開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

半導体情報通信技術を活かす

■半導体情報通信技術を活かす  080326

先進する事業の勝ち残る知恵を活かす>半導体情報通信技術を活かす





情報通信機器の高機能化、低消費化の要求を満たすシステムLSI等を実現する
ために、半導体技術は進化をつづけています。
世界規模で、急速な進化をしている業界であり、地域が一つの最適な地産地消型
の潤沢な金の循環により、富裕層だけが儲かるしくみから地域の人が共に豊に
なるしくみシステムへかえる変える突破口の一つ。

◎情報通信はBtoB BtoC(組織内C・一般C)を対象にしたBの目的遂行手段
としてのBを主導として双方向情報伝達技術段階から次の成長段階へ変化が
はじまり、地域の構成する組織、個人が、一つの身体のように健康体に体質
カイゼンするために、骨も含め、集合細胞体(多様な機能の組織)、固体細胞
(地域の人)が、最適に機能し働く(生きる)ように、血液である金が末端まで
自力で生きることができる細胞にするために、神経血液が抹消まで繋がり、
緊急時、生死にかかわる環境じ一体化して俊足対応できる行動ができるよう
にするように、神経回路を繋ぐ(すでにできるしくみはあり縦横無尽の双方向
型へしくみが高度化してきました。)段階から、血液循環させる血管や、栄養を
供給するしくみ(動脈機能)、老廃物を処理するしくみ(静脈機能)等すべてを
統覚し整合させる心臓、頭脳、背骨、各骨格、筋肉機能が、21世紀は、
地域中小企業が、1組織(企業)最適行動から、地域全体最適に、基幹機能は
集合組織(協業)化しなければ、地域(身体)は、外部環境の中で淘汰される
段階が近づいています。すでに、財政破綻や、破綻へ着実に坂道を転げる
地域が出てきました。「対岸の火事」の段階から、あなたの地域が臨終が近い
確率がゼロとはかぎりません。

◎地域のインフラ網を超シンプルに超スピードある組織最適行動ができるしくみ
システム、人組みを急ぐ時期が来ています。日本国は財政破綻に歯止めをかけ
ないで、東日本大震災の復興、福島原発事故で一企業東京電力への資金投入、
非生産事業への大型投資、生産性の高い東京都、政令都市、大都市に重点投資
し、その他の地域へのリンゲル型国の助成を期待しても、資金がなく期待できない
時期がきています。自力本願で、地域が健全財政と地産地消で生き残るためには
(他力がないために財政破綻を叫び期待は無駄な時間を後送りする行動であるため
止める)、最先端機能を活かしきり地域にふさわしいしくみシステムの構築とバラバラ
個人化したベクトル方向無限の価値観を地域を強い体質に自分達で変えたくなる
地域愛を持つ地域組織人へ変える行動をはじめ、推進ベクトルを持つ人が60%以上
に短期でするときです。
推進ベクトルの人財は20名から始めると、90%以上はベクトル修正はできます。
ベクトル逆方向の人は、地域から自分の主張ができる大都市へ移動させるしくみを
創る剛型行動も柔型行動に含める必要なときです。
推進は地域の中小企業の最適組合せで行い、自力ノウハウが不足と気づけば、
全国ブランドは地域の陣取りゲーム(戦国の領地拡大思考)を始めているために、
地域にふさわしい全国ブランド力企業のグループの協力会社の最高の都合の良い
便利で、地域で最大に成果を上げられる中小企業群を目指し、最先端他力を味方にし、
短期で地域の総合的インフラを最小のコストで(全国ブランド企業の地域投資費用を
活かす)地域の推進ベクトルを最大化させる戦略を採り地域をより高レベルのものに
する全体フレーム(幹線網)を外他力を最大に活し構築することを推奨します。


■現在可能な戦術で地域にふさわしい統覚インフラ
実現確率の高い方法

◎地域密着CATVの地域との融合の現状

◎第四次産業、複合食品産業

◎食と健康業界の変化

◎新製品新事業開発のための情報


すべて神経回路、ニュートロンとしての半導体情報通信技術を
地域でふさわしいしくみシステムにし、それを活かしきり
「ものづくり」「いきものづくり」「第三次産業」を血管機能として
繋ぐ(動脈・静脈機能両方必要)。食品産業は第四次産業化する。
心臓は地域密着CATV機能を活かす。
頭脳は地域をよくしたい知識知恵智慧と超高品質行動仮説を立る
ために、ふさわし機能集団が価値判断優位順位で整合する。
その脳からの指示、指示部分からのスピーディな報告連絡相談
、スピーディなアドバイスと次の段階へ指示を出す、善循環情報
ループを構築する。地域密着CATVが心臓と同じルートで神経回路も
兼用できる機能があります。同軸内の両方、有線で繋がる
ふさわしいしくみの一つです。現代では、他に比肩できる
ものはまだないようです。

