開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報
商品カテゴリ

健康維持再生復元探し

■健康維持再生復元探し 111028

管理の基本機能>健康維持再生復元探し


 

「環境が人類の生存に、マイナスの働きをする時代」がはじまりました。
今の健康維持持続は、心身の健全性の保持に必要条件です。
そのノウハウを身につけ、目標達成率を高め未来を拓く。
健康障害(身体の不健全)は精神をマイナス領域へ向けるベクトル。
いかに短期でマイナスの歯止めをかけ再生・復元方向へ向け実周囲の
最適な力を借りでプラスの日常習慣にするかが突破口

自力で対応できる下限以下の場合は、他力の縁で医療による対症処置
(外科も必要)です。いかに初期段階で支援を受けるかが、マイナス領域
方向の歯止めをかける最適の方法せす。あなたが探した運が成功確率を
変動させますが、精神であなたのよくしたい信念が高く、必ずよくしたい気力
と日常の適切な日常行動が再生の道を寿命があれば拓いてくれるようです。
不思議な光明があるかわ、あなたが創る人生で決まる、人とは別次元の
因果のようです。正しい行動の累積量が成功確率を変動させるようです。

対因療法は、起因した日常習慣をプラス領域方法のベクトルに換えることが
できるのは、あなた自身の自力しかありません。他力に逃げると、必ず
あなたの素晴らしい人生の人生が短縮される確率が高いだけです。
いつも不思議な人との出会いがあり、2名の故人の通常常識ではゼロの恩師が、
復元の軌道へ導いてくださり、今があり感謝しています。もし出会いが普通であれ
ば今はなく、マイナス領域で周囲に不平不満、世の中を憂い呪う道がまっていた
かも知れません。すべての難問解決は人生修行と思い込めば普通のことで、
平常心で壁を超えることが出来る道が開けるようです。今に感謝報恩し挑戦し行動し
壁を超える(壁を破るは一過性の運で、周囲の組織がプラスで働く時、マイナスで働くと
あなたの総能力不足と組織の総能力不足で、その壁を超えられる確率は50%以下です。
経営コンサルタント、他力依存の多くの中小企業経営者の過信と倒産廃業のプロセスが
多くの実証結果です。)はプラス領域にベクトルを向ける一つの方法のようです。
あなたの人生はあなたが実行・行動する以外、周囲はだれも動かせません。
周囲に責任転嫁では超現象の運だけで決まる丁半博打の人生で終わります。
すべてあなたの行動の因果の結果のようです。

心身共に健全で正しい感情制御が持続的にできるのは、あなたしか出来
ない、人間の持つ特性の一つです。

死ぬまで生きる。あなたに寿命がある間はどんな環境下、身体・精神環境下
でも、生き甲斐(感情のプラス領域量55%以上)を持ち、生かされる喜びを
感じながら活き活き生きるために、今より「もうちょっと」日常習慣の中に
プラスαを付加する工夫を推奨します。

寿命を短縮する要素ベクトルが加速度的に増加する時代、あなたが生か
される喜びを感じる領域で 活き活き生きるためには、今より「もうちょっと
ふさわしい情報(知識)時代を探し、あなたが、当面の負のベクトルを正の
ベクトル化を一つ一つ実践しながら解決し、今より心身共に健全になる方が
生かされることに感謝できる方向の一つです。

環境・他力で一瞬に生命を絶たれる場合もありますが、あなた自らが生命
を絶つこともできる特性を潜在的(感情領域)に持つています。
感情領域を制御して、与えられた生命に感謝できるあなたになりたい場合
今より「もうちょっと」日常習慣の中にプラスαを付加しプラス領域へ軌道
を向けることが必要条件です。

同じ時間内で、プラスα量の多いものの中からあなたの今の減衰軌道の
仰角をプラスに変える方法(情報・知識)を探し、選らび、決断し、実行を
はじめることを推奨します。


健全化軌道を採る身体(再生復元状態も含む)は、今のあなたより、
健全化した精神が宿りはじめる確率は高い。
健全化軌道を採る精神は 今より人生をプラスに生きる我欲により、
さらに健全化する身体づくりの実践を生む確率が高くなります。

健全なる身体と精神の度合いは、感情領域をプラス領域へ向ける仰角の
大きさと相関関係があり、過去の歴史で評価された人材を分析すれば気づく
要素(因子)の一つです。

感情プラス領域の量の増加は、人生の善循環軌道を採りはじめる確率は
さらに高くなります。

そのノウハウを身につけ、あなたが人財として成長し活躍するためには、
健全な身体と健全な精神が必要条件です。

健康の継続的保持と障害が発生したとき短期再生、復元させるノウハウ
(知識情報)と健全化軌道を採る継続的実行する具体的手法を決断する
ことが、行動のトリガーとなります。
身体の健全化量がある段階を超えると 精神はマイナス発想領域量が
減少をはじめ、プラス発想領域量が55%を超えると健全な精神が優位に
なりはじめ、決断行動のスピードと精度が増加し小さな成功体験の量が
増加する確率は高い。勝つから強くなり、身体の健全化が善循環を始める
確率は高い。

◎「健全なる精神は 健全なる身体に宿る」

 健全なる身体を維持持続し、不健全、障害は短期で他力により
 対症療法でマイナスへ向かうベクトルの歯止めをかけ反転させる。
 反転させ、プラス領域(0+)へ戻る期間は、あなた自身の日常習慣
 機能です。健全なる身体がプラス領域に向かうと、あなたの精神は
 プラス発想行動をしたくなるトリガーが55%以上になってきたことに
 気づく段階がきます。

コンテンツは他力仮想世界型精神・心理法・療法は除きます。この領域は、世界に多くの情報
がありますので、他の情報源をご活用下さい。



◎「身体の健康維持持続」の事例
    ・まだ、身体機能が破壊される前の健康、健全段階の人対象
     ・日常機能の持続化と精神の健康維持の基盤(プラットフォーム)


●職場で、メンタルヘルスアドバイス段階から、精神状態のチェック評価時代が近づきました。
そのチェックした人にマイナス評価されると、その人の人生の復元機会が50%以下になる
日本国の施策の時代が近づきました。
過保護時代、精神を平易させる手法の一つとして、心理学心理カウンセラー、宗教、異次元
による方法等無限な方法がありますが、漢方療法の一つで、症状の深度、健康障害になる
予防段階の時、プラス領域に自力でできる人の数は30%以下のようです。
その人の身体が再生復元し、活躍できた人は、10%以下のようです。健康でないと思って
いて、身体人間機能が機能障害を発生させる下限よりプラスの場合の人が多いため心身
健康を維持できているためのようです。


◎「管理の基本」で人の健全行動は、「精神」より「身体」の方がプラス領域行動ができる
スタートであるようです。
「身体」「精神」がプラス領域にベクトルを向け、仰角を高くすると制御人財として、あなたの
すばらしい人生が開ける確率は高い。
「健全なる身体」が「健全なる精神」を生む、プラス領域ベクトルをプラスに換える要素(因子)
のようです。
組織最適のために、周囲(傍)がプラスになるためには、個人の行動がプラスベクトル方向
に向かないのは、その個人(細胞)が身体・精神でその組織のプラス領域の0+以下であり
マイナス領域0-以下であるためです。その個人(細胞)が、ガン性でありばどうしますか、
組織(会社)はあなたがその個人(細胞)なら、21世紀は組織生き残るためにどう処置する
組織が増えてきましたか?組織(他力)の温情を期待してもある下限以下になるとできない
確率は高くなりました。

◎組織は、個人の価値判断とは、最適の価値判断領域は異なります。不平不満は当たり前
多数決55%以下ならムダ行動です。組織の健全細胞として、機能するように自力で心身を
プラス領域にする方が、組織が臨む個人へ変貌できます。
「有言実行型」から「無言実行型」を採り、周囲の期待度の130%以上を目指す行動をはじめ
評価が高くなると、精神の満足度が高くなり、健康がプラス領域へ向く安定軌跡が定着して
きます。高度の専門度、組織でのスピードを上げる整合性が必要な時代に入りました。
転職(壁を超えず、逃げる体質)は、個人型業種業態以外は、あなたの能力を小じんまりと
まとめる確率が高くなり、人生の成功確率は30%以下に加速度的に低くなる現象があります。


身体が健康で明るく、積極行動的で敏捷さフットワーク等を維持する基盤は、建前の世界で
ある日常行動の中で、本音を制御する機能が優位なため健全化した精神での成功実績に
より正しい姿が、他の人、組織に見える化量が増加する確率が高い。
その本音制御が身体健康を基盤として習慣化すると、建前と本音が一致する量が増えて
その人の人格のように見える化できる確率は高い。
平常心是道(感情制御段階)サイト(情報)を観て、あなたにふさわしい方法を探し、決断し、
やりながら、さらに多くの優れたものを探し、さらにもうちょっと身体の健康度を高めることを推奨。

本音と建前を使い分け、精神のブレーキを解放する飲み物で、右脳優位の行動をするクセが
ある人、職場の姿とは異なる行動(逆行動)をとる人等は、この1年以内で本音と建前の姿が
一致するように日常行動を変えはじめることが必要です。



◎「健康機能障害再生復元機関」の事例
  身体機能が破壊した場合、自力復元も、代替機能再生も他力の最先端を活かす
  方向が、プラス領域でこうどう 

 ・まだ身体健康、健全で、危機管理のための予防とする人
 ・身体の機能が 健康、健全の下限以下となり、破壊の徴候の人
 ・一部破壊されたが、「活かされる人生、生命」を、過去の身体記憶
  を切り捨て、今をスタートとして、最善を尽くし代替機能を育てて、
  人生の生きた証を残したい人


