開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

創市場(新市場)製品商品を探す

■創市場(新市場)製品商品を探す  071001

創市場創客の具体策事例>創市場(新市場)製品商品を探す 

 

創市場とは、自社にふさわしい新市場を創ることです。 
外部の専門機関の蓄積した成功暗黙知を活かす。 
あなたにふさわしい外部の知恵との連携でさらに成功確率を高めよう。 

20世紀代は、国内の顕在競合他社だけを見て比較し、自社の優位を維持できました。
脅威になる潜在的競合他社は、国内だけでさえ市場拡大ができる業界が多数ありました。
アナログ型積み木崩しの模索が許容できた時間があり、自社だけの固有総能力でできました。
21世紀代前半の20世紀代で経営手法が止まったアナログ体験主義の時代の高齢アドバイザーの
手法を優位にしたベンチャー企業が現実の事業展開の中の市場優位期間が長いと描く幻想で、
想定以上の短期で倒産軌道を歩む数が、多数ある必然の現象の一つです。

21世紀は、業界・業態ごとに、国内の顕在・潜在の脅威の競合他社が短期で出現できる時代が
きました。世界からの日本参入の場合は、人以外の経営資源は、潤沢な投資資金で最先端グループ
のしくみシステムを短期で装備できるようになりました。(情報公開時代、知識は短期間で世界の平均
以上に揃う。「日本の平均は40%以下が本流」、人は、日本の就労総数が減少し、幹部クラスの創市場
の現場の真のキーマンは要領のよい個人が優位な中小企業から、帰属意識を捨てて、年収を多く支払
える総人件費投資能力があれば、日本の競合他社の脅威人財が、明日は、その新規参入企業の
脅威人財として活躍できる確率は増加しました。その人財が超短期で寄せ集め人材を固有技術集団
(動物園の動物のような寄せ集めた人)でさえ、短期で戦力化人材として、速戦力で活かしきることが
できます。新人からの養成期間は不要な、基礎教育がすでにできた集団だけでスタートし、市場の
シェア拡大時、必要行動工数の応じて、白紙の養成する若い世代を手足で自在に実戦でしくみシス
テム、共有情報の中で育てることができます。逆に、日本の体験価値判断の色を抜き、新らしい色に
染める時間のムダですし、中途半端な価値判断や、浅い知識の人より高度なふさわしい専門知識
さえあれば、必要行動は、その高い専門知識レベルなで、短期で育てることができます。(選択採用
のしくみがあり、潤沢な採用資金があるため、必要な人材は、金で70%以上確実に採用できる時代
が着ています。)

21世紀後半を勝ち残るためには、創市場の領域では、外部の専門機関を活かすことが必要な時代
になりました。国内市場だけの蓄積情報では「葦のずい」から世界を判断する傾向があり、補完機能
は不十分です。当面の脅威の競合他社の海外展開エリアに拠点を持つ機関の方がよい。
競合他社は、海外の実証検証し、国内のノウハウにさらにプラスαを必ず付加しているためです。
国内だけの企業の暗黙知領域で、競合他社の常識行動で「なぜ」同じようにしていて儲からない場合
「ブランド力」格差と考え、実体格差と異なるハロー(泡)により大格差があると弱者意識を巨大化できる
手法の一つになります。
○専門機関はしくみ、システム型か、固有技術を持つ専門家型かで、選択方法は変わります。
しくみ、システム型の場合、その開発の原理を知る人をパートナーにした方がよい。しくみ、システムは
期間ごとにバージョンアップし機能が追加されます。原理の熟知が不足した枝葉の内容型の人は、
過去のデータと連続性を持たせた、本流連続型移行と価値判断レベルの向上が不連続になる確率が
高い。他の新しい手法導入と変わらない場合があり、過去投資のムダ、再投資と同等になる場合が
あります。投資資金の少ない中小企業の場合、しくみシステムを習熟した、現場の創市場制御型人財の、
その開発技術者をパートナーにして、活かすと、他者にない実証検証した領域の暗黙知を累積できるため、
「急がば廻れ」方式ですが、その中に、世界の公開源流情報を付加するだけで、創市場の情報センター
の役割を構築できる確率は高い。

