開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

「企業力ランキング」への期待

 「企業力ランキング」への期待   130312

企業力格付け>「企業力ランキング」への期待




更新 2013.03.27

日刊工業新聞社は主要企業を対象として第8回「企業力ランニング調査」
(経済産業省後援)を実施。     2012年10月16日


「企業力ランキング」はアンケートに基づく定性評価と業績や企業環境に基づく定量評価
(収益性、安定性)を総合して指標化。
中小企業でも参考にできるように調査手法を公開しているのも他にない特徴。

1.なぜ「企業格付け」というブランド力・価値力の高さが観える内容を期待して情報価値選別
する名称から、加工中小企業が、大企業の真似をしてCI戦略名目で、社名変更し、想定外
新規客を切り捨てて、多数の企業が、同性同盟が氾濫し、固有の企業価値が気付かれず、
老衰のように徐々に衰退し経過に歯止めをかけ、どこでも、だれでも使用し情報ゼタ時代の
中で、玉石混淆の情報氾濫の中のダイヤモンドとしての価値、使命を再確認を待望。
                                                                                                       121016ms
2.財政破綻寸前の日本は、自力の国益企業を民営化という名目で、日本倒産計画どおり、
後進国日本が富国殖産目的で築いた自力の本願の収入源を放棄し、江戸の悪貨造幣方式
ではまだ金が含まれましたが、現在は、キツネ狸のように紙を紙幣にかえ、仮想価値の国債
依存が唯一、実体企業のような決算し見える化しないしくみがいつまで世界が合法的と認める
のでしょうか?
海外投資資金も含めた、国際収支は、TPP時代に入ると、プラス確率は高いでしょうか?
日本国名目の巨大恐竜の大企業、恐竜の中堅企業は、国内付加価値生産比率、就労日本人
国内在住社員数比率は60%以上で、国内恐竜はどの程度生存していますか?
輸入比率の中で、名目日本企業がかかわる国からの比率はどうでしょうか?
巨大恐竜金融企業は、同一企業名で海外、国内で、売買している国際収支はどうでしょか?
円高操作、同一株売買の国際収支はどうでしょか?
巨大恐竜商社の海外投資総金額と、回収累積合計比率はどうでしょうか?
超円高により国内商品相場の原料の企業の儲けはどこに消え、もとに復元する過程で、
円安理由で値上げをし、TPPで、想定以上の安値を操作するのは誰でしょうか?

3.2を操作する人は誰でもよい。都市部以外の地域は 想定以上の速さで貧困層が60%以上
になる確率は高くなりました。すべて、多数決社会が総意で決めた本流がする現象です。
すべての日本人が選んだ全体責任の道であり、批判は無用です。因果応報の結果であり、
民主主義社会の枠組み集団の一員である割り切りをすることが制御型人財が採る方向。

いよいよ、銀行預金をすると、元金以下しか戻らない、年金生活者では就労機会のない人は、
インフレ、消費税、増税で、貧困層の加速度増大がはじまる確率は高い。
65歳定年延長で、若い世代の社員就労機会が、金融業界のような原価ゼロ、人件費手数料
を仕入から徴収できる企業のような無形の企業だけが採用社員数を増加できる確率は高い。
第三次産業は、国内拡大とともに、地域の社員以外の雇用数が増加する確率は高いが、
地域の拠点の法人税で、就労人数に対する所得が、低く、貧困層の増加に貢献する確率は
高い。地域は働けど、楽にならず、未来の人生が開く確率は低くなりました。

地域が、ワークシェアリング方式で、多数が共に豊かになり、中流層が増加(社員として就労
できる人数を増加し、高齢者の目減り年金をプラスにできる就労のしくみの構築)。地域の
大学、大学院生が、地域の若い戦力として、無限の成長の夢を実現できるインフラを構築し、
都市部在住と異なり、「もちつもたれつ」日本人の遺伝子レベルの記憶をよみがえらせて、
ニャンニャンワンワン型動物欲動優位の太陽族様式から、傍の第三者の目で選んだ健全な
家庭を周囲が見守り、正常な子孫を、地域の宝として育てる価値基準行動基準で、地域が
富むために地域にふさわしい殖産と15歳以上は全員就労できるしくみをつくり、年功で収入
が増加できる、年齢別生産性最大化のできる適正規模で、地域の法人税上位100社の、
地域に本社がある企業(中小企業と少ない大企業、中堅企業)を第一次、第二次、第三次
産業別に、地域の社員採用比率等で比較して、地域で生き残り勝ち残り、地域を業務基盤
として、地域外、国外へ成長するプロセスもでるがわかるような企業力指標を待望しています。
単独企業でなく、協業連携型グループも、連結でなくても、複合企業体単位として比較する
ことを待望しています。

日刊工業新聞社の、産業人クラブのメンバーを地域に貢献する先導企業にする、全国連携
の突破口にすることを推奨します。日刊新聞に広告を依頼した企業(創市場創客に熱心な
固有技術を主張したい企業群です)を複合食品産業群の改善、低価格下のためのコスト
ダウン開発企業として地域外連携をする)。地域大学の支援を日刊工業新聞が、産学連携
モデルとして仲介する。地域の情報の核は、地域密着CATVの機能を生かし、地域の解決
プロジェクトを推進するリーダを、日刊工業が段階別実務者を連携して育てるプロセスを、
地域の大学・大学院生の若手、農林水産業の学校試験機関のメンバーの専門性を、短期で
世界に比肩できる真似した方式で体得させることができる確率が高い企業です。

親会社の日経新聞の存在価値とは異なる、日刊工業新聞の創業の原点、実体だけが対象
の新聞情報段階から、地域の「ゼタ時代」の到来に気付けない20世紀で時間が止まり、行動
スピードが、まだ旧式機関車段階から、「パンタグラフ」型、超スピードへ同じ地域の人たちを
かえる文明開化の役割が必要です。日本人の基本素養は、だれでも持ち、できる人と、人間
の領域での格差で、違いは想定外に少ないことに気付いていない、気付けないクランプがある
方式でかかっているだけです。誰でも行動できる、素養は21世紀左脳先行型でできています。
汗をかく、連続成長を始めると、ある段階から、人により固有で異なりますが加速度の段階が
ある自己の無限の潜在能力発揮(火事場の馬鹿力)できます。同一言語、同一地域の場合、
成長プロセスの不足帯域は、短期で見えるかでき、その不足帯域につよい人で補完すれば
よいだけで、ジグソーパズルの如く、地域復興の一員に組み込むだけです。

日刊工業新聞は、地域実体社会の地産地消型、地域全員が、地域の一員にさせ、地域内
で資金が循環し、常に他地域、海外から資金を稼ぎ、資金収支を黒字・プラスにでできるように
基本循環サイクルができると、金融バブルで増幅させ、戦略的に世界の貧困地域を豊かにできる
確率が高い、ビジネスモデルと、経営資源の調達から運用まで、知行一致の実体社会を
伝搬できる確率は高い。






