開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

左脳・右脳のコア、強みを活かす

■左脳・右脳のコア、強みを活かす         120312

「脳構造機能」「心構造機能」を正しく活かす>左脳・右脳のコア、強みを活かす




 プラス領域の総量60%以上育った「心」「人格」が人が集団・組織の60%以上を
占める本流になると、その人の欠点短所(マイナス領域)が行動させる残りの
40%以下を占めるマイナス領域の行動方向(ベクトル)が「浮き草型行動」をする
40%以上の人を集団組織の巨大な増幅パワーによりプラス領域方向へ制御
できる確率は高い。

自分が変ると、周囲がかわりはじめ、「よい種を蒔くと、素晴らしい収穫がある
確率は高い」。日常行動をもうちょっと、よい種を蒔く行動へかわり、集団組織
が変わりひじめると柔・剛整合最適バランスの総行動量によりをふさわしい人間
の尊厳行動量が増える確率は高い。

◎脳を制御し確信決断し、行動できるのは自分だけです。傍、集団組織は
間接的な制御の機能しかありません。傍、集団組織の制御を「はい」「いいえ」
の2択を選び、最終的確信決断して行動するように脳に指令することができる
のは、自分だけであり、自分の行動は、自己責任があり、人としての尊厳に
ふさわしい行動をしたか、その結果がよかったかは、自分が蒔いた種の、結果
です。
ただし、自分の脳機能が異常な行動に外部から多様な方法でできるます。
・脳の自己制御機能を破壊したり、弱くする方法、食品薬 ・催眠 ・「思い込み」
等マイナス領域の人が必ず存在し、マイナス領域で奈落の底まで、死さえ誘導
する先人の事例は豊富にあります。現在、未来も継承する人は続く確率は高い。

自分が意識行動優位のとき無意識行動優位の現地現場でもプラス領域の最下限
(0+)以上の行動量が多くなるように行動が出来るように平時訓練して習慣化し、
人格の中に刷り込こむことが、21世紀のプラス領域の行動ができる人のようです。
その結果、人の子孫繁栄の方向への行動基盤となる確率は高い。

自分(あなた)が右脳が優位な人か?、左脳が優位の人か?現状認識を推奨!

どちらの価値基準、行動基準が優位かその人の現実・実体行動を観(診)ると、
その人の次の行動予測がスローモーションのように見えてくる段階が来るよう
です。

人は「心」・「人格」が確信決断し行動するため、集団組織の人の思考帯域分布
の法則により、その人の増幅した行動結果は、プラス領域かマイナス領域へ偏差
値人数が分布し、平均値を中心に個人の行動の70%以上は、その人が属する
リーダー行動様式が優先され、プラス領域量の方か多いか?マイナス領域量の
方が多いか?どちらかの領域が鮮明になるなる確率が高い。
人は、身体が波動(気)を感じ、集団組織が「共鳴・共振・共働」する増幅行動の
原理が電波現象パターンと似ているようです。ネット機能にはトプラー効果も人
にある現象が観えてきました。

リーダーとリーダーを補完する実体行動のリーダーであり黒子である制御型人財
群の方向がプラス領域の多い人か、マイナス領域が多い人か、ブランド、ハロー、
バブルを極小にして本物人財か、贋作見掛け倒の人(人罪も含む)かが、集団
組織の実体総行動量を決定するようです。

この視点に立ち、あなたの周囲の人を分析すると、おぼろげに人の行動様式の
実体が観(診)えはじめ、自分が徹底的に変わる行動をしていると、くっきりと
不思議に観(診)る、感じることができるようになるようです。
誰がリーダーで、誰が師事する先生(真の人生の師とは別次元)かで、思考の
上限と下限が決まり、その中で行動し、一部その範囲外の人は排他・破門される
現象があり、集団組織の過剰行動を牽制する人機能を失い暴走の段階化はじまる
確率は高い。悪い結果がでるまで気づけない集団組織現象は、過去の歴史の中
に豊富に起こる行動と類似しているようです。

