開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

情報量「ゼタ時代」、プラス領域量が多い行動

■情報量「ゼタ時代」、プラス領域量が多い行動
 
 20120815

 ネット活用が創市場実現格差>情報量「ゼタ時代」、プラス領域量が多い行動
情報量「ゼタ時代」地域の勝ち残り戦略>情報量「ゼタ時代」、プラス領域量が多い行動




更新 2012.09.17

情報量「ゼタ時代」、個人集団組織のプラス領域量が多い価値基準・行動基準が、
豊な子孫繁栄実現の分水嶺となります。
「脳」の巨大化した人間が大恐竜の滅亡のように宇宙・太陽系・地球環境に適応
できなくなる確率が高くなる徴候が出てきました。

◎アメリカの物理学者グラショウが描いた「ウロボロス」のしっぽを呑み込んで環に
なった蛇の図は、2011.03.11の日本の福島原発事故により、原発の完全安全神話
に時代が終わり、異常核分裂の人が瞬間に制御できない、人間の領域を超えていた
現実であることに覚醒できました。その再発防止できない現実を予知する先人の
智慧の一つかもしれません。

ミクロとマクロとが極限で結びついている仮説の確率はゼロではないようです。
マクロの生物の極大は大恐竜でした。ミクロの脳の極大化した人間の行動
はミクロへの挑戦をしています。
すでに影響が見える段階になった金融(泡・バブル)により超富裕という我欲量の
極大化した人間の、国では制御不可能なマクロへの挑戦をしています。
気づいた時の今、人が「ウロボロス」の蛇は「してはいけない領域」へ入ろうとする
予知の警鐘である確率はゼロではないようです。


科学者は、情報量「ゼタ」時代に人類の子孫を滅亡させる多くのマイナス領域量の多い方向を
見極めて、人間が踏み込めない右脳・仮想の段階として残すべき領域の扉さえ拓く段階にきた
ようです。
実体社会で「してはいけないことはしてはいけない」ことに科学が応用活用された「両刃の剣」の
段階に入り人の豊な子孫繁栄と宇宙太陽系地球にマイナス影響結果となる行動をはじめたため
未来を左右する領域への踏んだようです。
科学者は、実体世界の「真の魂はタイコ持ち、メッセンジャー、営業パーソンレ等のレベルの価値
基準・行動基準レベルではない」はずです。
プラス領域量の多い方向を実体社会の中で、警鐘する自己責任があります。

超富裕層の金融世界の中の「人間の尊厳」を逸脱し、多数の人の金銭感覚を麻痺させる
麻薬「先楽後憂」の上限規制がない無限大に設定し、自己責任ゼロの状態で、しくみを利用する
麻痺した人した個人責任で自由に選択しただけで、合法的に多数育てた我欲煩悩を過剰に
増大させた現実の軌道を歩んでいます。

情報量「ゼタ時代」の科学・金融分野の制御型人財は、プラス領域方向ベクトルへ修正制御する
時代にきています。

死の直前の「アインシュタイン」の行動はなぜか?実体社会の想定外の結果について寿命が尽きる
間際で初めて気づき、地球の生物に想定を超えるマイナス領域が多いことにへの歯止め行動の
確率は高い。

法律とは人として「してはいけないこと」のマイナス領域の最低下限のルールです、合法でも誰が
見てもわかるマイナス領域の行動が、多数あります。法律をロジカルに抵触しない言葉を操作
できるある領域の人だけが出来る手法で、法律が厳しくなると、「節税の合法手法が、非合法
の脱税」となる事例は一つです。

法律を「合法」を価値基準・行動基準とする論理学ロジカルシンキングを自在に駆使できる間接管理型
リーダーが、多数輩出してきました。「法律規制の改定情報変化に気づけなかった実務の担当者が
よく知らなかった、知っていれば非合法はやらなかったのに」は「後の祭り」、間接型リーダー責任者から
何も変化を教えられず、法律改定前と同一範疇の行動してしまった。以前は「合法」今は「非合法」です。
まさに情報の他人責任型行動をしてしまった結果です。間接型リーダーは、「指示しない」で合法となり
「無罪」となります。非合法をした個人だけの責任になります。1972年以前の人は、リーダーへの連帯
責任を追求せず一件落着します。


この手法を「学び真似る」と日本では1972年以降の人の場合、個人の「思い込み」の論理が優位となり
ます。1972年以前の人にした同様の行動をした場合、因果応報の結果が、非合法で「日のあたる場」へ
もどれず、2度と復元できなかった場合は、その過去の一時点のことろして、させた人は忘れても、復元
出来なかった結果をその人の責任のためと増幅した「思い込む」傾向があります。「陰」の行動が優位
になった人は、非合法になる改定を言わない責任者に対して「恨み」「怨念」を増幅させる傾向が潜在的
に湧き上がり、想定外の刹那行動が、新聞をにぎわせる「なんでそんなことを」の生命さえ危険さえある
「人生の損をした」「心底嫌いなやつ」としえ刹那的「恨み」行動の発生がゼロではない時代に入りました。
「説得」「暗示行動の誘導」の結果が個人に不利益で、損な役割となり、させた人だけが利益があり、
得な役割、なにもなかったように立身出世した場合は、極度の右脳の生き残り本能で「常識ではない」
刹那行動をする場合がある確率は高くなりました。

制御型人財である現場の責任から逃れられない人は、日常行動で、人と関わる量が多いひとは、
常に法律、規制の改定偏向の最新化情報に鋭敏になるために、最新情報が入手できる精度の高い
情報源を直接持つことを推奨します。企業内イントラネットの共有情報は、更新意識の低い経営者、
経営陣、担当者の場合、新聞等で公開さえるまで遅れる会社が70%以上あります。

制御型人財は、企業の存亡、企業の社員行動の非合法にかかわる(会計原則も含め)ことが多い
ことに気づく感性が重要です。

業績のよい会社ほど、鋭敏である確率は高く、すでに、改定時には、、社内のシクミシステムの変更、
業務責任者、業務担当者の執務内容変更の徹底が済んでいます。業績に関わる法律、規制の変更は
法律、規制の政府の検討研究会のメンバーに加わり、先行で事業展開の準備、設備投資のグランド
デザイン企業内組織変更、関連子会社体制等、準備の段階に入っています。独立法人の組織の役員
企業は国の金で、法律規制変更に適応できる製品開発、施策のばとして、外部研究機関の一つとして
活かし、普及のための実証検証時、開発した試作品を提供して、外部で、検証改善提案させるしくみ
まで構築しています。グレーバル企業間の競争は、ISO等の世界標準に仕様が採用さえるかどうか
で、世界での競争優位確率が決まる情報戦争の時代に入っていることに気づく時です。

情報量「ゼタの時代」を想定して、すでに世界市場で競争する業績のよい上場企業、中堅企業は
日本国内の行政が公表する公開情報の根拠となる情報源の中で、要領よく、合法的に、最小限
の開発費と多数の他社の拮抗する開発者の知識知恵システムを「学ぶ、真似る」しくみを構築し
自社の新規事業プロジェクト、新規事業グランドデザインを同時並行で、工程管理ができる、
体制まで進化してきています。白物家電業界は、政府の行政指導を動かす機能さえ持ち始め、
20世紀で時間が止まる多数の中小企業、増加する低所得層の個人だけが損するしくみが固定化
してきています。中小企業の制御型人財は、過去の成長スピードの倍速以上にするために情報量
ゼタに時代を活かすことが必要条件の時代になりました。

情報量「ゼタ時代」は、織田信長の桶狭間の人による情報戦での今川氏に対する弱者の
奇襲で勝てました。しかし、信長は、強者になった段階より、ランチェスターの法則に基づく諜略も含め、
成功確率の高い方法しか採りませんでした。なぜでしょうか? 人を異常行動のない機能の一部として
自在にあつかえるもの、過負荷の本意は必ず気づくと「思い込む」誤算をしました。人は、左脳で、人格を
コントロールするある限界異常にすると、「陰」「怨念」が人の行動を左脳と逆の行動をさせる「説得」「強制」
の限界に気づけないまま死にました。
現在は、情報センサー量でランチェスターの法則が90%以上、成功結果を左右します。成功確率が高く
いつもよい業績を残す企業は、先行布石型を内プロセスを潮流変化に応じて軌道制御しているためで
戦いが始まる前に勝負が決まっている段階になっています。
情報量による可能な環境要素を付加し、綿密なシミュレーションしても確率の世界、想定外、その時の
未知の要素で、想定外の結果になっても、次回は、成果を決める重要な要素が分かり、プラスαを付加
したため、以前よりも成功確率は増加します。

ただし、「人は信じてもよいが、人の行動は信じるな」。公開・報告情報量は建前でありプラス領域の
ように見えて、その「人の行動」目的を分析すると、本音は逆の情報を暗黙(氷山の下)の持つ
情報が多数あります。
この本音、本質に気づけるためには、「人を信じて」まかせ、「裏切り行動、期待はずれ」の失敗を恐れず、
失敗を多数経験し、類似再発防止の「見守ってまかせる」プロセスチェック力の成長度合を常に高める
気の遠くなる反復訓練臨床検証が制御型人財の基本素養になります。
プロセスチェックで、行動軌道の狂いの徴候を予知した場合、その人の右脳の中を分析し(性格
能力判定等のツールを活用)し観えるようにして、人格基盤の欠落部分をプラス情報で補填し、
行動責任は、「人の行動まで信じた自分のバカさ、甘さ」と割り切り、失敗を自分の責任にし、
周囲が「納得」する量を増やすし、共鳴共振共働がはじまると、「要領よく行動の失敗を回避し人よりも、
行動の失敗をキチンと再発防止し、右脳人格の弱い感度帯域を改善した人の方が、より味方として
強力な戦力に変る確率は高い。

制御型人財は、人をプラス領域へベクトルを向けるプロの「カタライザー(個人は、本人によって
だけ変れます。どんな他人は潜在脳本音は変えることはできません。)が最適な方法の一つ
です。
3歳以上の人は、「本人が変るとき初めて変る」ことができます。従って、本人の変る行動は、
化学反応が体内で起こる現象に類似して変化します。
他人はカタライザー(触媒)の役割として、化学反応が正常に短時間で最大成果になるように
反応促進させる誘導の役割しかできません。多くの建前教育手法では、想定外の人の行動を
再発防止できる確率は1972年以降の人は想定外に低い。
傍の成長段階は異なり、十人十色です。パターン分類して分類別の基本、技術、応用、統合
等の個人の成長に最適なカタライザーとして集団組織の事業展開ベクトル総量を最前線で
最大に発揮し続けるしくにシステムの精度向上が重要です。
その目的で、情報量「ゼタ時代」、成功確率の高いプロセス探しの仮想の精度の高い情報を探す
智慧本、ネット公開情報を検索する能力を常に向上するしくみを構築することを推奨します。

世界の多数の制御型人財の加速度成長が、まだ気づけない多くの人を制御できる
確率は高い。すばらしい共に豊な子孫繁栄のための先行行動をはじめる時です。
今からよい種を蒔く・布石を打つことがよい結果が生れるる確率は高い。
このプロセスの現実化を待望しています。

情報量「ゼタ」の時代だから可能になった21世紀後半への光明(くもの糸)の
一つです。


●検索エンジン機能を熟知して、情報氾濫の中から問題解決のための知識収集に必要
なダイヤモンド情報にヒツトさせ質量をスピーディに核心を突く内容を揃えるための理論
武装Googleを先頭にして、多くの検索エンジン機能が、加速度的に進化し、知識を補完
する超スピードツールとして日常の座右の友の役割をもつ時代になってきました。

●21世紀前半の「検索エンジン」の進化は、多数の人を想定外の超スピードで制御型
人財が軌道へ誘導する「柔型行動優位」「多数納得型コミュニケーション・波動による
共鳴共振共働」できる機能が、今揃いはじめた最適ツールの一つです。

我欲を腹八分目で満足し、傍と共に豊になることを歓び幸せを本音で感じられる視点
に立つと、地球を意識して自力で活用できる唯一の人が「人の尊厳の視点」から子孫
繁栄のための光明(くもの糸)が多数情報量の中にある事に気づくことを待望しています。

最初に気づける人である制御型人財(実務の総合型・専門型・カタライザー型等)が
世界で多数輩出することを待望しています。

◎プラス領域量の多さを価値基準の順位にしたすばらしい検索エンジンの機能が
急速に進化してきました。
正しい「検索エンジン」を選択できた人だけが、自在に実体社会で活躍できる時代
に入りました。
21世紀後半のよい価値基準・行動基準の人格基盤を広帯域に育てるためには、
世界の中で、優れた「検索エンジン」を探し出す能力が分水嶺になります。

行政・民間の中で「利権・我欲・他人の不幸等」の価値基準が統合キーワードの順位を
決める比率の高いものが多数あります。
ブランド、ハロー現象に幻惑されないで、冷静に、左脳優位でよい(○)普通(△)悪い(×)に
相対比較してみると必ず違いに気づけます。
右脳の人格まで刷り込まれた「好き嫌い」「目先の損得」の湧き上がる煩悩を横に置き、
日本国の国益、富国殖産のために「中期・長期の得」、右脳の演繹法機能と左脳の
帰納法機能を冷静に整合させることが必要です。

 

 

 
□情報量「ゼタ時代」、プラス領域量が多い行動を待望 2012.06.26ms

 

 


□21世紀前半の「検索エンジン」

21世紀前半の「検索エンジン」の進化は、多数の人を想定外の超スピードで制御型人財が軌道へ誘導する「柔型行動優位」「多数納得型コミュニケーション・波動による共鳴共振共働」できる機能が、今揃いはじめた最適ツールの一つです。
我欲を腹八分目で満足し、傍と共に豊になることを歓び幸せを本音で感じられる視点に立つと、地球を自力で行かせる唯一の人が「人の尊厳の視点」から子孫繁栄のための光明(くもの糸)が多数情報量の中にある事に気づくことを待望しています。最初に気づける人である制御型人財(実務の総合型・専門型・カタライザー型等)が世界で多数輩出することを待望しています。

◎プラス領域量の多さを価値基準の順位にしたすばらしい検索エンジンの機能が急速に進化してきました。正しい「検索エンジン」を選択できた人だけが、自在に実体社会で活躍できる時代に入りました。21世紀後半のよい価値基準・行動基準の人格基盤を広帯域に育てるためには、世界の中で、優れた「検索エンジン」を探し出す能力が分水嶺になります。
行政・民間の中で「利権・我欲・他人の不幸等」の価値基準が統合キーワードの順位を決める比率の高いものが多数あります。
ブランド、ハロー現象に幻惑されないで、冷静に、左脳優位でよい(○)普通(△)悪い(×)に相対比較してみると必ず違いに気づけます。右脳の人格まで刷り込まれた「好き嫌い」「目先の損得」の湧き上がる煩悩を横に置き、日本国の国益、富国殖産のために「中期・長期の得」、右脳の演繹法機能と左脳の帰納法機能を冷静に整合させることが必要です。

◆「利権・我欲・他人の不幸等」を目的的に統合キーワードと高度な情報のための「統合検索キーワード」を分離し、民間の収益源と、その他の情報を完全独立させた「検索エンジン」の精度が高くなった世界規模の「検索エンジン」が成長してきました。
実体社会の事業活動に活かすとき、色眼鏡をかけた「思い込み」が少ない確率は高い。個人の価値基準・行動基準の成長段階に応じて、個人にふさわしい活用ができます。すでに新聞・映像・メディアは、携わる人は無意識的(一部の人は意識的)に受益者集団組織に優位な加工された情報提供が多数になりました。
ディベートによる詭弁型説得技術は、多くの経営の視点でのディベート法のプラス領域量、マイナス領域器を判断する運営責任を1000件以上体験検証すると不思議に「何か変だ」に気づき、「どこが論理的に変か」を分析し、その説得した発言者直接に、コミュニケーションの意図を確認すると、自分の仮説が80%以上の精度確認しなくても気づけるようになるようです。