 

 

更新 2010.07.21

更新後のホームページ最新化変化の激しいところが多いため、A志援サイトの内容は更新時最新と捉え
そのもののトップページも確認のためにアクセスすることを推奨します。すべてA志援が誰かと接した、
サイトへの来訪か、名刺交換した情報の中から選択したものです。

「●」を付したコンテンツは、A志援サイトで、一度、確認した情報です。 
例 091128:最新更新時期 2009.11.28を示す。 



◇日本が世界に比肩するために日本国内に応用活用を推進するしくみです。

中小企業はいかに上手に「半導体情報通信」の手法を自社の事業に活かすかが、勝ち残りの条件の一つ。
地域の中小企業は、全国ブランド企業の動きの中に組み込まれる「小判鮫作戦」を採ることを推奨します。
全国企業の保有する最先端技術ノウハウと人材の支援を得て、一緒に地域での人「いきものづくり」の多様な問題解決にきめ細かい解決をして、超小回りのしくみシステムを構築を急ぐ。一緒に問題解決して人は、いかに時間がかかりムダムラムリの非効率分野で、自社の個人評価にマイナスになり、投資費用対効果がマイナスになる場合、必ずその企業生き残りのために基幹以外の末梢部分はをアウトソーシング型を採ります。全国ブランド企業は、規模が大きく、最小の富裕人材で、地域全体を独占できる確率は低く、地域の超ノウハウを持つ中小企業に依存しない限り、高い生産性、超ローコスト維持と、一定以上の品質生産確保が不可能となり、想定以上の速さで赤字累積し、子会社、グループ企業も短期で顧客数が減少し、連鎖倒産の危機が生じる、世界競争時代に入っています。子会社・グループ企業以上の細部ノウハウを持てば生き残れる確率は高く、一企業で構築したノウハウは 類似分野の全国ブランド企業も同様なニーズがあり、地域の中小企業が地域内連携して、全地域を面で、その企業の保守点検、最新化支援をすればともにプラスに補完できる事業展開ができる確率が高い時代に入っていることに気づくときです。20世紀代「ざこは磯辺で遊べ」の弱者の原理は、21世紀後半は「ざこ」の強みを「いきものづくり」の領域でできる実現可能性が高くなってきたようです。

超円高操作だけで、日本のある大企業分野は脆弱体質であり大きいことはこまわりが効かない現象が顕在化できた中小企業にとり、何を最強の強みにするかだれでも垣間見れたチャンスの時です。TPPになると、国内の公開情報では多国籍国内企業では利益の本質が見えないようになります。子会社、グループ企業はさらに個別には見えなくなり、中小企業の当面のライバルの数値比較は国が、企業単位の法人税を公開をしない限りブラックボックスの中になり、見える中小企業の市場・顧客を瞬時に独占できる寡占化と富裕2極分化の時代が近づいています。

◎地域密着CATVの地域との融合

◎最先端医療の現状
○健康機能再生復元探し
○再発防止に関する行動
「ものづくり」のリスク管理は予知力の方法の突破口。
「いきものづくり」「人」の健全破壊の徴候予知も、必ず予知があり、機能障害(起因)し破壊(結果)となり
ます。タイムリーで的確な処置をして人は「健全なる身体に、健全なる精神が宿り、健全なる行動をします」
   

◎最先端下水道の現状
◎林業再生「緑の社会資本」の現状
◎新エネルギーの稼動と市場
◎スマートハウス・シティの稼動の現状
◎地域の空港は地域の人商物流の突破口  
 



 
(独)情報通信研究機構
  NICS

 来るべきユビキタスネット社会を支える情報通信技術の研究開発、 情報通信分野の事業支援等を総合的に行う独立行政法人です。情報通信技術(lCT)は、全ての産業活動を支える基盤となる技術分野です。半導体技術の進化の加速と相関して、日本のライフラインの中に加速的に組み込まれてきました。


 
●情報通信ネットワーク産業協会CIAJ

 情報通信技術(ICT)活用の一層の促進により、会員の協力のもと情報通信ネットワークに関わる産業の健全なる発展を図るとともに、社会・経済・文化における情報利用の拡大・高度化に寄与することによって豊かな国民生活の実現および国際社会への貢献に資することを目的とします    081002

 ●電子情報技術産業協会
    JEITA


 電子機器、電子部品の健全な生産、貿易及び消費の増進を図ることにより、電子情報技術産業の総合的な発展に資し、我が国経済の発展と文化の興隆に寄与することを目的とした業界団体です。
  081002


 ●コンピュータソフトウエア協会CSAJ

 CSAJは、コンピュータソフトウェア製品に係わる企業が約500社集まり、ソフトウェア産業の発展に係わる事業を通じて、我が国産業の健全な発展と国民生活の向上に寄与することを目的としている経済産業省認可の公益法人です。 081002

