開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

創市場創客で事業業績基盤強化

■創市場創客で事業業績基盤強化  060720

創市場創客の具体策事例>創市場創客で事業業績基盤強化



 

創市場創客が必要量増加するためには日常の事業行動が、常にお客様
接点を強化し続けることが必要十分条件。

今の事業展開の経営資源を最先端維持するためには、経営技術の最新化
するしくみの外部の智慧が必要です。

経営陣が、最先端の経営手法を環境適応できる自社にふさわしい戦術戦闘
総能力を増加させ続けなければなりません。お客様との接点強化への行動
が必要です。常に黒字領域へ向かうベクトル方向に軌道制御が必要です。

多くの機関、企業、機能が沢山あります。中小企業はふさわしい組織機能を
パートナーとして活かし、スピード変化が速く競合他社の成長も早い環境で
適当し勝ち残るためには自力だけでは、不足する部分を補完するした方が成功確率は高くなります。

豊富な実証検証実績量が多く、体系化累積が優れ多く不易の基盤が
増加している組織は、さらに環境変化しても、流行の上限適応量の多い
経営手法を採ることができます。自社にふさわしいプラスαの修正確率が
高い企業になっているからです。世界の最先端を意識するとき、役立つ
暗黙知の一つとなります。

A志援サイトへ誰かが来訪した人財がいる規模人材数が揃う企業
を選んで企業組織を掲載しています。
各部門の制御型人財の数が増えれば世界に比肩し勝ち残る確率
は高くなるようです。

◎地域を基盤とした、第四次産業型の食品産業企業群、地域が
地域密着CATVを核心にして地域総合インフラの統合により、実体
経済が優位の地産地消と地域行政が法人税収により潤沢な資金
を地域に戦略的の投資し、閉エリア内の資金循環を汗をかき行動
する地域から実績を出し、勉強仲間行動仲間に入る地域へ伝播
する。机上の間接人員は最小限にして、その間接人員の直接人員
のように稼がなければ、給料原資が少ない(間接人件費7%)とし。
間接は間接でなければ稼げない分野が沢山あります。



●「業界団体の活動内容から学ぶ」

◆共通(経営・経済・貿易他)
◆環境
◆エネルギー・資源
◆製造・技術
◆建設・建築・土木・橋梁
◆IT・情報・通信
◆物流・ロジスティクス
◆流通・卸・小売
◆金融・不動産・証券・クレジット・リース
◆農林・水産・食品
◆都市・地域開発・区画整理・土地測量
◆河川の保全浄化関係
◆地域の観光・旅館・ホテル関係の支援
◆中小企業が海外に創市場創客するときの志援


●「専門学会の活動内容から学ぶ」

 

 
更新 2011.11.14


 SAPジャパン

2008.06.12の内容です。
日本人社長が初めて登場した時です。現在2人目の社長が活躍されています。
2011.11.01現在

内容も日本企業が多国籍で海外で活躍できる言語が異なっても国情にあわせてしくみシステムを対応できる世界標準化がすすに、その国別の上場中堅企業からはじまり、現在は中小企業へも対応できる日本の業種別支援企業(SAPパートナー)が多数育ち、実績をあげています。しくみシステムの経営の事例、創市場創客、ロジスティック、人材評価等多機能で活かせるプラットオーム方式をでソフトが構築されています。

日本のガラパゴス型ソフトは、国内優位の方法で、世界戦略多国籍型の多民族には適応できず、日本に愛国心が薄い、無国籍型若い外国かぶれの日本人に日本でさえある複数の企業が、世界からの退場、日本からの退場時期が近づいています。中小企業のしくみシステムは国内、売上規模が小さいので国内だけで勝ち残るようなオンリーワンの暗黙知豊富なしくみに進化させるときです。
そのためには、プラットフォームは世界に通用するものにして、マクロマクロを暗黙知にすることが必要です。日本国内、首都圏は多国籍と酷似、政令都市、大都市は外国の大都市を想定した戦略展開のテストマーケチングの場、過疎地は後進国への適応プロセス構築の場、
高齢者は金がない知識人と超富裕な金持ち(外国人と酷似)で人質、人格が異なる対応をする場合、20世紀でソフトのプロセスが固定部分(標準化の錯覚)が70%を超えたものは、世界に通用できるかわからないものが多くなったようです。
    2011.9.30