◆子供でさえ「してはいけないことはしない」程度の内容を正しい(よい事とは別次元で、時代の本流の決定機能である、正しい場合もあり、正しくない場合もあります)と思い込み、暗黙の指示・命令領域でほとんど無意識行動する徴候が見える時代(10%以上の人が存在する段階)になってきました。
「仮想空間」と「実体社会」との違い、広域影響度感覚が脆弱になり、意識して、自己規制すべき歯止めに気づけない、「仮想空間」そのままを「実体社会」と同一視現象が若い世代の実体社会の本流を占め始めると「大人型子供」を集団組織の規制で強制的矯正的制御する時代がきました。
特に価値基準・行動基準が多様な、多民族国家は21世紀後半への綿密なグランドデザインが必要になりました。世界の中の最適なモデル国になれるかどうかの分水嶺になる確率は高くなってきました。

・コンピュータの時代は、自ら知識を探し、入力してデータベースにしなければ、機械という物質に過ぎず、環境適応した事業戦略展開のスピード格差はその高品質、量による総能力量格差と相関がありました。

・ネットワークの進化とともに多様なホームページで情報公開がはじまりました。サーバー上のデータベース、映像、ブログ、ツイッター等、各種検索エンジンを活用すると、先人の知識・知恵集約が、短時間で知ることができるようになりました。発言したい人の我流の言葉も瞬時に入手できるようになりました。
先人が存在する2番手以下の人は、「学ぶ、真似した型」で、ある一定レベルまで65%程度までは、誰でも到達できるようになりました。わからない、知らないことが多い人、子供には大人の知識を知るスピードが速くなり「子供の大人もどき化」の増加と、「大人型子供(価値基準、行動基準の退化:煩悩本能に支配されるため)」が増加してきました。
子供が15歳までの人格基盤を広帯域にキチンと感度成長をする時期に欠落したり育たない領域が出来た人は「大人もどき子供」を喜ぶ共感性があります。多数の子供と同感度レベルしか成長していない「大人型子供」の幻惑行動で満足すると、「大人もどき子供」は自分の人生の人格基盤が脆弱な場合、ある時期がくると大人の価値基準から見放される時が来る確率は高い。塞翁が馬、先楽後憂人生が待っています。その人の子供子孫の繁栄にも関わる「悪い種を蒔く」事例は、映像・メディアの世界で例外現象から、見える化しています。すでに日本では10%以上を超える益々増加現象が誰でも気づける段階に入りました。
「この親にしてこの子あり、この孫あり」ネット時代はプラス領域を行動基準に世の中の氾濫する情報を「真似る」だけでなく「反面教師」として「してはいけないことはしてはいけない」ことに気づける価値基準をレベルアップできる確率は高い。
世界の国々の万国共有の国際ルールさえ、無視した無法をよしとするする「大人型子供」・「江戸の坂本竜馬たちのように明治時代(目指す新しい時代)前にほとんど死に、生き残っても新潮流の中で新時代の法律下でも過去の成功体験非合法行動を新政府の功労者と錯覚して続けた人達」は、新時代の新たな規制法律で合法的に排除される時が来るだけです。もし先人の奈落に落とされた多数の人達をの事例を英雄視して真似る変革の大義名分で踊らされる人を少なくする歯止めをかけるために、プラス領域のベクトル方向へ多数の人を誘導する目的の制御型人財は、世界で与えられた持ち場から、最初の半歩を踏み出すときが来たようです。

制御型人財が多数育った国から、新たな世界のプラス領域量が多い21世紀後半を構築できる確率は高い。

子供教育、若い世代はまず自国の国益、富国殖産の一員として、共に豊な国の基盤ができると、他の国へやさしい行動が出来る確率は高くなります。国益と相手の国の国益の存在を意識し、共に最適な価値基準行動基準、我欲を押さえ腹八分目満足で幸せに気づける段階がきます。
子供の世界は、まだ欲が無限でないため、子供時代に養う人格基盤の一つです。
親の七光に幻惑され、子供の世界をゆがめて育てられた子供の周囲の過保護の親が30%以上を超えた時代に歯止めをかけて、子供の世界(現在の大人社会の生き写し現象)がよい価値基準・行動基準を身に着け人格基盤を持つ、プラス領域量を多くすることからはじめることが最適の方法の一つです。
今から20年以上の必要期間がかかります。必ず現在の大人・大人型子供は、寿命で死にます。多数決で現在の人格基盤がプラス領域が多い人が、時代の潮流の本流を動かす人になれる時代かきます。
21世紀後半の人材育成は、生れる前、親が健康な優性遺伝の素晴らしい子孫を残せる確率の高い子供が多数生れることが必要条件です。
今から着手しなければ、「人類にとり後の祭り」になる確率がゼロでない時代に入った大切で重要な価値基準行動基準を発揮しなければならない時期が到来しています。情報量「ゼタ」時代だからできる、精度の高い羅針盤を身に着ける制御型人財が、本流の、プラス量を増加させることが出来る確率は高い。

ただし、マイナス量を減らす方向は想定以上の、不可能に近い労力がかかります。プラス領域量の方ががマイナス領域量より、明確に多い段階になり見える化した時期から、マイナス領域量の多い20%は短期で、わずかな共鳴共振共働情報だけでプラス領域量の多い人に変わり始めます。残りの人は、「してはいけないことはしてはいけない」人としてのマイナス領域の上限の規制法律で、強制的に矯正する「納得」のしくみを綿密に準備すれば残りの60%は、プラス領域量を0+以上にできる確率は高い。ただし、最後の20%の人は、寿命で減少を待つだけかもしてない。

人間は、完全に近い超人財も存在し、完全に近い超人罪も存在し、世界の歴史の中で、+-=ゼロのバランスを保つ現象があります。同じ情報をプラス領域量を多く「陽」で捉える人と、マイナス領域量が多く「陰」で捉える人が100%の中で「+20%対-20%」となり60%が時代で多数決を左右する普通の人が+-のどちらかの領域に誘導されている現象があるようです。
人の成長は、高い障壁をつくる人(邪魔する人)があるから、それを超える能力を身に着けて超える能力が育ちます。120%以上の障壁は、自己成長の源泉です。90%以下の障壁しか与えない過保護の人は、日本人の高齢者が「300万人以上さらに増加する痴呆症で左脳回路の異常者」になった結果をみれば日常どんな種を蒔いた場合、高齢者の脳の回路が異常な箇所をつくった結果です。
高齢者は活き活き、日本の労働戦力として、それぞれの身体機能に応じて低賃金で働かせるこどができる「近未来日本の労働人口の減少」は富裕層から利権を得た調査会社の子供でも予測できる報告にしかすぎません。日本の国内の総労働力の実体は180度逆で、低賃金シェアリング目的でで人の最適組立てすると単一言語だからできる重複行動を最小化した高生産性行動ができる確率は高い。高齢者と15才までの人口は新しい地域地産地消型動脈系静脈系を整合させた、シクミの中でふさわしい働く役割を担当させてば良いだけです。
すでに、日本には、問題解決に必要な多くの成功プロセスが蓄積され、現地現場現物で、微調整するだけで実現度が高い知識知恵プロセス等が揃っています。
子供の若年寄り、思考の無限な成長にクランプをかけた自分を小さく固定化する「思い込み」、無限に成長できる素質に気づけない徴候が出てきました。視点を立体型で自己を判断することが難しい思考体系がある固定方向にクランプされていうようです。平面型思考により確信した実体社会での行動(仮想は無限でも、実体化するための血の出る、汗をかく、想定外の反復したムダにみえる時間(赤ちゃんが立ち上げるまでの気が遠くなるような全身全霊を注いだ身体機能の向上訓練の姿と酷似)が必要なプロセスの構築の知恵」が不足している現象の一つです。

現在「大人型子供」でないと確信している世界の多数の人から、プラス領域量が多い世界を「柔型行動」だけで遠大な過去の歴史にない未来を拓く第一歩を踏み出す制御型人財の多数の輩出は情報量「ゼタに時代」の機能を活かすと、合法的にできる時代に入りました。

上限下限規制がしくみシステム上出来難いネット時代、情報量は「両刃の剣」プラス領域マイナス領域50%の世界です。正しくプラス領域の方向ベクトルの情報を多く選択して価値基準行動基準をプラス領域量を多い方向へ個人、集団組織の軌道制御できる確率が高い人は、行動・実務の世界を動かす制御型人財が最適です。机上・間接型のブランドの情報は、行動に活かせなければ「ネコに小判」何も因果は発生しません。
情報量ゼロと同じであることに気づくことです。情報量は、個人の感度で知って解っても、何もしなければ(仮想の空間のまま)因果は発生しません。
人を通して行動させる「汗を嫌がる」・「だるま・置物」の人は、その人の行動が身に降りかかる火の粉になってはじめて行動を起すときがきます。要領よく合法的に回避しても、ある年齢になり自己責任量が増した段階で、悪い種を蒔いた結果に気づいたとき身体の異常が発生し、脳の右脳の陰が優位の行動や脳の回路異常、破壊となり復元できない確率は高い。

・制御型人財は、常にプラス領域をより高いレベルへ着実に成長するために、検索エンジン機能活用能力をアップさせ、問題解決の仮説を早く立てて、実証検証し、確信し、現実実体世界で成功確率の高い事業展開をする軌道選択制御総能力を発揮できる時代に入りました。21世紀初頭と比較し想定以上の実現確度が高くなったことに気づける事例が出てきました。

・行政、業務、危機管理等の「管理の管理」、標準化レベルの情報をイントラネット目的で、巨大サーバーで管理するための過去データの累積だけの情報、危機管理のためのデータ管理のための情報、現在までの過去の情報を見える化するためだけの目的でデータ素材の個別の大量収集、加工、図表化、映像化等現在までの過去のデータと微量に異なるデータ(静脈型情報量)をひとつのデータと評価するようになりました。
 

 


 □「ゼタの情報量」の活用した価値基準とその行動基準が起因となり、人類の豊な子孫繁栄か?大恐竜のように肥大脳の人類が滅亡の道に向かうか?分水嶺の時代に入りました。
                                                                       
2012.08.15ms

20世紀代までの時代


















 

1.20世紀代までは「学ぶ、真似る」「広帯域子供時代の人格基盤への定着」と「大人の気づいた人から自己責任で後天的によい人格基盤に変わりたくなる」成功体験量を個人成長とマツチングして、その人の属する集団組織の行動がプラス領域量を多くし、子孫繁栄確率の高くするための価値基準・行動基準の向上を求めて長期の時間・時代を超えて蓄積された知識・知恵・智慧として累積された中から個人が実体の中で接することが出来た一部分だけ認識し全体像の把握は人の寿命で、全員志半ばで死んでしまいました。

2.すべての人は、ゼロから成長しました。お釈迦様の「くもの糸」すべての人は、自分の我欲の増大のために光明の「くもの糸」を切てしまう現象が続きました。

3.世界の先人が蓄積した豊富な情報量を 個人の一生で広帯域高次元から集団組織で増幅した世界貢献に活かせませんでした。
その原因はどんな素晴らしい情報でも、限られた範囲だけの狭域情報量の方が多く、意識して探し求め、探求しない限り、「口をあけて待っても」「牡丹餅にありつけない」多数の人がいました。「くもの糸」に群がる多くの後に続く「学ぶ、真似る」段階で、未来の光明(プラス領域へ向かうベクトル方向の情報)へ向かう糸を自ら途中で独占我欲で切ってしまっていました。

4.広帯域人格基盤のどこかの帯域が欠落したり、未成長であった部分が多く、歴史は繰り返す、何千年の歴史を持つ国さえ、現在も再発現象の連続の時代でした。

5.時代の潮流の中で「剛型行動」による価値基準、行動基準さえ反転する現象が生じて「われこそ覇者現象」を繰り返す蛇行の人類の歴史が創られて来ています。
広大な国土を持つ国ほど、人の我欲は無限に増幅される人のマイナス領域の行動量が多い。まさに子供の「陣取りゲーム」の行動様式パターンと酷似しています。
大金持ちの子が金や親の権威で家来の集団にして、勝つために何でもあり現象があります。成人し「大人型子供」となり、その行動が増幅現象として実体社会の現実化する現象の一つであることに気づけます。
軍事力を背景に外交を優位し、「ノー」の場合は、侵略戦争で弱国を統合する歴史が世界で続きました。
 

 21世紀の前半にまだ20世紀代の価値基準行動基準の多くの人がいます






















 

グローバル化し、世界最適の価値基準行動基準が世界標準になる時代に20世紀後半から入ったにもかかわらず、まだ多くの「人間の尊厳」として「してはいけないことをする」本流を動かす人の中に、20世紀で時間が止まったままの成長段階の人がまだ多数いるようです。

まだ「剛型行動」が優位な国は 「柔型行動」を優位にして、、腹八分目の我欲で、傍の多数が共に豊になる姿にわがことのように本音で幸せが感じられる視点へ換えてみませんか?
視点を換えて価値基準・行動基準をもうちょっと軌道を修正するだけで情報量「ゼタの時代」に入った今なら、素晴らしい未来が拓かれる時代に入っていることに気づける確率は高い。

情報量「ゼタ」の時代、潤沢な資金がある国の場合、後進国であっても短期で、平和が続く期間が5年(停戦)あれば先進国へ追いつくことができる時代になっています。
自国内ですべてを自給自足することができるように国民全員が分担して「学ぶ、真似する」て追いつき追い越すために今に徹して重点行動すれば、日本の天変地異で短期で再生するしくみを真似るだけで、世界の標準以上になれる確率は高い。
自給自足は、自国の固有の技術を短期で向上できるプロセス進化の方法の一つです。
天からの恵みの国土のある国の場合は、素材を購入した世界の国々と「腹八分目」行動で交渉し、自国の大型チャーター機(貨物・乗客兼用)で、創市場創客、貿易を展開すると、後発営業でもロジカルシンキングの基本動作をするだけで、短期で強い営業力のある展開を出来る確率は高い。
自国の他国との恵まれた天の恵みを活かして行動すれば強みを発揮できる国の一つです。

電力エネルギー網は最小単位でよい。幹線基幹網部分だけにして、すべてエリア単位で、太陽の恵み、風の恵み、温度差の恵みを電力、温冷熱にかえると、エリアで自給に必要なエネルギーが確保できる時代になっています。不足した場合幹線基幹網で、融通して補完し合えばよい。基幹地下資源は、自国の素材産業と、その利用産業に低価格で、国内需要の自給量を確保し、また自国の化学産業等として、燃やすエネルギーとして、付加価値の最低活用法に歯止めを掛けることができます。また世界の医療へ貢献できる確率は高い。国内の自然環境、農林水産業は、地域の天候条件の影響の少ない、生産のシステムが世界で急速に進歩してきています。総合的食品産業と併用すると、短期で国民の必要な食料の安心安全な自給自足ができる確率が高い。また、その事業展開に必要な安全な水の潤沢な供給システム、廃棄物の再利用システム、汚水の浄化等、短期で揃います。
人工的林業地域、森林の増加も自然環境変える量で拡大できる時代になっています。

国内の制御型人財が多数輩出し、国益、富国殖産で統合行動を祈念しています。
 

21世紀の前半
































































 

 
「子供時代の世界の狭域影響範囲限定行動」を増幅し、「大人型子供」は周囲への影響範囲が、巨大化し世界・地球・宇宙レベルの存亡に関わる規模行動となり世界人類は、金融バブル(ブランド・泡)で過大に膨張し、富裕こそ世界の覇者・今太閤の世界規模の競争が激化をはじめました。日本は、中流家庭を装う層でさえいよいよ増税つまり従来100の実体が90の実体になり、質量の低下をし、今と同一質量を消費する場合は、所得の低下となり、実質低所得層の加速度増加の時代が迫ってきました。富裕層はますます儲かる格差拡大の時代が迫ってきました。

◆視点を換えて、増税で誰が儲かるかを検証した場合、国内生産比率が低い最終消費製品商品を日本国名で輸入として生産するグローバル企業、大企業・中堅企業はTPPにより増税影響が少ないことに数値的分析すると誰でも分かる事例でさえなぜ気づけないのでしょうか?
超円高の金融演出で、国内の誰が莫大な為替利益を得ているのでしょうか?マツチ消化ポンプを演じている国内企業はどこでしょうか?日本国超円高支援をしている国はどこでしょうか?
金融で国内海外両方に拠点があり、海外拠点の方が売上比率が高い企業なら、トランプ博打の原理、双方の手の内を見て、儲かる方にかければよい必勝の方法であることになぜ気づけないのでしょうか?
ある部分が欠落し、子供レベルで成長が止まった成長軸で、教育、新聞、映像、メディア等の加工された一部の論理的詭弁、ディベート法で「思い込まされた」平和ボケ(危機意識の欠落した晴れだけ見る人が多い国の普通現象)で誘導されているだけで、「何か変だ」と気づき覚醒すると、危機意識(どしゃ降りの雨を想定した論理思考)の視点からつまり180度逆の視点で診ると、多くの情報が何か変だ、日本の国内の国民の思い込む方向が逆である論理である確率が高いことになぜ気づけないのでしょうか?

