開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

地域複合食品工場の商品開発

■地域複合食品工場の商品開発   120901

 地域が勝つ条件は複合食品産業を基幹化>地域複合食品工場の商品開発



 

更新 2012.10.01

 原始の時代から、遺伝子レベルで継承された人が生きるための食料の先人
の成功の知恵・プロセスの情報量を生(活)かす。

21世紀急速増大した情報量「ゼタ時代」知識系情報、プロセス系情報、センサー
管理系情報量等を人間の尊厳最大化視点てプラス領域量が多くなるように
活かすことを待望しています。

◎適正規模を厳守した植物工場が、地域の全エリアに住む人シェアとインストア
シェアを100%にする目的で人口密度と現在の物流網総最短時間で最適なエリア
運営ができる区画に分割し、各区画ごとに、地域で多品種変量型の面型複合
生産体制ができるように工場を点在させる。
各社の植物工場は3つの固有技術型生産物と共有基盤生産物を持ち、黒字が
持続できる適正規模を厳守する。

各社は3つの固有技術と共有基盤生産物の働く人の熟練度の成長を4半期ごとに商品開発
研修会に各社の現場の制御型人財と、黒字責任の実質責任者である常勤役員(経営者は
、非常勤役員は除く。目的は、ブルーカラー中心の商品開発で、高額投資資金の必要性で
思考の上限規制を解放し、実現するための事業化のグランドデザイン、必要期間、必要予算
等を具体的にまとめさせ、実現したい順位まで整理させる。

経営者役員は、複合植物工場全体の経営戦略で全体最適研修会で、現実的な、資金運用
、施設、設備、人等、そのとき調達可能で、3年で最大利益が実現確率の高い現実優位の
実現する順位にして、高額で、実現プロセスの準備能力不足な内容は、先行準簿プロジェクト
として、グループの3社で、各社制御型人財(その関係者のキーマン3名)を人選し、3社で、
実証検証試験を、相互情報交流をしながら実現化の準備に入る。
実現のための総予算の投資資金が調達でき、60%までの生産体制が実現できた段階で、
上位20%の優良企業で設備投資し、事業化をスタートさせる。目的は創市場創客ルートを
新規開拓する目的で、十分顧客数が右肩成長できる確率が高いと判断したとき、最初に
創市場創客機能を拡大し完売型、ハングルーマーケットを演出し、6ヶ月先行受注量が確保
できた段階で、一気に残りの80%の生産能力を、通常の1/3の短期で実現させる。

◎情報量「ゼタ時代」は、儲かる生産物は「学び、真似、追い越す」型の超潤沢資金を持つ企業
が多数参入し、世界規模し、想定外の速さで、拮抗する大企業の子会社が突然出現します。

地域の生産物は、商品相場の最下限以下の四季方固定低価格戦略であるため、普通の規模の
生産企業は商品相場に依存するため、地域内で最大営業密着度と低価格価格政策の強みで
シェア、インストアシェアを蚕食さえる量は限られ、短期で、参入企業の弱点(必ず大企業グループ
でない独立系ならあります。)を突いて、市場占有を回復する。インストアシェアの一部は自社が
確保し、徐々に拡大すてばよい。勝てる条件が揃うまで待つことが重要です。
他地区から地域に参入している大企業の大量購入が、地域外の後発企業に変わる確率は高い。
その場合は、地域の働く人の家庭のシェアだけを死守するための、地域活動の得を鮮明にする
地域CATV機能のプラスαの成長のチャンスとして活かす。価格競争で大口顧客の販売量を
期待せず、その生産量を完売するための、中小口客の新規客を各社の業績貢献の高い優秀な
制御人財でプロジェクトを組み地域CATVのコンタクトセンター、テレマーケティング機能を活かす。
他地域企業(流通コストは、企業負担とする。商品相場以下の低コストのため成約確率は高い)

