開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

TKC

■TKC       070611

経営者>TKC



□経営者、経営陣として日本の中小企業で働くか、その規模のお客様を対象に
業績基盤を構築する制御人財のあなたは、数字基準として先入観を排除して
判断する場合、常に最新情報を知る必要条件の情報の一つです。

上場企業が優位の数値と少しことなり、国内を生存業績基盤とする場合は判断の乖離が
業界、業態であります。違いに気づく目が必要で、士業のお客様の60%を下限として、上場が多いか、中小企業が多いか、修行時代どの規模を対象とした士業で実戦したかにより、その人のアドバイス
情報を補正する必要かあります。加工情報なので価値判断で個性がでます。規制法律の原本を確認
して、あなたが正しく決断する必要があるからです。他人責任にできない、逃げ場のない自己責任姿勢
を持続すると、不思議に、何か変な内容は「変なにおい」がするように気づけるようになります。
内部監査の担当責任者になった時、核心を突くことができる確率は高くなります。



◎TKC1社が士業である税理士会計士の支援連携組織が全国で構成する機能が
地域密着型で、地域に貢献しながら発展し、TKCの全機能を活かしながら日本国
中小企業の赤字体質に歯止めをかけ、地域の行政金融機関団体と連携する機能
する機能をさらに21世紀型ネットワークを活かせる確率が高くなってきました。
産学官を繋ぐ経営数値を介するカタライザー(触媒)機能が国の税収管理のしくみ
として機能が洗練されてきました。

「アナログ優位の笊(ざる)経営から、笊(ざる)の目からもれる量をデジタル化で少なくする管理のしくみ」の最新化対応のしくみができてきました。世界標準で加速度的に変化し、対応のため財務戦略とは
別次元の日本国の法律は徴税を目的として規制強化時代に入ってきました。財務部門、法務部門は、最新化適応の体制をTKCのようなしくみを外部機関として活用することが必要な機能の一つとなって
きました。は最新税制の変化に適応できない場合は20世紀優位の節税戦略が財務のシステムの
修正が遅れると脱税となる確率が高くなってきました。

笊の目の粗さは、部門業務の人の価値判断、経営陣経営層の日常行動、上司の判断で決まる、
勘定科目の仕分けのしくみによります。外部専門機関の最新情報を、経理に関係する全員徹底の
しくみづくりが共有情報として必要になってきました。特にお客様との接点、調達、営業等の部門が
脱税の真因となる事例が豊富に顕在化してきました。独断で行動せず、上司、決裁者の印をもらう
ことが、法律に抵触したとき、上司決裁者責任になりますが、判例は、上司が知らなかったが通用
する役職責任は別次元のようです。制御人財は企業の先行投資に関わり、税制、勘定科目の判断
のから切り離せない業務を担当します。

制御人財を目指す人は「TKC全国会のしくみ」を活用することを推奨します。

ただし、「笊(ざる)に入れるもの(サービスも含む)の量をもれる量より多くするしくみ」、税金を多く
支払える方向の情報源の一つです。中小企業が黒字化でき確率をさらに上げるためには、創市場
創客のしくみを地域密着CATV機能を活かして地域の全インフラ機能を活かすと、地産地消型、安定
業績基盤ができる確率は高くなりました。 

地域の税理士会計士の日常の企業との関わりの中で、産学官、行政、団体、の機能を地産地消で
体系化し、方向付けして活かすと、すでに多くの成功体験の暗黙知は蓄積されています。
                                              A志援ms


TKC
は、「わが国の会計事務所の職域防衛と運命打開」と「地方公共団体の行政
効率向上による住民福祉の増進」という事業目的を掲げ、1966(昭和41)年に創業。

TKC全国会は、税理士および公認会計士1万名超(平成22年6月末現在)が組織
するわが国最大級の職業会計人集団です。
昭和46(1971)年8月17日に、「自利利他」(自利トハ利他ヲイフ)を基本理念として
結成され、今日まで39年にわたって「租税正義の実現」をはじめとする5つの事業
目的を達成するために活動してまいりました。

税法・会社法・民法・行政法など、法律と深く関わりながら社会的責務
を全うする税理士、公認会計士および地方公務員の業務遂行を、
情報テクノロジーを媒体にして支援し、広く日本の経済、地域社会の発展に寄与
していくこと・・・これがTKCのアイデンティティです。

