開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

固有ノウハウを事業に活かす企業

■固有ノウハウを事業に活かす企業   070904

先進の事業の勝ち残る知恵を活かす>固有ノウハウを事業に活かす企業



 

 「固有ノウハウを事業に活かす企業」の事例から勝ち残りプラス領域(黒字)
を長期持続できる「よいとこ」探しをし、「悪いとこ」は半面教師として、あなたの
企業をさらに「よいとこ」を増やそう。

事業を安心成長させるために必要なその企業の要を継続的追及し続け、蓄積した
固有ノウハウを複数統合して取引先(クライアント)企業の志援に活かし、成果を上げる企業。

企業グループ内企業での臨床事例を拡大たり、自社で実戦できない多方面の応用可能性
追求を、パートナーのしくみを構築して、多くの企業へ展開する企業が増えてきました。

まさに、それぞれの業界、分野で事業ノウハウを無限に磁石の如く吸着し続ける核企業
が成長しはじめ、さらに関連分野へ拡大し続けています。

コンピュータを介して、世界的規模の「ニューラルネットワーク」が初まりはじめて
きました


帰納法的な実戦を体系化し、演繹法による仮説からの臨床を継続し、進化を続ける企業。

机上型コンサルティング段階を超え、一定以上の人財群が育ち、自在に実務代行もできる
ようになつた企業です。さらに、世界でも通用する進化を続けている企業です。

10億規模以下の企業の狭い領域、ミニチュア型で実践する場合、時代の潮流にの乗り、
過去の優れた経営者のように、完璧な心身健康コントロールができる場合に限り、
自力本願でも可能かもしれません。

ただし自ら信じるコンサルタント(”もどき”も含めて臨床型でない指導型個人対応型)の選択
活用をして、軌道調整をすれば企業の存続、生き残りは可能です。

ただし、10年間で次の徴候があれば再構築のタイミングがきています。
決断時の価値判断基準を総点検し、真因を探し、基準を構築している情報源を切り捨て
創構築が必要な企業成長の節目のときです。

・業績を組み立てている一定基準以上の取引先(クライアント)の数が、年々計画通り、   
増え続け、その核になる企業以上の成長をしていない。

・資本の蓄積ができていない。計画的成長のための投資資金の余裕がない。
(不連続的段階的成長は本業の設備、システム、マネジメントシステムへ投資量
と相関があり、”蛇の脱皮”に相当します。人財の数はニュートロンの数に相当)
 
・一人当たりの労働生産性・仕事の質があまり変わらない。
(拠点増、社員数増の膨張型成長となり投資効果が出ていない。)
 
・高品質化、業務スピード化の度合が業界の最先端ベンチマーク企業より少ない。

・共有ノウハウの追加、改善量が少なく、10年前のまま改善ゼロのものがある。
中途採用者の他社より持ち込むノウハウに依存している。

・新人の成長段階別通過数が年々増加、加速していない。
(新投資を速く活かすためには、過去の記憶のゼロの人間を促成育成した方が、
活かす現場の必要人数を加速度的に揃える早道) 
   
入社年数の長さに応じた、組織の存在価値である専門性の成長がしくみとして
できていない。年数が組織としての総能力量の加速的増加になっていない。 
 
・経営者と同等以上の継承候補人財が育っていない。 
(次世代の経営者は、勝ち残りを目指す場合、他人財で補完相乗できない企業の
存在価値を増幅する洞察力の無限成長が必要条件の一つです。)

自らの決断判断の中で体質とミスマッチ不整合が発生しているためです。
スタートの5年で成長した人財が、管理者となり現場力の継承が行われ、現場担当者の
世代交代をするため、次の5年でスタート時と同じ元の状態に戻り、人財依存の”積み木
崩し”企業が多く、同じような傾向を20年、30年と続けている企業が多い。


安定20億規模以上を目指す企業の場合、
「売上数量の増加」が必要になり、市場深耕開拓が必要、対応する商品製品サービスを
常時追加できるしくみ・なかみ(ノウハウ)が必要となり、その構築のための投資能力が
必要となり、しくみ・なかみを使いきる人財群の数の確保が必要となる。
競合企業の成長スピードを意識し、対応できる体制が重要になってきます。