 


SAPは創業35年を、SAPジャパンも設立15年を越え、IT業界で最も重要な企業の1社に位置づけられるようになりました。 これは「ビジネスに対するお客様の要求に集中して耳を傾け、新たな付加価値を提供し、お客様を成功に導くこと」に邁進してきた結果であると考えています。

当初よりSAPはお客様側に立ってビジネスを眺め、ニーズを認識し、時代を先取りしていく、という姿勢を基本としてきました。 そして今日、世界中の企業にSAPのソリューションを採用いただいているという事実と実績は、私たちの姿勢のあり方をますます後押ししています。

企業を取り巻く環境はさらに複雑化し、ITソリューションに対する要求もいっそう厳しいものとなりつつあります。変化する経営環境にいかに機動的に対応し、投資効果を上げていくのか。企業にとって重要な経済活動全体を支援するシステムに携わっている私たちには、常にその問いに答えられるだけのビジョンを提示することが求められています。SAPはこれまでも実世界と情報世界の統合を実現してきました。これまで培ってきたビジネス経験と最新のテクノロジーを基に、経営環境の変化を確実に企業の強みに変える、最良のソリューションを提供し続けられると確信しています。

SAPは、初心を忘れず、そして常に時代の先を見据えながら現実の経営課題を解決し、お客様が思う以上の結果を残していきたいと考えています。 

大企業向け実績が多いですが豊富な実績から、投資効果を重視しなければ存続できない 「中堅・中小企業」に対応した、高額で複雑なシステムを導入するための時間をかけず、手ごろな価格で簡単迅速導入できるSAPソリューションは、経営のためのリソースを損なうことなく、導入企業に新たな付加価値できます。
●あらゆる部門でITを活用して、市場の変化に対応する”力”ホワイトペーパーを紹介ダウロード実施中です
●理想的な生産オペレ-ションを実現!   生産現場の”見える化”に役立つ情報のダウンロードサービス
●「人を育て、さらに成長する企業」になるためのノウハウのダウンロードサービスを開始しています。    
日本企業がグローバルな競争環境、多様化するビジネスモデルに 対応し、 競争に勝っていくためには、「キャリアパスとスキルのマネジメント」、「人材の 評価」、「教育・研修制度の最適化」、「適材適所を 実現する組織マネジメント」  など、タレントマネジメント(人材の育成の仕組み)が重要になってきています。    
本サービスでは、制度設計に取り組む際の進め方、計画方法と効果の測定方法などを解説した特集記事と、新たなタレントマネジメントのシステムを構築した事例を紹介しています。

◎多くの大企業中堅企業がSAPジャパンの資格を持つパートナー企業として日本風土に合わせた修正補完をして 海外進出できる規模の企業を重点に導入業務をしています。多くの企業が黒字化体質へ変わる経営資源の最適行動できるように変えているようです。






 

 ◇アクセンチュア



 


最新の情報技術及び各業界に精通したグローバルに広がるビジネスネットワークと、152,000名以上の社員が有する深い知識を最大限に活用することにより、お客様と共にパフォーマンスの高いビジネス実現を目指している。

日本国内で事業展開している企業の、本社の大企業の日本戦略の支援として、その取引先も含め多くの大企業中堅企業の組織しくみシステム経営の
支援をしています。
 

 ◇パシフィック コンサルタンツ PCKK

新しい経営陣の体制で再発防止策が採られ、現在は次の成長段階にかわっています。

オーナー型経営の多い、中小企業の公私混同経営、同族経営が陥る事例の一つです。特に技術者、専門化集団の経営に役立つ事例






 

パシフィック コンサルタンツ(PCKK)は建設コンサルタントとして、技術と知識の高度な融合、総合力で新たな価値を提供しています。多くの有資格者の組み合わせで、困難なテーマも多く解決実績があります。

◎世界的視野を持つ、プロの経営者、経営人が経営をする規模になってきました。 
専門家、専門性偏重企業の陥る典型である事件が表面化しました。真の管理、内部統制、CSR企業の社会的責任、財務戦略等に関する進化が最適整合しない 事例です。人財としての成長が異なり、専門性の深さを追求し、「人間として」 社会性の成長がすくなく、20世紀発想経営陣の「我の経営」典型兆候。 
20世紀成功したオーナー型経営者に多い価値判断です。最低ISO等の世界標準のマネジメントシステム、規模に応じた、経営の視点での内容へ進化が必要条件です。  

