開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

食品産業のデータ1

■食品産業のデータ1    110802

日本標準産業分類によるデータ>食品産業のデータ1

                                               食品産業のデータ2(続き)
                                               食品産業のデータ3(続き)

                    食品産業のデータ4(続き) 
                                      食品産業のデータ5(続き)


更新 2011.08.22

食品産業は、第一次、第二次、第三次産業の中で、さまざまな業種業態を構成して
います。食品産業は、多くの建設不動産業界、他の製造業、他の第三次産業の
業績基盤を安定化する貢献をしています。

地域の中小企業が、市場の中で最適規模で、地域を変えて事業展開すると、食品産業
が黒字企業数を増やすことができる21世紀型変革を待望する業界です。

潤沢な資金で参入しても投資回収効率が低く、ブランド(バブル)型収益の増幅率が低い
業界の一つです。食という実体で評価され、富裕度・貧困度と、国・地域と男女・年齢等
により選択価値観は異なりますが、人の行動様式は、万国で各テーマごとに上限下限
を微調整するだけで、商品製品の評価格差が誰でも同じ傾向を示す、数少ない産業
の一つです。その国でふさわしい価格、ふさわしい安心安全品質度、ふさわし嗜好満足
度(一度贅沢をすると、無限に食の欲望は増幅するため、最初はふさわしくすればよい)
により、現在までに、日本国内で蓄積し、累積してきた商品開発の先人のすばらしい
知恵・智慧・しくみ・システムは 世界でも、一流の凝縮された実証検証した暗黙知として
発揮できる時代が来ています。


地域に食の複合型工場群(第一次産業)とそのインフラ群を隣接させ、食品工業と
関連第二次産業、外食産業・中食産業と関連第三次産業を狭域内で地域の総合
複合協業事業体として、第四次産業として地域の循環資金を潤沢にするしくみを
構築する時期が来ています。

第四次産業としての植物工場、栽培養殖漁業等の複合工場は、食品産業の原料を
安心安全ローコストで、必要量潤沢に日本の食品産業に供給し、地産地消を構成する
地域の中小生業食品産業と協業し、原料だけでなく付加価値商品製品サービスで、
先行投資のための資金を潤沢にして、一部を戦略的に海外市場で販売し、計画的に
地域に外貨を稼ぎ、日本国が、国内資金の流出放任行政に地域から歯止めをかけ、
地域の循環する資金が国内他地域(国内循環・コップの中の移動)と外貨(海外流入
資金・コップの外からの増量)にする。

食は、世界のどの国の人も、毎日生命維持に必要な、貧富に無関係な必要な産業です。
他の産業は、ゼロでも、人は死にません。有ればよい、人に関わる産業です。
世界の人口増が続けば、食品産業は市場は無限です。

日本のように、人口が減少する場合、人の総胃袋量は減少します。現在以上の事業努力をしても
国内市場では、右型上がりにはなりません。世界と市場競争しても、国内の食の産業が海外で
優位になるための本格的創市場創客のしくみシステムの準備整備の段階がきています。

地域の食の地産地消で資金が潤沢に回転をはじめ、地域の人の若い世代の就業の場が拡大し、
安心収入を得る場が増加すると、副次現象として、地域の人口増加がはじまります。それに相関して
未来の地域の子孫も増加がはじまる確率は高い。食品産業の人の胃袋量の増加は、創市場創客
として反映できる確率は高い。


●食に関わる全体の戦略を、地域CATVを事務局に、食の複合企業群が連携し、戦略企業としての
ホールディングとその経営統合企業としてのガバメント型経営方式で、共有戦略を展開する。
・富裕層、中流層向けに多品種高品質安全な少量利益率優先の地域ブランド型ハングルー市場にして
地域の都市部、地域外の首都圏、政令指定都市、地域に近い大都市で市場を創る。目的は地域内に
資金が流入するしくみの構築のためと、価格が相場以下なら売れる人の数の多さで、100%製品商品
生産物を売り切るしくみができるためです。
・地域の貧困層、高齢者層の、価格破壊的安さで、安心安全に、食を提供できる生産体制をつくる。
地域のエンゲル係数を下げると、他の地域の産業を活用する資金が増え、第三次産業から収益構造が
変化しはじめます。地域CATVによる、スポット収入源が機能を始めると、さらに地域で資金の循環量が
増加をはじめます。
・第二次産業は、大企業の下請けパートナー依存の体質から、地域で産学官連携で、地域にふさわしい
ブランド型固有技術商品製品を少量複数創り、食の販路のエリアで食関連営業と連携してテスト
マーケティングし、損益分岐点以上売れる可能性商品製品から、海外の食の市場のエリアで販売する。
国内でブランドを創るには長期間と大企業ブランドが邪魔をしますが、未知の海外では、大企業のブランド
の影響は少ないため、実績評価されると世界のブランド化ができやすい。食でその国の多くの人に貢献
していることが、新市場への参入の誘導の道であることに気づく時がきます。
また、地域の安心安全の農業・畜産・水産物を加工して、さらに安心安全な農業・畜産。水産物ができる
飼肥料を提供し、安心安全な化学肥料を提供する地域循環のしくみをつくる。


○富裕層には、世界に拮抗できる、高品質と、食の要望を満たす魅力を付加し、相対比較で海外ブランド
以上にし、高単価(粗利の高い)な多品種少量ハングリーマーケットにして、売り切れると、次の生産まで
予約で待たせるしくみを構築する。ほしくても変えないようし、海外の食の海賊版で満足する人が増加し、
国内での受注生産能力の余力が出たときから、世界の無限にいる富裕層をターゲットの、商品相場の
高止まりの乱高下の中で、直販を重点に販売すればよい。ニーズが高く需要の多い国にはその国内に
その国の地域に地域の人が生産できるプラントを設備させ、稼動志援をする。その国と供給連携して、
世界の市場へ伝播させる。

○貧困層、世界人口の60%以上を対象に、世界のどの関税でも、その国の主食の原料より安く提供し、
その生産のしくみの導入したい狭域地域(国ではない)単位で、日本の大学に留学している学生のOB
の活躍するエリアから優先して始める。他の場合はしない。日本からの輸入、すなわち日本に外貨が
地域に入るしくみにする。

○食の複合工場群プラントは、地域のCATV、エネルギー(電力・エネルギー)源供給も含まれ、貧困層
に就業インフラとなり、地域CATVのしくみで、平等にスポット収入が得られるようにし、収入源を増やすと
地域の第三次産業から儲かりはじめ、地域で循環する資金は増加をはじめ、第二次産業が、国内他地域
海外から資金を流入させるようになり、貧困層の一部から中流家庭の増加が始まると、食の商品製品の
単価の高い商品も売れる量が増加をはじめます。その地域が少しづつ豊に変わり始めます。
その国と、連携し、日本が市場開拓の代行をし、その国の人財が育ってきた段階で、定期的教育をしながら
自力力をつけてもらい。共に拮抗するライバルとして、互いに成長し、強存強栄し、世界戦略を共有化し、
世界の飢餓の国絶滅へ長期戦略を展開する。

