開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

農業関連大学&水産関連大学c

■農業関連大学&水産関連大学  080726

地域密着型CATVの地域との融合現状>農業関連大学&水産関連大学
 

 

 日本の食料自給を実現するために基本素養、実戦の智慧を体得した実務
人財の輩出を待望しています。


世界に比肩して日本で採算が合うために、「経営の視点」から比べて学び、
連携し、総合力の発揮が必要な時期がきています。

個々の大学の固有のテーマと、共有すべきノウハウ、世界の最先端情報の
集約された機関から学ぶ時期がきています。

◎企業の経営戦略は、戦術、戦闘に左右され、競合他社、海外情報に幻惑
されて、対症療法的な決断が多くなりがちです。

大学の場合は、過去の経験や先入観に捉われたる事が少なく、より本質からの追求が多く含まれています。

企業がWebの世界の公開情報を対因療法の視点から選別すると成功確率が高くなるものが多く含まれています。

企業が中期ビジョンに基づく事業展開をする決断時にチェックしておくべき情報として重要です。視点を変えて、修正するときの貴重な情報があります。

◎特に農業・畜産・水産関係の過去の体験に捉われ、世界基準の成長から
慢性的遅れている業界の人材が自力で壁を破り短期で人財化できる確率の
高い総人数は多くはありません。他の業界のシクミシステム化の進化と比して、
大勢はまだ20世紀の成長段階の人材が多い可能性があります。

最新の情報を学んだ人財候補の若い力が、農業水産の生産企業の中堅・大企業の数が少なく、企業の体系化された育成プログラムの中で着実に成長でき、世界に比肩できる数が少ない。早く生産農業法人、生産漁業法人の数の
増加を待望します。

                                     
○農業法人の現状 「日本農業法人協会」
                                          
○水産農林業業界の現状 「水産農林業」
                                    
○食料品業界の現状 「食料品」

「地域密着型CATVの地域との融合現状」
地方分権化へ移行し、高齢化するとき、生活基盤の距離は想定以上に加速度的に短くなります。
地産地消のインフラ基盤を構築し農耕型の地域全員の集合体化が急がれます。21世紀のITを
普通の農業、水産関係の、「訓練を実戦のようにしてきた」若い多くの人材が、地域「実戦を訓練
のように」できるインフラを構築する時代に入りました。地域密着型CATVは多くの活躍の場を
拓く機能を活かす時がきています。

世界の市場で地域の余剰生産品をコスト比肩できるためには、「農業林業漁業は特別業界で
しくみシステム化でき難い」という先入観を棄て、短期で、先人の暗黙知のなかで、本質的な
暗黙知ではない85%程度まで、見える化できる知恵と現実化ができるしくみシステムの進化が
進んでいます。あとの15%は、人群の右脳型熟練度レベルの成長組織で、しくみシステム進化
は高品質、高安全、高安心、高生産性の格差になります。各人の暗黙知の増加が戦略的人財
数を育てることが、日本国の税収増と相関関係があります。

地域密着型CATVが、地域のインフラを充実させるために、地域の未来の農業林業漁業の推進
普及リーダーであり、コーディネータ、カタライザー人財を社員として、プロジェクト部門として育て
CATVの機能を同時によく教えておくことが、自力本願で、加速度的に自社ノウハウ(暗黙知)
の構築するための突破口です。地域密着型CATVの機能の改善提案は想定以上に始まります。
今の過去の経験、過去の情報の中で組み立てる机上でわからない、未知の分野、実行しながら
の改善するため広域CATVを超えるノウハウの構築ができる確率は高い。



A志援のサイトにアクセスされた学校を重点に掲載します。




更新 2008.07.26


■農業畜産関連大学

            ↓ クリック                              ↓ クリック

□(独)農業食品産業技術
総合研究機構農業者大学校


  ●アクセス




 


 


農業者大学校で学び、農業を生涯の仕事にしてみませんか?農業者大学校は、農林水産省が設立した、トップクラスの農業経営者を育てる学校です。

多様な価値を生み出す個性のある農業経営、心豊かな農村生活と魅力あふれる農村地域の創造、将来の日本の食料と世界の環境のために、あなたの人生の扉を開けてみませんか。
 

◆農業者大学校の目指す農業者像、教育理念、
教育の特色
  

◆挨拶

◆沿革

 

□東京農業大学

  ●アクセス

◆応用生物科学部

◆地球環境科学部

◆国際食料情報学部
・国際農業開発学科
・食料環境経済学科
・国際バイオビジネス学科

 

■厚木キャンバス

◆畜産学科
人と動物とのパートナーシップ

◆農学科
生物生産と環境を科学する

◆バイオセラピー
人と動物とのパートナーシップ 

 

