開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

検索機能活用能力をアップする理論武装

■検索機能活用能力をアップする理論武装                                                                                   120403

勝ち抜く理論武装>検索機能活用能力をアップする理論武装





更新 2012.09.17

検索エンジン機能を熟知して、情報氾濫の中から問題解決のための知識収集
に必要なダイヤモンド情報にヒツトさせ質量をスピーディに核心を突く内容を
揃えるための理論武装

Googleを先頭にして、多くの検索エンジン機能が、加速度的に進化し、知識を
補完する超スピードツールとして日常の座右の友の役割をもつ時代になって
きました。

20世紀代までは「学ぶ、真似る」「広帯域子供時代の人格基盤への定着」と
「大人の気づいた人から自己責任で後天的によい人格基盤に変わりたくなる」
成功体験量を個人成長とマツチングしてその人の属する集団組織の行動が
プラス領域量を多くし、子孫繁栄確率の高くするための価値基準・行動基準の
向上を求めて長期の時間・時代を超えて蓄積された知識・知恵・智慧として
累積された中から個人が実体の中で接することが出来た一部分だけ認識し
全体像の把握は人の寿命で、全員志半ばで死んでしまいました。
すべての人は、ゼロから成長しました。
お釈迦様の「くもの糸」のごとく、すべての人は、自分の我欲の増大のために
光明の「くもの糸」を切てしまう現象が続きました。

個人の一生で広帯域高次元から集団組織で増幅した世界貢献に活かせません
でした。

その原因はどんな素晴らしい情報でも、限られた範囲だけの狭域情報量の方が
多く、意識して探し求め、探求しない限り、「口をあけて待っても」「牡丹餅にあり
つけない」多数の人がいました。「くもの糸」に群がる多くの後に続く「学ぶ、真似る」
段階で、未来の光明(プラス領域へ向かうベクトル方向の情報)へ向かう糸を自ら
途中で独占個人我欲で切る人が増加してました。
未来に役立つ情報は、集団組織で実体社会の中で活かされ、周囲が評価し、プラス
領域の結果が実証検証され、行動結果として実体化実現できたものだけが生きた情報
になります。


広帯域人格基盤のどこかの帯域が欠落したり、未成長であった部分が多く、
歴史は繰り返す、何千年の歴史を持つ国さえ、現在も再発現象の連続の時代
でした。

時代の潮流の中で「剛型行動」による価値基準、行動基準さえ反転する現象が
生じて「われこそ覇者現象」を繰り返す蛇行の人類の歴史が創られて来ています。
広大な国土を持つ国ほど、人の我欲は無限に増幅される人のマイナス領域の
行動量が多い。まさに子供の「陣取りゲーム」の行動様式パターンと酷似してい
ます。大金持ちの子を金の家来の集団にして、勝つために何でもあり現象が
あります。「大人型子供」行動が増幅現象の一つであることに気づけます。

グローバル化し、世界最適の価値基準行動基準が世界標準の時代に20世紀後半
から入ったにもかかわらず、まだ多くの人間の尊厳として「してはいけないことを
しない」ではない「する」行動をする。本流を動かす人の中に、20世紀で時間が止まったままの成長段階の人がまだ多数いるようです。

「子供時代の世界の狭域影響範囲限定行動」を増幅し、「大人型子供」は周囲へ
の影響範囲が、巨大化し世界・地球・宇宙レベルの存亡に関わる規模行動となり
世界人類は、金融バブル(ブランド・泡)で過大に膨張し、富裕こそ世界の覇者・
今太閤の世界規模の競争が激化をはじめました。
日本は、中流家庭を装う層でさえいよいよ増税つまり従来100の実体が90の実体
になり、質量の低下をし、今と同一質量を消費する場合は、所得の低下となり、
実質低所得層の加速度的増加の時代が迫ってきました。

21世紀前半の「検索エンジン」の進化は、多数の人を想定外の超スピードで
制御型人財が軌道へ誘導する「柔型行動優位」「多数納得型コミュニケーション
・波動による共鳴共振共働」できる機能が、今揃いはじめた最適ツールの一つ
です。
我欲を腹八分目で満足し、傍と共に豊になることを歓びとして幸せを本音で
感じられる視点に立つと、きづけますが、地球を自力で活かせる唯一の人が
「人の尊厳の視点」から子孫繁栄のための光明(くもの糸)が多数情報量の
中にある事に気づくことを待望しています。


最初に気づける人である制御型人財(実務の総合型・専門型・カタライザー型等)
が世界で多数輩出することを待望しています。


◎プラス領域量の多さを価値基準の順位にしたすばらしい検索エンジンの機能が
急速に進化してきました。正しい「検索エンジン」を選択できた人だけが、自在に
実体社会で活躍できる時代に入りました。

21世紀後半のよい価値基準・行動基準の人格基盤を広帯域に育てるためには、
世界の中で、優れた「検索エンジン」を探し出す能力が分水嶺になります。
行政・民間の中で「利権・我欲・他人の不幸等」の価値基準が統合キーワードの
順位を決める比率の高いものが多数あります。

ブランド、ハロー現象に幻惑されないで、冷静(クール)に、左脳優位の状態で 
よい行動(○)普通の行動(△)悪い行動(×)の3点で相対比較してみると
必ず違いに気づけます。
右脳の人格まで刷り込まれた「好き嫌い」「目先の損得」の湧き上がる煩悩を
横に置き、日本国の国益、富国殖産のために「中期・長期の得」、右脳の
演繹法機能と左脳の帰納法機能を冷静に整合させることが必要です。

●ネット、映像、メディアを上手に味方にして、プラス領域量の少ない、逆にマイナス
領域量の人の行動規制の最低基準である法律規制を価値基準行動基準する人が
21世紀生まれ、プラス領域量少ない、育っていない、また欠落した人格基盤を持つ
多数の「浮き草型大人型子供」を操り、多数決時代を合法的に想定外のハロー、
バブル、ブランドの大きさで動き始め、すでに先人の海外でも制御でき難い時代に
入りました。
日本の国益、富国殖産視点からの実体価値基準行動基準のない幻覚の中で、
戦国時代の裏で幻術型による情報操作による「実体操作」で動かした時代から
表の舞台で実体社会を動かせ始めました。「原発の実体を完全安全神話から覚醒
出来なかった」現象と酷似した「覚醒」したとき日本に「とり「後の祭り」現象が近い
確率は高くなりました。先人の海外の国のある部分が加速度的に減衰し、国力に
急ブレーキがかかってきたプロセス分析は、自社が生き残るためのリーダー選択
するときのプラス領域量を多くできる方法の一つです。
実体社会の黒子である制御人財が日本に多数育ち、浮き草型行動様式の多くの
「大人型子供(好き・嫌い、得・損、よさそうだ・悪そうだ:映像メディアの描く幻想で
実体プロセスとは無関係で行動し、先楽後憂・後の祭り型)」を、属する集団組織
からプラス領域量を多くする方法へ軌道制御(情報・実戦行動)する時代に入り
ました。情報量「ゼタ時代」を最適に活かす能力を加速度成長させ「プロ・匠の域」
まで成長さでることが急務になりました。

・コンピュータの時代は、自ら知識を探し、入力してデータベースにしなければ、
機械という物質に過ぎず、環境適応した事業戦略展開のスピード格差は
その高品質、量による総能力量格差と相関がありました。

・ネットワークの進化とともに多様なホームページで情報公開がはじまりました。
サーバーブ上のデータベース、映像、ブログ、ツイッター等、各種検索エンジンを
活用すると、先人の知識・知恵集約が、短時間で知ることができるようになり
ました。先人のいる2番手以下の人は、真似した型で、ある一定レベルまで65%
程度までは、誰でも到達できるようにありました。わからない、知らないことが
多い人、子供には大人の知識を知るスピードが増加し、子供の大人もどきの
増加と、大人型子供(価値基準、行動基準の退化:煩悩本能に支配されるため)
が増加してきました。


・制御型人財は、常にプラス領域をより高いレベルへ着実に成長するために、
検索エンジン機能活用能力をアップさせ、問題解決の仮説を早く立てて、実証
検証し、確信し、現実実体世界で成功確率の高い事業展開をする軌道選択
制御総能力を発揮できる時代に入りました。21世紀初頭と比較し想定以上の
実現確度が高くなったことに気づける事例が出てきました。

