開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

よい「心」の総行動量を「気」により自力増加

■よい「心」の総行動量を「気」により自力増加 120723

 「脳構造機能」「心構造機能」を正しく活かす>よい「心」の総行動量を「気」により自力増加

 

 

よい「心」は「人格」の総行動量を プラス(陽)の「気」のエネルギーを活かすと自力で
増やすことができます。
後天的に脳が宿す「心」がよいプラス領域の量の多い「自分を変える」トリガーの一つは
「気」のような行動エネルギーの充実が必要となります。
「気」がプラス方向で大量に発揮するように今に徹して「訓練は実戦のように実戦は訓練
のように」体得する日常習慣化して人格に組み込む方法が一つです。

制御型人財の基本素養の一つとして先人の多数の軸からの手法の中で自分(あなた)に
ふさわしい方法探しをして実行することを推奨します。
気づかなかった身近な行動の中に「気」を充満させる方法がある確率は高いようです。

多くの「脳」に関する本、「気」に関する本、メディアの情報が氾濫しています。
あなたのプラス領域を増やす自力型の方法のもの50%から選ぶことを推奨します。
他力型のマイナス領域へ導くものも50%あります。プラス領域へ向けるベクトルと逆
に現実の実体量を仮想で増幅して奈落へ導くものもあります。

●「気」はプラス(0+以上)とマイナス(0-以下)があり、行動しないときは、時間軸の
無い仮想の空間ではゼロ(0)です。「気」は時系列で変化し、人の行動・移動エネルギー
として行動動力源になります。

大人は、人生の節目で、後天的に「自分の心を変えて」よりよい「人格」から平常心でより
よい行動をしたくなったとき「気」の充実は、実体の中での行動量を増加させ、属する集団
組織の人の力を増幅機能として活かし、すばらしい運命、人生への光明が観える場合が
あります。

中小企業のオーナー型経営者・経営陣(企業の舟の板一枚下は地獄・逃げ場のない
リーダー達)は「気」のパワーを充実させ自社をよい方向へ誘導制御するために社員の
行動制御パワーを充実させる目的で実行する坐禅、宗教遍歴もその一つの型です。
多くの儲かる企業の年中行事である多数の社員が「気」を感じやすい確率の高い先人の
智慧である、初詣の神仏祈願と年末のお払いもその儀式の一例です。

通常無神論を唱える幹部達が率先垂範してなぜ行動するのでしょうか?
責任量が多くなり、率先垂範で火の粉を振りかぶらざるをえない時、未知のパワーが
増幅し想定以上の結果があった体験があり、何もしないときより成功確率が高かった
体験がある人が多いためかもしてません。

現実社会の結果は、想定以上の何かの要素がプラスαにもマイナス減少にもなります。
日常のプラス領域の量、マイナス領域の量と相関があるようです。
この視点で社会の中の現在のリーダーの行動は おとなの「心」をプラス領域へ導く、幼児期の人格基盤の
ある部分が欠落したり、不足し「人間の尊厳」は大人の方が成長し高くなるのが普通ですが、「大人型子供」
が、高齢者も含め、あらゆる年齢層に誰でも見える現象(全体の10%以上に頻度がなったときの現象)に
21世紀前半はなり始めてきたようです。20世紀代後半でもたまたま現象が、増加傾向があります。
なぜ、人の行動が「人間の尊厳」の地球での存在価値に気づけないのか、球面思考で、多くの人の正常軸
価値基準行動基準の欠落しあり、低い、子供段階で成長が止まった部分を、後天的に補填し、正常数を
多数決で優位になる人数育てることが急務の時代がきているかもしてません。巨大化した恐竜の道と同じ
歩みをしている「脳」の巨大化した人間は、仮想空間、実体の無いものは最適なもの以外上限規制をして
切捨て、実体社会が、実体に近い、ブランド、ハロー、バブル等に幻惑されない、真の実体で行動する量を
多くする時代へ、羅針盤の方向を操船することが100億以上の人口に肥大することが推計できる時代の、
子孫繁栄への未知かもしれません。
人生の目的を、自分だけ、一族だけ「今太閤が成功者」を目指す20世紀までの歴史を腹八分目全体最適
の「心」が優位の人格基盤になると、家族、子、孫、同僚、隣人、動植物、生物多様の存在と行動に感謝し、
互いに存在価値を認める合い、縁があつて今この場にある「すべてのもの」を大切し、その機能を最大に
活かすことができる、金銭欲は腹八分目、成長欲も今が最高、明日が最高の連続と割り切るとおつも
幸せな自分が生きることができる「未知の何か」に感謝報恩できる人生が死ぬまで生き続けることが
できる段階がくるようです。
「今日はなんだか、よい日になりそうだ」と「気」の充満をさせて今に徹して行動をし、明日のために「気」が
充満する最適な疲労回復、身体の機能を復元治癒に全力睡眠をする「未来」の未知を楽しむ人生は、
プラス領域の下限(0+)以上の量を多くする方法の一つのようです。 

◎「心」と「気」に関する、先人が残していただいた知識を確認して、自分流の方法探しを
推奨します。

■身体の健全維持とよい行動をする起因量は「気」のプラス領域へ向ける総量の増加
行動量と相関があり、成功体験結果の総量は「よい種を蒔いた量」とよい結果・成功回数
累計と因果関係があるようです。

この仮説に立ち、日常の身体の健全維持の訓練(修行)の方法がよりよい領域へ導く
確率が高い方向へ軌道を向ける一つのようです。

□脳が身体に行動指示を出すメカニズムの基本を知ると、どの方法が、自分に最適な
よい方法案か多数浮かびはじめます。一つ一つ実戦して、比較し、よりふさわしいものを
その時点での型(しくみシステム)とし、行動実戦体得を続けている間に、更に付加すべき
プラスαの要素が次々と浮かぶ不思議な段階がきます。
「山登りの原理、高い山は、想定外の問題が次々と発生します。ふもとでうろうろと
山に登る計画を模索しないで、あたまの中で考えても、浮かんだ最高レベルは想定内
の事項で、ます行動してみよう。現実に世界の最高峰の頂上を踏破する確率は、行動
環境を取り巻く時事刻々変化し一定しない多様な要素で、想定外の現場対応すべき
テーマが次々と出てきます。超高い山の 踏破場合の多くのベースキャンプ(目標地点)
で、その時の最大の上限方法を選択し、行動する方が成功確率が高い」現象と似て
います。 
プラス領域・成功への軌道を着実に歩む行動を気づいた今からはじめると、あなたの
想定外・想定以上の人生劇場の主役になれる確率は高い。


「脳構造機能」「心構造機能」を正しく活かす

◎左脳、右脳、小脳、脳幹の機能の違いを知る

◎「左脳・右脳のコア、強みを活かす」


○「自分が変る原理」
○「世界観で自分の行動をもうちょっと変える

◎「再発防止に関する行動」
事故はすべて想定外・想定内で人が行動した結果が事故であり、すべて「人災」であり、人の行動が
関わらない事故はありません。再発防止しない人の行動を抑止するしくみシステムにより事故発生の上限
下限範囲以外に人の行動をさせないことが原則です。「人は信じてもよいが人の行動は信じるな」を基本に
集団組織での人の意識的・無意識的行動をプラス領域へ導くことが必要です。
部品の組立時のバカよけもその一例。誰でも再発防止できることが基幹原因対策の方向です。
 

 

 更新  2012.08.06

 □心(こころ)








 


禽獣などの臓腑の姿を見て、コル(凝)またはココルと言ったのが語源か、転じて人間の内臓の通称となり、さらに精神の意味に進んだ(広辞苑より)

・その時の「心」・人格は プラス領域(よい・陽・躁「そう」と)マイナス領域(悪い・陰・欝「うつ」)のどちらの量が多いかで、人の尊厳としてよい行動も、悪い(してはいけないことをする・動物本能が優位)行動もすべての共通行動機能の一つ。
原因の行動した瞬間は「心」が正しいと「思い込み」確信決断したから行動したのであり、よい種を蒔けばよい収穫(結果)になります。
逆の結果の時、他人責任にしても「天知る、地知る、我知る」必ず本人が、子孫の代で「塞翁が馬」になる因果応報の確率はゼロではないようです。
「自分が変わりたい心・人格」を高めたい「気」が湧き上り、トリガーとない、より高い価値基準、行動基準へ変る軌道を歩むためのエンジンのスターター(トリガー)が動き始めるようです。

・人は、同じ領域の量が60%以上の多数が属する集団組織の中で本流か、枝流により、取り巻く集団組織の行動総量は、増幅されたり、その人の総能力量の下限で行動する。自己実現量を多くさいたい場合は、常に「ひまわり」のように、本流の中で、制御型人財に徹することを待望します。   2012.08.01ms
 


■人間の精神作用のもとになるもの。またその作用。

1.知識、感情、意志の総体
大鏡(文徳)「この帝・・・御心明らかによく人を知ろしめせり」。「心の病」
2.思慮、おもわく
源氏物語(浮舟)「・・もなかりける夜のあやまちを思ふ」「心を配る」
3.気持ち、心持
万葉集(17)「いつかも来むと待たすらむ心さびしく」「心が変る」
4.おもいやり、なさけ
万葉集(1)「雲だにも心あらなも隠さふべしや」「心ない仕打ち」
5.情趣を解する感性
新古今和歌集(秋)「心なき身にもあわれは知られけり」
6.望み、こころざし
万葉集(3)「結びてし言(こと)は果たす思えりし心は遂げず」。「心にまかせぬ」
7.特別な考え、裏切り、あるいは晴れない心持、ふたごころ
万葉集(4)「心あるごとな思ひわがせこ」「心を晴らす」

