開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

冷凍食品製造業の進化

■冷凍食品製造業の進化    080716

食と健康業界の変化>冷凍食品製造業の進化




日本の食品産業が、世界市場で事業展開し勝ち残る確率は高くなってきました。

冷凍装置の高度な加工機能が進化すると 農業生産活動や加工、保存、輸送など
総合的な食品循環を変える可能性を持つ業界です。

環境に及ぼす影響をトータルで評価しようという考え方である「ライフ・サイクル・アセスメント(LCA)」という概念も地球環境保全のために重要度が高まってきます。

あらゆる食品が通年で流通する現状は、冷蔵・冷凍や包装、輸送の技術で支えられています。「輸送の距離や時間が長くなると、温度などの管理はより難しくなる。
品質とコストをいかに許容範囲に収めるかが長距離輸送の判断基準となります。}

◎食品の価値判断が、飽食に慣れ、収入にふさわしくない贅沢な食生活の見直し
時期が近づいています。

1.生産時の食品の賞味期限と高度な冷凍を組み合わせ、解凍法の組み合わせで
 変えることができる。

2.賞味期限の一定の環境での腐敗、微生物の繁殖数で決まりますが、この繁殖数
 腐敗の進行度を身近でチェックできる「簡易で測定する装置、機器の進化」が遅れ、
 食感、目視法のために、「もし食中毒が発生すると企業の存亡」に関わるために
 全数廃棄するのが現状です。(動物の飼料等に再利用・・・・・)

 「赤福」の賞味期限改ざん、他に転用しても、長期の間、食中毒者皆無。食感味
 で騒がれたことがなかった。高度な冷凍技術使えば、再利用できることを実証済
 (ただし、偽証の行為は、時代の法律違反、CSRが遵守されないことが問題で
 「食品の廃棄のムダ」に対する価値判断は?)

3.冷凍装置の高度化は鮮度の基準が解凍後から始まります。消費地で物流距離を
 最小限に流通できる「細胞」にかかわる商品製品が可能になります。
 生産者がグループで、冷凍加工工場を共有し、戦略的に消費地へ大量輸送し、
 損益分岐点以上で販売できる方法も可能になります。 
 

 


更新  2008.07.17

   ↓ クリック                                                ↓ クリック

□(社)日本冷凍食品協会


◆協会の概要  充実した食文化の実現へ
 今、食生活はかつてないほどバラエティー豊かになり、子どもからおとなまで様々な食を享受できるようになりました。食品は、コンビニエンスストア、外食産業、流通の発展とともにどこでも簡単に手に入れることができ、食欲を満たす手段は数限りなくあります。反面、食生活の変化による生活習慣病の問題も大きくクローズアップされ、バランスの取れた食生活が求められている時代でもあります。
日本冷凍食品協会は、このような時代の中で、冷凍食品を通じて、栄養のバランスや美味しさはもちろん、新鮮さや衛生面、安全性まで考慮に入れた食文化の向上を図っていきたいと考えています。そして、食品の安定供給と食料資源の有効利用により、豊かな日本をこれからも目指してまいります。























 

○協会の主な取り組み

◆HACCP手法支援法
HACCP手法支援法に係わる「高度化計画申請書」受付
 

◆環境保護への取り組み
冷凍食品業界における環境自主行動計画について
 

◆パッケージアイコン
冷凍食品に使用されるパッケージアイコンのデータを
ダウンロードできます。 
 

○会員名簿、リンク集
 
正会員リスト 準会員リスト
 

○冷凍食品統計データ
  
pdf形式でまとめたレポート

 ・生産高
 ・品目別生産数量
 ・業務用家庭用別累計生産数量
 ・生産数量上位20品目
 ・品目別数量、金額及び構成比率
 ・日本の消費量推移
  ・調理冷凍食品輸入高調査結果
 

○おいしい!安心!冷凍食品
   認定証マークは安心の証! 