○もし、今までの健康バランスが、極限的悪化状態や悪循環の中のあなた

A志援サイトの事例を一例にして、更にすぐれた知識(情報)を知り、  まず自力で再生復元
へ向ける精神(信念・本音)に変わる。

・現在の、周囲の他力(建前の世界)を断ち切り、健全化の方向を探す。
 
・いまより「もうちょっとよくなる」方向を探し、出合ったそのときの最善の 機会、人(医師、
専門家等)を活かし、身体の健全化へ軌道を変える。
従来の回復ベクトルの仰角を200%以上大きくする方法を推奨します。
目的は「悪化への歯止め」と「反転(健全化方向)への徴候」を確証する ためです。

日本の最先端医療、健康維持のよいやり方、成功確率の高い方法を選び、日常実践する
ためにA志援のサイトの更新をしています。今のあなたのやり方より「もうちょっと」あなたの
年齢にふさわしい、あなたにふさわしい方法探しと「やつてみる」て、ふさわしくなければ
もつとふさわしいものを実行してみるのも一つの方法です。



●超多忙な人財の健康維持の突破口

50歳までは、短時間睡眠と分割睡眠で、その日の身体の疲労、身体機能、細胞の復元は可能
ですが、意識して睡眠できる体質ができていない人財は、周囲傍の人が、身体復元のための
睡眠をとらせる支援がひつようです。疲労が蓄積し、身体の健全性が失われると、その人の
制御人財としての機能が、精神だけの健全のふりをしても、価値判断が狂いはじめます。
周囲が心身の健全バランスが崩れはじめているためです。
55歳を超えた制御型人財は、一定時間熟睡ができないと、短時間分割睡眠(仮眠)では、身体の
復元ができなくなり、疲労が蓄積し、短期で心身破壊の徴候がではじめます。周囲は、ムリに
寝せて、一定時間代行できるしくみを創る必要があります。




 
あなたの身体と精神の健全化の持続的実行段階へ進まれます
ように祈念しています。

 


□身体の健康維持持続
 

自力の日常習慣化し、あならの健全な身体を維持持続する最適な方法を組み合わせる。
あなたの身体の健全維持は、最適なもの組合せをした行動に起因して、結果があなたの健康維持持続となり
他人によい効果が出た組合せも、あなたの健康を破壊するベクトル方向である場合があります。
あなた個人のオンリーワン、成長過程が無限の組合せがあり、あなたが自分の身体と相談しながら選ぶ方が成功確率が高い。
情報氾濫時代、方法は無限、選択も無限です。55歳から個人の健康格差は広がり、65歳、75歳 85歳等との節目(年齢個人差があります。)でギアが切り替わるように、行動能力が減衰しますが、年齢にふさわしいあなたの健康維持持続を待望しています。(よく、若いとき若い人との比較は、無意味の妄想であり、年齢でふさわしい心身の健康(毎日に感謝し、いきいき過ごす満足感、幸せ間、子・孫の成長を傍で見て、新らしい、発見感動を感じる喜びのある人生、毎日の年齢にふさわしい今に徹した人生の充実感等)の道が拓かれてきます。

●65歳を超えると、毎日の健康機能復元のためには、一定量以上の睡眠時間(6時間以上、人の疲労度蓄積体質(クセ)でことなります。若いとき酷使した人は8時間以上必要な場合があります)が必要十分条件のようです。
「老人は睡眠が短くなる」は毎日の完全復元が不足し、累積し、あった寿命を自力で短縮しているだけです。特に男性の寿命が女性より短い根因の一つのようで、何か変な悪習の一つのようです。身体の疲労度状況を聞く(徴候)で、心身健康なら、一瞬で自然睡眠に入り、必要時間眠れます。不思議な現象に気づきます。夜老化した皮膚に、瑞々しさが戻り、手のしわ、顔のしわの細胞に水の潤いが戻り、入浴時のように正常な日は毎日復元出来ているようです。ただし、生活の中で、年にふさわしい老化の姿に戻りますが、他の同年齢の中の若ぶりのグループを維持できるようです。
 


 
西野流呼吸法

西野流呼吸法はソクラテスの「無知の知」、自分がなにも知らないことを知り、真理を追求する姿勢、「身体知」の必要性に気づきます。60兆の細胞を正常化し内臓活性化、頭脳も「空」「無辺」に活動を初めます。体内の食の吸収土壌が本来の正常状態にもどってきます。今、何が”あなた”の企業に必要か観えてきます。多くの人財が実践しています。

●多くの呼吸法、気学等があります。座禅も呼吸法の一つです。呼吸は生命維持に必要十分条件であり生きている限り連続行動です。身体の健全化、精神の健全化の日常習慣化する上であなたに最適法を探し、実践の持続を待望しています。

 

 
  
(社)真向法(まっこうほう)

 赤ちゃんの時のように、”あなた”の治癒力で関節、筋肉、柔軟性、身体の機能を回復・維持できてきます。継続は力、微差が大差になります。身体の要求する食の内容も変化してきます。身体はキチント整備しないで長期間使用し、何も文句はいわない間に、各運動機能が、正常に働かなくなります。機械・自動車なら整備を定期的に実施しますが、機能異常が気づいたとき、初めて何かしようと行動をはじめるテーマです。機能再生のプラス領域の日常習慣を実行してみるのも一つの方法です。
 

 「真向法」は1933(昭和8)年、長井津(わたる)先生によって創案された健康法です。当時先生は大病を患われ、身心共に奈落の底に突き落とされたような状態でした。そこで先生は、病気は治らないまでもせめて心だけでも救われたいとの思いから、仏典を読まれました。その仏典の中に、仏弟子たちが釈尊に対して礼拝をしたというくだりがあり、その礼拝を毎日朝晩続けられました。ところが心の救いを求めて始めた礼拝でしたが、日が経つにつれて体にも多大な影響を与え、元の健康体を取り戻されました。この体験をもとに先生は、病気で苦しんでいる多くの人々にこの妙法を伝えて、健康で過ごせることの喜びを分かち合いたいと発意され、それ以後は「救世救人・真向法」を標榜し、その普及に生涯を捧げられました。特に終戦直後は敗戦で打ちひしがれた日本人を激励するために、東京駅や大阪の街頭で莚(むしろ)を敷いて、通り行く人々に真向法を勧められました。

 

 

 


 (独)
日本スポーツ振興センター NAASH(ナッシュ)                                          2010.08.19

前身である日本体育・学校健康センターは、1986(昭和61)年3月に「日本体育・学校健康センター法」に基づき、特殊法人として設立されました。
独立行政法人通則法「1999(平成11)年法律第103号」及び独立行政法人日本スポーツ振興センター法「2002(平成14)年法律第162号」に基づき設立されました。その目的は、「スポーツの振興と児童生徒等の健康の保持増進を図るため、その設置するスポーツ施設の適切かつ効率的な運営、スポーツの振興のために必要な援助、学校の管理下における児童生徒等の災害に関する必要な給付その他スポーツ及び児童生徒等の健康の保持増進に関する調査研究並びに資料の収集及び提供等を行い、もって国民の心身の健全な発達に寄与すること」とされています。センターは、スポーツ振興基本計画並びに学校安全、学校給食及び災害共済給付などに関する国の施策の方針に基づき、文部科学省との密接な連携・協力の下、各業務の適正かつ円滑な実施に努めています。

関連サイトマップ
・官公庁、独立行政法人等
・スポーツ団体
・国立スポーツ科学センター関連機関
・スポーツ振興くじ
・スポーツ振興基金
・学校安全
・食に関する情報 

 ■日本スポーツ振興センター所管の
日本のスポーツ団体 2010.08.19
王道・
正式に訓練する場合の役立つサイトとして役立ちます。

 
◎ご使用のプラウザがマイクロソフト社の2003に「Internet Explorer6(IE6)そ終了したのに
伴い閲覧が危険な団体の内容があります。セキュリティソフトの警告表示を確認してアクセス
してください。最新のものに切り替えを推奨します。
画像が多く、更新後サイト変更の団体、アクセスができない場合は直接「○関係サイトマップ」
からアクセスしてください。

(財)日本体育協会

(財)日本オリンピック委員会(JOC)

(財)日本レクリエーション協会

Jリーグ((社)日本プロサッカーリーグ)

