開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報
商品カテゴリ

先進する事業の勝ち残る知恵を探す

■先進する事業の勝ち残る知恵を探す   111104

TOP >カテゴリー一覧>先進する事業の勝ち残る知恵を探す





 世界に比肩し長期勝ち残る企業には、プラス領域にする方向ベクトルと
赤字体質企業と180度逆方向の常に先進探し実行するしくみシステムと、
活かしきれる制御型人事の数と、組織最適行動をする人の数が55%以上
持続的に育つしくみがあります。

◎あなたの「よいところ」探しの眼を開眼させる、相対比較をしながら
汗をかく行動の累積が、想定以上の成長のトリガーを起動させます。

机上で仮想するより、実戦総能力量を短期間で超効率に体得する方法は
今直面する問題解決のために活かすための仮想と実証検証して、あなた
だけしか出来ない、固有の深度の深い詳細プロセスを体得するのが最適
な方法です。今ある共有情報、スマートフォン等で閲覧できるまとめた情報
は、どんな高度な優れた内容も、既に過去実戦した人の、通った道の一つです。
いつも、その人の後塵を拝し、「アキレスと亀」現象になります。
その先人以上の超高い壁・未知の問題解決は解決できるかあなたの運だけです。
運とは、環境、外部の力が多数プラスに働き、自力の不足した総能力量を補完
し、超えるためのある総能力量になったためです。運は「塞翁が馬」、時間と
ともに変化するパチンコの入り玉 

●机上優位、1円が口をあければ手に入る機関の情報は、どんなに優れた内容も
血の出る思いの絞り、絞るコストダウンとはことなるコスト、事業で儲かる実現とは
乖離しているものがありますが、実務家は、プラス領域(必ず実現できる領域)へ
向けるベクトル方向(戦略視点)と捉え、具体的な戦術戦闘、人質を最適に制御
する必要が多い。経営支援人財のアドバイスも、自社のために実現プロセスを
自力で変更しなければ、出来ない理由をその機関の責任転嫁する現象がでます。
他力(責任がない)だけでは、更にカイゼンしプラスαを付加して、実現確率を上げる
総能力量の増分方向、増分量に気がつけない、多くの事業が挫折しあ歴史の方が
なぜ多いか、成功者がなぜ少ないのか、結果を検証すれば気づける現象の一つです。

●実業の世界で、勝ち残り、業種業態さえ、環境変化に適応して変化した、長期間
太陽(勝ち残る領域」につねに「ひまわり型」で事業展開し、規模が拡大でき企業は、
経営陣は中小企業の場合は約20年で、構成人員の行動内容が変化し、変わります。
行動する人で変動しない、組織が人を創る体質が出来ています。
事業継承を3代以上(上場企業は、短期10年)の成長過程を観(診)れば、勝ち残る
方向ベクトル(戦略)と現在の戦術戦闘(過去は不用、最新(流行)と基本基盤(不易)
を学ぶと、自社であなたが何をすべきか浮かびはじめる時期がきます。
経営者1代の企業で、優れた企業が多いですが、環境利潤で儲かっているのか、
社会的責任、日本財政を破綻へ導く企業の一つがわからないA志援サイトに来訪
した「誰か」1名でもいない事例は、他の多くの検索エンジンで探してください。

同業界なら、取引をして、「よいとこ」を学び、自社の「ようとこ」は、提供し、共に拮抗
して共に豊に成長することを待望しています。世界戦略展開のためには、日本国内
企業の「よいとこ連鎖」が勝ち残るのに必要な時代です。21世紀は、日本の中小企業
の場合、世界国内のブランド企業と比肩するには、「毛利元就の3本の矢」のように全体
が一つに整合し、相乗効果が最大になる行動が必要条件になりました。近くの地域で
まず協業化をすることが第一歩です。TPP、超円高でも勝ち残る総能力量がある一定
量必要段階以上にする必要があります。1企業の我、行動ベクトルがプラスマイナス
混交する、個人優位、国民投票か国家戦略と逆行動で後手臨終まであとまわしになる、
外国の国の財政崩、壊環境汚染対策、日本国存亡の防衛問題の社会現象をみれば
気づける見える事例が豊富な時代になりました。
 

 更新 2010.11.05





 
□プロジェクトに連携する建設土木 


◆建設、設備
大規模ローコストハイ生産、国土保全等のために、サミダレ分散した「死に金使い」から重点集中で金を集中してインフラ投資の時代、インフラは想定以上の財を産む善循環が始まります。
造る最先端技術は進化してきました。大きい器は大きく活用ができます。亡国思想が何かに気づき、反転し、日本国が儲かる軌道へ乗り換える多数の制御人財の成長スピードの倍速化を急ぐがなければ、弱小国家の日本が存在できない分水嶺の時期が21世紀は想定以上の速さで近づいています。
日本での地域CATVと連携した地域保全、地産地消、地域内財の減衰の歯止めをかけた循環は、実体経済の原点であり、その蓄積総合インフラノウハウは世界に日本が貢献できる突破口になります。

2011.03.11の東日本大震災からの復興、福島原発事故からの再生のためには、過去に復帰のメッセンジャ型企業の我行動から世界の中での日本の将来、子孫への豊な継承ができるかわ、蓄積した知識・知恵・行動を世界観から周囲を変えるリーダーとしての役割が重要です。個人主義、多数決とは別次元(全体の整合ノウハウ総能力が一番高い業界が先導しなければ、国家予算は、サミダレのように多様ベクトルの調整だけで、なにもせず時間が浪費するだけです。仮想のプランで、55%以上の共鳴者で日本をよくしたい人だけも集団行動手段で動くときです。一部の専門とブランド力で動く変な机上(間接傍観者)は意見tごして、補完、修正機能として動き、よい結果で評論させる日本国の最先端ノウハウを結集するときです。
 


横河ブリッジホールディングス

新連携の事例として 各社のコアを活かし総合能力を発揮できる可能性の高いしくみの一つです。より一層の経営品質の向上とステークホルダーを満足させる企業体を目指して、新生・横河ブリッジホールディングスグループは未来へのスタートを切りました。
080918
 
日プラ NIPPURA
アクリルパネル「アクアウォール」の設計・製作・施工。水槽内防水ライニング工事(スミライニング)。映像スクリーン「ブルーオーシャン」の製造・販売
080922
東亜建設工業 2
 浚渫・埋立技術は国内・外から高い評価を受け、後に海外進出。事業として水質浄化、自然再生、水環境改善、精密な湖底地形図等作成技術も定評があります。
080926
建設土木関連団体
建設土木の技術・人材力向上に関する団体
090620
竹中工務店
非上場企業として、「人への優しさ」すなわち「共生」「安心」「幸せ」「歓び」「育み」「再生」「伝統」・・・建築に対するこれらの「想い」は将来においても普遍の確率が高い。それを軸に事業展開をしています。
100114
 


 
テクノシステム建築協会
テクノトラス(立体トラス)は、1975年発売以来、高品質(安全性)、ローコスト(経済性)、エコ(環境に優しい)建築を目指し、進化しつづける研究成果により、多くの特許を取得しています。大空間を経済的に実現できる構造。北は北海道多雪地域から南は強風地域の沖縄まで全国各地に建設され、絶大な強度の信頼性を獲得いたしました。
081128
 

 東洋建設 2
 海洋土木大手。前田建設工業と資本提携。技術を活かしきれる利益重視の企業へのシクミシステム再構築し次の成長段階へ。
090521
 

 日本設計
超高層ビル、大規模都市開発などに関わる日本有数の建築設計事務所。2008.11ベトナムハノイ現地法人開設。2008.05環境創造マネジメントセンターを設置
100902


 
東京ソイルリサーチ 2
 あらゆる建設事業の基礎となる地盤調査を中心に、コンサルティングにおいて長年にわたり実績を積み上げてきました。また、21世紀の課題でもある地盤環境分野を視野に入れた高度な技術サービスを提供し、これからも新しい地球環境の創造をサポートしていきます。
090524
 


 
土木研究所 2
つくば中央研究所、寒地土木研究所、水災害・リスクマネジメント国際センター、構造物メンテナンス研究センターの4つの研究部門において、自然災害の防止・軽減、生活環境の改善、社会資本ストックの管理の高度化、省エネルギー・省資源等の地球環境問題への対応、積雪寒冷に適応した社会資本整備、北海道の農水産業の基盤整備のための新材料・新工法等の先端的な研究開発及び現象・メカニズムの解析等の基礎的な研究開発、土木技術全般の基盤となる汎用的な技術に関する研究開発を実施しています。   090620
 

 建設広報協議会
(社)建設広報協議会は ホットな 国土交通省行政情報及び関係出版物等を紹介しています。国土交通省に関連したCATVを活かす地域活性化、住まい、まちづくりに関係した情報と、世界への販路に関係する日本貿易振興機構(ジェトロ)の情報もまとめました。
100314

 西日本技術開発 2
 九州電力グループの「土木、環境、建築、火力、地熱、原子力、電気の各部門における調査、計画、設計、工事監理等の総合コンサルティング」を事業展開
 091211
 (地域の整合インフラを目指す)

 
 清水建設技術研究所
清水建設技術研究所の組織は、研究開発を行う7つのセンターと、スタッフ部署で構成されています。7つのセンターは、多様なニーズを持つマーケットに対応するためさまざまな技術分野を結集した組織となっており、お客様のリクエストに応えるだけでなく、お客様の潜在的なニーズを引き出すお手伝いができるよう、提案型の研究開発を強化しています。  100628
 

 

 

 

 

 

 
日本非破壊検査協会 2
「非破壊検査法に関する調査・研究を行い、技術水準の向上・普及を図り、もって学術文化の発展に寄与する」ことを目的として、1952年(昭和27年)に「非破壊検査法研究会」として創立され、1955年(昭和30年)の法人認可によって「(社)日本非破壊検査協会」として発足し、現在に至っています。非破壊検査とは、“物を壊さずに”その内部のきずや表面のきずあるいは劣化の状況を調べ出す検査技術のことです。
 091202

 日本非破壊検査工業会 2
 日本非破壊検査工業会は、非破壊検査業と非破壊検査機器及び非破壊検査用材料の製造販売業両者を包括する業界団体です。 (社)日本非破壊検査工業会は、「火力・原子力等の発電所、造船及び石油精製・化学プラントなどの重要な産業施設における製造時の品質保証と使用中の安全性確保のために、非破壊検査技術を利用して、構造物・設備等を壊さないで検査する非破壊検査業の振興を図ること」を目的としています 091203