税理士法第1条では、「税理士は、税務に関する専門家として、独立した公正な
立場において、申告納税制度の理念にそって、納税義務者の信頼にこたえ、租税
に関する法令に規定された納税義務の適正な実現を図ることを使命とする」と
税理士の使命を定めています。TKC全国会では、そのような使命感に立って中小
企業の黒字決算と適正申告の実現を支援するべく、@関与先の月次決算を迅速・
適正に実施するための月次巡回監査の実践、A中小企業の黒字決算と経営承継
の支援、B税務申告時における税理士法第33条の2に基づく書面の添付、C国税
と地方税の電子申告の実践など──へ積極的に取り組んできました。
 
元気な会社のビジネスドクターとして
日本の企業を取り巻く経済環境を見れば、6月に政府が発表した月例経済報告で
「景気の回復」に言及したものの、日本の企業を取り巻く経営環境は決して楽観視
できるものではありません。日本の企業数の9割以上を占める中小企業の経営者
は、いまだ厳しい局面に立たされています。しかし、日本にはこういった厳しい状況
にある企業経営者とともに、企業の生き残りのための方策を考える専門家がい
ます。それは税理士という資格をもつ専門家です。

TKC全国会の飯恚B初代会長は、TKC全国会の基本理念を「自利利他」としました。私は税理士の本旨は、この言葉に尽きると考えています。税理士は、税務申告の
作成や税務相談に応じるだけの存在ではありません。税務申告の作成や税務相談
に応じることはもちろんのこと、中小企業の血脈ともいえる資金繰りに関する支援
を行い、また、会社を元気にするために、経営者とともに「経営改善計画」や「経営
承継計画」を策定して、その実行にあたっても経営者の親身な相談相手となる“
企業のビジネスドクター”というべき存在です。
 

 
更新 2011.02.25

□TKCグループ

























 


◆TKC全国会とは

◆全国会会長メッセージ
◆TKC全国会活動の紹介

◆TKC地域会
TKC全国会のもとに全国で20の地域会が結成されており、TKC全国会の事業目的に沿ってTKC会員及び職員に対する研修活動や委員会活動等を展開しています。

●TKC経営指標とは

TKC全国会では、昭和50(1975)年から、以下のような『TKC経営指標』(BAST:Business Analyses and Statistics by TKC)を毎年発行しています(詳しくは、TKC会員事務所にお尋ねください)。

当指標は「TKC財務三表システム」等を2年以上継続利用している中小・中堅企業(年商100億円以下)の経営成績と財政状態を分析したものです。

◆金融機関との交流会
金融機関との交流会の目的は、金融機関とTKC会計人との相互信頼関係を確立し、関与先を始め中小企業の永続的発展に貢献することです。この目的を達成するため、TKC会計人からは最新情報の提供、電子申告の実践、記帳適時性証明書、「成功の鍵(KFS)作戦21」及び「創業・経営革新アドバイザー」制度等の説明によって、TKC会計人の業務内容を理解いただき、金融機関からはTKC会計人に何を求めているか等の情報交換を継続的に行っています。


◆TKC全国会企業防衛集団
TKC全国会企業防衛集団では構成員向けに「保険事業サービス」と「健康関連サービス」を提供しておりますので、どうぞご活用ください。

◆セミナーのご案内(税理士先生向け)

◆飯塚毅育英会

 

◇経営者の皆様へ






























































 


□税理士のご紹介コーナー


□中小企業の皆様へ
中小企業22万社超の財務状況を調査・集計し た『TKC経営指標(BAST)』の平成22年版によれば、年商1億円未満の中小企業の黒字割合は30.4%となっています。
これは他の事業規模と比べて最も低い数値となっており、改めて小規模企業の経営の厳しさが伺えます。
小規模企業の喫緊の課題は、黒字決算の実現です。ここでは、年商1億円の壁突破に挑む小規模企業の方に、黒字実現のヒントを提供します。

□創業を志す皆様へ
創業に関わるさまざまな悩みを整理 し、創業についての基本的な知識と計画の立て方を解説します。

□年商5億円をめざす企業の皆様へ
経営コンサルタントなどの専門家がよく口にするキーワードに「年商の壁」があります。中小企業の場合、それは概ね「1億円」「5億円」「10億円」「30億円」「50億円」に大別されます。ここでは、年商1億円の壁を越え、さらに5億円突破を目指す経営者の方々に、経営のヒントを提供いたします。

