開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

集中力を高める基盤

■脳・神経の働きから集中力を高める基盤   130312

「脳構造機能」「心構造機能」を正しく活かす>脳・神経の働きから集中力を高める基盤
   集中力を生むライフスタイルの方向
   集中力を生む行動スタイルの方向
 よい健康・よい集中力・よい決断へ行動






更新 2013.05.23

 脳・神経の働き、身体のコンディションの最適化をすれば あなたの固有機能成長段階
に応じて、その時点でのふさわしい最大集中力を発揮できる確率は高い。
「集中力を高める」手法は、情報量「ゼタ時代」に入り、部分的分野での手法は無限に
あります。
あなたが自力で最適な手法に行動して出会った人(当たった・博打型偶然)だけが、
効果が発揮できる成功事例の一つです。

あなた自身の人が誰でも平等に持って生まれた固有の自然治癒機能を最大限発揮して
実体社会でもうちょっと行動量を増やしてみましょう!

21世紀後半の富国殖産、日本国民が、働き共に豊かにできる、働く場ば潤沢な国
へ多数の分野別制御型人財が、多数、脳や神経が、最適に機能する、コンディション
を持続できるように貢献を全国各地をモデルで始める遅すぎるスタートの時がきて
います。

仮想空間では、実体空間変化は、ポテンシャルの移動がゼロであり、未来確率の範囲での、
無の空間行動の一つであることに気づくときです

コミュニケーションツールでの発信は、その受信者が目的どおりに行動する確率は、未知の人ほど、
丁半博打の確率であることに気づくときです。本来の情報の最先端量は、20世紀の後半の増分と
変化増分は少ない。共有化という、平均的な情報量が膨大に泡のように増大し60%以上の多数決
を左右する人が共有するために、過去の冗長情報(泡の増幅、ある視点ではノイズ情報の管理の
ための領域範囲です。
実体情報だけを選別する「目的的集中力」が実体社会で、正しく制御機能を発揮する人財には、
日常時間での冗長過剰情報を切り捨て、必要な泡を消去してわずかな1つの実体を選択する
能力を体得する必要があります。

世界各国単位で21世紀後半心身共に豊かな人が多数を占めるすばらしい未来へ向けるたねに
20世紀後半から、21世紀前半の今まで蒔いた悪い種の成長を間引き、素晴らしい良い種の
蒔く量を多くするためには、制御型人財が多数輩出して、本流をプラス領域方向へ軌道制御を
実体社会で起こすことが必要です。悪い種の成長は、多くの人に見えてきました。
本流で悪い種ばかり蒔く人は、10歳までの人格基盤成長広域帯域の中で、欠落したり、育た
なかった人で、後天的に悪い種でることも、良い種がどれか真贋の一貫した価値基準が脆弱
な人のため、90%以上気付けません。浮き草タイプは一定もムダ我欲優位の行動しかできません。
確信決断する方向を正しくできるためには、欠落したり、脆弱な右脳の潜在脳部分の黒子として
補完する必要があります。その時の集団組織のリーダーは良い悪いの内容は別として、その時
の多数決を優位に動かすことが出来た表舞台の役者としての素養機能を持つている確率が高く、
主役としてふさわしく行動できるように、不足の総能力を黒子として補完し、素晴らし結果を
実体社会でだせるようにする方が、実現度の高い方向の一つです。過去の歴史の中で、黒子
が、主役としての素質機能の存在に気付かず、主役を演じようとしたとき、短期で素晴らしい
黒子制御型人財の総能力がなくなる事例が豊富にあります。剛型行動も、ある期間で、反転
させられてしまいます。21世紀前半のネット社会は、多数決さえ反転できる機能が育ち、
反転した場合、過去の世紀より長期間、価値基準の異なる異民族の我欲競争を統一できる
主役の出現確率は、最低になる時代がきてきることに気づくときです。長い暗黒の不安定社会
が想定以上に長期に続く確率は高い。仮想空間の価値基準で動く人が60%以上の場合は、
安定期がいつかわかりません。

21世紀後半にまず日本人は、日本国が心身共に豊かな国にできるプロセスを歩むように、全国の
制御型人財が、地域から、狭域で、農耕民族の遺伝子レベルの絆、もちつもたれつの行動基準
がまだ、優位な期間に総能力をもうちょっと「集中力」を高め、地域財政が潤沢にするための
優良法人税納税地域中小企業を増加させることを目的で、中小企業のチッポケナ企業我欲段階
から、一段視点を変えて、地域とともに儲かる方向で、地域の各分野の制御型人財が協業連携
すると、自社が、想定以上に儲かる企業に変われり、優良法人の仲間入りができることに気づけ
ます。重箱の隅で地域の競合競争を少ない人数で口を開けてぶら下がる多数の人在を養う苦労
より、楽に、効率的に稼げることに気づけます。
地域全体の協業型連携に変わると、人口減少で働く人の減少はつくられたある分野の心理的
幻惑情報の思い込みが、何か変であることに気づき、高齢者数、10歳以上の人数をふさわしい
働く場として戦術的に活かす。また地域の10歳の子供は、人格基盤を集団組織で最適行動
ができるために、地域の実体の中で現実に働く模擬演習の中に組み込む。
5年後、地域で働く、地域に貢献したいする若い世代の数を着実に増加できる確率が高くなり
ます。情報量「ゼタ時代」とは、地域があらゆる分野の我欲が渦まく自由という名の絆、もちつ
またれつが育たない大都市圏、都市部や、グローバルの名目で日本を捨てる大企業等への
魅力より、地域が自己実現の場を多数提供できる確率は高くなりました。
最先端の情報をある方法で誰でも低価格で、大量に平等に入手できるしくみが出来ました。
実体行動をする段階で最適な固有のプロセスに出会い熟練の知恵(暗黙知)を累積すると、
どんな潤沢な資金を投入できる世界から参入す国際商品相場が左右する競合企業より
地産地消、自給自足の実体物々交換型地域は勝てる確率は高くなったことに気づくときです。


多数の人が、自ら最適集中力行動を目指すとき、自分の身体をベストコンディションに
するための基本を体得し、身体の心身健全性と対話しながら、最適探し行動をすること
により、核心を突くことができる確率は高くなります。

・「泳げる」と同質の内容であり知ってわかった知識量よりも、あなた自身が行動できるか
どうか、できるためのふさわしい整合された身体全体最適の総実戦行動量が必要な
領域であり、左脳の意識とは異なる右脳と他の無意識行動部分が機能したから「泳げた」
という結果となる現象の一つです。

・自分の心身をベストコンディションに維持できているかの結果は、10歳以上の人は、マイナス領域量が
多すぎる組織集団で拘束された領域に属さない限り、すべて、自分が選んだレベルの結果です。
10歳までの人の遺伝子レベルでの上限下限機能格差が少ない微差で平等な状態が後天的に変化し、
その人の選択総能力格差となり、10歳以降は、格差が加速度増加した結果が今です。

・自分の心身をもうちょっと健全化したい人が持つ自然治癒力のパワーを最大化する方向へ制御する
機能は、集中力にあるようです。

・心身両面の「集中力」を球体要素方向でもうちょっと向上させる訓練の持続が日常行動で必要です。
 「訓練は実戦のように、実戦は訓練のように」、実戦の場で、平常心の「集中力」の自然で普通の
 行動をするだけで、いつのまにか「出来てしまっちゃった」ことに自分が感激する段階がきます。

・あなたの脳や神経に関わるふさわしい細胞と新たな新細胞が生まれるためには、あなたの
食生活の質量と相関があることに気づくと、ベストコンディションと食生活とのよい方向、悪い
方向へのトリガー発生が食であることに気づけます。
人の無意識時の行動、「集中力」の増幅機能である「気」の発生量も食生活と相関があり、
あなたを健全方向へ全体最適方向に関係する細胞を戻す機能である自然治癒力、免疫力や
ふさわしい眠りで前日までの細胞機能復元能力等すべて、あなたの食生活習慣であり、他力
はアドバイスだけであり、あなたの実体行動結果の因果となり現実化します。
自分自身しかコントロールできない領域であることに気づけます。

◎制御型人財が、今持つ総能力を、集団組織をプラス領域方向へ軌道制御
するためには、今可能な脳や神経をベストコンディション環境にして、で総能力
を発揮できる確率が高い方向は、時、場所、空間でそのときの「集中力」を
最大化できることが必要条件の一つです。その結果が、実体社会での成果と
してプラス領域量を多くした現実化をできる確率は高い。




●参考書籍
「脳・神経の働きから高める集中力」


  著者 永原昭智:コンディショナー
  出版 カナリア書房  発行日 2013年3月5日 ISBN 978-4-7782-0239-2
    定価 1,500円(税別)