 

 

 

 


◆リース 
潤沢な投資予算がない場合、最小の固定型固定費(設備・機械等減価償却関連)と、変動型固定費(リース)で常に最新化できやすいようにして、 月次の収益で、初期赤字から、ある期間で黒字化できる事業計画で可能な方法を採り、安定した売上増加が出来る段階で一部短期償却型固定費化すればよい。
 

 映像センター
こころを動かすコミュニケーションの実現のために、お客様との共感・協働で喜びを提供するオンリーワンの人財集団を目指しています。時代とともに、映像社会を先行して歩む企業の一つです。プロジェクター、デジタルカメラ、スクリーンなどの映像機器、AV機器のレンタル、販売の映像センター。  090204

 西尾レントオール
 総合レンタル業のパイオニアとして経済社会に貢献しています。西尾レントオールとグループ各社が連携し、様々なレンタルニーズへの対応と新たな市場の開拓に取り組んでいます。  090204

 リース事業協会
 自社で日常使用する建物、設備、機械、機器、システム、ツール等を経営実体に合わせ最適な戦略を採る体質企業が進化をはじめ格差明確にでてきました。非製造業の成功方法が、強い製造業へ伝播加速をはじめています。資産流動化戦略と人材人財の流動化戦略を併用により企業実体を強化格差が生まれてきます。  090306

 オリックス・レンテック
オリックス・レンテックは、法人の客さま向けに、電子計測器、科学分析機器、パソコン・サーバなどのレンタルを中心に、中古品販売や校正受託サービスなどさまざまなサービスをご提供しています。
090306

 共成レンテム
経営改善に懸命の精進を重ねておられる土木建設業界の皆様にとって、関連機等のレンタルとその活用はコスト削減の有力な切り札として、重要度はますますたかまっています。「役立つ物」を「役立つ心で」お届けします。ユーザー発想で建機レンタルの領域を切り開く総合力とシステムの企業  090310

 JA三井リース
 従来のリース、ファイナンスという枠組みにこだわることなく、金融機能、賃貸機能、固定資産管理機能、遊休資産・中古資産売買機能等の多様な機能とJAグループ、三井グループ等の幅広いネットワークを有機的に組み合わせ、お客様に最適なソリューションをご提供
090710

 住商レンタルサポート
 
住友商事グループのブルーテック(高所作業車レンタル)、レントス(仮設ハウス・備品レンタル)、バケットランド(掘削機・アタッチメントレンタル)の3社は、2005年4月に合併し、それぞれの事業部となって『住商レンタルサポート』として新たな一歩を踏み出しました。
 090811

 

 

 

 

 


□環境関係の固有ノウハウ  


◆環境関連

 日本産業洗浄協議会
ICCは、オゾン層破壊物質全廃と地球環境保護を推進し、工業洗浄分野における問題の早期解決を図るため、洗浄剤、洗浄装置、周辺装置など異業種の関連企業と団体が集結し通商産業省(現経済産業省)および関係省庁のご支援を頂いて1994年4月13日に産洗協として発足しました。  090617
 

 環境省
 環境省は (1) 廃棄物対策、公害規制、自然環境保全、野生動植物保護などを自ら一元的に実施 (2) 地球温暖化、オゾン層保護、リサイクル、化学物質、海洋汚染防止、森林・緑地・河川・湖沼の保全、環境影響評価、放射性物質の監視測定などの対策を他の府省と共同して行う (3) 環境基本計画などを通じ政府全体の環境政策を積極的にリードしています。  091107

 日本環境測定分析協会
 環境測定分析(大気の汚染、水質の汚濁、騒音等に係る計量)に関する技術の向上、環境測定分析事業の効率化の推進を図るとともに、環境計量証明事業者・環境計量士の地位及び資質を向上し、社会的な信頼性を高めることによって、環境の保全に寄与し、国民経済の健全な発展と公共の福祉の増進に貢献しています。 091109


 全国産業廃棄物連合会
全国産業廃棄物連合会は、産業廃棄物の適正処理を推進し、国民の生活環境の保全と産業の健全な発展に貢献することを目的として1978(昭和53)年に創立されました。
101019
 

 

 

 

 

 

 タクマ(環境関連) 
環境関連。技術を大切に、人を大切に、地球を大切に。田熊汽罐創業の精神である《汽罐報国》を今日の言葉に置き換えますと、自らが生み出す財・サービスによって世の中に貢献するということになります。これは現在企業経営の重要課題となっておりますCSR(企業の社会的責任)にも通じる理念ともいえます。
 091202

 

 

 

 

 


◆水

 阪神水道企業団
阪神地域は、六甲の山並みが海に迫っているため、東西に細く開けた地域になっています。そのため、水源となる大きな河川に恵まれず、絶えず水不足に悩まされていました。そこで、安定給水を確保するために、神戸市、芦屋市、西宮市、尼崎市の4市が協力し、琵琶湖・淀川水系に水を求めて、1936(昭和11)年7月に「阪神水道企業団」が設立されました。 090622
 

 日本河川協会
 日本河川協会は、1940(昭和15)年に全国的な大水害が頻発する悲惨な状況の中で、水害を防除するためには河川に関する国民の認識を深め、官民の一致協力が必要であるとの見地から、全国の都道府県の要請と支援を受けて設立されました。 090709
 

 マリン技研
 マリン技研は、これまでの水域の環境保全や改善に改めて光をあて、人や自然に必要なものは何かを追及し、研究開発を繰り返しながら水質の汚染防止や解消に取り組んで来ました。コア技術はJST技術です。 090811

 ウェルシィ(水処理)
 水のライフラインを確保できる突破口の一つ。下水膜ろ過システムを利用し、水道料金の経費削減、災害時や渇水・断水時のライフラインの確保。地球環境保全に役立つシステムを提供。経済産業大臣賞受賞(2005ニュービジネス)
 091126

 東亜建設工業 2
 浚渫・埋立技術は国内・外から高い評価を受け、後に海外進出。事業として水質浄化、自然再生、水環境改善、精密な湖底地形図等作成技術も定評があります。
080926

 東洋建設 2
 海洋土木大手。前田建設工業と資本提携。技術を活かしきれる利益重視の企業へのシクミシステム再構築し次の成長段階へ。
090521
 

 

 

 


◆土壌・洗浄


 日本産業洗浄協議会
 ICCは、オゾン層破壊物質全廃と地球環境保護を推進し、工業洗浄分野における問題の早期解決を図るため、洗浄剤、洗浄装置、周辺装置など異業種の関連企業と団体が集結し通商産業省(現経済産業省)および関係省庁のご支援を頂いて1994年4月13日に産洗協として発足しました。  100902
 



 日本洗浄技能開発協会
産業用の施設設備等の洗浄事業を営む中小企業等が団結し、労働者の技能習得及び社会的地位の向上、作業方法の工夫・改善等を目的として、発足しました。

101015


 


 土壌環境センター
「土壌汚染対策法」の下、浄化技術やリスクコミュニケーションなどハード・ソフトの両面から本格的・統一的な土壌汚染問題への取り組みが求められています。このような状況において、産・官・学の英知を結集し豊かな土壌・地下水環境の創造のために、積極的な活動を展開していきます。 101014
 


 シーリングソイル協会
天然鉱物系吸着材を利用した安心と低コストのオンサイト工法。化学物質の低減工法、低炭素型のオンサイト工法。いかそう自然力をめざそう循環型社会
101025
 

 

 

 

 

 

 応用地質
地質学をはじめとした地球に関わる科学技術を活用して、大地や自然環境に発生する様々な課題解決に取り組んでいます。地球科学のエキスパート企業グループの一つ。地域CATVをコアとしたインフラの中に必要な企業の一つです。
 100114

 東京ソイルリサーチ 2
 あらゆる建設事業の基礎となる地盤調査を中心に、コンサルティングにおいて長年にわたり実績を積み上げてきました。また、21世紀の課題でもある地盤環境分野を視野に入れた高度な技術サービスを提供し、これからも新しい地球環境の創造をサポートしていきます。
090524

 スガノ農機(土を考えよう) 2
 「土」へのこだわりです。作物をつくるための基盤である土と、その土を耕す農機具が、農業経営に携わる全ての皆さんに、この切っても切れない関係を再認識して頂き、化学的な土壌改良に頼らず、健全な作物を育成。増収や安定収入の道を歩んでほしいという重要なテーマを持って、この事業に取り組んでいます
081108

 ヴェルデ(神奈川)2
 
地球の温暖化、土壌汚染等、日ことに悪化していく、地球環境に役立つべき、培養土として使用できる資材を開発   081107

 

 

 

 

 

 

 

 


□エネルギー 素材関係固有ノウハウ

日新電機
電力流通設備から太陽光・風力発電設備、半導体製造装置など幅広く社会に貢献しています。
091222
 

 省エネルギーセンターECCJ
省エネルギーのための各種活動を行う財団法人です。.生活の省エネルギー推進のための情報提供・普及促進事業 、.省エネルギー機器の普及促進のための情報提供事業  090615
 


 
新エネルギー・産業技術総合開発機構
 NEDOは、日本の産業技術とエネルギー・環境技術の研究開発及びその普及を推進する我が国最大規模の中核的な研究開発実施機関であり、非常に重要なミッションを担っています。
 091112

 電源開発JPOWER
 エネルギーと環境の共生を目指す電力卸売。石炭火力と水力が主体。電力各社に供給。原子力も
090528

 ゼファー
 小型風力発電機など、自然エネルギー関連製品の開発・製造
090526

 土木研究所 2
つくば中央研究所、寒地土木研究所、水災害・リスクマネジメント国際センター、構造物メンテナンス研究センターの4つの研究部門において、自然災害の防止・軽減、生活環境の改善、社会資本ストックの管理の高度化、省エネルギー・省資源等の地球環境問題への対応、積雪寒冷に適応した社会資本整備、北海道の農水産業の基盤整備のための新材料・新工法等の先端的な研究開発及び現象・メカニズムの解析等の基礎的な研究開発、土木技術全般の基盤となる汎用的な技術に関する研究開発を実施しています。   090620


