開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

地域の複合植物工場の生産コストの低減

■地域の複合植物工場の生産コストの低減   120728

地域が勝つ条件は複合食品産業を基幹化>地域の複合植物工場の生産コストの低減 




更新 2012.9.30

 地域の複合植物工場の生産コスト低減目標は、四季変動環境による相場変動
価格の最下限以下でも利益が確保できるコスト内で生産できるしくみシステム、
変量人海能力数の最適体制で運営できるようにする。
 

 

 □露地型生産で所得500万円を得る栽培面積、労働日数




































 

 

 □複合食品産業と複合植物工場との連関






















































 

 第一次産業である複合植物工場を運営するために持続的に利益を出すためには創市場創客が必ず右肩成長させるしくみシステムの構築が必要十分条件です。
地域のコンタクトセンターとテレマーケティングシステムを共有化し、地域密着CATVの機能を球心にして、地域内市場の占有率、インストアシェアを戦略的に拡大できる地域の自給自足、地産地消型生産事業展開だからできます。

・地域の二次産業、三次産業の総原料供給内容を調べ、納品品質基準を調べる。
調達時の納品価格を知る。原料供給条件を超えることができて、収穫量150%(初期段階の生産能力とし、プロセスコントロールノウハウの未熟で人災発生確率が高く、実質収量100%で利益計画を立てて、固定価格(相場価格以下)で完売するしくみを創る。
その時のコストで、利益がでるようにする。

◎地域の適正規模の複合植物工場は、黒字になれるしくみが、現在あり、そのフレームを統合することが可能な、多数に要素た地域にあることに気づくことが情報量「ゼタ時代」に「勝てる条件」を創る分水嶺になります。


◎適正規模を厳守した単位の企業は、創市場創客のしくみがあり、常に完売ができる場合は、役員報酬配当が「腹八分目」で上限制限すると、社員の総人件費を右肩成長できます。地域の中小企業が、社員多数が上場企業の最低所得者以下の人が多数います。
実は地域の同族オーナー経営者一族が、銀行融資の信用のため、必要以上の過大な役員報酬配当を得る習慣(上場企業の役員の1億円以上の所得と酷似)になってしまい、企業は赤字となり、社員の総人件費を赤字を根拠に最小化、右肩下がりにする傾向があります。地域の、オーナーの豪邸は天変地異で、豪華な家が破壊される時代になりました。
地域の人が共に豊になるように、社員の所得分配を多くすると、「もとつもたれる」「絆(きずな」で、帰属意識が高く、終身雇用のしくみの社員なら自社の再建再生を想定外に速く実現に働きます。狩猟民族の就業方式の個人、少数者評価より、全体最適の多数評価の方が、地域には最適な方向であることに気づくときです。

◎農耕民族の遺伝子レベルの記憶を10歳までの子ども達に現実として複合植物工場の生産プロセスで、戦略的に動植物と接し、生産体験をし、自分が生産した安全安心な食料を食べて健康を維持できる自給自足、地産地消の人格基盤と、現在人格の中で欠落したり、少ない帯域である「煩悩、本能、いじわる、いじめたい、動物を殺し、人を殺したい等」の右脳の動物脳を、「食足りて礼節を知る」ように左脳で制御できるようになる確率は高い。現在の「大人型子供」の減少と、外部規制がない放任の高齢者の有識者でさえ子供帰りし富裕を武器に「大人型子供」行動が多発しなくなる確率は高い。

設備建設や機械の調達は、地域の中小企業で、共に成長しするためにその企業の実務の制御型人財を担当させて、地域で最先端技術力が評価された勉強仲間企業に「ものづくり」依頼する。地域貢献、社会貢献をホームページで掲載している企業から選択する。
企業の地域貢献事例として、地域の複合植物工場の内容の一部掲載を許可し、地域CATVで複合植物工場の施設に関係する企業の広告宣伝(有料)をする。地域CATVの番組で、地域のすばらしい企業紹介として、地域の人が働く姿(役者)が映像で写るようにして、地域の家族が働く姿を紹介して、「もとつもたれつ」を演出する。


適正規模の複合植物工場が、複数できて、連携多品種変量納品の面生産体制が可能な間は、地域の複合植物工場予定の企業の計画販売量不足補填(仲間支援)と地域の複合食品産業の安定供給供給、地域の商店街への販路、地域の旅館、食品小売と、複合植物工場で働く人への社員販売(上限規制をし、流用者は2度と購入できなくする)、地域CATVの視聴者の地域の人に直販するしくみで、完売する。

複合植物工場の点在分布の拡大(直販購入エリアが重ならないように地域CATVの視聴者分布で区分けして展開する。地域の人口全員「家族、集団組織の個人単位」が視聴者にすることが最終目的です。

地域の総生産量を、地域CATVの機能の中に電力型スマートグリッドのしくみ応用して、中央制御型、毎日の販売数管理、倉庫による季節変動に対応した、平準化供給体制として活用する。

連携していない第二次、第三次食品産業を地域の中に組み込むことに共鳴共振共働した
企業から顧客化し、従来の調達が海外の場合、TPP下で輸入価格以下で、国内市場占有後の先行準備として、その企業の海外顧客を対象に、国内大企業の国際物流機能を生かし、販路拡大のフレームを構築する。日本の総合商社経由の場合は、その総合商社の輸出機能を「学び、真似る、プラスαを付加する」して、ジェトロの機能を活用して販路拡大のフレームをこうちくする。
 

 □植物生産システムの高度化を急ぐ背景

































 

 

 □植物生産システムのフレーム


































 

 

 □生産コスト分析


































 

 

 □植物工場のコストダウンの2つの方向














































































 

 

 

 

 □大規模ドーム型半閉鎖型植物工場































 

 

 □すべての野菜の水耕栽培・最適培地で工場生産可能












































































 

 

 

 

 

 

 

 

 

商品一覧