開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

情報量「ゼタ時代」地域の勝ち残り戦略

■情報量「ゼタ時代」地域の勝ち残り戦略   120901

ネット活用が創市場実現格差>情報量「ゼタ時代」地域の勝ち残り戦略
情報量「ゼタ時代」、プラス領域量が多い行動>情報量「ゼタ時代」地域の勝ち残り戦略




地域の総能力を結集して、地域一体化事業体として統合的させる。
自給自足、地産地消の資金循環型実体経済にする。
地域の全人口を労働力として、全員働き、地域が中流家庭が60%以上を目指す。

●地域の最適化は、地域密着CATVが情報量「ゼタ時代」の情報・データの球心の
役割機能を発揮する。
地域の一体化事業体を構成する地域の中小企業が、適正規模単位を維持すれば、
日本・世界で比肩できる。
「学ぶ・真似る・プラスα付加」を日常実戦(実践)行動すれば、固有技術をもつ集団
組織なら情報量「ゼタ時代」に入った現在、巨大企業グループ(大魚)より、地域の
小雑魚(ざこ)が勝てる場がつくりやすい時代になりました。

・地域の映像メディア情報ネットワークと危機管理防災自衛の情報ネットワークを集約機能化する。
・10歳までの子供の人格基盤を広帯域で、プラス領域量の多い行動ができる基盤矯正の役割を果たす。
・結婚適齢期に、優性遺伝、健康な子孫繁栄のための、ニャンニャンワンワンの動物型見合いではなく、
地域の集団組織内の最適組合せを、地域のプロジェクト推進メンバー組合せで仲人機能を発揮させ、
双方の家族が子供を待望して喜んで迎えるしくみを創る。30歳を上限にして、結婚したい人は地域に
見守られ、離婚に歯止めかけ「共に白髪まで」できるようなしくみ安心安全な人口増加のしくみを創る。
・地域一体化事業体を構成する地域の中小企業が適正規模を遵守し黒字企業として、地方税収を確保
できるための損益分岐点以上にするための創市場・創客の機能を、地域の総能力を集約できりるしくみ
システム行動機能を持つ。
地域の全員参加者(CATVの契約者)を当面対象として、危機管理自衛防災のしくみも含め、全員の
働く場を構築する。
契約者外の人は、シンプル型管理のための現在のスマートシティを活用し、管理型だけの活用で
従来の方式で対応する。
地域CATVは地域100%契約した方が得なしくみが構築できた段階ごとに、その人が、「契約した方
が得」と気づき、地域の集団組織の入った方が得と感じるまで、放任する。
CATVに属さない人は富裕層が多いため、地域から、都市部、首都圏へ自分で移動するのを待てばよい。
地域の集団組織に属したくない層のため放任する。ただし、子供だけは、地域に住む限り、平等に扱う。

目的は、働かない生活保護世帯、低所得層を地域CATVと地域一体化事業体で「働けば中流家庭になれる」
ようにし、「働く人、地域に貢献する人」がともに豊になれる日常生活で、地域に資金が潤沢に循環するため
です。「ある基準以下の働きたくない、傍に迷惑をかけたい人」は、集団組織で、全員に公開し、悪貨は
他地域へ移動してもらい、地域へ戻りたい場合は、「ある基準以上になることが条件」として、喜んでメンバー
として一員として、基本動作と、価値基準、行動基準を、6ヶ月訓練体得した後、再発防止のチェックをし
ながら、矯正しながら戦力化に加える。本音の矯正の限界をチェックし、それ以上のストレスは付加しない
ようにして「麻薬の再発、犯罪の再犯をゼロにするためのプロセスのように、本人の意識以上に集団組織が
矯正させる信念を持つてサポートが必要です。「大人型子供」の場合は本音の矯正定着が想定以上に時間
必要であるため。表の建前行動と裏の見えない場での本音行動を一致させる必要があるため。
一度低い障壁・ストレスを超えずに逃げた行動は、現実社会で普通の人(悪い行動しない人)の障壁・
ストレス程度で、「陰・損、マイナス思考」の妄想が優先し、耐えられないと思い込み再発したためです。
「陽・得・プラス思考」へ変え、傍の喜ぶ姿に喜べる段階になるまで、体得訓練の期間が必要です、

・地域で、事業体を構成する地域中小企業の最先端情報の世界標準以上を体得できる長期型実践型教育
方式で、現場での応用のための宿題実習実践(OJT)と最先端知識しくみシステムを業界別に学ぶ教育
(OFFJT)の組合せて実施する。テーマは、グローバル化レベルで地域が勝ち残ることができるための、
事業体を構成する中小企業が、1社単独で実現できない、現場即戦力レベルアップを価値基準とした、
基本、技術、応用(新人、ジュニア、シニア、プロの成長段階に応じた教育)
・その他

●地域の信金、JA、地域の高専、大学、大学院大学を「カタライザー」として活かす。
・地域一体化事業体として、未知の領域を構築するためには、全体最適のための
・実務の制御型人財機能が育つまで、各プロジェクトの事務局の役割をする。
・知識、知恵、しくみ、システム、働く人の労働生産性を短期で平均レベル以上にするための標準化をする、
・地域学校の持つ横断型で、国内、海外の情報量「ゼタ時代」、産学協同方式で、地域の統一事業体の
個別で、情報量入手に関わる想定以上に高い重複経費を、地域で戦略的に入手し、地域CATVを核に、
共有化イントラネットを形成することができます。大学法人化機能を活かし、地域の信頼度の高い情報源
として、存在価値を高める。
・地域の高専、大学、大学院大学の学生は、地域の統一事業体の中の構成する中小企業の業界で、
プロジェクト事務局(ものづくりの機能設計担当のように広範囲の必要知識の組合せがわかる)をして、
連携した中で、最小に働きたい企業に就職できます。その企業の社員より、視野、視点が高く成長して
いるため、その企業の執務の基本をキチンと取得する実践体得を、通常の人の2倍速以上で処理できる
確率は高い。幹部、経営陣、経営者の事業展開になくてはならない存在価値を持つ人財になれる確率
はたかい。中小企業も、少人数の黄金人財を採用したい場合「映画の看板型、みかけ倒しが多い、就職
テクニックを持つ建前の人に幻惑されることなく、長期間、仕事ぶり、建前だけでなく、本音まで知る人の
場合、企業が育て甲斐がある確率は高い。
・一体化事業体は、ノウハウを共有化した方がより、その構成中小企業を高レベルに進化させる可能性が
ある領域は、関連企業間の人財ローテーションで、色々な業界体験ができる育成のしくみシステムを構築
する。
定年(60歳・若手を就労させるしくみ)まで、定年後年金と、地域に戻す人生として、中流家庭を維持
できる働く場は多数あります。「働く意欲がゼロ」になるまで、その人にふさわしい「働く場」があります。