短期で対応できる内部の牽制力はあり、固有技術統合力は日本でも比肩できる 企業は少なく、次の成長が期待され、高額の設備投資をするときの業務のなかみ ・質は総合的サポート企業として役立つ企業です。

朝日新聞 2007.10.18  不正経理疑惑 海外の建設コンサルタント業務の大手「パシフィックコンサルタンツグループ (PCIG)の元社長(71)らが、国から受注した中国の遺棄化学兵器の処理事業を めぐって約9,000万円を不正に流用したとされる事件で、東京地検特捜部は 19日・・・ 朝日新聞

2007.10.17  ODA事業でも過去に不正 また、06年の汚泥、し尿処理施設工事の入札をめぐり談合事件では、大阪地検 特捜部が、独占禁止法違反(不当な取引制限)容疑で、グループ会社の中国支社 (広島市)を捜査している。

 ◇オリエンタルコンサルタンツ

 
2007.10.02現在


 


21世紀の環境創造にチャレンジを標榜。「総合的な知的サービスの提供を通じて、顧客が期待する価値を創造し、顧客の満足を追求して、世界の人々の安全で豊かな暮らしに貢献する」ことを目指しているコンサルタントの一つです。
総合的な知的サービスは、国土マネジメントから行政、福祉、教育等社会環境全般にわたります。
高度な最新の専門性の追求と、総合力発揮のための高度な組織を追及し、実戦、有資格者化数を着実に増やし続ける企業です。

社会基盤整備事業の構想・企画、計画・設計、施工管理から維持管理までを主な事業領域とし、顧客(発注者及び国民)が抱える課題に対して、専門的見地から問題解決の方針や具体策を提供するプロフェッショナル集団の一つです。

 ◇コーポレイトディレクションCD

 2007.10.02現在


















 

●企業や事業の進化の方向を見定め、その変革を現実化する”Real Change"  Aget
コーポレイトディレクション(CDI )は、1986年の創立以来、クライアント企業の抱える経営上の諸問題に対する固有のソリューション=「現実解」を提供することを使命として、経営・戦略に関わるプロフェッショナルサービスを行っています。戦略コンサルタントが提供する真の価値は、顧客企業の潜在的変革力を見出し、その企業独自のスタイルで変革していく過程を共に担い、実現へと導いていく方法を採っています。

”Real Change" Agetとして、実践サイド、実行支援サイドへ深耕
経営トップ層のみでなく、ミドル層の意識/行動をも変えなければ、企業の変革は現実化しません。CDI は経営トップ層への戦略提言をするのみでなく、ミドル層を巻き込んでの戦略の実行/定着に向けた共同作業にも積極的に取り組んでいます。戦略立案への関与が部分最適に陥らない実行/定着支援を可能にしており、実行/定着支援の実践経験がリアリティのある戦略立案につながっています。

●ネットワーク
国情によって異なるグローバル戦略の構築・実行には、広範な情報と当該地域への深い理解が欠かせません。CDI では、世界有数のコンサルティング・ファームであるマーサー・マネジメント・コンサルティングをはじめ、海外有力コンサルティング会社との緊密なパートナーシップにより、グローバルレベルでの企業展開を多面的にサポートしています。

また、特定業界において圧倒的なノウハウを有するプロフェッショナル・ファームとの提携も、CDI のワールド・ネットワークの特徴の一つです。それらパートナー企業独自のコンサルティング・メソッド、特定領域における専門性などとの深い相互作用を通じて、従来のグローバル・ファームの枠組みを超えた新たな価値を創造し続けています。


