開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報
商品カテゴリ

業界大展示会を活かす

■業界大展示会を活かす  070112

創市場創客の具体策事例>業界大展示会を活かす







更新 2011.10.25 

業界の大展示会は 情報洪水の時代、会場の三現主義(現場・現実・現品)
により見て相対比較し選択する場、知識と現実の融合する場、事業展開の方向
を見極める場等の役割がある一つです。

◎自社の安定業績基盤を支えるお客様として「ダム・養殖場」のようき囲い込み
多くのお客様が集まる(餌場)として、戦略的に活かすとブランド力がある企業は
大展示会は、新客を創ることも兼ねた最適な方法ですが、中小企業は、少ない
お客様が、脅威の競合他社と比較し、他社の「ダム・養殖場」流出する機会を速める
頻度が増えてきたことに気づく必要があります。
多くの人が注目を始めた大展示会の中小企業のマイナス領域を抑え、プラス領域
だけを活かす戦略的活用が必要な専門家が運営する少し本質が変容してきた玉石混交の展示会
市場の成長段階に合わせた最適行動が必要な段階に入りました。地域を業績基盤の60%以上を
占める企業は、地域で連携して業績を補完しある企業(完成製品、商品)の総需要が増えるための
共同企画のイベントの方が、創市場創客商談に最適な戦術を採ることができる確率は増えてきました。
展示社数や、展示客数の多さ、同じ大きさで平等展示でない、富裕な大企業が大きな展示スペース
を採り、狭い密集の場所に中小企業が集まり、全部見たければ3日間参加した方がよい方式は、
多忙な決裁者が、中小企業のブースへ立ち寄る確率が増加するかどうか?クールに展示会利用の費用
対効果を考える段階が近づいているかもしれません。特に多くのVIPが参加しているお客への対応は
暗黙知の流出に気をつける業界戦場の様相になる徴候が出てきました。撮影禁止のルールを無視する
人の数、ある外国の人が増えてきたこと現象が見える化してきています。中小企業の未来のお客様より
競合参入企業になる確率が高くなりました。自社の目的を明確化すると、これらの市場の変化、参加者
比率の変化(運営者のアンケート集計結果は?)徴候を、自社のメディアと世界への知名度を高めたい
場合は、展示の中身を過去と同じ展示の重点から、目的達成と、必要な人が回遊してくるしかけを戦略
的に構築する会社の総能力を活かす最前線として社内の優秀な現場のリーダーに企画させ全社プロジェ
クト方式で、展示社数、参加者総数の60%以上が来客するブースに変身させることを推奨し、チラリズム
で、自社の社員との接点数が増えるしくみを構築することを待望しています。


安定安心顧客(わが社を60%以上優位取引をする企業)の数、固定客数を増やす
方法として、人による接点回数の増加は人の数、人件費の増加が必要になり、
お客様分布が広域になるほど拠点数の増加、社員の増加になります

「創市場・創客の成功」の分水嶺は短時間で集中して多くの相対比較ができ、
自社の位置づけが観え、格差を確認できる確率は高い。

出展するか、見学するか、両方か、機会を活かす度合で安定安心業績基盤
格差と相関関係が高い。黒字企業の重点戦略としての必要条件。

先行型で計画的にふさわしい行動を採れば、「創市場・創客」としての費用対
効果が必ず他の手法より高い一つです。

2009年頃より「業界大展示会」の運営、出展企業数、内容が充実してきました。
積極的参加企業は本格的に展示会を戦略的に活かし、創市場・創客の場として
商談、新商品製品紹介やコアの商品製品、ソフト、サービスの強み等の主張する
しくみが出来てきました。政治家行政担当者さえ活用する人数が増えてきました。

海外企業も参加する大規模の展示会が 首都圏だけでなく、全国の政令都市、
大都市でも開催頻度が増えてきました。
出展企業数、内容の充実、ふさわしい数の集客等、運営ができる専門運営企業
が成長してきました。

創市場の競合他社の情報、新事業として自社でも参入可能な分野、世界市場で
の自社のコアをさらに強化する。見込み顧客を決断へ導くプレゼンテーションと
商談の場、真の決裁者が来訪しても、他の競合他社より自社を選ぶしくみ等
工夫をする段階になってきました。