 石油天然ガス・金属鉱物資源機構
レアメタル(希少金属)の主要供給国である中国は、自国需要を賄うために輸出を制限する動の徴候が出てきました。調達のマイナスを補完するために、世界での調達のための権益確保の具体的変化が加速していました。素材に関係する企業の制御人財は、定点チェックを推奨します。

 

 

 

 

 

 


□物流、商社関係の固有ノウハウ

ダイトエレクトロン
単なる商社機能にとどまることなく、製造・販売専門のグループ会社を順次設立し、製販一体のグループ経営を進めてきました。お客様から必要とされる商品を、グローバルな視野で開拓し、ご提供する「企画開発力」、そして信頼性の高い自社製品を生む「製造技術力」、多様なマーケットニーズを見極める「マーケティング力」と、まさしく三本の矢がひとつとなり、現在では長年の経験と豊富なノウハウに基づく総合的なソリューションをご提供できるに進化しています。
080921

 進和
 
エンジニアリング商社。自動車向けが主力。金属接合技術が強み。
090512

 三木産業
 1974(延宝2)年徳島阿波(総本店)に創業、藍を扱いはじめ、現在東京中央区に本社を持つ、先端知識でものづくりを支援する化学品専門商社。問屋の勝ち残る方向を、先人の智慧として観える企業の一つ。  090728

 フードサービスネットワーク
三菱商事の100%出資会社。食材の調達から全国50ヵ所の物流拠点・冷蔵物流センター/全国42カ所 ・冷凍物流センター/全国5カ所 ・3温度帯物流センター/関東・近畿2カ所 ・常温物流センター/ 関東1カ所を生かした物流まで、食にまつわるトータルソリューションを行う企業です。

 ナベル
 店頭できれいな姿で並んでいる大半のタマゴがナベルのシステムでパッキングされています。
 091123

 ファミリーコーポレーション
 伊藤忠グループの食品流通をトータルサポートする会社。ファミリーマートの全国物流を幹にして事業展開安全、確実、迅速を重視した質の高い物流サービスを通してお客様の満足と信頼にお応えし、社会の発展に貢献する。環境問題に積極的に取り組み、21世紀を担う地球にやさしい企業を目指す。
091210

 大塚商会 2
オフィスサプライから情報システム構築まで特定のメーカーにとらわれないマルチベンダー対応。コピー、FAX、コンピュータ、サーバ、周辺機器、IP電話、ERP、業種・業務パッケージ、CAD、文書管理、セキュリティなど、オフィスの困ったに幅広く対応できるマルチフィールド対応で、お客様のニーズにお応えしております。 091105


 
池田理化 2
 池田理化は、バイオサイエンス分野の研究・開発支援を事業の柱に、バイオサイエンス関連機器および試薬、分析機器、光学機器、汎用実験・研究機器および消耗品、実験設備の販売、汎用理化学機器、農学関連機器設計・販売を手がける、科学機器専門の商社です。東京大学植物医科学研究室寄贈講座シンポジュウムとして植物医師・植物医科学をテーマに開催しました。   090324
 (技術商社の学知恵を戦略的に生かす方法の一つ)
 

 たけびし
 三菱電機系商社。FA機器から産業機、半導体・デバイス、空調・昇降機などのビル設備、OA・FAシステム、情報通信・マルチメディアにいたるまで、幅広く産業用エレクトロニクス機器を扱うトータルソリューション企業  090528

 

 

 


 
日本貿易振興協会(JETRO)
ジェトロは2003年10月、日本貿易振興機構法に基づき、前身の日本貿易振興会を引き継いで設立されました。独立行政法人として新たなスタートを切り、これまで以上に時代のニーズに対応し、質の高いサービスを機動的かつ効率的に提供。 090901

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


□創客は「ホスピタリティ産業」から学ぶ

 国際ホテル・ブライダル専門学校
新潟市に2003年新設された新進専門学校です。日本実業出版社の「よくわかるホテル業界」の著者土井久太郎氏が創設段階から関わっている、ローカルな立地ながらほこれるべき教育機関創りを目指している学校です。   081210


 
東京観光専門学校
 東京観光専門学校は、開校から41 年目を迎えました。観光サービス業界をめざす専門学校の中でも長い歴史を誇るのが本校です。業界の第一線で活躍する卒業生が実におよそ3 万人を数えていることからも、その圧倒的な歴史と就職実績がわかります。 081212

 日本ホテルスクール
ホテルスタッフの育成を目的として、プリンスホテルが1972年に設立した「プリンスホテルスクール」。1976年には運輸省(現在の国土交通省)の要請により、「財団法人日本ホテル教育センター」が運営する「日本ホテルスクール」に生まれ変わりました。 081212

 東京YMCA国際ホテル専門学校
 東京YMCA国際ホテル専門学校は、「努めて旅人をもてなしなさい」(聖書のことば)をカレッジスピリットとして、世界に通用するホテルマンの養成を行っています。ホテルマン・ホテリエを現場で育てる東京YMCAの専門学校  081212


 
ホスピタリティ ツーリズム専門学校
ホスピタリティツーリズム専門学校(旧トラベルジャーナル旅行専門学校)。観光ビジネスを学ぶための専門学校は、35年間にわたって、観光ビジネスの世界に優秀な人材を送り続けています。 開校から35年。本校は、業界を常にリードするトラベルジャーナルグループの一員として、“観光業界を担う優れた人材”を輩出し続けています。   081212
 

 

 

 

 

 観光庁
 観光庁は 2008(平成20)年10月1日発足しました。観光は、旅行業、宿泊業、輸送業、飲食業、土産品業等極めて裾野の広い産業です。また、その経済効果は極めて大きく、2007(平成19)年において、二次的な経済波及効果を含む生産効果は・国内生産額949.1兆円の5.6%の53.1兆円、・雇用効果は総雇用 6,425万人の6.9%の441万人と推計しています。  090828

 

 

 

 

 


□広告、販売、テレマーケティングデータ解析(確率統計)


博報堂DYホールディングス

競合企業の強者連携経営統合(創市場)の事例 共同持株会社制による経営統合、各社メディアコンテンツ部門を分割統合して21世紀勝ち残るための100%子会社「博報堂DYメディアパートナーズ」により事業展開強化
080918 

 富士通中部システムズ
「コールセンター」「営業現場」で活用できるASP/SaaS型統合CRMアプリケーションが進化してきました。スピーディで適確なお客様対応力を構築できるCRMate(シーアールメイト)とお客様の声の経営活用を支援する見える化サービスパッケージ
081128

 NTTグループ 2
NTTグループは世界に比肩できる知行総能力の統覚がはじまりました。NTTグループの中に、創市場・創客関連(テレマーケティング関連)企業は、成長し、相互補完の総合機能を持ち始めています。総合的に戦略できる整合成長段階に入ってきました。 091126

 

 

 

 消費者の窓
「消費者の窓」は内閣府国民生活局消費者企画課、消費者調整課(以下、当方)が管理・運営しております。2009.09.01消費者庁発足に伴う変化の推移がわかります。
 090901

 消費者庁
 2009.09.01消費者庁が設立されました。官庁横断型組織として 消費者被害の発生防止・拡大防止に向け、関係省庁の取組みを促進します。 090902

 

 

 

 


◆顧客データベース解析(確率、統計)

 サンブリッジ
データマイニングの左脳型分析方式から解析プロセス高度なアルゴリズムにより、プロセスはブラックボックスですが、その解析結果を活かし、左脳右脳併用(勘)で決断できる、実務者決裁者向けデータマイニングオートメーションソフトウエアが実用化されました。 090718

 数理システム2
「基礎科学の中にありながら広範な分野で応用されている数理科学」と「たゆまぬ進化を続けるコンピュータサイエンス」の2つの領域をベースにもつ独立系のソフトウェアベンダーとして、設立以来独自のポジションを築き上げてきました。
100830


 
日本ニューメリカルアルゴリズムズグループ 2
NAGは英国Oxfordに本社を持ち、35年以上にも渡り高度な数学問題を解くための各種ソフトウエア及びコンサルティングサービスを世界に向けて提供しています。世界トップレベルの数学者、統計学者らにより構成されるNAG研究開発陣により、NAGの技術は進化を続けています。 090707

 

 

 

 

 

 

 

 

 


□IT関連


情報通信ネットワーク産業協会CIAJ

 情報通信技術(ICT)活用の一層の促進により、会員の協力のもと情報通信ネットワークに関わる産業の健全なる発展を図るとともに、社会・経済・文化における情報利用の拡大・高度化に寄与することによって豊かな国民生活の実現および国際社会への貢献に資することを目的とします。  081002 
電子情報技術産業協会JEITA
 電子機器、電子部品の健全な生産、貿易及び消費の増進を図ることにより、電子情報技術産業の総合的な発展に資し、我が国経済の発展と文化の興隆に寄与することを目的とした業界団体です。
081002
コンピュータソフトウエア協会CSAJ
 
CSAJは、コンピュータソフトウェア製品に係わる企業が約500社集まり、ソフトウェア産業の発展に係わる事業を通じて、我が国産業の健全な発展と国民生活の向上に寄与することを目的としている経済産業省認可の公益法人です。
081002


 
情報大航海プロジェクト
経済産業省の「情報大航海プロジェクト」の活動母体が変化してきたようです。2010年6月18日に総会を行い、活動をスタートした団体「次世代パーソナルサービス推進コンソーシアム」が活動母体になったようです。
100830
 

未来ICT研究センター
(独)情報通信研究機構の神戸研究所  
全く新しい観点から知識の創造とイノベーションを目標に、バイオ、脳、ナノテクノロジー、超伝導や量子など様々な研究を行っています

100830

 国立情報学研究所
国立情報学研究所は新領域融合プロジェクト「分野横断型融合研究のための情報空間、情報基盤の構築」を目指しています。 100812


 情報システム研究機構
4研究所が連携することにより、生命、地球、環境、社会などに関わる複雑な問題を情報とシステムという立場から捉え、実験・観測による大量のデータベースの構築、情報の抽出とその活用法の開発などの課題に関して、分野の枠を超えて融合的な研究を通して、新分野の開拓を図るとともに、その成果及び新たな研究領域に対する研究基盤を広く共同利用に提供します

100902
 

 

 

 

 

 

 アテネコンピュータシステム
 ビジネスデータの可視化が経営者や管理者の意思決定の成功確率を高め、確信決断を速めるためにプラスになる戦術の一つです。様々な情報をすばやく、ダッシュボード、パーソナルレポートシステムに直感的に作成してビジュアル化、Web上で情報共有するツールを提供しています。 081020

