開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

地域の複合食品産業の原料調達

■地域の複合食品産業の原料調達  120903

 地域が勝つ条件は複合食品産業を基幹化>地域の複合食品産業の原料調達 

 

更新 2012.09.30

地域の複合食品産業の原料調達は地域複合植物工場で自給自足・地産地消する
しくみシステムを構築して、地域の人が多数働ける潤沢な就労のしくみにすることを
目指す。

1.「いきものづくり」としての地域複合植物工場のコアは何か?
「いきののづくり」は 金融増幅で肥大巨大する世界規模の企業(大恐竜型)の「ものづくり」は、デジタル
超優位化し超貧富の拡大となり「人間の尊厳」行動格差は21世紀超乖離格差拡大をし続けておいます。

「いきものづくり」は人づくりと酷似し、「ものづくり」の成功ビジネスモデルと異次元なアナログ
優位の精度レベルでプロセスコントロールできる誰でも働ける(傍楽にできる)分野であることを
強烈に鮮明に意識して、迷わず「割り切り・思い込む」第一ボタンをかけることが第一歩です。

「いきものづくり」は成長過程で、単体個別に、アナログ型のきめ細かい最適プロセスが必要であり、
「心づかい」「気配り」等の行き届いた人なら誰でも最適行動を目指すことができる分野です。

人は誰でも平等に長い反復工夫改善持続した人なら必ず「ご褒美」として「ものづくり」の領域でさえ、
機能設計で永遠に実現探求する「匠の域」に達することが出来ます。
なぜか?人には想定外のすばらしい未知の未使用の総能力が個人ごとに潜在人格行動基盤の中に
誰でも平等に持っています。
左脳の机上の評価による知識格差、社会実績格差、ブランド格差だけでない領域です。

「いきものづくり」は 誰でも緻密な経験累積量により、高度な価値基準行動基準ができるようになります。
幼児、子供時代から学生、大人、高齢者まで、どの成長段階でも、また肢体の機能が完全でない障害の人
(介護者も含む)でも、「いきものづくり」の全機能・複合食品産業の中で、誰かが食べ終わり、活用し終わり、
廃棄物として、地球の物質閉鎖系により新たな循環がはじるプロセスの中に儲かる(金、知識、智慧、幸せ
等)を得るために働く場を組み込むことができます。

どこかの段階でふさわしい働き(傍を楽にする)で地域に貢献することが、誰でも生涯できます。

原始時代の、大恐竜時代の現在と比較した超悪環境の中で生きた人間の生きる原点である食の確保を
必要量集団組織のためしていたはずです。

◆狩猟型民族は、個人の技術格差で収穫量格差が出来て、優秀な個人が最初に富裕になり、周囲の
小動物が減少し、大型動物の狩猟段階になると集団組織を個人の増幅機能として活かし、収穫するす
能力がある人が、個人段階よりさらに富裕になりました。
現在の狩猟型民族の異民族さえ上手に集団組織に組込む個人主義原理優位超富裕層の出現の原点の
姿と酷似しています。

狩猟のための関連技術は農耕の進化より超速であり、18世紀新大陸発見を目指す大航海時代により、
先住民族を征服し、狩猟(広義の利益)拡大のための領土占有拡大をした時代がありました。
20世紀代は、「先楽後憂型」金融機能が生まれ、経済で世界を市場に遠洋型狩猟(利益)をしていました。
狩猟が上手で収穫が多い人が優先で占有し、残りをその他が分配し、生きることができない人は、「働きが
悪かった」だけである弱肉強食優位行動になる徴候があります。
ただし、富裕な人の一部は食べることができない人に「恵む」機能を実践する人格がいます。

21世紀前半は、「学ぶ、真似した、プラスα付加」が、遺伝子レベルに保持され、その手法を上手に活かす
農耕民族は、狩猟民族優位の世界の本流に、短期間で追い越せ行動で台頭してきました。

狩猟民族は自ら生んだ金融増幅機能(狩猟型思考の極致である最初に最大の獲物に増幅させ先行で刈り
取り、刈り取られた人は、対価ゼロで先に消費した代金を支払うしくみ、金は預金しても、利子より手数料が
多く、儲かるのは金融機関だけ、金融ギャンブルへの融資機能、食品相場の操作等)が進化して、想定外
に自国の経済さえ制御不能の段階になってきました。「カジノ」の原理と酷似した、無限で上限規制のない
金融操作への再発防止策を自らできるでしょうか?
「腹八分目」満足で共に豊になることに喜べる人が多数になる段階の未来が来るでしょうか?