○固有技術を持つ専門家機関の場合、個人型か組織型か、リーダー的専門化数が何人か、その業界
分野経歴はどの傾向があるか、年商と、件数で、机上優位か、現場実体調査優位か、調査パートナー
企業はどこか等、ブランド力に幻惑されず投資資金の少ない中小企業はふさわしいところを探すことが
重要です。自社の評価も含め第三者機関の役割ができます。定点調査ごとに投資費用がかかります。
過去の調査メンバーの実務のチーフグループは連続した人にさせた方がよい。名目の総合チーフでは
ない。総合チーフの役割は全体の整合の役割で、個々のデータの信頼度は、整合しない異常数値を
発見し、その異常値(未来の種)を納期余裕がなければ切り捨てる確率が60%以上です。異常値で、
組織全体の人の内容を再検証する場合は稀な行動の一つです。名目の総合チーフは、高額投資物件に
時間生産性比率を採るため、最初と中間の作業ベクトル方向と全体フレーム枠内に揃え、最後は、
全体整合性と枝葉の剪定が重点になります。

 

 


□自社のお客様が、多数存在する確率の高い市場を探す。

多数の競合他社とのシェア競争で占有できるマーケットシェア、インストアシェアの拡大増分が、事業計画黒字量に不足する場合、現在の市場に、新商品、改良商品の投入し増分量が高くしたり新しい市場への参入で総合シェアの拡大を計画以上にしたいとき、創市場の仮説構築時、現在売上減減少傾向、赤字傾向がある場合、自社の仮説構築の総能力量が不足する時の現象であり、外部の知識・知恵情報を補足して、目標達成確率が高くすることが必要条件です。外部のわが社にふさわしいパートナーを探すことが第一ステップで、ふさわしいパートナーとして外部の力を融合させることが第二ステップ。仮説の実証検証により、持続的に競合他社以上のノウハウを構築できるしくみシステムにすることが第三ステップ。そのしくみシステムを活かし業績貢献できる人数を増やす戦略的人材育成のしくみが第四ステップ。継続的安心安全業績基盤の充実ができる環境に適応した体質になることが第五ステップ。後は国内から、海外、世界の市場に拡大する事業展開と連動させて、5つのステップの内容の総合性、専門性部分を増分させていけば成功確率は高くなります。
 


  工業市場研究所

「足で稼ぐ」調査のプロセスもアウトソーシングできる会社の一つ。

「足で稼ぐ(必要な生データを現地現場で現実に入手する)」が自社だけでは実行が難いのですが、自社にふさわしいデータが、定期的継続的に、入手できるしくみ、システムを創ると、ミクロミクロの解析は プロジェクトメンバーと一緒になって、あくまで主導は自社が採り、外部のプロ専門家が智慧、指導・協力しながら進めまとめ、その結果を事業展開に活かし、先行管理し、3ヶ月、6ヶ月間隔で、目標数値との乖離とその原因を追究し、乖離量を減らす、成功確率を高めるための「生データ」をカイゼン追加して、外部から入手する方法を採る。このやり方は継続的に成功確率が高くし、黒字化の可能性を確信できると、計画的に事業展開の拡大し、エリア拡大重点先の、先行生データを入手し、分析し、更に成功確率を上げることができるようになります。逆に目標との乖離が拡大、時代の要望とズレが在る場合、赤字累積拡大前に撤退する決断が可能になってきます。 


  日本アイアール

中小企業が特許を活かし探すとき、内容がまだぼやけた段階から具体的な詳細方向を決める段階のアドバイスができる会社の一つ。 

日本アイアール株式会社は1974年特許公報を発行CD-ROM化になり、21世紀は世界規模の知的財産の知識・智慧が技術開発者にとり重要度素養であり、1企業では出来ない専門分野を外部から協力する定評企業です。現在中国市場に進出する中小企業のサポートをしています。 
取引先 大手・中堅企業、特許事務所、大学、官公庁 約2.000社  仕入先 (財)日本特許情報機構(JAPIO)、(社)発明協会東京支部(JIII)NRIサイバーパテント株式会社。

知的財産研究所を1990年から発足しています。







 

 