●地域信金とJAが連携し地域の総合的な事業経営の指揮者・触媒の役割をする。

経営戦略、利益管理と地域農林水産業を素材提供産業として複合食品産業の全業種が統合させる
ために(各社内の中小企業診断士取得者や支店長以上の制御型人財)と頭取候補(35歳までの運営
事務局)が地域が勝ち残る戦略を情報量「ゼタ時代」実現確率は高くなりました。
企業ホールディングの役割を担い、販売戦略役員会(創市場創客戦略行動の中核企業経営者を中心)、
役員会(統一事業体の構成企業経営者のメンバーの輪番方式)、上期下期の全グループのノウハウ
共有のための業績責任幹部以上の研修会と事業検討会等を運営する。
 

 
更新 2012.0903

◆情報量「ゼタ時代」はプラス領域量を多くするチャンス













 

ネットワークが管理業務の中に必要ツールとして組み込まれ、日常のデータ活用のためのデータが情報量として加算されたためです。

人の一生は、スタート段階は遺伝子に組み込まれた民族ごとの共有のプロセスに従い情報量ゼロからはじまります。
先人の知識知恵にプラスαを付加した何千年の間、人が蓄積した本を通した累積総情報量は1999年までの情報量に相当します。
それを基準にして、2000年以降の最新として追加された情報増加量を加算すると、人間の個人の左脳右脳の成長のスピードが加速度的に増加し、1999年までのプラス領域の総行動量はなぜ加速度増加しないのでしょうか?

個人が属する集団組織の中の個人のプラスα情報量は、加算型が優位で、拮抗するプラスα付加できる人財が、整合して一つのテーマごとに集中したときは乗算になりますが、なぜならないのでしょうか?
個人主義の時代は減算型集団組織が多いため、情報量の「ゼタ」の結果は、人のプラス領域の行動総量を増加するだけでなく、マイナス領域量が、同じ量だけ増加し、マイナス領域の「してはいけないことはしてはいけない」マイナス領域の上限である法律規制「基準の管理のための超大量に増加増加し、超長期間蓄積する日常では使用頻度の極度に低いセンサー型情報のような別次元の情報要素を累計したため無限に日々累積される過去データ(特定の人だけいに有用なネコに小判型の情報)に起因(原因)したとなる確率は高い。

その本質を制御型人財は、理解して活かす戦略が価値基準行動基準の基盤を磐石にして、20世紀後半の人の成長スピードの倍速以上にし、自分の身体、左脳右脳の成長と整合させる確率が高い分水嶺の一つです。
 

 

■地域の「情報網」は加速度的に国家、行政の資金で整備さえてきました。











































 








































































 

1.地域の中に「人のリンパ系ネットワーク」が整備されて、末端まで双方向情報伝達のしくみ、システムが機能してきました。

東日本大震災と、福島原発事故、地震の頻発し、いまだかってない豪雨、短時間集中豪雨等で多数の地域の住民を緊急時対応、短時間でつなぐ避難対応するための情報網が防災を基準にした整備が出来てきました。
また海外の日本への脅威の時代、国の単位で、自衛目的の情報網が、日本全体につながり機能をはじめました。

地域の単位で、地域の個人を結ぶネットワークを複合流用すると、最小の投資費用で地域の複合型産業が地域密着ために有効活用ができる時代がきました。

2.地域の中に「人の生きるための食料・飲料の供給栄養管理するネットワーク」が整備され、末端なで活用情報を瞬時管理できるしくみ、システムが機能してきました。

エネルギー網が、スマートグリッド、スマートコミュニティ等で、地域をつなぐしくみシステムが生まれ、その機能を「学ぶ、真似した、プラスα付加」で、家庭、事業展開に必要な栄養素の一部である電力、ガス網を地域有効活用するために共有活用できる時代がきました。

地域のエネルギー自給自足も技術的に可能な時代がきました。(大企業の本社の脳組織と、地域の個別単位(個人、集団単位、組織単位等)がつながり管理網ができ、大企業だけが、市場の正しい消費情報を掴み、最適効率行動ができるしくみ、脳と神経網ネットワークのしくみ)で、つながれた個別単位は、過去のデータを見える化でき、自己満足し、家計簿を緻密に管理しムダを少なくしたい家庭、企業のツールとなり、その使用電力は、大企業の使用量増加に貢献します。目先のコストダウンと、そのデータ管理に要した経費のどちらが多いか?、太陽電池の場合は、個別単位で減価償却前に、新しい高機能のものに買い換え投資を続ける方式です。

3.地域密着CATVで地域が繋がしくみが出来、地上波によるデジタル化は、電波減衰地域が多数発生し、優先の方が、映像、双方向通信機能が充実でき、行政と連携すると地域経済、学校等と連携すると地域固有の情報提供ができるしくみができました。
危機管理として、無線ラジオ等も併用機能、IP電話、ネットサーバー機能一元活用できるため、地域の複合型産業が、地域の人、集団、組織と自給自足、地産地消、地域の実体経済の資金循環プロセス管理、創市場創客管理等、情報量「ゼタ時代」を地域で一元化統合できるしくみシステムが揃う時代になりました。(地域の脳を決めると、心臓機能が決まり、事業展開情報の動脈・静脈を共有した一般情報の神経網、危機管理情報のリンパ系網と併用でき、重複を最小限にして低コスト運用のシステムができなす。
脳の記憶機能としてのデーターベースサーバー(安定地盤への複数地域管理)にして、短期で地域が想定外の天変地異でも復元し、再稼動できるしくみを構築することができる。最適複合中小企業規模の地域複数点在だからできる機能の構築が可能な時代になりました。

