開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

食品産業のデータ4

■食品産業のデータ4     110831

日本標準産業分類によるデータ>食品産業のデータ4

                     食品産業のデータ1(続き)

                                      食品産業のデータ2(続き)
                                                食品産業のデータ3(続き)

                                       食品産業のデータ5(続き)



更新 2011.09.02

TPPに適応する目的で食品産業の中で第一次産業、第二次産業、第三次産業の
各企業が創市場、創客事業展開をして世界市場、国内市場の中で変化徴候が
観えてきました。

世界の総供給量に上限があり、資源が一定期間で枯渇可能性があるものは、文明の
発展とともに世界の総需要が拡大しても、枯渇までの期間を延ばす目的で原料生産
調整をし、客単価は上昇傾向があり、原料生産(供給)者・生産(供給)国は強い立場
になる時代になってきました。

各国で、その国の基幹産業の一つである食品産業の原料を供給するその国の農畜産、
漁業の生産者の立場は、まぜ弱者なのでしょうか?
世界の人口が着実に増加しています。総需要量の増加し、食料不足の危機さえ叫ばれ
ていますが、なぜ 強者にならないのでしょうか?

世界は 国で資金が、偏在し、個人で偏在し、食料生産量が国で偏在しています。

どの国の人も必要な胃袋量の上限が決まているため、その量以上の生産があれば
食料不足、飢餓はないはずですが、「偏在」のために生じる現象の一つで発生します。

日本国の場合、食品産業の原料総需要量に対して、国内生産量の種類が供給できず
不足し、海外から、国内価格より安く大量安心調達ができるために輸入が拡大して
きました。国内生産者は、食品産業が必要な原料を安全安心海外相場以下で提供
しようとするマーケットインの経営思考ではなく、プロダクトアウト型でまだ、安住し、
経営努力より国へ要求する人の数が55%以上いるようです。また、長い封建時代、
お上から搾取された体験が遺伝子レベルまで定着して弱者の思考から脱皮できない
ようです。そろそろ180度視点を変えて、強者の思考に変わる時です。

第二次世界大戦の国土の拡大行動の中に、食料の安定供給もあったようです。
国内で食料生産しない食品産業の多くの人たちは、安心安全な自国のものを優位に
考える人が55%以上まだいます。ある方法にすれば「国内生産調達」の方が地域の
食品産業の中小企業には経営に優位で、海外と拮抗できることに気づく人がいます。

国内の一次産業に携わる人は、「負け犬根性」は捨てて、速く世界の食料供給に貢献
し、日本の80兆円以上の食品産業規模の貢献する機能発揮をはじめる時です。
人類が生きるも、死ぬも自分達の行動次第、「すばらしい人類の未来を永遠に拓き続ける
ことができるのは、我々であるという高い志を持つ行動へ龍のごとく飛躍する時です。

今ならTPPが完全実施までに間に合います。逆に、多くの製造業と同じように、日本の
食品産業が世界へ雄飛する千載一隅のチャンスとして活かすことができる確率は高い。
日本の中に、食品産業に関する暗黙知が、世界と拮抗し、固有技術(オンリーワン)として
強みをはっきできる機能が成長してきています。情報に幻惑されず、実体を直視すると
誰でも気づけます。蓄積した総能力を統覚して、重点集中発揮を待望しています。


◎日本の見える国内の食品産業の直接市場は 80兆円以上
食品産業により業績貢献している観(診)える間接市場をくわえると、その倍以上ある確率は高い。

●食品産業は、時間変化との戦いが、全業態で行われる「いきものづくり」で、人が係わらなければ
機械、科学、IT等のしくみシステムと完全省人化自動制御でさえ100%均質リスクゼロで出来ません。
「いきものづくり」は人の口に入るまで、食材生産段階からあらゆる工程で、人が係わらなければ
できない人海工程があり、どの産業より、人が働き、稼ぐインフラが豊富な業界です。
日本の就労人口で、食品産業に無関係で業績を組立てている企業はどのくらいあるでしょうか?
食品産業で直接・間接儲けている企業はどのくらいあるでしょうか?

●食品がゼロでは人は短期しか生きることがでません。人の胃袋量に上限があり、それ以上は
どんな富裕な人でも、ローマ人のように、吐きまた、食べる方法しかできません。

●「ものづくり」は 客単価は、上限(無限)はありません。価値生産性は食品産業と比して10倍以上
(上限無限)と高い確率は高い。
食品産業の秒分単位等時間との厳しい戦いと比較して、製品商品は経年変化、使用すると使用変化
があり、いつリスクが発生するかわからない細菌と戦いをする動的食品産業と比較して、静的で、
先行リスク対応ができやすい。経費も目的的に支払うことができます。
食品産業は「ものづくり」より客単価は、安いにもかかわらず、日常のリスク管理経費がかかります。
さらに利益が少なくなります。儲かりにくい傾向があります。

●食品産業は、誰にも毎日必要な製品商品を扱うため、低所得層でさえ、エンゲル係数の法則が働き
その支払える金額で360日3食たべられる人の数を多くするためには、食材ごとに客単価の上限が、
高すぎないように、人が、先祖から暗黙の知恵として「儲けすぎない」習慣が伝わっています。
ただし、資本主義、個人主義が優位な時代につれて、倫理感、道徳感より我欲が優位になり、食材
相場が高騰をはじめ、超低所得層は、飢餓、餓死さえ生じる社会になってきました。
「食」以外の「衣」「住」はセロで周囲の自然のもので代行でき、死ぬことはありません。

●食品産業は、儲かり難く、汗、努力しても他の業界より、割がよくないように見えますが、実体経済で
考えると、日々必ず、生産したものが売り切れ、現金化できる「兌換性・物々交換のしくみ」があるものです。
黒字にするには、原価以上の売上を確保する生産量と、ふさわしい客単価を維持できる生産物選びが
必要です。ほしい利益を確保するための、ふさわしい客単価が確保できる生産物を、必要量売り切れば
できます。他の業界と異なりシンプルな管理で、先行受注管理がしやすい業界です。
価格の上限のある場合は、利益を多く出すためには、原価の低減法しかありません。食品産業は1社では
限界までコスト低減をできるだけの調達コスト、人件費コストの低減は他力本願で、ある限度以下には
できません。地域の中小企業の食品産業が全工程を一体化して協業し、人の口に入る、製品商品別に
全体で、最適最低原価にすると、1社で個別で努力するよりも低くなります。競合他社、大企業等にも
拮抗できる確率は高く、多様な総合アイテムで、必ず優位なもる確率は高い。また、協業により顧客の
共有化で、完成品、半製品、生鮮等で、完全売り切りできるしくみの構築ができる確率は高い。

●中小企業の食品産業は 「いきものづくり」であるため、必要な人の数の確保があり、1単位規模で
利益が最高になる、適正規模の法則があります。「ものづくり」の大規模の優位ではありません。逆に
非効率、利益低減の法則どおりになります。最適規模で、商圏を別にした、連携しやすい地域で水平
展開する方式の、拠点展開型拡大にする。2社以上になると、重複工程で、共有化したほうがコストダウン
と「細菌との戦い」に勝てる確率が高いやりからにしくみを変更する。拡大は、総利益が増大するしきみ
にすることができる確率は高い。

◎食品産業の80兆円とは、客単価の高い他の業界とことなり、売上貢献している企業数がどれだけあり
どれだけの人が働き、収入を得ているのでしょうか。客単価はどの程度で、どれだけの商品製品量を
販売しているのでしょうか?血の出る、汗の努力の集積結果です。
「ものづくり」「金融」の大企業の視点から見る、日本の55%以上の人は、この程度か、たいしたことは
ないな、この程度なら、他に楽に稼ぐ方法がある程度の感性しかありませんが、どの産業より航大な
裾野が広がる、現実の日本の財政をささえる企業群である事実を直視する人の数が増加するとき
日本は新たな道が拓ける確率は高い。

  
 

 □日本の食品産業の種類


 

・私達が、生命維持の目的で、栄養素の摂取や嗜好のために食べる食品として用途に応じて分類できます。
・加工食品を生産しているのが食品業界です。わが国の食の安定供給と安全性に・大きな役割を担っています。
・食品産業は自動車、化学、鉄鋼、電気機器等と並ぶ日本の基幹産業の一つです
 


食品原料(第一次産業)



 

農業、畜産、漁業の生産

 

・食品産業の食品素材(原料)を国内生産(自給)する。
・海外で生産して輸入する。
輸入品は、食品半製品原料としての輸入も含める。
 

飼料肥料加工・調整
(第二次産業)

