開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報
商品カテゴリ

創市場創客の具体策事例

■創市場創客の具体策事例   110901

 経営は環境適応業>創市場創客の具体策事例



更新 2011.10.25

 創市場創客を戦略・戦術的に実行し戦闘行動のしくみシステムの成功確率が高い方法
を採っている企業の結果は、黒字企業であり、潤沢な投資資金を持つています。
業種業態の先進企業の事例と、外部の成功実績のあるしくみを利用すれば、適正規模
の中小企業なら黒字になります。

黒字の本質は「資本の効率性」と「収益率の持続継続」できるしくみ・システム・人の組織
行動総能力発揮が出来るための先行布石戦略である「創市場創客」が組織にふさわしい
最適化の現状格差の結果です。
環境に依存し、業績が乱高下するのは、何か重要な機能と要素(因子)が欠落している
だけです。
国の政策はその時の為政者の世界観戦略レベルで決まり、経済界のリーダーの世界観
レベルか企業観レベルかで自由、多数決社会ではプラス領域、マイナス領域を選ぶかは、その時の選択権を持つ人の55%以上の人格の優位で決まり、宝くじのような不確定
要素で決まります。時代のリーダーの人材分布を見れば、結果は予測できる確率は高くなり、淡い希望は除去し、最悪(どしゃぶりの雨)で先行準備する時代になりました。
集団組織最適より多数決を誘導する個人の我が優先する行動機能が優位な時、集団を
短期で組織するネットワーク機能ツールが発達してきた時代に入ると、自社戦略が潮流
に合えば(追い風)で儲けもので、黒字が想定以上に増大します。
潮流と異なる固有の行動を採る場合(逆風)でも黒字体質にしておけば、「環境依存せず」「環境適応に幻惑」されることなくなります。通常の普通行動で、キチンと黒字化できる
体質の組織になります。
その組織を構成する人、顧客、傍が共に豊になり続けるためには、組織集団は、右肩
上がりが必要十分条件です。世界の戦術戦闘方法は無限にあり、組織の最適方法は
無限組合せがあります。
所属する組織集団の戦略視点から優位順位を選択し、過去の成功体験に固執せず、
時代の本流に適応し勝ち残るものを優先すると、成功確率は高くなります。
第三者のアドバイスを鵜呑みにして右往左往しても、浮き草経営になります。確固として
組織集団をプラス領域へ軌道を制御させる制御人財の数で格差が出ているだけです。

◎あなたの組織の「創市場創客」をより強化し世界の中で勝ち残る組織にするために
あなたの制御人財機能をさらに進化する汗をかく努力を待望しています。

◎最先端の新商品・新製品・プロセス・意匠等の具体的知恵の成長段階

「知財を活かすプロ」として、問題解決の仮説を組み立てるプロセスを新思考軌道で組み立てるとき
世界の最先端の具体的詳細内容は、関連知財情報の中にトリガーとなるヒントがあります。

同時代、同レベル以上の探求する世界の人財の思考の焦点とベクトルは、業種・業態・国・環境・成長
過程が異なってもある不思議な領域内の行動をする現象があります。自分だけに固執せず、同一波長
の成長レベルなら、同一領域範囲内の行動をする現象があります。世界の人類の価値判断機能は
ある範囲の成長段階別に分類されているようです。キチンと大地に根を生やし、きちんと成長プロセス
を歩む人だけ、すでに通過した成長過程の人の判断がどうなるか仮想できる領域想定ができる確率は
高い。(要領よく、2段とび3段とび、しないで、乗り換える場合、思考の欠落(バグ)ができて、決して
気づけない、帯域ゼロの感度部分が生じます。

「銀のさじ」を銜えて生まれた人は、親掛かり過保護で育つと人生の運で最後に笑うか、泣くかを想定
して、欠落部分をある成長段階で補完しておく必要があります。会社で、新人中堅社員の段階、今に
徹して、傍の仕事をより多く体験(特に多忙な上司が時間生産性の悪い時間のかかる仕事)を時間短縮
して出来る能力を体得すると、上司になったとき、人の3倍速行動ができるようになり、人の行動がスロー
モーションのように見える段階がきます。スローモーションであるから、軌道を正しく修正できるアドバイス
の成功確率が高くなります。ただし、その人は、自力で出来たと思い、そのアドバイスがあった記憶さえ
ないのが95%以上の人です。

自動車部品メーカーの機能設計部門で働いた新人時代、アメリカ・ヨーロッパへ自動車を輸出するために
自動車メーカーから、輸出仕様として当時の想定以上のコストダウンを支持され、当時の構成部品のコスト
ダウンは、生産過程では不可能のレベルで素材の仕様変更、設計仕様の変更、当時の技術レベルでは
まだ出来なかた、輸出のための認証下限基準以上にしなけらばならず、限られた期間で、すべてをクリア
でき、生産工場の金型、生産工程を決めなかればならないとき、当時の上司より、世界の関連特許を資料
として抵触しないように機能設計をせよと命じられました。最初はなぜするのかわからず、先輩の手順を
まねやらされていましたが、頻度の増加とともに、自分だけでは気づけない無限の方法がある宝の情報
源であることがわかった段階から、機能設計に関連した特許探しを上司に依頼していましたが、いつの
まにか、自分がやらされる立場になり、図面管理も担当し、他の人の設計変更を気の遠くなる量見ている
と、内をすべきか浮かんでくるようになりました。社内の全部品の中身とアセンブル構造が理解できると
、大型コンピュータを活用する部品管理、アセンブル管理への切り替えが決まり、大量の部品のコード番号
を付番実務担当として上司の手足の役割をさせられました。経営コンサルタント業界でゼネラルコンサルタントのかばん持ちで経営者と同席するその直接担当者へ、商品開発具体的アドバイスをするとき、事前にテーマ
に関連した知財を調べまとめ、ゼネラルコンサルタントにその集約したエキスだけ提案していました。
当時のゼネラルコンサルタントは、プロセスより成功体験か生まれる勘が優位で、自分の考えより成功確率
が高ければ、正当な理屈をつけてオーナー型中小企業の経営者を説得、納得させることができたので、
予定通り、実現して、役に立ちよかったなと自己満足だけで、企業の経営者は、情報源を100%気づけません
でした。定年まで取締役、経営者の代行、社員の代行した上司に都合がよい人で終わりました。
A志援サイトで、来訪されたあなたの人生の成功確率を高めるため、すでに通過したプロセスの素材を提供
し、あなたに都合がよい情報源として活かしたください。A志援死ねば、すべて外部へのポテンシャルの提供
がゼロになるため、生きている間だけのものです。残念ながら世界のだれも代行できない領域のもので、
あなたのような人財だけが活かせる確率が高く、世界で多くの人財に役立つことを祈念しています。

 

 


□創市場(新市場)製品商品を探す
  
創市場とは、自社にふさわしい新市場を創ることです。
 外部の専門機関の蓄積した成功暗黙知を活かす。
 あなたにふさわしい外部の知恵との連携でさらに成功確率を高めよう。 
 


  工業市場研究所

「足で稼ぐ」調査のプロセスもアウトソーシングできる会社の一つ。

「足で稼ぐ(必要な生データを現地現場で現実に入手する)」が自社だけでは実行が難いのですが、自社にふさわしいデータが、定期的継続的に、入手できるしくみ、システムを創ると、ミクロミクロの解析は プロジェクトメンバーと一緒になって、あくまで主導は自社が採り、外部のプロ専門家が智慧、指導・協力しながら進めまとめ、その結果を事業展開に活かし、先行管理し、3ヶ月、6ヶ月間隔で、目標数値との乖離とその原因を追究し、乖離量を減らす、成功確率を高めるための「生データ」をカイゼン追加して、外部から入手する方法を採る。このやり方は継続的に成功確率が高くし、黒字化の可能性を確信できると、計画的に事業展開の拡大し、エリア拡大重点先の、先行生データを入手し、分析し、更に成功確率を上げることができるようになります。逆に目標との乖離が拡大、時代の要望とズレが在る場合、赤字累積拡大前に撤退する決断が可能になってきます。 


  日本アイアール

中小企業が特許を活かし探すとき、内容がまだぼやけた段階から具体的な詳細方向を決める段階のアドバイスができる会社の一つ。 

日本アイアール株式会社は1974年特許公報を発行CD-ROM化になり、21世紀は世界規模の知的財産の知識・智慧が技術開発者にとり重要度素養であり、1企業では出来ない専門分野を外部から協力する定評企業です。現在中国市場に進出する中小企業のサポートをしています。 
取引先 大手・中堅企業、特許事務所、大学、官公庁 約2.000社  仕入先 (財)日本特許情報機構(JAPIO)、(社)発明協会東京支部(JIII)NRIサイバーパテント株式会社。

