な実務の代行行動するリーダー格として実戦の場で業績責任の矢面に立たされる制御型人財は生き残る方向の一つです。 130312ms

4.お腹と頭のホットライン
少しでも身体に不調があると、それらに意識が集中しがちになります。つまり、「気が散る」状況です。
特に「お腹」の状態は、集中できるかどうかどうかと密接なつながりがあります。
例えば、お腹が「ぐーつ」と鳴ったり、お腹の調子がよくないときなどトイレが近くなると、集中どころではなくなります。
なぜお腹の調子が気になるのでしょうか? 胃や腸などの調子が、脳や神経の調子と密接に関係しているようです。お腹の調子を整えると、脳や神経の調子も整います。お腹の調子が良くないと、脳や神経の調子にも影響が出てしまいます。
また頭や神経を使い過ぎたとか、頭が痛くなった時は、食欲も減退し、何も食べたくなくなります。
頭と・腸は人が生きていく上で強いつながりを持っているようです。

5.腸の方が優位で偉いか?
普段は、胃や腸のことより、頭や手足のことを意識しがちです。しかし、生物の起源から考えると、「腸」の方が先に発生しているようです。もともと生物は「単細胞生物」と呼ばれる細胞一つだけで出来きた存在から、複雑になるに従い、消化管が中心の生物に進化しました。そして、効果的に、そして容易に栄養を外部から取り入れるために、手や足や頭が分化してできてきました。より栄養価の高い生物を捕食するようになりました。
普段から脳や頭の存在を重視していますが、生物の進化において脳や頭が先ではなく消化管の方が「先輩」です。すべての生物が存在するための基本は「まず外側・外部から栄養を摂る」ということになります。

外から栄養を摂り、生き延びて子孫を残すのが、生物の基本的なサイクルです。
生物は脳だけでは生きられませんが、消化管だけで生きている生物がたくさんいます。生物として脳より腸が基本で優位です。頭のコンディションが良い人は、腸のコンディションを良くしておくことを心掛けることが必要条件です。

制御型人財は、年に1回、腸の検査をする名目で、検査前に3日前から「ボンコロン」と下剤の組み合わせで、毎年1回、完全に宿便も含め計画的にきれいに洗浄するしくみづくりを推奨します。
大腸小腸の洗浄だけでなく、同時期に胃カメラ検査を40歳以上の人は推奨します。
まず胃・腸そのものを、現在医学視点で、正常に維持し、異常があれば、自然治癒力で可能な場合は、ライフスタイルで改善し、治癒(予防処置と自然治癒力を活かす)させ、すでに外科対応、薬で処方の段階では、ライフスタイルをカイゼンし自然治癒能力を高めた上で、再生力パワーアップを早め、再発しない免疫力強化で歯止めをすることを推奨します。治癒の主導は自分、医師は、自然治癒力を強め、再生を早める、最強のサポートの一人とし、医師が直す人と思い込み、他力依存になると「ガン」「悪性胃腸潰瘍」は完全治癒方向とは逆になり寿命さえゼロになる確率が高い。
10歳までの子供時代は素晴らしい医師先生に、その当時の最適処置で、三途の川から数回戻り生きることができました。すばらしい医師先生のアドバイスで、15歳までに胃・腸が弱い腺病体質の虚弱体質を、柔道等胃・腸の健全化生活習慣で、自然治癒力のアドバイスに素直に従い体質改善、頑強な身体基盤ができました。
胃・腸が、正常機能を維持できる段階になると、身体の不健康にする食材に敏感に反応し、症状が見え、処置と治癒の方向が分かる段階が来ます。

●私が10歳まで、虚弱で腺病質で普通の人の病気はほとんど体験したため、普通の人より食の異常に敏感になり、身体が反応する体質かもしれませんが、体験がない人は、人体のセンサー機能を鋭敏化し、食生活を改善、処置しし、自分の治癒力を高めることは、一生を正常に終わらせるために突破口の一つです。

・ある大企業のコンビニの、ある食品、弁当等のある添加物を含むある加工食品を食べると、下痢が始ます。
そのコンビニは健康食材と宣伝して固定者だけに宅配をしています。コンビニの商品とは違うようです。
人体臨床して、下痢腹痛と相関がある食品は、遠距離でも他のライバルコンビニで購入します。
同質のものでも下痢腹痛はなくなりました。
どこのエリアでも便利コンビニで何十年間も100%その店舗で食べ、単身赴任時は3食食べていました。大企業だから、多数の人が買うから大丈夫と思い込んでいましたが、食材の加工前の何か、その後陳列までのの何かが、あるのかもしれません? 
人体センサーが鋭敏な人だけ、人体は異物に反応をしてくれるのかもしれません。その情報できちんと良い方法を実行すると健康体へ戻してくれます。人の「自然治癒力」の良くなるまでのプロセスを感じる能力は、自分傍の人を健康で活躍させる突破口の一つです。

胃・腸は、食べた食物の結果を、身体に良いか悪いか正しく選別し、悪い場合は、普通と異なる症状を身体に発症させるセンサー機能を持つています。

・青魚に鮮度がわるいと、腸に移動段階ですぐ皮膚がかゆくなり、食べた量で蕁麻疹の範囲は異なります。
・かきの揚げもので、かき毒、鮮度、汚濁海水で育ったかきが原因だったようですが、食べた5分後胃の中で、激しい嘔吐になりました。
・日中会社訪問移動が多く夏は自販機の飲料水を毎日2l以上飲みます。有名な化学薬品調合飲料を3か月以上飲み続けると皮膚に水泡が出来始める相関性に気づき完全に飲まなくなると、その症状はその後ゼロになりました。
・炭酸系飲料水を3か月以上冬場ののど越しの刺激が好きで飲み続けると体内に何かを核にして炭酸系の柔らかい石ができます。七転八倒の尿管結石が6か月間隔で発症した時代があります。自分で外出時、その場で救急車を呼び、病院で緊急処置をしてもらいました。腰の後ろの背中に鈍痛が始まると、救急車、病院、リンゲル、尿管拡大、その他、体内の結石検査がプロセスでした。夕方入院し、石が小さいときは次の日の朝は普通に病院から出勤しました。役員、拠点長が、結石になるまでは、仮病に見えたようです。単身赴任で地方転勤時、結石が大きく、破砕して、外に出るまで、リンゲルだけで1週間入院した時、結石が、炭酸系らしいと分かり、炭酸系飲料を、100%飲まなくなると、その後、結石に出会うことはなりました。
・25歳代、金がないので、白米とカレーばかり食べていました。、白いワイシャツが黄色くなり、脇からカレーのにおいがでてきました。 月の食べる頻度を調整するとその現象はなくなりました。

・慢性の重い症状の花粉症は、アレルギー検査をして食生活の改善工夫しましたが、私の自然治癒能力を超えているようです。私に最適な薬と量に出会い、花粉症が始まり、終わる、1か月前から予防免疫、終了後1か月アレルギー徴候ゼロ化し、その期間耳鼻科でお医者様にチェックしていただく方式で、完全に症状として何年も発症しなくなりました。普通は毎年 さらに症状が悪く進行し、大量の花粉が飛散する年は薬の量を変更するのが普通ですが、食生活の改善を毎年工夫しているため症状悪化を抑えているようです。

・お医者様に色々な血圧降圧剤を処方してもらいましたが150以下に下がらず、高血圧200以上の頻度が増加時代がありました。家族に何も言わずコンサルタント定年退職まで、自覚症状で「もうろう」「集中すると」すぐ200以上、頭痛、めまい、脳や神経の破壊へ向かっていました。定年後6カ月、お医者様、栄養士様、の体質改善アドバイスと普通降圧剤を飲んで140以下にする目的で、薬量、1日の回数、食生活の改善をしました。
私の身体に24時間(就眠中も含め)、合う薬量に出会えました。現在は2錠を1錠半まで減らし1日1回服用で、普通130以下となり頭脳労働ピークの夕方でも170を超えないようになりました。
食生活改善の工夫と、万歩計で1分間100歩以上の30分以上の移動を続けています。ストレスの量はコンサル時代より少ないため、脳や神経の良いコンディションの自然治癒力のおかげで普通の毎日の結果の今に感謝しています。

・調子が悪くなると、胃がしくしく泣きはじめるセンサーがはたらきます。体調信号をし、早期自然治癒方向の対策をアドバイスしてくれます

・体調が悪いと、頭の切れが鈍くなり、人の「一言」が感にさわり、「怒」の感情が湧き上がり、抑えても抑えてもできず、その日に限り、次々と感にさわる人が重なります。心の平常心の余裕がない自分に気づきます。
その日は、出来るだけ難題の指示、決断はしないで、やさしい事務業務を重点にします。問題提起して、日をずらす実務決断後回しの工夫行動さえすることもあります。
普通は、平常心で余裕があり、聞き流す内容が、尖った矢がさされる感じがする日があります。

