開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

企業の歴史館博物館&業界施設

■企業の歴史館博物館&業界施設  071127

先人の智慧「企業の歴史館史料館」>企業の歴史館博物館&業界施設

 

時代の荒波を乗り越えた、

  変遷の歴史を公開している企業、

  企業の内容を公開した施設を見学し、

広い視野、豊かな発想の経過を学び、自社に応用展開しよう。

若い人財の思考の幅は急速に広がります。

多くの企業の施設を、親子で見学する時間を創ることは
制御人財の必要条件です。自社のブランド力を日常活動
の中でアップさせるしくみづくりは必要なテーマの一つです。
わが子供の成長での影響を検証できる場になります。

日本の中のブランド力を持つ企業が、ブランド醸成のプロセスを公開し、
実績と未来への進化の成功確率が高い企業であることを衆知させる
方法に一つとして、成長過程のプロセス(過去の軌跡)を見せる工夫
する企業が増えてきました。現在今の常設展示場とは異なる効果が
あります。
特に幼稚園、小学校、中学校(キッズ)を対象にしてものづくりの魅力
社名を無意識で潜在脳に定着できるしくみもあるようです。

市場で選ばれるためには、日常の汗をかく努力が必要です。
中堅中小企業の場合、ブランド力にプラスαが付加され定着させる
ための「もうちょっと」工夫量が必要かもしれません。


 

更新 2008.10.03  

多くの団体、上場企業に施設があります。下記を事例に探すし、
あなたの情報源を構築し、家族サービスに変化をつけさせながら
自らも学び、新しい戦術付加を推奨します。            
                                       

■味の素 「食とくらしの小さな博物館」

1900年から現在まで4つの時代に区分し、社会世相の流れとともに味の素グループの歩みをたどりながら、それぞれの時代の食卓風景とその移り変わりを紹介している

◆館内案内

◆利用案内

◇「味の素」誕生ものがたり

◇社会と歩んだ一世紀

◇くらいしの食卓

◇くらしと食卓 今、そしてこれから

◆あしたのもとフォーカス

◆「味の素」Now・ World View

■石川島資料館
(IHIものづくり館 アイミューズ)

2003年、創業150周年を契機に掲げたIHIのスローガンです。IHIの前身となる石川島造船所は、浦賀沖に黒船が来航した1853(嘉永6年)年、近代日本の夜明けとともに誕生した。それから150年以上にわたりエンジニアリングの最先端に立ち、次代へとつながる新しい可能性を追求。造船、陸上機械・プラントから航空・宇宙までさまざまな分野に事業を広げ、新しい時代を切り拓いてきた。当館は、こうしたIHIの創造と挑戦の歴史をお客様や地域の皆様、次代を担う若い世代に知っていただくために開設された。当館の展示を通して、IHIがものづくりにかけた情熱の軌跡にふれていただきたい。

◇施設案内
 

◇利用案内

 

 

■東芝科学館
 

1961年11月15日に開館して以来
「人と科学のふれあい」をテーマに、数々の技術を紹介、そして未来を支える子供たちに科学を身近に感じ、喜んでもらえる場としての役割を担ってきた。開館45周年の節目の年にあたり、今回大きなリニューアウを実施。新しくうまれかわりました。

 

◇新設コーナー
・電気の発見と歴史コーナー  ・社会インフラコーナー
・ユビキタスコーナー   ・創業者コーナー
・一号館ものがたり

◇科学館カレンダー 

◇見学ツアーの案内 

◇交通の案内 

◇フロアガイド
 

◆科学館を語る8つのキーワード(開発商品紹介)

ユビキタス

ビジュアル

エコロジー

宇宙

人間

エネルギー

交通

家電

 

■清水建設 
  建設技術歴史展示場

発展する建設技術の歴史に焦点を当て、脈々と続くものを技術の視点から見極め、建設の文化として伝承していくことは極めて重要であり、建設業に携わる使命と考えてつくられた。
明日を担う若者たちに「ものづくりの心」を伝える場を提供することも大切なことと考え、建設技術歴史展示室を、2005年に開設した。建設技術の魅力を身近に感じていただく場を提供している。

・建設技術歴史年表

・タイル煉瓦施工技術の変遷

・コンクリート構造物の歴史と発展

・鉄骨造建物の歴史と変遷


  
ホームページで紹介されておらず直接見学

■トステムショールーム東京

2007年1月5日(金)〜2月28日(水) 「エクステリアキャンペーン」 開催中。
エクステリア商品をご選定いただいたお施主様にもれなくナチュラルガーデン5点セットをプレゼント!詳しくはショールームまでお問い合わせください。
4階キッチンフロア、B1階マンションコーナーにおきまして、大規模な新商品の入替工事を実施しております。工事中は大変ご迷惑をおかけいたします。
3階に注目の新玄関ドア「フォラード」50体、「プレナスχ42体展示しております。新エントリーキーシステムを是非ご体感してください。