■新聞内容の抜粋

調査は産業界の模範となる「真に実力ある企業」を選ぶのが目的。
業績などの定量的な指標と、技術力や危機対応能力、人材開発など隠れた
実力をアンケートで指標化し、総合的に評価する。名称を従来の「企業力格付け」
から「企業力ランキング」に改めるとともに計算式を見直し、配点バランスも
変わりました。

この結果、平均点は第7回調査の37.2点から29.7点に下がった。

はじめてNTTドコモが総合得点トップに立った。非製造業が首位になったのははじめて。
また業績好調の日産自動車が4位に入った。
両者のほか常連企業の武田薬品工業、キャノンなどを含む6社が最高得位の「60点以上」
となった。
全般的には業績の乱高下を繰り返す企業が多い中で、安定した収益基盤を持つ企業の
評価が高まった形です。 25点以上の企業名と評価手法の詳細を掲載



●今回のアンケートでは東日本大震災やタイ洪水の被害などを受けた
リスク管理と、重要性が増してきた世界戦略に重点を置いた。

配点はこれまで同様に事前に決めず、優良企業群(営業利益率、納税額上位)と全体の
回答を比較して有意な差があった設問のみを採用した。122問のうち75問44点を配点して、
平均点20.7点だった。
中には国際展開が困難な業種には向かない設問もある。ただ内需主体で高得点を得た
企業もあり、必ずしも不利ではないと判断して配点調整はしなかった。
業種間調整では12問を製造業・建設業限定として、他業種はアンケート得点合計を1.2倍
することで補った。

一方、定量評価は調査開始以来の計算式を見直し、収益性・安定性のそれぞれ優良企業
が得点を得やすい形に改めた。それでも平均点は収益性3.0点、安定性6.9点の低水準だった、
また収益性のあらたな評価項目として加えた直近3年度の売上高成長率でも平均得点は。
わずか0.2点にとどまった。

売上高と営業利益それぞれで、日本企業が十分な成績を上げたとはいい難いのが現状です。
こうした中で首位のNTTドコモ。2位の武田薬品工業は収益性・安定性でバランス良く、高い
評価を得た。これに対して日立製作所などは安定性に比べて相対的に収益性が劣っており、
収益力の改善が欠かせない。こうしたバランスを見る上でも調査結果を役立ててもらいたい。

                                日刊工業新聞社 2012.10.16より抜粋

 

 ◎あなたの業界のトップ企業、取引先企業は、全業種・業態で相対比較した場合、
ベンチマーク企業が上位グループに入っているでしょうか?

世界を市場で活躍し、国内市場のシェア占有度が高い一定規模以上の巨大企業を想定した
アンケートである確率が高い。
日本を代表する多くの業界先導企業数の多数が点数が低いのはなぜでしょうか?

世界のグローバル企業で天変地異、想定外の危機管理機能も含め勝ち組領域の経営の
価値基準、行動基準から観(診)たアンケートである確率は高い。

日本の企業の10%以下しか存在しない一定経営規模以上の豊富な経営資源が揃う大企業、
中堅企業が対象です。
日常メディア・マスコミが「日本企業は・・・」と通称される情報公開信頼度の高い統計データ解析
公表頻度が高い企業群です。
日本の90%以上属する中小企業、生業家業、特に地域では該当企業がゼロに近いところが
多く、メディア、マスコミ、ネットで優位な多様なブランド情報を鵜呑みにすると、勝ち残り、
生き残りるための経営戦略軌道方向が、優先順位の組み立て価値基準・行動規準でマイナス
領域量が55%以上着実の倒産軌道を歩み衰退し淘汰される確率は高くなりました。
すでに一社立ち向かい追いつくことが不可能な国内外の超巨大恐竜企業に成長しています。
すでに国内恐竜は産学連携型を活用し多様な業種・業態が複合化した仕組みに変化してきました。
また国内恐竜は子会社・企業グループを形成し群れつくりTPPに備え、加速度的体質強化をして
きました。

海外展開に敗れた第二次産業企業や、海外で巨大化した第三次産業企業は、TPPを追い風に
日本国内の地域中小企業の棲み分け雑魚の市場まで根こそぎ刈り取る行動がはじまりました。
イトーヨーカドーとセブンイレブン、いよいよ商社主導のイオンとダイエーが現実化してきました。
地域の過保護助成型第一次産業は、雑魚が生き残る地域協業型大集団組織化は遅れ、雑魚
でさえ、生き残る知恵として大集団化して子孫繁栄のために生き残る方法をとりますが、する
限界分岐点です。政治は、司法が1票の平等の本質がわからない本流が多数かした時期を利用
して、誘導し、人口の多い浮き草型が55%を超えた大人型子供が多い大都市に有利にして、政党
票を多数化をバブル増幅できりネットを生かしことが実現したとき、財政破綻寸前を大義名部にして
地方地域は、やむをえない理由をディベートにして、切り捨てられ、貧困層が60%以上の地域に
なる確率は高くなりました。現在の政党主導が、日本では続く時代が始まるしくみ三権のしくにに
なる確率は高くなりました。多数決で、本流の優位が固定化を始めた時代に備え、先行行動を
待望します。

仮想が優位な富豪大金持ち金融不動産の無力、バブルの増幅量が最小な姿と、「もちつもたれつ」の
絆型実体社会の存在を、東日本大震災が地域で学びました。
大都市部の優秀企業が主導する阪神淡路大震災の復興スピードに対して、他力本願が主流の地域
では、復興行動ができるリーダーや行動できる地域の人数が個別地域では想定以上に少数派のよう
です。利権が優先し机上の間接人員ばかり指示者群が多すぎ、小田原評定化しているようです。
地域外の実務をする人数が多数の企業が儲かり、地域の弱小中小企業は自社の復興だけで、地域に
復興助成できる資金を持つ企業が想定以上に少ないことに気づいた人が多いようです。
すでに2年が経過し、60年たってもすでに計画予算は食い尽くし、まだダム本体工事にはいらないつ
どれだけの予算を使うのでしょうか?
他力本願の利権地域の実体である確率は高い。山登りの前に、机上で成功する青写真を長期している
姿で登山できる人が少ない姿と酷似しています。

地域の人が地域の経営資源を生かし、人の完全就労のしくみを稼働(ワークシェアリング)間接人員の
少数者だけが儲かる上限を決める。(他地域兼務し収入源がある人は、地域で最低賃金にして、地域の
収入レベルに合わせるワークシェアリング意識が必要。短期で地域に後継者を複数養成しする義務を
持たせることが支援の本質であることに気付く)

地域は、中流層が60%以上にり共に豊かで、素晴らしい子孫繁栄できる地域に変えたい目標を明確に
描くときです。20世紀で時間が止まった、他力依存症世代の待ちの姿は過去2年で十分です。
その世代の中の数少ない、勉強仲間、行動仲間で協業(細胞のようにふさわし分業変化し一体整合)
の企業体グループをつくり、地域の全員ふさわしい分担で戦闘人員として、ふさわしい戦術を装備させ
(リース方式で、あらゆるものが揃う時代です。他地域のリース企業が、地域の人を3か月で実戦
体得できる人を育てる緊急義務に気付くときです)。自力で実行し行動できる人とは、地域の大学の
地域出身者、と地域が好きな他地域出身者なら4か月で若い世代なら、ゼロからスタートして、平均
以上の技術取得能力は、すばらしい一流技術者に学べば情報ゼタ時代を生かすとできる確率は60%
以上の時代が来ています。メカ、PC能力が、1900年台世代の人より早いことに気付くときです。
10年後の地域をよくする推進世代を今養成する千載一隅のチャンスの時代です。


TPPによる関税障壁がなくなり、超価格破壊安さへの対応と、消費税10%
(実質値引)が実体経済環境になったときを想定して、超円高の中で企業我
で必死でお客様満足量(売上)の増加と利益維持のために、超スピードで
自社が優位に立てるように整合成長をしてきました。

経営資源を集中させ、企業臨戦体制方向へ制御型人財は、機能発揮
できる総能力を生かす組織行動体制は 既に稼働がはじまりましたか?


