開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

テレマーケティング(安定業績基盤構築のしくみ)

■テレマーケティング(安定業績基盤構築のしくみ)
                                               
071112

 創市場創客の具体策事例>テレマーケティング(安定業績基盤構築のしくみ)

 

見込客(仮説客)⇒新規客⇒顧客⇒固定客⇒業績貢献率の高い固定客しくみ、
システムが21世紀急速に進化し、安定したプロセスでゼロサム環境の中で着実
に総顧客数を増やす企業は、勝ち残り企業。

アナログと気合では、期間総利益を確保し難い企業間競争時代に入ってきました。


創客能力が弱い、中小企業は、最適利益のでる適正規模を守り、一人二役三役
の高効率営業のしくみが必要になりました。
個人評価型優位のしくみシステムは20世紀代で国内企業で競合他社の精鋭数の
成長遅い時代の化石手法、わずか20%以下の人の業績牽引する手法の幻想は
断ち、21世紀は組織の中の個人として、組織行動を優先させる組織評価が優位
な方法へ変え、業績推進者数を35%以上にする必要があります。年間の客単価
が、競合他社と併用する確率が高く(ローコスト、高品質)なるため企業総能力
(三層型営業が契約確率を上げる)が必要で、上司だから取締役、社長だから
契約が「鶴の一声」の駆け引きで決まるのは、低単価商品(類似競合品が多いとき)
で、企業の損益分岐点以上の受注とは別次元、高単価品は、組織全体の契約段階
の担当者が、ふさわしい対応をし、お客様の真の決裁者との最終交渉は、ふさわしい
準備と手順、社内のふさわしい人(実務部長・取締役・社長)の同席お膳立てができる
制御型人財機能が必要であるのが21世紀後勝ち残るベクトル方向です。

スポットのたまたま成果で、個人が評価され、そのハロー効果で、年間実績が平均以下
でも、評価が降格しないスポーツと同様今の実力とは乖離する2中小企業には汗を嫌がる
要領だけの老害型経営陣がいる企業は赤字企業が赤字体質、業績不振企業と相関が
あります。行動量豊富な若い精鋭人財が育たず逆に排除機能が働き、業績貢献者の
世代分布は35歳以上となり、平均年齢20台にも関わらず、20代の養成期間の人数で
5年以上の中堅社員が20%以下になる傾向があります。性格能力テストをすると、明るい
行動型の人が、負けるから弱くない、先輩上司数値目標で叩かれ続け萎縮する人の数が
増加していいる現象があります。赤字企業には、赤字になる原因があり必然の結果である
ことに気づけない経営陣が多いようで、過去の成功体験に固執し「変だと感じながら、先送り
の自分が変わらず、他人環境、部下が無能発言が外部の第三者への発言徴候になります。

制御型人財になる確率の高いあなたは、業績が安心安定軌道へ上げる起因の布石行動を
すれば、あなたの活用領域から少しづつ変わり始めます。人は悪貨に簡単になれますが、
良貨になるにはその3倍以上の汗をかく行動が必要であることに気づかせることが最初の
傍を変えるトリガーとなります。、


地域密着CATVの共有化機能を活かし、地域行政の営業支援の助成を活かすと、地産地消型
テレマーケティングの構築か実現できる確率は高くなりました。海外に事業拠点を持ち国内機能
を縮小しても残す企業だけが優位なTPPが実現確率が高く急務な時期、地方法人税収確保と
地域銀行の存亡をかけて、黒字企業増加のためには構築が急務の一つであることを気づくことを
待望します。

●大企業、中堅企業、海外から外国企業と連携して国内に侵攻深耕し、国内では企業規模の
優位さで、中小企業事業領域を短期で蚕食する行動が見える化してきた黒字企業グループは、
下記のどこかのテレマーケティングのしくみシステムを戦略的に生かし黒字企業体質を構築して
います。超円高を演出しTPP実現のために資金を投入する企業は国内にあることに気づくと、
今最優先で中小企業が経営協業して行動する方法が明確に見(観・診)えてきます。
90%以上の中小企業の中で、第一次産業、第二次産業と地域の顧客獲得のゼロサム競争をして
いる企業で不適正規模以上に膨張した赤字慢性体質企業は、存亡の危機が想定以上の速さで
近づいていることを気づくことを待望しています。