◆農耕型民族は、個人より集団組織を上手に活かし、最大の収穫量を生産する個人が収穫分配段階で富裕
になり、土地の天の恵み(土壌の質)で収穫量格差が出来て、より豊な土地を独占する領土争奪競争が
激化する徴候があります。
汗の行動が結果としてすばらしい収穫になる「先憂後楽」型で狩猟型と逆です。食の収穫結果を分け合い
ます。
現在でさえあらゆる環境が揃い、超富裕な人の国は無限の我欲で、社会全機能の世界領土拡大をします。
原始本能は変らないのが寿命のある人の行動現象のようです。
少し食料に余流がある人は貧富にかかわらす、生きる最低の食を「恵む」人格がいます。

◎富裕の上限を腹八分目とし、共に豊になることで本音で喜べる「もちつもたれつ」「心づかい」「気配り」
等の「絆(きずな)」を優位にした全体最適型価値基準、行動基準が優位な多数決社会に「もうちょっと」
変るだけで地域は 個人の動物脳・我欲発揮が金融増幅された時代の世界で「勝ち残る」ことができる
ためには原始時代の生きる残るための農耕民族社会を基幹にすることが「勝てる条件」となります。
どんな天変地異、最悪の環境下でも自力本願、他力に期待せず、しぶとく生き残る知恵を発揮する時代
がきました。

日本の地域の人が役割分担した全体最適型集団組織は、世界の中でも実現確率が高い。

◆天からも恵みで地下に豊さ(天の他力)を得た人は、狩猟型、農耕型民族と異なる形の行動が現在です。
右脳優位で左脳による制御不能徴候があり、左脳優位にして自力で繁栄するための機能発揮ができる
制御型人財が多数成長し地球・宇宙の存続できる価値基準行動基準優位な時代を祈念しています。 


◎ひとの社会での事故はすべて「人災」であり、ものだけでは、時間軸ゼロです。
時間軸のある因果関係は、かならず人の行動した結果であり、事故は「人災」により起因します。


人による人災の再発防止は、人の「匠」型と集団組織の2名以上での補填体制で無限に反復する回数で
により限りなくゼロ化できます。個別のプロセスの精度はものづくりのような、ナノ追求でものは均質に精度
を上げることができますが、「いきもの」は、安心・安全・高品質基準を設定し上限下限のあの範囲の中で
の結果であり、ナノ精度追求と、ふさわしい高額な設備投資競争は、あるプロセス部分をのぞき、ムダで
あり「ものづくり」より、アナログ精度であり、準備できる資金の範囲で、生産できる超富裕層が優位でなく、
適正規模を厳守した中小企業協業がふさわしい人海により最大の利益を出すことができる特徴があります。

「ものづくり」の成功体験である超潤沢な資金で設備投資、人数を最小化(省人化)た人を排除するビジネス
モデルを「学び、真似する」領域は」70%以下である「割り切り・思い込み」が「勝てる条件」の一つです。
適正規模に応じた最大の効率機能で最小の投資の施設の投資をして、人海により、設備・機械の方が、
成長の節目以外の部分で、資金余裕に応じて、随時分割投資方式の方が「いきものづくり」には最適です。

適正規模を無視し、省人化し、最新装置で制御する方式で巨大化させると、植物のある条件設定が
想定外の環境変化をした時、核融合分裂のように計器だけで制御調整する間に、復元できない、
事故(植物は化学反応と同じ、成長プロセスは止められない)は、想定外の損失結果を生る確率は高い。
最小限の損失ロットにするためには「ブロック管理」型の人海単位プロセスコントロールで対応できます。
地域の中小企業の協業規模の方が、人の共有により多能工の人のしくみにより最適になります。
人の実質生産性は、大企業の設備機械優位にしは、管理中心で、実労働をしないみなし型労働生産性が
数値上高いくても拮抗できる確率が高い。大企業の最新鋭の設備機械は、海外優先で、国内は時間とともに
旧式化し人も若い世代交代は少数のため、ある時点で、労働生産性を逆転できる確率は高い。

「ものづくり」により「いきものづくり」の特徴を無視して30%以上の追求投資をした場合、想定以上の研究費
と、精度向上のための高額な設備投資が必要であり、国内市場だけでは、投資回収ができなくなりました。
国内市場だけでは赤字て、海外事業と相殺して利益をだす現象に気づくことが成功のための分水嶺です。
もし「ものづくり」を妄信して100%現在の手法を「真似た行動」をした場合、想定外の人の存在無視のマイナス
領域へ誘導します。人工頭脳、コンピュータ自動制御方式の完全に人を排除し、「人災」の原因である人の
生存与奪さえする少数の超富裕層の人が世界を変える結果となる確率はゼロではなくなりました。