農業・畜産・漁業が安定、安全、大量生産するための飼料肥料を提供

輸入穀物を単体で利用するのではなく、食用と非食用(飼料用)に区分され、配合飼料として畜産に提供。農業には配合肥料として提供
漁業では「つくる漁業(栽培養殖)」のためのエサとして配合飼料を提供。

生鮮食品(簡易加工食品)
(第二次産業又は第三次産業)
   

米、麦、そば、野菜、果物、魚介、食肉

そのまま生で食べたり調理して食べる食品

加工食品
(第二次産業)

  

一次加工食品

白米、砂糖、缶詰、味噌、醤油、食用油、漬物、納豆など

食材の食品的特性を生かすために、物理的処理や発酵による最小限の加工処理を行った食品

二次加工食品

食パン、麺類、バター、マヨネーズなど

食材または一次加工品を1〜2種類以上用い、基の食品とは全く別の食品に加工したもの

三次加工食品

菓子、冷凍食品、インスタント食品、レトルト食品、惣菜など

一次、二次加工品などを2種類以上用い、もとの食品とは全く別の食品に加工したもの

 

 

 

 

外食産業
(第三次産業)




















外食産業






 



 

一般レストラン、居酒屋、ファミリーレストラン、ファーストフード、そばうどん屋、すし屋、カフェ

料理店、ホテル(旅館)の調理場
給食(病院、学校、事業所等給食)
百貨店、大中店舗等では、外食産業の店舗が多数出店または自社食堂運営





 

核家族化の進行、共働き家庭の増加が家庭内食の簡易化志向を上昇させ、食材調達、加工、小売、家庭での食事とは違う商品やサービスを提供する外食産業が成長してきました。
大量の食材、生鮮食品、加工食品を使用し、複数組み合わせて、食事として提供するしくみです。

・「テイクアウト」や出前をした場合は、概念として「中食」ですが統計上は「外食」に含まれることが多い
・宅配ピザは概念として「中食」ですが統計上「外食」に含まれることが多い

中食産業



 

デパ地下惣菜売場、総合スーパー惣菜売場、食料品スーパー惣菜売場、コンビニ惣菜売場、惣菜専門店ン(路面店)、持ち帰り寿司専門店、持ち帰り弁当店


 

外食産業の成長が鈍化し、新しい販路として、家庭内食のための生鮮食材、加工半製品、加工商品を提供する販路が生まれました。
個人所得の減少世帯数の増加、食事時間の短縮化傾向の対応して、多様な内容が増加してきました。
・肉屋の揚げたてコロッケ
・鮮魚コーナーの刺身盛、握り寿司

家庭内食

生鮮野菜、精肉、鮮魚、調味料、豆腐・納豆、冷凍食品、レトルト食品、インスタント食品

生鮮食品、加工食品

 

 

 

 

 

 

 

 □中食産業


 

外食産業の成長が鈍化し、新しい販路として、家庭内食のための生鮮食材、加工半製品、加工商品を提供する販路が生まれました。
個人所得の減少世帯数の増加、食事時間の短縮化傾向の対応して、多様な内容が増加してきました。

さまざまな業態が中食を扱っています。
(社)日本惣菜協会による分類による5業態
「百貨店」「総合スーパー」「食品スーパー」「コンビニエンスストア」「専門店」です。

□中食産業の存在価値





















































































 

「家庭内食」の家事の時間は、家族・人が生きるために必要条件である睡眠時間と同様に、死ぬときまでゼロにできない世界の人平等な必要時間です。
個人で決まる有限な総時間の中で食事に要する時間を最小化してその時代の優先したい時間を長くしたいと渇望しているようです。人の左脳右脳が制御する行動方向と量により、現実の行動様式は多様ですが、時代の55%以上が優位な様式が、その時の潮流として、見え(先行徴候感度が高いと観(診)える現象)、時代のうねりが食品産業の儲かる格差になるようです。

●20世紀大家族が本流で、女性が専業主婦として、他の家族の食事時間を短縮する役割をしていましたが、21世紀核家族が進み、男女同権となり、収入を得るために働く時間が長くなり、男女食事にかける時間(準備+調理+配膳+食べる+後かたづけ+元の状態に戻す+次の食事の準備+食材の調達+在庫管理等)を短縮しなけらば、睡眠時間、必要時間が1日の中で足りなくなる確率が高くなりました。何から時間を短縮するか、自分の食事に必要な時間の短縮しても今より「楽でよくしたい」手抜きで最大成果がある方法を探し、外食産業がはじまり、核家族の総収入が大家族時代より少なくなり、外食頻度をあげられないため、外食産業と、同等の内容を、家庭内食で安く食べる方法として中食産業が生まれ、益々多様なニーズに合わせて業態を多様化しながら成長をする確率は高い。21世紀は核家族の場合、妻・夫が平等に分担し、子供の時間さえ必要なら食事の前後の時間に活かす動きが出てきました。
妻(女=左脳型・こなかい)夫(男=右脳型・おおまか:ただし中性化草食系は女より枝葉にまかすぎる傾向があります。右脳左脳が本能で揺らぐ)がそれぞれ優位な食生活のこだわりがあり、中食産業は、男・女・中性を想定して商品を揃える地域の生活様式と日常の行動様式の分析が「儲かる」格差になりはじめました。近隣競合他社も、暗黙知以外は、拮抗する店舗は誰でも標準化レベルに短期でなれるため、持続的に儲かるためには経営努力・汗が必要になってきました。現在の若い世代は、親が多忙で、中食、外食活用と短時間で家庭内食を準備するため、子供と一緒に調理をする時間がないため、60%以上の若い世代、中年世代は、我流料理が出来きず、大人になって、料理を習う世代が増えてきましたし、そのままでは子供に伝承できないため、自分だけが調理をする傾向になったようです。
すでにメディアで「子供の食事の役割」の啓発番組が増えてきました。子供も核家族の総食事の一部を担当する戦力とするために、「子供の調理番組、子供が親の代行をする姿、子供が料理に興味を持つ番組」「食材、農業畜産、水産に興味を持つ番組」等が増えて、補完機能ができてきました。

◎まだ、未来の中食産業の重点客である子供へのアプローチは顕在化量が少ないようです。地域CATVは食品産業の地産地消業績基盤をつくるために、地場の食品産業を探訪方式で、家庭内で両親の食事時間を短くする上手な手伝いと、その企業の食材を生かす簡単な料理の実習を体験できる場を毎日提供し、狭域全地域の、消費者と接点である商店街のローテーション型で日を変えたローテーション販売、今日の徳用メニュー等の番組を推奨します。
地域CATVの番組は、日常の空気のような毎日の生活に必要なもとして、自然に食を考える時、見てしまう情報機能を持つと、現在の広域大企業型も活かし、完全な棲み分け領域として「中食産業」の普及支援を徹底することが、地域の生活者、地域の食品産業、地域CATVがWin-Winの方法の一つです。
そろそろ大企業の強みの自社の弱点比較は止めて、大企業のできない弱点を、自社の強みにしたほうが、地域の人たちがWinになる方向であることに気づく段階になってきました。
高齢化し単身家族の食の物流は、最小コストで提供できるしくみは地域CATVが地域のスマートグリッド・クラウドのデータベースセンター機能を持つと想定以上にシンプルで構築できる確率は高い。すでに地域の企業の中にばらばらで機能が揃っています。統合できる段階まで育っています。

●調理や後片付けの手間をいかに省くかに、21世紀の主婦は大きな関心を寄せています。家事の合理化意識は高まり、中食の成長を支える最大の要因です。
◆「家庭内食」を担っている主婦の多くは、かっての専業主婦と違って仕事や趣味、また、地域の活動などで忙しい。家庭での調理は「1日の中でしなければならないこと」のほんの一部に過ぎません。しかも、男女平等教育を当たり前のものとして考える若い主婦は、女の子だからという理由で子供の頃から台所仕事を手伝をされた経験がない人が多い。そのため、調理技術の幅や知識が狭い。一方、年配の主婦は「やっと子供が独立したのだから、これからは自分の時間を楽しみたい」と考え、夫婦二人暮らしだし「頑張って料理をしても余ってしまう」という悩みも生じてきています。つまり、現在の家庭では「手間のかかる調理をする甲斐がない」という行動様式が優位になり合理化意識が定着してきました。
◆家庭での調理は徹底的に簡便化、合理化されています。電子レンジ、オーブン、フードプロセッサー、大型冷凍冷蔵庫、炊飯器、ポット、コーヒードリッパー等の調理器具が普及し、食器洗浄機等あと片付けの器具も普及してきました。スーパーには手間を省いてくれる食品や調味料があふれています。しかも、それらは技術の進化でどんどん使い勝手がよくなっています。
さらに、いかに早く簡単に調理するかをテーマとした料理品や料理番組が頻繁に発信されており、そこでは複数の食材をあれこれ揃えてつくる料理ではなく、定番の食材でササッとつくれるメニューやコツが紹介されています。
簡便化は調理ばかりではありません。後片付けの手間を考えて、鍋一つ、フライパン一つでできるメニューがありがたがられています。台所掃除が面倒なため、家では揚げ物をしないと決めている主婦さえ増えています。