知的財産研究所を1990年から発足しています。







 

 


   
矢野経済研究所  

  矢野調査レポート業種別検索
●ヤノデータバンク
・日本最大級のマーケティングライブラリー  ・市場調査レポート300万ページ以上収録
「自社の競争環境の現状や将来像について、しっかりと把握しておきたい」「厳しさを増す市場環境において、説得力のあるビジネスプランを描きたい」 ビジネスの最前線では、このようなニーズが以前にも増して高まっています。

時代が急速な勢いで変化している今日の経営においては、自社のおかれた競争環境を多角的・構造的に理解し、自社の強み・弱みや、市場における事業機会や脅威について的確に分析し、戦略の立案、実施に活用していくことが、ますます重要になってきています。

また、本格的な選択と集中の時代を迎え、信頼性の高い市場情報、企業情報を土台とする、堅牢でオリジナルなソリューションの構築が、事業の成功はもとより、サバイバルの重要な条件となってきています。
勝機は、市場からのチャレンジに対してアクティブに具体策を構築することから見えてきます。 年間約250タイトルのスケールでビジネスの変化を先取り。












 


  
富士経済

富士経済グループは、昭和37年(1962年)に株式会社富士経済を母体として創業。東京オリンピック開催の2年前にあたり、まさに国を挙げて復興に取組んでいた頃と重なります。以来半世紀に亘って市場調査会社の草分けとして努力発展。

市場調査の更なる専門性と総合力を追及するために、平成17年(2005年)7月1日、グループ統轄会社として新たに、株式会社富士経済マネージメントを設立いたしました。より質の高い調査員を育成し、優れたチームワークによるフィールドマーケティングリサーチを実践いたします。
創業の志を高く掲げ、未来産業社会と私たち地球の環境と平和の為に、21世紀をリードする市場調査会社として成長発展を続けます。 

□グループ企業

●富士経済マネージメント
富士経済グループの中核となるグループ本社

●富士グローバルネットワーク
FK-Mardsは、富士経済グループの独自の市場調査レポートを、お手元のPCからご利用いただける法人様向けの会員制情報サービスです。 専門調査員による付加価値の高い市場データ(市場規模推移・企業別シェア・予測・販売チャネル・主要企業の動向等)をご提供します。他社レポートでは中国産業別企業情報、コンビニPOSデータをご提供します。

●教育評論社 1977年に富士経済グループの一社

 創業から教育書、生活実用書、児童書、芸術書、歴史書、ビジネス書など幅広い分野の書籍を発行しております。
 

  富士キメラ総研 

情報処理・加工システムが高度化する中で、富士経済グループはフィールド リサーチ中心の市場調査会社として44年の実績をもち、情報の質やリアルタイムなデータの収集・調査力では、他社に絶対負けないと自負しており、     ITインテリジェンスが高度化する中で、On the information edge(最先端情報で 優位に立つ)を目指した実態調査とコンサルティングをご提供しています。又、フィールドリサーチやコンサルティングで蓄積した情報・人脈・企業ネットワーク  をご利用いただくため、ビジネスサポートセンターを設け、SP、リレーション活動  の企画・実施までお手伝いしています。

Chimera(ギリシャ語Khimaira)とはギリシャ神話の、ライオンの頭、山羊の体、蛇の尾を持つ神獣。異なる遺伝子からなる個体という意味もあり複合体としての多機能が特徴。顧客様のあらゆるニーズや課題に対して、専門知識を持つ複数の調査スタッフが、多角的調査を行ない問題を解明していく集団でありたいと考えています。
















 


  新製品情報  
 
  
日刊工業新聞社
  

ものづくりに関する上場会社、中小企業が、時代の潮流の中で、環境適応する変化を相対比較しながら、加工された筆者の「思い込み、先入観」がすくない情報源の一つです。

産業界の鼓動を迅速、的確に伝える---。日刊工業新聞は大正4年(1915年)に、前身の「大阪古鉄日報」として創刊以来、一貫して産業界と歩みをともにして進化しています。産業紙のジャンルを切り開いたパイオニアであると同時に、幾多の変遷を経て、今日、産業の総合情報機関として確固たる地歩を占めています。新聞を中核に、出版・電子メディア・イベント(企画・催事)・教育などのあらゆる事業を通じて、ビジネスに役立つ情報の発信に日々努めています。
近年、経済のグローバル化とともに国境を越えた企業活動が活発化し、これを後押しするように情報通信(IT)化はますます加速し、とどまるところを知りません。さらにナノテク・バイオなどの最先端分野をめぐる国際的な技術開発競争も激化する一方です。また、インターネットに代表されるように、情報の伝達・収集方法の多様化に伴い、新聞を取り巻く環境も大きく変化しています。
こうした中、モノづくりに特化した「オンリーワン」のメディアとしての意識と行動を従来にも増して徹底しています。そのことに対し、モノづくり・日本を担う産業界からは大きな期待が寄せられています。日々開発される新技術・新製品・ダイナミックかつユニークな経営戦略・・・モノづくりの現場に毎日新しいドラマがあります。そこに生まれるパワーと感動を直に伝えられるのは日刊工業新聞だけです。国内47ヶ所の取材拠点から、最新かつ信頼性のある独自情報を取材、全国規模で読者にお届けしています。
また、電子メディア事業ではニュースの配信・速報やデータベースによって多様な情報ニーズに応えています。ビジネス書・理工学書を主体とする書籍・各種技術雑誌で構成する出版事業はその専門性で長年高い評価を得ているほか、年間を通じて全国各地でロボット・金属加工・エネルギー環境などさまざまな切り口で展示会を開催しています。首都圏の地下鉄でおなじみのフリーペーパー「メトロガイド」も日刊工業新聞社が手がけています。
 

 

 

 


 ●博報堂DYホールディングス 
                              080930

 ◎競合企業の強者連携経営統合(創市場)の事例
2001.10.29 3社間初の業務提携発表 ・博報堂 ・大広 ・読売広告社
メディア関連での業務提携を発表2002.12.02 統合計画発表  
「3社経営統合による持株会社およびメディア事業会社設立」発表2003.10.01以降共同持株会社制による経営統合  
博報堂DYホールディングス(純粋持株会社)
持株移転により100%子会社へ  ・博報堂  ・大広 ・読売広告社 2003.12.01以降  
メディアコンテンツ事業の分割統合○博報堂DYメディアパートナーズ(100%子会社)各社メディア・コンテンツ部門の分割統合






 

 大広


博報堂DYホールディングスの構成企業の一つ。

経営統合企業の戦略の変化を知り、固有技術とグループの強みの活かし方を検証できる企業の一つ。

内外の新聞、雑誌、ラジオ、テレビ及び屋外、交通 、映画、ダイレクトメール、パブリック・リレーションズその他の総合的な宣伝広告の取扱っています。












 


  アサツー・ディ・ケイADK

 1956年に社員4名でスタート、創業から半世紀を経て広告業界国内3位、世界9位という成長をし、さらに進化しています。その成長の原動力は、ベンチャー精神と全員経営です。全員経営とは、個々の社員が経営的視点に立ち、個性を最大限に発揮して、クライアントに貢献していくことです。
スピリッツは   I
・nnovative
 これまでの延長ではなく、抜本的な発想の転換を心がける。
・Challenge  
人一倍努力し、知恵を出し、勇気を持って発想し行動し続ける。
・Unique    
個々人の才能、能力を活かし、従来にない価値を生み出し続ける。 

ADKはこれらのスピリッツを通じ、最適なコスト・時間で最高のクオリティのサービスを提供しています。   

●イメージの最先端事例追求しているため、古いWebでは、閲覧できない、プロダクトアウト思考が高い企業の一つ。


 
日本アプライドリサーチ研究所
 
多くの異なる領域にわたる知の成果を適切に活用し、学際的・業際的な諸課題に実践的に対応する文字通り、applied research(応用研究)をめざすシンクタンクです。とりわけ、政策立案のサポートにおいては、単なる分析にとどまらない戦略的視点とアプローチを重視し、企業などへの事業提案については堅実でありながらも斬新な内容にするために、適切なプロジェクトチームを編成し、機動力のあるプロジェクト運営を行ないます。