 ●「地域密着CATVの地域との融合現状」
 ●「スマートハウス・シティの稼動の現状」
 ●「スマートコミュニティ社会」
 ●「新エネルギーの稼動と市場」
 ●「最先端下水道の現状」


4.CO2削減を大義名分にして、日本の幹線鉄道、大企業の陸運、水運運輸の物流機能の非効率な地域の配送を、地域の企業、人の人力で代行させるしくみが出来てきました。郵政も民営化で、地域の人が地域を代行配達するしくみができてきました。
地域の物流を、地域別に分担した、就労安心管理責任を持つ協業体が代行し、地域で面の物流ができるしくみを構築できる時代がきました。利益は大企業の毛細管物流代行機能を発揮するしくみにすることが可能です。

 ●「物流調達機能とと事業展開との整合化」
 ●「地方の空港は地域人商物流の突破口」
 ●「コミュニティバス」
 ●『林業再生「緑の社会資本」の現状』
  CO2対策で地球の自然の環境大量浄化しくみと生物多様性も同時解決できる有効性
 が企業で評価される参入時代になってきました。 


5..従来の危機管理のための情報(人のリンパ系ネットワークに相当)は、まさかの時に地域の危機管理防災に使用するために国、地方行政が設備投資運用、バージョンアップに永続的に高額費用を投資し続けます。
平時は、訓練以外使用されない運用効率の極度に低い、金食い虫のしくみシステム人です。日常の地域の情報(人の神経系ネットワーク相当)に有効活用し行政の高額投資の経費を日常活用に一部機能を流用して投資金額回収に活用し、その回収費用を、地域の複合産業の先行投資費用に活用し、投資回収をする。従来の行政の財政が潤沢健全になるしくみを構築できる確率は高い。

エネルギー網が、スマートグリッド、スマートコミュニティ等でつなぐ大企業の構築したしくみを流用することが可能です。新しい投資費用を最小限でできる確率は高い。
地域の中小企業グループで、共同で同様の端末機能を製造できる技術レベルの内容であり、地域の競合する大企業の地域の各社全部の拠点と企業個別にその大企業のものだけを専用でつなぐと、大企業は直接つなぐと時と同等の機能ができます。新規につなぐときの工数は不要になり回線切り替えだけでメリットがあります。地域の複合産業は、地域全体の情報を管理することができるようになり、地域を個別で侵攻する大企業より優位になれます。
地域の独自の創市場創客のしくみシステムを持つことができます。地域外へ余剰産物を販売する時は、地域にふさわしいメリットの多い大企業の機能を有効活用もできます。
地域が大企業を選択できる、現在と180度逆の力関係になれます。

地域の複合産業が、地域の全人口を有効就労人口として活かすためには、地域CATVの自主番組を、地域の世代に最適な広帯域人格基盤構築の場として活用する地域自給自足、地域地産のプロジェクト推進のメンバーに組込み、地域の人が働き収入を得ることができるしくみを構築する。地域の全員が主役になれる見える化するしくみに活用できます。地域全員が、生産、サービスに関係すると、適正規模以下の複合型中小企業グループ産業なら、損益分岐点以上の売上に必要な顧客数を安定確保できる確率は高い。

◆「脳機能=地域事業展開の戦略部門」は最適最適な機能を、地域の高専、大学、大学院と、行政、JA・信金の中小企業診断士取得者の事務局メンバーとして出向させ、地域の士業はパートナーとして外注活用する。地域の中堅企業以上のオーナー型創業経営者の兼務し、2年ごとの交替としする。その評価を公開する。(報酬は、兼務企業で7割以上もらう。企業理念社会貢献、地域貢献が目的であるため、間接部門の役員報酬も含め総人件費を、複合企業の総人件費を1/3以下に抑える。「脳機能」の人件費は、全人件費の2割以下に抑える。8割で地域の最大の人数を、社員、パートとして活用するための時間シェアリングのしくみシステムを構築する。内燃総人数10以上増加できる創市場創客のしくみシステムの構築を業務評価の中に加える。
高専、大学、大学院の出向メンバーは、地域の複合型産業グループの幹部候補生として、専門分野別に、実務を遂行する触媒機能として事務局(実務型経営コンサルタントの機能を磨く)として、その担当企業に社員として請われて就職できる人財育成を兼ねる。JA・信金の出向中小企業診断士取得者は、JA・信金の地域の先行投資戦略を本店機能と連携して地域に潤沢な資金と、農水産、林業機能を充実させる機能を持たせる。

◆「心臓の動脈機能=事業を展開し付加価値を得て、利益を生む機能」とサービス業
適正規模の複合企業グループを、エリア別に最適化し、損益分岐点売上以上を全社がなるために、地域の共通の基幹産業を食品産業とする。損益分岐点以上の売上は、企業の個別の固有技術を充実さで地域の食品産業が、超最低コストで事業展開できるためのコスト削減に連携して堪能する。損益分岐点以上の売上を稼ぐ事業は、地域が共有する専門業種業界別のコンタクトセンターで、地域内、地域外、海外の販路で売り切るしくみを構築する。

 ○「第四次産業、複合食品産業」

◆「心臓の静脈機能=ソフトしくみ、システム等管理関係、金融業、間接業務(公務、行政等)」の人の重複行動を

地域の「第四次産業、複合食品産業」を事業展開を、最適効率で、事業展開するためには、最小のコストで、最大のふさわしい管理効率の追求が、地域の自給自足、地産地消、地域の金融バブルに最小影響度の実体経済で、地域に潤沢な資金を流通させ、地域の資金収支が30%以上の黒字にするために、自由競争から、協業型重複した、人、しくみシステムをリンパ系ネットワークや神経系ネットワークと共用活用し、地域の静脈産業の、人も含め重複を最小化して、地域間接費用を最小化する。
 