◆デパ地下やスーパーの惣菜売場を連想すると、揚げ物が占める比率がいかに高いか、また、長時間の煮炊きが必要なメニューや、十数種類の食材を使用したサラダや炒め物、一つ一つ丁寧に処理しなければならない餃子やシュウマイなど、まさに主婦が面倒がりそうなメニューがズラリと並んでいます。
手の込んだメニューや多品種な食材を必要とする料理は、中食をはじめとする便利な商品・サービスを利用する方が、お金や時間を考えると合理的でしす。プロがつくった料理の方が、自分でつくるよりも美味しく家族のウケもよい。

このような調理に対する合理化意識の高まりが「中食」が成長し続ける最大の要因です。

◆鍋物の場合、地場の食材をセットにして、調理の手順書を添付して、家族団らんを演出する方法や、調理のプロセスを味わいたい層に利用者が増えています。(郷土料理等、親からの伝承がない層が、子供へ伝えるしくみとして今後増える確率は高い。地域のCATVは地域の郷土料理のプロセスを未来に伝承する役割があります。高齢者世代を先生にして、料理教室と、中食としてセットで購入できるしくみを構築する役割もあり、そのウンチクの伝承も同時にできます。)食の多国籍化の中に、日本の先人の知恵も残すことも、愛国心を残す一つの方法です。多くの国が母国に執着していますが、日本の教育で少なく希薄化する領域を補完するために、日本国、郷土への思い入れをある年齢で体験することは、どこの民族かわからない日本、郷土感性しか持たない人の数が30%を越えてきた今、どの軌道の方が日本のプラス領域か選択する分水嶺にきているようです。
 

□日本人の多国籍な食卓に中食は欠かせない存在
































































 

 ここ数十年の間に、日本人の味覚は驚くほどグローバル化が進み、外食はもちろん、中食もこの現象が大きく貢献しています。海外旅行者累計数の増加、海外ビジネス経験者数累計数の増加で、海外の食事で、口で知った多様な種類、量も、試食の済んだメニューとして評価されてきているようです。

カレーライス、シチュー、コロッケ、トンカツ、サラダ、ハンバーグ、サンドイッチ、麻婆豆腐、餃子、ラーメン、ナポリタン、明太子スパゲッティ等 いずれも和食ではないが、今やごく普通の家庭の食卓に欠かせないメニューです。
こうしたメニューは ここ数十年の間のものです。
日本人は、驚くほど幅広く世界の人では類の少ないどんな食事にも順応でき、当たり前に楽しむことができる民族のようです。(食の戒律がない)
「昨日や一昨日とは違ったものを食べたい」「朝はパン、昼にご飯を食べて、夜は麺類もいいな」こんな欲求を抱くことは、今や特別なことではないようです。
主婦が調理に時間をかけなくなったのに、なぜこの数十年間にこのように食生活のグローバル化が進んだのでしょうか、それは、カレールウやドレッシングをはじめとする調味料の浸透、パスタソースの缶詰、○○の素といった、新しいメニューを簡便につくれる食品の普及、そして外食や中食の存在が大きかったためです。食品産業が創り出したメディアを生かし、見え、頭で食べさせるパブロフ反応を応用したためです。消費者のニーズ変化に的確に対応した商品を提供すれば、変化する上限はまだあるようです。

家庭の食卓では、外食と異なり、和食メニューだけで統一された献立よりも。和風、洋風、中華風など色々な味わいを一度で食べられる方が人気も高く、また頻度が高い。白いご飯と前夜の残りのシチュー、餃子、ドレッシングをかけた野菜サラダ、こうした組合せの方がなじみやすいし、逆に家庭でしか食べられない。このような食卓に中食は大いに貢献しています。調理に手間をかけたくない主婦(主夫)でもたまには家族のために目先の変わったメニューにチャレンジしたいと思うこともあります。そういう時、むしろ定番のおかずは中食を利用して、チャレンジメニューにのみ注力するという選択もできるようです。
「いろいろな美味しさを楽しみたい」「幅広い味覚を満たしたい」という欲求と、中食市場の成長は相乗する形で進化してきたようです。その結果、家庭の食卓の理想像としたものも変質しはじめています。「おふくろの味」は「おふくろのチョイス(選択法)」に「我が家ならではの食卓」は「我が家ならではの組合せ」へといったように変わってきたようです。この傾向は今後も進み、中食が一般家庭に占める役割はますます広がる確率は高い。

◎両親の好き嫌い、偏食が、子供の偏食と同じ傾向となり、健康基盤と相関があり、アレルギー体質、肥満、心臓病、小児ガン、虚弱体質、糖尿病等、大人の成人病・健康障害が10歳を超えた頃よりはじまる傾向があります。先天性原因より後天的な両親の食生活での異常が大人よりはっきりと見える化するのは身体によい悪いが判断できない子供からはじまります。両親の役割が子孫繁栄に影響する倫理道徳感が不十分な成長段階の人格の数が50%近くなり始める徴候が出てきています。子供は地域の宝物、地域の未来を拓く人です。地域CATVで食育、子供の健康のために両親に食生活の献立を変えさせるために、子供に健康な本物の食事栄養、量、組み合わせ、集団健康運動等を持続的に経験させ、悪い内容は、「何か変だ」と感じ、理屈で言える段階まで、育てる使命があります。「本物」ばかり見ていて食べる体験をして、健康度が増す実感を持つと、親の変な食生活を正す能力が身につきます。その子供たちが、大人になると、本物の外食、中食が優位になる潮流がはじまる確率は高い。地域の集団で正しく、個人主義の家庭内食を正しい方向へできるしくみが、日本人に必要な分水嶺に来ているようです。もし遅れると、日本人絶滅危惧種になる確率がゼロではないようです。すでに中性化徴候が見える化し、メディアでも認知の時代がはじまりました。食生活は、遺伝子、血液、染色体の異常のトリガーになり細胞異常の発生する確率がゼロではないようです。(ガン細胞、食物アレルギー等?)
「本物」ばかり見ていると「贋作」は何か変だと感じる観(診)える感性が成長してきます。子供は本物を重点に見せると、ニセモノや悪いことは教えなくても誰か周囲が教えてくれます。そのとき悪いことはしたくない自己防衛本能と規制が働くようになる原理と同じです。(食事の場合は、良い領域での好き嫌い現象と同じ、大人になると、たとえ両親食べさせようとしても絶対に食べない現象になる確率は高い。)
地域に多い低所得層は たまに中食を活用し、外食は極少ない傾向があり、日常の2/3以上は食材を調達して低コストの食生活をしなけてばならない食費上限の余裕がない家庭の子供は、親は外で不足を補完する方法を知っていますが、子供は、日常どんな内容の食事かわかりません。時々見える化される子供の異常な食生活状況があることが分かりますが、多くの子供の食生活が、学校給食だけでは、補完できない段階まで来ている確率は高い。

●地域のCATVは、富裕層を対象の食材料理は全国放送にまかせ、想定以下の低価格でできる、朝食、夕食を重点に低コスト健康維持料理(日本で最低価格で栄養管理士がつくるメニューは囚人食です。)それを基準に地場の同程度の価格て調達できる食材を生かし、地場の大学の栄養士、栄養管理士の養成機関(地域の場合は公共機関を常時優先し、企業の我の利益が必要な民間はスポットにした方が、長期的視点でよい)と連携し、食品産業総知恵で組み立てればできます。家庭の負食費の負担は増えない「本物」の食事ができる確率は高い。
 

□健康ブームの「多品目」志向が主婦を後押ししています。























 

