開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

左脳・右脳・小脳・脳幹の機能の違いを知る

■左脳・右脳・小脳・脳幹の機能の違いを知る  
                                                                                    120312

「脳構造機能」「心構造機能」を正しく活かす>左脳・右脳・小脳・脳幹の機能の違いを知る




 

左脳、右脳、小脳、脳幹の機能の違いを知り、日常プラス領域の総行動能力を
増加させ続ける目的で「自分が変わる」ためは、日常行動を正しい方向へ制御
する習慣化を身に着ける方法も一つです。

成功確率の高いベクトル方向を探しの価値基準、行動基準を「人間である尊厳を
より高くする方向」の視点・視野に立ち、自分が変ると、変らない周囲の中の人群
が不思議にプラス領域の多い人財とマイナス領域の多い人罪が観(診)える段階
になるようです。
人の3倍速以上の単位時間行動量ができる段階になると、普通の人の動きが
相対的に、スローモーション行動をしている姿が見える段階になります。
スローモーションの人は、目の前の危機を回避する時間余裕がないため、結果
がでるまで、マイナス領域の行動、最悪、奈落の底へ向かっていても気づけない
ため、集団組織が最悪にならない歯止め反転し、プラス領域へ制御できる能力
さえ身についていることに気づく段階になるようです。

◎人は日常意識して行動している時間と、無意識で行動している時間は、70%
以上です。習慣化した行動を、無意識(習慣短時間意識も含む)でしているよう
です。
慣れた内容(習慣化したクセ)「無意識」行動時でさえ、傍から見ると、正しい行動
をキチンとプロセス通りおりもれなく行い「力まずして」再現できるようにする訓練を
徹底体得する。
無意識行動と瞬間意識のしくみチェックが90%以上どんな状況でも漏れなくできる
段階)まで反復訓練をする。

◎人は 一瞬(ある有限時間間隔・PCのようにナノレベルより長い)で2つ以上
重なったとき、1つだけしか意識できず、時間差で2つ目の意識ができるときも
ありますが、ほとんど記憶欠落し形で、他の同時の1つ以上は無意識行動で、
処置しているようです。重要なことは、あれあのときどうしたっけ?とチェックに
戻った時、体得した項目は、正しく終了していますが、まだ体得不十分なことや
訓練していない始めてのことは、無意識レッベルのクセで終わり、1年前の自分
の行動をして、こんななぜ自己チェックが普通なのに、人がやったのではないか
と疑うレベルの自分に気づくことがあります。再発防止のために、徹底体得する
挑戦新たに始まります。無意識行動レベルは、意識した行動レベルより、必ず
体得訓練が出来ていない場合は退歩した段階で行動していたことに気づけます。

●「訓練は実戦(実践)のように、実戦(実践)は訓練のように」
自分が無意識(必要プロセス工程管理「チェックリスト」とわずかな瞬間意識と完全で行動している)
で出来るようにすると、実戦(実戦)の想定外の時でさえ、「意識」により、蓄積した総行動能力が
乗算され、火事場のバカ力として発揮できる段階になれるようです。


環境がどしゃ降りの雨・前例のない最悪、断崖絶壁、極限危機の時でも最下限が
プラス領域を維持できる制御型人財としてのあなたの機能が平常心で発揮できる
確率は高い。
右往左往する経営者、経営陣、拠点長も含め、スローモーションで動くように見えます。
役職責任領域で、無意識の中のふさわしい「よいとこ」だけ活かし的確に制御し集団・組織を
プラス領域の正しい軌道へ緊急制御できる確率は高い。
ただし、多くの周囲は、平常心を失った「行動=無意識行動」をしていた、経営者・経営陣、拠点長は、
自分が的確な問題解決処置プロセスをしたと普通の80%以上の人は、自分がわずか意識に残った
幻影を、一部行動を全体最適行動をしたように針小棒大の結果・成果と評価し、すべて功は持って
いく人が普通です。その他の集団組織の人は、命令され、強制的に動かされれた無意識行動をして
いた興奮状況で、普通の80%以上の人は、制御人財の存在さえ気づけないのが普通です。

あなたが制御型機能を発揮するとき、企業内の最先端グループで率先垂範先導
すべき共に働く人財群の選ぶときの選択眼成功確率は高くなります。

自分も含め、人の行動は意識・無意識行動をするため、日常の小事をキチンと自然にできる人は
大事でもで全力行動した結果の下限でさえプラス領域でできる確率は高い。
役職が高くなり、責任度が重くなるとき、「全脳関連機能の特色」を知り、ふさわしく最適に働くように、
多様な方向で個人、集団組織の業績貢献度を高める変曲点を重点に「訓練⇒体得」の量を増やす。



「脳構造機能」「心構造機能」を正しく活かす

◎「左脳・右脳のコア、強みを活かす」


○「自分が変る原理」
○「世界観で自分の行動をもうちょっと変える

 更新 2012.07.30

1.人間の尊厳




































 

 

 2.大脳皮質の各領域機能


































 

 

3.大脳の「人間らしさ」


































 

4.人間の脳の中の動物と同じ価値基準行動基準がある
































 

 

5.右脳左脳の働きで行動パターンは変わる






























































































































 

 

6.小脳の役割






































 

 

7.脳幹の役割





































 

 

 

 

商品一覧