   
矢野経済研究所  

  矢野調査レポート業種別検索
●ヤノデータバンク
・日本最大級のマーケティングライブラリー  ・市場調査レポート300万ページ以上収録
「自社の競争環境の現状や将来像について、しっかりと把握しておきたい」「厳しさを増す市場環境において、説得力のあるビジネスプランを描きたい」 ビジネスの最前線では、このようなニーズが以前にも増して高まっています。

時代が急速な勢いで変化している今日の経営においては、自社のおかれた競争環境を多角的・構造的に理解し、自社の強み・弱みや、市場における事業機会や脅威について的確に分析し、戦略の立案、実施に活用していくことが、ますます重要になってきています。

また、本格的な選択と集中の時代を迎え、信頼性の高い市場情報、企業情報を土台とする、堅牢でオリジナルなソリューションの構築が、事業の成功はもとより、サバイバルの重要な条件となってきています。
勝機は、市場からのチャレンジに対してアクティブに具体策を構築することから見えてきます。 年間約250タイトルのスケールでビジネスの変化を先取り。












 


  
富士経済

富士経済グループは、昭和37年(1962年)に株式会社富士経済を母体として創業。東京オリンピック開催の2年前にあたり、まさに国を挙げて復興に取組んでいた頃と重なります。以来半世紀に亘って市場調査会社の草分けとして努力発展。

市場調査の更なる専門性と総合力を追及するために、平成17年(2005年)7月1日、グループ統轄会社として新たに、株式会社富士経済マネージメントを設立いたしました。より質の高い調査員を育成し、優れたチームワークによるフィールドマーケティングリサーチを実践いたします。
創業の志を高く掲げ、未来産業社会と私たち地球の環境と平和の為に、21世紀をリードする市場調査会社として成長発展を続けます。 

□グループ企業

●富士経済マネージメント
富士経済グループの中核となるグループ本社

●富士グローバルネットワーク
FK-Mardsは、富士経済グループの独自の市場調査レポートを、お手元のPCからご利用いただける法人様向けの会員制情報サービスです。 専門調査員による付加価値の高い市場データ(市場規模推移・企業別シェア・予測・販売チャネル・主要企業の動向等)をご提供します。他社レポートでは中国産業別企業情報、コンビニPOSデータをご提供します。

●教育評論社 1977年に富士経済グループの一社

 創業から教育書、生活実用書、児童書、芸術書、歴史書、ビジネス書など幅広い分野の書籍を発行しております。
 

  富士キメラ総研 

情報処理・加工システムが高度化する中で、富士経済グループはフィールド リサーチ中心の市場調査会社として44年の実績をもち、情報の質やリアルタイムなデータの収集・調査力では、他社に絶対負けないと自負しており、     ITインテリジェンスが高度化する中で、On the information edge(最先端情報で 優位に立つ)を目指した実態調査とコンサルティングをご提供しています。又、フィールドリサーチやコンサルティングで蓄積した情報・人脈・企業ネットワーク  をご利用いただくため、ビジネスサポートセンターを設け、SP、リレーション活動  の企画・実施までお手伝いしています。

Chimera(ギリシャ語Khimaira)とはギリシャ神話の、ライオンの頭、山羊の体、蛇の尾を持つ神獣。異なる遺伝子からなる個体という意味もあり複合体としての多機能が特徴。顧客様のあらゆるニーズや課題に対して、専門知識を持つ複数の調査スタッフが、多角的調査を行ない問題を解明していく集団でありたいと考えています。
















 