情報量「ゼタ時代」に入り、プラス領域量が多くなると、「何か変だ」「マイナス領域量が多い方向だ」等、気づける人増加を待望しています。
ただし、マイナス領域の量をが多い人を多数育てる確率も50%あります。

制御型人財の存在価値が発揮できた段階で、必ずプラス領域量が増加方向、右型上がりになれます。A志援サイトに来訪されたすばらしいあなたの「もうちょっと成長」を待望しています。

1999年までの情報量(動脈型情報量)段階から大量多様な静脈型情報量も加算された2000年(21世紀)から、ネットワーク(センサーネットワーク等含む)機能が業務のイントラネルト網で加速度活用され、情報量「ゼタ」の時代に短期間で入りました。

制御型人財が情報を正しく制御すると人の価値基準、行動基準さえ、陽・プラス領域量を増加できる確率はいよいよ高くなりました。逆に、陰・マイナス領域の量の増大、人類を奈落の底へ誘導する個人、集団、組織も多数台頭する徴候が見える時代に入りました。
自国から陽・プラス領域量を多くする行動をはじめるために世界各国の制御型人財がまず自国からプラス領域方法へ軌道を向ける行動をはじめることが急務な時代に想定以上の速さで来ているようです。

制御型人財は、情報量「ゼタ時代」到来を追い風にして、成長スピードを過去の倍速以上に加速して多数輩出することを待望しています。

・富裕層の高額投資しなくても、偏向しない核心に近い知識・知恵を着実に大量に累積できるようになり、集団組織が個人を動かすことが本流段階になりました。
個人は、情報量「ゼタ時代」は集団組織の社員になることを推奨します。
集団組織が情報量「ゼタ」の広帯域の選別機能を持つているためで、その集団組織の約60%までの人を対象としたイントラネットのしくみです。その他の20%は経営陣経営層に必要な共有情報です。残りの10%は部門の業績責任者のための情報です。最後の10%は、その企業の競合他社との熾烈な競争に勝つための情報量「ゼタ時代の」最先端を外部から導入するための制御型人財の成長レベルと人数で、集団組織格差が大きい領域の情報です。組織に属さない限り、接することの出来ない領域の情報です。

属さない人は、個人の「好き嫌い」「損得」「煩悩満足」等の一部の人格基盤帯域を増加させるだけです。21世紀後半は、非正規社員は、反復繰り返し業務の労働力提供型が主流となり、社外非情報の増加、セキュリティの厳格化で勤務企業の必要情報が制限された暗黒の時代に入ります。集団組織に中途で入社した場合、欠落した、60%までのイントラネット情報をいかに短期で吸収し、自在に活用できるかが生き残りの分水嶺になります。過去の経験をすべて横に置き、配属部門で、プラスα情報化どうか、綿密に分析して付加する「間の時間」が必要な時代になりました。もし自己自慢のアウトプットを優先し、自己満足しても、3年間程度で前歴の知識、知恵、システムのプラス情報は、その集団組織に全社的視点から吸収され、「出し殻」の人となりその企業の集団の中で乖離した人となり、再び転職を目指す「陰」の人生が始まる確率は高い。中年の中途採用者受難の時代になりました。

実体社会の中で、高度な人格成長広帯域基盤の人以外、最適な行動の方向に気づけず、浮き草のごとく他人の情報に「カマス(魚)」のように食いつき、その蒔いた種が悪く、悪い結果、マイナス領域量が多い、奈落の底まで引き釣り込む情報さえ気づけない(おれおれ詐欺にあう現象)確率は、高度に進化する新聞、映像、メディア等の増幅機能で高くなったためです。「後の祭り」の結果が待つ人になる確率は高い。

 

 21世紀後半に勝ち残る方向
















 

 
「シンプルイズベスト」「単純化」して、事象をわざわ複雑化する時代の本流の方向と180度逆の方向の方が、実体世界での行動をプラス領域量が多い方向へ導くことができる確率が高くなってきたようです。
個人が、増幅機能を持つ、集団組織のプラス領域量が多い方向へ属する人、集団組織の軌道を制御して素晴らしい未来への布石行動を起因させるトリガーの役割機能を最大発揮できる時代が到来したようです。
実体社会では一人の人が行動してはじめて結果が発生し、その連鎖増幅されて、世の中の今の結果となっています。
球形思考のデータベースが人を動かすまでは、人のアナログ型でファジーな、想定外の確率行動で支配されているのかもしれません。
情報量「ゼタ」の時代、データベースの最先端情報を自在に駆使した人が、より精度の高い確信決断行動ができる確率は高い。

人の左脳領域に論理学、ロジカルシンキングの基本素養をいかし、説得型から納得型へレベルアップすると、「納得」は右脳領域の潜在脳、人格脳が波動情報として、共鳴昇進共働する確率が高くなります。傍の一人が変ると、集団組織の増幅機能により多数が想定以上の速さで、協力的な行動がはじまります。日本人のような、単一民族で、単一言語日本語が共有さた場合、多民族の集合体集団組織より倍速以上の速さで、新しい軌道へ変化した実体を観ることができる確率は高い。
情報量「ゼタ時代」を活かし、的確な情報を駆使してロジカルシンキングとで総能力、周囲の経営者、経営陣、拠点長、上司、キー人財の中に「納得」し共鳴共振共働(「説得」はディベート法の手法で、言葉の剛型行動で、強い反対行動の人を増殖させる怨念手法の一つのためしてはいけない)

●複雑な事象・もののブランド、ハロー、バブル・泡を除くと、シンプルな世界の輪環が見(観)えてくる現象に気づくときがくる確率は高い。
 

 

 

 

 
□論理学・ロジカルシンキングの基本素養を体得する    2012.08.15ms

◆日本の論理思考(ロジカルシンキング)の現状























































































































































































 

日本は、現在はまだ、鎖国型時代の名残があり、単一民族で、単一言語日本語を使っています。また島国で農耕民族です。江戸時代に代表されるように、人びとは一定の土地に住み着いて、同じ顔ぶれの中で生活しました。
近年までは、企業は終身雇用制度、年功序列制度が前提、組織の構成員は同じ顔ぶれで、さらに上下関係が明確に決められていました。そのために、日本の社会、日本企業においては、物事を論理的に説明しなくても、お互いが理解し合えました。「いまさら説明しなくてもわかるだろう」とか、「何年やっているんだ、わかりきったことを聞くなよ」ということがまかり通りました。また上下関係が明確であれば、論理的に説明しなくても「上司命令だから、つべこべ言わずやりなさい」で通用しました。

日本では、ロジカルシンキングしなくても十分にコミュニケーションがとれる状況でした。また「上司の考えを察知して、先回りして先手を打つのが優秀な社員だ」ということを平然と言われたいました。

なぜ1972年以降生れた育った世代、2000年以降生れた世代は、核家族化で日本の集団組織が育てた人が少なく、家族も仕事で多忙な親は、子育てに接する時間が少なく、また、家庭専業の親は、金と時間があり、親個人の時間を謳歌し、「大人型子供」行動が主流になり、躾ける無償の愛に満ち溢れた親として子供に接する時間が少なくなり、狩猟民族、多民族国家の教育を中心に育った個人主義の価値基準、行動基準、富裕層が主導の映像メディアは、集団の中で今太閤・富裕になることが成功であるという、集団組織の中の最適行動に気づきにくい、マイナス領域量の多い行動映像で育つたため、人格帯域感度は、価値基準・行動基準は、本体の強みを持つ日本人というより外国人に近くなりました。

国益、富国殖産の価値基準、日本の歴史から継承する知識,、知恵、智慧、プロセスも帯域制限型教育で、「日本国のよさより外国・他人の芝生」の方を評価する日本国民にとり最適な「グローバル化」とは何かが欠落したり、育っていない人格が多くなった確率は高い。

多数育つ日本人の若い世代の中の制御型人財(本来型日本人)は、「豪商型、ロビー型、繊維業界型、遠洋漁業型視点で外国のトップ層に交渉し、根回し、迎合するメッセンジャー型行動は、プロの外国人の視点から見ると誘導され無意識で「目先の利権をちたつかせる」と「カマスのように何でも食いつく・飛びつく」行動現象が優位である平和ボケ行動の本質を認識することが、未来行動の歯止めになります。

長所と弱点・短所を明確に選別する段階になりました。
目に余る豪商外交のマイナス領域量の行動の多さに気づきやっと外交交替に気づいた段階です。
少しプロ外交型になる世界の常識段階に戻ってきたようです。しかし、まだ氷山の一角の現象で、経団連(鉄は国家なり、多数の企業の国益基盤に関連する企業の利益代表でしたが、企業の小判サメや、国内より海外規模が大きい企業、金融、第三次産業型が本流)を先頭に上場企業・中堅企業のグローバル企業が本流の時代、未来どんな火の粉を日本がかぶるか気づけない確率は高い。

戦前の民間の海外進出事業の結果、多数の財産ゼロで帰国し借金返済人生の顛末。バブル崩壊時のバブルに踊らされた海外不動産投資の日本の金融業界・富裕な民間企業・富裕な個人の顛末の結果で誰でも見えました。短期で莫大な投資金額を根こそぎ微少にされて「世界のカモの国」でした。日本国内流通資金が激減し、国債で補填、実質の国家予算を使い日本の財政逼迫の原因の一つになりました。

世界の国から日本の先進業界指標である繊維業界型・遠洋漁業型は海外の進出国が、国内事業が育つてくると日本への「暗黙の強制(値段の高さでの不買・外国企業の規制・加税制、人件費高騰等)」で撤退しなければ海外拠点赤字累積の時期に入り、現在の各業界関連業界の顛末の結果をみれば誰でも未来何が日本企業に起こるか明白です。
金融が動かす世界の場合、無から創業するためにその進出国の資金の肩代わりに利権を条件に高額設備投資産業の場合、設備投資費用がかかり、利益貢献できる段階になり短い期間で利権契約期限が切れたり、経営陣から合法的に日本人が排除される段階のとき、日本の一国の全財産を投資しても、はるかに超える巨大な富裕国家に新契約・経営権が替わる時代が想定以上に速くくることに気づくときです。
日本が高額設備投資をして、その国の就労インフラとなり、利益貢献をはじめ、その国に長期貢献しましたが、日本人の感覚で、右脳で好き、日本に恩を感じて取引が継続されると思い込む「晴れ型のおめでたい思い込みは、日本国内の何十年の継続先を、同族の若い2代目3代目等は、平気で取引しなくなる行動様式と同じで、自国にプラスの行動優先は普通の常識です。

日本の長年の資金援助と苦労に感謝し、永続的に契約を持続してくれる考えは日本人流の「思い込み」、契約更新時の金額増加がその国の国益になります。
二番手の国は、設備もあり、人も育ち、利益も最初から得ることが出来ます。
「おめでたい日本人の行動をどうあなたなら評価しますか?」「契約を更新せず他国へ替わったこと」に不平を言う日本人は、クールなビジネス業界の基本ルールを忘れた平和ボケ、過保護国家の国内の商道徳と違うだけです。その結果は普通の自然な行動様式の一つにすぎません。

アジア圏は、子供時代から右脳で「日本人は嫌い」のしくみ教育が徹底継続されています。海外で観光ルートで避けて通るコースが多いですが、「グローバル化事業展開の担当者」と国家観損得に関わる極限契約交渉の時、現実に観える本音に気づき、左脳で「納得」共鳴共振共働し、共に豊に「腹八分目」で妥協し、「建前」「本音」を一致した状態で対等ビジネスが展開できる確率は高い。情報量「ゼタの時代」だからこそできる、ふさわしい情報を活かすと、優れたリーダーなら、想定以上の速さで気づく確率が高くなりました。優れたリーダーの、実務担当制御型人財群なら、想定以上の速さで、その国の情報網の価値基準格差がありますが、想定以上に実現が速い確率は高い。

情報のネットワークの本質は、「日本の単民族、同一言語」の映像、音楽、多言語変換(同一言語でのコミュニケーションと酷似・同時通訳機能)で、左脳右脳の整合が個人で出来ます。世界統一語である「波動言語」の原理の一つです。
21世紀後半は、人類の原点である同一「波動言語」で共に豊な、生物多様にもやさしい、地球最適化への環境の向上と先人が累積した、マイナス環境の復元行動がはじめられる確率は高い。



制御型人財から、情報「ゼタ」時代の海外進出国の子供時代の「好き嫌い」「損得」「建前本音」等の人格基盤を左脳優位の見える人格基盤だけでなく、国の損得にかかわる、右脳の見えない人格基盤をキチンと見えるようにして、納得させ、「嫌い」さえ、「好く」方が国益にプラスとなり、自国の子孫繁栄にプラスとなる価値基準、行動基準に換える日本固有の論理学ロジカルシンキングを組み立てる時期がきています。

20世紀の一過性の短期間の成功体験、ビジネスモデルの延長線上は21世紀もグローバル競争に勝てる確率は低くなってきたことに気づくときです。
後進国、日本優位の幻想は、国内情報、メディアが加工した晴れ情報の一面の日本優位情報が原因の一つです。 
本流の格差は情報量「ゼタ」時代、追いかける側の成長は想定外に速いことに気づく時です。追いかけられる、未知の世界を模索するスピードより相対的に追うスピードが速すぎることに気づくときです。
海外進出企業が、日本流のローカルシンキングでは、進出国の外国の人が、金をのぞくと理解できない、現在の日本の若者世代よりさらに、もっと価値基準・行動基準も自国の国益指向が強く、右脳の潜在に刷り込まれていることに気づく時です。アジア圏の子供時代から定着しています。(日本侵略の多数の歴史館を子供教育の一環で遠足し、日本人嫌い排他する人格基盤への定着のしくみに、多数の現地現場を実際に見て、すべてのプラス領域行動はゼロ以下に一瞬でなる方法に愕然とした体験があります。
日本人嫌いは、左脳が優位なロジカルシンキングで納得し、共鳴共振共働し右脳の中の嫌いより好きの量を多くして建前と本音を一致できる方法しかないようです。)

日本人嫌いが、アジア各国で賃金、我欲が、領土問題で、瞬間に、日本不買排他行動に替わる潜在パワーがあることに気づく時です。この価値基準、行動基準の視点で「グローバル化」の世界の中で日本が国内の市場だけで、国民全員がともに豊に、腹八分目の我欲で幸せと思い込む中流層が60%以上にするために日本国を一つの企業体組織にまとまり、生き残るためのTPPでも世界の相場に依存しない、地産地消、自給自足国家の構築へスタートするときです。