 


更新 2010.03.12


□テレマーケティング(安定業績基盤構築のしくみ)


  
シンフォニーマーケティング
  
中小企業対象のローコストのしくみとシンプル化活用が出来やすい企業の一つ

世界で一番難しいと言われている日本の法人データの管理と、その活用をアウトソーシングでサポートし、マーケティング活動が売上げに直結する理想的なシステムとオペレーションを提供することで日本のデータベースマーケティングを世界のトップレベルに押し上げる原動力となろうとして、BtoB企業のマーケティング担当者のための理想的なインフラサービスを提供しています。

創市場創客のための専任担当者が少ない中小企業の場合社内の若手の専任人財候補者3名以上と連携し、自社のしくみシステムの中に融合させると、短期で専任人材育成も兼ねて、業績貢献できる善循環体制を構築できる可能性の高い企業の一つです。
社内で専任人材を養成する期間と、業績貢献できるまでの期間の生産性を金額換算すると、想定以上のローコスト化ができます。  
◎背景   
外資系日本法人が、新規に日本で業績基盤を構築できた実績を持つています。20世紀の成功体験やり方にから脱皮しきれない企業の場合は、日本の中で長期間CRMを進化させてきたしくみシステムを構築してきたシンフォニーマーケティングのやり方は、21世紀現在の日本の市場戦略に適応している確率は高い。営業力強くなく、固有技術、固有商品製品を持つ企業の場合、営業部門の代行と同時に、社内の未来の営業部門人財を業績貢献という厳しい評価の中でキチンと養成することが企業の安心成長のトリガーの一つになります。

◎MARKETING CAMPUS
   
マーケティングキャンパス

マーケティングに関する情報を閲覧できます。
基礎から実践まで!B to Bマーケティングを学ぶことができるサイトです。
◆マーケティング講座
◆マーケティングコラム
◆ケースタディ
◆用語集
◆書籍紹介

 


  
ベルシステム24
 
 「対話」を通じて「価値」を創造する

1982年の設立以来、電話による「カスタマー・サービス」の運用を皮切りに、1994年には「One-to-Oneマーケティング」の普及に取り組み、2001年からは、“Creating Value through Dialogue(対話を通じて価値を創造する)“ことにより、「CRMサービスの総合プロバイダー」としての役割を進化させて参りました。CRM事業におきましては、企業のセールス・プロモーション・サポートや事務サポートを通じて、クライアント企業様とエンドユーザーとの最善のコンタクトを実現し、顧客満足度の向上に努めております。とりわけセールス・プロモーション領域では、コミュニケーションとクオリティの科学的なマネジメントを通じて、エンドユーザーのファン化とその活性化を実現させています

また、コンタクトセンター業務のNo.1企業として蓄積してきた、センター設計と運用のノウハウ、並びに充実した情報セキュリティ管理体制によって、クライアント企業様の顧客接点を安全・確実にサポートさせて頂いております。同時に、大量のブース設置や緊急業務にも迅速にかつ高い品質をもって応えることにより、生活者の安全や企業の信用力の早期回復を支援しています。
多様化する環境の中で、徹底した『顧客主義』、『現場主義』、『行動主義』を貫き、お客様の声を汲み上げさせて頂いた結果、現在は5,000社を超えるクライアント企業様との取引をしています。
3万人のコミュニケータを雇用しており、その規模は業界No.1です。人が根幹のビジネスにおいて、人材が最も誇れる当社の財産です。 そのため、独自の研修、評価ツール、メンタルヘルスケアなど、人に徹底的にフォーカスした施策を展開し、社員の「顧客主義」と企業体としての「一体感」を醸成しています。一人一人の社員が常にお客様の事を最優先に考え、最良のサービスを提案、提供するためです。

