開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

エネルギー自給への対応

■エネルギー自給への対応  080310

先進する事業の勝ち残る知恵を活かす>エネルギー自給への対応




 日本国は21世紀エネルギー自給への対応をハイスピードで切り換える時期が
近づいています。

日本国は20世紀の「油断」時の「対症療法」が 再び21世紀は同様な状況に
緊急対応できない現状を人財の皆様は、検証、確認せれたはずです。
国家戦略とエネルギー自給を実現する多数人財の輩出が急務の時です。

2011.03.11の福島原発事故により原発神話妄信が崩れ、過信する人の数が
減少し、まだ日本の本流では、55%以上優位ですが、他の技術と同等比較
する正常思考できる人の数が増えて来ました。

日本国の子孫のために何が、資源のない国土で、最低の調達コストで
最大のエネルギーを多目的で潤沢に供給できるかを探す挑戦を待望
しています。

資源の代替生産する科学技術が進化してきた現在なぜ、資源豊富なでない
国にも関わらず、要領のよい世渡り方式である、生まれた運がいいだけの
豊富な国の天然資源を利用する段階を断ち切り、自国内で自給できる資源
を造ることをしようとしないのか?
そろそろ、財政破綻寸前にも関わらず富裕な国のように海外にに資金を流出
させず、最小化するためにある期間、国内の資源創造科学技術のための内需
拡大に、資金を投入しないのでしょうか?資金繰りに消える助成のばら撒きを
なにかの目的でするのでしょうか?
21世紀後半は、世界の後進国が、豊富な資源を内需拡大優先し、さらに、TPP
により富裕な資金で、世界の資源のある国外から、大量に国内需要に対応して
調達し、日本国は投機型相場で超高単価の輸入をする時代が近い。
大国土、大人口の国が国内就労インフラのために国粋的な人が多数であれば
推進する確率が高いことに気づく時です。世界観視点で日本国が自給のための
戦略的行動をはじめないと、日本国の子孫繁栄するかどうか「カルタゴ」になるか
わかりません。

 
◎新エネルギーの稼動と市場

◎エネルギー供給データ

 

 

更新 2010.07.21

更新後のホームページ最新化変化の激しいところが多いため、A志援サイトの内容は更新時最新と捉え
そのもののトップページも確認のためにアクセスすることを推奨します。すべてA志援が誰かと接した、
サイトへの来訪か、名刺交換した情報の中から選択したものです。

「●」を付したコンテンツは、A志援サイトで、一度、確認した情報です。 
例 091128:最新更新時期 2009.11.28を示す。 



□団体


 
資源エネルギー庁
 経済産業省

 資源エネルギー政策の展開管轄官庁 エネルギーに関する様々な課題と我が国の対応の現状や諸施策。省エネルギー、新エネルギー、資源、燃料、電力、ガス、地熱、水力、原子力等の個別分野の施策。
エネルギー基本法に基づき策定されたエネルギー基本計画。
 ・日本のエネルギー情勢  
・地球環境とエネルギー 
・省エネルギー関係 
・新エネルギー関係 
・石油天然ガス関係 
・石炭関係 
・鉱物資源関係 
・電力ガス関係 
・原子力関係

 ●新エネルギー・産業総合開発機構 NEDO

 NEDOは、日本の産業技術とエネルギー・環境技術の研究開発及びその普及を推進する我が国最大規模の中核的な研究開発実施機関であり、非常に重要なミッションを担っています。091112

 
  
新エネルギー財団 NEF

多様な新エネルギーの開発・導入のための基礎的な調査・研究と情報提供、その普及のための各種支援事業や広報活動、そして新エネルギー政策についての国への提言などを主たる任務としております。新エネルギーとは、どのような分野を意味しているのでしょうか。この言葉は日本でつくられました。新エネルギーを広く解すれば、化石燃料以外のエネルギーを指すことになりましょう。そこには、太陽の光と熱や風力といった自然エネルギーの利用があります。水力、地熱という伝統的なエネルギーもあります。また、廃棄物やバイオマスの活用も含まれます。さらにコージェネレーションや燃料電池のようなエネルギーの新しい利用方法もあります。これらの新エネルギーの多くは、海外に依存しない、いわば自前のエネルギーであり、また環境への負荷も小さいという利点があります。


  
電力中央研究所

 電中研は昭和26年に設立された公益法人で、エネルギーや環境などに関わる研究開発を行っています。「エネルギーセキュリティの確保」と「地球環境問題への対応」を最大のミッションとして、幅広い研究に取り組んでいます。
松永安左エ門氏(「電力の鬼」と呼ばれた)の先見性は今も継承されています。日本の将来にわたる電気事業の基盤づくりすべてが松永安左エ門氏の手によって築かれていった。
 


