開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

第四次産業・複合型食品産業

■第四次産業・複合型食品産業    110912

新製品・新事業開発のための情報>第四次産業・複合型食品産業 





更新 2012.3.12

2011.09.12の第四次産業・複合型食品産業の考えかたは、多くの人が提唱
している「語呂合わせ型」の6次産業(一次産業×二次産業×三次産業
1×2×3=6)として認知されてきました。

現在の政府は 議論は形式的なもの 独裁型多数決でTPPは予定通り決り
ます。すべての過去の事例と同じです。既に総合商社のグループや、販路を持つ
大店舗数を誇る食品第三次産業は、複合型食品産業で、国内市場独占へ
向けて2012年から本格的先行行動が見える段階に入ってきました。

すでに第三次産業(繊維を扱う)、総合商社は、自由貿易となった繊維業界の
中で、国内市場を占有する成功したビジネスモデル(暗黙知)を豊富に持って
います。女性の無限の本能的煩悩を活かすアパレル業界が海外拠点を上手に
活かし、円高・円安両方で利益がでるように国内事業の個人客(国民)との接点
と購買戦略、戦術、戦闘、人を全食品産業分野で準備しはじめています。
価格破壊的コストダウンも食品業界を想定して実証検証が始まっています。
新興勢力でありさらに超安さの世界規模の成長してきたユニクロはいよいよ銀座
の2系統の旗艦店をオープンし、トータル価格帯で富裕層まで囲い込む実証に
入りました。全国の国内大都市圏への展開の準備にはいりました。
すでに食品業界の準備もはじまっています。大店舗、商圏のアウトレット、古着、
青空市等でのディスカウント販売店舗数の増加等「衣」も最新ファッションはバブル、
ブランドバブルから多数派向け低価格化が買回り品として定着してきました。

女性の本能的な無限の煩悩型超高価ありのアパレル業界でさえ謳歌時代が終わり、
タンス在庫で我慢し、「衣」が低価格で、ふさわしい期待機能以上であれば満足する
人がなぜ潮流になってきたのでしょうか?使える総金額が少なくなったためです。
低所得化した55%以上の人を実質的な「衣」の機能で満足せざるを得ない女性の
マインドコントロールが覚醒した人の数が増えてきた確率は高い。

食の支払いの主導権は女性の比率が高く、エンゲル係数を管理するのは女性か、
女性化した男性(外で稼がない)の比率が高い。

「衣」は染料素材アレルギー等が健康に注意する要素ですが、食材は完全な安心
安全理想を持っていますが、使う金がなければ、危険確率が低く見える(表示)もの
で我慢するか、賞味期限間際の値引き品で我慢するか、常に「安さ」を日常意識して
1週間、ひと月の1度か2度外食、贅沢な内食で満足する場合もあります。

◎「食・飲料」に関するものは、人の生存にかかわり、誰でも必要なもので、
「衣」なら貧困層でさえ、拾った一部隠すためおボロ程度で目的を達します。
また他のあらゆる業界は、雨露をしのぐ「住」以外、もし無くても人として餓死
凍死などしなくて生き残ることができる原始時代にない後の時代にできたものです。
人の「胃袋は一人一つ」であり、総食物量には煩悩の限界があり、他の業界のように、
煩悩無限大ではありません。超富裕層がどんな贅沢をしても一人の我欲の上限で
さえ、大王製紙の「銀のさじの人」のように短時間で浪費した金額のような通常の
小企業・生業・家業なら何社も倒産しておかしくない「カジノ」で浪費したときの総
金額の収入は望めません。
(江戸の賭場を運営していたのは誰か、日本の現在合法的にやろうとする人は誰か?
人を破滅に導き無限の我欲を増幅させる人が本流で優位に占める時代、覚醒した人
は1円の価値が分かる食の業界の現実世界へ人として戻る時です。東日本大震災
福島原発を体験した時が、実体経済に軌道を制御する千載一隅のチャンスの時です。)

胃袋にやさしい、貧富に応じた食生活の多様性を日本の地域なら安心安定に
ふさわしい贅沢にも、低コストにも変量で、スピーディに商品相場に無関係で提供でる
バブル・泡の量、ブランド影響が少ない唯一の業界であることに気づく時です。

