開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

現在の食業界の本流を先導する企業

■現在の食業界の本流を先導する企業

食と健康業界の変化>現在の食業界の本流を先導する企業


食育基本法 2005年6月17日 法令第63号

子供たちの健全な心と身体を培い、未来や国際社会に 羽ばたくことが
できるようにするとともに、全ての国民が     心身の健康を確保し、生涯に
わたって生き生きと暮らすことが出来るようにするための使命でスタートしました。

食事のバランス、食の安全・衛生・安心の意識が高まってきました。

親も子も 精神・価値判断が少し狂いはじめた現在、復元するための
真因は、飽食の中で、偏食・加工食品が、身体の健全性のバランス
を崩しはじめている食を正常化することも一つです。 

影響度が高いのは 業務用です。食に関連して従事する企業の数多い。
世界の食環境に影響されながら、新しい潮流を創ろうとしている企業を
ご紹介します。
食に関係した企業の”あなた”は、ご活用ください。


食の業界は、「安心・安全」追求、物流の進化、、日本国内の自給率を高め、
海外から完全封鎖されても生き残る食のしくみの構築と国際的な輸入環境の
変化により、農業生産のハイテク化工場化が国家的戦略となり始めてきました。
良いものは自国で、悪いもの(添加物・遺伝子組み換え等の人体臨床)は
海外(日本市場)で研究する国さえある時代になりました。

●2011年3月11日依然は、世界の中で日本の食業界はブランド力を増し、
全食品産業は、世界の先導国という幻想の中で成長してきました。
この日を境にして、食品産業界は、世界の中でブランド力を回復しさらに
強化するためには、世界の本流の130%以上の高い軌道へ修正しなければ
現実化できなくなる確率は高まり、日本はものづくり優位な時代のためTPP
が現実化する確率が高く、さらに「いきものづくり」のオーナー経営者型食品
産業関連中小企業は存亡の危機が急速に迫って来ていることに気づく必要が
あります。

福島原発事故は、日本人や世界からある期間排他傾向が続く確率が高い。

従来の完全自然依存農水産業が、世界に比肩できないレベルの、自然を活かした
複合的完全安心安全農水産の生産工場型しくみシステムへ変えて、地域のともに
豊になる実体化経済革新のトリガーとして活かすことを待望しています。
日本人生存、子孫の突然変異確率の少ない基盤を創るのは、今活きる日本人の
使命です。人が人として活きる下限は「衣食」です。関税障壁がゼロになった歴史は
「衣・繊維業界」が、政府に期待しながら、多くの事業家は、どんな結果を歩み、いま
どんな国内の業界で生き残る企業はどうしているか?「衣」「食」は機能なら買いまわ
り品、生活必需品で、下限価格で生きることはできます。正し裕福な層は、機能と
は別な煩悩が支配する泡(ブランド等)で無限の上限価格を生むことができます。
映像がつくる煩悩の増幅機能と、金融の先楽後憂の今カネがない人でも、現実の
カネを拡大し、先に使わせるしくみシステム。全てその人の周囲でお膳立てされて
それが普通の時代が21世紀です。プラスマイナスは次代が評価するだけで、人に
どちらが最適化わかりません。が、現在の世界のしくみを農水産業にプラスに活かす
財政破綻寸前(すでに?)の日本の中で、豊の地域の領域を拡大することも食の
戦略の一つです。


これだけ多くの企業が、企業観優位で、自由競争という名目のもとで、食品産業が、世界に比肩
できるように20世紀代から21世紀の現在までの結果は、今のTPPで右往左往するのが現実です。
地域の中小企業規模が80%を超える「いきのもづくり」であり、人が生きる必需品、死ぬは食料・
水を断てばよく、エンゲル係数(個人の所得)に依存し、地域の中流の下、貧困層(低所得層)の
増大は常に低価格化が必要十分条件にもかかわらず、なにか世界に比肩できない戦略的要素が
少ないか、欠落していた結果のようです。