■比喩的にもちいる
1.おもむき、風情(ふぜい)
栄華物語(つぼみ花)「よろづみな心あるさまに見え」
2.事情
源氏物語(夕顔)「このわらりの心したむ者を召して問へ」
3.趣向、くふう
源氏物語(帚木)「まず難き詩の心を思ひめぐらし」。「得の心を味わう」
4.意味
古今和歌集(序)「うたのさまを知り、ことの心をえたらん人は」
5.わけ、なぞときの根拠
東海道膝栗毛(初)「これを衣桁のふんどしと解きやす。その心はどうだ」
6.(歌論用語) 内容、歌の主題・題材・発想などをいう
古今和歌集(初)「心あまりてこどば足らず」

■その他
1.心臓、胸、むなさわぎ     浄瑠璃、世継曽我「心まで来る憂き涙」
2.物の中心    源氏物語(桐壺)「池の心広くしなして」

■関連
1.心合わさざれば肝胆も楚越の如し   「荘子(徳充符)の其の異なる者より之を視れば、肝胆も楚越也」
気があわないと近親のものも疎遠な他人のようである。
2.心内にあれば色外にあらわる
「礼記大学の中(うち)に誠あれば外に形(あら)わる」
心に思っていることがあると、隠そうとしても、自然に顔色・行為などにあらわる
3.心が表れる   ある事柄に感動して、心の中が水で濯(すす)がれたように清められる。
4.心が通う  お互いの気持ちが伝わり合う。
5.心が軽い 気がかりなことや悩みがなく、楽な気持ちである。
6.心が挫(くじ)ける   何かをきっかけに勇気や気力などが弱まり衰える。
7.心が騒ぐ   記がかりや心配で心が穏やかでなくなる。胸騒ぎがする。
8.心が沈む  晴れ晴れせず、暗い気持ちになる。憂鬱になる。
9.心が通ずる  気持ちや考えが相手に伝わる
10.心が弾(はず)む  楽しさや期待のために気分が浮かれる
11、心が乱れる  あれこれと思いわずたい、ふだんの冷静さが失われる。
12.心焉(ここ)に在らず     「礼記大学」心が他のことにとらわれていて、眼前の事に集中できない。
13.心に入(い)る
(1)(入る」は自動詞)心に深くしむ。気に入る。熱中する。また理解する
(2)(「入る」は他動詞)深く心にとどめる。身を入れる。
14.心に浮かべる   ある物事を心の中で想像する。意識にのぼせる。
15.心に鬼を作る
(1)いらぬ想像をして恐れる。
(2)心中やましく思う。
(3)邪険な心をおこす。
16.心に懸かる
(1)ある事柄が心配で、意識から歯ならない。
(2)人の厚意に頼る。情にすがる。
人の厚意(好意)に頼る。精一杯
17.心に垣をせよ    むやみに他のことに気を散らすな。
18.心に懸ける
(1)常に念頭におき、忘れないようにする。意識する。心がける。
(2)思いのままにする
19.心に笠着て暮らせ  高望みをしないで、満足することを知れ
20.心に適(かな)う  望んでいた事とぴったり合う。心に添う。
21.心に刻む  忘れないように、しっかり印象付けて覚える。
22.心に染(し)みる   深く心にきざみこまれる。
23.心に留(と)める   常に意識して忘れないでおく。
24.心に残る   感動、印象などが、あとあとまで忘れられない。
25.心に任せる  思いのままにする。また、思い通りになる。
26.心にも無い   自分が心底から思っているわけではない。本心からではない。
27.心の鬼が身を責める    両親の呵責(かしゃく)をうける。
28.心の琴線に触れる   人の心に深い感動と共感を与える。
29.心は二つ、身は一つ   ああしたい、こうしたいと思うが、体は一つなのでどうにもならない。
30.心は矢竹に逸る   「矢竹」じゃ「弥猛(やたけ)」の当て字。非常に焦る気持ちでいる。
31.心広く体(たい)胖(ゆたか)なり  「大学」心にやましいことが無ければ、心身とも伸びやかである。
32.心を合わせる  皆が気持ちを同じ目的に向けて協力し合う。また、しめし合わせ。共謀する。
33.心を致す   深く心にかける。心を尽くす。
34.心を痛める   あれこれ悩み苦しむ。
35.心を一(いつ)にする   複数の人が気持ちを合わせて協力する。心を一つにする。
36.心を入れ替える   それまでの考えや態度が悪かったと気づき、改める。
37.心を入れる   心を打ち込む。専念する。熱中する。
38.心を動かす  
(1)心が動揺する。思い乱れる。
(2)感動する。感動させる。
(3)いったん決めたことを変更する。
(4)説得などによって人の気持ちを変える
39.心を打たれる    深い感銘を受ける。感動する。胸を打たれる。
40.心を移す   関心や愛情をこれまでとは違うところに向ける。心移りする。
41.心を奪われる   たのことに関心が向かないほど、ある対象に夢中になる。
42.心を躍らせる   楽しいこと、うれしいことなどに、期待して心をどきどきさせる
43.心を鬼にする  相手に同情しがちな気持ちを抑えて毅然たる態度で接する
44.心を傾ける心を一つの事柄に集中させ、それに打ち込む
45.心を交わす   互いに心を通じ合う。思いを寄せ合う。心を通わす。
46心を決める   迷いを捨て、考えを揺るぎないものとする。決心する。
47.心を砕く
(1)気をもむ。胸を痛める。
(2)苦心する。気を配る。
48.心を配る   周囲の人や物事なぢに細かい注意を払う配慮をする。
49.心を汲(く)む  相手の気持ちをよく理解し、それに添うようにする。意を汲む。
50.心を籠(こ)める  誠意や思いやりの気持ちを含める。
51.心を凝(こ)らす   工夫する。また気持ちを集中する。
52.心をそそる  刺激を与えて、ある感情・行動を起させる・気をそそる。
53.心を掴む   人の気持ちを引きつけて離さないようにする。
54.心を尽くす  真心をこめて一所懸命にする
55.心を留(と)める   ある事柄に注意する。関心を持ち、気にかける。留意する。
56.心を捉える   人の気持ちをしっかりつかみ、自分の方へ引きつける。
57心を悩ます  苦しんだり迷ったり、気持ちがかき乱される。
58.心を引かれる  ある人や物事に関心・好意を持ち、気持ちがそちらに向く。
59.心を開く  相手に対する警戒心を解く。隠し立てしないで思いを打ち明ける。打ち解ける。
60.心を翻(ひるがえ)す   今までの思いを全く変える。心変りする。また、改心する。
61.心を用いる  気を配る。注意を払う。意を用いる。「健康に心を用いる」
62.心を以って心に伝え=以心伝心と同じ
(1)「仏」禅家で、言葉では表せない心理を師から弟子の心に伝えること
(2)思うことが言葉にならず、互いの心から心に伝わること
63.心を遣(や)る
(1)思いをはせる。考えを及ぼす。遠く離れた人や物を思う
(2)心のうさを晴らす・心を慰める。
(3)思い通りにする。思いのままに振る舞う。
64.心を許す   気持ちを大きくして相手を受け入れる。信頼する。
65.心を寄せる   ある人または物が好きになる。思いをかける
 

  


 
□「気」とは
 

 「気」とは(広辞苑)⇒先人が気づけた範囲の事例をまとめた行動徴候の一つ。


1.天地間を満たすと考えられるもの。またその動き
(1)風雨、寒暑などの自然現象
(2)15日または16日間を一期とする呼び。3分して、その一つを候と呼ぶ 24節気
(3)万物が生じる根元 「天地正大の気」
2.生命の原動力となる勢い。活力の源。
3.心の動き状態、働きを包括的に表す語。
ただしこの語が用いられる個々の文脈において、心のどの面に重点を置くかは様々である。
(1)(全般的に見る)精神   気を静める、気がめいる、気が狂う、心気
(2)ことに触れて働く心の端々   気が利く、気が散る、気が多い
(3)持ち続ける精神の傾向   気が短い、気がいい
(4)ある事をしようとする心の動き  どうする気だ、気がしれない、まるで気がない。
(5)あることをしようとして、それに引かれる心、関心、つもり
 気が進む、気を入れる、あの女に気がある
(6)根気  気が尽きた。
(7)あれこれと考える心  気をもむ、気に病む、気をまわす、気が置ける
(8)感情 気分。  気まずい、気を悪くする
4.はっきりとは見えなくてもその場を包み、その場に漂うと感じられるもの
(1)空気、大気。  海の気を吸う
(2)水蒸気などのように空中にたつもの。 「け」  
(3)あたりにみなぎる感じ。雰囲気。   殺伐の気、鬼気、霊気
(4)呼吸、いきづかい。   気が詰まるような部屋、気息、酒気
5.その物本来の性質を作るような要素、特有な香や味。け。  
気が抜けたビール、気(け)  「気は心」
(1)少しでも気がすすめば心が落ち着くこと
(2)人のためになったと思えば、気がすむこと
(3)少しのことでもその人の真心の一端をあらわしうること
6「気」を体調・行動等陰陽の領域を区別する言葉
・け(気)  ・気が合う  ・気が改まる  ・気がある  ・気が多い  ・気が大きい
・気が置けない  ・気が思い  ・気が軽い  ・気が利く  ・気が気でない
・気が差す  ・気が知れない  ・気が進まない  ・気が済む  ・気が急ぐ 
・気がそがれる  ・気が立つ  ・気が小さい  ・気が散る  ・気がつきる
・気がつ付く  ・気が詰まる  ・気が強い  ・気が遠くなる  ・気が通る  ・気が咎(とが)める
・気が採り上(のぼ)す  ・気が無い  ・気が長い  ・気が抜ける  ・気が乗る  ・気が早い
・気が張る  ・気が晴れる  ・気が引ける  ・気が触れる  ・気が減る  ・気が紛(まぎ)れる
・気が回る  ・気が短い  ・気が向く  ・気が滅入る  ・気が揉(も)める ・気が休まる
・気が若い  ・気で気を病む  ・気に入る  ・気に掛ける  ・気に食わない  
・気に障(さわ)る  ・気にする  ・気に留める  ・気になる  ・気に病む  ・気は心
・気は世を蓋(おお)う  ・気を入れる  ・気を失う  ・気を奪(うば)われる  ・気を落とす
・気を利かせる  ・気を配る  ・気を遣(つか)う  ・気を尽くす  ・気を付け ・気を付ける
・気を通す  ・気を取られる  ・気を取り直す  ・気を取る  ・気を抜く  ・気を呑(の)まれる
・気を吐く  ・気を張る  ・気を引き立てる  ・気を引く  ・気を触る  ・気を紛(まぎ)らわす
・気を回す  ・気を持たす  ・気を揉(も)む  ・気を許す  ・気を緩(ゆる)める
・気を良くする
 