21世紀後半に生き残るための日本国内の制御型人財は、国際法・規制・ルールを犯してさえ自国の権益を有利に行動する国がありますが、日本は、国内が豊になり、その成功ビジネスモデルを世界に伝播させ、その国のある地域から共に豊にする貢献ができるようにすることが、世界の中でも、行動できる数少ない国の一つであり、単民族、単一言語日本語であるからできる最大の強みです。
日本国内を業績基盤にして、貿易収支を必ず10倍以上の黒字化できる、国内総能力量が、高密度で蓄積され、日本国民全員が、稼ぎ人になれます。
ある調査期間が大企業の視点で、マイナス部分だけ、悪いとこ探しに莫大な調査費用をかけて、子供でも予測できる日本の未来は、「海外市場へ、人口減少は、多民族の移民、参政権の付与で日本国民の員数増加等」です。
国内の国益、富国殖産、一部の日本人の数を労働力とする「思い込み」は間違っているという視点に立つと、日本国内で日本人全員を労働力に最適に活かし、共に豊になると、全体最適な国に変ると、劣性遺伝の増加、適齢期の優性遺伝の子供に現象に歯止めがかかり、現状維持の人口(高齢者の死亡数と拮抗した優性遺伝の子供の生れる数)にすることが出来る確率は高い。地域の地産地消、自給自足の実体社会を動脈圭、静脈圭企業共存の複合的スマートソウシャルコミュニティを実現を突破口にして、全国展開するば、貿易収支を戦略的、計画数値で持続的増加ができる確率は高い。
国内は実体経済優位の社会であるため、世界のTPP、金融、超円高等の外圧に大して、地域の影響は低く、大都市圏、都市部だけの影響となり、逆に勝つべくして勝つためのハングルーマーケット(少量変量高品質高安全製品商品の提供)戦略で、国内、海外で優位な地域余剰製品商品を綿密な創市場創客の先行計画プロセスで海外進出の日本人を味方に「納得」させて侵攻すると想定以上に、外貨を日本に持ち帰る確率は高い。創客で進出した地域で、日本の地域の共に豊になるしくみを狭域で実現したいエリアから、その国の人が自力で運営できるカタライザー機能を発揮させ、その地域で実現させる、世界市場での綿密な連携をした創市場創客戦略を共鳴共振共働型価値基準・行動基準を共有した成功確率の高い総行動ができる確率は高い。

情報量「ゼタに時代」は 世界最先端を「学ぶ、真似る」ことが誰でもできる時代がきました。中小企業が地域でクループ化し、固有技術を整合して、適正規模で経営すれば、規模に応じた創市場創客(有限の国内と無限の海外)で、海外企業と連携すると、グローバル企業(企業内情報規制がある多民族社員の弱点)や日本の大企業・中堅企業グループ(親企業のホールディングの仮想と親企業実体と、下請け型グループ(営業能力がない、生産特化企業、他力業績責任型の弱点)があり、「学ぶ。真似る」に徹して、小規模だからできる人の熟練度の無限機能を活かし、超低コストで「匠」の製品商品を売りけれ型(ハングリーマーケッテト)戦略に徹すると、しくみシステムをグループ内構築し、毎日増加する情報量の必要なものだけ、地域CATVが管理するデータベースで地域の100%を最初に蓄積しると、一般の検索エンジン異常のプラス領域量の多い情報だけ選別蓄積できる確率は高い。

21世紀後半は、本来日本人型(本来の日本の強みを活かせる人)が、世界の貧しい国を豊にできる新日本人へ変ることができる時代が到来の徴候がでてきました。世界の中で数少ない「平和ボケの日本」し「多くの国に利用されやすい、金をむしりとられる日本」の弱点が最大の「柔型行動」の強みとして世界が共に豊になる行動の一歩を歩みはじめる国になれる確率は高い。
世界との取引は「契約」です。各国の法律、規制があります。各国の法律の論理、ロジカルシンキングの専門課を制御型人財は、ただしく決断するために補完するブレーンとて綿密な連携が必要です。制御型人財は、日本の法律の基本論理展開、判例を実務に関連する周辺を基本素養としてもっと、各国での応用が出来やすくなります。国際法と日本の法律の解釈の違いを学び基準とすると、各国の違いが明確に観えるようにないます。

2011.3.11の東日本大震災、福島原発事故は日本人が、科学の限界に目覚め、個人主義優先、富裕ななることが人生ではない、家族、地域の絆(きずな)の大切さに目覚め、映像メディアがすべて正しいと思い込むことが自分が選び確信決断することの重要性に目覚め、民放の内容は、スポンサーに有利の働くことに目覚め人が多い今だから実現できる確率は高く、既に2011.3.11以前へ昔帰りさせる忘却の「ための情報操作も多数でてきました。地域の中小企業が、絆(きづな)で結びつくパワーが強いのは1000日(3年)程度かもしてません。国内、世界の相場価格の下限以下で生産できる内需拡大体質に、地域から変わり、地産地域が60%以上に増加させ、地域連携で地域固有技術で、国内を基点にして、地域連携で海外の無限市場へ創市場創客戦略をし、外国の地域で、地域の総人口の30%以上顧客化できた地域から、地域で地産地消で、地域が実体社会で、共に豊に生活で出来る、日本モデル、地域の業務言語を英語で単一言語に統一し、地域の動脈静脈毛細管をつなぐ地域CATVを核にしたスマートソーシャル社会を実現させる、総合的プロジェクトのカタライザー機能を提供する。潜在脳の「日本人嫌い」を「日本人好き」に納得して換える行動展開ができる確率は高い。英語を公用語にした理由は、その地域が世界へ創市場創客の事業展開するときロジカルシンキングで国益、富国殖産を基準に有利に展開する目的の方法論の一つです。

◎日本人が論理学、英語のロジカルシンキングに熟達することが、農耕民族としての以心伝心の強みを活かし海外で対等に国益、富国殖産行動をしながら、交渉国も儲かる共鳴共振共働型「納得」の日本的ロジカルシンキングで世界に貢献できる時代がきました。 情報量「ゼタ時代」になり、実現確率は、現在までの先人の総能力を統合するだけだけでさえ、高い時代に入ったことを確信しています。共の実現のプロセスを「楽しみ」ながら今に徹して行動しましょう。
 

◆ロジカルシンキングは世界標準の一つ







































































































































 

「グローバル化」の中で日本人の制御型人財は「論理学」「ロジカルシンキング」の基本素養の体得を急ぐ時代になっています。

ロジカルシンキングの基本・技術・応用は ビジネスの世界で活躍したい人は、「世界標準の一つ」のISOと同様に基本素養として、実務の場で磨き上げることを推奨。

社会や経済のグローバル化が進んできました。世界は「島国日本国でさえ」国境を越えて経済活動が活発になるボーダレス社会に突入。
欧米人はロジカルシンキングが得意です。またそれ以上に中国人、韓国人は、ロジカルシンキングが得意です。

中国、韓国やインド、ロシアをはじめとする新興国が、世界経済の舞台に踊りでてきました。
中国、韓国の政府首脳には、理科系の人材が多く登用されています。中国、韓国の外交を観察していると、米国政府の要求に対して論理的に戦っている様子がうかがえます。
日本との違いはどこか?長い歴史の過去の時代のように中国は利権で動かした韓国を日本に対して「国益」の「損得」にかわかる先進型「ロジカルシンキング」で日本に対してすでに「豪商外交」からははじまりました。いよいよ、日本の固有領土問題を、非合法、中国韓国の若い世代の右脳の人格基盤に「日本人嫌いの刷り込み」を活用し、総能力を動かしはじめました。自国民の左脳とj右脳を総活用した行動がはじまりまして。
ディベートの展開は、日本人の誰でも、また世界の人も「見える」行動がはじまりました。

日本人は、現在の日本人の本流の対応を反面教師として、岡目八目の一人として、ビジネスの中で、世界で勝ち残るロジカルシンキングの構築するためのプロセスの組立てに役立つ「千載一遇」のチャンスのときです。日本の新聞、映像、メディアのニュース、特番の組み方、そのスポンサーはどの企業かを体系的に分析すると、情報量{ゼタ」の時代にプラス領域量が多い情報源を見極めるための、価値分類ができます。

平和ボケした日本人は、多くの外国の人に対して、日本人と価値基準・行動基準を同一視してしまい、同じ人だから「誠意を尽くして話せばわかってもらえるはず」という危機意識欠乏人格のため左脳で話せばわかり、日本人の正論が簡単に通用すると思い込んでいる人が多数います。「話せば分かる、外交駆け引きのすべて公開が国家間外交で正論が通用するか?」冷静に問題点の現状認識をするときです。

穏便に「この程度で中を採り妥協しましょう」で済ませ妥協点の最適で収束・終息させようとする本流の布石が良い手、悪手であつたか、因果関係が明確に見えます。

逆に日本が正論を固執するため、正論でない側の国のディベート法は、どこかの論理展開部分で「詭弁」「矛盾」が必ずあります。どの段階からどのようにして出してくるか、国防のない日本に、巨大な国防の脅威で「説得」しようとするか?優れた何千年の歴史を持ち、日本の先人として学び、真似たさせていただいた国が、20世紀までの歴史で止まった、若い世代が、映像メディアの中でどんな右脳優位の本音行動をするのでしょうか?子供集団でも日常行動していて誰でも分かる方法を21世紀でさえ覇者の類似行動するのでしょうか?、素晴らしく成長した世界のリーダーの行動を拝見拝聴に値する「千載一隅の機会」であり、21世紀後半の本流の行動を予知できる実体社会の種まき行動の一つになります。
この事例を学ぶ現地現場現品として、外交で誰をどのように人を動かし、映像、メディアをどのように味方にして、日本国の結果がどうなったか?日本人にとり「良い結果になるか?悪い結果になるか?」、一般の人は結果だけを知ったできです。自分達が選んだ人に一任して行動しただけで、日本人は結果責任がある一人であり、批判不平不満はだ誰にも言えません。「なるようになる」結果を待つだけです。言ってもムダの領域です。

制御型人財は先人の国の狩猟民族とは異なるロジカルシンキング手法を「学び、真似る、プラスαを付加」して、日本的ロジカルシンキング、論理学を体系化して、「平和ボケ(国防のない国、国の自衛意識のない国)」が世界の本流のロジカルシンキングの「納得」の技術を進化させるチャンスの時です。

21世紀後半の時代に世界の各地で多数決人数が確保できるように綿密な準備を必要な段階にきています。
身近な事例を分析に活かして、因果のプロセスを体系的に整理するときです。
多数の関連軸ごとにガントチャート方式で、並列管理し、ロジカルの因果を明確に記録することが必要条件です。
日本にとり、プラス量が少なくなる確率が高いと先行で予測した場合は、全国で、世界で検証をすすめている制御型人財は、タイムリーに、国外の叡智を借りて「日本人から欠落しかけた福島原発事故の当時の行動と現在の収束段階へ導いてくださった皆様へ、再度ご支援を待望しなけたばならない段階がゼロではないようです。

日本政府や日本企業が世界中を相手に対等に交渉するためには、ロジカルシンキングが不可欠になっているようです。
ロジカルシンキングが不得手では、特に「利権」を優先する営業パーソン型(過去の池田首相のトランジスター営業、海外鉄道受注交渉、豪商外交等の結果が見えた現象は21世紀の時代まだ20世紀の今太閤の手法を真似て直接国のトップ営業から始める前世紀の日本人がいたことは驚きでした)行動様式では、相手に交渉の主導権を握られ、論理的に丸め込まれてしまいます。
その結果、お金と労力だけを提供して、何も見返りがない結果となり、国内で生きる多数の低所得層を奈落の底へ導いたり、日本国の国益、富国殖産方向と逆に財政破綻へ加速する貿易収支慢性赤字へ導く現象が見えるようになります。
各集団組織の制御型人財自ら変わり、自社の経営陣からロジカルシンキング型人数を多数化することが必要です。

1972年以降の若手社員を自社の未来の経営陣に育てるためには、従来の教育体系、カリキュラム、テキストの総点検をして、動機付けの手法の大改革が中小企業では必要な時代になりました。
1972年以前に生れた人と、二層型にする必要があります。20代の若者たちの価値観が大きく変化し、「具体的に仕事の指示がなければ、配属された部門の多様な業務をやらない。」自分の得、汗を流すより机上が好き、周囲の空気より、自分中心、右脳型優位典型の人が増加し、過保護で「口をあければ」周囲が困り仕方なく手をだす「指示」をする時を待つ要領よさ、他人評価は低く、自己評価は高すぎます。評価の本音の不満度は高すぎる。
集団組織内の最適行動「腹八分目満足」の人格基盤が子供時代で停止し、欠落したり、未熟な段階で、社員として入社した人は3年以上、断片的部分的好き嫌い知識でクセ木になった右脳が描く、左脳の不要な知識知恵を剪定が必要です。ロジカルシンキングで「納得」させる必要があります。ある部分の過剰な知識は横に置き、子供レベルの人格基盤を矯正し、思考帯域を広帯域にすると、過剰な知識が、プラス領域量を増加させる、プロセス構築に想定以上の速さで活かせる確率は高い。

日本が単民族、日本語が優位な期間だけ上記は実現可能な若者の戦力化の長所の一つです。多民族、多言語の場合、想定外の時間がかかります。
ただし、非社員(派遣、契約、パート等)は、その属する集団組織の価値基準行動基準であるため、社員と同等に矯正はムダ、社員希望者以外、2ヶ月で元に戻る確率は高く、何年やっても最初と同じ新人レベルの価値基準行動基準が優位である確率は高い。多民族国家のロジカルシンキングをさらに進化させ、言葉は少なく、指図書か、業務規定、業務分掌範囲を明確化し、チェックリストでのプロセスチェックと出来栄えの比較評価をします。例外事項は、社員がすべて対応し、定型繰り返し業務を80%以上にして、専門分野の熟練度向上による労働生産性を向上させた方がよい。
人件費余裕があれば、社員として若者を採用し、終身雇用を目的として育てる方が、中期、長期戦力としては、ある成長段階から、優位になることを気づく時です。
業績が時代の潮流変化で、存亡の危機のとき、坂を転がる雪だるまのように赤字が拡大した時でさえ、全員逃亡の現在風潮とは異なり、赤字に歯止めをかけ、黒い領域へ
反転させる総能力を持つ制御型人財が複数育つ確率は高い。
社員としての自社に必要な情報量の選択感度と増量は、非社員の他人事、「ネコに小判」の情報感度のため、最新化改善の情報量増加量は、ゼロに近いことに気づくときです。
若者の非社員は、豊富な移民も含め人口増加する労働力過剰な外国人の総人件費を減らす戦力化の真似で、日本人の若者の減少する時代は、日本場合全員社員化が勝ち残る方向です。狩猟民族の強みを真似ること、人口減少の国の真の強みを気づけない、他人の芝生に幻惑された60%以上の人の錯覚で、日本の中小企業を倒産廃業へ導く悪手の一つです。

無限の移民、多民族依存国家の人に対するもの思考(ノルマを達成できない人はやめさせてもっとよい人へ変える)と日本人の社員と同等視する錯覚はやめるときです。日本の若者にも欧米流の価値観が定着してきましたが。企業益・国益、富企業殖産・富国殖産の属する集団組織の存在価値である価値選択、行動選択基盤がの欠落したり、少ない若い世代が多く、この第一ボタンをかけた上で組織が若者の力を上手に活用し育てるために、会社の目標、組織の目標、個人の目標というふうに、論理的に話を展開していく必要があります。

「だから君の今の仕事の重点はこれとこれで、そのプロになるために、こんな具体的な執務の基本があり、実務をしながら、関連知識技能資格を取得した方が将来の得になる項目である等、チェックリスト、共有イントラネットの活用等の基本動作を反復体得が普通の行動である」ように習慣化させる。
右脳で判断する「好き嫌い行動」とは異なる左脳で「納得」する方法が必要です。「説得」すると、すぐに「好き嫌い行動」が抑えられたように見えますが、本音の姿が想定外の形で、お客様の前で出て驚く行動現象の原因になる確率が高い。瞬間湯沸かし器のように、上司、社長でさえ、見境なく爆発行動さえ頻発時代がきました。
酒のような、左脳を麻痺させるツールで、簡単に、本音を酒乱という形で表す人が増えてきました。自己規制力が弱い人の数の増加のためです。

若い人たちは、「納得」すれば、エンジン搭載型jの人材として情報量を上手に選択して、従来の視点とは異なる、本流の軌道を修正できるプラスαを情報量「ゼタ時代」に確率は高くなりました。
1972年以前の脳の演算回路、思考回路のマンネリ型しくみシステムとの違いがあり、1972年以前の人の思考の欠落、弱い部分、世界標準を超えるプラスαの情報を探すとき最強の戦力になる確率は高い。