「健康ブーム」で身体によい食品の情報が氾濫しています。中食業者はそこに目をつけて、健康によさそうな商品を開発。主婦の指示を得ています。

「自分の健康は自分で守るべきだから、生活習慣病に配慮した健康的な食生活を実践する。老化を防ぐ効果のある栄養素や、免疫力を高める食品を積極的に摂取して、元気で長生きを目指す」というのが健康ブームの重点的考え方です。一見すると、この健康ブームは正しい食生活の実践を訴えているようですが、「手抜き」や「嗜好のわがまま」というイメージがつきまとう「中食」とは相容れない印象があります。しかし、実は健康ブームも、中食市場の成長に貢献しています。
厚生労働省の旗振りで「1日30品目運動」というのがあります。この指標を提示したことに、流通や中食業界は敏感に反応し、「1日30品目」をキーワードとして積極的に活用しました。ある中食業者は、豆類や根菜を加えた「13品目のサラダ」を提案し大ヒツトをしたことがあり、続々と類似メニューが投入され、主婦の「中食を利用する後ろめたさ」を大幅に軽減する役割をしました。中食活用が、正当化されて認知されました。
現在は、健康情報は詳細化、専門化の一途をたどっています。健康情報番組が放送され「取り上げられた食材」は、翌日スーパーで売り切れたという社会現象もおきてきました。 しかし、番組を見てすぐに食材を買いに走り、調理をするというような、時間的、精神的余裕があるのはごく一部の富裕な年配層、専業主婦が中心のようです。大半の主婦はそうした情報を小耳に挟みつつも今日の食事の支度をどう切り抜けるようかと中食売場に足を運びます。するとそこに身体によい評判の食材が「ネーミングされたメニュー商品」があると、つい手をだしてしまうのが、人の行動クセのようです。どれだけ、消費者がこのような健康情報に敏感になっていて「よいかもしれない」と潜在脳に刷り込まれた記憶で動く徴候がありますが、「中食」をそれたの番組のよいものを組み合わせた副食として代行実現してくれているため、満足度の高い支援もしてくれます。

◎地域の地産をいかして、全国型メディアの内容(権威ある戦線の内容も活用)を組合せメニューを地域の食品産業で開発し、低価格で影響できるしくにを創り、視聴者の、年齢別評価、6ヶ月1年間の変化等使用前、使用後の映像で検証するしくみをつくると実証検証の役割もできます。
 

 

 


■食品関連小売業の比較       経済産業省「2007年商業統計」
面積生産性の比較から、食品の製品商品半製品をの商品回転率と客単価で業界格差が見えます。
見えた状況を数値化して、次の日の販売戦略を組むしくみ、システム格差が企業格差になります。
面積生産性の高い業界は、儲かる努力の必要度が高いため、中小企業、生業家業は儲かるために時間生産性を高くすることが要求されます。

●食品産業、生鮮食品を提供する生産者は、その店の固有技術にふさわし商品提供すれば、Win-Winのパートナーとして、共に儲かる戦略展開できる確率は高い。食品関係小売店は、その店の客相が購入する回転率が高い可能性がある食品提案なら、スポットで短期間実証実験販売の面積(棚割)をもらえる確率は高い。(大手食品メーカーがなぜ実演販売に力をいれるのでしょうか?)

 

年間商品販売額 
       億円

  %

売場面積   
  万u

  %

 金額/面積×100
 (面積生産性)

百貨店

    7 708 768

     7.9

      6 096 621

      6.4

    126.4  

総合スーパー

        7 446 736

     7.6

    14 903 108

    15.7

        50.0

食料品スーパー

      17 106 265  

   17.5

      9 207 362

      9.7

      185.8

コンビニエンスストア

        7 006 872

     7.2

      5 016 762

      5.3

      139.7

ドラックストア

        3 012 637

     3.1

      4 757 090

      5.0

        63.3

その他のスーパー

        5 949 303

     6.0

      9 236 313

      9.7

        64.4

専門店

       48 306 966

   49.5

    45 364 960

     47.8

      106.5

その他の小売店

           153 701

   0.2

        238 879

       0.4

        64.3

    合計

   97 691 248

 100.0

    94 821 095

  100.0

      103 0

 

 

 

 

 

 

◆惣菜市場の業態別シェア2003年
        日本惣菜協会「惣菜白書2005」

◆1店舗当たりの平均惣菜売上
          日本惣菜協会「惣菜白書2005」

 

        %

 

平均惣菜売上  万円

専門店

        39.5

百貨店

           99 417

コンビニエンスストア

        26.9   

総合スーパー

           19 533

食料品スーパー

        21.2

食料品スーパー

             7 753

総合スーパー

        12.1

コンビニエンスストア

             3 465

百貨店

          0.3

 

 

 

   100.0

 

 

   合計

 

 

 

「百貨店」「スーパー」にテナントの売上は含まない

 

 

 

 


□各業態が現在実践していること今後実践したいこと
                                                                   
日本惣菜協会「惣菜白書2005」

商品形態

 百貨店

総合スーパー

 食料品スーパー

 コンビニ

現在

今後

現在

今後

現在

今後

現在

 今後

少量パック

    95

   100

      93

    100

      98

     98

    100

    100

ファミリーパック

    84

     89

      57

      57

      72

     74

      33

      60

バイキング方式

    11

     37

      86

      93

      77

     88

      13

      20

カフェテリア方式

    32

     58

        7

      50

        2

     35

      20

      20

オーダー方式

    32

     74

        0

      14

      16

     56

      13

      40

量り売り方式

  100

   100

      88

      91

      28

     53

      13

      13

惣菜の配達
サービス

     5

     58

        0

      29

        5

     26

        0

      20

その他

     0

       0

        0

        0

        0

       0

        0

        0

 

 

 

 

 

 

 

 

 

○カフェテリア方式
セルフサービスの食堂、あらかじめ並べられている料理を自由に選んだり、カウンター越に料理をよそってもらい、最後にレジで清算する飲食店のスタイル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

□百貨店



















 

 「デパ地下グルメ」という言葉が定着。「百貨店」の中食の活況を示す言葉です。少々値は張るが、家庭ではなかなかつくれない多種類の素材を使ったサラダ、和洋折衷の創作料理、老舗レストランの看板メニューなどなど、「たまには食べたい」という商品がずらっと並び、売り方もデパートらしく、ショーケースの中に惣菜を色とりどりにディスプレイ、店員が対面式、量り売りではんばいするところが多い。
食にはファッションとは別に、「食ならでは」の売場が必要である視座に立ち、新たな展開がはじまっています。
オーブンキッチンや実演コーナーを増やしたり、物販と連動したイートインスペースをつくるなど、できたて感やライブ感を演出する動きもあります。

百貨店は独特のビジネス形態があり、食品に限らず、自らが仕入販売する売上よりも、テナントにスペースを提供し、その販売額の一定量を得る売上の方が、ウエイトが高い。
大都市の老舗デパートには高級店としての存在感を高めている企業があります。デパートに出店するには、ブランドとしての価値、企業としての信用力が厳しく審査されます。また、テナント料や保証金も高いので、参入は簡単ではありません。

●「○○物産展」などの催事が定期的にあります。地域の新興企業や中小零細メーカーでも商品を販売するチャンスがあります。地域の食品のテストマーケティングの場として、綿密な準備をすると、高価格帯のものも売上という形で評価される確率が高い。

●デパートの催事はデパート側が企画するものも多いですが、最近はテレビ局やテレビ番組が企画、主催する物産展もあり、この場合はメディアによる集客や知名度向上がきたいできます。

◎地域のCATVの地域のデパート等生かし、地産地消の食品販売催事をスポンサー付で実施できる機会が増えてきました。
高単価でも売れる客層の数を地域に増やす戦略展開が必要。
 


◆百貨店直営とテナントの売上構成比の推移

                                日本惣菜協会「惣菜白書2005」

 

 直営構成比 %

テナント構成比%

合計金額 百万円 

1店舗当り平均売上 万円

    1997

      4

         96

 

 

    1999

            7

         93

     1 710 727

             77 760

    2002

            5

         95

     2 893 961

             80 388

    2003

            1

         99

     2 087 749

             99 417

 

 

 

 

 

 

 

□食料品スーパー






















































 

 食料品を専門に扱う「食料品スーパー」は、「総合スーパー」の食料品売場同様、ドライグロッサリー(日持ちのする加工食品)類はナショナルブランド中心の品揃えになりがですが、他店との差別化をはかるには生鮮品と中食が重要な位置を占めています。総合スーパーは週に1〜2度、まとめ買いとちょっとしたレジャー気分を味わいに出かけるところであるのに対して、食料品スーパーはほぼ毎日、その日の食をまかなうために利用する店です。それだけに、食料品スーパーの中食には「毎日食べても飽きない」「毎日買えるリーゾナブルな価格」で、しかも「毎日食べても安心な品質」が求められます。
一方、食料品スーパーの敷地面積は総合スーパーのように広くありません。厨房施設が十分に持てないことから、店内で仕上げる商品の割合は66%程度です。総合スーパーの74%より下回ります。
これを補うためにセントラルキッチンでの調理が13%を占め、総合スーパーの6%を上回ります。合理化できることは合理化しつつ、ますます高まる日常的な中食ニーズに応えようとして改善しています。
 