行政関係の組織団体に豊富な実績があります。 
●主な受託先





























 

    
    
サイバー・コミュニケーションズ  

●2008.5.24の内容
電通が47.5%出資している、インターネットや商用オンライン・サービスなどのネットワーク上の広告を手がける日本最大手の「メディアレップ」企業です。
インターネット広告のメディアレップとしてイン ターネット広告掲載に関してインターネットメディアと広告会社/広告主を結びつける役割を果たしています。 インターネットメディアにとっては広告枠を販売する営業組織としての役割、広告会社/広告主にとっては広告枠を購入する仕入れ組織としての役割を果たしています。
メディアレップとしてメディアプランニング、広告配信技術の提供、広告クリエイティブの制作、ECソリューションの提供などを行っています。
日本のインターネット広告の誕生と共に有力インターネットポータルメディアの広告を専門に扱うメディアレップとして発足し、我が国のインターネット業界の成長と共に発展してきました。
すでに日本の社会はブロードバンドやモバイルメディアの爆発的な普及により世界トップレベルのインターネット大国へ変貌しつつありますが、その中でインターネットメディアはマスメディアに匹敵するパワーをもった広告メディアとして広告主や消費者から認知されきました。現在はすでにマスメディア等従来の広告メディアとインターネットメディアで広告費獲得をめぐる激しいメディア間競争が起きる一方で、相乗効果を追求するクロスメディアマーケティングの時代に入っています。
インターネットの技術やサービスにおいては、サーチエンジン技術の急速な発展や動画サービス、消費者発小規模メディアの拡大が見られる等、インターネット広告をとりまく環境は大きく変化しております。当社もこのインターネット広告の環境変化を事業拡大の大きなチャンスと捉え、積極的に新しいインターネット広告市場の創造と拡大を目指しています。

従来の「インターネットメディアレップ」事業をより幅広く高次に発展させ、インターネットを活用したマーケティング領域全般でのビジネスポジションを確立、「トータル・インタラクティブ・マーケティング・サービス・カンパニー」へ発展し、広告主や消費者のブロードバンド時代のニーズに対応します。
その将来像と成長戦略を示した「中期経営計画」を2008年4月に発表しました。この中期戦略に基づき、より高度で先端的なサービスが提供できるトータル・インタラクティブ・マーケティング・サービス・カンパニーとしてグローバルベースでトップレベルの競争力を確立します。
また、独自の営業力、技術開発力強化とあわせて電通グループのみならず内外の有力企業とのアライアンスをスピードをもって行い、すでに発表した株式会社NTTデータ等の有力テクノロジー企業との提携やテレビ局等メディア会社との資本関係等を通じて事業基盤のさらなる強化を図る計画をしています。

●多くの企業が参入する市場成長期に入ってきましたが、世界に拮抗するための先行指標企業としてベンチマークが必要な企業の一つです。

あなたの会社の世界を市場にした創市場創客戦略を仮説するときに閲覧すべき企業の一つです。(定点チェックを推奨)
  

 

 

 

 
  
帝国データバンクTDB
 
長年にわたり蓄積してきたデータベースとノウハウ、そして全国に広がるネットワークを活かし、多様化するお客さまのご要望に質の高い情報と幅広いサービスで対応しています。
個別の企業情報の提供だけにとどまらず、円滑なビジネスを阻害し社会的に大きな影響を及ぼす大型倒産情報や、2万社以上を対象に実施する企業経営の実態を捉えた景気動向調査の月次結果など、ビジネスに役立つ情報をいち早く社会に発信しています。
また、独自の情報力と調査力に基づき、従来の定型調査以外にも市場調査、アンケート調査、顧客データベースの構築・整備などのご依頼にも対応しているほか、電子商取引をサポートするサービスも展開しています。これからもTDBは企業情報のプロとしてお客さまのビジネスを支え続けます。
 


  東京商工リサーチTSR

ビジネスにすぐ役立つ最新のオンライン情報データベースを提供 
「より新しく、より確かな情報を、どこよりも早く。」

TSRは、資本主義が浸透し産業が発達する中、銀行・商工業者の取引の安全を守ることを目的として1892年に創業。以来1世紀以上にわたり、信用調査業務を主力に、お客様のニーズに合致した商品ならびにサービスを提供し、経済活動を支え続けている。
 
商品提供件数357万8030件(前2,922,495件)(インターネットサービス{tsr−van2)提供者数222万2440社(前1,758,620社) 事業所情報データ135万5590ヶ所(前1,041,390ヶ所)世界の企業情報200カ国(前190ヶ国)超 1億5090万6568件(前1億件以上)海外企業情報は日本のトップクラス

 

 

 

 


 ●マーケティング支援機関(サイト内)
                              091015
外部の知恵の集約機関を選ぶことが、あなたの組織の事業計画の成功確率を左右する確率は高い。
目的に合わせ情報投資効果がより高くすることが必要条件です。
あなたの業界を10年以上継続データを蓄積した企業の場合、特に調査人材数が少ない場合、誰が担当するかが重要です。周囲の関連事業展開業界も実績が豊富でなければ、視野視点の狭い過去データの集積したデータベース(過去)で要領よくまとめるしくみがあります。右型上がりでない乱高下業界の場合、新規事業、事業計画の外部データとして「のり・きり貼り」方式が優位となり「業界色眼鏡」の取捨選択機能が働き、世界市場の潮流とは乖離する確率が高い。過去現状までで未来指標が10%以下に納期の関係、時間生産性でなる場合があります。
 

 

 

 

 


□新客を探す

 創客とは、自社にふさわしい新規顧客を探す。
 基本動作に一つ、名簿から、仮想の新規顧客を選び、見込み顧客にアプローチして、新規顧客数を増やす
 



  
ランドスケイプ  

B to B  B to C 日本最大のデータベース(国内)

設立 1990年   日本の法人個人の情報を時間をかけて、体系化整理し、企業の戦略に合わせ自由自在に活用できる 「しくみ・なかみ」がトップクラスの段階まで成長されています。自社で運営しているテレマーケティングの代行業務で、日々新市場参入ノウハウの進化を続けています。
事業内容
■CRM総合コンサルタント(One to Oneマーケティング支援業務全般)
1.データソリューション事業 
2.ダイレクトマーケティング支援事業 
3.テレマーケティング事業

●データベースのバックアップのための専門組織しくみシステムをグループ子会社に持っています。官公庁等、法人個人情報のセキュリティ管理が出来ています。 











 

 
ベステック(顧客のデータバンク)
 
中小企業が限られた投資予算で、 B to Bのデータを探す

1989(平成元)年に設立し入手可能な、全国の販売された名簿、データベース等を継続的名簿買取りして、独自のデータベースを構築しています。名簿販売および営業支援事業を展開しています。
豊富にプールされた名簿「顧客・見込み客データバンク」と、それを軸とした営業支援サービスは、あなたの組織の営業活動の成果を飛躍的にアップし、さらなる効率化を促すことが実現できる確率は高い。
生業家業型、中小企業でまだ社内体制、しくみ、なかみがまだ成長途上の企業が創市場、創客体制をつくり、社内人材を活かし、多くの新客との接点づくりの目標を120%以上上げたいとき、成功確率を上げる解決策が揃っている企業の一つです。費用は、他社より組み合わせ次第でコストダウンできる可能性があります。特に新規開拓、市場開拓に専任できる人数が少ないとき、事前に細部まで打合して、連携パートナーとして社内の人材と同等以上の機能を発揮できる企業です。

●現在生きている顧客データだけが課金の対象になります。不着データは料金から除かれます。(信頼度の補正のしくみ)可能な顧客層で見込み客数が多い分野を探すとき、外部の知恵との連携ができるしくみになっています。

 


  
ディーエムエスDMS
 
「顧客」と「顧客の顧客」のために”ダイレクト・コミュニケーション”の新たな役割を

 創業1961(昭和36)年、「マスでは伝わりにくい情報がある・・・そういう情報はこれからもっと増えるに違いない・・・」と考え、ダイレクトメール(DM)を使った“ダイレクト・コミュニケーション”をビジネスにしました。現在は、情報の受け手ひとり一人が、自分にあった情報収集スタイルを選択し、活用し、さらに今度は自分が情報の送り手になるという時代です。また、企業も、ITを駆使して、多様化する顧客特性をしっかり捉えて、顧客の役に立つ情報を発信しようとしています。そんな中、DMやテレマーケティング、インターネットなどの“ダイレクト・コミュニケーション”メディアは、もはやマス媒体のニッチではなく、独り立ちしたメディアとしてひろく社会に浸透しています。さらに、“ダイレクト・コミュニケーション”は、モノやサービスを売るための手段としてだけではなく、企業がさまざまな社会的責任を果たすときのコミュニケーション手段となるなど、その役割範囲も拡大してきています。当社の直接の顧客は、主に情報を発信される企業ですが、その先の顧客も当社にとっての大切な顧客です。当社は、単なるアウトソーサーという発想ではなく、顧客企業と一緒に考え、汗を流し、「顧客」と、「顧客の顧客」にとって役に立つプロフェッショナルとして“ダイレクト・コミュニケーション”の新しい役割の担い手を目指しています。