 
熱・電気エネルギー技術財団  TEET

 地球の将来うれしいエネルギーの開発を生涯の夢とした、アイシン精機株式会社名誉相談役故豐田稔氏の遺志を活かし、熱・電気エネルギー技術に関する調査・研究、情報の収集及び提供、研究会・セミナーの開催等の事業を行う一方、新エネルギー開発に情熱を注がれる研究者や国内外の大学・研究機関を支援しています。

 エネルギー総合工学研究所 LAE

 
エネルギー総合工学研究所はエネルギー、環境問題について総合工学の視点から取り組んでいます。




 


 
●省エネルギーセンター
  ECCJ

 省エネルギーのための各種活動を行う財団法人です。.生活の省エネルギー推進のための情報提供・普及促進事業 、.省エネルギー機器の普及促進のための情報提供事業  090630

 ●電気事業連合会

電気事業連合会が運営する日本の電気の総合情報「でんきの情報ひろば」は、日本の電気に関連したインフラの変化の最先端の実用、実証段階を観(診)るしくみの一つです。
 110107

 


 ●石油天然ガス金属鉱物資源機構

 2002年7月26日に公布された「独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構法」に基づき、2004年2月29日、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)が設立されました。石油、天然ガスの安定的な供給確保の役割を担ってきた石油公団の機能と、非鉄金属鉱物資源の安定的な供給確保を担ってきた金属鉱業事業団の機能が集約されています。資源獲得競争が激化する状況の中、2007年度には、政府の新・国家エネルギー戦略等を踏まえ、石油・天然ガス探鉱の事業への出資及び開発事業に係る債務保証の上限を引き上げ、エネルギーの安定供給に関する機能を拡大しています。100708

 

 

 

 


□民間


 
●電源開発JPOWERc

 エネルギーと環境の共生を目指す電力卸売。石炭火力と水力が主体。電力各社に供給。原子力も「J-POWER」という名称には、これまで50年にわたり日本全国および世界各国で事業を展開してきた実績と技術力を活かし、「エネルギー」と「環境」の2つの分野を中心として世界を舞台に幅広く事業を展開し、地球の未来のために多くの人々に「パワー」をお届けしたいという思いが込められています。090530

 三菱重工業

“Dramatic Technologies”は、「技術(Technology)」に立脚する企業であることを明確に打ち出し、世界のインフラストラクチャー(社会・産業基幹施設)の礎を築き、人々の夢や願いをかなえて、感動を与えていくために、ものづくり企業として責任と自覚を持ち、確かな未来を約束するための技術を提供しています。
 

 NTTファシリティーズ

 100年に及ぶわが国の電気通信の歩みをサポートした経験と実績をもとに、「ICT」「エネルギー・電力」「環境・建築」の3つの分野を融合した総合エンジニアリング・サービスを提供。太陽光発電系安定化にNEDOと連携


 ●ゼファー

風力、太陽光、水力等のエネルギーに関する機器の開発、製造、販売(設置に関する設計、工事、リース、メンテナンス、など一貫して受注)及びコンサルティング 。小型システムとして、見込み顧客が多い方式です。機能を進化させながらローコスト化しながら普及の可能性が高い企業の一つです。ゼファーの活動と関係団体に関して「関係先リンク」として公開されています。ベンチャー企業が市場で益々発展する外部との共生の重要性がわかる事例です。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎日本国の今のエネルギー政策は 未来の日本国の子孫繁栄の分水嶺の時。

日本国は対症療法は短期の防戦として活かし、その可能な期間内に、過去蓄積した
知識・智慧と不足する智慧等、自力で機能開発するスピードを上げるために変速機の
ギアを「ロー」から「ハイ」、「ハイから超スピード」へ切り換え変えるスタートの時期として
千載一隅のチャンスと考える日本国の未来を豊かにする国家戦略への切り換えする
チャンスと考えるプラス発想をする人財の輩出を速めるためにA志援が役立つように
最先端コンテンツ探し、掲載します。

日本国は21世紀は20世紀と戦前の戦争、石油は無限に輸入できると過信した同じ失敗
を繰り返えせば、未来国家存亡の危機を招く確率は高いようです。

幸いに、20世紀は世界観をもつ少数の国が主導して、現在まで短期間元に戻つたよう
に錯覚させました。21世紀は他力での期待による現状への復帰は成功確率として40%
以下になっています。国情も独裁による安定から、群雄割拠の不安定時代に入り、
急速に台頭する富裕層により世界を主導する国が複数となり、「指導者・指導層がまだ
価値判断が世界観の段階」に達するまでには時間がかかります。
21世紀内に可能性があるか、その国の人財輩出スピードが現状程度なら可能性は望ま
ない方が賢明かもしれません。

期待する他力をやめ、日本国は 自力でこの時代変曲点を、仰角大きくスタートする
時期です。

 

商品一覧