バスケットボール日本リーグ機構

日本スポーツ芸術協会

(財)日本体育施設協会

(財)日本陸上競技連盟

(財)日本サッカー協会

(財)日本テニス協会

(社)日本ホッケー協会


(社)日本アマチュアボクシング連盟

(財)日本バレーボール協会

(財)日本体操協会

(財)日本スケート連盟

(財)日本レスリング協会

(財)日本セーリング連盟

(社)日本ウェイトリフティング協会

(財)日本ハンドボール協会

(財)日本自転車競技連盟

(財)日本ソフトテニス連盟

(財)日本卓球協会

(社)日本フェンシング協会

(財)全日本柔道連盟

(財)全日本スキー連盟

(社)日本ボート協会

(財)全日本弓道連盟

(社)全日本アーチェリー連盟

(社)日本馬術連盟

(社)日本トライアスロン連合

(財)日本バドミントン協会

(社)日本ライフル射撃協会

(財)全日本剣道連盟

(財)日本ラグビーフットボール協会

(財)全日本空手道連盟

(財)日本アイスホッケー連盟

(社)全日本銃剣道連盟

(社)日本クレー射撃協会

(財)全日本なぎなた連盟

(財)全日本ボウリング協会

日本ボブスレー・リュージュ連盟

(財)日本野球連盟

(財)少林寺拳法連盟

(社)日本武術太極拳連盟

(社)日本カーリング協会

(社)日本パワーリフティング協会

(社)日本グラウンドゴルフ協会

(社)日本トランポリン協会

日本テコンドー連盟

日本セパタクロー協会

(社)日本スカッシュ協会

(社)日本ビリヤード協会

(社)日本ボディビル連盟

日本アマチュアサンボ連盟

(財)日本バスケットボール協会

(社)日本カヌー連盟

(社)日本山岳協会

(財)日本ソフトボール協会

(社)日本近代五種・バイアスロン連合

(財)全日本軟式野球連盟

日本トップリーグ連携機構
 

 

 


 
東京スポーツレクリエーション専門学校 TSR

 
 健康保全のための基本をキチンと体得している方が持続的に健康維持ができます。そのためには、プロのスポーツトレーナー、インストタクーの価値判断を体得していることはあなたの機能延命と相関確率は高い。健康情報が視聴覚から洪水のように入る時代、情報発信者だけ正しいと思い込んでいる断片情報の中から、あなたにふさわしいものを選択するブレない軸を持つ必要がある時代になりました。健康情報は薬と同様併用すると百害になる組合せが多くあります。プロスポーツ出身者は、一定期間、体系的基本を習得履歴があるか、研究期間で、一部のデータだけ「針の穴型」で横断情報で補正体系化した履歴があるか、情報集約受け売り型本体のない評論家等、何の判断が正しくない確率が高いか、本気で健康保全、延命を考える年代になった時、はじめて価値判断格差の影響がある事に気づきます。
スポーツ、健康談義、栄養等の中には組合せで作用反作用があることがあなたの身体の行動機能の持続時感じるようになります。正常機能がある年代から加速度的に減衰するのは、若い世代のときの反作用が原因の場合が多く、人生の中で、早く正しい選択の軸を持つことを推奨します。


 
(財)健康・体力づくり事業財団
     健康ネット

厚生省が1978(昭和53)年度から推進した「国民健康づくり対策」に呼応して、健康づくりについての正しい知識の普及・啓発を行うことを目的に昭和53年5月1日に設立された財団法人健康づくり振興財団と、昭和39年のオリンピック東京大会を契機に同年12月18日に閣議決定された「国民健康・体力増強対策について」に基づいて推進された体力つくり国民運動の一翼を担って昭和40年3月24日に設立された社団法人国民健康つくり運動協会(昭和51年4月に社団法人国民健康・体力つくり運動協会と名称変更)が、1981(昭和56)年6月1日に合併して設立されたものであります。

◇健康・体力アップ
◇健康運動指導士・健康運動実践指導者
◇体力つくり国民運動
◇調査・研究

 

 日本臨床スポーツ医学会
                     
2010.08.19

 
現代社会において、人々のスポーツに対する関心は高まりつつありますが、医学会 からの対応も様々な形でなされております。
この中でもスポーツ医学の臨床全科に わたる研究会としては、東日本スポーツ医学研究会、西日本臨床スポーツ医学研究 会が従来より、毎年開催されておりました。
また、研修制度としては近年、日本体育協会、日本整形外科学会、
日本医師会が それぞれ独自の研修会を開催し、スポーツドクター(あるいはスポーツ医)の認 定をしております。

このような折、スポーツ医学の全科にわたる臨床医相互の学術研究、
情報交換、臨床研修を図るため、全国的な規模における「日本臨床
スポーツ医学会」が平成元年 に発足し、例年、秋には「日本臨床スポーツ医学会学術集会」が開催されております。





 

 

 

 

 
 
全国ラジオ体操連盟(微差が大差)
                                           2010.07.20

 ラジオ体操は、国民の体力向および健康の保持・促進を図ることを目的に簡易保険が1928(昭和3)年に制定、「国民保険体操」の名称で始められました。今日は「ラジオ体操」として全国に定着しています。

このように息長く、ラジオ体操を続けられてこられたのは、全国のラジオ体操関係者の方々の熱意の賜と
考えております。そして、時々の体操創案、指導につくされた体操指導者たちのたゆまぬ努力によって、
今日のラジオ体操の基盤が築かれ、発展してまいりました。しかしながら、近年、少子高齢化時代の
到来等により核家族化が進展し、地域共同体の意識が希薄化し、このため、夏休み等において地域の
ラジオ体操会へ参加する子どもたちが年々減少し、また、小・中学校においてもラジオ体操をする機会が
減少する傾向にあります。これらの現象は、子どもたちの「運動能力」及び「柔軟性」の低下、「自律神経系」
の不調等を招いていると危惧されています。 このような現状にかんがみ、文部科学省では2006(平成18)
年度から「早寝早起き朝ごはん」国民運動を展開することとし、全国ラジオ体操連盟にも、協力要請があり、
私どもとしても教育委員会等の要請に基づき教職員に対するラジオ体操講習会にラジオ体操指導者を
派遣する等、積極的に参画しているところであります。

一方、全国ラジオ体操連盟では、全国子ども会連合会との連携の基に、子ども会の指導者を対象にラジオ体操講習会を実施し、夏休みにそれぞれの子ども会においてラジオ体操を実施していただくことにしており
ます。また、全国ラジオ体操連盟では、一昨年「全国ラジオ体操連盟公認指導者資格認定制度」を創設し、2006(平成18)年度は、札幌市、広島市、東京都国立市の3箇所で実施したところ、全国各地からたくさん
のラジオ体操愛好者が集い、ラジオ体操に対する関心の高さを改めて認識した次第です。 
最後に、全国ラジオ体操連盟といたしましては、「ラジオ体操・みんなの体操」の普及のため日本郵政公社NHKと力をあわせ、これからも「明るく活力ある社会の構築」に向けて努力をしていく所存でありますので、
国民のみなさまにおかれましては、今後とも変わらぬご理解とご協力をいただきますようよろしくお願い
します。                                                                                             あいさつより

全国ラジオ体操連盟

◆あいさつ
◆ラジオ体操の歩み
 

◇全国ラジオ体操連盟ネットワーク

◆北海道地方ラジオ体操連盟
◆東北地方ラジオ体操連盟
◆関東地方ラジオ体操連盟
◆東京地方ラジオ体操連盟
◆信越地方ラジオ体操連盟
◆北陸地方ラジオ体操連盟
◆東海地方ラジオ体操連盟
◆近畿地方ラジオ体操連盟
◆中国地方ラジオ体操連盟
◆四国地方ラジオ体操連盟
◆九州地方ラジオ体操連盟
◆沖縄地方ラジオ体操連盟 

◇「ラジオ体操が身体機能に与える影響につての調査研究」要約

高年齢者(75歳以上)で好影響をもたらす可能性は十分にあるとみられる。高齢者が自立した生活を営むために必要な生活動力測定でジグザグ歩行、握力について標準値と比較して明らかに優れた結果がえられた。日常生活の基本となる歩行能力や身体の筋肉を維持することに良い影響がある。
各世代も「心の健康」「精神的サマリースコア」などで日本国民標準値をまった。 


◇「ラジオ体操・みんなの体操とコミュニティの形成についての実態調査」の概要
 pdf
 

◎地域結束力を高める、世代、経験、社会的格差に無関係な、だれでも共通健康をテーマに結束できる突破口の一つです。
A志援ms

◇「高齢者福祉施設におけるラジオ体操の普及状況等調査」の概要 pdf

◇小学校におけるラジオ体操の実態調査」の概要



簡易保険加入者協会では2004(平成16)年11月、現在の小学校においてラジオ体操がどの程度実施され、どのように受け止められているか等について、その詳細を調査しました。調査方法は全国の小学校から2,951校を抽出し、調査票を郵送。主に、体育の実情に詳しい教員により回答していただきました。結果、62.7%にあたる1,849校から回答が寄せられ、立教大学社会学部間々田研究室において調査概要をまとめる作業を行ってきましたが、このほど分析結果が報告されました。 ここでは、調査を分析した結果明らかになったことの要点をご紹介しています。
 


◇ラジオ体操とみんなの体操
 

 ○動画と図解   ○テレビラジオの放送時間

◇全国ラジオ体操実施会場簡易検索

 全国のラジオ体操実施会場が検索できます。

 ○NHK「テレビ体操」「みんなの体操」「ラジオ体操」

 みんなの体操、ラジオ体操楽譜、図解を購入できます。

 

 

 

 

 