   
ネクスウェイ
  

FAXをプロセスに活かし、現在ある手法を総合的に戦略的に活用

『新しいコミュニケーションを創る』会社です。1988年、リクルートの一事業部として産声をあげました。FAXの多地点・多ヶ所への一斉送信サービスに始まり、伝票・帳票を送信するサービス、販売促進用途でのサービスと、ビジネスコミュニケーションを便利に簡便にするサービスとして進化しmてきました。
2006年以降は、従来のサービスを通じてつちかったビジネスコミュニケーションサービスの使い方やノウハウを活用し、Web・メール・インターネットなど様々なIT基盤を活用したサービスを拡大・展開してきています。
20年の年月を経て、今では、約8,000法人、約24,000契約のお客様が利用しています。
そして、創業から20年を経た2008年7月、ネクスウェイはリクルートグループを離れ、インテックグループ(ITホールディングスグループ)の一員となりました。インテックグループ(ITホールディングスグループ)が持つ技術力・運用力を融合し、課題やニーズをサービスとして実現することを加速し、サービスの安定的な提供をすることを強化することを実現化しています。
 

 

 

 

 


 
リードエグジビションジャパン
  (国際見本市運営) 

◎他の多くのイベントの中の超一流を目指し、善循環のシクミシステムが着実に進化を続けている運営会社の一つです。

国際見本市開催によって日本の経済発展に貢献    
○各産業の活性化・国際化の促進○出展企業のビジネス販促  
○経済は旧効果の創出

設立以来今日に至るまで、次のような確信を持つに至っております。
●リードの見本市は各産業の活性化、国際化を促し、業界の発展に貢献している事
●リードの見本市は各出展企業のビジネス拡大に貢献しているこ事
●リードの見本市は巨大な経済効果を生み出し、開催する都市の経済に貢献している事
●リードの見本市は人間の持つ「直接人と会って情報交換をしたい。自分の目で見て 触って物を買いたい」 という本質的な欲求を満たしている事


 

 
 
UBMジャパン・グループ
  (英国企業・国際見本市運営)

UBMユナイテッドビジネスメディア(旧CMP)は、英国に本部を置く国際総合メディア企業です。ユナイテッドビジネスメディア社のB2Bメディア部門として、世界各国で約300を超えるトレードショー/コンファレンスを主催するとともに、200誌を超えるビジネス業界誌を発行しています。
ニュースレターやインターネット上のオンラインサービスを含めたCMPメディア媒体の総数は700を超え、これらの媒体を通じ、IT、ファッション、食品、健康、医薬、ビューティー、ジュエリー、造船、機械等様々な産業分野におけるビジネスメディア企業として、国際的にその業務を展開しています。
◎CMPテクノロジージャパン(株)社は旧CMPグループ内企業から2009年7月31日をもつて、(株)ナノオプト・メディア(本社 名古屋)に対し、当社のICT分野並びにデジタルメディア分野等におけるイベント事業、及び関連するマーケティング事業を営業譲渡することになりました。

 ■「RBBTODAY」から掲載 運営 IRIコマーステクノロジー インタネット総合研究所71%出資
ナノオプト・メディアの親会社であるナノオプトニクス・エナジーは、京都大学に本拠地を置くベンチャー企業で、精密機器、光学機械の開発、超伝導技術を含むエネルギー事業を展開する企業。
ナノオプト・メディアは、デジタルサイネージ、サイエンスカフェ、出版事業などを手掛けているが、今回、これにイベント事業が加わることになる。

ナノオプト・メディアは2009年8月4日、1日をもってCMPテクノロジーからイベント事業の一部の譲渡受け、2010年のInteropを含むイベント事業を開始すると発表した。記者発表会は、ナノオプト・メディア 代表取締役社長 藤原洋氏(のほか、Interop Tokyoの開催に古くから関わっている慶應義塾大学 村井純教授、中村修教授らも同席して行われた
 

 

 

 


□テレマーケティング(安定業績基盤構築のしくみ)
見込客(仮説客)⇒新規客⇒顧客⇒固定客⇒業績貢献率の高い固定客しくみ、システムが21世紀急速に進化し、安定したプロセスでゼロサム環境の中で着実に総顧客数を増やす企業は、勝ち残り企業。
アナログと気合では、期間総利益を確保し難い企業間競争時代に入ってきました。

創客能力が弱い、中小企業は、最適利益のでる適正規模を守り、一人二役三役の高効率営業のしくみが必要になりました。

地域密着CATVの共有化機能を活かし、地域行政の営業支援の助成を活かすと、地産地消型テレマーケティングの構築か実現できる確率は高くなりました。海外に事業拠点を持ち国内機能を縮小しても残す企業だけが優位なTPPが実現確率が高く急務な時期、地方法人税収確保と地域銀行の存亡をかけて、黒字企業増加のためには構築が急務の一つであることを気づくことを待望します。

●大企業、中堅企業、海外から外国企業と連携して国内に侵攻深耕し、国内では企業規模の優位さで、中小企業事業領域を短期で蚕食する行動が見える化してきた黒字企業グループは、下記のどこかのテレマーケティングのしくみシステムを戦略的に生かし黒字企業体質を構築しています。超円高を演出しTPP実現のために資金を投入する企業は国内にあることに気づくと、今最優先で中小企業が経営協業して行動する方法が明確に見(観・診)えてきます。90%以上の中小企業の中で、第一次産業、第二次産業と地域の顧客獲得のゼロサム競争をしている企業で不適正規模以上に膨張した赤字慢性体質企業は、存亡の危機が想定以上の速さで近づいていることを気づくことを待望しています。
 


  
シンフォニーマーケティング
  
中小企業対象のローコストのしくみとシンプル化活用が出来やすい企業の一つ

世界で一番難しいと言われている日本の法人データの管理と、その活用をアウトソーシングでサポートし、マーケティング活動が売上げに直結する理想的なシステムとオペレーションを提供することで日本のデータベースマーケティングを世界のトップレベルに押し上げる原動力となろうとして、BtoB企業のマーケティング担当者のための理想的なインフラサービスを提供しています。

創市場創客のための専任担当者が少ない中小企業の場合社内の若手の専任人財候補者3名以上と連携し、自社のしくみシステムの中に融合させると、短期で専任人材育成も兼ねて、業績貢献できる善循環体制を構築できる可能性の高い企業の一つです。
社内で専任人材を養成する期間と、業績貢献できるまでの期間の生産性を金額換算すると、想定以上のローコスト化ができます。  
◎背景   
外資系日本法人が、新規に日本で業績基盤を構築できた実績を持つています。20世紀の成功体験やり方にから脱皮しきれない企業の場合は、日本の中で長期間CRMを進化させてきたしくみシステムを構築してきたシンフォニーマーケティングのやり方は、21世紀現在の日本の市場戦略に適応している確率は高い。営業力強くなく、固有技術、固有商品製品を持つ企業の場合、営業部門の代行と同時に、社内の未来の営業部門人財を業績貢献という厳しい評価の中でキチンと養成することが企業の安心成長のトリガーの一つになります。

◎MARKETING CAMPUS
   
マーケティングキャンパス

マーケティングに関する情報を閲覧できます。
基礎から実践まで!B to Bマーケティングを学ぶことができるサイトです。
◆マーケティング講座
◆マーケティングコラム
◆ケースタディ
◆用語集
◆書籍紹介

 


  
ベルシステム24
 
 「対話」を通じて「価値」を創造する

1982年の設立以来、電話による「カスタマー・サービス」の運用を皮切りに、1994年には「One-to-Oneマーケティング」の普及に取り組み、2001年からは、“Creating Value through Dialogue(対話を通じて価値を創造する)“ことにより、「CRMサービスの総合プロバイダー」としての役割を進化させて参りました。CRM事業におきましては、企業のセールス・プロモーション・サポートや事務サポートを通じて、クライアント企業様とエンドユーザーとの最善のコンタクトを実現し、顧客満足度の向上に努めております。とりわけセールス・プロモーション領域では、コミュニケーションとクオリティの科学的なマネジメントを通じて、エンドユーザーのファン化とその活性化を実現させています