◎地域の他地域のコンビニエンスストア群、スーパー等(食料品は、政府の基準以下添加物を含む
連続購入すると累積し、アレルギー化、健康にマイナスになる確率はゼロではない)に対しては、
インストアシェアの拡大型新規開拓をして、競合他社のブランド力格差の高い心理的購入欲障壁
から、地域のものとの消費者の潜在意識の大きさを学び、10歳までの子供に「スイスの高くても
安い外国産より国産食料を買う動向」に学び、安全安心の生産現場を体験し、中身のすぐれて
いて、食べて健康によいことを、人格脳で煩悩を抑え、左脳で決断できる映像メディアマスコミで
の毎日徹底的に右脳に心理的に刷り込む「ブランドパワー」に左右されない日の数が増加させる
ために、実質的本物のよさを感じる購入確率を現在より高くする。
なぜ、子供向けの大企業の食料品に超高額の宣伝費をかけるのか、最近は、大量生産ラインを
映像で大人に見せて、役者に素晴らしさを言わせる、21世紀型ロジカルシンキング型心理から
右脳への定着手法が、民放の収入源の上位になってきたようです。

地域CATVは、地域の食料生産物、食品産業の商品製品が、「ブランドパワー」は微少ですが、
中身品質、安全安心(政府の添加物の安全基準での安全でない、無添加で、生産工程で完全
安全に近いものである)の商品製品味等すべての部分で拮抗していることを、現地現場でおいしさ
の本質を体験させ、人工甘味との違いを口で体験させる。「本物」ばかりに接すると「贋作」に
気づける原理、自分の家族の誰かが働く、地域の複合植物工場、複合食品産業、そのメンテナンス
施設機械に関係する「ものづくり」で誰かが働く場合、全国放送での映像操作だけで動かされる、
浮き草型行動だけでなく、地域の食料を年間購入量金額が増加する、家庭内エンゲル係数の中
の家庭での地域に出費する金額の増加確率は高い。
食料の場合、1年間で何回購入したか、購入回転率と量、購入累計金額であり、生きる人は、必ず
自分の胃袋を満足させる行動をします。生命維持商品で、地域全体最適のために、儲け過ぎては
いけない。ただし、超富裕層の超増幅食の煩悩を満足させる目的で、大都市、他地域の大都市
だけを市場にした、完売、ハングリーマーケット直販のネット販売ルートも構築する。市販市場では
販売せず、働く社員のスポット贅沢のための月の一定期間だけ社員割引購入のルートも準備する。


◎地域の複合植物工場を事業展開する場合は、今まで「思い込んだ」一部の成功事例の手法の
長い間定着した先入観を横に置いて、地域が共に豊になるために、腹八分目の幸せで満足し、
「もちつもたれつ」「絆(きずな)」「心くくばい」「気配り」等、地域の集団組織が全体最適にする
ために個人の行動を傍が楽になるように個人の役割機能を細胞のように最適に働くようにする。

地域益、地域殖産、地域が好き、地域の人が好き、地域がよくなることが好き等に視点を変化
させてみると、適正規模厳守の植物工場(黒字右肩成長体質)単位での協業型事業展開の
成功確率が高い方向であることに気づけます。

◎地域が共に豊になり強くなった段階で、はじめて、実体をプラス領域が多い方向に、日本の富国、
殖産への本物の強力な強いパワーのやさしさが発揮できます。
世界の多くの縁ある人を共に豊にする本物の強力なパワーのやさしさも発揮できる段階がきます。

まず、第一歩は、適正規模を厳守した、黒字企業・右肩成長できる地域の複合植物工場の設立
する。勝てる条件を、時代の変化に適応し、先行行動できる商品開発のしくみシステムの構築し
勝てる商品製品を潤沢に生み出し続けることができるかどうかが、成功の分水嶺になります。

地域の農産物生産ですでに豊富な成功事例を持つ地域のJAを軸に、その他企業の現場の制御型
人財と、地域の高専、大学、大学院が生徒の現場での実証検証の機会として地域全体最適で、
共に豊になるための価値基準行動基準で統合された行動をはじめることを待望しています。

◎植物工場の商品開発とは、「ものづくり」の未知の新たな新商品を開発することではありません。
目的の四季の商品相場ごとの下限以下の低コストにするために、生産できるプロセスと、現在の
露地収量の200%以上の収量にする。
創市場と創客数を想定した、短期完売をするための安定生産型で、大量、中少量変量多品種生産
ができる、売上補完型生産工程を想定し、実証検証を目的の機能設計が商品開発の役割です。

