開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

白書・産業統計・アンケート等の活用

■白書・産業統計・アンケート等の活用  070111

創市場創客の具体策事例>白書・産業統計・アンケート等の活用




 

◎戦略的「創市場創客」を130%の過負荷で事業展開する仮説のフレームワーク
を組立て、実証検証し更に高い業績貢献できるしくみを構築したいあなたは、常に
無限に成長する先人の成功確率のより高い手法と確信するものを実行し、実証
検証し成功ベクトル方向をプラスαを付加すればよい。
環境変化がプラスの場合は多くに人が成功確率が高くなりますが、環境悪化、
脅威の悪化のときは、成功できる人の数は、各分野の制御型人財の必要人数
できまります。

ただし、あなたのその時の成長段階で、最悪の業績悪化の布石ベクトルと錯覚する場合があります。
何か変だと感じたとき「進むこと鋭なるもの、退くことさらに鋭なり」の原則、狂ったら即軌道を変える
決断をする能力が必要です。

業績が悪い真因は必要な推進人材数が不足しているだけで、総能力を増やせば
必ず業績安心安定軌道へ制御できます。

ただし、人の数ではなく組織にふさわしい人財の数のことであり、員数合わせではない

各要素機能のプロセス進行が誰でも見える、実行し「よい起因」をした量でよい
結果量は決まるだけです。善因善果の原則が、プラス(追い風時)マイナス(逆風時)
により増幅した結果になるようです。
制御型人財はプラスベクトルを増加させる役割が出来ます。プラス領域になり持続できる確率は高く
なります。


 事業展開の突破口である創市場創客の具体的成功仮説を描くとき、あなたの体験
を体系的整理するためのトリガーは、日本世界を基準とした第三者の最新の情報
(時代の先端潮流)を熟読すると、固定化した自分の思考を軟化させる機能があり、
まとめるスピードが早くなることを感じることができます。

事業を展開する上で、政府発行の白書を毎年観ることを”あなた”の定石の一つに加えて、
日本の動きを感じる一つの尺度とし、その尺度を基準にわが社の軌道制御に活かしてください。
白書の最新統計数値を探す統計情報をまとめました。白書はまとめる期間前のデータです。
最新の数値は変化しています。連続性のある数値は「上がり」、「下がり」同傾向の場合は
分析内容は、修正の必要はありませんが、不連続・急激変化(異常傾向)の場合は、
白書の鵜呑みでなく修正判断が必要です。
”あなた”のような実務家は、最新の数値で、情報洪水の「真の情報」を見抜く智慧を成長
させることが、オンリーワン・ダイヤモンド人財への挑戦です。
”あなた”の智慧力が”あなた”の企業の未来を拓く推力になります。

産業・業界別の統計および公表アンケート資料


◎多くの国家規模の氾濫する情報は、専門調査機関以外、信頼度の高い
自力の元データを作成することは、80%以上不可能です。
ある時点(過去)のデータを利用して加工活用しているはずです。


ある時点(過去)から今までの補完データを追加するには、中小企業の場合
源流の情報源を閲覧することが最適です。

ある大企業、中堅企業、政府機関・政府系列の研究機関・法人(独立法人が
主流)等で源流データの最新化作業がされており、公表前の生データがあり
ます。前年との整合性により、公開情報と許容範囲内誤差が生じる場合が
あります。

公開される最新のデータは、政府の答申のための協議会のようです。
構成メンバーは、団体の役員の専門機関、法人が主流(50%以上)のようです。


◎2011.10.28 閲覧するあなたへの
「重要な連絡」

更新時最新でしたが、その後最新更新をしていませんのでアクセスできない情報も含まれています。
異常の場合は、Googleの検索により、あなたの情報源として、正しいもの選択し修正をお願いします。

●正常に閲覧できる情報源は、流行に影響されない不易の情報源です。担当者が変わり分析基準
価値判断が一貫した優れ長期連続性のある情報源として、活用を修正します。

特に政府系は為政者が変わると、基準が不連続になったり、思いつき改変があります。その場合は
過去に捉われず、改変後から一貫したデータを活用してください。

白書の内容も、長期連続閲覧していると、解析データや根拠データが変容するようです。

 