□年商50億円をめざす企業の皆様へ
年商5億円を超えてから50億円の壁を突破するまでの道程は、決して平坦なものではないようです。
例えば、産能大学経済学部の宮田矢八郎教授は「ヒット商品が年商10億円の壁を破り、ブランドの構築が年商30億円の壁を破る」と著書『理念が独自性を生む』(ダイヤモンド社)で述べています。
第二、第三の独自商品・サービスを創り出し、これをヒット商品へと育て、さらにブランド力を構築していくことが、年商50億円突破に至るプロセスであるというわけです。
一方で、拡大する組織の中で経営者のマネジメントは複雑化し、難しい決断も多くなってくるでしょう。
1つの判断の誤りが、経営の危機へとつながってしまうことも十分に考えられます。
経営者には、明確な経営理念を掲げ、組織を整備・強化し、幹部を育成して権限の委譲を図っていくことが求められるようになります。
ここでは、年商5億円の壁をすでに突破し、10億円、30億円、50億円超へとステップアップをめざす経営者の方々に、課題解決のヒントを提供していきます。

◆金融機関からの信頼度がアップする「記帳適時性証明書」

記帳適時性証明書は、会社法大432条に基づく会計帳簿作成の適時性及び継続性並びに月次決算の実施日及び決算書と法人税申告書等の作成にかんしてその事実を証明しています。
企業が作成する決算、申告書信頼性を担保するものとして、金融機関の融資審査担当から注目されれいます。

◆TKC全国会資産対策研究会
経営者の相続財産に含まれる自社株は、評価額によっては後継者に多額の相続税がかかり、経営承継に支障をきたす可能性があります。
TKC全国会資産対策研究会は、円満な相続と円滑な経営承継をお手伝いしております。
三菱UFJ信託銀行との連携により、「TKC財産承継アドバイザ−制度」を立ち上げ遺産整理業務にも積極的に取組んでおります。
また、不動産の有効活用においては、TKC全国会提携企業である大和ハウスや積水ハウスとの提携関係により、事業用資産の買換え特例や交換の特例、相続税対策の効果などを検証しながら土地活用についてコンサルティングも実行しています。

●TKC全国会のTVCM放送中
●創業、経営革新アドバイザー事務所一覧


●定期刊行物「戦略経営者」
年商50億円を目指す中堅・中小企業経営者の戦略思考と経営マインドを鼓舞し、応援する経営戦略情報誌です。

●相続税、贈与税の試算コーナー
 家族状況や所有財産、将来の贈与案を入力し相続税・贈与税の総額を試算できます。

●TKC税務Q&Aデーターベース
TKC税務研究所の編集により、一般的な税務事例を質問とその回答の形式で収録

●TKC計算書類公開データベース
当サイトは、TKC会員の関与先企業が、会社法に基づき、電子公告又は官報や日刊新聞紙での公告に代わる電磁的方法(インターネット)
により計算書類を公開しているものです。TKC全国会は「TKC計算書類公開データベース」の運営を通し、会社法に完全準拠した実務の定着を支援します。 
 

◇上場企業の皆様へ





































 

貴社の連結会計、連結納税、電子申告の導入、運用を徹底支援します。
□IFRS対応に取り組む皆様へ
頻繁に制度改正が予定されているため、スプレッドシートでの運用に限界を感じる。
TKCシステム・コンサルタントが、システム導入から運用まで一貫してサポートします。常に最新の法令に対応したシステムで安心して連結決算業務に取り組めるよう支援します。
連結会計制度を理解している社員が少なく、業務の継続性に不安がある。
連結会計の基礎から、連結財務諸表の作成方法まで担当者の理解度にあわせたテーマ別の研修カリキュラムをご用意しています。
子会社から収集するデータの精度を向上したい。
コーチング形式によるシステムの操作指導および子会社の経理担当者への集合形式による操作指導を行います。

□グループ法人税制、連結納税制度へ取り組む皆様へ
グループ法人税制への対応で、どのような業務が必要になるかわからない。
グループでの管理が必要となる項目を例示し、貴社に最適な制度対応工程・スケジュールの立案、進捗管理を支援します。
毎年の税制改正内容と実務への影響を子法人に教育できるか心配だ。
毎年の税制改正の内容とシステムでの対応をご説明する研修カリキュラムをご用意しています。

□TKC会計・税務情報データベース
税制の年度改正や今後導入されるIFRSなど、変化する会計・税務への対応のために、会計・税務担当者殿を支援する強い味方、あなたのパソコンに「情報参謀」が登場!