 ◇船井総合研究所

2007.10.26現在、日本で創業した第三次産業を重点にした経営コンサルタントファームに一つ。手法は輸入ノウハウが基盤となり、日本風土に合わせて適応し創業社長から同族でない4代の社長に事業継承され、20世紀代のアナログ優位の価値判断が、21世紀に適応変化し、グループ企業として、専門企業も分社しています。
定点チェックすると第三次産業型、ものづくり、いきものづくりの結果としての製品商品が市場で勝ち残る誰でも見えるかたりの戦術戦闘手法の変化がよく変わり、業種業態別プロコンの数で、事業展開に高額の外部力投資しているか変化徴候がわかりやすい企業の一つです。勝つための事業展開をする制御型人財はよいとこ探し(現状肯定型)の方が、自社にプラスαを付加できる確率は高い。

現状否定型もありますが、短所をカイゼンしすることが目的となり、社員が萎縮し、行動人財のパワーが削がれ、平均人材の増加で長所が伸びなくなる、黒字化ベクトルを減らす確率が高く、中小企業は、事業継承ごとに業績が乱高下し、内部留保がなくなったとき、企業がなくなる確率は高い。
 労務財務重視のため、コンサル手法も不易重視で、老害優位で最先端から乖離企業が多くなる確率は高いため割愛しました。

東京大阪 一部上場 (船井流実践企業)
商品力100%の時代から商品力50%人間力50%へ商品力40%人間力40%取り巻く環境20%と重要度が変化し、企業成長格差因子の数はさらに増加 し、またその因子ごとのウエイトも減少傾向にあります。

Web情報の進化で、戦略・戦術情報は投資資金量が同じ競合企業と仮定すると、競合他社との総合格差を少なくできるようになっきました。(M&A,海外大 資本企業の参入等の事例)

しかし、投資資金力がない企業の場合は、従来のままでは競合他社に追い越され、企業存続さえ出来ないケースも出てきました。

船井総研は流通業界で企業存続のために環境適応するために、個別に・自在に”戦闘総能力量”を変化させる現場主義、事実主義、自ら創つた事例主義で経営志援実績を上げています。短期の結果がでる即戦力のある方法で志援してもらえます。

規模の壁も越えさせ成功させ、その規模変化のしくみ・なかみ・人財の成長ノウハウ推移を体系化し構築している船井流の情報は、他の業界へ も短期の業績基盤の変化が出来る確率は高くなります。

流通業界ほど同一型商品・製品で新規参入淘汰の激しさが少ない”あなた”の業界の中で”戦闘総能力量”を”もうちょっと”増やせば競合他社に格差をつけることが出来ます。戦略シナリオを具体的な戦術シナリオに直し、戦闘し、その計画とのギャップを検証し、戦略・戦術シナリオの修正をするサイクルのスピードはどの業種・業態より速くなります。

そのシステム化・マネジメントのシンプル化は”あなた”の会社の複雑化 した内容をスリムにできます。

船井流のノウハウは企業の軌道を変える効果的きっかけ(トリガー)の一つです。◎社員数が200名を越えると、先行投資型の世界標準以上のIT系のしくみシステムを付加し、組織型、潤沢な人財の補完ができるしくみが必要となります。社会的責任CSR、環境を遵守した中堅、大企業の経営段階に成長してきます。組織の中の構成員一人ひとりの価値判断の段階を「組織最適」にするための実戦行動の優先順位を修正し、より高い人財成長レベルはのランクアップが同時並行で必要になります。

 ●関西社会経済研究所

グローバルな視点からの政策提言、経済分析に関する調査研究を通じて日本の構造改革を後押ししてています。KISER(カイザー)は関西社会経済研究所の英文略語新公益法人化への第一段階として、評議員、理事の権能を変更する新しい定款が、2010年4月19日付で主務官庁(内閣府、文部科学省、経済産業省)の認可を得ました。これを受けて4月20日、評議員選定委員会を開催し、新評議員をご承認いただきました。今後は新体制の下、新公益法人化への第二段階「公益法人の認可」を目指しています。
 


 ●TKC

数字の結果を活かし、黒字化する数字目標実現のために経営資源を最適なしくみ、システムでスピード経営をする事業展開の仮説を探し、常に競合他社の成長以上になる体質改善をするとき、第三者の数字結果をプロセスより優位に捉われない判断のしくみを中小企業は特にガラス張り経営でないオーナー型経営の場合牽制機能として必要条件です。社内監査役は、経営陣監査の場合、経営陣優位に機能し牽制できない確率が高い。財務の不正行為隠蔽事例は、オリンパスは氷山の一角の確率は高い。