■情報を3つに分類し地域の実体社会活動行動に活かす




































 

地球を単位とした、人の行動するための、演繹、帰納、管理等各領域行動をするとき、行動を体系化した集約したものの中の、見える領域、見えない領域を確率により見える領域にしたものが情報です。
情報は、地球を単位とした、一つの全人類の集団組織体とする一匹の人間型大恐竜と仮想すると、人体の総合機能を、全人類が、細胞段階まで自分はいつも正しいとしてふさわしく分担した行動をしています。地球に、人にプラス領域量、マイナス領域量の多い細胞変形し、「ガン細胞の生成」「ガンの転移」をさせ、人が地球を破壊する行動をする細胞(人)もいます。人が結果として死に至るための日常行動しくみプロセス累積結果となります。

「動脈型情報」と「静脈型情報」と「毛細管型情報(動脈型・静脈型が混在する、小エリア)」の3つに分かれています。


情報量「ゼタ時代」のプラス領域量がプラスになる最先端の知識を組み合わせるでけで、地域が勝ち残る戦略地域固有の最適方向(グランドデザイン)と、具体的なプロセス、システム、地域の全員が、地域の業績貢献をして、地域が適正規模の一体集団組織群になる。その行動の結果が、総合的自給自足、地産地消、資金が地域内で内燃増加できる循環型実体経済が生まれ、地域の60%以上を中流家庭し、低所得層は、努力次第で、中流層になれるシクミができます。極貧低所得層は、自力で地域の労力として働かない人で、都市圏、大都市、首都圏へ転出いただき、「働かなくても食べられるしくみのあるところで生活することを推奨します。「マイナス領域で稼ぐ人や、働かないで地域の生活保護世帯ゼロ」にできる確率は高い。

世界の金融操作、製品商品の相場に対して、最下限の影響度に抑える。地域の海外・国内他地域からの輸入・流入量を最下限に抑える。総合的自給自足、地産地消の余力を海外・国内他地域に「ハングリーマーケット」として「輸出・国内他地域への出荷・搬出」とする。外国の貧しい地域を共に豊な地域へ、その地域の人が主役で変える「カタライザー(触媒)として、地域の成功「ビジネスモデル」の総能力の構築プロセスをその国の現状にふさわしい形で組みなおし、実現日数計画の1/10短縮目標で、日本型ビジネスモデルにプラスαを付加する。その国の共鳴共振共働する他地域は、最初の成功地域の人の中の、実務の制御型人財が、その国のカタライザーとして活動し伝播させる。
その外国の地域と連携して、世界の創市場創客戦略を展開する。

他地域、外国への戦略には、最小価格で日本国富国殖産に共鳴、共振、共働する大企業の世界販路ができて、機能が最高の企業を協力会社として連携する。
ただし、地域のその大企業の拠点が、地域の人の就労数が少ない、他地域の人の比率が60%以上であり、地域の法人税貢献が高い企業を優先する。
もし、どんな優れた企業でも日本企業の最先端は、世界の最先端でないため、短期で、連携を決めた企業グループの総能力を、地域にふさわしい企業に「学び、真似、追い越す」ことが短期で情報量「ゼタ時代」できます。
地域の人財と、大企業の国内にいる人財とある領域だけ短期成長させてば、地域の人の総能力量で追い越すことが出来る時代になっています。実務型制御人財の格差は首都圏大学出身の大企業の机上の制御型人財より、地域を共に豊な「おらが街」づくりの帯域では想定以上に少ないことに気づくときです。日本の国益、富国殖産の基本的基盤の少ない企業は、中期で国内で地域が優位になれる確率は高い。
 

1.動脈型情報
























































































































































 

●現在のスマートグリッド、スマートハウス、スマートコミュニティ、スマートシティは、静脈産業が主体で、ある富裕企業群だけが儲かり、地域は、膨大な管理費を、構築した企業に支払い、富裕層は情報が見えることに満足し、費用対効果責任の感性は1円の価値感が欠落し、総費用(メンテも含む)が赤字となります。地域が益々疲弊し、都市部、大都市圏、政令都市、首都圏だけが優位になる確率の高い方向です。
地域の中小企業が、下請けとして、固有技術を持ちながら儲からないことに何も感じませんか?

地域の「管理」のためを目的が「建前」です。その総合的しくみシステムを提供できる大企業グループだけが「儲かり・富裕になる」仕組みの一つです。本音は、その総合的なしくみシステムを提供した大企業グループが、地域の拠点を最小化して、地域の創市場創客のために必要な情報量を活かし、バラバラの地域の中小企業、特に地域の第三次産業が生き残れないまでの精度で、販売戦略を展開しはじめました。

大企業グループは、地域の静脈型情報を「無料」で20世紀代の何万人規模の営業パーソンを動かす以上の情報を入手しています。大企業グループはすでに動脈型事業を優位に展開するための創市場創客に活かしはじめました。
ただし、現在のその信頼度は疑問があり、ある部分の分析データは、現実との相関性が低い部分もあり、地域の営業パーソンの営業日報(メール)とあまり変らないしくみで精度確認頻度工数がとれない弱点があります。鵜呑み情報が現状です。