 

 

□食品産業広義の定義

食物に独自の価値を付加する食品工業


 

食物を生産し、集める・加工するという形で、付加価値を付け、最終的には消費者に販売するまでにかかわる一連の業種・業態をすべて食品産業に含めて考える。
該当する第二次産業の食品工業だけでなく、第一次産業の農林水産業、第三次産業の小売業、外食産業、観光産業(食部分)も食品産業に含む。

 国民の生命、生活を直接支える仕事の一つであり、そのことがこの産業に携わる大きな魅了となっています。特に、人口が増え、国民の大半が都市生活者となった現代の日本では、食品工業なしには人々の生活が成り立たない、極めて重要な産業です。
 

□工業の産業別構成の中の食料品工業の事業所数、従業者数















 

食料品工業の事業所数比率は 12.0% 従業員数比率は 15.6%
単独産業として比較した場合、事業所数、従業員数は1位です。
国や地域の経済に与える影響力は大きい。
年間の製造品出荷額は、生産用機械器具(自動車・各種機械)、化学工業関連に次いで大きな産業となっています。

工業の中で、省人化省力化が他の産業用より、高度化が出来難い産業の一つです。食原料の均質形状、品種での違い等に起因するためです。そのために、高度な専門度は高くないため、他の産業の就業人数の減少を吸収する体質がるようです。
2005年と比較すると、事業所数は(13.8%⇒12.0%に減少)
従業員数は(13.5%⇒15.6%に増加)

◎他の産業が世界市場で拮抗するために、省人化して、人件費を削減する戦略と海外生産への移行で、国内就労数削減する事業所が増加傾向の時代、食料品工業、食品産業の就業インフラとしての役割は特に地域戦略として重要な時代がきています。
国内産業は採用数減少で中間層比率の減少と平均年齢の上昇そ高齢化が進み、高齢者が退社する自然減を人件費削減戦略に活用し「、みせかけの利益を出す期間も限界に近づいた事業所が増えてきています。特に地域の第二次産業に顕著な傾向です。地域の産業再編成を先行で急ぐ時が近づいています。
 


■工業の産業別構成(全事業所)
 2009年   経済産業省「工業統計表 産業編 2009」
 従業員4人以上の事業所

食料品工業の製造出荷額は 34兆6373億円 食料品だけでは24兆5787億円の大きい生活産業市場です。

●食品工業の倍、農産物・水産物のとれる地域には必ず存在しています。人間が生活している地域には食べ物が存在し、食べ物のある場所には食品工業も成立しています。
農業地域や漁業地域の場合、食品工業はその地域の主力産業になっています。
北海道沖縄等の場合全製造業の3割強から4割が食品工業です。従業員も製造業の4割が食品工業で働いています。食品工業の動向が、地域経済に与える影響は大きい。
原材料の産地や消費者ニーズの多様性から、さまざまな地域で生産が盛んです。他の工業と比べて中小企業比率が高い。

 

 事業所数

 従業員数(千人)

製造品出荷額等
  億円

付加価値額
  億円

食料品工業

    54 069

     1 269.7

     346 373

    115 599

  食料品

      46 767

     1 159.7

     245 787

      86 140

  飲料・たばこ・飼料

        7 302

        110.0

     100 586

      29 459

繊維工業

      46 810

        369.6

       40 586

      15 659

木材・木製品

      15 060

        116.2

       21.379

        6 680

家具・装備品

      25 129

        138.1

       17 589

        6 399

パルプ・紙・紙加工品

      10 765

        202.7

       71 030

      22 724

印刷・同関連業

      30 318

        341.0

       63 205

      26 691

化学工業関連計

        6 624

        374.1

     348 177  

      99 092

金属工業関連計

      72 306

     1 016.7

     356 783

      88 131

  金属製品

      60 630

        644.6

     127 090

      47 494

機械工業関連計

    105 736

     3 271.4

  1 165 738

    333 556

 生産用機械器具

      40 379

        576.2

       70 980

      24 750

 

 

 

 

 

 合計

   448 147

     8 164.3

  2 6670 769

     803 194

 

 

 

 

 


■食品工業の推移(食料品+飲料・たばこ・飼料)   経済産業省「工業統計表 産業編 2009」
地域の就労インフラの一つである食料品工業は、事業所数が減少に関わらず、従業員数を維持している  
1事業所当たりの人件費を抑えた、生産性の工場で、付加価値額が増加し、それに追随し成長できない企業が淘汰されてきた歴史です。不況に強いエンゲル係数型産業でさえ、国内に、海外の参入が始まり、新しい市場変化に対応して、他の製造業のための関税撤廃に対応して、国内全体の食品産業を地域で戦略的構築の限界が近づいています。国に期待しても、東日本大地震の復興専念で無理、その間隙を縫って、潤沢な資金を持つ海外企業が、地域の食品業界の資本政策に入る徴候がでてきています。地域行政は、地域企業を守るための規制条例が必要かのしえません。
 

 

  1970

     1980

   1990

   2000

    2008

    2009

事業所数

   90 942

    82 612

   75 594

   64 771

   53 723

    54 069

従業員数 千人

     1 140

     1 156

     1 277

     1 284

     1 280

      1 270

製造品出荷額億円

   71 506

  225 126

 334 230

  351 146

  350 803

  346 373

 畜産食料品

     9 374

    35 432

   49 215

   48 417

    52 774

   52 387

 水産食料品

     8 158

    28 935

   40 148

   41 027

    45 812

   45 840

 パン・菓子

   10 001  

    30 776

   41 295

   41 865

    36 009

   36 592

  酒類

   13 096

    30 776

   43 340

   41 865

    36 009

   36 592

付加価値額 億円

   19 588

    65 893

 108 580

 127 125

  116 021

  115 599

 

 

 

 

 

 

 

 
■食品工業の産業分類 

 中分類

 小分類

  細分類

 食料品製造業

  食べ物

 

 

 

 

畜産食料品

 肉製品、乳製品、その他の畜産食料品

 水産食料品

 水産缶詰・ビン詰、海草加工品、寒天、魚肉ハム・ソーセージ、
水産練り製品、冷凍水産物、冷凍水産食品、その他の水産食料品

 野菜缶詰・果実缶詰・農業保存食料 

 野菜缶詰・果実缶詰、農産保存食料品、野菜漬物

 調味料

 味噌、醤油・食用アミノ酸、化学調味料、ソース、食酢、その他の調味料

 糖類

 砂糖、砂糖精製、ぶどう糖、水あめ、異性化糖

 精穀・製粉 

 精米、精麦、小麦粉、その他の精穀・製粉 

 パン・菓子

 パン、生菓子、ビスケット類、干菓子、米菓、その他のパン・菓子

 動植物油脂

 植物油脂、動物油脂、食用油脂加工

 その他の食料品

 ふくらし粉、イースト、その他の酵母剤、でんぷん、めん類、こうじ・種こうじ・麦芽・もやし、豆腐・油揚、あん類、冷凍調理食品、惣菜、他に分類されない食料品

 