・行政、業務、危機管理等の「管理の管理」、標準化レベルの情報をイントラネット
目的で、巨大サーバーで管理するための過去データの累積だけの情報、危機管理
のためのデータ管理のための情報、現在までの過去の情報を見える化するため
だけの目的でデータ素材の個別の大量収集、加工、図表化、映像化等現在まで
の過去のデータと微量に異なるデータ(静脈型情報量)を1データと評価するように
なりました。 加速度して多数の制御型人財の輩出することを待望しています。

富裕層の高額投資しなくても、偏向しない核心に近い知識・知恵を着実に大量
に累積できるようになり、集団組織が個人を動かすことが本流段階になりました。

「シンプルイズベスト」「単純化」して、事象をわざわ複雑化する時代の本流の方向
と180度逆の方向の方が、実体世界での行動をプラス領域量が多い方向へ導く
ことができる確率が高くなってきたようです。

個人が、増幅機能を持つ、集団組織のプラス領域量が多い方向へ属する人、
集団組織の軌道を制御して素晴らしい未来への布石行動を起因させる
トリガーの役割機能を最大発揮できる時代が到来したようです。
実体社会では一人の人が行動してはじめて結果が発生し、その連鎖増幅されて、
世の中の今の結果となっています。球形思考のデータベースが人を動かすまでは、
人のアナログ型でファジーな、想定外の確率行動で支配されているのかもしれません。

情報量「ゼタ」の時代、データベースの最先端情報を自在に駆使した人が、
より精度の高い確信決断行動がけきる確率は高い。

●複雑な事象・もののブランド、ハロー、バブル・泡を除くと、シンプルな
世界の輪環が見(観)えてくる現象に気づくときがくる確率は高い



◎「ネット活用力が創市場実現格差」

検索エンジンを相対比較し、あなたの情報知識増加のための外部補完機能として背骨に相当する
ものを徹底的に活用し、他の検索エンジンを補足とプラスαに活用してみよう。
球形思考をするとき、全軸を少しづつ成長させる近道の一つです。
 

 

 

5.「全文キーワード法」の検索エンジンで経営の視点から「統制キーワード」を活用する。

「全文キーワード法」で世界のデータをロボットエンジンにより収集する機能と、定期的に時代の潮流に対応させ最新進化を目指し更新している固有の価値基準、行動基準を持つ検索エンジンの活かし方が、
制御型人財機能をより高くできる分水嶺の一つになります。

目的を明確化して、目的の基幹キーワードを入力する。
その「基幹キーワード」により「全文検索キーワード」から、選択された「統制キーワード」の一つとなります。ある優位順位(自分の優位基準とは異なる確率が高い)が、50位までの検索結果で60%以上、必要な内容が含まれている場合は、細部分析するための内包の中の最大のキーワードを入力する(and)。内包を次第に小さくしたキーワードを5つ入力して上位20位の表題と、内容紹介だけ見て閲覧サイトを選ぶと、仮想していたキーワード以外のより目的を絞り込めるヒントとなるキーワードが連想できるようです。
その連想キーワードも含め10のキーワードで絞り込むと、今まで検索順位が100位以下の何100万の情報から、判断、推理、確信する必要情報の探す方向がぼんやりと脳裏に浮かぶようになります。ぼんやりを絞り込んで、重点的に最新情報と、成功事例だけを収集し、プロセスを組み立てると、世界の10%以下しかいない最先端人財の思考領域と拮抗できる確率は高い。
Googleのような、下段に表示される連想キーワードも併用すると、目的に関連する分野を体系化整理できやすい。

先人が通った道(軌跡)の中で、70%以上の人が通った平均的標準化情報を下限基盤にして、さらに無限の上限を目指すべき制御型人財は、あらゆる多様な軸がある価値基準行動基準の平均的標準化レベルまで高めることが基本素養の一つです。自分の価値基準帯域の帯域幅と感度レベルを平均以上にすることが最優先行動の一つです。成長度が低かったり、子供時代、晴ればかりの人生で欠落した帯域の軸を短期で「学ぶ・真似した」方式で補填追加し、超スピードで追いつくことができる時代になっていることに気づく時です。「智慧本と情報量ゼタ時代」を追い風にして意識して「自分を変える」と、集団組織の増幅変化が想定以上に納得し共鳴共振共働する人が2011.03.11を境に増加したことに気づけます。
マイナス領域量の多い人を、右脳、潜在脳の中の覚醒機能で楽天的な陽の日本人気質(陰を短期で忘れ未来志向、希望に歩む集団行動)が感じて、避ける行動をする人が増加する短期的(約3年でもとの戻る本流行動で、また催眠の時代に入る確率は高い)な覚醒した人を戦力化すると、想定以上の速さで、変る今が千載一遇のチャンスの時代です。
もし、制御型人財の多数の総行動の発揮のタイミングが遅れた場合、類似の天変地異が再発しても、そのときは、世代交代した後で、世界のプロ経営者が日本で優位な時代になった後では、「後の祭り」日本人は、日本国が現在の日本人優位の復元確率はわかりません。カルタゴのようにローマの属国として、小民族化され滅亡するプロセスと似ている国かもしれません。

制御型人財は、前を歩む人の数が少ない(世界の人の5%以下の人数)未知の領域であり、先人の公開情報がほとんどゼロレベルになります。いよいよ情報量「ゼタ」時代を活かし、更に人類の子孫繁栄のためにプラス領域量を増分させるプラスαの付加段階に入ります。その通った道を、光明(くもの糸)を「学び、真似る」方法で追いかけて登ってくる多数の人達の誘導路の敷設の役割をする黒子の最高の能力を生涯死ぬまで続ける天命を感じるときがきます。

部分最適型制御人財は、短期で全体最適型人財能力を高レベルへ育てる必要がありま。部分最適型制御人財が「共に豊に、腹八分目満足」を行動基準の基幹にすると、「今何から、誰と連携して」始める方が成功確率た高くなるか、光明が具体的に診える⇒観える⇒見える段階が想定以上に速い時代になってきたようです。世界の智慧本と情報量「ゼタ」の時代を活かすと、何1000年の先人の智慧の累積を、生涯で活かしきり、さらに人類にプラスαのベクトル方向を啓示できる同じ寿命の中でさえ個人が生れる確率は高くなりました。21世紀後半の本格的情報量増加の時代、若い世代の世界の制御型人財の多数輩出を待望しています
 

 


 ○2000年(21世紀)から想定外の短期で情報量「ゼタ」の時代に入りました。

・ネットワークが管理業務の中に必要ツールとして組み込まれ、日常のデータ活用のためのデータが情報量として加算されたためです。
人間が一生涯で、ゼロからはじまり先人の知識知恵にプラスαを付加した何千年の間、人が蓄積した本を通した累積総情報量は1999年までの情報量でした。
その領域の人自身が実体社会の中で2000年以降に累積した最先端の総情報量は、短期で「ゼタ」まで成長してきたのでしょうか?
1999年以前、紀元前の時代の人の価値基準と行動基準は、2000年以降乖離的な格差で、プラス領域量が多くなる成長をしてきましたでしょうか?
人の広帯域の人格基盤の総成長量は加速度増加してきましたか?

2000年以降の最新として追加された情報増加量を加算すると、人間の個人の左脳j右脳の成長が加速度的増加がないのになぜ加速度増加をしたのでしょうか?
個人が属する集団組織の中の個人のプラスα情報量は、加算型が優位で、拮抗するプラスα付加できる人財が、整合して一つのテーマごとに集中したときは乗算になりますが、個人主義の時代は減算型集団組織が多いため、情報量の「ゼタ」の結果は別次元の要素が起因(原因)となる確率は高い。

その本質を制御型人財は、理解して活かす戦略が価値基準行動基準の基盤を磐石にして、20世紀後半の人の成長スピードの倍速以上にし、自分の身体、左脳右脳の成長と整合させる確率が高い分水嶺の一つです。

「情報には、動脈型情報と静脈型情報と毛細管型情報(動脈型・静脈型が混在する、小エリア)
の3つに分かれています。

 

 


□論理学・論理思考(ロジカルシンキング)の実戦のトリガーとして活かす本

多くの机上の帰納・演繹型優位の本は無限にありますが、子供人格基盤教育実務家である制御型人財が、歩んだ体験を体系化整理し、集団書式をよりプラスα領域が多い方向へベクトル修正するときに発想を拡大できる確率の高い書籍を紹介します。短期で集中的に実戦力を強化するときの広帯域で自分の成長レベルに応じたプラスαの付加を推奨します。
 


●「論理の基礎と活用」
知識成長・問題解決・論述文読み書きのために

著者 内田 詔夫(うちだ のりお)     出版 北樹出版
発行 2012年4月20日                    ISBN 978-4-7793-0334-0       定価 2、000円+消費税