1万人以上の優れた価値基準、行動基準を持つ多様な分野の素晴らしい人財や、個人集団組織を
最適に動かした今に徹して着実に成長する経営者・経営陣の視点で業績貢献国益、富国殖産に
貢献した税金を多く払い続けることを目指す地域の法人会のリーダー経営者に多数接し会い、学び
間接的に人生論、自己啓発、第三者の少し偏向した部分もある伝記等個人の人生プロセスを分析
し続け、実務処理、行動総量を普通の人の3倍速以上を習慣化すると気づける不思議現象の一つ
です。

普通の平凡な人でさえ、今に徹し、与えられた当面の仕事に一つ一つ成功体験を「はい」で全知
全能で全力行動し、その結果を他人評価に幻惑されないで、クールに実体そのまま現状認識し、
更にプラスαを付加し、成功確率と、成功量の増加を目的に、そのとき「わからなかったことを、
先人の知識知恵を借りて少しづつ分わかる量を増やす無限に続く行動」をする。常に社内の最高
レベルのノウハウにプラスαを付加する常に上を観る価値基準で行動し、気になる自分以下の
通った道が未知の道の多数の人と比較し行動の質の不満、教え屋、指示命令屋(前に進むパワー
が必ず減衰し推進パワーは減衰し、退歩現象さえ出る)になりたい自分の煩悩を断ち切ると、
経営コンサルタントであった幸運で、ほとんど全業種全業務をやらされる機会に恵まれ、経営コン
サルタント会社の社内の内部改善コンサルタントとして、その会社に前例のない未知の分野解決の
解決プロジェクトメンバーの一人となれました。その成功事例は、クライアントの経営支援のための
成功確率の高いモデルであり、創市場創客の業績業績責任も兼務していましたので、その成功
モデルが、経営者経営陣、幹部、部下、新人まで浸透するプロセスと、浸透させない人が誰かを
現地現場で多数の同僚経営コンサルタント(中堅以上のキャリアの人)を介して多数体験できました。