飲料・たばこ・飼料製造業

 嗜好品




 

 清涼飲料

 清涼飲料

 酒類 

 果実酒、ビール、清酒、蒸留酒・混成酒

 茶・コーヒー

 製茶、コーヒー

 製氷

 製氷

 たばこ

 たばこ、葉たばこ処理

 飼料・有機質肥料

 配合飼料、単体飼料、有機質飼料

 

 

 

・無機質の化学肥料は化学工業に含まれます。
・利用原料は 農産物、水産物、林産物と多様です。日本の場合、多様な栽培・採集が可能であり、これが原料となります。
・食品工業の分類が原料ベースでの分類と加工ベースでの分類、さらに需要ベースでの分類から整理されています。

 

 

 

 

 


□食料品工業の主な業種
 2009年      経済産業省「工業統計表 産業編 2009」
  従業員4人以上の事業所 

◎製造品出荷額が多く、事業所数が少ない寡占型事業は、潤沢な投資による省人化大量生産超低原価を実現している大企業型のものです。地域地産地消の場合、その分野は、富裕層・中流層向けの量を限定したニッチ型製品で市場開拓する方が成功確率は高い。他の分野は、中小企業でもある部分を協業企業と補完補填すれば、地域内なら十分拮抗できる確率が高いのが食料品工業の強みの一つ。
 

 

  事業所数

 従業員数 
  千人

 製造品出荷額等
  億円

 付加価値額
  億円 

畜産食料品

        2 923

        147.6

       52 387

       13 297

 部分肉・冷凍肉

           909

          38.2

       13 928

         2 259

 肉加工品

           480

          29.9

         6 741

         2 264

 処理牛乳・乳飲料

           338

          20.4

       12 040

         2 815

 乳製品(処理牛乳除)

           337

          20.8

       11 719

         3 802

水産食料品

        8 770

        172.9

       32 464

       10 153

 水産練製品

        1 315

          29.5

         4 607

         1 989

 冷凍水産物

           532

          13.2

         3 728

            923

 冷凍水産食品

        1 006

          25.6

         6 223

         1 482

野菜、果実缶詰等(漬物除)

           801

          21.9

         3 812

         1 298

野菜漬物

        1 797

          32.0

         4 127

         1 682

みそ

           848

            7.7

         1 364

            658

しょう油(食用アミノ酸含)

           917

            9.4

         2 364

         1 104

ソース

           168

            8.0

         2 907

         1 067

糖類

           180

            6.1

         5 548

         1 706

精米・精麦

           561

            7.4

         7 267

         1 154

小麦粉

           105

            4.5

         5 081

            903

パン・菓子

        9 770

         278.0

       45 840

        22 599

 パン 

        1 639

           91.6

       14 597

          7 258

 生菓子

        4 976

           91.8

       10.606

          5 542

 ビスケット類(干菓子含)

        1 013

           24.5

         4 552

          2 148

動植物油脂

           240

             9.1

         8 559

          1 598

めん類

        4 824

           60.6

         9 546

          3 495

冷凍調理食品

           708

           43.9

         8 265

          2 914

惣菜

        1 384

           60.8

         8 051

          3 206

すし・弁当・調理パン

        1 678

         114.2

       11 590

          4 657

清涼飲料

           700

           28.7

       22 168

          8 751

酒類

        2 037

           39.2

       36 592

        12 310

 ビール類

            89

             5.5

       21 070

          6 081

 清酒

        1 388

           19.7

         4 627

          2 220

 蒸留酒・混成酒

           428

           12.0

       10 253

          3 762

製茶業

        2 871

           16.5

         3 777

          1 054

たばこ 

            16

             3.2

       22 598

          4 640

飼料・有機質肥料

        1 159

           15.7

       12 861

          2 071

 

 

 

 

 

食品工業計(その他含)

      54 069

       1 269.7

      346 373

       115 599

 

 

 

 

 

 

 

□食品業界の全体像



























 

 食品業界は、原料生産の段階から、最終製品が消費者の口に入るまでの大きな流れと捉えることができます。その流れの一部を担当している企業が多いが、始点から終点までの全体にまたがるネットワークを持つ企業グループもある。

◎食料品工業の中の「飲料、たばこ、飼料」は、世界の中で低コスト化を追求し価格競争に勝ち残るためには潤沢な資金が投入でき、最新の大規模施設を追求できるのは、大企業の方が優位な領域です。ニッチ製品、量の限定製品だけが中小企業が生き残れる分野です。
他の「食料品」は、企業の最新製造技術格差は、大企業と格差が少ない業界であり、価格差は、省人化、自動化による高速で大量生産できる設備投資力格差の方が大きい。

◎地域の、「儲かりたい」食品産業に関係するあらゆる分野の企業が、一企業グループのように地域CATVに事務局機能を持たせ第三者機関として、共に儲かるための整合され調整された協業を行うと、地産地消で総人件費の吸収と損益分岐点以上の売上を上げ確保する。国内の首都圏、政令都市、近くの大都市圏で、先行投資必要な利益を、設定期間内に確保し、海外を新商品実証のテストマーケティングの場として、富裕層・中流層・貧困層対象の商品を、先進国、後進国、貧困層が60%以上の国で開拓をする。その国の選択は、日本の大学院へ留学し、そのOBが活躍しているエリアから、そのOBとその国の大使館と連携して、そのOBと大使館推奨の「勉強・実戦型の中小企業(その国の大企業は、日本の大企業に任せる)を選別企業」とその国の人脈の協力を得て、展開する。従来の海外ルートの方式は、大企業に任せた方がよい。日本のブランド名が優位なため、地域の中小企業が目的の成果を出すためには長期間の実績が必要になるのでムダです。
JETROはある方法でなければ中小企業は徒労になる確率が高い。期待は絶望に変わる確率が高く、現地の拠点企業を活かしやすい大企業の方が優位な確率が高い。また地域の海外進出先の拠点があるエリアで、その企業の社員と同郷人として連携すると、短期で、市場参入できる確率は高い。地域の中小企業は海外市場の「創市場創客」で、現在の顕在化した方法が、中小企業が永続的に輸出できる成功確率の高い方法なら、全国どこの地域でも無限の世界市場で事業展開をしているはずですが?なぜ実績が出難いか?冷静に分析し、地域の中小企業は方法を一ひねりする必要があることに気づいてスタートすることを待望しています。 A志援ms 110802
 

 第一次産業

 太陽エネルギー、土壌や水中の物質など、自然の資源を人間が利用可能な生産物として流通網の取り入れる仕事

◎「第一次産業のデータ」
 

  農林業

 水田、畑地、牧場。ハウスや畜舎などの施設で、穀物、野菜。果実などを収穫したり、乳。卵、食肉などを得る

  水産業

 近海や遠洋に船を出して魚介類を捕獲したり、沿岸部等での採取を行う。海洋や陸上の池の養殖も行う

  鉱業等 

 地下資源を採掘するなどして、食品や食品加工に役立つ物質の原料、機械の材料、石油などのエネルギーを得る

 