個人差があり、私の体験は、1部のセンサー症状かもしれませんが、10歳まで虚弱体質だったことが、食のセンサー機能を敏感に精度が高くなったのかもしれません。あなたのセンサー能力を鋭敏にする訓練が、子供、子孫繁栄の食生活の健全化の突破口かもしれません。

胃・腸を健康維持食生活ライフスタイルのためのセンサーとして上手に活かすしくみをつくり、正しく処置すると、集中力は想定以上高くなるようです。 130312ms

6.40歳までは二日酔いで集中力が高まる人もいますが、あなたは例外かどうか20歳代気付く必要性
アルコールの働きを上手に利用することで、脳や神経の調子を整えることがでる人もいます。

誰でも有効というわけではなく、逆に脳や神経の働きが良すぎて、細部まで気になってしまったり、やりすぎたりする状態に有効に働く人もいます。同伴仲間の心理的他力誘導で、あなたの存在価値の自力視点で、人生のプラス領域が多い方向で、同伴選択が、プロ集団とプロジェクトメンバーと拮抗して責任分野を成功させるときの弱点にならないライフスタイルが必要条件です。

赤ちょうちん、懇親会、研修中の酒等飲む機会等多数あります。左脳で日常制御できた力が脆弱になり、本音と建て前の価値基行動基準が乖離した人は、右脳の抑えられた潜在脳が優位となった段階で、豹変行動が始まります。経営者と組んで、研修後「焼酎」研修として、経営者の座学を「焼酎」を飲みながら、本音と建て前、緊急時の正常価値判断を成長させる訓練をしました。わたくしも研修センターの責任者、研修成約者責任として同席しました。その時、本音と建て前を一致させ、わが社をどうしたいと口角泡をだしながら討論した人は、時代の潮流の中で、商品、製品を根本的に変えて、30年たった現在も経営者、その時の幹部が交代でかわり、現在も最先端モノづくりの業界で生き残っています。その参加幹部の中で帰属意識の高い一癖ある人財を6か月の幹部候補生スクールで、複数私の班で育て(社長、役員になりました)、その他の連携幹部は、今後連携する専門コンサルタンに担当させる人の班に入れて、コンサルタントをするときの実務アドバイスのその企業の推進人材として育てました。私は、拠点長の黒子として、東京エリアも含め高額な幹部候補生スクールの60%以上は 自分がゼロから見込客にして、担当者分担した企業であり、残りの40%以下は、全エリアの分担経営勉強会のエリア別勉強会企画を、拠点長の黒子としてつくり、修正してできたもので、一度はどの企業の経営者と総括事務局として会い、一度はすべ会社を訪問し、企業実体を体感しているため、拠点長、部長クラスは、私を都合のよい黒子として活用し、その役得として、研修センターで実施するセミナーの業績責任、外部企業研修時の成約者としての役得として、研修内容に興味がある企業を新規開拓した成約し、経営者研修責任者の当日運営の黒子役をしました。多くの上場企業の階層別研修の内容方法、企業の人材、幹部重役経営者の人質の相対比較と、その企業の業績推移との相関関係を検証臨床検証できました。どの企業も懇親会を名目に、知行、本音建前の乖離チェックは、中堅幹部クラスまでは綿密に組み立てた企業が多かった。
経営幹部段階からは、別の手法になります。

人格基盤の脆弱、欠落部分が、鮮明に見えてきます。本音と建前を使い分けている人は、脳や神経をいつもつじつまを合わせるために過剰な無駄なライフスタイルの人です。
意識して酒を飲まない、少量だけ飲み飲んだふりをする子供にいない社長と労務の役員が同席の場合は、自分の酒量限界を知り、限度以下にすることを推奨します。
人として「してはいけない」人の人生が壊れる最下限で寸止めできません。平然と下限以下、破壊までの行動を集団組織機能を活かし人を介して動かせる実質の影のリーダーである確率が高いことに留意して行動することが生き残る道です。

人は10歳までの人格基盤で外部から定着させられた生活環境での無意識価値基準が好き・嫌い感情を湧かせる機能となります。 無礼講、酒の上は、右脳が発する好き・嫌い感情を左脳で抑制できる人の数はゼロに近く、言葉通りに通用しない確率は高い。
あなたが将来の成長が期待されるような人なら、決断の瞬間に湧き出る必ず評価方向をマイナスにする因子になります。特に異民族企業で働く場合は、特に留意が必要条件です。多くの先人の失敗事例の如く、「たった一言」が価値基準、行動基準領域のプラスマイナス逆地域では二度と復元できない一言になる確率は高い。


ただし、本音と建て前を一致させ、いつでも自然体行動、知行一致を心がけたライフスタイルの場合、素面(しらふ)でも酔っていても、日常と言行整合できて、言うこと、行動のけじめも何も変化しません。
その段階になれる酒の強さ、限度を超えふらふらの時でも左脳が右脳より優位に振る舞える、「酒」に飲まれない習慣をつくる日常の訓練が必要になります。40歳を超えると、酔う寸前の、身体のセンサー信号を感じることが出来るようになり、それ以上の飲酒自制するだけでな、水を大量に飲んで、断れない場に備え、素面(しらふ)の方向へ戻すしくみを構築することを推奨します。50歳を過ぎると、酒に弱くなったことを、同席女性や、店の人に酒によわくったこと、飲めないことを事前に根回ししているビールがウーロン茶、酒は水へ上手に切り替えてくるようになり、同席する若い人が酒に弱いという刷り込みができると、若い人たちは、例外管理が上手で、酒を飲む機会をゼロ。断酒できるようになります。家も家族に飲めなくなった調子が悪くあんる症状を意識してもらい、100%例外の飲酒をしない段階から、ウーロン茶、水、ジュースの時代を始めることができるようになります。50代まで疲労感で酷使し「血のしょうんべん」肝臓、腎臓は、少しづつ自然治癒力で、機能回復がはじまります。ただし、60歳を過ぎた脂肪肝は、その後の総運動量が少なすぎるようになると、日常の食事だけでは、エコーでみても減少方向変化できなくなるようです。薬で処置する方法もありますが、肝臓の異常行動がない限り、脂肪肝と仲良くしています。    130312ms

7.肩の力を抜くこと
脳や神経は、身体の隅々とつながっています。そのため、身体のどこかで調子が悪くなると、つられるようにして脳や神経の調子までおかしくしてしまうことがあります。
「胃・腸」の次に、「身体」を整えることで脳や神経の調子を上げるために「肩の力を抜く」ことが、大切です。
「肩だけ力を抜こうとしても、うまく抜くことができず、全身をリラックスさせたり、他の部分に集中したりすることで肩の力を抜くことができます。
・例「ヨガ」はゆったりと全身の力を抜くのに適した運動です。時間をかけて身体をゆっくり伸ばしたりすることで、肩の力も抜け、脳や神経のコンディションは整っていきます。
肩に力が入っていると、指先や首にも力が入ったり、凝ったりします。背中も丸く猫背になり、呼吸も浅くなります。呼吸する能力の低下は、直接に脳の活動に響きます。頭は大量の酸素を消費するところだからです。

逆に肩の力が抜けると、首から脳にかけての血流が改善し、胸が大きく動くやづきなり、呼吸が改善さえ、脳や神経の調子を整えやすくなります。

8.背中を整える
神経は背骨から脊柱を中心に張り巡らされています。心臓などのコントロールする交感神経や、消化管などを調整する副交感神経も背骨の脇から出ています。つまり、背骨は重要な「信号の交通路」です。集中を高めるには、背中をストレッチなどで整えることも有効です。
背中が整っていないと、首、肩、腰にも影響が及びます。首、肩、腰に違和感があると、お腹のときと同様に脳に「雑音」が入り、「気が散る」状態になります。
姿勢の良し悪しよりも、運動をしているとき、背中に違和感が出てこないかどうか、気になるところがあるかどうかをチェックしてみる。違和感を感じるようなら、首、肩、腰を含めたストレッチなどで整えていきます。脳は頭蓋骨で守られ、指で直接押すことができないために、背中など他の部分をマッサージして、刺激を与えたえたり、ストレッチをはじめとする色々な方法で脳や神経を整えます。
・例「首」「肩」「背中」のハリをとることは、頭の負担を下げて、凝りをほくぜば、頭の主にがとれ、目の前が明るくなった気がする場合もあります。