20世紀始めの1900(明治34)年 そのときの、世界の人口はまだ約16億人、わが国は4,400万人でした。重工業化に移行中で、人々は新世紀の物質文明と科学の発展を大いに夢見ていたことが、当時の新聞や雑誌の記事から窺えます。その反面、農村では寄生地主制が着々と進み、高率高額の地代に悩む小作人が増加中で、耕作地主を中核とした農村の発展を期待し、東京農大生をその担い手にしようと初代学長横井時敬が農業教育に情熱を傾けていたときでもあります。
結局、20世紀は物理学、化学を基礎とした工業化社会を実現させ、豊かな物質文明を築きあげましたが、その反面、負の面も大きく浮かびあがってきたのが、20世紀最後の四半世紀でした。人口圧力による食料問題、環境問題を始め、化石エネルギーとその副産物の大量使用による大気、水、土壌の汚染に伴うさまざまな影響が人類の生存を脅かすよ うになってきています。また、20世紀の工業化社会の発展は、農工間の生産性格差をもたらし、特に我国の場合、農業衰退の原因となりました。このような歴史的背景のなかで、私は21世紀は農学と情報学を基礎とした産業社会の到来を確信していました。その背景には、林雄二郎先生(元・東京情報大学長、未来学者) の21世紀高度情報化社会論があります。
また、当時、戦後渡辺格先生を中心とする分子生物学が発展し、バイオテクノロジーを中心とする生命科学が21世紀をリードする科学であることが予想されていましたし、アグリビジネスが拡大しており、21世紀の農学は決して暗くないと確信していましたので、学長に就任した昭和62年の初のあいさつで、 21世紀に人類が直面するであろう、食料、環境、エネルギー、健康の4つのキーワード を示して、東京農大の今後の進む指針としました。
 

□東京農業大学
  オーツクキャンパス

  
   ●アクセス

 

■生物産業学部

◆生物生産学科
オーツクですべての領域を科学する 
 

◆食品科学科
食のプロフェッショナルをめざす
 

◆産業経営学科
ビジネスの業態ごと専門家を育てる
 

◆アクアバイオ学科
アクアの世界にテーマと可能性
 

■大学院 生物産業学研究科
より優れたあり方追求、研究
 

■学部共通
施設、研究機関






 

 東京農業大学は、産業の基盤となる農業および関連産業を支える学問分野である農学、生命科学、環境科学、バイオ産業学などを中核にそれらに関する教育研究をおこなう国内外でも類を見ない特色ある農学系の総合大学です。
本学は、東京世田谷区に応用生物科学部、地域環境科学部、国際食料情報学部、短期大学部があり、厚木市に農学部、オホ−ツク網走市に生物産業学部の3キャンパスに6学部19学科、これらに大学院農学研究科と生物産業研究科をもつ農学系の総合大学として発展してきました。
私たちは、20世紀には大きな経済的豊かさを手に入れましたが、それと引き換えに、人への思いやりや生命に対する尊厳、自然環境の破壊など多くのものを失いながら、富と共に利己的な考えが強くなりすぎてきたのではないでしょうか。今は自然との共生が大切な時代になり、東京農業大学の果たすべき役割は、これまでにも増して一層大きくなってきています。地球環境や世界的な食糧問題など多くの自然環境問題や社会環境の変化の中で生き残れるかどうか、その分かれ道に人類が立っていることを強く認識し東京農業大学は、人類の未来のための教育・研究に積極的に取り組みます。
東京農業大学は、1891年の創立以来、実学に基づく教育・研究を通して多くの人材を育てきました。この精神を継承し、人物を世界に還す目標のもと国際社会で活躍できる人材の育成にも積極的に取り組んできました。東京農業大学の建学の精神と多くの先輩方が築いてこられた実績、信頼を受け継いでいくという使命を深く胸に刻み、時代の流れを見極め、教職員が一丸となって食料、環境、健康、バイオマスエネルギ−に関わる諸問題解決に立ち向かっています。
2006年、本学では農学系総合大学の更なる発展を目指したプロジェクトを進めました。まず生物産業学部ではオホ−ツク沿岸の地域産業との連携をめざし、水圏の生物資源・環境問題解決に貢献できる人材を育てることを目的としたアクアバイオ学科を設置しました。さらに厚木キャンパス農学部に動物、植物による人の心の癒しに関わる生物介在療法などを取り入れたバイオセラピ−学科の新設によって福祉、ストレス社会への人材育成を図りました。
今後も農を基本に人と環境との調和ならびに社会の諸課題を視野にとらえた科学、技術の発展への貢献が東京農業大学の使命であることを再認し、教職員が一体となって本学発展の責任を果たすべく努力を重ねていきます。
 

 □長野県農業大学校

   ●アクセス
















 

