開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

業種専門技術を啓発支援する団体

■業種専門技術を啓発支援する団体      070904

先進の事業の勝ち残る知恵を活かす>業種専門技術を啓発支援する団体




業種に関する一企業では入手に上限のある最先端の高度な専門性・
総合性に関して入手できる道が拓けてきたことに気づく時です。
さらに上限を超える高い専門性・総合性を事業として啓発支援する団体
が、20世紀閉情報が21世紀は、日本国の政府の部門から、独立法人、
社団法人等多くの民営化領域が拡大した期間が、情報公開を法制化
されたしくみで、玉石混交の価値基準で、それぞれの機関の価値判断
成長度合に応じて、独自の公開をしています。60%以上の国家・行政
予算をしようしながら、高額の会員(有料・富裕層)だけに詳細公開しか
しない機関がありますが、その機関の末端組織では一般(無料)でも閲覧
できるところもありあります。(一部加工はされている場合が多い)
潤沢な人質・人数・費用をかけた広範囲な総合的情報と深度が深い専門性を一般企業の労働生産性では想定できない時間をかけて蓄積してい
ます。あなたが目的に応じてA志援サイトから戦略的思考で検索する汗
をかくと不思議に、目的情報に出会える確率が高いようです。

玉石混交情報氾濫時代は「一企業」では集約不可能な情報素材が
豊富集約できています。すばらしい原石情報が揃い、国の規制の
具体的変化、世界の潮流の変化が最初にわかるしくみシステムの
一つと捉えると目的の情報の成功確率を高める精度は高いようです。
類似の間接的株式会社の組織の固有の価値判断の「色眼鏡」で歪曲
変容の確率が高い(ある視点分野ではすべて正しい)情報も必要ですが、
世界の最先端で比肩し勝ち残りたい日本国のあなたは、価値判断
で加工されない情報で、企業内のすべての価値判断情報を、先行型
制御人財なら、成功確率を上げるために補正が必要です。

経営者経営陣は限られた時間で、最適を求めて、最高効率で判断しています。
身近な判断情報が、色眼鏡情報「葦のずいから天をみる」現象があるかもしれません。

決断根拠の情報をあなたが、補正し成功確率を高くする行動が周囲と共に豊になる
行動の一つです。あなたが制御型人財としての存在価値の一つとなります。

手元情報が「何か変だ」と感じたとき周囲の精度の高い行動は、そのときの本流の
逆領域で「99%のひとがノー」ということがあります。しかし結局時間がある一定時間
経過し。潮流の領域が180度反転変化すると環境適応本能(潜在脳)があるために
180度逆の経営方針に変わり90%以上がイエスの行動に変わる。
20世紀代は、アナログ型思考優位の時代、21世紀前半ははデジタル型志向が優位の
時代にかわりました。21世紀後半は、目的に応じて、アナログ・デジタルの優位順位を
最適に制御して活かす時代へ変化します。(55%以上の普通の人は潮流本流の中で
新しい人に変わり、過去から残って変わった経営者経営陣幹部は、あたかも当時から
重要視して行動していた価値判断であるかのように本流の普通の人の顕在能・行動は
刷り替える人の価値判断が変容現象があります。
「クスッと笑いたくなる」時が汗をかきいつも成功確率が高いように求道し行動をプラス領域
に変える挑戦を続ける「あなた」だけが観(診)たり感じたりできる、自己満足の瞬間です。

スマートフォン等のツールは80%以上の普通の人の過去の世界の共有情報で満足
する人達の行動です。加速度的増加はあなたに共鳴共振共働するための短期間で55%
以上の多数を集めて優位行動できる戦略商品(多様な戦術より優位なもの)の一つと
まります。
20%以下のあなたのような制御型人財に成長できる確率の高いひとは、スマートフォン等
を駆使し、それにあなたの実証検証した確信し結果をプラスαとして付加し、さらに成功
確率が高いように加工できる人です。
世界の80%の中から想定以上超スピードで、勉強行動する人を集めることができる時代が
拓けてきているようです。
ただし、超良薬ほど、使用法を間違えると超毒薬になる確率を含んでいます。
人間存続のためのプラス領域のために活かされるよう功を焦らず、時間を待ち、見極めた
決断ですばらしい結果が拓かれますよう祈念しています。

21世紀は、情報公開による、国民に伝播すべき情報は結果は公開となり、
そのプロセスは、有料会員制度の期間は、会員になると、そのプロセスや
公開内容にかかわる資料の源も確認できるところが増えてきました。

