開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

地域複合植物工場が儲かる創市場を目指す

■複合植物工場が儲かる創市場を目指す  120815

地域が勝つ条件は複合食品産業を基幹化>複合植物工場が儲かる創市場を目指す




更新 2012.10.01

 地域の複合植物工場は、適正規模を厳守し、常に黒字で右肩成長できる
ため、品目別全商品の、受注成約残6ヶ月、先行1年の見込み先は、業績
目標の200%以上を目標に創市場開発と創客数を確保する。内部留保、
先行投資資金を累積して、定期的に、最先端設備にカイゼンすることが
必要です。

地域自給自足するためには、地域食品産業の流通コスト最小化、年間毎日
完全地産地消し、売り切るための先行受注体制を構築し、日本の四季に
合わせ、3ヶ月間は、過去3年の市場相場の平均の下限で売価を決める。
2年ごとに売価を下げる。

 ◎市場相場に依存しない価格で直接利益がでるようにコスト管理をする

 ◎情報量「ゼタ時代」地域勝ち残り戦略  


域が共に豊になり強くなるためには、地域の複合植物工場が、世界のどこの国よりも、同一品種、同一収量で比較し、どこよりも安全基準(政府の基準以下が普通とする)が限りなくゼロに付けた
品質で、使用目的別に、ふさわしい仕様(使用用途で、おいしさ追求、飼料のように栄養素と超低
コスト、食品産業の加工(料理部材も含む)で加工原料として最適品質基準は多様性に対応する。
形状も、形均質で売るもの(卸市場の販路は最小として、JA直販、直売等を主ルートにする)、形状
混裁型の食品小売(地域の食の店舗用)・地域の外食産業用のスライス品、セントラルキッチン用
等で価格比較し、流通コスト最低の地域完売型にするため、供給コストが、市場価格の最低以下で
供給できます。もし、市場相場の最低価格以下で供給できない場合は、品種別総創客人数が不足
しているためです。創客人数(顧客数)が不足しても、食材の場合、単品加工は限られた食品産業
であり、普通は、多品種調達をしています。そのインストアシェアを30%を上限として成約する。
(多くの地域、他地域の露地型生産者が生活しているため、多くの企業のような独占我欲を追求
せず、競合他社が生き残れる生存権を残すことが、食材供給のような低単価のため回転率を多く
できる創市場・創客の勝てる条件です。この原理は、大量調達し、生産量を拡大する食品産業
の1/3だけ他の供給企業の中に後発で割り込む勝てる儲かる戦略的方法で、競合他社と正面
での戦争をせず、斜めで、防御パワーを弱める方法です。

弱者化地域・日本・世界の中の雑魚の集団(一匹の雑魚は大魚のえさとしてすぐ死を迎えますが
雑魚の集団が、地域(生きている磯部)で勝てる条件をつくることが、大企業の20世紀代の成功
体験が、21世紀の日本の巨大魚が、世界の大海で食われ、逃げ帰てくる弱点して、過去の事業
定石の「思い込み」を横に置いて(捨てるのではない良い部分が多数あり、プラスだけ活かすこと
が必勝の方法です。)、弱点の180度逆の視点から、雑魚の立場(割り切る)で見ると、無限の
創市場創客の戦略、戦術、戦闘、用兵のプラス領域量が多い方向が浮かんできます。

地域で適正規模厳守の複合植物工場が、多数のエリアで展開し、地域の関係する人が、共に
豊になり地域の実体社会がをプラス領域が多い方向に変ることが見えて、多数が気づいた段階
から、日本の国益、富国殖産への本物の強力な強いパワーのやさしさが発揮できます。

世界の多くの縁ある人を共に豊にする本物の強力なパワーのやさしさも発揮できる段階がきます。

まず、第一歩は、適正規模を厳守した、黒字企業・右肩成長できる地域の複合植物工場の設立
する。勝てる条件を、時代の変化に適応し、先行行動できる商品開発のしくみシステムの構築し
勝てる商品製品を潤沢に生み出し続けることができるかどうかが、成功の分水嶺になります。

地域の農産物生産ですでに豊富な成功事例を持つ地域のJAを軸に、その他企業の現場の制御型
人財と、地域の高専、大学、大学院が生徒の現場での実証検証の機会として地域全体最適で、
共に豊になるための価値基準行動基準で統合された行動をはじめることを待望しています。

◎植物工場の商品開発とは、「ものづくり」の未知の新たな新商品を開発することではありません。
目的の四季の商品相場ごとの下限以下の低コストにするために、生産できるプロセスと、現在の
露地収量の200%以上の収量にする。
創市場と創客数を想定した、短期完売をするための安定生産型で、大量、中少量変量多品種生産
ができる、売上補完型生産工程を想定し、実証検証を目的の機能設計が商品開発の役割です。