◆農業大学校の概要
 理論と実技を同時に学ぶ実践型の教育により農業技術の高度化・経営の専門化に対する知識、技術を修得させるとともに、寮生活や自らのテーマを定めて行うプロジェクト等により他者との協調・自己の確立性の社会性を涵養し、21世紀の農業・農村を担う優れた人材の育成を目指します。
 

◆研修部
長野県農業大学校研修部は、農業大学校小諸キャンパスに設置されており、農業を志す人のために様々な研修を行っています。 

 

■行政関連

◆長野県果実試験場
 
・果樹実科、研究科
 

◆長野県野菜花き試験場
 

◆長野県畜産試験場
 
・畜産実科、研究科

◆長野県中信農業試験場

◆長野県南信農業試験場

 

□北海道立農業大学校

■関係リンク

◆北海道農業担い手育成センター
北海道で農業をはじめるサイト
 

◆(社)北海道農業改良普及協会
北海道の農業を元気にする農家の友
 

◆北の農業情報広場
北海道農政部・北海道立農業試験場等が運営する北海道の農業・酪農畜産・試験研究・普及・家畜衛生の総合サイトです。 
 

◆農林水産まるごと情報館
北海道内の農業、林業、水産業に関する様々な情報サイトを分かりやすく整理分類し、それぞれのサイトに直接アクセスす ることが出来るようにした北海道庁が提供するポータルサイトです。

 
 


◎北の農業情報広場のリンク情報
 


◆道内農業関係先リンク

 

◆道外農業関係先リンク
 

●農業技術Q&A
・農業技術に関する質問、意見交換の場です。
・地域によって適用技術が異なる場合があります。入手された情報のご利用には、地域性にご注意ください。
 

●農業技術情報広場
北海道の農業試験場などが調査・研究した成果報告や、病害虫の発生状況、農作物生育状況に合わせた営農技術対策などです。

●いろいろな情報広場
 北海道農政部の刊行物やレシピ、特産品集、農産物の直売所、農村生活情報及び農村景観の写真集などいろいろな資料を集めました
 

●農業試験場の広場
北海道立農業・畜産試験場、農業大学校及び病害虫防除所の紹介及びホームページです。
 

●農業改良普及センターの広場
北海道の農業改良普及センターが提供する地域情報や技術情報です。
 

●家畜保健衛生所の広場
北海道の家畜保健衛生所と、家畜衛生・防疫に関する業績・情報等です。
 

 


◆農大早分かり

 

◆もっとくわしく
 

◆学科紹介

・養成課程

高校以上を卒業し、就農を目指す若者が全寮制により、2年間の学校生活を送ります。

・畜産経営学科
畜産経営科には乳牛と肉牛の2つの専攻コースがあります。実践農場でおよそ120頭の乳牛と肉牛を飼育し、飼料作物の栽培、家畜の飼養管理、衛生、繁殖技術などを学ぶとともに、経営管理技術などを習得します。

・畑作園芸経営学科
畜産経営科には畑作と野菜の2つの専攻コースがあります。畑作専攻は小麦・てんさい・ばれいしょ等を実習作物として、栽培技術・機械の操作・生産管理技術について学びます。
野菜専攻はだいこん・にんじん等の露地栽培を中心に10品目の野菜について生産から販売までの専門技術を学びます。そのうえに、経営管理技術などを学習します。

・農業経営研究科
 農業経営研究科は、高度な経営管理能力や技術・技能を身につけた地域のリーダーとしてこれからの農業・農村をけん引する人材の育成を目指しています。
 

◆プロジェクト学習とは
 農業大学校は、次代の北海道農業を担う人づくりを使命としています。そのため、教育の基本は実践教育であり、プロジェクト学習を中心とした実践的な学習を通じて、専門的な知識・技術と実践力を習得することを教育の柱としています。
 

◆研修ページ
新規就農したけど、勉強しながら仲間づくりをしたい!
先輩たちの事例を聞きたい!もっとくわしく農業経営のことを勉強した!Uターンして就農したけど、農業の基本を勉強したい!農業機械の知識、技術を身につけたい!