 

TKC1社が士業である税理士会計士の支援連携組織が全国で構成する機能が地域密着型で、地域に貢献しながら発展し、TKCの全機能を活かしながら日本国中小企業の赤字体質に歯止めをかけ、地域の行政金融機関団体と連携する機能する機能をさらに21世紀型ネットワークを活かせる確率が高くなってきました。
産学官を繋ぐ経営数値を介するカタライザー(触媒)機能が国の税収管理のしくみとして機能が洗練されてきました。

制御人財を目指す人は「TKC全国会のしくみ」を活用することを推奨
ただし、「笊(ざる)に入れるもの(サービスも含む)の量をもれる量より多くするしくみ」、税金を多く支払える方向の情報源の一つです。中小企業が黒字化でき確率をさらに上げるためには、創市場創客のしくみを地域密着CATV機能を活かして地域の全インフラ機能を活かすと、地産地消型、安定業績基盤ができる確率は高くなりました。 





 

 

 


 ●人材アウトソーシングの中で勝ち残る

しくみシステムの進化に応じた人材パートナーを探すときの事例
 

 中小企業が新しい、しくみシステムへレベルアップしたとき、社員は変化に適応して短期で業務に行かせる人は20%、40%は業務慣性の法則が働き本音は変わり難い現象があります。そのとき、すでに新しいしくみシステムで日常業務を自在にできる実務リーダーとOJT教育担当も兼ねて、しくみシステム構築企業グループから一定期間、関係する部門に実務人材をアウトソ-シングして、事前にOFFJTで教えたマニュアルを早く実務に融合するようにする。現在派遣から紹介予定派遣に変化し、請負方式で実務専門化の労働派遣が可能になり、より早く、社員の実務能力を不連続にレベルアップできるしくみが成長してきましたので、活かし、ある段階の目標を達成した段階で契約終了もできます。なた、紹介予定派遣で6ヶ月以上社員のプラスαの付加ができる人材かを見極めて、採用すると、社員の上位ランクの幹部候補へ成長確率の高い人もいます。
 


 ●総合人材育成システムの確立














 

 即戦力だけでなく10年後の全社の部門別必要人材(人財)数を、戦略的に育成する日常のしくみシステムの構築が必要です。高度な専門知識を多数、企業では想定できない金額を優秀(知識基準だけ)な人群に育成投資しています。大学生、大学院生や、地域で活躍したい基本教育が徹底した若い人たちの就職の門戸を開き、入社10年で、新鮮な保有した知識を引き出し、社員が、知恵として活かし、業績貢献総量を増やすしくみにすると、机上理屈型でない、汗をかき素直に行動し、成功実績を累積させると、ある期間が経過すると、従来の成長スピードの中堅社員、幹部の成長を超え、さらに成長スピードを加速する勝つから強くなる制御型人財に育つ確率が高くなってきました。個人評価は抑え、組織人評価を優位にして、慢心しやすい潜在脳を抑える気の遠くなる矯正が必要な人が55%を超えていることだけ留意した育成が必要です。従来に企業の教育体系に欠落したか、刹那の新人教育で流した、ゼロに近い帯域の価値判断部分です。現在の10歳までの基礎教育では欠落し、人の評価にない要素です。戦前は伸ばす帯域があった部分で、世界に比肩できる人財数を増やすために必要な領域の一つです。

●創市場創客実現の「知行一致量」アップの方向

●自分を変え周囲が変わる価値判断

●経営人材システムの評価

●勝ち抜くビジネス手法

●創造的マーケティング

●着実に人財に成長する機会を活かす

 

 

 

 

 

 



◎国内市場が拡大しない、競合企業が海外企業参入時代の勝ち残る方向

地域が縮小市場になり、個人の総消費金額は、少数の富裕層を除くと、高齢化と昇給率の高い若い
世代が、成長企業の就業率が減少し、加速度的に低所得層の増大がはじまりました。