 

 ◎参考

  ◆最近の白書    白書へのリンク(首相官邸)    
         


■白書関係

更新当時の最新情報です。今の最新情報へ読み替えをお願いします。

   更新 2008.11.22
      

 経済産業省白書
 (過去の白書も閲覧可能)
 

◇エネルギー白書

◇通商白書

◇製造基盤白書(ものづくり白書)

◇中小企業白書
   
・全文  ・概要pdf    ・全文分割ファイル集pdf
 

  国土交通省白書
  (国土交通省白書等
  キーワード検索でく
る)




 

◇平成18年度国土交通白書 過去の白書も閲覧できます。
◇平成17年度国土交通白書

◇土地白書

◇首都圏整備に関する年次報告(首都圏白書)

◇運輸経済年次報告(運輸白書)

◇観光白書

◇国土建設の現況(建設白書)平成8年〜平成12年まで

◇国土レポート2000   平成12年6月 国土庁として最後のもの

◇海事レポート 日本海運の現状、海事レポート
 

 総務省白書・報告書

 

◇情報通信白書 
◇情報通信白書フォーキッズ
 

◇規制緩和白書概要(2000年12月総務庁)
     その後発行されていない

 

  内閣府白書・報告





















 

■白書

  ◇経済財政白書

  ◇原子力白書

  ◇原子力安全白書

  ◇防災白書

  ◇交通安全白書
 

■暮らしと社会シリーズ

  ◇国民生活白書 

  ◇男女共同参画白書

  ◇青少年白書

  ◇高齢社会白書

  ◇障害者白書

  ◇少子化社会白書
    ◇食育白書
 

■報告書

  ◇日本経済
     2007-2008(2007年12月14日)pdf全文・ポイント参照

   ◇世界経済の潮流 
     2008年I(2008年6月30日)全文・ポイント参照

  ◇構造改革評価報告書
      2006年12月(平成18年12月20日)参照

  ◇地域の経済
      2007年(平成19年11月30日)参照
 

  農林水産省白書

◇食料・農業・農林白書
◇森林・林業白書の概要
◇水産白書の概要(漁業白書)
◇過去の白書情報(白書の全文)平成元年度〜平成15年度
 

  文部科学省白書

◇科学技術白書
◇文部科学白書
◇教育白書
◇科学技術白書
◇子供科学技術白書 
 

  環境省白書

◇環境白書
◇循環型社会白書
 

  厚生労働省白書

◇厚生労働白書  (厚生白書:平成12年版まで)
◇労働経済白書 (労働白書:平成12年版まで)
◇海外情勢報告 (最新 2005-2006)
◇働く女性の実情 (最新平成19年)
◇母子家庭の母の就業の支援に関する年次報告(最新20年度)
 

 
 警察庁白書
 

◇警察白書

デジタルコンテンツ白書


デジタルコンテンツ協会発行 2008年9月2日
 ISBN978-4-944065-17-2 C3000  定価6,000円
  

 
レジャー白書2008

 
「選択投資型余暇」の時代
 

社会経済生産性本部が発行 2008年7月31日

 
 

■統計関係

 ◎統計の集約情報















 

◆政府統計の総合窓口(e-stat)
◎各府省等からのお知らせ
◆図表で見る日本の主要指標
◆地図図表で見る都道府県・市町村のすがた
◆地図で見る統計(統計GIS)
◆統計年鑑等の統計書
・日本統計年鑑
・日本の統計
・世界の統計
・日本の長期統計系列
・総合統計データ月報

●統計学習サイト
●統計関係書籍検索

 

◆統計情報総合案内(総務省統計局HP)下記でご覧下さい。
 

◆都道府県の統計
県名をクリックすると新しいウィンドウに各県の統計のサイトが表示されます

◆海外関係統計

 