地域の中小企業でも、食の生産の自動化には限界があり、超大量のための投資型
商品は大企業・海外に任せてしまう。ある工程は必ず食の工程は人海が必要です。
その人海は短期間で、熟練者の80%以上に達する「無意識行動化」内容です。
地域の就業インフラを創出する業界として食品産業が最適であることに気づくときです。
現在の時給より高く 24時間3交代方式、操業した方が最適な業界の一つです。
(既に自然環境、人工環境両方の技術ノウハウが、ある程度標準化されきています。)
超大量生産の投資による超安さは大企業、外国からの輸入にまかせ、競争してもムダ。
地域のシステムは中小規模化し、少量変量に対応できる「型交換方式」を採用して、
多能システムにすることが可能です。精密度の高単価システムとは異なり、アナログ型
誤差の許容範囲が広いシステムなので安くできる確率は高い。十分中小企業で対応
できるノウハウの暗黙知の範囲内の内容です。地域の集団として「共に豊に」を使命
として知恵の集約ができる確率は高い。
大企業の手法の中で、過剰投資、省人化分部は、人海比率を高くして、多くの就業
機会の創出を重点にし、働く人の賃金を高くすると、地域の消費量、循環資金が潤沢
になり、小銭ばら撒き、恵みで、一過性の泡として消える、ある人だけ儲かる方法から
全体が安定収入源と、毎年昇給できるしくみに軌道を変えるチャンスを活かす時です。

オーナー型非上場中小企業の経営者は個人の融資担保能力目的で、高額な役員
報酬、配当金(地域複合企業は上級幹部の年収の約5倍度まででよい。販路、開発
能力貢献は低いためです)や、同族一族の常勤非常勤の役員報酬、配当金(不要と
なります、働く場合は社員と同等扱いでよい)により多くの社長・一族の蓄財担保は
あまり必要ないため、中小企業、生業家業が赤字にする税法上のしくみを改善し、
利益が出し、地域の税収に貢献し、設立3年後から、社員持ち株会を発足させ、希望者
に給料、賞与から天引き方式にし、設立時の株主に配当をする。ただし、先行投資計画
費用のための利益準備金は確保するしくみにする。
また、必ず株式公開はしないことが必要条件です。地域行政の直轄独立法人に持ち株を
分担させる(助成金に該当)し、配当に応じて、地域行政から直轄独立法人の助成金を
減額する。(間接的に地域行政が利益を増やしたことになる)地域の就業人口の増加事業
で、安定税収貢献のインフラになり、成功複合食品産業単位を、地域の地域人口(収入、
年齢比率、家族構成等も考慮)配分均等型で設立させ、それぞれの地域で、高単価特産品
を重複しない形で生産し、都市部の富裕層を対象にした販路を開拓し、その固定客(年間
3ヶ月以上一定金額以上の人だけ)に、地域の余剰、過剰商品を販売する販路にする。
地域内の流通資金を増加させるしくみにする。大都市へ働く、地域出身者には通販カタログ
に地域情報、地域行事計画も掲載する。3ヶ月に1回(四季春・夏・秋・冬号)を希望者だけ、
地域の人から、送る、家族連絡便として、封筒と本を希望者に支給し、決めた日程内に
回収した分を、メール便を活用して切手よりやすく一斉送付する。出身者が、地域に帰る
しくみをつくり、地域との血縁をつなげ、葬祭は町内会、班単位で協力し、地域の先祖の墓
と血縁をつなげるしくみにしたりする。地域が生れたとき共に喜び、地域が生きたあかしを
共に送る孤独死を減らすしくみにする。