2.「いきもの」である人は 脳機能のよさ・悪さ、集団組織の増幅機能発揮の大小で評価されます。
身体の感性健全健康格差は音楽、スポーツ等や肉体労働のとき評価され、肉体的機能が衰えると評価され
なくなります。
「いきものづくり」は、人の評価と異なり、農林畜産の場合は、一固体の成長プロセスのよさ・悪さにより、人が食料として評価する基準で決まります。
個体間互換性成長結果は、その成長環境で左右されます。

「ものづくり」は 多数の部品の互換精度と勘合公差で、パーツ、アセンブリー、最終製品商品の精度が決まり
ます。各部品の精度範囲が完成品の精度と相関があります。
ナノ精度なら、多数の部品の精度の追求に高額投資をして、「儲かる格差」をつけた製品商品になります。
生産プロセスのデジタル型の徹底探究が最終製品商品格差になります。

「いきものづくり」は、遺伝子に組み込まれた化学反応と同様な手順で成長し、成長の節目ことに、化学反応
式は不連続に変化します。連続成長段階は、化学反応のように最適条件維持が必要です。
節目も前に、微妙な予兆があり、「いきものくづり」環境を完璧に一定にできないため、生産物固体で成長段階
は微妙に異なり、採集生産物は微差が大差となってでてきます。
生産プロセスは、成長過程に応じて、固体ごとに管理調整が必要です。特に成長の節目期間は人海による
ふさわしいその時の環境全体最適行動が必要な、アナログ型プロセスコントロールの方が安定収穫確保に
必要になります。

「いきものづくり」には人海の方が、ローコストで変量調整能力が高いプロセスがあります。
過去の生業家業型少人数生産体制の場合、毎日、プロセスコントロールの強弱をつけずに、最終収穫まで
現場から離れず、植物成長プロセスの微妙な変化を感性で感じて対応し、天変地異の変化に適応した、
先行行動で収量減を押せていました。汗と泥の見えない行動を、パターン化し標準化し、集団組織としての
生産プロセスに改善し、時間生産性、労働生産性を上げると、適正規模単位なら、安定価格の創市場創客
の地域のしくみプロセスを稼動させると黒字化でき、内部留保金額を累積し、総役員報酬・配当の妥当な
上限で押さえ腹八分目で満足するとし、社員に総人件費の分担金額を多くなり、人数配分は多くなります。
内部留保の充実と先行投資資金の準備で、複合植物工場が右肩成長すると、社員は毎年豊になり、
地域の複合食品産業グループ内移動も含め、地域で終身雇用のしくみ、定年のしくみ、定年後の働くしくみ
ができると、大都市圏へ流出する若い世代の地域での貢献度は高くなる確率は高い。地域の自然的に人口
の減少に歯止めがかかります。地域の共に豊な子孫繁栄のための基盤ができてきます。


 


 

◆植物生産システム



























 

 

 ◆植物の存在価値の再認識


























 

 

 ◆物資閉鎖系を持続循環させる植物の役割



































 

 

 ◆農林業、植物生物産業の光源

































 

 

 

 

 


□目的
 

日本の地域の「成功ビジネスモデル」を国内・世界へ伝播させる目的で「もうちょっと10%儲かる目標」で地域の中小企業、生業家業を事業プロジェクトに組込み、情報量「ゼタ時代」のプラス領域量の多い部分の最先端進化の固有技術型を「学び、真似る、プラスαを付加」を最適に活かし、事業体の単位は適正規模を厳守し多数増幅させる面型展開をして、地域が共に豊になるように変革し、世界に貢献するために、世界の中で、国内で環境が最低である現状では弱者化が鮮明な地域の総能力を結集すれば、赤字拠点が黒字化し、持続的右肩成長できる時代に入りました。超富裕な潤沢資金を使い、世界で巨大化(大恐竜化)を目指す世界の本流は、金融バブル操作により利益が増減機能を発揮し、想定以上の速さで「過去のフォードの大量生産(超大型最先端設備投資と同じ原理)の失敗を、まず日本国内の大企業、メガバンクからはじまり、世界に伝播」する徴候が出てきました。

大恐竜時代に生き残った微小な原始時代の人の小集団、組織のような、すばらしい「絆(きづな)」「もちつもたれつ」「心づかい」「気配り」の人の原点にした総行動力で結集行動の必要性を、2011年3月11日に日本人は本音で戻ることが出来た人が多く地域の制御型人財は、地域をよくするため目的を明確化して動き始めるときです。