□健康機能障害再生復元

症状に応じて、再生復元したい精神が健全である期間に、身体の健康機能障害を最大の可能確率で再生復元する機関を活かし、最善と信じるものを実践し、その結果、プロセスを自分で実証検証して、何か変だプラス領域とは逆ベクトルと感じたときは、他の最善の方法へ切り替えるのもすべて自力。他力が最善の力を発揮できると信じたら、やる決断がマイナス方向へ向くベクトルに歯止めをかけ、プラス領域へ向けるベクトルとなり、自分の再生能力、代替機能能力を信じて、今に徹して最善の行動を採ることがトリガーの一つです。周囲の過保護な支援、同情は、急速にマイナス領域を転げ落ち、奈落へ向かう自分に気づくことがあります。ヘレンケラーのサリバン先生のように、再生復元に妥協を許さない強い周囲の力を最大に活かすことが成功のトリガーの一つ。
65歳を超えた人は、過保護の周囲で、90%以下の過負荷の連続の場合、まず、健康機能が減衰し、足から異常がはじまり、楽な精神が継続すると、身体の脳障害が始まる確率は高い。痴呆、健康機能障害の起因の本質を調べると、実証検証ができる確率は高い。健康オタクの情報とは少し違うのが現実で、対症療法、健康データ、異常機能の発生は、機能への過負荷、とプラスへの徹した精神と行動の相乗効果が必要です。よくなる徴候は、精神を健全化(プラス発想・希望)へ導き、さらに徹するので、健康再生のスピードが善循環の中で早くなって、よい結果がではじめたことを気づく段階になります。人間本来に備わる遺伝子の中の再生プロセスが稼動をはじめてくれるようです。
 


  
国立障害者リハビリテーションセンター  
旧「国立身体障害者リハビリテーションセンター」     2010.08.17

 2008(平成20)年9月24日付けの「厚生労働省組織令の一部を改正する政令により、10月1日より、「国立身体障害者リハビリテーションセンター」は「国立障害者リハビリテーションセンター」となりました。また、本省内に設置されておりました発達障害情報センターがセンター研究所に移転しました。
本センターは、身体障害者リハビリテーションに関して「医学的、心理学的、社会学的及び職能的判定並びに治療、訓練及び指導」、「調査研究」、「技術者の養成と訓練」を行う施設として、昭和54年に設立されました。
当初のセンターには
@ 身体障害者の医療から職業訓練までを一貫して実施するモデル施設 A すべての障害への医学的、社会的、職業的リハビリテーションや評価の部門の整備
B リハビリテーション技術全般にわたる研究開発とリハビリテーション事業に従事する技術者の養成・研修の積極的な推進
C 一般病院に入りにくい障害者のために特別な設備を備えた病院
D 内外の情報の収集と交換
E 身体障害者更生援護施設等に対する技術指導
F 国際協力の推進 G 精神障害、知的障害との重複障害者の受け入れ

が求められました。我々の先輩の努力により、これらの目標は達成され、センターの活動は、わが国の障害者リハビリテーションにおいて先導的役割を果たすことができました。しかし、医学・医療ならびに社会の進歩、社会保障制度の整備にともない、障害を持つ人々を取りまく環境が整備され、職能訓練、職業訓練を経ることなく社会参加を果たす障害者が増え一定の訓練を受けなければ社会参加が困難な障害者の障害程度が重度化し、知的障害、精神障害、認知障害などと身体障害を併せもつ重複障害者の支援ニーズが増大しています。
現在の組織、体制では、直ちに全ての障害種別に対応することは困難であり、精神障害、知的障害、発達障害などを持つ人々への支援体制の整備はこれからの課題であります。当面は、利用希望の皆様のニーズに応えられないこともありましょうが、一日も早く障害を持つ人々の多様な障害に対応し、先進的リハビリテーション医療、福祉サービスを提供し、社会生活を支える保健、医療、福祉、就労支援に関する研究・開発、実践・検証、人材育成、関連情報発信の統合的機関となるために、一歩一歩、知識と経験を積み上げながら、組織、体制を整備してまいります。皆様のご理解とご指導、ご鞭撻をお願い申し上げます。   挨拶より
 

 (財)先端医療振興財団 Foundation for Biomedical Rearch and Inovation       2010.08.17

◆財団概要
○出損団体 36団体

先端医療振興財団の使命
我国では、21世紀の成長産業である、健康・福祉・医療関連産業の振興が推進されています。 そして神戸地域においては、神戸経済の活性化、市民福祉の向上、 さらには、国際社会への貢献を目的とする神戸医療産業都市構想の推進が課題です。 財団は、これらの背景の中で、産学官の連携による先端医療の臨床研究や技術開発を行い、 次世代の医療システムの構築を通じて、医療サービス水準の向上と医療関連産業の集積形成を目指します。

●役割
先端医療振興財団では、「医療機器の開発」「医薬品等の開発」「再生医療等の臨床応用」の3つの分野において、基礎研究を実用化につないでいくための研究開発、臨床研究支援、実用化支援などを行っています。各研究事業は、財団経営計画に基づき実施します。なお、実施にあたり関連法規を遵守するとともに、科学的にも倫理的にも妥当なものであることを検討した上で、実施します。


  
国立職業リハビリテーションセンター   
  
(略称 職リハセンター)                      2010.08.17

障害者の雇用の促進等に関する法律に基づく「中央広域障害者職業センター」と職業能力開発促進法に基づく「中央障害者職業能力開発校」の2つの側面をもっています。

厚生労働省により1979(昭和54)年に設置され、独立行政法人高齢・障害者雇用支援機構が運営しています。

隣接する国立障害者リハビリテーションセンターとの密接な連携のもとに、障害のある方々の自立に必要な職業指導や職業訓練などを体系的に提供する、我が国における職業リハビリテーションの先駆的実施機関です。

●センターの特長
◆障害者及び企業のニーズに合った訓練の実施
・入所機会は年間約10回あり、年間を通して技能を身につけた訓練生を養成しています。
・個々の障害の特性に合わせた訓練を行います。
・訓練生毎に個別の訓練カリキュラムに沿って訓練を行い、実力を伸ばします。
・全ての訓練生にIT基礎訓練を行い、パソコンの基礎的操作(ワープロ、表計算、インターネット)を学びます。 

◆障害者の職業指導・就職支援と事業主への支援
・職業訓練と並行して、訓練生が職業人として自立するための種々の指導・助言を行います。
・希望により、企業の障害者採用計画、雇用管理等への助言を行います。
・国立職業リハビリテーションセンター内で、訓練生対象の会社説明会を行うことができます。
・就職内定企業のニーズに応じた訓練の実施や訓練修了日の設定ができます。
・採用後も、地域障害者職業センターとも連携してフォローアップします。
 

 未来ICT研究センター  
 (独)情報通信研究機構神戸研究所           
 2010.08.30

 神戸研究所 未来ICT研究センター(KARC: Kobe Advanced ICT Research Center)は、情報通信分野における国の唯一の研究機関である(独)情報通信研究機構(NICT)の一翼を担う基礎研究の拠点として活動しています。
情報通信技術は、皆様の社会生活を支えている一方で、現在、情報通信が爆発的に増えることによって起こるエネルギー使用量増加の問題、新概念の情報通信技術の開発、セキュリティ対策などの課題に直面しております。
これらの課題に取り組むべく、私たちは全く新しい観点から知識の創造とイノベーションを目標に、バイオ、脳、ナノテクノロジー、超伝導や量子など様々な研究を行っています。また、学術的貢献のみならず、当センターのもつ情報通信用材料・デバイス作製技術、様々な計測技術などをベースに、実用化を念頭においた研究開発も関連企業・大学の皆様と協力して進めて行くことを目指しています。

◇研究項目
バイオICTグループとナノICTグループの2グループによって構成されています。

●サイト内
 未来ICT研究センター

 


 
生理学研究所 NIPS    
  National Institute for Physiologcal Sciences   
  大学共同利用機関法人自然科学研究機構            2010.08.17

 生理学研究所 脳とからだの不思議を解き明かすためにヒトとからだと脳の働きを大学と共同で研究し、そのための研究者を育成する研究所です。
 
大学共同利用機関法人自然科学研究機構生理学研究所は
唯一の人体基礎生理学研究・教育のための大学共同利用機関であり、人体の生命活動−特に脳と人体の働き−の総合的な解明とそのための国際的研究者の育成を究極の目標としています。即ち、生理学研究所は「ヒトのからだと脳の働きを大学と共同で研究し、そのための研究者を育成している研究所」です。研究を通じて、人々が健康に生活するための科学的指針を与え、そして病気の発症メカニズムの解明のための基礎となる科学的情報を与えることを目指しています。

○大学共同利用機関法人自然科学研究機構

大学共同利用機関は、世界に誇る我が国独自の「研究者コミュニティによって運営される研究機関」であり、全国の研究者に共同利用・共同研究の場を提供する中核拠点として組織されました。

大学共同利用機関である自然科学研究機構の5研究機関(研究所)は、それぞれの分野において特徴的な共同利用・共同研究を行っています。

◆自然科学研究機構
◆基礎生物学研究所 (岡崎3研究所)
◆分子科学研究所 (岡崎3研究所)
◆国立天文台 (三鷹)
◆核融合科学研究所 (土岐)


○生理学研究所の研究の目標と5つの柱
生理学研究所は、生体を対象に、分子、細胞、器官、個体レベルの研究を推進し、究極において人体の機能を総合的に解明することを目標とし、
分子から生体(人体)まで、5つの柱をたて、研究を推進しています。

○工学や心理学等との連携による脳科学研究推進・若手研究者育成生理学研究所の多次元共同脳科学推進センターを中心として、工学や心理学など多分野の連携による多次元的な脳科学研究の推進と、若手研究者育成を行っています。
また、サバチカル制度による国内の他大学・研究機関の教授・准教授の受け入れを行っています。
 

 
  