  著者紹介
  1962年生まれ。「分析ラボ」主宰 共同航空アメリカ現地法人GMを経て、石油関連会社グループ
  の水の分析加工研究所に勤務

  1995年より、水の分析機器を使用する身体のパワーチェック、能力向上を図る「脳・神経専門の
  コンディショナー」として独立。
  プロスポーツ選手強化、音楽家、芸術家、漫画家、タレント、デザイナー、経営者など多方面の
  クライアントの脳、神経の向上に特化した企画とサポートを実施する。
  18年間で1万8000人のクライアントのパフォーマンスを向上サポートした経験から、脳・神経の
  働きと能力の関係について独自の理論を開発する。
 

◎人間の心身のコンディショナーと、日常の食習慣、「集中力」と相関がある確率は高い。
よい習慣を身に着けて、自己実現総能力が高くなるように10歳まで心身のコンディショナーの
総能力量成長基盤を正しく構築すると、人間の尊厳価値の脆弱、欠落した煩悩我欲優位の
情報心理的誘導優位な浮き草タイプの大人型子供を加速度増加する方向に歯止めをかけ、
プラス領域へ多数育つ確率は高くなる可能性の一つです。    2013.03.12ms
 

 

□集中力を高る方向









 

◇集中力がある」「集中力がない」この「集中力」とは何か
 ・試験勉強が集中してでいきるようにしたい
 ・仕事で成果を出したい
 ・スポーツや将棋などの競技で勝ちたい
 ・本番当日、自分の能力を最大限に発揮したい

あなた望みを叶えるために必要な「集中力」とは、どんな集中力か、どうすれば身に付ける確率が高いか、「脳・神経の働き」と「集中力」の関係に着眼して、あなた自身の自力本願・自己責任で高度の段階へ成長できる方向の一つです。

●広辞苑 「集中力」 人の心身に関連した機能である確率は高い
ある物事に向ける意識や注意を持続させることのできる力 
「集中」とはひとところに集めること、集まること。「精神を集中する」言葉もある
 

 □脳・神経の働きと集中力

















 


◇集中力は、脳・神経の働きに左右される
   ↓だから
◇集中力を高めるためには、脳・神経の働きをよくすることが大切です
   ↓そのためには
◇勉強や仕事をするときの集中力なのか、競技や大会に勝つための集中力などその時の状況に応じたふさわしい脳・神経の扱い方をする必要がある。

誰もがすごい集中力を持っています。
「あなたは今まで、一度も集中力を発揮したことがありませんか?」

誰でも一度や二度、想定以上の集中力を発揮したことがあるはずです。
昔を思い出す意味でも「子供」を例にとって考えると、「集中力がある子供でしたか?」「集中力がない、落ち着きがない子供でしたか?」この視点は大人からの視点で、一般に、子供の時はときとして、ものすごい集中力を発揮しています。
誰が声をかけても聞こえなかったように振る舞う。そんな態度がよく見られます。道端の虫を追っかけ迷い後子になったり、ゲームに夢中になり、ご飯を食べることを忘れたり、お漏らしをしたり・・・。大人から見ると「そこまでやるのか?」
「勉強机に向かうと、宿題より、他の漫画や、遊び道具が気になり、何もしないため、親に叱られたことはありませんか?」
大人では、夢中になって何かをしたことがあるはずです。「映画、パチンコ。赤ちょうちん等で、日ごろのストレスを忘れたり、本に夢中で、電車を乗越したり・・・・、趣味では集中できる気がするが、仕事、勉強では集中できない、最近なんとなく集中力が落ちている気がする等」というケースがあります。目の前にある本来集中すべきことにきちんと向いていない状態が なぜ起こるのでしょうか?
 

 □集中できない状態とは

心身のコンディションが低い状態にあるためです。


「集中力」は「力(ちから)」という言葉が使われているから、筋力とか持久力などと同様に、後から何らかの方法で鍛えることができる確率は高い。































 

 人が集中出来ない状態、とはどんなことを指すのでしょうか?

○「走ること」を事例にすると 因果は天運の偶然以外だれでも予測できます。
・今足をケガしているとしたら、自分のベストタイムが出せますか? 「いいえ」
・今風邪をひき熱っぽいとき、自分のベストタイムが出せますか? 「いいえ」
・トップクラスの人以上の必要な訓練を徹底体得しましたか? 「いいえ」
・トップクラスの人と拮抗できる心身の総能力が揃いましたか?「いいえ」

・リレー競技のような組織系は、構成員個人と組織運営のコンディションが最高
の揃いましたか?「いいえ」 勝負に負けたチームの原因は個人にある。 


スポーツの場合には身体全体のコンディションによってその結果も大きく左右されます。
トップクラスのアスリートは、総能力量が拮抗する人は世界に多数います。オリンピックで優勝できるかどうかは、過去の記録でなく、その時の、総コンディションを最高にできた人だけが達することができる結果です。
個人系、構成員の全個人総能力組織系に共通する因果関係があるようです。

スポーツだけでなく人間の生活において、ありとあらゆる場に通用する「大原則」の一つです。

あなたは、仕事や勉強で成果をだすために、ビジネス書、ハウツウ本、人生論、成功者の事例等のような本を読んだり、自己啓発セミナーが全国各地で毎日星の数ほど開催され、活用して「ものすごく成果が出せた」という人は、実際は、そんなに見かけません。「ビジネス書をたくさん読んだのに、わかったつもりになり、できるつもりになったのですが、講師の言うとおりに実践すれば成功することになっています。しかし、なぜ仕事で成果が出難いのでしょうか?
他人と同じように挑戦しても、成功する人とそうでない人に別かれます。

●従来は上手にいかない見方は 成果者は30%以下の視点の場合 
・その人に才能がない ・やり方が間違っている ・努力が不足している等
いずれかだとなっていました。

●もちろんその原因もありますが、55%以上の人が成果がでる視点に変えると
・多くは「参加者が成功できる状態にない」
・ケガ(精神的ストレス性うつ状態も含む)をした状態でトレーニングに参加している
相対比較して成績が悪い、業績が悪い心身ケガ状態と酷似状態
等のいずれかが大きい原因である確率は高い。

●経営陣の20%以下の継続的業績貢献者の中から選抜すると、少数の人財にもかかわらず、6か月間の幹部候補生研修で想定以上の業績結果を出す制御型人財を輩出できました。そのリーダーの組織の構成員は60%以上、想定以上の業績貢献その後出し、幹部、役員がその後5年以内で輩出し、前任リーダーを超える人財さえ育った実証結果と相関があるようです。
「強将のもとに弱卒なし」リーダーの心身のコンディションと組織の健全度合いと相関があるようです。

 

 ■著者 永原氏のコンディショナーとしての役割





















 

 永原氏は「脳と神経専門のコンディショナー」です。コンディショナーとはヘアケア製品やエアコン(エア・コンディショナー)がありますが、コンディショナーとは「調子を整える人」という意味があり、個人の脳と神経の調子を整えて高めることをしているとのことです。
東京で、主にスポーツ選手や、音楽家などに対して、本番でその力をフルに発揮できるように、脳や新規のコンディショニングを行う。
スポーツ選手やプロ(アマチュアも)の音楽家の間では、専門である運動や音楽の部分を鍛えるだけでは、抜きんでた成果はだせないことは常識です。
脳や神経の作用に着眼し、その調子を整えて彼らにさぴーとを行っています。
「集中力」に着目したのは、お客様から寄せられた声がきっかけでした。
クリエーターや事業家など、頭脳労働をされる方も多く利用されています。

・最近仕事の効率がよくなってきた
・仕事で評価されるようになってきた
・沢山の仕事がこなせるようになった
・以前と比較して集中できるようになった。
・集中力がついた

◎集中力だけを意識して脳・神経の調整をしていたわけではないのですが、脳や神経の調子が良くなると、結果として集中力が高まり、そろを実感できるのだということに気付いたのです。

それからというもの、通常の仕事に加えて、どうやったら集中力を効果的に高めることができるかについて研究を重ねました。それらの方法を一般の方が使えるようにダウンサイジングしたのがこの本です。

●「集中力を高めるには、まず脳と神経のコンディションを整えてから」

 

 ■コンディションを整えることの大事さ

永原氏とある大学の先生の事例








 

 ある大学の先生(普通に人以上の集中力レベルで、その結果が大学の先生であり、超一流の集中力向上に挑戦している人段階です)は、自分の仕事が大好きだったのですが、イマイチ仕事の効率がよくないことも自覚されていました。「もう少し仕事がテキパキでいたらなあ」とおもい、限られた時間の中で、こなせる仕事量をもっと増やしたいと考えていました。そこで、自分の能力をアップさせるために、いろいろ方に相談しながら、種々様々なトレーニングに挑戦しましたが、なかなか成果は出ません。結局、300人以上の専門家に祖横断したものの、うまく行かないのは「気のせい」とか「あなたの抱えるストレスが原因」だというアドバイスがほとんどだったそうです。悩んだ末、永原氏に相談にこられたそうです。
各種のテストを繰り返し、先生の効率が上がらない原因を特定し、その原因を取り除くます。続いては、身体の扱い方をアドバイスし(かなり内容は違うのですが、ストレッチのようなものを思い浮かべてください)、食事をはじめとする生活スタイルまでもある程度時間をかけて変更することで、驚くほど仕事をこなせるようになってきました。先生もパフォーマンスが改善したことを実感できるほど、成果があがりました。
例外として「どうしても短期間に成果を上げたい」というリクエストがあれば、無理をして強化策を練ることもあります。繁忙期が決まっている経営者の方々は、そのようなリクエストをされる人が多いですが、出来ればじっくりと脳・神経のコンディションを整えたいのですが、そう言ってられないこともあるそうです。
 