たかが背中、たかが肩こりとは言わずに、脳や新規の疲れを取り除く効果があると認識して、丁寧にケアするほうがよい一つです。

9.身体のサインをキャッチする
脳や神経の調子を整えるには、現状把握が必要です。自分が今、どういう状態にあるにかを把握することが、その後のレベルアップに役立ちます。身体から発する色々なサインをキャツチする。
例、「頭にモヤがかかっているような感じがする」とか「頭に締め付け感がある」という徴候は、脳や神経が良くない状態であることを意味します。脳や神経がよいときの状態が分かると、異常な身体変化に気づけるようになります。脳や神経がどんな状態のときに集中できて、どんな状態のときに集中できないか、どんな時に集中が長く保てて、どんな時に集中が途中で切れたか、「良い状態」を知ると、他の予兆のサインに気づけるようになります。肩が凝れると、もみほぐす。肩が凝りすぎると慣れて感度が鈍感になり気づけなくなります。頭や神経の調子が狂っできたとき、頭も同じように、明確な「サイン」があります。気づけないと、不調が慢性化すると普通となり、本人は、気付けなくなるようです。必ず徴候の「サイン」を見抜き、コンディションを整える行動が制御型人財の必要条件です。

10.脳や神経のコンディションを低下させる姿勢とは
脳や神経の調子を整える時、身体の「姿勢」は重要な要素になります。
身体に負担をかける「ありがたくない姿勢」があります。
・寝転がっている姿勢」。身体が楽をしているようでよさそうですが、頭にとってはそうではありません。上体を起こさないと視界は開けず、目からの情報も処理しにくい姿勢。眠る時でもないのにゴロゴロそいているのは良くあありません。脳は、働くとき水平の状態が居心地がよいようです。次に「うつむく」のもよい姿勢とはいえません。うつむいた状態では見える範囲が自然に狭くなります。「あまり見たくない・情報を取り入れたくない」ということの現われで、情報量を制限する事自体、脳がすでに少し疲れているというサインと考えられます。
「腕組みをする」のも、よい姿勢とは言いえません。心理的には他者からの攻撃を防御する意味があり、物理的にも胸が開いていないことで、酸素の採り入れづらくなり、脳や神経にとって好ましくありません。
「頭が傾いている」のも悪い姿勢です、思い頭を支える首の筋肉に大きな負担がかかり、肩こりの要因になります。脳や神経の働きを低下する、「良くない姿勢」を普段の現実動作の中で明確にして、何が大きい影響を与えるか自分流で把握し注意し、微調整が必要です。「あの時は、意識的に腕を組んでいた」ことに気づけるようになり、頭や脳の機能が低下徴候に気付くセンサーになります。

11.座禅の姿勢に学ぶ「よい姿勢」とは
集中するための「良い姿勢」のポイントは 「頭は本来水平が好き」です。頭が水平に保てなら、それは「良い姿勢」です。余計な力も入れず、身体に負担にもならず、頭が真っ直ぐになっています。そんな姿勢があります。
それは「座禅」の上半身のイメージです。
背骨の位置を一番よい形に整え、身体上部の重みを背骨に預けた頭を水平にするような状態が適切な格好です。座禅の座り方は、余計な力を一切使わず、長く座っているポーズです。この状態は、集中力を養うのにも好都合です。慣れるまで違和感がありますが、一度ためしてみてください。椅子に座って上半身をスキットする
だけでも十分です。
簡単な姿勢のバランスを保てる方法として、「斜め上」を見る動作です。普段、あまり斜め上を見るような姿勢は少なく。こうした 普段あまりしない動作を行うことで、意識や間隔が変わり、気持ちまで変わってくうrようです。
「頭は水平が好き」を時々 意識して姿勢を正しい方向へ戻す頭を真っ直ぐにして、身体に負担が少ないように良い姿勢に隙間時間で直す行動が必要条件です。

12.風呂に入ったときにわかる、脳や神経の疲れ
脳や神経が疲れると、身体が張ってきます。それを解消するには、お風呂で身体をリラックスさせるのが効果的です。お風呂に入った時の感覚で、自分の脳や神経が疲れているかどうか気付くこともできます。
湯船につかったとき「あー、生きかえった」という言葉を発したり、感じたりしたときは、まさに気付かないで、脳や神経が想定以上に疲労していた証拠の一つです。特に20代30.代でこのような反応がでるのは、脳や神経に負担が累積してきた表れで、その日に回復できる限界を超える頻度の予兆がはじまったようです。

普通の段階では 身体をリラックスさせ、疲れをとるには、ぬるい風呂にゆっくり長く浸るり、ゆっくりした深い息が自然に出てくると、身体を脱力させ、「緊張がとれた」状態にしてくれます。

疲れがあまりひどくなってくると、ゆっくり長くぬるい風呂につかっても、まったく疲れがとれず、脱力しなくなってしまいます。逆に疲れてしまうときさえあります。かなり脳が疲れていることが考えられ、すぐに十分な休息が必要です。
風呂はその温かさによって血行良くし、副交感神経は活性化させ、内臓、特に消化器官の働きを強めます。
また汗をかくことにより新陳代謝を促し、肌にも良い刺激を与えます。温泉などの効能効果がある湯には浸かった場合には、その効能効果が期待できます。

13.気合だけでは、普通の人は 集中力は高まらない。逆にある時間経過後脱力感の段階があります。
普通、集中力を高めるようにするとき、精神力や想像量、イメージに頼る面があります。
脳は、通常考えているより、機械的なものです。「前向きに考えると脳が働く」という気の持ちようが、脳に与える影響はゼロではありません。もっと別な視点からとらえてみると
例えば、ある「思い」を持ち続けたり、「考え」をし続けたりするためには、脳や神経の調子によって大きく左右されます。脳が考え続けられる状態かどうかが問題であり、脳や神経の調子が低下しても、考えることそのものはできますが、複雑な問題を粘り強く深く対処する段階まで達しないようです。やたらに気合を入れるよりも、脳や神経のコンディションをととのえる方が、集中できる状態をつくるには、有益なようです。
気合とは、気量が不足したとき、気をむりやり出す手法で、短時間の場合は、その人がむりやり出した気量の総量で超えることができる壁程度なら、気量増加訓練者なら、「集中力」を補完できる人もいます。

14.沼地にビルは建てられない
脳や神経をよくするための「基礎ベース」が必要です。
建物の土台である「基礎」をイメージしてみてください
2階建て、20階建て以上の高層ビルを建てるためには、ふさわしい異なる土台が必要です。
「上物」が重くなればなるほど、支える基礎も強固でなければなりません。
脳や神経も同じです。頭を振フル稼働させようとするならば、そのために必要な土台があります。
高い集中力を保ちたいなら、それなりに強くしっかりした脳と神経の基礎ベースが必要になります。

2011年3月11日の東日本大震災では、埋め立てエリアで周囲の土地が液状化する中で、東京ディズニーランドはなぜ液状化しなかったのでしょうか?危機管理を想定し、普通より過剰すぎる地盤に対する準備があり、適切な土台が備わっていたからです。建設施工会社の氷山の部分の格差がいかに大きいか、見える部分の微差や、裏のないブランドタイプの映画のセット型より、どの方法を選択するかが、想定外、未知の現場でのプラス領域量が多く行動できる確率は高い。大きな成果を望まれる制御型人財の必要条件は、しっかりした「土台」、つまり、脳や神経、その土台である身体のコンディションを整えた上で、集中力を高めること方向が成功確率を高くします。  2013.03.12ms

15.「集中力」を発揮するには「朝の生活パターン」が重要
集中力をうまく出せる人は、生活パターンを上手に、状況に応じて調節しています。常に一定のワンパターンだという意味ではありません。環境の変化、役職責任量の変化、年齢の変化に応じて、自分の体調の変化に合わせて、常に良い状態でいられるように調節しています。意識的に調節している部分と、無意識のうちに調節できる部分があります。意識的、無意識的な調節力は、一日の準備に対する意識の高さから生まれます。
「朝の生活パターン」は運動前の ウオーミングアップのように、脳や神経にもウオーミングアップが必要です。
朝のウオーミングアップが完全な人と、不完全で、寝起きの頭で、ボンやりした頭で、時間すれすれ、ラッシュの中で出勤し、遅刻頻度、休み頻度が多い人と、一日の時間生産性の格差はどうでしょうか?