 日本銀行公表データ
 
(統計データを活用したい)


金融経済に関する、さまざまな資料や公表統計を掲載しています。統計の公表ページでは、公表計数のほか、その統計に関する解説、FAQ、訂正通知などが掲載されています

○日本銀行の統計を調べる
  ときのポイントを事例で
  まとめてある。 

     















 













 

 ◆金融経済統計月報
    経済の動向を把握するのに、よく使われる統計を集めた統計資料。
   (pdfファイル形式)
  日本銀行作成統計の抜粋のほか、日本銀行以外 の機関が作成・
  公表した転載統計が含まれいる。
    毎営業日8時50分に新しいデータに更新している。
 

 ◆日本銀行統計(季刊)
     日本銀行が作成している統計を集めた統計資料です。
      (Excelの圧縮ファイル)
      3ヶ月に1度の頻度で更新しいる。
      なお、11月の公表分(秋号)は、年報も兼ねている。

 ◆日本銀行に関する統計
  通貨や、日本銀行の金融調節等に関する統計
 

 ◆金融に関する統計
  金融市場、預金・貸出(金利・残高)、民間金融機関の資産・負債、
     資金循環、決済に関する統計。
 

◆企業・物価に関する統計
  短観や物価に関する統計
 

◆国際金融経済に関する統計
    国際収支やBIS統計など
 

◆日本銀行が実施しているアンケート調査
 

■短観

◇全国短観

◇主要短観

◇短観(全国短期経済観測調査)解説
 

■国際収支統計

◇国際収支状況(財務省と共同で公表)

◇直接投資・証券投資地域別国際収支統計

◇業種別・地域別直接投資

◇「国際収支統計」の解説
 

◎日本銀行統計データを調べたいとき

◆掲載されている主な統計等
本サイトでは、金融経済に関する、さまざまな資料や公表統計を掲載しています。統計の公表ページでは、公表計数のほか、その統計に関する解説、FAQ、訂正通知などが掲載されています。
 

◆統計を調べるときのポイント

 

 

■金融経済の動向把握に役立つ代表的な統計機関
   
(日本銀行以外)

内閣府(統計情報・調査結果
 






















 

■景気統計

◇景気動向指数
◇機械受注統計

◇法人企業景気予測調査

◇消費動向調査

◇企業行動に関するアンケート調査

◇景気動向指数研究会 pdf

 

■国民経済計算(SNA)関連統計

◇GDP(国内総生産)

◇四半期別GDP速報(GE,長期時系列)

◇国民経済確報

◇県民経済計算

◇民間企業資本ストック
 

○統計概要  ・Q&A ・用語解説
○刊行物入手先一覧
○SNA関連サイト

○説明資料・関連レポート(SNA推計手法解説書)

 

■その他

◇月例経済報告書関係資料

◇景気ウォッチャー調査

◇消費者団体基本調査

 

 

   総務省(統計情報)



























 

◇国勢調査

◇人口推計

◇事業所・企業統計調査

◇家計調査報告
◇労働力調査
◇消費者物価指数
 

○日本統計年鑑

○総合統計データ月報

○日本の統計

○世界の統計
 

●統計トピック
統計局が実施している統計調査などの結果からトピックスを紹介
 

●統計表一覧(Excel集)
統計局が実施している統計調査などの統計表をダウンロードできるコーナー 

●結果の利用案内
統計局が実施している統計調査などの結果の入手方法を紹介(統計相談室,各調査担当課,統計図書館,刊行物・電磁記録媒体の販売先など)
 

●政府統計公表・提供状況(府県別)
各府省が実施する統計調査の公表予定,公表媒体,問い合わせ先などを府省別に案内
 

 

  財務省(統計情報)



 

◇貿易統計(税関ホームページ)
◇法人企業統計

◇法人企業景気予測調査

◇国際収支状況

 

    経済産業省(統計)

















































































 