◎食は地域の複合食品産業の方が、世界規模、国内全域展開企業より、局地集約型
大規模「もちつもたれつ」地域のための企業として最適機能を持っていることに気づ
くことが必要です。
・地域の誰もが見える「安心・安全のしくみ」「価格は、購買しても満足できるふさわしい
低価格と量」が変量提供できます。収入にふさわしい食生活ができる確率は高い。
・「地域の複合型工場、第四次産業の中で家族の誰かが、就業インフラを活かし、収入源
を得ている」「地域の1歳〜8歳まで、複合型工場の販売戦略機能である地域CATVや
お客である幼稚園・保育所を地域別に必要数揃え(スタート時は、働く若い世代の住空間
単位の整備からはじめる)、職場の休み時間、各幼稚園、保育所にあずけた子供の映像
が、映るしくみもつくる、特に、運動会、発表会の行事は生かす。まだ、厳しい個人競争
社会に入る前で、両親は、人と比較するよりわが子中心に生活態度、躾の比較が多いの
で家庭での躾の参考になる確率は高い。(核家族型で両親から正しい、集団の中での
良い方向を啓発する機会として活かせます。)地域の人口増加のしくみができる確率は高い。
・地域のしきたり、祭り等の行事は、農業の豊作、漁業の大漁祈願を源流に持つものが
多いので、幼児教育、若い世代のために、複合型工場の従業員が地域貢献できる機会
として生かせます。大都市生活者の孤独型、個人自己満足型とは異質な、地域、集団の
よさ、その一員としての喜びを感じることができる確率は高い。

◎世界の人口が100億人以上になる時期が見えてきました。世界各国が、低所得、貧困
層でさえ飢餓がない、国の食の基盤は地域単位からはじめた方が成功確率が高い。
日本の地域での複合企業型食品産業の成功ノウハウは、世界標準として、世界展開し
ともに豊な子孫繁栄に貢献を始めるときがきています。


「食・飲料」は 儲けすぎることが出来ない低単価であり回転率と購買総客数で儲ける
ことができる業界です。一次産業の食材販売利益の限界、二次産業の加工利益
の限界、第三次産業の付加価値利益の限界があり、毎日必要な胃袋量の数を潤沢
に確保できるようにする。もし、お客様のふさわしい価格評価限界を超える(高すぎる)
と回転率の低下、総客数の減少におり、短期で赤字体質になります。競合他社が、
より安い単価でふさわしい商品製品を提供すると、回転率、購買総客数は減少します。
相対比較ではなく、価格をふさわしい単価にするためには、構成原価の流通費、人件費
エネルギー費、素材費、加工費を地域で共有分担し、企業単位の負担を最小化して、
自由競争社会では無限にかかる販売費、開発費は、地域の戦略単位(地域の食の強み
づくりの単位)で費用共有化し、営業パーソンは、地域の協同企業の全商品を、マーケッ
トシェア、インストアシェアをきちんと占有し、顧客化、固定客化すると、コンビニ方式の
ルート配送・日配型(地域のエリアの流通と連携)で配送、同時に上乗りした営業パー
ソンが、年間配送計画(希望量の80%を先行契約にする。20%の以上の変動は緊急
専任配送車複数対応し、短時間で納品できるしくみをつくる)し、第一次産業の生産
計画に反映し、余剰商品は、大都市圏の出先店舗で直販したり、大手以外の、スーパー、
コンビニに配送ルートを構築する市場開拓に活用する。地域の移動バス型店舗を構築し、
過疎地域の広場にゴミの収集と同じ方式(用途に応じた曜日ごとの販売をする。
そのときは、電話注文もできるしくみにして、その場から、地域の町内・班ごとに請負
(収入源し、町内会資金にする)小型トラック、自転車、荷車、人がついで配達を担当し、
高齢者の安否確認等も兼ねる。その地域で計画数量を完全に売り切るしくみをつくる。
収入の少ない人は、複合食品工場での家でできるアルバイトで、収入インフラを提供する。
その地域の農村漁村の生業家業単位を、高単価商品生産の素材として仕入先とし、企業
グループの拡大と共に、JAと連携して第四次産業としての事業拡大を想定して、複合工場
の安心第一次産業のしくみを構築する。安定収穫のための設備の提供等の投資も含め、
地域の大規模農業、漁業化のための、人組みを日常構築する。工場に、地方の子供の
農業漁業、食品三号の実務勉強と、教育、収入のインフラとし生かし、将来の就業人口
確保のための、地域で働く無限成長の機会との出会を演出する。 

