開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

新客を探す

■新客を探す    071015

創市場創客の具体策事例>新客を探す




創客とは、自社にふさわしい新規顧客を探す。
基本動作に一つ、名簿から、仮想の新規顧客を選び、見込み顧客にアプローチ
して、新規顧客数を増やす。


●自社を知らない未知のお客様に、仮説リストをつくる。(前工程)
●そのリストで知らせ、自社との接点を創り他社のお客様か自社のお客様かを
選別すること(選別工程)
●自社のお客様の可能性のあるお客様は、既に入れた顧客・固定客を囲うダム
に、見込客を入れて、養殖型の管理のしくみシステムをスタートさせ、固定客と
なるように年間ある基準(企業で異なる)以上の売上・利益が確保できる契約が
決まる安定業績基盤を創るリピート型の企業数を戦略的に育て、そのお客様の
成長と共に、自社が安心安定成長できる基盤を創る。

◎創客は「新客」を探すしくみシステムで業績格差が決まります。赤字企業、業績
不振企業は、ふさわしい新客が潤沢に増加していないことが真因です。
顧客、固定客はある一定数(企業の体質格差で異なる)で競合他社に回遊します。
顧客、固定客の客単価が年度ごとに変動します。(企業のアフターフィロー、メンテ
ナンス、新規商品製品の投入、その企業の成長にふさわしい対応等で企業格差が
異なる)現実をキチント数値管理(デジタル管理)をし、「とらぬ狸」報告に幻惑され
ない確率論のしくみシステムの構築が、企業格差となり、持続的黒字企業の必要
条件であり、赤字企業は、総行動量が競合他社より不足しているだけです。
他力経営者は環境により業績不振を言う、他人、環境に責任転嫁して責任回避
現状が、赤字企業の体質の潜在脳(本音)の中にあり、顕在脳(建前)での再発
防止の公言が有言不実行になる確率が高いことに気づかない人材が60%以上
占めるために生じる必然の現象の一つです。黒字プラス領域を0+以上に維持
することは、机上では想定できない、競合他社の強さの成長スピードがあること
に気づかず、現場のノウハウ不足を補足する対応が遅れているだけです。
業績貢献度、スポット受注型営業の潜在脳に潜む、現実の本質から逃げる無意識
(個人評価優位で防衛本能が増幅してきた)があり、複数の不良営業の本質が
読み取れ、適正な即断的アドバイスとプラス領域へベクトルを向けるやらざるを
得ないやらせ方ができ、常に平均以上の業績貢献ができる制御型人財の数が
不足しているため、悪貨が優位なための現象の一つです。

◎「創造的マーケティング」を自社にふさわしい形に補正して活かすと
黒字が持続できる体質に軌道を修正できる確率は高い。
 


 

 更新 2011.11.06


□保有する名簿(新客リスト)を活かし契約見込み先数を増やす。

創客とは、自社にふさわしい新規顧客を探す。
基本動作の一つ、名簿から、仮想の新規顧客を選び、見込み顧客にアプローチして、新規顧客数を増やす。
顧客、固定客にランクアップさせる。休眠客、競合他社へ移行した客を明確に区分する。

◎「創市場(新市場)製品・商品を探す」企業と複合活用が必要です。

◎「テレマーケティング(安定業績基盤構築のしくみ)」のふさわしいやり方を活用する。

◎「コンタクトセンター関連情報」のふさわしいやり方を活用する。

◎「マーケティング支援機関」企業からパートナーを探す。
 



  
ランドスケイプ  

B to B  B to C 日本最大のデータベース(国内)

設立 1990年   日本の法人個人の情報を時間をかけて、体系化整理し、企業の戦略に合わせ自由自在に活用できる 「しくみ・なかみ」がトップクラスの段階まで成長されています。自社で運営しているテレマーケティングの代行業務で、日々新市場参入ノウハウの進化を続けています。
事業内容
■CRM総合コンサルタント(One to Oneマーケティング支援業務全般)
1.データソリューション事業 
2.ダイレクトマーケティング支援事業 
3.テレマーケティング事業