若い世代が、先楽後憂の借金返済型生活が主流では、人口増加確率が低く、金を求めて大都市圏
へ移動し、年齢分布は、安定収入世代の30代から50代までの比率は、高齢者層の増加傾向になり
総消費動向の内容分布が、変化し、ブランド型大企業中堅企業は、販路価値が減少し、拠点縮小
人数減少傾向が見える化してきました。地域での統合拠点となり、時間生産性と業績追求が厳しい
ため地域市場の顧客密着力は低下し、赴任する人も短期で養成人材が回転し、地域のプロパーの
よい人材は、多拠点、本社へ短期で転勤する個人評価優位の時代、適正規模で重点エリアごとに
展開する中小企業は、行動工数の悪い郡部は、ほとんど無風で、シェア拡大できる確率は高くなりました。

地域密着型信金地銀、JA等と連携し地域CATVメディア機能を活かすと、金のない人の多くは、ブランド
を買いたくても、知識富裕体験が潜在脳に残り、ランクの低い品質機能で満足できす、ブランドと同等で
やすい、メンテナンス、アフター、ビフォアフォローが行き届く、同価格程度なら購入する数が増加する
確率は高い。TPPになると、国内、地域のブランド力のある企業は、海外比率を拡大するため、今より
強くなれず、海外からの参入企業の狩猟型の低コストによる地域侵攻なら、中小企業企業は、ものづくり
製品商品が故障率量が増える1年以降から、一気に市場を勝ち取る力はあります。
地域の中小企業の食品産業群は、地域の生産者のローコスト高品質生産のしくみシステム構築の支援
をして、すべての原料を地域で調達できるようにする。世界の高騰する投機的商品相場に依存しない、
体制にすれば、価格破壊の輸入食品産業と拮抗できる価格で地域供給ができます。上場企業・中堅
企業の輸入品で勝負する第三次産業より、地域ふるさとを守る郷土愛、地域の人が多くいきものづくり
で働く、人海のしくみを構築していると、地域が優位に短期ですることができます。地域密着CATVで
働く人の主役として登場、地域の生産物の案内、地位での安売り場所の紹介。(ブランド企業のゲリラ
型地域での商店街での実施)安売り場所を月内巡回、年内、旬のイベントを商店街罰に組む。
集客のために、巡回バスを動かし、移動が難しい高齢者、障害者のためお、巡回バス兼コンビニを兼ねる
複合車体を活用する。エリア別、保冷倉庫をつくり、学校、施設への食のデリバリーを行う。
地域一体化農耕民族の「もちつもたれる」の戦前の勝つ組織行動の原点「勝つまではしのび難きを忍のび、
耐え難きを耐え」て共に地域が豊かになり、子孫繁栄を目指す」ときです。

民主主義個人平等のマイナス領域が、裁判官でさえする時代になりました。「一票の地域格差は憲法違反」
正論に見えますが、個人より地域組織の価値が優位であることに気づけない国家観欠落した「賢バカ」が
本流になってきたようです。
多数決社会絶対優位の時代は、人口減少する過疎化地域と、人が密集都市、大都市で候補者数が異なり、
浮き草の政治と人気投票と混同思考しかできない、個人「すききらい」行動の人が30%を超えてきた大都市
優れたプロ政治家も、当選が難しくなり地域は候補者数は少ないため、常に弱者となり、国家予算の分配も、
地域は常に弱者となり、地域の財政は原発、基地のような劇薬による国の恩典を受けて、財政破綻に歯止め
を掛ける手段が唯一と思い込む弱者思考が地域の本流のようです。
世界の国さえ、戦略的に破産できる超富裕な金融資金は、投機相場が優位となり、実体経済と完全に乖離
する徴候がでてきた今、実体経済を優位とした地域社会は、世界の豊かさ地域自然すべての環境健全な身体、
健全な精神の人の数を55%以上にすることは、小単位だから実現できる確率は高いことに気づくときです。
TPPの今後のメディアを綿密に分析すると、メディアごとの価値基準、世界観か企業観か、国家のメッセンジャーか
が見える千載一隅のチャンスの時です。ものづくり優位の経済団体は何をいうか、その企業が何をするか、
その企業の潜在脳(煩悩・本能)行動が見えます。反面教師として日本国の子々孫々繁栄のために「何から始めるか」
すばらしい未来を創る行動を一人からはじめることを待望しています。