◎ビジネス業界で、現地現場で心身とも全力で活かし集団組織が最大増幅機能発揮させたい人へ

業績貢献度が高い行動をする1週間前から、その日の朝、最善(最適はその時の運で普通はその時点の最善が90%以上の頻度のようです)の脳や神経がベストコンディションで機能するために、その日の朝最善行動ができる、きちんとプロセスを踏んで先行準備が集団組織も含め総能力量必要です。
その準備行動が原因となり素晴らし実りの日が実体の中で実現する結果になります。
人間誰でも平等な「朝」のスタートレベルで、その人の一生の最終成果が決まります。
人生のある時点でのプロセスでの成功で満足すれば、その時が最大上限で、周囲が評価する「実体社会でのブランド総能力」は最大上限ですが、その後は、分野別成長軸は、減少方向ベクトルになり、仮想空間、ハロー・バブルの評価が優先され、ハロー・バブルを取去り、毎年陳腐化する過去の情報は、最先端情報と、加速度的に乖離し、本流に忘れられ、不易以外の流行領域のバブルは消える確率が高い。実体に気付いた優秀なグループから去りはじめ、60%以上の普通の気付けない人だけが過去の栄光(仮想空間)を評価し残像として残る時がきます。過去の栄光で時代の潮流と乖離した行動は、「裸の王様」型姿であり、60%以上の普通の人の中の半分以上が見える段階が高齢化とともにあります。
「人生の最後の朝を最大にする実体行動を最高レベル」にしたい、たった一度の自分の人生で、自分以外誰も評価しなくても「プラス領域量が最大なる実体行動」が出来る人の数が人類の未来に多数化する必要があります。日本人はもちろん世界で多数化し素晴らしい未来を、残す布石を打つことができる制御型人財が多数化することを待望しています。


「朝は近い! 夜の深度は、より素晴らしい朝」を拓けます。 「朝のない夜はない!」 
21世紀後半の正しい布石を打ち始める時がきています。
人間の尊厳行動としてプラス領域量を最大化する「近未来の朝」へ向かい、集団組織の増幅機能を最大に活かすプロ・匠の域の実体行動を始めるチャンスのときです。
21世紀後半へ向かう「時間のチャンスの女神」はまだ前髪がつかめます。今だけであることに気づく時です。
制御型人財は、黒子(傍の95%は気付けないかもしれません、何の評価もされないかもしれません、自分だけは必ず正しく死の瞬間評価できます。家族さえ気付けないかもしてません。)機能に徹して、各分野で行動量を「もうちょっと多く」することを待望しています。 130528ms


●日常の「朝」の行動を制御型人財機能を「もうちょっと」多くするカイゼンを待望しています。
集団組織の実務の業績貢献度の高い人は、出勤時間の1時間以上ほとんど例外日がなく早い。決済量が多い社長や、直接業務部門担当常勤役員や拠点長は、業績のよい会社部門ほど早い。サラリーマン社長や、間接部門の役員や非常勤役員は例外が多い現象があります。なぜでしょうか?

私は、制御型人財機能を、最小限の時間で最大の集団組織増幅機能を発揮させ、毎日上限行動をしなければ、現場で矢面の業績貢献責任ができないため、どんなに遅くまで残業し、24時後の終電に合わせてできるだけ自宅で、共稼ぎの妻の手作りの夕食を食べ、仮眠か自費購入最新を買い替えたPCでデータ解析、朝は 5時前家を出て1時間半の通勤時間を千載一隅の睡眠時間に利用し、6時半には、出勤しました。
新人時代、人生の恩師である常務が「三文の得」があるという教導を素直に守り、経営コンサルト会社で定年まで守りました。最初は、何が得かわからず、一日の段どり、重点行動の個人行動をしていましたが、毎日、業績のよい企業の中小企業のオーナー経営者や重役は7時過ぎると、誰か出勤しているだろうと次々重要な電話がかかり、ほとんど出張中の、コンサルタントへの伝言取次役をしている間に、どのように連絡すればよいかわかるようになりました。超多忙な役職のあるコンサルタントは7時半ごろから在社の日は出勤してきて、難しい連絡は、替わってもらいました。先輩のすばらしい応答を直接多数聴けました。社長役員クラスが出勤すると、事前に打ち合わせに必要なコンサルタントを8時前に呼び、口頭で打ち合わせる内容が聴けました。いつも就業時間9時の1時間前に出勤する若い見習いコンサルタントに次々と指示を出したりアドバイスする声が聴けました。いつのまにか、出勤が遅い、間際の出勤の課長部長クラスの人達の伝令役もするようにないました。
雑務の手足として「ハイ」一言で、自分の予定の仕事を後回しに事務所内のあらゆる書類を、探す手足となる間に、いつのまにか、あらゆる書類の場所内容、最新の情報がある場所をり、一言私に頼むだけで、短時間で目的の資料を出す匠の特技できるようにならいました。転勤しても、3日で、小・中拠点書類の場所、雑務に日常使用頻度の高い伝票(PC社内導入のメンバーとしてパソコン標準化し、入力変更し、全社標準化のメンバーの1人として会社に都合のよい人の1人ですた)も、普通の人の3倍速以上で探す時間最短ゼロ化行動ができるようになりました。業績貢献度の高い人たちの都合のよい手足の役割になってしまいました。その人達は昇進し、手足の業務代行量と質はのノウハウは増大しました。

役職段階になると、新人若手の中で、後継者(自分より優れた人を自分の不足部分も補完できる能力があるとき育てるために代行で全体を任せることが出来る人)No2(値判断が部分的に脆弱か欠落し育たない分野があり、その人の強みを伸ばし、一部機能だけ任せる人)を育てるために、通常8時前出勤する人たちだけ隙間時間で育てることにしました。
私は、拠点の実務者が次々中途で急に正当な理由をつくり退職する頻度が高い実務型経営コンサルタント部門であるため、後任者の採用か他拠点からの転勤者が決まり、引き継ぎし戦力化するまで、周囲の助けを活かし矢面責任がある役割ばかり「はい」一言で、本業務兼務で多忙なやりました。本業は、後継者、No2に短時間指示しまかせ、見守り、補完、支援する部分だけ行動すればよいしくみにしてあるため、幸い30年一度も見える問題ありませんでした。いつのまにか300件以上、拠点の全業務をさせられたため役得として暗黙知が豊かで、人の成長段階、問題解決能力の成長段階の中で、核心を突いた補填、+αのアドバイスが出来る段階になると、短時間で朝、早い出勤者で将来成長確率が高い人アドバイスができました。地方拠点に転勤しても東京で私の分身が活躍し、難題にプラスα情報と確信決断情報をタイムリーな時(馬が水飲み場にいるとき)
重点集中させました。地方拠点から東京に戻ったとき、育った若手が、連携プロジェクトの推進層として自然に支援してくれました。黒子として、見える部分の役者として評価され、現在拠点長、役員、経営幹部が複数育ちました。その後、降りかかる無理難題を飄々と矢面で出来たか、朝の時間を最大限に生かした結果です。
日中は不在、夜は、事務処理と、先行段どり、拠点長、重役の計画案の原案づくりに専念するため、業務以外のアドバイスする時間余裕はできませんでした。   130312ms

●ウオーミングアップの例
・朝風呂   ・朝シャン  ・散歩   ・朗読   ・発声訓練   ・指先を使う   ・雑用を一気に処理
・朝食前の体操   ・頭の準備体操(その日の行動手順のシミュレーション等)
・本業の準備    ・本業連携の根回し  ・早朝勉強会 
・外出日は、内勤者への仕事依頼のメモ・・・移動途中で、事前に依頼内容の確認と、事前予約なしの追加業務を根回し依頼し、当日できない場合は、内勤日の他の人に依頼し、だめなら、自分で時間の合間で処理する決断をする。


16.仕事の隙間を活かして、本業と異なる好きな分野を「重点集中行動」をついでにしてみる。
脳や神経を休める好きな趣味のような業務ムダ時間を約20分程度集中してやってみる。
本業にプラスになる、脳や神経をリラックスする右脳の好き領域の無意識領域が多い行動をしてみる。
本業の「集中力」は多様な左脳蓄積情報記憶素子から、意識し左脳優位な、ある部分を過剰に活用する行動であります。
全体最適方向で安定する「脳や神経」の中の、平均レベル(平常安定)状態に戻るための「復元パワー」が働きます。
難問のような、周囲に既知情報が微少で、楽な「真似した」情報がない場合の「脳や神経」のエネルギーの消費量は全体の使用可能上限総量(人のその時点で固有の上限があり変動します)の使用していない領域の「脳や神経」へ循環できるエネルギーが不足します。
総エネルギーの上限を着実に増加できる方向は、汗をかき行動すると、想定外の要素の重要な具体的解決テーマに気づき、過去、本業以外の脳にある、隙間時間で「好き領域」で累積した情報が、不足エネルギーを増幅し、未知の要素解決が出来る方向トリガーになるようです。

◎「好き」の多分野累積が、人生の難問解決時、想定外のプラスα機能なる人間には平等因子があるようです。未知の未来では プロ・匠の域ならことわざの「芸は身を助ける」確率は高いようです。

「左脳優位に、実体の中で行動した時間は、自分を成長させてくれる機会となり未知の素晴らしい出会いの演出があり、身体全体から湧き出る右脳の潜在脳感から発する未知の感動を生む役割機能」があるようです。 ある段階から、出会う人すべてがすばらしい生の具体的実体現実の情報源であるkとに気づけます。ばらばらのWebの具体的な真偽混淆の中で、真実確率の高いものだけをつなぐ一本の糸の役割をしてくれます。
聴いた情報と、机上の情報と、自分が感じた情報を整合すると、成功確率が高い具体策が溢れるように出てくる段階がきます。 健康で自然体の時ほど素晴らしい情報との出会いが多いようです。 
 