開発、製造、生産、物流のノウハウの自力成長依存は 想定以上の時間がかかり過ぎ、
市場のライフサイクルが短くなった現在の場合、すでに自社以上の段階を実践している
企業の蓄積ノウハウを短期に導入し、自社固有技術の中に融合させる方が、安心成長
するための早道。
自社体質化のスピードが上がれば、次の成長段階へ次々と乗り換えできるようになります。
連結子会社の場合は、ベンチャー企業と同等発想からスタートすると慢性赤字になる可能
性が高いが、この手法なら、当初から、組織型企業経営でスタートする方が成功確率は
高い。

バブル期を乗り越え、2000年移行100億、1000億、1兆円を越える単体企業、グループ連結
で成長する企業には安心成長できる企業旋律(リズム)ができ始めています。

各企業のホームページの公開情報を活かし、検討意思決定のスピードを上げる企業が
増えてきました。 自社の体質に合うものに修正し、自社固有のノウハウを構築し、ご紹介
企業とノウハウを交流され、共に、
高性能”ニューラルネットワーク”となり、日本企業の
優秀企業が相互に連関し、地球的に通用するように一段成長さえることを祈念しており
ます。

 


更新 2010.07.29
更新後のホームページ最新化変化の激しいところが多いため、A志援サイトの内容は更新時最新と捉え
そのもののトップページも確認のためにアクセスすることを推奨します。すべてA志援が誰かと接した、
サイトへの来訪か、名刺交換した情報の中から選択したものです。

「●」を付したコンテンツは、A志援サイトで、一度、確認した情報です。 
例 091128:最新更新時期 2009.11.28を示す。 
  


□ものづくり関係


 
井上特殊鋼

 井上特殊鋼グループ4社は、「製造分野において永続的に利用価値を提供する」という理念の下、それぞれの事業領域におきまして、明確な独自性を有し、価値提供ができる体制を整えています。情報と知識で製造業を支援するという、新しい概念でコンサルティングセールスを行なう井上特殊鋼(株)。
 

  ●トリックス

多様な製品を国内、海外に提供する自動車部品メーカー  080930




 


  ●
ラティス・テクノロジー

1992年1月24日設立。マイクロマシン・MEMS等のマイクロナノ分野に係る基盤技術の確立を図るべく産学官の力を結集して、これまで数々の国・NEDO主導の技術研究開発プロジェクトを推進してきました。
       090831

 


  ●
中央精機

自社ブランドである工作顕微鏡「ツールスコープ」を基として、光学測定機に関する設計・製作・販売。バイオ研究における細胞の中に遺伝子などを効率よく注入するための支援システム。独創的な光学測定機の商品開発。
     090530

 ●谷田合金

精密鋳物と5軸・高速精密加工により試作・開発をトータルでサポート。1個からの試作品製作(鋳造・削り出し・積層)、少量の量産部品製造(航空宇宙関連・半導体製造装置・ロボット・分析機器)    090530


 ●
ポリマテック

 飛躍的に高まるエレクトロニクス機器の融合化の中で、提供する「ヒューマンテクノロジー」は、ポリマー・マテリアル・テクノロジーを核として、人と人とのコミュニケーションの促進に、マンマシンインターフェースの革新に、また安全で快適なカーライフの実現に向けて進化しています。
         091020


 ●
不二越

 機械加工、ロボットなどのマシニング事業、ベアリング・油圧機器などの機能部品事業、材料・熱処理などのマテリアル事業で「ものづくりの世界の発展に貢献」してます。  090831
 


 ●
三島光産

 多角化への道を志し、その間常に新しい技術の創造、開発を目指し、あらゆる可能性に挑戦し続けてきました。その結果、鉄鋼、化学をはじめ、窯業、機械、電気、航空・宇宙、自動車に至る幅広いフィールドにわたって、高度な技術及び技術者を育てることができました。    091030
 