●その店の商圏の人が、「今日食べたい」と思うものを売る、もしくは「今日はこれ」とその日食べたい気持ちにさせるものを売る姿勢が必要です。
そのために、「その地域の運動会、夏祭り、盆踊り、さまざまな行事を全部知り、行事に応じた中食提案が基本動作の一つです。地域の気候、人口構成、イベントなどに合わせて、週替わり、日替わりで提案型の売り方をする小さな商圏に密着した商品提案がカギになります。
これこそ、総合スーパーやコンビニエンスストアなどに対抗できる方法の一つです。

●同じような小さな商圏に合わせたきめ細かな中食を提供する方法として、「都市型食品スーパー」といわれる新業態が成長してきました。
中食の割合を既存店より高めたほか、商品単価は2〜3割高、陳列商品の9割をガラス張りの厨房で店内調理するなど、品揃えやグレード、提供の仕方を従来の「食料品スーパー」とは変えています。オフィスや高級住宅地に近い立地を意識したもので、こうした立地適応型の業態開発も今後盛んになる徴候があります。富裕層が多い地区では、客単価を高くする方法です。

●都市型スーパーは豊富な惣菜が魅力
オフィウスや商業施設の立ち並ぶ都心の食品スーパーでは、求められるのは生鮮三品よりも、すぐに食べられる惣菜類などで、デパ地下と同様な品質と価格を実現できれば、十分に勝算は見込める確率は高い。最大の特徴は、中食需要を意識して店舗前面に惣菜、デリ売場を配慮していること。弁当や丼物を約70種、サラダも含めた惣菜は全部で150種と非常に充実しています。さらに電子レンジで温めるだけで食べられるパスタやご飯ものの冷凍食品をラインナップし、レジ浦には電子レンジ、ポットを備え、セルフで利用できる配慮がしてあります。最近のコンビニエンスストアに劣らないサービスぶりです。夕方には、煮魚や焼魚といった家庭の食卓に並べられる惣菜が増え、仕事帰りに買い物をする人だけでなく、近隣に住む昔からの居住者や、都心志向のマンション生活者もターゲットとしています。


◎地域のCATVは、商店街単位で、地域の食品産業協業企業の地産地消の安定受注販路として、「食料品スーパー」を点在管理し、月内ローテーションで食品をデリバリーするしくみと、その重点販売商店街紹介を平等に実施し、人の動線を、最適誘導するしくみをつくる裏方の役割ができる確率は高い。
地域の人が、安全安心なものをよりふさわしい価格で販売でき、添加物に依存度が少なくすることが出来る確率は高い。

地域の分散生活する高齢者用の環境整備されたマンション型施設に、通常生活する集団生活エリアにまとめる危機管理組織をつくる。食品産業群の近くに準備し、24時間体制勤務のどこかで働きエンゲル係数以上の収入を得るしくみを作ると、居住空間の人数に応じて、都市型スーパー型低価格で多様な食品を提供できる確率は高い。緊急時の短時間対応もできやすい。ただし、方法論は沢山あり、ふさわしい最適を選べばよい。たとえば自宅での日中の生活は定期的にできる、循環バスのしくみを構築しておき、電気ガスのインフラ企業が輪番管理をしたり、町内の共同管理のしくみをつくれる方法もある。

 

□コンビニエンスストア


























 

 中食市場では、「総合スーパー」「食料品スーパー」の販売額を上回り、中心業態になっています。
かっては「開いててよかった」と24時間必要なものが買える利便性が最大に特徴でしたが、今やその価値は美味しさや楽しさにまで広がり、食生活の一部を、がっちり支える存在です。
コンビニの中食は、カウンター内で簡単に調理をして提供されるおでんやフライ類などを除いて、すべて「他社から仕入れて売る」スタイルです。主要チェーンの場合、そのチェーンだけのために惣菜類を製造し、納品するベンダー(製造元供給)と取り引きしています。しかし、商品開発はチェーン本も、ともに行って、それをベンダーに製造させる形をとっています。コンビには店舗面積が限られていおり、取扱い品目も多いため、店内での調理には限りがあり、その上、店舗数が多く、しかも全国にあるので、自社のセントラルキッチンをつくつてもまかないきれない事情があります。こうした制約の中で、いかにユニークな商品を開発して他のチェーンとの競争に勝つかを考えた末、この体制がうまれました。ベンダーとチェーン本体の開発部門に加え、食材や調味料を供給するメーカーがコラボレーションして、今日の「中食」の高い商品力がうまれました。
また、新しいビジネスとして登録会員への食事宅配サービスで、管理栄養士に依頼して低カロリーを意識したメニューにしたほか、保存剤添加物、着色剤も使用しない配慮をしたものを提供する方式です。
(そのコンビニの店舗で売る保存剤、添加物、着色剤等使用した商品は、日常食べ続けると人体にプラスではないことを暗黙で示してくれれいるようです。「火のないところに煙は発たぬ」現象の一つ)
また、基本価格を100円に設定した店で、惣菜は少量パックにして、100円にするほか、弁当は200円から100円刻みで400円まで揃えている店もあります。
また既存店の上位店として、フローリングの床、ダウンライトの証明で落ち着いた内装にし、店舗で最終調理するスープや、オーダーごとに溢れる珈琲など「できたて」を提供するイートインスペースを設けた店舗もあります。

◎地域の食品産業が協業して、商店街の店舗にふさわしい、最適な半製品完成品デリバリーで、食材の基幹部分だけを提供し、店ことに、副食材の組合せ、量での違い、トッピンヅ、調味料で多様メニュー化すると、食材原価を低減できる確率は高い。中食デリバリー方式は、地産地消の安定販路開発の一つです。
 

 □中食専門店




















 

 弁当、惣菜類の製造、販売を専業としている業態で、その規模やビジネス形態はさまざまあります。
評価の高い店は 「絶対品質」「鮮度に対するこだわり」はどの業態でも共通しています。

「消費者のより日常化する中食ニーズに応える」ための専門店の工夫
1.毎日食べて飽きない豊富なメニュー
2.できたての美味しさの提供
3.毎日食べても安心な健康に配慮した商品の提供
4.買いやすく、買う楽しみもある販売方法

◎1店舗なら、売れ残りなどのリスクが高くなりますが、協業型で、クラウドのしくみを地域で構築し、狭域でデリバリー連携をして、安売りしないで制限時間内完全完売のしくみを構築できる確率は高い。
都心型店舗を狭域地域に丁目ごとに出店し、ご飯、麺等の店舗別時間帯売上状況を見える化し、在庫の少ないその日の集客数が伸びる店舗に、食材を移動(人で移動)をして、地域の完全売り切りのしくみがある店群があります。スマートブリッドの原理による見える化は、食品産業の協業の強みになります。

■販路での区分
○製造して消費者に販売する小売業パターン
○製造して百貨店やコンビニに販売する卸業パターン
○製造して、小売業も卸業もするパターン

■製造のやり方での区分
○販売する場所(店)ですべてつくるパターン
○店では最終調理のみ行う。下ごしらえは、自社のセントラルキッチンで行ってたり、他社が納品する場合もあります。
○店では最終調理のみ行う。下ごしらえは 専門製造メーカーから調達
ご飯を炊いて売る専門の会社(炊飯メーカー)もあります。
惣菜メーカが副食メニューを多種類提供する会社もあります。
 


◆さまざまな業界から中食への参入は活発

●外食産業






 

・寿司屋さんで、一杯飲んだお父さんが、お土産の寿司折を包んでもらう
・そば屋、ラーメン店等の出前
(2例は すでに過去にもあった中食産業です)
・ファミリーレストランの調理時間の短縮を徹底したしくみを生かし、テイクアウトの強化し、注文後すばやく提供する強みを活かして積極的に店内をしています。
・定食チェーンは、弁当、おにぎりを中心に中食業態とした店を展開する企業も出てきました。
・牛丼店は、最終調理のみを店舗で行い、惣菜はつくり置きが基本。これを他の惣菜専門店によくある提供方式で、下ごしらえ部分(調理工場)で行う部分から直接、惣菜専門店(関連系列)を展開する企業の出たきました。
 