 
 
●日本電子回路工業会

 高度高精密機械には、電子回路、プリント基板が融合(組み込み)してはじめて目的の機能を発揮できます。両輪の役割をしています。機械・人間(アナログ型・見える)と電子(デジタル・見えない)の両輪の先人の智慧を体得することが21世紀必要条件です。 090831


 
●未来ICT研究センター

神戸研究所 未来ICT研究センター(KARC)は、情報通信分野における国の唯一の研究機関である(独)情報通信研究機構(NICT)の一翼を担う基礎研究の拠点として活動しています。情報通信技術は、皆様の社会生活を支えている一方で、現在、情報通信が爆発的に増えることによって起こるエネルギー使用量増加の問題、新概念の情報通信技術の開発、セキュリティ対策などの課題に直面しております。081030


 
●情報管理Web(科学技術振興機構)

 情報管理Web」サイトは、月刊誌「情報管理」(創刊1958年)のコンテンツ(1996年4月号から最新号まで)を無料で公開するサイトです。「情報管理」は、情報の整備・流通・活用の各段階に関わる方々が経験と知識や知恵を出し合い、共有するためのステージを提供し、情報の生産から利用の「情報のサイクル」を活性化させることによって、日本の情報科学技術や情報リテラシーの普及・向上を通じて科学技術振興の基盤整備に寄与することを目的としています。


 
●国立情報学研究所NII

 新領域融合プロジェクト「分野横断型融合研究のための情報空間、情報基盤の構築」を目指しています。 国立情報学研究所(NII)の使命と特徴的な役割は次の通りです。即ち、我国唯一の情報学の学術総合研究所として情報学という新しい学問分野での「未来価値創成(学術創成)」をすること、また共同利用機関として「情報学活動のナショナルセンター的役割」を果たすこと、更に今や学術コミュニティ全体の研究・教育活動に不可欠な学術情報基盤(学術情報ネットワークやコンテンツ)の事業を展開・発展させること、そしてこれらの活動を通して「人材育成」と「社会・国際貢献」につとめることです。
100812

 ●情報システム研究機構

4研究所が連携することにより、生命、地球、環境、社会などに関わる複雑な問題を情報とシステムという立場から捉え、実験・観測による大量のデータベースの構築、情報の抽出とその活用法の開発などの課題に関して、分野の枠を超えて融合的な研究を通して、新分野の開拓を図るとともに、その成果及び新たな研究領域に対する研究基盤を広く共同利用に提供します。 100816


 
●全国地域情報化推進協会

地方公共団体の情報システムの抜本的改革や、システム連携基盤(地域情報プラットフォーム)の構築と本格的な普及を推進するとともに、公共アプリケーションの検討・整備、ブロードバンドネットワークの利活用の提案、各種地域情報化推進に関する活動の支援等を積極的に展開しています。 101112


 
●電気事業連合会

電気事業連合会は、日本の電気事業を円滑に運営していくことを目的として、1952年(昭和27年)に全国9つの電力会社によって設立されました。以来、地域を代表する電力会社間の緊密な対話と交流をはじめ、新しい時代の電気事業をつくり出していくための創造的な意見交換の場として貢献してきました。また、日本のエネルギー産業の一翼を担うという自覚のもと、安定したエネルギー供給体制の確立に向けても多彩な活動を行っています。2000年(平成12年)3月に沖縄電力が加盟し、現在10電力体制で運営されています。110127

 

 

 

 


◇あらゆる制御分野で、組織の中の人間のファジー想定外の行動本質(アナログ)を排除を目標に「もの」の超高品質、超多品種変量へ対応するしくみを制御する半導体(パワー)分野のナノ化の進化してきました。

人がコントロールできると過信した人の数が55%を超えた段階で未来を終わらせる手法の一つかもしてません。制御能力は、すべての素子が完全でなければ、完全稼動しません。
外部から天変地異・人為型超電磁波異常を付加すると、瞬時に目的行動とは180度逆行動が可能な領域の制御方法です。
見えない電気、1(いち)0(ゼロ)-1(マイナスいち)の原理を知ると、電磁波、磁気を活かす「もの」が地球にある数以上増加したとき、地球の地磁気、磁力線の想定外以上(天候気圧も連関している)と太陽光、惑星の軌道等、太陽系外の隕石接近量の増加は地球の未来の徴候の一つかもしれません。フレミングの法則が電子をコントロールできることは、電子で動くすべてのものに提供されないことを祈念しています。
電磁波による、人の潜在脳変容行動、遺伝子異常等、そろそろ宇宙観人財が多数輩出を急ぐ時期が来ているのかもしれません。(宇宙の吸引力のバランスが崩れたとき、成層圏で完全消滅できない物体が地表へ落下する過去の人工衛星と酷似現象の発生確率は高い時代が想定以上の速さで近づく時代に入ってきました。)


