開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報
商品カテゴリ

地域が勝つ条件は複合食品産業の基幹化

■地域が勝つ条件は複合食品産業の基幹化 20120901

 TOP >カテゴリー一覧>地域が勝つ条件は複合食品産業の基幹化

 
 
更新 2012.09.29

産業革命の原点は、食品関係の潤沢な供給革命が目的でした。人類の増加と
総合的進化が加速度化し20世紀と断層的変化する現在の21世紀がはじまる
トリガーとなりました。

上限規制がない無限大の金融機能で、超富裕・人の中の動物脳の我欲本能が
巨大化・バブル増幅された実体のない幻影社会優位で動いている21世紀前半の
現在の潮流のベクトル方向を実体社会方向優位に軌道を逆方向へ舵を切る時が
きました。
突破口は日本の地域から変ることが現在実現確率の高い一つです。

「動物的本能」とは異なる「人間の尊厳」を優位に機能させる目的で、地域から、
人が生きる原点である食品産業を基幹にして地域の自給自足、地産地消型に
原点回帰し、兌換型の金融相場の最小化した資金が右肩成長する実体社会を
構築し、住む人が共に豊に、心身健康な優性遺伝型日本人の子孫が多数右肩
増加することを目指す軌道方向に制御する千載一隅のチャンスがある限られた
期間だけより成功確率が高くなりました。

A志援サイトに共鳴共振共働するすばらしい制御型人財の「あなた」の身近な傍から
半歩前進し「望む(右脳)・歩む(左脳)」を統合的に機能させ、「人間の尊厳」である
プラス領域量が多い価値基準・行動基準を目指すことを待望します。
 

◎仮説「食品産業に無関係な事業は少ない」

食品産業を進化させる目的で産業革命、、物流革命、金融革命、サービス業革命、IT革命(ネットワーク
・通販含む)等あらゆる機能が進化する基幹になり、食品産業は、近未来の世界人口100億を越えるとき
の胃袋対応のために更に、あらゆる産業が進化します。

21世紀のはじめは、ITを活かした金融革命が、動物的本能・煩悩の上限規制がないため、想定以上の
速さで20世紀までの実体社会の経済原理は通用できない、超富裕層集団組織の我欲の猛威が益々
増長する段階に入りました。無限大の富裕層の「金融・金がすべて」とする潮流を正常な実体社会の
構造が優位な方向に正常機能できるようにする時代に入りました。

弱者化する地域の財政を健全化するためには、世界規模の金融の猛威を最小限にする実体社会の中を、
バブル化され幻覚的資金が循環しない「兌換度」の高い実体資金が循環し、毎年右肩成長できるしくみを
構築することが重点集中行動すべき「突破口」です。

日本の弱者化地域には実現できる基本機能は、自分が変わればすばらしい価値基準行動基準を発揮
できる可能性のあることに気づけず、大都市圏の強みに対して地域の弱みと比較しマイナス思考に
なっている人が多いようです。
大都市圏はの動物的超個人本能・煩悩により貧富の拡大は加速し、世界の金融操作で、世界の脅威の
影響にさらされています。大都市の集団組織力は個人の自由放任を大義名分にして小単位に分断され、
さらに個人単位に分解され、外圧へを防御する総能力は、加速度的に減衰時代に入り、潮流変化の
スピードに適応出来難い弱点があります。

地域の人口が減少することは、危機管理の場合「もちつもたれつ」集団組織の一員に組み込まれました。
集団組織力の総能力は、大都市圏と逆に「絆(きずま)」が強くなる徴候が出てきました。
弱者化地域の持つ人の集団組織の増幅機能で総能力拡大の徴候が最大の強みの一つです。

地域の人が整合分担して各事業展開の中でふさわしい行動を重点集中行動できる総能力があります。
世界の中でも地域には人口密度が高く多数の年齢別均質教育レベルの人が18歳まで揃っています。
19歳以降の大人は、退歩した18歳以下の行動をする大人型子供や人格基盤が弱い浮き草型大人が
多数増加し大人レベルの人の人質格差が大きい時代になりました。