また、コンタクトセンター業務のNo.1企業として蓄積してきた、センター設計と運用のノウハウ、並びに充実した情報セキュリティ管理体制によって、クライアント企業様の顧客接点を安全・確実にサポートさせて頂いております。同時に、大量のブース設置や緊急業務にも迅速にかつ高い品質をもって応えることにより、生活者の安全や企業の信用力の早期回復を支援しています。
多様化する環境の中で、徹底した『顧客主義』、『現場主義』、『行動主義』を貫き、お客様の声を汲み上げさせて頂いた結果、現在は5,000社を超えるクライアント企業様との取引をしています。
3万人のコミュニケータを雇用しており、その規模は業界No.1です。人が根幹のビジネスにおいて、人材が最も誇れる当社の財産です。 そのため、独自の研修、評価ツール、メンタルヘルスケアなど、人に徹底的にフォーカスした施策を展開し、社員の「顧客主義」と企業体としての「一体感」を醸成しています。一人一人の社員が常にお客様の事を最優先に考え、最良のサービスを提案、提供するためです。

□CRMソリューション事業
◇CRM企画
コンサルティングからBPOまで最適なCRM戦略を策定 
◇リサーチ分析
お客様を洞察し、CRM戦略を協力にサポート
◇プロモーション・営業支援
効果的な顧客接点の創出でROIの最大化を実現
◇コンタクトセンター運営
 


  
トランスコスモス
 
お客様企業の満足の大きさが当社の存在価値の大きさ。真にお客様志向のアウトソーシングサービスをめざします。

情報処理アウトソーシングビジネスの先駆けとして事業を開始したのは1966(昭和41)年です。それ以来、一貫して顧客満足度の向上を目標に掲げ、優れた人材と最新のシステム、付加価値の高いサービスの提供に努めて、時代の変化とともに事業領域を広げてきました。パーソナル・コンピューター(PC)が世に出回り始める1980年代、データエントリー業務で培ったコンピュータに関する知識や活用ノウハウを軸にPC サポート業務を開始しました。また、インターネットが普及し始めた1990 年代には、インターネットが企業の経営環境に大きな変化をもたらすとの認識のもと、いち早くインターネット技術を取り入れたサービス開発に取り組み、将来の事業展開への布石を打ちました。そして、現在ではブロードバンドの普及により企業と消費者の関係が直接的かつ豊かなものになり、企業にとってインターネットを活用したマーケティング活動は必要不可欠な施策のひとつとなっています。このような環境のもと、コールセンターサービスをはじめ、ビジネスプロセスアウトソーシングサービス、ビジネスプロセスソリューションサービス、デジタルマーケティングサービスなど、それぞれのサービスを単独または融合させることで、お客様企業にマーケティングの最適化および効率化、売上の拡大、新規顧客の獲得を実現する総合的なITアウトソーシングサービスを提供しています。さらに、これらのサービスは国内だけではなく、アジアを中心にグローバルで展開しており、高品質なアウトソーシングサービスを世界規模でご提供できる「Global IT Partner」を目指しています。
事業の原点は人と技術を「仕組み」の創出によって融合し、より付加価値の高いサービスに変換することにあります。「人」とはプロフェッショナルとしてお客様企業にきめ細やかな対応ができるスタッフのことであり、「技術力」とは常に世の中の動向を注視している中で探し出すお客様企業に最適な技術のことです。企業価値を維持・向上していくためには、事業の原点を将来にわたり磨き続けること、グローバルな展開を志すこと、そして究極的には弊社の事業を通 して人間と技術を結び付け、技術を人間により身近に、使いやすくしていくことと考えています。
 


  
テレマーケティングジャパン
  TMJ
 

1975年に、ベネッセコーポレーション(旧・福武書店)の「進研ゼミ」会員を対象としたコールセンター部門で培ってきたテレマーケティングノウハウをより広い領域で活用することを目指して、1992年に分社独立しました。
以来、テレマーケティング ジャパンはCRMパートナーとして、より効果的なマーケティング活動を実現するために、マーケティング先進国アメリカの最新理論を吸収しながら、個々のニーズに対して最適なマーケティングシステムを提供しつづけています。
TMJは、卓越した専門性と高いコンタクトセンター運営能力が評価され、金融・情報通信・製造・公共など幅広い業種の企業・団体より業務を受託しています。
顧客との1対1のコンタクトに、ひとつとして同一のものはありません。ただ、この膨大な多様性にも、科学する眼で向き合えば、必ず法則性が見つかります。プロセスの工夫で、2倍、3倍、時には10倍の成果を生むことさえ可能になります。規模の拡大にも、時間生産性を向上させ、より効率的に対応することができます。昨日よりも今日、今日よりも明日、一歩一歩、仕事をレベルアップさせる。とどまることなく、よりよい成果を創り出す。私たちは、“考え抜くコンタクトセンター”です。
 


  
トライアル
 
大手資本系列に一切属さない完全な独立系のコンタクトセンター( コールセンター)運営会社です。 親会社というバックボーンのない会社に必要なものは、単にクライアント様の言いなりに受発信代行を行うテレマーケティング業者(電話代行業者)になることではなく、クライアント様の立場に立った、質の高い企画提案力であると確信しています。
些細なことでテレマーケティングやE-MAILマーケティングの結果は大きく異なってきます。この些細なことの積み重ねと大胆な提案力が私共の財産、生命線であると考え、単純に思え るようなアウトバウンドやインバウンド、E-MAIL配信業務においても常に斬新な提案及びノウハウの提供を心掛けています。
現在、大手通販会社様、化粧品会社様等非常に高い評価を頂き継続的な関係を構築しています。
また、2001年12月旭川市、2004年4月大分市、2005年4月高知市と積極的に正社員雇用のコンタクトセンター(コールセンター) をオープンし、オペレーション能力のより一層の向上に努めております。また、持ち前の機動力を活かし、他のテレマーケティング会社では不可能と思われていたクライアント様の緊急時の対応を即日から行うエマージェンシーコンタクトセンター(コールセンター)サービスを2003年8月より開始しております。
高い提案力とオペレーション能力で貴社のイメージアップのみならず利益を産み出すコンタクトセンター(コールセンター)の運営を提案しています。

 
 
エムエム総研


経営理念(2つ)
法人マーケティング支援を行うことで、適正で良質なビジネスの機会を創出し、企業・社会の発展に寄与していくこと。また働く人々にマーケティング分野での活躍や成長の場を提供し、ビジネスを通じて人が活きる環境を提供すること。
クライアント様には、「価値共有された顧客資産の創造と維持・育成を行う」お手伝いを通じて、事業成功の支援を行っています。
創業以来2000件を超えるマーケティングプロジェクトの支援を行ってきた経験から、真に事業成功を実現するマーケティングは、短期的視点の販促活動ではなく、価値共有された顧客資産を時間をかけて創造していくことだと確信するに至りました。
短い期間業績のために対処療法的な営業活動を繰り返すのではなく、中長期視点にたってしっかりと顧客基盤を創造してきた企業だけが、今不透明な時代の中でも繁栄を続けています。そういった企業様を支援してきた実績もあり、現状ではIT業界を中心に日本有数の大手企業様からのプロジェクトも多数お受けするようになりました。
今後も「BtoBマーケティングの正道」を追求し続けます。



 


日本トータルテレマーケティングNTM
  
 
電話(WEB)応対・電話営業等のコールセンター業務を中心に、受注、商品出荷、お問合せ窓口等をワンストップで行うサービスを提供しています。
また、カスタマーサービスや日々蓄積されるデータの分析サービス等、クライアント企業にとって必要とする事を一緒になって考える、提案型のコールセンターです。

◎同社で3番目の拠点となるコールセンターを熊本市に2007年10月中旬開設 初めての地方進出となる。2006年8月から協議を重ね、全国6都市を進出候補 地に選定。熊本市への進出し業務拡大を目指しています。


























 