 

 第二次産業

 生産物を一定の品質基準のもとに量をそろえたり、利用しやすいように加工するなどして付加価値を付ける仕事

  原料系メーカー

 農産物、水産物、その他の物質などを調達し、加工系のメーカー、小売業、外食産業が利用しやすい形に整える

  加工系メーカー

 さまざまな材料を独自に配合や調整法によって加工し、独特の食味、形状、印象、保存性などの価値を生み出す

  資材/機械系メーカー

 食品の加工や流通に必要な、食品添加物などの物質、容器、包装資材、産業機械、車輌などを製造して供給する

 農業・漁業(一次産業)の 生産財を供給

 

 

農業・漁業(一次産業)から原料を得て、農業・漁業の生産財として再度供給する
飼料工業(従来、自ら調達しましたが、海外から供給される安価な飼料穀物、自給体制を一変させ、農家の畜産業の規模を拡大できるようになりました。畜産経営には肥育のために飼料の安定供給が絶対条件です。配合飼料工業が解決しました。肥料農作物の単位収量を安定増加する役割をしています。(無機肥料、有機肥料)
漁業は「とる漁業」から「つくる漁業(栽培養殖)」へ転換するとき「つくる漁業」の飼料は食品工業から供給されています。
 

 

 

 第三次産業

 さまざまな製品を消費者などに分配する機能で付加価値を生む仕事。第二次産業と同様の活動も含むことが多い


  小売業/中食産業
(スーパー・コンビニ・百貨店、駅中等含む)
 

消費者が必要とするものや好むものを把握し、それに対応する各種の製品を仕入て、一部は加工して販売する。
中食産業は家庭内食の価値を生み出す補完の役割をする。
21世紀急速に大規模小売業のチャネルを活かし食品販売量を拡大している分野

  外食産業 

 さまざまな材料を独自の配合や調製法によって加工することと、提供時のサービスなどで価値を生み出す

 

 

■物流

 原料や製品などの物資を適切に運ぶ。単なる移動ではなく、量、最適温度や荷姿などの状態、納品時間を守ることが重要
 

■食品業界を支える技術

























































 

食品産業にとって原材料の質と製品自体のあじのよさは重要です。しかし、製品の品質と安全性が良好に保たれた状態で消費者に届けられなければ目的を達することはできません。食品産業の歴史は、そのための周辺技術の進歩の歴史とも考えられます。時代と共に、食品の最適化の技術開発が世界的規模で進化のスピードを速めてきています。
 

○容器包装
●PETボトル

透明、軽量、加工しやすい、燃焼しても有毒ガスをださないなどが特徴。飲料の流通や消費スタイルを変えました。

●缶詰/びん詰
缶詰は外気と光線を完全に遮断し、長期保存ができます。軟弱な食品も形状を保ちやすい。業務用と高級食材に将来性があります。びん詰は、缶詰と基本技術は同じ。食品の色や形のよさを見せたい場合に効果的。同封後そのまま保存容器としても使えます。

●ガス重点包装/脱酸素剤
容器内の空気を窒素ガスなどの不活性ガスに置き換えたり、酸素を吸着する資材を封入することで食品の酸化を防いでいます。

●蒸着フィルム
加熱して気化したアルミなどフィルム表面に凝結させて遮光性を持たせた包材。抜群の軽量性が最大の特徴。

●レトルト食品
缶詰と基本技術は同じで軽包装を利用。包材が軽い、開封しやすいなどの特徴を持ち、生産量は増加中
 

○温度管理
●冷凍食品

前処理を行って-18度C以下で急速冷凍した食品、長期間保存が可能で、原料食材の流通量と価格の安定にも寄与しています。

●コールドチェーン
製品ごとに最適な温度帯を設定、生産から消費まで一貫して低温を保つ配送網を構築し、高品質を長期間保持できます。
 

○食品添加物
●食品添加物
品質改善や保存性向上などに用いる物質を研究、調査し、安全性と有効性のあるものだけに使用を許可している。
無害とは別次元、連続的に添加物の食品をある一定量体内蓄積した場合の危険性が少ない範囲での規制数値が示されています。安全健康の基準ではありません。無添加品に比較して価格破壊的低価格、おいしい場合等に含まれててい加工付加成分です。同じ原料食材の無添加品より口ざわりがよいものが多く、低所得層が、エンゲル係数を抑える方法の一つ。家庭での料理時間の少ない層の増加と低所得層の増加にともない、多くの種類の食品添加物が開発されています。
 

○糖の利用
●異性化糖

でん粉から作る異性化糖は清涼飲料水などに理容が増加。パンなどの色づきと香味をよくする素材として利用されています。

●トレハロース
食感をよくしたり味の劣化を防ぐなどの機能を持っている「夢の糖質」。安価量産が可能になり、応用が拡がっています。

 

 

 

 

 □日本国内の社会変化




























 

日本は 人口減少、少子高齢者人口比率の増加など社会構造に大きな変化た起こりつつあり、経済にも影響が出始めています。この変化の中、食品業界には、縮小しながら要求は高度化する国内市場への対応が重点の地域の食品産業に係わる中小企業は、地域を支える食の業界の事業所数の減少、就労インフラの縮小により、地域内で縮小人数を他の業界で吸収できる第二次産業は少なく、第三次産業のサービス産業が、形上吸収しても、個人の所得は低所得化します。
地域の財政逼迫に拍車をかける確率は高い。本格的な海外戦略の展開が必要になつています。

世界には人口増加の国が多数あり、食の市場は無限で、全員国内の危機感を持ち、本格的な海外戦略の展開の必要性を考え、多くの人が、挑戦していますが、なぜ、業績貢献するのは大企業・大総合商社だけ、中小企業はなぜ効果が見えれこないのでしょうか、大企業、大総合商社優位な方法を未知の体験と思い込み真似だけしているからです。地域の商工会議所、行政もまだ、中小企業が海外進出の方法も、従来の「大企業、大総合商社の方法が最適とする思い込みが優位」なためです。

◎食の産業は中小企業の単独行動をやめる。地域の食の産業に係わるすべてが一体になって、全方向角度から、ある一定の準備をいた上で、狭域エリアから実績を積む方が、短期でその国の各地で市場が拓ける方法です。日本人本来の農耕民族としての「もちつもたれつ」組織総能力を発揮すれば、成功確率は高い。