自社、調査機関のデータを補完したり、追加する場合、関係団体の価値
基準を確認し、世界観で修正して、日本国の変化の本質をより精度高く
できる確率が高くなりました。

大学院、大学の資料は 最小コストで世界の最先端を超スピードで探す
ことができる宝庫です。社内の幹部経営陣の母校のルートを制御型
人財に最大限に活かしたり、新規事業のテーマは、産学協同で進めると
社内だけで時間をかけた情報集約内容より、総合性、専門性の内容を
入手できる確率は高い。

世界に比肩して、世界を市場とする大企業は、部門別に、団体、学会
の理事長・会長・理事・役員等として平会員ではなく、その組織を、自社
の外部の一部門のようなしくみで、潤沢な費用を活かし、自社のノウハウ
を日本の最先端を歩むしくみを既に構築しています。なぜ行政の協議会
組織にいつも企業名ががるのか、それは最先端のノハウを持つ企業
だからです。20世紀の談合型が21世紀型に変化してき目的的な形に
なり、ノウハウや、実証検証行動をしない企業は排除されるためです。
中小企業は、後塵を拝する確率は高い。もし最先端で事業展開をしたい
場合は、最先端を歩む大企業の協力会社として選ばれる企業になる
ことを待望しています


◎グローバル競争を勝ち抜く論文検索

◎世界観大学院・大学の活用
 

◎環境に関する活動内容から学ぶ

●「業界団体の活動内容から学ぶ」

◆共通(経営・経済・貿易他)
◆環境
◆エネルギー・資源
◆製造・技術
◆建設・建築・土木・橋梁
◆IT・情報・通信
◆物流・ロジスティクス
◆流通・卸・小売
◆金融・不動産・証券・クレジット・リース
◆農林・水産・食品
◆都市・地域開発・区画整理・土地測量
◆河川の保全浄化関係
◆地域の観光・旅館・ホテル関係の支援
◆中小企業が海外に創市場創客するときの志援


●「専門学会の活動内容から学ぶ」

 



 更新 2010.09.30
 
更新後のホームページ最新化変化の激しいところが多いため、A志援サイトの内容は更新時最新と捉え
そのもののトップページも確認のためにアクセスすることを推奨します。すべてA志援が誰かと接した、
サイトへの来訪か、名刺交換した情報の中から選択したものです。

「●」を付したコンテンツは、A志援サイトで、一度、確認した情報です。 
例 091128:最新更新時期 2009.11.28を示す。 

●宇宙航空研究機構

2003年10月、宇宙科学研究所(ISAS)、航空宇宙技術研究所(NAL)、宇宙開発事業団(NASDA)が1つになり、宇宙航空分野の基礎研究から開発・利用に至るまで一貫して行うことのできる機関が誕生しました。   090530
  


  
(独)物質・材料研究機構NIMS

 物質・材料研究機構(NIMS)は物質・材料専門の中核的研究機関として、基礎・基盤的研究開発等の業務を総合的に行い、物質・材料科学技術水準の向上を図っています。ナノテクノロジーを活用した持続社会形成のための物質・材料科学の探求  101025

 マイクロマシンセンター

 1992年1月24日設立。マイクロマシン・MEMS等のマイクロナノ分野に係る基盤技術の確立を図るべく産学官の力を結集して、これまで数々の国・NEDO主導の技術研究開発プロジェクトを推進してきました。 091128

 国際超電導産業技術研究センター

 1988(昭和63)年1月21日に設立。超電導に関する調査研究、研究開発、国際交流の促進等を行うことにより、超電導研究の円滑な推進を図るとともに、超電導関連産業の健全な伸展に寄与し、もって世界経済の発展に資することを目的としています。
   100217
 

 
金属系材料研究開発センターJRCM

   産業の基盤である金属系材料の研究開発の推進と成果の普及を図り、企業間の協調と競争を触発、産業競争化に貢献しています。
      100601





 

  
 
科学技術政策研究所

 1985 年の臨時行政改革推進審議会の答申において、科学技術政策に係る企画・立案の機能強化の一環として科学技術政策研究の必要性が指摘されたことを受け、科学技術政策展開の基礎となる諸事項について理論的・実証的な調査研究を行う中枢的機関として、1988 年 7 月 1 日に科学技術庁の附属研究機関として設置されました。      100701
 