  ●NTTグループ   091109  
  創市場創客CRM         

NTTグループは世界に比肩できる知行総能力の統覚がはじまりました。
民間大企業の儲け優先とは異なる、国策的半民営企業として、裾野の広い事業領域が、国有の時代の遺伝子として現在は儲けとは別次元の部分として残っています。中小企業が生き残る機能として固有の強みにできる分野があります。統合がまだ初期の今しか存在しない、不採算分野で、短期で他の大企業グループと同じようにゼロになる確率は高い。今が、活かす潜在一隅のチャンスです。
他の企業と相対比較すると、誰でも気づける分野の一つです。地域のスマートコミュニティに必要な機能です。
◎NTTグループの中に、創市場・創客関連(テレマーケティング関連)企業は、成長し、相互補完の総合機能を持ち始めています。総合的に戦略できる整合成長段階に入ってきました。

◎創市場・創客関連として、個別の事業行動をやめ、分割では世界に比肩して生き残ることが不適切行動と気づき、国有企業時代と同様に大企業グループで経営連携した事業展開に原点回帰してきました。
民営化の目的のマイナス領域の細分化分散事業展開は、拮抗する大企業と拮抗出来難いことに最大の弱点を造る方法と気づき、大企業グループと同様な戦略へ転換し、独占化して潤沢な資金を共有する徴候が出てきました。

NTTのような優位な固有技術の少ない、大企業グループより2から3流ノウハウしかない郵政グループが早く気づくかなければ、国民が資金をだした企業がムダとなり、加速度的赤字体質になり倒産軌道を歩む反転方向ができない状況が現実化する確率む高くなってきました。早くNTTの事業展開の変化に気づくことを待望しています。
 


 
マーケティングCTI「DISH」

 
ランドスケイプ の CRMシステム

DISH(ディッシュ)は、ランドスケイプがテレマーケティング、ダイレクトマーケティング、キャンペーンマネジメントによって培ったノウハウを、最大限に詰め込んだCRMシステムです。顧客との接点を増やす豊富な機能を備えいます。あなたの目的に合わせて最適なサポートを行います。これからは、マーケティング活動の煩雑な作業にとられていた時間を、価値ある業務に変えていきませんか。 操作性が高く、設定も簡単。見込み客の開拓、DM発送後の受発注受付、問合せ窓口として、さらに商品案内やアンケートにと用途は多岐にわたります。
 
顧客データを一元管理し、目的などに応じてキャンペーンを実施、顧客管理機能と連携したマルチチャネルで効率的なマーケティング活動を実現するCTIシステムです。
ランドスケイプが提唱するマーケティングフレームワークを実現するシステム、DISH(ディッシュ)は、ランドスケイプがテレマーケティング、ダイレクトマーケティング、キャンペーン管理によって培ったノウハウを、最大限に詰め込んだマーケティングCTIです。マーケティングCTI「DISH」は顧客データを一元管理し、全てのコミュニケーション履歴を蓄積、目的に応じたキャンペーンを実施することができます。またCTI機能を完備しておりマルチチャネルを活用することで、それぞれの顧客との最適なコミュニケーションが実現します。 こういった企業と顧客の接点を増やす豊富な機能をそなえ、貴社の目的に合わせたマーケティング活動をサポートします。

□テレマーケティング

◆DISHは現場から生まれた実践的CRMシステム 

 

 

 


  
日本テレマーケティング協会JTA

 コールセンターやコンタクトセンターあるいはネット通販といったキーワードで代表される顧客と企業、企業と企業のコンタクト手段は、「IT技術の進展によって、より効率的に、より快適になり、私たちの暮らしに欠くことのできない存在になつてきました。また、距離を越えた活動が容易にできるため、地方では多くの雇用を生み出す原動力にもなっています。しかし、一方では、迷惑電話セールスや顧客情報漏洩などの負の問題も抱え、負の側面を抱え、責任ある対応がもとめれれてきました。日本テレマーケティング協会では、負の側面を正し、顧客と企業との関係作りをより安全・安心・快適なものとする活動をすすめています。
本協会は、テレマーケティングに関する倫理の確立と綱領の普及および啓発、調査研究、情報の収集および提供等を行うことにより、テレマーケティングの健全な発展を図り、日本経済の発展および国民生活の向上に寄与することを目的としています。

◎関連法規/ガイドライン
○改正特定商取引に関する法律の概要
JTANEW 9月号(Vol.150)
近年、執拗な勧誘を断り切れないまま、大量の購入契約を結ばされる事例や、インターネット通信販売などの新しい分野では、返品を巡ってのトラブルや、不当請求の手段となる迷惑広告メールなどの問題が発生しています。
こうした状況に対処するため、規制の抜け穴の解消、訪問販売規制、インターネット取引等の規制強化などを内容とする「特定商取引に関する法律及び割賦販売法の一部を改正する法律」が、2008年6月に成立し、2009年12月1日に施行されることになりました。
 

 

 

 


○コンタクトセンター関連情報

コンタクトセンターの仕様に関係し、総顧客数と総固定客数を時系列で着実に増加させるとき、成功確率を左右する企業が多い。

コンタクトセンターにおける顧客対応が企業価値を向上させ、収益を高めるためのプロフィットセンターの役割を果たすことを実証検証して、企業業績格差を拡大させる重要な要素の一つであることを確信する企業が増えてきました。

自社で構築した成功システムを他の法人対象に総合システムとして新規事業として展開する企業が増えてきました。強い中小企業になりたい企業は、自社の新規顧客の業績貢献度が高い人財グループをモデルに連携させさらに強くしながら、自社暗黙知構築スピードを加速するのも一つの方法です。
 


  
セールスフォース・ドットコム
 
企業向けクラウド型サ-ビスがSNSの機能を統合し、企業と顧客をより身近に、より効率的につなぎます。
全世界10万社以上が利用しています。
 セールスフォース・ドットコムは営業支援(SFA)、マーケティング支援、顧客へのサービスサポート、必要な情報の収集・分析など、CRMに求められるアプリケーションをオンデマンド(ASP・SaaS)で提供しています。ご要望に応じたカスタマイズをスピーディに実現する柔軟なシステムを提供しています。
「Salesforce」:アプリケーション営業、マーケティング、カスタマーサービスなどの部門を支援し、優良なお客様を発掘、獲得、維持することを目的とした オンデマンドCRM(顧客管理)サービス Salesforce(セールスフォース)。 経営指標の分析や代理店管理機能など、 CRMに必要とされる全ての機能ををインターネット経由で提供しています。

◇「force.com」:プラットフォーム
CRMのカスタマイズ・統合のための革新的プラットフォーム。CRMにとどまらない新しいアプリケーションの開発・展開が可能になります。

◇「Appexchange」:アプリケーション
ディレクトリオンデマンド・ビジネスアプリケーションの公開、共有、インストールを可能にする世界初のオンラインサービスです。

◇「Successforce」:サービスとコミュニティお客様のシステム稼動を推進するコンサルティング/トレーニング/サポートを目的とした支援プログラムです。ユーザ様の活用事例などを紹介したオンラインコミュニティ、 Successforce.comサイトをご覧ください。
 

   富士通中部システムズ
                      081128

 実務家が経営判断をするときに、システムのしくみフローが理解できると、当人が必要な視点から、自在に社内ナレッジを自分流で見える化をシンプル作成し活用でるように更に進化してきました。
プロ的社員の加工した結果情報も必要ですが、その裏付ける根拠、確信決断する時、机上型システムでなく、現場型構築進化したシンプル型システムの方がITの専門家でない実務家にも活用し易いものが開発されてきました。
ランニングコストも、自社にデータを保持し、加工のためのシステムだけを活用する可能性もあり、確信決断した内容を、自社のナレッジに追加し、さらに自社の保持データが進化できはじめました一例です。
 「コールセンター」「営業現場」で活用できるASP/SaaS型統合CRMアプリケーションが進化してきました。スピーディで適確なお客様対応力を構築できるCRMate(シーアールメイト)とお客様の声の経営活用を支援する見える化サービスパッケージの一つです。












 

 ●富士ソフト
                      081030

◎Google Appsの導入 
「FUJISOFT×Google」この新たなコラボレーションから生まれた「Google Apps Premier Edition」が次世代のビジネススタイルを指し示します。
管理に費やす手間とコストを大幅に削減する次世代型コラボレーションツール

◎事例社員数1,000人と想定した場合
◇銀行システム(メール、グループウエア)の運用コスト 約5,000万円/年
◇この方式SaaS(メール、グループウエ)を導入した場合の運用コスト  約2,000万円
イニシャル費用込みで3年間を比較すると約9,000万円削減効果があります。

SaaS方式のため進化の速いソフトはローコストで最新に変更でき、更新時の時間生産性は短縮できます。










 