 ●
ジークホールディングス

 優れた、世界に比肩できる固有技術をもつ中小企業がプロジェクト方式で、「ジークホールディングス」という経営のプロが全体の整合性をさせながら(一企業グループのような人間体組織)戦略的に高品質レベルで揃えた分業を血管神経回路を融合させた形で経営する21世紀型の企業が成長してきました。
       100610


 ●
TEMCO

 トヨタ自動車、トヨタグループ各社で培った技術とノウハウを駆使し、生産設備・計測システムと高度できめ細かな技術サービスを、全世界へ向けて提供しています。
      091125

 
 ●武蔵野エンジニアリング

ディスペンサー市場において圧倒的な国内No.1を誇る、ディスペンスシステムの開発・製造・販売を中心に行うディスペンサー総合メーカーです。
    110116

 

 

 

 


 ●
日本電工

事業分野は、合金鉄、化学品、新素材、環境システム等、多岐にわたっています。このうち、合金鉄および化学品の両事業は、当社のコア事業として基盤強化を図っており、またこれらコア事業で培った技術により育成して参りました新素材、環境システム両事業については、成長事業と位置付けて経営資源の重点投入により強化・拡大を図っています。
          081117


 ●
日本トムソンIKO

 国内で初めてニードルベアリングを自社技術により開発し、その高い技術力を礎として直動案内機器(直動シリーズとメカトロシリーズ)の分野へと進出しました。現在では、世界に先駆けて開発したCルーブ・メンテナンスフリーシリーズなど、創造力を生かした豊富な製品群で多様化するニーズに応え、テクノロジーの発展を支えています。   100604
 

 

 

 

 


 日新電機

 電力流通設備から太陽光・風力発電設備、半導体製造装置など幅広く社会に貢献しています。
         081001


 


 四変テック

電力エネルギーの安定供給に貢献する電力機器、エレクトロニクスの可能性を追求した電子機器、および快適な暮らしを提供する照明機器・電気温水器・精密金型等が、それぞれの分野で活躍し、多くの方々から厚い信頼と高い評価。  090331

 

 日工電子工業

 制御盤・操作盤・配電盤の専門メーカー。プラント制御機器で培った制御技術をあらゆる産業で展開しています。 090831


 ●
音羽電機工業

 「雷」ソリューション企業の一つ。21世紀はアナログ型機械優位時代からデジタル型電気優位の時代へ移行がはじまり、電気による制御機能を「雷」等の超過電流で一種で破壊する危機管理が自動車のような固定型でないものまで優位に変わる徴候があり、「雷」ソリューションの急速な進化が急がれる次代がきています。
         100527


 ●
日昭無線

 電子関連事業部は、世界中のあらゆる電子部品を取扱い、常に最新のエレクトロニクス情報を網羅。国内大手電機メーカーを中心に、産業用ロボットや半導体製造装置、コンピュータからスペースシャトル等の航空宇宙分野に至るまで、幅広いユーザーに電子部品を、機器を納入。 091210

 


 ●
双葉電子工業

 創業の「真空管技術」を時流適応変化しながら、基礎器材を供給し、産業界の発展に貢献する。産学官と強みを共有しさらに進化を目指す企業   100527




 

 

 

 


 ●
三鈴エリー

強い現場の条件である電気事業、計装制御事業、システム開発事業、検査装置事業等の分野で自社内ではノウハウが育つ時間を短縮し、「やってみてやらせてみる」現場力の補完をする企業の一つです。  090331
 


 ●
ネツシン(温度センサー)

独自の技術により白金測温抵抗素子の開発、設計、製造を中心に白金測温抵抗体、熱電対の製造販売を目的とする温度計の製造メーカーとして1971(昭和46)年8月17日に設立。経済産業省中小企業庁より「元気なモノ作り中小企業300社」の情報公開の初回 2006(平成18)年版で掲載された企業の一社です。 081030
 

 

 

 

 