机上の仮説仮想優位(望・のぞむ)前工程より、実体の中で行動(歩・あゆ)すれば、何を最優先にすればよいか、実体社会の具体的問題テーマが浮かび、次々と解決した結果として、未来が開けます。

●地域再建再生の成功方向
阪神大震災からの大都市圏の富裕な資金で民間が自ら最適再建再生行動をし想定以上の速さで、国が日本の再建再生の重点的潤沢資金を支援して未来が拓かれました。
2011年3月11日、仮想空間の多数のいやし行動に資金を投入したり、地域が机上の空間のグランドデザインに資金を投入して政府は最小効率的助成を計画しても、「山登りのふもと」で動くだけで、地域の実体は何も変わりません。地域以外の富裕な潤沢な資金をもつ企業我優先する行動で戦略的に地域の市場は占有され、地域の人も地域財政も過去より悪くなったことに気づいても「後の祭り現象」になる徴候が多数あります。

日本の財政にプラスになる大都市圏以外、財政破綻寸前の国が、弱者化した地域の多数に、財政健全化おり悪化の地域へ潤沢な助成を本音で投入するでしょうか?
地域の赤字慢性中小企業が多く、大企業の拠点工場(処理機能で、自由裁量資金はない)は、地域の再建再生に潤沢な資金の投入と最強人財群を多数投入できるでしょうか?

◎他力への期待は切り捨て、あれば追い風「儲けもの」とする価値基準、行動基準への転換を待望!
現実、実体の中で、地域が「勝てる条件」を日々構築行動をする方が、現実化できる方向です。

 ・地域の複合食品産業を基幹にして適正規模化協業をする。
 ・その原料調達機能を持ち、原料の自給自足を目指す。
 ・地域内自給自足、地産地消優位にし、地域の人が多数その中で働く
  ことができ、地域内で金融操作の影響が少ない資金が循環させる。
 ・地域の人が心身共に豊になことを目指す。

◎世界の中でも日本の地域は、人質が揃い、必要な経営資源は揃い、「勝てる条件」を持つために、
情報量「ゼタ時代」の世界最先端情報を「学び、真似、地域最適化プラスα付加」することできるように
なりました。地域の人の「もちつもたれつ」「絆(きぢな)」が、日本の加工された映像、メディア効果で
本音から急速に薄れ、自分中心、自由放任、煩悩本能優位行動が優位になり、建前の言葉だけに
なる人が多数化する、過去の連続行動になる前の限られた時間に行動(歩・あゆむ)をはじめること
が地域が国内・世界へ貢献できる分水嶺になります。

 

 

 
■関連コンテンツ


 
□地域自給自足のための複合植物工場のフレーム

◆農林業、植物・生物産業における光源と投入資源投入効果のフレーム 
◆栽培技術と対象植物               
   1.開放型(露地)
   2.半閉鎖型(園芸施設・太陽光型植物工場)   
  ・養液栽培の種類」

  ・「太陽光利用の問題点」 
 .
  ・自然光型植物工場の植物生産速度、品質、収量に影響する要因例  

  ・栽培に考慮する必要がある環境要因と植物体情報  
 3.閉鎖型(人口光型植物工場)
  (1)環境の特徴
  (2)対象植物  
  3.閉鎖型植物工場向きの品種改良には時間・先行投資がかかります。
  4..地球の半閉鎖型、閉鎖型複合工場の儲かるしくみすすテムの構築
  5.閉鎖型植物工場システムの変化 
  6.閉鎖型植物生産システムの成長過程
  7.経済産業省2009年先進的植物工場技術研究拠点整備事業 
 


 
□地域第四次(通称6次)複合食品産業の原料基盤の実現

 ◆なぜ閉鎖空間型農林水産業が関連技術が加速度進化をはじめたか? 
 ◆地域の植物生産技術の最先端技術を活かし、地域第四次型食品複合産業の設立
 ◆地域で植物工場に関する公的研究機関が活動しています。
 ◆国の植物工場技術進化の目的は、国内農業の強化ではないのでは? 
 ◆海外の植物工場の研究開発は急ピッチ  
 


 
□地域中小企業が戦略的に最適運営する複合植物工場

 ◆地域の中小企業が最適な複合型植物工場を運営する原理を確認 
   原理1 
    原理2
     ・原理2の2.細胞培養(広義の植物工場)
  ・植物工場(広義)の分類  
  ・植物細胞培養による有用物質生産例 
  ・クローン増殖のプロセス(サラダ菜の種苗例)
  ・畜産や水産のバイオテクノロジーも実用化が進んできた 

