開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

地域の露地型の成功の知恵を真似る

■地域の露地型の成功の知恵を真似る  120806

地域が勝つ条件は複合食品産業を基幹化>地域の露地型の成功の知恵を真似る




更新 2012.9.29

 人間が生存をはじめた紀元前から情報量として継承された食料の露地型生産
の成功実績とプロセス明確な知恵を真似る。

「ものづくり」の成功事例の知恵の中で「いきものづくり」に最適な部分を重点活用
して、現在の単一面積で200%以上の収量と、現在以上の安心安全で高品質で
おいしく、低価格販売ができるようにする。

 参考
 ◎地域の複合植物工場の生産コストの低減 
 


 □露地型生産で所得500万円を得るための栽培面積と労働日数


































 

 

 □直物生産システムの高度化を急ぐ背景


































 

 

 □植物生産システムのフレーム






































 

 

 □露地型の成功の知恵の「よいとこ」を真似る















































































 

 

 

 

 □半閉鎖型植物工場で生産される作物の特徴




























 

 





 

□主食「コメ」の閉鎖型の最新の生産の知恵





































































 

 

 

 

 

 

 

 地域が大量生産し、世界の金融操作で輸入単価が乱高下する主な輸入農産物の総量(国内販路開拓可能な最大市場規模であり、毎年増加しTPPで加速度増加が見込める)
を意識して、その品目の地域での原料、半製品の総調達量を目標に、小口使用企業から地域での自給へ販路占有する。大口顧客のホームページで地域貢献、社会貢献を公言している企業で、大口だから値引き交渉する企業には供給ゼロにして、地域の消費量以上の生産余剰は、大都市の中小企業の調達の供給源として残量を売り切る。
ただし、スポット型として、商品相場が高止まりしたときの援助機能に徹し、地域の自給自足に徹することが「勝てる条件」であり、ハングリーマーケットの演出方法です。

◎食料自給率( )の低いもので、輸入量が多いものを、大規模生産植物工場に組み込む
 
●穀物計 25,294千トン
  食用穀物(59%)・・・米、小麦、ライ麦等含む
  飼料用穀物(14%)、小麦(11%・5,476千トン)、粗粒穀物(1%)
  とうもろこし(16,193千トン)

●米は、地域の自給率100%〜110%とする。地域の人がブランドとして選び購入量の多い 品種は地域生産対象として、植物工場では、露地生産と異なり、40%以下は高単価の品種を変量生産する。海外の米の生産品質は向上し、同一品種で大商社経由で国内 価格を破壊する安さで、江戸時代の豪商の米相場の時代が始まりました。国内の生産 量はTPP(関税ゼロ。輸入量規制ゼロ)になると、想定外の速さで、畜産の生産の縮小の時代のような、米生産量の減少確率は高い。大商社の米の豪商型販売に勝つ価格を地域の大規模複合植物工場を早期稼動させることが重要です。露地型では、海外に勝てないことに気づくときです。

◎豆類 (8%) 大豆3,456千トン
◎野菜類(83%)  ◎果実類(41%)

◎肉類(58%)  ◎卵類(96%) ・・・飼料用穀物の地域市場を占有できます。
◎牛乳・乳製品(71%)・・・牛乳換算(バターを含む)
 

 

 

 

 


 

商品一覧