●ファーストフード



 

ハンバーガーチェーンに代表される「ファーストフード」はイートインとテイクアウトの両方を行うのが基本スタイルであり「外食」と「中食」にまたがった業態です。その高級化の動きがあり、中食市場での存在感を高かめています。
アメリカからはじまったもので 「ファーストカジュアル化」と呼ばれています。「カジュアルレストラン程度の商品を、ファーストフーード並みの速さで提供する」あるいは、「ファーストフードの商品を、カジュアルレストラン並みの品質に高める」というものです。夕食並みの「まともな」食事でも利用機会が増えることになります。中食市場において新たな競争が生まれてきました。

●ベーカリー・カフェ




 

「ベーカリー」は「ファーストフード」同様に付加価値の高い商品が増えています。収益性のアップとできたて感演出などの目的で、デリカテッセンを豊富に揃えたり、イーストインを併設する動きがあります。
「カフェ」も客単価アップや、他店との明確な差別化のために、フードの強化が課題で、「ベーカリー+カフェ」という新しい業態が増えてきました。バラエティ豊富な、かつグレードの高いパンやデリカテlスセンを買えるカフェが増えてきました。持ち帰れば「中食」です。中食の業態が増えたことになります。

人気ブランドのあるカフェがデパ地下へ出店し、「食卓の夢」を演出する販売と、持ち帰り店がでてきました。店の展示の工夫は、真似て活かす方法に一つです。
 

●宅配

 グレードアップ、商品内容のバラエティ化が顕著で、ピザの宅配機能をいかした、複数外食店の出前代行ビジネスとして、配食サービスが強化され、「高齢化社会に対応した変化」をはじめてきています。
 

●居酒屋メニュー










 

人を引きつける惣菜店の条件はなにだろうか?
「価格」「味」「できたて感」は勿論大切ですが パッと名に飛び込む華やかなメニューがもっと重要なポイントのようです。中食業界に、日々インパクトのあるメニューづくりに励んでいる業界が進出してきました。それが居酒屋です。
最近の「居酒屋メニュー」は進化が著しい。定番の焼き鳥、唐揚げ、肉じゃが、揚げ出し豆腐などというのは過去の話。競争が激化する中、リピーターをつかむには料理の工夫が欠かせません。居酒屋の料理のポイントは、「つかみ」にあります。一目見て、一口食べて、印象に残る見た目や味の工夫が欠かせません。たとえばアボガドやナッツなどの洋の素材を和食に取り入れる柔軟な発想、唐揚げなどの定番の料理でも使う部位や効かせたスパイスを工夫するなどです。一瞬で人の気持ちを惹き付けるノウハウは、惣菜のメニュー開発にもそのまま応用出来ます。
居酒屋で思いがけない美味しいメニューに出会っても、お酒や会話で、味をゆっくり楽しむところまでいかないことがあります。持ち帰り惣菜店への進出は「実は居酒屋メニューが結構好き」という隠れたファンに嬉しいトレンドです。
 

●変わる駅・商業施設








 

施設の共通キーワードは「中食」です、駅中店舗、施設の利用率を上げる目的で、その施設のコンセプトやグレードにふさわしいテナントとして中食企業を選ぶか、中食企業側もニーズに適応できるかで出店を決めています。
地域の企業とは別次元で、地域の中食産業の新たな強い競合企業が突然出現します。
駅の改札を出ずにショッピングできる「エキナカ」は惣菜類、弁当も充実し、ヒツト商品が生まれる場合もあります。多忙な人の購買様式を検証の場として食品産業では役立ちます。時間帯別移動時のついで業務として、定時定点情報は、母集団の多い実態調査ができます。

◎地域の店は、強み弱みを徹底分析して、強みは真似プラスαの強み演出し、弱みは、地産地消の強みで「エキナカ」の弱さを明確に演出することが必要です。
食品産業の強みは、他の業界の格差ほどありません。強みの障壁は、ある方法を採れば超えることができることに気づく地域協業体の社員が多い領域です。ブランドに幻惑されず実体で、消費者が正しく評価するように啓発すれば成功確率は高い。
 

 ●ホテルの惣菜「ホテイチ」



 

 一流ホテルの1階にあるパンや惣菜を扱う店が「ホテイチ」として注目を集めています。ホテルならではのメニューが、グレードの高いサービスで提供されています。ホテル内のレストランで食事をすることを思えば、半分程度です。勿論スーパーの惣菜に比べればいい値段ですが、ホテルの味や高級素材を気軽に味わえるには やはり魅力です。利用者は、味やブランドにこだわる主婦やOLが中心、家族や友達との食事、パーティ用として「いつもよりリッチにしたい」と買っていくようです。
 

●フードコートで
飲食店協業のしくみ







 

事例「阪神甲子園球場」のように1店舗ごとの集客、フードコートを共有して、各店舗の固有性を相対比較して選ばれるしくみにする、集客補完の法則

大イベント会場の施設の隣に、全テナントの25%を飲食関係専門店が占め、食べる楽しみに満あふれたショッピングセンターをつくり、にぎあう休日と客足の鈍る平日との差を上手にカバーするために、各店舗は面積をぐっと抑えて、その分、明るいフードコートを広くとり、混雑時にも適応できるようにしています。
人気店の惣菜や話題の洋菓子店が食の専門店がずらりと「並んでいます。一つの店舗はそれぞれ個性があって、何かちょっと美味しいものを食べたいとか、気の利いたお土産を欲しいというときには最適です。
多様なお客様が自由に選択し、フードコートを共有活用できるしくみです。
集客数がある一定以上多く、客層が多様な場合、食事時間が必要な施設では、フードコート方式が増える傾向があります。(大規模のショッピングセンターはこの方式が定着してきています。)
 

●ビュッフェレストランがはじめたテイクアウトの弁当サービス



 

自然派レストランは定着してきました。
食のトレンドが「健康」である場合、多品目の食材を少しずつ食べるというビュッフェスタイルは、健康的な食べ方といえます。(もちろん食べすぎなければ)。バイキングスタイルは実は「お腹いっぱい食べたい」派と「健康のために少量づつ色々食べたい」派、両方の望をかなえています。多品種詰め放題のテイクアウトも、現在では「お得」というだけでなく「ヘルシー度が高い」という感覚を客に与えるようになりました。
テイクアウト弁当は、レストランにとっても、客にとってもメリットがあるといえます。

●キッコーマンの「くいしん防万歳」は地域密着型







 

テレビ番組と同じ名前の店で、ブランド色の強い店舗とおしゃれな創作メニューを想像しますが、地域密着型惣菜専門店、商店街などの立地を中心に20店舗を運営しています。
食品メーカーにとり、メニュー開発はお手のもの、豊富なメニューがあります。肉じゃが、おしたしなど家庭的で使い勝手のよいもの、飽きのこない定番の惣菜を中心に、デザートまで含めて60種程度を用意。独身者ばかりでなく、一人暮らしの高齢者に配慮したメニューも充実しています。弁当類も豊富に揃えコンビニに対抗していく構えです。手ごろな価格設定にして、買い込んでしまいそうな値ごろ感が受けています。チェーン店でありまがら、個人商店のような雰囲気、店内は明るく解放的で、ガラス貼りの厨房がてづくり感をアピールしています。また、メンバーカード、誕生日にプレゼント、ポイントカードの導入など固定客づくりの仕掛けも多い。
大手企業が、「地域密着型の惣菜店」を運営しているのはユニークです。
 

●学生街の自然派惣菜店



 

食の安全性健康への関心が高まる中、自然派の中食も続々オープンしています。学生街にもオーガニック食材の中食店が登場、人気を得ています。

自然派のレストランや食品というと、かっては「身体によさそうだが、味は今ひとつ」というイメージが強かった。しかし、食の安全に対する意識や健康志向が高まる中で「自然食も美味しくて当たり前」「安全性にこだわった食はおしゃれ」というムードが高まっています。

◎頭で食べる「こだわり」「思い込み」層に、正しい健康領域で、地域の先人の「うんちく」により地域の地産地消の食材料理を地域CATVが紹介すると、地産地消食材の回転率を増加する支援ができる確率は高い。
 

 

 

 

 

 

 

 

◎勝つためのしくみは、
地域の第四次産業として、食品産業複合協業企業体として第一次産業、第二次産業、第三次産業が
ガバメント型一体型経営体にし、それぞらが、事業体としての本来の目的を複合機能として発揮する
方法です。