◎大企業グループだけが、儲かるための21世紀前半型「創市場・創客」のしくみシステムの一つです。その手法を地域の中小企業群が「学び、真似、追い越す」を地域一体化して実現できる技術レベルの段階です。静脈型情報システムの個々の技術は、地域の中小企業の現場の制御型人財なら短期で「学び、真似る、追い越す」ことが出来るレベルの地域の中小企業の人材が実現可能なノウハウです。
地域の最大の愚策は「技術力、高品質、人質と必要数を無視した、平等入札で最低価格で発注のしくみです。短期で、不良箇所、修繕メンテナンスが慢性的のかかります。(安く契約した企業の収入源となるしくみです。税金の無駄な垂れ流しになります。)
地域の規模の企業単独でですべての技術品質が世界標準以上で揃う企業は人の数が不足して少数しかいない企業が普通です。人数不足の起業は業績貢献度の高い優秀人財を利益の少ない請負業務にを常時担当させることができず、現場責任者を建前にして兼務担当させ、時間工数が取れないためほとんどの工事は、孫下請けにまかせきりにするしかなかったために想定外の工期遅れ、手直し工数、基盤の強度不足等の結果になる確率は高い。
地域は統一事業体の構成中小企業グループになり、すべての人を共有化できると、プロジェクトテーマに応じて構成企業の強みを相乗効果とし活かす重点集中行動が出来やすい最適な人の配分ができます。設備の最適配分ができると大企業グループに拮抗できる事業展開が出来る確率は高い。

地域の中小企業群の最先端企業群の勉強仲間からビジネスモデルを構築する時です。
ただし、地域の中小企業が単独で、競合しても部分最適で、地域全体最適になりません。
地域CATVを球心にして、地域が統合されると、地域の総能力を最適に分担した創市場創客機能を共有活用できるしくみシステムが必要です。また、その地域のデータベースを地域の固有の映像、メディア、双方向情報ネッオワークとして活用することもできます。事業体を最適展開するためのプロセスコントロールのためのセンサーデータベーを日常の事業展開に最適に共有活用ができます。

それを、地域の統合型自給自足、地産地消を組み立てると、個々のすべての人体に相当するすべての臓器もふくめあらゆる機能が地域に揃つています。
最先端の世界の情報量「ゼタ時代」を、地域高専、地域大学大学院の横断的情報共有のしくみを活かすと、地域の最高の情報量源として組み込むと「学校の経費で」地域の若い頭脳の役割(企業我のない目的的な情報選択)と地域の共有ができます。
地域の総能力で「わからないことがわかれば」地域の適正規模を上限とする企業なら、「学ぶ、真似した」で十分世界標準以上の品質レベルを維持できます。

すでに単独の大企業グループ(巨大漁=大恐竜)を超えるだけの地域の中小企業(雑魚
=大恐竜時代、天変地異の中(グローバル化、金融操作、製品商品相場操作、気象、大地の天変地域)でさえ、生き残る力が地域の集団組織の「もとつもたれつ」の中に揃っています。
政府、首都圏、政令都市、大都市、都市、外国等の「他人の芝生」の強みの錯覚領域幻惑は横に置いて、地域が地域益、地域殖産を利益基盤にして自力で共に豊な、子孫繁栄するグランドデザインを構築するときです。
2011.03.11日から、地域に対して他力が何をし、地域の第三次産業で細々生きる程度で地域の農林水産業、中小企業の存続でき難い徴候が見える段階に来て、誰が、巨額な儲けに浴し、地域の法人税はなぜ増加しないのでしょうか?「地域の切捨て」の本流の「本音」が見えて気づける期間は2017年までが限界かもしれません。その後は、見えない情報となり、気づけなくなる大義名分の守秘、セキュリティの領域になり、消費税が上がるときは地域が共に豊になるための地域の勉強仲間の中小企業グループ化のための創市場創客のしくみシステムが乖離的格差となる雑魚が生き残り難い確率は高い。
海外から撤収する世界市場で負けた大企業グループが国内での生き残りをかけて、あらゆる事業展開の最先端の効率的に整合されたしくみシステムと国内ブランド力を活かして、人口減で市場が減少する国内市場で、競争激化が始まるからです。
地域の若い世代の、就業人数の増加より逆に、実質失業人口が増加し、地域の中小企業の社数が減少し、中年、高齢者の失業人数の増加し、消費税増加で、年金受給者も含め、低所得化が加速し、地域の購買力に総金額減少をはjめ、地域の税収は赤字企業の現在より増加し税収が減少し、国の財政も国債発行臨界の達し、地方財政は疲弊の時代に入る確率は高い。

儲かるのは、世界規模の大商社グループ(素材、製造、販売、サービス、金融等すべての事業展開機能と、企業益最優先の高賃金の人が揃う)が、地域のの中小企業を主導的にM&A、合併、吸収、廃業等淘汰を始める徴候が出てきました。

地域が総能力を持ちながら、疲弊し、どこかに併合されるのを坐して待つことに歯止めを掛けて、強い地域、世界に貢献できる地域を目指す行動をはじめることを待望します。

地域のスマートソーシャルコミュニティを総合的な3つの情報を活かし、事業活動をした地域だけが、総合的自給自足、地産地消、地域から資金の流出量を最小に抑え、付加価値が高い適正規模(地域の中小企業なら黒字企業であたりまえになるこどができる時代、巨大化した企業で実現できず、近未来、国内大企業が、外資に変る時代に入る徴候が業界別にでてきました。戦略のミスは、戦術戦闘では対応できない、赤字企業の行動様式と同じことに気づけなくなってきました。)であることが、最大の強みとなり、地域の中小企業(世界の中の雑魚企業)は地域で群れること、グループ化して、固有技術に専念した、統合企業グループが「地域が勝てる戦略」です。

1.動脈型情報(時代の潮流を動かす付加価値を増加させる直接行動のトリガーとなる情報)  
実体社会で、無から有を生み、利益を地域にもたらす、生産、付加価値行動をする「ブルーカラー」の領域が優位な情報を活かした行動領域となります。

目的は、日本の「国益、富国殖産」のために地域が利益貢献するために「地域益・富地域殖産」で自給自足、地産地消、地域内での資金が循環するしくみ、創市場創客、中小地域の中小企業を統合組織体にして、重複の経費のムダを1/3以下に削減し、世界の相場に拮抗できる、高品質で低コスト生産、サービスができる人体型固有機能の集合体にする。複合食品産業組織を基幹にして、あらゆる情報技術しくにシステムを統合して
最適付加価値生産型にする。