 
日本半導体製造協会
 SEAJ


 わが国の半導体及びフラットパネルディスプレイ(FPD)製造装置業界は、高度情報化産業の基盤となる半導体やフラットパネルディスプレイ(FPD)の生産に不可欠な資本財である製造装置を国内、海外に向けて配給し、今や世界の半導体産業を支える役割を果たしつつあります。


 
半導体先端テクノロジーズ
  Selete


 1996年に半導体企業10社の均等出資を得て、300mmウエーハ装置を用いる生産技術の開発コンソーシアムとして創立されました。2006年4月からは半導体産業界による “あすかUプロジェクト”、およびNEDO委託による“MIRAIプロジェクト”に参画し新たな5ヵ年計画の活動を開始しました。日本半導体産業競争力強化に資する国内連携の観点からは、今まで以上にクライアント企業経営層と産学独連携を両輪とした事業活動を積極的に展開し世界的先行性でプレゼンスを向上させることを目指ています。

 


 
東京ドロウイング

総合設計業として回路設計、LSI設計、プリント配線板設計、機械・構造設計、ソフト開発、各種試作の製造の専門企業。一ランク高い設備の高精密化、高品質化を目指す企業のシステムの中枢部分を構築する支援をしています。ランクを高めるときリピートが多い企業の一つです。近年、エレクトロニクス製品の小型化、高機能化に伴い、それらを実現する技術も日進月歩で進化しています。その業界にあって東京ドロウイングは半導体、電子回路設計からプリント配線板、筐体構造の分野における開発設計に特化して多くの経験と高い技術力を培い、常に”可能性への挑戦”をしています。


 
ルネサンステクノロジ

半導体メーカーとして多くの世界トップシェアを持ち、マイコン・ロジック・アナログ等のシステムLSI製品、ディスクリート半導体製品、メモリ製品の開発、設計、製造、販売、サービスを提供しています。
 ヒューマンフォーカス時代に必要なセキュリティ技術、小型・低消費電力技術、ネットワーク技術、インタフェース技術、そのすべてを持っています。世界をリードする真の“インテリジェントチップソリューションプロバイダ”を目指して。私たちルネサスは、また一歩先をめざしています。


 
●SUMCO

 半導体の基板材料シリコンウェーハを提供しています。シリコンウェーハの製造工程を紹介しています。
半導体と太陽電池向けの能力増強で二つの工場を新設中の伊万里工場(佐賀県伊万里市)敷地内に 約150億円を投じ新棟を建設。研究開発から量産までを手がける同社最大の機能集積地にする。次世代の大口径ウエーハや半導体微細化に対応する新製品を加速し、中長期的なシェア拡大につなげる
 091126


 
東京エレクトロン

 半導体製造装置のリーディングサプライヤーとして幅広い製品分野の開発・製造・販売を行っています。また、半導体製造装置の分野で蓄積した専門技術を生かして、フラットパネルディスプレイ(FPD)製造装置も手がけています。そして、これらの半導体製造装置およびFPD製造装置の多くは、世界市場で高いシェアを獲得しています。


 
入江(半導体・FPD製造用装置・測光測色)

半導体製造用装置、FPD製造用装置、チップ外観検査装置、ウェハー乾燥装置、半導体用露光装置、紫外線照射装置、恒温恒湿槽、半導体用ポンプ、ケミカルポンプ、真空ポンプ、半導体プロセス用セラミックス及び石英ガラス製品の提供。また照度計、光電池照度計、デジタル照度計、輝度計、色彩輝度計、分光放射計、紫外線強度計などの測光測色機器の他に有機ELの寿命を測定する有機EL測定装置、振動計、歪計、差圧計、真空計などの測定器を提供。 

 ●UMCJ(半導体)

 「日本唯一のファウンドリー特化事業」今後コア・プロダクトを育て、さらに幅広くすそ野を広げることがファブレス企業はもちろん、日本のIDM(垂直統合型デバイスメーカー)にとっても大きな競争力となります。UMCJは“ファウンドリー(受託生産)”に特化して事業展開している国内唯一の企業。自社製品を持たないため、顧客と競合することなく、あらゆる半導体製造に確かな技術とノウハウを幅広く提供できるというメリットを有します。100610


  
カイジョー

 1948年の創業以来、私どもの誇りである超音波技術を基盤に、 最先端のエレクトロニクス/メカトロニクス技術をいち早く採り入れながら、 各種超音波計測機器、一般産業用洗浄機、半導体製造装置等の幅広い分野に事業を拡大し、 日本国内はもとより世界中のお客さまから高い評価。 今後、私どもは「限りない“超”への挑戦」という理念のもと、キーテクノロジーである超音波技術をもって、 洗浄・接合ではどこにも負けないをモットーに、さらなる超精密、超高速、超洗浄の世界を切り拓いてまいります。
 