 
小森コーポレーション
 KOMORI

小森コーポレーションは、1923年の創業以来、品質と信頼を至上とするものづくりの原点にこだわり、印刷機械システムメーカーとして世界各国から高い評価をいただいてきました。印刷の新たな可能性を広げ、印刷コミュニケーションの豊かな未来につながるように。環境保全と企業倫理を重視した、人間尊重の企業であるために。私たちを取り巻くすべての人たちに、新鮮な感動を広げていくために
 

 ●アイコクアルファ

みじかで人間の重い製品の移動限界を補完することができる、誰にでもラクこなせる「ラクラクハンド」。ひとの負担を減らし、快適で安全な作業環境をつくります。

     091020




 

 ズコーシャ

リモートセンシング技術を活用したIT農業支援システム。人工衛星や空撮用無人ヘリコプターにより、土壌や農作物のバラツキを考慮した方法が実用化されてきました。

    110106


 ●国際航業

国際航業は360°moveはユーザーが視点を自由に「動かせる」新しい動画サービス事業を角川デジックスと提携して開始。今までに無い映像コンテンツの提供が可能となりました。コア・テクノロジーの活動領域は、大地と海洋のカタチや表情のありのままを、様々な視点からとらえ情報化することです。この空間情報から、都市、道路、国土の整備・利用・保全、環境や防災、そして公共サービスの電子化など、魅力あふれる製品やサービスを提供します。
   091123   
 

 

 

 

 

 


□エンジニアリング会社 ・専門商社


 
光伝導機

創業から半世紀、技術立国日本の礎となってきた高度先端技術のサプライヤーとしてお客様とともに歩み、商品・サービス・仕事品質の「価値ある営業力」を提供してまいりました。これからもわたしたちは「Responses&Solutions」を基軸とし、お客様の抱える問題点や現状を解決し新たな価値を生み出すため、問題解決・企画提案型の企業としてともに進んでいきます。


  ●
ダイトエレクトロンc

 単なる商社機能にとどまることなく、製造・販売専門のグループ会社を順次設立し、製販一体のグループ経営を進めてきました。お客様から必要とされる商品を、グローバルな視野で開拓し、ご提供する「企画開発力」、そして信頼性の高い自社製品を生む「製造技術力」、多様なマーケットニーズを見極める「マーケティング力」と、まさしく三本の矢がひとつとなり、現在では長年の経験と豊富なノウハウに基づく総合的なソリューションをご提供できるに進化しています。
 

  NI帝人商事

衣料繊維事業、産業資材事業、専門性を活かした価値創造の仕組みを提供しています。




 

 
 
神栄グループ

1887年時代の主力輸出品であった生糸市場新設のため国立銀行の幹部を中心に設立。国策に沿った事業を開始。3世紀にまたがり世界を知り抜いて、生き残り勝ち残ってきた信頼される企業。神栄グループの特徴は、衣・食・住・情報という幅広い分野で、優位性のある商品を創造しています
 


 ●
オキナヤ

 1867(明治元)年に創業し、時代に適応し、現在、産業システム事業部と建設事業部の2事業部制をとる、総合エンジニアリング商社。 環境、省エネ、安心・安全、福祉に関する蓄積した全社の技術とチームワークで問題解決するソリューションパートナー。
           090530
 


 ●
進和

 エンジニアリング商社。自動車向けが主力。金属接合技術が強み。

              090530



 


 ●
木産業

 1974(延宝2)年徳島阿波(総本店)に創業、藍を扱いはじめ、現在東京中央区に本社を持つ、先端知識でものづくりを支援する化学品専門商社。問屋の勝ち残る方向を、先人の智慧として観える企業の一つ。 090831
 


 ●
たけびし

三菱電機系商社。FA機器から産業機、半導体・デバイス、空調・昇降機などのビル設備、OA・FAシステム、情報通信・マルチメディアにいたるまで、幅広く産業用エレクトロニクス機器を扱うトータルソリューション企業
         090530
 

 

 

 

 