日本再生医療学会JSRM     
   
The Japan Society for Regenerative Medicine                2010.06.01

 本学会は、「再生医療の進歩、発展及び育成を図ると共に人類の健康増進と福祉の向上に寄与すること」を目的とします。「再生医療」とは、機能障害や機能不全に陥った生体組織・臓器に対して、細胞を積極的に利用して、その機能の再生をはかるものであります。現在、慢性的臓器機能不全疾患に対しては、臓器移植又は人工臓器による治療しか有効ではありません。
しかし、臓器移植には、常に拒絶反応、免疫抑制の医学的問題と深刻なドナー不足という社会的問題を抱えています。人工臓器も生体機能代替性、生体適合性の問題があります。
これらの諸問題の解決策として、「再生医療」の実現が求められています。
「再生医療」は、臨床医学、基礎医学以外に分子細胞生物学、発生工学、細胞工学、組織工学、材料工学等、さらに、生命倫理学、法律学、医療経済学等を包括して成立する領域であります。
既に、皮膚や骨の分野においては、組織移植として実用化され、世界的に臨床応用されていることは周知のところであります。近年、バイオ人工臓器(ハイブリット型人工臓器)や幹細胞を増殖・分化させる技術の目覚ましい発展があり、臨床への 応用も近い研究分野もみられ、その成果が待たれています。 

「再生医療」を含むバイオテクノロジーの急速な発展は、21世紀の人類にとって、「IT革命」と並んで重要な人類発展の柱と位置付けられるに至っています。
世界的潮流を受けて、日本政府は、1991(平成11)年1月29日に「バイオテクノロジー産業の創造に向けた基本方針」を申し合わせ、バイオ関連研究開発事業を『ミレニアムプロジェクト』として国家戦略が構築され、実行に着手したところであります。

その目標に「疾病の克服、健康の増進」があり、(例)として、「オーダーメード医療の提供による副作用の予防、生体適合材料の開発」が挙げられています。
これを実現する領域が「再生医療」であります。そして、本学会は、自由な発想に基づく先端的独創的研究や、人類の健康増進と福祉の向上に貢献するような画期的な研究が生まれる土壌を育成するために、各領域の英知を結集してまいります。また再生医療の臨床応用には、「細胞・組織・臓器等の取り扱い、品質及び安全性の確保など」の課題にも取り組む必要があり、関連する研究分野の連携が必須となります。これらの目的の実現にあたり、今回8年間にわたり、わが国における細胞療法研究の発展に大きな貢献を果たしてきた細胞療法研究会の趣旨を継承しながら発展的に解消し、新たに「日本再生医療学会」を設立するものであります

○重点的に強化したい活動例
1.再生治療のための細胞ソースの確立
2.ティッシュエンジニアリング治療のブレークスルーと幅広い臨床応用を促進する前臨床及び探索的
臨床研究の強化
3.臨床研究・治療の推進体制の整備
4.再生治療社会の確立を目指して
5.国際連携システムの促進
 


  
生体材料工学研究所(東京医科歯科大学)
                                                                  2010.06.01
本研究所は、近未来の先進医療を支える科学技術の世界的な最先端研究拠点として、バイオマテリアル・バイオエンジニアリングに関する基礎理論の構築および最先端素材の創出を図ると共に、創薬から医用デバイスを包含する先導的応用研究に取り組んでいます。


主な研究プロジェクトとして、
1.疾病に関する分子情報の集積や機能分子創製による、先端医療ナノバイオサイエンス
2.バイオインスパイアード・マテリアルの創製と応用研究
3.バイオシステムエンジニアリングの先端医療への応用研究
を推進しています。


◎視覚バリアフリーを採用したホームページ(米国リハビリテーション法508条完全準拠)
 
当研究所の前身である歯科材料研究所は1951(昭和26)年に歯科器材に関する総合的研究機関として本学に附置され、5研究部(金属、窯業(現無機材料)、有機材料、機械、薬品部)でスタートし、その後半世紀に渡って歯科材料を含む生体材料学と医用器材の研究に特化したユニークな附置研究所として歴史を綴ってきました。
この間、電気機器部が増設され、1966(昭和41)年に医用器材研究所、1999(平成11)年には生体材料工学研究所として発展的に改組され、現在では機能分子、素材、システムの3大部門、13分野に拡大しました。
なお、バイオセンサー分野と生体材料物性分野はそれぞれ、企業および海外から招聘する客員教授が担当します。

これまでに世界に先駆け、
1.活性型ビタミンD製剤の開発、
2.抗血栓性ポリマー(MPC)の開発、
3.超弾性型Ti-Ni合金ワイヤーの開発、
4.人工アパタイトの製造、などの研究成果を世に出し、基礎から医用デバイス、医療製品の開発まで、生体材料工学に関する世界の研究拠点として活動してきました。

1999年4月より国立大学法人東京医科歯科大学の発足に伴い、バイオマテリアル・バイオエンジニアリングに関する世界の先導的研究拠点として機能すべく、基礎及び応用研究の充実に加え、知的財産の創出や情報発信、社会貢献などに関する独自の斬新な中期計画(東評議員のコラム参照)を策定しました。
これらを着実に遂行すべく、分野間の壁を越えた新規の研究プロジェクトや、大学間の研究連携、および世界の大学との国際連携プロジェクトを立ち上げました。その全容と実施の進捗状況は今後適宜報告して参ります。
なお、HPには私をはじめとして全教員の研究業績やプロフィールなどの詳細を掲載しています。

2004年4月以降当研究所に重要な人事異動がありましたので、今回は新たな陣容についても紹介致します。
まず、本学の疾患生命研究部、生命情報教育部との連携を目的として、当研究所の教授会メンバーに清水正人教授、増田 正教授、5月1日着任の影近弘之教授が加わり、システムおよび機能分子部門を強化するとともに研究領域の深化と拡張を図ることになりました。また2004年7月1日より生体材料工学に関する東西の両雄と並び称された塙隆夫、岸田晶夫両教授がそれぞれ金属材料および機能分子分野を担当し、高機能バイオメタルおよびナノ再生マテリアルへの新たな展開を開始しました。さらに8月1日付けで山本恵子、杉本昭子両先生が分子認識分野及び分子設計分野の助教授にそれぞれ昇格し、ナノバイオサイエンスの構築と実践の新たな飛躍を開始しました。
そして8月4日より生体材料物性分野の客員教授としてフィンランドのTurku大学よりJukka Salonen教授を招聘し、世界研究拠点としての基盤を一層強化しました。

当研究所は本学大学院医歯学総合研究科と疾患生命研究部、生命情報教育部から大学院生を受け入れ、
さらに周辺の有名私立大学から学部学生や修士、博士課程の学生を受け入れ、研究指導を行なっています。現在は教員39名、技術補佐員6名、事務職員5名、に学生に加え総勢約200名の研究体制で臨んでいます。
2004年7月28日には隣接する本学難治疾患研究所とともに研究所公開を行ない、およそ250名の参加者が
ありました。また公開のシンポジウムも定期的に開催し、2005年1月には分子認識分野の山田幸子教授が
主催して核内受容体と創薬と題した IBB 1st Frontier Research (先導研究) Symposium を開催します。
                                                                                    (最新更新2004年8月18日の沿革情報)
 


  
(独)福祉医療機構WAM
                                                           2010.08.18

 特殊法人等改革により、社会福祉・医療事業団の事業を承継して、2003(平成15)年10月1日に福祉の増進と医療の普及向上を目的として設立された独立行政法人です。

少子・高齢化が急速に進行する中で、国民一人ひとりが心豊かに安心して暮らすことができる社会を築くためには、社会保障の基盤を揺るぎないものとしていく必要があります。このため、福祉医療の分野では、国及び地方
公共団体において、社会福祉施設等の計画的整備、質の高い効率的な医療を提供するための医療制度改革に即した医療提供体制の構築など、社会保障を支える福祉医療の基盤づくりのための施策が進められています。

こうした国の施策と連携し、福祉医療の基盤整備を進めるため、社会福祉施設及び医療施設の整備のための貸付事業、施設の安定経営をバックアップするための経営診断・指導事業、社会福祉を振興するための事業に対する助成事業、社会福祉施設職員などのための退職手当共済事業、障害のある方の生活の安定を図るための心身障害者扶養保険事業、福祉保健医療情報を提供する事業、年金受給者の生活支援のための資金を融資する事業、年金資金運用基金から承継した年金住宅融資等債権の管理・回収業務及び教育資金貸付けあっせん業務など、多岐にわたる事業を展開しています。

また、これらの事業等を実施するに当っては、国から指示された中期目標に基づき、中期計画及び年度計画を主体的に定め、当計画に従って効率的かつ効果的な事業運営に努めています。また、各年度の事業実績は、
第三者機関である厚生労働省独立行政法人評価委員会により厳しく評価されています。

独立行政法人としての社会的使命を自覚し、公共性の高い多様な事業を公正かつ効率的に実施することにより、「国民に信頼される総合的支援機関」になることを目指しています。

○福祉医療機構民間活動応援宣言
私たちは、国の政策効果が最大になるよう、地域の福祉と医療の向上を目指して、お客さまの目線に立ってお客さま満足を追求することにより、福祉と医療の民間活動を応援します。

1.民間では対応が困難な政策金融やNPOへの助成などにより、福祉と医療の向上を目指
します。
2.専門性を磨き、民間活動への支援の質を高め、福祉と医療の向上を目指します。
3.機構の持つ総合力を発揮し、福祉と医療の連携を支援します。
4.公共性、透明性及び自主性を発揮し、コンプライアンスを徹底することにより、健全性を
確保します。
5.コスト意識を徹底し、効率的な業務運営を行います。
6.強く明るい職員を目指し、自ら働きがいのある組織として、お客さま満足を追求します。
 