実証検証確信したプロセスデザインができたものから、生産設計にまかせ、事業展開のための
最適生産ラインを持つ複合植物工場を6ヶ月で「太閤記の三日普請の原理」想定外の速さで
建設するしくみシステム、施設に必要な部材、部品をプレカット工法型でアセンブリー型で稼動
検査基準を満足した段階で組立て位置の自由設計可能な組立て自在型ユニット設計で準備し、
施設組立て工程に合わせて、パズル・木組み方式で超スピードで工程プロセスごとに稼動検査
をして、全生産機能が完成日、即稼動体制にする。

複合植物工場で生産する植物の苗の必要量の120%〜150%(歩留まりで異なる)で準備する。

同時に、生産工程別の必要人数を、商品開発部は、毎日業務工程で、各人のスタート時の標準
労働生産性を熟練度に応じて配分し、シミュレーション(摸擬演習)をして、各工程の現場の幹部
候補生(制御型人財の育てる人)に集団組織運営の技術も含めで「訓練は実戦のように、実戦は
訓練のように、商品開発部門の実証検証試験工程で、実際を想定した徹底反復訓練を反復する。

◎地域あCATVの中央情報コントロールセンターで、各複合植物工場の各社のデータサーバー
統合管理をする。各複合植物工場は、自社の管理データの入力端末を設置し、経営部門の制御
型人財だけ、他の植物工場の現状を相対比較できるようにして、比べて学んで追い抜くしくみを
構築し、成功事例は、全体の全工程の制御型人財の全社研修会で具体的内容を細部まで共有
化する。イントラネットで公開情報は、平均レベルに人材が共有化するレベルに上限規制をする。
現場制御型人財研修(間接部門は除く)は、経営者役員(他社への高収入でのヘットハンチング
があるため、最新の生産プロセスの知識は不要で、結果管理をさせればよい。ある一定以上の
レベルで経営のプロなら、植物工場の専門性の深さより、完売ができる総能力を重視すればよい。
ただし、「ものづくり」や「多くの企業」と異なり、顧客データの中で給料の10倍以上の成約が基準
のトップセールス素養が必要となります。専門性の知識は、すべて黒子である制御型人財が補佐
し、必要な人材を同行させる。経営者役員の任期は6年を上限としする。その後継続的に勤務する
場合は、国内他地域、海外の縁ある地域に共鳴共振共働する縁ある地域で、その地域の複合型
植物工場、複合食品産業を実現するための大局的視点の指揮者、カタライザー(触媒)の役割が
できるコンサルティングセールスを展開し、各論は、必要な自社の制御型人財を活用して、小局
着眼の不足部分を補完して活躍する場がありあります。創業5年以上になると、役員の中に制御型
人財も多数生れ、大局、小局両面で提案が出来、最新の実務の熟練者と連携する第2段階の
コンサルティングセールスが展開できるようになり、右肩成長基盤が安定して来る段階がきます。

複合植物工場を設立することが決まった日から、地域の創市場、創客数を先行管理型で、見込み
先を創る。予約はしない。施設工事の2ヶ月目から、先行予約をする。ただし、お客様の希望量の
70%で契約する。予約はキャンセルがあり、現実予約数量よりお客様都合で従来の取引先の
関係で少なくなる確率が高いために、見込みのお客様数をより30%多くすることに専念する。
営業の先行受注の読みは、晴れ型(楽天的)、曇り型、雨型(悲観的に準備する)の雨型で、
数値管理をし、他は、受注余裕として管理する。

間接利益として消費者、食品産業が他地域販売で勝てるコストの儲かる商品の原料を潤沢に
6ヶ月先行受注し、計画生産できるようにする。
地域の複合産業の安定低コストでの多品種変量調達ができる「安心、安全、地域の人が多数
生産に係わる」ようして地域の生産物は十分安心安全度が高く、日本の現在の食品食材の
中で、最高クラスである確信を、右脳の潜在脳にて低直させる。地域の「ブランド価値パワーを
地域全員が持つようにし、地域が好きと左脳が決断するようにする。
地域の本物の食材ばかりを10才までの子供の潜在脳に正しく定着させると、不思議な現象が
成長し大人になった時、添加物の入る、海外の安心安全度に低い食品との違いに感性で気づき
識別できる人の数が多数化してきます。「本物だけを見続けると、贋作にすぐ気づける現象と酷似
しています。

複合食品産業の社員の家族の誰かが働き稼いでいるようにする。
地域の複合植物工場の、生産量の10%を社員の外部売価の80%で一人あたり購入量限界、
1日購入量限界(家族総消費量の50%以下に設定:大量購入流用を禁止し、もし違反した人は、
見えた時点で家族の誰も購入できないように規制し厳守する。
家庭で食べる必要量だけを購入する習慣化ができ、不正に流通に横流しできない歯止めをして
おくことが将来の成功のカギになります。現在の個人主義げ、目先の欲に動く大人型子供や、
集団組織の規制の枠から放任された高齢者に多数いるため、不正が習慣化慢性化しないように
する。(スーパーの万引き多発現象で、所持金のあるなしでなく、赤貧とは別次元で、右脳が
指示する煩悩我欲行動で、左脳で制御できない、一種の麻薬中毒者現象で、人格が子供時代
欠落したり、低過ぎるためで、再発防止が80%以上不可能な大人社会不適応者です。
ただし、複合植物工場で3年以上植物に接して働くと、ある時期から、この一種の麻薬中毒症状の
行動頻度、衝動は加速度減少をはじめたことに気づけます。心理的カウンセリングで再発防止は
不可能な領域現象です。

