開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

地域中小企業が最適運営する複合植物工場

■地域中小企業が最適運営する複合植物工場  120815

地域が勝つ条件は複合食品産業を基幹化>地域中小企業が最適運営する複合植物工場



更新 2012.09.27

 地域の中小企業が、協業経営連携して、分担して固有技術を磨きながら
戦略的に複合植物工場を自給自走、地産地消で他地域に勝てる運営
できるようにする。

 

 
□地域の中小企業が最適な複合型植物工場を運営する原理を確認

大恐竜時代、紀元前から、人類が地球で生き残れたのは、生存に必要な食料を、生れた子孫が生き残る
ために住む地域で必要な量を確保する成功の知恵、プロセスを子孫に伝承するしくみ、情報量(無形のもの)
を伝える手法を持ったときから始まります。

20世紀までは、どんな優れた先人でも、寿命で、伝承が未完成の段階で、その先人より低い実体行動レベル
でくりかえし、人類が生きるために平等で健康に生存できるだけの必要食料自給体制が改悪され、変容し
続け貧富の差が生じて、極貧の人を生み食料の健康維持の最低限量さええることができなくなりました。

21世紀は、現存する人に十分な食料生産ができる総能力段階にも係わらず金融バブルが、物々交換とは
異なる、バブルハロー型金融増幅現象で、さらに多数化した極貧の人は、飢餓(地獄)の状態で世界平等に
生れた子供が5歳までに生存できない時代になりました。
地球人口100億人を超える時代、超富裕層の動物脳煩悩で、胃袋の大きさとは異なる、食料の浪費により、
地球の人の食料として可能な生物は、生物(動植物)多様性として、人と最適共存する段階から、人間の食の我欲が膨大に拡大し、食べつくし、絶滅したり、絶滅危惧種せ多数でてきました。
(大恐竜の食環境と似し、地球天候の安定で無限に増加する自然に増加する食料事情が、天変地異の環境

21世紀は 人間の栄養源として消化し遺伝子、染色体等を変異させる食料が真因の「ガン系化の死亡を促進
するものが多数生産される時代になりました。
人の生命を維持する「消化できる栄養源」の食料が不足し、他の天災や日本が原発事故多発させる地球の
最大汚染国の役割をする人災と重なり最終的に人も含め、現在に生物が死滅し、新たな環境適応した
生物の時代がはじまる確率はゼロではなくなりました。

日本のような世界の中で最低レベルの住環境の不安定期に入った国も現実化してきました。
現実化したために天変地異、人災で地球の食料生産環境が、不安的期に入り、超富裕層はすでに地球を
捨て、宇宙に食料確保できる宇宙の星を求めて、過去の大航海時代と酷似した、宇宙大航海時代の徴候が
現実化をはじめ、いよいよ国家予算を狩猟型の富裕な資金を投入し国家間競争時代がはじまりました。

◎日本は世界の中で最低レベルの住環境の不安定期に入り、現実化してきました。

富裕層は日本以外の海外のよい住環境(経済も含む広義)へ生き残りを大義名分に多数移動をはじめました。

日本の弱者化する地域にどっぷりつかり住み、日本の天変地異の頻度増加、TPPの経済外圧、海外企業の市場蚕、地域の人の減少のため、20世紀型成功体験を妄信する人が、海外から多数の人が移住し、人口の少ない地域から、多数決で、日本人以外の異民族が主導する地域から、最初に町から変る徴候が出てきました。

現在の地域の人口が、共に豊になり、地域の優性遺伝型子孫繁栄を目的にして人口減に歯止めをかけて毎年右肩上がりで人口増ができる食料自給自足、地産地消の基盤を構築を急ぐ時です。

あなたの地域からブルーカラーの数の不足や、就労人口の不足は、富裕層が描くロジカルシンキングであり、に映像、メディア、マスコミの加工により正しく見えますが矛盾し詭弁の手法が多数あります。
地域が「もちつもたれつ」「絆(きづな)」「心くばり」「気配り」等、重複行動をしない、地域全体最適行動をし、「共に豊になる」を合言葉に「勝つ条件をつくる」ために「割り切り、思い切る」重点集中行動の時です。

地域の全員が働く一人として個人集団組織機能連携した行動をする。地域全体が最適な行動になるように全員が分担した役割に重点集中行動をする。
農耕民族の遺伝子レベルの強みに気づき、食料の自給自足、地産地消が実現でき、すべての人が、健康維持に必要な食料を確保できるようにする。

右脳の動物脳煩悩本能は、「ライオン等の食習慣と同じエリアの動物との共存のしくみ」と酷似し「食足りて、礼節を知る」のごとく、個人煩悩我より地域の集団組織が全体最適になる一員としての価値基準行動基準が多数決で60%以上に情報量「ゼタ時代」は実現できる確率は高い。

◎「勝てる条件」を増やすために運営の原理を、地域で体系化整理し、地域の人が共有の価値基準行動基準で成功確率が「もうちょっと」高くなるように、行動しながらプラスαを付加することを待望しています。
 

 

 

 

 原理1 原理2




































 

 

 原理2































































































































 

 

 

 

 

 

 原理3








































 

 

 原理4





























































































































































































































































 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

商品一覧