著者紹介
1942年 福島県生まれ   1968年 東北大学大学院文学研究科博士課程(哲学専攻)中途退学
2008年 福島大学定年退職 同名誉教授
      (1997年〜2000年 福島大学教育学部附属中学校長歴任)
現在  福島大学および看護学校などで非常勤講師 

主な著訳書 
「人間理解の基礎-中学校の哲学」晃洋書房       
K,R,ボバー「開かれた社会とその敵」第一部第二部 未来社

「まえがきの抜粋」
大学や看護学校等で論理学を学ぶ人や、日常生活や職業生活において論理を活用できるようになりたいと願う一般の読者を想定して、論理の意義や仕組み、使い方をできるだけ誰でも理解できるような日常的な事例に即して説明するとともに、若干のトレーニングを行うことによって、学問としての論理学重要な知見を可能なかぎり取り入れながら、むしろ普通の人の思考の改善や実生活での活用のために必要と思われる事柄をわかりやすく提示することに重点を置きました。

・広い意味での論理は、だれでも日常使っているし使わざるをえないこと
・しかし、日常の論理には省略があったり厳密さに欠くために、問題が発生する場合があること
・それゆえ、普遍的に通用する「厳密な論理」の意義やあり方の理解が大切であること・論理力を高めるために、「妥当な推論」の多様なパターンを知り当否を自ら的確に判定するトレーニングが大切であること
・「厳密な推論」と「推測的思考」、および「演繹」と「帰納」、それぞれの特徴や長短をきちんと理解し場合に応じて使い分けることが大切であること
・知識成長や改善のために論理が重要な役割を果たすこと、およびその具体的な活用の仕方・問題解決のために論理が重要な役割を果たすこと、及びその具体的な活用の仕方
・論述文読み書きのために論理が重要な役割を果たすこと、および具体的な活用の仕方

・「記号論理学」の基礎、問題解決のために不可欠な思考法として近年重視sれるようになった「ロジカルシンキング」と論理的思考との関連性について、多くの入門書や解説書でほぼ共通して説かれている内容を整理
 


●「ほんとうに使える論理思考の技術」


著者 木田 知廣(きだ ともひろ)        出版 中経出版
発行 2011年5月10日   ISBN 978-4-8061-4022-1 C2034          定価 1、400円+消費税

著者紹介
シンメトリー・ジャパン(株)代表 グロービス・マネジメント・スクール講師
米国系コンサルティングファームワトソンワイアットにて活躍した後、新たな知見を求め、
1999年にEU統合のまっただ中にある欧州へと旅立つ。ビジネス留学先のロンドンにおいて、異なる価値観を持つ人びとをマネジメントする機会を得る。だが、その難しさの洗礼を受け、コミュニケーションの変革を迫られる。
これをきっかけに、異文化組織マネジメントの権威、ロンドン・ビジネススクールの故スマントラ・ゴシャールに師事し、「論理的なコミュニケーション」への考察を深め、実践していく。
2001年MBAを取得その後、(株)グロービスにて社会認知型大学院の立ち上げプロジェクトをゼロからリードし、苦闘の末に「グロービス経営大学院」の前身のプログラム、GDBAを2003年4月に開講させる。
これにより、同社において毎年1回与えられる「プレジデント・アワード」(社長賞)を受賞する。
2006年、シンメトリー・ジャパン(株)を立ち上げ代表に就任し、論理とともに心理的なコミュニケーションの秘訣を伝授するセミナーは、参加者に支持を受けている。
 


●「論理力を鍛えるトレーニングブック」
・論理思考は特別な能力ではない
・適切な訓点を積めばだれでもできるようになる
・あなたも本書に登場するバーチャル受講生と一緒に、頭を使って演習問題に挑戦しよう
・自分で考え、自分なりの結論を出し、その適切さを検証して、はじめてうまく思考ができたかどうかがわかる
・その積み重ねが論理思考に強い頭脳をつくっていくのだ

著者 渡辺 パコ(わたなべ ぱこ)       出版 かんき出版
発行 2001年12月10日      ISBN 4-7612-5975-2 C0034     定価 1,400円+消費税

著者紹介(発行時)
1960年東京生まれ
コピーライターとして広告、会社案内の制作、PR戦略の企画立案などを担当。
1988年に独立し、100社以上にコーポレートコミュニケーションプランを提供する。
1998年からはWeb系を中心とするベンチャービジネスのコンサルティング活動を開始。

現在 (有)水族館文庫の代表。グロービスマネジメントスクール講師(ロジカルコミュニケーション、クリティカルシンキングクラス担当)をつとめる一方で、ビジネスパーソン向けのコミュニティ&メディア「知恵市場」の主宰として活躍するなど、数多くのWebサイトの設立・運営にも積極的に参画している。
 


●「論理的な話し方が面白いほど身につく本」
・知りたいことがすぐわかる
・伝えたいことを相手にわかりやすく上手に話す基本スキル35
・豊富な図解でポイントすっきり 

著者 茂木 秀昭(もてぎ ひであき)     出版 中経出版
発行 2004年10月5日      ISBN 4-8061-2082-0 C2034     定価 1,100円+消費税

著者紹介(発行時)
自治医科大学助教授(英語研究室所属)現職
1960年群馬県太田市出身
慶應義塾大学文学部英米文学科卒業。
コロンビア大学大学院修士課程修了
京都ノートルダム女子大文学部コミュニケーションコース講師を経て現職
専門は異文化コミュニケーションおよびおよbレトリゥク(議論学)

日本や欧米の言論風土に関する研究を進めている。
企業や官公庁において、また教員や社会人向けにディベート研修も数多く行っている
自らディベートの実践者としてKUEL(関東学生英語会連盟)、東西大学対抗などの英語ディベート全国大会やfyフテレビ「ディベート」のグランドチャンイオン大会等数々の優勝経験があり、教育ディベートの啓蒙、普及活動を行っている。

著書
「ロジカル・シンキング入門」(日本経済新聞社)
「論理力トレーニング」(日本能率協会マネジメントセンター)
「ザ・ディベート-自己責任時代の思考・表現技術」(筑摩書房)など
 


●「ロジカルシンキングが身につく入門テキスト」
「考える」「書く」「話す」が一瞬にまとまる!もっと伝わる!

著者 西村 克己(にしむら かつみ)       出版 中経出版
発行 2012年7月2日        ISBN 978-4-8061-4433-5 C2034     定価 1、500円+消費税

著者紹介
芝浦工業大学大学院 工学マネジメント研究科 客員教授
岡山市生まれ、大学客員教授 経営コンサルタント
1982年東京工業大学「経営工学科」大学院修士課程修了

富士写真フィルム(株)を経て、
1990年に日本総合研究所に移り、主任研究員として民間企業の経営コンサルティング、講演会、社員研修を多数手がける。
2003年より芝浦工業大学大学院「工業マネジメント研究科」教授
2008年より現職。専門分野はMOT(技術経営)、プロジェクトマネジメント、経営戦略、戦略的思考、図解思考。

著書
「20代で身につけたい、論理的な考え方」「論理的な文s尿の書き方が面白いほど身につく本」「戦略的な人の超速仕事術」(以上 中経出版)
「経営戦略のトリセツ」(日本実業出版社)
「戦略的思考トレーニング」(PHP研究所)「脳を鍛えるやさしいパズル」(成美堂出版)
「成功する人はみな知っている、スピード仕事術」(東洋経済新報社)など
 

 
●「ロジカルシンキングのノウハウ・ドゥハウ」
聞き手とって「わかりやすい!」企画書、プレゼン、ミーティングetcを可能にする3つの思考法、
3つの基盤スキル、3つのツールを解説

著者 野口 吉昭(のぐち よしあき)       出版 PHP研究所
発行 2001年11月15日    ISBN 4-569-61882-0    定価 1,600円+消費税

著者紹介(発行時)
1956年生まれ
横浜国立大学工学部大学院工学研究科修了
建設設計事務所、経営コンサルタント会社を経て、
現在 (株)HRインスティテュート代表
理論偏重でない「使えるコンサルティング」「実効性のある研修」を柱としたコンサルティンググループを1993年に設立

ロジカルシンキングの9つの切り口
1.3つの思考法
・ゼロベース思考  ・フレームワーク思考  ・オプション思考
2.3つの基盤スキル
・コミットメント ・ストラクチャー ・コンセプト
3.3つのツール
・ロジカルツリー ・マトリックス  ・プロセス
 


 
●「コンセプト思考のノウハウ・ドゥハウ」
ロジカルシンキングが前提だ!コンセプト思考で、ミッション&ビジョン、ビジネスモデル、戦略、商品開発、広告を研ぎ澄ませ!