 ■あなたのコンディションを確認しよう













 

 ○脳や神経のコンディションが「高い状態」なのか「低い状態」なのかを見極める方法、白黒が不明確な中間の状態もあります。

◆「コンディションが低そうな人の特徴」 
・だるそうにしている  ・気が荒れている ・ボーッつとしている
・あいさつ、発言の声の張がない 等

脳や神経のコンディションは、このような「現象」「状態」のようなものである程度は推量できます。ただし、「絶対にコンディションが低い」ということでもなく、この現象が見られないから「絶対にコンディションが高い」というわけではない、本人が目的的に演じている相対現象の場合もある。


営業の朝礼、終の態度チェックをすると業績貢献者と不良ぶら下がり社員との違いが態度的機能声色等でわかる、日常チェック項目と似ています。新人時代は、見えやすいが、中堅社員以上になると、朝礼の態度能力の他の要素別項目を追加する必要です。
解決テーマから逃げている日かどうか、上司のコンディションの良い悪いを感じる項目が増加すると、社長役員段階の決済さえ、上司に根回ししてYesの累積へk関連者の誘導制御できるようになると、100%近い決済OK確率になった自分に驚く段階に達することができます。  130312ms
 

 

 


 ■コンディションが低下しているときの特徴(普通以下の人の徴候、プロの格差項目とは異なる)
コンディションが本当に低下している人は、その程度や頻度が「普通でない」状態にあります。
傍で気付きける徴候が出てきます。

◆理解力    低い

・理解が浅い  ・理解するが遅い 

◆学習能力   低い

・覚えにくい  ・すぐ忘れる

◆パワフル度   低い

・疲れやすい人が多い

◆姿勢   縮こまる  

・各筋肉が収縮して猫背になることが多い

◆手 

・手に汗をかく

◆身体のコリ

・首、肩コリの人が多い

◆片づけ

・自分の部屋、職場などの片づけが下手

◆伝える力

・相手にわかるように話すのが上手くない

◆睡眠

・眠りが浅い   ・寝つきが悪い

◆イライラ度合い

・イライラ度合いが高い人が多い

◆話し方、会話

・感覚的な話し方が得意

◆甘いもの

・お菓子、ケーキ、ジュース類が好き

◆動作

・鈍い

◆その他 行動の特徴

 

・遅刻が多い ・約束時間の遅れが多い
・電車の乗り換えは、乗り過ごしが増える
・勘違い、思い違いが増える
・聞き違い、言い間違いが増える
・忘れ物、物をなくすことが増える
・分析データ資料にケアレスミスの頻度が増える
 

●話が理解できない(されない)パターン

















 

脳や新規の調子を見分けるもう一つの方法は、「話がきちんと伝わるかどうか?」で判断する方法
・話した後、「理解の深さが年齢相当ではない」状態は「コンディションが低い」と「判断する。
・話は聞い「ているのに、理解できない(されない)」とういパターンは脳の状態が低くなりすぎた時で、そのことを自体が認識しにくくななった状態です。
脳や神経のコンディションが低下すると、最初に現れやすい現象の一つです。

小さな子供に、ちょっと難しい話を言いくるめるシーンを想像しててみてください
子供はあなたの話を聞いて、「わかった」と返事をすることがあります。実際には思うほど(期待するほど)理解しているわけではありません。
大人同士の会話でこれと同じような状態になっているとしたら、それは、脳や神経のコンディションが良くないときです。特に話を最後まで聞かないうちに「はいはい、わかりました」と言ってしまうのは要注意。いかがですか?もしあなたが、話を最後まで聞かないうちに生返事をしてしまっている
なら、気をつけてください。

・話を聞いているのだが、多く取りこぼすケース、「十を聞いているのに一も理解できない」状態。いわば、コップにバケツ一杯の水を注いでいるようなものです。受け皿の脳に情報が溢れてしまっているような感じです。そうした状態の人には、情報を伝える場合、話の「量と質」を制限する必要があります。いくら沢山情報を伝えても、持ち帰ることができないため、着実に成果を上げるためには、一度に話す情報量は絞り込み、狙いを定めて伝える方がうまくいきます。何度か話をしていくうちに、相手が理解しにくい部分やイメージができない部分、また受け止められる情報量が分かってきます。
 

 ●「波に乗れる人」と「波に乗れない人」の違いは


「脳や神経のコンディションが良い時の行動様式か悪時の行動様式」の結果の現象の一つです。

同じ人のある時点での
人生の結果です

良い種を蒔けばよい成果が出ます。


 

 「波に乗っている人」は、あらゆることが良い方向に向いている人。仕事も続々舞い込んできて、人間関係にも恵まれ、まさに順風満帆ですが、「波に乗れない人」は日々同じことを繰り返し、それどころか、どんどん落ち込んでいくばかりで、気分もふさぎがちになります。

「脳や神経のコンディションが良い」とちょっとした問題やよくないことが身に起こっても、すぐに復活することができます。
ところが、「コンディションが良くない人」の場合、身に起こったマイナスの出来事を、長きにわたり尾を引いてしまうようです。負の「スパイラル」に入り込みがちです。

「コンディションの良い人」の場合、良くないことがあっても「教訓として次に行こう」切り換えられる一方でコンディションが低下していると「また失敗したら・・・次に失敗するかも・・・」とさらに良くない方へ進んでしまいます。
「波に乗れない人」も、努力していないわけではないのですが、コンディションが良くないのに的はずれな努力をしても、なかなか報われないためです。

◎「脳や神経のコンディションが良い」状態になると誰でも、その時の成長段階にふさわしい「波に乗っている人」になる確率は高い。集団組織の増幅機能と整合できると、想定以上の人生が拓ける確率は高い。 130312ms                          
 

 

 

 ■脳や神経のコンディションを整えるメンテナンス










 

 集中できないのは脳や神経のコンディションがよくないからです。

「脚をケガしているに走ろうとしている状態」に似ています。
脚を骨折したサッカー選手は、骨が元通りにくっついてもすぐに試合に出ることができません。ケガをする前の状態に戻すには、どうしても調整する必要があります。ケガをしている時間が長すぎたために、運動機能が低下していると同じです。寝たきりになった老人は、筋肉が衰え、立ち上がれなくなってしまいます。
ケガから復活しても、すくにフルパワーとはいきません。どうしても「ある程度の調整期間」が必要です。筋肉系の調整では、半年から1年でマラソン出場できる程度に回復します。
脳梗塞から回復した患者さんがどのくらいの期間をようするかを考えてみると、長い時間を要することに納得できるのではないでしょうか?
脳や神経においても、それと同じ。コンディションが低くなっていた原因を取り除いたとしても、すぐに集中力や能力が高まらない場合もあります。
徐々にコンディションを高め、時間をかけながら調整していく必要があります。焦る気持ちはわかりますが、脳や神経は複雑かるシビアな機能であるため、適切な調整が必要です。
 

 ■プロのコンディショニングのレベル

















 

 スポーツに限らずどんな分野にも「プロ」と呼ばれる人がいます。
彼らは「何か」をするために自身のコンディションを優先します。

身体に気を使わないアスリートは、まずいません。
プロは常によいコンディションに整えた上で、自分の仕事に取り掛かります。
プロは自身のコンディションの状態を把握できるよう努力しています。
コンディション調整は自分一人の考えで行わず、「コンディションを整えるプロ」のアドバイスを参考にしながら、普段からコンディションを整えています。普段からコンディションを高いレベルの状態に整え、脳や神経も安定するように努めています。それをベースとして、より高いレベルの仕事を行います。
次第にこうした行動が身について、プロは呼吸をするくらい自然に良いコンディションを整えるためのライフスタイルを実践し続けるようになります。
一番よい状態に保つことが「クセ」になります。「良い状態をキープする」だけでなく、それを上手に変化させながら、必要があれば新しいスタイルを上手に取り入れます。プロは、現状維持でよしとするのではなく、より良くするためにどのようにすべきか追及し続けています。
同じパターンを続けるだけでは、最適な状態を維持するのは難しい。年齢と状況に素直に向き合い、常に変化していかなければ、高いコンディションでは居続けられない。
身体的なプロの中には、まったくコンディションい気を使わなくても高いパフォーマンスを示す「プロ」もいますが、本来もっと高いパフォーマンスを持っているにもかかわらず、その何割かを発揮するだけでプロレベルにいられない人も多数います。
プロで「居続ける」ことは難しく、天才と呼ばれる人が数年で消える理由は「コンディションを整える」面に関してプロ意識が欠落していたか情報不足が一因です。
 

 ■ライフスタイルで変わる「集中力



















 

 あなたの生活パターン、ライフスタイルを見直し改善すると「集中力」が高まる確率は高い。

あなたのライフスタイルは、あなたの潜在能力、ポテンシャルを最大限に発揮することができる状態でしょうか?
あなたの能力をフルに発揮するために「合理的な生活」が出来ていますか?