実証検証確信したプロセスデザインができたものから、生産設計にまかせ、事業展開のための
最適生産ラインを持つ複合植物工場を6ヶ月で「太閤記の三日普請の原理」想定外の速さで
建設するしくみシステム、施設に必要な部材、部品をプレカット工法型でアセンブリー型で稼動
検査基準を満足した段階で組立て位置の自由設計可能な組立て自在型ユニット設計で準備し、
施設組立て工程に合わせて、パズル・木組み方式で超スピードで工程プロセスごとに稼動検査
をして、全生産機能が完成日、即稼動体制にする。

複合植物工場で生産する植物の苗の必要量の120%〜150%(歩留まりで異なる)で準備する。

同時に、生産工程別の必要人数を、商品開発部は、毎日業務工程で、各人のスタート時の標準
労働生産性を熟練度に応じて配分し、シミュレーション(摸擬演習)をして、各工程の現場の幹部
候補生(制御型人財の育てる人)に集団組織運営の技術も含めで「訓練は実戦のように、実戦は
訓練のように、商品開発部門の実証検証試験工程で、実際を想定した徹底反復訓練を反復する。

◎地域あCATVの中央情報コントロールセンターで、各複合植物工場の各社のデータサーバー
統合管理をする。各複合植物工場は、自社の管理データの入力端末を設置し、経営部門の制御
型人財だけ、他の植物工場の現状を相対比較できるようにして、比べて学んで追い抜くしくみを
構築し、成功事例は、全体の全工程の制御型人財の全社研修会で具体的内容を細部まで共有
化する。イントラネットで公開情報は、平均レベルに人材が共有化するレベルに上限規制をする。
現場制御型人財研修(間接部門は除く)は、経営者役員(他社への高収入でのヘットハンチング
があるため、最新の生産プロセスの知識は不要で、結果管理をさせればよい。ある一定以上の
レベルで経営のプロなら、植物工場の専門性の深さより、完売ができる総能力を重視すればよい。
ただし、「ものづくり」や「多くの企業」と異なり、顧客データの中で給料の10倍以上の成約が基準
のトップセールス素養が必要となります。専門性の知識は、すべて黒子である制御型人財が補佐
し、必要な人材を同行させる。経営者役員の任期は6年を上限としする。その後継続的に勤務する
場合は、国内他地域、海外の縁ある地域に共鳴共振共働する縁ある地域で、その地域の複合型
植物工場、複合食品産業を実現するための大局的視点の指揮者、カタライザー(触媒)の役割が
できるコンサルティングセールスを展開し、各論は、必要な自社の制御型人財を活用して、小局
着眼の不足部分を補完して活躍する場がありあります。創業5年以上になると、役員の中に制御型
人財も多数生れ、大局、小局両面で提案が出来、最新の実務の熟練者と連携する第2段階の
コンサルティングセールスが展開できるようになり、右肩成長基盤が安定して来る段階がきます。

複合植物工場を設立することが決まった日から、地域の創市場、創客数を先行管理型で、見込み
先を創る。予約はしない。施設工事の2ヶ月目から、先行予約をする。ただし、お客様の希望量の
70%で契約する。予約はキャンセルがあり、現実予約数量よりお客様都合で従来の取引先の
関係で少なくなる確率が高いために、見込みのお客様数をより30%多くすることに専念する。
営業の先行受注の読みは、晴れ型(楽天的)、曇り型、雨型(悲観的に準備する)の雨型で、
数値管理をし、他は、受注余裕として管理する。

工場生産ごとに生産のための作業標準化機能は生産管理が担当する。

働く人の幹部候補生のOJT・OFFJTでの定期教育は、商品開発部門が担当する。

幹部候補生は、実務教育ができ、熟練度成長を加速する役割も兼ねて、専門分野別に現場の
社員、時間契約社員等の、成長段階に対応した現場最適行動できるためのOJT・OFFJTでの
随時教育は生産設計部門が担当する。定期教育は 生産部門が担当する。

検査は地域の第三者専門機関から出向させ、その設備と高専、大学、大学院の設備を利用し、
検査の専門制御人財としくみシステムを構築する。食料は 毎日多品種、変量型で全数検査
が原則であるため、多くの最先端の検査の知恵と手法を「学び、真似る」安全安心の生産物の
最終の砦であり、地域の植物工場の存亡にかかわり、重点部門となります。

