開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

首都圏創市場実現の智慧

■首都圏創市場実現の智慧   061022

創市場創客の具体策事例>首都圏創市場実現の智慧





更新 2011.09.16

首都圏をモデルに政令都市、地域の大都市に侵攻、深耕するときの重点集中行動
と、不足そる総能力を補完する現在あるしくみを活かしきることが短期で安定業績
基盤を構築する早道です。既存競合企業の対応スピードが想定以上に速く、自社の
保有する総能力では生き残りが難しい環境になっています。
 
首都圏(政令都市)で安心成長基盤を構築するためには、現状を知る情報源、
支援機会の活用、先人の智慧を活かしきる生産性の高い動きが、達成格差、
実績格差、期間の短縮、次の事業展開格差になります。

首都圏で安心成長業績基盤を構築する事業計画時活かす情報源の一つ。


首都圏へ侵攻する場合、総需要の可能性に幻惑され、投入する力分散型となり、
営業生産性の上がり難い、固定客数が増え難い企業が場合が多い。

東京都をエリア分けすると、各エリアは、現在の拠点エリアの販売戦略、都市型
ローカル型と同様な展開で深耕できる。重点エリアで実績基盤を構築しながら、
常に侵攻すべきエリアの見込み先創りの種まきを続け、見込み先の数を増加
できたエリアに落下傘型で自社の強い地点を創り続ける方式の方が、事業計画
と差異の少ない、先行侵攻ができる。

重点エリア方式なら、”あなた”の会社の営業ノウハウを最強競合企業を想定して
修正しておけば想定外の速さで、最適ノウハウを構築でき、価値判断をあわせた
組織(”あなた”の会社の最強人財群を編成)で受注の善循環サイクルをまず構築
すると、時代の潮流に合う場合は、成長スピードは、想定以上に速くなる。
その段階から、エリアにあった、過去の先入観を持たない、自社の成長性の高い
潜在パワーの強い若く人財候補を導入し、新構築ノウハウで徹底育成すると、
最強人財群の指導協力ノウハウで、一定規模まで拡大できる。

その情報の共有化が、社内のイントラネットにより、想定外の速さで全エリアに浸透し、
そのエリアの競合会社の最強担当者(競合企業の強いエリアで鍛えられた人財群は
少ない)でさえ、イントラネット共有ノウハウで育った人材は、固定観念を持つ先輩を
越えるようになり、新しい業績構築の循環が変わり始めます。

机上でのチェンジマネジメントを、従来と同様に、従来エリアだけで進めるより、
新エリア、新市場、新事業への参入(市場に合わない場合は即徹底)スピードを
活かす方が成功の近道です。

 


□東京・神奈川・埼玉・千葉のエリアの現状認識

首都圏の創市場情報は、コアの東京、周囲を囲む神奈川、埼玉、千葉の情報を把握し、侵攻、深耕のための拠点選びが事業展開の時間生産性格差になります。


◆東京都
 


  東京都庁
 

 
 東京商工会議所
 

 

 

 

 


◆神奈川県 


  神奈川県庁
 

 神奈川県商工会議所連合会

 横浜商工会議所

 

 

 


◆埼玉県 


  埼玉県庁
 

  埼玉県商工会議所連合会

 さいたま商工会議所

 

 

 


◆千葉県 


  千葉県庁
 

  千葉県商工会議所連合会

 千葉商工会議所

 

 

 


◆関東圏


  関東経済産業局
   経済産業省

  

 

 

 

 


□首都圏へ進出するとき地域の支援情報


 首都圏産業活性化協会(TAMA)
 

 
 ●長野高専技術振興会
  旧 長野高専地域共同テクノセンター

 


 にいがた産業創造機構(NICO)
 

 ソフトピアジャパン(岐阜)

 
 BSC青森県ビジネスサポートセンター
 


 石川県バーチャル工業団地
 


 ●やまぐち産業振興財団
  旧未来をひらく地域産業づくり
 

 

 

 

 


 □全エリアに関係する機関 

 日本商工会議所


 全国中小企業取引振興協会(全取協)
 

 

 

 

 

 

 

 