「今日は試合だ」「これから大事なプレゼンがある」そんなとき、いざ勝負する前に、最初から疲れていたり、だるかったり、眠かったり・・・・・ということはありませんか?
企業内においても、大きなプロジェクトというチャンスを前に脳や神経の状態が整っていない人もいます。自分自身の持つ能力を最大限に発揮するには「基礎ベース」であるライフスタイルが重要です。日々の不摂生を繰り返していると、肝心な時に力を出すことができなくなってしまいます。

脳や神経のコンディションも同様です。普段あなたが採っているライフサイクルに大きく左右されてしまいます。肝心な時に、プルパワーで活躍するためには、普段から脳のコンディションを整えることが必要です。

集団組織の制御型人財は、上司リーダーや、構成している人全員のコンディションを把握し、その人の機能が全体最適に機能できるように、総コミュニケーションツールを活かし、行動させることが、重要なイベント、業績を左右するときの成功度合い格差になります。制御型人財は、補完機能として働くリーダー格の後継者、No2人材を常に多数養成し、日常訓練をさせる(本人が気付けるひとは20%以下しかいません)ために、成果のエサを蒔き続け、貸しだけつくっていることが必要です。
組織の最大パワーを結集する数少ない機会に、集団組織が想定以上の増幅機能を発揮することに驚く段階がきます。 130312ms

 

 ■どんな「集中力」がほしいのですか?









 

 「コンディションを整える」と一口に言っても、実際は少し複雑です。
人それぞれの現状や目指す方向性で、やり方は多種多様で、まったくやり方が異なります。
「目的」と「時間」が、方向性を決める必要要素になります。

「筋力トレーニング」の場合
・野球選手の鍛えるべき筋肉と、陸上選手とは異なります。同じ陸上選手でも短距離走の選手とハンマー投げの選手では、まるで異なります。

脳や神経のコンディショニングでも同じです。あなたの現状のレベルがどのくらいあっても、何を目的にしているかを認識することから始める必要があります。
 「集中力」を「さらに高める」にしても、どんな集中力が欲しいのかをはっきるさせる必要があります。

試験や面接で結果を出したいのか、大衆の中で講演したいのか、ビジネスの商談に余裕をもって臨みたいのか、1分だけ最強度に集中したいのか、1時間の試合時間中、それなりの集中力を保てるようにしたいのか、「目的」と「時間」が関係してきます。
 

 ■「集中力」とはどんなイメージですか?





























 

 「集中力」という言葉から受けるイメージは、聞く人や時と場合によりそれぞれ異なります。

職場においては、「集中力が高い人」すなわち「仕事ができる人」というイメージを持ち、反対に「集中力がない人」には「何をやってもダメな人」というイメージを抱きます。
「集中力を持つ」とは「何でも上手にできる」ことと同一視して使われています。

集中力を発揮できる脳や神経の状態を保っている人は、何をやってもある程度の成果は出しやすいのも事実です。実際は「集中力」は万能とまでは言えません。

プロ野球選手と、将棋の棋士が発揮する集中力、さらに受験勉強で発揮する集中力はどれも違う性質を持っています。集中力と言っても、色々な集中力があります。「集中力の分類・成功パターン」があるようですが、それ自体が目的ではないようです。

制御型人財として、今ある集団組織の増幅機能を最大限に発揮させ、さらに、集団組織総能力を持続的に成長させるために、構成する上司リーダー構成員一人ひとりの役割を最大発揮させる目的として、あなた自身をモデルとなり、あらゆる分類を日常で臨床検証確信して成功確率の高い方向を体系化して身に付け続けることが必要です。
極少数の社長、経営陣、舞台の主役がプラス領域量が多いふさわしい成果を発揮できるために99%以上の人はその他大勢の一人です。その中で黒子機能(補完、代行機能を発揮し、ふさわしい対価を望まない結果成果だけで満足できる生きがい)をあらゆる状況で最適に整合発揮させるように傍の人を誘導演出演技させるために必要な要素の一つが「集中力」発揮機能です。
自分が変わり傍が変わる姿が感じられる段階から急速に集団組織の増幅機能が、周囲に見え始めると、難題解決テーマのような、その集団組織の未知の体験領域ばかりのプロジェクトの一員になり、さらに業績貢献、プラス領域量の多い成果プロセスを体験できるようになり、多数の傍の人プラスαのノウハウを残すことができる段階になります。
集団組織のイントラネット情報の最初の無名のノウハウ作成者の一人にすぎませんが、21世紀型情報活用する多くの人に、我流退化方向に気付けないすばらしい人財候補だけに確実に最下限の良い方向への歯止めの役割が出来ます。さらに素晴らしい未来の制御型人財が輩出するまで足跡が残る確率は高い。  130312ms
 

 ■コンディションを整えればおのずと成果は出せるようになる確率は高い













 

 「集中力を発揮できる脳や神経の状態なら、何をやってもある程度の成果が出やすい」、つまり、集中力をことさら高めていなくても「平素の反応・対応能力」がよい状態であれば何事もうまく行きやすい確率が高い。

その現象から、「集中力」自体が万能の手法と思い込む人が多いようです。

集中力を高めるためには、その「基礎ベース」ともいうべき脳や神経のコンディションを整えることがまず必要です。

一般に日常生活で必要とされるレベルであれば、脳や神経のコンディションをほどほどに整えることで、ことさら集中力を高めることを意識せず、当面する問題を一つ一つきちんと解決できます。小さい成功を累積させ、常にプラスαを付加し、成功確率を高くし続けることで、ある程度の「結果」「成果」を出すことがさらにたやすくなります。

ただし、一流、超一流のレベルの人達(オリンピック選手をイメージしてみる)や、私たちにとっての入学試験やスポーツの試合、演奏会本番などでは、通常以上に集中力を高めることが要求されます。
 

 ■脳や神経のコンディションの「基礎ベース」をしっかり整える手順







 

「 脳や神経のコンディションが低い」⇒「脳や神経のコンディションを良くする」⇒「脳や神経のコンディションが良く、集中力が高まっている状態にする」

あなたの、「何事もうまく行いった状態」の時期と「何事もうまくいかなくなった時」
の「コンディションの良さ」の最下限状態を、過去の結果で仮説してみてください。その時の仮説を臨床検証し、体系化把握しプラスαを付加し続けると、「コンディションが最悪」の時でさえは、「決断しない時に気付き決断を避ければよい。その時よいと思い込んだ事が180度逆の悪手の確率は高くないか検証するために、他人の意見等決断の「間」「時間」をとれば、マイナス領域量を最小に抑える方向が見つかり、成功確率は高くなります。制御型人財は、自分の「脳や神経のコンディションが良い」時の最下限を感じることができるようになる日常訓練が必要です。
ある段階になると、80%以上プラス領域の決断をしたのだなという冷厳たる想定以上のよい成果が見えてくることに感謝できる段階がきます。130312ms
 

 ■特別な時に求められる集中力の事例




















 

 人間は動物であり、動物行動から連想すると、「集中力」・「火事場のバカちから」の発揮はできる行動量は、日常の総能力量で上限が決まることに気付けます。         130312ms

1.肉食動物が獲物を捕らえる瞬間を想像してください。
やぶに紛れて獲物に狙いを定めた虎が、ゆったりした普段の動きから突然「獲物のとびかかり仕留めます」という普段とは違う動きをするときです。
また、虎に狙われた「獲物」が危険を回避するときの動きも同様です。危険を察知するまでの日常的な動きとは異なる行動を瞬時にとらなければ、間違いなく餌食になってしまいます。そのためには、どんなことがあっても逃げ切れるという一点に対する集中力と「特別な身体の使い方」が必要となります。

2.サーカスの綱渡りや玉乗りをイメージしてください。
綱渡りや玉乗りにはとてつもない集中力が必要です。綱渡りや玉乗りの時のような集中力を保ちながら、歯を磨いたり、食事をしたりすることは日常ありません。
こうした「特別な動き」をするときには、日常使うものとは別種の集中力が求められます。身体能力だけでは、特別な動きは実現しません。それに伴うだけの集中力があってこそ、身体もついてくるのです。

3.突然事故など危険な目に遭ったときを想定してください。
事故に遭いそうな瞬間、人間は「アドレナリン」というホルモンを出します。
アドレナリンの作用によって、1秒が何分のことのように感じられたり、時間が止まったように感じられ、身体が事故回避の方向へ瞬時誘導してくれます。
野球の川上選手が、全盛期に「ボールが止まったように見えた」球際の行動もその現象の一つです。
 

 ■集中しているときの脳と神経
















 