勉強仲間、行動仲間は日本を滅亡しない未来なら55%以上が揃い、滅亡すべ国なら45%以上にはなれない
かもしてません。原因行動が、結果を生むだけで、わかりません。

A志援ができることは、プラス領域への「くもの糸:光明」を探す素材しか提供できません。若いときの
行動総能力はありません。そばに、代替して動く人もいません。このサイトに来訪した、世界のアクセス総数の
限りなくゼロ確率のサイトを探し当てた「あなた」のような人財が確信決断のトリガー発生の起因になることを祈念
するだけです。


1.創市場創客(最高評価部門にし、お客様のムリ、ムダ、ムラの生産性の最悪の新規開拓評価と
契約後3年で、黄金の固定客になつた評価を最初の直接契約者にする。

多くの中小企業で実績を上げ、営業部門より本気で稼ぎ、人件費案分が多い部門さえ出すことができた
実績があります、方法は無限にあります。知識・知恵のブランド力バブルで、楽に賃金を貰っていた
慣習で、IT時代は稼ぎ人を管理の時間を最小限化して、部門の新規事業、創市場創客専任にし、
固定客維持率に応じて、契約の10%にプラスマイナスした金額を個人評価の契約基本金額にする。
組織運営と新規開拓、養成人員育成で実績を上げない限り、相対昇給金額が低いようにする。
(黒字部門を0+以上として赤字部門0-以下で組織評価する。)自社の存在価値である製品商品
サービス等の生産と契約と回収が売上を生む直接人材の仕事です。創市場創客が自社の存在価値で
ある商品製品サービスをさらに競合他社より勝てるためのトリガーの役割をします。
同一空間で循環する生産を時間軸と共に循環軌道を拡大し、品質、しくみ、システムを次の高い次元へ
導く誘導機能があります。
プロダクトアウトから、自社意識行動でのマーケットイン「戦略的創市場創客」の業績派生評価を33%以上の
人件費配分にすることが、世界企業との競合に勝ち残る方法の一つです。乱高下環境下の経営者は
創市場創客ができる未来を創れるプロの時代です。日本国を富ませる先導者は贋作か本物か、メッキか?

2.間接人員(管理者、稼がない取締役含む)の部門総人件費の基盤は低くする。
間接人員だから稼げるしくみシステムを構築し、外部(売上)内部(付替)で稼がせる。
全人員を稼ぎ人にする。直接人員は、組織の時間生産性の向上評価と個人との
連携時間生産性と、業務内容ウエイトと標準時間のプラスマイナス量で評価する。

例、社内(内勤)の女性が営業管理を兼ねて、情報センターと、DM、商品発送等の
業務を日常に組込み、量が多い場合は、他部門間接人員を活かして稼ぐ。
イベントセミナーの動員と管理等(顧客へのコールセンターの役割)セールストークは
電話になれた世代、中途半端なコンタクトセンターの雇われトークより、基本動作訓練
を定期的に実施し、成功体験だけを付加する(失敗事例は一般論として良い子悪い子で
見える化する。失敗は本人が気づき直すひと30%、気づいても忘れまた繰り返す人60%、
悪さ、失敗に気づけない人20%ですが、全員気づき直させる多数を変える基本の方法
です。個別は「もぐらたたき」現象と同じで、55%できるようになるかわからない。
中途半端な営業担当より上手な人が増加し、売上実績出て成功体験が増えると、
本業の間接部門の時間生産性が2倍以上になり、残業しないで(残業量ゼロ化)し、
業務カイゼン、にこにこ元気な職場へ変わってきました。健全な伴侶と家庭に入っても、
家庭運営上手、亭主子供を元気にさせる素養が発揮する人の数が増加し、退社しても
自社のオピニオンの役割をしてくれました。陰気な職場の同じ人が、なぜ変われるのか?
人は、やり方次第でプラス領域行動が優位になることができる人に備わる平等な素質
で、成長過程の環境で、できない、適正がないと思い込み、周囲も評価していただけ
です。ただし、110%以上の負荷から逃げる10歳までの親周囲過保護で防衛さえた
人は、正当な批判をして、自分で他社を選ぶので追う必要はない。他社で自社のよさ
に気づきもどりたくなる道だけは開いておくと、家庭に入り、時間雇用の社員として戻り、
時間生産性の高い戦力になる人が多い。長期間自社にプラスになる人材育成ができる
不思議現象が起こる方法の一つです。

 

商品一覧