 PFU
信頼性の高い実績のある戦術を変える技術事例 ・情報KIOSK(キオスク)端末 ・楽2ライブラリー Webカタログ   081020

 コトブキ企画
 ローコスト化が可能な「デジタルブック」作成システム「マイページビュー(My PAGE View) pdfファイルで読まない「資料」から読んでもらえる「情報」へかえる技術  081020

 マクニカ
 ダッシュボード)今日の企業では、様々なシステム化が進み、統合基幹業務システム(ERP)、顧客情報管理システム(CRM)、営業支援システム(SFA)など膨大な情報が蓄積されています。その情報をリアルタイムで表示する表示板を「ダッシュボード」として定義付け、特に経営に必要な情報が集約されたものを本Webサイトでは「経営ダッシュボード」と表現しています。
090728

 富士ソフト
 「Google Apps」 を導入し、次のステージ「クラウドコンピューティング」へスタート。管理に費やす手間とコストを大幅に削減する次世代コラボレーションツール
081024

 アイアイジェイ テクノロジーIIJ-Tech
 日本のインターネットの黎明期からリーダーシップを発揮し続けてきた、インターネットイニシアティブの卓越したネットワーク技術と先進性を継承しながら、「お客様の視点に立ったシステム構築、システム運用サービス」を提供する会社として1996年11月に設立。グループが誇る高品質な各種ネットワークインフラ及びこれらと直結したデータセンターを最大限に活用し、常にお客様にとって「最適」であることをテーマに、業界を先駆する革新的なITサービスを提供し続けています
090324

 三技協
 移動体通信、衛星マイクロ波通信、IT分野のサポートエンジニアリングサービスが事業の主体。ナレッジマネジメントを浸透させて新ビジネスモデルを構築
 090516

 NTTビズリンク
NTTビズリンクは、企業向けデータセンタサービスを提供する会社として2001(平成13)年7月にスタートし、その後NTTフェニックス通信網のテレビ会議多地点接続サービス事業、NTT-MEのデータセンタ事業、ぷららネットワークスのアカウント・アグリゲーションサービス事業の統合により法人向けサービスを更に拡充し、ノントラヒックビジネスを推進するとともに、統合的なICTアウトソーシングビジネスを展開している
 091102

 NTTグループ 2
NTTグループは世界に比肩できる知行総能力の統覚がはじまりました。NTTグループの中に、創市場・創客関連(テレマーケティング関連)企業は、成長し、相互補完の総合機能を持ち始めています。総合的に戦略できる整合成長段階に入ってきました。 091126

 クロスキャット
 心と技のクロスオーバーで、常に新しい技術とサービスで未来を切り拓ことを目指す情報サービス企業
 100206

 インテック
1964年の創業以来、一貫して「コンピュータ・ユーティリティ」―― 電気やガス、水道のように、いつでも、どこでも、誰もがコンピュータパワーが使える環境の構築を提唱してきました。モバイル、ブロードバンドの進展、インターネットの爆発的普及、Webの進化など、ユビキタス社会の本格的到来を目の前にして、この概念をさらに発展させ、「IT in all Based on IT」を新たなキーワードとし、ITの活用による付加価値の創造、社会への貢献を目指しています。 091126
 

 大塚商会 2
オフィスサプライから情報システム構築まで特定のメーカーにとらわれないマルチベンダー対応。コピー、FAX、コンピュータ、サーバ、周辺機器、IP電話、ERP、業種・業務パッケージ、CAD、文書管理、セキュリティなど、オフィスの困ったに幅広く対応できるマルチフィールド対応で、お客様のニーズにお応えしております。 091105

 

 

 

 

 

 


□地域密着CATV

京都メディアステーション
(財)京都産業21が 京都の発展をサポートする公的な総合支援機関が、企業・団体を対象に「京都メディアステーション」を中小企業の情報発信支援しています。.
100326

豊橋ケーブルネットワーク

 豊橋市において放送サービスだけでなく通信サービスを含めたフルサービスを提供する新世代のケーブルテレビ事業を実現することを目的に、平成7年8月に設立されました。多様な専門番組に加え、行政情報をはじめ多様な地域の情報を市民のみなさまにお届けするコミュニティチャンネル、さらに通信によるオン・デマンド型サービスを通じて、『市民の豊かな生活と潤いと活力ある地域づくり』のためにお役に立てるコンテンツを目指したいます。
080924

 NICE TV(新川インフォメーションセンター)
 NICEネットは富山県魚津市の地域密着型CATVの運営会社は 地場から全国規模に成長し、現在も地場に複合貢献するITホールディングス(インテック)の傘下会社の一つです。地域インフラ網深耕の知恵企業の一つ。
091124

 和賀有線テレビ
農業協同組合が母体の第三セクター型CATV企業。岩手県北上市和賀地区の地域密着型機能事例として今後の方向の参考の一つです。農産物の全国での特産交流のしくみが成長してきました。
091225

 JA兵庫六甲ろくちゃんネット
 
JA兵庫六甲は 農と地域に根ざした活動を通じて地域社会に貢献するJAのきめ細かい内容事例。植物工場、地域CATVが地域に貢献する場合、農業人口の比率が高い地域は、販路支援も含めて、地域のJAとの連携し共に豊になる戦略が着眼の一つです。
100121

 知多半島ケーブルネットワーク
 知多半島ケーブルネットワークは放送と電気通信のサービスに加え、自ら所有するケーブルインフラを最大限に活用し、新装なった本社ビルの機能発揮と併せ、暮らしと地域の役立つ情報通信会社として、その役割を果してまいります。
100217


 
北ケーブルTV(東京北区)c
Net Cityとの連携、北区地域情報推進協議会との連携、北区街ナビ、北区商店情報、北区観光、北区事業所紹介等、北区で企業活動する上の情報が整備されています。
100325


 
KCN京都(旧キネットKinet)c

KCN京都(旧キネット(kinet))は関西学園都市のケーブルテレビ(京都)
100326


 
松本インターネットサービスc
 松本インターネットサービスは松本商工会議所が運営するインターネットプロバイダーです。◎商工会議所とCATVとが連携し地域発展への寄与、お客様への情報提供源として、自力での提供よりタイムリーな更新ができる方法です。ただし、必要情報を選択して、自社お客様優先のメリットの付加が重要です。
100326


 
東京ケーブルネットワーク(東京)c
 東京ケーブルネットワークは1985年「文京ケーブルネットワーク」として文京区に開設。事業内容は「有線テレビジョン放送事業、有線ラジオ放送事業 、テレビ電波受信障害対策工事の受託 、放送番組の制作、販売 、ビデオソフトの制作、販売、出版物の刊行、販売、広告取り扱い業務、各種スポーツ、コンサート等の興行、仲介、デジタルデータ伝送サービス、通信情報処理サービス 、物販及び流通サービス 」と複合的事業展開をしています。
100326


 
ケーブルテレビ品川(東京)c
 南東京ケーブルテレビ(愛称:ケーブルテレビ品川)は、ケーブルテレビ放送とケーブルインターネットを通して ・ 喜びと感動を伝え  ・相互理解を深め ・安心、安全な街づくりをサポートし、 地域のお客様および地域を取り巻く皆様と共に、 豊かな社会を実現することに貢献します。
100326 

 
上越タウン情報(上越ケーブルビジョン)c
 上越ケーブルビジョンは 上越市、妙高市 出資の第三セクター の企業です。「上越タウン情報」を運営しています。
100326



 


 研究学園都市
コミュニティケーブルサービスc
 1981年設立し、つくば研究学園都市にて多チャンネル放送と高速インターネット接続サービスを提供しています。地域のシェアは74%を越えてきています。地域密着型CATVとして長期にわたり着実に地域のシェアを拡大し、進化してきた事例として、比べて学ぶ時役立ちます。
100326

 ふれ愛タウン美濃加茂中部台
 美濃加茂中部台では、人・自然・文化の「ふれあい」をテーマに美濃加茂の美しい自然に恵まれた街で、ITを駆使した最先端の街づくりを進めています。
100906

 

 

 

 

 

 

 

広域関東圏産業活性化センターGIAC
広域関東圏の1都10県における地域産業の活性化を通して地域の均衡ある発展のお手伝いをしています。全国の産業活性化データベースを運営しています。
100821
地方自治情報センターLASDEC
 地方公共団体におけるコンピュータの利用促進を図る財団法人。住民基本台帳ネットワーク、LGWANの運用情報を掲載
100823


 
日本開発構想研究所
(財)日本開発構想研究所は、「くにづくりから、まちづくり、ひとづくりまで」、活力に満ちた明日の社会の形成に役立つ学際的な研究調査を、人と人とのふれ合いを大切に、地道に進めるために設立された研究機関です。  100823
 

 NHKグローバルメディアサービス
(株)NHK情報ネットワークは、2009年4月1日、株式会社日本文字放送と合併し、(株)NHKグローバルメディアサービス(通称Gメディア)となりました。地域CATVが連携するための障壁が低くなってきました。
100323


 
パナソニックシステムソリューションズジャパン
CATVに関連する機器・ソリューションを提供しています。最先端の薄型ディスプレイを用いた映像コンテンツの配信システム、近年ニーズが高まっている監視・防犯カメラによるタウンセキュリティやオフィスのセキュリティシステム、業務用端末を活用した物流システムや、電子マネーを利用した決済システムなどを通じて、新しい価値を提案
091225

 西日本技術開発 2
 九州電力グループの「土木、環境、建築、火力、地熱、原子力、電気の各部門における調査、計画、設計、工事監理等の総合コンサルティング」を事業展開
 091211
(地域の整合インフラを目指す)

 
 
京丹後市
京丹後市は地域のくらしと行政が一体化し、活用目的に対応して短時間で必要情報を活かせる形になつています。地域CATVと「おらが町の銀行」と連携すると地産地消型財の循環システムしくみを行政の地域戦略展開に合わせて、実現の確率は高くなってきました。
100529


  移動無線センター
災害に強い高信頼のデジタルMCA 無線 mcAccess e は、法人向けの業務用無線で唯一、北海道から沖縄までのワイドなエリアを実現。  地域密着の企業だけでなく全国展開の企業にも、ビジネスの効率化に貢献します。 自治体の防災無線や企業の危機管理・BCP用通信システムも、低コストで構築できます。  100908
 