国内の最先端の大企業中堅企業は十分な体制ができたために、金融業界、不動産業界、
第三次産業を媒体としてバブル誘導方式により、実体経営の現実感帯域弱成長型浮き草型
リーダーを「ほめ殺し」方式で動かし、「その類は人を呼ぶ」如く、巨大増幅機能と広域発揮
させる段階に入り、日本が新しい業界業態の編成組織が始まりました。

日本国の財政破綻寸前の世界の貨幣実体価値の現状は為替100円程度でまだ高すぎる
確率は高い。(360円時代があり、安定期100円以上時代がありました。金融業界主導で
ある期間目的的円高異常演出をしたため超円高の70円台時代となっていました。)
現在の90円台は普通の平常価値に復元軌道の一つです。
「円安ではない、100円に対しまだ円高」段階とみなす価値基準を持つことが、制御型人財の
必要条件です。
(周囲の身近な情報に幻惑されず催眠状態を断ち切ることが、プラス領域を維持する能力
として必要です。その価値基準に立つと、冷厳なる勝つための手段が生まれてきます。)


「円安だから大変だと言うメディア登場者は、景気利潤で儲けただけで、血の出るような単価
30円以上(最低50円以上想定)コストダウンに対する経営努力が不足した因果確率は高い。
今まで何もせず儲かった時代に感謝が必要かもしれません。」後の祭り型の企業・人群です。

十分コスト低減できた業界はいよいよ世界と国内で稼ぐ目的ですでにメディア・マスコミが
儲かる利権情報を与えながら本人は無意識行動操作されブランドバブルイメージを徹底的
に複合的に整合して潜在脳の中に予定通りのプロセス方式で「浮き草型大人と、価値基準
未熟な成長期の子供世代」へ「好き・嫌い」を定着させた確率は高い。

メディア・マスコミの仮説・仮想する方向に現実のアンケート結果にするために多数派を
55%以上にする目的で「浮き草型大人」が無意識的選択行動させることができる確率が
高い段階くなってきたようです。各種の実体に先行した予測が当たる頻度が加速度増加
してきました。マスコミメディアの軽い人への発言を誘う手法が過剰に見える段階になり
ました。食べる株さえ高く上げるパフォーマンスで金融バブルの合法的博打を推奨し増幅
をあおる演出する人さえ出てきました。

2012年度の決算前に、株価を急激に上げて、財テクの含み資産を企業努力とは別次元の
バブルによる合法的見せかけ好業績を含み資産の増加で演出しました。
市中金融業界に大量の超低金利資金を供給し、好決算数値(仮想で実体経営努力=ゼロ)
を演出したためで、ムードで個人投資家がわずか増加しましが、マツチ・ポンプ企業を1000社
公表すると白日で実体の姿見えます。営業利益が増加した好決算(実体)でないため、
来期の一時金増加資金しかありません。定期昇給はTPPで原材料輸入想定以上の低価格
になる第三次産業、大企業中堅企業の食品産業、大商社グループで金融の仕組みで儲ける
企業が主体です。「ものづくり、いきものづくり」企業は増加人件費を来期吸収できる確率は
低くなる確率は高い。

情報ゼタ時代の機能を生かし、人間の尊厳を持たない、大人型子供を多数ロボット化し、
多数決を、超我欲で優位に動かす時代が始まった確率は高い。
10歳までの子供を全要素でプラス領域へ導かなけらば、実体世界でない仮想の世界の
間接型一流人罪(表の顔・評価は一流人材)の描く世界を実体と同質化した異常誤作動
が世界で、見える時代に入った確率は高い。
汗をながし稼ぐ1円の血の出るような価値が優位な実体社会をしらない「大人型子供」が
本流で多数決社会を動かす姿が誰でも見える時代に入りました。言ってもムダです。
21世紀の後半の新人類である集団組織を動かす人群とロボット型(浮き草型大人が情報
操作される個人から集団行動へ変容した、人間の尊厳、民族固有性価値稀薄な人群)
大人の成長徴候がはじまりました。


TPP・増税に適応できる本流の準備が終わりました。予定通りのプロセスで、
TPP実施が、世界のメンバーの多数で決まります。遅れて参加した日本独自
の条件が多数決で決まる確率がゼロに近い。
合法的詭弁型ディベートに幻惑されす、現実の実体社会変革が始まりました。
日本の多数決時代の規定の路線にすぎません。
交渉に遅れて参加した国が「例外品目・事項」が世界の最適妥協の多数決の中で、
「実現可能」という言葉は実現確率ゼロ(ゼロでなければ儲けもの)と割り切り、
淡い夢を割り切る時です。新時代適応する行動を今・即日はじめてください。


第1回「企業力・・・」から、継続的上位企業は、アンケートに内容を着実に組み込み、戦略、
戦術、戦闘段階のしくみ人を、単独企業体から連結型、グループ企業化して、開国時の、
臨戦対応と、国内市場を死守する(浮き草型日和見の中小企業、生業家業の生活市場を
浸透済みまたは途中のブランド力で、短期で根こそぎ蚕食できる)段階になっています。

明治時代、後進国として超速で外国に追いつく行動をする段階で、富国殖産する段階で
江戸末期の不平等条約(日本不利な関税と自由貿易の高い障壁)を少し優位に変える
ためにどれだけの苦労と期間がかかったでしょうか?
繊維業界のような誰でも一流段階に短期でなれる、センスと潤沢な設備投資と抵コスト
の人件費で利益が左右されるブランド品以外の商品は高いノウハウ障壁が他の業界より
の低かった。自由貿易で国内の多数の設備、就労インフラを放棄して海外から日本へ
輸入させる、富国殖産とは逆行する、外国を豊かにし価格破壊的低価格で日本国内産業
を急速に衰退させました。
現在の繊維業界の貿易収支業は自由貿易でプラスになりましたか?
自動車は固有技術障壁が高く、幸い生き残りなしたが、人件費の安い海外の生産比率は、
想定以上の多く、国内の自動車関連中小企業の国内就労人数比率は想定以上の速さで
減少していることに気付くときです。日本国の富国殖産、財政黒字化企業群として、今後
基幹産業を期待できるでしょうか?海外生産品が国内に輸入量が増加した段階で自動車
業界の貿易収支が赤にになる秒読み時代がはじまっています。
富国のための原材料を海外依存が天命である国にとり、現在の汗を嫌い、要領のよい、
金融バブルを操作ITソフト産業等、誰でもプロもどきに短期でなれる第三次産業(実体の
付加価値生産性は「ものづくり・いきものづくりより低い)が優位なら、海外設備投資で
短年回収効率が低く長期累積を待つ様式の場合、単年度貿易赤字慢性化確率は増大し、
日本参入して、医療保険業界の領域で、想定以上の日本の財産が流出し、日本の輸入
依存型食料により、日日想定以上の財産が海外に流出する確率が高い時代がくる確率
は高い。