しかし、大都市圏の人質格差より、大都市圏環境下で育った19歳までの世代も年齢別不均質多様な
教育レベルであり、すでに地域以下のレベルの19歳以下が20%以上育っています。大人型子供の
人質格差、大人レベルの人質格差を「ピン・キリ」の格差があり均質人数が広帯域に分散しています。
地域は、子供時代の育成地域として地域が苦しい財政の中で莫大な総教育負担をし、大人になると
地域の恩恵を忘れ、地域へは、育てていただいた感謝報恩の人格領域が少ない帯域のため個人の
労働生産性が評価される場合は、大都市圏に奉仕し、大都市圏だけが先行教育投資ゼロで潤沢に
人を調達し「得・大儲け」をします。大都市圏の集団組織の煩悩は無限大に増幅する大我欲時代に
入りました。「政治さえ、個人選出型議員定員の減少とは、一票の地域価値格差に気づけない司法は
「一票の格差」を理由にして大都市圏独裁がますます強化を支援する時代になり、政府の弱者化地域
への財政助成金減少が加速する結果」を予測できます。
大都市圏で評価に不満足で負けてマイナス思考優位型になった普通の多数の人や、総労働生産性
が低くゼロ化してきた老齢段階で、地域に多数戻る徴候が出てきました。地域の苦しい財政をされに
低減させる徴候が出てきました。地域の大都会へ多数移動する子供時代の先行教育投資(現在は
投資効果が最低)のマイナスと二重の費用負担をしていることに気づく時です。

◎「地域が勝つ条件をもつ、地域の事業プロジェクトに生甲斐と喜びを持ち共に豊になる就労のしくみが
あれば普通の多数の人は、個人主義、個別集団組織、「もちつもたれつ」「絆」「心配り」「気配り」の
価値基準・行動基準が低い大都市圏を選ぶより、地域を選ぶ確率が高い。
大都市圏の若い世代の就労の中身は、世界標準化が進み、国内の大都市圏の生活内容と地域格差
が微差になった21世紀は、大都市圏の間接型企業、大企業、中堅企業の国内社員になれる総人数は
全国の中の何人でしょうか?
海外拠点の増加で企業成長をさせ、国内縮小型の潮流で、国内就労人数で、外国人比率を増加させる
傾向は、地域出身の社員数を減少させる方向です。
20世紀までの大都市圏での地域の出身者の多数の成功体験、立身出世の志夢の実現は、21世紀は
一時期立身出世した人さえ永遠に持続できる確率は低くなり「塞翁が馬現象時代になりました。
実体社会の現実は、普通の人は 志夢を修正し妥協し、実現度が少なくなったことに気づく時が多数の
人に来るようになりました。

現在は、若いすばらしい労働生産性の高い地域の多数の普通の人を、地域に定着できる千載一隅
のチャンスの時代がきたことに気づくときです。子供時代に教育に先行投資した、多数の人が、地域
で利益貢献する確率が高い時代になりました。将来の最大の強みは、ニャンニャン型の日本人の繁殖
体系が、地域の集団組織の中に組み込まれ、衆人監視の中で昔の家の格式で仲人した方式を、地域
で働きながら、その中で、優生遺伝が最大確率の高い期間に、共に白髪までできる、刹那型不釣合い
で離婚率最小の自然で本人が気づかない結婚のしくみを構築し、その子供が地域のしくみの中で、
「もちつもたれる」の集団躾けで、子供体験の中に組込み、集団の中での「心づかい」「気配り」「腹八分目
満足」「傍が喜ぶ・働く」等子供の人格基盤に定着させると、未来の子孫を繁栄させるふさわしい子供が
多数、地域に育つことができます。地域の健康な子供の増加は、大人の自給自足地産地消を協力に
推進創市場創客の安定業績基盤になります。

21世紀の大都市圏の集団組織の「最大の弱点」を、人口減少し、小さい集団組織だからできる「もちつ
もたれつ」「絆(きづな)」を優位な価値基準行動基準にできる「最大の強み」を発揮できる時代が、
情報量「ゼタ時代」の世界均質型事業が可能になった今から実現可能な扉が開かれたことに気づく
時です。