◆セミナーのご案内
・税制改正セミナー
・TKC連結会計セミナー
IFRS導入の影響分析時事例
・TKC連携会計システムソリューションセミナー

◆TKCエクスプレス
TKCエクスプレスは、官庁等から発信される会計・税制の改正情報を迅速にお知らせする無料のメールマガジンです


◆TKCWEBコラム
会計・税務の実務に精通した専門家(税理士・公認会計士)によるコラムを連載しています。

■TKCシステムの紹介
◆連結会計システム「eCA-DRIVER」

IFRSのTKC連結会計システムの対応方針

◆連結納税システム「eConsoikiTax」

◆法人電子申告システム「ASP1000R」

◆電子申告、納税かんたんキット
 

◇病医院、公益法人、
社会福祉法人の皆様へ





























 

病医院、公益法人、社会福祉法人の経営回線を支援します。

□TKC全国会医業、会計システム研究会
病医院の新規開業と経営改善を支援します。

 2010年昨今、少子高齢化が進むなか、医療業界では、様々な医療制度改革が行われています。また2年に一度、診療報酬改定等がなされ、医業経営に様々な影響が出てまいります。TKC全国会医業・会計システム研究会(略称「TKC医会研」)は、病院・診療所(以下、病医院という)の経営を熟知するとともに、専門的研究に取り組み、適正な税務申告と同時に病医院の事業の発展に貢献し、会員相互の援助、啓発に資することを目的として発足しました。

□TKC全国会公益法人経営研究会
・TKC全国会公益法人支援活動の紹介
2008(平成20年)12月1日より新公益法人制度が施行され、従来の社団・財団法人は特例民法法人となり、以後5年間の経過期間内に公益認定を受けて公益社団・財団法人に移行するか、あるいは認可申請を行い一般社団・財団法人に移行するかを選択することになります。公益法人が移行申請を行うためには、公益目的事業の区分判断など財務面での検討のほか、定款変更や組織の見直しなどの対応も必要です。また、申請書の様式を見れば、その記載事項の大半が財務データであり会計専門家の支援なくしては作成が難しい状況です。TKC公益研では、移行認定・認可申請の準備、改正会計基準への対応、消費税等の会計処理、会計システム対応等のご支援を行っており、全国の拠点でセミナーを開催するとともに、専門書籍や「Q&Aシリーズ」などの支援ツールを開発・提供するなど積極的な支援活動を展開しています。

□TKC社会福祉法人経営研究会
健全経営を積極的に支援します。
TKC全国会社会福祉法人経営研究会(略称:TKC社福研)は、TKC全国会の中でも、特に社会福祉法人会計に精通した1,600名の会員により構成され、現在全国で3,100を超える社会福祉法人(約12,800施設)をご支援しております。 社会福祉法人制度は、制度創設以来半世紀以上が経過し、社会保障給付費の増加、措置から契約へ、規制改革緩和による民間企業の参入、公的財政の悪化等社会福祉法人を取り巻く環境は大きく変化しています。

□TKCシステムの紹介
1980(昭和55)年の「病院・診療所会計システム」の提供以来、税務・会計システムを通して約20,000件の病院・診療所の健全経営をご支援させていただいております。 当社の提供する医業会計データベースは、病院会計準則および以下の介護保険関連の会計基準に完全準拠し、さらに、個人の病院・診療所でも利用可能な科目体系を用意しています。
○医業会計データベース(MX2・MX3)
○TKC医業経営指標(M-BAST)

◆税理士紹介コーナー
◆TKC全国会TVCM放映中

 

◇税理士、会計士の皆様へ







































































 