                        
・電車が出るまでの、隙間時間で、経営コンサルタント業務と異なる、好きな「ものづくり」の最新情報を駅前大書店に立ち寄り、立ち読みし、経営に関するビジネス書、人がたまる陳列棚、雑誌、女性が多数立ち読みする本とう、流行・トレンドの地域での違いが感じられるようになります。
・訪問先を移動するとき、街並みや、その企業に1時間以上早く着いて、周囲を散歩し、環境をチェックし、社員のプロの店員さんに疑問に思い頭に留めておいたテーマを教えてもらったりしする。
商店街の接客方法、地域での違いが感じられるようになります。
・未知の人から素晴らしい話を聞くことができて、いつでも頭や神経が休まり、疑問に思っていたことが、解決できる経験が沢山ありました。地域のことを、高齢者⇒中年⇒若手⇒子供から「⇒」順序で聴くと、話材が広がり、最後に子供の大人への本音が笑い、冗談のような感覚で聴けます。企業なら、その企業の業績貢献実務責任の幹部が、核心を突く豊富な生の具体策が聴けます。派遣社員の受付嬢は、社員と違う価値基準で、第三者的な、見えない情報を聴くことができます。

・電車で移動する場合、バスで移動する場合は風景、土地の名所の情報を同席した土地の人に聴き、駅や銀行で借りた自転車(経営者の勉強会の事務局担当の役得)でタダの交通費で地域の訪問効率高く移動できるしくみをつくり、隙間時間で、ついでに名所旧跡を短時間見学できました。業務での縁を活かし、訪問時の自費でのお土産を必ずすれば、無理なく自転車が借りることができました。バスの本数が少なく経費をかけたり、お客様に出迎え送迎を依頼する他の同僚と異なり、効率行動と、副産物のサイクリングによる気分転換ができました。 130312ms

17.身体が健康で、無駄な力を抜き自然体で脳や神経が良くなるとアイディアが湧き、溢れ出す

日常行動で、隙間時間、出会いに感謝し、何でも興味持ち、プラスαを見たり聴いたり、興味を持って、心に留めておくと、その情報、体験を活かす問題解決の機会に出会うようです。右脳の中に、好きなテーマ、興味のあると「思い込んだ」情報は、潜在脳に残り、火事場のバカ力(ちから)のように、蓄積量に応じて湧きだし、問題解決障壁以上に蓄積し、総量が超えた段階から溢れるように、きづけなかったアイデアが溢れるようになります。

その時、未知の分野でも短時間、重点集中して、情報の関連の広さ(量)と深さ(質)を時間制限内で、過去の現地現場で知った内容をトリガー機能として活かすと、普通の人以上の質量を吸収できます。
脳や神経がよいコンディションの時は、左脳の記憶では、気付けなかったことさえ浮かんでくる段階がきます。

大学時代学び好きになった電気の強電弱電、半導体と電子基盤、、薄膜蒸着、伝導、デジタル通信、コンピュータ原理の「フリップフロップ回路」、卒論の太陽電池等、過去実体社会で一生懸命汗を流し行動体験したことは、いつのまにかその分野の魅力に気づくと好きで好きでたまらなくなるようです。

実体社会で、日常横に置いて、業務に無関係な分野ですが、隙間時間、瞬間偶然出会い、見る物・聴くもの、そのとき理解できない疑問が潜在脳に蓄積され、分野別に整理され長期記憶さえているようです。


誰でも、「脳や神経」のよいコンディションを普通とし、集中力が自在にコントロールできる余裕が出来た段階になった時、各分野の難題解決時のヒントや具体的アイデアの方向が浮かんでくるようです。
過去の成長過程で、その時に出会う本業に徹し、関連分野も同時に多数好き好きでしかたがないレベルまで行動した多分野の累積量の情報選択、累積知識、実行し臨床検証確信した累積知恵が、未知の未来で、ふりかかる無理難題を解決できる強力なトリガーとなり生きてくるようです。自分の成長上限を死ぬときはその人の上限ですが、生きている間は無限と「思い込む」、昨日より明日と着実に成長行動をする人が多数になることを待望しています。

興味があり、好きになると、その分野の気になる内容は、日常の中で、次々と、想定外の具体的情報に次々と出会えるようになる不思議現象があります。同じ情報源を同じように見たはずですが、自分だけ気づけたのはなぜでしょうか? 人にやらされ、いやいやする「嫌い」行動様式と情報選別フィルターの機能や、網の目の大きさが異なる「人間特有の自動強弱制御機能」がある確率は高い。

「脳や神経」の良い日と悪い日で、個人でも格差があるようです。体調が悪い日は、業務以外の情報に気づけず、良い日に見直すと、しまった見落としていたと気付くことがしばしばありました。


何でも好きになり与えられた機会に感謝し挑戦する「割り切り」は、素晴らしい未知の自分を拓いてくれるようです。好きな分野の未知を知る行動が、身体の湧き上がる喜び(脳へのエネルギー充填)
となるようです。ただし、好きな瞬間が終わり「我に変える」と身体のエネルギー不足で、左脳集中時
は今まで感じたことのない疲労、身体のだるさを感じますが、おいしい食事を楽しみ、温泉、風呂に入ると、驚くスピードでエネルギーが外部から充填され、「眠り」と連動させると次の日、新たな挑戦したい脳や神経の充実を感じる段階がきます。

「嫌い」の感情の増加を抑える呪文の一つは「ハイ」ですぐ行動することのようです。
仮想空間で、動かず、損得の結果を予測し、「嫌い」を増幅すると、心・脳や神経のコンディションをプラスにしないようです。左脳以外のエネルギー不足、欠乏した領域の脳や神経の影響で、身体は、不健康に向かい、脳や神経は良くない方向に向かい、左脳の集中力が減衰を始めたことに気づき、最後は身体破壊、脳や神経の破壊へ向かうようです。多くの社長、役員、経営幹部を5万人以上定点チェックした時の検証し気付いた因果プロセスの一つです。

実体行動が必要な本業は左脳が優位に働く全体脳機能が左脳領域に「集中力」エネルギーが消費されます。
右脳、その他の無関係領域は、その日の身体全体の脳に配分されて総エネルギーとしてその日のその人の固有の上限が決まります。必ず、「脳や神経のある部分が局部的にエネルギー不足領域が生まれます。その結果、例えば、頭が疲れた、重い、頭痛(本人だけ感じる領域)等の徴候としなります。その人の実体社会で「してはいけないことはしない」行動抑制障壁が低い脆弱人格基盤の人の場合(正常な人格基盤成長帯域で脆弱か、ゼロの局部帯域がある大人型子供)は、必ず意識的(行動量の30%以下しか正常機能せず少ない)・無意識的行動(70%以上と高く、突発的な衝動行動が多い、未成長が多い子供と酷似行動ができる大人型子供)の異常行動が頻発し(人災の本質真因メカニズムの一つ)とし周囲の人に甚大な影響をの結果を誘引するようです。世界で、21世紀前半誰でも見える段階(世界人口の10%以上の大人型子供が存在している現在)の普通の世界、日本のどこでも現実に起こる時代が来たことを数値的、映像で見せているだけです。

◎世界の多分野の制御型人財は 21世紀後半のためにプラス領域量が多い方向に歩みはじめる時がきています。

「脳や神経機能」を「もうちょっと」良いコンディションにして、今持っている総能力量の上限近くまで最大に発揮して実体社会の中で人間の尊厳領域を活かしして集団組織内の黒子として、正しい方向へ軌道を制御する行動を待望しています。


 

 
□集中力の応急処置法     著者 永原 昭智(コンディショナー)の身体からの効果的手法事例

今ここで、もうちょっと頑張らなければ・・・・。疲れがピークに達しちゃったけど・・・。 こんた時試してみよう!
あなたに最適と感じた手法を習慣化しよう!
 