すべての人は1日が24時間と平等です。普通の人の総行動量では時間が不足し必要なので誰でも
共通に幹部が必要とする日常の基本動作(反復繰り返し業務・行動)を、一人で3倍速以上を実現し、その業務の2倍速以上の人を最大の協力者にすれば、最高速度5倍速以上も可能なようです。
「必要は発明の母であり、自分に必要な時間を創る機能は多忙になればなるほど湧き上がるように
最適な知恵が出てくるようです。
普通の人は、なぜいつも平均以上の業績貢献をし、拠点長の確信決断する現場への指示命令の
下案(黒子)をいつも担当するのか不思議なようですが多数の兼務業務(他の人・中堅幹部が短期で、
健康を害し体調不良、家庭問題を理由に退社頻度が高い業務)は、普通の人は、自分の分野以外
普通何をやっているか見えない業務のようです。人は、業務に直接無関係な人には見えても見えず、聞こえても聞こえない現象があるようです。(脳の総情報量選択圧縮機能の一つ) 
サービス残業は12時から1時まで、帰って家庭で必要期限業務をするために徹夜も多く、9時始業
ですが1時間半の通勤時間で睡眠をとり、7時前出勤しその日の重点テーマをスピード行動する準備
とリハーサル、段取りをし、8時までに出勤した人だけに、各分野の仕事の調整を個別にしていました。
自分だけは、すべての人に1対1で関係する業務がありますが、他の人は、一つしか関係ないため、
関係する1つの解決のプロセスを進める方法なので、自分に「得」と判断した内容は、想定以上に
協力し、「損」「得の少なく時間がかかる」は、想定以下、やらない人も多数いますが、協力してもらった
量だけ、他人の時間で同時並行業務ができて、自分が得する現象があります。
その人のその日の業務に組み込むと、手伝うと結果評価で得になるように納得さるため、他の人を
通しての業務が少し前進します。(やらない、やれない人は、上司からの指示命令方法でやってもらい
2度と直接依頼はしないことにします。期待しないと決め、やってこれたら儲けもの、期待はずれの時
湧き上がる不満が少なくなります。土日サービス出勤し、対外からの連絡取次ぎと各人への連絡
代行で、緊急テーマの処置の成功事例を学び(経営コンサルタントなので土日は緊急連絡や経営者
経営陣からの連絡が多い。サラリーマン幹部からはほとんどゼロ)と、過去の診断書、カルテの読破、
自分以外の経営コンサルタントは専任のため、業務時間内で社内外で問題解決関連の探し見る時間
が豊富にありますが、1日の中にその時間はゼロのため、集中事務作業(普通は、人に時間をとられる比率が60%以上)に使用していました。1日の時間を最大化する行動を習慣化する工夫が必要条件です。私の時間創りの事例のように「窮すると湧き出る」現象を「脳」が行動指示をしてくれるようです。
本社から主張してく多忙な業績貢献度の高い重役は 必ず始業1時間以上前に出勤します。
拠点の日報で各部門の業務履歴を短時間でみて、発生した問題点、処置の結果を確認し、多数の
一般紙新聞業界紙を出勤したらすぐ閲覧するため、出勤前に準備します。普通は、総務部長や担当
女性の業務ですが、たまたま遅る頻度が多く、代行しながら、社長、専務、常務の仕事ぶりを、
1日の準備をしながら、拠点長、部長への指示命令の声を聴きながら重要な要の確信決断に関係
する業務を3倍速、4倍速と加速する方法を学ぶことができました。飲み物を出す基本動作も、新人
時代からしていたので社長、重役への対応は「秀吉と三成の茶」行動がお客様への心配りは何か
わずかな微差の基本動作を習慣化して、力まずしてできるように、他の人の5倍速以上で処理で
きるしくみ、担当女性、総務部長が重役社長より遅れることを想定していつも事前に前日準備して
いるため、来るこないに関係なく、日常の流れの中で自然に追加行動もできました。
目的を持って出張して来た、社長重役が、始業前、始業直後、その後の行動を自分の業務を遂行し
がら学んでいました。課長時代からは、拠点の専務、取締役、拠点長、部長の実務の黒子なので、
頻繁にそれぞれのテーマ解決の指示と結果報告の場に同席させられ、一気に問題解決すべき
デーマが増え、社内の全体最適業務配分の内容担当者人選の案を上司に提出し、指示命令は
上司がしますので、その実務のプロセスコントロールと期限管理をし、遅れそうな場合は、配分
担当者(提出案の人)の遅れのクセを補完支援、バックアップしましたので、上司の評価は高く、
若い重役や、現在専務常務取締役に昇進した人が多数いました、現在もいます。

自分の想定外の成長は、すべて集団組織の行動の中で育てれてられる方が量がはるかに多い。
自分ができません、やれませんと「いいいえ」と自分の「脳」の総能力、器を小さく小じんまりと決める
よりも、集団組織の人から学び、その人達が、個人のその時の最大能力を発揮させる支援をすれば
自分も、さらにせいちょうできる、自分が人により育てられていることに気づくときがきます。

「脳」は「いやいや、やらされる」と感じると湧き出る知恵を封印し、逆に仮想の煩悩、嫌いを増大し、
体調の異常さえ起す機能があるようです。「はい」と今に徹して行動すうrと、「脳」とその起動の{気」
や行動を推進するエネルギーが想定以上に湧き上がるようです。傍、周囲の人が多数「はい」の
テーマ解決のヒントや、成功確率の高い情報を提供してくれているような感じになれます。
よう種だけ蒔くので当然収穫量は想定以上になる成功事例の累積の扉が拓くようです。

集団組織の触媒(カタライザー)の役割、化学反応の触媒と同様、集団組織の成果結果は、人の
組合せの化学反応と酷似しています。触媒機能を、必要なプロセスで機能させるだけで想定外の
よい結果がでますし、触媒役割の人がいない場合、想定外の悪い結果、マイナス領域(事故等)の
発生頻度が高くなる場合もあります。(特に経営コンサルタント(企業の医者)が総合病院としての
機能を発揮する、拮抗する専門医の集合体の場合、よい悪い結果の差は明確に見えます。