検査、総合物流は、地域の多くの熟練者が多く、スタート時から、その中から、複合食品産業へ
原料供給戦略と、残飯も含め、再生可能原料回収のしくみは、エリアの管理に最適な、地域の
大企業の地域を分担する地域の中小企業と連携する。もしない場合は、大企業の技術基準レベル
であるため、取引資格を取得するために、設備、人質をレベルアップしる企業がない倍は、大企業
の地域の拠点を、組み込む。緊急納品以外の実証検証するための自社機能を最小投資で構築し
他は、現在機能する。ローコストで、流通工程での、食料に生産物劣化腐敗、異物混入がゼロに
するプロセスが中央コントロールセンターで見える化できるためには、すばらしい大企業のしくみ
システム、人を活用し、地域のために、物流費とサポートを最低価格で協力する企業に任せ、
逆に、地域内物流は、その企業のパートナー企業が、現在より労働生産性スピードが上がるように
物流ルートを構築する支援をバーターとして行う。


 □商品開発に関連する情報

 


 ●地域中小企業が最適運営する複合植物工場

 ●地域の複合植物工場の生産コスト低減

 ●地域の露地型の成功の知恵を真似る

 ●地域複合植物工場が儲かる創市場を目指す
   
 

 □培養液を作成してから作物に与えるまでの管理事項

























□総合的病害虫・雑草管理(IPM)の体系









 

 

 □閉鎖型と半閉鎖型の苗生産比較事例


































 

 

 □野菜を知ろう





























































































































 

 

 

 

 

 

 □エネルギーとなるバイオマス資源を活かす










































































 

 

 


 □関連エネルギー関連情報

◆「農家が教える自給エネルギーとことん活用読本」 書籍
  光、風、水、薪、もみ殻等 
  編集 農文協

 発行 農山漁業文化協会
 発売 2012年8月20日 
  ISBN 978-4-540-12204-0 
 定価 1,143円+消費税 

太陽、水。風、薪、もみ殻から作物残渣、糞尿まで、身の回りにある小さなエネルギーをトコトン活かした北農家の技を集大成。
人任せのエネルギー議論から一歩先へ。わが家のエネルギー自給作戦

◆Newton(ニュートン別冊
 「電力現状と新発電方法」 期待の発電方と新エネルギー
  ・電力の基礎と課題        ・期待の新エネルギー
   ・これからの電力供給       ・未来のエネルギー

    発行 ニュートンプレス
  発売 2012年8月15日
  ISBN 978-4-315-51944-0
     定価 2,300円+消費税

◆「太陽光発電システムの不具合事例ファイル」
  PVRessQ!からの現地調査報告
  著者 加藤和彦

  発行 日刊工業新聞社
  発売 2010年7月20日
  ISBN 978-4-526-06488-3
    定価 3,200円+消費税

保守・点検の手がかりがココに!! 
(太陽電池素子のコストが1/4になれば他の電力と拮抗できる可能性がありありますが、
太陽光の環境、時間劣化があり、カタログ性能の100%以下の稼動はにメーカー格差)

 
◎新エネルギーの稼動と市場
 

 □植物工場の稼動と市場 


 ◎植物工場の稼動と市場
  ○植物畜産栽培漁業林業複合工場
  ○日本で複合実証試験関連技術
  ○新たな食の安全安心の業務用計測技術
  ○放射能汚染の対処する食の安全の変化
 


 □栽培養殖漁業




 


 ◎栽培養殖漁業2012

  ◎漁業に関係する活動内容から学ぶ

  
完全栽培養殖漁業の技術が進化してきました。
  残留毒素の少ない卵から生産する完全工場化できるしくみができました。
  植物生産とどうように「いきものづくり」であるため、成長の節目で、人海の方が
  最適適応できるため、安定生産ができます。
  
  畜産、漁業も複合植物工場は、地域の複合食品工場自給自足ができます。
 

 □食と健康業界変化情報





 

 
 ◎食と健康業界変化情報
  ○現在の食業界の本流を先導する企業
  ○食環境向上推進団体
  ○食業界推進基盤企業
  ○厨房設計・施工関係
  ○食業界発展を支える企業
  ○食業界・厨房業界発展先導企業
  ○冷凍食品製造業の進化
  ○食料自給への対応

 