 

 

 □野菜の消費の現状



































 

 

 □果実の消費の現状
































 

 

 □所得500万円を得るための作物別栽培面積と労働日数


































 

 

 

 

 □地域の中小企業の複合食品産業に着手は今!

















































































 

 

 

 

 □国の植物工場技術進化の目的は、国内農業の強化ではないのではないか?

































 

 

 □海外の植物工場の研究開発は急ピッチ









































































































 

 

 

 20世紀までの国単位で、政府主導の商品開発は、想定した期間、先発の利益があり、開発累積予算予算以上が、国益として投資回収ができる確率は高かった。
情報量の公開量が少なく、多くの後進国は、情報の価値に気づく制御型人財が少ない時代でした。
21世紀、情報量「ゼタ時代」に入り、後進国が、「学び、真似る、プラスαを付加する」日本の20世紀の想定以上の速さでの、最先端に近づいた手法を真似て、多数の制御型人財が育ってきました。

後進国で生活レベルが急速上がり、人口増加数が急増する国は、国民が生きるための食料の潤沢な確保と、ある一定以下の低価格で、エンゲル係数で推計した範囲で供給するため、日本の蓄積した情報は、すでに情報量「ゼタ時代」平和ボケした情報の本質価値部分に気づけない日本のしくみで、公開され、すでに大量に学び終わりました。
独自の国家的食料戦略で、最先端食料生産強化時代に入りました。
豪商外交時代、豪商の我欲を活かし、上手に農林省の情報さえ、「平和ボケ国家日本」であるため情報価値に気づけない人を動かし、合法的に海外にその国の国益にプラスであることに気づいたすばらしい制御型人財により流出しました。
国内は、生きる量だけ食料を確保し富裕層大量増加する食欲対応手段として、大量生産システムの構築で、戦略的余剰品種品目を、広大な土地を活かし、世界の穀物倉庫の役割も想定以上の速さで実現できる段階になってきました。

最新の植物工場(広義)は、富裕な国なら実現可能な手法であり、日本の食料を扱う大企業、大商社なら富裕企業、富裕層が多い国を対象に世界展開できる「ビジネスモデル」です。日本企業が、海外から、超円高を活かし、大量に国内に輸入戦略をとり、潤沢な国内顧客に独占のメーカーブランドを活かして販売できる体制ができてきました。

日本国内の世界国内の弱者化地域の低所得増の増加、生活保護世帯の増加進み、食料の主食の米さえ、TPPで、海外輸入規制がなくなると、価格が安く、国産と同等の美味しさがあり同一品種(大商社経由で国内と同等の生産プロセスでより広大な土地と低い人件費の人海で、生産歩留まりを高くして、日本と同等気候環境で生産しています。(ただし、灌がい水質は日本が優れ、収穫した米の安全基準に不合格なものは、飼料用として超安値で輸入され、すでに農林水産倉庫から大量の廃棄米が用途指定したものが、一般食料米として流通しましたが、同様に気づかれなければ何でもやる大人子供が多数の時代、法律規制は多数の人の生命に係わる犯罪にかかわらず有罪でも軽犯罪レベルです。すでに、海外輸入米価格は、高騰をはじめ金融商品相場の儲かる分野ができました。
他の主食の輸入価格の高騰は、超円高操作で、海外に固定的に食料関連流出は増加時代に入る徴候があります。)であるため、日本人の味覚で満足できますし、ブレンド米(産地が外国)なので、違いは、残留数値の違い、安全安心格差だけになる確率は高く、政府が安全と言えば国民の80%以上は、国産品と同等視して安い方を購入します。
和牛と、輸入牛の違いと同様に安い方を買い、国益の価値意識が希薄な多数の日本人は「スイスのように少し高くても国産を買うひとが多い」時代は、現在の延長ではありません。

◎地域の複合植物工場の創市場創客は、地域の日本人に、自分達が全員植物工場複合食品産業に参画さえ、自分達がつくる地域の生産物が、世界のそこよりも安心安全であり、国内の福島原発事故の国土環境の後遺症である放射能汚染ゼロの生産物であることを、現地現場現物の実体で身体で感じさせ、右脳、左脳の価値基準行動基準が同等にすることからひじめることが勝てる条件です。