  


 □「気の大波動」は強運をひらく
 

・電波、風、気 目に見えない
・「気」 電磁エネルギーの存在 ⇒神秘の電波
・気の思想、天文、易学、医学」

■「気」には15通りの意味  大修館 新漢和辞典」
1.雲気、水蒸気   2.空気、大気   3.天地間の自然現象 天気     4.万物生成の根源力 元気
5.ちから、いきおい       6.きだて    7こころもち    8.うまれつきのもちまえ
9.理学の気でいう、万物を生成する形而下のもの        10.においを嗅ぐ         11.臭い、香り
12.いきをふきかえす     13.おもむき、ようす     14.陰暦で1年を24分にした一期間、転じて時候、季節
15.いき

■生命の根源を養う法 養成法
人間らしく生きる(精、気、神)
1<精> 精力
精力とは、近頃セックスの力とばかり教えられがちですが、そればかりでなく、生命力、バイタリティーなどという時の力も「精」です。
2.<気> 気力
・人間が生まれながらにして持っている根源的な力    
・元気とい言葉はこれから作られた。
・体内の「気」は外部の気を取り入れながら、体を循環します。
・「気」が充実すると「精」にかわり「精」が「気」が伴うと、いわゆる「精気あふれた人」となる
3.<神> 「心」に通じる
・「心」とは、感性的な意味だけに捉われやすいが、悟性といわれ「気」が十分に巡回することによって「神」が開発される。つまり「気」の仲介があって「精神」も高揚される。
・気が滞(とどこうる)る⇒体内に悪い気(邪気)
・気が弱くなる  ⇒無気力

・道引  動物の生態を見抜く 自然      野性の生態 大宇宙の気のリズム 自然治癒力が旺盛

■孫子の兵法
・朝気は鋭く、昼気は隋 暮気は帰
「ゆえに、善く兵を用いるものは、その鋭気をさけ、その隋気を撃つ」

■鍼灸
鍼灸(しんきゅう)の経路と同じように、「気」の流れる道があり、導引はこの気の流れを正常に戻すももの、
汚染された気を対外に排泄し、新鮮な気を体内に呼ぶ

■「気」とは
自分の体を知る。自分がわかれば他人がわかる。
・世間がわかり、世間がわかれば、兼ねの流れ、物の流れもまた、自らわかってくる。
・「気」とは、孫悟空の如意棒のようなもの
1.自分が病気になった 自分が治す  「気」を充実させれば「運」も呼び込める
2.動功(合気)  武術(居合抜き 気合術等)
3.チームの「気」合い 声をかけ合う    一球一打 一球入魂
4.神の力、仏に力は「気」である 
5.実相と気相
6.「気」の種類 
陰陽、強弱、大小、濃淡、軽重、柔剛、開閉等比較語がすべてあてはまる。
・気力の溢れた人を仲間に引き入れる・⇒「強運を呼ぶ」
・正気と邪気、良い気と悪い気
 邪気は怖がると入ってくる。 マイナス領域の下限の法律、規制を異様に執着する
                   下限以下の人の行動を異様に問題視する

 異様に怖がる ⇒本人に同質の弱がある。 「同病相憐れむ」
            仲間が誰か誰を擁護するかで誰が同病かはだれでも見(観)える
 禁煙をした上司は、喫煙者を異常にきらい、部屋に換気扇づくりに投資する。なぜか?
 (マイナス領域の何にブーム・過剰反応するかを観(診)ると次の行動方向が観える)

・気を病むから心が病み、体が宇病む 

■「気」と肉体
・心の気の滞り⇒白い顔
・腎の気の滞り⇒黒い顔
・気のめぐりのなくなった人の皮膚」⇒垢(あか)さえつかない 

■道家の「虫の知らせ」
天変地異⇒虫の知らせ⇒気の乱れ 「気」の予知力

「三脈の法」
1.片手の手首の脈を押さえる
2.脈をとらえれた手の親指と人さし指であごの下の頚動脈を押さえる。
手首と頚動脈の三点の弱が合っていないときは体に異常が迫っている処です。

■「気」のエネルギーの研究
1.ソヴィエトのセウゲイネフ博士
人間の体から発しているエネルギーの測定装置を発明した。
3mの高さまで届く。3m内でのコミュニケーション
2.アメリカのハロルドバー博士
人体から発っしている電気は3m半先まで達する。

仏像や仏画に描かれる光背
キリスト教の聖人たちの頭上に描かれる光の輪
優れた人の発散する強烈な「気」を可視的に描写したもの

■「気」の付く言葉  参照 「気」とはの項目
1.気の字が頭にくる熟語
気位、気宇、気うつ、気運、気概、気侠、気骨、気根、気質、気尚、気性、気祥、気丈、気色、気随、気勢、気節、気息、気体、気転、気配、気魄など
2.気が下にくる熟語
雲気、熱気、雰囲気、陽気、陰気、豪気、本気、浮気、正気、邪気、殺気など
3.慣用句
気の合う、気にいる、気がはいる、気にする

■「気」実体
A.「気」の形、質、量、働きなどで分類している
1.形 「気が大きい、弱い」
2.質 「陽気」「陰気」
3.強弱「気が強い、弱い」
4.気の量が増えたり、減ったり    「気がきいたり、きかなかったり」

B.「気」は流動的であり、可変性に飛んでいる
いくら気を分析しても、結局わかり難い。それよりも「気」が存在するということを、全体としてうかめば、すぐ分かる。  人体のすべての部分が、関わっているのが「気」である

C.速読術は「気」の応用  精神統一法
D.人体は気のアンテナ
E.「気」の波動  森林浴、森羅万象

■「気」をリフレッシュさせる九穴の導引術
表の7穴 目(2)  鼻(2)  口(1) 耳(2)   
・陰の2穴  性器(1)  肛門(1)
9つの穴の健康状態を重視 

■「気」は人体を活性化する電流 大極図(陰陽マーク)で見える化
陰も陽に変る。
・陰極あれば陽となり、陽極あれば、陰となる。 
・陰陽変化の媒体になるものが「気」です。
・気は常に流動、循環しているもの。

生活に即した実証面では、他国に先んじて発展ぶりを示す。
天地自然の気に配して、人間の体にも気は流れている。
人の「気」は天の「気」と一致し、自然に生きられれば、人は健康で長生きできる。
中国流の不老長寿思想

九天の気は人の鼻に入る=吸う
気は鼻と口から出発する。=吐く
十本の指先に至るまで、全身を中国の医学(漢方、鍼灸、導引)は「気血」の流れを巡るしくみ
「気」はエネルギーを燃焼させる触媒のようなもの
(ガソリンが気化して自動車のピストン内で爆発し動力源にさせるプラグ=触媒のようなもの)
1.鍼灸⇒経路のツボを刺激する
2.導引⇒呼吸法と運動を合体させ、体に本来備わった機能を高めて、病気を治す。 人本来の治癒力発揮。
 野生動物の真似 5禽 猿、熊、虎、鹿、鳥

人間は 狩猟民族行動優位のとき 科学で連関が観えない場合、「健康」「病気」「生き方」は分離して脈絡がない思考と捉えて、別の軸次元と捉える人が多い。
自然に左右される農耕民族行動優位のとき 「健康」「病気」「生き方」を何かで連関している神秘の「何か(偶像化して見えるものに象徴化する)」として自力より他力を大切にしたが、個人、科学はすべて見えるという思考が優位となり、先人の知恵、智慧に気づけない人が60%以上になってきました。
狩猟民族の最先端の科学は、未知の領域の無限さに気づき、農耕民族の東洋思想をすでに学ぶ人が増加
してきました。