2011.09.12
日本国内の地域の食品産業が複合協業して、川下、川中、川上の商品最適
低コストで循環させる。販路開発IT機能は、地域の食品専門卸企業に主役し
コンタクトセンター、コールセンターの役割は、地域のCATVが地域の信金等と
連携して構築し、創市場、創客を計画的に先行型展開をする。
地域のCATVが中食産業の情報をタイムリー発信するしくみを構築して、
地域の消費者が、最適でふさわしい価格で購入できるようにしたり、
定期的地域特売日循環のしくみを構築し、近くで計画的総食費内での管理が
できるようにする。

地域の消費者は、安心安全多様な商品を、価値にふさわしい価格で購入できる。
また、食品産業の就業創出インフラ機能で、個人所得を着実に増加でき、
エンゲル係数以外の用途の消費量が増加し地域に循環する資金を増加させる。
地域の消費者が地産地消の実体経済の中で共に豊になるためには、

地域で第四次産業・複合型食品産業の事業展開のために実証暗黙知の
蓄積を始めるときです。


この成功のしくみシステムは世界の国の縁ある地域へ、その国の地域の人が
主導する複合食品産業を構築すると豊に変わる連鎖がはじまる確率は高い。
その地域の強みと連携し、世界の市場創出に活かすしきみを構築する。
縁ある国の地域が増加するごとに、食料飢饉の国が減少へ向かって事業展開
を拡大する。

日本国の財政破綻寸前に歯止めをかけ、健全財政にできる基幹産業は何か 
現在のメディア情報が総合的視点ではなく、何か、ある方向から偏向していない
かどうか、視点を、視野を替えてみると、食品産業とは、重要な基幹産業であり
地域の就業創出インフラとして、他と比較できない数を貢献できる一つです。
地域の中小企業の場合、食品産業に直接は無関係に見えても、間接てきに
業績貢献していたり、消費者が食品産業に関係した人である確率は高い。



◎東洋経済新報社の「市場規模マップ」を見れば、
日本国の食品産業の真の存在価値が 誰でも観(診)えてきます。

多くのメディアの情報氾濫の中で、偏向しない情報量は、どのくらいありますか?
視野の広さ、視点の高さを一回り広く、高くすると実体の姿が観えはじめます。
日本国で核心を突く事業展開の軌道に換える役割の制御型人財の必要十分条件の一つです。 
あなたなら、日本国の食品産業の実体規模をどの程度と想定しますか?

日本にある、食品産業と無関係と思い込む他の産業の場合、新規事業領域(新ドメイン)の中に、
自社にふさわしい食品産業分野を組み込むと、多様な高品質・変量・短期で変わる「人の口」を
テーマに組み込むと、ブランド(泡)に無関係な実体認識が出来やすくなり、リピート購入頻度が
多くなり、日本国の食品産業に新たな異業種の視野・視点が加わると、21世紀の世界市場に
向けての新たな分野が拓け、共に豊か(Win-Win)になる確率は高い。

1.食品産業関連と明確に分類された市場規模

 農業(8.6兆円)+食品(51.3兆円)+コンビニ(7.9兆円)+外食(24.4兆円)
 +ホテル(宿泊)(7.8兆円:食が業績基盤の一つ)  =100.0兆円

2.食に関係し体内に吸収され心身の健康に関係する市場規模

 医薬品(8.9兆円)+化粧品(1.3兆円)+ドラッグストア(5.4兆円) =15.6兆円

3.大規模市場の業界で、特に地域密着型で業績を上げる企業は、食品産業からの売上貢献一つは高い。
 食の安心安全の食べる人の要求内容が多様化し障壁が拡大する業界、高度化する最新技術へ適応
 して、設備のリニューアル期間が短縮し続け、定期的リピート受注と総金額が着実に増加する傾向が
 ある食品関連企業はその業界の安定業績基盤です。どの程度業績貢献しているか、上場企業以外は
 わかりません。どの程度食品産業は貢献しているでしょうか?