 集中するときは、普段の状態と脳や神経の使い方が異なります。

1「凝視」行動
「ただ見ている」だけの時と、すべてを見逃すまいと「凝視」している時の脳や神経の使い方は違います。
テレビをぼっと見ているときと、好きな番組、俳優が出た時と脳の働きが違う現象に気付く人が多いはずです。

2.「傾聴」行動
「会話」でも、「ただ話を聞く」だけの「聞き流している」時よ、相手の言うことを一言も聞き漏らすまいと聴く、「傾聴」したときと聞こえることが違い、その時の脳や神経の使いからは違います。

●脳や神経の使い分け、いわば「モードの切り替え」を意識、無意識状態で自然に行っています。対象がじっくり見るに値するのか、相手が話を傾聴するのかを判断しながら脳や神経のモードを切り替えているようです。

◎特に、ものごとの微妙な違いを探すとき、脳や神経は特別な動きをします。
絵画の真贋を判断するとき、音楽の演奏を録音する際に何テイクも録音した中から「ベスト中のベスト」のテイクを選び出すとき、女性が化粧品を選ぶときも、それに負けないくらい脳や神経が働きます。それだけ真剣です。

最終的には集中力を自由自在に高められるようになるなっているようです。
 

 
■「集中力」のパターン分類事例

 □静と動










 

 ◇「静的な集中力」
囲碁や将棋の対局をしているとき、棋士が集中している状態のような、まったく身体を動かされないにも関わらず、集中している状態
スポーツの中でもとりわけアーチュリーは静的な集中力が重要で、的を狙い可能な限り研ぎ澄ますことが求められます。
一流の料理人やメイクアップアーティストによる、なめらかな素早い動き、その中で求められる集中力も静的な集中力に分類されます。

◇「動的な集中力」
スポーツなど激しい動きを伴う場合に求められます。
サッカーを試合中はボールを激しい動きをし、PK線では静的な動きになります。
野球のピッチャーは投げる前の静かな動きから、激しい動きの「投げる瞬間」へと変わります。こうした、激しい動きと静かな動きが混在する場合には、「動的」な集中力が必要となります。
 

 □深さ・長さ・強さ、そして調整能力





















 

 ◇「集中力の深さ」
集中力の深さ(レベルの高さと言い換えてもよい)で異なります。
同じ大きさの的をめがけてボールを投げるとき、5m先と50m先では、異なる深さ(レベル)の集中力が必要となります。

◇「集中力の長さ」
集中力を発揮する時間の長さによって異なります。
相撲のように短時間だけの取り組みのよなイメージと、囲碁や将棋の対局のような長時間をイメージすると、時間の長さで集中力は異なります。

◇「集中力の強さ」
真剣白刃とりのような隣から話しかけられても気付かないほどの「強い集中力」が
求められることがあります。会話しながら一輪車に乗り続けるような度合いの比較的弱い集中力もあります。

◇集中力を続けるための要素として「調整能力」が求められることがあります。
「集中力を保つ力」には保ち方に色々あり、常に均一に保ち続ける力、周囲の状況に合わせて随時調整する能力があります。仮に集中力が乱されてもリカバーする力もあります。長時間の「集中力」が必要な場合はメリハリをつけたふさわしい集中力を保つことが必要になります。集中力を連続保持するために、下限を抑え、その範囲で強弱をつけることが必要になります。

◎どんな時にどのようにどのくらい発揮したい集中力なのか、それを明確にすることです。目的(集中力を高め、何かの成果を出すこと)達成の近道になる確率は高い。

 

 □パワー系集中力






















 

 「動的集中力」の中で、激しい動きにおける集中力として集中力として表現されていたものに近いのが「パワー系集中力」です。
アスリートが力を発揮するために必要な集中力ですが、ただ単に強い力を出せばよいというものではありません。必要に応じて、適切な強弱のコントロールが正確に出来ることが重要です。

人は誰でも、ある程度成長すれば身体のスピードやパワーをコントロールすることができるようになります。

身体的人間の行動機能の正確さを最適化するために求められる集中力が、「パワー系集中力」です。

幼い子供が友達と「じゃれあっている」つもりが全力でひっぱたいたり、卵を割る時つぶしていまうことが起こります。コントロールレベルが低い状態で、せいぜい「強」「中」「弱」の3段階程度の調整能力ですが、訓練を経てレベルが上がり10段階になると、最悪の重傷や死なせないために相手に「寸止め」ができる人間の尊厳機能を発揮できるようになります。
しかし、多数化する大人型子供は、幼児段階の「パワー系集中力」で成長が止まった人間が21世紀増加してきました。動物脳が優位な人間の退化、恐竜脳への先祖返り徴候の一つである確率は高い。遺伝子レベルの何かが変異を始めた確率が高い。人間基盤が10歳までにきちんと構築できていない人数が異常現象でなく普通現象になり始めた結果の確率が高い。

熟練度の領域に達すると100段階以上の「匠」の機能である微妙な変化を自由につけることができる自在の集中力ができるようになります。モノづくりの職人芸「匠の技術」の微妙な極致まで誰でもできる確率は高い。微妙なナノレベルの精度は機械は超高額の設備投資が必要ですが、人間は誰でも平等に自分の心身の機能を向上させるだけで実現できる無限の総能力が準備されているようです。
130312ms
 

 □思考系集中力













 

 「静的集中力」に相当します。
値段の高いパソコンと、値段の安いパソコン。日本の「京」や、現在の世界ナンバーワンコンピュータと比較して、その違いは色々ありますが、単純に言えばコンピュータの「頭脳」にあたる「CPU」と呼ばれる電子回路の性能が違うためです。
計算の速さや、一度に処理できるデータ量の差として現れます。
人間でも、脳や神経の調子が整っているときと、そうでないときでは、処理能力は、同じ人でも違いが現れます。
人間は誰でも高い性能のコンピュータを脳内に持つているにも関わらず、その性能のほとんどは有効利用できていません。
ところが、熟練者(集中力を発揮できる人)は、自分の「脳力」を最大限に活用しています。ビジネスにおいて、一つのプロジェクトに対していくつもの戦略を練ることができ、そこから目的のために最適な戦略を選択できる経営者もいる一方で、最初から一つの戦略しか考えつかない経営者もいます。

思考力や記憶力などその周辺の力を高めるためには「思考系集中力」を活用する必要があります。

 


 ■人間機能の集中力が発揮しやすい脳と神経のコンディションをよい領域へ向上

◇人間は、機械と異なりその時の環境からの悪い影響をコントロールし、自分のコンディションを管理する能力が必要



























 

 機械の場合、設備投資金額に応じて、最大機能の上限は変わり、、設計時の自由度が高い仕様の場合は、上限稼働を長時間させても異常は生じません。
(自由度が低いと、組み合わせ機能の過負荷部分、潤滑機能、接点機能、互換機能で異常<音が変わる摩擦現象>がはじまる時間限界点があります。)

人間の場合、「指立て伏せ」の体制では、体重が指の先に集中し、指先に大きな負荷がかかります。集中したとき、脳や神経、そして支える身体に大きな負荷が掛かっています。手のひらから指に体重を集中させると同時に、指以外の部分には体重を「集中させない」ことになります。
「集中すべきところに集中する」のは当然のことですが、同時に「集中しないところには集中しない」ことも重要です。
つまり、集中するには一方で「脱力」することを求められます。人間は総能力の上限以上には機能できませんが、その総能力を機械とことなり、集中することばかり着目されがちですが、プレッシャーのかかる状況でも適切かつ適度に脱力し、ベストな力が発揮できるように脳や神経をコントロールし、総能力上限内で活かせる機能を持つている確率は高い。

プロ野球選手の場合、好成績な時期は、試合中の観客からヤジを飛ばされても、投手から危険球に動しず、雑音を気にしないで、イライラしたり怒ったりせず、感情をコントロールし、より適した状態に早く修正できるため、すばらしい結果を出し、目的を達成できやすくなります。人為的なものだけでなく外的要因として、暑さ、寒さ、雨などの天候や、試合以外の心配事など自分の内面益な問題も、打席では、「気にしない割り切り」で集中できます。

成果を上げるためには、内側・外側からの悪い影響をコントロールし、自分の脳や神経のコンディションを、目的達成にふさわしい「集中力」を発揮できるてめの管理能力が必要です。

◎目的達成プロセスに集中するとき、周囲環境に左右されにくい確固とした信念、不動の平常心の訓練内容が、多くの分野のプロの人の日常習慣として情報量ゼタ時代公開されています。若い時代に自分流のふさわしい方法を多分野の方向で探し始めると、不思議に、多くのすばらしい方法に出会える確率は高くなります。
その未知の一流の人の生活習慣を真似て臨床検証しプラスαを付加する想定外の出会いがある段階がきます。普通のレベルのブランドに幻惑せれないことがふさわしくない仮想空間(右脳)に陥らない、実体で(右脳左脳両面の整合)の一生プラス領域量を多くできるようになる確率は高い。
 

 ◇脳内の電気を意志によって自在にコントロールする






















 

