開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報
商品カテゴリ

ネット活用力が創市場実現格差

■ネット活用力が創市場実現格差   070611

創市場創客の具体策事例>ネット活用力が創市場実現格差




更新 2011.09.12

ネット活用力が創市場実現スピードを短縮と実現度格差となってきました。

自力総能力を過信せず、事業成長の節目で、時流に適応しているかどうかが観えて
きます。

◎「検索の機能活用能力をアップする理論武装」
  ○検索エンジン活用事例(植物工場)
 ○検索エンジン活用事例(養殖漁業 栽培漁業)
 ○検索エンジン活用事例(太陽光発電)
 

 


□サーチエンジン
使用頻度が高いもの、良質なものが、創客機能を充実させるために強者連携をはじめています。
モバイルサーチエンジンも充実してきました。 
種類の紹介をし、各人で一度自分に最適なものを決めて深度を深める活用をすると、目的に達成するまでのスピードは熟練度が上がるほど、内容が充実してきます。
 

  MSN
マイクロソフト MSNジャパンの各種サービス 検索エンジン bing

   Yahoo Japan

  Google日本


  goo
 

   BIGLOBEサーチ

  JP.AOL.COM


   excite
 

   OCN一般

  So-net

 
  Infoseek楽天
 

  Livedoorウエーブ検索


  ネットアイランド
国内最大級のリンクサイト
 


  相互リンク集:Links(リンクス)
 


  dmoz(open directory prject)

オックスフォード英語大事典のようにOpen Directoryがウエブからログの決定版を目指しています。

 

 

 

 


□業界  


  フードビジネス研究所

フードビジネスの業界動向、経営戦略・マーケティングの見地から研究、フード業界にシンクタンク的アプローチをはかるサイト
 


 アルファっクスフードシステム
 ALPHAX FOOD SYSTEM

「外食テーン企業の情報インフラu」
創業以来一貫して、食材/人件費削減のシステムを中心に提供しています。

 

 

 

 

 

 

 


□官庁所管の公益法人・関係団体


 経済産業省

○中小企業庁

◆所管の公益法人
◆関係団体
◆独立行政法人 
 


 農林水産省

◆所管の公益法人
◆関係団体
◆独立行政法人

   

  厚生労働省

◆所管の公益法人民間法人
◆独立行政法人

 
 文部省

 ◆所管公益法人
 

 国土交通省


  財務省

○国税庁
○日本銀行
○公正取引委員会
 


   環境省
 

 総務省

 首相官邸

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ○公益法人情報公開共有サイト


 ●全国の農政局経済産業局の
 農業関係の動向

                             090831

 独立行政法人

 

 

 


□創市場に活かせる公共情報  


 (財)地方自治情報センター  
   LASDEC(NIPPON-NET)

地方公共団体のオフィシャルホームページを収集し、高速検索を可能にしています。
・全国自治体マップ
・地方公共団体コード住所


  自治体ドットコム

地方自治体情報ポータルサイト

地方自治体のまちづくりを支援するために設立され、その運営及びサイトの企画に関して「企画編集委員会」を組織し運営

 

 

 

 

 

 


  国立国会図書館

蔵書検索、テーマ別に調べる


 


 官報ダイジェスト
 首相官邸

  関連書籍
 政府刊行物のご案内
 

 

 

 

 

 

カテゴリ一覧
検索エンジン活用事例(植物工場)
「植物工場」をキーワードとして目的のレベルの情報が、いかに速く入手できるようにするか、検索エンジンを選らぶ時代になりました。あなたの最適な検索エンジンを選び、その総機能を最適に活用し、高品質、高精度、最新情報を入手する知恵の体得を急ぐ時がきました。
検索エンジン活用事例(養殖漁業、栽培漁業)
「養殖漁業、栽培漁業」をキーワードとして目的のレベルの情報が、いかに速く入手できるようにするか、検索エンジンを選らぶ時代になりました。あなたの最適な検索エンジンを選び、その総機能を最適に活用し、高品質、高精度、最新情報を入手する知恵の体得を急ぐ時がきました。
検索エンジン活用事例(太陽光発電)
「太陽光発電」をキーワードとして目的のレベルの情報が、いかに速く入手できるようにするか、検索エンジンを選らぶ時代になりました。あなたの最適な検索エンジンを選び、その総機能を最適に活用し、高品質、高精度、最新情報を入手する知恵の体得を急ぐ時がきました。
情報量「ゼタ時代」、プラス領域量が多い行動
情報量「ゼタ時代」、個人集団組織のプラス領域量が多い行動基準が、豊な子孫繁栄実現の分水嶺となり、「脳」の巨大化した人間が大恐竜の滅亡のように地球環境に適応できなくなる確率が高くなる徴候が出てきました。
情報量「ゼタ時代」地域の勝ち残り戦略
地域の総能力を結集して、統合的自給自足、地産地消の資金循環型実体経済、地域の全人口を労働力として最適化を地域CATVを球心にして信金、JA、地域の高専、大学、大学院を「カタライザー」として活かす。地域が勝ち残る戦略を情報量「ゼタ時代」実現確率は高くなりました。