 総合商社(62.2兆円:食品関連商社も含む)+卸売り(391.7兆円:食品関連売上も含む)
 +建設(126.2兆円:食品産業の建物売上も含む)+化学(40.5兆円:農薬等売上も含む)
 +不動産(38.6兆円:外食、コンビニ、スーパー小売等店舗、食品工場等の土地に関する売上含む)
 +化学(40.5兆円:有機無機農薬等売上も含む)
 +総合スーパー(12.6兆円:食品部門の売上も含む)+百貨店(6.5兆円:食品部門の売上含む)
 +人材派遣(7.7兆円:食品産業で働く観えない就業人数貢献も含む)
 +陸運(36.0兆円:日配、鮮度物流、全国食品物流の売上含む)+放送(4兆円:頻度が多い食品高校含む)
 +電気機械(40.8兆円:超低コスト、省人化し労働生産性を上げるためには、受注生産型高単価機械が
  必要です。その売上も含む)+情報サービス(17.8兆円:超効率経営で間接費削減と戦術戦闘の短時間
  達成、顧客管理データベース等のしくみ改善費用も含む・定期リーピート受注のある安定売上を含む)
 +印刷(6.2兆円:年間新規印刷回転率が高い安定売上も含む)=790.8兆円

4.その他(食品産業関連で無関係な業界はありますか、直接間接で食品売上も含んでいます。)
 食品産業は、総合物流(ロジスティク)の機能がなければ、現在の規模の維持さえできない、基幹機能
 コストダウンのためのしくみ、システム、IT等の最先端化高効率化との永遠の挑戦がなければ、超円高
 (実体と乖離した世界の潤沢資金が、投機方向をかえるまでの忍耐)の時でさえ、世界の商品相場でさえ 
 海外と拮抗しても勝ち残るための先行開発基幹機能があります。食品産業に係わる仕事で収入を得て
 いる人の数は、公表されている就業数と実体数ははるかに異なり、下記の業種の売上にどれだけ貢献
 しているでしょうか(20歳以下のアルバイト収入の食品産業貢献の視点で、公表数値の修正の必要性を
 気づくはずです。)
 
  自動車業界(同附属品製造)(56.3兆円)、一般機械(37.5兆円)、金属製品(22.1兆円)、
 電子部品(6.9兆円)、鉄鋼(22.5兆円)、石油・石炭(20.7兆円)、鉄道(13.3兆円)
 空輸(2.5兆円)、アパレル(11.8兆円)、出版(1.9兆円)、教育・学習支援(3.4兆円)
 娯楽(37.9兆円)、家電量販店(5.1兆円)、映画(0.2兆円)

 

 

 □日本の食品産業の種類


 

・私達が、生命維持の目的で、栄養素の摂取や嗜好のために食べる食品として用途に応じて分類できます。
・加工食品を生産しているのが食品業界です。わが国の食の安定供給と安全性に・大きな役割を担っています。
・食品産業は自動車、化学、鉄鋼、電気機器等と並ぶ日本の基幹産業の一つです
 


食品原料(第一次産業)



 

農業、畜産、漁業の生産

 

・食品産業の食品素材(原料)を国内生産(自給)する。
・海外で生産して輸入する。
輸入品は、食品半製品原料としての輸入も含める。
 

飼料肥料加工・調整
(第二次産業)

農業・畜産・漁業が安定、安全、大量生産するための飼料肥料を提供

輸入穀物を単体で利用するのではなく、食用と非食用(飼料用)に区分され、配合飼料として畜産に提供。農業には配合肥料として提供
漁業では「つくる漁業(栽培養殖)」のためのエサとして配合飼料を提供。

生鮮食品(簡易加工食品)
(第二次産業又は第三次産業)
   

米、麦、そば、野菜、果物、魚介、食肉

そのまま生で食べたり調理して食べる食品

加工食品
(第二次産業)

  

一次加工食品

白米、砂糖、缶詰、味噌、醤油、食用油、漬物、納豆など

食材の食品的特性を生かすために、物理的処理や発酵による最小限の加工処理を行った食品

二次加工食品

食パン、麺類、バター、マヨネーズなど

食材または一次加工品を1〜2種類以上用い、基の食品とは全く別の食品に加工したもの

三次加工食品

菓子、冷凍食品、インスタント食品、レトルト食品、惣菜など

一次、二次加工品などを2種類以上用い、もとの食品とは全く別の食品に加工したもの

 