  
●茨城県科学技術振興財団

 茨城県には世界的な水準の広範多岐にわたる科学技術・産業技術の集積があり、恵まれた社会環境を有効に活用し、科学技術の基礎的、創造的な研究推進、奨励するとともに、新たな事業展開をしています。 100825

  ●科学技術振興機構
    
JST

日本のイノベーションの創造を推進しています。知の創出から研究成果の社会還元とその基盤整備を担うわが国の中核的基幹です。
  100905
 


 
●国立科学博物館産業技術史情報センター

 産業技術史資料情報センターでは、失われつつある産業技術の進化の歴史である日本国の財産の保存を図るために、産業技術を培ってきた先人達の経験を継承し、更なる技術革新に役立てる情報拠点を目指しています。
   100826


  
産業技術総合研究所
産総研は 技術を社会具体化するためにイノベーションスーパーハイウエイを目指し支援している団体です。

 

 

 

 

 


 
●情報管理Web(科学技術振興機構)

 情報管理Web」サイトは、月刊誌「情報管理」(創刊1958年)のコンテンツ(1996年4月号から最新号まで)を無料で公開するサイトです。「情報管理」は、情報の整備・流通・活用の各段階に関わる方々が経験と知識
             100825

 ●科学技術情報流通技術基準

 科学技術振興機構が運営。科学技術情報流通基準(SIST:Standards for Information of Science and Technology)は 科学技術情報の流通を円滑にするために儲けられた基準です。SISTは「シスト」と読みます。
      100528

 ●日本工業標準化調査会  JISC

 工業標準化法に基づいて経済産業省に設置されている審議会で、工業標準化全般に関する調査・審議を行っています。 100922


 
●情報大航海プロジェクット

経済産業省のプロジェクトで内容重複のため有志の団体と内容変容の過程を紹介
  


 
●国土地理院

明治2年(1869年)に民部官に設置された庶務司戸籍地図掛をその起源。昭和59年(1984年)に国家行政組織法の改正に伴い、建設省の特別の機関、平成13年(2001年)の中央省庁再編による国土交通省の発足に伴い、同省の特別の機関となり、今日に至っています。
 091125


 
●自然科学研究機構
  NINS
生理学研究所、基礎生物学研究所、分子科学研究所、国立天文台、核融合科学研究所の5つの大学共同利用機関から構成されています。
 100905

 

 

 

 

 

 


 
●日本開発構想研究所

 「くにづくりから、まちづくり、ひとづくりまで」、活力に満ちた明日の社会の形成に役立つ学際的な研究調査を、人と人とのふれ合いを大切に、地道に進めるために設立された研究機関です。
      100823


 
●広域関東産業活性化センターGIAC

 広域関東圏の1都10県における地域産業の活性化を通して地域の均衡ある発展のお手伝いをしています。全国の産業活性化データベースを運営しています。
    100821

 ●地方自治情報センター
 
LASDE

 地方公共団体におけるコンピュータの利用促進を図る財団法人。住民基本台帳ネットワーク、LGWANの運用情報を掲載   100823


 
中小企業基盤整備機構

2001(平成13)年12月に閣議決定された「特殊法人等整理合理化計画」に基づき、平成14年12月に「独立行政法人中小企業基盤整備機構法」が公布されました。

中小企業総合事業団(信用保険業務を除く)は、地域振興整備公団(地方都市開発整備等業務を除く)及び産業基盤整備基金の業務を統合し、平成16年(2004年)7月1日に「独立行政法人中小企業基盤整備機構」として新しくスタートを切ることになりました。091109

 国際連合地域開発センター UNCRD

開発途上国内における地域計画の策定およびその実施能力を啓発するための研修、調査研究、情報交流を行うことを主目的とする国際機関。

 


 
●日本貿易振興協会(ジェトロ)

ジェトロは2003年10月、日本貿易振興機構法に基づき、前身の日本貿易振興会を引き継いで設立されました。独立行政法人として新たなスタートを切り、これまで以上に時代のニーズに対応し、質の高いサービスを機動的かつ効率的に提供。
  090930

 
●関西社会経済研究所


グローバルな視点からの政策提言、経済分析に関する調査研究を通じて日本の構造改革を後押ししてています。KISER(カイザー)は関西社会経済研究所の英文略語
 100528

 
 