  新製品情報  
 
  
日刊工業新聞社
  

ものづくりに関する上場会社、中小企業が、時代の潮流の中で、環境適応する変化を相対比較しながら、加工された筆者の「思い込み、先入観」がすくない情報源の一つです。

産業界の鼓動を迅速、的確に伝える---。日刊工業新聞は大正4年(1915年)に、前身の「大阪古鉄日報」として創刊以来、一貫して産業界と歩みをともにして進化しています。産業紙のジャンルを切り開いたパイオニアであると同時に、幾多の変遷を経て、今日、産業の総合情報機関として確固たる地歩を占めています。新聞を中核に、出版・電子メディア・イベント(企画・催事)・教育などのあらゆる事業を通じて、ビジネスに役立つ情報の発信に日々努めています。
近年、経済のグローバル化とともに国境を越えた企業活動が活発化し、これを後押しするように情報通信(IT)化はますます加速し、とどまるところを知りません。さらにナノテク・バイオなどの最先端分野をめぐる国際的な技術開発競争も激化する一方です。また、インターネットに代表されるように、情報の伝達・収集方法の多様化に伴い、新聞を取り巻く環境も大きく変化しています。
こうした中、モノづくりに特化した「オンリーワン」のメディアとしての意識と行動を従来にも増して徹底しています。そのことに対し、モノづくり・日本を担う産業界からは大きな期待が寄せられています。日々開発される新技術・新製品・ダイナミックかつユニークな経営戦略・・・モノづくりの現場に毎日新しいドラマがあります。そこに生まれるパワーと感動を直に伝えられるのは日刊工業新聞だけです。国内47ヶ所の取材拠点から、最新かつ信頼性のある独自情報を取材、全国規模で読者にお届けしています。
また、電子メディア事業ではニュースの配信・速報やデータベースによって多様な情報ニーズに応えています。ビジネス書・理工学書を主体とする書籍・各種技術雑誌で構成する出版事業はその専門性で長年高い評価を得ているほか、年間を通じて全国各地でロボット・金属加工・エネルギー環境などさまざまな切り口で展示会を開催しています。首都圏の地下鉄でおなじみのフリーペーパー「メトロガイド」も日刊工業新聞社が手がけています。
 

 

 

 


 ●博報堂DYホールディングス 
                              080930

 ◎競合企業の強者連携経営統合(創市場)の事例
2001.10.29 3社間初の業務提携発表 ・博報堂 ・大広 ・読売広告社
メディア関連での業務提携を発表2002.12.02 統合計画発表  
「3社経営統合による持株会社およびメディア事業会社設立」発表2003.10.01以降共同持株会社制による経営統合  
博報堂DYホールディングス(純粋持株会社)
持株移転により100%子会社へ  ・博報堂  ・大広 ・読売広告社 2003.12.01以降  
メディアコンテンツ事業の分割統合○博報堂DYメディアパートナーズ(100%子会社)各社メディア・コンテンツ部門の分割統合






 

 大広


博報堂DYホールディングスの構成企業の一つ。

経営統合企業の戦略の変化を知り、固有技術とグループの強みの活かし方を検証できる企業の一つ。

内外の新聞、雑誌、ラジオ、テレビ及び屋外、交通 、映画、ダイレクトメール、パブリック・リレーションズその他の総合的な宣伝広告の取扱っています。












 


  アサツー・ディ・ケイADK

 1956年に社員4名でスタート、創業から半世紀を経て広告業界国内3位、世界9位という成長をし、さらに進化しています。その成長の原動力は、ベンチャー精神と全員経営です。全員経営とは、個々の社員が経営的視点に立ち、個性を最大限に発揮して、クライアントに貢献していくことです。
スピリッツは   I
・nnovative
 これまでの延長ではなく、抜本的な発想の転換を心がける。
・Challenge  
人一倍努力し、知恵を出し、勇気を持って発想し行動し続ける。
・Unique    
個々人の才能、能力を活かし、従来にない価値を生み出し続ける。 

ADKはこれらのスピリッツを通じ、最適なコスト・時間で最高のクオリティのサービスを提供しています。   

●イメージの最先端事例追求しているため、古いWebでは、閲覧できない、プロダクトアウト思考が高い企業の一つ。


 
日本アプライドリサーチ研究所
 
多くの異なる領域にわたる知の成果を適切に活用し、学際的・業際的な諸課題に実践的に対応する文字通り、applied research(応用研究)をめざすシンクタンクです。とりわけ、政策立案のサポートにおいては、単なる分析にとどまらない戦略的視点とアプローチを重視し、企業などへの事業提案については堅実でありながらも斬新な内容にするために、適切なプロジェクトチームを編成し、機動力のあるプロジェクト運営を行ないます。

行政関係の組織団体に豊富な実績があります。 
●主な受託先





























 

    
    