海外進出したい国も、食品産業は、中小企業の生存競争の場です。従来の剛型行動(日本の視点での行動様式の押付け)は、参入障壁が高くなります。世界からの輸入に対して、食品産業の危機感と同様です。地域は、進出する国の地域が豊になるように連携する柔型行動をとり、その国の低所得層の飢餓の減少を志援し、富裕層、中流層は、日本が現在あらゆる努力をしている人口減少時代、人の食の知識の豊富さえの対応製品も海外より豊富にあります。世界の視点から日本の地域が食を通して何をするか、無限に発想がでって来る人が多いはずです。
他の産業より、食の産業は、海外進出成功確率の高い現在の最適な業界であることに気づく制御型人財が輩出を待望します。A志援サイトは、勝つための素材を日本の中でも最高水準で揃えてあります。短期で、行動を起すトリガーとして実務家なら活かせます。   A志援ms 110802
 

 ■日本の少子高齢化/
  人口減少

  




















 

 ■日本の年齢別人口割合 2009年12月1日現在

  年齢

  人数 千人

  比率 %

 0〜14歳

   16 981 

         13.3

 15〜64歳

       81 436

         63.9

  65歳以上

       29 098

         22.8

 

 

 

  合計(総人口)

     127 515

        100.0

 

 

 

■国勢調査人口(各年10月1日現在)
2010年段階ではまだ減少にはなっていません。 
推計は 国立社会保障・人口問題研究所「日本の将来推計人口 2006年12月」

   年

           総人口

 1世帯当たり人員(人)

     2000

       126 926  

      2.70 

     2005 

          127 768

           2.58

     2010 

          128 056

           2.46

         2015

推計      125 430

推計     2.42

         2020

推計      122 735

推計     2.36

         2025

推計      119 270

推計     2.31

         2030

推計      115 224

推計     2.27

         2035

推計      110 679

 

         2045

推計      100 143

 

         2055

推計        89 930

 

 

 

 

 

 

□食品の消費スタイルの変化

◎海外市場でその国の多様なニーズに対応できる暗黙知は、想定以上に日本に蓄積され、戦略的強みであることに気づくことが成功のトリガーの一つ

地域の多忙な食業界の社員の行動を集約して、社員自らが安心安全な食生活を地産地消の中で自ら実証検証する日常行動が海外市場開拓の突破口です。
食の形態は、人である限り万国共通の傾向があり、ある上限と下限の範囲で違いがあるだけです。宗教と食の戒律と食の習慣で微調整する必要があるだけです。他の産業のような違いは少ない業界の一つで。

















































 

1世帯当たりの人数が減り、1回に料理する量が減る傾向があります。
都心を中心に 核家族世帯が増加し、二人世帯・単身世帯が大幅に増えてきました。
高齢者だけの世帯では 調理を避けたり困難な場合も増え、食べ盛りの時代の量の2/3以下になる傾向があります。所得が少ないため、エンゲル係数を抑える ために、低価格の質素倹約傾向が強くなります。

1.少ポーションニーズに対応
キャベツや大根など、大きくて少人数家庭では一度に使いきれない野菜を1/2や1/4などカットして販売しり事が普通になってきました。包装単位も少人数用セットが普通になってきました。調味料、粉類、材料系の缶詰、冷凍商品なども少ポーション化の一途をたどっています。またカレーやシチューのルーなどの包装は、全体を1/2に分割したトレーに収めてシールし、半分ずつ開封できるタイプのものが標準になってきました。さらに、少人数の料理を家庭で作ると大人数より割高になり、腐らせて廃棄する量が増える傾向があります。むしろ外食やテイクアウト、調理済みの惣菜などを買うことに抵抗を感じにくくなる徴候がでてきています。
こうした状況から、食品の種類ごとに、どのような人数の家庭が、どのようなシーンで利用するかを考えて商品を設計する必要がでてきました。

※ポーション(portion) 料理を1皿に盛り付けては以前する最小の単位。小売商品では、パッケージ全体やその中に含む個包装ごとの、開封する単位を言う。業務用商品はポーションと言える量に小分けせず大型のパッケージで流通させるものが多い。

2.多様な身体的特徴への対応
日本の総人口に占める65歳以上の人口が22.7%を超える超高齢社会に突入しました。国全体が超高齢化社会となるのは世界史上でも希少です。交通のバリアフリーの法制化、住環境もバリアフリー対応型が普通になりました。食品を含むさまざまな商品も健常者を中心的な顧客を想定する時代が終わりつつあり、購買や利用に支障のない商品作りが重要になってきました。どんな人でももちやすい容器、選びやすい表示で、たの食品や非食品と混同することがない、さまざまな人の利用シーンを想定した商品開発が必要になりました。食品そのものの性質も、歯の弱い人(義歯)咀嚼、嚥下に不自由のある人などにふさわしい食品開発もはじまりました。

3.多忙な消費者への対応
バブル崩壊後、リストラが推進された結果、残留した社員の仕事量は「サービス残業」という形で増え、就業時間が延びました。20代の独身者は深夜まで働きつめ、共働き世帯が増加し、夫婦が日常の育児家事を分担し、余った短い時間を使って食事を用意するという世帯が増えてきました。さらに、親世代の介護や通院に時間を割かざるをえない世帯が年々増加しています。
調理が簡単で短時間にできるものや、調理時代必要としないもの、その代表が外食だが、さらに時間が節約になるのは、飲食店からのテイクアウト、惣菜の専門店、コンビニ、スーパーなどの弁当、惣菜類などです。また、冷凍食品、缶詰、レトルト食品などは、自由に調理できる素材系のものとは別に、指定通りに加熱するだけで、あるいはごく簡単な調理作業をするだけで手軽に一定の完成品が得られるキット的な商品が多く開発されるようになりました。
この種の商品では、家庭での調理をシュミレーションして、必要な手間と時間の面から評価し改善の必要があります。もとろん、味、見栄え、総合的な印象など食事としての満足感、栄養なども高くて簡便さがあると長く売れる商品になる確率が高い分野の一つ。

4.日常とは異なる休日の「内食」という食事形態が出てきました。
平日は仕事に追われ、外食、テイクアウト、スーパーやコンビニの厳冬・惣菜を利用する機会が増え、休日は「おうち」でゆったりしたい。日常とは異なる食事行動をする、一点集中型食行動が出てきました。
休日にこった料理を作ることを楽しんだり、友人を呼んでホームパーティをしたりという感心がたかまってきました。このような食行動で求められるものは、生鮮食品など加工度が低い食材や、特別な加工で作られたハム・ソーセージ、乳製品、乾物類などです。特に「いつも口にするものとは違う」と言える何らかの商品情報が必要になります。専門的な料理をある程度簡便に作れるようにして休日・特別な日の「内食」に対応することも可能ですが、調理のプロセス自体も楽しめるように設計する必要があります。