●中小企業応援センター

中小企業基盤機構が運営。地域の中小企業団体、地域金融機関、税理士、NPO等における中小企業の日常的な経営支援に取り組む支援機関等の経営支援補完機能が地域別に整理され、地域の近くの知恵機関、知恵人財が見える化されてきました。  100528


 

 

 

 

 労働政策研究・研修機構
JILPT
労働政策研究・研修機構は、平成15年10月に日本労働研究
機構と労働研修所(厚生労働省)が統合して設立された、厚生労働省所管の
独立行政法人です。

内外の労働に関する事情及び労働政策についての総合的な調査及び研究
等並びにその成果の普及を行うとともに、その成果を活用して厚生労働省の
労働に関する事務を担当する職員その他の関係者に対する研修を行うこと
により、我が国の労働政策の立案及びその効果的かつ効率的な推進に寄与
し、もって労働者の福祉の増進と経済の発展に資することを目的としています
 

 サービス産業生産性
協議会


 欧米諸国と比較して日本のサービス産業の生産性は総じて低くとどまる一方、新ビジネスの創出や地域経済への貢献、グローバル化等、サービス産業をめぐる課題は多岐にわたっています。平成19年(2007年)5月、サービス産業をはじめ、製造業、大学関係者、関係省庁など、幅広い関係者の参加の下に「サービス産業生産性協議会」が設立されました。









 


  
IMA国際経営者協会

 1993年5月に外資系企業経営者協会として創設。その後、ボーダレスな企業理念
を共有する外資系企業および国内企業の経営者が融合して、リベラルでフランク
な雰囲気の中で活動中。

2005年4月に有限責任中間法人国際経営者協会に名称に変更。

2009年2月に一般社団法人国際経営者協会に名称に変更。
○IMAの使命(VISION)
◆ボーダレスで自由な経済活動を軸とする価値観を共有し、より開かれた市場の実現に貢献する。 ◆多様な情報の分析を通じ、世界経済の実態把握に努め、会員企業のグローバル市場における
成功に貢献する。
◆会員の交流を通じ、会員相互の啓発、新しい事業機会の創造、経営力の改善に貢献する。  
◆経営人材の流動化のための環境整備に寄与し、日本の企業社会の活性化と競争力の向上に
貢献する。  
◆会員企業が、社会や環境に対し、責任を果たす高潔な企業市民となることを支援する。
 


 
●中央職業能力開発協会

中央職業能力開発協会は、職業能力評価の専門機関として、職業能力が適正に評価されるように「能力評価制度・試験の整備」に関する各種事業を行うとともに、職業能力開発に関する様々な情報提供、相談援助等を通じて働く人々の「キャリア形成支援」に努めています。
  080930


 
●市場価値測定研究所

日本における市場価値測定の第一人者の一人が独自の市場価値測定ツールを基に大手リーディングカンパニーを中心に、若手社員かた経営幹部までの能力開発、キャリア開発で臨床し「個」と「組織」の活性化を目指しています。 080727


 
●リース事業協会

自社で日常使用する建物、設備、機械、機器、システム、ツール等を経営実体に合わせ最適な戦略を採る体質企業が進化をはじめ格差明確にでてきました。非製造業の成功方法が、強い製造業へ伝播加速をはじめています。資産流動化戦略と人材人財の流動化戦略を併用により企業実体を強化格差が生まれてきます。   090321

 

 

 

 

 

 


  
東京都立産業技術研究センター

 急速な技術革新や経済のグローバル化など、東京のものづくり産業を取り巻く環境は大きく変化しています。こうした中、東京都に対しては、基盤技術への支援に加え、ナノテクノロジーやITなどの先端技術及び環境や少子高齢・福祉などの新たな技術課題への迅速かつ効果的な支援が求められています。技術支援ニーズに対する柔軟かつスピィーディな支援を今まで以上に実施するため、平成18年4月、東京都立産業技術研究所は、地方独立行政法人へと生まれ変わりました。

  名古屋市工業研究所

 地域の企業支援事例:名古屋市工業研究所では、中小企業の 方々の生産技術の向上、研究開発などを積極的に支援する業務を行っています。


  
(株)豊田中央研究所

 トヨタグループや世界の研究機関と連携し、自動車関連、エレクトロニクス、情報・通信、機能性材料、バイオテクノロジや環境技術などの広範な研究を行っています。


 ●触媒化学研究センター(北海道大学)