サイバー・コミュニケーションズ  

●2008.5.24の内容
電通が47.5%出資している、インターネットや商用オンライン・サービスなどのネットワーク上の広告を手がける日本最大手の「メディアレップ」企業です。
インターネット広告のメディアレップとしてイン ターネット広告掲載に関してインターネットメディアと広告会社/広告主を結びつける役割を果たしています。 インターネットメディアにとっては広告枠を販売する営業組織としての役割、広告会社/広告主にとっては広告枠を購入する仕入れ組織としての役割を果たしています。
メディアレップとしてメディアプランニング、広告配信技術の提供、広告クリエイティブの制作、ECソリューションの提供などを行っています。
日本のインターネット広告の誕生と共に有力インターネットポータルメディアの広告を専門に扱うメディアレップとして発足し、我が国のインターネット業界の成長と共に発展してきました。
すでに日本の社会はブロードバンドやモバイルメディアの爆発的な普及により世界トップレベルのインターネット大国へ変貌しつつありますが、その中でインターネットメディアはマスメディアに匹敵するパワーをもった広告メディアとして広告主や消費者から認知されきました。現在はすでにマスメディア等従来の広告メディアとインターネットメディアで広告費獲得をめぐる激しいメディア間競争が起きる一方で、相乗効果を追求するクロスメディアマーケティングの時代に入っています。
インターネットの技術やサービスにおいては、サーチエンジン技術の急速な発展や動画サービス、消費者発小規模メディアの拡大が見られる等、インターネット広告をとりまく環境は大きく変化しております。当社もこのインターネット広告の環境変化を事業拡大の大きなチャンスと捉え、積極的に新しいインターネット広告市場の創造と拡大を目指しています。

従来の「インターネットメディアレップ」事業をより幅広く高次に発展させ、インターネットを活用したマーケティング領域全般でのビジネスポジションを確立、「トータル・インタラクティブ・マーケティング・サービス・カンパニー」へ発展し、広告主や消費者のブロードバンド時代のニーズに対応します。
その将来像と成長戦略を示した「中期経営計画」を2008年4月に発表しました。この中期戦略に基づき、より高度で先端的なサービスが提供できるトータル・インタラクティブ・マーケティング・サービス・カンパニーとしてグローバルベースでトップレベルの競争力を確立します。
また、独自の営業力、技術開発力強化とあわせて電通グループのみならず内外の有力企業とのアライアンスをスピードをもって行い、すでに発表した株式会社NTTデータ等の有力テクノロジー企業との提携やテレビ局等メディア会社との資本関係等を通じて事業基盤のさらなる強化を図る計画をしています。

●多くの企業が参入する市場成長期に入ってきましたが、世界に拮抗するための先行指標企業としてベンチマークが必要な企業の一つです。

あなたの会社の世界を市場にした創市場創客戦略を仮説するときに閲覧すべき企業の一つです。(定点チェックを推奨)
  

 

 

 

 
  
帝国データバンクTDB
 
長年にわたり蓄積してきたデータベースとノウハウ、そして全国に広がるネットワークを活かし、多様化するお客さまのご要望に質の高い情報と幅広いサービスで対応しています。
個別の企業情報の提供だけにとどまらず、円滑なビジネスを阻害し社会的に大きな影響を及ぼす大型倒産情報や、2万社以上を対象に実施する企業経営の実態を捉えた景気動向調査の月次結果など、ビジネスに役立つ情報をいち早く社会に発信しています。
また、独自の情報力と調査力に基づき、従来の定型調査以外にも市場調査、アンケート調査、顧客データベースの構築・整備などのご依頼にも対応しているほか、電子商取引をサポートするサービスも展開しています。これからもTDBは企業情報のプロとしてお客さまのビジネスを支え続けます。
 


  東京商工リサーチTSR

ビジネスにすぐ役立つ最新のオンライン情報データベースを提供 
「より新しく、より確かな情報を、どこよりも早く。」

TSRは、資本主義が浸透し産業が発達する中、銀行・商工業者の取引の安全を守ることを目的として1892年に創業。以来1世紀以上にわたり、信用調査業務を主力に、お客様のニーズに合致した商品ならびにサービスを提供し、経済活動を支え続けている。
 
