開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

地域第四次食品産業の原料供給基盤の実現

■地域第四次食品産業の原料供給基盤の実現  120815

地域が勝つ条件は複合食品産業を基幹化>地域第四次食品産業の原料供給基盤の実現



更新 2012.9.25

 地域第四次(第六次)複合食品産業の原料供給基盤の実現するために第一歩を
踏み出す時がきています。
弱者化する地域の総機能を、地域コアを活かして自給自足地産地消の金融操作に
影響の少ない共に豊な実体社会で「勝てる条件」を構築するチャンスの時です。

多くの映像メディアマスコミ、政府の情報は大企業に偏重したロジカルシンキングに幻惑されず、
地域に人が共に豊で、子孫繁栄基盤にすることが目的です。
情報量「ゼタ時代」に入いり、右脳の動物脳本能煩悩を制御する心理的幻影を実体で見(観)極めて、
浮き草行動をしたくなる煩悩を自重して、ちょっと間を空けて、「人間の尊厳」としてプラス領域量が多い
かどうかの価値基準行動基準ではっきり、すっきり行動できる優れた先人の叡智に接することができます。

明確な確信決断行動をより人類にとり成功確率の高い方向を探すことができる時代に入り、それを生涯
の中で最高水準で、子孫繁栄のためにキチンとプロセスを明確化して、ふさわしい制御型人材に継承
できる確率が高くなりました。20世紀までは不可能なことが21世紀可能性があることに感謝しています。


 
◎情報量「ゼタ時代」地域の勝ち残る戦略

地域の第四次(通称第六次)複合食品産業を適正規模厳守で設立し、黒字企業として、地域の最大の
就労人数を吸収できるようにする。この成功ビジネスモデルを、世界の多くの弱者化が加速する地域で
共鳴共振共働した縁ある地域から、指揮者・カタライザー(触媒)の役割をして、過去の海外進出とは
異なる、海外の地域が共に豊な地域に、その国の人が自力で事業展開し、「勝てるようにする」貢献が
できる確率は高い。縁ある海外の地域を多数構築し、世界の豊な(金は腹八分目でその他の価値)人が
60%以上の多数化を目指すために貢献できる一員になる確率は高い。

参考
 ◎第四次産業、複合食品産業
 ●第一次産業のデータ
 ●食品産業のデータ1
 ●食品産業のデータ2
 ●食品産業のテータ3
 ●食品産業のデータ4
 ●食品産業のデータ5  
  ●エネルギー供給のデータ

 

 

 □なぜ閉鎖空間型農林水産業が進化をはじめたか?



























 

 

 □地域複合食品産業の設立


































 

 

 □地域の植物工場公的研究機関































 

 

 □国の政策は国内農業の強化ではないのではないか?





























 

 

 □海外の植物工場の研究開発は急ピッチ


























 

 

 

 

 

 


 

商品一覧