 
●エヌエフ回路設計ブロック

1959年、まだ国内では普及していなかった高精度なネガティブフィードバック制御技術をもとに、「世の中に求められる新しい製品を創りたい」という想いから誕生したエヌエフ。以来、私たちは、このフロンティア精神を引き継ぎ、未知なる分野にも積極的に取り組み、独自の製品をご提供することで、次世代の開発シーンと社会の発展に貢献してきました。エヌエフの独創技術は、自動車・ディジタル家電等の先端エレクトロニクス、燃料電池・太陽光発電等のクリーンエネルギー、ナノテクノロジー、さらには人工衛星やロケット等の宇宙関連にいたるまで、幅広い分野に広がっています。100806 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


◇ネットワークを活かす各種の手法が進化してきました。

◎ネット活用が創市場実現格差  
 


  
インターネット総合研究所
  
IRI

 インターネット総合研究所を追加しました。インターネット総合研究所    は アカデミズムにより発展してきたIP(インターネット・プロトコル)  ネットワークの構築・運用技術を産業分野へ広く適応させ、理想的なネットワーク社会を創造する研究開発(R&D)型企業として1996年12月に設立されました。「IPテクノロジー・ビジネス・エイター」として各機能を持つIRIグループ企業を統括しています。


   
メディーバmediba

 株式会社medibaは、KDDI株式会社が提供する携帯電話インターネットサービス「EZweb」のポータルサイト「au one」の編成・制作を核に、モバイルのみならず「au one」上のPC向けコンテンツを含めた広告企画・配信までをトータルに手がけるメディア事業


 
AXIS(アクシス)

北日本最大級のSEO専門会社 グローバルリンク(株)は、2002年よりSEOを核としたウェブソリューション技術を全国の企業様に提供しています。
 AXIS(アクシス)は ウェブプロモ−ション総合会社である「グローバルリンク株式会社」のSEO専門会社。機械語解析手法「Pythagoras(ピタゴラス)」は、サイト改善をデジタル思考で仮説に基づき無限改善できる可能性のある方法の一つで、素人の決裁者でも、改善方向を検討しやすい方法です。


 
●フォトロン

光子の”Photon”電子の”Electron”にその名を由来するフォトロン。オリジンは映像撮影技術でした。画像にこだわる独創企業民生用および産業用電子応用システム(CAD関連ソフトウェア、高速度カメラ・画像処理システム、放送用映像機器、その他)の開発、製造、販売、輸出入高速度ビデオカメラ主力。LSI開発事業  090520


  
さぶみっとJAPAN

 検索エンジンへの一括登録が可能なサイト、無料版、有料版”あなた”の新客への執着如何です。”あなた”に合わせた定評対応をしてもらえます。
 

 


 
東京カソード研究

欧米技術からの独立、自主技術の開発、世界最先端の技術開発を目指し、テレビ放送開始から5年後の昭和30年(1955年)よりテレビのブラウン管の性能を決定するカソードの開発・製造に着手しました。固有技術を事業展開。
◆事業内容
●電子部品部門 
CRT用部品(カソード、ヒーター他) 高品位カソード、バックライト用電極等
●プローブカード部門 
カンチレバー型プローブカード コブラプローブカード等
●装置部門 
LCD・PDP・ELプローバ LCD・PDP点灯検査装置等
 

 ●三技協

移動体通信、衛星マイクロ波通信、IT分野のサポートエンジニアリングサービスが事業の主体。ナレッジマネジメントを浸透させて新ビジネスモデルを構築    090530
 


 
●NTTビズリンク

 NTTビズリンクは、企業向けデータセンタサービスを提供する会社として2001(平成13)年7月にスタートし、その後NTTフェニックス通信網のテレビ会議多地点接続サービス事業、NTT-MEのデータセンタ事業、ぷららネットワークスのアカウント・アグリゲーションサービス事業の統合により法人向けサービスを更に拡充し、ノントラヒックビジネスを推進するとともに、統合的なICTアウトソーシングビジネスを展開している  091110