●データベースのバックアップのための専門組織しくみシステムをグループ子会社に持っています。官公庁等、法人個人情報のセキュリティ管理が出来ています。 











 

 
ベステック(顧客のデータバンク)
 
中小企業が限られた投資予算で、 B to Bのデータを探す

1989(平成元)年に設立し入手可能な、全国の販売された名簿、データベース等を継続的名簿買取りして、独自のデータベースを構築しています。名簿販売および営業支援事業を展開しています。
豊富にプールされた名簿「顧客・見込み客データバンク」と、それを軸とした営業支援サービスは、あなたの組織の営業活動の成果を飛躍的にアップし、さらなる効率化を促すことが実現できる確率は高い。
生業家業型、中小企業でまだ社内体制、しくみ、なかみがまだ成長途上の企業が創市場、創客体制をつくり、社内人材を活かし、多くの新客との接点づくりの目標を120%以上上げたいとき、成功確率を上げる解決策が揃っている企業の一つです。費用は、他社より組み合わせ次第でコストダウンできる可能性があります。特に新規開拓、市場開拓に専任できる人数が少ないとき、事前に細部まで打合して、連携パートナーとして社内の人材と同等以上の機能を発揮できる企業です。

●現在生きている顧客データだけが課金の対象になります。不着データは料金から除かれます。(信頼度の補正のしくみ)可能な顧客層で見込み客数が多い分野を探すとき、外部の知恵との連携ができるしくみになっています。

 

  ディーエムエスDMS
 
「顧客」と「顧客の顧客」のために”ダイレクト・コミュニケーション”の新たな役割を

 創業1961(昭和36)年、「マスでは伝わりにくい情報がある・・・そういう情報はこれからもっと増えるに違いない・・・」と考え、ダイレクトメール(DM)を使った“ダイレクト・コミュニケーション”をビジネスにしました。現在は、情報の受け手ひとり一人が、自分にあった情報収集スタイルを選択し、活用し、さらに今度は自分が情報の送り手になるという時代です。また、企業も、ITを駆使して、多様化する顧客特性をしっかり捉えて、顧客の役に立つ情報を発信しようとしています。そんな中、DMやテレマーケティング、インターネットなどの“ダイレクト・コミュニケーション”メディアは、もはやマス媒体のニッチではなく、独り立ちしたメディアとしてひろく社会に浸透しています。さらに、“ダイレクト・コミュニケーション”は、モノやサービスを売るための手段としてだけではなく、企業がさまざまな社会的責任を果たすときのコミュニケーション手段となるなど、その役割範囲も拡大してきています。当社の直接の顧客は、主に情報を発信される企業ですが、その先の顧客も当社にとっての大切な顧客です。当社は、単なるアウトソーサーという発想ではなく、顧客企業と一緒に考え、汗を流し、「顧客」と、「顧客の顧客」にとって役に立つプロフェッショナルとして“ダイレクト・コミュニケーション”の新しい役割の担い手を目指しています。


   
ネクスウェイ
  

FAXをプロセスに活かし、現在ある手法を総合的に戦略的に活用

『新しいコミュニケーションを創る』会社です。1988年、リクルートの一事業部として産声をあげました。FAXの多地点・多ヶ所への一斉送信サービスに始まり、伝票・帳票を送信するサービス、販売促進用途でのサービスと、ビジネスコミュニケーションを便利に簡便にするサービスとして進化しmてきました。
2006年以降は、従来のサービスを通じてつちかったビジネスコミュニケーションサービスの使い方やノウハウを活用し、Web・メール・インターネットなど様々なIT基盤を活用したサービスを拡大・展開してきています。
20年の年月を経て、今では、約8,000法人、約24,000契約のお客様が利用しています。
そして、創業から20年を経た2008年7月、ネクスウェイはリクルートグループを離れ、インテックグループ(ITホールディングスグループ)の一員となりました。インテックグループ(ITホールディングスグループ)が持つ技術力・運用力を融合し、課題やニーズをサービスとして実現することを加速し、サービスの安定的な提供をすることを強化することを実現化しています。
 