地域の人の方が、人質格差は少ないため、目先で移動する流出人口の増加で減少化しましたが、
現在地域に住む人は、地域密着思考が高く、人の組合せで最適化確率が高い。
「三本の矢」の原理で、不足する能力の相互補完をすれば、地域の総能力を最大化できる確率は高い。

「弱者化地域とは、すべての経営資源が黒字拠点と同等に揃いながら慢性赤字拠点の症状と
酷似しています。

地域の環境が他の拠点と相対比較して、マイナス領域のマイナス量が多いため、どんな環境の揃った
地域で成功した拠点長が、慢心して、働く人を剛型行動しても、地域にふさわしくない他拠点の成功を
真似て短期の成功を演出しても、短期一過性ろなり、その時、拠点長だけが評価され豊になっても、
「万骨枯れる」ように構成する人の60%以上価値基準行動基準をプラス領域量の多くしなければ短期で
赤字が必ず再発します。
真因は、毎年右肩上がりで創市場創客をするために、働く多数が、ふさわしい総能力の成長し、ふさわしい
しくみ・システムのプラスαの改善ができていないだけです。
創市場創客が、適正規模を超えてある規模以上に増加が必要な場合は、競合他社も生き残るために、
人、経営資源の成長をして防戦し勝つために競合してきます。
相対比較して、右肩成長しなくなつた結果は、景気利潤を競合他社に多く取られているだけで、経営努力
と行動が競合他社以下だっただけです。環境の影響は、自社も競合他社も平等で、環境を不況の原因
にはできません。自社の総能力が不足したため、競合他社が優位になっただけです。

赤字拠点の突破口は、現在ある経営資源の組合せを付加価値時間生産性が上がるように組換えする。
経営資源は、すべての人が分担責任を持ち、毎日成長しやすいふさわしい仕事を標準以上にできる
ように日常の業務の中で、毎日プラスαの行動とプラスの実績・小さな成功体験をさせ評価される演出
をすると、「勝つから強くなる」人間尊厳である左脳優位の日常行動がはじまります。
右脳の我欲、自我煩悩の本能を抑えるためには、リーダーは、「腹八分目」で「共に豊になる」ことを
喜びとした最適動機付けを本音で満足し共に喜べるを人格レベルになると、赤字拠点の右脳の描く
マイナス領域の幻想に幻惑され、「どんなにやってもできない」と思い込む人の群が80%以上です。
その中で、早く共鳴共振し共働徴候が多い人から個別に重点的にプラス領域量が増加させ、他拠点
から評価され、自分が儲かる姿を拠点の他のメンバーに見える演出をすると、良貨が良貨を呼ぶ現象
がはじまり、拠点総人数の60%を越えた段階で、雪崩のように拠点の価値基準、行動基準の本流が
変化します。行動参加しない人は拠点長管理にまかせて、直接アドバイスしてもすぐ元に戻るため、
前に進むパワーが減衰するため、能動的な行動をしない放任とし、よいグループと相対比較して、何か
変と気づくなで集団組織のプラス領域量が多くなった変化を見える化し気づかせる。
ただし残りのまだ自分で変らない・行動しない約20%以下の人は、その拠点にふさしくないため、業務
分担責任量過去の2倍(すでに他の人は、気づきませんが過去の2倍以上の労働生産が既に上げている
段階ではじめる。)を付加し、多忙にし、総能力向上の早朝勉強会を実施し、成功プロセスのしくみ
システム行動を徹底させる。(既に自分から変った人は、自分にとりプラスの勉強会なので、出席率は
高いため益々強くなる。)
約15%以上は、他の人に追いつき追い越そうと集団組織の中に入ってきますが、残りの5%は現状の
不満点(過去のマイナス面の捉われた思い込み)を正当化した理由で拠点から自分で離れます。
自分で将来選択をするため、拠点長に任せればよい。(退職と、他拠点なら専門性が活かせる場合は
転勤させ、自分流で人生の選択をします。多忙にして、悪貨が、良貨を駆逐する歯止めとなります。)」