2011.03.11の福島原発事故は、世界の日本の食の安全安心神話を破壊しました。時間が着実に
経過し、世界への食の安全安心神話の復元は200%以上の過負荷の戦略的軌道修正をしない
限り、世界・国内の戦略的超円高維持により繊維業界の現在のような、壊滅的打撃結果で、
業界に係わらない人から忘れさられます。苦しんだのは、国内の関係された血と涙の記録だけで
終わるようです。繊維は衣で限りなくゼロでも人は死なない業界ですが、食は、払える金がゼロの
とき(生活保護のような金のめぐみしくみを持てないゼロの人)は、餓死(多くの貧困国のような)の
確率はセロではなく、一人世帯の年金の少ない高齢者の新聞記事で見える化徴候がでています。
生きるためには国産より価格破壊てきに安ければ、2/3以上は月に生き残るために買います。
国内の食品産業の存亡とは日常生活では意識しない人が90%以上であり、食品産業の社員家族
でさえ同様傾向があります。
食品産業に係わる人は、世界観に立つと、日本の自給自足が子孫繁栄にプラスであることに
気づける確率は高い。
直接部門の志援(支援ではない)のために超最低コストのシンプルな管理(間接部門のは金が
かかる管理費用の現在の1/3にしたり、類似機関の世界に優位になる超専門化のための、
整合された、重複業務削減をするしくみ、システムを目指す)ことを待望します。

地域の中小企業の食品産業の勉強行動型で整合した企業連携(地域の第一次、第二次、
第三次産業)が機能を始めた地域の拠点に、重点的に企業の最高ノウハウを持つ実戦行動
できる人財を配置し、食品産業勝ち残りのフレームワークの実証検証と超コストダウンのノハウ
構築のしくみを推奨します。
大都市圏は今までより強化し、超円高50円でさえ、世界に比肩し勝ち残れる地域で新規事業を
地域の人とテストマーケティングをし、そのフレームワークの中に組み込むようにする。
ブランド力があり、世界に拠点を持ち、原料調達を、海外国内で潤沢に持つ食品産業の企業
グループ化、国内の食品産業をグループ化して海外、国内の大型販路をグループ統合する
総合商社の戦略行動を真似なければ、世界に勝ち残れる確率は低くなりました。

多くのすばらしい、企業も単独企業、特定分野へ特化し成長した企業は、地域の単独食品
産業を顧客を業績基盤にしていると、業績低迷、共倒れの危機が近づいています。
企業観を日本観へ変えて、地域の勉強行動型食品産業階層を先導し、国内での生き残り
支援と、海外での勝ち残り事業展開を共に行動し、共に豊にして、日本の想定以上の数の
食に係わり、所得を得ている就労人口を安定吸収できるための社会貢献を待望しています。
 

 

□食環境向上団体







   

◆食品安全安心健康に関する団体
◆食材の生産・加工・調理・病院に関係する団体
◆食品関連団体

食は人間の生存に関係し、安心、安全に関する政策、規制、研究は業界変化を理解する上で重要です。企業のCSR(社会的責任)戦略に極端な格差がある時代は放任規制緩和をしてはいけない問題点が多い。官庁情報は最低限の下限の規制として、自社の成長レベルで対応のための情報として最新をテーマに整理しました。

●農林水産省
●農業・食品産業総合研究機構 
●食品需給研究センター(FMRIC)    ●農協流通研究所  
●農林水産技術情報協会 ●農業関連大学&水産関連大学

 

◇食業界推進基盤企業

 

業界のエネルギー補給を担当する東京ガス・東京電力では業務用厨房に関して技術開発が進んでいます。業界を推進する企業の商品開発支援を活発にしています。”あなた”の企業の新商品もPRの対象になる機会があります。
日本食糧新聞社は最新の食品業界の情報を集約し、地域の業界団体の活動を志援しています
 

◇厨房設計・施工関係

 

世界の厨房が日本市場に急激普及をはじめ、日本の閉鎖的厨房業界も黒船で目が覚め、厨房業界の変化が激しくなってきました。その中で厨房設計施工のモデルとして紹介します。

厨房は燃料の安定使用量が見込めるために電力業界、ガス業界が厨房業界の進化支援をしている重点の一つです。自社の開発方向を相対比較する突破口情報の一つです。
 

□食業界発展を支える企業


 