□半導体情報産業  


 
東京ドロウイング

東京ドロウイングは総合設計業として回路設計、LSI設計、プリント配線板設計、機械・構造設計、ソフト開発、各種試作の製造の専門企業。設備の高精密化、高品質化するためのシステムを現実の頭脳回路にする支援をしています。
 

 
 
ルネサステクノロジ

半導体メーカーとして多くの世界トップシェアを持ち、マイコン・ロジック・アナログ等のシステムLSI製品、ディスクリート半導体製品、メモリ製品の開発、設計、製造、販売、サービスを提供しています。

 ●SUMCO

半導体の基板材料シリコンウェーハを提供しています。シリコンウェーハの製造工程を紹介しています。
         091103


 東京カソード研究所

欧米技術からの独立、自主技術の開発、世界最先端の技術開発を目指し、テレビ放送開始から5年後の昭和30年(1955年)よりテレビのブラウン管の性能を決定するカソードの開発・製造に着手しました。固有技術を事業展開。
 


  東京エレクトロン

半導体製造装置のリーディングサプライヤーとして幅広い製品分野の開発・製造・販売を行っています。また、半導体製造装置の分野で蓄積した専門技術を生かして、フラットパネルディスプレイ(FPD)製造装置も手がけています。そして、これらの半導体製造装置およびFPD製造装置の多くは、世界市場で高いシェアを獲得しています。
 

 大日本スクリーン製造

 
日本スクリーンは1943年の創業以来、画像処理技術をコアとして、新しい事業や製品の創造に常にチャレンジする「思考展開」を経営理念とし、印刷製版関連機器からエレクトロニクス産業に進出するなどさまざまな分野へと事業展開してきました。


 
入江(半導体・FPD製造用装置・測光測色)

半導体製造用装置、FPD製造用装置、チップ外観検査装置、ウェハー乾燥装置、半導体用露光装置、紫外線照射装置、恒温恒湿槽、半導体用ポンプ、ケミカルポンプ、真空ポンプ、半導体プロセス用セラミックス及び石英ガラス製品の提供。また照度計、光電池照度計、デジタル照度計、輝度計、色彩輝度計、分光放射計、紫外線強度計などの測光測色機器の他に有機ELの寿命を測定する有機EL測定装置、振動計、歪計、差圧計、真空計などの測定器を提供。
 

  UMCJ(半導体)

 「日本唯一のファウンドリー特化事業」今後コア・プロダクトを育て、さらに幅広くすそ野を広げることがファブレス企業はもちろん、日本のIDM(垂直統合型デバイスメーカー)にとっても大きな競争力となります。UMCJは“ファウンドリー(受託生産)”に特化して事業展開している国内唯一の企業。自社製品を持たないため、顧客と競合することなく、あらゆる半導体製造に確かな技術とノウハウを幅広く提供できるというメリットを有します。 100610

 

 

 

 


□情報通信・ソフト関係


 
FFC

 富士通のコンピュータ・通信技術と富士電機のプラント技術のそれぞれの専門性を融合させることにより、お客様の構造転換や経営変革を支援するトータル・ソリューション・プロバイダーとして、1977年に設立されました。以来30年間にわたり、製造業・流通業・物流業をはじめ、金融業・社会公共分野まで様々なお客様に向けて、8,000を超えるコンピュータシステムをご提供しています。
 


  ●
アトリスグループ

グループは、ナノインプリント技術による次世代ソリューションのトップランナーを目指しています。 ナノテクノロジー、とりわけナノインプリント技術は、半導体、次世代ディスク、光学部品、バイオなどの産業分野で革新をもたらす要素技術として注目を集めています。    080930

 


 ●
アイアイジェイテクノロジー

日本のインターネットの黎明期からリーダーシップを発揮し続けてきた、インターネットイニシアティブの卓越したネットワーク技術と先進性を継承しながら、「お客様の視点に立ったシステム構築、システム運用サービス」を提供する会社として1996年11月に設立。グループが誇る高品質な各種ネットワークインフラ及びこれらと直結したデータセンターを最大限に活用し、常にお客様にとって「最適」であることをテーマに、業界を先駆する革新的なITサービスを提供し続けています。
      090331
 