◎経済産業省所管全統計一覧
 

■指数

◇鉱工業指数
◇第3次産業活動指数

◇全産業活動指数
産業活動指数は全産業の生産活動状況を供給面から捉えることを、全産業供給指数は消費、投資、輸出、輸入といった各最終需要の動向を供給面から捉えることを目的としている
 

■鉱工業

◇工業統計調査

◇生産動態統計(業種別に速報方式) Excel

 ・機械統計 

  ・化学工業統計

 ・窯業、建材統計

 ・繊維、生活品統計

 ・紙、印刷、プラスティック、ゴム製品統計

 ・鉄鋼、非鉄金属、金属製品統計

 ・資源、エネルギー統計

 ・需給統計(石油製品、鉄鋼需要、生産内訳)
 

■商業

◇商業販売統計
◇商業動態統計調査
 

■サービス業

◇特定サービス産業実態統計
◇特定サービス産業動態統計
 

■企業

◇経済産業省企業活動基本統計

◇外資系企業動向調査

◇海外事業活動基本調査

◇海外現地法人四半期調査

 

■設備投資
◇経済産業省設備投資調査
 

■工業立地
◇工業立地動向調査
 

■環境
◇公害防止設備投資調査
◇水質汚濁物排出量総合調査(環境省へ移動します)
◇容器包装利用・製造等実態調査
 

■IT関連
◇情報処理実態調査
 

■エネルギー
◇経済産業省特定業種石油等統計
 

□研究・分析レポート
◇産業活動分析
◇その他の研究・分析レポート
 

□統計キッズページ
情報化社会の進展に伴い、経済や社会等の姿を客観的なデータによって示す統計情報は、現在、様々な場面において活用されており、一般国民が、テレビや新聞、雑誌、インターネット等、多様なメディアを通じ、数字やグラフ、ランキング形式等で、統計情報に接する機会が増えています。
 これらの統計情報を正しく読み取り、自分達の生活や学習に役立つ情報として活用していくためには、早い時期から、統計に触れ、統計の使い方、統計的な物の見方や考え方を身につけることが重要と考えられます。
そのため、学校や家庭等で、児童・生徒が、統計について、興味と関心を持ちながら、楽しく学べる「統計学習ホームページ」を作成しました。
本ページでは、経済産業省が実施する「工業統計調査」の最新データを使用し、我が国の工業の現状等について紹介しています。

○「統計から見る工業統計」をみる
 

□刊行物案内 pdf
 

 

資源エネルギー庁
   (統計情報)

 

◇総合エネルギー統計

◇石油製品需要動態統計調査

◇非鉄金属需要動態統計調査

◇電力需要調査

◇ガス事業生産動態統計資料

 

 中小企業庁 (統計調査)
















 

◇中小企業実態基本調査

◇中小企業景況調査報告書

◇中小企業の財務指標(概要)
中小企業約80万社の決算データをもとに新たに作成した財務指標です。

◇産地概況調査

◇中小商業・サービス業設備投資動向調査

◇規模別製造工業生産指数

◇規模別輸出額・輸入額(Excel)

◇規模別国内企業物価指数(Excel)

◇倒産状況(Excel)
 企業規模、業種、原因別の倒産状況です。
◎ページを開くかどうか確認が出ます。
 

◇中小企業の企業数・事業数(Excel)
 我が国の中小企業数です
 ◎ページを開くかどうか確認が出ます。
 

◇中小企業・小規模企業者数(pdf)

◇下請中小企業短期動向調査

◇中小企業の経営指標

◇中小商業・サービス業設備投資動向調査

 

特許庁(統計)

 

◇知的財産活動調査

◇特許行政年次報告書

◇重点8分野の特許出願状況

 

厚生労働省(統計調査結果

 

◇厚生労働統計一覧
分野別に各種統計が閲覧できます。
    1.厚生統計
    ・人口・世帯  ・保健衛生  ・社会福祉  ・老人保健福祉
    ・社会保険  ・社会保障等
    2.労働統計
    ・雇用  ・賃金  ・労働時間  ・福利厚生  ・労使関係
    ・労働災害、労働安全衛生  ・その他