 
(財)脳血管研究所  所管: 『文部科学省 学術研究機関』
  旧「(財)脳血管研究所美原記念病院」                                         2010.08.19

 附属施設として、美原記念病院、介護老人保健施設アルボース、訪問看護ステーション グラーチアを有し、脳血管障害の成因、治療、予防に対する研究に取り組んでおります。

また、美原グループとして、特別養護老人ホーム アミーキを開設し、地域の皆様の福祉、健康増進のため、そして医療の発展のためさらに努力を重ねてまいります。
・2008(平成20)年度競輪補助金事業完了。
・2008(平成20)年9月1日 訪問看護ステーショングラーチア 移転
詳しい事業内容などについては、美原記念病院ホームページ内左メニューの在宅療養支援部門をクリックしご覧ください。

美原記念病院について
日本医療機能評価機構Ver5.0適用 複合病院(一般・医療)の認定を受けた、21世紀に求められる医療を目指す、脳卒中を主とした神経疾患の専門病院です。  

○理念 「愛・和・学」
「患者さまには愛情を持って接し、スタッフ同士は互いに協力し合い、自分自身はレベルアップのために学びつづけ、地域の皆さまにより良い医療をサービスしよう」という願いが込められています。○病院について「脳血管障害の急性期治療、リハビリテーション、そして家庭復帰まで一貫して治療にあたる」ことを目的として、1963(昭和38)年に開設されました。
そして時代の変遷、患者さまのニーズに対応し、現在は脳卒中を主とした神経疾患の専門病院として神経内科、脳神経外科、整形外科、リハビリテーション科を中心とし、高血圧、脳卒中、脳腫瘍、頭部外傷、頚椎症・腰椎症(椎間板ヘルニアなど)、大腿骨骨折などのほか、パーキンソン病、脊髄小脳変性症などの神経難病の患者さまの診療にあたっております。
急性期治療に対し、高性能MRI、ガンマナイフなど、最新の医療機器を整え、脳梗塞超急性期の血栓溶解療法、血管内手術など、あるいは、パーキンソン病の外科的治療など最先端の治療が行われています。また回復期リハビリテーション病棟では早期から積極的にリハビリテーションを行い、より大きな機能回復をめざしています。
さらに併設の介護老人保健施設「アルボース」、訪問看護ステーション「グラーチア」と協力を密にし、QOL(生活の質)の向上をめざし、退院後に至るまで、より質の高い、温かみのある医療をサービスすることをめざしております。高齢化時代を迎えた21世紀、私たちに課せられた使命は極めて大きなものです。
美原記念病院は、地域の皆さまの福祉、健康の増進のため、そして医療の発展のため、さらに努力を重ねてまいります。

 ●リンク集




 

◆脳神経外科疾患情報ページ
 

◆医療情報サービス Minds(マインズ)
  
厚生労働科学研究費補助金により公開中
 

●脳血管研究所 介護老人保健施設
 
アルボース 

 □アミーキ














 

社会福祉法人 パトリア
特別養護老人ホーム アミーキは、ご自宅の環境に似かよった安らかな生活、利用者さまとスタッフとの馴染みの関係など、個々の生活ニーズに応じたケアを行う新しいスタイルのホームです。

 美しい自然に恵まれた赤堀の里(群馬県伊勢崎市)に特別養護老人ホーム『アミーキ』は2004(平成16)年11月19日にオープンしました。この名前には,お年寄りが故郷で昔なじみの友達と平和にゆっくりと過ごしていただいているような、落ち着いた温かい雰囲気のホームにしたいという願いがこめられています。
利用者様はプライバシーが保たれた個室で、ご自宅の環境に似かよった安らかな生活をお過ごしいただきながら、少人数グループのお友だちづきあい、お食事や趣味の時間を楽しんでいただきます。
『アミーキ』はそのような環境の中で、利用者様お一人おひとりのお体や心の状態に応じた最新のケアを行う新しいスタイルのホームです。
『アミーキ』は美原記念病院よりリハビリ専門医及び言語聴覚士の派遣を受け、利用者様の身体機能やコミュニケーション能力の向上にも努めています。
また利用者様の医療ニーズ増大に対応するために、24時間看護連絡体制をとっています。
◆施設内のご紹介
◆ご利用方法
◆施設基本情報
 

 

 

 
  (独)国立病院機構
国立病院機構は、全国145の病院を一つの組織として運営する独立行政法人です。これまで、全国に展開する国立病院・療養所は厚生労働省が運営してきましたが、病院の自主性・自律性を活かして、医療サービスの向上や効率的な運営を実現するため、2004(平成16)年に独立行政法人となりました。 
国立病院機構は、医療の提供、臨床研究の推進、医療従事者の養成という3つの業務を行っており、急性期治療から慢性期治療まで約6万床の病床と、約5万人の職員からなる、我が国有数の病院ネットワークを有しています。 私たちは、この医療資源を活かして、地域の医療に貢献し、住民の皆様の支えになりたいと考えています。また、多くの治療実績から得られる豊富な診療データを活かして、臨床研究や治験に積極的に取り組むとともに、医師・看護師をはじめとする医療従事者の養成にも力を入れており、我が国の医療の水準の向上に貢献しています。

◆国立病院機構病院一覧
各病院が調剤薬局の一覧を公開しています。例

 ・福井病院院外処方せん受入登録調剤薬局一覧

 


  
社会福祉法人三井記念病院
                                 
 2010.08.18
三井記念病院がある場所は、日本近代医学発祥の地、「お玉が池種痘所」に近い由緒ある地で、徳川幕府の「西洋医学所」のあった場所です。

幕府が倒れた後には、明治政府によって東大医学部の前身として活動していました。そして東大医学部が本郷に移転したのち、1906(明治39)年三井八郎右衛門氏が新たに病院を設立したため、「三井慈善病院」と呼ばれていましたが、以来数度の呼称変更を経て、1970(昭和45)年現在の建物が建てられたとき、「三井記念病院」と改められました。

当院の規模は482床ですが、多くの大学病院と同様に内科学会や外科学会を始め、多くの学会から専門医認定施設の承認を受けるとともに、若い医師を育成する臨床研修病院に指定されています。今や医療は、驚くべき速さで進歩しています。新しい診断機器、新しい治療法などが次々に登場しているなかで、当院は多方面にわたる専門医を擁し、最新・最良の医療を提供することを目指しています。

 ○建替計画
三井記念病院は、医療環境の変化や施設の老朽化等を踏まえ、このたび全面的な建替を行うことといたしました。

2006年7月より一部解体工事を、10月より第 I 期新築工事(入院棟建設)を開始し、入院棟のオープンは2009年1月、全体の完成は2011年9月を予定しております。

全体の工事期間は約5年余りに渡りますが、既存建物の解体と新築工事を交互に繰り返すことにより、工事期間中も今まで通り入院・外来診療を行って参ります。
 


  
(社)日本理学療法士協会
                    
2010.07.20

 
理学療法士は1965(昭和40)年に公布されました「理学療法士及び作業療法士法」によって誕生しました。
その法律制定時に関わられました当時の厚生省の担当官によって編纂されました「理学療法士及び作業療法士法の解説」の中で理学療法士という職業について「その業務の性質からして、他の医療補助者に比べると、業務の上での主体性ははるかに強いといえる。
このようなこともあって、欧米諸国では、理学療法士は高度な知識と技術、さらには優れた人格を具え、社会的にきわめて重要な職務を遂行する専門職として、社会の尊敬の的になっている」としています。この中にあります「主体性の強い業務」ということは日々の業務で自らの判断によって業務を遂行するということです。医師の指示の範囲で主体性を持って業務を行うことが求められる職種であるということはそこに大きな責任があることは当然です。そしてその責任とは理学療法士である以上、常に高いレベルの知識と技術を求め続けることにあります。理学療法士の業務は「身体に障害のあるものに対して、主として基本的動作能力の回復を図る」とされています。基本的動作能力とは寝返り・起き上がり・立ち上がり・立位保持・歩行のことを指しており、我々はこれらに対して専門職として絶対的な責任を果たすことが求められます。このことを理学療法士業務の核として、業務の範囲は予防的理学療法へ広がりを見せています。2025年には4人に1人が65歳以上になります。当然のように加齢とともに身体機能の低下は避けることができません。
しかし、若い時からの工夫や努力によって低下は最小限にとどめることは可能です。活力のある高齢社会を創るために理学療法士の力が必要です。理学療法士の学校教育は2009(平成21)年現在、3年生専門学校80校、4年生専門学校85校、大学76校で行われており、最近では大学での理学療法教育が増えています(統計)。日本理学療法士協会では中長期的な目標としましてすべての教育を大学以上としており、その過程として2009(平成21)年度の総会で短期的には4年間教育に統合することを目標として総会決議をしました。この教育環境の高度化は本会にとっては重要課題の一つといえます。