・「火」「風」によって体内の「気」を循環 
・丹田、タービン、火をつけるエネルギー
・手をマッサージ、熱くする、火をおこす
・呼吸法 無我
・手のひらは「気」の放射口
・体力のある人⇒熱気を感じる、 宗教団体⇒「気」を活用
・若者⇒一種の若い精気に圧倒(先進国と弱い精気の人数増分と相関がる)
・「気」=遠赤外線 波長9ミクロン ある種の酵素 

気功法は、手が気を放射し「手当てをする」により、人の自然治癒能力を強める。
「気」はある種の酵素だという科学者もいる。動物は体内で生成しているが、これを人工的に外部から与えると、生命力が活性化するようです。

■呼吸法
・胸式呼吸法 肺に一杯空気を送り込む 横隔膜が上がる「おなかがへこむ」
・複式呼吸法 正=息を吸い込む   負=息を吐き出す
・息を吸うときは意識的に腹をふくらませす。吐き出した時は、意識的に腹をへこませる。
大息 中息 小息に大別、組合せが100種以上ある。

A.道(仏)家
・整身 身を正し(背骨を伸ばす)
・整息 息(呼吸)を整える
・整心 「気」の胎息法=「気」の調和
・胎息法 母の胎内に宿った胎児の呼吸を最高の気の流入が体に生命を与えるもの=へそで息をする。「気」の流入が「体に生命を与える」基本的思考 

●調息法 「気」の調和
1.服気  気を服(の)むこと
鼻や口から吸い込んだ気を気海に送りこむと、そこで「元気」と混じって新しい気がつくられる。=新しい気
一方は背骨を伝わって天頂(頭のてっぺん)ぶのぼる⇒下がって口から吐き出される
もう一方は脾臓の媒体で他の諸器官を循環し、手足の先まで至る
2.行気 気を行かせる。届かせるという意味
気を導いて、自分が望む部分に送り届ける法
3.錬気  気そのものが、体内を自由にまわるのにまかせる。

B.日本道観流
「気」を取り入れる呼吸法4つ
1.寝て行う⇒ 横になったら大きく息を吐く。腹を凹ませるようと力んだりしないで、
       あくまでも自然なのがよい。吐くときは、口から。
       模範として見習うのは、健康な赤ちゃんの寝息である
2.坐って行う⇒ 吐き終われば自然に吸いこまれる。吸うときは鼻から、このときも「息を吸っているんだぞ」と意識があってはいけない。普通の気持ちで吸い込んで吐く。静坐呼吸法
3.立って行う
4.歩きながら行う

一六法 吸う方法は1つ  吐く方法は6つ
体に役立つ「気」はとどめておかなければならないが、悪い気(邪気)は吐き出さなければいけない。体のどこの邪気を吐き出すかによって違ってきます。

C.坐禅
「坐禅」は僧侶の気の充電法
坐禅は仏教上、色々な意味がありますが、「悟り」を得るための修行の一つ。
「呼吸法」や「静坐法」に似ている。行法の目的が違うが、結果として現われる効果は、導引と共通している点がいくつかある。
1.ある意味で坐禅も「気」の行法という部分がある。
禅僧の中には、仙人と似たような生涯を送った逸話の持ち主がいる。「気」の活用で超能力を身に着けたと思われるエピソードも残されている。
2.気の健康法を説いた白隠禅師の「内観の秘法」は「気」の丹田法である「気海丹田」の練気による健康法のようです。
3.営業部門のリーダーは、営業パーソンの成約率を上げるために「気」の充実の方法を体得し、個人別に「気」の量を感じられる朝礼の声色で体調の弱いとき補強するためのツール(武器)を渡す。「気」の強弱はその日の成約、Aランク見込み客数、訪問行動効率、成約のための商談内容のつめ等と相関があり、月次の業績のよい悪いは、集団組織のリーダーの自己責任が70%以上です。なぜ業績のよい企業の経営者、経営陣が「坐禅」を多く日常に組み込んでいるのか気づくことが制御型人財の基本素養の一つ。
 

 

□人体のパワースポット

心は、「個人の身体(ボディ)機能行動総能力に応じて」即する組織集団の人を「マインド」で行動量を坐増幅させ、スピリットを現実実体社会で実現確率を高くする行動をはじめるようです。
心⇒行動⇒態度⇒習慣⇒
人格⇒運命⇒人生のステップで変化をはじめるようです。
人体のパワースポットの固有能力を知り、毎日「気」の充実、充満する自分づくりをして、実体社会に中で多様な問題解決のために、「実戦(実践)は訓練のように,訓練は実戦(実践)のように」意識のとき無意識ときでも、「昨日より今日、今日より明日」と総能力量・行動量を増やす



 

気功では 人体には丹田という三つのパワースポットがあるとされています。
上丹田、中丹田、下丹田と呼ばれています。それぞれにふさわしい「気」が充実っ充満するようにしたとき、個人のパワー、属する集団組織のパワーが最大化でき、地球に貢献できる行動ができる確率は高い。

・通常、気功法では、三つの丹田の一番下の下丹田から鍛えていきます。
・次に中丹田、最後に上丹田を鍛えます。

実体社会で、最適実戦行動し、集団組織の人を増幅機能として活かすための「気」の充実、充満をプラス領域量増加行動をするためには.⇒2⇒3のステップで整合バランス量でエネルギーを注入しなければ、個人と属する集団組織の総行動量がプラス領域量を全体最適に増加きます。柔型優位の行動が実現。
部分最適にした場合は、多くの世界の歴史の中に繰り返す「剛型行動」優位となります。下丹田だけの充実は、個人の超能力等になる場合がありますが、属する集団組織の人と完全乖離するため、増幅機能は少なく、ゼロで特殊な個人で終わる確率が高い。(なぜ、個人のすばらしい超人が、狭域の影響しか発揮した、伝説的事例しか現在まで残していないのでしょうか?)

1.はじめに 生きる土台
下丹田の個人の心の基礎基盤を充実させ、実績累積を見える化し、周囲に評価させることができる訓練鍛錬が必要です。
制御型人財は、プラス領域の量を多くする基盤が必要です。
普通の人の3倍以上発揮できるエネルゴーの充実が基本です。
2.中丹田の、個人の出すパワーが3倍以上になると、周囲の人の「共鳴、共振、共働」する数が鼠算で増加をはじめます。集団組織の人群が最適にエネルギーが発揮できるように各人個別の補填するしくみができるようになると想定以上の増幅したよい結果が出るように総行動量の最大化がはじまるようです。

3.最後に上丹田 「左脳・右脳を人間の尊厳としてふさわしく意識・無意識状態でプラス領域量を多く行動指示ができるように、全脳の機能を最適に活かす。

・個人が集団組織の人を増幅機能として行動量を増幅するため、地域、国、世界、地球の静のバランスを変化させる行動結果が生れる。地球の存亡は、今生きている全員が年齢に応じて個人本人自己責任で動かした結果の累計の姿です。
すべて個人が行動した因果結果であり、個人の「脳」の活かし方が子孫繁栄に相関があります。今よりさらにプラス領域方向へ個人・自分が変わりはじめる人の吸うが60%以上になると、今よりプラス領域の多い世界が生れる確率は高い。

◆上丹田(じょうたんでん)

   「スピリット=上丹田」

○脳の中にあります。
下丹田、中丹田が十分に充実した上ではじめて「スピリット=上丹田」が開花してきます。
・インスピレーション、直感、ひらめき、想像力、企画力など、あらゆる智慧の宝庫です。
・頭の回転が速く、計算力や記憶力にも優れています。
・ここが活性化すると、様々なアイデアが次々と湧いてくるので、発明、発見、研究などの分野には最高のエネルギーを供給してくれるようです。

◆中丹田(ちゅうたんでん)

 「マインド=中丹田」


 

○胸の中心にあります。
人間としての「マインド=中丹田」を磨いていきます。
・愛情、優しさ、思いやり、一体感、協調性、社交性など、あらゆる人間関係に関する働きを司っています。
・人の気持ちを敏感に感じ取ることができるので、コミュニケーション能力やカウンセリング、ヒーリングにも優れています。
・恋愛や子育ての歳のハートフルなエネルギーの源でもあるようです。

◆下丹田(しもたんでん)

「ボディ=下丹田」


 

○一般に言われているおへその下の丹田は、下丹田のことを指します。
生きる土台である「ボディ=下丹田」をしっかりと健全に整える。
・体力、気力、バイタリティ、不動心、決断、自主独立性、経済力、セクシャリティなどを生み出します。
・現実社会をしっかりと逞しく生き抜くエネルギーを供給します。
・独立起業家やプロスポーツなど、持ち前の技量で邁進していく力強さを生み出してくれます。無から有を生むパワーを持っているようです。

 

 

 

□日本全国のパワースポットを活かす

自力のパワーが弱いとき、
他力でパワーエネルギーを注入してくれるスポットで、自力が「気」を充実させる訓練ができる行動量まで増加するのも突破口の一つ。

1.身体の中には、鍼灸(しんきゅう)の治療に使うツボが沢山あります。さらにその中に強烈な「気」を放っているツボがいくつかあります。そうした強いパワーを放っているところを使って治療するのが気功治療とよばれています。手から出る「気」や身体のある部分から出る「気」を他の人に分け与えて、「気」の巡りを刺激したり、整えたりして身体の活性化をさせています。
2.それと同じように、大地にも「気」の流れが強い場所や、「気」が集中して噴出している場所があります。出ている「気」の質も異なります。それらの「気」を受けることで、まるで大地から気功治療を受けているかのように、心と身体と魂が何らかの変化やメリットを受けることができる場所、それがパワースポットです。
 