 

国土交通省(統計情報































 

◇交通関係指定統計資料
・指定統計  ・承認統計  ・その他
 

◇土地関連統計調査(土地総合情報ライブラリー)
・地価関係  ・土地利用関連  ・土地政策関連  ・国土調査関連
 

◇国土交通月例経済
 
1.建設投資の概況(建設総合統計(出来高)・公共機関からの受注工事
             ・受託・民間非居住建築・民間等からの受注工事・
             地域別動向      
 2.国土交通産業の概況(建設・不動産・交通・観光)
 3.関連経済指標の概況(業況・雇用情勢・倒産・建設資材の市場動向・
                一般経済指標の概況)
 今月のトピック 
 

◇建築着工統計
 

◇大都市交通センサス
大都市交通センサスは、首都圏、中京圏、近畿圏の三大都市圏において、鉄道、バス等の大量公共輸送機関の利用実態を調査し、各都市圏における旅客流動量や鉄道、バス等の利用状況(利用経路、乗換え関係、端末交通手段、利用時間帯分布等)、乗換え施設の実態(鉄道駅の乗換え、バス・鉄道の乗換え)を把握するとともに、人口の分布と輸送量との関係、輸送需要構造等の分析を行い、三大都市圏における公共交通政策の検討に資する基礎資料を提供することを目的として、昭和35年以来5年ごとに実施しています。

◇全国貨物純流動調査(物流センサス)
pdf Excelダウンロードできます。
 

◇全国幹線旅客純流通調査
 

□分野別統計データ

◆観光

◆鉄道

◆自動車

◆海運・船舶・船員

◆港湾

◆航空

◆建築工事

◆建設業

◆建設機械

◆道路

◆都市

◆建築・住宅

◆河川

◆土地

◆貨物輸送・物流

◆旅客輸送

◆その他

 

 

   外務省
 

◇各国地域情勢 

 世界銀行東京事務所
 

◇世界銀行情報センター(PIC東京)
・閲覧貸出
世界銀行の最新書籍・報告書の閲覧、年次報告書や「世界開発報告」などの年次出版物の閲覧・貸出を行っています。センター内のPCでは世界開発指標(WDI)オンライン版の無料使用や世銀報告書などの検索などができます。コピー機(1枚10円)もあります。
◇出版物購入の場合

 

日本貿易振興機構
(JETRO)





 

□JETROビジネスライブラリー
 どなたでも無料でご利用いただける国際ビジネスの専門図書館です。ジェトロの海外事務所を通じて収集した世界各国の統計、会社・団体名簿、貿易・投資制度などの基礎的資料、関税率表などの実務に直結する資料等、多岐にわたる資料を取り揃えています。各種データベースもご利用いただけます。

◆データベース一覧
・貿易統計
・企業ダイレクトリー
・新聞雑誌レポート
・官報法令
 

国際貿易投資研究所
 

◇国際比較統計(直接投資、貿易、マクロ統計等)

財務総合政策研究所
 


◇財政金融統計月報

 財政金融統計月報は、財務省の主要な業務統計や一般に公表されている統計資料などを基に財政、金融、経済の重要な事象について具体的に解明し、部内執務の参考と一般の利用に供することを目的として昭和24年以降刊行されている伝統ある統計資料集です。

 

 全国銀行協会(統計資料)

 

・全国銀行 預金貸出金速報
  銀行の預金・貸出金残高などを集計し、全国銀行の総預金、実質預金
   譲渡性預金、貸出金、債券純発行額の月末残高などを翌月の第5営業
   日に掲載。

 

 日本証券業協会
 
(統計情報)

◇公社債種類別店頭売買高

 

    日本相互証券

◇Market
  ・概況 ・BB国際価格  ・主要レート推移 ・長期金利推移グラフ

◇資料室
 ・概況直近3ヶ月  ・BB国際価格直近3ヶ月 
 ・主要レート推移直近3ヶ月  ・長期金利推移グラフ
 

    東京証券取引所

◇TOPIX
   ・上場会社  ・株式債券  ・東証株価指数  ・市況  ・統計資料  

  ・調査レポート・資料

 日本百貨店協会統計)
 (JDSA)