 

 

 

外食産業
(第三次産業)




















外食産業






 



 

一般レストラン、居酒屋、ファミリーレストラン、ファーストフード、そばうどん屋、すし屋、カフェ

料理店、ホテル(旅館)の調理場
給食(病院、学校、事業所等給食)
百貨店、大中店舗等では、外食産業の店舗が多数出店または自社食堂運営





 

核家族化の進行、共働き家庭の増加が家庭内食の簡易化志向を上昇させ、食材調達、加工、小売、家庭での食事とは違う商品やサービスを提供する外食産業が成長してきました。
大量の食材、生鮮食品、加工食品を使用し、複数組み合わせて、食事として提供するしくみです。

・「テイクアウト」や出前をした場合は、概念として「中食」ですが統計上は「外食」に含まれることが多い
・宅配ピザは概念として「中食」ですが統計上「外食」に含まれることが多い

中食産業



 

デパ地下惣菜売場、総合スーパー惣菜売場、食料品スーパー惣菜売場、コンビニ惣菜売場、惣菜専門店ン(路面店)、持ち帰り寿司専門店、持ち帰り弁当店


 

外食産業の成長が鈍化し、新しい販路として、家庭内食のための生鮮食材、加工半製品、加工商品を提供する販路が生まれました。
個人所得の減少世帯数の増加、食事時間の短縮化傾向の対応して、多様な内容が増加してきました。
・肉屋の揚げたてコロッケ
・鮮魚コーナーの刺身盛、握り寿司

家庭内食

生鮮野菜、精肉、鮮魚、調味料、豆腐・納豆、冷凍食品、レトルト食品、インスタント食品

生鮮食品、加工食品

 

 

 

 

 

 

□食品産業の生産から消費までの加工食品の市場規模2008年   
               農林水産省「プレスリリース2004の更新と活用    単位 億円 (億円代四捨五入)
     ●飲食物の最終消費額  80.2兆円
    日本の規模さえこの規模  世界の市場規模は どのくらい有るのでしょうか? 市場無限?)

原料生産

 販路・加工・外食

飲食物の最終消費額

食用農産物

  110 970

農産物
直接消費者向

   66 340

加工最終
消費者向

 499 110

◆ 生鮮品など  

・国内生産

    99 410

・国内

  35 320

・国内

 288 430 

  66 340

    8.3%

・生鮮品輸入

   11 560

・輸入

     3 310

・輸入

   25 560

 

 

 

 

・付加価値

   27 710

・付加価値

 185 120  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

加工農産物

   364 892

一次加工向原料

   78 780

二次加工向

 128 900

◆加工品

・国内生産

   330 460

・国内

  57 030

・国内

   33 540

  499 110

   62.2%

・最終製品の
 輸入

    34 432

・輸入

     6 960

・一次加工品
 の輸入

  10 540 

 

 

 

     

・付加価値

   14 790

・付加価値

   13 040

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外食向原料

   13 040

外食向け
加工品

  71 780

◆外食

 

 

・国内

     7 060

・国内

   42 030

    237 120

   29.5%

 

 

・輸入

     1 290

・輸入

     8 760

 

 

 

 

・付加価値

     4 690

・付加価値

   20 990

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

飲食店

  237 120

 

 

 

 

 

 

・国内

  229 040

 

 

 

 

 

 

・海外での
飲食など

     8 080

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   合計

    802 570

   100.0

 

 

 

 

 

 

 

 

 




□食品産業領域は現在どの段階まで成長しているかを知る。

データにより、多くの要素、部分を知り、世界の中で比肩できる強みを構築するために全体のフレームワークを描いてみる

●第二次産業・食品工業、
  第三次産業 外食産業、中食産業、食品専門卸業、総合商社


  食品産業のデータ1
 

 食品産業のデータ2

 食品産業のデータ3


 食品産業のデータ4
 

 食品産業のデータ5

 

 

 

 