昔、日本ではとくに神官と呼ばれる人たちや、今の言葉でスピリッチュアル性(霊的な)の高い人たちによってパワースポットが見出されてきました。昔は一部族に一人シャーマンがいるのが当たり前で、天地自然、森羅万象、あらゆるメッセージを受けるとることによって、その部族がどのように生きれば天地自然とともに栄えられるか、アドバイザーとして存在していました。「この山には、こういう気が流れている」「この湖にのこの場所にはこのような気質のぉ我流れている」などと感じたものを、皆に伝えることで自然と場所などが定められきたと考えられます。
日本は、狭い国土にもかかわらずパワースポットの数が群を抜いて多いといわれています。
総数ではコンビニよりも多く、それに仏閣、自然のパワースポットの数を足すと多数になります。
身体の中にツボ(経穴)が沢山集中している場所があるように、日本は地球の中でツボが集中している場所のようです。強烈で質の高いパワースポットが日本に集まっていると感じる人が多いようです。
パワースポットと呼ばれているところがなぜ神社が多いのでしょうか?昔、エネルギーお気質があるところに人びとが集まり祈りを捧げる中で、それがそのまま文化風習的な流れで神社になったためのようです。
仏閣よりも神社が多いのは、もともと神社といる形で出来上がってきた中で、のちに仏教が日本に伝来し神社が仏閣に変わっていったためです。明治の時代に「廃仏きしゃく」という流れ出神社に戻ったという理由もあります。その意味でも純粋なパワースポットの力を100%活かされていない多くありますが、仏閣が悪いわけではありません。そうしたことが神社がパワースポットとして多く上げられる理由です。
パワースピットには、その持つパワーの気質がそのまま現実の自然界にカタチとなって現われるところが多数あります。

20世紀の今太閤が人の運・行動パワーの量を人事戦略に活かしました。今はその創業者の名前さえ消した企業が、21世紀前半拮抗して成長した兄弟企業を吸収し、消滅させ、21世紀前半の政治の本流さえ動かすようになりました。
そのグループの出版社は「ココロとカラダが癒され、エネルギーが充電できる」今話題のパワースポットや、神仏の本を最近出版しています。20世紀の創業者の先人の智慧を捨て、狩猟民族優位企業にかわったリーダーは21世紀前半、その企業はどのように変わるのでしょうか?その集団組織の個人の「気」の方向がプラスかマイナス方向か?「真似した」の推移検証の価値はあります。

大人気の日本人にとって全国に巨大なパワースポットがある場所があるようです。そのグループの選択した上位79ヶ所をその出版社が掲載しています。ネット上でも多数の個人が類似の自己評価するパワースポットがあるようです。
日本人の多くの人がパワースポットとしてエネルギーを他力・外部から注入できたと感じている対象物は、どのようなものが多いのでしょうか?個人のパワーをプラス領域へ導く日本民族の先人の実証検証の結果の一つと捉えてみるのも、弱くなり、衰弱してきた自分の心に歯止めをかけて、プラス方向へ導くエネルギーが吸収できる人がある確率は高い行動になるようです。自力の「気」のエネルギー量を増加する訓練と併用するのも環境が乱高下混沌する時代には、マイナスではない方向の一つのようです。勝負の世界の個人技の人が「ゲンを担ぐ」現象もその一つのようです。

 


□量子論が描く世界







 


ボーアの量子論の世界の相補性と大極図(陰陽マーク)と同じ世界のようです。

原子物理学の本質を探求すると、人の細胞の核組織の電子構造がなぜあり、脳を働かせ、行動をさせるパルスの分野の最初の起因因子は未知の領域です。
人は超高度な自動生成型ものの集合体で、電子の作用(化学反応も含む)で構成されています。なぜ遺伝子が生成起動をさせるのでしょうか、未知の領域を、複雑化方向が本流ですが、実務家は、「気」「心」のプラス領域、マイナス領域の量を感じ(ファジー要素)、自分の行動の最下限がプラス領域(0+)として、毎日プラスアルファを付加してプラス領域方向の仰角を大きくし続け、後から理屈をつける単純化も一つの真理かもしれません。

・シンプルな何かがトリガーとなり行動を早(腰が軽い)、重点集中行動がけえいます。集団組織も単純な方向づけなので、60%以上を戦力にできます。
複雑化し難しくすると、確信決断に時間を要し、集団組織の50%以上の人を戦力にするには想定以上の時間を要します。集団組織の考え方は分散多様化し、重点集中行動はでき難い確率は高い。
 

量子論の描く世界は、相補性と大極図(陰陽マーク)と同じ世界のようです。
ボーアの量子論の世界は自然が持つ不確かさを表す「不確実性原理」。ほぼセロであり、事実上ゼロですが、完全にゼロではない。量子論によると、自然現象に「絶対」はない。量子論が示す物質観、自然観の特徴を、ホーアは相補性という言葉で説明しています。
相補性とは、相反(あいはん)する二つの事物が互いに補い合って一つの事物や世界が形成しているという考え方。ボーアは相補性を表すシンボルとして、古代中国の陰陽思想を象徴する大極図(陰陽マーク原理)を好んで用いました。
「不確定性原理」は、位置を特定しようとすると、速度(正確には運動量)の不確かさの幅が広がって決まらなくなる。速度(運動量)を特定しようとすると今度は位置の不確かさの幅が広がって決まらなくなる。
ボーアは有と無が絡み合い、無から有が生れる。哲学的な示唆にも富む自然観で量子論による「確定的な無、完全なゼロ」という状態は存在せず、「無」は有と無の間をゆれ動いている。
真空はいつも「無」なのではなく、粒子が存在する「有」の状態の間を揺らいでいる。
物質を構成する基本粒子であり、不変、不滅のものだと思われていました。実は、そうではなく素粒子は刻々と姿を変えるものだった。「確かなものは何もない」自然の本質的な不確定さ、曖昧さを説く量子論の真骨頂です。

陰陽マーク 陰と陽が対立する気が絡み相互作用を行う図
粒⇔波  位置⇔運動量 自然⇔人間  物質⇔精神  (陰⇔陽)
 

 


 
□体調と気の相関関係

 

 

 


 

・体調がよいとは、気の量が多く「陽気」のとき ⇒プラス領域行動が多い
・体調の悪いときは 気の量が少なく「陰気」なとき ⇒マイナス行動が多い

・体調は、身体全体の状態で決まり、口から入った食物が身体によいものか、悪いものかの2択、悪いと身体のあらゆる臓器の中の部分が陰となり、体調が悪くなる方向へ向かいます。
脳も体調の良い悪いで同じ人が陰陽の量を日々変化させています。

●食質が「心」「人格」「無形の何か(仮想の世界・実体がないバブル・幻覚)」
により、実体の中で行動し因果を生むトリガーとなる基盤機能の一つです。
正常化に機能すれば、プラス領域を増加させ自分の運命が良い方向へ変化しすばらしい人生劇場の主役になれるようです。
一人が変わり、動けば集団組織は、想定外の増幅行動でプラス領域量増加します。人間がなぜ集団組織を組んでいるのか自己実現行動をしているためのようです。
 

 
■「気」のような行動エネルギーの総量を増減制御する何かが人の心を制御する確率は高い。
先人から継承した言葉「気」を生命の素として、心の行動をプラス領域・マイナス領域や陽領域・陰領域の方向を制御し、人の領域の総量(時間軸も含め実体世界)を制御し、今の価値基準、行動基準を多種多様に変化させ、その人の属する集団組織で一方の領域へ増幅した結果を生じさせ、結果は、誰でも見える。
マイナス領域のしてはいけないことをして、どんな知識知恵で隠しても「天知る、地知る、われ知る」。どんなに隠しても、その人の生涯で隠せても、必ず子孫が先祖成功事例を真似をしてマイナス領域行動が誰でも見えるようになる。塞翁が馬・ゼロの原理があり、一流人罪、超人罪「その人が生きている間は一流人材として評価され、歴史が変わり価値基準が変ると評価は逆に変える」の正体が見えるようです。

1.人間の誕生は、男女の精気が「陰陽相和」して母胎に宿ることにはじまります。
体内で母胎から五味五気をもらって、胎児は生を養う。
完成した人体は、九穴(目、鼻、口など)を通じて天地自然の「気」をうけ、五味を食べて自らの五気をやしないます。
母胎の中で、人として脳の神経回路を構築する、手順とプロセス、必要養分等揃い、生きて生れれば成長する苗の部分が出来た着ます。神経回路は、植物のつるのように成長しますが、一定手順で、成長します。
ただし、植物の苗の育成条件のように、母胎が必要な正しい機能を大切に果たさなければ、生れた子の人格基盤に人生最初の格差が子としてできるようです。生れた後の後天的な矯正ができる場合と出来ずに未発達のまま残る部分があるようです

母胎が、最適健全時期以外の動物型の母性の未熟な早稲の時、晩婚時、20歳以上の年齢差でのできちゃた望まれない子供は 周囲が祝福して、健全な子、優性遺伝のために、民族の責任を果たす覚悟した結婚と別次元の結果となり、子供の6歳までの人の尊厳基盤の軽重の中に欠落したり、帯域感度が低い領域ができるようです。その子供が、自力で後天的に欠落したり不足した部分を付加する努力が必要な確率が高い。
現在の学校教育には、その部分の成長教導機能がすくなく、傍周囲が、日常の集団組織の中でプラス領域え教導するしくみシステムの構築を急ぐときです。若い世代が、社員として正式入射した人は、企業内の集団組織の規則で欠落した部分、弱い部分を教導できる確率は高い。ただし、企業の集団組織を離れ、規則の強制
が少なくなると、マイナス領域の上限の法律、規制を自己遵守する段階となり、大人子供として「何が起こってもおかしくない」確率ゼロでない行動が始まります。同様に、企業の正社員として規則の強制が少ない、方法で働く人、正式の仕事を持たない人は、大人子供行動要素を、ある部分で発揮する想定内現象の発生頻度が10%以上を超えて、誰でも見える段階が始まります。