□CRMソリューション事業
◇CRM企画
コンサルティングからBPOまで最適なCRM戦略を策定 
◇リサーチ分析
お客様を洞察し、CRM戦略を協力にサポート
◇プロモーション・営業支援
効果的な顧客接点の創出でROIの最大化を実現
◇コンタクトセンター運営
 


  
トランスコスモス
 
お客様企業の満足の大きさが当社の存在価値の大きさ。真にお客様志向のアウトソーシングサービスをめざします。

情報処理アウトソーシングビジネスの先駆けとして事業を開始したのは1966(昭和41)年です。それ以来、一貫して顧客満足度の向上を目標に掲げ、優れた人材と最新のシステム、付加価値の高いサービスの提供に努めて、時代の変化とともに事業領域を広げてきました。パーソナル・コンピューター(PC)が世に出回り始める1980年代、データエントリー業務で培ったコンピュータに関する知識や活用ノウハウを軸にPC サポート業務を開始しました。また、インターネットが普及し始めた1990 年代には、インターネットが企業の経営環境に大きな変化をもたらすとの認識のもと、いち早くインターネット技術を取り入れたサービス開発に取り組み、将来の事業展開への布石を打ちました。そして、現在ではブロードバンドの普及により企業と消費者の関係が直接的かつ豊かなものになり、企業にとってインターネットを活用したマーケティング活動は必要不可欠な施策のひとつとなっています。このような環境のもと、コールセンターサービスをはじめ、ビジネスプロセスアウトソーシングサービス、ビジネスプロセスソリューションサービス、デジタルマーケティングサービスなど、それぞれのサービスを単独または融合させることで、お客様企業にマーケティングの最適化および効率化、売上の拡大、新規顧客の獲得を実現する総合的なITアウトソーシングサービスを提供しています。さらに、これらのサービスは国内だけではなく、アジアを中心にグローバルで展開しており、高品質なアウトソーシングサービスを世界規模でご提供できる「Global IT Partner」を目指しています。
事業の原点は人と技術を「仕組み」の創出によって融合し、より付加価値の高いサービスに変換することにあります。「人」とはプロフェッショナルとしてお客様企業にきめ細やかな対応ができるスタッフのことであり、「技術力」とは常に世の中の動向を注視している中で探し出すお客様企業に最適な技術のことです。企業価値を維持・向上していくためには、事業の原点を将来にわたり磨き続けること、グローバルな展開を志すこと、そして究極的には弊社の事業を通 して人間と技術を結び付け、技術を人間により身近に、使いやすくしていくことと考えています。
 


  
テレマーケティングジャパン
  TMJ
 

1975年に、ベネッセコーポレーション(旧・福武書店)の「進研ゼミ」会員を対象としたコールセンター部門で培ってきたテレマーケティングノウハウをより広い領域で活用することを目指して、1992年に分社独立しました。
以来、テレマーケティング ジャパンはCRMパートナーとして、より効果的なマーケティング活動を実現するために、マーケティング先進国アメリカの最新理論を吸収しながら、個々のニーズに対して最適なマーケティングシステムを提供しつづけています。
TMJは、卓越した専門性と高いコンタクトセンター運営能力が評価され、金融・情報通信・製造・公共など幅広い業種の企業・団体より業務を受託しています。
顧客との1対1のコンタクトに、ひとつとして同一のものはありません。ただ、この膨大な多様性にも、科学する眼で向き合えば、必ず法則性が見つかります。プロセスの工夫で、2倍、3倍、時には10倍の成果を生むことさえ可能になります。規模の拡大にも、時間生産性を向上させ、より効率的に対応することができます。昨日よりも今日、今日よりも明日、一歩一歩、仕事をレベルアップさせる。とどまることなく、よりよい成果を創り出す。私たちは、“考え抜くコンタクトセンター”です。
 