会計事務所の業務品質の向上と関与先企業様へのサービス向上を支援します。
TKC全国会は株式会社TKCの全面的な協力をいただきながら、会計事務所の最良のビジネス・モデルを追求しています。そのために、委員会をはじめとする会計事務所経営支援ための全面的なバックアップ体制が整備されています。
□ニューメンバーズ支援プロジェクト


□税務官公署出身会員に聞く

□会計事務所向けシステム
システム開発はお客様の声を聞くことから始まります。TKCが会計事務所(税理士・公認会計士)向けに提供するすべてのシステムは、TKCシステムのユーザである「TKC全国会」の審議決定に基づいて開発されています。<お客様が現状のどんなところに不都合を感じ、何に困っているのか> <そのシステムがお客様の「お客様」にどう役立つのか> など。そんなことを経営トップから社員一人ひとりに至るまで真剣に考え、法令に完全準拠した完璧なシステムを追求し、お客様の役に立つことがわたしたちの誇りです。
○記帳適時性証明書
・記帳適時性証明書

○電子申告システム
・TKC電子申告システム(e-TAX1000)
・TKC電子申告システム(e-TAX2000)

○法人税申告関連システム
・法人決算申告システム(TPS1000)
・勘定科目内訳明細書作成システム
・税法基準による法人用原価償却システム(TPS1000-K3)

○転結納税関連システム
・連結納税システム(eConsosliTax)

○所得税確定申告関連システム
・個人決算申告システム(TPS2000)

○相続税、贈与税申告関連システム
・相続税申告作成システム(TPS8000)
・財産評価システム(TPS8100)
・事業承継税制適用要件判定プログラム(TPS8800)
・贈与税申告書作成システム(TPS7000)

○年末調整関連システム
・年末調整、法定調書作成システム(TPS9000)
・賃金台帳入力システム(TPS9100)
・PX2用年末調整プログラム

○税理士事務所オフィスマネジメントシステム(OMS2010)
・税理士事務所オフィスマネジメントシステム(OMS2010)

○財務エントリシステム
・財務エントリ21(財務三表用)

○巡回監査支援システム
・巡回監査支援システム

○経営助言(MAS)用システム
・法人用/継続MASシステム
・医業会計CB用/継続MASシステム
・5ヵ年経営革新計画システム
・6ヵ年創業計画システム

○TKC全国会ネットワーク
・TKC全国会ネットワーク(ProFIT)
・TKC計算書類公開データベース
・LFX/DBインターネット
・TKC会員事務所向けホームページ毎月更新サービス
・PATパトロール
・PATパトロールU

○TKC経営指標関連
・TKC経営指標(BAST)

○業種別事務所入力システム
・医業会計データベース(事務所用)
・建設業用会計情報データベース(事務所用)
・社会福祉法人会計データベース(事務所用)
・公益法人会計データベース(事務所要)
・学校法人会計データベース(事務所用)
・幼稚園会計データベース(事務所用)
・宗教法人会計データベース(事務所用)
・NPO法人会計データベース(事務所用)



◆元気な会社のビジネスドクター

TKC全国会について

◆TKC会員専用 ProF・I・Tメール

◆「不ぎょう不屈」動画 1分3秒
TKC全国会の創設者・初代会長の故飯恚Bの半生を描いた映画が、全国で上映されました。

●飯塚毅博士アーカイブ

●租税資料館
 


◇弁護士、法科大学院、法務担当者の皆様へ

























 

大学、法曹界、企業法務部へ法律情報サービスを提供します。
法科大学院での教育から、修了後の新司法試験に向けた自己学習、司法研修所での司法修習、そして、法曹としてご活躍の皆様を支援するため、法律情報データベースを中心とするトータルサービスを提供しております。
TKCは、法科大学院の教育研究に大きく貢献しています!
TKCデータベースは、全74校中73校の法科大学院にご利用頂いております。(教員・学生・修了生のID利用者数21,357名)(平成21年4月現在)

□法科大学院教育研究支援システム
□TKCローライブラリー
□LFX/DBインターネット
□弁護士事務向けホームページサービス(MyLawyer)

・TKCローライブラリー
・TKCローライブラリー(司法修習生版)
・法科大学院修了生サポートシステム
・法科大学院教育研究支援システム
 ローライブラリー(アカデミック版)