 神戸市の主な取組み
神戸市は地域の持続的収益を上げる投資効果の高い事業を核にした最先端都市計画が戦略的「産学官連携」により直実に進化をはじめている地域の一つです。神戸医療産業都市、次世代スーパーコンピュータ開発、神戸空港も含めたポートアイランドが2期目に入りました。 
100922

 

 

 

 

 

 


□ものづくり 


◆開発 触媒 金型 計測 制御 検査

  アトリックス
 アイトリックスグループは、ナノインプリント技術による次世代ソリューションのトップランナーを目指しています。
080916
 中央精機
 自社ブランドである工作顕微鏡「ツールスコープ」を基として、光学測定機に関する設計・製作・販売。バイオ研究における細胞の中に遺伝子などを効率よく注入するための支援システム。独創的な光学測定機の商品開発。 090416

ネツシン(温度センサー)

独自の技術により白金測温抵抗素子の開発、設計、製造を中心に白金測温抵抗体、熱電対の製造販売を目的とする温度計の製造メーカーとして1971(昭和46)年8月17日に設立。経済産業省中小企業庁より「元気なモノ作り中小企業300社」の情報公開の初回 2006(平成18)年版で掲載された企業の一社です。
091222
 

 カイジョー
各種超音波計測機器、一般産業用洗浄機、半導体製造装置等の幅広い分野に事業を拡大
090416
 


 
谷田合金
 精密鋳物と5軸・高速精密加工により試作・開発をトータルでサポート。1個からの試作品製作(鋳造・削り出し・積層)、少量の量産部品製造(航空宇宙関連・半導体製造装置・ロボット・分析機器)
090416
 

 ラティス・テクノロジー
製造業の3D CADデータの共有、活用、業務最適化を支援するXVLを展開しています
090813
 

 フォトロン
映像情報機器開発。高速度ビデオカメラ主力。CADシステム、LSI開発事業
 090522


  
日工電子工業
制御盤・操作盤・配電盤の専門メーカー。プラント制御機器で培った制御技術をあらゆる産業で展開しています。  090812



 
ポリマテック
 飛躍的に高まるエレクトロニクス機器の融合化の中で、提供する「ヒューマンテクノロジー」は、ポリマー・マテリアル・テクノロジーを核として、人と人とのコミュニケーションの促進に、マンマシンインターフェースの革新に、また安全で快適なカーライフの実現に向けて進化しています。
 091020


 
UMCJ(半導体)
 「日本唯一のファウンドリー特化事業」今後コア・プロダクトを育て、さらに幅広くすそ野を広げることがファブレス企業はもちろん、日本のIDM(垂直統合型デバイスメーカー)にとっても大きな競争力となります。UMCJは“ファウンドリー(受託生産)”に特化して事業展開している国内唯一の企業。自社製品を持たないため、顧客と競合することなく、あらゆる半導体製造に確かな技術とノウハウを幅広く提供できるというメリットを有します。 100610 
 

 エヌエフ回路設計ブロック
 エヌエフの独創技術は、自動車・ディジタル家電等の先端エレクトロニクス、燃料電池・太陽光発電等のクリーンエネルギー、ナノテクノロジー、さらには人工衛星やロケット等の宇宙関連にいたるまで、幅広い分野に広がっています。
100906


 

 

 

 


 
国際超電導産業技術研究センター
 1988(昭和63)年1月21日に設立。超電導に関する調査研究、研究開発、国際交流の促進等を行うことにより、超電導研究の円滑な推進を図るとともに、超電導関連産業の健全な伸展に寄与し、もって世界経済の発展に資することを目的としています。 100217

 宇宙航空研究開発機構
2003年10月、宇宙科学研究所(ISAS)、航空宇宙技術研究所(NAL)、宇宙開発事業団(NASDA)が1つになり、宇宙航空分野の基礎研究から開発・利用に至るまで一貫して行うことのできる機関が誕生しました。  100902


 
日本科学機器団体連合会
日本科学機器団体連合会(日科連)は、わが国の科学機器の製造、販売及び関連事業に携わる企業を会員とする全国組織団体であり、わが国の科学技術の進歩・発展に寄与することを目的として、戦後間もない1945(昭和20)年12月に僅か46社の会員企業によって設立されました。 100826
 


  
金属系材料研究開発センター
 産業の基盤である金属系材料の研究開発の推進と成果の普及を図り、企業間の協調と競争を触発、産業競争化に貢献しています。
100601






 

  科学技術情報流通技術基準
科学技術振興機構が運営。科学技術情報流通基準(SIST:Standards for Information of Science and Technology)は 科学技術情報の流通を円滑にするために儲けられた基準です。SISTは「シスト」と読みます。  100528
 

 科学技術政策研究所
 1985 年の臨時行政改革推進審議会の答申において、科学技術政策に係る企画・立案の機能強化の一環として科学技術政策研究の必要性が指摘されたことを受け、科学技術政策展開の基礎となる諸事項について理論的・実証的な調査研究を行う中枢的機関として、1988 年 7 月 1 日に科学技術庁の附属研究機関として設置されました。
100701 


 
マイクロマシンセンター
 1992年1月24日設立。マイクロマシン・MEMS等のマイクロナノ分野に係る基盤技術の確立を図るべく産学官の力を結集して、これまで数々の国・NEDO主導の技術研究開発プロジェクトを推進してきました。091128 
 


 
日本電子回路工業会
高度高精密機械には、電子回路、プリント基板が融合(組み込み)してはじめて目的の機能を発揮できます。両輪の役割をしています。機械・人間(アナログ型・見える)と電子(デジタル・見えない)の両輪の先人の智慧を体得することが21世紀必要条件です。  090728
 


 
計測自動制御学会
計測自動制御学会は「計測」と「制御」に関する理論と応用を追及する学会です。今、わが国では技術立国、知財立国が政策として推し進められ、技術開発の重要性が広く認識されています。地球温暖化やエネルギー問題などの解決のためにも、SICEがカバーする計測と制御分野の技術と理論ならびにその産業応用が社会に大いに貢献を目指しています。  081030
 

 日本ロボット工業会
日本ロボット工業会は、ロボット及びそのシステム製品に関する研究開発の推進及び利用技術の普及促進等を行うことにより、ロボット製造業の振興を図るとともに、広く産業の高度化及び社会福祉の向上に資し、ひいては国民経済の健全な発展と国民生活の向上に寄与することを目的とし、次の事業を実施しています。  100823
 

 
 
情報管理Web(科学技術振興機構)
 情報管理Web」サイトは、月刊誌「情報管理」(創刊1958年)のコンテンツ(1996年4月号から最新号まで)を無料で公開するサイトです。「情報管理」は、情報の整備・流通・活用の各段階に関わる方々が経験と知識や知恵を出し合い、共有するためのステージを提供し、情報の生産から利用の「情報のサイクル」を活性化させることによって、日本の情報科学技術や情報リテラシーの普及・向上を通じて科学技術振興の基盤整備に寄与することを目的としています   100825
 

 日本金型工業会
 (社)日本金型工業会は1994(平成6)年設立。世界をリードする日本の金型産業のナショナル・センターとして、金型産業および関連産業の健全な発展を図り、世界経済の協調的繁栄と国民生活の向上を目的としています   081030




 


 自然科学研究機構NINS
 生理学研究所、基礎生物学研究所、分子科学研究所、国立天文台、核融合科学研究所の5つの大学共同利用機関から構成されています。
100905

 

 科学技術振興機構JST
 イノベーションの創造を推進しています。知の創出から研究成果の社会還元とその基盤整備を担うわが国の中核的基幹です。
100905

 日本分析機器工業会
分析機器に関する技術の向上と分析機器産業の高度化を通じ、科学技術の発展を図り、日本経済の発展と国民の文化的生活に寄与することを目的としています。
100918


 物質・材料研究機構
NIMSでは、持続可能社会の実現に向け、個々の原子・分子を対象とした物質・材料研究における究極のテクノロジー、「ナノテクノロジー(通称ナノテク)」を駆使した新材料の創製や、材料機能の高度化などを可能にする研究をプロジェクト研究として進めています。  101025

 

 

 

 

 

 

 東北大学多元物質科学研究所
 “多元物質科学に関する基礎と応用の先端的研究を推進し、本学4研究科と協力して次世代を担う若者の教育研究活動を行い、世界的視点から思考できる指導的人材を育成し、地域と世界に貢献する”ことにあります。  100531


 
応用力学研究所(九州大学)
 応用力学研究所は、海洋・大気、および核融合・プラズマに関する力学的研究を2つの柱として、さらに新しい研究分野を開拓する基礎力学研究とともに、国内的には全国共同利用研究所として、また国際的には東アジアあるいはヨーロッパとの研究ネットワークの拠点として、先端的な研究を展開しています。100830
 

 東北大学流体科学研究所
 流動科学は、気体・液体・固体の流れを連続体の流動とし取り扱うマクロな視点と分子・ 原子・荷電粒子の流動として取り扱うミクロな視点で、物質の流れのみならず熱・ エネルギー、情報の流れを明らかにする新しい学問領域です。
100830

 

 

 

 触媒工業協会
 
1965年わが国で触媒を製造する企業及び触媒関連資材を生産する企業、ならびにそれらの販売に携わる企業により、健全な発展促進を目的として設立。環境・エネルギー分野での重要な役割発揮し始めました。  100901


 
触媒化学研究センター北海道大学
触媒化学研究センターは1989(平成元)年設置2007(平成19)年改組 触媒ターゲットアセンブリ、触媒基礎研究部7研究部となりました。触媒元素・分子のナノ・ミクロ集積・集合化学の研究を積極的に進め、資源高度利用触媒、環境触媒、バイオ利用触媒、燃料電池・電極触媒、光触媒、有機合成触媒など多くの挙げてきました。  100902
 

 触媒学会
 触媒学会は触媒の最新情報を交換する場として1958年に設立されました。会員数は2,500名を超え学界、官界および産業界が一体となった開かれた活動を繰り広げています。  100901

 

 

 


 
日本非破壊検査協会 2
「非破壊検査法に関する調査・研究を行い、技術水準の向上・普及を図り、もって学術文化の発展に寄与する」ことを目的として、1952年(昭和27年)に「非破壊検査法研究会」として創立され、1955年(昭和30年)の法人認可によって「(社)日本非破壊検査協会」として発足し、現在に至っています。非破壊検査とは、“物を壊さずに”その内部のきずや表面のきずあるいは劣化の状況を調べ出す検査技術のことです。
 091202
 