 
●NHKグローバルメディアサービス

◎地域密着型CATVが 地域のあらゆる世代、あらゆる階層の満足度を永続的に高めるためには、事業基盤であるメディア技術に関するしくみシステムを継続的にレベルアップするが必要があります。公共性を持つ日本で世界に比肩できる最先端の技術が揃っているNHKグループを活かしきり、連携して、「当面の解決すべきテーマ」を最優先に選び、社内のプロ人財を戦略的に短期で養成することが企業存続の分水嶺となります。その他の企業との連携の場合は、大の中に組み込まれる確率が高いですが、Gメディアは自社の独立性を維持しながら事業展開できる確率は高い会社の一つです。Gメディアの創業時に連携をスタートすることは、共に今後の展開にとり、デジタル放送へ切り替わるまでに加速度的ノウハウ充実に重要な役割となります。観光庁がスタートしました。地域を世界の市場への展開も可能性が広がりはじめました。ジェトロの動きとの連動しやすい時代がきました。地域密着の目的を戦略的に日本国の財政黒字化へ結びつけたれる制御人財の多数輩出を待望します。
090831
 

 ●移動無線センター

陸上移動通信の効率的利用を促進し、もってその健全な発達をはかり、電波利用による公共の福祉を増進することを目的とする。 MCA無線でビジネス通信から防災・危機管理なで災害に強い高信頼のデジタルMCA 無線 mcAccess e は、法人向けの業務用無線で唯一、北海道から沖縄までのワイドなエリアを実現。  地域密着の企業だけでなく全国展開の企業にも、ビジネスの効率化に貢献します。 自治体の防災無線や企業の危機管理・BCP用通信システムも、低コストで構築できます。100908

 

 

 


◇事業展開のしくみシステムとしてデジタル分野が加速度進化してきました。


 
●マクニカ

 ◎MyB3Smartシリーズ(経営ダッシュボード)今日の企業では、様々なシステム化が進み、統合基幹業務システム(ERP)、顧客情報管理システム(CRM)、営業支援システム(SFA)など膨大な情報が蓄積されています。その情報をリアルタイムで表示する表示板を「ダッシュボード」として定義付け、特に経営に必要な情報が集約されたものを本Webサイトでは「経営ダッシュボード」と表現しています。
081030


 
●アテネコンピューターシステム

ビジネスデータの可視化が経営者や管理者の意思決定の成功確率を高め、確信決断を速めるためにプラスになる戦術の一つです。

様々な情報をすばやく、ダッシュボード、パーソナルレポートシステムに直感的に作成してビジュアル化、Web上で情報共有するツールを提供しています。

◆用語「ダッシュボード」(船の操舵盤に相当)企業を自動車に、経営者をドライバーに例え、運転席に表示させる様々な情報をリアルタイムに見ながら正常運転する「ダッシュボード」の役割を企業経営にあてはめたものです。

マクニカが開発した「myB3smart」の高度な視覚化機能とレポーティング機能を活かし、金融・自動車製造・食品/飲料・コンピュータ周辺機器・コンピュタ製造・電子部品販売など多種の業界で使用されています。 081030


 
PFU

●情報KIOSK(キオスク)端末
公共施設や交通機関、店舗など、身近なところで目にする機会の多い情報KIOSK(キオスク)端末。
不特定多数の人が、タッチパネル操作などのマンマシンインターフェースを通じて、必要な情報にアクセスしたり、さまざまなサービスを利用したりするのに便利な情報端末です。
多くのお客様にご導入いただいているPFUの情報KIOSK(キオスク)端末は、病院の受付、家電量販店でのポイント発行、コンビニエンスストアでのチケット発券、公共施設の予約など、あらゆるシーンで活用しています。
PFUの情報KIOSK(キオスク)端末は、PC(パソコン)とタッチパネルの単なる接合機器ではありません。専用のハードウェアやアプリケーションを組み合わせ、さらに最適化することで、他社にはない高い品質と安心、信頼性を実現。さまざまな業種、サービスに幅広く対応可能です。さらに、運用の手間やコストを最小化しつつ、多様なプロモーション展開を可能にし、お客様の新規ビジネスを確実に成功へと導きます。

●楽2ライブラリーシリーズ
楽2ライブラリは、実物のバインダに紙文書をファイリングするのと同じ感覚で、電子化された紙文書(電子文書)やパソコンで作成された電子データの統合管理が行える、ドキュメントファイリングソフトウェアです。
電子文書のデータや電子データをデジタルバインダに綴じ、デジタルキャビネットに保管。ドキュメントを閲覧する際には、紙をめくる感覚の「パラパラめくり」で閲覧が可能です。

ファイルはpdfで、Word Excelファイルも変換できます。
ペーパーレス化による快適な業務環境の実現、業務効率の向上、スペースの有効活用など、企業に多くのメリットをもたらします。
Web公開ツールを使用するとホームページの「パラパラめくれる」Webカタログとして活用できます。   081030

 ●コトブキ企画

 
◎ローコスト化が可能な「デジタルブック」作成システム
「マイページビュー(My PAGE View) pdfファイルで読まない「資料」から読んでもらえる「情報」へかえる技術

オプション機能としてすでに開発済み機能
・各ページへの来訪者を解析する「アクセスログ解析」機能
・メモの書き込み機能があります。
・「画像キャプチャリング防止」の機能  
  081030