日常業務の中で最悪を想定して実践的訓練をし、習慣化し体得すると、人は不思議な能力が湧き出る
ように頭から多様な知恵の泉が湧き出るようです。女房が、目をつぶると3秒でいびきをかいている。
遠距離出張の移動は熟睡睡眠時間、到着駅の10分前で必ず目がさめる習慣をつけるとできるように
なり、初期段階は30分前に必ず起きて本を読んだりしていましたが、1度も寝過ごしはありません。
人には意識・無意識を整合させてコントロールできる何かがあるようです。決めた通りに行動させくれる何かがあるため出来てしまうようです。
傍の誰にも見えない努力のごほうびを「何か」が与えてくれている現象があるようです。
「四面楚歌」「断崖絶壁」でも「天知る、地知る、我知る」「腑仰天地に恥じず」に今に徹して行動すると
人には想定外の未知な最適な「火事場のバカちから」が発揮できる能力が誰でもあるようです。


◎左脳、右脳の価値基準を構成する明確な違いのクセ、行動基準を構成する
明確なクセの違いをパターン化すると観(診)ると「自分が変わる」方向が見えて
きます。「自分が変わる」と傍の人がかわり、属する集団組織が「プラス領域」の量
を増加させる増幅機能のトリガーになる確率はたかい。

自分が一人「プラス領域」を多く行動しはじめると、周囲(構成すする人)が変わり
はじめたことに気づくときがあります。制御型人財は、机上の仮想空間活動を
中断し実体社会の現地現場で行動量を増やすことを待望しています。





「脳構造機能」「心構造機能」を正しく活かす

◎「左脳・右脳・小脳・脳幹の機能の違いを知る」

◎よい「心」の総行動量を「気」により増加


◎「長所を伸ばし短所を抑える」

◎「自分が変る原理」

◎「世界観で自分の行動をもうちょっと変える

○「人材と人財とは同一情報の中味が違う」
○「実戦力と地頭力」
○「着実に人財へ成長する力を活かす」
○「智慧本の活かし方」
 

 

更新 2012.08.02








1「左脳」「右脳」のコア





































 

2.「右脳」の4つの機能



























3.波動言語
(テレパシー)



 

4.速視、速読







































 

5.人間の細胞が波動を受けるしくみ



































 

 

 


6.左脳優位、右脳優位の人の行動基準
あなたはどちらが優位ですか?あなたの属する集団組織の決定パターンはとちらが本流ですか?
 
いままでの常識や過去のパターンが通用しない急激な変化の世界の中で、マニュアル、教科書、前例に沿って物事をす進める左脳優位型だけでは、新しいことを発想し、創造性を発揮して行動していくことは不得手で右脳を優位がこてからの方向だと「思い込む」人が、60%を超えてきました。
「脳の研究」「右脳の幼児の未成長段階の神童的部分」「個人の超能力」極端な思考基準の過剰反転と、
ネットによる仮想空間の超拡大と、金融経済(実体のない仮想、小さい本体を巨大拡大するブランド、ハロー、
泡)で、人の時空間の中での実体行動結果と仮想の世界の実体のない結果(実現期間と実現のためのプロセスがない、「ローマを明日できる」感覚の現実感の無い人が、現実の乖離で、マイナス領域行動が世界で見えるようになってきました。(すでに10%以上の若い世代から、現実と仮想の区別し行動制御が自力でできないようになってきたようです。制御型人財のあなたから、左脳右脳の機能を整合バランスさせて、人が本来持っている「人間の尊厳」を発揮するために全脳の力をプラス領域で引き出すことが必要です。

◎過去多くの右脳優位の個人では超人が多数輩出しましたが、なぜ実体社会、集団組織での中で、プラス領域の多数の実績を残したいないのでしょうか、逆の左脳優位の行動をする先人の方が集団組織の中でプラス領域の結果を残してくれたのでしょうか?