  原理3  
  原理4 
   ・植物の成長過程(大局着眼)
   ・植物の成長度合は、人の成長と同様な法則がある。
   1.誰でも避けることが出来ない植物成長に共通法則があります。 
   2.植物成長と光の関係 
    ・A「日長(日照時間)」1日の光合成は日長の積算になります。
    ・光形態形成   
    ・光合成と環境条件の関係 
 


 
□地域の複合植物工場の生産コストの30%以上低減

 ◆所得500万円を得るための作物別栽培面積と労働日数  
 ◆生産コスト分析   
 ◆植物工場のコストダウンは2つの方向がある 
     2.地域の複合植物工場の70%以上は半閉鎖型施設にする。 

 ◆大規模ドーム型半閉鎖型複合生産複合工場にする目的 
 ◆ほとんどの野菜を水耕栽培・最適培地で工場生産可能  .
   2.現在のレタスは、露地栽培品種を品質改良され、商品格差がでてきました 

 ◆野菜を知ろう
  1.野菜の分類
  2.利用部分による分類  
 3.野菜価格の安定化制度の過保護体制 
 


 
□地域の露地型の成功の知恵を真似る

  ◆所得500万円を得るための作物別栽培面積と労働日数
  ◆半閉鎖型複合植物工場は露地型の成功の知恵の「よいとこ」を真似る 
      3.野菜の好適光強度   
  
  ◆半閉鎖型植物工場(施設栽培)で生産される作物の特徴 
   1果菜類  2.葉菜類  3.花き類
   4.果樹類  5苗、ハーブ等          

 ◆日本人の主流の主食「コメ」の閉鎖型の最新の知恵を活かす
   1.人工光併用  
    D生育期間を移植(田植え)   
 


 
□地域複合植物工場の商品開発

  ◆培養液を作成してから作物に与えるまでの各工程と管理事項 
  ◆総合的病害虫・雑草管理(IPM)の体系 
 ◆閉鎖型と半閉鎖型の苗生産比較事例  
 ◆野菜を知ろう   
    2.利用部分による分類  
    3.野菜価格の安定化制度の過保護体制
 
 ◆エネルギー源となるバイオマス資源を活用し、持続的自給率60%以上を目指す。
 


 
□地域複合植物工場が儲かる創市場を目指す

 地域自給自足するためには、地域食品産業の流通コスト最小化、年間毎日完全地産地消し、売り切るための先行受注体制を構築し、日本の四季に合わせ、3ヶ月間は、過去3年の市場相場の平均の下限で売価を決める。2年ごとに売価を下げる。(市場相場に依存しない価格で直接利益がでるようにコスト管理をする。)

間接利益として消費者、食品産業が他地域販売で勝てるコストの儲かる商品の原料を潤沢に6ヶ月先行受注し、計画生産できるようにする。地域の複合産業の安定低コストでの多品種変量調達ができる「安心、安全、地域の人が多数生産に係わる(複合食品産業の社員の家族の誰かが働き稼いでいる)ようにする」

地域の複合植物工場の、生産量の10%を社員の外部売価の80%で一人あたり購入量限界、1日購入量限界(家族総消費量の50%以下に設定:大量購入流用を禁止し、もし違反した人は、見えた時点で家族の誰も購入できないようにする)


  ◆野菜の消費の現状認識と「儲かる創市場」の組立て 
  ◆果実の消費の現状確認と「儲かる創市場」の組立て
  ◆所得500万円をえるための作物別栽培面積と労働日数 

露地型の同一面積で3倍以上の1年間収量を目標に、品種別組合せを地域で戦略的生産調整をすれば、地域の就労者数を3倍以上にできる確率は高い。

植物を子どものように大切に育てる人は、学歴に相関が少ない「働き手」として、低所得者層、無限の低賃金高齢者労働者の生甲斐、こづかいが稼げるインフラとなる確率は高い。現場対応工夫量体得量は就労年数と層関度が高い。知識格差と収量結果とは相関性は低く、誰でもゼロからスタートするのでプラス領域の行動さえすれば、身体障害があっても、補完機能(ロボット型)で特定分野で最適な業務ができます。

  ◆「地域の中小企業の複合食品産業」に着手は今!
 ◆直接部門の中味は「ものづくり」の最新のISO等標準で構築する 
 ◆エネルギー源となるバイオマス資源を活用し、持続的自給率60%以上を目指す。
 ◆国の植物工場技術進化の目的は、国内農業の強化ではないのでは? 
 ◆海外の植物工場の研究開発は急ピッチ  
 

 

 

 

 

商品一覧