食業界発展を支える、システムのなかみを提供したり知恵本を提供する企業。
○ITを活かす管理栄養士の業務能力向上
○安全・衛生・安心 技術・技能の向上
○飲食店向け店舗向けソリューション
○食業界関連専門図書

 

□食業界・厨房発展先導企業


 

業界発展先導企業の企業努力をご紹介します。常に新しく、新商品、新システム、販路開発に全社的に活発に挑戦している企業 

厨房設備機器は、設備が終われば、日常総合的稼働率が高く、人件費、エネルギー費、衛生、品質、動線効率等、設備したしくみシステムで、改善の上限が決まるため、さらにカイゼンする場合は、設備の総合的に効率機種への変更が必要となります。各社の最新情報と相対比較が戦略着眼です。
 

◇物流調達供給機能と事業展開との整合性






物流費の内の約60%を占めるのが輸送です。輸送は物流活動の内、唯一、社外に出て公共空間で行われる活動です。企業の論理よりは公共の論理に基づいて行われます。大部分は運輸業という専門産業に依存し、専門業者委託がおこなわれます。その融合格差が、物流格差に影響します。 食品産業が世界市場で事業展開する場合、陸海空を最適な安心安全と下限低コスト化、上限スピード化が勝ち残りの必要条件になります。自社の総能力プラス外部の専門の機能を活かさなければ、競合できない競合他社の進化が早くなってきたことに気づくき対応が必要です。単価が低コスト領域と鮮度価値領域が大きい食品産業業界は特に存亡にかかわる重要な要素の一つです。
◆運輸構造の最新変化を知る
◆物流流通業界の団体機関の変化を知る
◆SCMを事業の善循環化のしくみカイゼン 
 

◇冷凍商品製造業の進化


 

冷凍装置の高度な加工機能が進化すると農業生産活動や加工、保存、輸送など総合的な食品循環を変える可能性を持つ業界です。環境に及ぼす影響をトータルで評価しようという考え方である「ライフ・サイクル・アセスメント(LCA)」という概念も地球環境保全のために重要度が高まってきます。

◎季節変動を調整した、年間安定供給、遠隔地域での生産物の
鮮度物流など戦略的市場供給が可能な時代がはじまりました。
 
◇日本パン技術研究所
(JIB)









 
(社)日本パン技術研究所)は、AIB(米国製パン研究所)とライセンス契約を結び、本システムを日本へ導入し、依頼施設の食品安全管理体制の強化・徹底を支援する活動を行っています。

 「AIB」の確立した「AIBフードセーフティ(GMP)指導・監査システム」は「食品安全統合基準」を基に、「食品製造施設及び食品関連施設(流通倉庫や包装資材製造)」において、主に「5S(整理、整頓、清掃、清潔、しつけ)」を強化するための、「食品安全管理システム」です。 三現主義の監査とコンサルが同時に進行し、具合的な内容です。
様々な食品会社および関連会社(製造機械、倉庫、包装資材、
原料供給業者を含む)を対象としています。特に食品取り扱い作業に携わる従業員の教育の一環として重要視する企業が増えてきました。

AIB統合基準はGMPを基礎にして作成されています。また、GMPは、HACCPの構築には必要不可欠なものです。

 


◇日本貿易振興協会

(ジェトロ)







 

ジェトロは2003年10月、日本貿易振興機構法に基づき、前身の日本貿易振興会を引き継いで設立されました。独立行政法人として新たなスタートを切り、これまで以上に時代のニーズに対応し、質の高いサービスを機動的かつ効率的に提供。

地域の中小企業の食品産業は、海外展開したい場合、総合商社との取引をする前工程として、進出するエリアの創市場創客の現状をジェトロの力を借り、連携して、戦略的マーケティングをし、事業継続時の定点チェックのしくみを自力で構築した上で、総合商社の素晴らしい人材を他力のパートナーとして活かす方が、業績の組立てを自力本願でできる確率が高く、総合商社の海外赴任者数が少ないため、中小企業との取引を拡大するための自力で布石が打てるルートが開拓できます。勝つための汗をかくべき超えるべきテーマです。
 

 

 




 

商品一覧