・農業機械研修一覧

・一般研修一覧

・研修室の紹介
 

◆有機農業
有機認証ほ場生産履歴
 



















 

□北海道大学院農学研究院
大学院農学院







◇関連リンク

●関連大学
・道内、東北
・関東、甲信越
・東海
・近畿
・中国、四国
・九州

●農業試験場、農業研究機関など
 
●学会など
 


















































 

◆研究院長挨拶

北海道大学大学院農学研究院・農学院・農学部の源は、1876年に学士号を授与する日本最初の大学として創設された札幌農学校まで遡ります。札幌 農学校には、米国マサチューセッツ農科大学の学長であったクラーク博士が初代教頭として迎えられ、米国農科大学の教育理念とクラーク博士の教育精神が導入 されました。以来、130年間、札幌農学校の全人教育・フロンテイア精神・実学重視の教育方針は今なお本学の教育理念として受け継がれています。
札幌農学校は1907年に東北帝国大学農科大学、1919年に北海道帝国大学農学部を経て、1992年には7学科46講座と植物園・牧場・農場・ 演習林の4附属施設から成るわが国屈指の農学部へと発展しました。1999年には、大学院を8専攻から3専攻に改組充実し、さらに2001年には、上記4 附属施設を主体とする北方生物圏フィールド科学センターが独立し、フィールド科学の中核として新たな発展の歩みを刻んでいます。
農学研究科・農学部は、農学を衣・食・住を含む人類の生存に不可欠な要素を考究する学問と位置づけ,これまで食料生産や環境保全に関わる科学や技術についての教育・研究を行い、多くの成果を収めてきました。
21世紀に至った今、前世紀から引き続く急激な人口増加はますますその度合いを強め、現在、地球上には65億人を越える人が生活しています。現状 で地球が供給できる食糧で養うことが可能な人口は80億人が限界とされており、2020年から2030年の間には地球上の人口がその数に達すると言われて います。地球が世界の人口を養いきれなくなる日が遠くないということです。一方で、石油エネルギー枯渇問題や二酸化炭素削減を背景に、世界各国でバイオ燃 料の普及を目指した施策が積極的に展開されています。その結果、本来食糧である穀物を原料としたエタノールの生産が促進され、食糧の確保が脅かされようと しています。燃料とは異なり、食糧にはその代替がありません。食糧の確保は、世界的レベルで考えなければならない喫緊の課題です。
食糧の確保が最重要課題であることは言うまでもありませんが、これのみによって人類の生存が保障されるものではありません。人口増加は環境汚染を もたらし、耕地の拡大は地球環境の破壊につながりかねません。地球レベルでの水不足もまた極めて深刻な重要な課題です。地球は資源,食料,水、エネル ギー,空間のあらゆる面において限界になろうとしています。人類はその生存が脅かされる危機的状況に向かって進んでいます。
農学研究科は、これらの課題を解決し、人類生存の基盤を確保するため、従来の成果を継承しつつ、21世紀の人類的な課題へ対応した新しい農学体系 の創成と再構築を図り、2006年4月より大学院の組織を教育組織と研究組織に分離し、農学院・農学研究院に改組しました。農学院には先端農学の深化を求 める従来型の3専攻と併せて新しい農学領域の今日的課題を取り扱う全国で初めての専攻、「共生基盤学専攻」が設置されています。
 

◆沿革概要

◆教育
 
北海道大学農学院では,教育理念と学習目標に基づいた体系的な基礎重視型の教育を行っています。大学院農学院は共生基盤学専攻,生物資源科学専攻,応用生物科学専攻,環境資源学専攻の4専攻から構成されています。農学院には種々の教育プログラムがあり,課程に応じて修士(農学)と博士(農学)の2つの学位を授与します。入学した学生には教授ほか複数の教員からなる教育研究指導委員会が学生ごとに構成され,指導を受けます。学生は所定の単位を取得することが義務づけられます。修了にあたっては,修士論文あるいは博士論文を完成させ,それぞれの研究について口頭発表を行います。
○農学院の構成
・共生基盤学専攻
・生物資源科学専攻
・応用生物科学専攻
・環境資源学専攻
 

◆研究
(旧)大学院農学研究科は,2006(平成18)年度から,教員の所属する研究組織の農学研究院と,大学院生が所属する教育組織の農学院に組織変更されました。
・生物資源生産学部門
・環境資源学部門
・応用生命科学部門
・共同利用施設
 

 

□国立大学農学系学部長
会議






 

◆農学憲章

◆声明

◆21世紀の農学ビジョン

◆役員名簿

◆会員等名簿


◎農業関係先リンク(詳細関係機関情報)
 

 

□酪農学園大学

 ●アクセス
 

◇研究関連情報

●ハイテクリサーチセンター
 本施設は,文部科学省の先端研究拠点への補助金(ハイテク リサーチ・センター整備事業)により設置されました。北海道における環境汚染物質の動物、農作物への移行を監視し、その無毒化、毒性低減化を図るための技術開発と共に、家畜の感染症流行の予報や治療、予防を含めた防疫システムの開発を目的とします。
 

●学術フロンティアレポート
 

●酪農あれこれ
牧場おしごと探検隊
牧場てなにをするとこ?