●第一次産業(地域の協業で大規模法人の複数施設化) 
複合型農水産業大規模複合工場を機能別に複数建設する。しくみ、システム、人海を
活かす「いきもの工場」として、地域のCATVの機能、地域の大学大学院を活用して、超ローコスト
生産ノウハウを構築する。冷蔵冷凍倉庫、LNG&バイオエネルギー兼用火力発電所により電力、熱量
を自給し、その周辺の食品工場群の電力、熱量供給の役割も兼ねる(一般電力より安く供給)
自然光、人工光共用型植物工場を基本とした、大規模ガラス張り工場と完全栽培養殖漁業を兼業する。
畜産業も併設する。種苗、稚魚の生産専門部門を持つ。
パン、麺類用にふさわしい小麦の大量生産のしくみを構築する実証試験を、米の裏作として行う、
(だだし、土壌のミネラルわりあいの成分試験も兼ねる。

季節変動が少ない計画てき受注生産と、新規市場開拓商品の生産をして第二次産業、第三次産業の、
安心・安全で 変量・大量対応できる生産体制を組む。 
ただし、地産地消を損益分岐点まで優先供給できるようにして、他地域はハングリーマーケットとして、
大企業中堅企業は国外か、他の地域の生産者に任せる。原則として売らない。

施設ができる前は、現状の生産(収量)と大温室群生産で、食品工場、外食産業に受注生産するために
データ収集、小規模エリアでの複合工場実証試験も兼ねて生産する。販路の開拓も兼ねて行動する。
種苗、稚魚生産ノウハウは、先発企業と連携して、地域の採用予定の大学院生の研究テーマとして
産学連携のしくみを生かして始める。

●第二次産業(食品工場群)
自社の固有技術を活かす最適原料供給仕様書を、第一産業が調達必要量供給できるように、体制肯定
を組む実証試験をはじめる。
食品工場が連携して、地場の名産にする戦略的食品、海外ターゲット食品を共同開発するしくみをつくる。

最適物流のしくみ、システム、物流費は、第一次産業負担をゼロにして、生産工場からの調達プロセス
を構築する。冷凍、冷蔵、倉庫の、保冷車等の仕様を決める実証をする。地域の空港と高速道路網、鉄道
港等の最適立地も検討す。(国内他地域、海外、鮮度物流等複合展開のため)

●第三次産業(地域の給食・中食)
地域の中食、給食)を重点に第一次・第二次産業は食品供給(生鮮、半製品、食品)を供給する。

セントラルキッチンやそれ以下の規模対応の大型自動厨房機器を備えた加工工場等食品工場を、
自社最適なように仕様をきめる実証試験をする。
お客様の地域のニーズに合わせた、食育のための食材開発提案の役割をする。

地域の旅館ホテルの食材原価低減のために、地域の特産、地域の旬の食材提供のしくみをつくり、
赤字中小旅館ホテルの厨房人件費と、食材原価の低減しサービス業に専念して黒字化に貢献する。
調理長で希望者は、メニュー開発と地域食材の活用開発の役割をしてもらう。繁忙な旅館ホテル
のスポット派遣をし、新しいメニュー情報も菜なんでくる。

●地域CATVはコンタクトセンター、テレマーケティング、データベース管理のセンターの役割をする。
第一次、第二次、第三次産業の顧客データを共有管理し、それぞれの企業が個別に顧客管理し、
センターと個別に対応するようにする。

共有情報は、地域での広告宣伝費用を、グループで、最小投資で最大の効果が上がるように、
各産業の特色にあわせて最適活用をできるようにする。レスポンスは各企業が対応できるように
する。

◎第四次産業として、戦略的経営体としてホールディング組織とし、各企業がガバメント型独立機能
を持ち、プロ経営者と各企業の基幹部門の業績責任のある現役の常任役員が役員として参加する。
各企業の組織変更があるごとに新任常任役員交代する。
事務局部門として、各企業から、基幹部門の幹部候補生を1名6ヶ月ローテーションで派遣してもらう。
地域の経営専攻の採用予定大学院生を3名事務局要員として、各企業を繋ぐ役割を担当させる。
各企業が、決定事項を分担実行するときの社内で具体行動させる制御人財の役割で育てる。

  


◎食品産業が、日本国が 地域別の拮抗した協業融合体スマートグリッド方式で一つに
統合させると、食品産業外の上場企業や、自動車産業等の戦術戦闘のノウハウは、
食品産業群の中に包含されていてその一部分の事業展開行動であることに気づく人が
いるはずです。

現実は、食品産業は、狭域分野内で国内群雄割拠の戦国時代の様相がありますが、
他の産業のように、大企業による超寡占化と、そのパートナー(下請け企業群)へ
なりきてない要素があるためです。しかし、そろそろ全国統一が、世界戦略上必要な
時代が近づいています。日本国内の中小企業型食品産業は、資本力が弱小で、
オーナー経営が主流のため、20世紀の関税撤廃自由貿易化で繊維業界(衣)の歴史
より、TPPにより潤沢な資本力のある外国資本へ急速に変わり、食業界は加速度的
に外国企業に資本が変わる確率は高い。働く人も、円高はその国の人の潤沢な海外
有望な就業インフラの一つになる確率は高い。

TPPが実現する前の今、どこのエリアからでもよい。地域の食品産業が協業融合して
一体化することから始める時が来ています。
ネットッワーク、情報公開時代を追い風にして、日本の55%以上の地域間整合した
総合協業をすることを急がなければ、日本に向けての外圧は想定以上に速くなる時代に入ってきました。
「ゆで蛙状態」の日本で次に何が起こるのでしょうか?


●経営者は
・地域の食品産業第二次産業に属し創業20年以上の非上場中堅企業で、省人化、装置産業型で、
ISO等のしくみの経営ノウハウ豊富な40代の食品産業現場の中で育った経営層(又は経営者)
社員数が社員300名以上の規模の、黒字企業(法人税が多い方を優位とする)、食品業界の人脈豊富で、
経営陣になつて、コミュニケーション力、人間の魅力、行動バイタリティーが磨かれてきた、創業起業型
思考をもつ40歳代の人財。
●経営陣は
食品産業の第一次 第三次産業で地域の黒字で評判のよい非上場中堅企業の現場に精通した40歳代の
経営陣
第一次産業は、大規模専業農家で、大家族中心の最新装置導入でローコスト生産のしくみを持つ
  
●経営者経営陣の制御型人材としての戦略的経営開発部門
・地域の大学院の経営学部の全研究部門と農林水産部門の実戦実証臨床の場として、若いメンバーを
実務計画とプロセス化業務
・複合協業酸化企業の、実務能力が豊富な人財を6ヶ月ローテーションで地域の参加大学院群と連携を
して、現場の実務の指導リーダーの役割と、大学院生を活かし、教育体系を短期で構築し、実戦効果の
成長スピードに応じて、改善を1年間継続させる。人材成長スビードを他の企業の倍速以上にする。
・地域の食品産業に係わる勉強熱心な実行群を優先に、地域の食品業界全体を整合した組立てをし、
第四次産業として事業展開するフレームワークを1年で組み立てる。

●複合協業企業の事務局部門
2年後グループで共有する生産設備が稼動するまでは、現在稼動する企業を繋ぐホールディングスとしての
役割として、全協業企業の黒子として、最適整合し、シンプルなしくみで行動できるための企業格差、設備
格差、人格差等を現状認識し、その企業の各部門の制御型人財候補を3人以上揃え、徹底的なグループ
経営の手法の基本を短期で吸収させ、各企業が、新しい軌道へ変わる制御機能を充実させ、日々変化
させ始める。固有の強さを強化するための付加すべき施設、創市場、創客、戦略商品・製品・販路もしくみ
等を整理する。
・最初の3ヶ月で、地域の各企業の全顧客情報を個別にデータベース化して、コンタクトセンターの役割と、
データマーケティングの役割ができる体制を構築して、各企業の長期安定業績貢献をしているトップグループ
の人財を3ヶ月ローテーションで出向させ、自社の新規開拓と苦情処理に対応してもらい、各企業のセールス
トークを最適化のための標準化をする。各企業ごとに出向者別の新規開拓数(その企業の営業パーソンに
指示して動かし、成約させるプロセスも結果数とする)とその成約金額、コンタクトセンターとして、その企業の
営業部門、営業パーソンの連携で決定した成約金額と、6ヶ月先行見込数管理をして、参加企業の受注支援
のしくみシステムを構築し、各企業に入社した若手の営業訓練の場として、3ヶ月出向のしくみを創る。
コンタクトセンター要員として、地域の女性、高齢者の時間型長期時間就労パートの就業インフラにする。
各企業の成約量を増やし、現在より多忙にすると、現在のしくみシステムの改善がなければ、人の残業だけ
では長期対応できなくなり、何が優先で変化したかを把握すると、全体の優先設備投資の方向が観(診)えて
きます。