 ●サンブリッジ
  (日本国内総代理店)
             090718

 ◎データマイニングの分析結果を実戦の場で業績貢献に活かすことが目的です。
決断時の最適の決断をするための、検証確信のための重要なプロセスの一つです。仮説の検討要素を複合組み合わせでインプットコントロールし、その結果を、過去の成功体験、未来の可能性等の数理分析プロセスで整理し、仮説の結果を導きだします。仮説で導かれた結果は、無限数で、未来どれが100%成功するかわかりません。演算部分の自社での業績貢献度が想定以上になった仮説を、常に検証してさらに修正カイゼンは一部の自社の専門家だけがわかるブラックボックス部分に集約するのも一方法、その分析の解析プロセスは、決裁者によく理解できない場合が多い。実務家はインプットの仮説から導かれた内容を活かし、その中から、企業の、業界の、世界のその時点で最適と確信したもので決断をする方が、分析プロセスに時間をかけるより、早く実行に移し、次々と想定しない問題解決テーマが出てきた都度修正する。分析プロセスに専門化(外部も含め)の長時間かけて結果をだし、そのために高額に費用をかけ、実線を長期間できないことは「何かおかしい」と気づいたあなたは、、ブラックボックス方式が、世界で、この段階まで進化してきて、日本国内総代理店(サンブリッジ)が事業展開をはじめ、成功事例がではじめてきたとき、手法を早期に知ることも自社の最適経営プロセスの一つとして着眼してみてください。。
自社の成功確率を上げるためには、ブラックボックスの自社専用の分析精度を高め、成功確率をより高くする補正に継続的挑戦が必要です。



 


 ●数理システム
                        080921

 2つの接点で独創的な技術を育み、科学技術の発達と産業の高度化に貢献を目指す企業です。
1.基礎科学の中にありながら広範な分野で応用されている数理科学。
2.たゆまぬ進化を続けるコンピュータサイエンス
この2つの領域をベースにもつ独立系のソフトウェアベンダーとして、設立以来独自のポジションを築き上げてきました。目指すもの─それは数理科学とコンピュータサイエンスが交差する接点で他にない独創性を育み、テクノロジーの最先端を切り開くことにあります。国内外から優れた人材を獲得し、エンジニア一人ひとりが自由な研究環境の中で未知の領域にある可能性にチャレンジする中で、科学技術の発達や産業の合理化、社会システムの高度化に大きく貢献する技術的な成果がいくつも生まれています。開発した情報システムやソフトウェア製品は、国の研究機関や全国の主要な大学の研究室、またあらゆる産業分野の第一線で活躍し、数理システムの技術力、研究開発力に対するユーザーの評価は日増しに高まっています。
優れた技術開発力は、今や海外でも高い評価の対象となっています。世界経済の中心に位置するニューヨークやロンドン。金融機関の中枢部門では、当社が独自に開発した数理計画法パッケージが最速・最適なエンジンとして認められ、多数の投資顧問会社に導入されて好評を博しています。また、これらの技術をベースに開発されたポートフォリオ構築支援ツールは、多くの機関投資家に注目され絶対の信頼を獲得しています。
数理科学は、現代科学が直面するさまざまな課題を解決する手段として、その応用分野を広げています。当社は、数理科学全般にわたる広範な専門知識とITの最新技術を駆使しながら、今後も多方面でいまだ克服されていない種々の問題解決に挑んでいます。


 ●日本ニューメリカルアルゴリズムセンター
 090707
 
 NAGは英国Oxfordに本社を持ち、35年以上にも渡り高度な数学問題を解くための各種ソフトウエア及びコンサルティングサービスを世界に向けて提供しています。世界トップレベルの数学者、統計学者らにより構成されるNAG研究開発陣により、NAGの技術は進化を続けています。
NAGの主力製品であるNAG数値計算ライブラリは1971年にリリースされて以来数々のバージョンアップを重ね、現在では1450以上の高度で洗練された数学及び統計アルゴリズムを含む製品となっています。全世界で10000以上のユーザ実績を持つNAG製品は、宇宙工学から、金融、医療、農業、ITに至るまで様々な分野で利用されています。
NAGは優れた数学・統計計算アルゴリズムを核とする、数学・統計計算ライブラリ、データマイニングコンポーネント、可視化アプリケーション、統計解析ソフト、コンパイラ、CRM用解析ソフトなどの販売や、多くの経験や実績を生かした、計算プログラムの並列化、システムインテグレーション、データマイニングなどの各種コンサルティングサービスを提供しています。

















 


 テキストマイニングTRUE
 
多様な分野で多くの企業がすでに導入
 野村総合研究所NRI のテキストマイニング
 

野村総合研究所NRIがコンサルタント活動情報の共有化、業務の生産性向上のために構築したナレッジ活用のためのテキストマイニング。システム化し企業への導入支援のための専門ビジネスインテリジェント事業部が活動しています。◎顧客の声を聞くために選ばれたその実績、コンサルティングの現場から生まれ、進化し続ける分析ソリューション。
TRUE TELLERテキストマイニングは、野村総合研究所が分析コンサルティングを行う上で開発し、自らが使い込んできたテキストマイニング分析システムです。あらゆる課題に答えられるよう進化を続け、全てのノウハウを集結。実業務に即した使いやすさを極めました。お客様の真意を探ることで、市場の傾向と変化を把握し、顧客視点にもとづいた事業戦略の確認・検証、課題の発見、さらにはその共有、FAQへの展開など、テキストマイニングの実践を強力にトータル・サポートします。
いまや企業の競争力は、様々なチャネルから収集した“お客様の声”を、いかに素早く、的確なビジネスに活かすか、にかかっています。TRUE TELLERを導入されている企業は、電気、住宅、自動車、医薬品、飲料などの大手メーカー、マーケティング調査会社、コールセンターアウトソーサー、自治体など250社(2007年8月現在)。コールセンターの問い合わせ分析、品質管理、解約防止分析、CS(顧客満足度)調査、商品開発、マーケティング分析など、様々なシーンで活用され、テキストマイニングといえば、「TRUE TELLER(トゥルーテラー)」といわれる実績をあげています。
◎内容紹介は 導入時の決裁企画書に活用できます。
野村総合研究所の説明文は、貴社で採用決裁を採る文書として、引用できます。テキストファイルで整理しましたので、コピー・貼り付けで企画書作成の時間を短縮し下さい。自社で投資可能な予算の上限内で、まず可能な規模の導入を自社で持つとも活用する部門、業績の上位の3拠点でテスト活用し、自社の従来のものと併用活用比較し、業績の格差が明確になった段階で、地方拠点からの導入をおすすめします。拠点の業績を変え、全社への展開への切り替えをすることが重要です。「業績責任者と活かしきる人財の数が投資効果を上げる着眼です。
 

 

 

 

 


○コールセンターの誘致


各地でコールセンターの誘致のための優遇制度が軌道に乗ってきました。IT時代戦略拠点は首都圏、政令都市、中核都市等におき、コールセンター情報をコンタクトセンターとして活かし、企業の安定業績基盤を構築を推進し、業務は人工数が高く、総人数が品質業績と相関が高い事業のため、人件費の高い都市型である必然性が低くなってきました。人件費の低いエリアでの事業展開の方が、競合他社との利益率格差、その利益を次のシステム能力アップのための設備投資に活かせます。さらに強い企業へ進化できます。コールセンター事業は「地方の雇用創造」に効果的な業種の一つです。

◎進出地区決定時の重要な基本項目  
1.危機管理のためのサーバーが自然災害のリスクの確率が低い方がよい。   
地震発生確率、台風・落雷の頻度が低い方がよい。(日本は確率ゼロ地域はないので、経営判断できまります。)    
温度、湿度の条件(コントロール経費の増減に影響します。)  
2.雇用について    
誘致企業に対して、共同募集の機会もあります。すべて、経験ゼロからのスタート    
自社の人質基準で一定レベル以上の人材を採用すればよい。    
徹底的成長の訓練に耐え切れない人材は、自己退社しますが、引き止めず、強制的に訓練し育った人材ですから、他社では類似雇用の機会も多く、有用人材として活躍しますので、訓練に妥協しない方が賢明です。  標準化ノウハウは育成のシクミで、成長段階に応じて定期的に徹底教育。ただし個人別の日常のOJTのシクミが重要で、短期養成成功の格差となります。    
戦略拠点で、徹底養成した実務家を一定人数ごとに配置し、都度アドバイスする方式で、レベルアップできる。養成時の内容は全て報告させ、標準化ノウハウのバージョンアップに組み込む。
3.新規顧客開拓   
(1)自社のコールセンターとして特に強い業種、業態の企業のノウハウを標準化し、進出エリアの売上高の上位企業から開拓する。   
(2)最優先で、投資金額に応じて、回収に必要な期間を決め、必要な売上が確保できる企業数を確保する。
コールセンターの一部を自社の新規開拓グループのエリアとして、テレマーケティングに活用する。     
その成功ノウハウを、コールセンター、クライアントのテレマーケティングに活かす。      
(4)自社の新規開拓グループのメンバーが分担してOJTの業務のリーダーを兼務する。
その細部まで蓄積したノウハウを、自社の全国の貢献度の高いエリアから水平展開する。
4.固定客化は戦略拠点が担当する。
 