 


















 


1.キリスト教に基づく「神を愛し、人を愛し、土を愛する」三愛精神に徹した人間教育により、 健全にして良識ある社会人の育成、豊かな情操と国際的な視野を養い、三愛精神の実践者の育成に努めます。
2. 黒澤酉蔵が唱えた健土健民の思想および学理に基づく実学教育により、農業および農業人のあり方を体得した、創造的で実践的な人材の育成に努めます。
3. 酪農を中心とした農学・食品科学・経済学・獣医学・食品流通学・環境システムの研究・教育により、日本農業、食糧事情など環境保全を視座に究明し、その発展に努めます。
 

◆大学の概要

◆建学の精神と教育目的

◆大学短期大学部の沿革

◆地方農場等
 

◆学部、学科紹介
 

◆大学院の紹介
 

●獣医学研究科
 
獣医学の研究分野は多岐にわたります。 本研究科はその歴史から、産業動物獣医学での遺伝病やウイルス、原虫による疾病、繁殖障害などに関する研究で、高く評価されています。 さらに、高度なテクニックを応用した基礎的な研究もおこなっています。
また、応用獣医学、小動物を含めた臨床獣医学や獣医学に基づく環境科学の研究もおこなっています。

●酪農学研究科
・酪農関連
農業の中でも酪農は特に先端技術に囲まれています。 受精卵移植など相次ぐ新技術の開発には目を見張るものがあります。 さらに情報化も急速に進んでいます。
 今日の酪農・農業従事者は、新しい技術に加えて、技術を生かす情報収集・分析力、さらに時代の流れを読む経営センスなど、より高度な経営知識が必要とされています。
本研究科は、これら酪農関連分野の要望に対応し、作物生産科学、家畜生産科学、 酪農情報学と多岐にわたって研究をおこなっています。

・食品関連
食品に関する研究・開発は、現代人の食物繊維不足を補う、良質の食物繊維をつくりだす研究、 エネルギーコストをかけない食品の加工・保存技術の開発など、社会から常に注目されています。
 本研究科は、新しい食品加工方法の開発や食品の改善に取り組んでいます。 同時に、複雑な食品流通の仕組みや政策に新しい視点から提言できるように、 食品機能・食品開発・食料政策の各システムより、多岐にわたって研究をおこなっています。
 さらに、近年、生活習慣病に対する食の重要性が問われ、機能性の高い食品の開発や、成分と健康との関わりの究明が大きな課題です。それに応える分野として、平成15年度に、酪農研究科に食品栄養科学専攻(修士・博士)を新設いたしました。

 

 

 




■水産関連大学

           ↓ クリック                              ↓ クリック  

□(独)水産大学

  ●アクセス


 

◇関連リンク
 

●(社)日本水産学会
 

●農林水産研究情報総合案内
農林水産業の未来を拓くために
研究開発の新たな飛躍と研究成果の普及に貢献しています。

運営:農林水産省農林水産技術会議事務局筑波事務所




































































 

◆大学の紹介

◆水産大学校の役割
水産大学校では、水産政策の課題に応える教育研究を行っています。  
・水産資源の適切な管理、漁場環境保全
・水産物の安全・安心の確保
・漁業、加工流通業及び関連業種の経営基盤の強化と改革
・水産業の改革の担い手育成(水産基本法第23条)

◆沿革

◆挨拶

生物にとっての母なる海、この海に四方を囲まれ、水産資源に恵まれた我が国では、水産物が国民の重要な食料となっています。国民一人当たりの水産物消費量は、世界のトップクラスの水準にあり、動物たんぱく質供給量の4割を水産物に依存しています。水産白書に記述されているように、我が国において水産業は、再生産可能な天然資源を適切に管理し、良質な水産物を安定的に供給するという、国民生活にとって大変重要な役割を担っているのです。
人類にとってこれまで水産資源がいかに重要であったか、また漁業における技術革新は水産資源や海洋生態系にどのような影響を与えたか等についての知識をもとに、漁獲管理を行いつつ高い収益を上げる漁業や付加価値の高い水産加工業への改革の方法、水産資源の持続的利用と海洋生態系の保全が可能な水産業を構築し、人類の未来に夢を与える方法等を系統的・機能的・体験的に勉学し研究する場が水産大学校です。
本校は、我が国唯一の農林水産省を主務省とする水産業に関する高等教育機関として60有余年の伝統を持ち、国内外の業界や学会で活躍する多くの優秀な卒業生を送り出し、その実績は高く評価されています。建学の精神である実学を重視し、水産業界や行政機関で活躍できる水産に関する総合的知識と技術を持ち、意欲的で気概のある有意な人材を育成することを使命として、優れた教員が教育・研究を行っております。
 