◆税理士ご紹介コーナー

◆TISC
TKCのインターネットサービスセンターの紹介
情報通信技術(ICT)の進歩とブロードバンドの急速な普及により、電子申告や電子申請・届出、電子商取引などネットワークの利用が着実に拡がる一方で、ネットワーク社会における個人情報や企業情報の安全な維持・管理が重要な課題となっています。
そこでTKCでは、お客様が安全かつ安心なICT環境で、情報システムを安定運用し、ネットワークの利便性を享受できるようTKCインターネット・サービスセンター(TISC)を運用しています。最高度のデータ・セキュリティ体制を備えたTISCを拠点として、TKC会員事務所及びその関与先企業、地方公共団体に特化したインターネット・サービスでお客様の事業活動を24時間365日体制で支援します。

◆法律情報データベース
 LEX/DBインターネット
 

◇地方公共団体の皆様へ























 

住民福祉の向上と行政効率の向上を支援します。
TKCは創業(1966昭和41年)以来、その事業目的に「地方公共団体の行政効率向上による住民福祉の増進」を掲げ、行政の情報化をご支援してきました。いま、私たちがなすべきことは、地方公共団体が直面する課題や問題を情報通信技術(ICT)の視点から、その解決を支援し、以下の「お客様の事業の成功条件」を探求することと考えます。
1.行政効率の向上を実現する
2.住民サービスの向上を実現する
3.TCOの削減を実現する
4.情報セキュリティの強化を実現する

◆「新風」地方行政改革を支援する情報誌
「新風(かぜ)」では、電子行政に関する最新動向や、公会計制度改革など地方行政改革を支援するトレンドをご紹介しています


◆TISC
TKCのインターネットサービスセンターの紹介情報通信技術(ICT)の進歩とブロードバンドの急速な普及により、電子申告や電子申請・届出、電子商取引などネットワークの利用が着実に拡がる一方で、ネットワーク社会における個人情報や企業情報の安全な維持・管理が重要な課題となっています。そこでTKCでは、お客様が安全かつ安心なICT環境で、情報システムを安定運用し、ネットワークの利便性を享受できるようTKCインターネット・サービスセンター(TISC)を運用しています。最高度のデータ・セキュリティ体制を備えたTISCを拠点として、TKC会員事務所及びその関与先企業、地方公共団体に特化したインターネット・サービスでお客様の事業活動を24時間365日体制で支援します。

◆システム導入事例
住民サービス向上と行政刷新を実現した導入事例を紹介

◆TKC行政ASPシリーズを無料で体験いただけます。
・フロントオフィスサービス

  TKC行政ASP(住民向け)
・バックオフィスサービス
TASK.NET(住民情報、庁内情報)
・行政情報セキュリティーサービス
TKC行政ASP(セキュリティ)
 
◆地方公共団体、情報共有サイト
TSKNETユーザーサポート専用ページ(ログインが必要)
 

 

 

 

■(株)TKCについて
ホームページが変更、共有情報中心に紹介
 企業(株)TKCのクライアント管理部門から、TKC全国会(クライアント集団)の活動が
 開発研究部門としての機能を発揮しはじめ、(株)TKCの事業のニーズが無限に
 生まれてくる創市場創客のしくみシステム一つです。 A志援ms


◇(株)TKC

  トップページ





















 

TKCは、「わが国の会計事務所の職域防衛と運命打開」と「地方公共団体の行政効率向上による住民福祉の増進」という極めて明確な事業目的を掲げ、昭和41年(1966年)に創業いたしました。以来一貫して、会計事務所と地方公共団体の2つの分野に専門特化した情報サービスを展開し、日本の情報産業界に独自の地位を築いて参りました。換言すれば、税法・会社法・民法・行政法など、法律と深く関わりながら社会的責務を全うする税理士、公認会計士および地方公務員の業務遂行を、情報テクノロジーを媒体にして支援し、広く日本の経済、地域社会の発展に寄与していくこと・・・これがTKCのアイデンティティです。

  ●経営理念

 ●会社概要

 ●社会・環境分野の取り組み方 

 ●創業の経緯

 ●沿革 

 ●事業内容

  ●事業所一覧
 

 ●提携企業・取引先
 

◆飯塚毅博士アーカイブ(資料館)
   租税正義の実現に一生を捧げた職業会計人である    
    TKC創業者の記録を集めた資料館
  「自利トハ利他ヲイフ」