更新 2007.10.13

◆モデル 首都圏へ侵攻する場合のエリアの考え方

 投資規模が小さく、小組織で首都圏に業績貢献度の高い顧客が少ない場合は
  
  3方向(千葉県・埼玉県・神奈川県)で損益分岐点まで確保可能な基盤を確保して、
 計画的に参入する方が、 東京エリアに新基盤をつくるやり方の成功確率は高い。

 東京都は区の分布、JRメトロ等の交通機関(車重点企業は幹線道路で分ける)で
 エリア分け(例)して、自社製品商品の顧客数数・業績貢献顧客数の増加の早い
 エリアを相対比較して、重点度合、セールスパーソンの配置をする方がよい。
   
●東京は地下鉄網を活かすと想定以上のスピードで、アポイント先に訪問できて
面談時間を増加できやすい。地下鉄網をモバイル依存症候群ではプロの3倍速
高度はできない普通の人レベル、徹底的に頭に描けるように習熟し、電車事故等
異常環境時、緊急移動時の補完としてモバイルを活かす。

 
競合担当者は 地方の担当者よりも高い訓練実践を積んでいるので、首都圏エリア
を開拓する場合、プラスαの重点集中型ノウハウ追加をする必要がある。

分散型で侵攻した場合、当初の事業計画の差額に対する具体的方法を模索する
だけで、新規受注量と取引終了受注累計量と比較して増加が少なく、計画実績が
未達成の年数を重ねる場合が多い。
 
業績基盤となる顧客数が増えず、アフターサービス、ビフォアサービス、スピードサポート
体制格差が、競合ライバルへ取引変更され、顧客脱落率が想定以上に多いためです。

少ないためエリアによる行動効率、訪問頻度が重要になる。競合の少ない、
自社優位エリアで、交通網が車中心の場合と異なり、交通網が発達し、効率行動ができる。
首都圏の場合、地下鉄等JR外の交通網・Webも戦力として含めて検討した上で、
自社方式のエリアに分けを仮説でつくり、適時微修正する都市型侵攻深耕法の方が
成功確率が高い。

  

東京都をエリア分けすると、各エリアは、現在の拠点エリアの販売戦略、都市型
ローカル型と同様な展開で深耕できる。
首都圏の総需要に幻惑されることなく、エリアを限定しながら、相対比較して、
早く侵攻・深耕したエリアでノウハウを共有化して展開する方が成功への近道となる。

都市部の1日の訪問件数は、地方・郡部の2倍以上で計画する。
都市部が訪問しやすいとは、競合他社も訪問接点を多く持つことができます。
エリアの営業人数が少ない場合は、特に固定客、死守する顧客は、月の
訪問回数をルートセールスでは必要になります。

  


 埼玉県 
  
政令都市: さいたま市 

   A
(所沢川越)
 
 
東武線
西武線

 

   B 
 (大宮)

京浜東北線
宇都宮線
高崎線
埼京線

    埼玉県・千葉県・神奈川県は
    政令都市があり、現在の
    業績基盤エリアと同等の
    総需要を持っている。
    東京内で事業展開する
    競合他社の現有している
    力を把握し、対応作戦ができる。

      千葉県 
  政令都市: 千葉市

  A
(柏松戸)
 
常磐線
つくば新線

 

  B
(船橋千葉)

総武線
京葉線
 

 

                     東京都

 

 台東エリア

板橋 北  荒川
練馬     台東 

 

 新宿エリア

杉並  新宿
世田谷 渋谷
    目黒

  千代田エリア

豊島   
中野 文京 
       千代田

 

 都下エリア

  港エリア

             
  大田  品川

  中央エリア 

    墨田 葛飾
中央 江東 江戸川

 
  

区ごとに産業特性が異なり
自社の製品・商品見込客数
が異なるため、市場の総顧客数を把握して、戦略的に、継続的に深耕する方法が成功確率
が高い。

エリア特性もWebオープン情報を活用すれば、常に最新の
情報変化がわかり、地方より、
競合他社に勝つ確証情報を
探しやすい。



 

神奈川県
 
政令都市: 横浜市
         川崎市

 A
(横浜川崎)

京浜東北
東海道線

 

  B
(多摩厚木)

京王線
小田急線
中央線
 

 

 

 

 

 

 

 

 




 
 

商品一覧