日本人は世代の違いの長所の存在価値を意識し、統合させるて企業益、国益、富国殖産を共有した段階から、地域全体最適、日本国全体最適、世界へ最適貢献できる「腹八分目満足」共に豊になる傍を本音から喜べる柔行動型優位の「平和国家・日本」の使命に目覚める確率は高い。情報量「ゼタの時代」の日本人の是界の中での役割を先人の歩んだ道を帰納法でたどり、希望の子孫繁栄の未来を3年先行程度の実体化可能な演繹法をと整合させると実現確率が高い21世紀後半の布石になります。
 

 ◆「納得」の論理学、ロジカルシンキング


























































 ●「納得」の論理学、ロジカルシンキングが、若者の戦力化の分水嶺となります。

「グローバル化」とは 価値基準、行動基準、身体能力、「好き嫌い」「損得」等異なる多民族移民国家、集団組織の場合、狩猟民族は、「瞬時のスピード決断行動で 成果・勝負が決まります。」「試行錯誤をしているヒマはありません」「確実に勝をとりに行かなければ、経営資源や時間を消耗する」そのために、「成功のシナリオを描く力が求められています。」「確実な目標達成のために一発必中(1発で必ず成功させる)」最初にはじめた者が、圧倒的なシェアの法則「ファーストムーバー・トップシェアの法則」、最初に新しい事業や画期的な商品や技術を開拓した者がトップシェアを握るといわれています。
論理思考ができる人は、「いままでとの違いを分析」「因果関係を明確化」「結果を総合的に予測」等、「潮流の違いに気づき、分かり、周囲に気づかせる」ことができる人・集団組織です。

ロジカルシンキングしない人は、「やってみなければわからない」「環境・運が悪かった」「戦う相手が悪かった」等「根拠のないものを信じる」「失敗を責任転嫁」「20世紀で時間が止まったワンパターン」等「潮流の違いを気にしない」人・集団組織です。
海外、競合他社の「カモの企業」になり、狩猟される時期を待つ企業となります。

「ディベート法による説得が主流でした」欧米(特に米国)では様々な価値基準行動基準の異なる多様な民族の集合体です。
米国の経営者の大半はMBA取得者といわれています。CEO(最高責任者)は経営者の専門職として全米では高い地位と超高額収入が保証されています。米国にはロジカルシンキングが必要不可欠な背景は、白人、黒人、アジア系、南米系など多様な民族が、移民した国民としています。様々な民族により、価値観が複雑な利害関係を生む米国では、論理的の相手を説得しなければ組織が動かせない背景があります。ブルーカラー(現場)よりホワイトカラー(机上)と分離し、それぞれ専門業務の分掌ができています。

1.「国民を論理的に説得して、論理的に物事を進めること」その典型が、ルールに厳格であること(下限管理)、経済指標は数値で示すことです。(ノルマの個人数値目標管理と下限以下の罰則)

2.「共通の目的を持つこと」論理的な整合性があるものに対して、組織は反発することはできません。個人の好き勝手な意見や行動を押さえ、ある方向に組織を導くのが論理でです。組織は論理的な整合性のある考え方に従います。

3.論理的な整合性があるものに対して、組織は反発することができません。
個人の好き勝手な意見や行動を押さえ、ある方向に組織を未知僕ことができるのが論理です。組織は論理的な整合性のある考え方に従います。.


左脳優位で、右脳を抑え込む方法です。低所得層が50%を超えた段階から、低所得層を占める多数派民族の価値基準行動基準である「左脳優位」の建前社会で、弱者として本音を抑え続けておましたが、よっと右脳優位な行動が多くの部分で実体化うぃはじめました。左脳だけの実体社会の行動で、未来方向最優先で、集団組織ベクトル方向を強制的制御ができましたがを21世紀に入り、逆方向ベクトルを強制制御型「説得」で強引の押し切れない、低所得層の積年の不満の解決に30%以上の推力を浪費するため、世界の最先端へ向かうパワーが減衰する時代に入りました。21世紀後半、急速に成長する国が追い越す確率がゼロではない時代に入りました。

◆事例「来期は会社の利益を2倍にします」と経営者が言ったとします。しかし、社員にある人は「なんで私が利益に貢献しなければいけないのか」「経営者が勝手に言っている」と直感的に感じる人がいるかもしれません。説得しても納得しない本音の人が多数います。米国の会社では、利益を2倍にするために個人の売上や利益目標、つまりノルマを厳密に定義します。経営者は従業員に対して「いくらの年俸をもらうためには、これだけのノルマ達成が必要だ」「このノルマを達成できなければ、来年の雇用の保証はない」と明確に提示します。米国は契約社会です。「ここまでやったら報酬がいくら」という考え方が、社会風土として定着しています。考え方が異なるさまざまな民族を束ねるためには、説得性・納得性が高い共通のルールが不可欠になります。「納得性が高い」ためには、論理的な整合性が確保され、そらが相手に伝わることが必要です。
そこで、ロジカルシンキングが必要不可欠になっています。英語は、日本語に比べて極めて論理的です。英語自体が論理てきなためです。5W2H(Why、What、Who、When、Where、How、How much)とシンプルであり「右脳領域」に言語脳があります。

この手法は、富裕層が55%以上が占める国と、超富裕層支持者が55%以上で染めるる国の20世紀の最適方向でしたが、情報「ゼタ時代」 ネットによる仮想空間が開放され右脳の本音が見える時代に入り、左脳から右脳を制御するしくみシステムの構築が必要な時代にはいりました。


左脳の正論で「説得」し「納得」させ 右脳優位の時間軸のない因果のない仮想の世界の要求主張を実体社会へ「納得」の「思い込み」を刷り込んで実体と一致させるための「波動言語である共鳴共振共働」が必要になります。
日本型ロジカルシンキングが必要な時代に入りました。
 
 

◆MBA型ロジカルシンキングの本質


















































































































 

MBA型ロジカルシンキングの本質は、左脳を論理思考説得(狭義のロジカルシンキング)と右脳を心理催眠(右脳の潜在脳をある方向ベクトルに向ける洗脳の仕方)で、建前の「納得」の「思い込み」領域へ誘導する方法です。

なぜホワイトカラーと経営者経営陣たけが、超富裕層になることが正論である論理が成立し、多数が説得されています。右脳の催眠からさめた人は「嫌い・いや」の感情煩悩で、左脳の論理的説得は正論と考えて、矛盾に気づけず退職して次々と転職するのでしょうか?「自己実現」のためふさわしい企業を探す理由で、ノルマ未達成を自己責任として催眠的「納得」たままなのでしょうか?

米国のMBA取得者が多く、「説得の論理学」と「人の潜在脳が説得されてしまう心理学」をプロレベルで活用できる異民族集団組織のリーダーである経営者・経営陣の行動様式を徹底的に「学び、真似る」ことが重要です。
日本の「以心伝心」と酷似した「説得」「思い込み」の「建前型納得」のようです。
優れた経営者、経営陣は創市場創客のプロだからできる、業績責任を果たし、社員が「さすが」と納得評価をする確率は高い。創市場創客戦略が、経営者経営陣より、優れていると確信した人は、ヘッドハンティングに応じ、新しい企業で活躍できます。

◎「創市場創客」を異民族、多様な価値基準がある個人・集団・企業をお客様として業績基盤を構築する役割の営業戦略を組む責任者である制御型人財は、プロ化する必要のあるMBA型ロジカルシンキングは、成功確率を高める方法の一つです。
ただし、営業の基本、技術、応用のプロセスを根回しとして、論理思考の提案が成約できる確率を高くした、体系化された知識、知恵、プロセスの統合手法です。
(統合の組合せ、相乗効果、増幅できる実体行動のプロ化が必要なだけの標準で
プロの営業パーソンは、下限目標として、更にプラスのαのノウハウの付加が必要です。世界で拮抗して活躍するとき必要です。


●「論理」と両輪としてMBAの経営陣以上の人がプロとして活かす「心理」、「CRICSS(クリックス)の法則」は心理学の世界的権威であるロバート・B・チャルディーニ教授(著書に世界的ベストセラーの「影響力の武器」があります。)研究をヒントに、「人を動かす6つのルール」を構築した人がいます。

A志援サイトに来訪しコンテンツを活用する人は、プラス領域行動量の多い人50%、マイナス領域行動量の多い人が50%です。マイナス領域の合法的下限の法律を行動基準にする人が増加し、浮き草型のプラス・マイナス領域へ誘導に利用される人が増加したため、「制御型人財」は、必要と感じた場合は、自力で最適な情報を探し、修得し、日本の強みを付加した日本型ロジカルシンキングの構築を待望しています。
公開情報として整理すると、両刃の剣になる確率が高く割愛します。

参考
「CRICSSの法則」は、各要素の組合せの右脳の潜在脳に共鳴させて心理的催眠「思い込み」定着させ一定のベクトル方向へ統一行動させる技術。
(C)ommitment 、 in (R)eturn 、 (I)nfluence、 (C)omparison、  (S)carcity、 (S)ympathy


◆事例 全体最適な手法として「MBA型ロジカルシンキング」、組織が人を動かす多数の異民族型大企業中堅企業なら成功確率は高いですが、、日本国内、単民族、地域の中小企業が、グループで協業し、一体企業群として、地産地消。自給自足、共に豊に、実体経済優位で、世界の金融相場の影響を最小化した場合、冷静に最適探しをしたとき、「もちつもたれつ」の視点から見(観)ると変な論理と感じませんか?
「来期は会社の利益を2倍にします」と経営者が言ったとします。しかし、社員のある人は「なんで私が利益に貢献しなければいけないのか」「経営者が勝手に言っている」と直感的に感じる人がいるかもしれません。
米国の会社では、利益を2倍にするために個人の売上や利益目標、つまりノルマを厳密に定義します。経営者は従業員に対して「いくらの年俸をもらうためには、これだけのノルマ達成が必要だ」「このノルマを達成できなければ、来年の雇用の保証はない」と明確に提示します。
米国は契約社会です。「ここまでやったら報酬がいくら」という考え方が、社会風土として定着しています。考え方が異なるさまざまな民族を束ねるためには、説得性・建前納得性が高い共通のルールが不可欠になります。「建前納得性が高い」ためには、論理的な整合性が確保され、そらが相手に伝わることが必要です。
そこで、ロジカルシンキングが必要不可欠になっています。
英語は、日本語に比べて極めて論理的です。英語自体が論理的なためです。5W2H(Why、What、Who、When、Where、How、How much)とシンプルであり「右脳領域」に言語脳がありあす。

日本語の言語脳は左脳にあるため、英語より右脳の潜在脳をシンプルに説得納得させるためには、難しい民族の一つです。
集団組織の暗黙の規制ルールで、暗黙集団強制で建前(メッキ)行動として説得できますが、納得していないため、集団組織を離れると、本音(地金)がでてくる確率が高く、左脳優位で納得し共鳴昇進共働したとき、左脳右脳が整合されて納得行動をするため、日本人の強み集団組織の乱れない全体行動というすばらしい総能力量を発揮できるようになります。
20世紀前中半までの日本の全体主義の軍国、富国殖の時代、
20世紀後半の個人主義優位(狩猟型を学び、真似る)過度な個人主義推移時代、
21世紀前半、個人主義の中に日本人の強みの全体主義を国内企業では見直しの時代に入りました。
グローバル化した大企業中堅企業、中小企業の多くが、総人件費圧縮を目的に、社員を減らし、日本人を、異民族と同等のように非雇用社員、OEM方式を多数活用するようになり、企業、企業グループの自給自足自生産体制が崩れ、現場のブルーカラーは、プロセス内連携度が低いため、日本人より、外国人に適した職場へ変容し、国内でさえ人材熟練度の空洞化がはじまりました。
日本型全体主義の部分生産型企業の存在は、存在し難い時代になってきました。
「農耕型の根回し、形骸化コミュニケーションの時間を労し、最後は衆知独裁で、最初の方向で決める手法で説得させる方向は、異単民族日本国内でさえ、必ず後から、決定に反対分子が、推進方向の逆ベクトル行動をとり、さらにスポードは減速します。
狩猟が終わった後の祭り行動になる確率は高い。
もし異民族移民国家なら、国家機能ができない確率は高い。
すでに20世紀の大国、先進国のロジカルシンキングだけのディベート方式の説得の限界が見えてきました。
21世紀湖畔は、ディベート型説得(映像、メディアによる右脳の錯覚も併用)から、狩猟民族のロジカルシンキングのプラス領域量の多い「よいとこ」を採り、日本を農耕民族文化を伝えていただいた、中国韓国型祖先の先人の国に学び自国国益を優位にするロジカルシンキングの手法を「学び、真似る」て、納得、共鳴、共働のための論理学・ロジカルシンキングの構築を急ぐときです。
左脳が納得させるためには、準備段取り段階8割、2割はロジカルシンキングを多面的軸で右脳の人格基盤の帯域感度チェックをし、共鳴、共振、共働する確率の高い帯域を重点の論理展開すると、不思議に、あれだけ決裁を拒み、競合他社に心酔した人が、瞬間で最強の信者に人が替わる(儲かる)変わります。
人類の祖先は一つ、波長言語(世界語の相互変換が可能な原理)は一つ、プラス領域量の多さを価値基準にすると、「大人型子供(右脳優位の思い込みで催眠状態の人)」以外の、子供大人なら必ず左脳から理解できます。情報量「ゼタ時代」、過去の先人の知識、知恵、智慧、最新の高度な情報共有化情報、管理のためのセンサー情報等、多数の情報を個人が左脳右脳に短期で蓄積(長期記憶量には、人により総量上限がありますが、短期記憶機能と、自分独自のデータベース型記憶補填蓄積し脳の補完機能に活用すると、20世紀代までの、左脳右脳の常に拡大を続ける脳演算回路の活用領域の生涯活用上限を拡大できる確率は21世紀前半で高いことが確認できました。
個人の総脳記憶量(プロセスも含む)は上限があります。
外部記憶補填として、本が主流でしたが、21世紀個人が目的的の自分流に脳の演算回路と整合させた累積データベース(断片知識だけでなく、統合知識、プロセス等)を活かすと個人の生涯死ぬまでの人格基盤の成長は、想定を超える段階になったようです。個人が属する集団組織の人数の増幅機能と共有イントラネットを活用し、企業益と富企業殖産、腹八分目地域・社会貢献し共に豊にする行動増幅ができる確率は高くなりました。
プラス領域量の多い行動をする多数を輩出するためには、世界の制御型人財の成長数がある必要数以上に育つための「時間との戦い」の時代に入り、人類の豊で健康な子孫繁栄のための分水嶺をプラス領域量の多い方向を選択できる実体社会での行動総量で決まる時代に入りました。

情報量「ゼタ時代」の中のプラス領域量の多い方向へ向けるベクトル探しと、制御プロセスへの半歩前進すると、すばらしい未来への光明(くもの糸)がぼんやりと観えはじめます。
 

 ◆日本型論理思考(ロジカルシンキング)

































































 

日本語の言語脳は左脳にあるため、英語より右脳の潜在脳をシンプルに説得納得させるためには、難しく、集団組織の暗黙の規制ルールで、暗黙集団強制で建前(メッキ)行動として説得できますが、納得していないため、集団組織を離れると、本音(地金)がでてくる確率が高く、左脳優位で納得し共鳴昇進共働したとき、左脳右脳が整合されて納得行動をするため、日本人の強み集団組織の乱れない全体行動というすばらしい総能力量を発揮できるようになります。
20世紀前中半までの日本の全体主義の軍国、富国殖の時代、20世紀後半の個人主義優位(狩猟型を学び、真似る)過度な個人主義推移時代、21世紀前半、個人主義の中に日本人の強みの全体主義を国内企業では見直しの時代にはいりました。

日本的ロジカルシンキングの「納得」して共鳴共振共働の場合、無理難題でも修行、自己成長の機会と捉え、定年まで終身雇用に耐えることができます。
終身雇用のしくみは、優性遺伝の子孫繁栄ができ、家族・一族の生涯計画の実現を先行布石を打ちながら、着実に実現成長できます。
健全な中流家庭の増加で、高齢者の認知症の歯止めを掛けた、生甲斐役割、働く場もできる確率は高い。