 ●
アテネコンピュータシステム

 ビジネスデータの可視化が経営者や管理者の意思決定の成功確率を高め、確信決断を速めるためにプラスになる戦術の一つです。様々な情報をすばやく、ダッシュボード、パーソナルレポートシステムに直感的に作成してビジュアル化、Web上で情報共有するツールを提供しています。
     081030

 ●富士ソフト

 「Google Apps」 を導入し、次のステージ「クラウドコンピューティング」へスタート。管理に費やす手間とコストを大幅に削減する次世代コラボレーションツール 081030

 ●PFU

 信頼性の高い実績のある戦術を変える技術事例 ・情報KIOSK(キオスク)端末 ・楽2ライブラリー Webカタログ  081030


 インターネット総合研究所

アカデミズムにより発展してきたIP(インターネット・プロトコル)ネットワークの構築・運用技術を産業分野へ広く適応させ、理想的なネットワーク社会を創造する研究開発(R&D)型企業として1996年12月に設立されました。「IPテクノロジー・ビジネス・エイター」として各機能を持つIRIグループ企業を統括しています。
 

 キッセイコムテック

使命は、豊富な知識と高度な技術を融合した独自の情報サービスを豊かな心を込めてご提供することを目指しています。そして、今後の高度情報化社会が人間性豊かに発展していけるようお手伝いが出来るように進化を続けています。

 セコムトラストシステムズ

情報セキュリティと大規模災害をコアとした「トータル情報サービス会社」。世界最高水準のセキュリティ対策を施す「セキュアデータセンター」を核とし皆様に安心、安全をお届けします。ウエブサイトの安全性を緑で表示する新規格の証明書の発行を開始しました。


 
メガソフト

2次元の図面を3次元で見せるCADCAMの機能をシンプル化しローコスト高機能のソフトを提供しています。プロの技術営業お客様と一緒に仕様を検討でき、決断をスピード化できます。・3Dマイホームデザイナー ・3Dオフィスデザイナー ・新発売3D厨房プランナー ・家計簿献立栄養ソフトその他IT業界関連ソフト
 

 ●コトブキ企画

ローコスト化が可能な「デジタルブック」作成システム「マイページビュー(My PAGE View) pdfファイルで読まない「資料」から読んでもらえる「情報」へかえる技術     081030



 


 ●
マクニカ

 ◎MyB3Smartシリーズ(経営ダッシュボード)今日の企業では、様々なシステム化が進み、統合基幹業務システム(ERP)、顧客情報管理システム(CRM)、営業支援システム(SFA)など膨大な情報が蓄積されています。その情報をリアルタイムで表示する表示板を「ダッシュボード」として定義付け、特に経営に必要な情報が集約されたものを本Webサイトでは「経営ダッシュボード」と表現しています。 081030
 


 
AXIS(アクシス)

ウェブプロモ−ション総合会社である「グローバルリンク株式会社」のSEO専門会社。機械語解析手法「Pythagoras(ピタゴラス)」は、サイト改善をデジタル思考で仮説に基づき無限改善できる可能性のある方法の一つで、素人の決裁者でも、改善方向を検討しやすい方法です。
 

 メディーバ(mediba

(株)medibaは、KDDI株式会社が提供する携帯電話インターネットサービス「EZweb」のポータルサイト「au one」の編成・制作を核に、モバイルのみならず「au one」上のPC向けコンテンツを含めた広告企画・配信までをトータルに手がけるメディア事業

 ●三技協

 移動体通信、衛星マイクロ波通信、IT分野のサポートエンジニアリングサービスが事業の主体。ナレッジマネジメントを浸透させて新ビジネスモデルを構築
090516


 ●カイジョー

 移動体通信、衛星マイクロ波通信、IT分野のサポートエンジニアリングサービスが事業の主体。ナレッジマネジメントを浸透させて新ビジネスモデルを構築
090412
 


 ●
ティーケィアールTKR

 
エレクトロニクス産業、情報通信機器産業などを中心とした電子機器の受託生産メーカーとして、設計、調達、生産の一貫したサービスをご提供するEMSカンパニーです。デジタル機器に対応した「精密、高密度、小型化」の部品加工及び製品またはユニットの組立てを得意としております。
         090520 