日本理学療法士協会では会員の資質向上を一番大切な活動と位置付けて諸活動を展開しています。就職後には新人教育を設け理学療法士としての基本的な能力の向上を目指し、その後は生涯学習システムでの継続的な研修を促し、その上で認定理学療法士・専門理学療法士の認定を行う制度としています。このシステムと並行しまして理学療法士講習会を全国で数多く開催し、理学療法士の知識・技術の高度化に努めています。理学療法士は「障害者や高齢者の尊厳ある自立」に貢献し、人間一人ひとりが生きがいの持てる人生が送れるように専門職として活動していきます。理学療法とは,検査,測定/評価に基づき,何らかの疾病,傷害(スポーツを含む)などに起因する機能・形態障害に対する運動療法による筋力,関節可動域,協調性といった身体機能,および温熱,水,光線,電気などの物理療法による疼痛,循環などの改善を図る治療科学です。また能力障害が残ったとき,基本的動作や日常生活活動を改善するための指導,そして社会生活を送る上で不利な要素を少なくするための福祉用具の選定や住宅改修・環境調整,在宅ケアなどが含まれます。近年では,生活習慣病の予防,コントロール,障害予防も理学療法の対象になっています。◎地域密着CATVを中心に地方地域行政が高齢化の加速に対応して地域の人施策として地域の全員が対象のために「他力本願の政治宗教主義等の機能」とは一線を引いた形で、自力本願の草の根戦略を急ぐ時期がきています。実現の期間短縮のために定着した本流づくりを 自力で一歩一歩前へ前進させることが必要です。日本国、国民の本流が変わってきたとすべてプラスに関を切った流れを構築する時代が夢ではない確率は高くなつてきました。

●サイト内
「日本理学療法士協会」

 
 
日本調剤 
                2009.11.02

企業理念

信頼される医療のあり方=「医薬分業」

 「医薬分業」とは、医師と薬剤師がそれぞれの専門家として明確な役割分担と強固なチームワークを持って患者さまをサポートする医療制度であり、信頼される医療のあり方として社会が望むものでもあります。

日本調剤は、創業以来一貫して「医薬分業」を企業理念として掲げて、自ら「医薬分業」の先駆けとして全国に展開してまいりました。

調剤薬局のこれからは、社会にとって、国民にとって必要とされる存在になること。それが真の「医薬分業」の姿だと日本調剤は考えます。

今、医療費抑制を背景とした「ジェネリック医薬品」の普及・浸透には、医薬分業の担い手である調剤薬局、薬剤師の活躍が不可欠です。

社会から必要とされ、国民の皆さまから感謝される存在へ、日本調剤は、医療用医薬品のプロフェショナルとして、グループの総力をあげて、真の「医薬分業」の実現に取り組んでまいります。


◎日本調剤グループ

日本調剤グループは、経営理念である「医薬分業」を推進するため、グループとしての総合的な強みである「医療用医薬品」分野のプロフェッショナル集団として、一貫して医薬品・調剤薬局業界のフィールドで事業活動を展開しています。

日本調剤のグループ会社は、全国各地で展開する調剤薬局事業の日本調剤(株)と調剤子会社7社と、ジェネリック医薬品に特化した医薬品製造販売事業である日本ジェネリック(株)、薬剤師や医療関係者に特化した労働者派遣紹介事業、教育研修・CSO(医薬品販売受託)事業を行う潟<fィカルリソースで、日本調剤
グループが構成されています。

医療用医薬品という共通のテーマに基づき、各グループ会社が有機的に結びつくことにより、日本調剤が考える真の「医薬分業」へのグループ力を結集してまいります。

◎日本調剤では、グループをあげて患者さまの医療費個人負担を軽減して、国の医療保険制度維持に効果あるジェネリック医薬品の普及・浸透に積極的に取り組んでいます。 事業形態は 保険調剤薬局チェーン方式の経営展開です。

ジェネリック医薬品は、先発医薬品(新薬)の特許が切れた後に販売される、先発医薬品と同じ有効成分、同じ効能・効果を持つ医薬品のことで、後発医薬品と呼ばれたりします。
欧米ではすでに幅広く使用されている国際標準の医療用医薬品です。先発医薬品に比較して開発コストがかからず安価なため、医療費負担の一部を削減できる経済的なお薬です。国が効き目や安全性を、欧米と同等の基準で審査・承認しており、安心して使用できます。

 先発医薬品は、莫大な研究開発費が投入されて開発し商品化後、特許に守られて研究開発費も含んだ利益を一定期間保護しています。しかし特許期間が過ぎるとその先発医薬品と同じ有効成分を有する医薬品を製造することができます。
つまりジェネリック医薬品の存在は、先発医薬品を開発した製薬企業が、特許による保護期間を経てその対価を得た後に、国民が等しくその恩恵を受けることができる共有の財産だと考えます。

 
●サイト内「日本調剤」
 


  
日清医療食品
            
 2010.05.27

 「食」の側面から医療、福祉を見つめ支えるヘルスケアフードサービス業界のリーディングカンパニーの一つ。

日清医療食品は、「おいしく食べて元気に!」をモットーに、医療・福祉施設に特化したヘルスケアフードサービス 事業を展開しています。
病院・老人福祉施設・保育所などの給食業務受託事業を展開。

健康時の日常において、バラエティにとんだ豊かな食生活が普通に営まれている今日のわが国では、「医療機関または社会福祉施設内での集団的な食事だから、 きめ細かく充実したものでなくてもやむを得ない」などという考えは、全く成り立たないことです。
むしろ、病気または療養中だからこそ、量的ではなく質的に、なお一層優れた食事である必要があると思います。まるで、家庭または高級レストランで(個別対応的に)お料理を作る時と同じ感覚です。

特に介護施設では、2005(平成17)年10月1日から、食費・居住費などは、入居の方の自己負担となり、今述べた事柄がもっと強く求められるような状況となりました。
しかも、以上のような点を踏まえて行う給食業務の受託は、委託されるお得意様にとって、直営の場合に比べれば経営効率が向上するものでなければなりません。「お客様には仕事をさせていただいている」の精神で仕事に向かうことではないか、と考えています。
業務を担う私たち自身の仕事はまた、科学性があり、効率的でなくてはなりません。 きちんとした美しい(=良い)仕事、会社の全員、これを通じて多くのお客様に満足していただきたいと願っております。                  
                                                                                   挨拶抜粋
 
●サイト内「日清医療食品」
 

 

 

 

 

 

 




◎A志援の心身破壊寸前からの再生の原理

「健全なる身体」が「健全なる精神」へ善循環をスタートさせ、
心身の破壊は、精神の日常の矛盾でバランスが崩れると
身体破壊のトリガーが起動をはじめる。
事前に、心身の異常変化の徴候を感じ(観る・診る)心身の破壊寸前
に歯止め(ふさわしくない環境を短期で断つ)して最適な再生行動
を採る。自力・他力の機能を症状に対応して自力で整合し使い分ける。

 

●自分の健康再生復元には、他力に限界があり、対症療法、対因療法を自力で実戦しな
ければ、機能障害、心身の健康破壊が下限を超えてしまったとき、多くの宗教遍歴、
異次元遍歴をしましたが、心身健康破壊と別次元で、他力がいない一人になると奈落の
中に沈み、健康は着実に悪化していきました。他力では自分の症状の歯止めができる
確率が高くない方法と気づき、それまでの人生の周囲環境をゼロにして、健康の治癒力
を信じ、24時間を健康領域の生活へ切り換えました。クーベルタンの「健全なる精神は
健全なる身体に宿る」を信じ、「健全なる身体」をつくるためにやらざるをえないしくみと稼ぐ
目的で、新聞の朝刊配達を雨の日も風の日も1度も休まず、3年間継続しました。
最初の1年は、異常を発信してくれる(痛い、しくしく、血が等)徴候があると、お医者様に
継続処方してもらい、「健全なる精神」をつくるために、神田の学産専門書の問屋(取次)で
本の倉庫で出版者へ委託品常備品、新刊の山を出版社に返本する仕事を3年1日の休まず
しました。仕事が終った時、休日をフルに活かしたタダで無限の本の山を読破しました。
専門書が80%以上で、不安定な精神が、安定平常心に変わり始める自分がわかる頃がら
身体が泣く健康頻度が少なくなり始めてきました。健康と精神の健全領域へのベクトルが
プラス方法の仰角がある段階から急速に変化し、本の問屋の経営改善提案や、出版社への
返本ルート(運転の相乗り)のカイゼン等交通ルートのカイゼン、全国の書店からの返本の
中の本の短冊数で売れ筋を管理できる営業支援の役割をする機会が出てきました。
心身が破壊寸前までまった新人時代の自動車部品機能設計部隊、直属上司は常務取締役に
10年後なりました、気狂部落といわれ月200時間以上の残業(連続検査室でダンボールに寝て
・守衛室で仮眠等、超スピードで多くの経験をさせてもらい、健康が破壊してきていることが気づけ
ない仕事付け、家の時間も仕事の連続で休みゼロ、夜間が生産工場での試作でした。
若さ、仕事の魅力、未知への挑戦意欲だけの精神だけでは、健康の下限以下になると毎日の
健康復元ができなくなり、疲労累積となり、胃・腸・内蔵・身体行動活力が徐々に減退をはじめ
精神復元のための宗教遍歴だけでは歯止めが難しいようです。限界点に達したとき、家族も
含め環境ゼロの状態(無一文)で健康再生復元行動をスタートさせました。3年で予定どおり、
日本の現在上場している総合コンサルタント会社へ入社し、家族も復元(親不孝も復元)し
ました。 