 

 

 

 


□業界展示会を活かす。
高単価で複雑の構造の建物の新規見込み客づくりの「住宅展示場」へのお客様誘導の手法を活かし、支払い予算を持つ見込み客をいかに多く競合他社より探し、自社を選択する確率の高い新客をダムで囲いこみ育てる手法を自社にふさわしい形でしくみ化する。

「首都圏4会場の大展示会情報1(1月〜6月)」を活かし、新客増加と、顧客固定客の契約確率を高める場にする。

「首都圏4会場の大展示会情報2(7月〜12月)」を活かし、新客増加と、顧客固定客の契約確率を高める場にする。
「日本展示会協会」のメンバーから自社にふさわしい企業をパートナーにして、最適な新客増加のしくみを構築する。
「展示会出展、参加者選択時の着眼」を参考にして、自社の最適展示、創市場創客が業績貢献できるしくみにする制御型人財で競合他社の人材より成長スピードが優る戦略的人材育成のしくみに組み込む。
 


 
リードエグジビションジャパン
  (国際見本市運営) 

◎他の多くのイベントの中の超一流を目指し、善循環のシクミシステムが着実に進化を続けている運営会社の一つです。

国際見本市開催によって日本の経済発展に貢献    
○各産業の活性化・国際化の促進○出展企業のビジネス販促  
○経済は旧効果の創出

設立以来今日に至るまで、次のような確信を持つに至っております。
●リードの見本市は各産業の活性化、国際化を促し、業界の発展に貢献している事
●リードの見本市は各出展企業のビジネス拡大に貢献しているこ事
●リードの見本市は巨大な経済効果を生み出し、開催する都市の経済に貢献している事
●リードの見本市は人間の持つ「直接人と会って情報交換をしたい。自分の目で見て 触って物を買いたい」 という本質的な欲求を満たしている事


 

 
 
UBMジャパン・グループ
  (英国企業・国際見本市運営)

UBMユナイテッドビジネスメディア(旧CMP)は、英国に本部を置く国際総合メディア企業です。ユナイテッドビジネスメディア社のB2Bメディア部門として、世界各国で約300を超えるトレードショー/コンファレンスを主催するとともに、200誌を超えるビジネス業界誌を発行しています。
ニュースレターやインターネット上のオンラインサービスを含めたCMPメディア媒体の総数は700を超え、これらの媒体を通じ、IT、ファッション、食品、健康、医薬、ビューティー、ジュエリー、造船、機械等様々な産業分野におけるビジネスメディア企業として、国際的にその業務を展開しています。
◎CMPテクノロジージャパン(株)社は旧CMPグループ内企業から2009年7月31日をもつて、(株)ナノオプト・メディア(本社 名古屋)に対し、当社のICT分野並びにデジタルメディア分野等におけるイベント事業、及び関連するマーケティング事業を営業譲渡することになりました。

 ■「RBBTODAY」から掲載 運営 IRIコマーステクノロジー インタネット総合研究所71%出資
ナノオプト・メディアの親会社であるナノオプトニクス・エナジーは、京都大学に本拠地を置くベンチャー企業で、精密機器、光学機械の開発、超伝導技術を含むエネルギー事業を展開する企業。
ナノオプト・メディアは、デジタルサイネージ、サイエンスカフェ、出版事業などを手掛けているが、今回、これにイベント事業が加わることになる。

ナノオプト・メディアは2009年8月4日、1日をもってCMPテクノロジーからイベント事業の一部の譲渡受け、2010年のInteropを含むイベント事業を開始すると発表した。記者発表会は、ナノオプト・メディア 代表取締役社長 藤原洋氏(のほか、Interop Tokyoの開催に古くから関わっている慶應義塾大学 村井純教授、中村修教授らも同席して行われた
 

 

 

 




 

商品一覧