 人間の脳や神経は、物理的には電気信号によってコントロールされています。
脳や神経が働くときには、微弱な電流が流れます。だから、脳や神経は電気信号で動く「機械」のようなものと見なすことができます。
脳や神経の働きは、適切な電気信号が入力され、それが適切に伝わったかどうかできまります。アナログテレビ時代のの画像がときに乱れたり、色が悪くなったりするように、脳や神経は、神経回路網(アナログ型で、自然に回路成長することができる、デジタル型固定電子基盤と異なる、自動変化機能があります)は、外部内部の雑音・プレッシャー等でトラブルが発生しやすい回路になっています。
不適切な電気信号(右脳への心理的操作で左脳の回路を復元できない修正さえできます)によって、脳や神経の働きを邪魔されます。しかい、より強い電気信号を流すことが出来る(ノイズ量影響9%以下にしてプラス量の比率を高い状態にすると、脳に正しい電気信号が優位に送られ、その信号が強ければ強いほど。集中力は高まり、神経網はふさわしく、人の機能を働かせることができます。


物理的側面から見ると「集中力が高い」ということは「ある目的のために脳の中で電気信号が適切に協力に流れている確率は高い。

起こせる電気の量(人の総能力量)が同じならば、どれだけ適切に電気を目的にふさわしく使用しているかどうかの格差となります。

同じバッテリーを積んだ電気自動車が2台あるとします。
1台は走行することのみに電気を使用します。
もう一台は、ライトをつけ、エアコンをつけ、カーステレオをつけて走ったとします。
どちらが、速く、長く、走ることができるでしょうか?

目的的「集中力」の成果の違いはこの因果と同様であり、集団組織の増幅能力は同じ構成人数でもさらに天地の開きになる結果になります。  130312ms
 

 ◇脳内の環境を最適化し、強く正しい信号を流す





 

 脳内に正常で強い電気信号を伝達するためには、脳や神経の「回路」に故障がないことはもちろん、電気信号を邪魔する要素を徹底的に排除したる少なくする必要があります。その一つが「感情」です。
「感情」が乱れると、脳細胞が通常とは別の働きを起こし、本来の目標達成には不要な信号を生み出します。脳内の環境を適切に保ち、余計な信号が発生しないように整える必要があります。そのため重要なことは、常に環境をコントロールし冷静な自分でいることです。日常の習慣人格段階までよい潜在脳にしておくことが必要です。感情を目的達成のために、脳の働きをサポートするプラス方向に向けて前を見つめる方向で有効に利用すると、想定以上の推進力になります。
ネガティブな、不要なマインナス感情が頭の中にあると、脳内はノイズだらけになり、目的に応じた最適化するために、自分の目の前に現れる障害に対して感情が乱れさせます。
 

 ◇自律神経を意識する







 

 正常な電気信号にせよ、ノイズにせよ、脳や神経を流れる信号を調整しているのが「自律神経」です。「自律神経」は脳内の自動化プログラムのようなものです。
呼吸のようにある程度自分んで調節可能、かつ半自動的の行われるものもつかさどっています。「集中力」も自律神経によりかなりの部分をコントロールされているようです。つまり、自律神経をコントロールする方法を知ることが、より容易に集中力を高められるようです。自律神経という脳内の自動プログラムが存在し、それが集中力に大きく関わっています。

音楽をボリューム「10」で聴いているときを想定してください
地下鉄の車内では音楽が小さく聞こえ、逆に静かな場所では大き過ぎるように感じます。自分んで「聞こえ方」を周囲の状況や環境に合わせて自動で調節しているからです。この機能をつかさどるのが自律神経です。

職場の多数の雑音の中で、仕事に集中できたとき、周囲の音が聞こえず、気になりません。身体の調子が悪い日、人の笑い声、笑い顔、人の声が気になり、あたかも自分の噂話をしているような気持ちになることがあり、遠くの小さな声さえ、よく聞き取れます。この現象の自律神経のネガティブ機能のようです。

 ◇目的をハッキリさせると集中力は高めやすい






 

 目的のなく、常日頃から全方位的に神経を研ぎ澄ませることはコストパフォーマンス・時間生産性は低い。求める集中力のイメージをより具体的にする。
何のスポーツをするのかわからないで、やみくもに筋肉を鍛えるようなものです。

集中する種類や、集中する目的が明確にする。
・「集中力がない」というのは、本当にないのか、
・集中する方向性が違っているだけなのか、
・目的達成に必要な総能力要素が不足した部分があるのか
・集中できない外部環境ノイズ、ネガティブ感情があるのか

脳内の神経伝達、電気信号の観点から、どんな集中力が必要なのか、イメージを描きながら、具体的な手法をやっみてください。、
 


◇ライフスタイルの中で集中できない悪いパターンに気付き「良い」生活を始める。

 

 心身が普通の人の集中できない原因の大きな部分を占める「ライフスタイル」から、「脳と神経のコンディション」が良い状態が簡単に低下する内容を省みるきっかけにする。

1.ライフスタイル(生活パターン)を良くする。
・夜更かし朝寝坊、徹夜、暴飲暴食、飲酒習慣などの「不摂生」を繰り返せば体調も低レベル、脳や神経にとって「良くない」生活をすると、コンディションも低下します。「良い」生活を始めれば、自然とコンディションは向上し、より集中力を高めやすくなります。
ライフスタイルを変革することで、脳や神経のコンディションも整い、集中できる基礎ベースがつくられます。

普通の慣れた仕事なら、40歳までは、不摂生を変革を無視しても、普通の機能程度の維持できますが、40歳過ぎると「ポカミス」の頻度が増加し、重要な集中が必要な内容に限り、周囲に見える段階がきます。赤ちょうちんの頻度が増えます。
若い時代の蒔いた種が、悪い結果を出し始める普通の現象です。

プロになりたいなら、傍の人との時間を「割り切り、思い切りし、今より犠牲にし、自分の人生をプラス領域が多い方向に向ける「感情」のコントロールが、悔いある人生の分岐点になります。

2.「一時一事」行動を習慣化する
集中できないという人は、「一つの事に集中できない」からです。重要なこおとぉするときは、一つに集中する必要があります。
パンに限られたジャムやバターを塗る時をイメージしてみてください
限られたジャムやバターをパンに塗り広げると、どんどん薄くなり味が分散されます。

集中力も同じことで、複数の物事を同時にそれぞれに対して集中するのは、その人の総能力が多く、分散して、解決できる程度なら同時並列に聖徳太子のようにできますが、無理難題の解決の場合、一つ一つ優先順を決めて未知の体験に挑戦しなければできません。
人が総能力量(容量・器)オーバーになったサインとして「頭の後ろで手を組む」という行動クセがあります。人は、負荷がかかっているところに手を当てるクセがあるようです。祖お時は、一時的に休むか、誰かに頼むなどして脳や神経のコンディションの回復をさせる

人間の脳は、単線でつながる神経回路であるため、一時一処理型でありますが、成功体験で自動回路改良成長機能があり、無限に成長できるようです。(物のような同時並行できる複線回路型ではないため、処置スピードは、その人の成長段階で決まります。モノの場合は潤沢な資金を投入し基盤の交換で回路機能のバージョンアップができるます。)人間の固有の能力に気付くことが重要です。どんな超人でもある瞬間にノイズを与えると、複線型、自動復旧機能がない人は誤動作確率がゼロではありません。もとの異なり誰でもポカミスをする「人災」発生者になる確率は高い。すべての事故は、人災であり、人が物を正しく機能させなかっだけです。

過去の実績でできた脳回路は、25歳以降の人は130%以上の過負荷成長をストップし、100%以上の使用状態になると、日常使う回路部分以外、1年間で、昔帰りをします。現役で過去より高いレベルのブランド型の人を除き、過去の成功体験をした時代の脳の回路機能を発揮できる確率は、40%以下のようです。
現役の経営者と、同じ人が、事業継承したり、退職し、1年後、話す内容は、未来への燃えるパワーがなくなり、過去が大部分となり、直接接し学ぶプラスα量は
加速度減衰することに気付けます。「なぜ、あれだけの人が、こんな行動を?」は人間の普通の現象の一つです。  130312ms

3.変化は大切に、プラス領域量が多い方向へ軌道制御する
○日常の習慣を視点を変えて見直し、他の方法もやってみる

脳や神経が疲れてしまった人は、往々にして「変化を嫌う」傾向があります。
頑張っても、頑張っても成果が上がらない。そんなときあなたはどうしますか?
脳や神経のコンディションが低下していいる人は、今のやり方で結果が出せないときに「自分の努力が足りないからだ」と考えがちです。今の方法のままでも、「もっと自分が頑張ば成果が上がるはず」と思い込んでいます。本筋は、頑張って成果が上がらないときには、すでに取り巻く環境が変化した場合が多く、「やり方そのものを見直す」ことが重要です。
目的や方向性、やり方をしっかり把握することなく、ただがむしゃらに頑張るという「根性論」では、その人の総能力量が不足しているため、良い結果がでる確率は低い
その時の状態に合った内容・方法でトレーニングする。ダメなときは無理に頑張るのでなく、やり方を変えてみると突破口が観えてくる確率は高い。