地域の人口減少は、適齢期の優性遺伝型子孫繁栄の過去のシクミが、世界標準のロジカルシンキングで破壊されただけ、若い世代が減少したから、労働人口が減少は論理思考の詭弁矛盾の一つです。
地域に生れる前から、子供から高齢者まで、人の行動機能を集約し、ふさわしい労働力配分すれば、高齢者の認知症をゼロにした活き活き社会が地域ならできます。健常者だけでない、機能が欠落した介護の人も、すべての人が組み込める複合型食品産業を、最大の付加価値を引き出す人の行動が必要な部分があります。

すでに、18歳までの子供、専業主婦、主夫、高齢者が、世界の低賃金から高騰傾向とは逆に、さらに低賃金化する労働力として働かせられ、低所得層の増加の真因の一つになっています。定年延長は、若い世代を育てる就業の機会を減らし、定年該当の人が、若い世代の育てる人と同じレベルで、高賃金(若手2名以上の賃金)でありながら、2倍以上の業績貢献できない労働生産性が低い方法に一つです。多くの中小企業が、40歳以上の人を中心に、20年前のメンバーと同じで事業展開している企業我国内に多数あります。10年後、老衰企業として、存在価値がなくなりました。
60歳定年として、60歳以上の超ベテランで長期同一業務に習熟した固有技術、固有ノウハウを累積した知恵を持つ個人を地域の総合コンタクトセンターの創市場創客戦略遂行担当にすると、行動機能が若い世代と比較して衰えますが、ロジカルシンキングの論理学、心理学の話術の基本、技術応用を体得すると、マニュアル型で机上の人が管理コンロロールするアルバイトの大規模型コンタクトセンターより、最強の業績貢献ができる確率は高い。新規開拓、ダム化、養殖、育てる、累計金額を計画的先行受注はできます。すでに「成功事例」「手法」「技術」「しくみ」「システム」は国内に揃い、顧客名簿も自在に活かし、地域全員がお客様であり提案者であり、働く人を兼務することができます。なぜ地域の中小企業はバラバラで、地域全体最適のために提供することが固有技術を超スポードで成長させる最適な方向であることに気づけないのでしょうか?
世界標準のロジカルシンキングの催眠状態で、大企業が親方だけが儲かりで、グループのすべてが下請けで創市場創客機能は大企業が代行し、ものづくり、サービス、サポートをする機能だけで活かされた、まさに巨大情報の居大脳に動かされる、やせ細った身体であり、国内より高い機能で、安いコストで高コストの機能が海外にあると、瞬時に、国内の身体の一部を切り捨て、海外の義手に交換さえします。海外の義手が、その国の企業の中で融合した義手から身体の一部の機能を発揮した段階で、日本の海外の義手機能はゼロとなり、新たな義手を探すことになります。国内の身体の一部を、健康健全に機能させて育てる方が、積み崩しでない方法の一つであることに、右脳の人格基盤まで催眠状態になっている、一種の洗脳が、戦後長期間行われた結果の一つです。地域の「きづな(絆)」の視点に立って、地域の現状認識すると、世界のロジカルシンキングの本流は、日本国内の地域の動脈産業強化方向の180度逆であり、日本型ロジカルシンキングである、共に豊に、共鳴共振共働する全体最適のプラス領域量が多い方向へ、実体社会で行動することの必要性に「覚醒」できる人が2011.03.11からまだ多数存在しています。
また少しづつ「催眠」状態に入り、60%以上が「催眠状態」に入る3年後までが、地域の制御型人財の機能を発揮する期間です。このタイミングがずれると、地域は切り捨てられる「後の祭り・負け犬」として、長期暗黒の時代に入る確率は高い。
なぜ、2011.03.11から、地方の復興スピード、共に豊な郷土にする総合的グランドデザインが遅れるでしょうか?
大都市型、神戸の自力復興スピードに比較した、復興プロセスのどの工程を進んでいますか?
なぜ、個人個別復興にこだわり、過去より素晴らしい郷土へ変えたくないのでしょうか?地域の再発防止構想のない、個人の過去の復元を夢見る人の思考、過去のこだわるマイナスベクトル方向を、未来のプラスベクトル方向へなぜ制御しないのでしょうか?
「地方地位切捨て」の視点に立つと、現在の行動と情報のロジカルシンキングの組立てと、そのしくみシステムとそのリーダーの行動とすべて論理的整合ができていることに気づけます。多くの地域の人が「絆」を呪文にして覚醒を待望しています。

地域の高専、大学、大学院の学生が、わが郷土を共に豊になる21世紀型動脈型情報を活かす、地域一体型にするためにバラバラの中小企業を、複合食品産業を各企業の損益分岐点まで地域で必要売上額を確保できる、業界別適正規模単位で統合し、損益分岐点以上は、創市場創客の目的でを定年退職直後の、固有能力が人生最大の総能力を地域に共有コンタクトセンターの各業界のリーダーとして活かし、損益分岐点以上の李利益増加にこうけんさせるしくみシステムを地域の人の就労インフラを構築する。
地域の複合食品産業グループに参加する中小企業全社が黒字化するためには、複合食品産業グループを構成する企業の現状認識をして、複合食品産業グループとして、骨格、頭脳、細胞、臓器、神経網、血液、筋肉、リンパ、エネルギー源、等 身体機能に相当した役割分担をさせる方法等のグランドデザインを構築する。地域の各中小企業に就職した「ブルーカラー優位の専門職」の学校のOBと連携し、地域の全体最適機能を発揮させるための事務局の役割を担当し、情報量「ゼタの時代」を最大に活用し、世界の最先端を専門学科ごとに超加速度で地域のプラス領域の多いものをデータベース化し横断型活用できるようにする。地域の臨床検証の機会として活かす。
目的は、地域の企業に属さない学生事務局機能が重要です、企業我の視点で、選択の優先順位が変わります。

○過去の知識知恵を活かした現在(帰納法)⇒未来を拓き実現く(帰納法+α・中期現実化演繹法応用)

○より正しい過去の情報として論理学、ロジカルシンキングで矛盾の限りなく少ない情報を選択。
・ギリシャ時代弁証法の原理を応用(詭弁、ディベート説得を排除)した納得・共鳴共振共働の理論・概念シンプル化(外延・内包等)、判断、推理が整合されているもの・科学方法論 因果性、因果関係の確認、観察と実験、帰納法、因果性の仮説(憶測・演繹法) 現在のギリシャ人は、紀元前の先人の知識・知恵レベルまで成長できた人が多くない行動に映像の行動の起因で、この結果である必然に気づけます。

○過去現在に立脚して、未来にプラスαを付加し、地球人類の子孫繁栄の貢献する陽プラス領域情報ただし、人は陰マイナス領域情報も、時代の本流の多数決人数で決まる。過去の時代、マイナス量の方が多い時代も有ったが、次の時代でプラス量が多い反転した時代も有った。
現在の地域、自国、世界は、プラ領域量が多いでしょうか?、未来多くなる確率は高いでしょうか?
 