子に責任はないが、子は素晴らしいよいとこ探し、長所を、プラス領域の量を多くし、短所を意識して抑え、
よい習慣化をすると、プラス領域に多い、人生が開けてきます。自分がよい領域へ多く変わることを待望。
親を反面教師として、第三者的のよい部分だけを学び、悪い部分は無視する方法も一つ。

動物の家ネコ、犬と同じで、性欲道だけで、出来ちゃった婚(望まれない子供)や短期結婚、離婚の繰り返し、50歳以上の富裕層晩婚男性(不健全体質の確率が高い)と適齢期の女性との20歳以上年の差婚等が見える化時代になると、生れた健全な子の6歳までの人格基盤(成長土壌)に何か要素の不足、遺伝子異常の発生確率は高くなり、男性の女性化(少しの過負荷を超えると見え難いと思えば男性本能のDV発揮現象)、男性を、中性化、女性の母性本能(動物以下の母性本能現象)、よい行動悪い行動の区別がわからない、「してはいけないことはしてはいけないことが何かわからない」等、その生れた子の周囲にマイナス領域の結果を発生する、突発的現象(子の脳の神経回路の不良・欠落成長部分の無意識行動、その親家族は、10歳以降時々異常行動の徴候に気づいていても、なぜそんなことをしたのか分からない。良い子だったのに現象)が誰にも近くでも見える人数になってきたようです。親の因果が子に伝わる現象でよい親の背を見て育つ健全な子供には少ない、子の親にしてこの子あり、大津市の事件の加害者の親の行動を見ると、反面教師の一つとして親として「わが振りを正す」トリガーになる事例です。

優性遺伝を無視した、健全な母胎、健全な男性と別次元の好き嫌い劣性遺伝、不健全な母胎、不健全案精子もある現在、人を生む自然の確率の領域さえ人工的子生成医療もはじまり、6歳までの健全な子を広域帯現地現場体験を肌で感じてよい(○)悪い(×)の人格の選択基盤を育てるためには人も動物の大部分の行動である無欲のわが子への母性本能の持続が小学校低学年まで必要ですが、ない母胎、短い人の数が、誰でも見え気づく10%以上の人数になったようです。男性が欠落しない帯域は、母親代わりのすばらしい母性のある人の補完が必要です。
ほとんどの動物と同じように男性がいなくても、正しい母胎の母がいれば、子は正しく育ちますが、男性だけの場合、ある年齢までに、欠落したり低く育った部分の感度を上げなければ、大人の時、人格の中に育たない、欠落したり不足したりする感度帯域部分が出来る確率が高いようです。
(男性は子育ての母性の価値を代行できる人の数は30%以下程度が現状のようです。幼稚園保育所が男性の不足領域を補完する現在あり機能の一つです。)その子孫にマイナス領域の人の数を発生する確率は高くなるようです。動植物の優劣自在の人工授粉と同じレベルに人がなって来たようです。子孫の優性遺伝比率が低くなる民族は、想定以上の短期で、絶滅危惧の民族になる確率は高くなったようです。

2.生れた子供の人格基盤は、6歳頃までの80%程度までできるようです。
完成した人体は、九穴は表の口(両目、両耳、両鼻孔、口は陽穴、性器、肛門は陰穴)を通じて天地自然の「気」をうけ、五味を食べて自らの五気をやしないます。

・五味とは 酸、辛、塩、苦、甘   五味はそれぞれの食べ物に含まれています。
・胃に入ると五味は。五臓は内の口(肝臓、肺臓、心臓、腎臓、脾臓)で、五気と変る。

・五気(神、魄(はく・陰の魂)、魂(陽の魂)、意、志)と変って、それぞれの出番に応じるという仕組になっている。

・五臓という言葉は、五気を蔵(しま)っておくという意味から名づけられたもの。
五臓のどれかが悪いということは、五気の調和を崩していることになる。

このように「気」が肉体の生きていく素との一つであるとする東洋医学の視点があります。
「気」と「精神(心)」の関係をみると、「五味を備えて、五気調和すれば、精神(心)おのずから生ずる」と言われ、これは、五臓に関連してきます。「精・気・神」の存在も関係してくるようです。

天(自分と周囲の環境等)の「邪気」を感ずれば即ち人は五臓をそこなう。「食べたものが冷たすぎたり、熱すぎたり、身体にマイナスになる毒素を含むもの」は六腑を害する。「気血は五臓の使い」、五口(九穴)と五臓および気血の三者は緊密に結びついている。五臓こそ天の気と人の気の交流をはかる調整機能のようです。

人の精神(こころ)が盛んで気が散じなければ、その気は天の気と等しくなり、天地の精に通じて、「目、耳、鼻、口、衰えることなく明を保つ」つまり健康に天寿をまっとう出来るようです。人間の健康にも、また精神(心)活動にも「気」が支配的に作用する確率が高いようです。

「気」の滞りをもたらす健康への障害は、身近な病気胃潰瘍となり、身体の暴飲暴食等が原因として対症療法では胃薬で直そうとします。
脳にすぐ解決不可能なプレッシャーを繰り返し受けていとき、体調が良いときは同じ食事を食べても、美味しく胃での完全消化時間速い。陽の状態で「気」の充実し食事でさらに「気」の量は増加できます。
逆に体調がすぐれず陰の状態で、「気」が萎えているときは、美味しい同じ食事がまずく感じられ、消化は遅くなり、胃がもたれたり暴慢感(胃が膨れ、未消化の時間が何時間も続く)。便も噛(かん)だ状態のまま出るときもある。胃がしくしく、腸はもたれ、消化しない。西洋医療の対症療法で胃薬、消化在で、胃腸機能を支援しても。外見は体調すぐれて「気」が充満しているように演じても、誰もいない一人の瞬間、現実は体調が悪い期間が20日以上持続すると吐く息は「ものが腐るカーバイトの臭い」が始まります。
ただし、体調をよい領域に復元する時間を短くすることができる「気」の充実と、「邪気」の発散の訓練が出来始めると、睡眠が不足し疲労感の蓄積は「肝臓」に脂肪肝の増加が進み、ある段階以上で、肝臓機能が低下して、なんともいえない疲労感になったり、腎臓から血がでることさえある時でも、出張、出勤の移動の時間を分割睡眠時間として補充に活かす段階に入いれます。

環境の急変、想定以上の問題解決テーマの付加の時、脳へのプレッシャー量に応じた、西洋医薬と、東洋医療の自然治癒力の「気」の量を意識した、最適な治癒の方向へ向ける行動と持続的習慣化して体調をよい領域の下限(0+)以上に維持できる訓練をすると、20代で人生で体力が最大な時代、心身の破壊寸前までになった私でさえ、キチンと体力体調心身を復元し、五臓が身体にしらせる信号(各臓器の痛み、心臓のしくしく泣くとき、一人になると身体が動けないほどのだるさ、定期的の結石等)予兆を知らせを素直に聞き、会社の定期健康診断のデータの推移、お医者様のアドバイスを守りました。ただし、1年に数回自分の治癒力の限界を超えると、救急車で素晴らしいお医者様に最適対症療法処置をしてもらい、20代半ばでの心身破壊寸前までになり復元に3年かかる最悪の状態にならずに虎穴、断崖絶壁、梯子をとりはずされた窮地でさえ乗り切りれました。「気」の意識的増強で健康体・人が見ると強靭な肉体を演じることができる段階になりました。

「気」の充実、毎日ワクワクしながら未知の領域へ挑戦し、「天地に恥じない行動」と、「今日はなにかよいことがありそうだ」の未来の方向へ先行管理しながら今に徹する楽天さは、プラスエネルギーの増強機能があるようです。陽、プラス発想と、理屈は後から考え、60%程度確信出来た段階で行動し、スタート時検討不足の40%の不足をプロセスの中で気づくと追加し、現実が着実によくなる方向へ向いている姿を感じると「心」は平常心で想定以上の結果を生むパワーを発揮しはじめるようです。プロセスが順調に進行し、その結果は、想定以上の成功になる確率が高い。

60%以上の人は70%以上の確信要素探しをするため、スタート時間が遅れ、残りの30%以下の内容が次々と想定外として発生し、対策で時間をとられ、結果が想定以上に遅れ、計画期間内では想定以下で終わる確率は高い。行動すると、必ずその結果が出て、更によい結果が出る方向に、次ぎ次ぎとプラス領域への軌道制御が、短時間できる秘訣のようです。スタート時の想定以上になる確率は高い。行動(腰が軽い)をするトリガーである「気」のエネルギーは、帰納法の上限以上になり、演繹法の下限以上の中道になる確率が高い成功体験を多数体験しました。

左脳の機能、右脳の機能を、問題解決の最適なバランスで整合させる方向へ起動させる、制御機能も「気」と集団組織の人の「各人の気」が増幅る時の想定外の未来がある確率は高い。