弱者化地域の財政健全化も地域を業績基盤とする地域の「コア」に貢献する経営者の勉強仲間、行動
仲間から動かす。事務局的黒子に徹する「地域益、地域殖産」の行動基準を持つ地域で育つ多数の
機能の実務型制御型人財の数を優先し、「間接型士業」は後回しにして、信金JA、地域の高専・大学・
大学院から探すことを推奨します。

◎21世紀の現在過去と不連続で急速に構築されて来た地域の情報量目的的ネットワークをふさわしい
最適化をするとこの事業展開の実現確率はますます高くなります。

地域が長い間待望していたチャンスが到来した時代にはいったことに気づく時です。。
地域の経営資源(地域の住人すべても含む)を超速度整合進化できる機能を活かすと地域財政健全化
実現確率は高くなりました。


 
◆情報量「ゼタ時代」地域勝ち残り戦略 


紀元前から20世紀まで超長時間、気の遠くなる多数の優れた先人が挑戦し、その人の寿命が途中で
終わり、プロセス継承が未完成段階で挫折して来た領域(聖域)でした。
人が超えることが出来なかった「寿命の壁」は「永遠に未完成だったバベルの塔」のような高い障壁でした。

21世紀は人類の知識、知恵、プロセス、しくみ、智慧を累積できる情報量「ゼタ時代」が拓き、無限に
人類の叡智を累積できる時代になりました。
世界の誰でもプラス領域量が多い価値基準、行動基準か?
地球さえ、宇宙さえ人類さえ破壊するマイナス領域の極地へ導く超人罪か?
世界の人が多数衆人監視し、世界のプラス領域量の多い制御型人財が、「人の尊厳」である浮き草型
大人子供の左脳を正常に機能させ、動物の機能が残る右脳の心理的誘導が人類に損であり、すべての
人が平等で好きになるように極端に子供時代定着させられた嫌い・憎しみからの行動を多数好き行動へ
軌道を換えさせることが実現できる確率を高するための多くの機能が揃ってきました。 

日本の地域のような狭域で人口密度の高い、単一民族が多数密集全員教育機会がある国だから
人類の未来の「突破口」を拓くために実証検証し、確信した「世界の成功ビジネスモデル」の構築が
出来る確率が高い国の一つです。 

日本は天からの恵みであるエネルギー、地下資源が少ない、天変地異頻度上位の高い国土の悪条件が
揃う国の一つです。
長い歴史、広大な国土、多数の人口、天からの恵み等、すべての優位条件が揃い、人間の煩悩を最大に発揮できる国と比較して、マイナス要素が多いにもかかわらず絶対的な強さを持つように日本がなるため
には、世界の最先端のあらゆる機能を活用しない限り実現確率は低い国の一つです。

その取り巻く環境の悪条件下での「成功ビジネスモデル」は、多くの環境悪条件下の多くの国の人が
「行動すれば実現できる確率の高い方向である」と気づいて共鳴共振共働した方が得であることに
気づいた海外の縁ある地域から、その国の人々が主役とした、共に豊な地域になるための事業協力
である「指揮者・カタライザー(触媒)の役割機能」で事業体化を推進させ、その国の「自給自足、
地産地消」機能の向上に貢献し、その国の各地へ伝播させる制御型人財を戦略的に多数輩出する
ために子供時代に成長度が低い、欠落さえさせられた右脳の潜在脳部分の人格帯域を左脳領域で
「好き嫌い(憎しみ)、得損基準の異常人格帯域の短所を抑える」ように短期でその国の人が価値
基準・行動基準を矯正するためのしくみシステムの構築する志援(支援)をする。

「人の尊厳」として最大の優しさは、一過性の金・ものの恵み方式とは別次元の「知恵・プロセス」を提供し、
その地域のプロジェクトに自ら汗を流し参加し働く(傍を楽にする)、対価として自らも儲かる(金銭、知識向上、人格成長、若い世代の優性遺伝できる人間の尊厳を持つすばらしい伴侶との出会い等)ことができる
ように自然な「心づかい」「気配り」の波長が伝播する黒子として協力する方法を実践します。

