開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

世界観大学院・大学の活動

世界観大学院・大学の活動  080331

総合人材育成システムの確立>世界観大学院・大学の活動


世界観で経営する大学院・大学の活動により、経済界の中で産学官の活動が、
着実に実業の世界で成果を生みはじめてきました。
20世紀代と異なり、21世紀は新たな企業内だけでは不足する機能の補完が
出来る存在価値のあるしくみに成長してきました。

 

更新 111102


 
□大学院・大学の連携のしくみ


 ●
横断型基幹科学技術研究団体連合
 
横幹連合は、文理にまたがる43の学会が、自然科学とならぶ技術の基礎である「基幹科学」の発展と振興をめざして大同団結したもので、限りなくタテに細分化されつつある科学技術の現実の姿に対して、「横」の軸の重要性を訴えそれを強化するためのさまざまな活動を行つています。


 ●TLO(技術移転機関)活かす

 
大学等技術移転促進法(TLO法)に基づき、文部科学大臣と経済産業大臣により特定大学技術移転事業(TLO事業)の実施計画の承認認定を受けたTLOが企業に評価される実績を上げ始め、進化のスピードが加速されてきました。

 


 ●
技術経営(MOT)系専門職大学院協議会

 MOT専門職大学院全体の社会的認知を高めるための取組みの一つとして、MOT協議会と産業界が一体となってMOT教育コア・カリキュラムを開発し、2009(平成21年)度末からMOT専門職大学院で修得すべき必須の教育内容と到達目標・評価基準を公開できるようなりました。


  
筑波大学付属図書館TULPS

 筑波大学附属図書館のWebページです。筑波大学附属図書館の蔵書検索だけでなく、電子ジャーナルやデータベース等の各種学術情報資源へのアクセスができます。
 

 

 

 

 

 


□大学院・大学が世界に比肩するためのカリキュラムの専門性の深度活動


  ●
国立高等専門学校機構

 高専は、大学の教育システムとは異なり、社会が必要とする技術者を養成するため、中学校の卒業生を受け入れ、5年間(商船高専は5年半)の一貫教育を行う高等教育機関。科学・技術の更なる進歩に対応できる技術者養成した人間基盤のきちんと構築できた多くの人材が、情報洪水の中でただしく、成長をはじめてきています。


 ●農業関連大学&水産関連大学

 日本の食料自給を実現するために大学大学院から基本素養、実戦の智慧を体得した実務人財の輩出を待望しています。企業が中期ビジョンに基づく事業展開をする決断時にチェックしておくべき情報として重要です。視点を変えて、修正するとき貴重な情報があります。

◆社長輩出数の上位ランク大学の育つ風土(1)
慶應義塾大・東京大・早稲田大

◆社長輩出数の上位ランク大学の育つ風土(2)
京都大・中央大・同志社大・立教大・一ツ橋大・大阪大

 


 ●専門職大学院

 専門職大学院は、科学技術の進展や社会・経済のグローバル化に伴う、社会的・国際的に活躍できる高度専門職業人養成へのニーズの高まりに対応するため、高度専門職業人の養成に目的を特化した課程として、2003(平成15)年度に創設されました。特徴としては、理論と実務を架橋した教育を行うことを基本としつつ、少人数教育、双方向的・多方向的な授業、事例研究、現地調査などの実践的な教育方法をとること、研究指導や論文審査は必須としないこと、実務家教員を一定割合置くことなどを制度上定めています。
 
◇専門職大学院一覧   2009(平成21)年4月現在

○教職大学院   ○ビジネス・MOT   ○公共政策
○公衆衛生等   ○法科大学院     ○その他
○先端科学技術大学院
   

 ●産業技術大学院大学
                         100830
 首都東京の産業をリードする高度専門職人材の育成を目的として設立された専門職課程のみの2専攻で構成される公立の大学院大学です。

 


 
大阪大学大学院機械工学専攻

文部科学省「大学院教育改革支援プログラム」(2007年度・2008年度・2009年度)に採択された『複合システムデザインのためのX型人材育成』に取り組んでいます。
◆複合メカニクス部門
◆マイクロ機械科学分野
◆知能機械部門
◆統合デザイン工学部門
 


 
九州工業大学大学院生命体工学研究科

 21世紀は生物の時代と言われています。生物の持つ微小性、エネルギー効率性、物質変換、認識、言語などの優れた機能、すなわち生命原理に着目し、これらをシーズとする新しい分野を「生命体工学」と名付けました。学部を持たない独立研究科である生命体工学研究科は、生体や脳の持つ優れた機能を工学的に応用することを目的としています。生物が分かる工学技術者、脳が分かる情報技術者を養成します。このような複眼的思考の可能な技術者は、技術の複合化・融合化の時代に、活躍する人財を養成しています。

 応用力学研究所(九州大学)
                        090530
 海洋・大気、および核融合・プラズマに関する力学的研究を2つの柱として、さらに新しい研究分野を開拓する基礎力学研究とともに、国内的には全国共同利用研究所として、また国際的には東アジアあるいはヨーロッパとの研究ネットワークの拠点として、先端的な研究を展開しています。


 東北大学流体科学研究所
                        081002
流動科学は、気体・液体・固体の流れを連続体の流動とし取り扱うマクロな視点と分子・ 原子・荷電粒子の流動として取り扱うミクロな視点で、物質の流れのみならず熱・ エネルギー、情報の流れを明らかにする新しい学問領域です。
 


 東北大学多元物質科学研究所                100531

 物質・デバイス領域共同研究拠点として、日本を縦断する北大電子研‐東北大多元研 ‐東工大資源研‐阪大産研‐九大先導研のネットワーク構築による新しいタイプの共同利用研究所としての活動を開始いたします。

 東京海洋大学海洋科学部
               
100925
 
海をめぐる様々な問題を4つの学問領域に分け、水産学、農学、理学、工学、社会科学からアプローチし学際的な視点から教育・研究を行います。


 触媒化学研究センター(北海道大学)
                         081030
 触媒反応過程に深く踏み込んで、その情報を基に新しい触媒を生み出すための触媒元素・分子のナノ・ミクロ集積・集合化学の研究を積極的に進め、資源高度利用触媒、環境触媒、バイオ利用触媒、燃料電池・電極触媒、光触媒、有機合成触媒など多くの挙げてきました。これからはより組織的に、連携的に研究を遂行する必要になるため、現在の組織形体である触媒分野に新しいコア化学を生み出す目的で7研究部門体制の触媒基礎研究部を機軸とした科学・技術のイノベーションを目指した自立集合型の研究クラスターからなる触媒ターゲット研究アセンブリ組織は多くの新しい協同効果を生みつつあります。
 

 

 

 

 

 

商品一覧