 
日本非破壊検査工業会 2
 日本非破壊検査工業会は、非破壊検査業と非破壊検査機器及び非破壊検査用材料の製造販売業両者を包括する業界団体です。 (社)日本非破壊検査工業会は、「火力・原子力等の発電所、造船及び石油精製・化学プラントなどの重要な産業施設における製造時の品質保証と使用中の安全性確保のために、非破壊検査技術を利用して、構造物・設備等を壊さないで検査する非破壊検査業の振興を図ること」を目的としています 091203
 

 日本工業標準化調査会JISC
工業標準化法に基づいて経済産業省に設置されている審議会で、工業標準化全般に関する調査・審議を行っています。 100922

 

 

 

 

 

 


◆固有技術

トリックス
 多様な製品を国内、海外に提供する自動車部品メーカー
080917


 
日本電工
日本電工の事業分野は、合金鉄、化学品、新素材、環境システム等、多岐にわたっています。このうち、合金鉄および化学品の両事業は、当社のコア事業として基盤強化を図っており、またこれらコア事業で培った技術により育成して参りました新素材、環境システム両事業については、成長事業と位置付けて経営資源の重点投入により強化・拡大を図っています。 081117

 三鈴エリー
強い現場の条件である電気事業、計装制御事業、システム開発事業、検査装置事業等の分野で自社内ではノウハウが育つ時間を短縮し、「やってみてやらせてみる」現場力の補完をする企業の一つです。
090303

 四変テック
電力エネルギーの安定供給に貢献する電力機器、エレクトロニクスの可能性を追求した電子機器、および快適な暮らしを提供する照明機器・電気温水器・精密金型等が、それぞれの分野で活躍し、多くの方々から厚い信頼と高い評価。
090304

 オキナヤ
1867(明治元)年に創業し、時代に適応し、現在、産業システム事業部と建設事業部の2事業部制をとる、総合エンジニアリング会社。 環境、省エネ、安心・安全、福祉に関する蓄積した全社の技術とチームワークで問題解決するソリューションパートナー。
 090523


 
ティーケィアールTKR
エレクトロニクス産業、情報通信機器産業などを中心とした電子機器の受託生産メーカーとして、設計、調達、生産の一貫したサービスをご提供するEMSカンパニーです。デジタル機器に対応した「精密、高密度、小型化」の部品加工及び製品またはユニットの組立てを得意としております。 090520
 

 不二越
機械加工、ロボットなどのマシニング事業、ベアリング・油圧機器などの機能部品事業、材料・熱処理などのマテリアル事業で「ものづくりの世界の発展に貢献」してます。
 090812

 アイコクアルファ
 みじかで人間の重い製品の移動限界を補完することができる、誰にでもラクこなせる「ラクラクハンド」。ひとの負担を減らし、快適で安全な作業環境をつくります。
 091020


 
三島光産
多角化への道を志し、その間常に新しい技術の創造、開発を目指し、あらゆる可能性に挑戦し続けてきました。その結果、鉄鋼、化学をはじめ、窯業、機械、電気、航空・宇宙、自動車に至る幅広いフィールドにわたって、高度な技術及び技術者を育てることができました。
 091030

 SUMCO
 SUMCOグループは、世界トップレベルにあるシリコンウェーハ・メーカーであり、半導体や太陽電池の素材開発の黎明期から培ってきた技術力と生産力を駆使し、競争優位性をさらに高めています。
 091123


 
日昭無線
電子関連事業部は、世界中のあらゆる電子部品を取扱い、常に最新のエレクトロニクス情報を網羅。国内大手電機メーカーを中心に、産業用ロボットや半導体製造装置、コンピュータからスペースシャトル等の航空宇宙分野に至るまで、幅広いユーザーに電子部品を、機器を納入。  091210


 
双葉電子工業
創業の「真空管技術」を時流適応変化しながら、基礎器材を供給し、産業界の発展に貢献する。産学官と強みを共有しさらに進化を目指す企業    
100527
 


  
日本トムソンIKO
 国内で初めてニードルベアリングを自社技術により開発し、その高い技術力を礎として直動案内機器(直動シリーズとメカトロシリーズ)の分野へと進出しました。現在では、世界に先駆けて開発したCルーブ・メンテナンスフリーシリーズなど、創造力を生かした豊富な製品群で多様化するニーズに応え、テクノロジーの発展を支えています。
 100604


 
ジークホールディングス
 優れた、世界に比肩できる固有技術をもつ中小企業がプロジェクト方式で、「ジークホールディングス」という経営のプロが全体の整合性をさせながら(一企業グループのような人間体組織)戦略的に高品質レベルで揃えた分業を血管神経回路を融合させた形で経営する21世紀型の企業が成長してきました。
100610

 

 

 

 

 

 

 


◆統計確率 

 数理システム2
「基礎科学の中にありながら広範な分野で応用されている数理科学」と「たゆまぬ進化を続けるコンピュータサイエンス」の2つの領域をベースにもつ独立系のソフトウェアベンダーとして、設立以来独自のポジションを築き上げてきました。
100830


 
日本ニューメリカルアルゴリズムズグループ 2
NAGは英国Oxfordに本社を持ち、35年以上にも渡り高度な数学問題を解くための各種ソフトウエア及びコンサルティングサービスを世界に向けて提供しています。世界トップレベルの数学者、統計学者らにより構成されるNAG研究開発陣により、NAGの技術は進化を続けています。 090707

 

 

 

 


◆人財化

茨城県科学技術振興財団
茨城県には世界的な水準の広範多岐にわたる科学技術・産業技術の集積があり、恵まれた社会環境を有効に活用し、科学技術の基礎的、創造的な研究推進、奨励するとともに、新たな事業展開をしています
100825
 
産業技術大学院大学
首都東京の産業をリードする高度専門職人材の育成を目的として設立された専門職課程のみの2専攻で構成される公立の大学院大学です。
100830
 

中央職業能力開発協会JAVADA

 中央職業能力開発協会は、職業能力評価の専門機関として、職業能力が適正に評価されるように「能力評価制度・試験の整備」に関する各種事業を行うとともに、職業能力開発に関する様々な情報提供、相談援助等を通じて働く人々の「キャリア形成支援」に努めています。
080919
国立科学博物館産業技術史情報センター
産業技術史資料情報センターでは、失われつつある産業技術の進化の歴史である日本国の財産の保存を図るために、産業技術を培ってきた先人達の経験を継承し、更なる技術革新に役立てる情報拠点を目指しています。
100826

 ALMACREATIONS
ALMACREATIONS(アルマクリエイションズ)は映像コンテンツ、デジタルコンテンツを通じ幅広い年代の皆様に「教育」と「知的好奇心」を満たすお手伝いをする会社です。多くの書籍でおなじみの神田昌典氏が短期代表取締役のだった会社の一つです   
 090304


 
図書館流通センター(ビーケーワン運営)
1979出版会の総意で(社)日本図書館協会事業部の業務を継承。現在は 図書館の選書・発注から装備・納品までの一貫業務を80%の公共図書館で使用するTRC MARCシステムにより一元管理。ビーケーワンの書誌データもTRC MARCを元にしています。
091031
 


 
長野高専地域共同テクノセンター
 地域共同テクノセンターは、. 地域企業と国立長野高専との連携をより一層強化する目的で平成12年4月に新たに設置された拠点施設です。 センターには最新の3次元CAD/CAMシステム・各種試験・加工装置やセミナー室などを有し、これら施設設備を有効利用開放しています。
090615

 市場価値測定研究所
 日本における市場価値測定の第一人者の一人が独自の市場価値測定ツールを基に大手リーディングカンパニーを中心に、若手社員かた経営幹部までの能力開発、キャリア開発で臨床し「個」と「組織」の活性化を目指しています。
090925

 TEMCO
 トヨタ自動車、トヨタグループ各社で培った技術とノウハウを駆使し、生産設備・計測システムと高度できめ細かな技術サービスを、全世界へ向けて提供しています。
 091126

 関西社会経済研究所
グローバルな視点からの政策提言、経済分析に関する調査研究を通じて日本の構造改革を後押ししてています。KISER(カイザー)は関西社会経済研究所の英文略語
100528
  


 
中小企業応援センターネット
中小企業基盤機構が運営。地域の中小企業団体、地域金融機関、税理士、NPO等における中小企業の日常的な経営支援に取り組む支援機関等の経営支援補完機能が地域別に整理され、地域の近くの知恵機関、知恵人財が見える化されてきました。
100528

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


□医療・健康 

日本医療事務センター
医療事務受託の草分け、業界2位。医療事務、福祉関連の教育サービス、介護福祉事業網展開。
090619
 


 日本調剤

 日本調剤グループは、経営理念である「医薬分業」を推進するため、グループとしての総合的な強みである「医療用医薬品」分野のプロフェッショナル集団として、一貫して医薬品・調剤薬局業界のフィールドで事業活動を展開しています。
 091102
 

  日清医療食品
 「食」の側面から医療、福祉を見つめ支えるヘルスケアフードサービス業界のリーディングカンパニーの一つ    
100527


  
生体材料工学研究所(東京医科歯科大学)
近未来の先進医療を支える科学技術の世界的な最先端研究拠点として、バイオマテリアル・バイオエンジニアリングに関する基礎理論の構築および最先端素材の創出を図ると共に、創薬から医用デバイスを包含する先導的応用研究に取り組んでいます。 1000601
 

 

 


  東京スポーツレクリエーション専門学校
健康保全のための基本をキチンと体得した方が持続的に維持できます。そのためには、プロのスポーツトレーナ、インストタクーの価値判断を体得していることとあなたの延命と相関確率は高い。健康j情報が視聴覚から洪水のように入る時代、情報発信者だけ正しい思い込み情報の中から、あなたにふさわしいものを選択するブレない軸を持つ時代になりました。健康情報は薬と同様併用すると百害になる組合せが多くあります。   100629
 

 

 

 

 

 


□その他


 
中小企業基盤整備機構
中小企業安心安定成長確率を上げるための戦術の具体的しくみシステムが全国規模で内容を進化させています。活かし、黒字体質企業へのチェンジ企業の増加を待望します。A志援の創市場・創客のしくみシステムを組み込めば必ず黒字化確率は高くなります。
 091109