日本の地域とその国の地域が協業連携し、世界を少しづつプラス領域量が多く変わる姿を情報量
「ゼタ時代」の機能で、増幅して見えるようにする。

情報量「ゼタ時代」のネットワークは、地上のあらゆる津波対策のような高い情報障壁でも遮断できない
誰でも見えてしまうしくみになりました。

人の成長度合で多様に変容される言葉・文字によるコミュニケーションより、映像、図、音声が優位で
あるため、人の成長が子供でも大人でも、何がプラス領域が多い方向か、興味があり聞き、真似る
行動があります。(テレビの幼児子供行動を大人が形体模写する一発屋芸人がなぜその年の流行語
大賞になる21世紀現象が根拠の一つ。)右脳の「好き嫌い」潜在人格基盤に定着させているだけで、
幼児は幼児なりに、子供は子供なりに、学生、大学生、大人はそれなりに個人の価値基準行動基準
でわかり理解したつもり現象があります。
しかし、すべての人のベクトルがプラス領域方向き、その向く仰角がゼロが90度以下である範囲の
人の数が多数になり、「柔型行動=左脳優位制御法」の時代が拓く確率は高い。日本は良貨で
映像メディアで以心伝心ができやすい国の一つです。
 

●日本は、世界の最先端レベルの多くの因子要素人質が集積されたエリアです。

日本の地域の総能力量・ポテンシャルを企業単位で多様なベクトル方向でバラバラですが統合して
活かすことができる制御型人財が2011年3月11日の東日本大震災と福島原発事故に直面し直接
影響された地域の危機意識をトリガー(引き金)とし、21世紀の今こそ「何を人間の尊厳として実現
することがふさわしいか」を意識してプラス領域量が多いベクトル方向へ日本の時代の潮流の軌道を
制御する目的で自ら起動し重点行動する人が多数育ってきた徴候が見える段階になりました。 

●日本国内の各地域が行政ネットワーク単位で共に豊になる地域固有の事業
基盤に組込み、各地域が整合連携すると、日本国が一体の事業体として統合的
な情報連携、事業連携、行政連携、精鋭人財連携、金融連携等の横断型の国益
優先、富国殖産重視の行動を採ることが実現できる確率は高くなります。
 

国内で自給自足、地産地消体質に変ると、世界金融操作に協力する国内の金融産業の
影響を最小限化し、海外投資も含めた本質的な実質的な貿易収支を黒字にし、右肩成長
させることを目標にできる時代が到来します。

・日本は世界に比肩し国家間競争に「勝てる条件」が構築できます。
・その地域の成功ビジネスモデルを世界の地域に伝播は波及できます。
・共に働く人が豊になり素晴らしい健康な子孫繁栄の布石となれます。

まず足元の日本人の子孫が共に豊な繁栄を実現できる絶対的な基盤を
構築することが第一歩です。
 

◎地域の複合食品産業の調達は地域の複合植物工場で自給自足する

◎地域が勝つ条件は複合食品産業の基幹化


弱者化地域の財政悪化、人口数減少、就労機会の減少に歯止めをかけて、地域の人全員働き
地域の全体最適の一員として貢献し、共に豊なになる。
そのためには、世界の上限規制がない無限大化になる確率の高い金融バブル・ハロー操作の
影響を最小にした地域内自給自足、地産地消体質化して、生業家業、中小企業を適正規模単位
に全社黒字化を目指し、地域内資金が地域内兌換型の実体型社会にする。

最初に地域複合植物工場の設立、その原料を市場相場の最低価格(季節変動に対応して四季
単位で固定価格とする)で、世界で、日本で最高の安心安全生産物を供給する目的で、地域の
中小企業の複合食品産業を、食に関連した事業で、企業基盤を損益分岐点操業・生存分岐点を
月次業績が維持できるしくみシステムに組み込む。