◆学科、専攻科、研究科
 水産業は海や川、湖から魚介藻類を採獲し、生鮮食品あるいは加工食品として消費者に供給する産業、つまり漁業生産、増養殖、資源保護から、鮮度保持、加工、流通、輸送、販売そして経営を含む幅広い産業です。
水産大学校はこれらの分野に合った5つの専門学科(修業年限4年)と上級の専攻科(修業年限1年)、研究科(大学院修士課程相当、修業年2年)で構成され、海洋の資源管理と利用、環境保全を柱に、学科の専門と水産業全般の知識や技術を教授し、これからの水産界で活躍する人材を育てる高等教育機関です。その前身を含めると60年以上の歴史を持ち、8000人を越える優秀な卒業生を水産界の第一線で活躍する人材として社会に送り出してきました。

◇学科

●水産流通経営学科
水産業の経営、流通、制度及び国内外の諸情勢に関する知識や情報処理技術に関する分野です。水産業の発展のため経営・管理分野を中心に活躍できる人材を育成します。

●海洋生産管理学科
船舶運航及び水産資源の持続的・科学的生産の専門知識と技術に関する分野です。海洋・水産に関する幅広い技術を修めた海技士(=専攻科に進学) 、漁業生産技術の改良・開発、漁場環境と資源の管理の分野を中心に活躍できる人材を育成します。

●海洋機械工学科
海洋・水産に関する幅広い技術の修得をめざす海技士(機関)の育成、舶用機関・機器と環境計測機器、水産機械等に関する専門知識と技術に関する分野です。水産資源の持続的利用や海洋環境保全分野を中心に活躍できる人材を育成します。

●食品科学科
水産食品の衛生管理、物理性状、保健機能等に関する生理・生化学や低・未利用資源の高度利用技術に関する分野です。
安全で機能性に優れた水産食品の開発・供給の分野を中心に活躍できる人材を育成します。

生物生産学科
水産動植物の生物機能、繁殖、生育環境等の専門知識とこれを資源の培養に活用する技術に関する分野です。
資源の増殖・養殖及び沿岸漁場の保全の分野を中心に活躍できる人材を育成します。

◇専攻科
本科卒業生に対し、船舶運航(船舶運航課程)及び舶用機関(舶用機関課程)に関する精深な専門知識と高度の専門技術についての教育(1年間)を行います。上級海技士の資格とともに水産業を担う船舶運航技術、漁業生産管理技術、舶用機関技術、水産機械関連技術等を兼ね備えた、水産系の海技士として活躍できる人材の育成をめざしています。

◇水産学研究科
本科又は大学で身に付けた水産に関する専門知識と技術を基盤に、さらに専門性の高い知識と研究手法に関する教育・研究を行います。
高度な技術指導や企画・開発業務で活躍できる人材の育成をめざしています。
 

◆研究、社会連携

●教員研究情報、産学公連携

●社会貢献活動

●国際交流
 

 

□近畿大学水産研究所

 ●アクセス



 

◇関係リンク
 

◆近畿大学(本部)
 

◆近畿大学農学部
 

◆近畿大学水産養殖種苗センター  
                         準備中
 

◆(株)マリーン近大
 アーマリン近大は、近畿大学水産研究所が手塩にかけて養殖した安全でおいしい魚を皆様にご提供します。


























































 

◆沿革と概要
 戦後間もない昭和23年12月、近畿大学の前身である大阪理工科大学の学長世耕弘一理事の創意によって、和歌山県白浜町古賀浦に同大学の附属として白浜臨海研究所が新設された。そして、昭和24年に大阪理工科大学は近畿大学となって、臨海研究所はその付属となり、これが母体となって昭和33年に農学部水産学科が開設された。昭和35年には浦神漁業協同組合の要望もあって和歌山県那智勝浦町浦神に実験場を開設し、それに伴い従来の白浜臨海研究所を水産研究所白浜実験場、那智勝浦町に新設した実験場を浦神実験場と称して、水産研究所本部を白浜実験場に置くことになった。

 

◆研究
 近畿大学水産研究所では、網いけす養殖法の開発や野生の海水魚を飼い馴らして養殖種に改良し、産卵親魚を養成するなど、日本の養殖業発展の礎となった多くの業績をあげるとともに、近年では魚類栄養学、育種学、形態学、生理・生化学、魚病学などの基礎学問にも重点を置いて、
種苗生産交雑選抜育種
クローン技術代替タンパク源などに関する研究を精力的に進めている。
 