4.脳のコンディションが低下すると、「お年寄りになる」人の本質の気付く
人は脳の働きが低下すると、身体を動かしたくなくなる傾向があります。
そればかりか、脳のコンディション低下によって、全身の動きが鈍くなります。
長期間入院してベットの上ばかりで過ごしていると、筋肉は衰え、身体もガチガチに固まってしまい動きが悪くなります。全身が凝ると、血液の流れが停滞します。血流の流れが停滞すると、脳がさらに働きにくくなります。若い時代でさえある程度努力して身体を動かさないようにしていると、お年寄りのような膠着した身体が近づきます。

・「歩かないなんてもったいない。」
アリストテレス(古代ギリシャの哲学者)が歩きながら考えたとのことです。
歩くことが脳によいためで、脳や神経のコンディションを向上します。歩くことで身体のバランスを調整しています。歩くことを習慣化しると、身体の調子をセンサーの如く表示してくれます。歩幅スピード、リズム、周囲の景色を楽しむ量等、よいとき悪いとき自分で感じられるようになります。もの・機械と異なり、身体は上限下限範囲で可変するしくみがあるようです。老人のような歩き方をすると老人のような感覚に近づきます。さっそうとモデルのように歩き方をするとモデルのような気分を感じられます。歩き方で、コンディションの悪さをもうちょっと良くするこどができる確率は高い。正しい姿勢で歩くと、血流が上がり、背骨が整い、代謝がアップします。さらに気分転換ができ、頭のスイッチも入り、アイディアも浮かびます。温度の変化、風、光や音、外の空気など色々な物事が体感できるようになり、脳へのよい刺激が増えます。特にしっかりと1分間100歩以上歩く入酸素運動行動を採ると、頭のモヤモヤが取れる確率は高い。


年寄りは、実体社会での、脳や神経の急速に異常機能部分が増加します。各機能を、若い時代の130%以上の過負荷維持行動をしなければ、未発達な子供時代の回路状態に戻る確率は高い。行動を規制され普通の日常にないバリアフリーのしくみで80%以下の過負荷を1年以上続けると、行動障害、身体障害が始まり、現役時代のブランド型の人が、脳の正常回路、自動回路改良機能を育てるための過負荷を若い時代の130%以上続けず、80%以下の過負荷に安住すると5年で普通の人レベルの回路機能に昔帰りするだけでなく、回路以上回路故障、破壊で日本でいよいよ加速度増加を始めた、人間の尊厳を維持できない痴呆型動物型人間になる現象がだれでも見えてきました。食生活と、130%以上を自分にかけることを習慣化した人だけが、人間としての天寿を全うできる確率は高い。
年寄りは、日常の生活を、130%以上の過負荷をかけ行動に自分流の目的を「思い込み」自分の心身のコンディションづくりが自然に習慣化できる一ひねりした理由付けが必要です。きちんとしたけじめのライフスタイルづくりと、周囲の過保護に感謝しながら、陰で必ず実行することが成否の分岐点になります。
130312ms

6.頭の扱い方を意識し、脳への過負荷時の判断傾向に気付く
頭に詰め込んだ情報量が多すぎて、裁ききれない状況イメージしてください
あれもこれもと情報を集めるうちに、なにがなんだかわからなくなり、との情報が自分にとって今必要なものは何か、脳への過負荷で、判断できなくなります。
脳や神経の調子が低下した人は、脳を「深く」「強く」使う習慣がなくなってきます。
脳はワンパターンで単純な反応ばかりになります。ライフスタイルも4マンネリ化し、脳は、判断力をお失う状態になります。その時、テレビや、ラジオ、インターネット、他人から聞いた話などを「カマス」の如く食いつき、鵜呑みにして、まるで自分で考えたかのように話す場合があります。その内容の精査確認しない冷静な判断が脆弱な状況のためです。「テレビで放送したから」「新聞に書いてあったから」
「ブランド型の他人が言ったから」等、情報が多すぎて、大事な信号化どうか、見分けられないときの徴候の一つです。

インターネット、スマートフォンも使用を制限し、情報に晒されるのを差k出て、一旦、脳や神経を休め、ぐっすり睡眠をとると、寝ている間、脳や神経は解決したいテーマを明確化、具体化した内容ほど、今まで閃かなかった光明が、過去の潜在脳蓄積量の多さ、実戦成功累積量と相関して浮かんでくる確率が高い。
自分の頭でありながら、不思議な現象に出会う頻度が増え、過去の蓄積に感謝する段階がきます。湧き上がる難題の解決できた結果は、制御型人財が味わえ、傍の人がホットし、笑いが浮かぶ瞬間に出会えることができる確率は高い。
130312ms                                 

7.「あたま」をメンテナンスする自然にできるように習慣化行動にする
「集中力」を自然体で普通に日常発揮できる長期間実績を残したプロスポーツ選手は、身体のコンディションを日ごろからメンテナンスする習慣があります。商売道具だから意味は当然と言えます。
あなたは、プロ(超一流・一流)の制御型人財機能を持ち場で発揮し、業績貢献したいあなたは、毎日脳や神経を使っていますが、ふさわしいメンテナンスをする習慣を持っていますか。プロの運動選手は、激しいトレーニングをしたらストレッチやマッサージをして労わります。あなたは、脳や神経を準備運動なしに、いきなりフルパワーで働かせ、働いた後の整理運動やマッサージをしていますか?しなければ、脳や神経のコンディションは低下し、集中できなくなる確率は高くなります。
脳も身体と同じように、鍛えるだけでなく、休息や脱力が必要です。「あたま」のメンテナンスは制御型人財が自分にふさわしい成功結果の多い方法を覚えて習慣化することが必要です。

頭を使う前に、頭の状態を調整する人は、脳をメンテナンスする方法として、自己啓発や座禅、瞑想など精神論を中心にしたものが、プラス領域量が多くなるようです。解決テーマから逃避する、無関係な仮想空間、右脳感情領域だけの多くの方法は、その時の一過性効果で、問題解決方向のプラス量は少なく、プラス量ベクトル相乗効果は少ないようです。逆に難題解決の場合、挑戦パワーが逃避型減衰効果が左脳に働きくようです。特に右脳型優位の「ヒステリー」行動のある人は留意し、普通の解決段階までの方法と上限設定した方が成功確率は高くなります。
130312ms

8.身体の状態に気を配り、コンディションを整える習慣化をする
身体の状態をチェックすれば、脳や神経の状態もある程度わかります。
脳や神経の調子が低下している人は、身体のことも疎かにしていることが多い。

・1日1回でよいので全身ストレッチをしてみましょう
腰の反り具合、張り具合、脚の伸ばし具合をチェックします。体重、体脂肪率等、出来れば、日々の変化を記録し、その日の脳と神経のコンディションの結果を5段階(◎特に快調 ○快調 △普通 ×少し悪い  ××特に悪い)で評価し記録しておく。ある段階になると、脳と神経のコンディションの状態を、身体信号の徴候を感じることができる段階がきます。難題解決前の準備行動、次のさらなる難題解決のために、すべてをリセットするための調整手順、新たなスタートのための準備のための頭のコンディションづくりを始める完全切り替えができる段階がきます。
長期間過去の実績を言う人は普通の人、過去を体系化整理し、プロセスカイゼン、ツールカイゼンが終われば、過去は通過点、未来への挑戦をはじめる時です。想定外の速さで、業績のよい企業は、新しい未知の挑戦をはじめ、必ず、プロジェクトの一員に入れさせられます。成功すれば上司の成果、失敗すらば、徹底的にすべて担当者責任となります。プロジェクトの名目責任者は実体責任は採る人は生き残るために90%以上いません。そのために、必ず成功する必勝確率を高くする方法の一つとして、自分の身体と脳や神経のコンディションを普通以上に維持できることが日常必要となり、必要から生まれた、人の身体が悪くなる徴候を感じさせてくれる、自分で気付けるセンサー機能に気付くことができます。

9.「頭と枕の深い相関関係がある」確率は高い
脳や神経のコンディションが低下すると、今まで寝ているときに使用する枕が合わなくなる。
高枕にする傾向が多くあります。脳や神経が疲れるて、頭が熱っぽくなるために、本能的に血流を下げるようにするためです。
脚や腕を骨折した場合、その部分を心臓より高く上げて血流を制限します。これを牽上法といいます。
同じように、頭に血を送りたくないから、高い枕を求めるようになるなるようです。本能的なセルフコンディショニングです。