 札幌市の企業誘致

札幌市は、平成12年よりコールセンターの誘致を行っており、平成16年にはBPO業務を行う企業向けの支援制度も立ち上げております。また平成19年度には、IT・バイオ・デジタルコンテンツ産業を支援する制度を創設し、積極的な企業誘致活動を行っています。 札幌市では、コールセンターやニュービジネス、IT・バイオ関連産業の誘致・振興を今後ますます進めていき、様々な優遇制度をはじめ、企業の皆様への立地のお手伝いをしています。 
 

 

 

 

 


□インターネット時代の創客専門誌
 


  日経BPマーケティング

「日経BPマーケティング」の専門誌は、分野別に精通し、取材により、さらに  内容の核心探しのスピードを加速するシクミ、なかみの揃った定評のある第三者 「鮮度の高い情報」の一つです。 「創市場を推進するとき」の必読書の一つです。すでにこれだけ専門分野化が増加してきています。情報の蓄積度が上がれば、ますます、必要度のスピードが加速され専門化される企業の一つです。 

◆日経新製品ウオッチャー
日本経済新聞社は、2009年1月に、『日経新製品ウォッチャー』と『日経消費マイニング』を統合し、新製品情報のほか、消費の最新動向を提供するマーケティングの専門誌『日経消費ウオッチャー』(月刊・毎月10日発行)を創刊いたします。 約200人の専門家を動員した消費財・サービスの新製品評価や、独自調査による消費の最新動向、また、消費財メーカーの開発・マーケティング戦略なども、きめ細かくウオッチし、インターネットと月1回発行のニューズレターでお伝えしていきます。
◆日経ネットマーケティング
(日経BP社発行)
ネットやケータイによるマーケティング情報を提供する専門媒体です。企業の販促、マーケティング、広報、企画担当者や広告代理店、ネット事業会社向けに実務とノウハウ情報を提供します。


 


 
アイ・エム・プレス

 
月刊「アイ・エム・プレス」

◆コンセプトは、企業の「お客様との関係づくり」
「アイ・エム・プレス(I.M.press)」の"I"と"M"は、"Interactive Marketing"の頭文字をとったもので、「インタラクティブ・マーケティングを推進する」ことを表しております。インタラクティブ・マーケティングと言うと、インターネットや電話などを思い浮かべる方が多いと思いますが、オンライン・メディアに限らず、オフラインによりお客様の反応を受け止めることも、その一環に含めて総合的なものと捉えています。
◆オンライン&オフラインの多様な顧客接点を網羅
インタラクティブ・マーケティングは、電話、eメール、Web、携帯電話、携帯メール、携帯Web、FAX、これらを統合させたコンタクトセンターに加えて、店舗、お客さまへの訪問、そしてカタログや広告など、あらゆる顧客接点で展開されているわけです。そして、こうした多様な顧客接点の中心に位置付けられるのは、コミュニケータや販売員、営業員などの"人"に違いありません。
◆インタラクティブ・マーケティングによる顧客満足や収益の達成にフォーカス
そこで、「アイ・エム・プレス」では、このようなオンライン&オフラインの顧客接点をいかに効果的にマネジメントして顧客満足や収益を達成するかにフォーカス。マルチチャネル化や、フロントエンドとバックエンドの連携、ナレッジマネジメントなどを見据えて、その成功の秘訣を探っていきます。さらには、お客さまとの関係性をベースとした新たなビジネスモデルの開発動向を常に追跡し、その最新事情をご紹介します。

・独自取材による成功事例をデータを交えて掲載。
・支援業界の最新情報を満載。
・国内外の専門家の視点を紹介。
・「企業」と「顧客」双方の視点から21世紀のビジネスを考察。
・関連業界団体の最新動向を紹介。

  


  
リックテレコム

IP時代のブロードバンド & ワイヤレスビジネス情報誌
◆月刊『テレコミュニケーション』
1984年9月の創刊以来、情報通信分野のビジネス専門誌として最新の市場トレンド、企業動向、ユーザー動向等々を捉え、「実務に使える情報」に変換しています。
◆『テレコミュニケーション』
専門記者による“ビジネス現場”の情報収集・分析を重視しています。「断片的」なニュースを多面的に捉え体系化し、分かりやすい「面情報」に加工してご提供します。 情報通信市場は、本格的なIP時代を迎え大きな変化がもたらされつつあります。『テレコミュニケーション』では、“IP時代のブロードバンド&ワイヤレスビジネスを拓く”を編集コンセプトとして、従来からの通信ビジネス動向を踏まえつつ、激しく変化する市場の中で生み出される新しいビジネスチャンスについてもタイムリーにレポートしています。
 

 

 

 


□消費者・顧客の立場
 


 ●消費者庁

                        090930
 

 ●消費者の窓

                  090930

 

 

 

 

 

 

 



 

カテゴリ一覧
創市場(新市場)製品商品を探す
創市場とは、自社にふさわしい新市場を創ることです。外部の専門機関の蓄積した成功暗黙知を活かす。 あなたにふさわしい外部の知恵との連携でさらに成功確率を高めよう。 
新客を探す
創客とは、自社にふさわしい新規顧客を探す。基本動作に一つ、名簿から、仮想の新規顧客を選び、見込み顧客にアプローチして、新規顧客数を増やす。
創市場創客で事業業績基盤強化
創市場創客が必要量増加するためには日常の事業行動が、常にお客様接点を強化し続けることが必要十分条件。今の事業展開の経営資源を最先端維持するためには、経営技術の最新化するしくみの外部の智慧が必要です。
テレマーケティング(安定業績基盤構築のしくみ)
見込客(仮説客)⇒新規客⇒顧客⇒固定客⇒業績貢献率の高い固定客しくみ、システムが21世紀急速に進化し、安定したプロセスでゼロサム環境の中で着実に総顧客数を増やす企業は、勝ち残り企業。
コンタクトセンター関連情報
コンタクトセンターの仕様に関係し、総顧客数と総固定客数を時系列で着実に増加させるとき、成功確率を左右する企業が多い。コンタクトセンターにおける顧客対応が企業価値を向上させ、収益を高めるためのプロフィットセンターの役割を果たすことを実証検証して、企業業績格差を拡大させる重要な要素の一つであることを確信する企業が増えてきました。
マーケティング支援機関c
プロの「マーケティング支援機関」との連携が社内人財の成長の加速剤効果が高い確率の時代に入りました。自力だけの成長スピードでは、資本力の潤沢な競合他社に短期で追い抜かれる時代に入りました。○マーケティング関連団体○マーケティング関係企業
首都圏創市場実現の智慧
首都圏をモデルに政令都市、地域の大都市に侵攻、深耕するときの重点集中行動と、不足そる総能力を補完する現在あるしくみを活かしきることが短期で安定業績基盤を構築する早道です。既存競合企業の対応スピードが想定以上に速く、自社の保有する総能力では生き残りが難しい環境になっています。
白書・産業統計・アンケート等の活用
事業展開の突破口である創市場創客の具体的成功仮説を描くとき、あなたの体験を体系的整理するためのトリガーは、日本世界を基準とした第三者の最新の情報(時代の先端潮流)を熟読すると、固定化した自分の思考を軟化させる機能があり、まとめるスピードが早くなることを感じることができます。
業界大展示会を活かす
2009年頃より「業界大展示会」の運営、出展企業数、内容が充実してきました。本格的に展示会をを戦略的に活かし、創市場創客の場として商談、新商品、コア商品製品サービスの自社コアを主張するしくみができてきました。
ネット活用力が創市場実現格差
ネット活用力が創市場実現スピードを短縮と実現度格差となってきました。自力総能力を過信せず、事業成長の節目で、時流に適応しているかどうかが観えてきます。