著者 野口 吉昭(のぐち よしあき)    出版 PHP研究所
発行 2002年8月15日     ISBN 4-569-62344-1    定価 1,600円+消費税


著者紹介(発行時)
1956年生まれ
横浜国立大学工学部大学院工学研究科修了
建設設計事務所、経営コンサルタント会社を経て、
現在 (株)HRインスティテュート代表
理論偏重でない「使えるコンサルティング」「実効性のある研修」を柱としたコンサルティンググループを1993年に設立

「論理思考」と「コンセプト思考」はクルマの両輪!
・ロジカルシンキングはビジネスに必要不可欠
・しかし、それだけではリーダーシップはとれない
・商品開発もできない、企業の戦略もつくれない、ビジネスモデルも構築できない
・コンセプト思考が、新たな価値を創発させ、新たな市場を創出させる。
 


 
●「シナリオ・シンキング」
不確実な未来への「構え」を創る思考法     

著者  西村 行功(にしむら みちなり)      出版 ダイヤモンド社
発行 2003年5月29日     ISBN 4-478-49040-6     定価 2,000円+消費税

著者紹介(発行時)
長崎生まれ
一橋大学商学部卒業、オムロン(株)にてマーケティング戦略及び全社経営戦略の策定に従事。
ミシガン大学経営大学院修士課程修了後(MBA with Distinction)、
戦略コンサルチングのコーポレイト・ディレクションおよびエンジニアリング・コンサルティングのCSC Index(サンフランシスコ事務所)を経て、
(株)グリーンフィールドコンサルティングを設立、代表取締役として現在に至る。
2001年よりオムロン(株)のアドバイザリーボードメンバー。

シナリオ・プランニング、企業戦略策定、マーケティング戦略策定、プロセス革新、企業変革などの分野を中心に活動している。シナリオや戦略について議論し対話する「ワークショップ」を中心に、「企業自らが考えること」を志援する「プロセス・コンサルティング」を実践している。
特に、外部環境認識ツールとしてのシナリオ・シンキングでは、40以上のプロジェクトに参加。プロフェッショナル・ファシリテーターとして、これまで1000人を超える参加者と「対話」した実績を持つ。

より良い意思決定をするための思考法の発展段階
1.ロジカル・シンキング(思考が論理的でる)
2.システム・シンキング(複数の要素の因果関係が考慮されている)
3.オブジェクティブ・シンキング(客観性のある思考ができる)
4.シナリオ・シンキング(複眼思考ができ、意思決定のリスクについて理解している)

訳書
「シナリオ・シンキング-戦略思考と意思決定」「不確実性のマネジメント」「カスタマー・バリュー」(ともにダイヤモンド社)ほか
 


●「入門ビジネスコーチング」
「一方通行」指導から「双方向」コミュニケーションへ

著者 本間 正人(ほんま まさと)    出版 PHP研究所
発行 2001年1月29日    ISBN 4-569-61441-8 C0034    定価 1,200円+消費税

著者紹介(発行時)
Learnology Japan代表、成人教育学博士
1959年東京生まれ
1982年東京大学文学部社会学科卒業
松下政経塾第3期生として入塾し松下幸之助の経営哲学を学ぶ。
卒業後ミネソタ大学公共政策大学院(戦略プランニング専攻)に留学
ミネソタ州政府貿易局日本室長、松下政経塾研究主担当(研究部責任者)などを経て、1998年ミネソタ大学からph.D(成人教育学博士号)を取得。
教育学を超えた「学習学」の構築を目指しつつ、研修・講義・執筆活動を幅広く展開している。
1998年3月には日本人としてはじめて米国Coach UniversityのCTP課程を修了。
さらにCorporate CoachU International認定コーチ(PCC)として、日本でのコーチングの普及を目指している。
1999年からPHPゼミナール講師をつとめ、企業の管理職研修を担当している。
最近の活動分野として「コーチング」「学習学」の他、「創造力開発」「戦略プランニング」「企業英語力向上」「国際感覚」「起業家育成」等   TOEIC990点(満点)を有している。

著書
「TOEIC TESTプログレッシブ単語力」「学習学」「摸擬問題集」「文法力」をシリーズで出版(小学館)
NHK「ビジネスワールド」に「Word Coach Biz Coach」を連載中
 


●「パフォーマンス・コーチング」
会社が変る組織が活きる

著者 石川 洋(いしかわ ひろし)    出版 日本実業出版社
発行 2004年5月20日     ISBN 4-534-03750-3      定価 1,600円+消費税

著者紹介(発行時)
1949年生まれ
東京工業大学卒業。慶應ビジネススクールMBA取得
日立製作所、ソニー、米国ソニーの役員を経て、
現在 国際メンタリング&コートングセンター代表、
(株)スマートビジョン代表取締役

長年の実務経験を活かし、パフォーマンス・コーチングの第一人者として活躍中
経済産業省、ソフト開発企業等で、パフォーマンス・コーチングや支援型リーダーシップ(メンタリング)等に関する講演、研修、支援を行っている。
顧客のニーズに合ったオーダーメイドの高いパフォーマンス研修が特徴。

全米人材開発協会(ASTD)会員、国際パフォーマンス改善協会(ISPI)、国際メンタリング協議会(米IMA)、欧州メンタリング&コーチング協議会(EMCC)会員

著書
「図解よくわかるビジネスコーチング入門」(日本能率協会マネジメントセンター)など
 


●『論争・会議・商談の武器「ディベート」入門』
あのケネディも得意だった  ディベートはビジネスマン最強の武器だ
debate(ディベート)
・決議案の採決をめぐり、肯定側と否定側が対決する、正式な討論で、ルールのある知的対決
・第三者に判断をあおぐ、議論を通した意思決定、問題解決の方法

ディベートとは知的論争術、いわば言葉のボクシングだ。ディベートを習得すれば、会議、論争、
商談・・・・すべての知的対決に勝ち抜ける。
論理的思考力も飛躍的に伸びる。あのケネディもディベートが得意で、大いに政策論争に活用した。
本書は ディベートを日本人として徹底的にナスターするためのわかりやすい「テキスト」である。

著者 松本 道弘(まつもと みちひろ)     出版 中経出版
発行 1982年10月25日    ISBN 4-8061-0150-8    定価 1,200円

著者紹介(発行時)
1940年大阪生まれ 関西学院大学卒業
日商岩井、日興証券勤務ののち、アメリカ大使館同時通訳
NHKテレビ「上級英語」講師、産業能率短大助教授など歴任
現在 マネージメント開発研究所所長
「英語道場」「ディベート道場」主宰。

著者
「日米口語辞典」「知的対決の方法」「タイムを読む」「集中思考術」など

A志援コメント 2012.09.17ms
若い経営コンサルタントとし、経営者経営陣幹部と対等に論争し、教育で教導する時に大学で学んだ論理学の思考を基本にしたディベートの手法は実戦で役立ちました。よい結果を導く手法の一つとして現在まで、プラスαを付加しながら進化させている要素の一つです。
 


□実体社会で論理的な活用をするためには、情報・学んだ知識を戦術・戦闘の組合せで成果が臨床検証できるしくみを自分流で持つことが必要条件です。学んだだけでは、我流で実践・実戦に活かせる段階までに長期間模索の時間がかかります。拮抗する人と相対比較そた場合、着実に高いレベルまで「匠の領域」に達して優位になることができるかわかりません。
先人の知恵の公開情報豊富な情報量「ゼタ時代」は、基本素養として戦略・戦術を体系化して基盤をつくり、スピード成長するためには、戦闘型の成果が豊富な人の事例から、学ぶことが分水嶺になります。
著者の履歴をチェックして、自分にふさわしい部分を選らび、より理論武装すると制御型人財が、周囲の集団組織を活かし増幅した成果を目指すとき流線型で自然に普通のように、周囲が気付けない指揮者機能、触媒機能を発揮できるようになります。
自分の実践の場での優先順位で、「してはいけない」「あとからする」等の選択眼が出来てきたことに気付く段階がきます。
業界業種が複合した企業グループの中の構成する人が日常優先させる価値基準、行動基準は、人格の成長レベルにより多様です。下記に一部紹介しておきます。実務書は多数出版されています。
実践の因果のプロセスの中で自分流の成功確率の高い方法を追求してください。
 