◆教育
 水産研究所は近畿大学農学部水産学科水産増殖学研究室の協力機関でもあり、担当教員は前・後期博士課程の大学院生および学部生の研究論文作製も指導している。 配属された学生は水産研究所に年間滞在し、当研究所が保有する養殖・種苗生産現場での実習ならびに教員・技術スタッフとのディスカッションやゼミナールを通じて得る自らの力で、実験生物を飼育・管理して各々の研究テーマを遂行することになる。
 このような過程を経て当研究所を巣立つ学生の多くは研究能力に秀でるだけでなく、魚介類の飼育技術に対する優れた感性と豊かな人間性を持ち、国内外の第一線で活躍する即戦力となっている。当研究所のように質・量ともに充実した施設および技術スタッフを擁し、学生を長期間受け入れる水産養殖・種苗生産研究機関は世界的にも珍しい。なお、第1〜3学年生には実験実習や休暇を利用したアルバイト実習制度を通して、水産養殖・種苗生産の現場・研究に接する機会を与えており、他の公的機関や民間からの研修生も可能な限り受け入れている。
 

◆出版物、公開講座
 水産研究所では、得られた実践的な研究データを公開するために「近畿大学水産研究所研究報告(Bullettin of the Fisheries Laboratory of Kinki University)」を発行している。
 

◆見学
 

◆21世紀COE
 文部科学省は国際競争力のある世界最高水準の大学づくりを推進するため、世界的研究教育拠点を目指すプログラムを学問分野別に選定し、これを重点的に支援する「21世紀COE(Center of Excellence)」を実施しています。
平成15年度に公募された5分野のなかの「学際・複合・新領域」分野において、近畿大学水産研究所ならびに大学院農学研究科が申請した「クロマグロ等の魚類養殖産業支援型研究拠点」が、そのCOEプログラムの一つとして採択されました。
 

●クリマグロ1 完全養殖の達成
 平成14年6月23日、人工ふ化養成クロマグロが産卵しました。 この産卵によって、クロマグロの生活史が飼育下で1サイクルした、いわゆる「完全養殖」が実現したことになります。
これまでのクロマグロ養殖では、天然の種苗(稚魚)を採捕し、それを生け簀内で育てる方法をとっています。しかし、天然種苗の採捕は量的な年変動が激しく、また天然クロマグロ資源を保護する上でも好ましいものではありません。

このHP内の記事にもあるように、近畿大学水産研究所ではこれらの問題を解決するため、一貫してクロマグロ養殖・種苗生産の研究を行ってきました。そして、今回の成果によって、天然資源に依存しない人工クロマグロ種苗を安定供給するための技術開発がさらに大きく前進するものと思われます。また、日本輸出用に天然マグロを養成・畜養しているオーストラリアや地中海周辺国など各国の関心も高く、水産研究所の研究・飼育技術レベルの高さを改めて国内外に示すものにもなりました。
 

●クロマグロ2 完全養殖までの経緯
 資源管理を目的とした漁獲規制は,親魚より先に,先ずは幼魚に対して行われるのが通常です。国際会議MHLCによる太平洋クロマグロの資源管理条約が批准されれば,現在の養殖用種苗として用いている天然産幼魚の入手はかなり困難なものとなり,現状のままでは,我が国で発展しつつあるマグロ養殖業の存続すら危ぶまれます。クロマグロの種苗生産技術の開発は早急に進める必要があり,国際的にも注目されるところです。

 

□北海道大学大学院科学研究院大学院水産科学院水産学部

  ●アクセス






































 

◆大学案内

○水産学部
・沿革、概要
・教育理念、目標
 

○大学院水産科学院
・理念及び目的
・海洋生物資源科学専攻
・海洋応用生命科学専攻
 

◎企業のみなさま

○大学院水産科学研究院

・研究院長あいさつ
・概要
水産科学研究院には,前述の設置の理念に基づき,水圏環境における法則性の解明とそれと調和した持続的水産資源生産を図る「海洋生物資源科学部門」と海洋生物の特異な生命機能の解明とその統御による一層の利用展開を図る「海洋応用生命科学部門」の二つの研究部門を置く。

・海洋生物資源科学部門

・海洋応用生命科学部門

●分野別検索

●アルファベット順検索(研究室別)

●公開講座(過去の実施済み講座 pdf)

 

○研究センター付属施設

・水産資料館(北海道大学総合博物館分館)

・図書館案内
 
 

◎関係先リンク

・学内リンク集
・学外リンク集
・地域情報
 

 

 □東海大学海洋学部水産学科







 









 

◆水産学科で学べること
 

◆コースのご紹介
・増殖コース
・生態コース
・食品コース
 

◆研究トピックス
 

◆卒業研究テーマ
 

●水産飼育実験室
水産飼育実験室で飼育経験のある生物達のご紹介
 

●東海大学海洋科学博物館
東海大学では、これにさきだつ1962年、我が国唯一の海洋学部を開設し、海洋に関する科学技術の教育研究に先鞭をつけました。海洋科学博物館は、海洋学部の教育研究に利用するとともに、海洋科学に関する知識を広く皆さんに提供することを目的にしています。
 