触媒化学研究センターは1989(平成元)年設置2007(平成19)年改組 触媒ターゲットアセンブリ、触媒基礎研究部7研究部となりました。触媒元素・分子のナノ・ミクロ集積・集合化学の研究を積極的に進め、資源高度利用触媒、環境触媒、バイオ利用触媒、燃料電池・電極触媒、光触媒、有機合成触媒など多くの挙げてきました。      081030

 
●応用力学研究所(九州大学)

応用力学研究所は、海洋・大気、および核融合・プラズマに関する力学的研究を2つの柱として、さらに新しい研究分野を開拓する基礎力学研究とともに、国内的には全国共同利用研究所として、また国際的には東アジアあるいはヨーロッパとの研究ネットワークの拠点として、先端的な研究を展開しています。
 090530
 


 ●長野高専地域共同センター

地域共同テクノセンターは、. 地域企業と国立長野高専との連携をより一層強化する目的で平成12年4月に新たに設置された拠点施設です。 センターには最新の3次元CAD/CAMシステム・各種試験・加工装置やセミナー室などを有し、これら施設設備を有効利用開放しています。

   090630


 
●東北大学多元物質科学研究所

“多元物質科学に関する基礎と応用の先端的研究を推進し、本学4研究科と協力して次世代を担う若者の教育研究活動を行い、世界的視点から思考できる指導的人材を育成し、地域と世界に貢献する”ことにあります。  100601
 


 
●生体材料工学研究所(東京医科歯科大学)

近未来の先進医療を支える科学技術の世界的な最先端研究拠点として、バイオマテリアル・バイオエンジニアリングに関する基礎理論の構築および最先端素材の創出を図ると共に、創薬から医用デバイスを包含する先導的応用研究に取り組んでいます。 100601


  ●東北大学流体科学研究所

流動科学は、気体・液体・固体の流れを連続体の流動とし取り扱うマクロな視点と分子・ 原子・荷電粒子の流動として取り扱うミクロな視点で、物質の流れのみならず熱・ エネルギー、情報の流れを明らかにする新しい学問領域です。 081001
 


 ●東京海洋大学科学部

海をめぐる様々な問題を4つの学問領域に分け、水産学、農学、理学、工学、社会科学からアプローチし学際的な視点から教育・研究を行います。 100925

 

 

 

 

 

 日本金型工業会

1994(平成6)年設立。世界をリードする日本の金型産業のナショナル・センターとして、金型産業および関連産業の健全な発展を図り、世界経済の協調的繁栄と国民生活の向上を目的としています。
   081030


 
日本非破壊検査協会

 「非破壊検査法に関する調査・研究を行い、技術水準の向上・普及を図り、もって学術文化の発展に寄与する」ことを目的として、1952年(昭和27年)に「非破壊検査法研究会」として創立され、1955年(昭和30年)の法人認可によって「(社)日本非破壊検査協会」として発足し、現在に至っています。非破壊検査とは、“物を壊さずに”その内部のきずや表面のきずあるいは劣化の状況を調べ出す検査技術のことです。
   091202

 
 
日本非破壊検査工業会

 非破壊検査業と非破壊検査機器及び非破壊検査用材料の製造販売業両者を包括する業界団体です。 (社)日本非破壊検査工業会は、「火力・原子力等の発電所、造船及び石油精製・化学プラントなどの重要な産業施設における製造時の品質保証と使用中の安全性確保のために、非破壊検査技術を利用して、構造物・設備等を壊さないで検査する非破壊検査業の振興を図ること」を目的としています
             091203


  
日本半導体製造協会
   SEAJ


 わが国の半導体及びフラットパネルディスプレイ(FPD)製造装置業界は、高度情報化産業の基盤となる半導体やフラットパネルディスプレイ(FPD)の生産に不可欠な資本財である製造装置を国内、海外に向けて配給し、今や世界の半導体産業を支える役割を果たしつつあります。


 
日本ロボット工業会

 ロボット及びそのシステム製品に関する研究開発の推進及び利用技術の普及促進等を行うことにより、ロボット製造業の振興を図るとともに、広く産業の高度化及び社会福祉の向上に資し、ひいては国民経済の健全な発展と国民生活の向上に寄与することを目的とし、次の事業を実施しています。
   100823

 

  ●触媒工業協会

1965年わが国で触媒を製造する企業及び触媒関連資材を生産する企業、ならびにそれらの販売に携わる企業により、健全な発展促進を目的として設立。環境・エネルギー分野での重要な役割発揮し始めました
  081030