 
●「質問する技術が面白いほど身につく本」
・知りたいことがすぐわかる
・他人と差がつく、相手が答えやすい質問のコツ35
・豊富な図解でポイントすっきり

編著 内山 辰美  櫻井 弘    出版 中経出版
発行 2003年7月5日     ISBN 4-8061-1833-8 C2034   定価 1,100円+消費税

編集者紹介(発行時)
内山 辰美(うちやま たつみ)
CNS(株)話し方研究所取締役指導部長
長野県生まれ

「自分に気付き、自分を知ることから、自分の人生が開ける」をモットーに、研究活動を展開している。
研修先には人事院ほか官公庁、東京電力(株)ほか民間企業多数。
研修における実習指導では、受講生の問題縁を正確に聞き取り、的確な改善の方法を提示する講師として評判が高い。

著書「上手な聞き方が面白いほど身につく本」(中経出版)

櫻井 弘(さくらい ひろし)
CNS(株)話し方研究所副所長
東京都生まれ。
(株)電通、(株)東芝、(株)大阪ガスなどの民間企業、自治大学校などの官公庁で、コミュニケーションに関する研修を手がける。研修先は約200社以上の団体におよび、とくにプレゼンテーションやスピーチのわかりやすい指導に定評がある。

著書「上手な聞き方が面白いほど身につく本」(中経出版)

質問上手はここが違う!
・情報を聞き出す ・考えを深める ・自分を印象づける ・本音を引き出す

準備から上級テクニックまで質問の技術が丸ごと分かる
 


●『わかりやすい!と言われる「説明」の技術』
コミュニケーションのプロが書いた 1発でできるSUPERラーニング
聞き手を意識することでメキメキ説明力がつく!

次の中で当てはまる項目はありませんか?
・つい専門用語や身内だけにわかる言葉で説明してしまう
・「ところで何の話をしているの?」と聞かれることがある
・話の途中でどこまで話したかわからなくなることがある
・説明するとき、相手がつまらなさそうな顔をすることがある
・一生懸命説明していると、つい話が長くなる

編著 内山 辰美        出版 あさ出版
発行 2005年1月27日       ISBN 4-86063-085-8     定価 1,500円+消費税

編著紹介(発行時)
内山 辰美(うちやま たつみ)他3名
(株)話し方研究所 指導部長

(株)話し方研究所
1983年(株)設立。民間企業や官公庁において、コミュニケーションスキルを育成する研修を実施。
スタッフが手がた「話し方」に関する著者は100冊を超える。

著者
「人が魅きつける話し方「口ぐせ」の技術」(大和出版)
「ビシッと!1分間で決める話し方」(三笠書房)
 


●「思ったことの半分しかいえない人はこう話せ!」

著者 飯島 孟(いいじま たけし)       出版 日本実業出版社
発行 2003年1月10日   ISBN 4-534-03518-7    定価 1,300円+消費税

著者紹介(発行時)
1936年東京都生まれ
1958年中央大学卒業
防衛庁勤務を経て話力総合研究所に入所。主任講師、理事を経て
現在 常任理事・所長代理

その間、産能短期大学や多くの専門学校の講師を歴任するとともに、官公庁や民間企業、カルチャーセンター、各種団体などで、話力と人間関係、表現力、読解力、リーダーシップ、プレゼンテーションなどの指導・助言に当たっている。

日本人間関係学会、日本コミュニケーション学会会員

著書
「部下を動かすほめ方・叱り方」(中央経済社)
「上手な司会とその実例」(文和書房)
「種を蒔くのも自分、刈るのも自分」(共著、三笠書房)
「ちょっといい話の種」(共著 PHP研究所)

千里の道も一歩から!
・未来への不安、恐怖をいだく    ・緊張、あせりを感じる 
・忘れがたい失敗、恥かきを体験する    ・一歩踏み出してみるか!
・複数の機会に恵まれる    ・聴衆を前にすることに慣れる    ・心に余裕が生れる

あがり緊張の攻略法、効果を上げる話し方、相手の真意をつかむ聴き方 ほか心に思ったことを100%伝えられる自分づくりをプロが徹底指導。
スポーチや日常会話、営業活動、説得の場でもう困らない!
 


●「人を動かす心理学 対人関係66の法則」

著者 齋藤 勇(さいとう いさむ)    出版 PHP研究所
発行 1990年6月22日     ISBN 4-569-52795-7      定価 1,100円(税込)

著者紹介(発行時)
1943年山梨県生まれ
1972年早稲田大学大学院文学研究科博士課程修了
現在 立正大学教養部教授(1978年、1986年、カルフォルニア大学留学)

著者
「自己表現上達法」(講談社)
「好きになる・させる心理学」(日本実業出版社)
「人間関係の分解図」「対人心理の分解図」(誠信書房)

編著
「感情と人間関係の心理」(川島書房)
「人間関係の心理学」「対人心理学トピック100」「欲求心理学トピック100」
「対人社会心理学重要研究集」(以上誠信書房)
 


●「デジタルドキュメントの作成・管理技法」
紙からデジタルへ「ワークスタイル革命」

編著  富士ゼロックス ドキュメントソリューショングループ     出版 日本経済新聞社
発行 1998年11月25日   ISBN 4-532-40141-0    定価 1,900円+消費税

編著紹介(発行時)
プロフェッショナルサービス事業本部に属する組織。
アウトソーシング事業を推進する本部内でドキュメントシステムにかかわるコンサルテーション、インテグレーションに従事している。

著者
「プレゼンテーションの説得技法」
「ビジネスドキュメントの演出技法・Tチャート化とレイアウト」
「ビジネスドキュメントの演出技法・Uカラー化」(以上日本経済新聞社)

「はじめに」の抜粋
・情報技術の飛躍的な進展は、オフィスでの仕事の進め方にも抜本的な変革をもたらし、「ドキュメント」の位置づけと役割にも大きな変化を及ぼす結果となりました。
・ドキュメントは意思伝達の媒体であると同時に、個人や組織の思考・知識の集大成でもあります。
・オフィスワークの生産性向上に対する要求が高まるにつれ、その蓄積された知識を再利用する必要性も高まります。
・ドキュメントのデジタル化は、それを可能にする基礎的な環境を提供してくれるのです。
・オフィスにおける紙ドキュメントの将来について考えてきました。
・現在のオフィスには紙ドキュメントが氾濫し、紙を中心に仕事が行われています。
紙の持つ一覧性、可搬性、加筆容易性などの特長を上まわる利点を備えた次なる媒体が出現していまいからです。しかき、「ドキュメント=紙」では決してありません。紙とデジタルドキュメントの棲み分けがどうなるかを考えることが、現在の歳谷の過大と言えるでしょう。
・わたくしたちはこのような前提に立ち、考え方を整理しました。
・21世紀のオフィスワークに不安を覚えている人や現在の仕事にやり方に混乱を感じている人に、その解答を見出していただければ幸いです。
 


●『「超速・情報脳」をつくる私のやり方』

著者 黒川 康正(くろかわ やすまさ)   出版 ゴマブックス
発行 2002年8月10日    ISBN 4-901465-40-6 C0011    定価 1,050円