●東海大学情報技術センターTRIC
 東海大学情報技術センターは、大学での研究成果を総合的にとらえ、その高度利用により広く社会に貢献することを目的として1974年に開設されました。その活動はたえず社会の動きに目を向けており、新しい技術の研究開発と応用領域の拡大に力を注いでいます。 国内においては、北海道から沖縄まで本センター独自の情報ネットワークを通じて、さまざまな研究成果や情報などの提供、運用への働きかけを積極的に行っています。また、国際的な学術研究・会議などに参画し、地球的な規模での各種調査・共同研究などを実施しており、広く社会に貢献するためにグローバルに科学技術の分野に活動を展開しています。

 

□長崎大学水産学部

   ●アクセス






 

◆学部の概要
◆学部の沿革
◆学部教育の紹介

●「海の科学の世界へ」
 

◆研究室紹介
・水産増殖学研究室 内容はpdf
 

◆マスコミ情報
 

●水産、海洋科学関係リンク

 

□東京大学海洋研究所

   ●アクセス



















 

◆研究所概要

◆共同利用研究

◆研究部門

◆研究センター

・国際沿海海洋研究センター
 臨海の条件を生かして、長期間にわたる連続した海洋観測や学術的に重要な生物標本の採集等を行っています。これらの作業を継続的かつ組織的に行うことで、地球規模での海洋現象の解明にも積極的に取り組んでいます。

・海洋科学国際共同研究センター
 海洋研究所は創立以来、数多くの国際共同研究に参加してきました。ますます国際化する海洋研究に対応するため、また国際共同研究の牽引力となるべく、本センターが設立されました。

・先端海洋システム研究センター
 従来の海洋環境研究センターが、時代の要請と観測・研究の複雑化に伴いバージョンアップして「先端海洋システム研究センター」として新設されました。海洋環境研究センターでの観測・研究機構を踏襲しつつ、より高精度・高細密度かつ総合的に海洋と海洋生物の実態を解析可能にする研究施設です。
 

◆大学院、新領域
 

●海洋研トピック
 

●海洋研の刊行物

 

□京都大学農学部生物学科
海洋研究グループ




 

























 

水産資源には陸上の生物資源とは異なった多くの優れた性質があります.海洋はこの様な水産資源の再生産の場であるとともに,様々な恩恵を人類に与えてきました.海洋魚介類の育種や増養殖から海洋微生物に至るまで多様な資源を積極的に開発・利用するとともに,貴重な遺伝子資源を保存し,海洋環境の保全を計ることは,人類の生存にとって極めて重要な問題です.海洋研究グループでは,これらの諸問題に関する基礎研究とそれをもととした教育を行っています.
 

◆海洋生物増殖学
 海洋は地球上で残された未開拓の空間として,人間の生存にとってますますその重要性が高まりつつある.同時に最近では人間活動が直接・間接に深刻な影響を与えている.海洋の多様な生物資源を有効に利用し,持続的に維持するためには,そこに生息する海洋生物の生態・生理・形態に関する基礎知見の集積が不可欠となる.当研究室では,主に魚類を研究対象に,その生活史,初期発生,系統分類などのテーマを生きものと環境の関係という視点より解析し,海洋の多様な生態系を維持しながら資源の有効な増殖的利用に貢献することを目標に研究を進めている.

・研究の進め方

・他研究室との連携及び大学院について

当研究室は農学研究科/応用生物科学専攻/海洋生物増殖学分野であるが,同時に流動分野として
京都大学フィールド科学教育研究センターにも参加しており,里域生態系部門/河口域生態学分野を形成して河口域の資源生物学的ならびに保全生態学的研究を行っている.フィールド科学教育研究センター舞鶴水産実験所(里海生態保全学分野・沿岸資源管理学分野)および
紀伊大島実験所(里地生態保全学分野)とは特に密接に連携を保ち,森-里-海の連環解明に向けて研究を展開している.フィールドセンターは大学院組織ではないが,農学研究科や理学研究科の協力講座として大学院生を受け入れることができる.

・研究室の国際化

・近年の研究題目
 

◆海洋生物生産利用学
 

◆付属水産実験室

 

□京都大学フィールド科学教育研究センター

  ●センターニュース

  





 



 

◆センターの紹介
・センター長挨拶
・理念と目標
 

◆森林ステーション

◆里域ステーション

◆海域ステーション
・舞鶴水産実験室
・瀬戸臨海実験室
・付属水族館
 

◆研究活動
・教育研究部
・共同研究
・各施設の研究
 

◆研究プログラム
・全学提供プログラム
・学部、研究科プログラム
・公開講座
 

◆出版物

 

 

 

 

 

商品一覧