  
トライアル
 
大手資本系列に一切属さない完全な独立系のコンタクトセンター( コールセンター)運営会社です。 親会社というバックボーンのない会社に必要なものは、単にクライアント様の言いなりに受発信代行を行うテレマーケティング業者(電話代行業者)になることではなく、クライアント様の立場に立った、質の高い企画提案力であると確信しています。
些細なことでテレマーケティングやE-MAILマーケティングの結果は大きく異なってきます。この些細なことの積み重ねと大胆な提案力が私共の財産、生命線であると考え、単純に思え るようなアウトバウンドやインバウンド、E-MAIL配信業務においても常に斬新な提案及びノウハウの提供を心掛けています。
現在、大手通販会社様、化粧品会社様等非常に高い評価を頂き継続的な関係を構築しています。
また、2001年12月旭川市、2004年4月大分市、2005年4月高知市と積極的に正社員雇用のコンタクトセンター(コールセンター) をオープンし、オペレーション能力のより一層の向上に努めております。また、持ち前の機動力を活かし、他のテレマーケティング会社では不可能と思われていたクライアント様の緊急時の対応を即日から行うエマージェンシーコンタクトセンター(コールセンター)サービスを2003年8月より開始しております。
高い提案力とオペレーション能力で貴社のイメージアップのみならず利益を産み出すコンタクトセンター(コールセンター)の運営を提案しています。

 
 
エムエム総研


経営理念(2つ)
法人マーケティング支援を行うことで、適正で良質なビジネスの機会を創出し、企業・社会の発展に寄与していくこと。また働く人々にマーケティング分野での活躍や成長の場を提供し、ビジネスを通じて人が活きる環境を提供すること。
クライアント様には、「価値共有された顧客資産の創造と維持・育成を行う」お手伝いを通じて、事業成功の支援を行っています。
創業以来2000件を超えるマーケティングプロジェクトの支援を行ってきた経験から、真に事業成功を実現するマーケティングは、短期的視点の販促活動ではなく、価値共有された顧客資産を時間をかけて創造していくことだと確信するに至りました。
短い期間業績のために対処療法的な営業活動を繰り返すのではなく、中長期視点にたってしっかりと顧客基盤を創造してきた企業だけが、今不透明な時代の中でも繁栄を続けています。そういった企業様を支援してきた実績もあり、現状ではIT業界を中心に日本有数の大手企業様からのプロジェクトも多数お受けするようになりました。
今後も「BtoBマーケティングの正道」を追求し続けます。



 


日本トータルテレマーケティングNTM
  
 
電話(WEB)応対・電話営業等のコールセンター業務を中心に、受注、商品出荷、お問合せ窓口等をワンストップで行うサービスを提供しています。
また、カスタマーサービスや日々蓄積されるデータの分析サービス等、クライアント企業にとって必要とする事を一緒になって考える、提案型のコールセンターです。

◎同社で3番目の拠点となるコールセンターを熊本市に2007年10月中旬開設 初めての地方進出となる。2006年8月から協議を重ね、全国6都市を進出候補 地に選定。熊本市への進出し業務拡大を目指しています。


























 


  ●NTTグループ   091109  
  創市場創客CRM         

NTTグループは世界に比肩できる知行総能力の統覚がはじまりました。
民間大企業の儲け優先とは異なる、国策的半民営企業として、裾野の広い事業領域が、国有の時代の遺伝子として現在は儲けとは別次元の部分として残っています。中小企業が生き残る機能として固有の強みにできる分野があります。統合がまだ初期の今しか存在しない、不採算分野で、短期で他の大企業グループと同じようにゼロになる確率は高い。今が、活かす潜在一隅のチャンスです。
他の企業と相対比較すると、誰でも気づける分野の一つです。地域のスマートコミュニティに必要な機能です。
◎NTTグループの中に、創市場・創客関連(テレマーケティング関連)企業は、成長し、相互補完の総合機能を持ち始めています。総合的に戦略できる整合成長段階に入ってきました。

◎創市場・創客関連として、個別の事業行動をやめ、分割では世界に比肩して生き残ることが不適切行動と気づき、国有企業時代と同様に大企業グループで経営連携した事業展開に原点回帰してきました。
民営化の目的のマイナス領域の細分化分散事業展開は、拮抗する大企業と拮抗出来難いことに最大の弱点を造る方法と気づき、大企業グループと同様な戦略へ転換し、独占化して潤沢な資金を共有する徴候が出てきました。