日本国内は、海外参入企業と、日本国内事業基盤を保持するための激戦が始まります。
関税障壁で日本政府に保護される、助成金を期待しても、日本国は財政破たん寸前、
助成効果の高い上位企業が優位で、現在のような、中小企業、生業家業段階まで、
バラまける時を期待してもムダかもしれません。

海外企業の侵攻、深耕段で、国内大企業中堅企業は、国内市場の一定量死守だけでなく
海外拠点を味方にして国内市場のシェア拡大を超速で実現できる段階になっています。
逆に、無限の海外市場への展開を強化し、国内は現状維持程度で海外拠点に任せる時代が
来ます。
国内の社員としての雇用数は、現在が最大で、増加は期待できません。特に地方地域は、
想定外の社員としての雇用インフラは減少する確率は高い。
特に「ものづくり」企業は、日本人採用数比率は減少をはじめ、実質採用数も減少段階が
きます。

全食品産業に関わる企業は、客単価が安く、回転率(自転車操業型)で稼ぎ利益を出して
いましたが、想定以上に回転率が激減を始める企業が増加します。現在の社員としての
日本人の国内採用は、想定以上に減少する確率は高い。65歳までの定年延長比率の
増加は、若い世代の日本国内雇用をさらに減少させます。

地域の中小企業、生業家業は、20世紀後半の商店街、繊維業界、町工場衰退はゆっくりと
5年間隔で変化しましたが、21世紀は、短期で、多数の80%以上の企業が対象のため、
短期で自転車操業ができなくなる確率は高い。税収増の確率が低い地方地域行政の助成
加速度的失業者の増加、高齢者の増加で期待してもムダかもしれません。


◎地域に多数育った制御型人財の皆さんは、富地域殖産、地域のサークシェアリング型
(経営陣の年収は、社員の最大5倍以下とし、社員全員、階層別売上目標を持つ直接
人員・全員稼ぎ人だけにする。間接業務は、戦略的人財の兼務をさせ、パート契約社員等
で行動量の補完をさせる)の複合食品産業に関わる協業型適正規模を維持しする。
(働く人が最大で、黒字・利益がプラスになる労働生産性極大の経営資源投資規模)

◆どの分野で、自社の蓄積した固有技術を生かすか近くの勉強仲間、行動仲間だけで、
協業がら複合グループ企業群の成功事例を構築し、真似した型慣れし、要領のよい世渡り
行動の多くの近くのよい企業を選別し、成長スピードが遅い分野は、最初の企業より、
スピードが速い企業を先頭へ高いレベルへ変更して、世界の最先端事例を真似した型で
最適現実化し、海外、国内大企業中堅企業と(大魚)を相手にしない雑魚の磯部(地域小回り
と面接触)で、外圧に勝てる体制づくりを急ぐ時です。


●一点集中突破口事例   
  地域が勝つ条件は複合食品産業の基幹化

複合型食品産業の場合地域の市場を面型全員顧客化すると、すべての人の口に入る、
人の生存に毎日必要です。あらゆるものの中で、雑魚(適正規模・協業連携集団組織なら、
年間回転率を汗をかく努力量、毎日の利益貢献を意識した行動累積で、無限に増加させる
ことができる唯一の業界です。日本国内は、人口減少しても、世界の人口増、飢餓に苦しむ
人たちに、無限に貢献できる無限の創造開発可能な領域をもち、日本の成功が、世界の
ともに豊かな柔行動優位な世界を実現する突破口の一つです。


●日本国は、健全な財政を維持する直接収入源である国益官企業を、民営化という名目で、
一流もどきで、ほとんど固有技術ノウハウがない郵政まで放棄し、すべての民営化企業の
政府の放棄じの株価総額は、毎年いくら低減しているのでしょうか、キツネ狸のように、紙を
お札にして、国債で買い取る自転車操業、倒産した加ト吉方式と酷似行動がいつまで合法で
世界が円の価値を容認するのでしょうか?

EUのキプロスの国家財政立て直しの方法の一つとして、裕福企業の個人担保型銀行預金の
金融バブル利益の上限規制をして高額預金の国税徴収と、個人の銀行預金さえ、利息ではなく
国税徴収の資金にする徴候がでてきました。日本の、江戸時代の金を不純物で薄めた時代より
さらに、悪貨である、紙で刷り、実体のない国債買い取り様式で貨幣を増加させる様式がいつまで
合法的なのでしょうか? 500円(50円)の株券(紙)が金融バブルで2倍3倍の高値で買った場合
その企業が慢性赤字となり株安やり倒産廃業になると元金保証はないハイリスクハイリターン
仮想空間での売買商品の一つです。
多発徴候が増えた海外の潤沢資金の固有技術を持つ中小企業に高齢経営者の後継者難のために
中小企業が買収、M&Aされ経営権外国人に変わる時代に入りました。地域での企業協業方式が
出来がたい、中小企業単独での競合に敗れ、衰退し、倒産軌道へ歩む企業が増えてきました。


 

 

□2011年3月11日以前の日本の本流の価値基準行動基準を変革するとき

●2011年3月11日の東日本大震災、福島原発事故と地方の復興が大都市圏型
阪神淡路大震災に復興スピードがなぜ遅すぎる根本的違いに適応しない環境。
国の復興予算が地域の税収増のためのインフラとは額に、復興前より税収減となる不思議な
他地域企業が儲かる投資方向の環境。

●原発の日本国民・世界の人へのPL対物責任に気づけない企業が事故対応で長期間儲かる環境。
事故直接当事者の東電グループ企業は、政府管理で、責任回避できた社員は日本国民に平均以上の
所得も減収になった人は微少で、誰一人日本国民世界の人へ何も感じず、電気料金の値上げが必要
国民に我慢するのがあたりまえ。超節電が必要な日本国民が必死で工夫しているにもかかわらず
まだオール電化を販促する不思議な人が育つ環境。