 ●日本科学機器団体連合会

日本科学機器団体連合会(日科連)は、わが国の科学機器の製造、販売及び関連事業に携わる企業を会員とする全国組織団体であり、わが国の科学技術の進歩・発展に寄与することを目的として、戦後間もない1945(昭和20)年12月に僅か46社の会員企業によって設立されました

 081129


 ●日本産業洗浄協議会ICC

ICCは、オゾン層破壊物質全廃と地球環境保護を推進し、工業洗浄分野における問題の早期解決を図るため、洗浄剤、洗浄装置、周辺装置など異業種の関連企業と団体が集結し通商産業省(現経済産業省)および関係省庁のご支援を頂いて1994年4月13日に産洗協として発足しました。   090630


 ●日本環境測定分析協会

環境測定分析(大気の汚染、水質の汚濁、騒音等に係る計量)に関する技術の向上、環境測定分析事業の効率化の推進を図るとともに、環境計量証明事業者・環境計量士の地位及び資質を向上し、社会的な信頼性を高めることによって、環境の保全に寄与し、国民経済の健全な発展と公共の福祉の増進に貢献しています。  091109


 ●日本分析機器工業会

分析機器に関する技術の向上と分析機器産業の高度化を通じ、科学技術の発展を図り、日本経済の発展と国民の文化的生活に寄与することを目的としています。 100918


 ●日本洗浄技能開発協会

産業用の施設設備等の洗浄事業を営む中小企業等が団結し、労働者の技能習得及び社会的地位の向上、作業方法の工夫・改善等を目的として、発足しました。  101015


 ●太陽光採光システム協議会

経済産業省の支援により1992(平成4)年10月「太陽光採光システム」がエネルギー需給構造改革推進投資税制の対象設備として指定されました。そのシステムの普及と発展を目的に関連企業6社によって設立されました。 110107


 ●電気事業連合会

電気事業連合会が運営する日本の電気の総合情報「でんきの情報ひろば」は、日本の電気に関連したインフラの変化の最先端の実用、実証段階を観(診)るしくみの一つです。
 110107

 

 

 

 

 


 
(社)精密工学会
 精密工学会は以下のテーマを対象に,「ものづくり」に関わる問題を広く探求しています。
■ 設計・生産システム  LCA,CAD/CAM,モデリング,設計論,自動化,知能化など
■ 精密加工  切削・砥粒加工,CMP,マイクロマシニング,ビーム加工,ツーリングなど
■ メカトロニクス  マイクロマシン,知能ロボット,精密位置決め,工作機械,機素など
■ 精密計測  画像応用計測,光応用,三次元形状測定,知的データ処理,SPMなど
■ 人・環境  人間工学,福祉工学,医用精密工学,アミューズメント,生産技術史など 

 計測自動制御学会

 計測自動制御学会は「計測」と「制御」に関する理論と応用を追及する学会です。今、わが国では技術立国、知財立国が政策として推し進められ、技術開発の重要性が広く認識されています。地球温暖化やエネルギー問題などの解決のためにも、SICEがカバーする計測と制御分野の技術と理論ならびにその産業応用が社会に大いに貢献を目指しています。
     081030


           

 日本経営工学会jima

 1950年以来,研究論文の掲載と情報交換を主な目的として「日本経営工学会誌」を発刊してきました. 1991年には「経営システム」誌を創刊し,さまざまな特集を組み,企業での経営工学の応用研究を支援してきました. 1996年には「日本経営工学会誌」を「日本経営工学会論文誌」と改め,研究論文の質を一層向上させるとともに,多様な論文の掲載にしてきました.これらの会誌は大学や企業において高く評価されています.


 
経営工学関連学会協議会 
 
FMES

 経営工学分野に関連する学会の集まりで,2003年10月現在,以下に示す9学会により構成されています. 各学会の協力の下,日本学術会議の活動,経営工学関連分野教育プログラムのJABEE審査に関わる活動,シンポジウムの開催などを通じて,この分野の学際的協力発展をめざしています。
 

  ●触媒学会

触媒の最新情報を交換する場として1958年に設立されました。会員数は2,500名を超え学界、官界および産業界が一体となった開かれた活動を繰り広げています。
 081030

 

 

 

 

 

 

 