各社は、それ以上の黒字の増加は、固有技術の向上に専念させ、完売機能は、地域CATVを
球心にした共有のコンタクトセンター、テレマーケティングのしくみを活かし、創市場創客機能の
戦略部門にする。
地域CATVの最大の地域への普及伝播機能は 地域へ地域の食の安心安全の部分(強み)が
全国規模の国内・海外ブランド品よりはるかに優れた品物製品格差であることに本音で気づかせる。
・地域の多数の人の就労機能を活かし、地域で働く人を役者にした、安心安全プロセスを記録し
定期的に特集自主番組として、入社した働く人の映像マニュアルも兼ねる。
スポット型の働く場として、プロジェクトテーマごとに視聴契約者を平等に収入の場を、映画のみせ
かけのエキストラと異なり、現地現場で、働く戦力として活かし、役者としても登場し、映像で自分で
その登場する番組を見ることができるしくみにして、地域全員参加すると「得」なしくみを機能させる。
・10歳までの子供の人格の欠落したり育たず「大人型子供」「高齢者型個子供を」になる「浮き草行動」
の人格偏向型「人間の尊厳」以下の動物脳優位の人間の加速度増加に歯止めをかけ、逆に、地域が
子孫繁栄できる優生遺伝型人間を多数育てることができるしくみシステムも持っています。

地域の植物工場は、地球環境の保全、CO2の地域内ゼロ化相殺できるしくみです。
環境税で無関係で日本は特に地球最悪の汚染源に大量になる確率の高い国です。福島原発の他地区
で再発確率は高い。原発に依存する発電一番安い電力?が論理的に正しいでしょうか?
すでにだれでも気づいた事故時の補償金額の企業レベルで不可能な金額、完成か前から現在までの
地域の高額助成金と地域への寄付、大学、地域、大企業へ寄付と関係者への利権支払い総額を現在
までの原子力発電収入と累計原価により計算すると、どうなるでしょうか?
現在CO2ゼロで、地球環境にやさしい発電方法で最も安価の電力であるロジカルシンキングと、ある
業界団体のトップ多数がは原発を稼動しないと電力が不足し、海外との企業戦略で日本がエネルギー高い
ために負けるだから再稼動せよという発言はどうでしょうか?

地域は、他地域の論争を無視して、「割り切る」、「思い切る」行動をはじめ、自給自足できるエネルギー
複合活用戦略が可能な時代がきていることに気づくときです。原発事故が、日本の自家発電、節電技術
が超スピードで具体的進化と、低コスト化の方向が見えてきました。


地域で自給自足するために、次のような合法的な方法を決めることが実現短縮できる方法にの一つ。
原子力発電所がある地域は、国の環境税とは別に、地域の環境保全税(独自地方税)として、30km
避難地域の人の避難費用を助成する積立金にするために、人頭税として関係する一人当たり(幼児
から老人まで)ある金額を電力会社から負担させ徴収する。地域の電力料金を他地域と同じで、地域に
供給できる最大電力量を提示させる。最悪ゼロなら自給する総電力に相当した必要電力を自家発電の
しくみで構築し、地域の電力を複合植物工場、複合食品産業関連集積地区エリア単位で先行投資
設備として、地域で分担負担(個人での太陽電池の設備購入代金より安い)する。現在の電力会社の
料金より20%安い設定で発電機能を分散設備し、充電と併用してスマートグリッド方式で地域の中央
制御センターを兼ねる、地域CATV機能の中で管理して、地域ごとの使用状況が、自主番組の中で
見れたり、視聴契約者は、デジタルTVや付帯メールで見える化し、節電効果があった団体、個人を
表彰し、その工夫をいつでもあれで視聴契約者は閲覧できるしくみにする。節電の工夫をするだけでなく
全員働くしくみにして、多忙にすると、家庭内使用電力は、想定以上減リ、集団組織単位になるため
集団組織の、電力に一人当たり利用金額は、同時活用人数が増加するため、少なくなり、実質節電
効果があがります。働く人の数を多くすることは、微差で大差の節電効果がある方法の一つです。

◎地域の複合植物工場は、ランニングコストとしての光熱費を最小化することが、市場相場の最低
以下の価格で、利益を出し、右肩成長するために、短期で実現できるか、長期で実現でき難いか
適正規模の植物工場を、類似パターンの成長プロセスグループの固有技術成長型オンリーワン
工場の、戦略的重複エリア内地産地消地域区分け点在工場の数を多数にできるか、多品種大量
変量型ができる、中規模複合植物工場で、就労人数を、少なくするか、分水嶺となります。