2010年頃より出展企業は、成約率を上がるための自社だけの展示会を戦略的に
併用開催するようになる徴候がでてきました。

運営企業が営利型(商談・セミナー併用)か、普及型(時流の最先端告知する役割)
啓発型(相対比較させ、違を探す視点を啓発する役割)等、それぞれ運営の特色が
明確になってきました。

大企業・中堅企業・ブランド力・展示会への潤沢な投資額企業が優位になる運営も
目立つようになり、中小企業の技術・人の遅れ内容が見えるようになってきました。

2009年までの「新しい発見・新しい感動」が薄味化する展示会は淘汰の徴候さえ
出てきました。企業規模と関係ない次元での最先端に接する機会が減った展示会
さえでてきました。


◎展示会による創市場創客の企業の目的を明確化して、運営企業を選ぶ方が
目的の固定客数を着実に増加させることができます。

◎観光庁(国土交通省)の施策「MICE」の一貫で国家的戦略として推進する目的で
政治家、官僚(地方の行政関係者等も含む)が展示会への来場数の増加が顕著に
なってきました。
日本展示会協会は全国の開催数拡大に伴い目的の費用対効果が出せる機能を短期
で世界標準に近づけるために標準化と普及を急ぐ段階に入ってきました。 
 

日本展示会協会とMICEについて

「展示会出展、参加者選択時の着眼」について
自社の基準を明確化し、戦略的活用ができるしくみつくりが創市場実現格差になつて
きました。   
継続同時期開催展示会、継続的戦略活用企業の数が急速に増加しています。     

○会場・主催者が参加企業の志援度(志を実現協力度)の高さの基準は
会場・主催者の運営ノウハウと実現行動力が50%     
実施イベント終了後の創客支援と次回の案内開催告知とカイゼン先行準備支援     
が50%のウエイトです。
毎回、総合的に充実を続けるイベントは過去・現在。未来のしくみシステムと人が
成長しています。

企業で評価される人財になりたい方は、商品製品開発ヒントの宝庫です。
目的を明確化し、決済をとり自己申告して業務での参加をすすめます。 
 

 


首都圏の重点4会場の展示情報
会場は6ヶ月先行で展示会を紹介しています。直接会場から目的の展示会を探してみてください。
・よい会場は、イベント計画の紹介冊子を配布するところも出てきました。
・日刊工業新聞社には定期的に、会場のイベントを掲載しています。
・イベント開催予定の専門書籍も年度版を販売する企業がふえてきました。
・検索エンジンでも、全国の開催イベントを閲覧できるしくみも進化してきました。
 


   
東京ビックサイト(東京)
 
大規模展示会、すぐれた運営専門会社が1年先行で開催告知するしくみが定着してきました。

開催終了した翌日には次年度の予告が掲載されるホームページが増えてきました。
 

 
 幕張メッセ(千葉)
 日本コンベンションセンター 

業界関係者だけのイベントが各種開催
人材紹介派遣業者の就職セミナーが多い
展示会先行公開が他と比して遅くなってきました。
 

 パシフィコ横浜(神奈川)

神奈川で「ものづくり」の生産基地に対応した、専門度の高いセミナーを兼ねた展示会が増えてきました。

 


 東京国際フーラム(東京)

都心(有楽町)にあり、1日開催の企業単位の展示会が多い。
3ヶ月先行型で、大型セミナーとしては会場的に狭い。見込み客、顧客対象の一社展示会会場として、ホテルとは異なる運営ができます。
 

 

 


  
■首都圏4会場の展示会情報1
      
 1月〜6月
 

  ■首都圏4会場の展示会情報2
       7月〜12月

 

 

 

 

 


□地域の大都市圏で開催される大展示会会場

東京圏以外でも国際見本市として、政令都市で定期開催できる時代になってきました。
ブランド力のない企業は、展示会運営企業を見極めて、自社の創市場創客実現確率が高いイベンに
自社の実力を見極める他流試合の場として、自社の優秀人財をプロジェクト方式で企画参加させて
ください。従来の地方イベントのつもりで参加すると、海外の優秀人財、上場中堅企業の開発人財が
参加しています。生き馬の目を抜くごとく, 次の年にはブランド力のある企業が固有技術をよりカイゼン
して進化していることに気づけます。参加する前に、運営企業のイベントを事前に東京市場だ見学し、
多くの企業、中小企業のやり方を分析して参加することを推奨します。ターゲットを海外にしたい場合
海外からの展示参加企業の近くに陳列し、どんな客(海外の客もあります)にどんな対応をしているか
優秀営業責任者を参加させていると、観(診)えます。