 国税庁
 国税庁は、内国税の賦課徴収を担当する行政機関であり、1949(昭和24)年に設置されました。国税庁には、国税庁本庁のほか、全国に11の国税局、沖縄国税事務所、524の税務署が設置されています。
091109

 金融庁
 ◎地域密着型CATVは 「おらが町の銀行」との戦略的連携をし強存強栄することが加入者一人一人が物心共に豊になるために重要な分水嶺の一つです。金融庁の第三者としての情報を活かし、地域にふさわしい銀行選びを推奨します。
100526

 日本政策投資銀行
2008(平成20)年10月1日に設立されました。当行は、2008(平成20)年秋以降の世界的な金融・経済危機に伴う危機対応業務を実施しています。地域元気プロジェクトを推進中  100614


 日本政策金融公庫農林水産事業

日本政府金融公庫は農林水産事業は、農林漁業金融公庫の機能、役割を引き継ぎ、2008(平成20)年10月にスタートしました。これまで農林漁業金融公庫がおこなってきた、農林漁業や食品産業に皆様へ長期、低金利の融資を引き続くおこなって行くとともに、より地域やお客さまの実情に応じてきめ細かな経営支援サービスにつとめます。
100614
 

 

 

 

 

 国土地理院
明治2年(1869年)に民部官に設置された庶務司戸籍地図掛をその起源。昭和59年(1984年)に国家行政組織法の改正に伴い、建設省の特別の機関、平成13年(2001年)の中央省庁再編による国土交通省の発足に伴い、同省の特別の機関となり、今日に至っています。
091123


 


 
国際航業
360°moveはユーザーが視点を自由に「動かせる」新しい動画サービス事業を角川デジックスと提携して開始。今までに無い映像コンテンツの提供が可能となりました。コア・テクノロジーの活動領域は、大地と海洋のカタチや表情のありのままを、様々な視点からとらえ情報化することです。この空間情報から、都市、道路、国土の整備・利用・保全、環境や防災、そして公共サービスの電子化など、魅力あふれる製品やサービスを提供します。
091123 

 

 

 

 



 パソナ物産事業部(旧三井物産ヒューマンリソース)

パソナグループに吸収合併
三井物産の人材派遣会社した。三井物産を始め、グループ企業やその他大手企業が派遣先です。登録者のご経験を詳しくお伺いし、ご希望にぴったり合ったお仕事のご紹介には定評があります。多くの女性スタッフが活躍中。優秀な方・活力のある会社とのご縁をお待ちしておられます。100810

 

 ソニーヒューマンキャピタル
 現代の社会において、効率的な人材マネジメントや専門機能の充実なくして企業の発展はありえない。ソニー・ヒューマンキャピタル は、ソニーグループのプラットフォーム企業として、企業の中の 「人」に関するさまざまなことをあらゆる面からトータルにサポートしています。人材派遣業事業はテンプスタッフへ吸収されました。  100811

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


◆植物工場

 ベルグアース(愛媛)
ベルグアースでは2006年日本最大となる閉鎖型苗生産施設を建設、稼動を開始しました。この施設から生まれた新商品「e苗」シリーズは、「旺盛な生長力・無農薬育苗・花芽の低段化」などを実現した高付加価値の苗です。この他、定植作業を容易にした「アースストレート苗」、接木後即出荷し、お客様のところでお好みに合わせて仕立てていただける「ヌードメイク苗」を開発するなど、省力化、低価格化、オリジナリティを追いつづけてきました。
081107

 ヴェルデ(神奈川)2
 
地球の温暖化、土壌汚染等、日ことに悪化していく、地球環境に役立つべき、培養土として使用できる資材を開発   081107

 スガノ農機(土を考えよう) 2
 「土」へのこだわりです。作物をつくるための基盤である土と、その土を耕す農機具が、農業経営に携わる全ての皆さんに、この切っても切れない関係を再認識して頂き、化学的な土壌改良に頼らず、健全な作物を育成。増収や安定収入の道を歩んでほしいという重要なテーマを持って、この事業に取り組んでいます
081108

 クボタシーアイ
農業用新地下水位制御システムFOEAS(フォイアス)を開発。「農業新技術2008」に選定されました。
081108

 日本アドバンストアグリ
 新しい光が農業を変える。新しい光「HEFL」を利用した農業が可能になり、その野菜栽培システムの紹介   081108

 アグリポピュレーションジャパン
農薬も土も一切使わず、養分のバランス・制御による植物の最適な生育環境を創る水耕栽培システム
 081108

 太洋興業 (時流に早過ぎるズレ)
太洋興業は日本の21世紀型農業革命の先端を行く前に、倒産した企業の事例の一つ。先端事業部門だけ、MKVドリームで継承され、一部の社員も移動し、新たな事業展開が始まっています。創市場・創客戦略が企業存続にの必要であること確証しています。
100125
 

 フェアリーエンジェル
フェアリーエンジェルは経済産業省を中心に策定された「新経済成長戦略」に植物工場の先進的な取組事例として弊社及び事業内容が取り上げられました。 081208

 恵和
 ローコスト型高効率の大規模植物工場、養殖工場設備を構築するために太陽光を活かすとき先例のない素材を調達できる可能性の高い試作開発機能を持つ企業の一つです。 091107

 三菱化学
2010.1.12コンテナ野菜工場の発売を開始しました。三菱ケミカルホールディングスのグループ企業三菱樹脂のグループ会社MKVドリームの機能が三菱グループで具体的に発揮してきました。大規模の事業展開可能なフレームができてきました。後は根菜の技術進化待ちです。  100114
 (異業種参入を資本力、人財、販路により、グループの総合力で、全天候型多様テーマを解決できる進化の加速段階に21世紀型ハイスピードの質量の成長が始まりました。)

 ヤンマー
 農業機械コアの業績を善循環させるしくみとしてシステムとして、農業漁業のお客様が儲かる需要創出の戦術戦闘支援を2010年から本格的展開にはいりました。植物工場、養殖工場参入企業の総合的コンサルが可能な企業の一つです。
 100121
(全天候型多様テーマを解決できる進化の加速段階に21世紀型ハイスピードの質量の成長が始まりました。)

 舞浜コーポレーション
(時流に早過ぎるズレが減少、先発として業界進化使命で再スタート待望)
 2009.12舞浜ビジネスサービスの業務は舞浜コーポに引き継がれました。東京ディズニーリゾート(TDR)が園内のレストランに使う葉物野菜を発光ダイオード(LED)による水耕栽培で自前供給を2006.5.08に決定し、2007.09.04に技術提携先選びの失敗で提携先倒産。生産技術の進歩にかかわらず、その後事業再開はありません。現在の技術で提案する大規模の可能性がある顧客の一人です。ビジネスチャンスとして活かすことを提案します。
100125


 
M式水耕研究所 
M式水耕研究所は 水耕のパイオニアとして30余年、日本の水耕の歴史を作ってきました。水耕栽培によって、生育促進・多収量・軽作業・年間安定生産などを可能にしてきました。最近問題となっている安全性に対しても、水耕栽培は清浄・安全な野菜生産体系です。葉菜から果菜まで、さまざまな作目・規模での納入実績を有しています。汎用水耕栽培からハイテク植物工場まで、日々の生産活動で必要となる自動化機器、消耗品までと幅広いレパートリーがコア技術です
090221
(ノウハウの暗黙知の非公開が取引先のメッセンジャー型ではじまり、下請型都合のよい企業へ業界成長の先端から遅れ始めました。)
 

 植物工場研究所
 植物工場研究所で設計する植物工場は、全般的な経費の節減、効率的な照明技術の導入、最適品種の選定、LED(発光ダイオード)の場合はパルス化の導入による省エネの実施などにより、従来の植物工場に比べてかなりのコストダウンが図れます。 本格的な植物工場システムの事業化を専門に取り扱う(株)植物工場開発 を設立しました。 100209

 MKVドリーム(旧MKVプラスチック)
 MKVプラスチック、丸井加工、アグリドリームは会社統合し2009年7月1日「MKVドリーム」として新スタート。三菱化学三菱樹脂傘下。農業資材事業の再編の一貫で、2009.05.18日刊工業新聞より「太洋興業の農業ハイテク事業の譲渡契約を結んだ。太洋興業の部門人材共に移動しました。
100114
(全天候型多様テーマを解決できる進化の加速段階に21世紀型ハイスピードの質量の成長が始まりました。)

 

 

 

農林水産研究情報総合センター
 農林水産研究情報センターは、4月1日より農林水産研究計算センターと統合し、農林水産研究情報総合センターに名称が変更となりました。100820


 
日本農業法人協会
 (社)日本農業法人協会の所属する会員は 実戦すれば黒字化できるようにできる機能強化のために法人間M&A、協業連携、情報共有化システム化のさらなる充実と、農林水産省、産学連携、JAとの連携、中小企業基盤機構との連携等 日本的視野で進化し、安心成長する黒字法人比率の増加を待望します。  100820

 有機等利用植物工場研究会
 農業用新地下水位制御システムFOEAS(フォイアス)を開発。「農業新技術2008」に選定されました。
081107

 ビジョンバイオ(食品検査センター)
 農林水産省受託実績検査機関。 食と環境の安心・安全をテーマに食品や原料の検査・分析・鑑定を行う研究開発型の企業です。
081107


 
フィールドモニタリング研究チーム
 独)農業・食品産業技術総合研究機構中央農業総合研究センターのフィールドモニタリング研究チームではフィールドサーバーで構築した高機能なワイアレス・センサーネットワークにより農場から食卓までのモニタリングのプロセスが体系化できてきました。 081108
 

 太陽化学
 太陽化学は伝統的な天然素材から最先端のナノサイエンスを駆使した新規素材まで幅広く食材を取り扱うとともに、研究開発型企業として無限の可能性を秘めた機能性食材素材の創造に取り組んでいます。  081108

 中央農業総合研究センター
(独)農業・食品産業技術総合研究機構に所属し、本州中央地域(関東・東海・北陸)の農業発展のため、多くの専門分野を結集した総合研究を展開    100820

 多自然テクノワークス
 環境改善のキーワード「水環境の復元」を通して人の活動と自然環境の調和をめざし企業活動をしています。世界のトップレベルを走る日本独自のナノ・マイクロバブル新技術は水環境と世界の農林水産加工業をリードするパワーを秘めています。
081110