現在の総電力使用量を20%以上削減は、節電努力と、白物家電業界、業務用機械、電気器具の、
過剰の便利さ浪費で機能の必需とは別次元の機能付帯禁止し、違反すると、高額罰金をとる。
過剰をカットして、ある基準以下の機能製品、商品とする。富裕層が地域の基準以上の電力を使用するもの
を購入し使用する場合は、過剰使用電力(アンペアの大きさでブレーカ管理できる)は、基準アンペア
以上の場合は年額使用量上限で過剰使用税を徴収する。(現在の電力会社のアンペアによる基本
料金と同等で、スマートグリット対応配電盤なら、中央制御センターで簡単に管理可能な段階です。
大口電力使用企業・業者は、自家発電と売電方式に条例規制する。地域の場合、該当企業は他地域
に本社企業が多く、地域自給のための設備投資に株主としてある金額以上協力しない場合は、条例と
して禁止する。配電は、従来の電力網から単独供給の現行の継続をお願いし、地域の配電網から隔離
管理をする。すべて地域で実施できる確率の高い方法です。現在の太陽電池素子の機能、価格では、
メガ太陽電池、蓄電池方式は、電力高価格買取とは、地方が、高いコストを下げるため、財政負担をする
ことです。買取価格ゼロになった段階、現在のコストが1/3以下になり太陽光変換効率が70%以上で
10年以上変換効率劣化がない場合は、環境税ゼロのため導入を待つ時代です。現在は富裕層だけに
まかし、地域は、大企業の実証検証の場として、大企業が運営責任をさせ、現在の電力会社との売電
にさせ、地域での自給総電力量を少なくし、当初の先行投資金額を最小化する。大電力で、最短稼動
で安定化できるのは液化天然ガス方式で、電力、熱源を兼ねたコージェネレーションシステムで70%
以上供給できるようにする。発生CO2は、森林に囲まれた地域での自給と、地域複合植物工場生産
原料の一つとして、光合成のために必要量有料で供給するしくみを構築する。環境税ゼロになるように
法律を改正させる。原発以外環境税(CO2基準での課税)である問題点と、火力が原価が高く見せる
ロジカルシンキングの日本国実体との矛盾政策を是正し、環境税のいよう用途を、地域の自家発電化
の助成利権を確保する方向が、将来への地域が得になる、行動であり、全国営巣、メディア、マスコミ
の正しいロジカルシンキングを支援するところから、行動の第一歩をはじめるときです。

 

  

1.「いきものづくり」と「ものづくり」の違いに気づ




























 

2.植物生産システムのフレーム




































 

3.地球の中の植物の存在価値

































 

4.植物の役割




































 

5.農林水産業のおける光源



































 

6.着手は今!




















































































 

7.バイオマス資源を活かす





































 

 □農業法人の中堅大企業の待望









 


 ◎農業法人の中堅大企業の待望

 
現在の露地型、半閉鎖型農業の知識知恵を、先入観を持たず、すでに蓄積した知識知恵は横に置き、素直に「学ぶ、真似る」「プラスα」を付加する。

現在の生産プロセスで、生産物の成長の節目で、本文献を標準として、どんな人海方の暗黙知を現場で付加しているか、10年以上のキャリアの人から、地域の部門の制御型人財を目指すあなたは、重点的に学ぶことが重要です。入社3年未満の人は、情報量「ゼタ時代」要領よい「ものづくり」の考え方の人が70%以上、「いきものづくり」は、環境の影響が収量品質格差になり、短年度の成功事例は「晴れ型」の知識知恵の理想系が多い。
環境変化の中で、最適生産を維持する方法は、熟練に知恵が暗黙知として、個人の中にあります。
「ものづくり」の見学、工程、標準的生産プロセスだけだは、現実に失敗確率は高い。
すでに多くの素人が、植物工場を装置万能と「ものづくり」思考で参入し、すでに多数が、事業化し利益が出る前に挫折しています。なざ、大規模農業が、マスコミで騒ぎブームのはずですが、少ないのでしょうか?