●2012.8月内閣府より南海トラフ大震災と大津波発生確率が高くなった発表。
危機防災で地域負担が増加し、限られた企業だけサポートも含め持続的利益を得る環境。 
●世界の超富裕層・国内企業の海外からの超金融操作で超円高を慢性化演出された環境。
●TPPの関税ゼロが日本だけ一人負けになる確率が90%以上の実現環境。
●戦前の戦争に負けたとき、すべて海外の民間、国営財産を根こそぎ没収され、戦争責任のない
民間一般人への、返還ゼロ、苦しんで損したのは民間人だけでした。経済戦争の中で、後進国と
先進国の格差は情報量「ゼタ時代」短期で僅差になり、日本優位の幻想は、進出国の戦略的市場
操作で、短期で赤字の累積演出ができ、合法的にすべての投資財産を経営権委譲、超安値で売却
し、国内に撤退せざるを得ない、合法的経済制裁が情報量「ゼタ時代」だれでも見えます。それでも
懲りず経済戦争に敗れ、日本の財産を没収されてもその国が国益、富国殖産のための普通の行動
で「平和ボケ」した日本人が「カモ」にされた現象で、日本人が酷似した失敗を再発行動した結果で
あり、他国を非難するのは筋が通らない国際環境です。
世界の金融操作の上限が無限で、超富裕層がどのレベルかに気づかず、日本の金融バブルの時
雑魚の成金に気づけなかった日本人、企業、銀行は、海外不動産投資、海外の(株)の購入に奔走し
短期で日本の財政赤字を加速度増加させた、総投資金額の微小な一部だけ回収し大損をした「カモ」
の国になりました。何回再発することが好きな「カモ」の富裕層、超富裕な、無から1円を稼ぐ汗を嫌う
第三次産業の富裕層がまた酷似した再発行動をはじめる環境です。

●経済破綻寸前の国が社会保障という大義名分に目的として、無から1円を稼ぐ汗をかく働くインフラ
より構築、汗を嫌う人を優先にして、低所得貧困化が加速する国民がとも倒れるる方向の消費税の
増税、生活必需な買い回り商品を値上げさせる最悪な環境にする原発だけ対象にならない環境税
で、値上げの大義名分を助成するしくみとなる環境等

まだ再発に懲りない帰納法型趨勢成長優位の事業計画手法を日本の国益、富国殖産の視点で
国民が共に豊になる方向に軌道制御する実務・現場の制御型人財が、プラス領域量が多い方向
探しをするとき、有効なベンチマーク情報の一つです。
絶対的な最先端独占的機能と規模を持つ国営企業が、民営化で形式的分割されましたが、民営の
大企業と拮抗し優位に立つために国営企業時代の合併とグループ系列化で、新財閥グループになり、
ました。地域の多くの利権を根こそぎ横取りするしくみシステム人が育ち、地域の税収は、人口減で
弱者化を演出した企業となりました。

唯一民間より固有ノウハウレベルが低い郵政が、分割されて、分割のままなら短期で、大企業に
吸収することに気づいて、郵政グループとして統合し大規模複合機能(民間大企業では、拮抗できない
後発機能を含んでいる)で延命策に入りました。郵政新財閥グループが誕生しました。
現在の財閥グループとは180度逆の郵政グループが「郵政とは、国民平等に、国民のために生活権を
ささえる、民間企業我で不可能な価値基準行動基準に気づけば、まだ全国津々浦々まで繋がる人の
ネットワークが、分断部分が少ない段階であるため、弱者化地域と、郵政グループの全機能が、「強存
強栄」のために協業できます。地域が郵政機能を持続的に繁栄すると、単独機能が最新化し、その他は
中小企業レベルであるため、郵政全機能はまだどの機能も最先端企業と乖離的格差がありますが、
地域がフル活用し、現在の130%以上の多忙にして、地域の郵政拠点で働く人を地域の人が上限80%
までにした段階で、全機能活用で他の大企業の民間より低コスト活用ができる段階がきます。
地域が郵政グループと連携すると、地産地消、自給自足の地域の人の配置網は短期で構築できます。

◎郵政グループと地域が共に儲かる機能がWin-Winであることに気づくことが、地域の実務の制御型
人財が多数化を待望しています。情報量ネットワークと同様に人の配置ネットワークとして有効です。


目指すモデルと反面教師のモデルとして、所属する集団組織へ21世紀型の
業績貢献をし、強い集団組織となり、身近な地域へのリーダー機能を発揮する
ことを志す、情報量「ゼタ時代」世界観で活躍する多数の実務現場の制御型
人財が輩出し、本流を動かすリーダーを一人一人着実にプラス領域量が多い
価値基準行動基準に「もうちょっと」軌道制御する総能力をパワーアップする
黒子機能の発揮を待望しています。

本流を動かす大リーダー・大経営者になれる人は少数で、天運と環境等すべてが揃い、その時代
に選ばれた小数の人しかなれません。普通の人はなれる確率がゼロレベルです。
すばらしい子孫繁栄に貢献したい志の人財は本流を動かす人がよりプラス領域が多い方向に、
意見具申し、その方向へ現実を動かす黒子実務の制御型人財の機能を発揮して、見えなくても
よい種を蒔き、すばらしい想定以上の結果に貢献出来た喜びに腹八分目満足する方向は、仁氏の
終わりに、最善を尽くした自分に幸せを感じられ、傍がしあわせで、共に豊な姿に満足・幸せを感じ
られる段階があります。人には天命に導かれる何かプログラムの設定があります。
幼児、子供時代は平等ですが、その後の人生選択で、人生の貢献度もプラスマイナスの大きさ
の格差になります。あなたなら、プラス量が多い方向を選択したくなりませんか?
 

 作成 2012.2.27 

2011年3月11月を境に多くの人が多数の情報で刷り込まれた「思い込み」催眠状態から
覚醒し、現在の本流の価値基準行動基準が「何か変だ?」と感じ、少し、従来の帰納
思考優先無意識の意識段階の習慣行動を少し間をあけて、動く人の数が、21世紀
前半最大多数の時期にのようです。

地域の実務

●2012年1月下旬は「企業力格付け」が公開されませんでした。

2011年3月11日日本国内の企業は東日本大震災と福島の原発事故で帰納法型仮説連続
思考の経営手法を再点検し、次の成長軌道への舵の切り替えがあり形骸情報のような
公開がされなかった決断感謝しています。

企業の価値基準・行動基準に断層ができて、過去の転属優先価値判断順位が重点集中する 
行動基準を修正が必要なとき、「企業格付け」は形骸連続データではないようです。
2011年の日本の企業行動は緊急対応が主流です。加工を含まない元統計データは、不連続
データも必要ですが、経営の視点での総合加工データ資料は短期戦略が含まれ、従来の中
長期の継続項目を重点集中するため、中断するため、良い適切な環境対応し勝ち残る企業
ほど、前年と同内容のアンケートにき記入して返送する企業数が少なく、2010年まで、アンケ
ートを返送する頻度が低い企業はほとんど返送しなったかも?