5.冷蔵庫、調理機器に合わせる
日本の冷凍冷蔵庫は、アメリカでは大型が普及していますが、日本では住宅事情で小型の冷蔵庫として、主にチルドの生鮮品を保存するものとして使われはじめ、長期保存する商品は冷凍よりも、缶詰やレトルトが選ばれておました。現在は大型冷凍冷蔵庫、電子レンジ、オーブンなど多機能化が進み、素材から調理があ以前より容易になってきました。マンションや高齢者向け住宅を中心に、IH調理器がガスレンジに変わる基本的な加熱機器として台頭しつつあります。このような設備や調理機器の変遷、普及状況にもよく注意を払うことは、消費者に新しい価値を提供する上で必要な情報の一つです。
電子レンジやオーブントースターの普及に伴って、調理器具に合わせた、簡単な調理法で作ることができる商品も開発されてきました。
 

□変化する買い物のスタイル














 

日本のかっては地域の商店街へ毎日徒歩で買い物に出かけるのが一般てきでしたが、特に地方を中心にショッピングセンターなど大規模な小売店が出店し、大型冷凍冷蔵庫の普及の対応して、自動車で1週間の買いだめのようなパターンが定着してきました。買い物頻度の低下は、働く女性の増加に関係あありました。
一方、電車通勤が一般的な大都会では、駅前の商店街やスーパーなどが利用され、通勤の帰りに比較的高品dので買い物をする人も多い。こした立地では、小型のパッケージが支持されやすい。社会の高齢化も買い物のスタイルを変化させ、住宅地の子世代が家を離れたため、人口が減少し、住宅地の中心にあったスーパーなどの商業施設が客数減で成立しなくなり、撤退する例が増加。高齢者が歩いていけるスーパーがなくなるなど、深刻な問題を抱える住宅地も多い。そうした中でコンビニは高齢者を重要なターゲットとして店の構造と商品のラインナップを変化させてきています。また、スーパーで扱う商品の宅配、下処理の済んだ夕食材料の宅配、料理の宅配など、こうした時代への対応の形として参入が増えてきました。消費者が料理したり、食べたりという行動以外に、どのように買い、どのように選ぶかの行動も商品設計では重要な視点です。

◎出前型コンビニとして、車で巡回するコンビニも始まり、地域の商店街は、待ちの経営から、商店街共有出前店舗として、大型のコンテナ型店舗を日替わりで地域のエリアの公民館等のイベントと連携すると、食をメインのたの商品販売や予約型販売も可能になります。通販は広域ですが、狭域型共有移動店舗は、過疎地域に必要になってきた買い物スタイルの一つです。 A志援ms 110802
 

◆コンビニとスーパーの店舗数の推移

 

               店舗数

  1985

    1990

    1995

    2000

   2005


 コンビニ
 

  7 419 

   17 408

    29 144

    38 274

   42 643

大型小売店
スーパー含

    2 791

     2 358

      2 871

      3 792

     4 285

 

 

 

 

 

 

 

 

 □食情報の多様化



























 

 日本では、宗教や文化による食の禁忌が少ない。また、また、珍しいものに興味を示し、積極的に評価しようとする土壌があります。そのため、海外からさまざまな食が紹介され食卓に上がるものも刻々と変化してきました。移り変わりは江戸時代以前からあり、明治以降にも大きく変化があり、バブル期以降の変化が顕著になってきました。この時期 2000年前後、海外旅行は大衆化し、さまざまな人が諸外国の食品や料理を口にして、楽しい経験として記憶し、帰国後も人に話したり、同じものを求めたりということが始まりました。こうして、食材、料理、味付けの種類が急速に多様化してきました。バブル期富裕層は珍しい料理が続々と上陸し、一般の店でも扱い、一時話題になました。現在も珍味として富裕層で消費が続いています。バブル期の頃から、さまざまな食品や料理を紹介するマンガ、雑誌の記事、テレビ番組で食品、料理紹介、オピニオン俳優料理人、各地の料理紹介旅番組が増え始め、対象も主婦と限らす老若男女に及び、内容としてもプロだけが知っていたような事柄も積極的に扱われるようになりました。
1990年半以降インターネットを利用して、多くの人が食の体験や知識を紹介するようになりました。レシピサイトなど専門サイトの登場、ブログの普及などが、こうした食情報の多様化を加速しています。通販で全国のものが購入できるようになりました。このようなさまざまな情報が流通するようになった結果、知名度のひくかったものが突然売れ出してきました。その半面、大量に安定して売れ続ける商品は相対的に減って来ました。そのため、食品産業には高速で新商品を開発し、管理する体制が必要となり、短命な商品でいかに開発コストを吸収するかどいう商品設計上の課題も増加してきました。

◎世界で食品産業に貢献できる、各国にふさわしい市場提案のノウハウも揃い、狭域でのテストマーケティングと対応技術機能も揃い始め、細部のその国での勝てる条件を短期で揃えて、海外参入の時期が来ていることに気づき、行動起すときは近い。

◎訪日する外国人を地域に観光として誘導し、宿泊ホテル、旅館、外食で、準備したメニュー(プロダクト型)だけでなく、注文型メニュー(マーケティング型)で、国別の微妙な違いを、地域で集約し、海外用商品開発に活かす地域共有化と、が外国人就労者から、本音の、食への要望を共有化し、母国の食を日本に紹介するイベント等も実施する。目的は、海外で食のプラントを輸出したとき、その地域の人を育成スピードを加速する目的て、日本との微妙な違いを埋める重要な準備情報の一つです。 
 

◆日本人海外旅行者数と訪日外国人数 千人


 

 

 1980

  1990

  2000

  2008

 2009

 2010

日本人海外旅行者数

   3 909

  10 997

  17 819

  17 295

  15 446

  16 637

訪日外国人数

   1 317

    3 236

    4 757

    4 757

    8 347

    8 612

 

 

 

 

 

 

 

 

 

□健康志向で選ぶ消費者


































 

テレビ番組で取り上げられた食品が放映翌日に大量に売れるという現象が発生、常態化した。さまざまな食品が、血行をよくしたり。痩身や快眠などに効果があると、テレビや新聞、雑誌などで紹介され、そのたびに食品が品不足になるなどの現象につながった。これまで、自然食品、酢、ビタミン、食物繊維、DHA、キシリトール、ポリフェノールなどの効果が注目され、そのたびにブームになってきました。消費者の突発的ヒステリー行動は一次に比べて沈静化していますが、日本の消費者は食品を選ぶ際に健康面で敏感に考える自体はなくなったわけではありません。内日の食事の内容が、生活習慣病を発症とかかわりがあること、中国の「医食同源」という言葉や食材に生薬などを取り入れた料理の薬膳が紹介され、「食の欧米化に伴って想定外の生活習慣病が、若い世代から始まる徴候があり、高齢段階では、健康復元ができない体質になることに気づいたためです。しかし、毎日の実際の食事は「頭健康」で「行動安く楽な食事」のギャップの不足栄養成分を補填して、健康維持したい欲動現象の一つです。
日常の食事が、健康に必要な栄養要素が毎日組合せでできる商品開発をし、料理の時間、コストを安くできると地域地産地消のしくみを作ると、突発的ヒステリー現象の真因が排除され、毎日の食事に自身がもて、現実健康で活力がでると、「食足りて礼節を保つ」ごとく、地域の若年層のキレル現象、異常行動、見えないところでの発散暴力も減少を始める確率は高い。世界で日本と同様な若年層現状の発生の真因は「食生活が狂いはじめた」ことに起因する場合が多く、よく原因とする環境が悪いからは、異常行動のトリガーの部分で、大部分の人が起動しなくても起動しやすい体質(食生活)の要素が強いようで。特に、本能煩悩を抑えるためには、小学生5年までの食の健康基盤だけでなく精神の自己抑制力である道徳倫理感の「してはいけないこと必ずしない」顕在脳を抑える潜在脳の中の人格形成も、食の健全、行動による正しい身体吸収した場合はプラスに育ちやすい確率は高いようです。