現在の全国型民放、メディア、マスコミの業績貢献度が高いため、企業存続のため右脳行動が優位な無意識行動である富裕層企業の加工された映像、メディア、マスコミ情報の心理的ブランドパワーの右脳の煩悩領域への定着した「思い込まされた」価値基準行動基準の高い壁を超が出来ています。他地域の普通の人の食材、食品、食事優先行動です。

◎地域の人が多数左脳の価値基準を高くすることがる段階なるようにプロセス制御が必要です。
家電等の商品のようにブランドで購買意思決定するものと異なり、食料は、毎日食べるため、従来のブランド品購入、ブランド店で食べる月の日数の1/3を地域の複合植物工場の食材、複合食品産業の商品を食べるように地域のCATVで、毎日日替わり100パターンの安い栄養化の高い、ふさわしいカロイーの商品紹介を実際実行している地域の隣近所の誰かがリレー方式で担当し役者の役割をする。
地域の複合植物工場の、品種品目別生産のための努力する地域の現場の働く人を役者として活かし、10歳までの子供が担当する、見学生産ラインをつくり、どれかの生産工程で多数の品種品目の現地現場現実のさわり、育てる体験をさせ、地域CATVで子供が働く姿を役者として、地域の人に紹介し、自分の子供が働く日(番組に出る日)は、事前に、
地域CATVの告知版で連絡し、視聴者には、メールで個別に連絡するしくみをつくる。

地域のCATVを地域固有の映像、メディア、マスコミ等の多数にバラバラ地域情報のプラス領域量の多いものだけを統合する双方向情報量伝達機能を持たせる方向で進化させることが「勝てる条件」の一つです

◎日本の地域の弱みと大企業、世界の強みとひかくするマイナス思考は「断ち切る割り切る。思い切る。」 弱みは抑えて、これ以上弱くならない歯止めをする。大企業、世界の人は机上仮想で計画し、間接的に人を行動させるしかできません。現地現場便実の実体を今日から変化する行動ができるのは地域の人だけです。情報量「ゼタ時代」は、地域の人が最先端の地域にふさわしいと意識したものから、地域全体最適に、地域の人が共に豊(金、知識、知恵、働く喜び、人生の幸、子孫の繁栄等)になる行動の中で、地域の複合植物工場の設立に重点集中することは「勝てる条件」の一つです。
 

□「農業」の販路開発






















































































































 

 
◎「農業」の販路開発

 
現在地域で活かせる販路を現状認識して、地域の植物工場の組み込むたえに、共鳴共振共働する勉強仲間で「腹八分目」の儲けで満足し、地域の人が共に豊になる貢献をしたい人だけを初期段階は選び、その販路の200%成長のプロセスを組む。
創市場創客数を短期間で、多数化する必要があります。次の段階で月の回転率(=リポート回数)と客単価の増加をさせるために、地域の共有地域CATVのコールセンター、テレマーケティングのしくみ、地域CATVの紹介番組機能活かす。

従来は、企業我欲だけ、自社だけ儲かる単独独占行動で、競合他社と剛型行動をしお役様の取り合いをしている間に、大企業ブランドパワーで、大量に横取りされていましたが、
柔型行動になり協業体制、地域みな味方で、協力受注を始めると、地域外大企業のブランドパワーは想定以上に実体とことなるハローバブルの巨大なパワー幻惑に気づき、商品の中身は、お客さんが、格差が微差で、逆に、本物の安心安全食材であり、安いことに気づく段階が、地域CATVが発信する地域の口コミ効果で食べて確信させることができます。
生産者、生産工場の地域外の露地型、自然土壌型生産工場との違いを地域の働く人、地域CATVで情報公開し、本物ブランドパワーを、増幅できます。

その段階になると成功事例を 戦略的にNHKに番組提供すると、一気に全国民放の中の
富裕層大企業優位の食品産業の内容だけ重点する、現状を、すこし修正したい制御型人財が、スポットで、現在も時々ある番組に取り上げられている手法の機会がゼロではない。全国系民放の多数の視聴者が、他地域・外国との接点の販路から、創客情報が増加する確率は高い。

◎地域の複合植物工場は、子供が教育の一貫で働く見学ラインだけを公開し、10歳までの子供教育の地域での「もちつもたれる」「絆(きずな)」「心づかい」「気配り」の必要な集団組織の中の自分が全体最適で動く実戦を想定した訓練の反復の姿だけ紹介する。