再公開された時 2011年までの評価項目がどのように修正され、改善方向か改悪方向か
興味がある検証した情報の一つです。
過去の項目にない重要な因果要素が付加されていれば、あなたの企業で勝ち残るために
検証実証して不連続時代の新軌道の行動基準修正に役立てられるチャンスの時です。

◎「企業力格付け」の順位を世界からの視点視座から、世界の中で日本が富国殖産、国民が
豊になる戦略を採る、日本の富国(グローバル企業は国内拠点だけを分離する)貢献順位にし
国内市場開拓戦略が、業績の40%以下の企業は、段階的に減点した評価にする要があり
ます。拮抗する競合企業我、少なく、まだ、後発比率が60%以上の広大な国、市場で潤沢
な企業努力で利益を上げているように見えますが、国内での市場占有率を上げた成功モデル
を水平応用展開しているだけで、その国より最新の経営資源と、潤沢な投資資金で先発進出
しても短期高利益を組立て実現できる時代になっているからです。拮抗する日本以上の富裕で
潤沢な投資資金がある多数の国があり。進出国の富裕企業でさえ重点集中して基盤防衛を
強化すれば、中期で、日本進出企業の業績基盤を競合他社へ占有されてしまいます。
ヨーロッパ市場のキャノンさえ、製販が一体化、点在拠点の集約を採り、進出戦略の組み
直しをして存続しりために利益防衛体制をとる時代になりました。になる時代が来ている現実から、
日本国内での経営努力で利益を上げる具体的成功量が多い企業が「企業力評価を高く
する」こといより、日本国内企業群が「強存強栄」になる相対比較ベンチマークして共に豊に
なる先導指標の一つになる確率は高い。
また海外投資金額と、回収金額で金融収支の赤字額に応じて減点評価することは、国内の
財産を流出させる企業かどうか見える化できます。国内だけの社員数と契約社員等の従員
の人数と総人件費の比率、総役員人数と報酬総額及び、個人報酬の上限2億以上の数に応じ
その超えた総合計が社員数の何名に相当するか比較し、その人数が多い順に減点する方法で
社員の富裕率が、国内消費拡大貢献度になります。外国人役員はその総金額の1/2を海外に
流出し、日本国内で消費額貢献をしない人は金融貿易数値の赤字額に加算して評価する。
等・・・、視点視座を変えると順位が変わります。
何を目的とした「企業格付け」で公開情報の見える部分と見えない企業の氷山部分に一部が
観えるようにする必要があります。全体像を観(診)るためには、何を目的とするかで、数値化
する要素因子を複数プロットしなけれ精度高いレベルで観えません。
さらに最適な精度進化を待望しています。

2011年3月11日 連続思考が中断しました。日本国の存亡に関して制御型人財は原点にもどり
企業の成長過程と、日本国の富国化に関してじっくり見直す、時が与えてくれた千載一隅の
機会です。日常の多忙喧騒の中の間(ま)を活かして「企業力」とはなにか、何を視点視座に
して、価値基準、行動基準を組み立てることが、わが社(あなたの所属する会社・組織)に
最適なのか、単独行動より日本人の組織力「もちつもたれつ」の「きづな(絆)」の存在に多くの
人が気づいた時です。人の行動様式をプラス領域の人材群にベクトル修正ができやすい
タイミングで制御行動を採る最適な時であるに気づき行動することを待望しています。

人が避けることが出来きない想定外の環境変化のとき、「想定外」だからと現実逃避し他力
本願で企業責任を回避し、環境に責任転嫁し、時を過ご姿勢を止める。
「チャンスの女神の後ろ髪」をつかみ今回以上の「環境変化を想定内」に自力本願行動を採る
先導役としてのあなたの制御型人財の総能力・総行動機能を発揮することを推奨します。

日本のグローバル企業は、タイの大洪水でサプライチェーンの海外依存度が見えました。
すでに日本名の外国企業の多さに気づいた人が多い。
世界の不況エリア・富裕エリアでの経営戦略が超円高、TPP等による実体経済とは別次元の
世界の富裕層組織(富裕国・富裕組織人等)の行動様式に気づいた人が多い。
が優位な時代では、剛型行動の独裁者が、出現し、顕在脳領域で強制的妥協、本流外の
強力殺傷も含めた強弾圧で国民の80%以上の数に主流がなるまで行動基準の55%以上になるまで、
時間がかかり、またある期間立つと人の覇権本能がある限り主流反転を永遠に過去のように
続く確率は高い。
産業の素材依存の国は、新たな供給のしくみ構築が急務であることに気づいた人が多い。

2011年1月の1位のキャノンでさえ、経営者が前社長に復帰交代し、ヨーロッパエリアで製販合
体一体化の本来の組織の強み型へ変わりはじめました。グローバル戦略もグループ勝ち残り
最適戦略体制を求めて修正し価値基準、行動基準が変化をし始めたようです。


●世界の経済環境安定化のために日本が富国になる世界戦略が必要です。
貿易収支が全業種業態で黒字化が必要条件です。
そのためには、小国土、小資源の国土は「世界のざこであり、「雑魚(小魚)は磯部いそべ
(内需主導)暮らせ」の原理で、国内に業績基盤をもつ海外拠点のない企業は、最適利益
規模の企業多数化で、日本国最適化整合事業展開組織にする割り切りが必要です。

雑魚も、集団で統合した(1次2次3次産業の整合)ざこの手段行動は、ばらばらの大魚にまさる
世界市場での展開ができます。サプライチェーンを国内で縦横にめぐらし、角単位のレベル
基準(高品質、多品種変量、低単価等)の基準で5段階に分類し(◎・○・△・×・××評価)
残念ながら、日本国は机上の船頭が多すぎるため、着手は、同郷意識の高い地域から、
最適組合せで、世界市場に比肩できる国内中小企業集団を、その地域の長所つよみで組み
あわせる。ネット時代は、×(最低基準以下である部分の養成が必要)XX(他の○以上の
企業に吸収させる・いやならインフラの存在が害であり廃業させ、働き手として、再教育する)
相対比較し見え易いため、グルーピングは想定以上に早くできる確率は高い。
集団組織の価値基準、行動基準を一体化し実戦行動ベクトル総量を最大にするためには、
日本民族の強み「もちつもたれつ」「個人の我欲を半分にし、組織その能力を最大

○今の日本人の今の時点では日本語が母国語です。民族内コミュニケーションスピードは
まだ以心伝心レベルまで可能な領域もあります。世界の民族の中の強みの一つです。
(日本愛国心より他国の価値観を優位とする人は、国語を他国の言語に変える動きがあり、
強みを殺ぐ先導者の数が40%を越えてき日本語優位は風前の灯火の時代になってきました。
すでに正しい日本語が変容し言葉も変容し10歳までの教育体系の違いで表形文字でなけれ
ばわからなくなってきた量が世代で増えてきました。多民族混血国家として新日本人か、小民
族として吸収されるか分岐点の時代が来ているようです。)現在なら世界のどの国より早く、
日本国民の全体統合ができる確率が高いときのようです。愛国心郷土愛等古い思想とする
若い世代が55%以上になり、多数決優位が逆転したとき、カルタゴのような滅亡確率がゼロ
ではないようです。

○地域の住環境は、天変地異の頻度が高い国の場合、買い換え頻度、家族生活環境の変化
で自在に最適化最新化が自在な木と紙を基盤としたほうが日本国に最適なようです。
都会以外の地方は、道、鉄道等駅単位の集落的母集団での生活空間で60%以上の行動
統合ができる確率は高い。地域が大型投資した鉄骨建築物は、投資回収償却前に公共施設
はどれだけの投資金額に対し売却されているのでしょうか?ビル、鉄骨系の営繕費は想定以下
でしたか?地域の林業での自給量によりアレルギー源の減少は?