◎経営視点で、活用する場合は、成功経営者の人生論、健康法の中に、各人のよいコンディションづくりの結果のプロセスの中に、それぞれ類似の方法が書かれています。参考にして、自分流の「向上指数」が高い方法を、取捨選択し、日常、習慣化することを推奨します。   130312ms

 

 唇マッサージ
      向上指数 10



 

◆重要ポイント  唇は胃の経路。胃を整えて脳を活性化
・人差し指を唇の中心に軽くおき、右側から口角まで移動。溜まっているアカを頬によせるようなイメージで動かす。
・左側も同様に行う。
◆行動ポイント
・唇マッサージを1度につき5〜10回  ・10日〜2週間行う
・多忙の時は1回でもよい。洗顔時や頭がすっきりしないときに行ってみる
◆変化
・胃の気の流れが整う ⇒・脳が活性され、頭も顔もすっきりする
 

 耳のマッサージ
  向上指数 10〜20





 

◆重要なポイント  頭の働きに直結する胆経(たんけい)、三焦経(さんしょうけい)を刺激して頭の機能を向上
・胆経 神経過敏を打消し、大胆さを促す働きを持つ。「火に油を注ぐ」のたとえの油の相当
・三焦経 身体の燃えカス(老廃物)処理がいいか、悪いか。工場の煙突や車のマフラーのようなもの
◆行動のポイント
・入浴時に耳に掌(てのひら)を軽く押し当て、時計回りに5.6回まわす
・逆方向も5.6回ぐるぐるまわす。
・シャキッとした場合は、左右の耳をつかみ、それぞれ外側に引っ張る
注)就眠前はやらないでください。ぐるぐる回す時、引っ張る時は、力を入れ過ぎないようにしてください。
◆変化
・耳に刺激を与える ⇒胆経、三焦経が調整される ⇒頭の機能がアップ
 

 鼻マッサージ
  向上指数 20


 

◆重要ポイント 鼻柱と頭の回路は直結している
◆行動のポイント
・鼻柱の右側面に右の指先を軽く押し当て、指先を上下に動かす。
・左側面も左の指先で同様に、軽く押し当て、指先を上下に動かす。
◆変化
・目と目の間の鼻柱をマッサージする ⇒ 鼻柱、目頭に軽い刺激を与える
⇒ 頭の上部(てっぺん)に入りすぎた力をとる
 

 腕マッサージ
  向上指数 20 






 

◆重要ポイント  小指側、親指側にはキーボードの打ち過ぎや、目の使い過ぎで疲れる部分がある
・小指側には心経、小腸経の気の流れがある  
・親指には大腸経、肺経の気の流れがある
◆行動のポイント
・右手で左腕を5〜10回程度、掴(つか)むように揉(も)む
・逆側の左手で右腕を5〜10回程度、掴むように揉む
特に疲れを感じたときは念入りに行うとより効果が高まる
・腕を暖めるのもよい。(入浴しながら腕をマッサージすると効果大)
◆変化
・両腕をそれぞれ揉む ⇒五感(視覚、聴覚、味覚、臭覚、触覚)がシャキッとする
⇒ とくに目がシャキッとする
 

 足の親指マッサージ
  向上指数 10




 

◆重要ポイント  足の親指に刺激を与える
・足の親指は 脾臓(ひぞう)、膵臓(すいぞう)と密接に関係している
・声を出す舌とも連携している
◆行動のポイント
・足の親指を引っ張ったり、曲げたりして動かす。念入りに行うと効果はアップする。
・時間がないときには、2、3回でもよい
◆変化
・足の親指に刺激を与える ⇒.脾臓、膵臓を刺激し、インスリンの分泌に影響をあたえる、また舌と連携している気の流れを刺激する  ⇒脳の働きに影響を与える血液内の糖分亜kンり、栄養管理を調整し、会議のプレゼンで話がしやすくなる
 

 足の人差し指、中指マッサージ
  向上指数 30

◆重要ポイント 足の人差し指と中指は胃腸と密接な関係があり、胃腸は脳と密接関係がある
◆行動のポイント
・足つぼ板の上に立つ。または、飲み終わったペットボトルのふたを逆さまにして、足の人差し指と中指で踏みつける。
◆変化
・足の人差し指と「中指に刺激を与える ⇒胃腸が刺激され、動きが活性化される ⇒ 疲労した脳も刺激され、集中力が回復してくる
 

 首筋ストレッチ
     向上指数 40






 

◆重要ポイント 首筋ストレッチで筋を和らげる
・首筋のハリと呼吸器(経絡、肺など)の働きに深い関係がある。
◆行動のポイント
・右の首筋に左手の指先を当て、頭を徐々に左に倒しながら、指先で軽く首筋を押す
・逆も同様に、左の首筋に右手の指先を当て、頭を徐々に右に倒しながら、指先で軽く首筋を押す
注)勢いをつけて、強く押し過ぎないようにする。
◆変化
首筋のストレッチで筋を和らげる ⇒ 酸素の吸い込みが深くできるようになる ⇒ 頭に酸素がいきわたり、活性化される
 

 あごを動かす
  向上指数 20



 

 ◆重要ポイント  声を出して話をする
・脳と下あごは直結している
◆行動のポイント
・目覚めたら、家族と話をする。
・一人暮らしの場合、しっかりと声を出して独り言を言う
・出張時等モーニングコールをお願いして話をしたたり、発声訓練をするのも効果的
◆変化
・声を出して話をする ⇒ 下あごが動き、あごが刺激される ⇒ 脳に刺激が伝わり、シャキッとする
  

 奥歯でものを噛む
  向上指数 10



 

◆重要ポイント  奥までしっかりものを噛む(噛み合わせる)
・奥歯の刺激は脳に直結している
◆行動のポイント
・奥歯に軽く力を入れながら、数回噛み合わせる
・食事(特に朝食)のとき、しっかりと奥歯で噛むように心がける
注)強く噛み過ぎると、歯をいためます。奥歯に詰め物のある人は要注意
◆変化
・奥までしっかりものを噛む(噛み合わせる) ⇒ 奥歯の神経に刺激を与える ⇒ 脳に刺激が伝わり、シャキッとする
 

 猫のびストレッチ
  向上指数 30






 

 ◆重要ポイント  猫のびストレッチを行う
・肺や内臓にスイッチが入ると、脳は目覚めやすくなる
◆行動のポイント
・両膝、両手を床につけ、腕を真っ直ぐに伸ばしながら、お尻を足のかかとにつけるように降ろしていく
・デスクに座っている場合は、両手で机の端を持ち、お尻を後ろに突き出しながら腕を伸ばす
◆変化
・猫のびストレッチを行う  ⇒ 肺や内臓の働きが活発になる ⇒ 脳にもいっぺんにスイッチが入り目覚める
 

 全身ゴロゴロストレッチ
 向上指数 60





 

 ◆重要ポイント  寝たまま左右に5,6回ずつ転がる
・背骨への刺激が内臓や脳への働きを促す
◆行動のポイント
・まっすぐに寝たままゆっくりと左右にゴロゴロと転がる。
・できるだけゆっくりと転がるとさらに効果が高い
注)腕は挙げても、そのまま降ろしていてもよい
◆変化
・寝たまま左右に5,6回ずつ転がる ⇒ 背骨をはじめ、全身に刺激を与える ⇒ 刺激面積が多いため、内臓や脳の働きに即効性がある
 

 肩を歩かせる
 向上指数 30 



 

◆重要ポイント  肩を上下、前後に動かす
・肩の筋肉を動かすと、老廃物が流れる
◆行動のポイント
・肩を足で歩くように口語に動かしたり、上下、前後に肩をグルグル回したりする
・頭を使いすぎたときに行うと効果的
◆変化
・肩を上下、前後に動かす ⇒ 首から出ている筋肉が刺激される ⇒ 老廃物が流れ出し、使いすぎた脳が楽になる
 

 背骨に刺激を与える
  向上指数 40




 

◆重要なポイント  肩甲骨を開閉し、可動域を広げる
・肩甲骨の可動域を広げると、自律神経や呼吸器にも刺激が伝わる
◆行動のポイント
・立ったまま、壁に向かって腕立て伏せを行う。ほんの少し体重を腕にかけただけでも、強さが加わる。
・力の向きや腕の押し引きの向きによって、刺激の入る部分を変えられる。
◆変化
・肩甲骨を開閉し、可動域を広げる ⇒ 脊椎のところにある神経が刺激される ⇒ 心臓や肺、自律神経などの働きに好影響を与える
 

 太ももの裏を伸ばす
  向上指数 20




 

◆重要なポイント  太ももの裏を伸ばす
・太ももの裏には膀胱の経路がある
・また、頭頂部とも密接な関係がある
◆行動のポイント
・椅子に座ったまま、足を机の上にのせて、太ももの後ろ側(ハムストリングス筋)を伸ばす
・足を一歩前に出したまま、身体の重心を後ろ足にかけるようにする
◆変化
・太ももの裏を伸ばす ⇒ 頭頂部が刺激される ⇒テンパったとき、気が落ち着き、頭が働くようになる
 

 外に出て歩く
  向上指数 50〜90






 

◆重要なポイント  散歩する
・足の裏を刺激されると、脳にその刺激も伝わり活性化される
◆行動のポイント
・昼休みなど、外に出て歩く。このとき、コンクリートうおりも土や砂利、芝生などの上など足場の不安定な場所を歩くように心がけると、より足の裏への刺激が高まる・外出できない場合は、すわったまま足踏みするだけでもよい
・歩く場所、歩き方、歩く量、歩く時間帯によって、向上指数は大きく変動する
注)高齢者は、筋力に過負荷刺激と、ニュー酸素運動も兼ねて1分間100歩以上の早歩きを、1日に20分以上する(土、砂利、芝生を選んで)と、身体の足からの衰えの歯止め効果があります。 130312ms
◆変化
・散歩する ⇒ 足の裏が刺激される ⇒ 脳や神経が刺激され、活性化される
 