●第一次産業

 第一次産業のデータ

 

 

 

 

 


□大規模農業法人は第四次産業・複合型食品産業の安全安心超低コスト原料供給事業企業にする。


  日本で複合工場実証試験関連技術

 原料供給事業を展開するときの各要素機能が実現できる企業が成長してきています。
 


 植物畜産栽培養殖漁業林業複合工場

大規模生産法人が誕生しにくい原因は何か、それを解決することから
 


 第一次産業のデータ

日本の国産品目より業務用ではなぜ、輸入の品目の方が優位なのでしょうか?国産品目が輸入品より業務用で優位になるためには、なにから始めなければならないのでしょうか?


 植物工場の稼動と市場

生産コストを超安くするには、過剰品質、安全度余裕のあるものを、低コスト化し、「いきものづくり」の特色である70%機械化、30%は人海で個別対応の方は、総コストを最適に低減できる確率は高い。
 

 栽培養殖漁業2012

日本近海の海洋環境汚染源長期化は、完全養殖型工場化と稚魚の無影響化を急ぐか、海外での調達のしくみを構築するかの選択のときです。多くの魚介類が生産できる段階になりました。

 



 新たな食の安全安心の業務用計測技術

福島原発事故後食品原料への放射能の影響を隠しても隠せない時期がきました。食品業界には「いきものづくり」で固体の環境で影響数値が異なり、「ものづくり」の確率は通用しない。たまたま例外があり、人にマイナス影響が出たではすみません。

多くの測定がされていますが、測定器の測定値が原器に対して正しいかどうか、定期検査、測定器の保管管理、測定者の必要技能等世界標準のレベルで行われていうおでしょうか?

全数検査のしくみで数値が限りなくゼロでない場合は、完全ゼロにする生産のしくみシステムにする方が、同じ苦労同じ投資ならあなたはどちらを採りますか?
短期の重点集中投資し、完全ゼロのしくみで生産し、天変地異へ、最小シルク化対策をする方法(止血して対因法で体質改善し強い体力へ)と長期のバラバラ上限無限のサミダレ投資で天変地異で生産量ゼロ、復元費用が必要がかかるリスクが永遠に続く方法(止血方と対症法で今よりよくなるかわからない)

◎NHKの9月の放送で食品団体のトップがある母集団の抜き取り検査をすれば、確率的に問題ない発言をする程度の食の安全意識のレベルの机上の人が主流のようです。

◎福島原発の影響は、建モノ、周囲のがれきをなぜ閉空間にしないのでしょうか、6ヶ月以上飛散は継続しています。台風の前にやっと一部屋根の工事をしたようですが、「影響ある源泉は直ちに閉空間」にして他に影響ゼロにして、閉空間内で問題解決する」が原則ですが、なぜしようとしないのでしょうか?なにか目的があるのでしょうか?
 

 


□食と健康業界の変化


 食環境向上推進団体
 

 食業界推進基盤企業

 厨房設計施工関係 


 食業界発展を支える企業
 

 食業界・厨房発展先導企業

 冷凍食品製造業の進化

 食料自給への対応


  現在の食業界の本流を先導する企業
 

 

 

 

 


□ロジスティクスの現状と、第四次産業としての最適組込みパートナー化する
 


 物流調達機能と事業展開との整合化
 

 運輸構造の最新変化を知る

 物流流通業界の団体機関の変化を知る


 SCMを事業の善循環化のしくみカイゼン
 

 

 

 

 

 

 

 

 


□四次産業としての地域の食品産業群は運用エネルギー(電力・熱)の安心安心、超低コスト調達が「儲かる」しくみ、システム構築が突破口
 


 エネルギーのデータ


 

  新エネルギーの稼動と市場



 


 天然ガスコージェネレーション

地域の食品産業群で共有化し、近隣地域、就労者住宅地区に共用できる最適規模(通常稼動の150%規模とし、それ以上の不足は、通常電力を併用活用するしくみにする。過剰設備にしない。2ヶ所に設備し、定期点検時は熱量供給を重点にして不足は通常電力を併用活用する

 

 

 

 

 

 



 

商品一覧