○衣は、繊維業界の統合商品(1次、2次、3次の組合せ)です。衣のバブル(ブランド・高価等)
に慣れた人が、現在は出費できる金額余裕が減り、借金(返済義務があり自己破産以外逃げ
場がないしくみ)で購入を続ける人は減少し、収入に合わせて安いもの(本物の模倣)で我慢
する人(過去の流行在庫で我慢)の増加により、世界規模の低価格帯(ブランド消去し、機能
だけを活用する)層の増加(世界的に貧困層・低所得層の加速度増加のため)
地域の素材生産も含め最適規模の企業集団で戦略的しくみシステム共用し多品種適応する
と、流通コスト最小化で、地域の雇用者と購入顧客を兼ねると地域内で実体経済が回転を
始める確率が高い。現在生き残る中小零細企業の繊維業界グループが地域主導で地域の
利益貢献できる企業体質を持つています。(バラバラ生き残り繊維関連企業と製販教導体制
市場創造戦略を採れば、適正最高率回転率であれば、動脈企業(新製品)静脈企業(回収、
再生)により、個人のタンス在庫を生きた地域の「衣」に行かせる確率は高い

○食は 人が地域で生存するための業界です。単体企業ごとに食材の廃棄量を地域でゼロ
にするために中小企業の統合整合し企業集団化する。(1次2次3次統合)
素材、加工品、販路を一体化したとき、途中の廃棄のムダ、冷凍冷蔵チルド等の組合せ、
全天候多品種変量のしくみ、高単価から低単価まで全価格帯生産、機械化設備投資による
省人化より、24時間安定就労人口確保した、人海の方が、排気量のムダが少ない工程が
あることに気づくと地域の金融投資資金が、人の収入として地域の人に還元され、食衣以外の
住空間関連、その他の循環のための購入が可能となります。

植物畜産栽培養殖林業複合工場

第四次産業、複合食品産業


○地域CATVを活かし、食に関わる生産過程で、地域の10歳までのいきものづくり体験を映像
で流し、主役として有言発言の場役者の役割を全員させる。家庭での偏向型人格形成を、
球形人格形成でプラス領域)の価値判断・行動基準の人の量を60%以上に地域で育てる時
が千載一隅のチャンスの時代です。受験の本格化する10歳以後は、効果の格差は大きく、
その地域の家庭環境の60%以上の価値判断、行動基準で違い、プラス領域、マイナス領域
総数はの55%以上がどちらか決まります。狭域の場合10年以上住む人(子供の行動)はある
集団行動があることに気づくこともあります。 

大人は、地域の整合統合インフラの中で、汗をかき働く姿、地域への貢献する姿を配役として、
映像で見せ、よい(○)の事例を見せ、他地域のわるい(×)の事例と映像で図グラフも併用
して見せると、○の型の人が増加をはじめ、そのインフラ企業組織は儲かるようになる確率は
高い。
少数派の若い世代が、プラス領域で正しい価値判断、正しい行動基準で55%以上行動した
とき、因果の原理、より正しい結果が生れる確率は高い。

マイナス領域、悪さ加減の下限である、法律を行動基準とした集団は 法律以下の行動を
する領域の人間の数(意図と反して犯罪行為し逮捕者がでる確率がゼロではない)は、
母集団の確率分布で、プラス領域の人の数がどの程度集まるかわかりません。その時
のリーダーの行動基準で決まるようです。

 地域密着型CATVの地域との融合現状


○日本の中小企業生業家業が60%以上何年も赤字で生き残り経営できるのはなぜでしょうか
同族型に日本企業だからできる士業の推奨の財務のしくみで、必要以上の銀行貸し出し与信
限度以上の過剰な同族経営者・経営陣の報酬累積と企業への短期、長期貸付金として、ゼロ
金利の銀行と異なる利率で金利回収ができます。その潤沢な資金の一部を、地域の勝ち残る
ための集団型企業グループを構築するために先行投資する経営層が現われることを待望して
います。個人バラバラ生き残り思考から、地域の行政と連携した集団全体最適勝ち残りの地域
実体経済構築する企業群へ先行投資する富裕層が共鳴共振共働して行動をはじめるときです。
明日からでも布石を打てる資金を集約すれば、今のバラバラ企業(地域の細胞単位)で独立体
でできるセロ市場での自由競争に終止符を打ち、地域一体(閉空間)だからできる時代が来て
いることに気づき「絆(きずな)」の原点「もちつもたれつ」人が個人の我欲を半分にして「ハ」の
方向で未来全体最適を目指し一人一人行動する日本人の遺伝子レベルの思考を活かすとき
かもしれません。

○日本は、世界で最先端を行くビジネスモデルが、あれば、「真似した」の暗黙知で、短期で
どの分野も追い抜いてしまうプロセス・しくみ・人・経営資源さえ集中でいきます。20世紀末
の「日本イズNO.1」は、見える部分だけで、その後見える部分は、日本の「真似方式」を行動
国家的ベクトルを統合して超富裕潤沢の資金と世界の最先端公開情報を活かしたM&A、
総経営資源人も含めて自国の人が超スピード成長する期間だけ日本が世界で見えただけです。
ただし、氷山の下で見えない、巨大な像の一部しか観(診)出る血の出るマニュアルを構築し
最適を求めて改善した暗黙知の部分が、今なら残り、世界の追い越せない最先端部分が多数
残っています。ただし今の45歳以上の人は、80%以上は、世界の人と同様に観(診)えない
確率は高く、同族経営が大部分の日本の中小企業の「銀さじ」を咥えて継承した、日本の現場
と乖離した、万国共通の基本経営手法で「ITオタク」で数字という見える部分だけでの経営判断
でするため、その数字をつくるために汗をかき血の出る行動プロセスが机上だけでは観えない
ことすら気づけません。外国の多くの経営者と同等以下が主流になり、上場企業さえ、CEOが
交代し、既に中小企業も次々と外国の優秀人財に主流が交代はじめています。