 ●
フォトロン

光子の”Photon”電子の”Electron”にその名を由来するフォトロン。
オリジンは映像撮影技術でした。画像にこだわる独創企業。民生用および産業用電子応用システム(CAD関連ソフトウェア、高速度カメラ・画像処理システム、放送用映像機器、その他)の開発、製造、販売、輸出入高速度ビデオカメラ主力。LSI開発事業
            090522


 ●
NTTビズリンク

企業向けデータセンタサービスを提供する会社として2001(平成13)年7月にスタートし、その後NTTフェニックス通信網のテレビ会議多地点接続サービス事業、NTT-MEのデータセンタ事業、ぷららネットワークスのアカウント・アグリゲーションサービス事業の統合により法人向けサービスを更に拡充し、ノントラヒックビジネスを推進するとともに、統合的なICTアウトソーシングビジネスを展開している     091102
 

 ●クロスキャット 

心と技のクロスオーバーで、常に新しい技術とサービスで未来を切り拓ことを目指す情報サービス企業
 100206


  ●
インテック

 1964年の創業以来、一貫して「コンピュータ・ユーティリティ」―― 電気やガス、水道のように、いつでも、どこでも、誰もがコンピュータパワーが使える環境の構築を提唱してきました。モバイル、ブロードバンドの進展、インターネットの爆発的普及、Webの進化など、ユビキタス社会の本格的到来を目の前にして、この概念をさらに発展させ、「IT in all Based on IT」を新たなキーワードとし、ITの活用による付加価値の創造、社会への貢献を目指しています。 091126


●パナソニック システムソリューションズ ジャパン

 2008年4月1日より、 パナソニック システムソリューションズ ジャパン (株)として 新たにスタートしました。法人・社会システム向け分野でトータルソリューションを提供。日本を元気にする志援を目指しています。ダイナミックに進化する社会、ビジネス、そして暮らしなど、わたしたちは時代の流れを機敏にキャッチし、お客様の事業戦略の実現をサポートしています。  091228

 ●NHKグローバルメディアサービス
(株)NHK情報ネットワークは、2009年4月1日、株式会社日本文字放送と合併し、(株)NHKグローバルメディアサービス(通称Gメディア)となりました。地域CATVが連携するための障壁が低くなってきました。   090831
 

 エヌエフ回路設計ブロック

 エヌエフの独創技術は、自動車・ディジタル家電等の先端エレクトロニクス、燃料電池・太陽光発電等のクリーンエネルギー、ナノテクノロジー、さらには人工衛星やロケット等の宇宙関連にいたるまで、幅広い分野に広がっています。 100906

 

 

 


■プロジェクトに連携する建設土木関連

設備投資しプロジエクトをスタートするとき連携する建設土木関連の事例
 大規模の植物工場、栽培養殖工場、環境保全を事業展開するときを想定して事例  自社に合わせて関連情報を追加してください。
 


 ●
東亜建設工業

 浚渫・埋立技術は国内・外から高い評価を受け、後に海外進出。事業として水質浄化、自然再生、水環境改善、精密な湖底地形図等作成技術も定評があります。
     080921

 


 ●
東洋建設

海洋土木大手。前田建設工業と資本提携。技術を活かしきれる利益重視の企業へのシクミシステム再構築し次の成長段階へ。 090530

 

 


 ●
横河ブリッジホールディングス

新連携の事例として 各社のコアを活かし総合能力を発揮できる可能性の高いしくみの一つです。より一層の経営品質の向上とステークホルダーを満足させる企業体を目指して、新生・横河ブリッジホールディングスグループは未来へのスタートを切りました。  080930
 