「まえがき」抜粋
・「われわえは、高度情報化社会のさらなる段階を迎えている。氾濫する情報の中から正確で適切なものを選び出す力が、一人ひとりに求められている」
・よくこのようなことがいわれるが、ではいったいどれだけの人が「正確で適切な」自分にとって必要な情報を選び出す力を得たというのであろうか?
・インターネットで検索しようとして、膨大なヒット項目数を前に呆然とした経験がないだろうか?
・せっかく集めた雑誌・新聞などの切り抜きを、机の奥や、久しく開けたことのないファイル、埃のたまった本棚の隅にしまい込んでいないだろうか?
・多くの人が、大量の情報とよばれているものに翻弄されているか、情報を活かしきれず腐らせてしまっているのが現状ではないだろうか?
その理由は、明らかである。大量の情報と呼ばれているものから必要な真の情報をピックアップし、その集めた情報を素早く読み取って消化し、即活用するための具体的な方法をマスターしていないことにあるのだ。
・私は、大学在学中に公認会計士試験二次試験を、大学卒業後、仕事をしながら公認会計士三次試験を受験し合格した。
・現在、私の事務所は弁護士、公認会計士、通訳としての一般業務のほか、それらの重なる分野である国際租税問題、国際紛争処理、倒産処理、税務訴訟、海外資金調達、国債契約、企業買収(M&A)など、多岐にわたる業務を行い、かなり多忙な日々を過ごしているが、睡眠はきちんと取り、また、年に数回、ハワイやオーストラリアなどで休暇を取り、おかげで健康体です。
・難関試験を突破できたのも、こうした充実した日々を過ごしていられるにのも、受験時代から試行錯誤の末に構築した「情報を速く集め、読み取って消化し、整理し、活用する術」を活用してきたあからだと考えている。
・そこで、私の具体的ノウハウが情報の収集、整理、活用について意識革命を促し、情報と呼ばれているものに翻弄され、萎縮しがちな情報についての頭脳、いわが「情報脳」を活性化できれば、と考えて今回の執筆にいたった。
・この「情報脳」を活性化させるべき理由は、単に速く必要な情報を得て活用できるかどうかという量的なものにとどまらない。その情報活用により人生を豊に充実させられるかどうかという質的なものまで発展する。
・なぜなら、情報と呼ばれるものが猛スピードで量産されているこの情報化社会で、一定の目的のため必要な情報をつかみ取り、それを活用して目的を達成するのは、川上にある目的地に向かって流れの速い川を遡ろうとするようなものだ。
川の流れの速度以上の処理速度がないと目的地に永遠にたどり着けない。
・「情報脳」が活性化することで、目的達成が可能になれば、おのずと自信も湧いてきて、人生をさらに充実させ、豊にすることとなろう。
・本書は、その内容を理解すること自体が目的の本ではない。本書を読んで一つでも自分のヒントになることがあれば、それを各自の目的に役立つように改良して。人生を有意義なものにするために、目一杯、活用していただきたい。アイデアは実行して初めて価値を生じる。

○序章
「情報脳」を活用化させるまえのウォーミングアップ情報収集に対する意識改革
○第一章
目的にジャストマッチした情報源は、こうやって速く探す
○第二章
情報は鮮度が命!こうやって速く読む
○第三章
一度見つけたら二度と探さない!情報はこう整理する
 

 

 


□論理学・論理思考(ロジカルシンキング)の基本素養が必要    
2012.08.15ms

●日本は、現在はまだ、鎖国型時代の名残があり、単一民族で、単一言語日本語を使っています。
また島国で農耕民族です。江戸時代に代表されるように、人びとは一定の土地に住み着いて、同じ顔ぶれの中で生活しました。
近年までは、企業は終身雇用制度、年功序列制度が前提、組織の構成員は同じ顔ぶれで、さらに上下関係が明確に決められていました。そのために、日本の社会、日本企業においては、物事を論理的に説明しなくても、お互いが理解し合えました。「いまさら説明しなくてもわかるだろう」とか、「何年やっているんだ、わかりきったことを聞くなよ」ということがまかり通りました。また上下関係が明確であれば、論理的に説明しなくても「上司命令だから、つべこべ言わずやりなさい」で通用しました。
日本では、論理思考(ロジカルシンキング)しなくても十分にコミュニケーションがとれる状況でした。
また「上司の考えを察知して、先回りして先手を打つのが優秀な社員だ」ということを平然と言われたいました。

20世紀の一過性の短期間の成功体験、ビジネスモデルの延長線上は21世紀もグローバル競争に勝てる確率は低くなってきたことに気づくときです。
後進国、日本優位の幻想は、国内情報、メディアが加工した一面だけで本流の格差は情報量「ゼタ」時代、追いかける側の成長は想定外に速いことに気づく時です。
海外進出企業が、日本流のローカルシンキングでは、外国の人が、金をのぞくと理解できない、現在の若者世代より、もっと価値基準行動基準、右脳の潜在にあるアジア圏の子供時代から定着した(日本侵略の多数の歴史館を子供教育の一環で遠足し、日本人嫌い排他する人格基盤への定着のしくみに、多数の現地現場を実際に見て、すべてのプラス領域行動はゼロ以下に一瞬でなる方法に愕然とした体験があります。嫌いは、左脳が優位なロジカルシンキングで納得し、共鳴共振共働し右脳の中の嫌いより好きの量を多くして建前と本音を一致できる方法しかないようです。)日本人嫌いが、アジア各国で賃金、我欲が、領土問題で、瞬間に、日本不買排他行動に替わる潜在パワーがあることに気づく時です。

この価値基準、行動基準の視点で「グローバル化」の世界の中で日本が国内の市場だけで、国民全員が共に豊に、腹八分目の我欲で幸せと思い込める中流層が60%以上にするために日本国を一つの企業体組織にまとまり、生き残るためのTPPでも世界の相場に依存しない、地産地消、自給自足国家の構築へスタートするときです。

21世紀後半に生き残るための日本国内の制御型人財は、国際法・規制・ルールを犯してさえ自国の権益を有利に行動する国がありますが、幻惑されず、日本は、国内が豊になり、その成功ビジネスモデルを構築することに専念するときです。その成功ビジネスモデルを世界に伝播させ、縁ができた国のある地域から共に豊にする貢献ができるようにすることができます。世界の中でも、「平和ボケ・平和」に徹して行動できる数少ない国の一つです。単民族、単一言語日本語であるからどこの国よりも速く実現できる最大の強みです。

21世紀後半は、本来日本人型(本来の日本の強みを活かせる人)が、世界の貧しい国を豊にできる新日本人へ変ることができる時代が到来の徴候がでてきました。
2011.3.11の東日本大震災、福島原発事故は日本人が、科学の限界に目覚め、個人主義優先、富裕になることが人生ではない、家族、地域の絆(きずな)の大切さに目覚め、映像メディアがすべて正しいと思い込むことが自分が選び確信決断することの重要性に目覚め、民放の内容は、スポンサーに有利の働くことに目覚め人が多い今だから実現できる確率は高く、既に2011.3.11以前へ昔帰りさせる忘却の「ための情報操作も多数でてきました。

地域の中小企業が、絆(きづな)で統合的に結びつくパワーが強いのは1000日(3年)程度で「カタライザーの機能を活かせば」実現事例が見える確率は高い。

国内、世界の相場価格の下限以下で生産できる内需拡大体質に、地域から変わり、地産地域が60%以上に増加させ、地域連携で地域固有技術で、国内を基点にして、地域連携で海外の無限市場へ創市場創客戦略をし、外国の地域で、地域の総人口の30%以上顧客化できた地域から、地域で地産地消で、地域が実体社会で、共に豊に生活で出来る、日本モデル、地域の業務言語を英語で単一言語に統一し、
地域の動脈静脈毛細管をつなぐ地域CATVを核にしたスマートソーシャル社会を実現させる、総合的プロジェクトのカタライザー機能を提供する。潜在脳の「日本人嫌い」を「日本人好き」に納得して換える行動展開ができる確率は高い。英語を公用語にした理由は、その地域が世界へ創市場創客の事業展開するときロジカルシンキングで国益、富国殖産を基準に有利に展開する目的の方法論の一つです。

◎日本人が英語の論理学、論理思考(ロジカルシンキング)に熟達することが、農耕民族としての以心伝心の強みを活かし海外で対等に国益、富国殖産行動をしながら、交渉国も儲かる共鳴共振共働型納得の、日本的ロジカルシンキングで世界に貢献できる時代がきました。

多くの情報メディアは、日本の弱点、重箱すみの弱みを過剰に指摘し、外国(他人の芝生)のよさ、強みだけを重点に見せて、日本が衰退する国、海外へ逃げた方がよい、日本男子より、外国人が優位を演出した情報が多く、あるスポンサー付の調査機関は、その視点から情報加工し、それを流用する白書の中にも「少し変」な方向づけが目立つようになってきました。
冷静に、公開情報を論理学、ロジカルシンキング、整合され統合された論理展開の領域から見直すと、どの情報源から出たものかすぐに気づけます。

少し歪曲した詭弁も含む情報で判断しないで、日本の少ない強みを最大限に活かした、弱小国(赤字拠点、業績低迷拠点)の地域からその国のモデル地域構築のカタライザーの役割を日本の実業実体社会の制御型人財はすでに、専門分野、総合分野で豊富なプロセス実績をもっています。
世界レベルの叡智さえ、日本国内単位のプロジェクトを構成する人は揃う時代がきています。
なぜ企業内の狭い思考の我欲の檻の中でだけ、企業我を妄信して行動しているのでしょうか?