◎「日本は世界の広大な国土を持ち、広大な資源、大人口と増加の揃う国を「大魚」とすると
日本が「雑魚」であり、「雑魚は磯部(国内)で遊べ」が世界の視点からの資本に気づく時です。
日本は世界の中の中小企業生業家業規模であり、自称日本のグローバル企業は、日本国を
一部とした、世界各国の中小企業の集合体と捉え、国内の大企業が中小企業を利用し、業績
を上げ続ける手法でる、開発型中小企業が開発したビジネスモデルを「真似した」方式で更に
改良改善し付加価値とブランド力で、やっと開発投資資金回収するために市場が購買認識して
軌道に乗りかけたその瞬間、一気に広域で、その企業以下の価格で根こそぎ利益を横取り
して成長した履歴を、世界の中で次々と世界NO1の市場占有しても、短期間で他の国になぜ
占有率が奪われるのか、同じ人間であれば「真似る」ことなくそのレベルの行動はできるために
過ぎません。日本で不可能な追い風である、各国の国策重点集中支援型と世界の超富裕な
金融戦略が慢心した日本国を弱化させる形で超円高になつているためです。しかし金融戦略
も過剰な特定な国だけに不利にすると、総投資付加価値の増加率が減少しますので、次は
どの形で潮流が潮目のように変るときがきます。その時期まで、世界に日本の資金が加速度
流出する亡国方向に最適な方法TPPに備え、企業が海外にある一軸の視点での進出しなけ
れば生き残れないという妄想は、ものづくり部分の繊維業界の現在の姿が現実の姿になります。
繊維は国内消費者は生きるための「衣」は最小コストでよいのですが、人の無限に拡大する
煩悩、我欲を事業としたアパレル業界だけが生き残り、製造ではない仮想の中で満足する
21世紀浮き草、浮動の人の最適な働く無限の仮想空間業界として、第三次産業として、人の
無限の我欲市場で生き残っています。ただし、低所得層の加速度的増大、富裕層の加速度的
現象、個人の借金先楽返済後楽、デフレ型収入になる顧客層の多い若い世代は、返済能力
の下限は一までか、既になぜユニクロのもどき品で満足そる層が加速度的増大をしているのか
アパレル業界の総売り上げの減少、大手百貨店の高額アパレルの売上は、業績不振の真因
は?日本の先人が日本国に悪い種を蒔き、その結果悪い収穫になっただけす。
日本国の子孫繁栄の基盤をつくりたい制御型人財は2012年はよい種を蒔き、実りの次代の
子孫残すために、世界の中で日本国を富国殖産、日本国民がともに豊にし、超スピードの自衛
(有事の時の自衛のための自衛機能)、自給自足内需拡大市場創造もためにあらゆる外圧に
打ち勝つ総能力を強固に構築する年です。

日本国の経済破綻への方向の歯止めをかけ、地域の衣食住の最低基準以下(恵みの生活
保護)の数の加速度増加、中間層の低所得層数の増加への歯止めをするためには、今が
変曲点の時のようです。
日本国民が固定化した価値判断、行動基準を見直す「馬が水のみ場へ多数水を飲みに
きているとき」チャンスの時のようです。

第二次世界大戦後の個人バラバラ、核家族、個人優位主義優位となり人との絆が分断され、
日本国の最大の収入源である国家的安全安心のインフラ事業である背骨幹線毛細血管、
抹消神経が民営化され、国家機能が分断されただけでなく、国地方の収入源を失い、新興財閥
グループを台頭させ追加しただけです。財閥解体も新しい財閥グループとしてグローバル企業として
世界市場で生き残るために、戦前よりさらに一体化した全体最適の戦略行動様式(カル
テル・独占等に抵触しない方法の一つ)へ変化して生き残り勝ち残っています。
中小企業の固有技術度の高い企業だけ選別して集団化し世界戦略海外進出さえ支援し販路
も市場開発を財閥グループで損益分岐点まで補償し生き残れるようする場合もあります。
このしくみなら日本国が経済破綻しても財閥グループは、形を変えて生き残れる確率は高い。

国が滅びても地域が生き残るためには、日本国が、民営化で収入源を失った事例の180度
逆の方向を採り地域、町が実体経済化でともに腹八分目で生活できる「きずな絆」社会の
方向のようです。
地域の個人の少数が富裕層だけでは、地域へ消費する循環消費限界があり、地域には豪華な
消費煩悩にふさわしい企業が少く地域の総消費金額が少な過ぎる傾向があります。衣食住の
消費総量は、多数の中間層の増加と低所得層が安定収入を稼ぐ(恵みの生活保護以上)の
数が増加すれば、食のエンゲル係数で外食比率も増えます。衣の煩悩バブル思考で高い金額
の消費量の増加し、住の付帯設備備品の煩悩型追加により必備品以外の消費の増加に使用
できる資金はじまります。地域内で循環する総量は、インフレ型へ変化してきます。

地域が経営する経営陣は、腹八分目の個人報酬で済みます。銀行与信のための個人の
総役員報酬、総配当金は経営者の意思で自由裁量できる上限以下に設定管理できるため、
社員総人件費の増加をし、社員の生産性向上、間接人員人件費の圧縮でても、中小企業は
黒字化できることも社員の生産性向上、非常勤役員等間接人員を少数精鋭化(地域グループ
戦略、市場の創造はグループで共有するために)により総人件費の圧縮できる。
過去の地域行政団体の儲けないサービスだけで保守資金補填の必要な金食い虫の高額設備
投資で一部の人だけが儲ける(他地域企業)方法ではない、付加価値生産性と、地域の就労
人数を安定し常時多数就労できるようにする。最適最効率企業規模で黒字体質化し、その規模
以上の単体企業にはせず、各地域へ単体適正規模で多数設立させる。単体企業(地域
の細胞型)で、市場の変化にタイムリーに適応し常に進化競争をするしくみにする。
「××」企業は統合し淘汰し、「×」企業や人の養成改善し「△」企業レベルにし「△」は「○」へ
養成する。
ある期間内で今の基準で相対比較すると全企業「○」だけの企業にする。
最低黒字企業ので、地方税収があり、株主報酬、経営報酬が地域に入るようになります。
地域の販売網は、幹線(道路・簡易電車型鉄道)と、緊急輸送網の抹消、毛細管まで一元化網を
地域CATVのインフラと共有して構築し、住む人
全員100%の人、家、組織、との連携網をつくる。スマートハウス。スマートグリッド、スマート
コミュニティ、地域のエネルギー自給(電気・熱・素材等)は国のしくみ助成政策を活か0し
(電気・熱・素材等)中小企業の固有技術度の高い企業だけ選別して集団化しています。


◎2011年1月までの「上位」とした企業が日本国の富国に業績貢献しているかどうか、
この機会にしくみシステム等人・モノ・カネ・世界地域に対する内容優位順位を整理
してみる機会です。
地域型中小企業生業家業が地域として企業組織として、TPPでも勝ち残る体質を
つくるために集団の価値、全体最適の価値「きずな」「もちつもたれつ」に気づけた
多くのあなたが制御型人財として「自分が変わり、周囲を変え、全体が変る」布石を
打ち始めることを待望しています。 2012.2.27ms


◎情報量「ゼタ時代」、日本の地域は、天の恵みを受けて、危機管理、防災、自衛を
目的にして、政府が地域のために情報ネットワークを、地域の個人集団組織を繋ぐ
機能が構築され、地域の行政が運営サポートの直接費用の80%以上を負担してくれる
しくみシステムが構築されていました。

地域全員が、税金を支払い実質運用サポート費を支払いながら、地域に利益を生むのではなく
他地域に本社を持つ大企業グループとその大都市だけが儲かるしくみになっています。
この使用頻度が少ない、まさかの危機時と訓練時使用に、多数の管理のための、金を食べるだけ
の間接人員が働いています。

地域は、電線と同様に、普通地域の中小企業・民間で単独に敷設することは不可能な内容です。
その機能を地域が稼ぐための地域益、地域殖産の徹底的に動脈網、新規網、リンパ網、内蔵機能
等で地域が共に豊になるために活かすことができる時代が、世界の中の天災頻度の高い不幸な国
であるために最先端化出来てきました。千載一遇のチャンスの機会とプラス発想で最少の投資で、
全体最適な機能を構築して活かす時が来ました。

 
「地域は複合食品産業を基幹に勝つ」

 

 

商品一覧