◆冷凍食品とは
 冷凍食品には世界共通の概念があります。
 

◆暮らしに役立つ冷凍食品
 安全でおいしく、栄養価も高い冷凍食品の特性を紹介。
 

◆上手な買い方、扱い方
 冷凍食品の選び方&注意点。

◆解凍調理のポイント
冷凍食品の種類に適した、解凍と調理がおいしさの秘訣です。
 

◆冷凍食品Q&A
冷凍食品に関する多くのご質問をQ&A形式で紹介。

 

○講習会などお知らせ
 

○簡単レシピ集
 

○主な出版物と制作ビデオ

 

□(社)日本冷凍空調学会JSRAE
Japan Society of Refrigerating and
Air Conditioning Engineers


◆学会の紹介
 日本冷凍空調学会は、大正14年日本冷凍協会として冷凍・冷蔵技術とそれに 関連する学術技術の発展と普及とを目的として設立以来、
わが国の冷凍分野に おける唯一の公益法人として80年を越える歴史を歩んでおります。


















 

◆学会の役員名簿
 

◆冷凍技士(冷凍空調技士、食品冷凍技士)
 

◆学会賞
 

◆学会誌「冷凍」
 

◆論文集(一覧)
 

◆刊行、図書
 

◆セミナー講習会
・イベント情報
・冷凍技士
・冷凍(CPD)継続教育
 

◆能力開発

◆技術情報
・熱力学表
・HFC系冷媒定数の標準値
 

●用語集
 

●関連学会等へのリンク

●大学研究室へのリンク
・冷媒、熱物性   ・熱サイクルシステム  ・圧縮機
・伝熱、熱交換器  ・制御  ・空調 
・環境、エネルギー  ・食品、生体
 

 

□(財)日本冷凍食品検査協会
Japan Frozen Foods Inspection
Corporation

◆JFFICとは
“食の安全と安心を守る総合食品検査機関”として、試験・検査・品質保証を3本柱として、お客様の多様なニーズに対応しています。





 

◆理事長挨拶

◆組織図

◆沿革

◆公的な資格と国際規格への適合

◆研究成果

◆ニュースリリース

○サービスの案内
◆試験について
 ・輸入食品検査
 ・依頼試験 

◆検査について
 ・輸出検査、冷凍食品、JAS
 ・工場、店舗調査指導
 ・セミナーや研修会など
 

 

 
 

 □ニチレイフーズ 



















































 

 ◇ニチレイグループ

「おいしさ」と「新鮮」をネットワーク
ニチレイは 品質へのあくなきこだわりと、培われた技術、
新しいアイディア、グループトータルのネットワークによって
新鮮で健康なおいしさをお届けし、笑い顔のあふれる食卓を創りだします。
ニチレイグループは 2005(平成17年)年度より、持株会社と5つの基幹事業会社からなる持株会社体制で運営しています。

◆会社概要

◆沿革

◆グループ組織/体制

◆主要国内関係会社
◆海外拠点
 

◆事業紹介
・ブランドステートメント
・新たな顧客価値の創造
・働きがいの向上
・コンプライアンスの徹底
・コーポレートガバナンスの確立
・環境への配慮
・ニチレイらしい社会貢献
・品質保証体制
 
 

○商品情報

◆業務用商品

・学校給食
大切な成長期の献立作りに 

・産業給食
栄養豊富なサラダからおかずまで

・外食産業
プロの技をそのまま

・量販惣菜
素材のおいしさ、手作りの味

 

◆家庭用商品

・冷凍食品 
電子レンジで温める料理

・冷凍野菜
鮮度をそのまま保存したお野菜

・レトルト商品
便利で長持ち常温商品

・アセロラシリーズ
美しい生活習慣をサポート

・ウエルネスフーズ
健康をサポートする食品

 

○お手伝いレシピ
忙しいママを応援する、冷凍食品を使ったアイデアレシピ家族も大満足のおいしくて簡単にできるお料理をご紹介していきます。
 

○知る、楽しむ
 ニチレイフーズの広告・CMなど、ニチレイフーズならではの情報満載です。

 

□ケイエス冷凍食品(株)



















































 

◆会社案内
冷凍食品業界のスペシャリティ企業として成長を続けています。
1972年の創業以来、一貫してゆとりのある心豊かな暮らしを、食品メーカの立場から追求してきました。「美味しさ」や「安全、安心」を両輪にした事業展開は着実に実績を上げ、専門的な強みをもつスペシャリティ企業として業界の中でも注目を集めている。

◆会社概要

◆会社沿革

◆事業案内

◆生産、流通体制

◆事業所一覧

◆投資情報
 

○業務用商品
 

○家庭用商品
 

○生産工場、原材料
 

◎コンプライアンスホットライン

 