●食物が人の生命維持し、年齢に応じて、その人が持つ固有の運動機能と健全度合、そのときの身体の総能力量の平均基盤(+-0)つくるエネルギー源です。

身体の総能力を活かし、本人の行動エネルギー「気」「邪気」の量により、行動のベクトルがプラス領域、マイナス領域へその強い波動が、傍の集団、組織で増幅され、人の未来を動かす力になっているようです。

食の安全基準(誰かが決めた仮説)のものは、体調を「陰」にする度合は、民族、個人の微差があります。
すべての人の体内臓器に毒素が累積し、細胞の突然変異「ガン細胞」が発生する確率がゼロではない。
その責任を仮説基準を決めた人に求めることは無駄な行動です。事故が10%以上となり見える影響になり始めて基準の下限数値を下げるだけで、関係者の自己責任意識はゼロでありマイナス領域の最低下限の規制法律と合法的なので、無罪であり、社会共通のルールで徒労の一つ。

食物は自己責任で、安全度を限りなくゼロにするためには、食物生産段階で限りなくゼロになるしくみで収穫し、食産業、各家庭のゼロで供給できるしくみシステムと人の熟練「匠」が必要です。

すべての生産物は、過剰X線被爆、原発事故のように、外部被曝として、環境破壊で、オゾン層の機能劣化による過剰紫外線量は皮膚を通して体内へ入るものを除き、直接生命に関わり、体調を陰にする要素は少なく、「「心」「人格」の陰陽と相関度はほとんどありません。

食物(飲料も含む)は口から体内に入り、すべての細胞の正常異常を左右することに気づくことが、農林水産業の人類の子孫繁栄の重要な要素であり、人類のための複合型食品産業に早期に日本の地域の過疎エリアから全員量総力型参加ができる業界であり、着手を急ぐときです。
 

 


 
□食物(飲料含む)は気の陰陽に関わる重要な要素
 

 食物(飲料も含む)は口から体内に入り、すべての細胞の正常異常を左右することに気づくことが、農林水産業の人類の子孫繁栄の重要な要素であり、人類のための複合型食品産業に早期に日本の地域の過疎エリアから全員量総力型参加ができる業界であり、着手を急ぐときです。

●食物が人の生命維持し、年齢に応じて、その人が持つ固有の運動機能と健全度合、そのときの身体の総能力量の平均基盤(+-0)つくるエネルギー源です。
身体の総能力を活かし、本人の行動エネルギー「気」「邪気」の量により、行動のベクトルがプラス領域、マイナス領域へその強い波動が、傍の集団、組織で増幅され、人の未来を動かす力になっているようです。
 
日本人の60%以上特に、地域を捨てる若い世代の急増時代、地域の方が安定雇用と自給が出来やすいことを気づかせ、狩猟民族思想を活かし、農耕民族としての遺伝子レベルのまだ残る強みをコアにした自己実現へ180度近い軌道修正の時が近づいています。TPPが定着し、日本民族以外の参政権ができる時代に入ると、現在の日本民族は、想定以上の短期間で、49%以下になり、多数決の参政権は、多数決を持つ民族の中で加速度的に混血が進み(日本人が外国人にある面で劣る男性が増加し選ばない女性の増加のため人類の淘汰の歴史の現象の一つ)ます。日本だけでなく、先進国も同じ徴候がはじまり、民族の多数が逆転に入った国さえ出てきました。「産業革命」は、農林水産業からはじまり、そのときの人類の最初の目的に原点回帰すると複合食産業の存在価値に気づけます。制御型人財が、自分の健康、集団組織の健康の行動基盤の方向は何が重点かに気づき、行動を事業展開一部に組込み、金融業界(実体のない仮想の業界)の左右されない損益分岐点以上の安定業績基盤を創ることを待望しています。適正規模で、人件費政策が腹八分目方式、個人の年収上限規制と、集団組織最適行動評価を60%以上のウエイトにすれば、普通の経営努力をする企業は黒字が当たり前の時代であることに気づくときです。食品産業は、高品質大量生産を維持するとき、どの産業でもある工程プロセスは、人海の方が想定外の低コストで高品質安定生産できるため、就労インフラ・地域の全員をふさわしい工程へ配置しています。大企業型の社員はリーダー層だけ、その他大勢の人件費はリーダーの1/3以下で、人数は10倍以上です。高額設備投資して省人化しても大事故再発頻度が高い分野は、人海により事故の範囲を狭域化ロット小事故範囲でおさめることができる基幹の作業(マニュアルレベルの業務(下限)で熟練度がプラスαとなり、社員の昇給金額の1/10以下で働く人に納得させている。人を自動制御ロボットとして活用する感覚が「もの」づくりの本流になったためです。食品産業の場合社員とその他の普通の人と、業務分野の作業、知識等の格差は少なく、熟練すれば、短期で普通の人が、超えて、逆に社員に指示命令しなければ、業務効率が下がる場合があります。賃金とは働く質量に応じた対価であるとすると、何か変では?
農業生産以外の食品産業は、設備投資効果を働く人の質量も換算して按分し、現場で働く人として均等化する時間生産性型管賃金理をすると、働く人の年収のとりすぎ。年収のすくなすぎを平準化でき、自社製品を原価プラスαで市場価格よりやすく購入でき、企業グループ内食品産業から仲間買いとして市場価格より安き購入できるとすると、地域の地産地消、働く人の食品外に支出できる金額が増加し、年収均等化で、各人の所得税の増収と、地域の第三次産業、地域のものつくり企業の増収になります。地域の法人税の増収になります。
黒字企業の増加は、地域の就労人口の増加になり、黒字企業になると事業先行投資のために現業だけで社員の人数と労働者数最小化戦略から1名以上の余裕人財を現業から未来事業重点業務へシフトできます。
(地域が活性化と若い世代の自己実現を満足できる就労先と、他業種のグループ企業で、グループ内人材交流の機会ができると、さらに、仮想の世界の夢が、実体社会の中で自己努力で実現確率が高くなるため、都会や、大企業の中で、地方学歴で、社内学閥の本流からはずれた優秀な人財を地域に戻し、地域の戦力化に言活かすことが出来る確率は高くなる。後輩も地域で活躍できる就労先が増加する。

 

 


□制御型人財は「気」の充実した日常行動を習慣化するとき






 

21世紀、実体社会の成功原理とは異なる、金融(実体の10倍以上に幻覚させる仮想価値がハロー・バブル・泡として過剰の増幅を続け、超富裕層が操る世界の中で、1名のどんな優れた一流人財のリーダーでさえ、すべての要素で最先端、最高レベルを維持し超スピードで乱高下するなかで前例のない未知の対応をする時代、最適に機能することは難しく、そのリーダーの過去の体験がない欠落した部分、しても、普通の人と同じレベルの場合、確信決断時、価値基準、基準が未熟な分野の問題解決は、普通の人と同レベルでするため、最先端、最高レベルの競合者には勝ち難く、生き残ることさえ困難にする場面がある確率は高い。
リーダーの不足部分をロボットの高性能義手のごとく黒子として、補完するその分野の制御型人財の数の意見具申が、優れたリーダーが最適な確信判断をした集団組織をプラス領域の下限(0+)以上向ける機能の発揮できる。

心⇒態度⇒行動⇒習慣⇒人格⇒運命⇒人生 のプロセスで、プラス領域量を増加させる、変化が自分の中にはじまります。
 


■日常自分の体調がよい、悪い現象はどうした起こるのでしょうか?
体調がよいとき悪いときで、業績の現場の実務責任者(机上の拠点長・重役等の間接行動量が多い人の体調のよい悪いは、業務の現場の実務責任者の見守りまかせる強制機能が強いか弱いかだけで、全領域の行動を制御する制御型人財の場合は、狂った判断も、あたかも正しい判断のように周囲に見せて正しく教導できるます。部下が動きやすいか動き難いが30%の人在総能力量の増減に関係するだけです。体制にはあまり関係がありません。ただし、上司・上長の指示待ち型の場合は上司上長の体調に左右され、その結果が良くなる場合と悪くなる場合があります。)確信、決断と集団組織の増幅的総行動量に増減と相関があり、起因した結果が想定以上に良いときと、わるいとき(普通の個人のよいときに相当)になります。個人の「気」の量が集団組織で増幅機能があるようです。しくみシステムが同じでも、人、集団組織が行動した結果はよい場合と悪い場合があります。「ものづくり」で人を排除し省人化した場合、想定外の上限機能を発揮する確率はゼロに近いが、人の熟練「匠」の数が、ある人数以上いると、上限総機能以上を発揮できる確率はナノレベルのものづくりでさえ10%以上の確率があるようです。逆に、機械より性能が低い人がある一定数いると、事故の頻度が増加する確率は高くなります。人の行動の質で、結果をよくもわるくもあるアナログ要素「人は信じてもよいが、人の行動は信じるな」現象がります。

◆体調が充実しているときは「何か修正の閃きがあり即断:強気・活力パワーを発揮」してその結果が良くなります。そのとき成功確率の高い方法を更に改善・変革するとさらい良い種を蒔くことができ、さらに良くなります。忍耐づよい母集団個別に納得
させる味方の増加を喜びながら柔行動で、上下左右、経営者経営陣でさえ、戦力に加え、彼らが表舞台でプロセス実績を見えるように演出し、経営者経営陣が、自らの実績に満足し、社員の評価が高まり、ブランド力、高い年収を得ることができる姿だだけで作戦の成功、周囲の全体最適で満足できる無意識状態の潜在脳さえ完全制御できる状態になります。今に徹して全能力を出し切った、完全燃焼は、心身が新たなエネルギーを短期間で湧き上がり、次の難局を超える「気」の充実を感じる段階になれます。