 


  インテックス大阪

 


 神戸コンベンションセンター
  
神戸国際会議場

日本で一番空港に近いコンベンションセンター
 

 ポートメッセなごや
  名古屋市国際展示場

 


 マリンメッセ福岡
  福岡コンベンションセンター
 

 

 

 
   ●地域別開催情報
   yahooJapanのイベント情報

全国の展示会、コンベンションの開催情報
 

 

 

 

 

 


□専門運営会社の展示会情報
 


  リードエグジビションジャパン
 国際見本市

玉石混交の多数参加時代に入り、商談、プレゼンテーションの場となりはじめました。ブランド力のない企業は、開発努力が、よりカイゼンした商品として、ブランド力企業に吸収される徴候がでてきました。展示内容も新しい発見感動が減衰し、人数が多いイベントのマイナス領域の徴候が出てきました。運営の内容・質も変容してきたようです。大企業病の社員の質、しくみへ変容する徴候が出てきました。

東京ビックサイトと1年前独占が始まり、20世紀で時間が止まる遅行型団体、企業は、最適日程が取れずに他の会場へ移動する、1年開催しないところが増えてきました。ますます独占化は進む徴候があります。

●この企業に対応するためには、目的最適の曜日・日程で開催したいなら、計画が2年先でもよい。早く決めること。ホームページで告知することを推奨します。
 


  UBMジャパングループ(英)
  国際見本市

日本の中で、時代に合わせ展示会の内容が変化しています。
前年と今年の企業の重点や、展示企業の変化が観えるイベントの一つです。

同じテーマで、企業の戦略、戦術、戦闘の重点が変化する現状内容が観えます。継続参加するイベントの一つです。

















 


  ●日本展示会協会

展示会産業における日本最大の業界団体
全国の運営専門企業一覧がわかります。

実績を累積して安心安定創客、運営のしくみシステムを持つプロの会社が全国で成長してきました。

ジェトロ以外で海外の展示会の運営代行企業が育ち、地域の複合企業をプロジェクト型で展示運営代行し、その国の創客代行が出来るしくみを早くできる企業数の増加を待望しています。TPPが実施された場合の日本の中小企業群を勝ち残らせるために早い成長が先行指標の一つであるために待望しています。


 ◆
日本展示会協会(サイト)



 


  日刊工業新聞社イベント情報

ものづくりの最新の現物と理論背景を知り、何を今しなけてばならないか気づきができる要素が豊富にあります。新しい発見感動が多いイベントの一つです。新聞記事と連動して参加すると、見落とし、聞き漏らしが少なく、着目テーマの展示企業の関連情報は、調べて参加できるためより本質を吸収できます。



 

 
 日経BP社イベント情報

日経BP社のイベント情報は毎日更新されています。

◎カテゴリーでセミナーの検索が出来ます。

セキュリティ、携帯電話、 プロジェクトマネジメント、 コミュニケーション、ロジカルシンキング、 NGN(次世代ネットワーク)、 ブレードサーバー、 仮想化技術、 SOA、 販売・マーケティング、 環境、 シンクライアント、 ネットマーケティング、個人情報/情報漏洩、 ERP、 BI、 グループウエア、 見える化、日本版SOX法/内部統制、 ファシリテーション、 エレクトロニクス、組み込みシステム、 機械/車、 ネットワーク/インターネット、システム運用・管理、 ITサービス/ITIL、 ブログ、 オープンソース、 経営、知的財産、 教育・研修、 ビジネススキル、 物流、 生産管理、 CAD/CAE、メンタルヘルス、 Webセミナー、 海外開催、  
 


 
 日本能率協会専門展示会総合サイト 

日本の「ものづくり」「いきものづくり」にかかわる企業が「ものづくりコア」を明確に各社が主張し、商談し、最先端を公開し、大学の研究室、団体がテーマに合わせて部分の専門性を公開。創市場創客の未来方向を探すふさわしいしくみに変化してきました。新しい発見、感動量が多くなってきました。
世界に比肩する光明を探すとき、閃く量が増加してきました。体系的の実戦裏づけで、毎年連続思考ができやすい経営者経営陣、制御型人財の参加を推奨します。
 