実体社会は、左脳優位行動70%以上 右脳優位行動30%以下で、行動基準を組み立てる方が、実体社会
での個人、集団組織の行動結果が、プラス領域量を多くする確率が高いようです。
・右脳は事業プロジェクト計画の60%作成段階で切捨て、行動し、プロセスの節目の結果で、計画との差額対策として、右脳を新たな価値基準視野視点の段階から働かせ、60%段階で切り捨て、行動をする繰り返しの方が想定以上の結果が生れる確率は高いようです。
 


    左脳優位行動基準(帰納法思考)


 右脳優位の行動基準(演繹法思考) 

●言語がメイン 
コミュニケーションで説得納得、ディベート・論理
集団組織、民族ごとに共通の波動を言語化して抽象から多くの人がわかる目的で具象の文字が発達しました。
文字は、コンピュータ内で世界の言語のほとんど言語間変換ができます。世界の人類の祖先は一つの共有したコミュニケーション(言語以外の何か)が脳の中に組み込まれているようです。

 


●イメージがメイン

映像、五感、ブランド、同じイメージでも中身が多様
実体行動の時、多数の価値基準が拮抗する
実体現実化の具体的プロセスがない。
仮想の時空のない、実体の無い世界であるため、その人の妄想で、小説、映像等の仮想空間の世界で何でもできるその人の潜在能力発揮の場となる。
潜在能力にあるものが表現されるだけで、実体の中で行動したことのあることや、成長過程の中で蓄積しないしょうなプロセスは言語、映像化できない確立が高い。
 


●理性重視で論理的
プラス領域へ、欠落したり、未発達領域をプラス領域へ軌道制御すれば、現在より素晴らしい実体社会が拓く確率は高い。
・帰納法の軌道を、演繹法でプラス領域へ少しづつ時間軸で行動し変える必要がある。
20世紀の実現スピードが、21世紀は倍速以上になってきた分野もある。

・情報公開の質が、理性価値基準でのプラス領域から、世界最適の視点から制御しなけてば、価値基準成長レベルを無視した「感性重視」の多数決方法、人類混沌、不安定世界の出現になる確率は高くなってきました。その国の60%以上の民族の集団組織行動を、プラス領域へ制御するためには、「自分が変わり」傍の「一人から変える」ための「覚醒・意識行動優位」にして人の尊厳は何かからの共通する価値基盤を育てる時期が来ているようです。
 

●感性重視で本能的、煩悩的 
・好き嫌いが優先し、子供でも真似る1発屋の大人行動を喜んで真似るが、子供は成長すると2度とよい行動でないと真似ない現象がある。
・ネットの瞬間湯沸かし器的行動の増幅現象
・大人型子供行動は、その後の成長量が少ないので、規制法律遵守の集団組織を離れた人は、「してはいけないこと」さえ無意識行動できる。(意識衰弱が理由で何をやっても法律で極刑にはならない時代の普通現象)
・「思い込み」を覚醒するまで何が起こってもおかしくない。
・初期徴候は 音楽、虚像の人への集団的熱狂、合法的金融博打の掛け金上限制御不能現象等
合法的資金源カジノが貧困層のどんな想定外の行動の頻度増加がはじまるか?
まだ20世紀と異なる潜在脳がどんな未知の行動をはじめるか、個人、集団組織で?
 


●分析と計算で行動する

分析と計算は、その数値の演算根拠を人が仮説決定する確率の世界、60%以上のウエイトを占める少ないパラメターの設定で、真実はマイナス領域の数字をプラス領域であるかのように、必要なパラメター抜くとなることを知りながら「知らないで」CPで見える化し、意図的に右脳の「イメージ」確信決断をさせる機能があります。分析、計算の結果だけを見るのではなく、ブラックボックスの中の、条件設定、演算、解析の確率計算等、制御型人財は、手計算で大極の精度を確認して、結果の補正をすることを待望します。

多くの条件設定、演算プロセス、評価の確率演算の根拠がない分析ソフトは、遊びのゲーム感覚、経営模擬演習と捉え、実戦結果との乖離傾向と、しの起因の相関分析すれば、正しくないソフトをより精度の高い、自分のソフトとして活用できます。人と違い、正しく間違うので、自分流補正し、他の補正根拠データ資料の源流数値を抑える方法を実務家には推奨。