 □物流調達機能と事業展開との整合化


  ◎物流調達機能と事業展開との整合化
  ○運輸構造の指針変化を知る
  ○物流流通業の団体機関の変化を知る
  ○SCMを事業の善循環化のしくみカイゼン
 


 □気象環境を事業に活かす
 

  
 ◎気象環境を事業に活かす

  ◎環境に関する活動内容から学ぶ
   


 □農業資材・農業関連システムの進化







 


 ◎農業資材・農業関連システムの進化

大規模農業のため大型機械は、地域のJAから最先端機種を、最低リース料金で、使用する。植物工場にふさわしい、機能改良方針が決まるまで、汎用品を使用し、時間生産性、労働生産性が最適なようにカイゼン仕様案が設計する。オプション仕様で機能である程度カイゼンできる場合は、業績が最高の大量生産品種の植物工場に投資資金余裕が出来た時点で、特注機会を発注し、リース型オプション仕様の機械と相対比較し、3年間の減価償却累計と、労働生産性、時間生産性の累計、とリース型月次負担累計と労働生産性。時間生産性と比較して、特注購入型にするかを決定する。特注の場合は、エンジン部はメーカーから半製品で購入し、特注化は、地域の「ものづくり」専門企業で、特注仕様を生産できるようにする。新複合植物工場用、台数を短納期で納品できる自給自足のしくみを創る。他地域、海外へ事業展開するとき、その地域で、生産するか、地域から納品するかを決めればよい。戦略商品になります。

     ○農業機械化関連
  ○機械関係の進化

 
◎リース利用の判断

 

 □プロジェクトに連携する建設土木関連





 


 ◎プロジェクトに連携する建設土木関連

成功の豊富な実績事例を持つ知識知恵プロセスを地域の複合植物工場の開発設計に活かす。工事は、地域のその企業の拠点と、施工はその地域の協業する複数の中堅の建設土木企業や、材料発注の大企業のパートナー資格基準を通った企業に発注したりその企業の現場の「匠」型制御型人財が担当するするようにする。
大企業の地域の最適パートナーとして、技術レベルを常に最先端にあわせるための、地域複合植物工場、地域複合食品産業のローコスト、短納期で稼動できるしくみシステムを構築する機能を持たせる。日常稼動での適時サポート、メンテナンスも分担して区分エリア別に担当する。

地域の複合植物工場、複合食品産業の稼動最適管理を、地域CATVの0中央制御室と連携して、保守メンテナンス、ラインのカイゼンを定期的に実施する。
 

 □環境設備に関する情報


  ◎次世代照明技術関連団体

  ◎温度制御の探求

  ◎触媒の進化

 

 □最先端医療の現状

  ◎最先端医療の現状

 □林業再生「緑の社会資本」の現状

 ◎林業再生「緑の社会資本」の現状

 □最先端下水道の現状

 ◎最先端下水道の現状

 □知財を活かすプロ











 


 ●知財を活かすプロ

商品製品開発をする場合、世界の先人の生産にかかわる具体的な内容の最新内容を学び、特許に抵触しないように真似たり、使用許可を契約して活用する場合があります。

植物工場に関する情報、食品産業に関する情報をすべて入手し、共有化し、すでに常識化した汎用プロセスを応用活用し、ローコスト化の暗黙知を構築する。海外へ普及するときを想定して、ビジネスモデル全体のフレームと、日々の改善の標準仕様を登録する。
運営するための暗黙知は、登録不要。真似られても、時間軸で先行暗黙知が成長できる無限の「いきものづくり」の場合、伝播速度は、機械半導体のように分解して分析しても、
収穫した結果では、付帯技術以外分析して真似ることができない特徴があります。
地域がローコスト生産できる、地域一体化のしくみを全体真似て構築するには時間がかかります。「いきものづくり」の装置産業化、省人化は、潤沢な富裕な企業に、設備素材、原料が豊富な国が短期で追いつき、追い越し、価格破壊コストで生産し、設備素材、原料の市場商品相場を高く金融操作し、超円高にして、輸入金額を高くすると、日本の装置産業の他の業界と同様に、利益がでなくなり、赤字で、装置産業の投資金額を回収できない段階で、予定通り、海外に装置を売り撤退する確率は高い。

 

 □地域のインフラを戦略的に活かす









 

  
 ◎新製品新事業開発のための情報

 ◎21世紀が創る新市場の現状


  ○第四次産業、複合食品産業
  ○スマートハウス・シティの稼動の現状
    ○スマートコミュニティ社会
  ○地方の空港は地域人商物流の突破口
  ○航空貨物物流の最新のしくみ