 植物に触れる
 向上指数 10






 

◆重要なポイント  午前中 植物の葉や幹に触れる
・自然に触れることで、詰まって帯電した電気をアースできる
◆行動のポイント
・公園や屋外にある植物に触れる
・外出できない場合は、屋内の観葉植物に触れる
・滝、川、土・・・など、自然に触れることも効果的
注)朝の通期途中の、生き生きした木の幹をさわり、足芯呼吸で、気の交流も兼ねて幹に触れる行動を習慣化するとさらに効果的 130312ms
◆変化
・午前中植物の葉や幹に触れる ⇒ 体内に溜まった電気をアースできる ⇒ 身体がリセットされる
 

 温かい缶コーヒー等を首筋に当てる
 向上指数 30








 

◆重要ポイント  後ろ首筋を暖める
・後ろ首筋が温度と後頭部に緊張には関係がある こった首筋が柔らかくなり血流、神経、リンパ等の滞りが緩む 130312ms
◆行動のポイント
・温かい缶コーヒー等などを首の後ろ部分にあてて、首筋を暖める
・ゆっくりできる時は、首の後ろ部分に熱めのタオル(おしぼり)をのせて、首筋を暖める
注)プロジェクトの発表や、講演直前、緊張し、首にエネルギーが集中し過ぎたとと感じた時は、首の緊張と、熱気を 逆に冷たいおしぼりで瞬間冷やすと脳や神経が平常心に戻り、リラックスできます。 130312ms
◆変化
・後ろ首筋を暖める ⇒ 首筋の過度な緊張がとれる ⇒ 高等部の緊張が薄まり、頭がさえてくる
 

 しょうが風呂
  向上指数 50






 

◆重要ポイント  しょうが風呂につかる
・皮膚と内臓は直結している。
◆行動のポイント
・しょうが1個分の搾り汁をお風呂の中に入れてつかる
・38度Cぐらいのお湯に30分程度半身浴すると、さらに効果的
注)身体に疲れがたまりすぎている人、身体が弱っている人、皮膚が敏感な人などは、逆に疲れがでますので、半身浴はしないでください
◆変化
・しょうが風呂につかる ⇒ 全身が暖まり、血行がよくなる ⇒ 脳、内臓など、身体全身の疲労が回復
 

 果物を食べる
 向上指数 40〜70 


















 

◆重要ポイント  果糖、ビタミンを摂取する
・果物は胃を通過しやすく、脳が働くために栄養を即効で送れる
◆行動のポイント
・果物をそのまま食べる
・好きな果物を使った、搾りたてのジュースを飲む
・ジャム等、果物の加工したペースト状のものを食べる

注)講演会、クライアントの重要役員会議の前と、長時間かかる普通の会議討議のときと、果物の種類によって異なり向上指数は異なる。
個人差があり、自分にもうちょっと最適な果物をTPOに合わせて探し、パターン化すると、脳や神経の状態を緊急改善したいとき役立ちます。実体社会での仮想領域の「おまじない」のように習慣化すると90%以上の効果があることに気づく段階が来ます。プロ・匠の人が、極限を極める行動を検証すると、多くの人が、直前準備段階の習慣化行動の一つです。黒子として、いつも最善の能力を発揮してもらう目的で要望されなくても、いつもその人のために事前チェックマニュアルに追加し、他の人も義務とし100%必ず実行させました。ただし、私の内容を無視した人が準備するチェックリストには、無駄な削除項目の一つとなりました。素晴らしい実績を出す今に徹したプロは、ベストコンディションにするために事務局に、クセであるかのように理由は言わず、至急準備を依頼する人が80%以上いました。 130312ms

◆変化
・果糖、ビタミンを摂取する ⇒ 胃をすぎ通過し、脳に栄養が速く伝わりやすい ⇒ 脳はシャキッと起きて働く
 

 あんパン類を食べる
 向上指数 40 









 

◆重要なポイント  あんパン類を食べる
・砂糖に含まれる糖分と、身体に溜まった余分の体内老廃物が溶けた水分を排出する作用のある小豆は、脳の疲労を除去し活性化させる
◆行動のポイント
・あんぱん類を食べる
・その他、あんぱんのない場合は、飴でもいいので、甘いものを食べる。
注)2時間〜6時間以上持続的に最下限の集中力を普通状態で維持する必要のあるプロの講演者の場合は、事前にチョコレートを食べ、僅かの休憩の隙間に、チョコレートを食べる(自分でも最悪時を想定し、ポケットに自分で常備)人が多かった。
・当日の夕食は、炭水化物、糖類の多いものは減らす。
・プロのアスリートの場合は、糖質の適性と総量を管理するようにする。130312ms
◆変化
・あんぱん類を食べる ⇒ 糖分を脳に与え、身体の溜まった余分な水分などを
排出させる ⇒ 脳が活性化され、頭の働きがよくなる
 

 カレー類を食べる
 向上指数 5〜60







 

 ◆重要なポイント  カレー類を食べる
 ・胃と脳は直結しているので、カレー類のスパイスが胃を刺激し、脳へも作用する
◆行動のポイント
・朝食の1日の質量のパワー不足の時、午後から会議などの前に補填し、脳や神経をもうちょっとよくする目的で、昼食にカレー類を食べる
・スパイスの量や辛さは、自分の体調にあったものを選択する。
注)・調理法や加工法によって、効果に差があります。
・カレーを食べた後は、いつとき眠気を感じることがあります。これは、グッと力が回復する前の現象です。
・辛さや刺激の上限管理が必要。瞬間刺激が、一定時間後、逆効果になる場合があります。

 

 


□「医食同源」の視点で、「もうちょっと」さらに良い日常習慣(ライフスタイル)をカイゼンする。
  
「脳や神経」をよいコンディションにできる要素の一つ


人間は「いきものづくり」、毎日、食物を外部から食べなければ、どんな金持ちも生きられません。胃袋の大きさは上限があります。食の身体のエネルギー源として使用できる総量は上限があります。
すべての人間は平等に、成長段階に応じて、胃袋、体内エネルギー源変換能力に上限があります。
どんな超潤沢な資金を持つ人でも、食以外のたの商品製品のように無限の独占はできません。また、すべての人は平等に、「脳や神経」は、母体で、受精と同時に、細胞の遺伝子プログラムのプロセス母体環境に適応して、成長し、「脳や神経」は、出産と同時に、外部環境の中で、約10歳まで10年をかけて記憶、脳内思考回路、身体内の神経網の、人格基盤が、後天的の成長し、外部の環境刺激で、高齢になるほど、機能しなくなった「脳や神経」の質・量の増加のスピード化と、新しい「脳や神経」の成長のスピードの鈍化となり、今のあなたの「脳や神経」の上限総能力量がきまります。動植物の成長と、脳や神経の成長は、取り巻く環境に応じて、均質(ものづくりは同一生産では、不良部品がない、均質部品なら均質の原則)ではなく、環境パラメターにより、人質の成長段階は分布しています。

◎人間が多数が心身健康であると、プラス行動量が多くない、世界のプラス行動量は、多数決でプラス領域量が多い方向になる確率が高く、傍の人の「脳や神経」が良いコンディションでプラス領域量が多く一人一人きちんともうちょっと制御するだけで、ある段階から、エンジンを持つて、自力で成長をはじめ、後ろから押す(適切なアドバイス)だけで、動く段階がきます。傍の人一人ひとりの「脳や神経」のコンディションを良くする基本素養は制御型人財に必要な条件の一つです。ただし、多数が自動成長時、自力成長であるように周囲に成果が見えるようにして、自己の煩悩を満足させ、黒子に徹することが、成功量の分岐点になります。功をあせらず冷静に対処が重要です。 誰でも平等に持つ「自然治癒力」をより発揮できる日常の生活習慣を人格化レベルまで高めると、素晴らしいあなたの未知の心身機能が発揮でくるようになっているようです。 130312ms
 

 「医食同源」とは






























 

 広辞苑 「病気を治すのも食事をするのも、生命を養い健康を保つためで、その本質は同じだということ。」

食の身体へのプラス量を「もうちょっと」増加させるたい人は、呼吸、睡眠、運動も「もうちょっと」生活習慣をカイゼンすることが、成果の基盤になります。
若い健康な時代は、プラス領域で+0以上の人が大部分ですが、経年とともに、マイナス領域量が増えてきます。脳や神経をよいコンディションに維持するためには、若い時代より、多分野の生活習慣のカイゼンが必要条件になります。

◇食は健康な体を維持したり、病気を治す効果があります。運動も健康な体つくりの基本となります。

◇食事や運動と同様に毎日行っている人間平等な行為は 「睡眠」です。一生のうち約1/3は眠っています。人生80年とすると、26年〜27年間眠っていたことになります。「医食同源」の機能をプラス領域量を多くするか、少なくするか、健康の基盤要素は「睡眠」でありその質量です。