◎日本の食品産業が、消費者行動に迎合するメッセンジャーボーイ形根無し草行動をやめ、日本人の食生活を正常に戻す、地産地消のしくみシステム施設だけで短期で、すでにある先人の知恵だけで、実現できる領域内の解決できる内容の一つです。食品産業の制御型人財が動くことを、各食の中小企業が待望していることに気づく時です。すべての先人が選んだ食は、プラス量があり、マイナス量があります。一部のプラスだけを示し、相対比較しない、即物的な食品の視点で「健康によい、悪いといい選ばせるしくみ、映像、情報氾濫により、料理の味や食事のシチュエーション自体を楽しみ。その趣味を深めようとする文化的な側面は、日常の食事され、味の濃い瞬間おいしい、ある一定量食べると健康の破壊トリガーになるものさえ、推奨するような、文化的衰退に歯止めをかけるためには、食品産業が何ができるかを検討し、より多様な価値を適用することは、日本の食品産業の課題の一つです。世界の誘導型食の行動を正しい方向へベクトルを変える軌道トリガーは、食の最新先進国の日本の役割の一つです。
 

◆「食品や料理の選択の際に意識している栄養成分」の年齢別上位

厚生労働省「国民栄養調査2000」















 

年齢階級

   男性

  %

 

  女性

 %

全体

食物繊維

   28.7

 

食物繊維

  50.4

ビタミン

   28.0

 

カルシウム等のミネラル

  49.0

カルシウム等のミネラル

   28.0

 

塩分

  47.2

20〜29歳

ビタミン

   28.7

 

ビタミン

  43.6

エネルギー

   23.7

 

エネルギー

  42.3

カルシウム等のミネラル

   22.3

 

食物繊維

  41.7

30〜39歳

ビタミン

   31.6

 

カルシウム等のミネラル

  49.0

エネルギー

   24.3

 

食物繊維

  47.3

カルシウム等のミネラル

   24.0

 

ビタミン

  46.4

40〜49歳

ビタミン

   29.9

 

食物繊維

  55.0

塩分

   27.4

 

カルシウム等のミネラル

  51.5

食物繊維

   26.6

 

塩分

  50.0

50〜59歳

塩分

   33.0

 

食物繊維

  63.2

食物繊維

   32.1

 

塩分

  60.1

カルシウム等のミネラル

   27.5

 

カルシウム等のミネラル

  58.1

60〜69歳

塩分

   40.3

 

塩分

  61.8

食物繊維

   40.0

 

食物繊維

  60.1

カルシウム等のミネラル

   34.4

 

カルシウム等のミネラル

  59.7

 

 

 

 

 

 

 

 

 □「食育」は飾らぬ情報発信で、健全な判断をする基準へ段階を上げることが急務な時がきています。

地域の食育をプラス領域へ導くためには、地域全体最適での整合が必要な段階にきています。個人、企業単位の自分が最高を主張する個別競争を地域を組織単位として、費用対効果の軸で調整すると、全体最適な方向が観(診)えています。



 

 2005年6月、食育基本法が成立しました。この法律は、食に関する適切な判断を養い、国民の心身の健康増進と人間形成に資するというもので、国や地方自治体がころを根拠として予算が組みやすくなりました。企業や国民にも自主的な活動を呼びかけています。しかし「食育」という言葉は法律の条文中きわめて広く捉えられるように書かれ、教育、知育、体育などと似た言葉との違いも不明となっています。官・民を問わず、さまざまな活動や主張が「食育」の基でおこなわれているようです。毎日大量の映像放送メディアでの食の主張、近代的な食品工業や、近代的な農業、現代の小売業、外食産業の活動を真向こうから否定するような主張が、国や地方の事業の中に紹介され、人の健康をプラス領域へ向ける本質から変容し、なにか変に向かう別次元への変容が見える化される時期になってきました。
食品関連各社は、食品基本法成立以降、ウエブや、印刷物、工場見学、エベントなど自社に関連する情報発信を個別にバラバラ(我・自分だけが最高に健康に貢献する視点)の領域の発信が活発化してきましたが、地域の人の健康に全体最適ではなく、逆に重複させると、健康をマイナス領域に慢性化させるものさえあちます。地域密着CATVの第三者機関としての機能で、スポンサーの迎合度の低い調整するメディアの役割を発揮する急務の時代が来ていることに気づくことが必要です。地域の食品産業が、どのような人のどのような生活をささえ、貢献しているかを、人々の公平な判断を資するだけでなく、社員の自負や職業人としての誇りを養うことができる機能ももち、地域の健康の推進者であることを見せることもできます。日常の地域の人の食育をプラス領域へ導く価値基準を育てると、無限に氾濫する食の視聴覚の情報を正しく選択できる人の数が55%以上に想定以上の短期間でできる潜在機能があります。一度この視点で、地域の最適食育の本質がら方法論を考えると、何を優先すべきか気づく人の数が多いことを待望しています。
 

 

 

 □安全性とトレーサビリティの確保確率






 

 食中毒、異物や人体に有害な化学物質の混入などの事故や事件、さらに不適切な原材料の使用や製造に関する偽装や隠蔽の問題、口蹄疫、鳥インフルエンザ、福島原発事故での広範囲の食物素材の安全性の危険性等が次々と明るみに出てきました。
各社は安全に関する問題に敏感に反応するようになり、頻繁にメディアに露出しています。消費者の安全性について以前よりも関心をもつようになってきました。安全性の向上はよいことだが、原理原則とシステムを重視する余り、支社内の管理、数値を優位にし、個々の問題の現場、現実の結果に起因する前工程の関連企業・素材の安全性レベルを軽視することがないように、食に関係する全工程からの安心安全にするために、地域全体を組織体とした、段階になっていることに気づくことが重要です。
 

 ◆科学技術に対する漠然とした不安が存在






























 