  
池田理化 2
バイオサイエンス分野の研究・開発支援を事業の柱に、バイオサイエンス関連機器および試薬、分析機器、光学機器、汎用実験・研究機器および消耗品、実験設備の販売、汎用理化学機器、農学関連機器設計・販売を手がける、科学機器専門の商社です。東京大学植物医科学研究室寄贈講座シンポジュウムとして植物医師・植物医科学をテーマに開催しました。
  090324
 (技術商社の学知恵を戦略的に生かす方法の一つ)

 国際農林水産業研究センター
独)国際農林水産業研究センター(JIRCAS)は、1993(平成5)年に農林水産省熱帯農業研究センターを改組して(海外林業研究、海外水産研究を加えて)設置された農林水産省国際農林水産業研究センターを母体に、2001年4月に独立行政法人として設立されました。
 090618


 
全国の農政局・経済産業局の動向
 全国の農政局が、官庁横断型方式で、各エリアの食料自給実現の動がはじまりました。2009.07.29九州経産局と九州農政局は「植物工場」普及連携。「植物工場導入促進懇談会(仮称)」がスタート
 100120
(資本主義の民間の我の欠点を補完する中期普及と強制的ローコスト化ための中期技術進化は行政の本来の戦略的強みの発揮です。官の融合事業領域での整合した動きをもうちょっと待望。新しい日本の儲かる事業基盤が中小企業でさえ出来始めます。)
 

 カルビー
事業構造は、製造原料として、計画調達できるための生産地の高品質体制のしくみの成功事例です。大規模農業生産法人に成長するための消費者までの総合的しくみシステム構築のモデル企業の一つです。農業生産法人は、「開発」と「販売マーケティング=」つまり創客と創市場のしくみシステムを自力又は連携で確保することが成功のための分水嶺になります。
090903
(生業家業型農業生産者が少品種重点で儲かる生産販路企業との連携の新潮流)

 日本農業機械化協会
日本農業機械化協会は、農業の機械化・施設化により農業経営の改善に資するとともに農業の健全なる発展に寄与することを目的として1957(昭和32)年に設立
091021
 

 日本農業機械工業会
日農工は、農業用機械器具工業の合理化の促進を通じてその振興を図り、併せて農業の健全な発展に寄与するため、次の諸活動を行っています。
 091021


 
農村工学研究所
 2006年4月に統合・新設された(独)農業・食品産業技術総合研究機構の研究所です。農村工学研究所は、新法人全体の理念・目標等を共有しつつ、農村の振興という政策目的の達成を固有の使命としています。中期目標における「美しい国土・豊かな環境と潤いのある国民生活の実現」を目的とする研究の中核を担い、以下の研究に取り組みます。
100529


 
農林水産政策研究所
農林水産政策研究所は、農林水産省の所掌する政策に関する総合的な調査及び研究を行う国の研究機関として、2001(平成13年)4月に、農業総合研究所を改組して設立されました。
100614
 

 農業・食品産業技術総合研究機構
農業・食品産業技術総合研究機構(略称:農研機構)は食料・農業・農村に関する研究開発などを総合的に行う我が国最大の機関です
100906

 

 

 

 


 
「農業」の販路開発
中、中堅以上の農業生産法人に成長するためには規模の変化に適応するために常に損益分岐点以上の先行安定販路開発と善循環的増加業績基盤づくりが最重点テーマです。食はエンゲル係数を一定以下に抑える必要があるため、加工前の生産価格は、大量低価格の維持が人の生存上使命です。
 091105
(世界の食料不足、飢餓の国民が多い地域への販路と農業生産者の育成へ、視点を変え、小さな日本のコップの中で、重箱のすみを突き合うことを中断して、最先端の農業技術で世界人類へ貢献する時代が近づいています。)

  JAバンク

 メガバンクにできない最大の強み「狭域高密度営業」に原点回帰を推奨します。地方銀行、信用金庫と連携し、銀行で働く人を共有化し、各保有する強みを、地域の全ての人を対象にルートを分担し、お客様のニーズに合わせ複合対応できるしくみをつくり営業エリア内調整をする方式、連携相乗効果を上げる経営整合を推奨します。

100609

 アグリビジネス投資育成

農業法人の発展をサポートするため、農業法人投資育成制度が法律(農業法人に対する投資の円滑化に関する特別措置法)により創設されましたが、アグリビジネス投資育成(株)は、その業務をおこなうため、JAグループと(株)日本政策金融公庫の出資により設立され、農林水産省の監督を受ける機関です。
100609

 

 

 


◆養殖栽培工場


 
海峡サーモン
津軽海峡の荒波が育てた「海峡サーモン」は「脂のノリ」「締まった身」の純国産・極上の「トラウトサーモン」。これまでの漁業「獲る漁業」を、これからは「育てる漁業」に切り替えなくては、そんな強い思いから、平成元年に「大畑さけます養殖漁業研究会」を設立してチャレンジしたのが始まりです。
 090804

 東京海洋大学海洋科学部
海をめぐる様々な問題を4つの学問領域に分け、水産学、農学、理学、工学、社会科学からアプローチし学際的な視点から教育・研究を行います。 100925

 

 

 

 


◆気象 植物病気


 
日本気象協会JWA
設立後50数年にわたり、気象情報の提供及び、気象や海象、環境、防災、河川・砂防などに係る調査コンサルティングを通じて、皆様の快適な日常生活や緊急時の安全確保の支援、産業活動の発展や環境の保全に貢献。情報通信技術の発展に伴い、気象情報の見せ方や提供方法に大きな変革が見られ、JWAは総合気象予測モデルやこれをベースにしたコンテンツを背景に新規市場へも積極的に事業を展開。
100831 
 

 気象庁
 気象庁は的確な気象情報を提供することによって、自然災害の軽減、国民生活の向上、交通安全の確保、産業の発展などを実現することを任務としています。また、世界でも先進的な気象機関として、気象業務に関する国際協力も行っています。 100831

 気象学関連情報
 ・気象学関連サイト ・気象学用語集 ・地学教育 ・日本学術会議
100905


 
植物病理学研究室
東京大学大学院農学生命科学研究科生産環境生物学専攻植物病理学研究室では、健康な植物の生育は植物を病気から守り、治療する研究を推進する必要があります。日本のアグリビジネスの拡大をするとき企業人多くの未知の分野の智慧を活かすことが、危機管理テーマの一つです。 090325
 

 植物医科学研究室
東京大学植物医科学研究室は植物医師の養成と植物病院の制度確立を目指しています。
090313

 資源生物創成学研究室
東京大学大学院新領域創成科学研究科先端生命科学専攻資源生成創成学分野では植物ウイルス等の微生物と、それらの宿主や媒介者である植物および昆虫との相互作用を分子レベルで明らかにし、病原微生物の病原性の機構、宿主決定の機構および遺伝子発現機構の解明を目指しています 090313

 日本植物病理学会
日本植物病理学会は、植物病理学の進歩と普及をはかることを目的として、1917年に創設されました。 現在, 外国会員を含めて約1850名の会員によって組織されています。アグリビジネスの成長を維持発展するための影の大切な分野で、進化の加速を待望しています。
090313

日本樹木医会
樹木医は、天然記念物のゆな巨樹・名木から街路樹や庭木などの身近な樹木まで、傷んだり病気になった樹木の診断と樹勢回復、さたには樹病の予防や後継樹の、保護育成などに携わる専門化です。
090321

日本緑化センター

 日本緑化センターは、昭和48年(1973年)9月、経済界をはじめ、林業、農業、造園建設業、緑化樹木生産業など民間各界が中心となり農林水産・建設・通商産業の三省と関係方面の協力により設立されました。事業の内容は、環境緑化に関する提言、緑化に関する総合的な調査研究、緑化技術の開発、情報の収集・提供、緑化思想等の普及啓発など幅広い分野にわたっており、その成果は各方面から高く評価されています。    090321


  
音羽電機工業
 「雷」ソリューション企業の一つ。21世紀はアナログ型機械優位時代からデジタル型電気優位の時代へ移行がはじまり、電気による制御機能を「雷」等の超過電流で一種で破壊する危機管理が自動車のような固定型でないものまで優位に変わる徴候があり、「雷」ソリューションの急速な進化が急がれる次代がきています。    100527
 

 
 
道路の気象情報
漏水確率の高い自動車の起動部分が電気化、デジタル制御基盤が主流に変わる時代、ケーブルの傷、露出、熱での被覆、蓄電池の過電圧等従来より進化精密化はひ弱なものへ変わります。従来より、道路のより精度の高い近くの今の気象情報が、あなたの生命の危機管理に必要になります。
100529

 

 

 

 


 

カテゴリ一覧
固有ノウハウを事業に活かす企業
蓄積した固有ノウハウを複数統合して取引先企業の志援に活かし、成果を上げる企業。グループ内企業での臨床事例を多くの企業へ展開する企業が増えてきました。帰納法的に実戦を体系化し、演繹法による仮説からのも両面で臨床を継続し、進化を続ける企業。
業種専門技術を啓発支援する団体
業種に関する一企業では入手に限界のある最先端の高度な専門性を啓発支援する団体。 人数と潤沢な費用をかけた広範囲な総合的情報、深度の深い専門性を時間をかけて蓄積しています。玉石混交情報氾濫時代一企業では集約不可能な情報素材が豊富です。国の規制の具体的変化が最初にわかります。
半導体情報通信技術を活かす
情報通信機器の高機能化、低消費化の要求を満たすシステムLSI等を実現するために、半導体技術は進化をつづけています。世界規模で、急速な進化をしている業界であり、地域が一つの最適な地産地消型の潤沢な金の循環により、富裕層だけが儲かるしくみから地域の人が共に豊になるしくみシステムへかえる変える突破口の一つ
エネルギー自給への対応
日本国は21世紀エネルギー自給への対応をハイスピードで切り換える時期が近づいています。日本国は20世紀の「油断」時の「対症療法」が 再び21世紀は同様な状況に緊急対応できない現状を人財の皆様は、検証、確認せれたはずです。国家戦略とエネルギー自給を実現する多数人財の輩出が急務。2011.03.11の福島原発事故により原発神話妄信が崩れ、他の技術と同等比較す正常思考できる人の数が増えて来ました。