◎冷凍食品業界の将来性
冷凍食品における国民一人当たりの年間消費量は、2006年で21.1kg。
欧米では、2002年の少し古いデータになりますが、ヨーロッパで比較的少ないフランスが30.0kg、多いイギリスで49.3kg。一方、日本の文化に最も大きい影響を与えているアメリカは、2005年でなんと69.9kgです。日本が一足飛びに欧米並みの消費をするようになるとはいえませんが、今後、マーケットが大きくなっていくのは間違いのないところです。
家庭用冷凍食品が伸びる背景には、女性の社会進出、核家族化があります。正社員・パートにかかわらず、有職主婦は、増えることはあっても減ることは考えにくいでしょう。核家族化は、高齢者による夫婦または一人暮らし、単身赴任、若い世代の一人暮らしなどがその範疇に入り、いずれも増加傾向が見受けられます。
一方、業務用については、外食産業がアルバイト・パート労働によって成り立っている現状を見ると、冷凍食品に頼らざるを得ない背景があり、まだまだ伸びる要素があります。現在、外食産業は過当競争の渦中です。ということは差別化が重要になっているわけで、美味しさを含めた高品質のもの、顧客のニーズにマッチするものという基本ラインを厳守していけば、新たな需要が見えてきます。

◎ケイエス冷凍食品の戦略は
 当社は総合力よりも、単品のヒット商品づくりに力を注いできた企業です。これは今後も変わることはありません。現代は企業名よりも商品名が優先する時代です。ニーズが多様化・個性化すればするほど、その傾向は強くなっていきます。そこで必要な戦略はといえば、ユーザーから支持を受ける製品を開発し、独自の商品ブランドを確立していく。これに尽きますね。いわば当社のめざしてきたことが、時流そのもの。大手よりも一日の長がある我々に有利な展開が待っています。
とくに当社の商品開発は営業パーソンを交えたプロジェクト方式を採用していますから、専門家だけでの開発業務はおこなっていません。専門家の知識とデータと、店頭の商品の動向および声――これらがシャッフルされて新製品が生まれ、既存製品の改良が進められています。そのなかで期待している製品の一つは、夕食の個食化に対応した「HOME DISHシリーズ」。美味しさ・栄養はもとより、夕食としてのボリュームや豪華さを追求した商品です。

 

 


◎「冷凍」から「凍結」へ 
 

□(株)アビー

2008.07.13
テレビ朝日系列で7月13日夜7時58分から放映の「近未来×予測テレビ ジキル&ハイド」で
CASフリーザーが紹介されました。




●十勝毎日新聞デジタルメディア情報から

「誘電CAS」のフリーザーが“鎮座”する同社研究室(柏市)には、多くの視察者が訪れている。大和田社長は、来訪者があるたび、冷凍庫から野菜や果物を取り出し、試食を勧める。
 生のまま冷凍したホウレンソウはその場でゆでる。焼きジャガイモは電子レンジで解凍するだけ。3年間凍らせたクリもホクホクだ。どの品物も解凍後に風味や食感が失われていない。冷凍牛乳ですら風味を保っていたのには驚く。


この装置が食品流通で“革命的”とされるのは、加工品も高品質で冷凍保存できる点。「ハンバーグやステーキは焼いた後に冷凍できる。北海道なら焼きトウモロコシも可能。あとは家庭や店舗でレンジ解凍するだけで、おいしく食べられる」。冷凍−解凍が1回で済み、調理の手間を極限まで省く「ワンフローズン」の可能性に大手商社も強い関心を示している。
 愛媛県のある漁協は、この装置を使って刺し身などの加工品を首都圏に出荷し業績を伸ばした。精肉店やケーキ店のほか、生酒の貯蔵に活用する例もある。臓器移植や遺伝子工学の研究にも利用されている。

生産者自らが自分たちの生産物を加工する工場を持ってはどうか」と訴える。この冷凍装置は、高度な加工と不可分の技術提案といえる。
あらゆる食品が通年で流通する現状は、冷蔵・冷凍や包装、輸送の技術で支えられている。「輸送の距離や時間が長くなると、温度などの管理はより難しくなる。品質とコストをいかに許容範囲に収めるかが長距離輸送の判断基準」と食品総合研究所(茨城県つくば市)の椎名武夫流通工学研究室長(45)。

さらに、「生産活動や加工、輸送などが環境に及ぼす影響をトータルで評価しようという考え方もある」と椎名室長。「ライフ・サイクル・アセスメント(LCA)」という概念だ。農業生産の先にある加工、保存、輸送を体系的に高度化しなければ、複雑な社会の要請には応えられない。(高久佳也)(03.06.17)




























 