「食品の安全性の観点からより不安を感じているもの」のデータを参考にして、地域の食の不安を解消する方向への地域の活動が必要な時代になってきました。
現在の視聴覚メディアの食の情報氾濫の中で、ただしく選択できる「食育」のプラス領域へのベクトル方向を明示することが必要です。
不安の多い人達の日常の食事行動は、食費に使用する金額の減少、食に使う時間の減少で、不安でも不安な食品を日常食べ続けているため、知識(顕在脳)と行動のアンバランスで潜在脳が制御できなくなった現象の一つです。不安なテーマが多く、健康と聴くと突発的ヒステリー行動の原因の一つである気づくはずです。地域単位なら、現地・現場で、一つ一つ食品産業への不安を解消させ、知名度、ブランドの食品でなぜ全国流規模で価格破壊の安さで、地域食品産業でできないことができるか、逆に地域の地産地消(価格は、ブランド価格と大差をなくすと、地域の人はどちらを選ぶか?不安を一つ一つ取り除くために地域密着CATVを活かすクチコミが必要な時代が来ています。その実績の暗黙知により、世界市場で、世界各地の同様な食の産業で弱者へ向かう中小企業が存在価値を復権し、地域で安心できる食品産業に換え、その外国の企業群と連携して、世界市場開拓をすることを待望しています。人の食の不安を解消できる企業群の集合体を世界に創り、飢餓の国の絶滅へ、布石を打てる準備に入る時代がきているようです。

●食品の安全性の観点からより不安を感じているもの。

 

放射能汚染
  ?%

 農薬
 67.7%

 輸入食品
  66.4%

 添加物
  64.4%

 汚染物質
  60.7%

遺伝子組み換え食品
 49.0%

健康食品類
  48.6%

 微生物
  46.8%

 飼料
 45.1%

器具・容器包装
 35.4%

 ウイスル
  34.3%

 かび毒・自然毒
 34.3%

放射線照射  29.7% 

新開発食品
  27.3%

動物用医薬品
  26.4% 

 肥料
 23.5%

 異物混入
  23.3%

 その他
 12.3%

 

 

 

 

 

 

内閣府食品安全協会「食の安全性に関する意識調査(2007年9月)
有効回答数455人(男性108人、女性347人 無回答 0.4%)

 

 

 

 

 

 

 

 

 □環境対応が購買を左右する









 

環境問題は社会的な問題からマーケティング上の課題になってきました。
商品が環境で選ばれる諸費者購買決定に影響を与えるという認識が広まり、商品の環境性能や、環境に対する積極的活動がマーケティング上からも重視されるようになってきました。

●商品購入時の環境配慮 2009年

 生活家電
 70.8%

 自動車
 49.3%

 家庭用品
  46.9%

 情報家電
  39.1%

 食品・飲料
  38.6%

 紙及び
 紙製品
  33.5%

 事務用品
  19.2%

 住宅
  16.0%

 衣類
  10.6%

 家具
  9.5%

 

 

 

 

 

 

 

 

日本BP環境経営フォーラム「環境ブランド調査2009」

 

 

 

 

 

 

 

 

 
◎コンテンツは「食品産業のデータ2」へつづきます。

 

 

 

 

 

 

◎食品産業で働く制御型人財のあなたが本領を発揮する時がきました。

日本は、長崎、広島で人体実験され、福島原発で世界で最初の原発事故、東日本大震災、毎年の台風
豪雨等、天変地異等が多発する国であり、狭い国土で人口密度の高い中で、日本国民全員飢餓にならない、
すばらしい強みの一つは、食品産業のリスク先行管理が世界で最先端グループの国の一つであることに
気づくと、世界の飢餓対策がなぜできないか、実現出来るための先導する世界の制御型人財が少なすぎる
ためのようです。
日本の視点から海外に食品産業の市場を開拓しようとする過去の価値観を180度変え、世界観の視点で
世界の飢餓を絶滅するためには、日本のすばらしい強みを、どのように発揮して、世界各国に貢献するか
世界観で、日本の地域の中で生きる中小企業の食品産業の役割は、無限にあることに気づく人がいるはずです。
地域が今何をすべきか食の世界市場への展開方向が観(診)えてくるはずです。

多くの日本人が気づくと、日本国内の超大企業グループでさえ中期で返済可能な金額です。なぜ、日本
国を黒字化できる総合能力を持つ企業は、世界との経済競争に専念し、日本国の赤字規模で、財政破綻
の危機を言わない?利益を100倍以上に増幅させず、投資回収マイナスの手法は変といわない。無限に
増加できる上限のない国債のため、国債減少具体策が不要な手法は変といわない。自社の赤字拠点なら
打つべき定石をするはずですが、企業余裕がないためしないようです。

実体社会の中にある日本国の姿はある怖さと奇異ですが、多数決社会で自分も含め全員が選んだ姿です。
批判、評論は無駄です。自分達の領域でできるプラス領域の行動を一人からはじめ、共鳴、共振、共働
する人の数を着実に増やし、見える、実体の実績が見えはじめる段階になると。21世紀の情報ネット社会
は短期で、プラス領域の人数が55%以上になると多数決の原理が働き、想定以上の速さで、周囲が変わる
確率は高い。日本国の強みを最大に活かし核心を突く行動を起す地域の出現を待望しています。

地域の食品産業が、全国連携すれば、無限の世界の市場から外貨を潤沢に日本国へ実体経済方式で
誘導できる確率は高い。
国内の資金を海外へ流出させる方向に短期で歯止めをかける。(政府の輸出入の黒字、赤字の次元とは
異なり、実質の資金の流出流入基準)。地域の貧困層、低所得高齢者の収入インフラは、無限に生まれ
今より、地域に循環する資金は増加をはじめると生活をよくしたい各人の欲望は収入が増えると増加します。
日本国が通った道を各国も歩むため、日本人は、世界に先行行動できる確率は高い分野の一つです。
地産地消を基盤にして地域が毎年、黒字企業数が増加すると、地域行政の歳入が増加します。
地域の21世紀型インフラ整備への資金を投資に活かす余裕が出てきます。さらに充実し始めます。
食品産業は、中小企業の黒字化企業数を短期長期で計画的に増やすことができる数少ない産業の一つ
です。食品産業の黒字化は、他の産業と繋がるため、関係産業も「儲かり」はじめます。黒字化の伝播が
中小企業からはじまります。地域の資金が潤沢に回転をはじめると、小判鮫型の第三次産業は、「儲かり」
はじめます。地域の就業インフラの充実は若い世代の比率を増加させる効果があります。

●共に豊に「儲かる」とは 地域の一体組織(クラウド連携)になると産業連鎖が出来、はじめて実現できます。
個人、中小企業単独でも一部上場企業まで成長できることが出来た20世紀で終わり、21世紀はIT・金融等
(仮想の世界の業界で社員数は少ない方が優位)を除くと、投資資金潤沢な大企業の関連子会社等のような
潤沢な資金が 勝てる条件を優位にする時代になりました。多くの起業や中小企業は結局「夢」で終わる
確率は高くなりました。
日本の強さは非上場で組織全体「みちつもたれる」農耕民族の遺伝子レベルを活かし最適行動を採れば、
潤沢な資金の世界の企業群と比肩出来る確率が高いことに気づくことが、世界に貢献する日本へ変わる
トリガーの一つです。                        A志援ms 2011.08.02

 

 

商品一覧