◇生きる必要条件の呼吸の価値に気づき、自分に最適な呼吸法を探す。
呼吸法は、酸素を体内に入れ、体内の栄養を、エネルギーに変換するための化学変化をします。用途により、触媒は異なります。脳や神経をよくするためには、脳に酸素が届きやすい方法を探すのも一つの方法です。
・脳や神経を、環境の悪化で、心が乱れるとき、平常心に戻り、維持する呼吸法と、身体訓練法があります。
・神経網と、外部への影響エネルギーである「気量」を充実させるために、呼吸法と、身体訓練法との組み合わせ方法があります。

◎身体は、高齢とともに筋肉が硬直方向に進行します。全身硬直した時が死であり、モノになります。筋肉硬直方向のセンサー役が 神経が痛みを発信し、痛みとなかよくしなければならない段階がきます。
対症療法で、痛みの患部をマヒさせ、瞬間的に痛みを回避しても、真因処置をしない場合は100%再発し、その部分の硬直頻度は年々増加し、完全に動かなくなる段階がきます。若い人対象のストレッチによる、身体機能の回復法では、復元できない場合が多い。日常の中に、基本的な動作だけを、3か月以上継続すると、身体の柔軟性が少しづつ赤ちゃん返りできる、錆びた機械に油を刺して使用できるようにする方法もあります。高齢者段階でも有効な手法は、若い世代から基本動作に組み込み、キチンのメンテナンスした人は、身体を、長期間正常に機能できる基盤ができます。高齢段階で同年齢者と異なる、若さの持続したあなたを見ることができます。
身体も自力修理できる機械とイメージすると、情報反乱する健康法の中で何を重点にあなたのためにする行動方向に気づける段階がきます。 
 

 自然治癒力を高めると「集中力」はアップする。















 書名 「病気は自然治癒力を高めて治す」 人生が変わる奇跡の力
 著者 石原 結實(いしはら ゆうみ)
 出版 ナツメ社     発行 2011年6月28日 
 ISBM 978-4-8163-5071-9   定価 1,300円(税別)

著者紹介
 1948年 長崎県生まれ 長崎大学医学部および同大学院博士課程修了
免疫の中心である白血球の機能が、運動や食事によってどのように変化するかを研究し、医学博士の学位を取得。スイスの自然療法病院、B・ベンナー・クリニックや、モスクワの断食病院で研修を積む。コーカサスの長寿村にも、長寿食の研究に5回赴く。グルジア共和国科学アカデミー長寿医学会・名誉会員。現在は東京で漢方薬処方するクリニックを開く傍ら、伊豆の人参ジュースや運動、温泉で健康を増進する施設を開設。
著書 ベストセラーになった「生姜力」『「体を温める」と病気は必ず治る』「健康と長寿の極意」(渡部昇一氏との共著)他200冊以上。米国、ロシア、ドイツ、中国、韓国、台湾などでも合計100冊以上が翻訳出版されている。先祖は代々、種子島藩の藩医。

 「免疫力」は「自然治癒力」を強化できる要素



















 


 書名 免疫力で理想の生き方・死に方が実現する

 著者 安保 徹(あぼ とおる)
 出版 さくら舎    発行 2013年5月17日
 ISBN978-4-906732-39-5  定価 1,400円(税別)

「本の帯」の引用  「思い込んでいた」視点を、異なる価値基準の視点から
              人生を、どう生きるか選択の分水嶺 130528ms
・年齢とともに免疫力は再復活
・どんな長寿法、どんな健康法より、からだを大事にする安保免疫学が完成
・高血圧、糖尿病、ガンも安保式で治す
・最後まで元気で生きる法則がここにある

著者紹介
元新潟大学大学院医歯学総合研究科教授
1947年、青森県生まれ  1972年東北大学医学部を卒業
1980年 アメリカ・アラバマ大学留学中に「ヒトNK細胞抗原CD57に対するモノクローナル抗体」を作製  1989年胸腺外分化T細胞を発見。 
1996年 白血球の自律神経支配のメカニズムを初めて解明。細胞レベルから免疫を解き明かす新理論を次々と提唱。
2013年3月 新潟大学大学院医歯学総合研究科教授を退職
著書には「免疫革命」(講談社+α文庫)、「医療が病をつくる」(岩波現代文庫)、「病気は自分で治す」(新潮文庫)、「40歳からの免疫力がつく生き方」(静山社文庫)など
 

 「眠り」「熟睡」は、免疫力、自然治癒力に相関がある。
「脳や神経」を良いコンディションに維持するとき関係し、毎日自己努力で最適化できる突破口


「超多忙な人財の健康持続の突破口」



 


 書名 病気の原因は「眠り」にあった  心身がよみがえる熟睡のヒント
 著者 宮崎 総一郎(みやざき そういちろう) 
 出版 実業の日本社    発行 2012年12月3日
 ISBN978-4-408-10963-3    定価 1,400円(税別)

 著者紹介
1954年 愛媛県宇和島市生まれ  1979年 秋田大学医学部卒業
1985年 秋田大学大学院修了  医学博士
現在 国立滋賀医科大学睡眠学特任教授、耳鼻咽喉科専門医、日本睡眠学会理事、睡眠医療認定医
睡眠に悩みを抱える人々の診察、治療を行うとともに、「眠りの森」事業を通じて社会への睡眠知識の普及、睡眠健康指導士養成にも努めている。
2012年より放送大学客員教授として「睡眠と健康」を担当している
著書 「どうしてもがんばらなくてはならない人の徹夜完全マニュアル」(中経出版共著)、『脳に効く「睡眠学」』(角川新書)、「万病をふせぐ眠り方」(サンマーク出版)ほか 

 

 


 □医療とは別分野から誰でも、生きる間お世話になる「呼吸法」の最適方法を探そう!
  
死ぬまで続く「呼吸」は 良い心身の健康を維持するためにカイゼンする要素の一つ。
                               (注)食分野は割愛・・他のA志援ー人財内コンテンツを参照

○呼吸法

 ◇禅の吐く呼吸法
 
 ◇西野流吸う呼吸法 








 

 □禅修行の中の呼吸法
坐禅の時の呼吸法の基本動作の一つ
長く細く、ゆっくりと時間をかけて肺の隅々まで体内でしようされなかった酸素の残りと体内老廃物を含んだ空気を、ほとんど完全に吐きだると、自然に酸素豊富な大気を大量に吸い込めます。1分以上の時間をかけた吐く呼吸法は、無理な深呼吸より有効です。

◎「静中」、「動中」日常の中で坐禅の呼吸法を訓練すると、繁忙の中でもプラス領域量が多い方法の一つです。  130528ms 


□足芯呼吸 へそ下丹田に「気」を集中させる 西野流呼吸法
大地の気を、両足の足芯から腰、丹田に集め、尻の穴を閉めて背骨を通り頭頂へ上げるイメージで、吸う呼吸を大切にし、ゆっくり両手、両足経由で丹田に貯めてゆっくり吐く方法です。

 その他

身体の部分から心身のよい健康にしたい時の先人の知恵






















 

人間の身体の部分機能から心身全体をプラス領域が多く発揮できるトリガーとして活かす多くの先人の知恵があります。


ただし、その時の目的により、その時の最適な方法は個人の身体の成長過程、食生活も含め取り巻く環境はことなるため違います。
方法を間違えたら、あなただけ逆にマイナス量を増幅す「食の食い合わせ・食物のアレルギー・複数の薬の合併症チェックをしないで市販品を同時に飲んだときの想定外の急変」の現象と同じ結果となります。

・アルファ脳波が決めて すごい集中力で頭をよくする本(志賀一雅)

・気功法 (治癒力をたかめる自発動功・・・)  ・イメージ気功  
・気の研究   ・心身統一合気道  ・気の健康法  
・気の直観力、無限の発現法     ・気の大波動
・あなた自身の人間ドック「西式健康法」

・真向法 3分間でできる健康体操(4つの型)
・5分間なわとび健康法

・足ツボ健康法  ・足心道  ・足ウラ反射帯健康法  ・足の健康法
・仙骨の最高機能「中心感覚」を磨け  
・病気も不運も瞬間に消える「仙骨の超快癒力」
・姿勢健康法
・背骨健康法   ・背骨ポキポキ健康法
・指先健康法    ・手のひら健康法  
・眼がよくなる体操
・とことんサラサラ「血液若返り」 今日からできる健康法 

 ◎「仙骨」の存在価値


 

 ●「仙骨」は解糖系の中で、宇宙のバイブレーション(生命波)を細胞内に採り入れ、酸素が少ない稀薄な時代からを取り入れて「生きていた」古い生命体の一つである」視点からもう一度臨床検証する時代がきているのではないでしょうか?

 

 

 

商品一覧