2.静脈型情報













































































































 

●現在のスマートグリッド、スマートハウス、スマートコミュニティ、スマートシティは、静脈産業が主体で、ある富裕企業群だけが儲かり、地域は、膨大な管理費を、構築した企業に支払い、富裕層は情報が見えることに満足し、費用対効果責任の感性は1円の価値感が欠落し、総費用(メンテも含む)が赤字となります。地域が益々疲弊し、都市部、大都市圏、政令都市、首都圏だけが優位になる確率の高い方向です。
地域の中小企業が、下請けとして、固有技術を持ちながら儲からないことに何も感じませんか?

○地域の中に「人のリンパ系ネットワーク」が整備されて、末端まで双方向情報伝達のしくみ、システムが機能してきました。

東日本大震災と、福島原発事故、地震の頻発し、いまだかってない豪雨、短時間集中豪雨等で多数の地域の住民を緊急時対応、短時間でつなぐ避難対応するための情報網が防災を基準にした整備が出来てきました。
また海外の日本への脅威の時代、国の単位で、自衛目的の情報網が、日本全体につながり機能をはじめました。

地域の単位で、地域の個人を結ぶネットワークを複合流用すると、最小の投資費用で地域の複合型産業が地域密着ために有効活用ができる時代がきました。


○リンパ系のネットワーク情報以外の静脈型情報とは
間接行動、管理のための管理情報で付加価値生産性は0-以下の情報

過去と現在の60%以上の人が通った過去の知識を見える化した平均的標準情報。

実体社会での未来を拓く確率は低い。現実処理が目的で、下限以下の人、まだ平均以下の遅れている人と子供が超スピードで「学び真似する」ためのイントラネット情報が主です。
子供、大人型子供は未来を拓く仮想(時間空間のない)の世界の情報です。脳への定着量は、好き嫌いで決まり、部分最適、一部分最適で成長する個人となり、全体最適型バランス成長は日常の反復体得、実証検証総行動量が不足するため全体最適に育つ確率は低く、人格の一部が欠落したり、子供程度しか育っていない「大人型子供」が見える(10%以上現象)時代になり、さらに増加の時代に入りました。
仮想の世界が実体社会の中で時間軸空間軸を付加した具体的プロセスと、現在のふさわしいツール、科学の進化とマッチングしたときだけ、未来を拓く確率は高い。
しかし、最先端を歩むわずか10%以下の優れた人財に追いつき追い越せるかどうか成功確率は低い。

●最先端の20%以下の人間が通った過去を見える化するツール(すべて過去の一時点の情報であり、その情報まで「学ぶ、真似する」ことが出来る時間が、促成育成により世界平均・標準のレベルまで高めるための情報量増加方法です。
人間の脳から、コンピュータの記憶(変容が少ない)へ情報活用変化。
人間の脳と人格、身体、行動を整合させない場合は、脳の煩悩本能制御不能な、情報に誘導される浮き草人間が多数輩出する確率は高い。集団組織に個人が属している場合は、集団組織の最先端情報で行動させたれますが、個人が集団組織から離れた場合、個人の人格として他力で軽く定着したものは、死ぬまでの期間で徐々になくなり、「大人型子供、高齢者型子供」現象が、見える徴候と、増加徴候が出てきました。
大人型子供の子供は、現在の学校教育で欠落し、不足している帯域を、軍隊のしくみがない国は、全寮制の復活、集団組織の中で一緒に育てることにより子供の基盤能力を広域に人の尊厳に関してバランス成長させるしくみが必要になってきたようです。
優性遺伝が多い子孫繁栄のために健全な子供が生れる確率が低くなった野生動物なら種の保存のための遺伝子常識である行動が崩壊したニャンニャン・ワンワン時代に必要な要素の一つです。
平均・標準(集団組織のイントラネット)の最先端レベルへ成長してきた人は、促成栽培の成長で、自ら、情報構築のプロセスがすべて、コンピュータのブラックボックスの中で、結果だけで原因、因果が再現できにくい。
脳の回路、記憶、未整備で、子供世代の思考回路レベルのままのため、思考の混乱をした人が加速度的に増加する確率は高い。その徴候は、感性優位(実体のない音楽、ゲーム、ギャンブル、映像、役者等で個人が集団、組織になり行動発散をはじめた人)の時間空間がない右脳回路が優位となり、実体社会で一歩一歩プロセスを進行させ実現させる左脳回路の発達が遅れる「大人型子供」からはじまる確率は高い。その親の子は、傍の集団組織が正しく育てる時代入りました。

○人、もの、いきもの、自然、空間の多様性管理のため管理情報を、同一パターン内の多数の微細違い情報を累計して、1999年までの情報量管理に加えたため、情報量ハロー、泡の増加により、物々交換実体の仮想の取り決めである通貨が生む金融世界と同様な現象が情報量(仮想)分野に拡大してきた一つです。 