◆体調が悪いときは、関連した人、業績影響範囲の狭い課長段階までは、体調が悪くても模索の時間切れで見切りで迷ったまま行動をしていました。しかし想定以下の結果(普通の人の良いと評価するレベル)となりました。決断時の迷いは、結果の悪さ加減を良い領域に向ける方向の光明が見えず、もがいた決断は、類似失敗確率が高かい、ムダな時間頻度がたかかっり、ある失敗量の成功量が多い方法の累積量がある量異常蓄積が必要な数打てば当たる時代がありました。

周囲の影響度(集団組織の総行動量の増減にかかわる度合)の大きい部長職時代からは、即断せず1日寝て体調を整えて、回復できない体調の得は、許せるタイムリミットの1日前でゆったりと思考し決断しました。「弱気・迷い・どしゃ降りの雨の最悪の結果ばかりが湧きあがる(右脳優位)」自分の捉われ思考から離れ、一呼吸「間」の時間で、再度冷静(左脳)に、可能な期限まで、体調(睡眠)を整え、無から組立て直し、シミュレーションを繰り返し考える実戦を想定したプロセス思考により、よいと思う方向に決めて決断しました。想定以下(普通の個人のよいと評価するレベル)の結果の場合、方向、要素分析がまだ想定の壁を超える総能力量が不足していただけの必然の結果であることに気づけます。さらによい方向の光明への軌道が、行動した起因の段階よりも明確に総能力量の増加が見えることに気づく自分がいました。同じ失敗の再発頻度は少なくなり、何か一つは必ず成功確率を高める要素が付加してあるので、更に付加を追加すれば一歩一歩レベルアップができます。成功確率は着実に増加しました。その段階になると体調の不調を理由に自己弁護し実際の成果をマイナスにし減少させた人の責任追求したくなる煩悩を断ち切り、その人の行動の欠点を事前に予知できす、能力不足の補完ができなかった原因自分論で割り切れる段階になりました。失敗した本人が人材なら気づき、次に言わなくても、不足部分を補足する人が多い。個人の失敗を追及しないので、次回の「気」充実行動になるようです。(人在、人罪は、何も言われないので、無事終了で、自己責任が低いため、基幹部分から、成功失敗に影響が少ない部分で、勝手に行動してもらい、プラスに貢献すれば儲けもの程度の人とした方が、本人も結果の双方にプラスになる確率は高い。

先行業績貢献の予実績のブレ(差異)は少なくなります。常に一歩一歩高くなることが感じられるようになりました。人は仮想の神仏は運を開き、数値傾向と確率の世界バイオリズム・ホロスコープ・方位、占い等のように、自分で制御できない何かの力で体調の好不調、行動した結果の良い日悪い日があるようですが、他力に依存すると改善修正すべき方法は永遠に観えません。自ら決して行動した場合、謙虚にその結果を評価し、さらい成功確率を上げる工夫と、挑戦エネルギー「陽の気」が充実するプラス領域方向へ増量する機能が人にあるようです。逆に他人責任にして、要領よくその場を回避したとき、現在より、成功確率の高い行動方向ゼロ、今度はさら良くしたという「気」エネルギーの充実もゼロ。自分の成長の機会と時間を無駄に浪費するだけでなく、他人批判をする「陰の気」が働き、成長が止まり、退化の方向のベクトルが増加してくるようです。 

○毎日その人の体調のプラス上限(快調度・爽快度等)は有限ですが、下限は身体破壊・死=0まであります。人は0〜上限の中で毎日体調は変動しています。身体の上限を今より高める訓練と、その日の体調にふさわしくプラス領域の判断をするために問題解決できる壁を超える行動の総エネルギー「気」の量を自己制御できる年齢に応じた生きている期間、訓練を持続する必要があります。高齢段階に入ると、人の保有する基盤エネルギーが減衰しているため、若いときより、より自分にふさわしい「気」の不足の量を現状認識して、必要時に瞬発型(短時間)で発揮できる訓練が実戦の場を想定して必要になります。若い時代の長時間浪費ムダの多い非効率な思いつき行動では、高齢段階では高次元のレベルを維持する場合不可能のようです。70%以上の人はピーク時の確信決断の切れが衰え、まだ成長段階のエネルギー溢れる若者と比較すると、以下で、時代の潮流より、過去の原理原則(よい領域の最低基準の常識)で、「何か変」「焦点が甘い」確率は高い。

ピーク時のキャリア・ブランド・資格が更新されない過去の履歴のままの人、その後過去の実績とは異なる今の環境適応ができているかをチェックして、泡、ハローで偉大に見えても、まず現在の泡、ハロー効果をゼロ化して実体の姿を観(診)ると大人型子供レベルまで退歩し、多くの人をマイナス領域へ向ける老害、晩成を汚す人罪が多数輩出を始めるのも必然の因果のようです。人は「気」の状態で「心」「人格」がその瞬間の確信決断した行動は、気が充実していた時代と、プラス領域の維持、保持の価値基準、行動基準があるなしでマイナス領域の行動を昔の名前でする人がある現象は、普通であることに気づく必要があります。

若い世代は、プラス領域の方向を常に見極め、情報氾濫、ブランド・ハロー型の情報知識が氾濫する中で正しい人生を過ごし、傍が楽む共に豊にできる自分が変わるための「気」の充実を突破口として、自分の心を、今に徹して「俯(ふ)仰天地に愧(は)じず」の行動(よい種を蒔く)をしてさらによい結果へ人・集団・組織の軌道を歩む人の数を世界に必要数輩出できる制御型人財へ成長されることをを待望しています。

若い世代が正しい子孫を育てることができます。わが子を21世紀で最適な健全な身体と健全な精神と常に未来へ向かってプラスαを付加し続ける「人の尊厳」「過大に発達した脳」をプラス領域で活かす人の数を60%以上にすることを目指しはじめる「分水嶺の時代」に入ってきたようです。

 

同じ自分でも行動総能力の強弱により強気・弱気の行動に影響する何かがあるようです。健全な「体調」に「昨日よりは今日、今日よりは明日」て何か確信決断を正しく誘導してくれる「何か」がある一つのようです。


■集団組織が安定期のリーダーは、本流の中で総合型、専門型制御型人財は、リーダーの黒子として柔型行動でリーダーが、プラス領域の方向に軌道を向け続けるための機能発揮を待望しています。

今の選ばれた1名のリーダーを全員がおみこし担ぎ、時代の潮流の乱高下の中で、勝ち残り、儲かり続けるために、プラス領域の方向へ、ひまわりのように、軌道を修正するリーダーの黒子(実質の現場の総行動量を最大化する役割の制御型人財、企業を先導するグループである経営幹部、拠点長、役員、社長が全社最適、最大機能発揮のために、社長重役拠点長と先導グループの60%以上の人がそれぞれの影響範囲の社員を軌道の上限下限の範囲で動かせるようにする。先導グループは自分独自の価値基準行動基準で、成功体験を積んでいるため、型クセがあります。その弱点と強みを柔型行動で推進する軌道方向を納得させる。ただし、「虎と狐」の原理、虎群を60%以上制御できれば、虎の威を借りると狐はは逆に狂信的の推進者に変わる場合が多く、制御型人財が自力の量は少なく、全体最適のプロセスコントロールででき、社員の中に、多くの狐人材がいるため、虎のご威光を全面に出せば柔型行動の方が想定以上の速さで全社60%以上にできる確率は高い。
21世紀のイントラネットの幹線要を抑えると、逆にブレーキを掛けながら、建前と本音行動群を日常日報で正しく選別する時間の間が必要になります。30%以上の、各部門の先導グループの総能力量の現状認識を正しく把握することが、成功軌道に乗るための基盤です。

●専門部門型制御人財は3倍速以上の行動量、総合型戦略プロセスコントロール型制御人財は5倍速以上の行動量がすべての現場で発揮し、企業の先導グループ(経営者、重役、経営陣、拠点長等)の60%以上を、経営者(虎)の威光を活かし、動かし、納得させ、プラス領域の軌道の上限下限内で行動させ、関係する部門の社員の60%以上が動くようにさせるためには 体調良好で「気」の充実を毎日できる訓練と習慣化が必要です。また、家庭が、1日の疲労を、健康体に復元する「気」の充実、充填の場のする必要があります。
家庭が、1日の疲労をとり、身体の機能を完全復元させ、次の日の気が充満するスタートのなるように、家庭が楽しくワクワクする健康家庭づくりと、家族の子育余裕が、子供のよい・わるい、好き・嫌い、はい・いいえ等の人格基盤が広帯域でプラス領域を基準に育つ確率は高い。食の好き嫌いをゼロにして、すべて美味しく、生産者に感謝する基本姿勢が身についてくると、食べるものの大部分が、「ボディ」の身体エネルギーとなり、「気」が「陽」の量を優位にし、そのエネルギーの充実は行動量を多くし、明日のさらに充実が期待できる知識智慧の増加と、集団の中で、自己マインドを最適に活かすと集団増幅行動になり、その結果が想定以上になることに気づく感性が育つと、大人になった時大人らしい人間の尊厳を正しく発揮する人の数は増加し、「大人型子供」の数が減少をはじめる確率は高い。


 

 

 

商品一覧