◎1社単位で一生懸命している事業展開を、複合競合偉業群で、地域狭域内で複合化し、共有と分散、
固有化すると、過剰な重複業務、過剰な重複行動をシンプル化、不足情報の共有化による深度情報量
の増大等により、想定以上のコストダウン、実現達成納期の短縮になります。
なぜ大企業が経営統合、グループ化を急ぐのか?中小企業が赤字を承知で対応しなければなならに破壊
的単価でありまがら、なぜ利益がでるのでしょうか?20世紀代は まだ大企業のノウハウも模索段階で
隙間の分野が多数ありましたが、少なくなってきました。国内の大企業より潤沢な想定以上の投資余裕
企業が、国内参入前に綿密に準備して参入したとき、1社単位のバラバラ中小企業の勝てる場は少ない
時代にがいています。現在のベンチャー企業は5年以上資金潤沢で生き残れる企業数がなぜ少なくなって
きているか、経営努力の不足以上に、市場が拡大しない時代の別次元の原理が働くためです。

食品産業は実体優位のため、ブランド、メディア、広告宣伝等(仮想、バブル型増幅
手法)は製造物責任(PL)に抵触した瞬間すべての泡は消え、実体が現われる業界
であり、見える化すると、55%以上の人が正しく評価し厳しい行動を採りやすい業界です。
国(人)が決めた安全基準は、人の生命、子孫に悪影響をする徴候、障害・事故が発生
した瞬間、55%以上の人が正しく評価し、規制強化は短期で実現できる業界です。
どんなリベート法も現実結果では抗弁が通用しない実体が優位の世界のようです。
食品産業は長期間こまかし通せない、現実直視が最も厳しい業界の一つです。


食の複合型工場群を取り巻く、直接的相乗効果が出る産業群です。

第四次産業としての植物工場、栽培養殖漁業等の複合工場は、生産に必要なエネルギーを自給しくみを
備え、食品産業の原料を安心安全ローコストで、必要量潤沢に日本の食品産業にエネルギーと同時に
原料も供給し、その複合工場に隣接した、食品工場群は、原料、エネルギーコストが、他より低価格で
調達できるようにする。
食品業界の多様な生産ができる自給の体制を構築する。食の地産地消を構成する。
第三次産業を地域の現状に合わせて、物流・鉄道網に合わせて消費者の点在に対応した、黒字化できる
売上を確保するための調整したエリア分担をする。深耕により消費者との生活物流網のしくみを構築する。
地域の企業は1企業主義はやめ「もとつもたれつ」の協業のしくみにする。もし企業拡大できる投資力がある
企業は、大都市部への市場侵攻のモデルとして、地域の総能力で支援をして、必勝の事業戦略を展開
できるようにして、地域の余剰生産物を大都市部へ侵攻展開する拠点の一つとする。
進出企業の営業担当と複合的開拓と開拓客情報共有化しながら、相互連携行動するしくみシステムを構築
できます。
第四次産業とは、第一次、第二次第三次産業が整合されたガバメントのように原料とエネルギーを安く
潤沢に供給できるしくみの一つです。第四次産業は、世界市場で食品原料を供給できる戦略的製品
(ローコストで受注量できるしくみ)を開発し、地域が豊になる第四次産業プラントを海外市場で展開する
ために、海外で地域の食の原料を購入した食品産業が、黒字化し、その国で儲かる知識技術人育ての
支援をしながら実績を出し、その地域の必要な食品産業数が確保できた段階から、地域での食品原料と
生産に必要なエネルギー供給のしくみを中心にして、地域が豊になるための、地域インフラの構築をその
国の人たちの力で構築できるように、地域密着CATVで蓄積した映像と体系コンテンツで、多面的な
人の成長スピードを加速させる。万国の人は、国ごとに風土文化宗教等異なるように見えますが、ある思考
帯域だけが異なるだけで、それを補完補填し、セロ化すると、言語の違いはコンピュータでも変換できる領域
の表面現象、中小企業、生業家業黒字化の原理は変わらないようで、縁ある地域はともに豊になる確率は
高い。


地域の中小生業食品産業と協業し、原料だけでなく付加価値商品製品サービスで、
先行投資のための資金を潤沢にして、一部を戦略的に海外市場で販売し、計画的に
地域に外貨を稼ぎ、日本国が、国内資金の流出放任行政に地域から歯止めをかけ、
地域の循環する資金が国内他地域(国内循環・コップの中の移動)と外貨(海外流入
資金・コップの外からの増量)にする。

食は、世界のどの国の人も、毎日生命維持に必要な、貧富に無関係な必要な産業です。
他の産業は、ゼロでも、人は死にません。あればよい、人に関わる産業です。
世界の人口増が続けば、市場は無限。
日本のように、人口が減少する場合、国内市場で、世界と市場競争しても、国内の食の
産業が優位にすればよいだけです。

●食に関わる全体の戦略を、地域CATVを事務局に、食の複合企業群が連携し、戦略企業としての
ホールディングとその経営統合企業としてのガバメント型経営方式で、共有戦略を展開する。
・富裕層、中流層向けに多品種高品質安全な少量利益率優先の地域ブランド型ハングルー市場にして
地域の都市部、地域外の首都圏、政令指定都市、地域に近い大都市で市場を創る。目的は地域内に
資金が流入するしくみの構築のためと、価格が相場以下なら売れる人の数の多さで、100%製品商品
生産物を売り切るしくみができるためです。
・地域の貧困層、高齢者層の、価格破壊的安さで、安心安全に、食を提供できる生産体制をつくる。
地域のエンゲル係数を下げると、他の地域の産業を活用する資金が増え、第三次産業から収益構造が
変化しはじめます。地域CATVによる、スポット収入源が機能を始めると、さらに地域で資金の循環量が
増加をはじめます。
・第二次産業は、大企業の下請けパートナー依存の体質から、地域で産学官連携で、地域にふさわしい
ブランド型固有技術商品製品を少量複数創り、食の販路のエリアで食関連営業と連携してテスト
マーケティングし、損益分岐点以上売れる可能性商品製品から、海外の食の市場のエリアで販売する。
国内でブランドを創るには長期間と大企業ブランドが邪魔をしますが、未知の海外では、大企業のブランド
の影響は少ないため、実績評価されると世界のブランド化ができやすい。食でその国の多くの人に貢献
していることが、新市場への参入の誘導の道であることに気づく時がきます。


○富裕層には、世界に拮抗できる、高品質と、食の要望を満たす魅力を付加し、相対比較で海外ブランド
以上にし、高単価(粗利の高い)な多品種少量ハングリーマーケットにして、売り切れると、次の生産まで
予約で待たせるしくみを構築する。ほしくても変えないようし、海外の食の海賊版で満足する人が増加し、
国内での受注生産能力の余力が出たときから、世界の無限にいる富裕層をターゲットの、商品相場の
高止まりの乱高下の中で、直販を重点に販売すればよい。ニーズが高く需要の多い国にはその国内に
その国の地域に地域の人が生産できるプラントを設備させ、稼動志援をする。その国と供給連携して、
世界の市場へ伝播させる。

○貧困層、世界人口の60%以上を対象に、世界のどの関税でも、その国の主食の原料より安く提供し、
その生産のしくみの導入したい狭域地域(国ではない)単位で、日本の大学に留学している学生のOB
の活躍するエリアから優先して始める。他の場合はしない。日本からの輸入、すなわち日本に外貨が
地域に入るしくみにする。

○食の複合工場群プラントは、地域のCATV、エネルギー(電力・エネルギー)源供給も含まれ、貧困層
に就業インフラとなり、地域CATVのしくみで、平等にスポット収入が得られるようにし、収入源を増やすと
地域の第三次産業から儲かりはじめ、地域で循環する資金は増加をはじめ、第二次産業が、国内他地域
海外から資金を流入させるようになり、貧困層の一部から中流家庭の増加が始まると、食の商品製品の
単価の高い商品も売れる量が増加をはじめます。その地域が少しづつ豊に変わり始めます。
その国と、連携し、日本が市場開拓の代行をし、その国の人財が育ってきた段階で、定期的教育をしながら
自力力をつけてもらい。共に拮抗するライバルとして、互いに成長し、強存強栄し、世界戦略を共有化し、
世界の飢餓の国絶滅へ長期戦略を展開する。

 

 

商品一覧