◎ドーム型複合植物工場ができるまでは、すべての情報公開は、地域CATVでの断片的な内容だけにし、NHKと連携した、公開範囲を規制し、窓口はNHKにする。

●一対一の3年間購入成約客以外は、地域では対応せず、NHKを窓口とする。


理由

若いコンサルタント時代、経営勉強会の事務局責任者として諏訪地区の経営者の勉強会で「ものづくり」のすばらしさ、公開することが販路、市場拡大になると「思い込み」み、多くの経営者に諏訪地区の国内海外からの同業者も含む見学型勉強会を複数開催しました。国内の経営者1名だけでしたが、台湾からの経営者(経営者に同伴して現場のすぐれた制御型人財「当時気づけなかった」を複数同伴)に、稼働中の生産本ライン、あらゆる仕様書、使用機械、教育方法等情報公開をしてしまいました。5年後、10年後、日本企業は知識だけの経営者だけの知識理解企業我を増幅する結果となり、中小企業経営者のため、見学結果は、諏訪地区の中小企業の優良得意先を横取りし、日本市場の顧客を減らす結果になりました。わたしの経営勉強会の見学会社は、多くの「真似した」コンサルタント会社が多数紹介する先人役となり、悪い種を大量に蒔く結果になりました。
見学に来た台湾企業は、参加時小企業でしたが、潤沢な富裕資金を重点投資し、短期で当時の諏訪地区のラインとそっくりの最先端生産ラインに変わり、短期で、中堅企業に成長していきました。諏訪地区の見学した企業の市場は、コストの安い、品質で拮抗するその企業に海外市場を蚕食されてしまいました。その成長企業が、諏訪地区に感謝報恩を感じることは100%ありませんでした。世界市場で諏訪のものづくり中小企業が敗退する結果にしてしまいました。
訪地区の「ものづくり」の生き残りの次の段階の変革の原因にしたようです。
諏訪地区の、当時の最先端NC旋盤を多数揃えた中小企業は、生産量拡大の販路増加を目指しましたが、NC旋盤の機械の性能向上で、潤沢な投資ができる富裕企業と、富裕な金に誘導され流れる多数の若い人が集まる企業に、国内生産市場を占有され、倒産の危機がありました。
現在、大企業、海外の試作ラインを請け負う世界の試作専門工場として、「匠」の固有技術で適正規模で生き残っています。ただし、熟練者の数が減少した段階で、老衰企業になる確率は高い。
若いときの今でも私が打った手の人災の姿が浮かぶ、「人を信じてもよいが、人の本音の行動は信じるな。」 日本人・私の「平和ボケ」で、異民族国の場合、国益、富国殖産を重視する国の視点でのその国のすばらしい制御型人財の行動であり、批判は無用、必然の優先行動の一つです。
「その国の制御人財の行動の子供時代に定着させられた本音行動」を知り、最適な日本の国益、富国殖産のプロセスを今なら実戦できます。当時気づけなかった、後の祭りのことです。「後進国の建前行動をする経営者に気づかず、日本が世界に貢献できるために真似て素晴らしい企業に成長してほしいと願う心だけ」で行動した結果は今でも夢をみる悔しい失敗行動の一つでした。

情報量「ゼタ時代」は、植物工場のように誰でも参入し、ある程度スポット収穫できるが、
天候に左右され、環境、土壌、病害虫に左右され、手を抜くと、その結果は収量減や
逆にゼロとなり、その期間の使用経費だけ赤字になり、生活費も苦労する、「博打産業
でもとも子もなくなる」「取らぬ狸現象がある」確率はゼロではありません。
持続的に右肩成長の収穫を維持知識は、人海を活かす植物工場だけが、標準以上の
熟練のナレッジ暗黙知を毎年増加できる人だからできる「匠」の領域を持つことが重要で
各プロセスのすべての「匠」の領域を、情報として真似ることは人の行動がアナログの
ため、部分ごとに80%まではデジタル情報化できても、統合した80%以上には出来難い
確率は高い。