◆会社概要

◆ニュース
 

○製品案内
   「冷凍」から「凍結」へ 
    食の世界を大きく変える CAS革命
 

◆CASとは
「細胞が生きている」。CASフリージング・チルド・システムは、従来の『冷凍』システムとは異なる理論体系から
開発された全く新しい『凍結』技術です。従来の冷凍食品で指摘されていた、チルド食品と比較しておいしくない、食感が悪くなる、冷凍臭が気になる、退色して自然の素材の美しさが失われる、また添加物を使用せざるを得ないなどの問題が解決します。
CASは、食の世界の常識を変えていきます。
 ・「CAS」の語源
Cells Alive System (細胞が生きている)という意味。
凍結しても細胞が破壊されず、解凍後に鮮度が生き生きとよみがえることから名づけました。
 

◆CASフリーザー
アビーでは、それぞれの素材に適したCASの凍結・保管・解凍機能を開発しております。和菓子・洋菓子用、パン用、米飯用、加工食品用、鮮魚用、精肉用など、素材を
活かし高品質保存を追及する機能をご提案いたします。機器の仕様およびサイズにつきましては、お客様の現場に応じて設計・製作をいたします。
 

◆ショーケース
丹精こめて作った商品の美しさを、そのままお客様に伝えなければ、フードビジネスの完成とは言えません。アビーは、CAS技術の追求とともに、もう一つの大切な側面である解凍と保冷システムの技術開発にも研鑚を重ねて
います。
なぜなら、アビーの開発するシステムは、美味しいものをつくる人の心と、それを食する人の心を、出来るだけ近づけることを理念に、つくられているからです。アビーのショーケースは、そんな発想のもと、さまざまな、業種・食材・食品に対する、万能かつ、パフォーマンスを追及したシステムです。美味しいものを、美味しく美味しく保つ。それがアビーショーケースです。
 

◆システムキッチン
厨房設備は店舗展開にとって大変重要です。設備機器をトータルにご提案します。少量多品種が要求される今日、システム厨房は、避けて通れないシステムです。
コスト低減はつくる人たちの適材適所、シロウトの人も
大きな戦力となります。
 

○ソリューション

◆商品共同開発
アビーでは、研究室を開かれた共同開発の場と位置付けています。様々な食材の凍結実験や分析試験を行いながら、お客様からのご意見、ご要望、ご提案をいただくことで、新たなる商品開発の道が開けます。
アビーは、技術や製品をご提供するだけでなく、お客様を中心としたソフト開発のお手伝いが重要な仕事であると考えます。
 

◆新規分野開拓
医療分野への取り組み。臓器、血液の長期保存研究
アビーでは、CASの凍結システムを医療分野で活用するための研究を進めております。低温での凍結保存でも
細胞を破壊させない凍結機能は、医療分野における研究材料の長期保存に有効であり、さらに臓器移植や輸血
などの医療目的の使用にも活用できるのではないかとの考えで、大学医学部などとの研究機関と共同で研究を
行っております。
 

○研究室

◆研究室紹介
アビー東葛テクノプラザ研究室では、自社の研究開発はもちろん、お客様のニーズに合った専門研究スタッフを
配置し、お客様の食材を「冷凍食品」から「CAS凍結食品」へ変える開発のお手伝いをしております。
 

◆各種実験
お客様の食材・料理を実際持ち込んで実験できます。実験に関しては秘密保持契約を交わし外部へノウハウが漏れないよう徹底管理しております。
また、従来の急速冷凍とCASとによる比較実験はもとより食材の一番良い保存温度帯を調べるために、各保管庫をそろえ、検体の温度特定測定、電子顕微鏡による組成
分析など専門スタッフにより、高度な分析ができるように最新設備を設置しています。  
 

◆電子顕微鏡写真

 

 

 


◎「冷凍」から「凍眠」へ
 
 

 □(株)テクニカン

  「凍らせる」のではなく「眠らせる」























 

◆会社概要

○製品紹介

◆リキッドフリーザー凍眠(とうみん)シリーズ
今の品質に満足されない方へ
適した食品 食品全般(精肉、鮮魚、加工、調理品) 
 

◆リキッドフリーザーT.U.S.T(タスト)シリーズ
出来うる限りの最高水準の凍結を希望する方へ
適した食品 食品全般(鮮魚)
 

◆リキッドフリーザー以外を検討の方へ
適した食品 つぶれやすいもの(焼き菓子、パン)
 

○取得特許
 

○FQA
 

○無料テスト
 

○導入事例
テクニカンのリキッドフリーザーは多くのユーザー様に支えられながら 日本全国のさまざまな食材で活躍しています。

 

 

 



 

商品一覧