NTTのような優位な固有技術の少ない、大企業グループより2から3流ノウハウしかない郵政グループが早く気づくかなければ、国民が資金をだした企業がムダとなり、加速度的赤字体質になり倒産軌道を歩む反転方向ができない状況が現実化する確率む高くなってきました。早くNTTの事業展開の変化に気づくことを待望しています。
 


 
マーケティングCTI「DISH」

 
ランドスケイプ の CRMシステム

DISH(ディッシュ)は、ランドスケイプがテレマーケティング、ダイレクトマーケティング、キャンペーンマネジメントによって培ったノウハウを、最大限に詰め込んだCRMシステムです。顧客との接点を増やす豊富な機能を備えいます。あなたの目的に合わせて最適なサポートを行います。これからは、マーケティング活動の煩雑な作業にとられていた時間を、価値ある業務に変えていきませんか。 操作性が高く、設定も簡単。見込み客の開拓、DM発送後の受発注受付、問合せ窓口として、さらに商品案内やアンケートにと用途は多岐にわたります。
 
顧客データを一元管理し、目的などに応じてキャンペーンを実施、顧客管理機能と連携したマルチチャネルで効率的なマーケティング活動を実現するCTIシステムです。
ランドスケイプが提唱するマーケティングフレームワークを実現するシステム、DISH(ディッシュ)は、ランドスケイプがテレマーケティング、ダイレクトマーケティング、キャンペーン管理によって培ったノウハウを、最大限に詰め込んだマーケティングCTIです。マーケティングCTI「DISH」は顧客データを一元管理し、全てのコミュニケーション履歴を蓄積、目的に応じたキャンペーンを実施することができます。またCTI機能を完備しておりマルチチャネルを活用することで、それぞれの顧客との最適なコミュニケーションが実現します。 こういった企業と顧客の接点を増やす豊富な機能をそなえ、貴社の目的に合わせたマーケティング活動をサポートします。

□テレマーケティング

◆DISHは現場から生まれた実践的CRMシステム 

 

 

 


  
日本テレマーケティング協会JTA  ●サイト内

 コールセンターやコンタクトセンターあるいはネット通販といったキーワードで代表される顧客と企業、企業と企業のコンタクト手段は、「IT技術の進展によって、より効率的に、より快適になり、私たちの暮らしに欠くことのできない存在になつてきました。また、距離を越えた活動が容易にできるため、地方では多くの雇用を生み出す原動力にもなっています。しかし、一方では、迷惑電話セールスや顧客情報漏洩などの負の問題も抱え、負の側面を抱え、責任ある対応がもとめれれてきました。日本テレマーケティング協会では、負の側面を正し、顧客と企業との関係作りをより安全・安心・快適なものとする活動をすすめています。
本協会は、テレマーケティングに関する倫理の確立と綱領の普及および啓発、調査研究、情報の収集および提供等を行うことにより、テレマーケティングの健全な発展を図り、日本経済の発展および国民生活の向上に寄与することを目的としています。

◎関連法規/ガイドライン
○改正特定商取引に関する法律の概要
JTANEW 9月号(Vol.150)
近年、執拗な勧誘を断り切れないまま、大量の購入契約を結ばされる事例や、インターネット通信販売などの新しい分野では、返品を巡ってのトラブルや、不当請求の手段となる迷惑広告メールなどの問題が発生しています。
こうした状況に対処するため、規制の抜け穴の解消、訪問販売規制、インターネット取引等の規制強化などを内容とする「特定商取引に関する法律及び割賦販売法の一部を改正する法律」が、2008年6月に成立し、2009年12月1日に施行されることになりました。
 

 

 

 

 

 

 



「マーケティング支援機関」を探す。

地域の企業もあります。

大局着眼(マクロ)、小局着手(ミクロ)、さらにエリア固有行動(ミクロミクロ)に応じて機関には強み弱み
があります。ふさわしい機関を探す価値判断基準を高くする目的で、上記の最先端企業として、世界へ
で活躍する企業の外部の知恵実績が豊富で、人材数、しくみシステムに固有性が高く、A志援サイトに
来訪したり直接接点がある人財がいる企業の事例です。


 

商品一覧