開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

日本理学療法士協会

■(社)日本理学療法士協会  100602

健康機能再生復元探し>日本理学療法士協会



 

理学療法士は1965((昭和40)年に公布されました「理学療法士及び作業療法士法」
によって誕生しました。
その法律制定時に関わられました当時の厚生省の担当官によって編纂されました
「理学療法士及び作業療法士法の解説」の中で理学療法士という職業について「その
業務の性質からして、他の医療補助者に比べると、業務の上での主体性ははるかに
強いといえる。このようなこともあって、欧米諸国では、理学療法士は高度な知識と
技術、さらには優れた人格を具え、社会的にきわめて重要な職務を遂行する専門職
として、社会の尊敬の的になっている」としています。この中にあります「主体性の強い
業務」ということは日々の業務で自らの判断によって業務を遂行するということです。
医師の指示の範囲で主体性を持って業務を行うことが求められる職種であるという
ことはそこに大きな責任があることは当然です。そしてその責任とは理学療法士である
以上、常に高いレベルの知識と技術を求め続けることにあります。
理学療法士の業務は「身体に障害のあるものに対して、主として基本的動作能力の
回復を図る」とされています。基本的動作能力とは寝返り・起き上がり・立ち上がり・
立位保持・歩行のことを指しており、我々はこれらに対して専門職として絶対的な責任
を果たすことが求められます。このことを理学療法士業務の核として、業務の範囲は
予防的理学療法へ広がりを見せています。2025年には4人に1人が65歳以上になり
ます。当然のように加齢とともに身体機能の低下は避けることができません。しかし、
若い時からの工夫や努力によって低下は最小限にとどめることは可能です。活力の
ある高齢社会を創るために理学療法士の力が必要です。

理学療法士の学校教育は2009(平成21)年現在、3年生専門学校80校、4年生専門
学校85校、大学76校で行われており、最近では大学での理学療法教育が増えて
います(統計)。
日本理学療法士協会では中長期的な目標としましてすべての教育を大学以上として
おり、その過程として2009(平成21)年度の総会で短期的には4年間教育に統合する
ことを目標として総会決議をしました。この教育環境の高度化は本会にとっては
重要課題の一つといえます。

日本理学療法士協会では会員の資質向上を一番大切な活動と位置付けて諸活動を
展開しています。就職後には新人教育を設け理学療法士としての基本的な能力の
向上を目指し、その後は生涯学習システムでの継続的な研修を促し、その上で認定
理学療法士・専門理学療法士の認定を行う制度としています。このシステムと並行
しまして理学療法士講習会を全国で数多く開催し、理学療法士の知識・技術の
高度化に努めています。

理学療法士は「障害者や高齢者の尊厳ある自立」に貢献し、人間一人ひとりが生き
がいの持てる人生が送れるように専門職として活動していきます。


理学療法とは,検査,測定/評価に基づき,何らかの疾病,傷害(スポーツを含む)
などに起因する機能・形態障害に対する運動療法による筋力,関節可動域,協調性
といった身体機能,および温熱,水,光線,電気などの物理療法による疼痛,循環など
の改善を図る治療科学です。また能力障害が残ったとき,基本的動作や日常生活
活動を改善するための指導,そして社会生活を送る上で不利な要素を少なくする
ための福祉用具の選定や住宅改修・環境調整,在宅ケアなどが含まれます。
近年では,生活習慣病の予防,コントロール,障害予防も理学療法の対象になって
います。

◎地域密着CATVを中心に地方地域行政が高齢化の加速に対応して地域の人施策として
地域の全員が対象のために「他力本願の政治宗教主義等の機能」とは一線を引いた形で、
自力本願の草の根戦略を急ぐ時期がきています。
実現の期間短縮のために定着した本流づくりを 自力で一歩一歩前へ前進させることが必要です。
日本国、国民の本流が変わってきたとすべてプラスに関を切った流れを構築する時代が夢では
ない確率は高くなつてきました。

 

 
更新 2010.7.20

(社)日本理学療法士協会




 

◆協会の活動
◆沿革
◆名簿一覧

●都道府県士会
都道府県の事務局一覧表pdf

●資料統計
会員の分布、理学療法士試験合格者の年度別推移
 

◇理学療法とは


 

理学療法とは,検査,測定/評価に基づき,何らかの疾病,傷害(スポーツを含む)などに起因する機能・形態障害に対する運動療法による筋力,関節可動域,協調性といった身体機能,および温熱,水,光線,電気などの物理療法による疼痛,循環などの改善を図る治療科学です。また能力障害が残ったとき,基本的動作や日常生活活動を改善するための指導,そして社会生活を送る上で不利な要素を少なくするための福祉用具の選定や住宅改修・環境調整,在宅ケアなどが含まれます。近年では,生活習慣病の予防,コントロール,障害予防も理学療法の対象になっています。
 

◇E-SAS(イーサス)
 
・誰でも使える
 ・介護予防評価




 
E-SASにおいて工夫している点は、「運動機能」に加えて「高齢者のイキイキとした地域生活づくり」を目指した心理社会的な概念および生活空間に着眼し、実践的ツールとして構成したところです。「イキイキとした地域生活」が障害の予防や重度化予防のための鍵であることを、参加者とその家族、介護予防に関わるすべてのスタッフにわかりやすく見せてくれます。

○使ってみよう
○6つの項目とアクションプラン
○イキイキ地域生活ノート
○Q&A

◇出版案内

 
○学会誌「理学療法学」  

○書籍販売
 
◇理学療法参考資料 ○医療福祉チャンエル774(SKY perfecTV)
○ICFライブラリー
 
○養成校一覧 








 
「理学療法は広く認知されつつありますが、理学療法士の社会貢献は十分とは言えません。その育成は4年制大学、大学院教育と充実してきましたが、様々な障壁により、理学療法士が実力を発揮できる職域は決して広くありません。高齢者をはじめ。様々なハンディキャップを持たれている方々の豊かな生活を実現するために、理学療法士のサービスを提供できる体制を実現することが急務だと考えています。 」ある団体の活動重点を引用させていただき、他の角度からの浸透を推奨します。
現在の法人本流の介護は営利が事業目的で、地域の近くの人たちを地域生活の一員として集団で相互支援機能より、個人孤立化の方向になる逆ベクトルに向く確率は高くなりますが、イキイキ生活ができる
日本で育ち始めた新しい総合インフラを地域行政が制御人財の役割を発揮する人財輩出が必要な時期が来ています。(有能な官僚は制御人財機能であることに気づく、あなたからはじめる時期です。) 

◇日本理学療法士連盟


 



 

他力依存型が政治主義傾向が強いため、閲覧したい場合は、直接、協会のホームページから閲覧して下さい。(手法して普及を促進する一つの方向です。ただし実現期間はわかりません。実現まで現状はかわりません。変われば「捕った狸現象」がはじまりますが「捕らぬ狸現象」で長期間実績ゼロの確率は高い。)

◎地域への伝播方法は、自力本願型で地域の行政が何を優先にした人材を活かす方が最適か、価値判断の高い人から少しづつ、実績の輪を広げ、地域CATVの機能を活かし、視聴覚で伝播させると、他の方法と実績格差は誰で分かります。わかる人の数が地域で一定数を超えると、加速度的に共鳴、共振、共動する人が増殖をはじめ、全国の地域CATV経由で加速度的に、存在価値は増幅される時代にはいります。最初の一人のあなたの輩出を待望しています。
A志援ms


 

 

 
 

商品一覧