グローバル化大企業中堅企業、中小企業の多くが、総人件費圧縮を目的に、社員を減らし、日本人を、異なる民族と同等のように非雇用社員、OEM方式を多数活用するようになり、企業、企業グループの自給自足自生産体制が崩れ、現場のブルーカラーは、プロセス内連携度が低いため、日本人より、外国人に適した職場へ変容し、国内でさえ人材熟練度の空洞化がはじまりました。
日本型全体主義の部分生産型企業の存在は、存在し難い時代になってきました。
「農耕型の根回し、形骸化コミュニケーションの時間を労し、最後は衆知独裁で、最初の方向で決める手法で説得させる方向は、単民族日本国内でさえ、必ず後から、決定に反対分子が、推進方向の逆ベクトル行動をとり、さらにスポードは減速します。狩猟が終わった後の祭り行動になる確率は高い。
もし多民族移民国家なら、国家機能ができない確率は高い。
すでに20世紀の大国、先進国のロジカルシンキングだけのディベート方式の説得の限界が見えてきました。
21世紀後半は、ディベート型説得(映像、メディアによる右脳の錯覚も併用)から、狩猟民族のロジカルシンキングのプラス領域量の多い「よいとこ」を採り、日本を農耕民族文化を伝えていただいた、中国韓国型祖先の先人の国に学び自国国益を優位にするロジカルシンキングの手法を「学び、真似る」て、納得、共鳴、共働のための論理学・ロジカルシンキングの構築を急ぐときです。

◎実体社会は、左脳型優位にして、「右脳から湧き上がる好き・嫌い、仮想のものへの信心、、我欲、煩悩、過去の怨念等」は横に置いて、価値基準、行動基準の異なる成長をした、多数の群れた集団組織の中のリーダー陣は、実体社会を左脳で判断して確信行動をしています。
世界の中で相対比較してマイナス領域量が多い集団組織は、「赤字拠点・業績不振拠点」で働く社員と同様、マイナス領域が正しい行動(価値判断が逆なよい集団組織の中の間違い行動に相当)と「思い込んでいる」だけで、左脳から覚醒させると多数決で正常の人の数を60%以上のすると、マイナス領域の情報操作をした意識した人は、その集団組織を理由をつけて去るか、最強のプラス領域の推進者へ変身する確率は高く、成功体験の累積期間で自然淘汰さるため集団組織の多数化の持つ不思議な機能があります。
右脳の個人の「損得感情」で、負けか勝ちかを人は勝手に自分で判断し生き残るふさわしい道を見つけるようです。「契約とは別次元の、集団組織が健全でありばの「ガン化した人」は、生き残りのためにその集団組織から去るように誘導する方がその人にふさわしい「ガン」ではない業績貢献者になる確率は高いためです。正常な組織集団が持つ不思議な自然治癒力があります。コンサル会社で、500人以上の退社した人の業務を兼務しながら引継ぎ、後任が入社するまでの間、兼務で代行をした担当者として多くの体験をしました。途中入社した人を集団組織に整合させるために3ヶ月で戦力の一員にするつなぎの役割もしながら臨床、検証した結果の一部です。成功確率の高い方法の一つです。

左脳を「納得」させるためには、準備段取り段階8割、2割はロジカルシンキングを多面的軸で右脳の人格基盤の帯域感度チェックをし、共鳴、共振、共働する確率の高い帯域を重点の論理展開すると、不思議に、あれだけ決裁を拒み、競合他社に心酔した人が、瞬間で最強の信者に人が替わる(儲かる)変わります。
人類の祖先は一つ、波長言語(世界語の相互変換が可能な原理)は一つ、プラス領域量の多さを価値基準にすると、「大人型子供(右脳優位の思い込みで催眠状態の人)」以外の、子供型大人なら必ず左脳から理解できます。
情報量「ゼタ時代」、過去の先人の知識、知恵、智慧、最新の高度な情報共有化情報、管理のためのセンサー情報等、多数の情報を個人が左脳右脳に短期で蓄積(長期記憶量には、人により総量上限がありますが、短期記憶機能と、自分独自のデータベース型記憶補填蓄積し脳の補完機能に活用すると、20世紀代までの、左脳右脳の常に拡大を続ける脳演算回路の活用領域の生涯活用上限を拡大できる確率は21世紀前半で高いことが確認できました。
個人の総脳記憶量(プロセスも含む)は上限があります。外部記憶補填として、本が主流でしたが、21世紀個人が目的的の自分流に脳の演算回路と整合させた累積データベース(断片知識だけでなく、統合知識、プロセス等)を活かすと個人の生涯死ぬまでの人格基盤の成長は、想定を超える段階になったようです。
個人が属する集団組織の人数の増幅機能と共有イントラネットを活用し、企業益と富企業殖産、腹八分目地域・社会貢献し共に豊にする行動増幅ができる確率は高くなりました。プラス領域量の多い行動をする多数を輩出するためには、世界の制御型人財の成長数がある必要数以上に育つための「時間との戦い」の時代に入り、人類の豊で健康な子孫繁栄のための分水嶺をプラス領域量の多い方向を選択できる実体社会での行動総量で決まる時代に入りました。

情報量「ゼタ時代」の中のプラス領域量の多い方向へ向けるベクトル探しと、制御プロセスへ半歩前進すると、すばらしい未来への光明(くもの糸)がぼんやりと観えはじめます。
 

 

 

 


□論理学・論理思考(ロジカルシンキング)の実戦のトリガーとして活かす本

多くの机上の帰納・演繹型優位の本は無限にありますが、子供人格基盤教育実務家である制御型人財が、歩んだ体験を体系化整理し、集団書式をよりプラスα領域が多い方向へベクトル修正するときに発想を拡大できる確率の高い書籍を紹介します。短期で集中的に実戦力を強化するときの広帯域で自分の成長レベルに応じたプラスαの付加を推奨します。 
 


●「論理の基礎と活用」
知識成長・問題解決・論述文読み書きのために

著者 内田 詔夫(うちだ のりお)     出版 北樹出版
発行 2012年4月20日                    ISBN 978-4-7793-0334-0       定価 2、000円+消費税

著者紹介
1942年 福島県生まれ   1968年 東北大学大学院文学研究科博士課程(哲学専攻)中途退学
2008年 福島大学定年退職 同名誉教授
      (1997年〜2000年 福島大学教育学部附属中学校長歴任)
現在  福島大学および看護学校などで非常勤講師 

主な著訳書 
「人間理解の基礎-中学校の哲学」晃洋書房       
K,R,ボバー「開かれた社会とその敵」第一部第二部 未来社

「まえがきの抜粋」
大学や看護学校等で論理学を学ぶ人や、日常生活や職業生活において論理を活用できるようになりたいと願う一般の読者を想定して、論理の意義や仕組み、使い方をできるだけ誰でも理解できるような日常的な事例に即して説明するとともに、若干のトレーニングを行うことによって、学問としての論理学重要な知見を可能なかぎり取り入れながら、むしろ普通の人の思考の改善や実生活での活用のために必要と思われる事柄をわかりやすく提示することに重点を置きました。

・広い意味での論理は、だれでも日常使っているし使わざるをえないこと
・しかし、日常の論理には省略があったり厳密さに欠くために、問題が発生する場合があること
・それゆえ、普遍的に通用する「厳密な論理」の意義やあり方の理解が大切であること・論理力を高めるために、「妥当な推論」の多様なパターンを知り当否を自ら的確に判定するトレーニングが大切であること
・「厳密な推論」と「推測的思考」、および「演繹」と「帰納」、それぞれの特徴や長短をきちんと理解し場合に応じて使い分けることが大切であること
・知識成長や改善のために論理が重要な役割を果たすこと、およびその具体的な活用の仕方・問題解決のために論理が重要な役割を果たすこと、及びその具体的な活用の仕方
・論述文読み書きのために論理が重要な役割を果たすこと、および具体的な活用の仕方

・「記号論理学」の基礎、問題解決のために不可欠な思考法として近年重視sれるようになった「ロジカルシンキング」と論理的思考との関連性について、多くの入門書や解説書でほぼ共通して説かれている内容を整理


A志援の私見  2012.09.01ms
実務の世界で、活用している、多くの専門書の内容を、一体化させ、不足していた、また欠落していた部分を、現状認識し、鋭角的なシンプルな成功確率の高い論理思考をするための軌道を修正したい制御型人財に役立つ最新の書籍の一つです。
「中学生」でも理解できるシンプル系の数少ない書籍です。「大人型子供」の浮草型行動をする集団組織中の人格の弱い帯域、欠落帯域に気づかせる動機付けに役立つ確率は高い。
特に看護学校、介護施設の担当者が日常の中でコミュニケーションの基本として活すことができる内容は、対象者が、健常者でなく日常生活の中に恒常的なハンディキャップを持っているために、健常時の自分と比較して、右脳の陰・マイナス思考領域量が多い人が70%以上です。もし左脳優位思考から、プラス思考へ誘導し、その対象者の生甲斐・自然治癒能力をプラス増分できる確率は高い。平易な言葉で、看護する人を完全に自分のために心づかいする一つ一つの気配りが良い方向に向けるための支援と捉え信じ込ませる方向へ導くことが出来る確率は高い。多くの日常生活へ復帰した人が多数あり、その時の支援者に感謝報恩を感じることができる人がいる実績が実証検証結果の一つです。

左脳の論理思考により「人の尊厳」を活かしながら、自然治癒機能を増分できる方法の一つです。傍の集団組織を「プラス領域量が多い」行動へ軌道修正するとき役立つトリガーになる本の一つです。

10歳までの子供の人格基盤である広帯域の価値基準行動基準を教導し、「大人型子供」の父兄を正常な領域で「納得」させなければならない実戦現場に立たされている先生方の必読書として基本を学び応用し問題解決するためのトリガーになれる本の一つです。

経営者・経営層・経営幹部候補の教育の実績を高めるために、長く探し続けた中の最新の出会った本です。何を修正すべきかさらに気づけた本の一つです。問題解決確率が高く、多くのブランド型有識者の「マイナス領域・心理領域」優位で、本質解決確率の高さに疑問がある方法を映像、メディア等で増幅させて重点的に見せる手法に幻惑されることに歯止めをかけることば分水嶺です。「いじめ」の現場解決の本質から、もう一度ある領域の手法の「思い込み」を横に置いた上で仮説の組換えが必要です。
益々悪貨が類が友を呼び、見えない見せない場・裏で増幅して陰湿化していることに気づくときです。

「人の尊厳」である左脳領域が急速に発達する10歳までの時代が「論理思考」「心づかい」を育てる千載一隅のチャンスの時です。左脳から右脳を制御できるようにすることが、大地に根をはる21世紀にふさわしい人に成長できる確率は高い。

何千年累積し成長した21世紀人であるはずのその国の若い世代の価値基準、行動基準のプラス領域量を多くすることが短期で集中的にできる唯一の時です。
「浮き草型の大人型子供人ざい(人材・人在・人罪)」を識別できると正確な眼が育っていると、情報「ゼタ時代」に日本の未来の軌道を託せるようになれる確率は高い。

◆世界の各地で、広大な国土、天からの恵みの豊富な資源、長い歴史を持つ国、多数の人口を持ち、超富裕で、超軍事力を持つ多くの小国と比較してすばらしく恵まれた国でありながら更に膨大な我欲を独占するために若い世代の人が多数、なぜ子供の価値基準、行動基準を真似た右脳優位の煩悩本能我欲の行動をするのでしょうか?

紀元前の時代の人と同程度の価値基準行動基準で行動すする若い世代が多数いるのでしょうか?人間の一生は、上限100歳を基準とした誤差の範囲の寿命しかないことに気づくときです。集団組織の価値基準行動基準の最先端レベルまで成長した人は20%以下であることに気づくときです。

子供の日常普通の行動である超腕力と、富裕な親の金を持ち、多数の家来を持つた子供が、周囲の弱いもの「いじめ」を表・裏両面でしっこく行動する結果、何が生じますか?
左脳教育で心づかい、幸福と品性、自我の没却、慈悲の心、倫理道徳的義務、感謝報恩の心、人を育てる心、倫理道徳実行の効果等「よいことはする」「してはいけないことはしてはいけない」過保護ではない自力で「よい悪いの領域行動の限度」を体得し、右脳の貯蔵・人格基盤反復定着をするときちんとしたケジメができる若い世代が多数育つ確率は高くなります。

世界の21世紀後半の世界の人の行動が多数化させることが必要です。現在の大人は、年齢とともに必ず死にます。いまの「大人型子供」も必ず少数化する時代がきます。日本の10歳までの子供をふさわしい人格基盤を育てることに重点集中す時代です。情報量「ゼタ時代」想定外の速さで、多数の子供の軌道を修正できる時代になりました。20世紀まではどんな天才も寿命で途中で挫折しましたが、21世紀前半の最先端のプラス領域量の多い情報を左脳領域・実体社会の中で制御型人財が活かすと実現確率は高くなりました。

そろそろ、国連は、世界の子供の人格基盤の世界標準をISO以上の厳しさで準備し、子供の潜在脳に定着させること「してはいけないこと」を習慣化させていけないことを明確化して、世界に組み別相対比較して、その国の本流の大人型子供の影響力を減衰できるしくみシステムが必要な時代になりました。地球にやさしい最適行動が日常習慣になれば、もぐらたたき型の目先くらましの対策は根本的に必要度は減少する確率は高い。情報「ゼタ時代」のしくみシステムを組み合わせると、想定以上の速さで世界に衆知徹底させ60%以上が「大人」が「納得」する段階になるあらゆる要素が揃ってきている時代に入りました。21世紀後半のよりよい世界にする準備行動に入る限界期間に入っています。
 


●「ほんとうに使える論理思考の技術」


著者 木田 知廣(きだ ともひろ)        出版 中経出版
発行 2011年5月10日   ISBN 978-4-8061-4022-1 C2034          定価 1、400円+消費税

著者紹介
シンメトリー・ジャパン(株)代表 グロービス・マネジメント・スクール講師
米国系コンサルティングファームワトソンワイアットにて活躍した後、新たな知見を求め、
1999年にEU統合のまっただ中にある欧州へと旅立つ。ビジネス留学先のロンドンにおいて、異なる価値観を持つ人びとをマネジメントする機会を得る。だが、その難しさの洗礼を受け、コミュニケーションの変革を迫られる。
これをきっかけに、異文化組織マネジメントの権威、ロンドン・ビジネススクールの故スマントラ・ゴシャールに師事し、「論理的なコミュニケーション」への考察を深め、実践していく。
2001年MBAを取得その後、(株)グロービスにて社会認知型大学院の立ち上げプロジェクトをゼロからリードし、苦闘の末に「グロービス経営大学院」の前身のプログラム、GDBAを2003年4月に開講させる。
これにより、同社において毎年1回与えられる「プレジデント・アワード」(社長賞)を受賞する。
2006年、シンメトリー・ジャパン(株)を立ち上げ代表に就任し、論理とともに心理的なコミュニケーションの秘訣を伝授するセミナーは、参加者に支持を受けている。
 


●「論理力を鍛えるトレーニングブック」
・論理思考は特別な能力ではない
・適切な訓点を積めばだれでもできるようになる
・あなたも本書に登場するバーチャル受講生と一緒に、頭を使って演習問題に挑戦しよう
・自分で考え、自分なりの結論を出し、その適切さを検証して、はじめてうまく思考ができたかどうかがわかる
・その積み重ねが論理思考に強い頭脳をつくっていくのだ

著者 渡辺 パコ(わたなべ ぱこ)       出版 かんき出版
発行 2001年12月10日      ISBN 4-7612-5975-2 C0034     定価 1,400円+消費税

著者紹介(発行時)
1960年東京生まれ
コピーライターとして広告、会社案内の制作、PR戦略の企画立案などを担当。
1988年に独立し、100社以上にコーポレートコミュニケーションプランを提供する。
1998年からはWeb系を中心とするベンチャービジネスのコンサルティング活動を開始。

現在 (有)水族館文庫の代表。グロービスマネジメントスクール講師(ロジカルコミュニケーション、クリティカルシンキングクラス担当)をつとめる一方で、ビジネスパーソン向けのコミュニティ&メディア「知恵市場」の主宰として活躍するなど、数多くのWebサイトの設立・運営にも積極的に参画している。
 


●「論理的な話し方が面白いほど身につく本」
・知りたいことがすぐわかる
・伝えたいことを相手にわかりやすく上手に話す基本スキル35
・豊富な図解でポイントすっきり 

著者 茂木 秀昭(もてぎ ひであき)     出版 中経出版
発行 2004年10月5日      ISBN 4-8061-2082-0 C2034     定価 1,100円+消費税

著者紹介(発行時)
自治医科大学助教授(英語研究室所属)現職
1960年群馬県太田市出身
慶應義塾大学文学部英米文学科卒業。
コロンビア大学大学院修士課程修了
京都ノートルダム女子大文学部コミュニケーションコース講師を経て現職
専門は異文化コミュニケーションおよびおよbレトリゥク(議論学)

日本や欧米の言論風土に関する研究を進めている。
企業や官公庁において、また教員や社会人向けにディベート研修も数多く行っている
自らディベートの実践者としてKUEL(関東学生英語会連盟)、東西大学対抗などの英語ディベート全国大会やfyフテレビ「ディベート」のグランドチャンイオン大会等数々の優勝経験があり、教育ディベートの啓蒙、普及活動を行っている。

著書
「ロジカル・シンキング入門」(日本経済新聞社)
「論理力トレーニング」(日本能率協会マネジメントセンター)
「ザ・ディベート-自己責任時代の思考・表現技術」(筑摩書房)など
 


●「ロジカルシンキングが身につく入門テキスト」
「考える」「書く」「話す」が一瞬にまとまる!もっと伝わる!