  
●日本農業法人協会

 (社)日本農業法人協会の所属する会員は 実戦すれば黒字化できるようにできる機能強化のために法人間M&A、協業連携、情報共有化システム化のさらなる充実と、農林水産省、産学連携、JAとの連携、中小企業基盤機構との連携等 日本的視野で進化し、安心成長する黒字法人比率の増加を待望します。  100820
 

 
  
農林水産研究情報総合センター

農林水産研究情報センターは、4月1日より農林水産研究計算センターと統合し、農林水産研究情報総合センターに名称が変更となりました。             100820

 
  
中央農業総合研究センター

(独)農業・食品産業技術総合研究機構に所属し、本州中央地域(関東・東海・北陸)の農業発展のため、多くの専門分野を結集した総合研究を展開   100820

 
  
●農業・食品産業技術総合研究機構

農業・食品産業技術総合研究機構(略称:農研機構)は食料・農業・農村に関する研究開発などを総合的に行う我が国最大の機関です
  100908

 
 
●農林水産政策研究所

農林水産省の所掌する政策に関する総合的な調査及び研究を行う国の研究機関として、2001(平成13年)4月に、農業総合研究所を改組して設立されました。  100614


 
●農林水産消費安全技術センター

科学的手法に「よる検査、分析により、農場から食卓までのフードチェーンを通じて食の安全と消費者の信頼の確保に技術で貢献することを使命としています。 101119

 
  
●有機等利用植物工場研究会

真の食の安全・安心を目指すには植物工場こそが最適な手段であります。無農薬、有機・水耕任意選択可能、LEDなどの新しい光源を採用した究極の植物工場が食の安全・安心を保障するものと考えます。
   081107

 
  
●国際農林水産業研究センター JIRCAS

1993(平成5)年に農林水産省熱帯農業研究センターを改組して(海外林業研究、海外水産研究を加えて)設置された農林水産省国際農林水産業研究センターを母体に、2001年4月に独立行政法人として設立されました。  090630


 ●農業農業機械化協会

農業の機械化・施設化により農業経営の改善に資するとともに農業の健全なる発展に寄与することを目的として1957(昭和32)年に設立
091020
  

 
  
●日本農業機械工業会

日農工は、農業用機械器具工業の合理化の促進を通じてその振興を図り、併せて農業の健全な発展に寄与するため、次の諸活動を行っています。    091021




 


 
●MK水耕研究所

水耕のパイオニアとして30余年、日本の水耕の歴史を作ってきました。水耕栽培によって、生育促進・多収量・軽作業・年間安定生産などを可能にしてきました。最近問題となっている安全性に対しても、水耕栽培は清浄・安全な野菜生産体系です。葉菜から果菜まで、さまざまな作目・規模での納入実績を有しています。汎用水耕栽培からハイテク植物工場まで、日々の生産活動で必要となる自動化機器、消耗品までと幅広いレパートリーがコア技術です。
 100203

 
  
●植物工場研究所

植物工場研究所で設計する植物工場は、全般的な経費の節減、効率的な照明技術の導入、最適品種の選定、LED(発光ダイオード)の場合はパルス化の導入による省エネの実施などにより、従来の植物工場に比べてかなりのコストダウンが図れます。 本格的な植物工場システムの事業化を専門に取り扱う(株)植物工場開発 を設立しました。
 100209

  
   
●農村工学研究所

2006年4月に統合・新設された(独)農業・食品産業技術総合研究機構の研究所です。農村工学研究所は、新法人全体の理念・目標等を共有しつつ、農村の振興という政策目的の達成を固有の使命としています。中期目標における「美しい国土・豊かな環境と潤いのある国民生活の実現」を目的とする研究の中核を担い、以下の研究に取り組みます。
 100529

 
 
●日本GAP協会

JGAP(ジェイギャップ)は、農場やJA(農協)等の生産者団体が活用する農場管理の基準です。農林水産省が導入を推奨する農業生産工程管理手法の1つです。JGAPの基準には、120を超える農場のチェック項目が定められています。農薬の管理、肥料の管理など、食の安全や環境保全に関係する農作業について、明確な基準が定められています。 110107

 

 

 

 

 
   
農林水産研究情報
 総合案内

農林水産業の未来を拓くために研究開発の新たな飛躍と研究成果の普及に貢献する目的で、「農林水産省農林水産技術会議事務局筑波事務所」が運営しています。研究と現場を繋ぐ信頼度の高い最先端情報源の一つです。多くの企業で活用を待望しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

商品一覧