◇イベントカレンダー

◇ショールームへの行き方
 

◆ショールーム予約申込

◆7階建の6階までショールームになっています。   

1F

2F

3F

  4F 

5F

 6F 

 

■コクヨ東京ショールーム
 

空間デザインのヒントがある。さまざまなシーンに合わせた製品を提案し、時代のニーズに融合して新しいカタチがうまれている。スタイルに合った家具を探している方にも、イメージをカタチにしたい方にも、コクヨのことをもっと知りたい方にも、自由に活用していただけるショールームです。

◇見学の案内

◇上手な見学のヒント

◇デモンストレーション

◆見学の申込

◆アクセス

「バーチャルショールーム」をトップページから閲覧できます。

■パナソニック 技術情報
 (旧松下電器)

   
    ◆ミュージアム情報
   ・パナソニック電器歴史館
   ・パナソニック(株)エナジー社
   
・パナソニック資料館
   ・インターネット博物館
    パナソニックパビリオン
   ・Time Capsule EXPO70

    

◇パナソニックテクニアルジャーナル
  パナソニックの技術論文誌の巻頭言と各論文の要旨が
 閲覧できます。
 

◇モノづくりスピリット発見マガジン「isM」
 

◇テクノロジーと人
 

◇ユニバーサルデザインの取り組み
 

◇パナソニックのブルーレイ総合サイト
 製品、ニューリリース、技術など、パナソニックのBlu-ray(ブルーレ  イ)関連情報を紹介
 

■トヨタ博物館

 

◇展示の案内(常設展)

◇イベントガイド(バックヤードツアー)

◇トヨタ博物館について

    ・博物館概要

   ・利用案内

   ・開館カレンダー

   ・交通アクセス

   ・施設紹介

◇刊行物の案内
 

■印刷博物館

  人類の発展に大きくこうけんしてきた
 印刷 その役割や意義を伝え、印刷
 にはコミュニケーションメディアとして
 どのような可能性があるかを紹介

◇利用案内

◇施設案内

◇展示案内

◇コレクション

■三菱みなとみらい技術館

  展示会ゾーン(技術館概要)
  ・環境  ・宇宙 ・海洋 
  ・交通運輸  ・エネルギー 
  ・技術探検  ・乗物の歴史
  ・企画展示

◇研究開発/技術情報
 

◇フロアガイド

◇バーチャルツアー(クリックするとネットで閲覧できます)

◇アクセス

◇開館日を確認してください

■日本の科学館めぐり

 
「日本の科学館めぐり」は全国の
 科学館をはじめ科学技術に関する
 教育普及亜k津堂をおこなっている
 施設のうち、掲載の許可をいただいた
 情報を集めたホームページ。
 約660の施設を紹介しています。








  






 

◇科学館イベント分野について 
科学館のイベント情報を集めてあります。館名称・所在地・開催日
イベント分野の4項目から検索できます。  

◇かがくナビ 中学生向け科学サイト
かがくナビは、
独立行政法人科学技術振興機構(JST)が運営する、科学に興味や関心をもつ人に向けたコミュニティ型ウェブサイトです。
 

◇各地科学館イベント情報
 

◇JST関連イベント
 
独立行政法人科学技術振興機構(JST)関連イベント情報を紹介

 

◆基礎自然科学

◆先端科学

◆工学産業技術

◆エネルギー

◆環境

◆生命医療

◆交通乗り物

◆地球宇宙

◆恐竜生物学

◆動物園水族館植物園

 

 

■鉄道博物館

   
秋葉原(東京)の交通博物館
  がさいたまへ移転。
     2007/10/14オープンしました。




 

◆鉄道博物館とは

◆利用案内

◆アクセス

◆フロアマップ

◆ゾーン別展示

◆実演・体験

◆館内施設案内

◆企画展イベント

◆よくある質問

●リンク

 

■日本工業大学
工業技術博物館


企業の皆様 歴史的に残すべき機械があれば寄贈をお願いします。
未来への伝承にふさわしい内容・もの!
 

◎機械寄贈のお願い
  





 

◆概要
日本工業大学は、昭和42年に、開発能力と実務能力とをそなえた高級技術者の育成 を目指して開学して以来、可能な限り実践をともなった教育を行なっています。
その建学の理想に基づく教育方法の一環として学内に常設の工業技術博物館を設置し、あわせて、工業技術の啓蒙をはかることにより社会的貢献をはかっていきたいと願っております。もとより、工業技術博物館として完成させるためには、工業技術全般に広くわたる必要がありますが、これを短い期間で行なうことは不可能であり、そのゴールは遥かに遠くにあります。

実業界のみんな様のご支援をお待ちしています。
 

◆近況報告

◆展示品について

◆特別展について

◆工作機械について

◆博物館ニュース

◆後援会について

 

 

 

 

商品一覧