デジタル化情報は、本の総合図書館のようなものです。今から過去の集積データです。
現場の「匠」領域のアナログ情報は増加し、今以降のその瞬間で生れた暗黙知であり
共有化されない、個人が傍にしゃべったり、資料として整理報告した範囲で共有化できる個人だけが感性段階で気づき活かせる「無」の状態の情報です。
「匠」段階の人自身「できるから出来る」としかいえない、人固有の決断行動をする精度
成功確率が高い方を選びたくなる領域です。
「いきものづくり」は、多数を標準化し単純化できないパターン型アナログ精度の領域を
もっています。生産プロセスで、標準仕様、指示書プラスαの付加できるシニア段階の
熟練度でふさわしい最適行動を「もうちょっと」しただけで、収量品質格差が出ます。
高単価品種品目の生産は、熟練グループでプロジェクト型生産をすると、超富裕層が欲しくてたまらなくなる(我欲煩悩で、個人の左脳制御が不可能な領域を持つため、参入可能な、相対品拮抗品がない、商品相場以上で高く買い占めたくなるものが生産できます。
本物に気づく限られた金に糸目をつけない固定客を世界各国へ、初期段階で創市場
創客すると、その国の富裕層から、高単価品を供給する。その国の縁ある地域で、複合
植物工場を設立する資金不足を、先行で自力調達するしくみに活かす。
方法は、日本で、超高級品の生産プロセスと、生産ラインを貸与して、OJT・OFFJTを組合せ自国で超富裕層・富裕層が購入するものを生産し、日本の構築した物流機能と、その国の地域の物流機能をつなぎ、納品させる。(物流費は日本と同じため、地域で生産できる段階で、日本からの物流原価より安くなるため少し熟練度が低くても(価格を値引かれるとき)儲かることができます。超高級品生産の、決めの細かい、精度の高いプロセスを、その国の現場の制御型人財が体得し、訓練は実戦のようにしていると、自国での実戦時、地域の多数を動かす集団組織運営の方向を明確にして訓練のようにできるようになります。制御型人財は、業務に必要な日常の日本語で取得する。自国語の翻訳も兼ねてこゆの業務用事典を、現場で学んだ日にち順に整理し、作成する。
多くのその国の多数オ幹部候補生を養成する段階で、その国の通訳をする日本の外語大の大学生が、通訳するときの専門語通訳で、共有言語にできることも兼ねます。
この翻訳業務事典は事典は、地域の創客創市場担当が、その国で、その国の地域の人と連携し、黒字化に必要な顧客数確保のための営業時、地域の通訳と動向するとき役立ちます。また地域CATV機能をつくり、自主番組、コンタクトセンター、テレマーケティングのしくみと、その中で必要なセールストークを構築するとき役立ちます。
自国の超富裕層が満足する超高級品生産供給ができることは、主食の大量生産、そのたの変量複合食品工場のプロセスコントロールの着眼に気づける能力が身についているため、日本から出張サポートする指揮者・カタライザー(触媒)機能の熟練実務コンサルタントと連携し、地域の人、地域の機能を活かし、不足した機能は、地域の人で構築するスピードが早くできるようにするための「儲かる演出」が周囲のその国の映像、メディア、マスコミが気づく確立を高くする方法の一つです。超富裕層、富裕層は、自分の縁ある人に最初は自慢し紹介するため、日本での地域の複数の適正規模厳守の複合植物工場は黒字化数が多くなる期間が短い確率は高い。地域外への、余剰品の販売より、その国のビジネスモデルとして固有の勝てる条件がそろうまでは、地域内で完売に専念することが、売れても我慢が必要な強くなる熟成期間となります。

 
◎マーケティング支援機関

 ◎FAX情報サービス

 ◎市場的確把握既存情報を活かすプロ

 
 

 □地域密着CATVの地域との融合の現状

 
 ◎地域密着CATVの地域との融合現状

  ○CATV業界関連団体広域企業
  ○CATV業界収益があがるしくみ
  ○地域密着型CATVの役割
  ○地域CATVで抑える着眼
  ○地域密着CATVを補完優位化する無線機能
  ○若い最先端地域人で地域の知恵を進化

 

 □創市場創客の具体策事例





 


  ◎創市場創客の具体策事例(共通)

  ○創市場(新市場)製品商品を探す
  ○新客を探す
  ○創市場創客で事業基盤を強化
  ○テレマーケティング(安定業績基盤構築のしくみ)
  ○コンタクトセンター関連情報
  ○マーケティング支援機関
  ○首都圏大展示会
  ○ネット活用力が創市場実現格差 
 

 □創市場創客にWebを活かす










 


  ◎創市場創客にWebを活かす

世界規模で市場競争をする企業の基本素養は、経営の視点(国家経営も含む)で、情報量「ゼタ時代」勝ち残り戦術の一つとして戦略的に「勝つ条件」を実体の中に揃える超スピード実現に活かすことができるかどうかが成功・勝ち残る分岐点になりました。
20世紀代は企業単位が努力しましたが、21世紀はネット社会は、潤沢な資金が豊富な富裕層が勝つために優位となり、企業単位から富裕な国、人口の多数の国は、国家主導の段階になってきました。従来の企業単位で放任型の国益、富国殖産の意識が低い国、経営の自国調達基盤が脆弱な国から想定以上の速さで弱者として市場撤退になる現象がはじまりまし。

●弱者化する国の地域は、狭域で自給自足、地産地消、地域資金循環する実体社会に戻し、日々、地域に資金がプラスに流入するしくみシステム地域の人の組合せを構築し、
「勝てる条件」「勝てる地域の人の共に豊な生活基盤」を構築しながら、弱者が最強の強者に変身し、世界の人が多数、共に豊になる指揮者・カタライザー(触媒)機能を発揮し、真のやさしさ(やせる想い)を発揮できる時代を待望しています。
 

 □創造的マーケティング




 


  ◎創造的マーケティング(共通)

   ○0対象顧客の設定
  ○1.顧客の状況把握(テーマ)
  ○1.顧客の状況把握(読む)
  ○1.顧客の状況把握(顧客の声を聞く)
  ○2.顧客の課題把握(想定)
  ○3.課題解決の立案
  ○4.提案の実施
  ○5.提案実施後の評価と対応策の検討
  ○事業善循環への活かし方
 