商品提供件数357万8030件(前2,922,495件)(インターネットサービス{tsr−van2)提供者数222万2440社(前1,758,620社) 事業所情報データ135万5590ヶ所(前1,041,390ヶ所)世界の企業情報200カ国(前190ヶ国)超 1億5090万6568件(前1億件以上)海外企業情報は日本のトップクラス

 

 

 

 


 ●マーケティング支援機関
                              091015
外部の知恵の集約機関を選ぶことが、あなたの組織の事業計画の成功確率を左右する確率は高い。
目的に合わせ情報投資効果がより高くすることが必要条件です。
あなたの業界を10年以上継続データを蓄積した企業の場合、特に調査人材数が少ない場合、誰が担当するかが重要です。周囲の関連事業展開業界も実績が豊富でなければ、視野視点の狭い過去データの集積したデータベース(過去)で要領よくまとめるしくみがあります。右型上がりでない乱高下業界の場合、新規事業、事業計画の外部データとして「のり・きり貼り」方式が優位となり「業界色眼鏡」の取捨選択機能が働き、世界市場の潮流とは乖離する確率が高い。過去現状までで未来指標が10%以下に納期の関係、時間生産性でなる場合があります。
 

 

 

 

 



「日本の産業企業の成長過程」のあなたに関連した業界、業態から知恵を学ぶ

大企業、中堅企業は 一業界・業態だけでは国内市場では創客数が足らないために、関連したり、
異質な事業を複合で展開しています。すべてを一企業内で生産することが出来ないために子会社
グループ会社、パートナー会社を活かしています。

大企業、中堅企業とは、関係する多くの業界業態の最新のしくみシステム暗黙知を集約できる確立が高い
企業で、実業の中で、最先端を進化し続けるスピードが、中小企業の3倍速以上の機能を持っています。
潤沢な投資資金で、世界の最先端情報も入手できる確率は高い。このしくみシステムがあるから世界に
比肩し、勝ち残る業績を上げること持続的にできる真因の一つです。連動して必要数の人財を揃えるしくみ
システムも常に最新化されています。ただし、人財の中に制御型人財数の比率は、格差が大きい領域です。

規模の小さい中小企業の方が、制御人財の数がその規模でふさわしい制御人財数(総人数の10%以上)
揃えば、組織の総人数が少ない強みで、組織運営を最適化して、最適効率で、儲かるように成長軌道を
制御できる確率は高い。業種業態、扱う製品商品で、常時黒字化する適正規模があります。企業が規模
拡大したい場合は、適正規模単位の、それぞれ相乗効果の上がる整合された固有技術の人間の細胞の
ような細胞型連携をすれば、市場規模を拡大しながら、新客を増やしながらプラス成長ができる確率が
高い。頭脳部分と神経中枢は戦略部門であるホールディング組織で、各細胞企業が最適行動をするように
する機能をもたせる。21世紀ネットワーク社会となり、机上での知識格差が、20世紀では想定できなかった
高い専門性平均基準から帯域分散が狭い範囲でプラスαの付加ができる人群を短期で養成できるしくみ
と、帯域外のマイナスの人は、カットしやすいしくみがあり、小回りの地域の中小企業は戦略的事業展開
行動が、地域の産学官を活かすと出来やすい環境が整備されてきています。

創業5年以上15年以下(創業一世代オーナー経営者時代)の企業は、勝てる条件がたより多い成長段階です
経営陣の中に「あなた」が加われると、強みよいとこだけを伸ばし、短所はクランプし抑えきる(剛型行動)
と、A志援のコンテンツが最適にいかせます。活躍を待望しています。15年以上の場合、次期の事業継承者
の強み弱み補完すべき機能をよく分析し、社内の補完すべき次期事業経営者が経営者の次期に、事業の
本流を動かせる、現場のリーダーの養成に早く着手することを推奨します。養成のための現場力を高め
現在の経営陣に業績貢献で認められる人財になる演出支援を、A志援サイトのコンテンツを事例に応用して
展開してください。あまたは「赤字拠点の黒字化」メンバーになれるチャンスがあれば、40歳代なら想定以上の
机上では蓄積できない実戦的、具体的な成功プロセスへ導く暗黙知が体得できます。企業が危機のときに
歯止めをかけて、安定業績領域にベクトルを向けることができる確率は高くなります。

 

商品一覧