地域に現在あり整備されてきた機能を事業展開の中に組み込み地域CATVを球心機能にして統合して、地域の双方向情報、商流、人行動流に全体指摘に活かすために、ふさわしい修正をする
阪神大震災、東日本大震災、福島原発事故を経験し、2012年8月内閣府が南海トラフM9大震災と大津波の近未来発生を発表し、地域の危機管理、防災、海外外圧に対する自衛に関して行政と地域に住む人全員をつなげるネットワークのしくみシステムが出来てきました。この機能は、地域のあらゆる機能をつなげ、積極的に創市場創客に活かすと、地域の人が共に豊にできる素晴らしい機能を発揮できる段階になってきました。
 
 

□地域の資金調達のしくみを活かす。





























 


 ◎狭域高密着型地銀信用金庫、JAの潜在能力を活かす

 地域内で資金が循環し、他地域に流出量より、流入量を多くし、地域の個人の預金金利は、営業宣伝費総額を充当した、信金活用+金利を地域の人に還元する。
他地区の銀行より最高レベルにする。預金引き出し手数料より高くプラスに設定する。

信金、JAの社内中小企業診断士を、地域複合植物工場、地域複合食品産業の全体の経営ホールディング会社の経営、財務戦略の実務の制御型人財の事務局(黒子)を担当し、
信金総能力で、各中小企業が適正規模厳守で、最効率企業の黒字企業にして、地域への事業投資回収率100%のしくみをつくる。

各企業の経営に関する経営者、役員への徹底した実務能力向上を、経営手法の最先端の中小企業存続教育期間も兼ねる。また、専門企業の行動勉強型経営陣が多い企業から複合企業に協業を、地域エリア区画ごとに戦略的に進める。
詳細具体内容のシナリオは、商品戦略に応じた、生産協業を進め、地域の販売拠点として、商店街単位で、協業支援をする。

地域のJAは農業専門家として、JAの総能力を地域に貢献できるように、商品開発後の品質検査、用途別分類等、大規模農業生産に関わる機械の、最先端機械のリース提案と活用指導、生産標準化を一緒に担当し、JAの最高水準の生産工場に育てる。全国の弱者化地域のJAと連携し、成功ビジネスモデルのしくみを、その地域に定着する指揮者・カタライザー(触媒)型コンサルタントとして水平展開し、全国にJAを突破口にして普及させ、地域が共に豊になり、JAが日本で最強の、地域密着機能を構築し、その地域の共鳴共振高共働して信金を資金調達機能にして、最初の信金網を通じて、その地域の信金に、経営のしくみ、地域の中小企業協業の仕方、黒字化への経営者役員の変革のプロセスを、その信金の社内中小企業診断士間情報交流と、現地現場見学で学び真似るしくみにする。

ただし、多数の信金間での情報公開は禁止し、JA経由を優先する。信金経由させると、
企業我欲が大きい富裕企業が主導し、自分や、自社グループだけが儲かり、就労も地域の人平等でなくなり、大企業大資本の全国規規模のNTTやCATVの大味機能で有事対応が遅くなり、低所得層の中流化数増加効果、若手全員就労でき、年金高齢者の収入源も断たれ、地域の富裕層優位の現在に縮図となる確率は高い。慢性赤字企業も50%以上になる確率は高い。「雑魚の集団に大魚、巨大魚が混じる現象と酷似」します。
大企業は、メガバンクと組んで、国内市場の狭い中で、人口数減少し、高額投資の装置産業化するより、無限の市場で、類似のしくみ、大企業インフラと連携して海外戦略を展開する方が、世界の市場で勝てる確率は高い。日本国内で大魚は大魚らしい行動をたいぼうします。大企業の世界貢献度評価は、20世紀型、経済侵略手法と別次元であるため、建前金に歓迎し、本音日本人嫌いの刷り込みから、左脳で好き評価する人が多くなる確率は高い。世界の富裕層が、短期で資金投入支援成約が決まる確率は高い。

  
◎投資育成のしくみを活かす

 