 □営業関係知識項目スキル熟練化



 

 
 ◎営業関係知識項目スキル熟練化(共通)

  ○「契約力」の実戦力強化
  ○CSと営業の役割
  ○有効面談時間を増やす着眼
  ○1人当たりの営業利益(稼ぎ高)を高める
    ○新規開拓行動 例
  ○シグナリングの感度を上げる
  ○成約率アップは技術者センス営業が必要
  ○創客は「ホスピタル産業」から学ぶ

 
◎営業部門のISOを活かし善循環組織を構築する 
 

 □若い最先端知識人で地域の知恵を進化

































































 


 ◎若い最先端知識人で地域の知恵を進化

地域の複合植物工場、地域の複合商品産業はの機能を発揮させ、自給自足、地産地消で地域が、共に住む人が豊になるためには、地域にふさわしい、全体最適で最先端のしくみシステムの整合された、地域で資金循環型社会の過去前例のないはじめてのことに挑戦し行動総能力量が多い、未知の開拓力は、今の若い世代が最適です。勝てる条件のすべての前工程は創市場創客システムと、地域全体に本物と確信する人を60%以上にすることが必要です。地域の最先端のしくみ、最先端の複合植物工場を理解でき、その供給した複合食品産業が理解でき、全体のフレームを理解し、「いきものづくり」「ものづくり」「最ビス業」はすでの地域の大人が先人として運営できるため、最先端に比して不足し、学び成長させる内容テーマや、地域の中小企業で、生産能力は高くても、創市場創客力の高い制御型人が不足しているため赤字体質が慢性化しているだけです。地域の世界にない強みを提案して創市場創客に専念し、地域CATVのコンタクトセンター、テレマーケティング機能を、地域の定年前後の男女のベテランと連携し、商品製品の生産工場の営業の制御型人財(高い業績を常時している「匠」型の人の事務局的役割をして、構築し、実戦でカイゼン改良し、成約確率をより高く、地域の市場シェア、インストアシェアを、全市場の1/3を目標に年間の地産地消のしくみを構築する。
前例の少ない未知の流域は、若い世代が着手し、実績を地域に見える演出をすることが、若いひとが地域でプラス領域量が多い価値基準行動基準を成長できる早道です。

創市場、創客で毎月平均以上の実績を上げるためには、地域の複合植物工場、複合食品産業、サービス業、すべての現場の制御型人財と連携し、制御型人財が現場でより効果的集団組織行動ができるための情報源の役割をしている間に、現場から、完売のための多数の支援が得られるようになります。5年間実績を上げると、次の若者に継承し育てながら、自分が、現場の制御型人財になりたい部門から自己申告で、その現場のトップ製制御型人財の事務局の役割で「学び、真似る」ことに徹してその人の代行ができるレベルまで成長する、もし、その段階で、たの分野を経験したい場合3年単位で、多数の経験をする。時間が若い人を、全体最適方向を感じられる段階になり、集団組織全体のリーダーの役割が年齢とともに増えてきます。母胎が中小企業であるため執行役員が最高昇進になる確率は高いですが、定年(60歳)後は、地域外、海外対象の指揮者・カタライザー(触媒)機能を持つ熟練「匠」段階として活躍できる場が待っています。自分の子供孫も、地域の一員として活躍し、次世代へ、人の継承ができ、共に豊さを実感できる喜びが湧き出る段階がきます。現在の若い世代の、汗の行動が、世界の弱者化する地域を自国のひとが働き共に豊になる成功ビジネスモデル構築の一員として活躍できます。

●若い世代が、地域をよくする先兵の役割に徹して行動をはじめると、不思議に協力し一緒に行動する素晴らしい地域の現場のプロ(制御型人財)が、共鳴共振共働を始めます。
その現場のプロは、地域の実務の影響度、実現能力が高く複合植物工場、複合食品産業、サービス業に関わる地域の基幹化機能が揃い始める段階がきます。若い世代は、その人たちの事務局として、集団組織が全体指摘に機能する黒子の役割をして、すべて現場のプロの活躍を見える化する支援をすることに徹する段階です。基盤化機能が整備された段階から、得意分野の制御人財の役割がはじまります。地域の60%以上の人は、部分でで持ち場だけ熟練か行動をしますが、普通の人の行動です。すでに若い世代は知らない間に、3倍速の行動ができる段階になっているため、普通の人の行動がスローモーションのように7年以上立つと見えてくるため、普通の人に成功確率の高い最適なアドバイスと行動をさせることが出来る段階がきます。

若い人が平等に持つ未知の能力です。20代に実戦の中で訓練する(制御型人事の事務局・かばん持ち)を一定期間以上すると、その訓練は必ず実戦の場で、自然に最短最適行動できてしまう不思議な「火事場のバカちからを自然に発揮」するときがきます。