◇全国百貨店売上高
  ・東京地区百貨店  ・全国百貨店 ・最近の百貨店売上高の推移
◇プレスリリース売上
 

◇会員百貨店コラボレーション会員検索
 

  
日本チェーストア協会
 
(販売統計) 
 

◇チェーンストア販売統計

    ・月次統計    ・長期統計

日本自動車協会連合会
 
(統計データ)

◇自動車国内販売(新車登録台数)

  ・新車、月別、車種別    ・新車、月別、メーカ別
 ・大中型貨物車登録台数   ・月別RV販売台数
 ・ブランド別統計  ・ランキング30位  ・中古、年別、月別
 ・発表日  ・ディーラー経営状況 

全国軽自動車協会連合会(統計)
 

◇軽四輪車新車販売速報

  ・四輪車   ・二輪車

 

 



  
「白書・統計活用便利情報(官庁関係)」と併用を推奨

                                                                     
  更新 2008.11.22 
      



産業・業界統計


◆日本経済新聞社
 

日経の調査

◆日経産業地域研究所

 
□日経新製品ウオッチャー
◆新製品四半期ランキング

◆ヒットの予感
◆新製品モニター調査
◆新製品クイック評価

 


◆日本生活協同組合連合会

 

生活データニュース

◆石油化学工業会
 

石油化学工業の動向・統計資料
 


◆石油連盟

 

石油統計(速報)・貿易統計・石連統計等
 


◆日本鉄鋼連盟

統計・分析
鉄鋼需給の動き
鉄鋼需給統計月報(抜粋)
 


◆日本産業機械工業会

 

産業機械受注・輸出契約状況等


◆日本電機工業会

 

電気機器生産・出荷・輸出入等


◆日本電気計測器工業会

 

 統計データ⇒電気計測器生産額実績


◆電気通信事業者協会

 

◆携帯電話・PHS契約数

◆テレコムデータブック
 


◆日本半導体製造装置協会


 

半導体製造装置統計資料


◆電子情報技術産業協会

 ( 
日本電子機械工業会(EIAL)は2000年11月1日に改称


□統計資料

電子機器生産・輸出入・出荷等

◆地上デジタルテレビ放送受信機国内出荷実績


 

 

 


◆日本印刷産業機械工業会

◇最新統計データ 平成9年から19年度まで

・印刷機械

生産統計

輸出統計

輸入統計

・製版機械

生産統計

輸出統計

輸入統計

・製本機械

生産統計

輸出統計

輸入統計

・紙工機械

生産統計

輸出統計

輸入統計


◇最新統計データ
平成14年1月から月別情報
◎毎月更新のため直接Topからご覧下さい
 


◆日本アドバイザー協会
  2007.6日本広告主協会の
 名称が変更になりました。

□広告統計データ

 ■広告全般
   ・電通DATA&REPORT  :調査電通
   ・日経広告研究所 調査研究 :調査日経広告
   ・広告出稿量ランキング  :エムアールエス
 

 ■新聞 :調査 日本新聞協会
   ・新聞に関する各種調査結果
   ・新聞広告データアーカイブ 
 

 ■電波 :調査 ビデオリサーチ
   ・ビデオリサーチデータページ 
 

 ■雑誌  :調査 日本雑誌協会JMPA      
   ・JMPA読者構成データ 
   ・JMPマガジンデータ
 

◆日本印刷産業連合会
   (JFPI)

印刷産業界の動向

JFPI出版物&調査研究報告書


◆日本自動車工業会

□データファイル

◆自動車生産・輸出・需要見通し等
◆データベース(表のスタイル選択して検索)
◆調査分析(市場動向調査)
 