・現実の現象を数式化したもには、条件設定と、信頼精度のある範囲があり、その他の条件では、誤差が大きい場合があり、数値の図表の傾向はどの表示を選ぶかで、逆の判断になる場合があります。
桁数も、一番精度が低いもので、最終結果は決まります。コンピュータの桁数遊びは分析の信頼度とは別次元のムダ行動の倍があります。




















 


●直感で判断し行動する
10歳までに仲間、学校、家庭、映像メディア、大人の後ろ姿で構築された「好き」「嫌い」「傍が困ると面白い、愉快感」の潜在脳(煩悩、本能領域)の基盤が育ち、後天的な属する集団組織のルール等で自分に「損・得」「危険・安全」等でさに付加され、個人固有の価値基準の無意識領域人格基盤(意識したときの言語は詭弁的論理が多い、食べ物の好き嫌いと酷似した不思議な理由)
広帯域の感性が平均以上に育った人よりも多数化してきたようです。一部の領域が6歳までに欠落したり、未熟のままの大人に、欠落したり、未熟な部分を補完する組合せを強制的にしない限り、ある方向へ偏向した直感行動「浮き草行動」が、目的的誘導で多数決を決めることが出来やすくなった。真の全体最適の多数決の目的が、人工的偏向の時代の徴候が見える段階になってきました。
・「好き」「嫌い」を冷静の左脳で制御し集団組織最適にふさわしい行動がどうか制御できる行動変え、態度を変え、習慣を変え、人格をプラス領域が多いように制御する教導が必要になりました。

・「熱ものにこりて、なますを吹く」行動があります。
特に赤字拠点の幹部は、前任者の大口顧客が競合他社へ変わり、幹部が、最初の訪問で、強烈な文句や門前払いを受けた経験で、100%大口客はもどらない、新人がよい顧客情報ニーズの情報を持ち帰っても、行っても無駄と、離れた客より、新規を開拓させ、
自分は、大口継続客を担当し、楽に目標数値を超え、新人は、慢性的に赤字、負けるから弱くなる、前任者の地方の場合評判が悪く、成約しない日報が多くなります。多くの情報は横に置いて、白紙で大口客の経営者重役に10社以上面談し、言いたい不満を聞いていると、好き嫌い現象の真因が見えてきて、その条件以上のプラスαがあるように組み立てなおし、未来の業績がプラスになる確率の高い分析、数値と見える化ツールを併用する。(左脳を優位に納得させる)
地域のオピニオン型大口企業が戻ると、「好き」にかわり、最強のオピニオンに変わり、経営者が満足する経営陣の数を成長させると、その経営陣が、自社幹部、勉強仲間の企業まで紹介が始まる不思議現象がでてきます。この段階にならば、社員を徹底的にプラス領域行動量と、小さい成功実績(成功の演出)を習慣化した後なら、その中で優秀人材から引継ぎ、人財化させる見守って任せ、プロセスの節目で影でフローすれば、まかせた人で安定成約確率は高くなります。赤字拠点で暗い顔の同じ人が、自信満々で行動することがなぜ出来るのでしょうか?
 


●計画的にコツコツ順番に

・一人の人の行動は、そのときの時間で一つしか行動できません。次の時間に一つ行動し、時系列の行動の連続がした一定時間後の、実体の変化が鼓動の結果です。必ず、行動をはじまると、周囲の環境条件が変化するために、何かが、前の時間と変化し、そのことが、今と過去との比較で結果となります。

・行動しないと、実体の変化はゼロであり、過疎の世界は、現実は何一つかわりません。

・人が「同時へ並列に一気に進める」行動をしたいとき、3人以上の集団組織の中の人を計画的に動かす必要があります。3人以上の場合は、10倍以上の総能力量に増幅した行動ができる確率は高い。

・2人の場合は、優位の1名が、他の1名のプロセスコントロールしなけらばならないため、拮抗したレベルの2人の時だで、同時行動ができます。5倍以上の総能力量を増幅できる確率は低い。逆に、他の1人が、マイナスベクトルを発揮すると、1以下であり、ゼロ以下になる確率は高い。人のペアは60%以上マイナス現象があるようです。
 