著者 西村 克己(にしむら かつみ)       出版 中経出版
発行 2012年7月2日        ISBN 978-4-8061-4433-5 C2034     定価 1、500円+消費税

著者紹介
芝浦工業大学大学院 工学マネジメント研究科 客員教授
岡山市生まれ、大学客員教授 経営コンサルタント
1982年東京工業大学「経営工学科」大学院修士課程修了

富士写真フィルム(株)を経て、
1990年に日本総合研究所に移り、主任研究員として民間企業の経営コンサルティング、講演会、社員研修を多数手がける。
2003年より芝浦工業大学大学院「工業マネジメント研究科」教授
2008年より現職。専門分野はMOT(技術経営)、プロジェクトマネジメント、経営戦略、戦略的思考、図解思考。

著書
「20代で身につけたい、論理的な考え方」「論理的な文s尿の書き方が面白いほど身につく本」「戦略的な人の超速仕事術」(以上 中経出版)
「経営戦略のトリセツ」(日本実業出版社)
「戦略的思考トレーニング」(PHP研究所)「脳を鍛えるやさしいパズル」(成美堂出版)
「成功する人はみな知っている、スピード仕事術」(東洋経済新報社)など
 

 
●「ロジカルシンキングのノウハウ・ドゥハウ」
聞き手とって「わかりやすい!」企画書、プレゼン、ミーティングetcを可能にする3つの思考法、
3つの基盤スキル、3つのツールを解説

著者 野口 吉昭(のぐち よしあき)       出版 PHP研究所
発行 2001年11月15日    ISBN 4-569-61882-0    定価 1,600円+消費税

著者紹介(発行時)
1956年生まれ
横浜国立大学工学部大学院工学研究科修了
建設設計事務所、経営コンサルタント会社を経て、
現在 (株)HRインスティテュート代表
理論偏重でない「使えるコンサルティング」「実効性のある研修」を柱としたコンサルティンググループを1993年に設立

ロジカルシンキングの9つの切り口
1.3つの思考法
・ゼロベース思考  ・フレームワーク思考  ・オプション思考
2.3つの基盤スキル
・コミットメント ・ストラクチャー ・コンセプト
3.3つのツール
・ロジカルツリー ・マトリックス  ・プロセス
 


 
●「コンセプト思考のノウハウ・ドゥハウ」
ロジカルシンキングが前提だ!コンセプト思考で、ミッション&ビジョン、ビジネスモデル、戦略、商品開発、広告を研ぎ澄ませ!

著者 野口 吉昭(のぐち よしあき)    出版 PHP研究所
発行 2002年8月15日     ISBN 4-569-62344-1    定価 1,600円+消費税


著者紹介(発行時)
1956年生まれ
横浜国立大学工学部大学院工学研究科修了
建設設計事務所、経営コンサルタント会社を経て、
現在 (株)HRインスティテュート代表
理論偏重でない「使えるコンサルティング」「実効性のある研修」を柱としたコンサルティンググループを1993年に設立

「論理思考」と「コンセプト思考」はクルマの両輪!
・ロジカルシンキングはビジネスに必要不可欠
・しかし、それだけではリーダーシップはとれない
・商品開発もできない、企業の戦略もつくれない、ビジネスモデルも構築できない
・コンセプト思考が、新たな価値を創発させ、新たな市場を創出させる。
 


 
●「シナリオ・シンキング」
不確実な未来への「構え」を創る思考法     

著者  西村 行功(にしむら みちなり)      出版 ダイヤモンド社
発行 2003年5月29日     ISBN 4-478-49040-6     定価 2,000円+消費税

著者紹介(発行時)
長崎生まれ
一橋大学商学部卒業、オムロン(株)にてマーケティング戦略及び全社経営戦略の策定に従事。
ミシガン大学経営大学院修士課程修了後(MBA with Distinction)、
戦略コンサルチングのコーポレイト・ディレクションおよびエンジニアリング・コンサルティングのCSC Index(サンフランシスコ事務所)を経て、
(株)グリーンフィールドコンサルティングを設立、代表取締役として現在に至る。
2001年よりオムロン(株)のアドバイザリーボードメンバー。

シナリオ・プランニング、企業戦略策定、マーケティング戦略策定、プロセス革新、企業変革などの分野を中心に活動している。シナリオや戦略について議論し対話する「ワークショップ」を中心に、「企業自らが考えること」を志援する「プロセス・コンサルティング」を実践している。
特に、外部環境認識ツールとしてのシナリオ・シンキングでは、40以上のプロジェクトに参加。プロフェッショナル・ファシリテーターとして、これまで1000人を超える参加者と「対話」した実績を持つ。

より良い意思決定をするための思考法の発展段階
1.ロジカル・シンキング(思考が論理的でる)
2.システム・シンキング(複数の要素の因果関係が考慮されている)
3.オブジェクティブ・シンキング(客観性のある思考ができる)
4.シナリオ・シンキング(複眼思考ができ、意思決定のリスクについて理解している)

訳書
「シナリオ・シンキング-戦略思考と意思決定」「不確実性のマネジメント」「カスタマー・バリュー」(ともにダイヤモンド社)ほか
 


●「入門ビジネスコーチング」
「一方通行」指導から「双方向」コミュニケーションへ

著者 本間 正人(ほんま まさと)    出版 PHP研究所
発行 2001年1月29日    ISBN 4-569-61441-8 C0034    定価 1,200円+消費税

著者紹介(発行時)
Learnology Japan代表、成人教育学博士
1959年東京生まれ
1982年東京大学文学部社会学科卒業
松下政経塾第3期生として入塾し松下幸之助の経営哲学を学ぶ。
卒業後ミネソタ大学公共政策大学院(戦略プランニング専攻)に留学
ミネソタ州政府貿易局日本室長、松下政経塾研究主担当(研究部責任者)などを経て、1998年ミネソタ大学からph.D(成人教育学博士号)を取得。
教育学を超えた「学習学」の構築を目指しつつ、研修・講義・執筆活動を幅広く展開している。
1998年3月には日本人としてはじめて米国Coach UniversityのCTP課程を修了。
さらにCorporate CoachU International認定コーチ(PCC)として、日本でのコーチングの普及を目指している。
1999年からPHPゼミナール講師をつとめ、企業の管理職研修を担当している。
最近の活動分野として「コーチング」「学習学」の他、「創造力開発」「戦略プランニング」「企業英語力向上」「国際感覚」「起業家育成」等   TOEIC990点(満点)を有している。

著書
「TOEIC TESTプログレッシブ単語力」「学習学」「摸擬問題集」「文法力」をシリーズで出版(小学館)
NHK「ビジネスワールド」に「Word Coach Biz Coach」を連載中
 


●「パフォーマンス・コーチング」
会社が変る組織が活きる

著者 石川 洋(いしかわ ひろし)    出版 日本実業出版社
発行 2004年5月20日     ISBN 4-534-03750-3      定価 1,600円+消費税

著者紹介(発行時)
1949年生まれ
東京工業大学卒業。慶應ビジネススクールMBA取得
日立製作所、ソニー、米国ソニーの役員を経て、
現在 国際メンタリング&コートングセンター代表、
(株)スマートビジョン代表取締役

長年の実務経験を活かし、パフォーマンス・コーチングの第一人者として活躍中
経済産業省、ソフト開発企業等で、パフォーマンス・コーチングや支援型リーダーシップ(メンタリング)等に関する講演、研修、支援を行っている。
顧客のニーズに合ったオーダーメイドの高いパフォーマンス研修が特徴。

全米人材開発協会(ASTD)会員、国際パフォーマンス改善協会(ISPI)、国際メンタリング協議会(米IMA)、欧州メンタリング&コーチング協議会(EMCC)会員

著書
「図解よくわかるビジネスコーチング入門」(日本能率協会マネジメントセンター)など
 


●『論争・会議・商談の武器「ディベート」入門』
あのケネディも得意だった  ディベートはビジネスマン最強の武器だ
debate(ディベート)
・決議案の採決をめぐり、肯定側と否定側が対決する、正式な討論で、ルールのある知的対決
・第三者に判断をあおぐ、議論を通した意思決定、問題解決の方法

ディベートとは知的論争術、いわば言葉のボクシングだ。ディベートを習得すれば、会議、論争、
商談・・・・すべての知的対決に勝ち抜ける。
論理的思考力も飛躍的に伸びる。あのケネディもディベートが得意で、大いに政策論争に活用した。
本書は ディベートを日本人として徹底的にナスターするためのわかりやすい「テキスト」である。

著者 松本 道弘(まつもと みちひろ)     出版 中経出版
発行 1982年10月25日    ISBN 4-8061-0150-8    定価 1,200円

著者紹介(発行時)
1940年大阪生まれ 関西学院大学卒業
日商岩井、日興証券勤務ののち、アメリカ大使館同時通訳
NHKテレビ「上級英語」講師、産業能率短大助教授など歴任
現在 マネージメント開発研究所所長
「英語道場」「ディベート道場」主宰。

著者
「日米口語辞典」「知的対決の方法」「タイムを読む」「集中思考術」など

A志援コメント 2012.09.17ms
若い経営コンサルタントとし、教育で教導するときから大学で学んだ論理学の思考は実戦で役立ち、よい結果を導く手法の一つとして現在まで、プラスαを付加しながら進化させている要素の一つです。
 


□実体社会で論理的な活用をするためには、情報・学んだ知識を戦術・戦闘の組合せで成果が臨床検証できるしくみを自分流で持つことが必要条件です。学んだだけでは、我流で実践・実戦に活かせる段階までに長期間模索の時間がかかります。拮抗する人と相対比較た場合、着実に高いレベルまで「匠の領域」に達する優位になることができるかわかりません。
先人の知恵の公開情報豊富な情報量「ゼタ時代」は、基本素養として戦略・戦術を体系化して基盤をつくり、スピード成長するためには、戦闘型の成果が豊富な人の事例から、学ぶことが分水嶺になります。
著者の履歴をチェックして、自分にふさわしい部分を選らび、より理論武装すると制御型人財が、周囲の集団組織を活かし増幅した成果を目指すとき流線型で自然に普通のように、周囲が気付けない指揮者機能、触媒機能を発揮できるようになります。
自分の実践の場での優先順位で、「してはいけない」「あとからする」等の選択眼が出来てきたことに気付く段階がきます。
業界業種が複合した企業グループの中の構成する人が日常優先させる価値基準、行動基準は、人格の成長レベルにより多様です。下記に一部紹介しておきます。実務書は多数出版されています。
 

 
●「質問する技術が面白いほど身につく本」
・知りたいことがすぐわかる
・他人と差がつく、相手が答えやすい質問のコツ35
・豊富な図解でポイントすっきり

編著 内山 辰美  櫻井 弘    出版 中経出版
発行 2003年7月5日     ISBN 4-8061-1833-8 C2034   定価 1,100円+消費税

編集者紹介(発行時)
内山 辰美(うちやま たつみ)
CNS(株)話し方研究所取締役指導部長
長野県生まれ

「自分に気付き、自分を知ることから、自分の人生が開ける」をモットーに、研究活動を展開している。
研修先には人事院ほか官公庁、東京電力(株)ほか民間企業多数。
研修における実習指導では、受講生の問題縁を正確に聞き取り、的確な改善の方法を提示する講師として評判が高い。

著書「上手な聞き方が面白いほど身につく本」(中経出版)

櫻井 弘(さくらい ひろし)
CNS(株)話し方研究所副所長
東京都生まれ。
(株)電通、(株)東芝、(株)大阪ガスなどの民間企業、自治大学校などの官公庁で、コミュニケーションに関する研修を手がける。研修先は約200社以上の団体におよび、とくにプレゼンテーションやスピーチのわかりやすい指導に定評がある。

著書「上手な聞き方が面白いほど身につく本」(中経出版)

質問上手はここが違う!
・情報を聞き出す ・考えを深める ・自分を印象づける ・本音を引き出す

準備から上級テクニックまで質問の技術が丸ごと分かる
 


●『わかりやすい!と言われる「説明」の技術』
コミュニケーションのプロが書いた 1発でできるSUPERラーニング
聞き手を意識することでメキメキ説明力がつく!

次の中で当てはまる項目はありませんか?
・つい専門用語や身内だけにわかる言葉で説明してしまう
・「ところで何の話をしているの?」と聞かれることがある
・話の途中でどこまで話したかわからなくなることがある
・説明するとき、相手がつまらなさそうな顔をすることがある
・一生懸命説明していると、つい話が長くなる

編著 内山 辰美        出版 あさ出版
発行 2005年1月27日       ISBN 4-86063-085-8     定価 1,500円+消費税

編著紹介(発行時)
内山 辰美(うちやま たつみ)他3名
(株)話し方研究所 指導部長

(株)話し方研究所
1983年(株)設立。民間企業や官公庁において、コミュニケーションスキルを育成する研修を実施。
スタッフが手がた「話し方」に関する著者は100冊を超える。

著者
「人が魅きつける話し方「口ぐせ」の技術」(大和出版)
「ビシッと!1分間で決める話し方」(三笠書房)
 


●「思ったことの半分しかいえない人はこう話せ!」

著者 飯島 孟(いいじま たけし)       出版 日本実業出版社
発行 2003年1月10日   ISBN 4-534-03518-7    定価 1,300円+消費税

著者紹介(発行時)
1936年東京都生まれ
1958年中央大学卒業
防衛庁勤務を経て話力総合研究所に入所。主任講師、理事を経て
現在 常任理事・所長代理

その間、産能短期大学や多くの専門学校の講師を歴任するとともに、官公庁や民間企業、カルチャーセンター、各種団体などで、話力と人間関係、表現力、読解力、リーダーシップ、プレゼンテーションなどの指導・助言に当たっている。

日本人間関係学会、日本コミュニケーション学会会員

著書
「部下を動かすほめ方・叱り方」(中央経済社)
「上手な司会とその実例」(文和書房)
「種を蒔くのも自分、刈るのも自分」(共著、三笠書房)
「ちょっといい話の種」(共著 PHP研究所)

千里の道も一歩から!
・未来への不安、恐怖をいだく    ・緊張、あせりを感じる 
・忘れがたい失敗、恥かきを体験する    ・一歩踏み出してみるか!
・複数の機会に恵まれる    ・聴衆を前にすることに慣れる    ・心に余裕が生れる

あがり緊張の攻略法、効果を上げる話し方、相手の真意をつかむ聴き方 ほか心に思ったことを100%伝えられる自分づくりをプロが徹底指導。
スポーチや日常会話、営業活動、説得の場でもう困らない!
 