◆日本自動車販売協会
  連合会

新車販売台数
新車乗用車販売台数ランキング
自動車ディーラー経営状況調査

◆日本機械輸出組合

機械貿易統計
機械貿易動向



◆日本機械工業連合会

 

◇統計
機械工業生産額見通し調査

◇調査・研究報告
多くの発行機関で研究報告書を作成しています。

◇新製品・新技術
日機連会員会社情報

◇海外情報
中国情報・韓国情報・欧州情報

 


◆日本工作機械販売協会

◇日工販会員会社受注見通し
工作機械・FA流通動態調査

◇工作機械受注統計
 

◆ビジネス機械・
 情報システム産業協会

 (JBMIA)
日本事務機械工業会が2002年4月1日改称した団体)

◇統計データ(エクセルデータ)

   ・生産状況時系列表 

  ・販売状況時系列表 

  ・輸出状況時系列表

  ・輸入状況時系列表
 


◆全国銀行協会

 

全国銀行預金貸出金速報等

◆日本証券業協会
 

統計情報(株式・公社債・業界等)

◆リース事業協会
 

リース統計 pdf Excel

◆日本クレジット産業協会
 

クレジット関連統計


◆日本不動産研究所

 

市街地価格指数
田畑・山林価格調査
全国賃料統計
不動産投資家調査
 


◆日通総合研究所

□レポート・研究資料

◇企業物流短期動向調査(日通総研短観)
◇経済・貨物輸送の見通し

●ロジスティクスレポート
●日通総合研究所論集
 

◆全日本トラック協会
 

トラック運送業界の景況感

◆日本百貨店協会
 

◇百貨店売上高

◆日本チェーンストア協会
 

チェーンストア販売統計

◆日本フランチャイズチェーン協会
 

FC統計調査・コンビニエンスストア統計等

◆日本フードサービス協会
 

外食産業データ

◆日本旅行業協会
 

旅行取扱状況速報・旅行市場動向等


◆電通
 

□出版・研究データ
電通が行った調査・研究に関する資料、消費行動や消費者研究データ、あるいは電通や広告業界にまつわる様々な資料などを集めています。
◇広告費・広告量
◇電通消費実感調査
 

◆日本能率協会総合研究所
 

□マーケティング・データ・バンクMDB

 

◆新エネルギー・産業技術
 総合開発機構(NEDO)

 

◇プロジェクト(分野別)

◇プロジェクト(50音順)

◇事業関連キーワード索引
◇プロジェクトコード別
 

◇技術情報データベース(成果報告書検索等)

◇NEDO関連組織・団体へのリンク

◇よくわかる技術解説
・ナノテクノロジー材料技術分野
・電子、情報技術分野
・バイオテクノロジー、医療技術分野
・機械システム技術分野
・環境技術分野
・新エネルギー、省エネルギー分野

○キッズページ
 

 

 


 

 


世論調査・アンケート調査


◇内閣府


世論調査
(全調査表示)
掲載されている表はCSVファイルで作成しております。
 


◇NHK放送文化研究所

一般世論調査 一般世論調査
一般世論調査 政治意識月例調査
放送世論調査 全国個人視聴率調査
放送世論調査 放送世論調査
 


◇日経リサーチ

日経電話世論調査
データ・レポート
 

◇電通

消費者実感調査

◇日経産業地域研究所

変化を読む(消費者調査から)

◇日本生活協同組合連合会

全国生計費調査報告

 

 


 

◎世界観視点から、世界の国粋型の国家観が本流の時代、10歳前の人格基盤
教育で、平和ボケ、日本より海外、国語さえ捨てる価値判断が本流となり、小民族
日本民族が混血により、日本国を必要としない新しい民族が優性遺伝をはじめ
ました。 他国人になろうとする姿行動の人が55%を超えた時代に近づく時代
日本国日本民族が存在できるためにプラス行動をしたいあなたのような人財は、
視点を世界観に置き、日本がその中で何を最優先にすべきか、場合によると
本流のベクトル方向は着実に滅亡軌道かどうか気づくときです。