地域の中小企業が連携するしくみが出来た段階で、「檻はなくなり」、日本国の国益、富国殖産(明治の時代は、超後進国が短期で、世界の当時の下限に追いつく行動の時代、戦後東京オリンピックが、世界の列強の標準を超える行動時代、現在は、地域実体経済、地産地消で共に豊になる資金循環増量型自給自足型地域CATVを情報量「ゼタ」時代の球形の中心(核)とした統合型スマートソウシャル地域の実現の行動ををはじめると、地域の制御型人財は、想定以上のスピードで、実戦力、知識力、知恵、成功プロセス量が累積してきます。地域の集団組織を納得型で日本型ロジカルシンキングで共鳴共振共働行動をすると、外国でのカタライザー能力は想定以上に成長を始める確率は高い。
地域が豊になると勝つからますます豊になる善循環の労働生産性、危機時効率行動ができる地域全員(生れた子供、高齢者、介護者も含む)の人組みができる段階がくる確率は高い。
他の国のように天変地異が少ない、広大な土地があり、膨大な資源が生れたときからあり、多くの生れたときから優位な条件の国と比較すると、180度逆方向で「天からの恵みが少ない」日本ですが、今の環境を世界の下限としてその環境を「何もないことが普通で当たり前」のことと捉えると、ハンディキャップをクリアしてした総能力が揃い、現在世界に拮抗している日本には、生き残る人としての知識、知恵、智慧、プロセスのプラス領域へ向けるベクトル方向が、他のどの国より沢山の情報量が集積した国・地域の一つであることに気づく時です。
まさに日本人がすばらしく成長できたことに天に感謝することに気づく時代がきました。
21世紀後半に世界へ貢献できる日本国の強みを現状認識することが制御型人財として、カタライザー(指揮者・触媒)機能の上限を更に向上させ最新化させて発揮できるプロセスの一つです。

●「グローバル化」で日本人の制御型人財は 日本型論理思考(ロジカルシンキング)の基本素養の体得を急ぐ時代になっています。
現在の主流の「ロジカルシンキング」の日本型修正が必要です。


社会や経済のグローバル化が進んできました。世界は「島国日本国でさえ」国境を越えて経済活動が活発になるボーダレス社会に突入。
中国、韓国やインド、ロシアをはじめとする新興国が、世界経済の舞台に踊りでてきました。
欧米人はロジカルシンキングが得意です。またそれ以上に中国人、韓国人は、ロジカルシンキングが得意です。
中国、韓国の政府首脳には、理科系の人材が多く登用されています。中国、韓国の外交を観察していると、米国政府の要求に対して論理的に戦っている様子がうかがえます。日本との違いはどこか?

中国、韓国は「国益」の「損得」にかわかる先進型「ロジカルシンキング」で日本にすでに「豪商外交」からはじめました。いよいよ、日本人にも世界の人にも「見える」ようになりました。
日本人は、現在の日本人の本流の対応を反面教師として、岡目八目の一人として、ビジネスの中で、世界で勝ち残るロジカルシンキングの構築するためのプロセスの組立てに役立つ「千載一遇」のチャンスのときです。日本の新聞、映像、メディアのユース、特番の組み方、そのスポンサーはどの企業家を体系的に分析すると、情報量{ゼタ」の時代にプラス領域量が多い情報源を見極めるための、価値分類ができます。
前提として「国際法として、現在、日本の固有領土として現在の近い歴史で優位である」にもかかわらず、日本の国土を 領土に併合させるためのディベート法の進め方にはいりました。
左脳型の合法的な説得法だけでなく、右脳の「日本人は嫌い徹底教育で育てた人」を 国際ルールで非合法行動と、若い世代の「日本人は嫌いで育った人」の合法的行動で、無意識、暗黙の脅威行動がはじまりました。その国の若い「大人型子供」の情報で右脳優位行動が多数自在にできる世界で見える時です。近未来の建前の世界で事業を展開する世界で唯一の平和ボケ国益意識の低い平和ボケの日本に対する本音行動の情報ゼタ時代を戦略的に活かす最上限を見ることができる21世紀後半の危機管理のための「情報量ゼタ時代」に最適手法を分析する千載一隅のチャンスの時です。
国際司法裁判所のような左脳領域での決定以外解決できない領土問題を、国連のリーダーが竹島問題の当事国であるため、国連の場での対話をさせようとする動きが出てきました。
多くの多数は平等な手法と錯覚しますが、最大に不平等な方法であることに気づくことが重要です。
論理的手法と、最適な心理手法を併用した暗黙的脅威行動がはじめました。
平和ボケ日本のたどる世界の多数決の最悪の結果が見えるときは近くなったようです?

正論でないディベート法は、どこかの論理展開部分で「詭弁」「矛盾」が必ず出てきます。
どの段階から出てくるか、何回、事例を置き換えて出てくるか、外交は心理戦で誰をどのように動かし、ネット、映像、メディアをどのように味方にして世界の非合法行動を正当化させるか、日本国内に見えない暗黙の脅威を浸透させるか、制御型人財は「天の恵みに恵まれ、日本の何千年もの間先人だった素晴らしい人が存在するはずの国の手法を「学び、真似る、プラスαを付加」して、日本的ロジカルシンキング、論理学を体系化して、「平和ボケ・平和を前提とした価値基準が優位の国」が世界の本流の納得の技術に進化させ、21世紀後半の世界の多数決人数が確保できるように綿密な準備を必要な段階にきています。
子供のけんかのように心理的方法の一つとして「超腕力」「金持ち」をちらつかせて見えない脅威で優位に交渉をすすめる方法もあります。

日本の20代の若者たちの価値観が大きく変化し、「具体的に仕事の指示がなければ、配属された部門の多様な業務をやらない。」「自分の得、汗を流すより机上が好き」、「周囲の空気より、自分中心」、右脳型優位典型行動の人が増加し、過保護で「口をあければ」周囲が困り仕方なく手をだす「指示」をする時を待つ要領よさ、「他人評価は低く、自己評価は高すぎる」自己申告時の自己評価と、他人評価とのギャップの大きさに気づけます。

日本の若者にも欧米流の価値観が定着してきましたが。企業益・国益、富企業殖産・富国殖産の属する集団組織の存在価値である価値選択、行動選択基盤が欠落したり、少ない若い世代が多く、この第一ボタンをかけた上で組織が若者の力を上手に活用し育てるために、会社の目標、組織の目標、個人の目標というふうに、論理的に話を展開していく必要があります。
「だから君の今の仕事の重点はこれとこれで、そのプロになるために、こんな具体的な執務の基本があり、実務をしながら、関連知識技能資格を取得した方が将来の得になる項目である等」、チェックリスト、共有イントラネットの活用等の基本動作を反復体得が普通の行動であるように習慣化させる。
右脳で判断する好き・嫌い行動とは異なる左脳で納得する方法が必要です。
「説得」した場合は、建前で上司に合わせただけで、本音は過去のまま固定しています。
短期で元に戻り、すぐ軽い「好き・嫌い行動」が本音が出やすいプレッシャーの場面で想定外の形で、お客様の前で発言行動として出て驚く現象がありますがそのの原因になる確率が高い。
納得すれば、「建前だけでなく本音も矯正」できています。
エンジン搭載型jの人材として情報量を上手に選択して、従来の視点が異なる、プラスαの本流の軌道を修正と実戦行動ができる確率は高い。「若さのパワーが想定以上のプラス領域量を多くする無限の領域」があることに気づけます。

●「納得」の論理学、ロジカルシンキングが、若者の戦力化の分水嶺となります。

「グローバル化」とは 価値基準、行動基準、身体能力、「好き嫌い」「損得」等異なる異民族移民国家、集団組織の場合、狩猟民族は、「瞬時のスピード行動が 成果・勝負が決まります。」「施行錯誤をしているヒマはありません」「確実に勝をとりに行かなければ、経営資源や時間を消耗する」そのために、「成功のシナリオを描く力が求められています。」「確実な目標達成のために一発必中(1発で必ず成功させる)」
最初にはじめた者が、圧倒的なシェアの法則「ファーストムーバー・トップシェアの法則」、最初に新しい事業や画期的な商品や技術を開拓した者がトップシェアを握るといわれています。
論理思考ができる人は、「いままでとの違いを分析」「因果関係を明確化」「結果を総合的に予測」等、
「潮流の違いに気づき、分かり、周囲に気づかせる」ことができる人、集団組織です。
ロジカルシンキングしない人は、「やってみなければわからない」「環境・運が悪かった」「戦う相手が悪かった」等「根拠のないものを信じる」「失敗を責任転嫁」「20世紀で時間が止まったワンパターン」等「潮流の違いを気にしない」人、集団組織です。海外、競合他社の「カモの企業」になり、狩猟される時期を待つ企業となります。