 
●インテック

 1964年の創業以来、一貫して「コンピュータ・ユーティリティ」―― 電気やガス、水道のように、いつでも、どこでも、誰もがコンピュータパワーが使える環境の構築を提唱してきました。モバイル、ブロードバンドの進展、インターネットの爆発的普及、Webの進化など、ユビキタス社会の本格的到来を目の前にして、この概念をさらに発展させ、「IT in all Based on IT」を新たなキーワードとし、ITの活用による付加価値の創造、社会への貢献を目指しています。富山県地域を暗黙智母体とした事例

 ●ティーケィアールTKR

 エレクトロニクス産業、情報通信機器産業などを中心とした電子機器の受託生産メーカーとして、設計、調達、生産の一貫したサービスをご提供するEMSカンパニーです。デジタル機器に対応した「精密、高密度、小型化」の部品加工及び製品またはユニットの組立てを得意としております。
090520

 ●図書館流通センター
  ビーケーワン

1979出版会の総意で(社)日本図書館協会事業部の業務を継承。現在は 図書館の選書・発注から装備・納品までの一貫業務を80%の公共図書館で使用するTRC MARCシステムにより一元管理。ビーケーワンの書誌データもTRC MARCを元にしています。 090530
 


 
大日本スクリーン製造

 1943年の創業以来、画像処理技術をコアとして、新しい事業や製品の創造に常にチャレンジする「思考展開」を経営理念とし、印刷製版関連機器からエレクトロニクス産業に進出するなどさまざまな分野へと事業展開してきました。

 印刷関連分野では、印刷工程のデジタル化を促進する機器を、エレクトロニクス分野では半導体・FPD(フラットパネルディスプレー)、プリント配線版製造装置など世界をリードするハイテク産業機器を開発・製造し、ユビキタス時代の到来に向け、社会の発展に貢献したいと考えています。

 メガソフト
 商標 MAGASOFT


 メガソフトは 2次元の図面を3次元で見せるCADCAMの機能をシンプル化しローコスト高機能のソフトを提供しています。
プロの技術営業お客様と一緒に仕様を検討でき、決断をスピード化できます。
・3Dマイホームデザイナー 
・3Dオフィスデザイナー 
・新発売3D厨房プランナー ・家計簿献立栄養ソフトその他IT業界関連ソフト


 
●クロスキャット

 心と技のクロスオーバーで、常に新しい技術とサービスで未来を切り拓ことを目指す情報サービス企業

クロスキャットは、「知識・技術・創意」という知的要素である「技」を高め、お客様には、どんな困難な局面においても意欲・忍耐・信念を失わない「心」で対応する「心技の融和」を経営理念に、社会へ貢献する情報サービス企業として企業経営を推進しております。

当社の事業内容は、システムソリューションサービスとして金融系、公共系、ネットワーク系及び先行した取組みのBIビジネスも加え、提案型ビジネスを積極的に展開しており、推進にあたっては人材とノウハウが重要な経営資源となっております。

透明で公正な経営を心がけ、内部統制強化によるコーポレートガバナンスをより充実させ、ステークホルダーの皆様への信頼にお応えしていく所存です。


 
キッセイコムテック

 
キッセイコムテックの使命は、豊富な知識と高度な技術を融合した独自の情報サービスを豊かな心を込めてご提供することを目指しています。そして、今後の高度情報化社会が人間性豊かに発展していけるようお手伝いが出来るように進化を続けています。


 
セコムトラストシステムズ

 セコムトラストシステムズは情報セキュリティと大規模災害をコアとした「トータル情報サービス会社」。世界最高水準のセキュリティ対策を施す「セキュアデータセンター」を核とし皆様に安心、安全をお届けします。ウエブサイトの安全性を緑で表示する新規格の証明書の発行を開始しました。 公共性の高い、影響度の大きい分野で、選別する価値判断ろして活用がはじまりました。e-Tax、特許庁インターネット出願システムなど、各省庁での電子入札、電子申請、電子納税にご利用いただけます。また、e-文書法対応アプリケーション等で利用しています。
 

 大塚商会

 情報産業専門商社として、多面的事業展開事例。
情報産業界が21世紀加速度的に進化に伴い、事業内容を変化対応しています。
  091105

 

 

 