 
●同時に並列に一気に進める

・現実処理に必要な時間・空間がないために誰でも仮想空間をその人の顕在、潜在価値基準で仮想行動ができます。地球の滅亡さえ現実化させる人も成長してきたようです。

・現実化する場合は、自分以外の集団組織の人を潤沢な金や利権などのその集団組織が得と判断しやすい実体の中のものでそ集団組織内の人を動かすことができます。

自分の行動基準がプラス領域優位か、マイナス領域優位かにより、自分が描いたように何でもありの想定外に増幅した結果が出る確率は高い。

その集団組織は、固有のの価値基準、行動基準で動くため「得」と判断した場合は、自分が制御できない行動が頻発する確率が高い。集団組織の中にプラス領域へ軌道制御できる制御型人財が必要数育つまで制御不能集団組織現象がはじまります。
安定期の実現が長期かかることだけは、過去の歴史の先人が教えてくれています。
 


 ●きっちり正確が得意

・実体社会で行動すると、必ず結果がでます。
「よい種を蒔けば、よい収穫があります。」「逆もあります。」
 ・人の想定内結果だけでなく、事前検討パラメターの重要因子がその時の価値基準に含まれない多数パラメターのために、想定外の結果が発生します。
想定外によい場合と想定外に悪い場合があります。

・その時の想定外のパラメターで、よくした要因はプラスαとして付加し、マイナス要素は、標準の中でしたはならないことに加えると、次回は、想定内の要素が吹かされ、より成功確率が高くなります。

・「昨日より今日、今日より明日」と今に徹して、きっちり、因果分析をし、多額の費用を掛けた調査結果が「人災が原因」という次元の必ず大きい想定外の事故が再発する確率が高い行動はしないことを推奨します。実体は人が行動したから、結果が起きます。すべての実体は人しか変化できません。


















 

 
●まねる成りきるが得意

実体のない、映画のセットの中で、仮想の中でらしく演じ、子供が大人の行動を真似したり、大人が1発屋芸とし幼児子供行動を真似たりしたり、役者もどきの人が,、高学歴者の就労の場として見える化してきした。実体の行動がないため、イミテーションの人が、実体社会の価値基準もどきを演じる人が増えてきました。
実体はマイナス領域優位の人でも、人に見える場はプラス領域優位の人をまね成りきる現象が増え、見える人の数が10%以上を超えてきたようです。
演じる映画のセットの裏側、人に見え難い隠す部分に接したとき、家庭内DVもしかり、同棲して気づいて逃げても手遅れ現象があります。

伴侶を選び生涯添い遂げたい人は、自分のその時の成長段階で描くよいと思い込む仮想(表の建前の姿)と、時間経過後の現実の実体に冷静のもどると別人にみえる(裏の本音の姿)に戸惑う人の数が30%を超えてきた時代になりました。表と裏、本音と建前を演じ分ける人と 本音建前が一致した、中身の充実した人とを、見分ける真贋の眼は若い世代には未知の選択領域ですが、中流家庭として健全な家庭生活をしている親、伴侶、子供、孫がいる上司や傍の先人の目で昔の仲人役(ISOの第三者審査方式)のようにキチンと、裏の姿の徴候をチェックしてもらい、双方の両親、親族、縁者に祝てもらい覚悟の結婚そし、待望して生れる子供、健康な子孫を残す目的で家庭を大切に明るい、夫婦が輔翼(ほよく)する家庭の方がプラス領域の人士が多いようです。結婚前の動物行動は、できちゃった婚は、子供の基盤に欠落したり、不足部分がある確率が高く、人生のマイナス領域拡大要素にならないことを祈念しかありません。

ネット社会は、成長過程を見せない、今だけの姿を接点とし、現実行動とは異なる理想化したイメージで「まねる成りきるが得意」世代の増加してきました。意識して、本物の人を選ぶ眼を磨き、贋作、もどきの人を本物と錯角しないための気づきの訓縁と習慣化が必要な時代になったようです。
 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

商品一覧