 □地域の飲食旅館業の食材供給機能を担当する
 


  ◎観光庁
 
地域の飲食店、学校給食、社員食堂、旅館、ホテル等、地域の新鮮安全安心食材を潤沢に供給するために、 大量、変量、少量、低単価、高単価(地域の旬、珍品等)を組み合わせた生産体制を創る、
 

 □ものづくりの最先端を学ぶ、真似る






 


  ◎先進する事業の勝ち残る知恵を活かす
  ○固有ノウハウを事業に活かす
  ○業種専門技術を啓発する団体
  ○半導体情報通信技術を活かす
  ○エネルギー自給への対応

   
◎専門学会の活動内容から学ぶ

  ◎業界団体の活動内容から学ぶ

  
   
◎固有コアを進化させる企業群一覧

 

□地域の未知の社会を構築する若い総行動量を活かす







































 


  ◎若い最先端知識人で地域の知恵を進化

地域が勝つ条件である複合食品産業を基幹化するためには、地域に先人がいない未知の分野を多数実現するためには、人生の中で、最大の総行動量があり、先入観を持たず、目的に挑戦できる人は若い世代であり、年数を重ね熟練度を増幅させ、地域の集団組織を増幅機能として最大に活かす(地域の多数の専門家、専門企業等)ことができます。

地域の未来、子孫が共に豊な健康で繁栄できる21世紀後半に継承ができる多数の人が、近くに育っています。
規模が強大化して大企業中堅企業は、生き残りを大義名分にして海外の最先端設備を置き、海外の多数の人を雇い、社員数の日本人の比率は、加速度的に減少し、日本のすばらしい若い世代の伸びる芽を摘むことが必然というロジカルシンキングが優位な時代になり、地域が、若いから出来る無限の可能性を開花させ、世界に貢献できる事業を地域全員で構築することを待望しています。、

超円高、海外の人件費、原料安を活かし、大企業中堅企業の海外拠点からの輸入品が国内産業の脅威になります。ただし、想定以上の速さで、過去のバブル崩壊時代の海外への不動産投資が、投資資金回収できず多額の資金が、海外に流出し、日本の倒産銀行証券会社の再建と大義名分で、多額の資金が海外企業の計画通り、多額の資金が流出しました。同じ失敗をまた再発します。想定以上の速さで、最先端の多額の設備投資した資金を回収で出来ず海外で国益のために国家的市場操作で、短期不買を演出し、赤字を理由に経営権が移り、社員も海外の人であるために、身一つで撤退する時期がきます。
撤退した、大企業、中堅企業グループを、国内を事業基盤にして、海外で勝つ残るために強い地域が支援する時代が近い。繊維業界、水産加工業界の顛末と酷似現象にすぎません。世界の最先端を行き。真似る企業我少ない場合は、後発日本が開国、戦後はし学び、真似る、プラスαを付加するだけで、想定外の成長ができて、先進国の仲間入りしました。情報量「ゼタ時代」は、後進国が、素材資源が少なく、人件費が高く、原価が高い国の価格より安く同等の商品製品が日本が必要な期間の1/3で可能です。国益の目的で、潤沢な富裕な資金を投資すると、されに速く事業化実現できます。日本が優位な幻想は思い込み慢心の錯覚です。この時代は、開国ではなく、現状のままで、地域が実体社会の「自給自足、地産地消」を突破口にするときです。上限規制のない世界規模の巨大な金融操作で、間接人員(ホワイトカラー)が大人の30%を超えた場合の姿は、ギリシャ、イタリア、スペイン等、働き稼ぐ努力をせず、要求だけの多数の人を生みます。働きたくても働く場がない、就業インフラのための事業創業方向に気づけない姿が、超赤字国債を持つ日本も同様な姿がなっている確率は高い。

気づいた今日から、若い世代の、近未来の制御型人財を目指人、育てたい集団組織は最最初の一歩を踏み出す時です

地域は、「自給自足、地消地産」型で、地域で資金が循環し、外部への資金流出を最小化し、逆に、商品製品を地域外、海外へ輸出して、資金が潤沢に流入するしくみシステムを構築する「思い切り「割り切り」をして、弱者化地域(国内、世界の雑魚)が勝てる条件を構築するためには、負けグセ、勝てないと思い込み、催眠状態の人が多い「大人」より、「若い世代」の方が成功確率は高い。

 
◎TLO(技術移転機関)を活かす
 

 

 

 

 

 

 


 

商品一覧