◆公益財団法人租税資料館
租税に関する膨大な資料、文献を収集、公開し、租税法研究等に関する人材の育成を努めています。
 

◆IR情報 

 

◇TKCインターネット・サービスセンター


 

情報通信技術(ICT)の進歩とブロードバンドの急速な普及により、電子申告や電子申請・届出、電子商取引などネットワークの利用が着実に拡がる一方で、ネットワーク社会における個人情報や企業情報の安全な維持・管理が重要な課題となっています。
 そこでTKCでは、お客様が安全かつ安心なICT環境で、情報システムを安定運用し、ネットワークの利便性を享受できるようTKCインターネット・サービスセンター(TISC)を運用しています。最高度のデータ・セキュリティ体制を備えたTISCを拠点として、TKC会員事務所及びその関与先企業、地方公共団体に特化したインターネット・サービスでお客様の事業活動を24時間365日体制で支援します。

◆TKC会計、税務情報データベース
会計、税務担当者の「情報参謀」
 

◎電子公告情報

TKC全国会の所属する
最寄の公認会計士、税理士へ問い合わせおすすめします





















 

◆TKC電子申告・納税かんたんキット
   電子申告の開始届出から電子申告・納税までを一貫
      してご支援しています。
 

◆法人電子申告システム(ASP1000R)
      「法人決算申告システム(TPS1000)」と、「TKC
         電子申告システム(e−TAX1000)」のノウハウを
         いかして開発した、法人税・消費税・地方税の申告
         書の作成と、電子申告が極めて簡単に処理できる
          システムです。
 

◆連結納税システム(eConsolitax)
        マイクロソフト.NET対応の連結納税システム。
          適正・正確・迅速な連結納税申告書の作成を支援
           しています。
 

◆連結会計システム(eCA-DRIVE)
        年次・中間・四半期・月次の連結決算を迅速に
          支援します。連結会計の「分かりやすさ」「スピード
           向上」「拡張性」を追求しています。
           IFRSへのTKC連結会計システムの対応
 

◆統合型会計情報システム(FX4)
      「FX4WebBASE」と「FX4C/S」の2種類がござい
         ます。
      「FX4WebBASE」はCitrix社のMetaFrameを採用し、
       SBC(Sever Based Computing)方式による運用が
       可能です。「FX4C/S」(クライアント・サーバ版)は
       本社にて利用する「基本システム」と遠隔地にて
       利用する「営業所システム」から構成されています。
 

 

◇TKCのお客様について
”あなた”の近くの事務所
でご相談されますと、専門的
  アドバイスをしてもらえます。
 

 

○税理士を紹介
 

◆会計事務所

  ・TKC全国会ホームページ

 TKC会員一覧
 

◆地方公共団体
 

●TKC関連サイト

◆月刊誌「戦略経営者」
    年商50億円を目指す中堅・中小企業経営者の戦略
     思考と経営マインドを鼓舞し、応援する経営戦略情報
      誌です。激動する現代にあって中堅・中小企業が直面
      するさまざまな問題にスポットを当て、新しいビジネス
       の潮流を探ります。
 

●TKC出版

  
書籍・月刊誌を中心に、ビデオ
   ソフトの制作、研修・セミナーの
   開催等を通じて、TKC会員会計
   事務所及び関与先企業に価値
   ある経営情報を提供 します。


 

◆会社概要
 

◆書籍案内

 ●新刊

 ●経営

 ●税務会計

 ●金融企業再生

 ●医療・介護・社会福祉

 ●職業会計人

 ●提言・理念・心 

 

■提携企業・取引先


 

・(株)TKC出版  ・(株)スカイコム ・TKC金融保証(株)
・大同生命保険(株) ・東京海上日動火災保険(株)
・あいおいニッセイ同和損害保険(株)
・日本興亜損害保険(株) ・(株)三菱東京UFJ銀行
・三菱UFJモルガンスタンレー証券(株)
・日興コーディアル証券(株) ・大和ハウス工業(株)
・積水ハウス(株) ・DATEV(ドイツ)  ・富士通(株)
・(株)東芝 ・カシオ計算機(株) ・マイクロソフト(株)
・三洋電機(株) ・アイモバイル(株)
 

 

 

 


 

商品一覧