 □直面する問題解決の先人の知識知恵プロセスを「学ぶ真似る」「プラスαを付加」して成功確率を高くする近道



 

 「A志援人財.com」のTOP を活かし、自分流に情報整理する。

A志援サイトが紹介するサイトに移動し、直面する問題解決するために成功確率の高い成功実績が豊富な具体的な基本的な(業界常識)知識知恵を学び、直接企業、団体、学校、官庁、行政と接点をつくり、更に地域の中小企業で出来の不足能力を整理し、協業で補完相乗効果のある組合せ、現在の企業の現場の最高業績貢献者の総能力の不足を判断し、短期で情報量「ゼタ時代」の最適機能のある地域の機関で重点集中で「学ぶ、真似る」と地域のふさわしい全体最適の解決案浮かび、試作ラインを創り、全工程を、仮説した案で臨床検証確信し、山登りのベースキャンプのごとく、当面の目的を明確化し、準備段階(踊り場)、1次段階(ホップ)2次段階(ステップ)3次段階(ジャンプ)で事業を実現し、次の成長のための準備段階から持続的にプロセスを回転させる。
創市場創客のしくみは、準備段階から地域CATVの機能の組み込むことを待望します。
 

 

 

 

カテゴリ一覧
地域の複合食品産業の原料調達
地域の複合食品産業の原料調達は地域複合植物工場で自給自足・地産地消するしくみシステムを構築して、地域の人が多数働ける潤沢な就労のしくみにすることを目指す。
地域自給自足のための複合植物工場のフレーム
地域自給自足のための複合植物工場のグランドデザインを描くときの基本要素について
地域第四次食品産業の原料供給基盤の実現
地域第四次(第六次)複合食品産業の原料供給基盤の実現するために第一歩を踏み出す時がきています。弱者化する地域の総機能を、地域コアを活かして自給自足地産地消の金融操作に影響の少ない共に豊な実体社会で「勝てる条件」を構築するチャンスの時です。
地域中小企業が最適運営する複合植物工場
地域の中小企業が、協業経営連携して、分担して固有技術を磨きながら戦略的に複合植物工場を自給自走、地産地消で他地域に勝てる運営できるようにする。
地域の複合植物工場の生産コストの低減
地域の複合植物工場の生産コスト低減目標は、四季変動環境による相場変動価格の最下限以下でも利益が確保できるコスト内で生産できるしくみシステム、変量人海能力数の最適体制で運営できるようにする、
地域の露地型の成功の知恵を真似る
人間が生存をはじめた紀元前から情報量として継承された露地型生産の成功実績とプロセス明確な知恵を真似る。「ものづくり」の成功事例の知恵の中で「いきものづくり」に最適な部分を重点活用して、現在の単一面積で200%以上の収量と、現在以上の安心安全で高品質でおいしく、低価格販売ができるようにする。
地域複合食品工場の商品開発
原始の時代から、遺伝子レベルで継承された人が生きるための食料の先人の知恵・プロセスの情報量を生かし、21世紀急速増大した情報量「ゼタ時代」知識系情報、プロセス系情報、センサー管理系情報量等を人間の尊厳最大化視点てプラス領域量が多くなるように活かすことを待望しています。
地域複合植物工場が儲かる創市場を目指す
地域の複合植物工場は、適正規模を厳守し、常に黒字で右肩成長できるため、品目別全商品の、受注成約残6ヶ月、先先1年の見込み先は、業績目標の200%以上を目標に創市場開発と創客数を確保する。内部留保、先行投資資金を累積して、定期的に、最先端設備にカイゼンすることが必要です。
地域が脅威に勝つ戦術
地域が勝つ条件である「複合食品産業を基幹化」するためには、地域を共の豊かな国にしたい現在バラバラの企業で自社最適を追及している、多分野の制御型人財が地域ひとつの事業体とする多分野統合統覚型集団組織へ価値基準行動基準を「もうちょっと」視点を変えて、勉強仲間・行動仲間が協業連携から全体最適方向へ動き始める時です。仮想空間の地域の戦略の幻想を断ち切る時、今は多分野戦術と行動の成果臨床実験検証の時