30代ではじめると、強烈な個性の強力なパワーを持つ全体最適に徹した誰でも評価する一目置く制御型人財の矯正の総能力がなければ、100人の中の1人(1%以下)が育つかどうかわかりません。途中で、大部分が挫折し、集団組織を離れ、マイナス思考が多くなりその時までの輝きは2度とできない人が多いようです。

「ものづくり・分野専門家」よい上司とのめぐり合わせで決まりますが、複合植物工場の倍は、年齢に関係なく、本気で地域をよくする目的で、与えられたプロセスを、昨日より今日、今日より明日と能力を高め熟練度をアップしつでける標準おりプラスαの工夫カイゼンの臨床実証検証を続けることで、プロ化できます。指示された多様な経験は、シニア段階で、若いジュニア段階の人が気づけないプラスαの着眼を的確なアドバイスできることに気づく段階がきます。ジュニア段階の人の行動が、スローモーモーションに予測でき、マイナス行動を事前にジュニア世代が気づかない間にただしく制御できます。経過を記録し映像に残し、結果が出た段階で、見せながら、再度アドバイスすると、人災の再発防止機能が定着してきます。

●20代が、どの業界でも最初は誰もゼロからの出発です。成長仰角を大きくとる機会に恵まれると、急速に成長できる時代です。一人の先人がいない分野に挑戦する地域の食をテーマに基幹化への貢献する多数の人を待望します。

●地域の複合植物工場の創業設立の機会に参加し、地域に貢献した人は、先人がゼロであるため、過酷な行動量に耐えることができる健康な45歳までの人で、、現場で汗を流し行動し、多忙な中でも勉強する仲間なら誰でも、最初のシニア、プロ、「匠」段階になれる確率は高い。
 

 □経営者








 


 ◎経営者

地域の中小企業の複合食品産業とその関連企業を多数事業化し、黒字化するためには、多くの勝てる条件が多い地域のふさわしい戦略・戦術・戦闘と、右肩成長する人の就労数を多くする方法と人質が働く年数経歴で着実に成長し「匠」の域に達することができる中小企業の先人経営者の知識知恵プロセスを学ぶ、真似て「いきものづくり」に活かすことを推奨します。
21世紀加速度的に進化する情報量「ゼタ時代」を活かしプラス領域量が多い選択が誰でもできるチャンスの時代がきました。知識要領よく知った人が評価された「ものしり」「クイズ型でコンピュターデータ蓄積に負ける常識で満足する仮想の中の人」のような20世紀代までの人の評価基準から、知恵化し、プロセス化し、実体社会の「知恵者」へ自分が変わることが制御型人財の方向です。短期で多数輩出できる確率の高い時代になりました。
日本の各分野の実務型制御型人財の輩出を待望します。
間接型の分野の制御型人財候補は、「言うなら、指示するなら、実行実証検証してみることです。」机上で「ローマを明日つくる」ことは言えますが、実現確率はどうでしょうか?
競合他社があり、環境が流動乱高下する時代、集団組織を増幅機能に活かしすテーマとして、多くの拠点長、重役が、指示命令しても挫折し脱落するテーマである、創市場創客の個人で新規開拓で業績貢献し、集団で常に右肩上がりの業績貢献行動をすることが各部門の制御人財が、自部門の立場から営業部門と連携し実績をあげる実力をパワーアップすることを推奨します。

●20世紀代までの営業部門任せで、業績が悪いと、企業の商品製品、営業の能力不足と経営者への不満を言い合う「傷の舐めあい」行動は、ますます、あなたが企業を慢性赤字にさえている赤字企業を推進する一員であることに気づく時です。

地域が共に豊になるためには、「働く人」全員が自分の持ち場から、地域が全体最適の儲かるための創市場創客のプロセスの協力し、稼ぎ人行動をすることが第一ボタンです。
地域の複合産業は、地域で生きている人は、全員、「つくる人」「育てる人」「加工する人」「うる人」「買う人」「料理する人」「食べる人」「食べた後の整理したり廃棄する人」「廃棄したものをつくるための原料にする人」「いきものづくりで人格成長教育をする人」「いきものづくりを宣伝する人」「体系化してまとめる人」「管理する人」「危機管理対応する人」「しくみシステムに関わる人」等、どれかにどきか関わることができます。全員が地域が、自給自足、地産地消を実現し、過剰な部分を、他地域、国外へ売り、地域に資金が流入する量が流出量より常に多くなるように、流出を抑える行動を全員がする。う売る量は多く、他地域へ流出する量を抑えるに一人一人の日常行動と、集団組織の増幅鼓動をする行動をすればプラスαの微差の累積が、「勝てる条件」になります。
地域全員が地域をよくする自力本願行動をはじめ、要領よくおみこしの乗り汗を書かない人がゼロになる全員「ブルーカラー」になり、稼がず要求する人は、他地域へ自然に移動し、海外に移動する道を拓く行動を重点にはじめる時です。
 

 

 



 

商品一覧