「ディベート法による説得が主流でした」
欧米(特に米国)では様々な価値基準行動基準の異なる多様な民族の集合体です。
米国の経営者の大半はMBA取得者といわれています。CEO(最高責任者)は経営者の専門職として全米では高い地位と超高額収入が保証されています。
米国にはロジカルシンキングが必要不可欠な背景は、白人、黒人、アジア系、南米系など多様な異民族が、移民して国民を構成しています。様々な民族により、価値観が複雑な利害関係を生む米国では、論理的の相手を説得しなければ組織が動かせない背景があります。
ブルーカラー(現場)よりホワイトカラー(机上)を分離し、それぞれ専門業務の分掌ができています。

1.「国民を論理的に説得して、論理的に物事を進めること」その典型が、ルールに厳格であること(下限管理)、経済指標は数値で示すことです。(ノルマの個人数値目標管理と下限以下の罰則)
2.「共通の目的を持つこと」論理的な整合性があるものに対して、組織は反発することはできません。
個人の好き勝手な意見や行動を押さえ、ある方向に組織を導くのが論理でです。組織は論理的な整合性のある考え方に従います。

3MBA型ロジカルシンキングの本質は、左脳を論理思考説得(狭義のロジカルシンキング)と右脳を心理催眠(右脳の潜在脳をある方向ベクトルに向ける洗脳の仕方)で、「説得」・建前の「納得」の構想を誘導する方法です。
なぜブルーカラー・創市場創客の実体行動し、業績結果を出している多数の人は低所得層を多数構成し、ホワイトカラー(仮想の情報管理をする人)が優位で中間層富裕層を構成するのでしょうか?
経営者経営陣(グローバル企業等経営戦略が必要な企業は、それ相当な収入が業績貢献度として必要ですが、超富裕層にふさわしい人は誰でも承認できる人は何人でしょうか?
特に仮想の業界で政府に資金繰りを補填してもらえたり、政府から口をあければ、利権誘導できる棚から牡丹餅の人の収入は超富裕、超高額年金はおかしいと考えたことがありますか?
米国の過去の成功経営者経営陣がで倒産寸前でも超候欠くな収入が当然といる心理手順を活かし、説得し、超高額な退職金超豪華の専用機を使用し、その論理的展開で押し切りました。なにか、変な行動と感じませんでしたか?
日本の慶応大学で、富裕が人生の成功者であると講義をした人もいます。まだ実務実践がすくない一円を稼いだことのない、学生は、何か論理の狂いを感じた確率は高い。ただし、学校側の人は、創業者の伝統で何もきづけなかった確率は高い。
事業の中の貢献度比率の分割を平等にする「腹八分目」の視点に立つと、ブルーカラー、ホワイトカラー(ブルーカラーと兼任管理者は含む)、経営者経営陣の総人件費按分を、人数に相関して2/5、2/5、1/5として共に豊になる日本型「もとつもたれつ」が集団組織の総付加価値労働生産性を最適にできる確率は高い。中流層が60%以上の多数化できる日本型ロジカルシンキング構築の時です。

●「論理」と両輪としてMBAの経営陣以上の人がプロとして活かす「心理」、「CRICSS(クリックス)の法則」は心理学の世界的権威であるロバート・B・チャルディーニ教授(著書に世界的ベストセラーの「影響力の武器」があります。)研究をヒントに、「人を動かす6つのルール」を構築した人がいます。

コンテンツを活用する人は、プラス領域量の多い人50%、マイナス領域量の多い人が50%であるため詳述は割愛し、制御型人財は、力まずして最適行動したい人は、自力で綿密に情報精度の高いものを探しプロ化した方が「得」な技術の一つです。

参考
「CRICSSの法則」は、各要素の組合せの右脳の潜在脳に共鳴させて心理的催眠「思い込み」定着させ
一定のベクトル方向へ統一行動させる技術。
(C)ommitment 、 in (R)eturn 、 (I)nfluence、 (C)omparison、  (S)carcity、 (S)ympathy 

◆事例 全体最適な手法として「MBA型ロジカルシンキング」、組織が人を動かす多数の異民族型大企業中堅企業なら成功確率は高いですが、、日本国内、単民族、地域の中小企業が、グループで協業し、一体企業群として、地産地消。自給自足、共に豊に、実体経済優位で、世界の金融相場の影響を最小化した場合、冷静に最適探しをしたとき、「もちつもたれつ」の視点から見(観)ると変な論理と感じませんか?
「来期は会社の利益を2倍にします」と経営者が言ったとします。
しかし、社員にある人は「なんで私が利益に貢献しなければいけないのか」「経営者が勝手に言っている」と直感的に感じる人がいるかもしれません。米国の会社では、利益を2倍にするために個人の売上や利益目標、つまりノルマを厳密に定義します。経営者は従業員に対して「いくらの年俸をもらうためには、これだけのノルマ達成が必要だ」「このノルマを達成できなければ、来年の雇用の保証はない」と明確に提示します。米国は契約社会です。「ここまでやったら報酬がいくら」という考え方が、社会風土として定着しています。考え方が異なるさまざまな民族を束ねるためには、説得性・納得性が高い共通のルールが不可欠になります。「納得性が高い」ためには、論理的な整合性が確保され、そらが相手に伝わることが必要です。
そこで、ロジカルシンキングが必要不可欠になっています。
英語は、日本語(左脳領域)に比べて極めて論理的です。
英語自体(右脳領域)が論理的なためです。
5W2H(Why、What、Who、When、Where、How、How much)とシンプルであり「右脳領域」に言語脳がありあす。右脳の潜在基盤を説得されているため、その集団組織を離れたたい、嫌い・損が優位な時覚醒して左脳で実体社会の適応した行動が始まり、ヘットハンティング機能が有効に機能する確率は高い。

日本語の言語脳は左脳にあるため、英語より右脳の潜在脳をシンプルに説得納得させるためには、難しく、集団組織の暗黙の規制ルールで、暗黙集団強制で建前(メッキ)行動として説得できますが、納得していないため、集団組織の中でさえ、企業内批判、企業なマイナス情報を暴露する、本音(地金)がでてくる確率が高い。説得の反作用現象が、社内派閥となり集団化する左脳優位で納得し共鳴昇進共働したとき、左脳右脳が整合されて納得行動をするためです。日本人の強み集団組織の乱れない全体行動というすばらしい総能力量を発揮できるようになります。

すでに20世紀の大国、先進国のロジカルシンキングだけのディベート方式の説得の限界が見えてきました。21世紀後半は、ディベート型説得(映像、メディアによる右脳の錯覚も併用)から、狩猟民族のロジカルシンキングのプラス領域量の多い「よいとこ」を採り、日本を農耕民族文化を伝えていただいた、中国韓国型祖先の先人の国に学び自国国益を優位にするロジカルシンキングの手法を「学び、真似る」て、納得、共鳴、共働のための日本型ロジカルシンキングの構築を急ぐときです。

情報量「ゼタ時代」、過去の先人の知識、知恵、智慧、最新の高度な情報共有化情報、管理のためのセンサー情報等、多数の情報を個人が左脳右脳に短期で蓄積(長期記憶量には、人により総量上限がありますが、短期記憶機能と、自分独自のデータベース型記憶補填蓄積し脳の補完機能に活用すると、20世紀代までの、左脳右脳の常に拡大を続ける脳演算回路の活用領域の生涯活用上限を拡大できる確率は21世紀前半で高いことが確認できました。
個人の総脳記憶量(プロセスも含む)は上限があります。外部記憶補填として、本が主流でしたが、21世紀個人が目的的の自分流に脳の演算回路と整合させた累積データベース(断片知識だけでなく、統合知識、プロセス等)を活かすと個人の生涯死ぬまでの人格基盤の成長は、想定を超える段階になったようです。個人が属する集団組織の人数の増幅機能と共有イントラネットを活用し、企業益と富企業殖産、腹八分目地域・社会貢献し共に豊にする行動増幅ができる確率は高くなりました。

プラス領域量の多い行動をする多数を輩出するためには、世界の制御型人財の成長数がある必要数以上に育つための「時間との戦い」の時代に入り、人類の豊で健康な子孫繁栄のための分水嶺をプラス領域量の多い方向を選択できる実体社会での行動総量で決まる時代に入りました。

情報量「ゼタ時代」の中のプラス領域量の多い方向へ向けるベクトル探しと、制御プロセスへの半歩前進すると、すばらしい未来への光明(くもの糸)がぼんやりと観えはじめます。
 

 


 

商品一覧