 アルファックス・フード・システム
  食のイベント情報 
 
1企業が、食に関係するイベントを整理し公開しています。

 

 

 


□官庁・団体関係のイベント情報
 


   新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)
  イベント情報

 NEDO関連の全国で展示会・シンポジウムセミナー講演会・国際会議等開催されています。


日本の国家プロジェクト、海外との上場企業との連携プロジェクト等、最新を知る公開情報の一つです。

展示会に参加し、日本の最先端のものづくりを具体的に知り、世界のレベルも知る場として、競合他社もキー人財が参加しています。比べて学ぶ機会です。日程を先行管理して、あなたと共働する社内の人財であなたより優れた人の方がよい。あなた以下なら、言われるまで気づけない確率が高い。






 


  日本貿易機構(ジェトロ)
  イベント情報

展示会、商談会、セミナー・講演会

海外展示会案内等あり、JETOREと連携して海外の創市場創客のしくみを利用できます。
貿易、投資促進と開発途上国研究を通じて日本の経済、社会の更なる発展に貢献することを目指しています。
ジェトロは2003年10月、日本貿易振興機構法に基づき、前身の日本貿易振興会を引き継いで設立されました。独立行政法人として新たなスタートを切り、これまで以上に時代のニーズに対応し、質の高いサービスを機動的かつ効率的に提供しています。
●海外ビジネス情報
ジェトロが世界約70カ所に及ぶネットワークを駆使して入手した世界各国の経済、産業、統計、貿易・投資実務などに関する情報を国・地域別、産業別、テーマ別に整理して提供しています。国際ビジネスの情報源としてご活用ください。
 

 農林水産省お知らせ
イベント情報

全国で、省関連のイベントが開催されています。
日本のアグリビジネスの発展を支援しています。

一次産業、食品産業に係わる国内を業績基盤としている企業のあなたは、TPPに対する反対の主張の具体的波及内容を知り、反対論は他の人にまかせ、早期に、自社の事業で影響確率の高い国内体制を構築に早期着手を推奨します。
経済界国の為政者は規模の大きい企業や海外拠点を持つ企業が多数決で優位な時代は、強い海外からの開国の本流のなかで、勝ち残る体質づくりが大切な時期です。この汗をかいた努力は、逆に海外市場に参入しても勝ち残れる体質づくりのリハーサルと割り切ると、希望が湧きます。環境に依存しない地域を基盤とする変革の千載一遇のチャンスの時です。

 

 

 

 

 

 




 

カテゴリ一覧
首都圏4会場の大展示会開催情報1
首都圏4会場1月〜6月までの開催情報をモデルとして参考にして下さい。政令都市のイベント専用会場では、地域の大展示会の開催がされ、定着しはじめてきました。専門運営会社と連携開催した方が、総合的なしくみシステムがあります。地域にふさわしく他地域・海外へ侵攻するために目的を明確化して誘致開催も成功確率が高くなってきました。
首都圏4会場の大展示会開催情報2
首都圏4会場7月〜12月までの開催情報をモデルとして参考にして下さい。政令都市のイベント専用会場では、地域の大展示会の開催がされ、定着しはじめてきました。専門運営会社と連携開催した方が、総合的なしくみシステムがあります。地域にふさわしく他地域・海外へ侵攻するために目的を明確化して誘致開催も成功確率が高くなってきました。
日本展示会協会
日本最大の展示会業界団体。観光庁の施策「MICE」の推進のために高品質化が急がれる業界のリーダーとしての役割機能の世界標準以上を急ぐ段階になってきました。
展示会出展・参加者選択時の着眼
展示会出展と参加者選択に関して創市場、人財成長スピードを加速する場としての着眼。相対比較、目的的市場調査の場として、顧客が限定さえる業界の場合入場者層を絞った総合的イベントを戦略的に活用する企業が増えてきました。展示商品も、重点集中型で、競合品も生で直接確認できます。開発サイクルと イベントの機会との整合を採る企業も増えてきました。