●経営コンサルタント業界は、その体験を超える200%以上の環境でした。
すばらしい実績を持ち、希望に溢れた人たち何千人の人が通過し、正当な理由をつけて退職
し、いつも、次の入社した人が戦力化するまでの穴ができない業務代行、社内実務コンサルタント
として、定年まで担当しました。定年まで在籍できた人の確率は0%台で、私の役割の人はゼロ
でした。定年で好きな仕事を辞めたかは、55歳を超えて血圧が170台以上は普通となり、定年
退職決断した時期は200を超える状況(高血圧の薬は持続てきに服用)で、頭、心臓の破壊
の徴候が出たからです。55歳までは、若い上記の体験で、身体が異常の徴候を発信(しいくしく
キリット、ぼんやり、気力が減退、決断の方向が最適でなくなる。平常心の中に一瞬の怒や、
危険行動の徴候さえでうる精神コントロール(抑制力)ができない時間の空間が生まれ、上司に
正論で追い詰めるコンサルタント会社で若いとき上司を5名退社させてしまつた、直情コントロール
ができにくくなってきたためです。)黒字体質の中小企業の経営者が正しい判断を維持するために、
あらゆる世界のよりという心身健康法を、自分流で取り入れたいる人が多く、その人たちに適切な
成功確率の高いアドバイスができるために、その人たち以上の知識と実戦をしていました。
しかし、身体の日常訓練しても、精神の真因を除くかなければならないと気づき、健康を理由に
退職しました。6ヶ月、他の外部で働くコンサルタントは日常勉強資格をとる時間、何日も打ち合わせ
勉強等の時間が豊富にありましたが、業務兼務で、補完、創市場創客(新規のみ継続したら、他の
コンサルタントにまかせる。業績評価はそのコンサルタントになり、楽に実績数値が上がる。コンピュ
ータ評価(作成の一員で、高くする方法は一番熟知)現実評価を相対比較すると、正常ではおれない
精神状態にあり、修行と割り切ても、凡人のため精神の煩悩、本能はコントロールできないことが真因
であると感じていましたので、一気にISOのマネジメント・環境の審査員の資格をとる勉強、しくみシステム
の勉強と資格を取り(登録はしなかった)、何万冊もある蔵書(専門書)を集中的に読み、精神の勉強欲
を満足させると同時に、万歩計、体操、お医者様に、現役時代人間ドックでは、すでに身体破壊痕跡で
アドバイスされて無駄なので、個別に同じ病院で毎年精密検査をし毎月、通院のしくみをつくりました。
6ヶ月で血圧150以下が平常化してきました。「健全な精神は、健全な身体に体質改善するトリガー
の役割をするようです。」

●中小企業対象の経営コンサルタントは、若いときの上場企業での組織しくみシステムとは別の次元
労務優位で、個人力依存、王様と歩、同族等が優位で、なぜしくみシステムへかえ、しくみシステムを
優位で、そのしくみシステムを最適に活かす教育体系に変えて、組織優位でなく個人評価(経営陣の
評価優位)にするのか、さらに、外国の個人優位の労務のしくみ(小組織では想定以上に生産性を低下
させる)しくみを優位にする労務コンサルタントが55%を超えて、「何か変」、業績悪化の歯止めでなく、
雪だるまのように赤字が累積し、想定以上の倒産する姿、経営コンサルタントは、会社を倒産するのは
修行の一つ的思考が優位な「何か、変」になり、採用される人は大企業、若くても資格取得できる机上
の時間がある人が優位になってきました。現場でノウハウを積み、入社すると、体験を聞くうづうずする
感動や新しい発見が乏しい、すでに通った道の話を理屈で言う人が優位になってきました。180度逆
をしなければ、担当した企業は悪化する方法で、1年〜2年で退社する人の数が増えてきました。
このような価値判断の実務行動の矛盾、企業の採用戦略の狂い(わたくしの故人であった恩師は
シベリヤ抑留の中で、自分の部隊の部下の大部分を無事に日本に帰還させた数少ない人の一人
で、私を採用し、結婚の仲人をし、クセ木だつた私を上場企業と、中小企業との違い、中小企業を生き
残らせる方法を徹底的に訓練矯正されました。伴侶は、当時の常務(組織、しくみ、プロセス優位の人
で故人の恩師とは逆のタイプの人)が伴侶の親戚で、徹底的に中小企業の事業の成功確率を高くする
方向を訓練されました。
恩師は 拠点長クラスには「怒髪天を突く」大声で、やさしい目でアドバイスされ、若手で私が最大の
叱られ役でした。たのメンバーへの業務アドバイスをするために「しかられ役」の私が、最適で、プラス
アルαの行動ノウハウを必ずしたことによりただしく評価される時代でした。その後は「他の人と平準化
するために我慢してください」「はい」が拠点長との評価で、直接の拠点長、取締役役だけが全社で評価
され昇進し、直属の部下も現在部門長、拠点長、取締役になっています。
その恩師も健康を害し、一線を退くと、銀のさじを咥えた2代目に阻害され、短期で、プラス領域維持の
しくみシステムも改悪され、ITオタクが優位の500名以上の組織優位のしくみになり、(わたくしもIT化の
最先端グループの推進する一人でした。当時130万円以上のPCを個人で購入し(バージョンが上がる
ごとに買い換えをしました)会社ではアナログ優位98%以上が、松下幸之助氏型でした。
PCのしくみシステムで業務が3倍速以上になり、成功確率を高くする分析解析、業務ができる人は少なく、
私を協力した取締役部長クラスは短期で政争により退社してしまいました。
当時は日本の最先端を歩む先人企業の一つでしたが、台湾、韓国との縁を切り、現在は、中国での展開
をする企業で、社員数も、当時と同程度のようで、3代目の社長(同族外)になったようです。今は、最先端
と乖離格差が出来てきているようです。

6ヶ月コンサルタント時代の開拓した東京のお客様を100%残し、上場企業グループの関連会社ISOの
第三者認証審査員会社の関連会社ISOを活かし経営を安定安心業績基盤を創るコンサルタンと会社
に偶然の縁で入社し、人材紹介派遣、認証取得会社に経営へ活かしコンサル支援のための会員組織
等の新規事業をしました。顧客が、しくみシステム、人財が多い大企業、中堅企業で、中小企業の体験
は、組織の人を育て、業績基盤が安心安定化できる計画で入社しました。
しかし、2年後7つの新規事業とコンサルタント受注と処理業務、会員増強、セミナー動員開催等、一人で、
最初と同じレベルで育たない派遣社員1名でした。業績基盤づくりのしくみづくりはできて、ISOコンサル
の新規受注、月次の業績数値も、高単価のコンサルタント報告書も自分で書きました。組織の中で人を
育てながら組織を活かして業績基盤を構築していく予定でしたが、本来の強みである業績基盤である
ISO認証会社のグループ会社として新規開拓努力がすくない御用聞き優位の営業のISOしくみシステムを
稼動させる経営コンサルタントでしたが、日本のISOのしくみが変わり、認証会社とISOコンサルタントと
完全分離となり、グループ企業から単独別会社となり、ただの業績基盤の少ない組織のない、普通の
コンサルタント会社となり、自分の存在は、過去の仕事の繰り返しで、未知の体験がほとんどなくなっり
、直接組織人が社長を通す間接行動しかできなくなりました。朝は7時、日中は受注営業と、会員
フォラー、定年前より多忙で、当時の3倍速で受注から処理までやり健康もバランスが崩れはじめ、
精神も、これ以上自分にプラスになることはゼロで心身破壊徴候として、あれだけ150以下に安定した
血圧が200を超えドクターストップの状態になり、短期で社長に直接業務を引継ぎ(社内に引継ぎできる
人がいない、単独組織であり、派遣社員の女性だけ)でした。上場企業で育ち、すばらしい個人能力を
もつ組織を活かす社長でさえ、中小企業の50人の少人数で三役四役の動きをする生産性の3倍速が
頭で理解しても、実際は、大組織の長時間の会議・打ち合わせ重視(朝の重要な時間の非効率)の
方法、部門の縦割り組織優位で、大企業育ちの人は他部門の仕事を自社の仕事へ社員も行動を換える
ことがいかに難しいか、があるようです。私の恩師の行動を真似て私の価値判断行動を換えが方法の
定着は、能力不足ででぉ、あせんでした。
●中小企業の社長より新規事業の責任者の機会がそのご複数ありましたが、その時の本社、責任者組織、
体制、人等既存の行動、新規事業の内容、強化する事業の内容では、勝ち残り確率がないため断りました。
予測したとおり、すべて現在はその事業は時代の変化に不適合しありませんでした。

●組織に属さず、個人で「A志援の創客.com」「A志援-人財.com」をスタートさせ、現在「A志援-人財.com」
サイト一つに統合して、スタートをはじめ、ライフワークとして、未知へのわくわくする最先端情報を提供し、
日本の制御型人財が活用できるために、コンテンツを充実させるために、血圧も130以下の平常に戻り
心身健全維持継続をするために、70歳を超える今からの実証検証の成功確率の高い方法探しを生命が
ある限り続けます。

 

カテゴリ一覧
日本理学療法士協会
理学療法とは,検査,測定/評価に基づき,何らかの疾病,傷害(スポーツを含む)などに起因する機能・形態障害に対する運動療法による筋力,関節可動域,協調性といった身体機能,および温熱,水,光線,電気などの物理療法による疼痛,循環などの改善を図る治療科学です。また能力障害が残ったとき,基本的動作や日常生活活動を改善するための指導,そして社会生活を送る上で不利な要素を少なくするための福祉用具の選定や住宅改修・環境調整,在宅ケアなどが含まれます。