 ●
日プラ NIPPRA

 アクリルパネル「アクアウォール」の設計・製作・施工。水槽内防水ライニング工事(スミライニング)。映像スクリーン「ブルーオーシャン」の製造・販売  080922
 



 


 ●
テクノシステム建築協会

 テクノトラス(立体トラス)は、1975年発売以来、高品質(安全性)、ローコスト(経済性)、エコ(環境に優しい)建築を目指し、進化しつづける研究成果により、多くの特許を取得しています。大空間を経済的に実現できる構造。北は北海道多雪地域から南は強風地域の沖縄まで全国各地に建設され、絶大な強度の信頼性を獲得いたしました。 081128
 


 ●
日本設計

 超高層ビル、大規模都市開発などに関わる日本有数の建築設計事務所。2008.11ベトナムハノイ現地法人開設。2008.05環境創造マネジメントセンターを設置   090530




 


 ●
竹中工務店

 非上場企業として、「人への優しさ」すなわち「共生」「安心」「幸せ」「歓び」「育み」「再生」「伝統」・・・建築に対するこれらの「想い」は将来においても普遍の確率が高い。それを軸に事業展開をしています   080926
 




 


 ●
清水建設技術研究所

 清水建設技術研究所の組織は、研究開発を行う7つのセンターと、スタッフ部署で構成されています。7つのセンターは、多様なニーズを持つマーケットに対応するためさまざまな技術分野を結集した組織となっており、お客様のリクエストに応えるだけでなく、お客様の潜在的なニーズを引き出すお手伝いができるよう、提案型の研究開発を強化しています。 100628



 


 ●
土木研究所

 つくば中央研究所、寒地土木研究所、水災害・リスクマネジメント国際センター、構造物メンテナンス研究センターの4つの研究部門において、自然災害の防止・軽減、生活環境の改善、社会資本ストックの管理の高度化、省エネルギー・省資源等の地球環境問題への対応、積雪寒冷に適応した社会資本整備、北海道の農水産業の基盤整備のための新材料・新工法等の先端的な研究開発及び現象・メカニズムの解析等の基礎的な研究開発、土木技術全般の基盤となる汎用的な技術に関する研究開発を実施しています。
    090630


 ●
建設土木関連団体

 建設土木の技術・人材力向上に関する団体  080926
 

 

 

 

 

 


 ●
東京ソイルリサーチ

 あらゆる建設事業の基礎となる地盤調査を中心に、コンサルティングにおいて長年にわたり実績を積み上げてきました。また、21世紀の課題でもある地盤環境分野を視野に入れた高度な技術サービスを提供し、これからも新しい地球環境の創造をサポートしていきます   090530
 


 ●
応用地質

 地質学をはじめとした地球に関わる科学技術を活用して、大地や自然環境に発生する様々な課題解決に取り組んでいます。地球科学のエキスパート企業グループの一つ。地域CATVをコアとしたインフラの中に必要な企業の一つです。    100113
 

 

 

 

 


 ●
阪神水道企業団

阪神地域は、六甲の山並みが海に迫っているため、東西に細く開けた地域になっています。そのため、水源となる大きな河川に恵まれず、絶えず水不足に悩まされていました。そこで、安定給水を確保するために、神戸市、芦屋市、西宮市、尼崎市の4市が協力し、琵琶湖・淀川水系に水を求めて、1936(昭和11)年7月に「阪神水道企業団」が設立されました。
          090630

 ●日本河川協会

 日本河川協会は、1940(昭和15)年に全国的な大水害が頻発する悲惨な状況の中で、水害を防除するためには河川に関する国民の認識を深め、官民の一致協力が必要であるとの見地から、全国の都道府県の要請と支援を受けて設立されました。
       090727
 


 ●
ウェルシィ(水処理)

 水のライフラインを確保できる突破口の一つ。下水膜ろ過システムを利用し、水道料金の経費削減、災害時や渇水・断水時のライフラインの確保。地球環境保全に役立つシステムを提供。経済産業大臣賞受賞(2005ニュービジネス
            091126       


 

 

 

 

 
 

商品一覧