●「人を動かす心理学 対人関係66の法則」

著者 齋藤 勇(さいとう いさむ)    出版 PHP研究所
発行 1990年6月22日     ISBN 4-569-52795-7      定価 1,100円(税込)

著者紹介(発行時)
1943年山梨県生まれ
1972年早稲田大学大学院文学研究科博士課程修了
現在 立正大学教養部教授(1978年、1986年、カルフォルニア大学留学)

著者
「自己表現上達法」(講談社)
「好きになる・させる心理学」(日本実業出版社)
「人間関係の分解図」「対人心理の分解図」(誠信書房)

編著
「感情と人間関係の心理」(川島書房)
「人間関係の心理学」「対人心理学トピック100」「欲求心理学トピック100」
「対人社会心理学重要研究集」(以上誠信書房)
 


●「デジタルドキュメントの作成・管理技法」
紙からデジタルへ「ワークスタイル革命」

編著  富士ゼロックス ドキュメントソリューショングループ     出版 日本経済新聞社
発行 1998年11月25日   ISBN 4-532-40141-0    定価 1,900円+消費税

編著紹介(発行時)
プロフェッショナルサービス事業本部に属する組織。
アウトソーシング事業を推進する本部内でドキュメントシステムにかかわるコンサルテーション、インテグレーションに従事している。

著者
「プレゼンテーションの説得技法」
「ビジネスドキュメントの演出技法・Tチャート化とレイアウト」
「ビジネスドキュメントの演出技法・Uカラー化」(以上日本経済新聞社)

「はじめに」の抜粋
・情報技術の飛躍的な進展は、オフィスでの仕事の進め方にも抜本的な変革をもたらし、「ドキュメント」の位置づけと役割にも大きな変化を及ぼす結果となりました。
・ドキュメントは意思伝達の媒体であると同時に、個人や組織の思考・知識の集大成でもあります。
・オフィスワークの生産性向上に対する要求が高まるにつれ、その蓄積された知識を再利用する必要性も高まります。
・ドキュメントのデジタル化は、それを可能にする基礎的な環境を提供してくれるのです。
・オフィスにおける紙ドキュメントの将来について考えてきました。
・現在のオフィスには紙ドキュメントが氾濫し、紙を中心に仕事が行われています。
紙の持つ一覧性、可搬性、加筆容易性などの特長を上まわる利点を備えた次なる媒体が出現していまいからです。しかき、「ドキュメント=紙」では決してありません。紙とデジタルドキュメントの棲み分けがどうなるかを考えることが、現在の歳谷の過大と言えるでしょう。
・わたくしたちはこのような前提に立ち、考え方を整理しました。
・21世紀のオフィスワークに不安を覚えている人や現在の仕事にやり方に混乱を感じている人に、その解答を見出していただければ幸いです。



A志援私見 2012.9.10ms
現在の紙は「本・文献等を超速度乱読し、内容のエキスだけをその時の成長レベルで抽出し、成長段階がアップするごとに核心情報にプラスαを付加できる人とその属する集団組織の価値基準、行動基準をプラスαに自力本願で、固有ノウハウとして構築できる確率は高い」ものと「業務用(最先端の80%以下しか人が実証確証で難い、だれでもわかる可能性のあるデジタルドキュメントの共有活用へデータベース、センサーデータベース、サーバー、クラウド、スマホ、モバイル等)で80%以上紙から移行された情報(情報量「ゼタ時代」の主流)に関して21世紀前半は、紙(紙書類・本・新聞も含む)を極度に軽視し、無視する必要以上み過剰に振れる時代に入りました。

 

21世紀後半は、最適な整合バランスの時代を目指す必要があります。

紙をデータ化するとき、必ずデータ化する人のその成長レベル、データ化入力ミスや意思がデータ加工、省略化、割愛等として付加されるために、紙の先人の知恵の本質・核心・プロセスとずれる場合があります。

コンピューターによる確率評価が、間違ったままで評価(評価基準もソフト制作者に意思の加工)するために、内容の微差の累積が乖離評価格差となる場合がゼロではない時代になりました。

誰も詳細真相を知っている「日本の年金の情報のデータ入力ミスと紙データを廃棄し、すでに、多数の該当者不明、死亡(損した人)で確認できないことを知りなが膨大な経費と人件費をかけている現状」「年金機関が年金情報詐欺にかかったた現状、詐欺された年金は、合法的回収義務はなく、だまされた人の責任はない、やっちゃった感覚です。詐欺した人は軽犯罪相当でまる儲けが現状」「年金運用で、損する事業情報詐欺相当にかかり運営し、多額の設備と赤字を累積し、関係者だけが儲った現状」すべて、情報に関する無形なものへの法律、規制の実体社会への影響度合感覚がないため、多くの年金側発注決裁者責任なし。情報の結果的詐欺相当は、儲け得。年金機関の情報詐欺は、金融詐欺の責任者で軽犯罪程度で、全額年金返済義務はなく儲け得。国民の年金を食い物にされ、将来の年金支払いができない時代が想定外の速さで現実化しても、誰も責任はない、その対策は国から機構に移り、だれも国の責任を放棄した時代に入り、損する人は年金者だけとなります。ますます、年金額は消費税増税で少なくなります。ある数値だけ実体と違うデフレ数値をキ順位に合法的に年金減額ができます。人として道徳倫理感がない人は、なにも責任を追及できない無罪として生きる人達ばかりのようです。不思議な「情報にある部分の人の感度累計がゼロに近く、映像、メディアでさえ、自社存続のために、感度カットして動かないようです。

この因果は、人の尊厳として正しい価値基準、行動基準でしょうか?

情報、金融情報に対する、社会の多数の人に影響を及ぼし、多数の人生を狂わせても

マイナス領域の上限である情報の重罪法律規制が世界的に未発達領域です。

情報「ゼタ時代」に入った人の行動が見える化した若い世代の行動を見ると、何か気づきませんか?

21世紀前半の現在は、制御できない核分裂と酷似した、右脳優位の人の情報による右脳の煩悩人格基盤(子供時代の定着効果)が、ネット、メディア、映像を伝播のしくみシステムとして活かし、西部劇(未来の開拓を夢見る人)の無法地帯(ツールは銃=金融・情報)のような段階に入ってきたようです。すでに徴候は、音楽映像メディアで大量の人が世界規模でヒステリー行動をはじめていました。我欲の上限規制がなかった時代と比較すると、今何をすべきか気づくことが多い領域です。

 

21世紀前半ですべきことは、人の「多数化し増殖する大人型子供の右脳を強制的に制御するために情報法治国家(世界標準レベルであり国単位でできない。=情報は世界共有であり、国単位で制御不能領域になったため)」を急ぐ時代になりました。

人は「自由の本質」の認識レベルは、範囲、領域、帯域は無限になりました。

「個人の自由と放任領域は人が複数住む世界を最適化し、集団組織最適運用のために個人の規制が必要となります。プラス領域量が多い世界にするためのマイナスベクトル最小限界を決める合法的基準が必要です。

世界共通に全体最適として多数決で決めたことはソクラテスの死の行動「悪法も法であり、全体最適のために遵守する行動を採り、毒杯を飲んだ行動」を恐れない割り切りが必要です。

人工頭脳(人がソフトをつくる)型初期段階の自走型ロボットがまだ、人間の制御可能領域にある今、人を規制することが必要な分水嶺の時代に入りました。人の想定外では原子力発電の核分裂制御ができない現象と同様な時代が近づいています。ある方法を採ると、人間の脳機能、集団組織を超えることも可能な段階に入り、すでにSF映画ではその領域に踏み込んだものが多数出てきました。現実化の超人罪が育つ土壌が出来て来た現在、急務の段階に来て、問題解決の一歩の行動をはじめる段階です。

 

21世紀前半は、紙ドキュメント、デジタルドキュメントを整合させ、より高い信頼度のデータを累積するイントラネットのしくみが集団組織の情報戦の中の確率戦争で勝ち残ることが出来る確率は高い。

 

○特に、未来業績基盤を創る、創市場創客のための市場顧客の共有情報と各拠点別の詳細で日々変化する個人レベルの情報(20世紀後半の営業日報。SFA等)の集約精度が、ダムかした、育てるべき魚と、既に死んだ魚(別の魚に変る)、他社へ逃げた魚(エサのその魚にふさわしくなくなったでけで、釣師とエサを変えると元に戻る確立は高い)を、報告情報を3割ウエイトにして新人の報告、業績貢献者の報告で3割修正し、魚の成長度合に応じた現状に応じたふさわしい仮想的想定での実証検証を4割ウエイトにすると、情報精度は高くなります。20世紀の競合他社を意識した戦略段階から、21世紀後半への準備は、かにドクメント、デジタルドキュメントの整合統合機能の充実段階に入りました。

 

 

 

□情報量ゼタ時代は論理的思考が、企業の創市場創客機能の乖離的格差になる確率が高くなりました。国内規模段階から21世紀は世界規模の異民族をお客様として事業展開する時代は、日本的ロジカルシンキングにより「双方儲かる」腹八分目経営を世界に展開できる確率が高くなりました。

 

○販売戦略、戦術、戦闘の手法は、日本国内主体の20世紀代の成功体験を中期で組立て代えをする時代に入りました。論理思考のマンネリ化量の少ない若い世代の制御型人財が多数輩出を急ぐときです。

○事業展開のために人が規模に応じた集団組織の増幅機能を最適に発揮させるためには、各部署最適、全体最適のための整合統合の論理思考が業績格差になります。

情報量ゼタ時代は「儲かる企業」と「儲けようとして儲からない企業」の格差は拡大してきます。20世紀代の成功体験、大きいことは勝つこと、少数精鋭だけが富裕になる理論は、超富裕層が操作する自作自演の人工的金融バブル潮流は経済・政治の正常制御機能が減衰した21世紀後半は、地域中小企業の小規模の小回りできる超スピード行動ができる「自給自足」、「地産地消」「地域全員が共に豊で心づかいをする幸せ」型の金融バブルを最小化する機能がある実体型、地域資金循環型、毎年総金額が増加する右型上がりの成長ができる確率は高い。情報量「ゼタ時代」世界の最先端で競争しないで、「学び真似した、プラスα付加型」で最先端の80%までの超スロードで小規模単位ならあらゆる技術知識知恵と設備さえ実現できる時代になっています。

国内巨大企業は、国内の人材レベルの総人数総能力はその企業の最大能力の80%以下であることに気付けば、地域の競合する拠点の担当者と、拮抗するためには、巨大企業の共有化情報以上に中小企業の制御型人財が超え、地域で「三本の矢」の教えのように、複合企業として独立性を持つ損益分岐点売上までの協業体制をとれば勝てる情報量環境になっていることに気付く時です。

 

○世界の多くの国家は、紀元前のまま時間が止まった「大人型子供」動物行動の人がが多数存在し、何千年後歴史を持つ国でさえ住む人は21世紀にふさわしい人格、集団組織の最適進化がどこまで進んでいるか気付けない、子供時代の成長すべき価値基準行動基準の広帯域成長が未熟で育てられた「涙の出るようなあわれな大人若い世代の人の姿」の行動の現実が映像メディアを通し、瞬時に見える時代になりました。

「人間の尊厳」が何か、気付けない感性になっている本人がマイナス領域量の多い行動をし、人類の滅亡の方向さえ「正しい」と思い込む何をしているかわからない無意識行動をしているようです。

左脳がプラス領域量が多く機能するためには、右脳の現在の「思い込み・催眠」から少しでも多くの人が覚醒できることが必要です。論理思考を10歳までの子供に徹底体得を急ぐ必要があります。「好き嫌い」「共に豊にでない排他的自分だけ豊に」を優位の行動から「心づかい」の行動優位に多数を変る確率の高い方法を採る時代になりました。21世紀後半のすばらしい人格基盤を育て始める時です。「大人型子供」は対症療法で、麻薬の常習を断ち切る方式、法律、規制により、「してはいけないことはしない」・「心づかい」と、情報量「ゼタ時代」の発達した機能で、左脳を正しく機能する覚醒した人の数を55%以上の多数決社会に軌道制御することが想定以上に速い解決策の一つです。集団組織行動から切り離し、一体一で個別に覚醒させ、小地域から共に豊に変る日本の自給自足地産地消の、21世紀型コミュニティ社会を世界の叡智を注いで「金の援助」「経済援助」型の20世紀の成功体験を横に置き、その国の人とともにプロジェクト実現の資金と「指揮者・カタライザー」型制御型人財を投入する方がさらに実現が早くなります。小地域の成功を、共鳴共振共働する地域から全国展開し、映像メディアで、成功地域で活き活きと全人口が働き稼ぐ姿を見れば、想定以上の速さで覚醒した人の数が僧服することに気付く時がきます。

そろそろ国連の機能を21世紀後半を目標にして、軌道制御を急ぐ分水嶺の時が来ています。もし遅れた場合、ある地域が、人類滅亡のトリガーになる確率が高いことが見えてきました。

 


●『「超速・情報脳」をつくる私のやり方』

著者 黒川 康正(くろかわ やすまさ)   出版 ゴマブックス
発行 2002年8月10日    ISBN 4-901465-40-6 C0011    定価 1,050円

「まえがき」抜粋
・「われわえは、高度情報化社会のさらなる段階を迎えている。氾濫する情報の中から正確で適切なものを選び出す力が、一人ひとりに求められている」
・よくこのようなことがいわれるが、ではいったいどれだけの人が「正確で適切な」自分にとって必要な情報を選び出す力を得たというのであろうか?
・インターネットで検索しようとして、膨大なヒット項目数を前に呆然とした経験がないだろうか?
・せっかく集めた雑誌・新聞などの切り抜きを、机の奥や、久しく開けたことのないファイル、埃のたまった本棚の隅にしまい込んでいないだろうか?
・多くの人が、大量の情報とよばれているものに翻弄されているか、情報を活かしきれず腐らせてしまっているのが現状ではないだろうか?
その理由は、明らかである。大量の情報と呼ばれているものから必要な真の情報をピックアップし、その集めた情報を素早く読み取って消化し、即活用するための具体的な方法をマスターしていないことにあるのだ。
・私は、大学在学中に公認会計士試験二次試験を、大学卒業後、仕事をしながら公認会計士三次試験を受験し合格した。
・現在、私の事務所は弁護士、公認会計士、通訳としての一般業務のほか、それらの重なる分野である国際租税問題、国際紛争処理、倒産処理、税務訴訟、海外資金調達、国債契約、企業買収(M&A)など、多岐にわたる業務を行い、かなり多忙な日々を過ごしているが、睡眠はきちんと取り、また、年に数回、ハワイやオーストラリアなどで休暇を取り、おかげで健康体です。
・難関試験を突破できたのも、こうした充実した日々を過ごしていられるにのも、受験時代から試行錯誤の末に構築した「情報を速く集め、読み取って消化し、整理し、活用する術」を活用してきたあからだと考えている。
・そこで、私の具体的ノウハウが情報の収集、整理、活用について意識革命を促し、情報と呼ばれているものに翻弄され、萎縮しがちな情報についての頭脳、いわが「情報脳」を活性化できれば、と考えて今回の執筆にいたった。
・この「情報脳」を活性化させるべき理由は、単に速く必要な情報を得て活用できるかどうかという量的なものにとどまらない。その情報活用により人生を豊に充実させられるかどうかという質的なものまで発展する。
・なぜなら、情報と呼ばれるものが猛スピードで量産されているこの情報化社会で、一定の目的のため必要な情報をつかみ取り、それを活用して目的を達成するのは、川上にある目的地に向かって流れの速い川を遡ろうとするようなものだ。
川の流れの速度以上の処理速度がないと目的地に永遠にたどり着けない。
・「情報脳」が活性化することで、目的達成が可能になれば、おのずと自信も湧いてきて、人生をさらに充実させ、豊にすることとなろう。
・本書は、その内容を理解すること自体が目的の本ではない。本書を読んで一つでも自分のヒントになることがあれば、それを各自の目的に役立つように改良して。人生を有意義なものにするために、目一杯、活用していただきたい。アイデアは実行して初めて価値を生じる。

○序章
「情報脳」を活用化させるまえのウォーミングアップ情報収集に対する意識改革
○第一章
目的にジャストマッチした情報源は、こうやって速く探す
○第二章
情報は鮮度が命!こうやって速く読む
○第三章
一度見つけたら二度と探さない!情報はこう整理する
 

 

 

 

商品一覧