脳や神経の調子が低下すると、首にも影響が出ます。そうすると、さらに枕に過敏になります。気持ちのよい頭の居心地のよい範囲がかなり制限され、その範囲に収まらないと気持ちよく眠られないようです。
その状態の人は、首や肩が凝りやすくなって、肩こりに悩まされるようです。
枕は、脳や神経のコンディションが悪いときでも、熟睡できるように、豆がら、もみ殻のような自在に高さを寝る前に調整できて、頭の位置、居心地を最適調整できる固定型枕でない方が、脳や神経のコンディションを良くする方向へ、睡眠の間に復元してくれるようです。
身体的疲労困ぱいにして状態なら、体力余力がなく眠ることに専念できるため、身体の復元回復パワーが大きくなるようです。49歳までは「バタン⇒グー」の眠ることに徹すると、椅子ソファー、床でも爆睡できるように人はできているようです。短時間でも普通のコンディションへ回復できます。
50歳以上は、決済責任が過負荷になり固有の対策が必要になります。右脳が発信する感情を制御コントロールすることが必要になります。

10.歯の詰め物が集中力と関係?
ライフスタイルそのものに問題がない場合でも、歯科治療で使用する金属は、人により、高価なバナジウムやアマルガムなどの金属ににより、食事のかみ合わせ時、脳や神経にノイズの発生源として、歯を食いしばった時なうようです。そのノイズが、コンディションが悪くなると、脳や神経に影響を及ぼすようです。
歯の詰め物は、アレルギー反応のでにくいセラミックなどの非金属のものに変更すると、ノイズ、アレルギーを減少することができます。
毎日の食習慣に関わるもの脳や神経のコンディションをよくするための要素の一つになります。

11.座り方が悪いとコンディションが変わる?
「座り方」を見ればその選手のコンディションがある程度分かるそうです。身体の狂わない座り方をしない普通のアスリートが多くいます。
良い状態のアスリートは、脚を組みません。テレビや雑誌の撮影などで足尾組むことはありますが、普段の生活では組みません。足を組むと、身体はねじられ、左右のバランス誤差が大きくなるためです。雑巾を絞っている状態と同じで、偏った場所に付加がかかって、身体を歪めるためです。
身体が歪めば、脳や神経の回路、伝達機能に、左右の伝達スピード微差が生じるため、コンディションの狂いが出る確率が高いためのようです。

12.年齢とともにコンディションのやり方を変化させる
年齢により、よいコンディションの状態は分野によりプラスαのコンディション向上行動を追加させなければ、特に負荷になるようなことをしなくても、悪いコンディションの領域へ低下してきます。
アイススケートの浅田真央選手の成長期に身長が伸びた結果、身体のバランスが変化し、ジャンプをある段階から調整し直す必要がありました。背が伸びて体系が変わり重心が高くなったために飛び方を変化させなければならなかったからです。

集中力を生む脳や神経も同様で、見た目は変わらなくても、20歳くらいを境に、状態は大きく変わってくるようです。スポーツ等運動分野では18歳と25歳とではコンディショニングのやり方は違ってきます。その時に合っていない方法をとり続けると、脳や神経が疲れて、ワンパターンの生活を好むようになるようです。こうなると、急速に絶頂期から過疲労の累積で、ある期間後の総能力発揮出来難くなり、第一線から脱落します。
「変化を嫌わず、プラスαのコンディション向上行動を受け入れる」ことが、よいコンディションを持続させる分水嶺になります。  130312ms

年寄りは、実体社会での、脳や神経の急速に異常機能部分が増加します。各機能を、若い時代の130%以上の過負荷維持行動をしなければ、未発達な子供時代の回路状態に戻る確率は高い。行動を規制され普通の日常にないバリアフリーのしくみで80%以下の過負荷を1年以上続けると、行動障害、身体障害が始まり、現役時代のブランド型の人が、脳の正常回路、自動回路改良機能を育てるための過負荷を若い時代の130%以上続けず、80%以下の過負荷に安住すると5年で普通の人レベルの回路機能に昔帰りするだけでなく、回路以上回路故障、破壊で日本でいよいよ加速度増加を始めた、人間の尊厳を維持できない痴呆型動物型人間になる現象がだれでも見えてきました。食生活と、130%以上を自分にかけることを習慣化した人だけが、人間としての天寿を全うできる確率は高い。
年寄りは、日常の生活を、130%以上の過負荷をかけ行動に自分流の目的を「思い込み」自分の心身のコンディションづくりが自然に習慣化できる一ひねりした理由付けが必要です。きちんとしたけじめのライフスタイルづくりと、周囲の過保護に感謝しながら、陰で必ず実行することが成否の分岐点になります。
130312ms

13.ドミノ倒しのように次々と負担が連鎖する
脳や神経を使いすぎて疲れるてくると、姿勢に変化が現れます。身体のバランスが悪くなり、さらに脳や神経に負担をかけ、さらに別なところに負担がかかり、次々と、まるでドミノ倒しのように、悪い部分が増えてきます。
脚が悪いだけだったのが、いつしか膝も故障する。食べ物の問題だったのが、胃や腸に波及し、血液や血流の問題となり、頭の問題までになってしまう。このような現象です。
特に脳や神経は誰でも毎日使うため、負の連鎖は、いつしかライフスタイル全体に影響を及ぼします。
このとき、派生真因から全体最適方向へ体を整えないで、部分的な対症療法で刹那型対応をすると、取り残した一部が足を引っ張り、それが全体を悪くする方向へ再び波及します。一部分だけを修正しても集中力は上がりません。全体を段階的に多要素を整合させて改善工夫が成否の分水嶺になります。130312ms

14.今のあなたにふさわしいライフスタイルですか?
サッカー選手は30歳を過ぎると「長時間持続的スタミナが、なくなる」と言われています。ただし、本人にあったトレーニングを続けてた人は、時間をかけて上手にすれば体力は上げられます。もちろん、その人もある程度の年齢以降は体力の向上は見込めなくなりますが、1か月間鍛えた人と、何年も継続的に鍛えた人と比較すると、維持できる期間に大きな格差がでます。
身体の変化に感覚やトレーニング手法、コンディショニングの仕方、さらにライフスタイルの適応度合いと相関があるからです。「昔は上手く行った」では何も実体は変わりません。今のあなたにふさわしいライフスタイルをした人だけ、脳や神経のよいコンディションが維持できている、善因善果の原理になるだけです。

15.生活が「パターン」に、はまっていませんか?
脳や神経のコンディションが低い人は、生活そのものが良くないパターンに固まることが良くあります。
以前ならうまくいっていたパターンが合わなくなったことが原因の場合もあります。また何かの要因から良くないパターンにはまってしまうことがあります。こうしたライフスタイルの負の連鎖は「何かに固執する」ところから始まります。
脳や神経の調子が低下してくると、変化を避けるようになり、さらに何かに固執しやすくなります。
例えば、金銭感覚のうち「費用対効果」ばかり気になるとか、何かを集めるコレクター癖」が出たり、女性の場合は、おしゃれや服に固執し、次から次へ服やバック、グッズを買い求める人も多いようです。掃除や片づけが出来なくなり、家が荒れ始めます。実体のない仮想空間の多くの分野で、瞬間の満足、刹那の癒しにのめり込み、実体のよいコンディションづくりの目的が変容し、実体は変わらず、現実逃避の方向へ向か人が多くなります。ある瞬間気付いて意識した段階で、精神が鬱の上限障壁を超え、躁に戻る下限障壁をさえ古超難い人が21世紀誰でも見える段階まで増加してきました。

自分にあった方法を、多数試み、ふさわしい方法をキチンと実体行動で取り組み、小さい成功を累積させると誰でも人の誰でも平等にある自然治癒力機能が働き、改善できる確率は高い。できる範囲から少しずつ生活すたアイルを変えたいくことです。自分のベースで整えていけばよいよいだけです。時間をかけ、ゆっくりと変わっていくことを待望しています。

20歳代でさえ、心身の破壊寸前また、一部破壊が始まった段階ではライフスタイルをリセットする場合、心身にふさわしい実体行動を採り、自分のプラス領域量が多くなる方向へ自然治癒できる行動を累積しても、復元し、プラスαの人生を未来へスタートするためには最低3年間(1000日)作戦が必要です。
必ず期間設定し、1年目、2年目の進捗スピードを、期限に合わせて、先行型で上方修正が必要です。プラス領域方向へ引き上げるすばらしい本物の恩師の存在に気づき、実体社会で出会えるようです。高い仰角の軌道へ制御志援できる実務型の匠、プロに出会う確率は高い。脳や神経がよいコンディションになると、すばらし実体社会を動かす制御型人財に気づけるようになるためです。勉強仲間で実体社会での行動仲間の集団組織の接する量を増やすと、年齢とともにふさわしい、脳や神経のよいコンディションづくりを続けることが出来る確率は高い。よい仲間、よい集団組織に接したり属することに専念すると、30歳代以降、再び心身の破壊方向に向ける環境の中でも、よいコンディションを維持する先人の知恵に出会える確率が高い。
130312ms

 

 

 
□集中力を生むためのライフスタイル&ノウハウ
 

 脳や神経のコンディションを整え、より集中できるあなたになるための生活のポイントや身体の使い方をまとめました。内容は他のページへ移動し活用してください。
 

 

 

 

 

 



 

商品一覧