アジア圏の民族の潜在脳の中の本能、遺伝子の中から、戦前の侵略の記憶は
本音、国益に主眼を置くと、資源国土の広さ人口の数はランチェスターの法則が
優位となり、建前発言はプラスに見えてもゼロからマイナスに変わる時がきます。
多くの大人と、本音優位の子供に日本人として接し、日本人侵略の祈念が、
津波の中の人の阿鼻叫喚を消すメディアのような過保護ではない、事実の
阿鼻叫喚が展示され、いつも日本人への怨念をみせるしくみができています。
過去したことは、企業観、個人観優位の行動での捉え方と本質的にズレが
ある確率は高い。一時の超円高は実質価値1ドル110円程度であり、超円安の
TPPにより投機相場が逆転したとき、また、世界の予定通り、バブル時代の
世界への膨大な投資資金(日本国内流通資金の海外はらまき現象)で大赤字
で撤退し、回収できない確率は高い。今回は、日本国の「埋蔵金:国の存亡の
危機のための資金」は、平和ボケの主流が既に大量に資金を倍増させる資金
対効果マイナスの放蕩型で使っい、20世紀で時間の止まる21世紀の悪手、ゼロ
金利、円高の歯止め国家予算の放出の頻度が増加し、想定以上の速さで、財政
逼迫していても、他人ごとで、円安へ加速度反転したとき、何が日本に起こるか
を浮き草思考でない、大地に根を深くはやした制御型人財は、現在の行動様式
にプラスαの一段高い理論武装した戦術構築を急ぐことを待望します。

◎国内、世界の時代の潮流の本流の上限下限を見る。(文字・数字・現状の姿等)
あなたの首位の環境がどの程度まで環境適応できているか現状認識し、その乖離
を確認する。すべて人のその時の本流の価値判断レベルの55%以上の人のシナリオ
で描くなかの中で多数決優位の時代は変動する。潜在脳(煩悩・本能)優位の時代は
超拝金富裕層の我欲が、幻想価値で実体と別次元の煩悩が生む金融というバブル
増幅量で世界の人間界は変動する。茶番の建前でディベート法を活用し、あたかも
正論のように、実体は多くの人の未熟で一部欠落した潜在脳で誘導し、見える剛型
行動はだれにも見える(戦争等)ますが、観えない剛型行動が多数決優位な場合は
その国の10歳までの教育体系でどの方向を向いているか、人間行動の初速度と、
行動価値基準の選択優位順位であり、人の戦略的成長軌道を決める基盤です。
10歳以上構築する部分は建前が優位となり、あす瞬間組織人として異常行動(本音)
行動が垣間見られます。本音と建前を使い分ける頻度の多い人ほど、潜在脳を抑える
抑止力を弱くすると(酒、くすり、他の人に見え難い空間等の環境に置く)、本音行動
をしやすくなります。(家庭内暴力・幼児虐待等・無差別殺人・酒乱等の現象も真因
の一つです。)第二次世界大戦前と後の過去を知る人と、過去を知らない、新しい
ある方向の組織人より個人優位、知識優位方式、海外優位方式等、違いを比較し
人格形成のプロセスを、能力開発責任者として、企業の幹部教育のために常に
カイゼンのプラス領域へのベクトツ方向探しを、気の遠くなる時間をかけて、臨床
検証確証、シンプル体系化の持続で、気づけた現象の一つです。

◎各国の白書、統計資料と国連機関からのある価値基準でのデータと、解析内容
の国別のズレがあります。国家が単位である時代、その国の本流の情報が世界市場
での行動価値基準であり、その国にとり今の正論(人のプラス領域にあるかどうか、
人の子孫繁栄にプラスかどうかとは別次元の内容)です。
国連は、公表するものは、平均情報であり、上限方向の国と下限方法と下限以下の
国があるだけです。
国連の主流が上限を決めるため、上限は力関係でかわります。実体の世界市場の
現実行動とは別次元であり、直面する現実とは乖離する確率はまだ高いようです。



 

商品一覧