●付加価値生産の必要が少ない公務員、企業の管理のための間接人員、スマートグリッド、スマートハウスのシステムを提供する企業等が「管理のために管理」のための情報量集約のしくみ、管理に都合がよい効率行動をさせる目的で管理される人を制御するための、多様な種類の類似パターンで微量異なる大量の情報量は、管理される側の付加価生産性はゼロ(0-)以下の領域の情報であり、そのネットワークで設置に必要なシステムに経費だけかかり、投資金額が回収できない場合さえある。
ただし、実体の恩恵はゼロでも映像図形等で見える化され、仮想空間でけの満足、危機管理の行動スピードを少し先行できる満足情報であつため、静脈型情報の一つです。3.毛細管型情報(動脈型・静脈型が混在する、小エリア)大都市部、都市部は、動脈型、静脈型が基幹として分離され、別々の異なる情報として活用されています。
郡部、過疎エリアは、動脈型、静脈型が小エリア内で混在錯綜して、バラバラ非効率で、2重3集の経費が加算され、地域全体の総付加価値生産より、経費が多く、収支でマイナスのエリアさえ顕在化してきました。

地域全体を地域CATV、行政、信金、JA、地域中小企業が食品産業の複合企業体として、損益分岐点操業度まで、住民全員を働き手として組込み、天変地異の危機管理、地産地消、農林水産業等を統合一体化し、重複管理を少なくし、地域CATVを球形ソウシャルコミュニティ(地域の動脈産業も含める)、地域エネルギー自給等の双方向情報通信に活用すると実現できる確率は高い時代にはいりました。
大中動脈型、大中静脈型情報システムは、システムを提供し、運用し、メンテナンスに関わる大企業、中堅企業グループだけが儲かるしくみですが、毛細管小動脈型小静脈型統合システムは、分散した少人数単位では、赤字となり、参入できないエリアです。

地域が日本の遺伝子レベルにまだ残る農耕人族として共に豊に貧しくとも助け合う「もちつもたれつ=絆」の原点から地域を組み立てる時です。
情報量「ゼタ」の時代、「学び真似る」と中小企業がコア技術を重点に最先端レベルへ加速度成長できます、そのコア技術を統合して活かせば、大企業、中堅企業グループは、国内より海外へ企業の優秀な直接人材は海外へ移動し、国内は、少数の直接人材と間接人材だけで本社、大都市部が重点で分散していため、地域の大企業、中堅企業グループの人材は、普通の人でありブランド、ハローを除き実体実力は、あまり違いがありません。
少人数で時間生産性がノルマのため幹線エリア以外の毛細管部分は、行動工数ゼロ手抜きエリアが多数あります。
戦力として地域の中小企業の人材を総員で戦略的に時間生産性を上げて、全エリア悉皆式で動脈、静脈機能を一体化すると、想定以上の速さで、地域市場で優位に立ち、地域の全員が共に豊になるしくみ(個人が得になる)を構築すると、地域外でも創市場創客を先行布石を打ちながら拡大し、地域から都市部へ出た多くの人を地域とつなぎながら「友達の友達」作戦をすれば、子供の時育ててもらい、大量の育成費用を払ったことが、人への先行投資として戻るときがきています。

民営化した国鉄、電々公社、日本専売公社、郵政は、すべて地域の毛細管を断ち切り、都市部優先、地域の商店街、中小企業を多数倒産廃業させました。
日本国の財政収入のドル箱を捨て、予定通り、日本は財政破綻寸前になりました。
今度はTPP、消費税10%となります。

地域は政府に期待せず、政府のプラスがあれば「儲けもの」の感覚で、地域が地産地消のために常に年々右型上がりで拡大するために統合情報の核として、地域CATVで地域の動脈型静脈型の情報や事業展開、行政等全機能を統合することを推奨します。
大都市、都市部で稼ぎ人として働く人が、大人になるまでの総育成費用は地域へ地益の一部を還元する必要性を感じる人格が欠落した時代、
地域が自力で地域で育てた人を、大都市部、都市部侵攻の協力者にななる確率は高い。
現在、大都市、都市部に県人会が残り、地銀が統括して運営しているところもまだ残っている今がチャンスです。
この機能jがなくなった場合は、地域の親と子の絆の情報パイプを活かし、地産地消の必要なものを、都市部の市場価格、相場価格より安く高品質のものを地域から送り、食を通して、健康で陽の子孫を育てる活動もできます。 

3.毛細管型情報(動脈型・静脈型が混在する、小エリア)










 

地域の小エリアの、動脈型静脈型の毛細管型統合した情報、実体経済、地域黒字企業の増大、地域の税収増、創市場、創客、地産地消型エネルギー政策、素材調達戦略等のしくみを、地下埋蔵鉱物資源の輸出国の小エリアへ、統合システムを提供し、すべて、その国のその地域の人が自力で運用できるように地域に合わせたふさわしい修正をして地産地消型エリアを構築し、世界に貢献する共に、その小エリアと連携して、世界の創市場創客戦略連携をして、質内容を拮抗して最新化競争をする。

低所得層、負け犬に見えたエリアが、最強のウルフ(狼)へ変身できる確率は高くなっていました。
情報量「ゼタ」時代を追い風にすると、実体の中での実現確率が想定以上に速くなる確率が高い。

地域の整備された危機管理防災のためのリンパ系ネットワークを地域密着CATV機能である神経系ネットワークと共有し、その機能を、地域の適正規模を守る複合型中小企業食品産業グループを基幹として、事業展開し、自給自足、地産地消、実体経済型循環社会で、地域の人が全員共に豊になるために「働き、稼ぐ」しくみシステムを構築しプロジェクト型で組み込むスマートソーシャルコミュニティを構築できるあらゆる要素が地域に揃う時代が来ています。

地域の成功ビジネスモデルを、世界に指揮者・カタライザー(触媒)として機能を発揮し、縁ある地域からその国の人が主役に育て自力で実体経済が優位に循環する共に豊に儲かるエリアに変える貢献を使命にする。その地域と連携し、世界各地にプラス領域量が多い成功ビジネスを伝播を急ぎ、ある段階から、世界の潮流にするプロセスを推進し、21世紀後半が、人間の尊厳が、建前本音が一致し、知識と行動が一致(知行合一)の人の数が60%以上になる時代を創る第一歩を踏み出すときです。 

 

 

 

 




 

商品一覧