◇創市場創客の成功確率を上げるためのデジタル手法  
多くの手法が進化してきました。

◎創市場創客の具体事例
 


 
●富士通中部システムズ

 実務家が経営判断をするときに、システムのしくみフローが理解できると、当人が必要な視点から、自在に社内ナレッジを自分流で見える化をシンプル作成し活用でるように更に進化してきました。
プロ的社員の加工した結果情報も必要ですが、その裏付ける根拠、確信決断する時、机上型システムでなく、現場型構築進化したシンプル型システムの方がITの専門家でない実務家にも活用し易いものが開発されてきました。ランニングコストも、自社にデータを保持し、加工のためのシステムだけを活用する可能性もあり、確信決断した内容を、自社のナレッジに追加し、さらに自社の保持データが進化できはじめました一例です。
 「コールセンター」「営業現場」だ活用できるASP/SaaS型統合CRMアプリケーションが進化してきました。スピーディで適確なお客様対応力を構築できるCRMate(シーアールメイト)とお客様の声の経営活用を支援する見える化サービスパッケージ
 081128


 
●富士ソフト

 「FUJISOFT×Google」
この新たなコラボレーションから生まれた「Google Apps Premier Edition」が次世代のビジネススタイルを指し示します。
管理に費やす手間とコストを大幅に削減する次世代型コラボレーションツール

事例   社員数1,000人と想定した場合

●銀行システム(メール、グループウエア)の運用コスト 
  約5,000万円/年 (現状)

●この方式SaaS(メール、グループウエ)を導入した場合の運用コスト  約2,000万円

イニシャル費用込みで3年間を比較すると約9,000万円削減効果があります。
SaaS方式のため進化の速いソフトはローコストで最新に変更でき、更新時の時間生産性は短縮できます。
   081030

  野村総合研究所
  
NRI

 野村総合研究所NRIがコンサルタント活動情報の共有化、業務の生産性向上のために構築したナレッジ活用のためのテキストマイニング。システム化し企業への導入支援のための専門ビジネスインテリジェント事業部が活動しています。
◎顧客の声を聞くために選ばれたその実績、コンサルティングの現場から生まれ、進化し続ける分析ソリューションTRUE TELLERテキストマイニングは、野村総合研究所が分析コンサルティングを行う上で開発し、自らが使い込んできたテキストマイニング分析システムです。あらゆる課題に答えられるよう進化を続け、全てのノウハウを集結。実業務に即した使いやすさを追求しています。
お客様の真意を探ることで、市場の傾向と変化を把握し、顧客視点にもとづいた事業戦略の確認・検証、課題の発見、さらにはその共有、FAQへの展開など、テキストマイニングの実践を強力にトータル・サポートしています。


  
セールスフォース・ドットコム
セールスフォース・ドットコムは営業支援(SFA)、マーケティング支援、顧客へのサービスサポート、必要な情報の収集・分析など、CRMに求められるアプリケーションをオンデマンド(ASP・SaaS)で提供しています。ご要望に応じたカス
タマイズをスピーディに実現する柔軟なシステムを提供しています。


◎「Salesforce」:アプリケーション 
営業、マーケティング、カスタマーサービスなどの部門を支援し、優良なお客
様を発掘、獲得、維持することを目的とした
オンデマンドCRM(顧客管理)
サービス Salesforce(セールスフォース)。 経営指標の分析や代理店管理
機能など、 CRMに必要とされる全ての機能ををインターネット経由で提供しています。

 

 
 

 

 

 

 


◇デジタルの数値を、実体世界でより実現確度を上げる技術
デジタルの本質の根底は仮説による確率論分野で丁半博打や運が左右する世界に到達し、人が想定外をゼロにするための究極の世界です。なぜ数字の法則があるのか不思議なアナログが存在する世界です。
「もの」は極限なでデジタル化できる確率は高いが、「いきもの」は顕在脳が優位な場合は、確率論優位ですが潜在脳(煩悩・本能)が優位行動をする人の数により人財・人罪による幅の無限な価値観により想定外の行動が生じる確率が高く、人間世界をデジタル・アナログの最適組合せが必要であり、21世紀前半の科学優位・デジタル過信は、補正が必要な時代が兆速に近づきました。


 
●サンブリッジ

 
データマイニングの左脳型分析方式から解析プロセス高度なアルゴリズムにより、プロセスはブラックボックスですが、その解析結果を活かし、左脳右脳併用(勘)で決断できる、実務者決裁者向けデータマイニングオートメーションソフトウエアが実用化されました。 090727
 


 
●数理システム

「基礎科学の中にありながら広範な分野で応用されている数理科学」と「たゆまぬ進化を続けるコンピュータサイエンス」の2つの領域をベースにもつ独立系のソフトウェアベンダーとして、設立以来独自のポジションを築き上げてきました。 080921

 

 
●日本ニューメリカルアルゴリズムセンターNGA

NAGは英国Oxfordに本社を持ち、35年以上にも渡り高度な数学問題を解くための各種ソフトウエア及びコンサルティングサービスを世界に向けて提供しています。世界トップレベルの数学者、統計学者らにより構成されるNAG研究開発陣により展開 090727

 

 

 

 

 

 

 

商品一覧